図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社サンセイアールアンドディ
発明者 市原卓人山田輝彦
出願日 2016年2月2日 (5年11ヶ月経過) 出願番号 2016-018140
公開日 2016年5月19日 (5年7ヶ月経過) 公開番号 2016-083514
状態 特許登録済
技術分野 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 操作指示画像 略円弧形状 持ち手 バイブレーション 表示画 接触センサ 蓋然性 近接センサ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

遊技者感覚通常状態とは異なる状態であることが認識可能な状態に変化可能な操作手段を備えた遊技機において、当該操作手段を用いた演出趣向性を向上させること。

解決手段

通常状態である第一状態から、当該第一状態とは異なる状態であることを遊技者の感覚で認識可能な第二状態に変化可能である、遊技者が操作可能な操作手段10と、操作手段10の操作が有効となる操作有効時間が設定される演出において、当該操作有効時間内に、操作手段10が操作されていなくても操作手段10を第一状態から第二状態に変化させる場合がある状態変化手段と、を備える遊技機1とする。

概要

背景

下記特許文献1には、遊技者が操作可能な操作手段(ボタン)であって、振動可能なものが開示されている。

概要

遊技者の感覚通常状態とは異なる状態であることが認識可能な状態に変化可能な操作手段を備えた遊技機において、当該操作手段を用いた演出趣向性を向上させること。通常状態である第一状態から、当該第一状態とは異なる状態であることを遊技者の感覚で認識可能な第二状態に変化可能である、遊技者が操作可能な操作手段10と、操作手段10の操作が有効となる操作有効時間が設定される演出において、当該操作有効時間内に、操作手段10が操作されていなくても操作手段10を第一状態から第二状態に変化させる場合がある状態変化手段と、を備える遊技機1とする。

目的

本発明は、遊技者の感覚で通常状態とは異なる状態であることが認識可能な状態に変化可能な操作手段を備えた遊技機において、当該操作手段を用いた演出の趣向性を向上させることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通常状態である第一状態から、当該第一状態とは異なる状態であることを遊技者感覚で認識可能な第二状態に変化可能である、遊技者が操作可能な操作手段と、前記操作手段の操作が有効となる操作有効時間が設定される演出において、当該操作有効時間内に、前記操作手段が操作されていなくても前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合がある状態変化手段と、を備えることを特徴とする遊技機

請求項2

前記状態変化手段は、前記操作有効時間の開始と同時に、前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合があることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。

請求項3

前記状態変化手段は、前記操作有効時間の開始から所定時間経過したとき、前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合があることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の遊技機。

請求項4

前記操作手段には、当該操作手段に遊技者が接触または近接したことを検出するセンサが設けられ、前記状態変化手段は、前記操作有効時間内において、前記センサによって遊技者が前記操作手段に接触または近接したことが検出されたとき、前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合があることを特徴とする請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の遊技機。

請求項5

前記操作手段が操作されたときに当該操作手段が前記第一状態から前記第二状態に変化した場合よりも、前記操作手段が操作されていないにも拘わらず前記操作有効時間内に前記操作手段が前記第一状態から前記第二状態に変化した場合の方が、遊技者に対しその後付与される利益が大きくなる蓋然性が高くなるように設定されていることを特徴とする請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の遊技機。

請求項6

前記第二状態にある前記操作手段は、遊技者の触覚によって認識可能となるように振動した状態であることを特徴とする請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技者が操作可能な操作手段を備えた遊技機に関する。

背景技術

0002

下記特許文献1には、遊技者が操作可能な操作手段(ボタン)であって、振動可能なものが開示されている。

先行技術

0003

特開2007−37972号公報

発明が解決しようとする課題

0004

この種の振動可能な操作手段を備えた遊技機では、リーチ演出等において、所定の期間内(操作有効時間内)に操作手段を操作させ、大当たりとなる場合には操作手段が振動する、というように操作手段を使用することがある。しかし、操作手段が振動するタイミングが同じ(操作手段が操作されたとき)であるため、すぐに飽きられてしまうという問題がある。

