図面 (/)

技術 管部材と挿入部材の止め構造、及びこの止め構造を採用した天端出し補助具

出願人 株式会社エヌ・エス・ピー
発明者 鈴木捷也
出願日 2014年7月30日 (5年7ヶ月経過) 出願番号 2014-154705
公開日 2016年3月7日 (4年0ヶ月経過) 公開番号 2016-030990
状態 特許登録済
技術分野 棒・管の相互結合 クランプ・クリップ コンクリート打設にともなう現場作業
主要キーワード ネジ形式 傾斜防止 選定位置 二又形状 基礎部品 部分ネジ 差込部分 位置決め設置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年3月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

レベル表示具取付位置調整、その位置での固定を容易に行え、さらに鉄筋に対する位置決めが容易で、手作業でも簡単に取り付けることができて、その取付後の位置を変化しにくいようにすることのできる天端出し補助具を提供すること。

解決手段

生コン41の打設高さや、レべラー42の高さを示す目印21を有するレベル表示具20を、管部材12によって上下動可能に支持しながら、鉄筋取付部11を介して鉄筋30に取り付けるための天端出し補助具10であって、管部材材12は、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備えたこと。

概要

背景

管部材と、この管部材内に挿入される挿入部材からなる道具工具支持具、あるいはこれらの部品としては、基礎部品として、種々なものが提案されている。このような管部材と挿入部材とを備えたものとしては、例えば、管部材としてのナットと、挿入部材としてのボルトからなる所謂「ボルト・ナット」から、図1及び図2に示すような「型枠傾斜防止具」、本体側に一体的な管部材に螺進螺退されるボルトである挿入部材とを複数備えた、図3に示すような「パイプ吊下装置」、管部材と、これに挿入されるレベル表示具(の軸部あるいは挿入部材)を備えた図4に示すような「天端出し補助具」等、出願人が知るだけでも相当数の種類のものがある。このような「管部材と挿入部材」からなる物は、出願人発行非特許文献1にも数多く掲載されている。

このような管部材と挿入部材からなる道具、工具、これらの部品では、管部材に対して挿入部材が挿入自在となっていることによって、その全長または相対位置を、これらの管部材と挿入部材との長さの範囲内で自由に変化させることができるため、これらの道具、工具、あるいはその部品は、非常に便利なものとなっている。勿論、これらの道具、工具、あるいはその部品において、管部材と挿入部材との選定位置関係は、別途用意されているストッパ止めネジ等によって固定されるようになっている。

しかしながら、管部材と挿入部材との位置を選定された部分で固定する前に、例えば保管場所や前の施工現場あるいは使用場所から次の場所へと移動しなければならないが、その際に管部材から挿入部材が簡単に抜け落ちては、移動作業が面倒になる。勿論、上記ストッパや止めネジでしっかりと固定しておけばよいが、それだと作業上非常に手間が掛かることになる。何故なら、保管場所や最初の使用現場から運んで、次の現場で使用したり保管する場合、一般的には、管部材と挿入部材の全長または相対位置は異なることが多いからである。

具体的には、上記ストッパや止めネジでの固定作業は、(1)最初の使用現場、(2)次の場所へ運ぶための養生のため、(3)次の場所、の合計3回行わなければならず、保管や運搬のためには、これらの(1)〜(3)の各段階の前においては、上記ストッパや止めネジでの固定を緩めて、管部材内に挿入部材を完全に収納して長さを最小にして、そこでの固定を行うという養生作業(1a)〜(3a)が必要になるのである。

ここで、例えば、図1に示すような型枠の支持金具について考察してみると、この支持金具は、個人住宅の場合であっても20本〜40本使用されるのであるが、このような支持金具において、もし、上記(2)及び(2a)の上記ストッパや止めネジでの固定及び緩め作業が省略できたとすると、その全体の作業省略分は相当大きなものになると予想される。

そこで、本発明者等が検討を重ねた結果、このような管部材と挿入部材からなる道具、工具、これらの部品では、上記ストッパや止めネジでの固定作業以外に、何らかの手段によって「仮止め」が行えるようにできれば、固定というハードな作業の一部を省略して、「仮止め」というソフトな作業によって必要最小限の作業で済ませることができて、工期短縮コスト低減を図ることができるのではないか、との結論に至ったのである。

