図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2016年4月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

解決手段

プリアンブルは、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号可能な第1の部分402、404、406、408および410を含む。さらにプリアンブルは、同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号可能な第2の部分602、604、606および1つまたは複数のVHT(極めて高いスループットの信号)−LTF(ロングトレーニングフィールドフィールドを含む。生成されたプリアンブル600はパケットの送信モードを検出する受信機によって使用される。

概要

背景

ワイヤレス通信システムが求められている帯域幅要件を増やす問題に取り組むために、異なるスキームは、高いデータスループットを達成しながらチャネルリソース共有することにより単一アクセスポイントと複数のユーザ端末通信することを可能にするように発展している。多入力または他出力(MIMO)技法は、次世代通信システムの普及した技法として最近現れたアプローチの1つを表す。MIMO技法は、電気電子学会(IEEE)802.11規格のようないくつかの新興のワイヤレス通信規格に採用されている。IEEE802.11は、短距離通信(例えば、数十メートルから数百メートル)のためのIEEE802.11コミッティによって開発されたワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)無線インターフェース規格のセットを表わす。

MIMOシステムは、データ送信のために、複数(NT個)の送信アンテナと複数(NR個)の受信アンテナとを適用する。NT個の送信アンテナおよびNR個の受信アンテナによって形成されるMIMOチャネルは、空間チャネルとも称されるNS個の独立チャネルへ分割される。ここでNS≦min{NT,NR}である。NS個の独立チャネルの各々は、次元に相当する。複数の送信アンテナおよび受信アンテナによって生成される追加の次元が利用される場合、MIMOシステムは、(例えば、より高いスループットおよび/またはより高い信頼性のような)向上されたパフォーマンスを与える。

シングルアクセスポイント(AP)および複数の局(STA)を持ったワイヤレスネットワークにおいて、同時送信は、アップリンクおよびダウンリンクの方向の両方で異なる局に多重チャネルに生じ得る。多くのチャレンジがそのようなシステムにおいて示される。例えば、アクセスポイントは、IEEE802.11、n/a/b/gまたはIEEE802.11ac規格のような異なる規格を使用する信号を送信し得る。受信機は、パケットプリアンブルに含まれた情報に基づいて信号の送信モードを検出することができるべきである。

概要

複数ワイヤレス通信規格サポートするプリアンブル構造を提供する。プリアンブルは、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号可能な第1の部分402、404、406、408および410を含む。さらにプリアンブルは、同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号可能な第2の部分602、604、606および1つまたは複数のVHT(極めて高いスループットの信号)−LTF(ロングトレーニングフィールドフィールドを含む。生成されたプリアンブル600はパケットの送信モードを検出する受信機によって使用される。

目的

本開示のある態様は、ワイヤレス通信のための方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信のための方法であって、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成することと、前記複数のデバイスにフレーム構造を送信することとを備える、方法。

請求項2

前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)およびレガシ信号フィールド(L−SIG)を備える、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記第1の部分は、1つまたは複数の極めて高いスループットの信号(VHT−SIG)フィールドまたは1つまたは複数の高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドをさらに備える、請求項2に記載の方法。

請求項4

前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、およびVHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、請求項1に記載の方法。

請求項6

前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、請求項1に記載の方法。

請求項7

前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、請求項1に記載の方法。

請求項8

前記ノードの第2のグループは、前記ノードの第1のグループのサブセットである、請求項1に記載の方法。

請求項9

前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK2相位相変調変調を使用して送信される、請求項4に記載の方法。

請求項10

前記1つまたは複数のVHT−SIGフィールドまたは前記1つまたは複数のHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項3に記載の方法。

請求項11

VHT−SIGフィールドのデータはプレコード化される、請求項4に記載の方法。

請求項12

前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、請求項4に記載の方法。

請求項13

前記VHT−SIGフィールドは前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で送信される、請求項4に記載の方法。

請求項14

少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に送信される、請求項2に記載の方法。

請求項15

前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、請求項14に記載の方法。

請求項16

VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で送信される、請求項14に記載の方法。

請求項17

前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、請求項14に記載の方法。

請求項18

前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコードゴーレイコードまたは相補的コードキーイング(CCK)を備える、請求項17に記載の方法。

請求項19

ワイヤレス通信のために方法であって、フレーム構造を備える信号を受信することと、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出することとを備える、方法。

請求項20

前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)、レガシ信号フィールド(L−SIG)、および2つの高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドを備える、請求項19に記載の方法。

請求項21

前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、VHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、請求項19に記載の方法。

請求項22

前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、請求項19に記載の方法。

請求項23

前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、請求項19に記載の方法。

請求項24

前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、請求項19に記載の方法。

請求項25

前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項21に記載の方法。

請求項26

VHT−SIGフィールドのデータは、プレコード化される、請求項21に記載の方法。

請求項27

前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、請求項21に記載の方法。

請求項28

前記VHT−SIGフィールドは、前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で受信される、請求項21に記載の方法。

請求項29

少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に受信される、請求項20に記載の方法。

請求項30

前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)、またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、請求項29に記載の方法。

請求項31

VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で受信される、請求項30に記載の方法。

請求項32

前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、請求項30に記載の方法。

請求項33

前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコード、または相補的コードキーイング(CCK)を備える、請求項32に記載の方法。

請求項34

ワイヤレス通信のための装置であってワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するように構成された回路と、前記複数のデバイスにフレーム構造を送信するように構成された送信機とを備える装置。

請求項35

前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)およびレガシ信号フィールド(L−SIG)を備える、請求項34に記載の装置。

請求項36

前記第1の部分は、1つまたは複数の極めて高いスループットの信号(VHT−SIG)フィールドまたは1つまたは複数の高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドをさらに備える、請求項35に記載の装置。

請求項37

前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、およびVHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、請求項34に記載の装置。

請求項38

前記フレーム構造の前記第2の部分はプレコード化される、請求項34に記載の装置。

請求項39

前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、請求項34に記載の装置。

請求項40

前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、請求項34に記載の装置。

請求項41

前記ノードの第2のグループは、前記ノードの第1のグループのサブセットである、請求項34に記載の装置。

請求項42

前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項37に記載の装置。

請求項43

前記1つまたは複数のVHT−SIGフィールドまたは前記1つまたは複数のHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項36に記載の装置。

請求項44

VHT−SIGフィールドのデータはプレコード化される、請求項37に記載の装置。

請求項45

前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、請求項37に記載の装置。

請求項46

前記VHT−SIGフィールドは前記VHTロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で送信される、請求項37に記載の装置。

請求項47

少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に送信される、請求項35に記載の装置。

請求項48

前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、請求項47に記載の装置。

請求項49

VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で送信される、請求項48に記載の装置。

請求項50

前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、請求項47に記載の装置。

請求項51

前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコードまたは相補的コードキーイング(CCK)を備える、請求項50に記載の装置。

請求項52

ワイヤレス通信のための装置であって、フレーム構造を備える信号を受信するように構成された受信機と、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出するように構成された回路とを備える、装置。

請求項53

前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)、レガシ信号フィールド(L−SIG)、および2つの高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドを備える、請求項52に記載の装置。

請求項54

前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、VHT信号フィールド(VHT−SIG)を備える、請求項52に記載の装置。

請求項55

前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、請求項52に記載の装置。

請求項56

前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、請求項52に記載の装置。

請求項57

前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、請求項52に記載の装置。

請求項58

前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項54に記載の装置。

請求項59

VHT−SIGフィールドのデータは、プレコード化される、請求項54に記載の装置。

請求項60

前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、請求項54に記載の装置。

請求項61

前記VHT−SIGフィールドは、前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で受信される、請求項54に記載の装置。

請求項62

少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に受信される、請求項53に記載の装置。

請求項63

前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)、またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、請求項62に記載の装置。

請求項64

VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で受信される、請求項63に記載の装置。

請求項65

前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、請求項63に記載の装置。

請求項66

前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコード、または相補的コードキーイング(CCK)を備える、請求項65に記載の装置。

請求項67

ワイヤレス通信のための装置であって、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するための手段と、前記複数のデバイスにフレーム構造を送信するための手段とを備える、装置。

請求項68

前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)およびレガシ信号フィールド(L−SIG)を備える、請求項67に記載の装置。

請求項69

前記第1の部分は、1つまたは複数の極めて高いスループットの信号(VHT−SIG)フィールドまたは1つまたは複数の高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドをさらに備える、請求項68に記載の装置。

