図面 (/)

技術 電子写真感光体、プロセスカートリッジおよび電子写真装置

出願人 キヤノン株式会社
発明者 北村航怒健一
出願日 2015年9月30日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-194345
公開日 2016年5月9日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2016-071380
状態 特許登録済
技術分野 電子写真における感光体
主要キーワード 最深点 架橋有機高分子 加圧システム モールド圧 プラスチック製支持体 フィルタタイプ 評価用チャート 画像連結
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

高温高湿下での低印字モード出力により生じるスジ状の画像欠陥が抑制された電子写真感光体プロセスカートリッジおよび電子写真装置の提供。

解決手段

電子写真感光体の周面が各々独立した複数の凹部を有し、電子写真感光体の軸方向における凹部の開口の最大の幅が20μm以上80μm以下であり、凹部の開口の輪郭が電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が最大の幅になっている部分から頂部に向かって小さくなっており、凹部の軸方向視において凹部の深さが凹部の最深点から頂部に向かって浅くなっている。

概要

背景

電子写真装置において回転駆動される電子写真感光体としては、一般的に、円筒状のものが用いられる。
電子写真感光体の表面(周面)には、帯電クリーニングなどの電気外力機械的外力が加えられるため、これらの外力に対する耐久性耐摩耗性など)が要求される。
この要求に対して、従来から、電子写真感光体の表面層に耐摩耗性の高い樹脂硬化性樹脂など)を用いるなどの改良技術が用いられている。
一方、電子写真感光体の周面の耐摩耗性を高めることによって生じる課題として、画像流れクリーニング性能の低下が挙げられる。

画像流れは、電子写真感光体の周面の帯電によって生じるオゾンや窒素酸化物などにより、電子写真感光体の表面層に用いられている材料が劣化したり、水分の吸着によって電子写真感光体の周面が低抵抗化したりすることが原因であると考えられている。そして、電子写真感光体の周面の耐摩耗性が高くなるほど、電子写真感光体の周面のリフレッシュ(劣化した材料や吸着した水分などの画像流れの原因物質の除去)がなされにくくなり、画像流れが発生しやすくなる。

画像流れを改善する技術として、特許文献1には、電子写真感光体の表面(周面)に、深さ0.5μm以上5μm以下かつ開口部最長径20μm以上80μm以下の凹部を一辺500μmの正方形領域に凹部の面積が10000μm2以上90000μm2以下となるように設け、さらに凹部以外の部分に含まれる平坦部の面積が80000μm2以上240000μm2以下となるように設けることによって、高温高湿環境下に電子写真感光体を放置した場合にもドット再現性を良化させる技術が開示されている。

概要

高温高湿下での低印字モード出力により生じるスジ状の画像欠陥が抑制された電子写真感光体、プロセスカートリッジおよび電子写真装置の提供。電子写真感光体の周面が各々独立した複数の凹部を有し、電子写真感光体の軸方向における凹部の開口の最大の幅が20μm以上80μm以下であり、凹部の開口の輪郭が電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が最大の幅になっている部分から頂部に向かって小さくなっており、凹部の軸方向視において凹部の深さが凹部の最深点から頂部に向かって浅くなっている。なし

目的

本発明の目的は、高温高湿環境下での低印字モード出力により生じるスジ状の画像欠陥が抑制された電子写真感光体、該電子写真感光体を有するプロセスカートリッジおよび電子写真装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電子写真装置において回転駆動される円筒状の電子写真感光体であって、該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっていることを特徴とする電子写真感光体。

請求項2

前記電子写真感光体の周面の任意の位置に一辺500μmの正方形領域を配置したとき、該一辺500μmの正方形領域における該凹部の開口面の面積が100000μm2以上であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項1に記載の電子写真感光体。

請求項3

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ直線と開口面が成す角度が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項1または2に記載の電子写真感光体。

請求項4

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ線と開口面が成す角度の最大が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項1〜3のいずれか1項に記載の電子写真感光体。

請求項5

前記角αの角度が、0°を超え58°以下である請求項1〜4のいずれか1項に記載の電子写真感光体。

請求項6

円筒状の電子写真感光体であって、該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の周方向の少なくとも一方に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっていることを特徴とする電子写真感光体。

請求項7

前記電子写真感光体の周面の任意の位置に一辺500μmの正方形領域を配置したとき、該一辺500μmの正方形領域における該凹部の開口面の面積が100000μm2以上であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項6に記載の電子写真感光体。

請求項8

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ直線と開口面がなす角度が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項6または7に記載の電子写真感光体。

請求項9

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ線と開口面が成す角度の最大が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項6〜8のいずれか1項に記載の電子写真感光体。

請求項10

前記角αの角度が、0°を超え58°以下である請求項6〜9のいずれか1項に記載の電子写真感光体。

請求項11

電子写真装置の本体に着脱自在であるプロセスカートリッジであって、該プロセスカートリッジが、該電子写真装置において回転駆動される円筒状の電子写真感光体、および、該電子写真感光体の周面に接触配置されたクリーニングブレードを有し、該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口面の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、該凹部の開口面の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっていることを特徴とするプロセスカートリッジ。

請求項12

前記電子写真感光体の周面の前記クリーニングブレードとの接触領域の任意の位置に一辺500μmの正方形領域を配置したとき、該一辺500μmの正方形領域における該凹部の開口面の面積が100000μm2以上であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項11に記載のプロセスカートリッジ。

請求項13

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ直線と開口面が成す角度が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項11または12に記載のプロセスカートリッジ。

請求項14

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ線と開口面が成す角度の最大が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項11〜13のいずれか1項に記載のプロセスカートリッジ。

請求項15

前記角αの角度が、0°を超え58°以下である請求項11〜14のいずれか1項に記載のプロセスカートリッジ。

請求項16

電子写真装置において回転駆動される円筒状の電子写真感光体、および、該電子写真感光体の周面に接触配置されたクリーニングブレードを有する電子写真装置であって、該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっていることを特徴とする電子写真装置。

