図面 (/)

技術 オーディオ装置及びコンピュータプログラム

出願人 アルパイン株式会社
発明者 鈴木昭人
出願日 2014年8月19日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2014-166339
公開日 2016年3月31日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2016-042400
状態 特許登録済
技術分野 記録担体の索引・検索、同期走行量の測定 他に分類されない音響(残響,カラオケ等)
主要キーワード 一つ次 近距離無線インタフェース 検索タイトル 属性文字列 ミュージックプレイヤ 有線通信インタフェース アルバムモード アルファベット表記
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年3月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

解決手段

オーディオ装置1に、簡体字の各文字に対してアルファベットの読み(pinyin)を登録した変換テーブルを設ける。オーディオ装置1は、簡体字のタイトルについてはアルファベットの読みをタイトルの代わりに用いて算出したアルファベット順に、タイトルが登録されたタイトルリストポータブルプレイヤ2から取得し表示する。検索時には、指定文字を前方部分として持つタイトルと、変換テーブルを参照して求まるアルファベットの読みの前方部分として指定文字を持つ簡体字とのタイトルのうち、登録順が最も前のタイトルを検索し、検索したタイトルを表示範囲先頭とするタイトルリストの部分を表示する。

概要

背景

ポータブルプレイヤオーディオソースの一つとして組込可能なオーディオ装置において、当該ポータブルプレイヤに格納された楽曲検索する技術としては、ポータブルプレイヤから当該ポータブルプレイヤに格納されている楽曲のタイトルアルバムアーティストといった属性を表す文字列である属性項目リストを取得して表示し、表示したリストを用いた楽曲の検索を可能とする技術が知られている(たとえば、特許文献1)。

概要

アルファベットタイトルのアルファベット読みによる検索を行う「オーディオ装置及びコンピュータプログラム」を提供する。オーディオ装置1に、簡体字の各文字に対してアルファベットの読み(pinyin)を登録した変換テーブルを設ける。オーディオ装置1は、簡体字のタイトルについてはアルファベットの読みをタイトルの代わりに用いて算出したアルファベット順に、タイトルが登録されたタイトルリストをポータブルプレイヤ2から取得し表示する。検索時には、指定文字を前方部分として持つタイトルと、変換テーブルを参照して求まるアルファベットの読みの前方部分として指定文字を持つ簡体字とのタイトルのうち、登録順が最も前のタイトルを検索し、検索したタイトルを表示範囲先頭とするタイトルリストの部分を表示する。

目的

本発明は、ポータブルプレイヤから転送されるリストに含まれるアルファベット表記されていない楽曲の属性項目の、当該属性項目の読みのアルファベット表記による検索を行うことのできるオーディオ装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

楽曲を格納したポータブル装置接続可能なオーディオ装置であって、前記ポータブル装置の言語環境で用いられる言語で使用される非アルファベットの各文字のアルファベットの文字で表した読みを登録した変換テーブルを記憶した変換テーブル記憶部と、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置に格納されている各楽曲の所定の属性を表す文字列である属性文字列リストを取得するリスト取得部と、検索部とを有し、当該検索部は、ユーザから指定されたアルファベットの文字を指定文字として、指定文字を先頭部分にもつ属性文字列と、非アルファベットの文字を含む属性文字列であって、当該属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットの文字で表した読みに変換した文字列である変換後属性文字列が、指定文字を先頭部分にもつ属性文字列とを、検索の対象とする検索対象属性文字列として、前記リストに含まれる属性文字列のうちから、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索することを特徴とするオーディオ装置。

請求項2

請求項1記載のオーディオ装置であって、表示装置と、前記リストの一部の範囲を前記装置に表示するリスト表示部を有し、前記検索部は、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索し、前記リスト表示部は、前記リストの、前記検索部が検索した属性文字列を先頭とする範囲を表示することを特徴とするオーディオ装置。

請求項3

請求項1記載のオーディオ装置であって、前記変換テーブル記憶部には、複数の言語の各々に対応して設けた、それぞれ対応する言語で使用される非アルファベットの各文字の、アルファベットで表した読みを登録した前記変換テーブルが記憶されており、当該オーディオ装置は、表示装置と、複数の言語の各々について、当該言語を言語環境として用いる前記ポータブル装置から取得できる前記リストが、文字コード順リストであるか、混合順リストであるかの識別を登録したリストタイプテーブルを記憶したリストタイプテーブル記憶部と、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置の言語環境で用いられる言語の識別を取得する言語識別取得部と、前記リストの一部の範囲を前記表示装置に表示するリスト表示部とを有し、前記文コード順リストは、文字コード順に前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストであり、前記混合順リストは、各楽曲の属性文字列中の非アルファベットの文字を、当該文字の読みを表すアルファベットの文字に置換した文字列の文字コード順に、前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストであり、前記検索部は、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対して前記リストタイプテーブルに混合順リストの識別が登録されている場合に、属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対応する前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットで表した読みに変換した文字列を、当該属性文字列の前記変換後属性文字列として、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索し、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対して前記リストタイプテーブルに文字コード順リストの識別が登録されている場合に、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記指定文字を先頭部分にもつ属性文字列を検索し、前記リスト表示部は、前記リストの、前記検索部が検索した属性文字列を先頭とする範囲を表示することを特徴とするオーディオ装置。

