図面 (/)

技術 刈払刃

出願人 中川時雄
発明者 中川時雄
出願日 2014年9月17日 (6年3ヶ月経過) 出願番号 2014-188708
公開日 2016年4月25日 (4年8ヶ月経過) 公開番号 2016-059301
状態 特許登録済
技術分野 収穫機の構成要素3(刈取部) 加工の種類に特徴のある切断 非金属切断装置II
主要キーワード 付き防止部材 切り込み刃 落ち高 字型部材 肉抜き穴 替え刃 チップソー 刈払い
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年4月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

切り込み刃においては刃先研磨するたびにサイズが小さくなっていき刈払効率が落ちる。チップソーに至っては刃先研磨が難しい。切れ止んだ刈払刃交換用の刃を数枚用意して取り替えているが、重くてかさばる刃を何枚も持ち歩かなければならず、まとめて刃先を研磨しているが手間と時間の負担は大きい。また刃先部だけしか使わずあとは捨てられてしまっており資源的、コスト的にも有効利用が望まれる。

解決手段

そこで切れ止んだ刃先だけを着脱容易に交換できるようにするため刈払刃本体外周部に替刃を納めるコの字型部材爪穴を交互に複数個設け、爪穴に嵌合させるL型爪を有する押さえ部材をもって替え刃一括して挟み込み確実容易に着脱できるようにした。また小さな替刃であるため落下紛失の恐れや替え刃交換中にズレたりすることが予測されるため替え刃を磁化しておくことで仮止めができ交換作業がスムーズにできる。。

概要

背景

刈払刃は切込刃または超硬チップソーナイロンコード、が主流である。切込刃は非常によく切れるが刃先研磨するたびにサイズが小さくなり草刈り効率が落ち高価な鋼やグラインダーサンダー砥石が無駄に使われ何枚もの刃先を研磨する時間はかなりの負担になっている。

超硬チップソーは刃のサイズが切込刃のように小さくならず刃先がなくなるまで購入時のサイズのまま使えるため草刈り効率は良い。しかし刃先を研磨するにはダイヤモンドヤスリを使うため素人にはむつかしい。

概要

切り込み刃においては刃先を研磨するたびにサイズが小さくなっていき刈払効率が落ちる。チップソーに至っては刃先研磨が難しい。切れ止んだ刈払刃は交換用の刃を数枚用意して取り替えているが、重くてかさばる刃を何枚も持ち歩かなければならず、まとめて刃先を研磨しているが手間と時間の負担は大きい。また刃先部だけしか使わずあとは捨てられてしまっており資源的、コスト的にも有効利用が望まれる。 そこで切れ止んだ刃先だけを着脱容易に交換できるようにするため刈払刃本体外周部に替刃を納めるコの字型部材爪穴を交互に複数個設け、爪穴に嵌合させるL型爪を有する押さえ部材をもって替え刃一括して挟み込み確実容易に着脱できるようにした。また小さな替刃であるため落下紛失の恐れや替え刃交換中にズレたりすることが予測されるため替え刃を磁化しておくことで仮止めができ交換作業がスムーズにできる。。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

刈払刃本体の外周部にコの字型部材爪穴を交互に複数個設け、爪穴に嵌合させるL型爪を有する押え部材をもって刈払刃本体と押さえ部材との間に替え刃を挟み込み固定着脱できることを特徴とする刈払刃。

請求項2

刈払刃として用いる替刃を磁化したことを特徴とする請求項1記載の刈払刃。

請求項3

刈払刃中央部の回転軸方向に巻き付き防止部材を立てたことを特徴とする請求項1記載の刈払刃。

技術分野

0001

本発明は刈払刃刃先だけを交換できるように刈払刃本体を改良し刃を研磨しなくてもいいように刃の付いた替刃を交換できるようにした刈払機の刃に関する分野。

背景技術

0002

刈払刃は切込刃または超硬チップソーナイロンコード、が主流である。切込刃は非常によく切れるが刃先を研磨するたびにサイズが小さくなり草刈り効率が落ち高価な鋼やグラインダーサンダー砥石が無駄に使われ何枚もの刃先を研磨する時間はかなりの負担になっている。