また、発明者等の検討によって、管部材と挿入部材からなる道具等における両者間の「仮止め」を行う、という考え方は、管部材、またはこれに挿入される挿入部材について、例えば「ネジ部」を有する等のもう少し複雑な形状を有し、例えば成形後に「ヒケ」が生じやすい合成樹脂を材料とした部品や部材に適用できるのではないかとの、知見を得るに至ったのである。つまり、「仮止め」ができる構造であれば、例えば次に述べる「レベル表示具」を「挿入部材」としてみたとき、この「レベル表示具」の「天端出し表示具」を介した鉄筋に対する微妙な位置調整が容易となるのではないかと、思い至ったのである。

以上述べた「レベル表示具」は、次のような場面で使用されるものである。つまり、コンクリート構築物、中でも基礎は、その上に土台を支持するものであり、しかも土台を完全な水平にしなければならないから、その表面(天端)を水平となるように構築しなければならない。一方、基礎のための型枠内打設される生コンクリート(以下、生コンと称する)は、流動性がそれ程良くないため、打設しただけでは天端が水平とはならない。このため、打設後の生コンの表面に、セメント量が多く流動性の高い「レベラー」と呼ばれる一種モルタルをさらに流し込んで、構築された基礎の天端が完全な水平となるような施工が、例えば図23及び図24に例示するようにしてなされている。

この種の工事を行うにあって、例えば図22に示すような「レベル表示具」と、これを支持する「天端出し補助具」というものが採用されるのであるが、この天端出し補助具は、図23の(a)に示すように、生コン41等を打設するための空間を形作る型枠内に配筋された、例えば横筋31に多数取り付けられるものである。横筋31に取付けられた各天端出し補助具については、これに取り付けられた「レベル表示具」のレベラーポインター等が同一水平面内に位置するように、レーザー光線等を使用して各レベル表示具の位置調整がなされる。

各天端出し補助具におけるレベル表示具の位置調整が済めば、図23の(b)に示すように、生コンポインターが示す位置まで生コン41が打設されるのであり、これが完了すれば、図24の(a)に示すように、生コン41の表面にはレベラーポインターのみが露出する。次に、図24の(b)に示すように、生コン41上にレベラー42を打設するのであるが、この場合、レベラーポインターが指し示す位置まで打設が行われるのである。打設された生コン41やレベラー42が硬化すれは、図24の(c)に示すように、レベラー42によって完全平面が形成されて、天端出し補助具が埋め殺されたコンクリート構造物が完成するのである。

以上のような基礎を構築するために、生コンクリートやレベラーを打設するにあたって使用されているのが、上述している天端出し補助具である。この天端出し補助具は、その複数を型枠内に位置決め設置して、その各一部を目印(例えば上記レベラーポインター)にすることによって、打設すべき生コンやレベラーの表面を規定するものである。そして、このような「天端出し補助具」についても、

また、この天端出し補助具は、打設された生コン内に立設されるものもあるが、一般的には、作業時に位置がズレないようにするために、型枠内の鉄筋に保持させるタイプのものが、例えば特許文献1等において提案されている。

概要

レベル表示具の取付や位置調整、その位置での固定を容易に行え、さらに鉄筋に対する位置決めが容易で、手作業でも簡単に取り付けることができて、その取付後の位置を変化しにくいようにすることのできる天端出し補助具を提供すること。生コン41の打設高さや、レべラー42の高さを示す目印21を有するレベル表示具20を、管部材12によって上下動可能に支持しながら、鉄筋取付部11を介して鉄筋30に取り付けるための天端出し補助具10であって、管部材材12は、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備えたこと。

目的

特許第3649724号掲載公報




「エヌ・エス・ピー住宅基礎関連総合カタログVol5−1」 株式会社エヌ・エス・ピー 平成25年1月31日発行






特許文献1には、「異形棒鋼等のような形状が不均一な部材や、直径が異なる鉄筋にも確実に固定することができ、レベル設定の自由度が高い天端レベル管理具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

管部材に対する挿入部材の止めを行う止め構造であって、前記管部材は、前記挿入部材を支持する前の平面視において、前記挿入部材の外形より小さい内形の環状部と、この環状部を拡開可能にする拡開部と、を備え、前記管部材内に前記挿入部材を挿入したとき、前記環状部の内形が前記拡開部を介して拡開するとともに、前記環状部の内面が前記挿入部材の表面に圧接して、両者間の相対移動を止めるようにしたことを特徴とする止め構造。