0005

本発明は、遊技者の感覚通常状態とは異なる状態であることが認識可能な状態に変化可能な操作手段を備えた遊技機において、当該操作手段を用いた演出趣向性を向上させることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するためになされた請求項1の発明にかかる遊技機は、通常状態である第一状態から、当該第一状態とは異なる状態であることを遊技者の感覚で認識可能な第二状態に変化可能である、遊技者が操作可能な操作手段と、前記操作手段の操作が有効となる操作有効時間が設定される演出において、当該操作有効時間内に、前記操作手段が操作されていなくても前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合がある状態変化手段と、を備えることを特徴とする。

0007

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の遊技機において、前記状態変化手段は、前記操作有効時間の開始と同時に、前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合があることを特徴とする。

0008

請求項3に記載の発明は、請求項1または請求項2に記載の遊技機において、前記状態変化手段は、前記操作有効時間の開始から所定時間経過したとき、前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合があることを特徴とする。

0009

請求項4に記載の発明は、請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の遊技機において、前記操作手段には、当該操作手段に遊技者が接触または近接したことを検出するセンサが設けられ、前記状態変化手段は、前記操作有効時間内において、前記センサによって遊技者が前記操作手段に接触または近接したことが検出されたとき、前記操作手段を前記第一状態から前記第二状態に変化させる場合があることを特徴とする。

0010

請求項5に記載の発明は、請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の遊技機において、前記操作手段が操作されたときに当該操作手段が前記第一状態から前記第二状態に変化した場合よりも、前記操作手段が操作されていないにも拘わらず前記操作有効時間内に前記操作手段が前記第一状態から前記第二状態に変化した場合の方が、遊技者に対しその後付与される利益が大きくなる蓋然性が高くなるように設定されていることを特徴とする。

0011

請求項6に記載の発明は、請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の遊技機において、前記第二状態にある前記操作手段は、遊技者の触覚によって認識可能となるように振動した状態であることを特徴とする。

発明の効果

0012

請求項1に記載の発明にかかる遊技機では、操作有効時間内に、操作手段が操作されていなくても操作手段が第一状態から第二状態に変化することがある演出となるから、操作手段が第二状態となるタイミングが常に同じではない趣向性の高い演出とすることが可能である。

0013

請求項2に記載の発明のように、操作有効時間の開始と同時に、操作手段が第一状態から第二状態に変化する場合があるようにすれば、遊技者が操作手段を操作しようとしたとき、操作手段が既に第二状態となっていることがあるから、意外性のある(遊技者にインパクトを与える)演出とすることが可能である。

0014

請求項3に記載の発明のように、操作有効時間の開始から所定時間経過したとき、操作手段が第一状態から第二状態に変化する場合があるようにすれば、遊技者が操作手段を操作する前に、操作手段が第二状態となることがあるから、意外性のある(遊技者にインパクトを与える)演出とすることが可能である。

0015

請求項4に記載の発明のように、センサによって遊技者が操作手段に接触または近接したことが検出されたとき、操作手段が第一状態から第二状態に変化する場合があるようにすれば、遊技者が操作手段に接触または近接した瞬間、操作手段が第二状態となることがあるから、意外性のある(遊技者にインパクトを与える)演出とすることが可能である。

0016

請求項5に記載の発明のように、操作手段が操作されたときに当該操作手段が第一状態から第二状態に変化した場合よりも、操作手段が操作されていないにも拘わらず操作有効時間内に操作手段が第一状態から第二状態に変化した場合の方が、遊技者に対しその後付与される利益が大きくなる蓋然性が高くなるように設定されていれば、操作手段が第二状態に変化したタイミングとその後の利益がリンクした趣向性の高い演出とすることが可能である。

0017

請求項6に記載の発明のように、操作手段が振動するものであれば、遊技者の視覚聴覚では振動しているかどうかを判別することが困難であるため、操作されていないにも拘わらず操作手段が振動したことを遊技者が認識したときのインパクトを大きくすることが可能である。

