図面 (/)

技術 平板瓦及び平板瓦の瓦葺き構造

出願人 三州野安株式会社
発明者 猫本大耕
出願日 2014年10月17日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2014-212852
公開日 2016年5月16日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2016-079703
状態 特許登録済
技術分野 屋根ふき・それに関連する装置または器具
主要キーワード 尻部側 多段構造 アンダーラップ 排出水 水返し突条 水返し 勾配屋根 平板瓦
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

葺設後に雨水が流入することのない平板瓦及び平板瓦の瓦葺き構造を提供する。

解決手段

平板瓦1及び平板瓦1の瓦葺き構造は、傾斜面2aに載置した平板瓦1bの垂れ部4b先端から第一水返し5aまでの距離が、平板瓦1bの垂れ部4bの高さの半分以下となるように第一水返し5aを設置したことにより、葺設後に雨水15の流入を阻止することが可能である。更に、構造がシンプルであることから葺設が容易である。

概要

背景

従来より、緩勾配屋根葺設する桟瓦平板瓦)としては、後端部に、他の瓦先端の垂れ部を重ね、垂れ部裏面と尻部表面との間に空間を設け、垂れ部裏面に水返し突条凸設することで雨水の浸入を阻止するものが知られている(特許文献1)。

概要

葺設後に雨水が流入することのない平板瓦及び平板瓦の瓦葺き構造を提供する。 平板瓦1及び平板瓦1の瓦葺き構造は、傾斜面2aに載置した平板瓦1bの垂れ部4b先端から第一水返し5aまでの距離が、平板瓦1bの垂れ部4bの高さの半分以下となるように第一水返し5aを設置したことにより、葺設後に雨水15の流入を阻止することが可能である。更に、構造がシンプルであることから葺設が容易である。

目的

本発明の目的は、上記従来の平板瓦の問題点を解消し、葺設後に雨水が流入することのない平板瓦及び平板瓦の瓦葺き構造を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

前端には垂れ部を、後端には部を形成して葺設後に雨水が表面を流下する傾斜面と、左右に設置する平板瓦との重複部分であるアンダーラップ部とで少なくとも構成し、前記傾斜面後端側には、中央から左右両端に亘って突条に形成される第一水返しを備えた平板瓦であって、前記傾斜面上に載置した他の平板瓦の垂れ部先端から前記第一水返しまでの距離が、前記他の平板瓦の垂れ部の高さの半分以下となるように前記第一水返しを設置したことを特徴とする平板瓦。

請求項2

前記第一水返しの後方には、段状に形成される第二水返しを設け、前記第一水返しと前記第二水返しとの間に凹状の排水部が形成されたことを特徴とする請求項1に記載の平板瓦。

請求項3

前記第二水返しは、前段と、当該前段より段差が高い後段とからなることを特徴とする請求項2に記載の平板瓦。

請求項4

前記傾斜面の左右両端に水返しが設けられたことを特徴とする請求項1乃至3の何れかに記載の平板瓦。

請求項5

請求項1乃至4の何れかに記載の平板瓦を、各前記平板瓦の傾斜面上に載置した他の前記平板瓦の垂れ部先端からその後方に位置する前記第一水返しまでの距離が、前記他の平板瓦の垂れ部の高さの半分以下となるように葺設したことを特徴とする平板瓦の瓦葺き構造

技術分野

0001

本発明は、家屋等の屋根に敷設する平板瓦及び平板瓦の瓦葺き構造に関するものである。

背景技術

0002

従来より、緩勾配屋根葺設する桟瓦(平板瓦)としては、後端部に、他の瓦先端の垂れ部を重ね、垂れ部裏面と尻部表面との間に空間を設け、垂れ部裏面に水返し突条凸設することで雨水の浸入を阻止するものが知られている(特許文献1)。

先行技術

0003

特開2004−293228号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、このように垂れ部裏面側に水返し突条を設けた平板瓦では、最も水が流れる位置に水返し突条を設置することが難しく、葺設後に雨水の流入を防ぐことが困難な構造であった。

0005

そこで、本発明の目的は、上記従来の平板瓦の問題点を解消し、葺設後に雨水が流入することのない平板瓦及び平板瓦の瓦葺き構造を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

本発明のうち、請求項1に記載された発明は、前端には垂れ部を、後端には尻部を形成して葺設後に雨水が表面を流下する傾斜面と、左右に設置する平板瓦との重複部分であるアンダーラップ部とで少なくとも構成し、
前記傾斜面後端側には、中央から左右両端に亘って突条に形成される第一水返しを備えた平板瓦であって、
前記傾斜面上に載置した他の平板瓦の垂れ部先端から前記第一水返しまでの距離が、前記他の平板瓦の垂れ部の高さの半分以下となるように前記第一水返しを設置したことを特徴とするものである。