請求項2

前記拡開部は、前記環状部の外側に突出するものであることを特徴とする請求項1に記載の止め構造。

請求項3

前記拡開部は、前記環状部の内側に突出するものであることを特徴とする請求項1に記載の止め構造。

請求項4

前記拡開部は、前記挿入部材の外周に対して等分位置に配置される複数のものとしたことを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれかに記載の止め構造。

請求項5

生コン打設高さや、レべラーの施工高さを示す目印を有するレベル表示具を管部材によって上下動可能に支持しながら、鉄筋取付部を介して鉄筋に取り付けるための天端出し補助具であって、前記管部材は、前記レベル表示具を支持する前の平面視において、前記レベル表示具の外形より小さい内形の環状部と、この環状部を拡開可能にする拡開部と、を備えたことを特徴とする天端出し補助具。

請求項6

前記拡開部は、前記環状部の外側に突出するものであることを特徴とする請求項5に記載の天端出し補助具。

請求項7

前記拡開部は、前記環状部の内側に突出するものであることを特徴とする請求項5に記載の天端出し補助具。

請求項8

前記拡開部は、前記レベル表示具のネジ部の外周に対して等分位置に配置される複数のものとしたことを特徴とする請求項1〜請求項7のいずれかに記載の天端出し補助具。

請求項9

前記鉄筋取付部が対象とする鉄筋は、少なくとも横筋であることを特徴とする請求項5〜請求項8のいずれかに記載の天端出し補助具。

請求項10

前記鉄筋取付部が対象とする鉄筋は、少なくとも縦筋であることを特徴とする請求項5〜請求項8のいずれかに記載の天端出し補助具。

請求項11

前記本体部に、前記横筋と縦筋との交差部分に当接する交差鉄筋当接部を形成したことを特徴とする請求項5〜請求項10のいずれかに記載の天端出し補助具。

請求項12

前記管部材に、前記縦筋に係合する当接部を形成したことを特徴とする請求項10〜請求項11のいずれかに記載の天端出し補助具。

請求項13

前記鉄筋取付部または管部材に、前記縦筋の上端に当接する当接部を形成したことを特徴とする請求項10〜請求項12のいずれかに記載の天端出し補助具。

請求項14

前記本体部の中心に、前記レベル表示具を位置調整可能に挿通する取付穴を形成するとともに、この取付穴内に、前記レベル表示具に形成した前記ネジ部間に係合することになる部分ネジを形成して、前記レベル表示具を回転させたとき、前記部分ネジを基点として、前記レベル表示具が螺進螺退可能となるようにしたことを特徴とする請求項5〜請求項13のいずれかに記載の天端出し補助具。

技術分野

0001

本発明は、管部材挿入部材止め構造、及びこの止め構造を採用した天端出し補助具に関し、止め構造を採用したものとして、例えば、コンクリートによって構成される基礎構築物の表面の水平を出すために、鉄筋を利用して取り付けられる天端出し補助具に関するものである。

背景技術

0002

管部材と、この管部材内に挿入される挿入部材からなる道具工具支持具、あるいはこれらの部品としては、基礎部品として、種々なものが提案されている。このような管部材と挿入部材とを備えたものとしては、例えば、管部材としてのナットと、挿入部材としてのボルトからなる所謂「ボルト・ナット」から、図1及び図2に示すような「型枠傾斜防止具」、本体側に一体的な管部材に螺進螺退されるボルトである挿入部材とを複数備えた、図3に示すような「パイプ吊下装置」、管部材と、これに挿入されるレベル表示具(の軸部あるいは挿入部材)を備えた図4に示すような「天端出し補助具」等、出願人が知るだけでも相当数の種類のものがある。このような「管部材と挿入部材」からなる物は、出願人発行非特許文献1にも数多く掲載されている。

0003

このような管部材と挿入部材からなる道具、工具、これらの部品では、管部材に対して挿入部材が挿入自在となっていることによって、その全長または相対位置を、これらの管部材と挿入部材との長さの範囲内で自由に変化させることができるため、これらの道具、工具、あるいはその部品は、非常に便利なものとなっている。勿論、これらの道具、工具、あるいはその部品において、管部材と挿入部材との選定位置関係は、別途用意されているストッパ止めネジ等によって固定されるようになっている。

0004

しかしながら、管部材と挿入部材との位置を選定された部分で固定する前に、例えば保管場所や前の施工現場あるいは使用場所から次の場所へと移動しなければならないが、その際に管部材から挿入部材が簡単に抜け落ちては、移動作業が面倒になる。勿論、上記ストッパや止めネジでしっかりと固定しておけばよいが、それだと作業上非常に手間が掛かることになる。何故なら、保管場所や最初の使用現場から運んで、次の現場で使用したり保管する場合、一般的には、管部材と挿入部材の全長または相対位置は異なることが多いからである。