請求項4

請求項3記載のオーディオ装置であって、前記ポータブル装置の言語環境で用いられる言語は簡体字を含み、簡体字である言語で使用される非アルファベットの文字は簡体字の文字であり、簡体字の文字をアルファベットの文字で表した読みは、当該簡体字の文字のpinyinであり、かつ、簡体字を言語環境として用いる前記ポータブル装置から取得できる前記リストは前記混合順リストであることを特徴とするオーディオ装置。

請求項5

請求項2、3または4記載のオーディオ装置であって、前記表示装置に表示された前記リストの一部の範囲中の属性文字列の選択を受け付け、接続された前記オーディオ装置を制御して、選択を受け付けた属性文字列が属性を表す楽曲を再生出力する楽曲再生部を有することを特徴とするオーディオ装置。

請求項6

請求項1記載のオーディオ装置であって、前記変換テーブル記憶部には、複数の言語の各々に対応して設けた、それぞれ対応する言語で使用される非アルファベットの各文字の、アルファベットで表した読みを登録した前記変換テーブルが記憶されており、当該オーディオ装置は、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置の言語環境で用いられる言語の識別を取得する言語識別取得部を有し、前記検索部は、属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対応する前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットで表した読みに変換した文字列を、当該属性文字列の前記変換後属性文字列とすることを特徴とするオーディオ装置。

請求項7

請求項1または6記載のオーディオ装置であって、表示装置を備え、前記検索部は、前記リストに含まれる、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列の全てを検索して抽出し、抽出した属性文字列の一覧を前記表示装置に表示することを特徴とするオーディオ装置。

請求項8

請求項7記載のオーディオ装置であって、前記表示装置に表示された一覧中の属性文字列の選択を受け付け、接続された前記オーディオ装置を制御して、選択を受け付けた属性文字列が属性を表す楽曲を再生出力する楽曲再生部を有することを特徴とするオーディオ装置。

請求項9

請求項1、2、3、4、5、6、7または8記載のオーディオ装置であって、前記属性文字列が表す属性は、楽曲のタイトル、もしくは、楽曲のアルバム、もしくは、楽曲のアーティストであることを特徴とするオーディオ装置。

請求項10

楽曲を格納したポータブル装置を接続可能なコンピュータによって読み取られるコンピュータプログラムであって、当該コンピュータプログラムは、前記コンピュータを、前記ポータブル装置の言語環境で用いられる言語で使用される非アルファベットの各文字のアルファベットの文字で表した読みを登録した変換テーブルを記憶した変換テーブル記憶部と、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置に格納されている各楽曲の所定の属性を表す文字列である属性文字列のリストを取得するリスト取得部と、検索部として機能させるコンピュータプログラムであって、当該検索部は、ユーザから指定されたアルファベットの文字を指定文字として、指定文字を先頭部分にもつ属性文字列と、非アルファベットの文字を含む属性文字列であって、当該属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットの文字で表した読みに変換した文字列である変換後属性文字列が、指定文字を先頭部分にもつ属性文字列とを、検索の対象とする検索対象属性文字列として、前記リストに含まれる属性文字列のうちから、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索することを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項11

請求項10記載のコンピュータプログラムであって、前記コンピュータは表示装置を備え、当該コンピュータプログラムは、前記コンピュータを、さらに、前記リストの一部の範囲を前記装置に表示するリスト表示部として機能させ、前記検索部は、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索し、前記リスト表示部は、前記リストの、前記検索部が検索した属性文字列を先頭とする範囲を表示することを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項12

請求項10記載のオーディオ装置であって、前記コンピュータは表示装置を備え、前記変換テーブル記憶部には、複数の言語の各々に対応して設けた、それぞれ対応する言語で使用される非アルファベットの各文字の、アルファベットで表した読みを登録した前記変換テーブルが記憶されており、当該コンピュータプログラムは、前記コンピュータを、さらに、複数の言語の各々について、当該言語を言語環境として用いる前記ポータブル装置から取得できる前記リストが、文字コード順リストであるか、混合順リストであるかの識別を登録したリストタイプテーブルを記憶したリストタイプテーブル記憶部と、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置の言語環境で用いられる言語の識別を取得する言語識別取得部と、前記リストの一部の範囲を前記表示装置に表示するリスト表示部として機能させるコンピュータプログラムであり、前記文字コード順リストは、文字コード順に前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストであり、前記混合順リストは、各楽曲の属性文字列中の非アルファベットの文字を、当該文字の読みを表すアルファベットの文字に置換した文字列の文字コード順に、前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストであり、前記検索部は、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対して前記リストタイプテーブルに混合順リストの識別が登録されている場合に、属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対応する前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットで表した読みに変換した文字列を、当該属性文字列の前記変換後属性文字列として、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索し、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対して前記リストタイプテーブルに文字コード順リストの識別が登録されている場合に、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記指定文字を先頭部分にもつ属性文字列を検索し、前記リスト表示部は、前記リストの、前記検索部が検索した属性文字列を先頭とする範囲を表示することを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項13

請求項12記載のコンピュータプログラムであって、前記ポータブル装置の言語環境で用いられる言語は簡体字を含み、簡体字である言語で使用される非アルファベットの文字は簡体字の文字であり、簡体字の文字をアルファベットの文字で表した読みは、当該簡体字の文字のpinyinであり、かつ、簡体字を言語環境として用いる前記ポータブル装置から取得できる前記リストは前記混合順リストであることを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項14

請求項11、12または13記載のコンピュータプログラムであって、前記コンピュータを、さらに、前記表示装置に表示された前記リストの一部の範囲中の属性文字列の選択を受け付け、接続された前記オーディオ装置を制御して、選択を受け付けた属性文字列が属性を表す楽曲を再生出力する楽曲再生部として機能させることを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項15

