図面 (/)

技術 情報提示プログラム及び情報処理装置

出願人 富士ゼロックス株式会社
発明者 稲木誓哉佐藤政寛
出願日 2014年9月4日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2014-179886
公開日 2016年4月14日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2016-053870
状態 特許登録済
技術分野 検索装置 特定用途計算機
主要キーワード メンマ 飲食店毎 セールスポイント 提示順 レビュー文 提示動作 訪問履歴情報 紹介サイト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年4月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

店舗紹介情報から抽出した特徴量を踏まえて、利用者に対し、店舗に関する情報を提示する情報提示プログラム及び情報処理装置を提供する。

解決手段

情報処理装置1は、店舗のレビューを示す飲食店紹介情報30から店舗毎食材名に該当するテキスト情報を抽出して食材名情報とする食材名抽出手段と、食材名抽出手段が抽出した食材名情報に基づいて店舗毎の特徴量である飲食店特徴量情報を生成する飲食店特徴生成手段と、飲食店特徴量情報に基づいて店舗のいずれかを利用者に対して提示する飲食店提示手段とを有する。

概要

背景

従来の技術として、利用者登録した嗜好情報に基づいて嗜好の似た他の利用者の情報を表示処理する情報処理装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1に開示された情報処理装置は、利用者が自分の飲食店に関する嗜好を登録すると、利用者を識別する識別情報毎に利用者の飲食に関する嗜好を示した嗜好情報を関連付けて記憶し、嗜好情報をグラフ化して表示処理したり、当該利用者の嗜好情報に似た嗜好を有する他の利用者を検索して表示処理したりする。利用者は、情報処理装置を利用して、嗜好の似た他の利用者がおすすめするメニューや他の利用者が気になる店舗の情報を閲覧する。

概要

店舗の紹介情報から抽出した特徴量を踏まえて、利用者に対し、店舗に関する情報を提示する情報提示プログラム及び情報処理装置を提供する。情報処理装置1は、店舗のレビューを示す飲食店紹介情報30から店舗毎食材名に該当するテキスト情報を抽出して食材名情報とする食材名抽出手段と、食材名抽出手段が抽出した食材名情報に基づいて店舗毎の特徴量である飲食店特徴量情報を生成する飲食店特徴生成手段と、飲食店特徴量情報に基づいて店舗のいずれかを利用者に対して提示する飲食店提示手段とを有する。

目的

本発明の目的は、店舗の紹介情報から抽出した特徴量を踏まえて、利用者に対し、店舗に関する情報を提示する情報提示プログラム及び情報処理装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピュータを、複数の店舗紹介情報から店舗毎に予め定めた観点でテキスト情報を抽出する抽出手段と、前記抽出手段が抽出した前記テキスト情報から前記店舗毎に特徴量を算出する算出手段と、前記算出手段が算出した前記特徴量に基づく提示順序に従って、前記店舗に関する情報を提示する情報提示手段として機能させるための情報提示プログラム

請求項2

前記抽出手段は、前記予め定めた観点の上位概念又は下位概念の観点でさらにテキスト情報を抽出する請求項1に記載の情報提示プログラム。

請求項3

前記抽出手段は、前記紹介情報から、前記予め定めた観点のテキスト情報として予め登録された第1の食材名を抽出する請求項1又は2に記載の情報提示プログラム。

請求項4

前記情報提示手段は、前記紹介情報を利用する利用者に関連付けられた店舗又は選択された店舗の特徴量とに基づいていずれかの店舗に関する情報を利用者に提示する請求項1−3のいずれか1項に記載の情報提示プログラム。

請求項5

料理レシピを示すレシピ情報から第2の食材名を抽出し、前記抽出手段が抽出すべきテキスト情報として登録する登録手段としてさらに機能させる請求項3に記載の情報提示プログラム。

請求項6

コンピュータを、物品又はサービスの紹介情報から物品又はサービス毎に予め定めた観点でテキスト情報を抽出する抽出手段と、前記抽出手段が抽出した前記テキスト情報から前記物品又はサービス毎に特徴量を算出する算出手段と、前記算出手段が生成した前記特徴量に基づく提示順序に従って、前記物品又はサービスに関する情報を提示する情報提示手段として機能させるための情報提示プログラム。