0003

超硬チップソーは刃のサイズが切込刃のように小さくならず刃先がなくなるまで購入時のサイズのまま使えるため草刈り効率は良い。しかし刃先を研磨するにはダイヤモンドヤスリを使うため素人にはむつかしい。

先行技術

0004

特開平8−51832
特開2002−86389
特開2013−51886

発明が解決しようとする課題

0005

切れ止んだ刃先を研磨しなくても草刈りができるよい方法はないものか。

0006

切込刃は刃先を研磨するごとにサイズが小さくなる。購入時のままのサイズを保つ方法はないか。

0007

交換用の重くてかさばる刈払刃を何枚も持ち歩かなくてもよい方法はないものか。できるだけ身軽くして作業したい。

0008

チップソーは刃先が摩耗してしまうと本体に損傷がなくても捨てられている。切込刃もある程度サイズが小さくなると捨てられる。資源の無駄をなくしたい。

課題を解決するための手段

0009

本発明は上記の目的を達するため刈払機の刃を以下のような替刃を使う構造にした。刈払刃本体の外周部に替刃を納めるコの字型部材爪穴を交互に複数個設け、爪穴に嵌合させるL型爪を有する押え部材をもって替刃を挟み込めるようにするものである。

0010

固設したコの字型部材の中に替刃を嵌め込むが刈払刃は高速で回転する遠心力で替刃の飛散予測されるため図5図6図7のように替刃とコの字型部材との間または替刃と刈払刃本体との間に嵌め合いを設け遠心力で替刃が飛散するのを防ぐ形をとる。

0011

替刃は小さいものであるため替刃交換中にズレ脱落紛失などが予測される。それを防止するために替刃を磁化させておく。

0012

替刃交換が済むと押さえ部材からL型に出した爪を刈払刃本体外周部に開けた穴に挿入し嵌合すると替刃がしっかり挟まれる。

0013

押さえ部材を刈払刃本体外周部に開けた爪穴に嵌合させるさい押さえ部材に開けた穴に指をかけて回せるようにした。

0014

そのさい刈払刃本体も一緒に回わるのを防ぐため刈払刃本体にも指をかけてしっかり掴んでおける穴を開けておく。この穴は肉抜き用の穴も兼ねる。

0015

押さえ部材の中央部には草が巻き付かないように巻き付き防止用の刃に相当する部材を刈払刃の回転軸方向に立てた状態で設けておく。

発明の効果

0016

替刃にすることで刃先が切れ止んでしまったとき刃先だけを新しく交換することで刃先を研磨しなくてもよい刈払刃となる。

0017

替刃を磁化させることで替刃交換中に小さなチップ状替刃がズレたり落下紛失させなくて済む。またコの字型部材に替刃をセットしたとき磁石の効果でその場に仮止めができる。

0018

コの字型部材を設けることで替刃をガタつきなく精密確実に固定でき更に替刃が刈払中に衝撃を受けてもビビらないようにできる。

0019

替刃にすることで切込刃のように刃先を研磨するごとにサイズが小さくなり刈払効率が落ちるということがなくなり、購入時のままのサイズを保つことができる。

0020

重くかさばる交換用刈払刃を作業中に何枚も持ち歩くことなく、小さな替刃をポケットに入れて持ち歩くことができ身軽に作業できる。

0021

押さえ部材中心部へ軸方向に設けた刃が回転することで草の巻き付きを防止する。

0022

更に今まで刈払刃を交換するさい刃の外周部を指でつまみケガをしないように細心の注意を払って交換していたが、肉抜き穴の一部を指がかかるサイズに開けることによって刈払刃を強く掴むことができ、安心して替刃の交換や刈払機から刃の着脱ができる。