請求項10記載のコンピュータプログラムであって、前記変換テーブル記憶部には、複数の言語の各々に対応して設けた、それぞれ対応する言語で使用される非アルファベットの各文字の、アルファベットで表した読みを登録した前記変換テーブルが記憶されており、当該コンピュータプログラムは、前記コンピュータを、さらに、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置の言語環境で用いられる言語の識別を取得する言語識別取得部として機能させ、前記検索部は、属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対応する前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットで表した読みに変換した文字列を、当該属性文字列の前記変換後属性文字列とすることを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項16

請求項10または15記載のコンピュータプログラムであって、前記コンピュータは表示装置を備え、前記検索部は、前記リストに含まれる、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列の全てを検索して抽出し、抽出した属性文字列の一覧を前記表示装置に表示することを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項17

請求項16記載のコンピュータプログラムであって、前記コンピュータを、さらに、前記表示装置に表示された一覧中の属性文字列の選択を受け付け、接続された前記オーディオ装置を制御して、選択を受け付けた属性文字列が属性を表す楽曲を再生出力する楽曲再生部として機能させることを特徴とするコンピュータプログラム。

請求項18

請求項10、11、12、13、14、15、16または17記載のコンピュータプログラムであって、前記属性文字列が表す属性は、楽曲のタイトル、もしくは、楽曲のアルバム、もしくは、楽曲のアーティストであることを特徴とするコンピュータプログラム。

技術分野

0001

本発明は、ポータブルプレイヤオーディオソースの一つとして組込可能なオーディオ装置において、当該ポータブルプレイヤに格納された楽曲検索する技術に関するものである。

背景技術

0002

ポータブルプレイヤをオーディオソースの一つとして組込可能なオーディオ装置において、当該ポータブルプレイヤに格納された楽曲を検索する技術としては、ポータブルプレイヤから当該ポータブルプレイヤに格納されている楽曲のタイトルアルバムアーティストといった属性を表す文字列である属性項目リストを取得して表示し、表示したリストを用いた楽曲の検索を可能とする技術が知られている(たとえば、特許文献1)。

先行技術

0003

特開2012−9106号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ポータブルプレイヤやポータブルプレイヤの言語環境によっては、ポータブルプレイヤから取得できるリストが、リスト中の属性項目が文字コード順にソートされたものではなく、非アルファベット表記の属性項目については、その読みをアルファベット表記した場合におけるアルファベット順各属性項目がソートされたものである場合がある。

0005

たとえば、ポータブルプレイヤが提供する言語環境として簡体字(中国語)がセットされているポータブルプレイヤに格納されている楽曲が、英語のタイトルの楽曲と、簡体字のタイトルの楽曲とを含む場合、ポータブルプレイヤから転送される楽曲のタイトルリストが、簡体字のタイトルについてはpinyinによりアルファベット表記したタイトルに置き換えてアルファベット順にソートした順番に、各タイトルを並べたものとなっている場合がある。

0006

そして、このような場合、タイトルリストに含まれているタイトルは簡体字のタイトルであるので、オーディオ装置においては、ユーザは、pinyinによって、タイトルリスト中の簡体字のタイトルを検索することはできなくなる。

0007

そこで、本発明は、ポータブルプレイヤから転送されるリストに含まれるアルファベット表記されていない楽曲の属性項目の、当該属性項目の読みのアルファベット表記による検索を行うことのできるオーディオ装置を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0008

前記課題達成のために、本発明は、楽曲を格納したポータブル装置接続可能なオーディオ装置に、前記ポータブル装置の言語環境で用いられる言語で使用される非アルファベットの各文字のアルファベットの文字で表した読みを登録した変換テーブルを記憶した変換テーブル記憶部と、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置に格納されている各楽曲の所定の属性を表す文字列である属性文字列のリストを取得するリスト取得部と、検索部とを設けたものである。ただし、検索部は、ユーザから指定されたアルファベットの文字を指定文字として、指定文字を先頭部分にもつ属性文字列と、非アルファベットの文字を含む属性文字列であって、当該属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットの文字で表した読みに変換した文字列である変換後属性文字列が、指定文字を先頭部分にもつ属性文字列とを、検索の対象とする検索対象属性文字列として、前記リストに含まれる属性文字列のうちから、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索するものである。

0009

このようなオーディオ装置によれば、ポータブル装置から取得したリストに含まれる非アルファベットの文字を含む属性文字列の検索を、当該属性文字列の非アルファベットの文字をアルファベットの文字で表した読みに変換した文字列である変換後属性文字列を対象とする検索によって行うことができる。よって、リストに含まれる非アルファベットの文字を含む属性文字列の、アルファベットの文字で表した読みによる検索を行うことができる。

0010

ここで、このオーディオ装置は、当該オーディオ装置に、表示装置と、前記リストの一部の範囲を前記装置に表示するリスト表示部とを設け、前記検索部において、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索し、前記リスト表示部において、前記リストの、前記検索部が検索した属性文字列を先頭とする範囲を表示するように構成してもよい。