請求項7

複数の店舗の紹介情報から店舗毎に予め定めた観点でテキスト情報を抽出する抽出手段と、前記抽出手段が抽出した前記テキスト情報から前記店舗毎に特徴量を算出する算出手段と、前記算出手段が生成した前記特徴量に基づく提示順序に従って、前記店舗に関する情報を提示する情報提示手段とを有する情報処理装置

技術分野

0001

本発明は、情報提示プログラム及び情報処理装置に関する。

背景技術

0002

従来の技術として、利用者登録した嗜好情報に基づいて嗜好の似た他の利用者の情報を表示処理する情報処理装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

0003

特許文献1に開示された情報処理装置は、利用者が自分の飲食店に関する嗜好を登録すると、利用者を識別する識別情報毎に利用者の飲食に関する嗜好を示した嗜好情報を関連付けて記憶し、嗜好情報をグラフ化して表示処理したり、当該利用者の嗜好情報に似た嗜好を有する他の利用者を検索して表示処理したりする。利用者は、情報処理装置を利用して、嗜好の似た他の利用者がおすすめするメニューや他の利用者が気になる店舗の情報を閲覧する。

先行技術

0004

特開2012−203849号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の目的は、店舗の紹介情報から抽出した特徴量を踏まえて、利用者に対し、店舗に関する情報を提示する情報提示プログラム及び情報処理装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

本発明の一態様は、上記目的を達成するため、以下の情報提示プログラム及び情報処理装置を提供する。

0007

[1]コンピュータを、
複数の店舗の紹介情報から店舗毎に予め定めた観点でテキスト情報を抽出する抽出手段と、
前記抽出手段が抽出した前記テキスト情報から前記店舗毎に特徴量を算出する算出手段と、
前記算出手段が算出した前記特徴量に基づく提示順序に従って、前記店舗に関する情報を提示する情報提示手段として機能させるための情報提示プログラム。
[2]前記抽出手段は、前記予め定めた観点の上位概念又は下位概念の観点でさらにテキスト情報を抽出する前記[1]に記載の情報提示プログラム。
[3]前記抽出手段は、前記紹介情報から、前記予め定めた観点のテキスト情報として予め登録された第1の食材名を抽出する前記[1]又は[2]に記載の情報提示プログラム。
[4]前記情報提示手段は、前記紹介情報を利用する利用者に関連付けられた店舗又は選択された店舗の特徴量とに基づいていずれかの店舗に関する情報を利用者に提示する前記[1]−[3]のいずれかに記載の情報提示プログラム。
[5]料理レシピを示すレシピ情報から第2の食材名を抽出し、前記抽出手段が抽出すべきテキスト情報として登録する登録手段としてさらに機能させる前記[3]に記載の情報提示プログラム。
[6]コンピュータを、
物品又はサービスの紹介情報から物品又はサービス毎に予め定めた観点でテキスト情報を抽出する抽出手段と、
前記抽出手段が抽出した前記テキスト情報から前記物品又はサービス毎に特徴量を算出する算出手段と、
前記算出手段が生成した前記特徴量に基づく提示順序に従って、前記物品又はサービスに関する情報を提示する情報提示手段として機能させるための情報提示プログラム。
[7]複数の店舗の紹介情報から店舗毎に予め定めた観点でテキスト情報を抽出する抽出手段と、
前記抽出手段が抽出した前記テキスト情報から前記店舗毎に特徴量を算出する算出手段と、
前記算出手段が生成した前記特徴量に基づく提示順序に従って、前記店舗に関する情報を提示する情報提示手段とを有する情報処理装置。

発明の効果

0008

請求項1又は7に係る発明によれば、店舗の紹介情報から抽出した特徴量を踏まえて、利用者に対し、店舗に関する情報を提示することができる。
請求項2に係る発明によれば、上位概念又は下位概念の観点で、利用者に対して店舗に関する情報を提示することができる。
請求項3に係る発明によれば、食材の観点で、利用者に対して店舗に関する情報を提示することができる。
請求項4に係る発明によれば、利用者に関連付けられた店舗の特徴量に基づいて、いずれかの店舗に関する情報を当該利用者に提示することができる。
請求項5に係る発明によれば、料理のレシピを示すレシピ情報から食材名を抽出して登録することができる。
請求項6に係る発明によれば、物品又はサービスの紹介情報から抽出した特徴量を踏まえて、利用者に対し、物品又はサービスに関する情報を提示することができる。