0005

具体的には、上記ストッパや止めネジでの固定作業は、(1)最初の使用現場、(2)次の場所へ運ぶための養生のため、(3)次の場所、の合計3回行わなければならず、保管や運搬のためには、これらの(1)〜(3)の各段階の前においては、上記ストッパや止めネジでの固定を緩めて、管部材内に挿入部材を完全に収納して長さを最小にして、そこでの固定を行うという養生作業(1a)〜(3a)が必要になるのである。

0006

ここで、例えば、図1に示すような型枠の支持金具について考察してみると、この支持金具は、個人住宅の場合であっても20本〜40本使用されるのであるが、このような支持金具において、もし、上記(2)及び(2a)の上記ストッパや止めネジでの固定及び緩め作業が省略できたとすると、その全体の作業省略分は相当大きなものになると予想される。

0007

そこで、本発明者等が検討を重ねた結果、このような管部材と挿入部材からなる道具、工具、これらの部品では、上記ストッパや止めネジでの固定作業以外に、何らかの手段によって「仮止め」が行えるようにできれば、固定というハードな作業の一部を省略して、「仮止め」というソフトな作業によって必要最小限の作業で済ませることができて、工期短縮コスト低減を図ることができるのではないか、との結論に至ったのである。

0008

また、発明者等の検討によって、管部材と挿入部材からなる道具等における両者間の「仮止め」を行う、という考え方は、管部材、またはこれに挿入される挿入部材について、例えば「ネジ部」を有する等のもう少し複雑な形状を有し、例えば成形後に「ヒケ」が生じやすい合成樹脂を材料とした部品や部材に適用できるのではないかとの、知見を得るに至ったのである。つまり、「仮止め」ができる構造であれば、例えば次に述べる「レベル表示具」を「挿入部材」としてみたとき、この「レベル表示具」の「天端出し表示具」を介した鉄筋に対する微妙な位置調整が容易となるのではないかと、思い至ったのである。

0009

以上述べた「レベル表示具」は、次のような場面で使用されるものである。つまり、コンクリート構築物、中でも基礎は、その上に土台を支持するものであり、しかも土台を完全な水平にしなければならないから、その表面(天端)を水平となるように構築しなければならない。一方、基礎のための型枠内打設される生コンクリート(以下、生コンと称する)は、流動性がそれ程良くないため、打設しただけでは天端が水平とはならない。このため、打設後の生コンの表面に、セメント量が多く流動性の高い「レベラー」と呼ばれる一種モルタルをさらに流し込んで、構築された基礎の天端が完全な水平となるような施工が、例えば図23及び図24に例示するようにしてなされている。

0010

この種の工事を行うにあって、例えば図22に示すような「レベル表示具」と、これを支持する「天端出し補助具」というものが採用されるのであるが、この天端出し補助具は、図23の(a)に示すように、生コン41等を打設するための空間を形作る型枠内に配筋された、例えば横筋31に多数取り付けられるものである。横筋31に取付けられた各天端出し補助具については、これに取り付けられた「レベル表示具」のレベラーポインター等が同一水平面内に位置するように、レーザー光線等を使用して各レベル表示具の位置調整がなされる。

0011

各天端出し補助具におけるレベル表示具の位置調整が済めば、図23の(b)に示すように、生コンポインターが示す位置まで生コン41が打設されるのであり、これが完了すれば、図24の(a)に示すように、生コン41の表面にはレベラーポインターのみが露出する。次に、図24の(b)に示すように、生コン41上にレベラー42を打設するのであるが、この場合、レベラーポインターが指し示す位置まで打設が行われるのである。打設された生コン41やレベラー42が硬化すれは、図24の(c)に示すように、レベラー42によって完全平面が形成されて、天端出し補助具が埋め殺されたコンクリート構造物が完成するのである。

0012

以上のような基礎を構築するために、生コンクリートやレベラーを打設するにあたって使用されているのが、上述している天端出し補助具である。この天端出し補助具は、その複数を型枠内に位置決め設置して、その各一部を目印(例えば上記レベラーポインター)にすることによって、打設すべき生コンやレベラーの表面を規定するものである。そして、このような「天端出し補助具」についても、