0011

または、このオーディオ装置は、前記変換テーブル記憶部に、複数の言語の各々に対応して設けた、それぞれ対応する言語で使用される非アルファベットの各文字の、アルファベットで表した読みを登録した前記変換テーブルが記憶すると共に、当該オーディオ装置に、表示装置と、複数の言語の各々について、当該言語を言語環境として用いる前記ポータブル装置から取得できる前記リストが、文字コード順リストであるか、混合順リストであるかの識別を登録したリストタイプテーブルを記憶したリストタイプテーブル記憶部と、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置の言語環境で用いられる言語の識別を取得する言語識別取得部と、前記リストの一部の範囲を前記表示装置に表示するリスト表示部とを設けるように構成してもよい。但し、前記文コード順リストは、文字コード順に前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストであり、前記混合順リストは、各楽曲の属性文字列中の非アルファベットの文字を、当該文字の読みを表すアルファベットの文字に置換した文字列の文字コード順に、前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストである。また、前記検索部は、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対して前記リストタイプテーブルに混合順リストの識別が登録されている場合に、属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対応する前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットで表した読みに変換した文字列を、当該属性文字列の前記変換後属性文字列として、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列を検索し、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対して前記リストタイプテーブルに文字コード順リストの識別が登録されている場合に、前記リストに含まれる、前記リスト内の順番が最も前の、前記指定文字を先頭部分にもつ属性文字列を検索するものである。また、前記リスト表示部は、前記リストの、前記検索部が検索した属性文字列を先頭とする範囲を表示するものである。

0012

ここで、前記ポータブル装置の言語環境で用いられる言語は簡体字を含むものとし、簡体字である言語で使用される非アルファベットの文字は簡体字の文字とし、簡体字の文字をアルファベットの文字で表した読みは、当該簡体字の文字のpinyinとしてもよい。また、この場合に、簡体字を言語環境として用いる前記ポータブル装置から取得できる前記リストは前記混合順リストであってもよい。

0013

また、以上の前記リストの一部の範囲を表示するオーディオ装置には、前記表示装置に表示された前記リストの一部の範囲中の属性文字列の選択を受け付け、接続された前記オーディオ装置を制御して、選択を受け付けた属性文字列が属性を表す楽曲を再生出力する楽曲再生部を設けるようにしてよい。

0014

これらのリストの一部の範囲を表示するオーディオ装置によれば、ポータブル装置から取得したリストが、各楽曲の属性文字列中の非アルファベットの文字を当該文字の読みを表すアルファベットの文字に置換した文字列の文字コード順に、前記各楽曲の前記属性文字列が登録されたリストである場合に、リストの表示範囲を、正しく、ユーザから指定されたアルファベットの文字を、属性文字列の先頭部分または属性文字列のアルファベット表記の読みの先頭部分に持つ属性文字列の範囲の最初の属性文字列が、表示範囲の先頭の属性文字列となるように設定することができる。

0015

また、このオーディオ装置は、前記変換テーブル記憶部に、複数の言語の各々に対応して設けた、それぞれ対応する言語で使用される非アルファベットの各文字の、アルファベットで表した読みを登録した前記変換テーブルを記憶すると共に、当該オーディオ装置に、接続した前記ポータブル装置から、当該ポータブル装置の言語環境で用いられる言語の識別を取得する言語識別取得部とを設け、前記検索部において、属性文字列に含まれる非アルファベットの文字を、前記言語識別取得部が取得した識別が表す言語に対応する前記変換テーブルを参照して求まるアルファベットで表した読みに変換した文字列を、当該属性文字列の前記変換後属性文字列とするように構成してもよい。

0016

また、この場合には、オーディオ装置に、表示装置を設け、前記検索部において、前記リストに含まれる、前記検索対象属性文字列に該当する属性文字列の全てを検索して抽出し、抽出した属性文字列の一覧を前記表示装置に表示するようにしてもよい。また、さらに、前記表示装置に表示された一覧中の属性文字列の選択を受け付け、接続された前記オーディオ装置を制御して、選択を受け付けた属性文字列が属性を表す楽曲を再生出力する楽曲再生部を設けるようにしてもよい。

0017

ここで、以上の各オーディオ装置において、前記属性文字列が表す属性は、楽曲のタイトル、もしくは、楽曲のアルバム、もしくは、楽曲のアーティストであってよい。

発明の効果

0018

以上のように、本発明によれば、ポータブルプレイヤから転送されるリストに含まれるアルファベット表記されていない楽曲の属性項目の、当該属性項目の読みのアルファベット表記による検索を行うことのできるオーディオ装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0019

本発明の実施形態に係るオーディオ装置の構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態に係るアルファベット変換データベースを示す図である。
本発明の実施形態に係るタイトルリストを示す図である。
本発明の実施形態に係るプレイヤ画面の表示例を示す図である。
本発明の実施形態に係るタイトルリストジャンプ処理を示すフローチャートである。
本発明の実施形態に係るプレイヤ画面の表示例を示す図である。

実施例

0020

以下、本発明の実施形態について説明する。
図1に、本実施形態に係るオーディオ装置の構成を示す。
オーディオ装置1は、たとえば自動車に搭載される車載のオーディオ装置1であり、図示するように、入力装置101、表示装置102、音声を出力する音声出力装置103、記憶装置104、ラジオ受信機105、その他の周辺装置106、外部インタフェース107、オペレーティングシステム110、オペレーティングシステム上で稼働するアプリケーションを備えている。

0021

そして、オーディオ装置1の外部インタフェース107には、有線通信インタフェースまたは近距離無線インタフェースを介してポータブルプレイヤ2を接続することができる。
また、オーディオ装置1は、アプリケーションとして、外部インタフェース107に接続されたポータブルプレイヤ2に格納された楽曲や記憶装置104に格納された楽曲の再生出力を制御するミュージックプレイヤ111、ラジオ受信機105の再生出力を制御するラジオコントローラ112、その他のアプリケーション113を備えている。