図面の簡単な説明

0009

図1は、実施の形態に係る情報処理システムの構成の一例を示す概略図である。
図2は、実施の形態に係る情報処理装置の構成例を示すブロック図である。
図3(a)及び(b)は、食材名登録動作を説明するための図である。
図4(a)及び(b)は、飲食店紹介情報から特徴量を算出して特徴量情報を生成する動作を説明するための図である。
図5(a)及び(b)は、利用者訪問履歴情報から特徴量を算出して特徴量情報を生成する動作を説明するための図である。
図6は、入力された検索語に基づいて検索結果を提示する画面の構成の一例を示す概略図である。

実施例

0010

[実施の形態]
(情報処理システムの構成)
図1は、実施の形態に係る情報処理システムの構成の一例を示す概略図である。

0011

この情報処理システムは、情報処理装置1と、レシピサイトDB2と、飲食店紹介サイトDB3と、端末4とをネットワーク5によって互いに通信可能に接続することで構成される。端末4は、利用者6によって操作される。なお、本情報処理システムの情報処理装置1、レシピサイトDB2、飲食店レビューイトDB3のそれぞれで提供するサービスは、同一企業によるものであってもよいし、別企業によるものであってもよい。

0012

情報処理装置1は、サーバ型の情報処理装置であり、端末4の要求に応じて動作するものであって、本体内に情報を処理するための機能を有するCPU(Central Processing Unit)やフラッシュメモリ等の電子部品を備える。情報処理装置1は、要求に応じて端末4の利用者6に飲食店の店舗を推薦する情報を送信する。

0013

レシピサイトDB2は、料理レシピ紹介するレシピサイトのデータベースであって、料理レシピを示すレシピ情報20を格納する。なお、レシピサイトの一例として、「COOKPAD」(登録商標)等が挙げられる。

0014

飲食店紹介サイトDB3は、飲食店を利用者のレビューとともに紹介するサイトのデータベースであって、飲食店を紹介するための情報が関連付けられた飲食店紹介情報30と、利用者が訪問した飲食店の履歴を示す利用者訪問履歴情報31とを有する。なお、利用者訪問履歴情報31は、実際に利用者が飲食店を訪問している必要はない。例えば、利用者がお気に入りとして、登録した飲食店や、飲食店紹介サイト中の飲食店紹介ページを訪れた履歴を利してもよい。なお、飲食店紹介サイトの一例として、「ぐるなび」(登録商標)、「食べログ」(登録商標)、「Yelp」(登録商標)等がある。

0015

なお、飲食店紹介情報30は、飲食店毎に店舗の紹介情報(例えば、お店のセールスポイント、メニュー、アクセス方法座席数等の情報)が関連付けられた飲食店基本情報300及び飲食店毎に複数の利用者が投稿したレビュー文が関連付けられた飲食店レビュー情報301等を含むものとする。また、飲食店紹介情報30の利用者が訪問した飲食店の履歴とは、実際に利用者が訪問したお店の履歴や、飲食店紹介サイト上で訪れた飲食店サイトの履歴をいう。

0016

端末4は、PC(Personal Computer)等の情報処理装置であって、本体内に情報を処理するための機能を有するCPUやフラッシュメモリ等の電子部品を備える。

0017

ネットワーク5は、高速通信が可能な通信ネットワークであり、例えば、イントラネットやLAN(Local Area Network)等の有線又は無線通信網である。

0018

(情報処理装置の構成)
図2は、実施の形態に係る情報処理装置1の構成例を示すブロック図である。

0019

情報処理装置1は、CPU等から構成され、各部を制御するとともに、各種のプログラムを実行する制御部10と、フラッシュメモリ等の記憶媒体から構成され情報を記憶する記憶部11と、ネットワークを介して外部と通信する通信部12とを備える。