請求項17

前記電子写真感光体の周面の前記クリーニングブレードとの接触領域の任意の位置に一辺500μmの正方形領域を配置したとき、該一辺500μmの正方形領域における該凹部の開口面の面積が100000μm2以上であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項16に記載の電子写真装置。

請求項18

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ直線と開口面が成す角度が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項16または17に記載の電子写真装置。

請求項19

前記凹部の軸方向視において、前記最深点および前記頂部を結ぶ線と開口面が成す角度の最大が、8.5°以下であり、該開口面は、該凹部が面一である場合に形成される仮想面である請求項16〜18のいずれか1項に記載の電子写真装置。

請求項20

前記角αの角度が、0°を超え58°以下である請求項16〜19のいずれか1項に記載の電子写真装置。

技術分野

0001

本発明は、電子写真感光体プロセスカートリッジおよび電子写真装置に関する。

背景技術

0002

電子写真装置において回転駆動される電子写真感光体としては、一般的に、円筒状のものが用いられる。
電子写真感光体の表面(周面)には、帯電クリーニングなどの電気外力機械的外力が加えられるため、これらの外力に対する耐久性耐摩耗性など)が要求される。
この要求に対して、従来から、電子写真感光体の表面層に耐摩耗性の高い樹脂硬化性樹脂など)を用いるなどの改良技術が用いられている。
一方、電子写真感光体の周面の耐摩耗性を高めることによって生じる課題として、画像流れクリーニング性能の低下が挙げられる。

0003

画像流れは、電子写真感光体の周面の帯電によって生じるオゾンや窒素酸化物などにより、電子写真感光体の表面層に用いられている材料が劣化したり、水分の吸着によって電子写真感光体の周面が低抵抗化したりすることが原因であると考えられている。そして、電子写真感光体の周面の耐摩耗性が高くなるほど、電子写真感光体の周面のリフレッシュ(劣化した材料や吸着した水分などの画像流れの原因物質の除去)がなされにくくなり、画像流れが発生しやすくなる。

0004

画像流れを改善する技術として、特許文献1には、電子写真感光体の表面(周面)に、深さ0.5μm以上5μm以下かつ開口部最長径20μm以上80μm以下の凹部を一辺500μmの正方形領域に凹部の面積が10000μm2以上90000μm2以下となるように設け、さらに凹部以外の部分に含まれる平坦部の面積が80000μm2以上240000μm2以下となるように設けることによって、高温高湿環境下に電子写真感光体を放置した場合にもドット再現性を良化させる技術が開示されている。

先行技術

0005

特許第5127991号

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、本発明者らの検討の結果、特許文献1に開示された技術は、高温高湿環境下において低印字モード画像出力した後、濃度30%程度のハーフトーン画像を出力すると、該ハーフトーン画像上にスジ状の画像欠陥(以下「H/H初期スジ(高温高湿環境初期スジ)」とも表記する。)を生じるという改善の余地が残っていることがわかった。

0007

本発明の目的は、高温高湿環境下での低印字モード出力により生じるスジ状の画像欠陥が抑制された電子写真感光体、該電子写真感光体を有するプロセスカートリッジおよび電子写真装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、電子写真装置において回転駆動される円筒状の電子写真感光体であって、
該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、
該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、
該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっている
ことを特徴とする電子写真感光体である。

0009

また、本発明は、円筒状の電子写真感光体であって、
該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、
該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の周方向の少なくとも一方に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、
該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっている
ことを特徴とする電子写真感光体である。

0010

また、本発明は、電子写真装置の本体に着脱自在であるプロセスカートリッジであって、
該プロセスカートリッジが、該電子写真装置において回転駆動される円筒状の電子写真感光体、および、該電子写真感光体の周面に接触配置されたクリーニングブレードを有し、
該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、
該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、
該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっている
ことを特徴とするプロセスカートリッジである。

0011

また、本発明は、電子写真装置において回転駆動される円筒状の電子写真感光体、および、該電子写真感光体の周面に接触配置されたクリーニングブレードを有する電子写真装置であって、
該電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、
該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、
該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっている
ことを特徴とする電子写真装置である。

発明の効果

0012

本発明によれば、高温高湿環境下での低印字モード出力により生じるスジ状の画像欠陥が抑制された電子写真感光体、該電子写真感光体を有するプロセスカートリッジおよび電子写真装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0013

フィッティングの例を示す図である。
本願の凹部の関係を模式的に示す図である。
(A)〜(J)は、電子写真感光体の周面の凹部の開口部の形状の例を示す図である。
(a)〜(h)は、電子写真感光体の周面の凹部の周方向からみたときの断面部の形状の例を示す図である。
電子写真感光体の周面に凹部を形成するための圧接形状転写加工装置の例を示す図である。
本発明の電子写真感光体を有するプロセスカートリッジを備えた電子写真装置の例を示す図である。
(7−1)および(7−2)は、電子写真感光体の製造例で用いたモールドを示す図である。
(7−3)および(7−4)は、電子写真感光体の製造例で用いたモールドを示す図である。
(7−5)および(7−6)は、電子写真感光体の製造例で用いたモールドを示す図である。

0014

本発明の特許文献1に開示された技術に対する特徴は、
電子写真感光体の周面が、各々独立した複数の凹部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、
該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の周方向の少なくとも一方(該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側)に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、
該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっている点である。

