図面 (/)

技術 乳がん患者用胸パッド

出願人 池田安江
発明者 池田安江
出願日 2014年10月15日 (6年1ヶ月経過) 出願番号 2014-223620
公開日 2016年5月16日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2016-079545
状態 特許登録済
技術分野 コルセット・ブラジャー
主要キーワード カップ部分 綿生地 胸パッド ハンカチ 乳がん患者 見た目 フィット ブラジャー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

本発明は、乳がん乳房切除した人にために工夫したもので、他の人が胸部を見たときに、切断したことがわからないように補うことができる乳がん患者胸パッドを提供する。

解決手段

パッド本体で隙間ができてしまうことを解消するために、パッド本体の底面を平らにし、パッド本体に羽を設け、パッド本体の底面にポケットを設けた乳がん患者用胸パッド。

概要

背景

乳がん患者手術により乳房切除した後、見た目を補うために、補正用胸パッドを利用したり、タオルハンカチなどを丸めてブラジャーに入れていた。
シリコン製の商品販売されているが、高価であり、洗濯ができないものが多い。
また、シリコン製やジェル入りパッド通気性が悪く、肌に悪影響を及ぼしていた。

概要

本発明は、乳がんで乳房を切除した人にために工夫したもので、他の人が胸部を見たときに、切断したことがわからないように補うことができる乳がん患者用胸パッドを提供する。パッド本体で隙間ができてしまうことを解消するために、パッド本体の底面を平らにし、パッド本体に羽を設け、パッド本体の底面にポケットを設けた乳がん患者用胸パッド。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パッド本体で隙間ができてしまうことを解消するために、パッド本体の底面を平らにし、パッド本体に羽を設け、パッド本体の底面にポケットを設けた乳がん患者胸パッド

請求項2

パッド本体の中身低反発ウレタンチップ充填した請求項1の乳がん患者用胸パッド。

技術分野

0001

本発明は、乳がん乳房切除した人にために工夫したもので、他の人が胸部を見たときに、切断したことがわからないように補うことができる乳がん患者胸パッドに関するものである。

背景技術

0002

乳がん患者が手術により乳房を切除した後、見た目を補うために、補正用の胸パッドを利用したり、タオルハンカチなどを丸めてブラジャーに入れていた。
シリコン製の商品販売されているが、高価であり、洗濯ができないものが多い。
また、シリコン製やジェル入りパッド通気性が悪く、肌に悪影響を及ぼしていた。

先行技術

0003

特開2002−309409号公報

発明が解決しようとする課題

0004

従来の、を大きく見せるためのパッドは、底面がくぼんでおり、平らな胸に装着すると隙間ができてしまい、身体にフィットしない。
シリコン製のパッドは、通気性が悪く、蒸れて皮膚が荒れることがある。
タオルやハンカチでは、ゴワゴワして乳房の柔らかさが再現できず、左右のバランスが取れない。
高価である。
パッドがずれる。

課題を解決するための手段

0005

パッド本体(1)で隙間ができてしまうことを解消するために、パッド本体(1)の底面(3)を平らにする。
パッド本体(1)がずれてしまうことを解消するために、パッド本体(1)に羽(4)を付ける。
パッド本体(1)の高さが合わないことを解消するために、パッド本体(1)の底面(3)にポケット(5)を付ける。
以上のように構成された乳がん患者用胸パッドである。
従来の、胸を大きく見せるためのパッド(1)で隙間ができてしまうことを解消するために、底面(3)を平らにした。
シリコン製は高価で、通気性が悪く、皮膚が荒れることを解消するために、綿の布地を使用し、安価で製作した。
また、洗濯機で洗濯できるようにした。
そして、タオルやハンカチでは再現できない、乳房の柔らかさを再現するために、中身低反発ウレタンチップ充填した。

発明の効果

0006

パッド本体(1)で隙間ができてしまうことを解消するために、パッド本体(1)の底面(3)を平らにする。
パッド本体(1)の底面(3)を平らにすることで、胸と密着し、ずれる不安が軽減し、違和感もなくなった。
パッド本体(1)に羽(4)を付けることで、ブラジャーに挟むことにより、さらにずれる不安が軽減した。
パッド本体(1)の底面(3)にポケット(5)を付けることで、薄いパッドを挿入してパッド本体(1)の高さを調節できるようになった。
綿生地と低反発ウレタンチップで製作することで、安価になり、また、洗濯が可能になり、清潔が保たれ、肌荒れも防ぐことができた。
低反発ウレタンチップを充填することで、乳房の柔らかさを再現し、装着時の違和惑を軽減した。
また、洗濯が可能になり、清潔が保たれ、肌荒れも防ぐことができる。
さらに、乳房の柔らかさを再現し、装着時の違和感を軽減できる。
安価で製作することで、経済的負担を軽減できる。

図面の簡単な説明

0007

本発明の正面図である。 本発明の側面図である。 本発明の底面図である。 本発明の断面図である。

実施例

0008

以下、本発明の実施の形態を説明する。
パッド本体(1)で隙間ができてしまうことを解消するために、パッド本体(1)の底面(3)を平らにする。
パッド本体(1)の表面(2)に羽(4)を設ける。
パッド本体(1)の底面(3)にポケット(5)を設ける。
以上のように構成された乳がん患者用胸パッドである。
従来の、胸を大きく見せるためのパッドで隙間ができてしまうことを解消するために、底面(3)を平らにした。
シリコン製は高価で、通気性が悪く、皮膚が荒れることを解消するために、綿の布地を使用し、安価で製作した。
また、洗濯機で洗濯できるようにした。
そして、タオルやハンカチでは再現できない、乳房の柔らかさを再現するために、中身に低反発ウレタンチップを充填した。
図1において、上部を狭く、下部を広くし、自然な乳房の形を形成する。
図2において、上部を薄く、下部を厚くし、自然な乳房の形を形成する。
図3において、平らな胸に装着しても隙間のないよう、底面を平らにする。
図4において、中身に低反発ウレタンチップを充填する。
本発明を使用するときは、ブラジャーのカップ部分にパッド本体(1)を装着する。

0009

1パッド本体
2 表面
3 底面
4 羽
5 ポケット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社カドリールニシダの「 カップ部を有する衣類」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】 運動時でも着心地が楽で、バスト揺れ抑制効果の大きい構成であるとともにシルエットが美しいカップ部を有する衣類を提供する。【解決手段】 裏布14と表布15で構成される2重構造部分を含む衣類で... 詳細

  • ユーピーアール株式会社の「 腰部装着ベルト」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】装着後においても締め付け度合の調整を容易に行うことが可能な腰部装着ベルトを提供する。【解決手段】本願発明にかかる腰部装着ベルトは、 装着者の腰部に装着される腰部装着ベルトであって、所定の位置... 詳細

  • 株式会社共同の「 装具」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】好適な強度を有しつつ、良好な通気性を有する装具を提供する。【解決手段】患部Pに巻かれる帯状の装具本体10を備え、患部Pを保持する装具1であって、装具本体10は、可撓性を有する樹脂製の帯状体であ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