図面の簡単な説明

0018

本実施形態にかかる遊技機の正面図である。
操作手段を側方から見た図(操作手段が原位置に位置した状態)である。
操作手段を側方から見た図(操作手段が終端位置に位置した状態)である。
時間表示画像操作指示画像の一例を示した図である。
操作手段が第一状態から第二状態となるタイミングを説明するための図である。
遊技者が近接または接触したことを検出するセンサが設けられた操作手段を示した図である。

実施例

0019

以下、本発明にかかる遊技機1の一実施形態について図面を参照して詳細に説明する。まず、図1を参照して遊技機1の全体構成について簡単に説明する。なお、図1では、遊技機1の枠体遊技球を発射する発射装置、遊技球を貯留する下皿や上皿など、本発明に関係のない構成の説明は省略する。これらについては公知の遊技機と同様の構造のものが適用できる。

0020

遊技機1は遊技盤90を備える。遊技盤90は、ほぼ正方形合板により成形されており、発射装置の操作によって発射された遊技球を遊技領域902に案内する金属製の薄板からなる帯状ガイドレール903が略円弧形状となるように設けられている。

0021

遊技領域902には、表示装置91、始動入賞口904、大入賞口906、アウト口などが設けられている。表示装置91は、後述する報知演出選択演出に用いられる。かかる表示装置91の表示画面は、遊技盤90に形成された開口901を通じて視認可能である。

0022

また、遊技領域902には、流下する遊技球が衝突することにより遊技球の流下態様に変化を与える障害物としての遊技釘が複数設けられている。遊技領域902を流下する遊技球は、遊技釘に衝突したときの条件に応じて様々な態様に変化する。

0023

このような遊技機1では、発射装置を操作することにより遊技領域902に向けて遊技球を発射する。遊技領域902を流下する遊技球が、始動入賞口904や大入賞口906等の入賞口に入賞すると、所定の数の賞球払出装置により払い出される。

0024

大当たりの抽選は、図示されない制御基板に設けられた当否判定手段が始動入賞口904への遊技球の入賞を契機として実行する(このような始動入賞口は複数設けられていてもよい)。その他の構成等は公知の遊技機と同様のものが適用できるため、説明は省略する。

0025

本実施形態にかかる遊技機1は、上記当否判定手段による判定結果を報知するための各種演出が実行可能である。これらの演出において、演出に関与しているかのような印象を遊技者に与えるため、遊技者に操作手段10を操作させる(操作手段10の操作が有効となる)時間が設定されることがある。

0026

[操作手段の構成]
本実施形態における操作手段10の構成は次の通りである。図1図3に示すように、本実施形態における操作手段10は、遊技機前方右側に設けられた「」を模した構造物である。当該「剣」は、略上下方向にスライド自在に設けられており、図示されない付勢部材によって上側に付勢されている。したがって、操作手段10に何の力も作用していないときには、当該付勢部材の付勢力により、最も上方の位置である原位置に位置する(図2参照)。遊技者が付勢部材の付勢力に抗して操作手段10に対して下向きの力を作用させると、操作手段10が下方にスライドする。具体的には、遊技者は、操作手段10である「剣」の「持ち手部分」を握り、下向きの力を加えることで操作手段10を下方にスライドさせる。操作手段10が最も下方の位置である終端位置(図3参照)に到達すると、図示されないセンサによって操作手段10が当該終端位置に到達したことが検出される。本実施形態でいう「操作手段10が操作された」とは、当該センサによって操作手段10が所定位置に到達したことを検出されたときをいい、単に遊技者が操作手段10に触れただけ、という状態をいうものではない。本実施形態では、遊技機本体に固定された固定部材12に形成された開口121を通るように操作手段10が設けられている。

0027

また、本実施形態における操作手段10には、バイブレーション機構11が設けられている。バイブレーション機構11は、「剣」の「持ち手部分」、すなわち、操作手段10を操作する遊技者が手で触れる部分に設けられている。バイブレーション機構11が駆動すると、「剣」の「持ち手部分」が振動するため、当該部分に触れている遊技者はその振動を感知することができる。バイブレーションを発生させるためのバイブレーション機構11の構成はどのようなものであってもよいため詳細な説明を省略する(公知のバイブレータを適用することができる)。