0015

本発明者らの検討の結果、電子写真感光体の周面に上記特定の凹部を配置することにより、高温高湿環境下において生じるスジ状の画像欠陥の抑制効果が向上することがわかった。
特に、特定の幅の凹部を電子写真感光体の周面に高密度で設けることにより、クリーニングブレードの長手方向の大きなねじれ振動(ビビり)が、より効率的に抑制される。これにより、クリーニングブレードに対して負荷の大きい環境下でも、より安定的な摺擦が行われる。
電子写真感光体の回転方向の上流側(後端側)に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっている場合、クリーニングブレードが凹部の上流側(後端側)を通過する際、クリーニングブレードの変形やそれに伴うクリーニングブレードの振動が抑制される。その結果、ミクロな領域のクリーニングブレードの挙動が均一化される。これにより、クリーニングブレードと電子写真感光体の摺擦状態の均一化が飛躍的に向上することで、電子写真感光体の周面への付着物や摺擦の不均一により生じるメモリーが抑制され、H/H初期スジの抑制効果が発現しているものと本発明者らは考えている。

0016

具体的には、本発明の電子写真感光体の周面は、各々独立した複数の凹部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の輪郭の最大の幅が、20μm以上80μm以下であり、
該凹部の開口の輪郭が、該電子写真感光体の回転方向の少なくとも上流側に、角度が0°を超え90°以下の角αの頂部を有し、
該電子写真感光体の軸方向における該凹部の開口の輪郭の幅が、最大の幅になっている部分から該頂部に向かって小さくなっており、
該凹部の軸方向視において、該凹部の深さが、該凹部の最深点から該頂部に向かって浅くなっている。以上の凹部を、以下「特定凹部」とも表記する。

0017

本発明において、特定凹部は、電子写真感光体の周面の任意の位置に一辺500μmの正方形領域(面積が250000μm2)を配置したとき(すなわち、電子写真感光体の周面のどの位置に一辺500μmの正方形領域を配置しても)、その一辺500μmの正方形領域における特定凹部の面積が100000μm2以上になるように、電子写真感光体の周面に設けられることが好ましい。あるいは、本発明において、特定凹部は、電子写真感光体の周面のクリーニングブレードとの接触領域の任意の位置に一辺500μmの正方形領域(面積が250000μm2)を配置したとき(すなわち、電子写真感光体の周面のクリーニングブレードとの接触領域のどの位置に一辺500μmの正方形領域を配置しても)、その一辺500μmの正方形領域における特定凹部の面積が100000μm2以上になるように、電子写真感光体の周面に設けられることが好ましい。

0018

なお、円筒状の電子写真感光体の周面は周方向に曲がった曲面であるため、「電子写真感光体の周面の任意の位置に一辺500μmの正方形領域(面積が250000μm2)を配置」するとは、その曲面を平面に補正した場合に、その平面において正方形になるような領域(面積が250000μm2)を電子写真感光体の周面の任意の位置に配置するということを意味する。同様に、「電子写真感光体の周面のクリーニングブレードとの接触領域の任意の位置に一辺500μmの正方形領域(面積が250000μm2)を配置」するとは、その曲面を平面に補正した場合に、その平面において正方形になるような領域(面積が250000μm2)を電子写真感光体の周面のクリーニングブレードとの接触領域の任意の位置に配置するということを意味する。

0019

電子写真感光体の周面の特定凹部などは、例えば、レーザー顕微鏡光学顕微鏡電子顕微鏡原子間力顕微鏡などの顕微鏡を用いて観察することができる。

0020

レーザー顕微鏡としては、例えば、以下の機器利用可能である。
(株)キーエンス製の超深度形状測定顕微鏡VK−8550、超深度形状測定顕微鏡VK−9000、超深度形状測定顕微鏡VK−9500、VK−X200,VK−X100オリンパス(株)製の走査型共焦点レーザー顕微鏡OLS3000
レーザーテック(株)製のリアルカラーコンフォーカル顕微鏡プリテクスC130

0021

光学顕微鏡としては、例えば、以下の機器が利用可能である。
(株)キーエンス製のデジタルマイクスコープVHX−500、デジタルマイクロスコープVHX−200
オムロン(株)製の3DデジタルマイクロスコープVC−7700

0022

電子顕微鏡としては、例えば、以下の機器が利用可能である。
(株)キーエンス製の3Dリアルサーフェスビュー顕微鏡VE−9800、3Dリアルサーフェスビュー顕微鏡VE−8800
エスアイアイナノテクノロジー(株)製の走査型電子顕微鏡コンベンショナル/Variable Pressure SEM
(株)島津製作所製の走査型電子顕微鏡SUPERSCANSS−550

0023

原子間力顕微鏡としては、例えば、以下の機器が利用可能である。
(株)キーエンス製のナノスケールハイブリッド顕微鏡VN−8000
エスアイアイ・ナノテクノロジー(株)製の走査型プローブ顕微鏡NanoNaviステーション
(株)島津製作所製の走査型プローブ顕微鏡SPM−9600

0024

上記一辺500μmの正方形領域の観察は、一辺500μmの正方形領域が収まるような倍率で行ってもよいし、より高い倍率で部分的な観察を行った後、ソフトを用いて複数の部分画像を連結するようにしてもよい。

0025

以下に一辺500μmの正方形領域における特定凹部について説明する。
まず、電子写真感光体の周面を顕微鏡で拡大観察する。電子写真感光体の周面は周方向に曲がった曲面となっているため、その曲面の断面プロファイルを抽出し、曲線円弧)をフィッティングする。図1に、フィッティングの例を示す。図1に示す例は、電子写真感光体が円筒状である場合の例である。図1中、実線の101は電子写真感光体の周面(曲面)の断面プロファイルであり、破線の102は断面プロファイル101にフィッティングした曲線である。その曲線102が直線になるように断面プロファイル101の補正を行い、得られた直線を電子写真感光体の長手方向(周方向に直交する方向)に拡張した面を基準面とする。電子写真感光体が円筒状でない場合も、円筒状である場合と同様にして基準面を得る。
得られた基準面よりも下方に位置する部分を当該正方形領域における凹部とする。基準面から凹部の最低点までの距離を凹部の深さとする。基準面による凹部の断面を開口部とし、開口部を軸方向に横切る線分のうち、最も長い線分の長さを凹部の開口部の幅とする。本発明における特定凹部の開口部の幅は、クリーニングブレードを安定化させ、H/H初期スジを効果的に低減するという観点から20μm以上80μm以下の範囲にあることが好ましい。さらには、特定凹部の開口部の幅が30μm以上60μm以下の範囲にあることがより好ましい。また、上記正方形領域における特定凹部の面積が100000μm2以上であることが好ましく、100000μm2以上175000μm2以下であることがより好ましい。
また、電子写真感光体の周面の任意の50箇所に配置される上記一辺500μmの正方形領域において特定凹部の面積をそれぞれ測定したとき、50個の凹部の面積の測定値標準偏差が5%以下であることが好ましい。