請求項70

前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、およびVHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、請求項67に記載の装置。

請求項71

前記フレーム構造の前記第2の部分はプレコード化される、請求項67に記載の装置。

請求項72

前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、請求項67に記載の装置。

請求項73

前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、請求項67に記載の装置。

請求項74

前記ノードの第2のグループは、前記ノードの第1のグループのサブセットである、請求項67に記載の装置。

請求項75

前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項70に記載の装置。

請求項76

前記1つまたは複数のVHT−SIGフィールドまたは前記1つまたは複数のHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項69に記載の装置。

請求項77

VHT−SIGフィールドのデータはプレコード化される、請求項70に記載の装置。

請求項78

前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、請求項70に記載の装置。

請求項79

前記VHT−SIGフィールドは前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で送信される、請求項70に記載の装置。

請求項80

少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に送信される、請求項68に記載の装置。

請求項81

前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、請求項80に記載の装置。

請求項82

VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で送信される、請求項80に記載の装置。

請求項83

前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、請求項80に記載の装置。

請求項84

前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコードまたは相補的コードキーイング(CCK)を備える、請求項83に記載の装置。

請求項85

ワイヤレス通信のための装置であって、フレーム構造を備える信号を受信するための手段と、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出するための手段とを備える、装置。

請求項86

前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)、レガシ信号フィールド(L−SIG)、および2つの高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドを備える、請求項85に記載の装置。

請求項87

前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、VHT信号フィールド(VHT−SIG)を備える、請求項85に記載の装置。

請求項88

前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、請求項85に記載の装置。

請求項89

前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、請求項85に記載の装置。

請求項90

前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、請求項85に記載の装置。

請求項91

前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、請求項87に記載の装置。

請求項92

VHT−SIGフィールドのデータは、プレコード化される、請求項87に記載の装置。

請求項93

前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、請求項87に記載の装置。

請求項94

前記VHT−SIGフィールドは、前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で受信される、請求項87に記載の装置。

請求項95

少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に受信される、請求項86に記載の装置。

請求項96

前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)、またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、請求項95に記載の装置。

請求項97

VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で受信される、請求項96に記載の装置。

請求項98

前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、請求項96に記載の装置。

請求項99

前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコード、または相補的コードキーイング(CCK)を備える、請求項98に記載の装置。

請求項100

ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成することと、前記複数のデバイスにフレーム構造を送信することとを実行可能な命令を備えるコンピュータ可読媒体を備える、ワイヤレス通信のためのコンピュータプログラム製品

請求項101

フレーム構造を備える信号を受信することと、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出することとを実行可能な命令を備えるコンピュータ可読媒体を備える、ワイヤレス通信のためのコンピュータプログラム製品。

請求項102

複数のアンテナと、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するように構成された回路と、前記複数のアンテナを介して、前記複数のデバイスにフレーム構造を送信するように構成された送信機とを備えるアクセスポイント

請求項103

少なくとも1本のアンテナと、前記少なくとも1本のアンテナを介して、フレーム構造を備える信号を受信するように構成された受信機と、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出するように構成された回路とを備える、ワイヤレスノード。

関連出願

0001

本特許出願は、本出願の譲受人に譲渡され、参照により本明細書に組み込まれ、2009年6月25日に出願された、「MIMO and MU-MIMO OFDMPreambles,」と題される米国仮特許出願第61/220,991号の利益および2009年9月2日に出願された「MIMO and MU-MIMO OFDM Preambles,」と題された米国仮特許出願第61/239,152号の利益を主張する。

技術分野

0002

本開示のある態様は、一般にプリアンブルワイヤレス通信に関し、より詳細には、多入力多出力(MIMO)およびマルチユーザ(MU)−MIMO直交周波数分割多重(OFDM)システムのためのプリアンブルの設計に関する。

背景技術

0003

ワイヤレス通信システムが求められている帯域幅要件を増やす問題に取り組むために、異なるスキームは、高いデータスループットを達成しながらチャネルリソース共有することにより単一アクセスポイントと複数のユーザ端末通信することを可能にするように発展している。多入力または他出力(MIMO)技法は、次世代通信システムの普及した技法として最近現れたアプローチの1つを表す。MIMO技法は、電気電子学会(IEEE)802.11規格のようないくつかの新興のワイヤレス通信規格に採用されている。IEEE802.11は、短距離通信(例えば、数十メートルから数百メートル)のためのIEEE802.11コミッティによって開発されたワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)無線インターフェース規格のセットを表わす。

0004

MIMOシステムは、データ送信のために、複数(NT個)の送信アンテナと複数(NR個)の受信アンテナとを適用する。NT個の送信アンテナおよびNR個の受信アンテナによって形成されるMIMOチャネルは、空間チャネルとも称されるNS個の独立チャネルへ分割される。ここでNS≦min{NT,NR}である。NS個の独立チャネルの各々は、次元に相当する。複数の送信アンテナおよび受信アンテナによって生成される追加の次元が利用される場合、MIMOシステムは、(例えば、より高いスループットおよび/またはより高い信頼性のような)向上されたパフォーマンスを与える。

0005

シングルアクセスポイント(AP)および複数の局(STA)を持ったワイヤレスネットワークにおいて、同時送信は、アップリンクおよびダウンリンクの方向の両方で異なる局に多重チャネルに生じ得る。多くのチャレンジがそのようなシステムにおいて示される。例えば、アクセスポイントは、IEEE802.11、n/a/b/gまたはIEEE802.11ac規格のような異なる規格を使用する信号を送信し得る。受信機は、パケットのプリアンブルに含まれた情報に基づいて信号の送信モードを検出することができるべきである。

0006

本開示のある態様は、ワイヤレス通信のための方法を提供する。方法は、概して、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成することと、複数のデバイスにフレーム構造を送信することとを含む。

0007

本開示のある態様は、ワイヤレス通信のための方法を提供する。方法は、概して、フレーム構造を備える信号を受信することと、ここにおいて、フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含む、受信信号の情報に基づいて信号の送信モードを検出することとを含む。

0008

本開示のある態様はワイヤレス通信のために装置を提供する。装置は、概して、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するように構成された回路と、複数のデバイスにフレーム構造を送信するように構成された送信機とを含む。

0009

本開示のある態様は、ワイヤレス通信のための装置を提供する。装置は、概して、フレーム構造を備える信号を受信するように構成された受信機と、ここにおいて、フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含む、受信信号の情報に基づいて信号の送信モードを検出するように構成された回路とを含む。

0010

本開示のある態様は、ワイヤレス通信のための装置を提供する。装置は、概して、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するための手段と、複数のデバイスにフレーム構造を送信するための手段とを含む。

0011

本開示のある態様は、ワイヤレス通信のための装置を提供する。装置は、概して、フレーム構造を備える信号を受信するための手段と、ここにおいて、フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含む、受信信号の情報に基づいて信号の送信モードを検出するための手段とを含む。

0012

本開示のある態様はワイヤレス通信のためにコンピュータプログラム製品を提供する。コンピュータプログラム製品は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成することと、複数のデバイスにフレーム構造を送信することとを実行可能な命令を備えるコンピュータ可読媒体を含む。

0013

本開示のある態様はワイヤレス通信のためにコンピュータプログラム製品を提供する。コンピュータプログラム製品は、フレーム構造を備える信号を受信することと、ここにおいて、フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含む、受信信号の情報に基づいて信号の送信モードを検出することとを実行可能な命令を備えるコンピュータ可読媒体を含む。

0014

本開示のある態様はアクセスポイントを提供する。アクセスポイントは、概して、複数のアンテナと、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するように構成された回路と、複数のアンテナを介して、複数のデバイスにフレーム構造を送信するように構成された送信機とを含む。

0015

本開示のある態様は、ワイヤレスノードを提供する。ワイヤレスノードは、概して、少なくとも1本のアンテナと、少なくとも1本のアンテナを介して、フレーム構造を備える信号を受信するように構成された受信機と、ここにおいて、フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含む、受信信号の情報に基づいて信号の送信モードを検出するように構成された回路とを含む。