0013

また、この天端出し補助具は、打設された生コン内に立設されるものもあるが、一般的には、作業時に位置がズレないようにするために、型枠内の鉄筋に保持させるタイプのものが、例えば特許文献1等において提案されている。

0014

特許第3649724号掲載公報

先行技術

0015

「エヌ・エス・ピー住宅基礎関連総合カタログVol5−1」 株式会社エヌ・エス・ピー 平成25年1月31日発行

発明が解決しようとする課題

0016

特許文献1には、「異形棒鋼等のような形状が不均一な部材や、直径が異なる鉄筋にも確実に固定することができ、レベル設定の自由度が高い天端レベル管理具を提供する」を目的としてなされた「住宅基礎の天端レベル管理具」が提案されている。

0017

この特許文献1の「住宅基礎の天端レベル管理具」は、図34及び図35に示すように、「天端レベルの目印となるレベル設定用棒材7と、鉄筋3を両側から挟み込んで固定する対となる挟持部15,16およびレベル設定用棒材7の上下位置を調整して保持可能な保持部17を有する固定部材8とを設け、挟持部15,16に、それぞれの掛止位置を調整可能な調整部19を設ける」ものであり、これにより、「鉄筋3の外径が異なる場合であっても、また、寸法誤差が大きい異形棒鋼であっても、確実に固定することができ、レベル設定用棒材7が傾斜したり上下位置がずれたりすることを防止することができる。また、レベル設定用棒材7が固定部材8に上下位置を調整可能なので、固定部材8を固定した後に天端レベルを微調整することができる。」という機能を発揮するものである。

0018

しかしながら、この特許文献1の「住宅基礎の天端レベル管理具」は、特に、「鉄筋3を両側から挟み込んで固定する対となる挟持部15,16」を素手によって挟み込むことは難しいものとなっており、「鉄筋3を両側から挟み込んで挟持部15,16を固定する」ことは事実上困難なものとなっている。

0019

そして、この種の天端出し補助具は、鉄筋とともにコンクリート構造物内に埋設されてしまうものであり、かつ、水平面の目印とするために多数使用しなければならないものであるから、一個一個は単価の安いものにしなければならない。しかも、この種の天端出し補助具は、コンクリート構造物自体を構成するものではなくて、水平面の単なる目印とするものであるから、どこでも簡単に取り付けられるものでなければならない。

0020

ところで、住宅等の基礎を構築する場合、特許文献1にも示されているように、一般的には、縦筋と横筋を組み合わせた配筋がなされるが、この種の天端出し補助具を何処に取り付けたら効率的か、つまり、施工作業中において最もズレにくいか、を考慮しなければならない。

0021

横筋は、地面に固定される縦筋に「結束線」を使用して固定される場合があるため、高さが少し変化する可能性はあるが、例えば基礎の天端に近い部分に水平で存在するため、天端出し補助具の固定箇所を随所に存在させている。縦筋は、上下方向に位置するため、これに取り付けた天端出し補助具は滑り落ち易い場合もあるが、その上端の位置はほとんど変化しないから、この種の天端出し補助具の取付け箇所としては適している。

0022

さらに、この種の天端出し補助具は、住宅の基礎を形成するための型枠内の鉄筋に手作業で設置されることの多いものであるが、住宅基礎用の型枠間の幅は、結構狭いものである。この狭い型枠内に配筋された鉄筋に、当該天端出し補助具を手作業で取り付けることは、その取り付けなければならない数が多いこともあって、非常に困難を極めているものである。

0023

一方、この天端出し補助具によって支持される側の「レベル表示具」については種々な形態のものがあるが、一般的には、上記図22に示すような一体物として、合成樹脂や金属を材料として製造されることが多い。そして、この「レベル表示具」は、鉄筋に取り付けられた上記天端出し補助具に対して位置調整自在にしておかないと、これによる表示位置を設計通りの「レベル」に正確に合わせることができない。

0024

以上の結果、この「レベル表示具」では、天端出し補助具によって支持される部分を「ネジ部」とすることが一般的に行われており、ネジ部とすることによって、当該「レベル表示具」の上記天端出し補助具に対する位置調整を手回しで簡単に行えるようにもしているのである。

0025

換言すれば、この種の天端出し補助具については、レベル表示具のネジ部が容易に取り付けることができて、レベル表示具の位置調整も容易に行えるものである必要がある。

0026

そこで、本発明者等は、この種の天端出し補助具を鉄筋に取り付けるにあたって、手作業でも簡単に取り付けることができて、しかも、その取付後の位置が変化しにくいようにするにはどうしたらよいか、さらには、レベル表示具のこの種の天端出し補助具に対する取付や位置調整を容易にするにはどうしたらよいか、について種々検討を重ねてきた結果、本発明を完成したのである。