0026

図2に、特定凹部の開口面の例および周方向からみたときの断面の例を示す。なお、図2の特定凹部の断面の例は、上記補正後の断面プロファイルである。
図3(A)〜(J)に、特定凹部の開口部の形状(特定凹部を上から見たときの形状)の例を示す。
図4(a)〜(h)に、特定凹部の周方向からみたときの断面部の形状の例を示す。

0027

図2に示す特定凹部の例について説明する。まずは特定凹部の開口部の形状について説明する。特定凹部は、特定凹部が面一である場合に形成された仮想面である開口面を有する。図2に示した特定凹部の開口部は電子写真感光体の周方向の一方に2つの直線からなる頂部(交点)を有し、他方は半円形状を有している。また、開口部は周方向で頂部(交点)を通る直線Aまでの距離が最も離れた2つの点(直線Aから矢印の点線で示した位置)から頂部(交点)に向かって、直線Aまでの距離が小さくなっている。
本発明の特定凹部は、凹部の最大の幅になっている部分の両端のそれぞれの点と上記頂部を結ぶ線(計2本の線)は、それぞれ、電子写真感光体の軸方向の直線とで成す角度が45°以上90°以下であることがH/H初期スジの低減の点から好ましい。さらに、62°以上90°未満であることがより好ましい。
なお、本発明において、凹部の開口の輪郭を形成する線が曲線である場合、曲線と曲線がなす角度や曲線と直線がなす角度を求めるとき、該曲線に関しては、その接線を用いる。
また、上記角αの角度は、0°を超え角度が58°以下であることがトナーのH/H初期スジの低減の点から好ましい。さらに、56°以下であることがより好ましい。

0028

次に、特定凹部の周方向からみたときの断面部について説明する。
図2に示した特定凹部の周方向からみたときの断面部は、凹部の開口面から該電子写真感光体の深さ方向に最も深い点から頂部(交点)に向かって深さが直線状に浅くなる形状を有し、他方はドーム状の形状を有している。本発明においては、特定凹部の開口面上の直線と、電子写真感光体を側面から投影したときの頂部(交点)と電子写真感光体の深さ方向に最も深い点とを結ぶ直線とで成す角度が、8.5°以下であることがトナーのH/H初期スジの低減の点からより好ましい。すなわち、特定凹部の軸方向視において、特定凹部の最深点および頂部を結ぶ直線と特定凹部の開口面が成す角度は、8.5°以下であるであることが好ましい。さらに、3.8°以下であることがより好ましい。また、特定凹部の軸方向視において、特定凹部の最深点および頂部を結ぶ線と特定凹部の開口面が成す角度の最大は、8.5°以下であることが好ましい。
特定凹部の開口部の形状としては、例えば、図3(A)〜(J)に示すような形状が挙げられる。また、特定凹部の断面形状としては、例えば、図4(a)〜(h)に示すような形状が挙げられる。
電子写真感光体の周面に設けられる複数の特定凹部は、すべてが同一の形状、開口部最長径、深さであってもよいし、異なる形状、開口部最長径、深さのものが混在していてもよい。また、必要に応じて本願以外の凹部を形成してもよい。
クリーニングブレードの挙動をより安定化させる点からは、複数の特定凹部が電子写真感光体の周方向に対しては同じ位置に配置し、軸方向に対しては隣り合う形状が特定凹部の長さより短い範囲でずれて配置していることがより好ましい。
上記特定凹部は、電子写真感光体の周面の全域に形成されていてもよいし、電子写真感光体の周面の一部分に形成されていてもよい。特定凹部が電子写真感光体の周面の一部分に形成されている場合は、少なくともクリーニングブレードとの接触領域の全域には特定凹部が形成されていることが好ましい。

0029

<電子写真感光体の周面に凹部を形成する方法>
形成するべき凹部に対応した凸部を有するモールドを電子写真感光体の周面に圧接し、形状転写を行うことにより、電子写真感光体の周面に凹部を形成することができる。
図5に、電子写真感光体の周面に凹部を形成するための圧接形状転写加工装置の例を示す。
図5に示す圧接形状転写加工装置によれば、被加工物である電子写真感光体5−1を回転させながら、その周面に連続的にモールド5−2を接触させ、加圧することにより、電子写真感光体5−1の周面に凹部や平坦部を形成することができる。

0030

加圧部材5−3の材質としては、例えば、金属、金属酸化物プラスチックガラスなどが挙げられる。これらの中でも、機械的強度、寸法精度、耐久性の観点から、ステンレス鋼(SUS)が好ましい。加圧部材5−3は、その上面にモールド5−2が設置される。また、下面側に設置される支持部材(不図示)および加圧システム(不図示)により、支持部材5−4に支持された電子写真感光体5−1の周面に、モールド5−2を所定の圧力で接触させることができる。また、支持部材5−4を加圧部材5−3に対して所定の圧力で押し付けてもよいし、支持部材5−4および加圧部材5−3を互いに押し付けてもよい。

0031

図5に示す例は、加圧部材5−3を電子写真感光体5−1の軸方向と垂直な方向に移動させることにより、電子写真感光体5−1が従動または駆動回転しながら、その周面を連続的に加工する例である。さらに、加圧部材5−3を固定し、支持部材5−4を電子写真感光体5−1の軸方向と垂直な方向に移動させることにより、または、支持部材5−4および加圧部材5−3の両者を移動させることにより、電子写真感光体5−1の周面を連続的に加工することもできる。