0022

次に、予めオーディオ装置1の記憶装置104に格納されるアルファベット変換データベースについて説明する。
図2に示すように、アルファベット変換データベースには、ポータブルプレイヤ2が提供する言語環境として使用され得る各言語に対応して、ソートキーと、変換テーブルが格納されている。ここで、ポータブルプレイヤ2の言語環境で使用される言語とは、ポータブルプレイヤ2のユーザインタフェース優先的に用いられる言語であり、たとえば、ポータブルプレイヤ2は、各種メニューや各種アイテム名称を言語環境で使用する言語として設定されている言語で表示する。なお、ポータブルプレイヤ2の言語環境で使用する言語の設定は、通常、ユーザが任意に変更することができる。
次に、ソートキーとしては、対応する言語のポータブルプレイヤ2が用いている、楽曲のタイトルやアルバムやアーティストといった属性を表す文字列である属性項目のリストが、属性項目を文字コード順にソートしたリストであることを表す「文字コード」と、属性項目のリストが、アルファベット表記の属性項目については、その属性項目を用いると共に、非アルファベット表記の属性項目については、その読みのアルファベット表記を属性項目の代わりに用いて算出したアルファベット順に属性項目をソートしたリストであることを表す「アルファベット」とのいずれかが登録される。

0023

次に、ソートキーに「アルファベット」が登録されている言語に対応する変換テーブルには、対応する言語の非アルファベットの文字のアルファベット表記の読みが、非アルファベットの文字のそれぞれについて登録されている。

0024

すなわち、たとえば、ソートキーに「アルファベット」が登録されている言語が「簡体字」であり、言語環境で使用する言語が簡体字のポータブルプレイヤ2において、属性項目のリストとして、アルファベット表記の属性項目については、その属性項目を用いると共に、簡体字の属性項目については、pinyinによりアルファベット表記した文字列を属性項目の代わりに用いて算出したアルファベット順に属性項目をソートしたリストを用いる場合には、変換テーブルには、簡体字の各文字のpinyinが登録される。

0025

また、ソートキーに「文字コード」が登録されている言語に対応する変換テーブルには、対応する言語のポータブルプレイヤ2の属性項目のリストの属性項目の表記に用いられる非アルファベットの表音文字のアルファベット表記の読みが選択的に登録される。

0026

すなわち、たとえば、ソートキーに「文字コード」が登録されている言語が「日本語」であり、言語環境に使用される言語が「日本語」のポータブルプレイヤ2において、属性項目のリストとして、属性項目を文字コード順にソートしたリストを用いる場合には、変換テーブルには、カタカナの各文字について、その文字のローマ字ローマ字表記(たとえば、ヘボン式ローマ字表記)を登録する。ただし、英語において、その文字の読みを持つアルファベットとして、複数のアルファベットが用いられる場合には、その文字に対して複数のアルファベット表記を登録するようにしてもよい。たとえば、「ラ」に対して、「RA」と「LA」とを登録したり、「ザ」に対して「ZA」と「THE」を登録するなどしてもよい。

0027

さて、図1戻り、オーディオ装置1のミュージックプレイヤ111は、外部インタフェース107にポータブルプレイヤ2が接続されると、ポータブルプレイヤ2から、ポータブルプレイヤ2が提供するポータブルプレイヤ2に格納されている楽曲の属性項目のリストと、ポータブルプレイヤ2に設定されている、ポータブルプレイヤ2の言語環境で使用する言語として設定されている言語を表す言語コードとを取得して記憶装置104に格納する処理を行う。

0028

ここで、ポータブルプレイヤ2が提供する楽曲の属性項目のリストとしては、楽曲のタイトルのリストであるタイトルリストや、楽曲のアルバムのリストであるアルバムリストや、楽曲のアーティストのリストであるアーティストリスト等がある。

0029

図3aは、言語環境で使用する言語が「簡体字」に設定されているポータブルプレイヤ2が提供するタイトルリストの例を表しており、図示するように、言語が「簡体字」に設定されているポータブルプレイヤ2は、楽曲のタイトルリストとして、簡体字のタイトルをpinyinによりアルファベット表記したタイトルに置き換えて、各タイトルをアルファベット順にソートした順番で、各タイトルを並べたタイトルリストをオーディオ装置1に提供する。

0030

また、図3bは、言語が「日本語」に設定されているポータブルプレイヤ2が提供するタイトルリストの例を表しており、図示するように、言語が「日本語」に設定されているポータブルプレイヤ2は、楽曲のタイトルリストとして、各タイトルを文字コード順にソートした順番で並べたタイトルリストをオーディオ装置1に提供する。

0031

さて、オーディオ装置1のミュージックプレイヤ111は、接続されているポータブルプレイヤ2の再生開始を入力装置101を介してユーザから指示されたならば、記憶装置104に格納している、当該ポータブルプレイヤ2から取得した属性項目のリストのうちの、ユーザによって設定されているモードに応じたリストを含めたプレイヤ画面を表示装置102に表示する。