図面の簡単な説明

0016

本開示の上記に列挙された特徴における手法が理解することができるように、上で簡潔に要約されたよりも多くの詳細な説明は、態様への言及を有し得る。その態様のうちのいくつかは、添付の図面で説明される。しかしながら、この記載は、その他の等しく有効な態様に対しても当てはまるので、添付図面は、本開示のある典型的な態様のみを示しており、この範囲を限定するものとして考慮されないことが注目されるべきである。
図1は、本開示のある態様に従うワイヤレス通信ネットワークの図を説明する。
図2は、本開示のある態様に従う例示のアクセスポイントおよびユーザ端末のブロック図を説明する。
図3は、本開示のある態様に従う例示のワイヤレスデバイスのブロック図を説明する。
図4は、電気電子学会(IEEE)802.11n規格に従う混合モードプリアンブル構造を説明する。
図5は、2相位相変調(BPSK)およびπ/2−BPSK変調で送信される、プリアンブルのレガシ信号(L−SIG)および高いスループットの信号(HT−SIG)領域における例示のデータを説明する。
図6は、本開示のある対応に従う、IEEE802.11n/a/b/gに加えて極めて高いスループットの(VHT)IEEE802.11acをサポートする提案されたプリアンブル構造を説明する。
図7は、本開示のある対応に従う、IEEE802.11n/a/b/gに加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE802.11acをサポートする第2の提案されたプリアンブル構造を説明する。
図8Aは、本開示のある態様に従う、異なる変調スキームを同時に使用するHT−SIGおよびVHT−SIGシンボルを送信する例を説明する。
図8Bは、本開示のある態様に従う、異なる変調スキームを同時に使用するHT−SIGおよびVHT−SIGシンボルを送信する例を説明する。
図8Cは、本開示のある態様に従う、異なる変調スキームを同時に使用するHT−SIGおよびVHT−SIGシンボルを送信する例を説明する。
図9は、本開示のある対応に従う、IEEE802.11n/a/b/gに加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE802.11acをサポートする第3の提案されたプリアンブル構造を説明する。
図10は、本開示のある対応に従う、IEEE802.11n/a/b/gに加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE802.11acをサポートする第4の提案されたプリアンブル構造を説明する。
図11は、本開示のある態様に従う、複数の規格をサポートするプリアンブル構造を生成するための例示の動作を説明する。
図11Aは、図11に示された動作を実行することができる例示のコンポーネントを説明する。
図12は、本開示のある態様に従うプリアンブル構造の情報に基づいて信号の送信モードを検出するための例示の動作を説明する。
図12Aは、図12に示される動作を実行することができる例示のコンポーネントを説明する。

実施例

0017

本開示のある態様のさまざまな態様は、後述される。本明細書における教示は、さまざまな広範な形態で具体化され、本明細書で開示されているあらゆる具体的な構成、機能、またはこれら両方は、単に代表例であることが明らかであるべきである。本明細書における教示に基づいて、当業者であれば、本明細書に開示された態様は、その他任意の態様と独立して実施され、これら態様のうちの複数は、さまざまな方式で組み合わされうることを認識すべきである。例えば、本明細書に記載された任意の数の態様を用いて装置が実施され、方法が実現されうる。さらに、このような装置またはこのような方法は、本明細書に記載された態様のうちの1または複数に追加されたその他の構成、機能、または、構成と機能を用いて、あるいは、本明細書に記載されたものとは異なる態様のうちの1または複数を用いて実現されうる。さらに、態様は、特許請求の範囲のうちの少なくとも1つのコンポーネントを含みうる。

0018

用語「典型的」は、「例、事例または例証として役に立つこと」を意味するために本明細書に使用される。本明細書において「典型的」と記載されるいかなる態様も、他の態様に対して好適であるとか、有利であると必ずしも解釈される必要はない。さらに、本明細書に使用されるように、用語「レガシ局」は、概して電気電子学会(IEEE)802.11nまたはIEEE802.11規格の旧バージョンをサポートするワイヤレスネットワークノードを指す。

0019

本明細書に説明されたマルチアンテナ送信技法は、符号分割多元接続(CDMA)、直交周波数分割多重(OFDM)、時間分割多元接続TDMA)、空間分割多元接続(SDMA)などのような様々なワイヤレス技法と結合して使用されうる。複数のユーザ端末は、異なる、(1)CDMAのための直交符号チャネル、(2)TDMAのためのタイムスロット、または(3)OFDMのためのサブバンド、を介してデータを同時に送信/受信することができる。CDMAシステムは、IS−2000、IS−95、IS−856、広帯域CDMA(W−CDMA)または他のいくつかの規格を実施しうる。OFDMシステムはIEEE802.11または他のいくつかの規格を実施しうる。TDMAシステムは、GSM登録商標)または他のいくつかの規格を実施しうる。これらの様々な規格は、当業者に既知である。

0020

例示のMIMOシステム
図1は、アクセスポイントおよびユーザ端末を有する多元接続MIMOシステム100を説明する。簡潔さのために、1つのアクセスポイント110だけが図1に示される。アクセスポイント(AP)は、概して、ユーザ端末と通信し、基地局または他のある用語として称される固定局である。ユーザ端末は、固定式可動式であり、移動局、局(STA)、クライアント、ワイヤレスデバイス、または他のある用語で称されうる。ユーザ端末は、携帯電話携帯情報端末(PDA)、ハンドヘルドデバイスワイヤレスモデムラップトップコンピュータパーソナルコンピュータなどのようなワイヤレスデバイスでありうる。

0021

アクセスポイント110は、ダウンリンクおよびアップリンク上の所与の瞬間で1つまたは複数のユーザ端末120と通信しうる。ダウンリンク(つまり、フォワードリンク)は、アクセスポイントからユーザ端末への通信リンクであり、アップリンク(つまり、リバースリンク)は、ユーザ端末からアクセスポイントへの通信リンクである。ユーザ端末は、さらに別のユーザ端末とピアツーピア通信しうる。システム制御器130は、アクセスポイントに連結され、アクセスポイントのために調整および制御を提供する。

0022

システム100は、ダウンリンクおよびアップリンク上のデータ送信のために複数の送信および複数の受信アンテナを用いる。アクセスポイント110は、Nap個のアンテナを備えており、アップリンク送信のための多入力(MI)とダウンリンク送信のための多出力(MO)を表わす。選択されたユーザ端末120のうちのNu個のセットは、ダウンリンク送信のための多出力およびアップリンク伝送のための多入力の合計を表わす。ある場合において、Nu個のユーザ端末のためのデータシンボルストリームがある手段によってコード、周波数または時間で多重化されない場合、Nap≧Nu≧1を有することが望ましくなりうる。データシンボルストリームがCDMAで異なるコードチャネルを使用して多重化される、OFDMでサブバンドのばらばらのセットを使用して多重化されるなどの場合、Nuは、Napより大きくなりうる。選択された各ユーザ端末は、アクセスポイントにユーザ特有のデータを送信するおよび/またはアクセスポイントからユーザ特有のデータを受信する。一般に、選択されたユーザ端末それぞれは、1または複数のアンテナ(つまりNut≧1)を備えうる。選択されたNu個のユーザ端末は、同数または異なる数のアンテナを有することができる。

0023

MIMOシステム100は、時分割二重(TDD)システムまたは周波数分割二重(FDD)システムでありうる。TDDシステムに対して、ダウンリンクおよびアップリンクは、同じ周波数帯域を共有する。FDDシステムに対して、ダウンリンクおよびアップリンクは、異なる周波数帯域を使用する。MIMOシステム100は、さらに送信のために単一のキャリアまたは複数のキャリアを利用しうる。各ユーザ端末は、(例えばコストを抑えるために)単一のアンテナ、または(例えば追加費用をサポートすることができる場合に)複数のアンテナを備えうる。

0024

図2は、MIMOシステム100における、アクセスポイント110および2つのユーザ端末120mおよび120xのブロック図を示す。アクセスポイント110は224apを通じてNap個のアンテナ224aを装備している。ユーザ端末120mはNut,m個のアンテナ252maから252xuを備え、ユーザ端末120xは、Nut,x個のアンテナ252xaから252xuを備える。アクセスポイント110は、ダウンリンクのための送信エンティティおよびアップリンクのための受信エンティティである。各ユーザ端末120は、アップリンクのための送信エンティティおよびダウンリンクのための受信エンティティである。本明細書に使用されるように、「送信エンティティ」は、周波数チャネルを介してデータを送信することができる、独立して動作する装置またはデバイスであり、「受信エンティティ」は、周波数チャネルを介してデータを受信することができる、独立して動作する装置またはデバイスである。以下の説明において、下付記号「dn」は、ダウンリンクを表し、下付記号「up」は、アップリンクを表し、Nup個のユーザ端末は、アップリンク上の同時送信のために選択され、Ndn個のユーザ端末は、ダウンリンク上の同時送信のために選ばれ、Nupは、Ndnに等しいまたは等しくなく、NupおよびNdnは、静的な値であるか、各スケジューリング間隔で変化することができる。ビームステアリングまたは他のある空間処理技法は、アクセスポイントおよびユーザ端末で使用されうる。