0020

制御部10は、後述する情報提示プログラム110を実行することで、レシピ取得手段100、食材名登録手段101、紹介情報取得手段102、食材名抽出手段103、飲食店特徴生成手段104、利用者訪問履歴取得手段105、利用者訪問店特徴生成手段106及び飲食店提示手段107等として機能する。

0021

レシピ取得手段100は、通信部12を介してレシピサイトDB2からレシピ情報20を取得する。

0022

食材名登録手段101は、レシピ取得手段100が取得したレシピ情報20から食材名(第2の食材名)を抽出して食材名情報111として記憶部11に登録する。なお、食材名は観点の一例であって、他の観点として「味」等を抽出してもよい。また、「食材」や「味」の上位概念である「料理名」や「料理ジャンル」等を観点として抽出してもよい。

0023

紹介情報取得手段102は、通信部12を介して飲食店紹介サイトDB3から飲食店紹介情報30を取得する。ここで、飲食店紹介情報30として、飲食店基本情報300または飲食店レビュー情報301のいずれか一方を用いても良いし、両方を用いてもよい。

0024

食材名抽出手段103は、紹介情報取得手段102が取得した飲食店紹介情報30から、観点の一例として、登録された食材名情報111に該当する食材名(テキスト情報、第1の食材名)を抽出する。なお、食材名抽出手段103は、食材名登録手段101と同様に他の観点として「味」等に該当するテキスト情報を抽出してもよい。また、「食材」や「味」の上位概念である「料理名」や「料理ジャンル」等の観点に該当するテキスト情報を抽出してもよい。

0025

また、観点の一例として、飲食店基本情報300からアクセス情報(お店の場所)を抽出してもよい。また、アクセス情報の上位概念または下位概念として、「○○市」を基準にした場合は、上位概念として都道府県等に該当するテキスト情報を抽出し、下位概念として番地等に該当するテキスト情報を抽出してもよい。さらに、観点の一例として、飲食店基本情報300から座先数を抽出してもよい。

0026

飲食店特徴生成手段104は、食材名抽出手段103が抽出した食材名に基づいて飲食店の店舗毎に特徴量を算出して飲食店特徴量情報112を生成する。なお、飲食店特徴量情報112は、少なくとも特徴量と店名に関する情報で構成されていればよく、さらに食材名などの他の情報を含めてもよい。また、特徴量の算出は、食材名の上位概念である料理ジャンルについて店舗毎に行ってもよい。なお、特徴量算出の詳細については、後述する。

0027

利用者訪問履歴取得手段105は、通信部12を介して飲食店紹介サイトDB3から利用者訪問履歴情報31を取得する。

0028

利用者訪問店特徴生成手段106は、利用者訪問履歴取得手段105が取得した利用者訪問履歴情報31から利用者毎に訪問した飲食店を抽出する。そして抽出した飲食店の特徴量から利用者訪問店特徴量情報113を生成する。なお、利用者訪問店特徴量情報113は、少なくとも特徴量と利用者に関する情報で構成されていればよく、さらに訪問店に関する情報などを含めてもよい。
また、ここで抽出した飲食店の数が複数である場合には、複数の特徴量を総合したものを特徴量として用いることができる。

0029

飲食店提示手段107は、飲食店特徴量情報112と利用者訪問店特徴量情報113とに基づいて、利用者の嗜好に合った飲食店の店舗に関する情報を提示する。飲食店の店舗に関する情報としては、飲食店名、店舗の写真連絡先、アクセス情報、平均予算などを利用することができる。したがって、利用者に対して、必ずしも飲食店基本情報300や飲食店レビュー情報301を提示する必要はない。

0030

記憶部11は、制御部10を上述した各手段100−107として動作させる情報提示プログラム110、食材名情報111、飲食店特徴量情報112及び利用者訪問店特徴量情報113等を記憶する。

0031

(情報処理装置の動作)
次に、本実施の形態の作用を、(1)基本動作、(2)食材名登録動作、(3)特徴量情報生成動作、(4)提示動作1、(5)提示動作2に分けて説明する。