0032

図4aは、タイトルモードが設定されているときプレイヤ画面400を示したものであり、このプレイヤ画面400には、タイトルリスト表示領域401が設けられており、タイトルリスト表示領域401にはタイトルリストの一部の範囲がスクロール操作可能な形態で表示される。また、このプレイヤ画面400には、ジャンプボタン402と、検索ボタン403と、モードの設定の変更操作を受け付けるためのメニューを表示するメニューボタン403が設けられている。なお、モードとしては、タイトルモードの他に、アルバムリストをプレイヤ画面400に表示するアルバムモード、アーティストリストをプレイヤ画面400に表示するアーティストモードなどを設ける。

0033

そして、ミュージックプレイヤ111は、このようにプレイヤ画面400中に表示した属性項目のリストの部分上で、ユーザから属性項目の選択の受け付けを行うと共に、ユーザの再生開始操作に応答して選択されている属性項目を持つ楽曲の再生開始を、接続されているポータブルプレイヤ2に指示し、ポータブルプレイヤ2から転送される楽曲を音声出力装置103から出力する。

0034

一方、ポータブルプレイヤ2は、オーディオ装置1のミュージックプレイヤ111から再生開始を指示されたならば指示された属性項目を持つ楽曲の再生動作を開始すると共に、再生した楽曲をオーディオ装置1への転送を行う。

0035

以下、このようなオーディオ装置1において、ミュージックプレイヤ111は、プレイヤ画面400のジャンプボタン402が操作されたならば、プレイヤ画面400中に表示しているリストの表示範囲を、ユーザから指定された文字と一致する文字を先頭に持つ属性項目が最も上に表示されるようにスクロールするリストジャンプ処理を行う。

0036

ここで、ミュージックプレイヤ111は、プレイヤ画面400中に表示しているリストがタイトルリストである場合にはリストジャンプ処理としてタイトルリストジャンプ処理を行い、プレイヤ画面400中に表示しているリストがアルバムルリストである場合にはリストジャンプ処理としてアルバムリストジャンプ処理を行い、プレイヤ画面400中に表示しているリストがアーティストリストである場合にはリストジャンプ処理としてアーティストリストジャンプ処理を行う。

0037

ここで、タイトルリストジャンプ処理、アルバムリストジャンプ処理、アーティストリストジャンプ処理は、処理の対象とするリストが、タイトルリスト、アルバムリスト、アーティストリストと異なるのみであるので、以下では、タイトルリストジャンプ処理を代表として、リストジャンプ処理を説明する。

0038

図5に、タイトルリストジャンプ処理の手順を示す。
図示するように、ミュージックプレイヤ111は、プレイヤ画面400中に表示しているリストがタイトルリストであるときに、ジャンプボタン402が操作されたならば、タイトルリストジャンプ処理を開始し、図4bに示すように、指定文字受け付けウインドウ410を表示装置102に表示し、文字の入力を受け付け、入力を受け付けた文字を指定文字とする(ステップ502)。なお、ここでは、タトルリストジャンプ処理が、指定文字として、一文字のみを受け付けるものであるとする。

0039

そして、上述のようにポータブルプレイヤ2の接続時にポータブルプレイヤ2から取得した、ポータブルプレイヤ2に設定されている言語コードに対するソートキーとして、アルファベット変換データベースに「アルファベット」が登録されているかどうかを調べる(ステップ504)。

0040

そして、ソートキーとして「アルファベット」が登録されていなければ、指定文字を探索文字に設定し(ステップ534)、探索文字を前方部分として持つタイトルのうちの、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の登録順が最も前のタイトルを探索する(ステップ536)。

0041

次に、探索が終了したならば、探索が成功したかどうかを調べ(ステップ538)、探索文字を前方部分として持つタイトルがタイトルリストに含まれていないために探索が失敗した場合には、探索文字を文字コードの順番が現在の探索文字の一つ次の文字とし(ステップ542)、ステップ536からの処理に戻る。

0042

一方、探索に成功した場合には(ステップ538)、探索したタイトルの記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の順番をIDとする(ステップ540)。
そして、タイトルリスト中の順番がIDのタイトルが最も上に表示されるように、プレイヤ画面400中のタイトルリスト表示領域401に表示するタイトルリストの範囲を変更し(ステップ532)、タイトルリストジャンプ処理を終了する。

0043

一方、ポータブルプレイヤ2に設定されている言語コードに対するソートキーとして、アルファベット変換データベースに「アルファベット」が登録されている場合には(ステップ504)、以下の処理を行う。

0044

すなわち、まず、文字コードの順番が指定文字の一つ前の文字を探索文字に設定し(ステップ506)、探索文字を前方部分として持つタイトルのうちの、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の登録順が最も後のタイトルを探索する(ステップ508)。

0045

そして、探索が成功したかどうかを調べ(ステップ510)、探索文字を前方部分として持つタイトルがタイトルリストに含まれていないために探索が失敗した場合には、探索文字を文字コードの順番が現在の探索文字の一つ前の文字とし(ステップ544)、ステップ508からの処理に戻る。

0046

一方、探索に成功した場合には(ステップ510)、探索したタイトルの記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の順番をSとする(ステップ512)。
次に、文字コードの順番が指定文字の一つ後の文字を探索文字に設定し(ステップ514)、探索文字を前方部分として持つタイトルのうちの、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の登録順が最も前のタイトルを探索する(ステップ516)。

0047

そして、探索が成功したかどうかを調べ(ステップ518)、探索文字を前方部分として持つタイトルがタイトルリストに含まれていないために探索が失敗した場合には、探索文字を文字コードの順番が現在の探索文字の一つ後の文字とし(ステップ546)、ステップ516からの処理に戻る。