0025

アップリンクについて、アップリンク送信のために選択された各ユーザ端末120では、TXデータ処理装置288は、データ送信装置286からトラフィックデータを受信し、制御器280から制御データを受信する。TXデータ処理装置288は、ユーザ端末のために選択されたレートに関連するコーディングスキームおよび変調スキームに基づいてユーザ端末のためのトラフィックデータ{dup,m}を処理し(例えば、符号化し、インターリーブし、変調する)、データシンボルストリーム{sup,m}を提供する。TX空間プロセッサ290は、データシンボルストリーム{sup,m}上で空間処理を実行し、Nut,m個のアンテナのためにNut,m個の送信シンボルを提供する。各送信機ユニット(TMTR)254は、アップリンク信号を生成するために、それぞれの送信シンボルストリームを受信し処理する(例えば、アナログに変換し、増幅し、フィルタ掛け周波数アップコンバートする)。Nut,m個の送信機ユニット254は、Nut,m個のアンテナ252からアクセスポイント110への送信のためにNut,m個のアップリンク信号を提供する。

0026

Nup個のユーザ端末は、アップリンク上の同時送信のためにスケジュールされうる。これらのユーザ端末の各々は、そのデータシンボルストリーム上で空間処理を実行し、アクセスポイントへのアップリンク上の送信シンボルストリームのそのセットを送信する。

0027

アクセスポイント110で、Nap個のアンテナ224aから224apは、アップリンク上で送信するすべてのNup個のユーザ端末からのアップリンク信号を受信する。各アンテナ224は、それぞれの受信ユニット(RCVR)222に受信信号を提供する。各受信ユニット222は、送信機ユニット254によって実行されたのと相補的な処理を実行し、受信シンボルストリームを提供する。RX空間プロセッサ240は、Nap個の受信ユニット222からのNap個の受信シンボルストリーム上で受信機空間処理を実行し、Nup個の復元されたアップリンクデータシンボルストリームを提供する。受信機空間処理は、チャネル相関行列反転(CCMI:channel correlation matrix inversion)、最小平均二乗誤差MMSE)、逐次干渉キャンセラ(SIC:successive interference cancellation)または他のある技法に従って実行される。復元されたアップリンクデータシンボルストリーム{sup,m}各々は、それぞれのユーザ端末によって送信されたデータシンボルストリーム{sup,m}の推定値である。RXデータ処理装置242は、復号化データを取得するために、そのストリームに使用されたレートに従って復元されたアップリンクデータシンボルストリーム{sup,m}各々を処理する(例えば、復調し、デインターリブし、復号化する)。各ユーザ端末のための復号化データは、記憶のためのデータシンク244および/またはさらなる処理のための制御器230が提供される。

0028

ダウンリンクについて、アクセスポイント110では、TXデータ処理装置210は、ダウンリンク送信のためにスケジュールされたNdn個のユーザ端末のためのデータソース208からのトラフィックデータ、制御器からの制御データ、およびことによるとスケジューラ234からの他のデータを受信する。様々なタイプのデータは、異なるトランスポートチャネル上で送信されうる。TXデータプロセッサは、ユーザ端末のために選択されたレートに基づいて各ユーザ端末のためのトラフィックデータを処理する(例えば、符号化し、インターリーブし、変調する)。TXデータプロセッサ210は、Ndn個のユーザ端末のためにNdn個のダウンリンクデータシンボルストリームを提供する。TX空間プロセッサ220は、Ndn個のダウンリンクデータシンボルストリーム上で空間処理を実行し、Nap個のアンテナのためのNap個の送信シンボルを送信する。各送信機ユニット(TMTR)222は、ダウンリンク信号を生成するためにそれぞれの送信シンボルストリームを受信し処理する。Nap個の送信機ユニット222は、Nap個のアンテナ224からユーザ端末への送信のためにNap個のダウンリンク信号を提供する。

0029

各ユーザ端末120では、Nut,m個のアンテナ252は、アクセスポイント110からNap個のダウンリンク信号を受信する。各受信機ユニット(RCVR)254は、関連するアンテナ252からの受信信号を処理し、受信シンボルストリームを提供する。RX空間プロセッサ260は、Nut,m受信機ユニット254からのNut,m個の受信シンボルストリーム上で受信機空間処理を実行し、ユーザ端末のための復元されたダウンリンクデータシンボルストリーム{sdn,m}を提供する。受信機空間処理は、CCMI、MMSEまたは他のある技法に従って実行される。RXデータプロセッサ270は、ユーザ端末のための復号化データを取得するために、復元されたダウンリンクデータシンボルストリームを処理する(例えば、復調し、デインターリブし、復号化する)。

0030

各ユーザ端末120で、Nut,m個のアンテナ252は、アクセスポイント110からのNap個のダウンリンク信号を受信する。各受信機ユニット(RCVR)254は、関連するアンテナ252からの受信信号を処理し、受信シンボルストリームを提供する。RX空間プロセッサ260は、Nut,m個の受信ユニット254からのNut,m個の受信シンボルストリーム上で受信機空間処理を実行し、ユーザ端末のために復元されたダウンリンクデータシンボルストリーム{sdn,m}を提供する。受信機空間処理は、CCMI、MMSEまたは他のある技法に従って実行される。RXデータプロセッサ270は、ユーザ端末のための復号化データを取得するために、復元されたダウンリンクデータシンボルストリームを処理する(例えば、復調し、デインターリブし、復号化する)。

0031

図3は、システム100内で用いられるワイヤレスデバイス302に利用されうる様々なコンポーネントを説明する。ワイヤレスデバイス302は、本明細書で説明されるさまざまな方法を実施するために構成され得るデバイスの例である。ワイヤレスデバイス302は、アクセスポイント110またはユーザ端末120でありうる。

0032

ワイヤレスデバイス302は、ワイヤレスデバイス302の動作を制御するプロセッサ304を含みうる。このプロセッサ304は、中央制御装置(CPU)とも称されうる。読取専用メモリ(ROM)とランダムアクセスメモリ(RAM)との両方を含むことができるメモリ306は、プロセッサ304に命令およびデータを提供する。メモリ306の一部は、不揮発性ランダムアクセスメモリ(NVRAM)を含むこともできる。プロセッサ304は、通常、メモリ306に格納されたプログラム命令に基づいて、ロジック演算および算術演算を実行する。本明細書で説明される方法を実施するために、メモリ306内の命令を実行可能とすることができる。

0033

ワイヤレスデバイス302は、さらにワイヤレスデバイス302と遠隔地との間のデータの送信および受信を許容するために送信機310および受信機312を含んでもよいハウジング308を含みうる。送信機310および受信機312は、トランシーバ314に組み込みこまれうる。複数の送信アンテナ316は、ハウジング308に取り付けられ、トランシーバ314と電気的に接続されうる。無線デバイス302は、また(図示しない)複数の送信機、複数の受信機、および複数のトランシーバを含みうる。

0034

ワイヤレスデバイス302は、さらにトランシーバ314によって受信された信号のレベルを検出し定量化する目的で使用される信号検出器318を含みうる。信号検出器318は、合計エネルギーシンボル毎サブキャリア毎エネルギー電力スペクトル密度、およびその他の信号のような信号を検出しうる。無線デバイス302は、さらに信号を処理する際に使用されるデジタル信号プロセッサ(DSP)320を含むことができる。

0035

ワイヤレスデバイス302の様々なコンポーネントは、バスシステム322によって連結される。バスシステム322は、データバスに加えて電力バス制御信号バス、および状態信号バスを含みうる。

0036

当業者は、本明細書に説明された技法がSDMA、OFDMA、CDMA、SDMAおよびそれらの組み合わせのような任意のタイプの多元接続スキームを利用するシステムに一般に適用されうることを認識することになる。

0037

MIMOおよびMU−MIMO OFDMプリアンブル
本開示のある態様は、IEEE802.11a/b/g/n規格における既存のワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)の機能性を越える追加の機能性をサポートする新規なプリアンブル構造を提供する。追加の機能性は、80MHzのようなより広い帯域幅のためのサポートと、256QAM(直交振幅変調)のようなより高次の変調と、ダウンリンク−空間分割多元接続(DL−SDMA)およびアップリンク(UL)−SDMAのようなマルチユーザ空間処理とを含みうる。