0028

このように、本実施形態における操作手段10は、振動していない通常状態(以下、第一状態と称することもある)と、バイブレーション機構11が駆動し振動している状態(以下、第二状態と称することもある)に変化可能である(このように操作手段10の状態を制御する手段、すなわち本実施形態ではバイブレーション機構11を制御する手段が本発明における状態変化手段に相当する)。なお、通常状態である第一状態とそれと異なる状態である第二状態の差異を生じさせるためのものは「振動」に限られない。遊技者の感覚(触覚、視覚、聴覚等)によって、第二状態が通常状態である第一状態と異なる状態であることを認識可能とするものであればよい。例えば、第二状態となったとき、第一状態では光っていなかった操作手段10の一部が光るような構成(遊技者がその視覚によって光を視認することにより第二状態であることを認識する構成)としてもよい。ただし、第一状態と第二状態の差異を生じさせるためのものが、状態が変化していることが視覚や聴覚上分かりにくい「振動」であれば、遊技者に与えるインパクトを向上させることができるという利点がある(その理由は後述)。

0029

[操作手段を利用した演出]
以下、操作手段10を利用した演出について説明する。操作手段10を利用した演出では、操作手段10の操作が有効となる操作有効時間が設定される。操作手段10の操作が有効とは、操作手段10の操作が演出上反映される時間という意味である。つまり、操作有効時間以外の時間に操作手段10が操作されたとしても、その操作は演出上反映されない。なお、操作有効時間が設定されたときには、表示装置91に図4に示すような時間表示画像20が操作指示画像30とともに表示される。時間表示画像20は、操作手段10の操作が有効となる操作有効時間を表示する画像である。本実施形態における時間表示画像20は、だんだんと減少していくメータ21を表示することで、操作有効時間が減少していくことを遊技者に示す。操作指示画像30は、操作手段10を模した画像(本実施形態では「剣」の画像)31や操作手段10を操作すべき方向を示す画像(矢印等を示した画像)32が含まれているとよい。これにより、遊技者は剣を模した操作手段10を操作すべきタイミングであることを容易に認識することが可能となる。

0030

操作手段10を利用した演出、すなわち操作有効時間が設定される演出の一例として、当否判定結果が大当たりであるかどうかを報知するいわゆるリーチ演出が挙げられる。この種のリーチ演出において、操作有効時間が設定され、操作手段10が操作されたとき、大当たりである場合にはそれに対応した演出(画像等)が、はずれである場合にはそれに対応した演出(画像等)が実行される。つまり、操作手段10が操作されることを契機として、当否判定結果が大当たりかどうかを報知するものである。本実施形態では、当否判定結果が大当たりであるとき、いずれかのタイミングで操作手段10が振動することとなる。すなわち、第一状態であった操作手段10が、いずれかのタイミングで第二状態に変化することとなる。なお、本実施形態では、当否判定結果がはずれである場合には、操作有効時間内に操作手段10を操作しても操作手段10は振動しない。

0031

本実施形態において、当否判定結果が大当たりであり、操作手段10が第一状態から第二状態に変化する、すなわち状態変化手段によってバイブレーション機構11が駆動し、操作手段10が振動するタイミングとしては、以下の三つが設定されている。
1)操作手段10が操作されたとき
2)操作有効時間の開始と同時(図5参照)
3)操作有効時間の開始から所定時間経過したとき(図5参照)

0032

基本的には、上記1)の操作手段10が操作されたとき、に操作手段10が振動する。つまり、操作手段10が操作されたときに、大当たりであることを示すような画像が表示装置91に表示されるとともに、操作手段10が振動する。これにより、遊技者は大当たりを獲得したということを理解する。