0048

一方、探索に成功した場合には(ステップ518)、探索したタイトルの記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の順番をEとする(ステップ520)。
次に、以上のようにSとEを設定したならば、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の順番S+1番目からE-1番目のタイトルのうちの、アルファベットで表記されていないタイトルを、アルファベット表記したタイトルに置換したタイトルリストを、作業用タイトルリストとして作成する(ステップ522)。

0049

ここで、アルファベットで表記されていないタイトルを置換する、アルファベット表記したタイトルは、ポータブルプレイヤ2に設定されている言語コードに対してアルファベット変換データベースに登録されている変換テーブルを用いて、アルファベットで表記されていないタイトル中の非アルファベットの文字を、その読みを表すアルファベットの文字列(アルファベット表記の読み)に置き換えることにより生成する。
ただし、ここでは、上述のようにタイトルリストジャンプ処理を指定文字として一文字のみを受け付けるものとしているので、この場合には、先頭文字がアルファベットの文字でないタイトルのみを、アルファベットで表記されていないタイトルとして、アルファベット表記したタイトルに置換するようにすると共に、アルファベットで表記されていないタイトルを置換するアルファベット表記したタイトルを、アルファベットで表記されていないタイトルの先頭文字のみを、その読みを表すアルファベットの文字列(アルファベット表記の読み)に置き換えることにより生成するようにしてもよい。

0050

そして、指定文字を探索文字に設定し(ステップ524)、探索文字を前方部分として持つタイトルのうちの、作業用タイトルリスト中の登録順が最も前のタイトルを探索する(ステップ526)。

0051

そして、探索が成功したかどうかを調べ(ステップ528)、探索文字を前方部分として持つタイトルが作業用タイトルリストに含まれていないために探索が失敗した場合には、EをIDとし(ステップ548)、タイトルリスト中の順番がIDのタイトルが最も上に表示されるように、プレイヤ画面400中のタイトルリスト表示領域401に表示するタイトルリストの範囲を変更し(ステップ532)、タイトルリストジャンプ処理を終了する。

0052

一方、探索が成功した場合には、探索した作業用タイトルリスト中のタイトルの、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中のタイトルの順番をIDとする(ステップ530)。

0053

なお、作業用タイトルリストから探索されたタイトルが、アルファベットで表記されていないタイトルを置換したアルファベット表記したタイトルであれば、置換元のタイトルの記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中の順番がIDとなる。

0054

そして、タイトルリスト中の順番がIDのタイトルが最も上に表示されるように、プレイヤ画面400中のタイトルリスト表示領域401に表示するタイトルリストの範囲を変更し(ステップ532)、タイトルリストジャンプ処理を終了する。

0055

以上、タイトルリストジャンプ処理について説明した。
このようなタイトルリストジャンプ処理によれば、ポータブルプレイヤ2から、タイトルリストとして、非アルファベット表記のタイトルについては、その読みのアルファベット表記をタイトルの代わりに用いて算出したアルファベット順に、タイトルをソートしたタイトルリストが提供された場合であっても、正しく、ユーザから指定された文字を前方部分に持つタイトルと、ユーザから指定された文字をアルファベット表記の読みの前方部分に持つタイトルとのうちの、最も前にタイトルリストに登録されているタイトルを先頭とする範囲を、タイトルリスト表示領域401に表示するタイトルリストの範囲範囲とすることができる。

0056

すなわち、たとえば、言語コードとして「簡体字」が設定されているポータブルプレイヤ2から取得して記憶装置104に格納したタイトルリストが図3aに示すものであり、アルファベット変換データベースが図2bに示すものである場合に、プレイヤ画面400にタイトルリストが表示されているときに、ユーザが、ジャンプボタン402を操作し、「H」を指定文字として入力すると、図4cに示すように、「H」を前方部分として持つ英語のタイトルと、「H」をアルファベット表記の読み(pinyin)の前方部分として持つ簡体字とのタイトルのうち、タイトルリストの登録順が最も前のタイトルが先頭に配置されたタイトルリストの表示に、プレイヤ画面400のタイトルリスト表示領域401の表示が更新されることとなる。

0057

ここで、図4dは、比較例として示すものであり、言語コードとして「簡体字」が設定されているポータブルプレイヤ2から取得して記憶装置104に格納したタイトルリストが図3aに示すものである場合に、プレイヤ画面400にタイトルリストが表示されているときに、ユーザが、ジャンプボタン402を操作し、「H」を指定文字として入力した場合に、「H」を前方部分として持つタイトルのうちのタイトルリストの登録順が最も前のタイトルが先頭に配置されたタイトルリストの表示に、プレイヤ画面400のタイトルリスト表示領域401の表示を更新した場合のプレイヤ画面400を示したものである。

0058

図4c、dの比較により示されるように、図4dの表示では、「H」をアルファベット表記の読み(pinyin)の前方部分として持つ簡体字とのタイトルが、タイトルリスト表示領域401に表示されるタイトルリストの範囲から外れてしまい、ユーザは当該簡体字のタイトルが存在することすら知徳できない。

0059

なお、上述したようにアルバムリストジャンプ処理/アーティストリストジャンプ処理は、タイトルリストジャンプ処理と同様の処理であり、以上のタイトルリストジャンプ処理における、タイトルリストをアルバムリスト/アーティストリストに、タイトルをアルバム/アーティストに置き換えた処理に相当する。