0023

押さえ部材に穴を開けることで押さえ部材を無理なく締めることができる。

0024

切込刃はある程度刃先を研磨してサイズが小さくなってくると捨てられていた。またチップソーも刃先が摩耗してしまうと本体に何の損傷がなくても捨てられており貴重な資源を無駄にしていたが替刃にすることでこの問題は解決できる。更に鋼材料の有効利用ともなりコストダウンにもつながる。

図面の簡単な説明

0025

刈払刃本体平面図
刈払刃完成予想見取図
押さえ部材平面図
替刃付近の各部材重なり予想図
コの字型部材と替刃の組合せ例1
刈払刃本体と替刃の組合せ例2
替刃の組合せ例3

発明を実施するための最良の形態

0026

まず刈払刃本体1の外周部にコの字型部材3と爪穴5を交互に複数個設け、爪穴5に嵌合させるL型爪9を有する押え部材8をもってコの字型部材3内にセットした替刃11を挟み込めるようにする。

0027

替刃11を磁化しておく。

0028

図5に示すように替刃11とコの字型部材3との間に凹み13と横突起15を設けた構造にする。

0029

替刃11の構造実施例2として図6のように刈払刃本体1の外周部に開けた穴15−Bを囲むようにコの字型部材3を固設し替刃11の一端をL型13−Bに曲げた部位を穴15−Bに嵌め込む構造がある。

0030

同じく替刃11の実施例3として図7に示すところの刈払い刃本体1の外周部に設けた突起15−Cを取り囲むようにコの字型部材3を固設し替刃11に設けた替刃の穴13−Cと嵌め合う構造がある。

0031

またコの字型部材3の実施例として替刃11の長さが短い場合替刃11のガタつきやビビリを小さくするためコの字の一辺を長くして替刃11の背後をガードする形がある。
即ち、コの字型部材3は形に限定されるものではなく色々類似形状が考えられる。

0032

コの字型部材3内に替刃11がセットされた後押さえ部材8から出たL型爪9を刈払刃本体1の爪穴5に挿入し押さえ部材の穴7を掴んで回すと替刃11は刈払刃本体1と押さえ部材8との嵌合により間に挟まれ固定される。図4参照。

0033

押さえ部材8の中央部には回転軸方向に設けた複数の巻き付き防止10が設けられている。

0034

この後ネジ穴4にネジを入れて締めると一枚の刈払刃となる。

0035

押さえ部材8には回し締めるための指がかかる押さえ部材の穴7が開けられている。

0036

刈払い刃本体1に指がかかるサイズの本体の穴6が開けられている。

0037

1刈払刃本体
2刈払機に取り付ける穴
3 コの字型部材
ねじ穴
5爪穴
6 本体の穴
7押さえ部材の穴
8 押さえ部材
9L型爪
10 巻き付き防止
11 替刃
12 刃
13 凹み
13−B L型
13−C 替刃の穴
14 替刃を嵌め込んだところ
15横突起
15−B 穴
15−C 突起

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社伸和紙工社の「 背割り加工装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】第1シートを切断せず、第2シートに背割れを入れることができる背割り加工装置を提供する。【解決手段】シート状材料の背割り加工装置100は、第1辺及び該第1辺と交差する方向の第2辺を含む第1シート... 詳細

  • 住友化学株式会社の「 穴あき積層体の製造方法及び製造装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】積層方向に貫通する穴を有する穴あき積層体を効率よく製造するための穴あき積層体の製造方法及び製造装置を提供する。【解決手段】積層方向に貫通する穴11cを有する穴あき積層体10cの製造方法は、1以... 詳細

  • 株式会社クボタの「 草刈機」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】斜面(法面)において簡単に草刈を行うことができるようにする。【解決手段】草刈機は、機体と、機体に設けられた走行装置と、機体に設けられた草刈装置と、機体の姿勢として少なくとも当該機体のピッチ角を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