0007

請求項2に記載された発明は、請求項1に記載の発明に加え、前記第一水返しの後方には、段状に形成される第二水返しを設け、前記第一水返しと前記第二水返しとの間に凹状の排水部が形成されたことを特徴とするものである。

0008

請求項3に記載された発明は、請求項2に記載の発明に加え、前記第二水返しは、前段と、当該前段より段差が高い後段とからなることを特徴とするものである。

0009

請求項4に記載された発明は、請求項1乃至3の何れかに記載の発明に加え、前記傾斜面の左右両端に水返しが設けられたことを特徴とするものである。

0010

請求項5に記載された発明は、請求項1乃至4の何れかに記載の平板瓦を、各前記平板瓦の傾斜面上に載置した他の前記平板瓦の垂れ部先端からその後方に位置する前記第一水返しまでの距離が、前記他の平板瓦の垂れ部の高さの半分以下となるように葺設したことを特徴とする平板瓦の瓦葺き構造である。

発明の効果

0011

請求項1及び5に記載された発明は、葺設後に雨水の流入を阻止する。更に、構造がシンプルであることから葺設が容易である。

0012

請求項2及び3に記載された発明は、雨水の流入をより一層強固に阻止する。

0013

請求項4に記載された発明は、アンダーラップ部への雨水の流入を阻止する。

図面の簡単な説明

0014

平板瓦を示す説明図である。
(a)は図1のA−A断面を示し、(b)はB−B断面を示す説明図である。
(a)は雨水を第一水返しでき止めた状態を、(b)は雨水を第二水切り前段で堰き止めた状態を示し、(c)は雨水を第二水切り前段で堰き止めた状態を示す説明図である。
平板瓦の変更例を示す説明図である。

実施例

0015

以下、本発明の平板瓦の一実施形態について、図面に基づいて詳細に説明する。

0016

図1は、平板瓦を示す説明図である。図2は、図1の平板瓦の断面を示す説明図である。図3は、雨水を堰き止めた状態を示す説明図である。

0017

先ず初めに、図1に示すように、平板瓦1は家屋の屋根に葺設するもので、葺設後に雨水が表面を流下する傾斜面2と、左右に設置する平板瓦1,1との重複部分であるアンダーラップ部3とで構成される。

0018

このうち、傾斜面2は、前端(図1の下側を前方とする。)には裏面側に向かって屈曲する垂れ部4が、尻部側には中央から左右両端に向かって伸びる突条の第一水返し5,5が設けられており、その後方には段状に形成される第二水返し6が設けられている。そして、第一水返し5,5の間と、第一水返し5と第二水返し6との間には、これらの間に浸入した雨水を垂れ部4内側から外側へ排出する排水部9が形成されている。また、傾斜面2の左右両端には、アンダーラップ部3に傾斜面2上を流下する雨水が流入することを阻止する突条の水返し10,10が設けられている。

0019

次に、図2(a)に示すように、図1のA−A断面では、第二水返し6は、第二水返し前段7とこの第二水返し前段7より段差が高い第二水返し後段8とを備えた多段構造に形成される一方、図2(b)に示すように、図1のB−B断面では、第一水返し5,5の間が平坦に形成されている。

0020

このようにして構成される平板瓦1による屋根20への葺設は、以下のように行われる。但し、葺設方向で平板瓦を区別するために当該方向に沿って1a、1b・・と符号を付す。各構成についても同様である。
先ず初めに、図3(a)に示すように、平板瓦1aを屋根20上に設置する。そして、この平板瓦1aの傾斜面2aに他の平板瓦1bを設置する。
この時、平板瓦1bの垂れ部4bは、葺設後に雨水15が平板瓦1a,1b間に流れ込まないようにするために、平板瓦1aの第一水返し5aより前方に設置する必要があるが、特に平板瓦1bの垂れ部4b先端と、平板瓦1aの第一水返し5aとの距離Bが、平板瓦1bの垂れ部4bの高さAの半分以下となるように設置する。以降、図示しない平板瓦1c,1d・・も同様に設置し列を形成する。この時、アンダーラップ部3上には、他の平板瓦1の列が重複するように設置することで、平板瓦1a,1b・・が屋根20上に葺設されることとなる。