0032

なお、形状転写を効率的に行う観点から、モールド5−2や電子写真感光体5−1を加熱することが好ましい。

0033

モールド5−2としては、例えば、微細表面加工された金属や樹脂フィルムや、シリコンウエハーなどの表面にレジストによりパターニングをしたものや、微粒子が分散された樹脂フィルムや、微細な表面形状を有する樹脂フィルムに金属コーティングを施したものなどが挙げられる。

0034

また、電子写真感光体5−1に押し付けられる圧力を均一にする観点から、モールド5−2と加圧部材5−3との間に弾性体を設置することが好ましい。

0035

<電子写真感光体の構成>
本発明の電子写真感光体は、支持体および該支持体上に形成された感光層を有する。
電子写真感光体の形状は、円筒状である。

0036

感光層は、電荷輸送物質電荷発生物質を同一の層に含有する単層型感光層であってもよいし、電荷発生物質を含有する電荷発生層と電荷輸送物質を含有する電荷輸送層とに分離した積層型機能分離型)感光層であってもよい。電子写真特性の観点から、積層型感光層が好ましい。また、積層型感光層は、支持体側から電荷発生層、電荷輸送層の順に積層した順層型感光層であってもよいし、支持体側から電荷輸送層、電荷発生層の順に積層した逆層型感光層であってもよい。電子写真特性の観点から、順層型感光層が好ましい。また、電荷発生層を積層構成としてもよいし、電荷輸送層を積層構成としてもよい。

0037

本発明の電子写真感光体に用いられる支持体としては、導電性を示すもの(導電性支持体)が好ましい。支持体の材質としては、例えば、鉄、銅、金、銀、アルミニウム亜鉛チタン、鉛、ニッケル、スズ、アンチモンインジウムクロムアルミニウム合金ステンレスなどの金属(合金)が挙げられる。また、アルミニウム、アルミニウム合金、酸化インジウム酸化スズ合金などを用いて真空蒸着によって形成した被膜を有する金属製支持体プラスチック製支持体を用いることもできる。また、カーボンブラック酸化スズ粒子酸化チタン粒子銀粒子などの導電性粒子をプラスチックや紙に含浸してなる支持体や、導電性結着樹脂製の支持体を用いることもできる。
支持体の表面は、レーザー光散乱による干渉縞の抑制を目的として、切削処理粗面化処理アルマイト処理などを施してもよい。

0038

支持体と、後述の下引き層または感光層(電荷発生層、電荷輸送層)との間には、レーザー光の散乱による干渉縞の抑制や、支持体の傷の被覆などを目的として、導電層を設けてもよい。
本発明の電子写真感光体に用いられる導電層は、カーボンブラック、導電性顔料抵抗調節顔料などを結着樹脂とともに分散処理することによって得られる導電層用塗布液を塗布し、得られた塗膜を乾燥させることによって形成することができる。また、導電層用塗布液には、加熱、紫外線照射放射線照射などにより硬化重合する化合物を添加してもよい。導電性顔料や抵抗調節顔料などを分散させてなる導電層は、その表面が粗面化される傾向にある。
導電層の膜厚は、0.2μm以上40μm以下であることが好ましく、1μm以上35μm以下であることがより好ましく、5μm以上30μm以下であることがさらにより好ましい。

0039

導電層に用いられる結着樹脂としては、例えば、スチレン酢酸ビニル塩化ビニルアクリル酸エステルメタクリル酸エステル、フッ化ビニリデントリフルオロエチレンなどのビニル化合物重合体や、ポリビニルアルコールポリビニルアセタールポリカーボネートポリエステルポリスルホンポリフェニレンオキサイドポリウレタンセルロース樹脂フェノール樹脂メラミン樹脂ケイ素樹脂エポキシ樹脂などが挙げられる。
導電性顔料および抵抗調節顔料としては、例えば、アルミニウム、亜鉛、銅、クロム、ニッケル、銀、ステンレスなどの金属(合金)の粒子や、これらをプラスチックの粒子の表面に蒸着したものなどが挙げられる。また、酸化亜鉛酸化チタン、酸化スズ、酸化アンチモン、酸化インジウム、酸化ビスマス、スズがドープされている酸化インジウム、アンチモンやタンタルがドープされている酸化スズなどの金属酸化物の粒子を用いることもできる。これらは、1種のみ用いてもよいし、2種以上を組み合わせて用いてもよい。2種以上を組み合わせて用いる場合は、混合するだけでもよいし、固溶体融着の形にしてもよい。

0040

支持体または導電層と感光層(電荷発生層、電荷輸送層)との間には、感光層の接着性改良、塗工性改良、支持体からの電荷注入性改良、感光層の電気的破壊に対する保護などを目的として、バリア機能接着機能を有する下引き層(中間層)を設けてもよい。
下引き層は、樹脂(結着樹脂)を溶剤に溶解させることによって得られる下引き層用塗布液を塗布し、得られた塗膜を乾燥させることによって形成することができる。
下引き層に用いられる樹脂としては、例えば、ポリビニルアルコール、ポリ−N−ビニルイミダゾールポリエチレンオキシドエチルセルロースエチレンアクリル酸共重合体カゼインポリアミド、N−メトキシメチル化6ナイロン共重合ナイロンにかわゼラチンなどが挙げられる。
下引き層の膜厚は、0.05μm以上7μm以下であることが好ましく、0.1μm以上2μm以下であることがより好ましい。