0032

(1)基本動作
まず、利用者6は、飲食店を訪問して食事をした場合、端末4を操作して飲食店紹介サイトDB3にアクセスし、訪問した飲食店のレビューを投稿する。飲食店のレビューが投稿されると、飲食店紹介サイトDB3に飲食店紹介情報30及び利用者訪問履歴情報31が更新される。

0033

一方、他の利用者によってレシピサイトDB2にレシピが投稿され、レシピ情報20が更新される。

0034

(2)食材名登録動作
図3(a)及び(b)は、食材名登録動作を説明するための図である。

0035

次に、情報処理装置1のレシピ取得手段100は、通信部12を介してレシピサイトDB2からレシピ情報20aを取得する。レシピ情報20aは、レシピ情報20の一例であって、図3(a)に示すように、レシピタイトル200と、レシピ説明文201と、材料202とを有する。材料202は、食材名202aと、食材の分量202bとを有する。

0036

次に、食材名登録手段101は、レシピ取得手段100が取得したレシピ情報20aから、観点の一例として、第2の食材名としての食材名202aを抽出して、図3(b)に示すように、食材名情報111aとして記憶部11に登録する。なお、食材名202aの抽出は、レシピ情報20aが予め定められたフォーマットで作成されている場合は、当該フォーマットの予め定めた領域から抽出するものであってもよいし、食材名として予め登録された単語が検出される領域から未登録の単語を抽出するものであってもよい。ここでは、「鶏がら」、「豚骨」、「ニンニク」、「ショウガ」、「ごま油」、「味噌」、「醤油」、「みりん」、「酒」、「だしの素」を抽出して登録したものとする。

0037

(3)特徴量情報生成動作
図4(a)及び(b)は、飲食店紹介情報30から特徴量を算出して特徴量情報を生成する動作を説明するための図である。また、図5(a)及び(b)は、利用者訪問履歴情報31から特徴量を算出して特徴量情報を生成する動作を説明するための図である。

0038

紹介情報取得手段102は、通信部12を介して飲食店紹介サイトDB3から飲食店紹介情報30を取得する。飲食店紹介情報30として、飲食店レビュー情報301aを用いた場合を例示する。飲食店レビュー情報301aは、飲食店レビュー情報301の一例であって、図4(a)に示すように、店名と、レビュー文とを有する。

0039

食材名抽出手段103は、紹介情報取得手段102が取得した飲食店レビュー情報301aのレビュー文から、観点の一例として、食材名(第1の食材名)を抽出する。

0040

次に、飲食店特徴生成手段104は、抽出された食材名に予め定められた特徴量から、図4(b)に示すように、飲食店特徴量情報112aを生成して記憶部11に格納する。

0041

ここでは、食材名抽出手段103は、店名が「ラーメンA太郎」の店舗のレビューから食材「味噌」、「とんこつ」、「たまご」、「キャベツ」、「もやし」、「ねぎ」、「麺」を抽出し、飲食店特徴生成手段104は、食材「味噌」、「とんこつ」、「たまご」、「キャベツ」、「もやし」、「ねぎ」、「麺」のそれぞれに予め定められた特徴量を総合して店名が「ラーメンA太郎」の店舗の特徴量を抽出する。

0042

食材名抽出手段103が特徴量を算出する手法の例として、bag-of-wordsが挙げられる。bag-of-wordsは、全レビュー文に含まれる食材の種類数次元の数とするベクトルを特徴量として生成する。このベクトルは店舗ごとに生成され、ベクトルの各要素は対応する食材名がその店舗のレビュー文に含まれるかどうかにより決まる値となる。図4(b)の例では、「ラーメンA太郎」の特徴量となるベクトルの「とんこつ」に対応する要素は「ラーメンA太郎」のレビュー文に「とんこつ」が含まれるため「1」に、「メンマ」に対応する要素はレビュー文に「メンマ」が含まれないため「0」になる。なお、各要素の値は0か1の二値でも良いし、出現回数によって重み付けをするなどの処理をしても良い。また、bag-of-wordsではなく各要素が単語の意味情報を反映した手法(Tomas Mikolov, Kai Chen, Greg Corrado, and Jeffrey Dean. Efficient estimation of word representations in vector space. ICLR Workshop, 2013.)等を用いてもよい。