0038

SDMAにおいて、データフレームは、並列に複数の受信機に送信されうる。受信機は、同時に起こるマルチユーザ通信をサポートする新規のデバイスと単にIEEE802.11n/a/g規格をサポートするレガシデバイスを含みうる。レガシデバイスは、SDMAおよび/またはマルチユーザ多入力多出力(MU−MIMO)のような同時に起こるマルチユーザ通信をサポートできない。本明細書で取り組まれた1つのチャレンジは、レガシデバイスとの後方互換性を残す一方で物理層における新規の特徴をサポートするデータフレームの初めにプリアンブルをどのように生成し送るかである。

0039

新規の物理層(PHY)プリアンブルは、基地局と(例えば、時間、受信(RX)利得および周波数に関して)同期し、チャネル応答を決定し、送信の長さを決定し、変調および帯域幅の特性を決定する情報を受信機に提供しうる。

0040

新規のデバイスとレガシデバイスとの両方をサポートするために、プリアンブル構造は、以下の特性の組み合わせを含みうる: i)シングルユーザMIMO、送信ビームフォーミング、DL−SDMAおよびUL−SDMAのような、すべての重要なPHYモードのための統合された、単一のプリアンブルフォーマットを有すること。 ii)ロバストキャリアセンスおよびチャネル推定性能を有すること。 iii)レガシデバイスが指定された時間の間それらの送信を遅らせることを許容する情報を提供すること。 iv)40MHzより大きな帯域幅をサポートすること。 v)4つ以上の時空間ストリームをサポートすること。 vi)IEEE802.11n従う受信機にできるだけ近い受信機設計をサポートすること。 vii)IEEE802.11aと、IEEE802.11n(混合モード(MM)およびグリーンフィールド(GF)モードの両方)と、新規のプリアンブルとの間の自動検出をサポートすること。 viii)サブチャネルで検出および延期(detection and deferral)をサポートすること。 ix)小さな全長を有すること。

0041

図4は、IEEE802.11n規格における混合モードプリアンブル構造を説明する。説明されるように、プリアンブルは、ショートトレーニングフィールド(L−STF)402、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)404および信号(L−SIG)フィールド406を含む、レガシ信号部分を有する。信号部分は、同期、チャネル応答を決定し、L−SIGフィールドのデータを復号化するためにIEEE802.11a/g規格に従うレガシデバイスを許容する。

0042

L−SIGフィールド406におけるデータは2相位相変調(BPSK)変調を使用することがシグナルされ、パケットのデータ部分およびペイロードバイト数のために使用されたデータレートに関する情報を含む。受信機は、L−SIGフィールドに含まれた情報に基づいて媒体への任意の送信を遅らせるためのパケットの長さを計算しうる。IEEE 802.11a/g受信機は、BPSK、4相位相変調(QPSK)、16QAMまたは64QAM変調のうちの1つを含む、L−SIGフィールド406の後で直接データシンボルを見ることを期待しうる。

0043

さらに、混合モードIEEE802.11nプリアンブルは、高いスループット(HT)−SIG1 408およびHT−SIG2 410シンボルにおけるIEEE802.11n規格をサポートするデバイスによって使用可能な情報を包含する。HT−SIG1およびHT−SIG2シンボルは、パケットによって使用されるIEEE802.11n規格の1つまたは複数の特徴に関する情報を包含する。特徴は、変調およびコーディングスキーム(MCS)、ショートGIガードインターバル)またはロングGI、20MHzまたは40MHzの帯域幅、などを含みうる。さらに、HT−SIG1フィールド408およびHT−SIG2フィールド410は、図5に示されるようなπ/2−BPSKでシグナルされるあるデータを包含する。

0044

図5は、BPSKまたはπ/2−BPSK変調で送信されるフレームのL−SIGおよびHT−SIGフィールドにおける例示のデータを説明する。パケットがIEEE802.11a/gまたはIEEE802.11n規格と互換性を有するかどうか自動検出するために、π/2−BPSK変調で送信されたデータは、受信機によって使用される。

0045

受信信号の送信モード(つまり、IEEE802.11a/g/n規格のうちの1つに従う送信モード)を検出するために、受信機は、HT−SIG1フィールド408およびHT−SIG2フィールド410が存在する時間のタイムスロットの信号コンステレーションチェックしうる。I軸504と比較してQ軸502上でよりエネルギーがある場合、フレームは、IEEE802.11n規格と互換性を有しうる。I軸と比較してQ軸上でより少ないエネルギーがある場合、フレームは、IEEE802.11a/g規格と互換性を有しうる。

0046

HT−SIGフィールド408および410におけるデータは、バイトを単位とするフレームの長さおよび誤り延期時間の可能性を著しく低減する8ビット巡回冗長チェック(CRC)コードを含みうる。

0047

図4に示されるように、HT−SIGフィールドの後、受信機は、さらに受信利得をよくするためにIEEE802.11n受信機によって使用されるHT−STF(高いスループット−ショートトレーニングフィールド)412を受信する。受信信号の電力を増大する送信ビームフォーミングは、フレームの終わりまでHT−STFフィールドの送信のために使用される。IEEE802.11nプリアンブルは、チャネル推定値を提供するための情報を提供する高いスループット−ロングトレーニングフィールド(HT−LTF)414のフルセットを有する。IEEE802.11nにおいて、HT−LTF414フィールドが4つまで使用されうる。

0048

図6は、本開示のある態様に従う、IEEE802.11n/a/b/g規格に加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE 802.11acをサポートする提案されたプリアンブル構造を説明する。説明されるように、提案されたプリアンブル構造は、L−STF402、L−LTF404、L−SIG406、HT−SIG1 408およびHT−SIG2 410フィールドを含むレガシ部分を包含する。

0049

レガシ部分は、L−SIGフィールド406におけるデータに基づいて媒体の送信を遅らせる適正情報をIEEE802.11a/gデバイスに提供しうる。レガシ部分は、さらにCRCチェックを含む、HT−SIG1およびHT−SIG2フィールドに基づいてメディアの送信を遅らせるために適正情報でIEEE802.11nをサポートするデバイスを提供する。

0050

さらに、図6のプリアンブル構造は、VHT−STF602、VHT−LTF1フィールド604、VHT−SIGフィールド606および1つまたは複数のVHT−LTFフィールドを含むプレコード化された部分を包含する。IEEE802.11ac規格をサポートするデバイスのためにプレコード化された部分が提供されるよう意図される。

0051

ある態様に対して、VHTデバイス(つまりIEEE802.11ac規格に従うデバイス)は、π/2−BPSK信号存在有無をVHT−SIGフィールド606の時間エポック(time epoch)の間にチェックすることによって、IEEE802.11acパケットを検出する。それは、他の方法で、802.11nのパケットの場合のBPSK、QPSK、16QAMまたは64QAMになる。VHT−SIGフィールドにおけるデータは、SDMAを使用して、プレコード化され送信されるので、各クライアントは、固有のVHT−SIGフィールドを受信する。VHT−SIGフィールド606は、VHT−LTF1フィールド604の後で送信されうる。受信機は、VHT−SIGフィールドにおけるデータを正確に復調し復号化するためにVHT−LTF1フィールドに含まれた情報を使用してチャネル(チャネルに加えてプレコーディング)を決定する。図6における示されたプリアンブル構造は、16までのVHT−LTFフィールドをサポートしうる。

0052

図6のプリアンブル構造は、DL−SDMAをサポートする; しかしながら、それは、UL−SDMAをサポートしない。UL−SDMAにおいて、1つまたは複数のクライアントによって送られたVHT−SIGフィールド606のデータは、各クライアントからのチャネル推定値を使用して、基地局で復調および復号化される必要がありうる。したがって、VHT−SIGフィールド606は、プリアンブルの終わりにくる必要があり、第1のVHT−LTFフィールド604の後に直接くる必要はない。

0053

図7は、本開示のある態様に従う、IEEE802.11n/a/b/g規格に加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE 802.11acをサポートする第2の提案されたプリアンブル構造を説明する。説明されるように、提案されたプリアンブル構造は、L−STF 402、L−LTF 404、L−SIG 406、V/HT−SIG1 702およびV/HT−SIG2 704フィールドを含むレガシ部分を含む。さらに、プリアンブル構造は、VHT−STF 602および1つまたは複数のVHT−LTFフィールド604とVHTSIG3フィールド706を含むプレコード化された部分を含む。