0021

次に、雨が降った時に、葺設した平板瓦1a,1b間に雨水が浸入することを阻止する構造について説明する。
先ず初めに、雨が降った時には屋根20が緩傾斜をしていることから、殆どの雨水は平板瓦1bの傾斜面2b表面を流下し、垂れ部4b先端から下段の平板瓦1aへと流れ落ちた後、傾斜面2a表面を流下することとなる。

0022

しかし、全ての雨水が垂れ部4b先端から傾斜面2a上にそのまま流れ落ちる訳ではなく、そのうちの一部については垂れ部4b内側に流入することがある。
この場合、図3(a)に示すように、雨水15が、垂れ部4b先端の内側に回り込むことになるが、平板瓦1aには第一水返し5aが設けられていることから、ここに堰き止められて第一水返し5aを超えることができず、その後、傾斜面2a上を流下することとなる。
仮に、図3(b)に示すように、雨水15が第一水返し5aの傾斜を超えたとしても、この第一水返し5aの後方には、第二水返し前段7aが設けられていることから、第二水返し前段7aによって堰き止められることとなる。
そして、第二水返し前段7aによって堰き止められた雨水16が、第一水返し5aと第二水返し前段7aとの間に形成される排水部9aに流れ込んだ後、傾斜面2上を図1の矢印が示す方向に流下することとなり、平板瓦1bの垂れ部4b内側から外側へ排出される。

0023

また、図3(c)に示すように、雨水15が第一水返し5aだけでなく、更に第二水返し前段7aを超えたとしても、第二水返し前段7aの後方には、第二水返し前段7aよりも高く形成した第二水返し後段8aが設けられていることから、この第二水返し後段8aにより、第二水返し前段7aを超えた雨水16が堰き止められることとなる。
そして、第二水返し後段8aによって堰き止められた雨水16が、第二水返し前段7a上を流下して排水部9aに流れ込んだ後、雨水16が第二水返し前段7aによって堰き止められた場合と同様に、排水部9aへと流れ込み、傾斜面2a上を図1の矢印が示す方向に流下することとなり、平板瓦1bの垂れ部4b内側から外側へ排出される。

0024

上記の如く構成される平板瓦1及び平板瓦1の瓦葺き構造は、傾斜面2aに載置した平板瓦1bの垂れ部4b先端から第一水返し5aまでの距離が、平板瓦1bの垂れ部4bの高さの半分以下となるように第一水返し5aを設置したことにより、葺設後に雨水15の流入を阻止することが可能である。更に、構造がシンプルであることから葺設が容易である。

0025

また、第一水返し5,5の後方には、段状に形成される第二水返し6を設け、第一水返し5と第二水返し6との間に凹状の排水部8が形成されたことにより、雨水16の流入を阻止する。

0026

更に、第二水返し6は、第二水返し前段7とこの第二水返し前段7より段差が高い第二水返し後段8とからなることにより、雨水16の流入を阻止する。

0027

他にも、傾斜面2両端に水返し10,10が設けられたことにより、アンダーラップ部3への雨水の流入を阻止する。
排出水を第一水返し5の内側に入れることを阻止する。

0028

なお、本発明にかかる平板瓦は、上記した実施の形態に何ら限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更することができる。

0029

例えば、第二水返し6は多段構造であるが、第二水返し前段7と第二水返し後段8とだけで構成する必要はなく、第二水返し後段8より高い段差を更に設けても良く、これらの間に形成される凹状の排水部9から雨水が排水される構造であれば適宜変更可能である。

0030

また、図1に示すように、雨水16の排水は、第一水返し5と第二水返し6との間から傾斜面2の後端側中央で矢印が示す方向から排水しているが、必ずこの方向から排水する必要はなく、第一水返し5と第二水返し6との間に流入した雨水16を排水する構造であれば、他の位置から排水しても良く、適宜変更可能である。

0031

他にも、図1に示すように、本発明の平面瓦1では、第一水返し5,5の間が平坦に形成されており、雨水15を排水部9,9から矢印が示す方向に排水する構造としているが、図4に示すように、第一水返し5と第二水返し6とで後端側中央側の端部を繋いで堰11,11を設け、雨水15が排水部9,9の左右両端へ流下する構造としても良く、適宜変更可能である。
この場合、左側の排水部9を流下する雨水15は、アンダーラップ部3から排水され、右側の排水部9を流下する雨水15は、図示しない隣に設置される平板瓦1のアンダーラップ部3から排水される。

0032

1・・平板瓦、2・・傾斜面、3・・アンダーラップ部、4・・垂れ部、5・・第一水返し、6・・第二水返し、7・・第二水返し前段、8・・第二水返し後段、9・・排水部、10・・水返し、11・・堰、15・・雨水、16・・雨水、20・・屋根。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