0043

また、店名が「ラーメンB」の店舗のレビューから食材「麺」、「大蒜」、「」、「メンマ」、「葱」、「玉子」、「紅しょうが」、「白胡麻」を抽出し、食材「麺」、「大蒜」、「豚」、「メンマ」、「葱」、「玉子」、「紅しょうが」、「白胡麻」のそれぞれに予め定められた特徴量を総合して店名が「ラーメンB軒」の店舗の特徴量を算出する。

0044

次に、利用者訪問履歴取得手段105は、通信部12を介して飲食店紹介サイトDB3から利用者訪問履歴情報31aを取得する。利用者訪問履歴情報31aは、利用者訪問履歴情報31の一例であって、図5(a)に示すように、利用者と、当該利用者が訪問した訪問店と、訪問日時とを有する。

0045

利用者訪問店特徴生成手段106は、利用者訪問履歴取得手段105が取得した利用者訪問履歴情報31aから利用者毎に訪問した飲食店を抽出し、少なくとも1以上の飲食店の特徴量を総合した特徴量を抽出する。そして、図5(b)に示すように、利用者訪問店特徴量情報113aとして記憶部11に格納する。一例として、飲食店の特徴量の平均を総合した特徴量として抽出する。

0046

ここでは、「利用者1」が店名「ラーメンA太郎」、「居酒屋C助」、「中華D軒」の店舗を訪問しているため、店名「ラーメンA太郎」、「居酒屋C助」、「中華D軒」の店舗のそれぞれの特徴量を飲食店特徴量情報112から取得して、平均を算出することで「利用者1」の特徴量を抽出する。また、「利用者2」が店名「ラーメンB軒」、…の店舗を訪問しているため、店名「ラーメンB軒」、…の店舗のそれぞれの特徴量を飲食店特徴量情報112から総合して「利用者2」の特徴量を抽出する。

0047

(4)提示動作1

0048

提示動作の一例として、飲食店提示手段107は、利用者の訪問店特徴量情報113を使用せずに飲食店に関する情報を提示する。

0049

まず、飲食店提示手段107は、利用者6から飲食店に関する情報提示の要求を受け付ける。当該要求を受け付ける際に、「神奈川」等の場所や「ラーメン」等の商品のジャンルを検索キーワードの一例として受け付ける。

0050

図6は、入力された検索語に基づいて検索結果を提示する画面の構成の一例を示す概略図である。

0051

飲食店提示画面107Aは、飲食店提示手段107によって表示処理されて端末4の表示部に表示される画面であって、検索キーワードの入力を受け付ける検索キーワード入力欄107aと、検索キーワードに基づいて検索された店舗の情報である検索結果107bとを表示する。検索結果107bは、店舗毎に飲食店基本情報300や飲食店レビュー情報301から抽出した情報107b11、情報107b12、情報107b21、情報107b22、情報107b31、情報107b32を表示する。

0052

情報107b11、情報107b12、情報107b21、情報107b22、情報107b31、情報107b32は、予め定められた基準で並べられたものであって、例えば、飲食店紹介サイトに登録された各店舗の特徴量情報を利用して、各店舗間における特徴量情報が近ければ、特徴量情報が近い店舗同士の店舗に関する情報の提示順が近づくよう並べられる。

0053

なお、特徴量の近さを算出するには、例えば、特徴空間におけるある二つの特徴量ベクトルの距離や、コサイン類似度を用いる手法がある。二つの特徴量ベクトルをxは式(2)により計算できる。

0054

0055

0056

また、検索結果107bにおける掲示順は、店舗の評価情報が高いものの順としてもよいし、飲食店紹介サイトと優先的に上位に表示させる契約がある店舗を上位に表示するものとしてもよい。また、ランダムであってもよい。

0057

(5)提示動作2

0058

また、提示動作の他の例として、飲食店提示手段107は、利用者6から飲食店に関する情報提示の要求を受け付けると、利用者訪問店特徴量情報113から当該利用者の特徴量を取得し、飲食店特徴量情報112から利用者の特徴量に近い特徴量を有する飲食店を特定する。そして、利用者の嗜好に合った飲食店として、当該飲食店に関する情報を提示する。