0054

図7に示されたプリアンブルは、2つの重要な特徴を加える一方、図6に示されたプリアンブルの特性をすべて保存しうる。第1に、VHT−SIGフィールド(つまりVHT−SIG3 706)は、プリアンブルの終わりに存在することによって、UL−SDMAをサポートする。第2に、あるVHT−SIG情報は、それぞれV/HT−SIG1 702およびV/HT−SIG2 704フィールドの中にHT−SIG1およびHT−SIG2を合わせて伝えられうる。この情報は、オムニ様式で送信されうる。たとえば、VHT−SIGは、マルチキャストを使用して、すべてのクライアントに送信されうる。

0055

ある態様に対して、V/HT−SIG1 702およびV/HT−SIG2 704フィールドのVHTデータは、IEEE802.11nの受信機がIEEE802.11a/gパケットとIEEE802.11nのパケットとの間の差を検出する能力を維持するようにHT−SIGフィールドのπ/2−BPSK変調と組み合わせて変調される。これは、π/2−BPSK受信機によって復調された実際のデータを変更せずに、HT−SIGフィールドに情報を加えることを意味する。VHTデータは、IEEE802.11nの受信機がπ/2−BPSK変調を認識することができ、HT−SIGデータを復号化することができ、復号化データのCRCチェックをパスすることができる方法に追加されるべきである。

0056

本開示のある態様に対して、VHT−SIGフィールドの中に送信されたデータは、通常のBPSK、スケールされたBPSK、スケールされたπ/2−BPSKまたはπ/2−PAM(パルス振幅変調)のような異なる変調スキームを利用して送信されうる。

0057

ある態様に対して、VHT−SIGフィールドで送信されたデータは、周波数にわたりコード化されうる。例えば、VHT−SIGデータは、OFDM周波数のサブセット上のみで存在しうる。VHT−SIGデータは、さらに反復コーディングを使用して複数のOFDM周波数を通じて送信されうる。その上、VHT−SIGデータは、ウォルシュコードゴーレイコード相補的コードキーイングなど(CCK:Complementary Code Keying)のようなシーケンスを使用して、1つまたは複数の周波数に分散されうる。

0058

図8A、8Bおよび8Cは、本開示のある態様に従う、異なる変調スキームを使用する、HT−SIGフィールドおよびVHT−SIGフィールドの(例えば、V/HT−SIGフィールド702の)データを送信する例を説明する。

0059

図8Aで説明されるように、BPSKは、VHT−SIGデータのために使用され、π/2−BPSKで変調するHT−SIGデータに直接加えられうる。OFDM周波数のうちのいくつかのみがVHT−SIGデータを有する限り、V/HT−SIGフィールドの主なエネルギーは、常にπ/2−BPSKと一致する。したがって、HT−SIGフィールドの情報は、IEEE802.11a/b/n/g規格をサポートする受信機によって常に検出できうる。

0060

図8Bで説明されるように、スケールされたBPSKは、π/2−BPSKで変調されるHT−SIGに追加される、VHT−SIGデータを変調するために使用されうる。BPSKデータ上のスケーリングファクタが1未満である限り、V/HT−SIGフィールドの主なエネルギーは、常にπ/2−BPSKと一致しうる。したがって、HT−SIGフィールドの情報は、IEEE802.11a/b/n/g規格をサポートする受信機によって常に検出できうる。

0061

図8Cは、VHT−SIGデータを変調するためにスケールされたπ/2−BPSKを利用し、π/2−BPSKで変調されるHT−SIGフィールドにそれを追加することを説明する。VHTデータ上のスケーリングファクタが0.5未満である限り、組み合わされたπ/2−BPSK(またはπ/2−PAM)は、Q=0境界に沿ってスライスされた場合に常にオリジナルのHT−SIGデータを生成する。明白に、全エネルギーは、π/2−BPSKと一致する; したがって、IEEE802.11nのパケットの検出は維持される。

0062

図9は、本開示のある態様に従う、IEEE802.11n/a/b/g規格に加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE 802.11acをサポートする第3の提案されたプリアンブル構造を説明する。説明されるように、提案されたプリアンブル構造は、L−STF402、L−LTF404、L−SIG406、V/HT−SIG1 702およびV/HT−SIG2 704フィールドを含むレガシ部分を含む。その上、プリアンブル構造は、VHT−STF602および1つまたは複数のVHT−LTFフィールド604を含むプレコード化された部分を含む。このプリアンブル構造において、V/HT−SIG1 702およびV/HT−SIG2 704フィールドのすべてのクライアントにオムニ様式でVHT−SIGデータが単に送られること以外、図6および7のプリアンブルの特性はすべて満たされる。

0063

図10は、本開示のある態様に従う、IEEE802.11n/a/b/g規格に加えて極めて高いスループット(VHT)のIEEE 802.11ac規格をサポートする第4の提案されたプリアンブル構造を説明する。説明されるように、提案されたプリアンブル構造は、L−STF402、L−LTF404、L−SIG406、V/HT−SIG1 702およびV/HT−SIG2 704フィールドを含むレガシ部分を含む。その上、プリアンブル構造は、1つまたは複数のVHT−LTFフィールド604を含む別の部分を含む。ショートトレーニングフィールド(つまりVHT−STF)がこの構造で利用可能ではないので、このプリアンブル構造は、プレコード化、SDMAまたはビームフォーミングをサポートしない。しかしながら、前のプリアンブルと比較して、このプリアンブルは、かなり短く効率的である。V/HT−SIGフィールド702および704は、VHT特徴がこのフレームでサポートされるか/利用されるか理解するために受信機によって必要とされる情報を伝えることに注意するべきである。

0064

図11は、本開示のある態様に従う、複数の規格をサポートするプリアンブル構造を生成するための例示の動作1100を説明する。1102で、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成する。1104で、フレーム構造は、複数のデバイスに送信される。

0065

図12は、本開示のある態様に従う、プリアンブル構造で受信された情報に基づいて信号の送信モードの検出のための例示動作1200を説明する。1202で、信号は、フレーム構造を備え、フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える。1204で、信号の送信モードは、受信信号の情報に基づいて検出される。

0066

以上で説明された方法の各種動作は、対応する機能を実行することができる任意の適切な手段によって実行されうる。これら手段は、限定される訳ではないが、回路、特定用途向け集積回路ASIC)、またはプロセッサを含むさまざまなハードウェア構成要素および/またはソフトウェア構成要素および/またはモジュールを含みうる。一般に、図面に例示された動作が存在する場合、これら動作は、同じ符番を付された対応するミーンズプラスファンクション(means-plus-function)コンポーネントを有しうる。例えば、図11のブロック1102−1104は、図11Aで説明された回路ブロック1102A−1104Aに対応する。その上、図12のブロック1202−1204は、図12Aで説明された回路ブロック1202A−1204Aに対応する。

0067

本明細書に使用されたように、用語「決定」は種々様々な動作を包含する。例えば、「決定すること」は、計算、コンピューティング、処理、導出調査ルックアップ(例えば、テーブル、データベース、または他のデータ構造内のルックアップ)、確認等を含むことができる。また、「決定すること」は、受信(例えば、情報の受信)、アクセス(例えば、メモリ内のデータへのアクセス)等を含むことができる。また、「決定すること」は、解決、選択、選定確立等を含むことができる。

0068

以上で説明された方法の各種動作は、様々なハードウェアおよび/またはソフトウエアコンポーネント、回路、および/またはモジュール(複数可)のような、動作を実行することができる、任意の適切な手段によって実行されうる。概して、本願の図で説明された任意の動作は、さらに動作を実行することができる対応する機能の手段によって実行されうる。

0069

本開示に関連して説明されたさまざまな例示的な論理ブロック、モジュール、および回路を、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ信号(FPGA)もしくはその他のプログラマブル論理デバイスPLD)、ディスクリートゲートもしくはトランジスタロジック、ディスクリートハードウェアコンポーネント、または本明細書で説明される機能を実行するように設計されたその任意の組み合わせを用いて実施または実行することができる。汎用プロセッサは、マイクロプロセッサとすることができるが、代替案では、プロセッサを、任意の市販のプロセッサ、コントローラマイクロコントローラ、またはステートマシンとすることができる。プロセッサは、例えばDSPとマイクロプロセッサとの組み合わせ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコア連携する1または複数のマイクロプロセッサ、またはその他任意のこのような構成であるコンピューティングデバイスの組み合わせとして実現されうる。