0041

感光層に用いられる電荷発生物質としては、例えば、ピリリウム、チアピリリウム染料や、各種の中心金属および各種の結晶形(α、β、γ、ε、X型など)を有するフタロシアニン顔料や、アンアントロン顔料や、ジベンズピレンキノン顔料や、ピラントロン顔料や、モノアゾ、ジスアゾ、トリスアゾなどのアゾ顔料や、インジゴ顔料や、キナクリドン顔料や、非対称キノシアニン顔料や、キノシアニン顔料などが挙げられる。これら電荷発生物質は、1種のみ用いてもよく、2種以上用いてもよい。

0043

感光層が積層型感光層である場合、電荷発生層は、電荷発生物質を結着樹脂および溶剤とともに分散処理することによって得られた電荷発生層用塗布液を塗布し、得られた塗膜を乾燥させることによって形成することができる。また、電荷発生層は、電荷発生物質の蒸着膜としてもよい。
電荷発生物質と結着樹脂の質量比は、1:0.3〜1:4の範囲であることが好ましい。
分散処理方法としては、例えば、ホモジナイザー超音波分散ボールミル振動ボールミルサンドミルアトライター、ロールミルなどを用いる方法が挙げられる。

0044

電荷輸送層は、電荷輸送物質および結着樹脂を溶剤に溶解させることによって得られる電荷輸送層用塗布液を塗布し、得られた塗膜を乾燥させることによって形成することができる。また、単独で成膜性を有する電荷輸送物質を用いる場合は、結着樹脂を用いずに電荷輸送層を形成することもできる。

0045

電荷発生層および電荷輸送層に用いられる結着樹脂としては、例えば、スチレン、酢酸ビニル、塩化ビニル、アクリル酸エステル、メタクリル酸エステル、フッ化ビニリデン、トリフルオロエチレンなどのビニル化合物の重合体や、ポリビニルアルコール、ポリビニルアセタール、ポリカーボネート、ポリエステル、ポリスルホン、ポリフェニレンオキサイド、ポリウレタン、セルロース樹脂、フェノール樹脂、メラミン樹脂、ケイ素樹脂、エポキシ樹脂などが挙げられる。

0046

電荷発生層の膜厚は、5μm以下であることが好ましく、0.1〜2μmであることがより好ましい。
電荷輸送層の膜厚は、5〜50μmであることが好ましく、10〜35μmであることがより好ましい。

0047

また、電子写真感光体の耐久性の向上の観点から、電子写真感光体の表面層を架橋有機高分子で構成することが好ましい。

0048

本発明においては、例えば、電荷発生層上の電荷輸送層を電子写真感光体の表面層として架橋有機高分子で構成することができる。また、電荷発生層上の電荷輸送層上に第二電荷輸送層または保護層として架橋有機高分子で構成された表面層を形成することができる。また、架橋有機高分子で構成された表面層に要求される特性は、膜の強度と電荷輸送能力両立であり、その観点から、電荷輸送物質または導電性粒子と、架橋重合性モノマーオリゴマーとを用いて表面層を形成することが好ましい。
電荷輸送物質としては、上述の電荷輸送物質を用いることができる。また、導電性粒子としては、公知の導電性粒子を用いることができる。架橋重合性のモノマー/オリゴマーとしては、例えば、アクリロイルオキシ基スチリル基などの連鎖重合性官能基を有する化合物や、水酸基アルコキシシリル基イソシアネート基などの逐次重合官能基を有する化合物などが挙げられる。
また、膜の強度と電荷輸送能力の両立の観点から、同一分子内に電荷輸送性構造(好ましくは正孔輸送性構造)およびアクリロイルオキシ基の両方を有する化合物を用いることがより好ましい。
架橋硬化させる方法としては、例えば、熱、紫外線放射線を用いる方法が挙げられる。
架橋有機高分子で構成された表面層の膜厚は、0.1〜30μmであることが好ましく、1〜10μmであることがより好ましい。

0049

電子写真感光体の各層には、添加剤を添加することができる。添加剤としては、例えば、酸化防止剤紫外線吸収剤などの劣化防止剤や、フッ素原子含有樹脂粒子アクリル樹脂粒子などの有機樹脂粒子や、シリカ、酸化チタン、アルミナなどの無機粒子などが挙げられる。

0050

<プロセスカートリッジおよび電子写真装置の構成>
図6に、本発明の電子写真感光体を有するプロセスカートリッジを備えた電子写真装置の例を示す。
図6において、円筒状の本発明の電子写真感光体1は、軸2を中心に矢印方向に所定の周速度(プロセススピード)をもって回転駆動される。電子写真感光体1の周面は、回転過程において、帯電手段3(一次帯電手段:例えば、帯電ローラーなど)により、正または負の所定電位に均一に帯電される。次いで、均一に帯電された電子写真感光体1の周面は、露光手段(画像露光手段)(不図示)から照射される露光光画像露光光)4を受ける。このようにして、電子写真感光体1の周面には、目的の画像情報に対応した静電潜像が形成される。
本発明は、放電を利用した帯電手段を用いた場合において、効果が特に大きい。

0051

電子写真感光体1の周面に形成された静電潜像は、次いで現像手段5内のトナー(不定形トナーまたは球形トナー)で現像(正規現像または反転現像)されてトナー像が形成される。電子写真感光体1の周面に形成されたトナー像が、転写手段(例えば、転写ローラーなど)6からの転写バイアスによって、転写材上に転写されていく。このとき、転写材Pは、転写材供給手段(不図示)から電子写真感光体1と転写手段6との間(当接部)に電子写真感光体1の回転と同期して取り出されて給送される。また、転写手段には、トナーの保有電荷とは逆極性バイアス電圧バイアス電源(不図示)から印加される。
トナー像が転写された転写材Pは、電子写真感光体の周面から分離されて定着手段8へ搬送されてトナー像の定着処理を受けることにより、画像形成物プリントコピー)として電子写真装置外へプリントアウトされる。