0059

なお、「提示動作2」においても「提示動作1」のように検索キーワードを受け付ける構成としてもよい。

0060

また、他の例として、飲食店提示手段107は、利用者が選択した店舗の特徴量を飲食店特徴量情報112から取得し、当該選択された店舗の特徴量に近い特徴量を有する飲食店を飲食店特徴量情報112から取得して、利用者の嗜好に合った飲食店として、当該飲食店に関する情報を提示してもよい。

0061

なお、飲食店提示手段107は、利用者6から飲食店に関する情報提示の要求を受けたことを契機として、飲食店紹介サイト3から各店舗の飲食店紹介情報30を取得して、飲食店間における特徴量の近さを算出してもよいし、所定の期間(1日、1週間等)毎に、飲食店間における特徴量の近さを算出してもよい。

0062

上記した「提示動作1」と「提示動作2」は、それぞれ必要な構成が異なるが両者の構成を組み合わせてもよいし、両者の構成から必要な構成を選択して新たな構成としてもよい。

0063

[他の実施の形態]
なお、本発明は、上記実施の形態に限定されず、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々な変形が可能である。

0064

例えば、上記実施の形態では飲食店に関する観念として「食材」、「味」又はその上位概念である「料理名」、「料理ジャンル」を扱ったが、料理店に限らず宿泊施設ネットショップ観光地ゴルフ場等に関する観念を扱ってもよい。宿泊施設の観念としては、「接客」、「食事」又はその上位概念である「施設」等が挙げられる。

0065

また、上記実施の形態では、店舗毎に特徴量を算出したが、物品又はサービス毎に特徴量を算出してもよい。例えば、ある飲食店の店舗で扱っている料理毎、ある宿泊施設で行っているサービス毎に特徴量を算出してもよい。この場合、飲食店に関する情報は、本発明の要旨を変更しない範囲内で、物品又はサービスに関する情報に置き換えられる。たとえば、利用者訪問履歴情報31の場合、利用者が実際に購入した又は利用した(食べた)商品又はサービス(以下、「商品等」という。)の履歴情報となる。なお、実際に利用者が購入していない又は利用していない(食べていない)商品等でもよく、例えば、利用者がお気に入りとして、登録した商品等や、紹介サイト中のある商品等を紹介するページを訪れた履歴を利用してもよい。

0066

上記実施の形態では制御部10の各手段100〜107の機能をプログラムで実現したが、各手段の全て又は一部をASIC等のハードウエアによって実現してもよい。また、上記実施の形態で用いたプログラムをCD−ROM等の記録媒体に記憶して提供することもできる。また、上記実施の形態で説明した上記ステップ入れ替え、削除、追加等は本発明の要旨を変更しない範囲内で可能である。

0067

1情報処理装置
2レシピサイトDB
3飲食店紹介サイトDB
4端末
5ネットワーク
6利用者
10 制御部
11 記憶部
12通信部
20レシピ情報
30 飲食店紹介情報
300 飲食店基本情報
301 飲食店レビュー情報
31 利用者訪問履歴情報
100レシピ取得手段
101食材名登録手段
102 紹介情報取得手段
103 食材名抽出手段
104 飲食店特徴生成手段
105 利用者訪問履歴取得手段
106 利用者訪問店特徴生成手段
107 飲食店提示手段
110情報提示プログラム
111 食材名情報
112 飲食店特徴量情報
113 利用者訪問店特徴量情報
200 レシピタイトル
201 レシピ説明文
202 材料
202a 食材名
202b 分量

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • オムロン株式会社の「 マッチング処理装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】利活用対象のセンシングデータによる容易なセンサマッチングを行うマッチング処理部50が提供される。マッチング処理部50は、提供側端末11により入力された提供側センシングデータを取得する... 詳細

  • オムロン株式会社の「 検索用データ生成装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】センサの検索精度を向上させることができる検索用データ生成装置が提供される。検索用データ生成装置50は、入力された、センシングデバイス20に関連する検索条件301から検索用データを取得... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 情報処理装置および情報処理方法」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】情報処理装置(10)は、時系列データである入力データを取得するデータ取得部(101)と、時系列データである学習データから抽出した部分列である複数の学習部分列の中で類似する学習部分列を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