0070

本開示に関連して記載される方法またはアルゴリズムのステップは、ハードウェアで直接的に、プロセッサによって実行されるソフトウェアモジュールで、あるいは、これらの組み合わせで具体化されうる。ソフトウェアモジュールは、当該技術分野において周知のすべての形式記憶媒体常駐することができる。使用できる記憶媒体のいくつかの例は、ランダムアクセスメモリ(RAM)、読取専用メモリ(ROM)、フラッシュメモリEPROMメモリ、EEPROMメモリレジスタハードディスクリムーバブルディスクCD−ROMなどを含む。ソフトウェアモジュールは、単一の命令または複数の命令を備えることができ、複数の異なるコードセグメント上で、異なるプログラムの間で、および複数の記憶媒体にまたがって分散させることができる。記憶媒体を、プロセッサが記憶媒体から情報を読み取り、記憶媒体に情報を書き込めるように、プロセッサに結合することができる。あるいは、この記憶媒体は、プロセッサに統合されうる。

0071

本明細書で開示された方法は、説明された方法を達成するための1または複数のステップまたは動作を備える。方法ステップおよび/または動作は、特許請求の範囲のスコープから逸脱せずに相互に置換することができる。言い換えると、ステップまたは動作の特定の順序が指定されていない限り、特定のステップおよび/または動作の順序および/または使用は、特許請求の範囲のスコープから逸脱せずに変更されうる。

0072

記述された機能は、ハードウェア、ソフトウェアファームウェア、またはこれらの任意の組み合わせで実現されうる。ソフトウェアで実現される場合、これら機能は、コンピュータ読取可能媒体に、1または複数の命令群として格納される。記憶媒体は、コンピュータによってアクセスされうる利用可能な任意の媒体である。例として、限定することなく、このようなコンピュータ読取可能媒体は、RAM、ROM、EEPROM、CD−ROMまたはその他の光ディスク記憶装置磁気ディスク記憶装置またはその他の磁気記憶デバイス、あるいは、所望のプログラムコード手段を命令群またはデータ構造の形式で搬送または格納するために使用され、しかも、コンピュータによってアクセスされうるその他任意の媒体を備えうる。本明細書で使用されるディスク(diskおよびdisc)は、コンパクトディスク(CD)(disc)、レーザディスク(disc)、光ディスク(disc)、ディジタルバーサタイルディスク(DVD)(disc)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)およびブルーレイ(登録商標)ディスク(disc)を含んでいる。ここで、diskは、通常、データを磁気的に再生する一方、discは、データをレーザを用いて光学的に再生する。

0073

したがって、ある態様は、本明細書に示された動作を実行するためのコンピュータプログラム製品を備えうる。例えば、そのようなコンピュータプログラム製品は、その上に格納された(および/または符号化された)命令を有するコンピュータ可読媒体を備える。この命令は、本明細書に説明された動作を実行する1つまたは複数のプロセッサによって実行可能である。ある態様に対して、コンピュータプログラム製品は、パッケージングマテリアルを含みうる。

0074

ソフトウェアまたは命令は、さらに送信媒体を通じて送信されうる。例えば、同軸ケーブル光ファイバケーブルツイストペアデジタル加入者線(DSL)、あるいは、例えば赤外線無線およびマイクロ波のような無線技術を使用して、ウェブサイトサーバ、あるいはその他の遠隔ソースからソフトウェアが送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバケーブル、ツイストペア、DSL、あるいは、例えば赤外線、無線およびマイクロ波のような無線技術が、媒体の定義に含まれる。

0075

さらに、本明細書で説明した方法および技法を実行するためのモジュールおよび/または他の適切な手段は、適用可能なようにユーザ端末および/または基地局によってダウンロードされるおよび/または他の場合に取得されることができることを諒解すべきである。例えば、そのようなデバイスを、本明細書で説明した方法を実行するための手段の転送を容易にするためにサーバに結合することができる。代替案では、本明細書で説明されるさまざまな方法を、記憶手段(例えば、RAM、ROM、コンパクトディスク(CD)またはフロッピーディスクなどの物理記憶媒体など)を介して提供することができ、ユーザ端末および/または基地局が、記憶手段をデバイスに結合するか提供するときにさまざまな方法を入手することができる。さらに、本明細書で説明された方法および技法をデバイスに提供するために、その他任意の適切な技法を利用することができる。

0076

特許請求の範囲は、以上で説明された正確な構成およびコンポーネントに限定されないことが理解されるべきである。さまざまな修正、変更、および変形を、特許請求の範囲の範囲から逸脱せずに、前述した方法および装置の構成、動作、および詳細において実施することができる。

0077

本明細書に提供される技法は、様々なアプリケーションで利用されうる。ある態様に対して、本明細書に示された技法は、アクセスポイント局、アクセス端末モバイルハンドセット、または本明細書で提供される技法を実行する処理論理およびエレメントを有する他のタイプのワイヤレスデバイスに組み入れられうる。

0078

前述のものは、本発明の実施形態に向けられているが、発明の他のおよびさらなる実施形態は、基本的なスコープから外れずに考え出され、その範囲は、以下の特許請求の範囲によって決定される。

0079

以下に、本願出願の当初の特許請求の範囲に記載された発明を付記する。

0080

[C1]
ワイヤレス通信のための方法であって、
ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成することと、
前記複数のデバイスにフレーム構造を送信することと
を備える、方法。

0081

[C2]
前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)およびレガシ信号フィールド(L−SIG)を備える、
[C1]に記載の方法。

0082

[C3]
前記第1の部分は、1つまたは複数の極めて高いスループットの信号(VHT−SIG)フィールドまたは1つまたは複数の高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドをさらに備える、
[C2]に記載の方法。

0083

[C4]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、およびVHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、
[C1]に記載の方法。

0084

[C5]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、
[C1]に記載の方法。

0085

[C6]
前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、
[C1]に記載の方法。

0086

[C7]
前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、
[C1]に記載の方法。

0087

[C8]
前記ノードの第2のグループは、前記ノードの第1のグループのサブセットである、
[C1]に記載の方法。

0088

[C9]
前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C4]に記載の方法。

0089

[C10]
前記1つまたは複数のVHT−SIGフィールドまたは前記1つまたは複数のHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C3]に記載の方法。

0090

[C11]
VHT−SIGフィールドのデータはプレコード化される、
[C4]に記載の方法。

0091

[C12]
前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、
[C4]に記載の方法。

0092

[C13]
前記VHT−SIGフィールドは前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で送信される、
[C4]に記載の方法。

0093

[C14]
少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に送信される、
[C2]に記載の方法。

0094

[C15]
前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、
[C14]に記載の方法。

0095

[C16]
VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で送信される、
[C14]に記載の方法。

0096

[C17]
前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、
[C14]に記載の方法。

0097

[C18]
前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコードまたは相補的コードキーイング(CCK)を備える、
[C17]に記載の方法。

0098

[C19]
ワイヤレス通信のために方法であって、
フレーム構造を備える信号を受信することと、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、
前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出することと
を備える、方法。

0099

[C20]
前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)、レガシ信号フィールド(L−SIG)、および2つの高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドを備える、
[C19]に記載の方法。

0100

[C21]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、VHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、
[C19]に記載の方法。

0101

[C22]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、
[C19]に記載の方法。

0102

[C23]
前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、
[C19]に記載の方法。

0103

[C24]
前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、
[C19]に記載の方法。

0104

[C25]
前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C21]に記載の方法。

0105

[C26]
VHT−SIGフィールドのデータは、プレコード化される、
[C21]に記載の方法。

0106

[C27]
前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、
[C21]に記載の方法。

0107

[C28]
前記VHT−SIGフィールドは、前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で受信される、
[C21]に記載の方法。

0108

[C29]
少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に受信される、
[C20]に記載の方法。

0109

[C30]
前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)、またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、
[C29]に記載の方法。

0110

[C31]
VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で受信される、
[C30]に記載の方法。

0111

[C32]
前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、
[C30]に記載の方法。

0112

[C33]
前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコード、または相補的コードキーイング(CCK)を備える、
[C32]に記載の方法。

0113

[C34]
ワイヤレス通信のための装置であって
ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するように構成された回路と、
前記複数のデバイスにフレーム構造を送信するように構成された送信機と
を備える装置。

0114

[C35]
前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)およびレガシ信号フィールド(L−SIG)を備える、
[C34]に記載の装置。