0052

トナー像転写後の電子写真感光体1の周面は、電子写真感光体1の周面に接触配置(当接)されたクリーニングブレードを有するクリーニング手段7によって転写残トナーなどの付着物の除去を受けて清浄面化される。さらに、清浄面化された電子写真感光体1の周面は前露光手段(不図示)からの前露光光(不図示)により除電処理された後、繰り返し画像形成に使用される。なお、図6に示すように、帯電手段3が帯電ローラーなどを用いた接触帯電手段である場合は、前露光手段は必ずしも必要ではない。

0053

本発明においては、電子写真感光体1、帯電手段3、現像手段5およびクリーニング手段7などから選択される構成要素のうち、複数の構成要素を容器に納めてプロセスカートリッジとして一体に支持する。そして、このプロセスカートリッジを複写機レーザービームプリンターなどの電子写真装置本体に対して着脱自在に構成することができる。図6では、電子写真感光体1と、帯電手段3、現像手段5およびクリーニング手段7とを一体に支持してカートリッジ化して、電子写真装置本体のレールなどの案内手段10を用いて電子写真装置本体に着脱自在なプロセスカートリッジ9としている。

0054

露光光4は、電子写真装置が複写機やプリンターである場合、原稿からの反射光透過光、または、センサーで原稿を読み取り、信号化し、この信号に従って行われるレーザービーム走査LEDアレイ液晶シャッターアレイの駆動などにより照射される光である。

0055

以下、具体的な実施例を挙げて、本発明をより詳細に説明する。なお、実施例中の「部」は「質量部」を意味する。また、電子写真感光体を、以下単に「感光体」ともいう。

0056

(感光体−1の製造例)
直径30mm、長さ357.5mmのアルミニウムシリンダーを支持体(円筒状支持体)とした。

0057

次に、金属酸化物として酸化亜鉛粒子比表面積:19m2/g、粉体抵抗:4.7×106Ω・cm)100部をトルエン500部と撹拌混合し、これにシランカップリング剤(化合物名:N−2−(アミノエチル)−3−アミノプロピルメチルジメトキシシラン商品名:KBM602、信越化学工業(株)製)0.8部を添加し、6時間攪拌した。その後、トルエンを減圧留去して、130℃で6時間加熱乾燥し、表面処理された酸化亜鉛粒子を得た。
次に、ポリオール樹脂としてブチラール樹脂(商品名:BM−1、積水化学工業(株)製)15部およびブロック化イソシアネート(商品名:スミジュール3175、住友バイエルウレタン社製)15部をメチルエチルケトン73.5部と1−ブタノール73.5部の混合溶液に溶解させた。この溶液に前記表面処理された酸化亜鉛粒子80.8部、2,3,4−トリヒドロキシベンゾフェノン0.8部(東京化成工業(株)社製)を加え、これを直径0.8mmのガラスビーズを用いたサンドミル装置で23±3℃雰囲気下で3時間分散した。分散後、シリコーンオイル(商品名:SH28PA、東レダウコーニングシリコーン社製)0.01部、架橋ポリメタクリル酸メチルPMMA)粒子(商品名:TECHPOLYMERSSX−102、積水化成品工業(株)社製、平均一次粒径2.5μm)を5.6部加えて攪拌し、下引き層用塗布液を調製した。
この下引き層用塗布液を上記支持体上に浸漬塗布し、得られた塗膜を40分間160℃で乾燥させて、膜厚が18μmの下引き層を形成した。

0058

次に、CuKα特性X線回折におけるブラッグ角2θ±0.2°の7.4°および28.2°に強いピークを有する結晶形のヒドロキシガリウムフタロシアニン結晶(電荷発生物質)20部、下記構造式(A)で示されるカリックスアレーン化合物0.2部、ポリビニルブチラール(商品名:エスレックBX−1、積水化学工業(株)製)10部、および、シクロヘキサノン600部を、直径1mmガラスビーズを用いたサンドミルに入れ、4時間分散処理した後、酢酸エチル700部を加えることによって、電荷発生層用塗布液を調製した。この電荷発生層用塗布液を下引き層上に浸漬塗布し、得られた塗膜を15分間80℃で乾燥させることによって、膜厚0.17μmの電荷発生層を形成した。

0059

次に、下記構造式(B)で示される化合物30部(電荷輸送物質)、下記構造式(C)で示される化合物60部(電荷輸送物質)、下記構造式(D)で示される化合物10部、ポリカーボネート樹脂(商品名:ユーピロンZ400、三菱エンジニアリングプラスチックス(株)製、ビスフェノールZ型のポリカーボネート)100部、下記構造式(E)を有するポリカーボネート(粘度平均分子量Mv:20000)0.02部を、混合キシレン600部およびジメトキシメタン200部の混合溶剤に溶解させることによって、電荷輸送層用塗布液を調製した。この電荷輸送層用塗布液を前記電荷発生層上に浸漬塗布して塗膜を形成し、得られた塗膜を30分間100℃で乾燥させることによって、膜厚18μmの電荷輸送層を形成した。

0060

次に、下記構造式(F)で示される化合物(連鎖重合性官能基であるアクリル基を有する電荷輸送物質)36部、ポリテトラフルオロエチレン樹脂微粉末(ルブロンL−2、ダイキン工業(株)製)4部、およびn−プロパノール60部を超高圧分散機分散混合することによって、保護層用塗布液を調製した。
この保護層用塗布液を上記電荷輸送層上に浸漬塗布し、得られた塗膜を5分間50℃で乾燥させた。乾燥後、窒素雰囲気下にて、加速電圧70kV、吸収線量8000Gyの条件で1.6秒間シリンダーを回転させながら塗膜に電子線を照射し、塗膜を硬化させた。その後、窒素雰囲気下にて、塗膜が120℃になる条件で3分間加熱処理を行った。なお、電子線の照射から3分間の加熱処理までの酸素濃度は20ppmであった。次に、大気中において、塗膜が100℃になる条件で30分加熱処理を行い、膜厚が5μmである保護層(第2電荷輸送層)を形成した。