0033

一方、上記2)の操作有効時間の開始と同時、や3)の操作有効時間の開始から所定時間経過したときは、操作手段10が操作されていないにも拘わらず、操作手段10が振動する演出態様である。2)の操作有効時間の開始と同時、は、操作有効時間が開始されると同時(多少前後してもよい)に、操作手段10が振動するため、時間表示画像20を見て操作手段10を操作しようとした遊技者は、操作手段10に触れたとき、既に操作手段10が振動していることをその触覚によって認識する。大当たりとなるときには操作手段10を操作したときに操作手段10が振動するものと認識している遊技者には、大きなインパクトを与えることが可能である。なお、その後、操作手段10が操作されたことが検出されたときには、操作手段10の振動が継続するようにしてもよいし、振動が停止するようにしてもよい。

0034

3)の操作有効時間の開始から所定時間経過したとき、は、操作有効時間が開始されたときに操作手段10は振動していない(第一状態)であるが、所定の時間が経過したタイミングで振動する(第二状態に変化する)ものである。このようなタイミングが設定されていると、操作手段10を操作しようとした遊技者が操作手段10に触れたときには操作手段10が振動していないにも拘わらず、途中でいきなり振動し始めるため、遊技者に大きなインパクトを与えることが可能である。なお、操作有効時間の開始から所定時間経過する前に操作手段10が操作されたときには、操作されたことが検出されたときに操作手段10が振動するようにするとよい。この場合、遊技者の受ける印象としては、上記1)の態様と同じになる。また、操作有効時間の開始から所定時間経過し、操作手段10が振動した状態で操作手段10が操作されたことが検出されたときには、操作手段10の振動が継続するようにしてもよいし、振動が停止するようにしてもよい。また、操作手段10が振動を開始する「所定時間」は、複数の時間が設定されていてもよいし、タイマ等によって演出が実行される度に抽選によって決定される構成(振動を開始するタイミングが無数にある構成)としてもよい。

0035

このように、本実施形態にかかる遊技機1では、操作有効時間内に、操作手段10が操作されていなくても操作手段10が第一状態から第二状態に変化することがある演出となるから、操作手段10が第二状態となるタイミングが常に同じではない趣向性の高い演出とすることが可能である。つまり、従来の遊技機のように、操作手段10が第二状態となるタイミングが上記1)のタイミングだけでないから、遊技者に与えるインパクトが大きい演出とすることが可能である。

0036

また、本実施形態では、操作手段10の第一状態と第二状態の差異は、視覚や聴覚によって判別することが困難である「振動」の有無によるものである。例えば、操作手段10が第一状態から第二状態に変化したことが視覚や聴覚によって判別することができれば、操作手段10が操作される前に操作手段10の状態が変化したことが遊技者に把握されてしまうため、遊技者に与えるインパクトが低下してしまうおそれがあるところ、本実施形態では状態の変化を振動によって実現しているため、操作手段10が操作されていないにも拘わらず操作手段10が振動したことを遊技者が認識したときのインパクトを大きくすることが可能である。

0037

なお、上記1)〜3)のタイミングによる操作手段10の第一状態から第二状態の変化は、全てが発生する可能性がある構成としてもよいし、いずれかが発生する可能性がない構成であってもよい。また、当否判定結果が大当たりであるにも拘わらず操作手段10が操作されなかったときには、そのまま表示装置91等を用いて大当たりであることが報知される。操作有効時間の経過後、操作手段10を第一状態から第二状態に変化させてもよいし、第一状態のままとしてもよい。本実施形態では、当否判定結果が大当たりであるかどうかは操作手段10の操作の有無に拘わらず予め決まっており、操作手段10の操作の有無によって、当否判定結果が変化することはない。

0038

[操作手段の状態が変化するタイミングの別例]
操作手段10が第一状態から第二状態に変化するタイミングとして、4)遊技者が操作手段10に接触または近接したことが検出されたとき、が設定されていてもよい。この場合、操作手段10には、遊技者(人体)が接触または近接したことを検出するセンサ13を設けておく(図6参照)。かかるセンサ13としては、公知の接触センサ近接センサが適用できる。本実施形態における操作手段10であれば、操作手段10を操作する遊技者が手で触れる「剣」の「持ち手部分」に設けられる。このようにすれば、操作有効時間が設定され、操作手段10を操作しようとした遊技者が操作手段10に接触または近接した瞬間、つまり、遊技者が操作手段10に触れた瞬間、操作手段10が第二状態に変化するため、遊技者に与えるインパクトが大きい演出とすることが可能である。