0115

[C36]
前記第1の部分は、1つまたは複数の極めて高いスループットの信号(VHT−SIG)フィールドまたは1つまたは複数の高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドをさらに備える、
[C35]に記載の装置。

0116

[C37]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、およびVHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、
[C34]に記載の装置。

0117

[C38]
前記フレーム構造の前記第2の部分はプレコード化される、
[C34]に記載の装置。

0118

[C39]
前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、
[C34]に記載の装置。

0119

[C40]
前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、
[C34]に記載の装置。

0120

[C41]
前記ノードの第2のグループは、前記ノードの第1のグループのサブセットである、
[C34]に記載の装置。

0121

[C42]
前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C37]に記載の装置。

0122

[C43]
前記1つまたは複数のVHT−SIGフィールドまたは前記1つまたは複数のHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C36]に記載の装置。

0123

[C44]
VHT−SIGフィールドのデータはプレコード化される、
[C37]に記載の装置。

0124

[C45]
前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、
[C37]に記載の装置。

0125

[C46]
前記VHT−SIGフィールドは前記VHTロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で送信される、
[C37]に記載の装置。

0126

[C47]
少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に送信される、
[C35]に記載の装置。

0127

[C48]
前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、
[C47]に記載の装置。

0128

[C49]
VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で送信される、
[C48]に記載の装置。

0129

[C50]
前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、
[C47]に記載の装置。

0130

[C51]
前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコードまたは相補的コードキーイング(CCK)を備える、
[C50]に記載の装置。

0131

[C52]
ワイヤレス通信のための装置であって、
フレーム構造を備える信号を受信するように構成された受信機と、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、
前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出するように構成された回路と
を備える、装置。

0132

[C53]
前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)、レガシ信号フィールド(L−SIG)、および2つの高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドを備える、
[C52]に記載の装置。

0133

[C54]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、VHT信号フィールド(VHT−SIG)を備える、
[C52]に記載の装置。

0134

[C55]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、
[C52]に記載の装置。

0135

[C56]
前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、
[C52]に記載の装置。

0136

[C57]
前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、
[C52]に記載の装置。

0137

[C58]
前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C54]に記載の装置。

0138

[C59]
VHT−SIGフィールドのデータは、プレコード化される、
[C54]に記載の装置。

0139

[C60]
前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、
[C54]に記載の装置。

0140

[C61]
前記VHT−SIGフィールドは、前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で受信される、
[C54]に記載の装置。

0141

[C62]
少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に受信される、
[C53]に記載の装置。

0142

[C63]
前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)、またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、
[C62]に記載の装置。

0143

[C64]
VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で受信される、
[C63]に記載の装置。

0144

[C65]
前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、
[C63]に記載の装置。

0145

[C66]
前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコード、または相補的コードキーイング(CCK)を備える、
[C65]に記載の装置。

0146

[C67]
ワイヤレス通信のための装置であって、
ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するための手段と、
前記複数のデバイスにフレーム構造を送信するための手段と
を備える、装置。

0147

[C68]
前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)およびレガシ信号フィールド(L−SIG)を備える、
[C67]に記載の装置。

0148

[C69]
前記第1の部分は、1つまたは複数の極めて高いスループットの信号(VHT−SIG)フィールドまたは1つまたは複数の高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドをさらに備える、
[C68]に記載の装置。

0149

[C70]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、およびVHT−信号フィールド(VHT−SIG)を備える、
[C67]に記載の装置。

0150

[C71]
前記フレーム構造の前記第2の部分はプレコード化される、
[C67]に記載の装置。

0151

[C72]
前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、
[C67]に記載の装置。

0152

[C73]
前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、
[C67]に記載の装置。

0153

[C74]
前記ノードの第2のグループは、前記ノードの第1のグループのサブセットである、
[C67]に記載の装置。

0154

[C75]
前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C70]に記載の装置。

0155

[C76]
前記1つまたは複数のVHT−SIGフィールドまたは前記1つまたは複数のHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C69]に記載の装置。

0156

[C77]
VHT−SIGフィールドのデータはプレコード化される、
[C70]に記載の装置。

0157

[C78]
前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、
[C70]に記載の装置。

0158

[C79]
前記VHT−SIGフィールドは前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で送信される、
[C70]に記載の装置。

0159

[C80]
少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に送信される、
[C68]に記載の装置。

0160

[C81]
前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、
[C80]に記載の装置。

0161

[C82]
VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で送信される、
[C80]に記載の装置。

0162

[C83]
前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、
[C80]に記載の装置。

0163

[C84]
前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコードまたは相補的コードキーイング(CCK)を備える、
[C83]に記載の装置。

0164

[C85]
ワイヤレス通信のための装置であって、
フレーム構造を備える信号を受信するための手段と、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、
前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出するための手段と
を備える、装置。

0165

[C86]
前記第1の部分は、レガシショートトレーニングフィールド(L−STF)、ロングトレーニングフィールド(L−LTF)、レガシ信号フィールド(L−SIG)、および2つの高いスループットの信号(HT−SIG)フィールドを備える、
[C85]に記載の装置。

0166

[C87]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、極めて高いスループットのショートトレーニングフィールド(VHT−STF)、少なくとも1つのVHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)、VHT信号フィールド(VHT−SIG)を備える、
[C85]に記載の装置。

0167

[C88]
前記フレーム構造の前記第2の部分は、プレコード化される、
[C85]に記載の装置。

0168

[C89]
前記ノードの第1のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11a/g、IEEEの802.11nまたはIEEE802.11ac規格のうちの1つに従う、
[C85]に記載の装置。

0169

[C90]
前記ノードの第2のグループは、電気電子学会(IEEE)802.11ac規格に従う、
[C85]に記載の装置。

0170

[C91]
前記VHT−SIGフィールドは、π/2−BPSK(2相位相変調)変調を使用して送信される、
[C87]に記載の装置。

0171

[C92]
VHT−SIGフィールドのデータは、プレコード化される、
[C87]に記載の装置。

0172

[C93]
前記VHT−SIGフィールドは、空間分割多元接続(SDMA)を使用して送信される、
[C87]に記載の装置。

0173

[C94]
前記VHT−SIGフィールドは、前記VHT−ロングトレーニングフィールド(VHT−LTF)のうちの1つの後で受信される、
[C87]に記載の装置。

0174

[C95]
少なくとも1つの極めて高いスループットの信号フィールド(VHT−SIG)は、前記HT−SIGフィールドの少なくとも1つと同時に受信される、
[C86]に記載の装置。

0175

[C96]
前記VHT−SIGフィールドは、2相位相変調(BPSK)、π/2−PAM(パルス振幅変調)、またはスケールされたBPSK変調のうちの1つを利用して送信される、
[C95]に記載の装置。

0176

[C97]
VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のVHT−LTF(ロングトレーニングフィールド)の後で受信される、
[C96]に記載の装置。

0177

[C98]
前記VHT−SIGフィールドは、1つまたは複数のサブキャリアを通じて送信される、
[C96]に記載の装置。

0178

[C99]
前記VHT−SIGフィールドは、シーケンスを使用する前記サブキャリアに分散され、前記シーケンスは、ウォルシュコード、ゴーレイコード、または相補的コードキーイング(CCK)を備える、
[C98]に記載の装置。

0179

[C100]
ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成することと、
前記複数のデバイスにフレーム構造を送信することと
を実行可能な命令を備えるコンピュータ可読媒体を備える、
ワイヤレス通信のためのコンピュータプログラム製品。

0180

[C101]
フレーム構造を備える信号を受信することと、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、
前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出することと
を実行可能な命令を備えるコンピュータ可読媒体を備える、
ワイヤレス通信のためのコンピュータプログラム製品。

0181

[C102]
複数のアンテナと、
ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分、および同時に起こるマルチユーザ通信をすることができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を含むフレーム構造を生成するように構成された回路と、
前記複数のアンテナを介して、前記複数のデバイスにフレーム構造を送信するように構成された送信機と
を備えるアクセスポイント。

0182

[C103]
少なくとも1本のアンテナと、
前記少なくとも1本のアンテナを介して、フレーム構造を備える信号を受信するように構成された受信機と、ここにおいて、前記フレーム構造は、ワイヤレスノードの第1のグループによって復号化可能な第1の部分および同時に起こるマルチユーザ通信ができるワイヤレスノードの第2のグループによって復号化可能な第2の部分を備える、
前記受信信号の情報に基づいて前記信号の送信モードを検出するように構成された回路と
を備える、ワイヤレスノード。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