0061

このようにして、周面に凹部を形成する前の円筒状の電子写真感光体(凹部形成前の電子写真感光体)を作製した。

0062

モールド圧接形状転写による凹部の形成
概ね図5に示す構成の圧接形状転写加工装置に、モールドとして概ね図7A(7−1)に示す形状のモールド(本例においては、表1に示すように、最大幅(モールド上の凸部を上から見たときの軸方向の最大幅のこと。以下同じ。)X:40μm、最大長さ(モールド上の凸部を上から見たときの周方向の最大長さのこと。以下同じ。)Y:80μm、面積率50%、高さH:4μmの凸部)を設置し、作製した凹部形成前の電子写真感光体の周面に対して加工を行った。加工時には、電子写真感光体の周面の温度が120℃になるように電子写真感光体およびモールドの温度を制御し、7.0MPaの圧力で電子写真感光体と加圧部材を押し付けながら、電子写真感光体を周方向に回転させて、電子写真感光体の周面の全域に凹部を形成した。

0063

このようにして、周面に特定凹部を有する電子写真感光体を作製した。この電子写真感光体を「感光体−1」とする。

0064

・電子写真感光体の周面の観察
得られた電子写真感光体(感光体−1)の周面を、レーザー顕微鏡((株)キーエンス製、商品名:X−100)で50倍レンズにより拡大観察し、上述のようにして電子写真感光体の周面に設けられた特定凹部の判定を行った。観察時には、電子写真感光体の長手方向に傾きが無いように、また、周方向については、電子写真感光体の円弧の頂点ピントが合うように、調整を行った。一辺500μmの正方形領域は、拡大観察を行った画像を画像連結アプリケーションによって連結して得た。また、得られた結果については、付属画像解析ソフトにより、画像処理高さデータを選択し、フィルタタイプメディアンフィルタ処理を行った。
上記観察によって特定凹部の深さ、開口部の軸方向の幅、開口部の周方向の長さ、面積、2つの直線で形成された頂部(交点)の角度、などを求めた。結果を表2に示す。

0065

なお、電子写真感光体(感光体−1)の周面を、他のレーザー顕微鏡((株)キーエンス製、商品名:X−9500)を用い、上記と同様の方法で観察を行ったところ、上記のレーザー顕微鏡((株)キーエンス製、商品名:X−100)を用いた場合と同様の結果が得られた。以下の製造例では、電子写真感光体(感光体−2〜25、感光体−101〜104)の周面の観察に、レーザー顕微鏡((株)キーエンス製、商品名:X−100)および50倍レンズを用いた。

0066

(感光体−2〜感光体−25の製造例)
感光体−1の製造例において、モールドを表1に示したように変更した以外は、感光体−1の製造例と同様にして電子写真感光体を作製した。これらの電子写真感光体を「感光体−2〜感光体25」とする。感光体−1の製造例と同様にして、得られた電子写真感光体の周面の観察を行った。結果を表2に示す。

0067

0068

0069

(電子写真感光体の実機評価)
(実施例1)
感光体−1を、評価装置であるキヤノン(株)製の電子写真装置(複写機)(商品名:iR−ADV C5255)の改造機のシアンステーションに装着し、以下のように試験および評価を行った。
まず、30℃/80%RH環境下で、電子写真感光体の暗部電位(Vd)が−500V、明部電位(Vl)が−180Vになるように帯電装置および画像露光装置の条件を設定し、電子写真感光体の初期電位を調整した。
次に、硬度77°のポリウレタンゴム製クリーニングブレードを、電子写真感光体の周面に対して当接角28°、当接圧30g/cmとなるように設定した。電子写真感光体用ヒータードラムヒーター)をONにした状態で、30℃/80%RH環境下で、A4横の1%印字画像評価用チャートを連続で200枚出力した後、シアン濃度30%のスクリーン画像をハーフトーン画像として出力し、画像上のH/H初期スジを以下のように評価した。結果を表3に示す。

0070

A:画像上にスジが発生していない。
B:画像上にスジが疑われるような画像が得られるが、明確にスジであるかどうかの判定ができないレベルである。
C:画像上に極軽微なスジがわずかに確認できる。
D:画像上に軽微なスジが発生している。
E:画像上に明らかなスジが発生している。

0071

(実施例2〜25)
電子写真感光体として表3に示すものを用いた以外は、実施例1と同様にして電子写真感光体の実機評価を行った。結果を表3に示す。

0072

0073

(感光体−101〜104の製造例)
感光体−1の製造例において、モールドを表4に示したように変更した以外は、感光体−1の製造例と同様にして電子写真感光体「感光体−101〜104」を作製した。感光体−1の製造例と同様にして、得られた電子写真感光体の周面の観察を行った。結果を表5に示す。

0074

0075

0076

(比較例1〜5)
電子写真感光体として表6に示すものを用いた以外は、実施例1と同様にして電子写真感光体の実機評価を行った。結果を表6に示す。

実施例

0077

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 富士電機株式会社の「 電子写真用感光体の製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】長期使用時にも摩耗が少なく、フィルミングの発生もなく、安定した画像を実現できる電子写真用感光体、その製造方法および電子写真装置を提供する。【解決手段】導電性基体1と、導電性基体上に順次形成され... 詳細

  • 株式会社リコーの「 画像形成装置および画像形成方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】トナーのより高いレベルの低温定着性と像担持体の長寿命化とを両立できる画像形成装置を提供する。【解決手段】像担持体と、像担持体表面に形成された潜像をトナーで可視化する現像手段とを備え、像担持体は... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 電子写真感光体、プロセスカートリッジ、及び画像形成装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】感光体寿命の低下が抑制されるとともに、前画像の履歴が残ることで生じる残像現象の発生が抑制される電子写真感光体の提供。【解決手段】導電性基体4と、前記導電性基体4上に設けられ、フッ素樹脂粒子、フ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