0039

[操作手段の状態が変化したタイミングと大当たりの関係]
操作手段10が操作されたときに操作手段10が第一状態から第二状態に変化した場合よりも、操作手段10が操作されていないにも拘わらず操作手段10が第一状態から第二状態に変化した場合の方が、遊技者に対しその後付与される利益が大きくなる蓋然性が高くなるように設定されているとよい。本実施形態では、当否判定結果が大当たりであるかどうかを報知する演出として操作手段10が利用されるものであるため、上記利益の差は、当該大当たりによって得られる利益の差ということである。

0040

大当たりによって得られる利益の例としては、大当たり遊技中に獲得できる平均的な遊技球の数(いわゆる平均出玉)や、大当たり遊技終了後遊技状態が有利なものとなるかどうかが例示できる。有利な遊技状態としては、大当たりに当選する確率が上昇するいわゆる確率変動状態や、遊技球の入賞を契機として当否判定を行う入賞口に遊技球が頻繁に入賞することができる状態であるいわゆる時間短縮状態等が例示できる。

0041

つまり、操作手段10が第一状態から第二状態に変化するタイミングとして、上記1)のタイミングと、2)〜4)の少なくともいずれかが設定されている場合、大当たりの種別踏まえ、遊技者にとって利益の大きい大当たりであればあるほど、上記2)〜4)のタイミングで操作手段10が第二状態となる態様が発生しやすくなるように構成されている。このように設定すれば、操作手段10が第二状態に変化したタイミングとその後の利益がリンクした趣向性の高い演出とすることが可能である。

0042

以上、本発明の実施の形態について詳細に説明したが、本発明は上記実施の形態に何ら限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲で種々の改変が可能である。

0043

上記実施形態では、当否判定結果が大当たりであるときにいずれかのタイミングで操作手段10が振動することになることを説明したが、はずれであるときに振動する構成としてもよい。例えば、操作有効時間の開始と同時、操作有効時間の開始から所定時間経過したとき、遊技者が操作手段10に近接または接触したことが検出されたときに操作手段10が振動する場合、すなわち、操作手段10が操作されていないにも拘わらず操作手段10が振動する場合において、操作手段10の操作前に振動した場合には、大当たりとなる確率が高まるものの、操作手段10が操作されたときにその振動が停止し、はずれであることが報知される、という流れの演出が実行されることがあってもよい。つまり、操作有効時間が設定されたとき、操作手段10が操作されていないにも拘わらず操作手段10が第二状態となることがある構成であればよい。

0044

上記実施形態では、大当たりであるかどうかを報知するリーチ演出において操作手段10(操作手段10の振動)が利用されることを説明したが、それ以外の演出において利用されることがあってもよい。つまり、操作有効時間が設定されるあらゆる演出において、上記技術思想が適用可能である。

0045

上記実施形態における操作手段10の態様は一例である。操作されたことが検出されるセンサが設けられ、遊技者の感覚で違いが認識することができる第一状態から第二状態に変化可能なものであればどのようなものであってもよい。

0046

1遊技機
10操作手段
11バイブレーション機構
13 (遊技者が近接または接触したことを検出する)センサ
20 時間表示画像

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】左打ちで発射された遊技媒体が通過可能な第1始動口5120と、右打ちされた遊技媒体が通過可能な第2始動口2140とを備える。遊技者にとっての... 詳細

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】左打ちで発射された遊技媒体が通過可能な第1始動口5120と、右打ちされた遊技媒体が通過可能な第2始動口2140とを備える。遊技者にとっての... 詳細

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】左打ちで発射された遊技媒体が通過可能な第1始動口5120と、右打ちされた遊技媒体が通過可能な第2始動口2140とを備える。遊技者にとっての... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