0060

以上、タイトルリストジャンプ処理の動作について説明した。
さて、オーディオ装置1のミュージックプレイヤ111は、プレイヤ画面400の検索ボタン403が操作されたならば、ユーザから指定された文字と一致する文字を先頭に持つ属性項目のリストを表示する検索処理を行う。

0061

ここで、ミュージックプレイヤ111は、プレイヤ画面400中に表示しているリストがタイトルリストである場合には検索処理として、ユーザから指定された文字と一致する文字を先頭に持つタイトルを検索するタイトル検索処理を行い、プレイヤ画面400中に表示しているリストがアルバムリストである場合には検索処理として、ユーザから指定された文字と一致する文字を先頭に持つアルバムを検索するアルバム検索処理を行い、プレイヤ画面400中に表示しているリストがアーティストリストである場合には検索処理として、ユーザから指定された文字と一致する文字を先頭に持つアーティストを検索するアーティスト検索処理を行う。

0062

ここで、タイトル検索処理、アルバム検索処理、アーティスト検索処理は、処理の対象とするリスト/検索対象が、タイトルリスト/タイトル、アルバムリスト/アルバム、アーティストリスト/アーティストと異なるのみであるので、以下では、タイトル検索処理を代表として検索処理にいて説明する。

0063

タイトル検索処理では、まず、図4bに示すように、指定文字受け付けウインドウ410を表示装置102に表示し、任意の文字の入力を受け付け、入力を受け付けた文字を指定文字とする。

0064

そして、指定文字を前方部分として持つタイトルを、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中から検索し、検索タイトルとする。
次に、ポータブルプレイヤ2の言語環境で使用しる言語として設定されている言語に対してアルファベット変換データベースに登録されている変換テーブルを参照し、指定文字と前方部分が一致するアルファベット表記の読みを持つ、非アルファベットの文字を算出する。すなわち、たとえば、ポータブルプレイヤ2に設定されている言語コードが「日本語」であり、指定文字が「n」であれば、図2bに示すアルファベット変換データベースの「日本語」の変換テーブルでは、「na」、「ni」、「nu」、...がnを前方部分に持つアルファベット表記の読みに該当するので、「日本語」の変換テーブルに登録されている非アルファベットの文字「ナ」、「ニ」、「ヌ」、...を算出する。

0065

そして、算出した非アルファベットの文字を前方部分として持つタイトルを、記憶装置104に記憶されているタイトルリスト中から検索し、検索タイトルに追加する。
そして、図6に示すようにプレイヤ画面400中に表示するリストを、検索タイトルのリストに変更する。
以上、タイトル検索処理について説明した。
このようなタイトル検索処理によれば、たとえば、アルファベット変換データベースが図2bに示すものであり、言語コードとして「日本語」が設定されているポータブルプレイヤ2から取得して記憶装置104に格納したタイトルリストが図3bに示すものである場合に、プレイヤ画面400にタイトルリストが表示されているときに、ユーザが、検索ボタン403を操作し、「H」を指定文字として入力すると、「H」を前方部分として持つ英語のタイトルに加えて、「H」をアルファベット表記の読みの前方部分として持つ日本語のタイトルが検索されて、図6に示すようにプレイヤ画面400中にリスト表示されることとなる。
なお、ミュージックプレイヤ111は、図6に示すようにプレイヤ画面400中に表示した検索タイトルのリスト上で、ユーザからタイトルの選択の受け付けを行うと共に、ユーザの再生開始操作に応答して選択されているタイトルの楽曲の再生開始を、接続されているポータブルプレイヤ2に指示し、ポータブルプレイヤ2から転送される楽曲を音声出力装置103から出力する。

0066

なお、上述したようにアルバム検索処理/アーティスト検索処理は、タイトル検索処理と同様の処理であり、以上のタイトル検索処理における、タイトルリストをアルバムリスト/アーティストリストに、タイトルをアルバム/アーティストに置き換えた処理に相当する。

0067

以上、本発明の実施形態について説明した。
ところで、以上の実施形態では、ユーザから一文字を指定文字として受け付けて、リストジャンプ処理や検索処理を行ったが、以上のリストジャンプ処理や検索処理は、ユーザから指定文字に代えて、複数文字よりなる文字列をとして受け付け、受け付けた文字列を指定文字に代えて用いて上述した処理を行うものとしてもよい。

0068

1…オーディオ装置、2…ポータブルプレイヤ、101…入力装置、102…表示装置、103…音声出力装置、104…記憶装置、105…ラジオ受信機、106…周辺装置、107…外部インタフェース、111…ミュージックプレイヤ、112…ラジオコントローラ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 表示器および表示方法」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題・解決手段】プログラマブル表示器において、同期再生させる複数の映像のうち基準の映像となるマスタ映像と、複数の映像のうち再生速度が調整される映像であるスレーブ映像と、マスタ映像の一部とスレーブ映像... 詳細

  • ソニー株式会社の「 情報処理装置、情報処理方法、プログラム、および情報処理システム」が 公開されました。( 2019/07/04)

    【課題・解決手段】本技術は、検索結果として挙げられた番組の録画予約を容易に設定することができるようにする情報処理装置、情報処理方法、プログラム、および情報処理システムに関する。本技術の一側面の情報処理... 詳細

  • トヨタ車体株式会社の「 記録媒体再生装置」が 公開されました。( 2019/07/04)

    【課題】複数の視聴者が視聴を中断した場合において、未だ視聴を中断していない他の視聴者の利便性を有するとともに、視聴を中断した視聴者に対しても利便性を有する記録媒体再生装置を提供する。【解決手段】記録媒... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