0027

すなわち、本発明の第一目的は、管部材に対する挿入部材の止めを、両者間の位置決めが容易で、手作業でも簡単に行うことができて、しかも、その止め後の位置を変化しにくいようにすることのできる止め構造を提供することにある。

0028

また、本発明の第二目的は、鉄筋に対する位置決めが容易で、手作業でも簡単に取り付けることができて、しかも、その取付後の位置を変化しにくいようにすることのできる天端出し補助具を提供することにある。

0029

さらに、本発明の第三目的は、上記第二目的が達成できて、レベル表示具の取付や位置調整、その位置での固定を容易に行える天端出し補助具を提供することにある。

課題を解決するための手段

0030

以上の課題を解決するために、まず、請求項1に係る発明の採った手段は、後述する最良形態の説明中で使用する符号を付して説明すると、
「管部材12に対する挿入部材20の止めを行う止め構造であって、
管部材12は、挿入部材20を支持する前の平面視において、挿入部材20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備え、
管部材12内に挿入部材20を挿入したとき、環状部12aの内形が拡開部12bを介して拡開するとともに、環状部12aの内面が挿入部材20の表面に圧接して、両者間の相対移動を止めるようにしたことを特徴とする止め構造」
である。

0031

この請求項1に係る止め構造は、管部材12と、その内部に挿入される挿入部材20とを有する道具、工具、部材、あるいはこれらの部品であればどのような物にも適用できるものであり、具体的は、図1及び図2に示すような「型枠傾斜防止具」、本体側に一体的な管部材に螺進螺退されるボルトである挿入部材とを複数備えた、図3に示すような「パイプ吊下装置」、管部材と、これに挿入されるレベル表示具(の軸部あるいは挿入部材)を備えた図4に示すような「天端出し補助具10」等、種々なものがある。

0032

図1に示す「型枠傾斜防止具」は、図2の(a)に示すような本体部材に、図2の(b)に示すような伸長部材継ぎ足したものであるが、本体部材も伸長部材も、その基本部分は管部材12と、その内部に挿入される挿入部材20とを有するものである。また、図3に示す「パイプ吊下装置」も、図示上部左右等に、管部材12と、その内部に挿入される挿入部材20とを有するものである。さらに、図4に示す「天端出し補助具10」は、鉄筋取付部11を介して鉄筋30に取り付けられる管部材12と、この管部材12の内部に挿入される挿入部材である「レベル表示具20」とを有するものである。

0033

これらの「型枠傾斜防止具」、「パイプ吊下装置」、及び「レベル表示具20」は、例えば図5に示すように、いずれも管部材12と挿入部材20(図4ではレベル表示具20)とを有するものであり、特に、管部材12については、挿入部材20を支持する前の平面視において、挿入部材20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備えたものである。

0034

この請求項1に係る止め構造では、その管部材12について、図5図10の各(a)、及び図11に示すように、まず、挿入部材20を支持する前の平面視において、挿入部材20の外形より小さい内形の環状部12aとしたものである。つまり、この管部材12の環状部12aは、挿入部材20の外周の少なくとも一部を包み込むことができるように、文字通りの「環状」のものとしたものである。

0035

この管部材12の環状部12a内に挿入部材20を捩じ込もうとすると、この環状部12aは挿入部材20外形より小さい内形のものであるから、そのままでは入らない。ところが、この止め構造の管部材12では、上記環状部12aにこれを拡開可能にする拡開部12bを備えているから、この環状部12a内に挿入部材20を強制的に挿入すると、図5図10の各(b)に示すように、管部材12の環状部12aはこの拡開部12bが広がることによって拡開され、環状部12a内への挿入が行えることになるのである。

0036

管部材12内に挿入部材20を強制的に挿入すれば、拡開部12bにおける弾性力によって、管部材12の内面に対して、挿入部材20の表面が弾性的に密着することになり、両者間には摩擦力が発生することになる。そうなると、例えば図2に示す本体部材や伸長部材において、それまで管部材12から引き抜いていた挿入部材20を、この管部材12内に押し入れれば、両者の全長を容易に短くすることができて、その位置での仮止めが簡単に行えることになる。

0037

つまり、この請求項1に係る止め構造によって、図2に示す本体部材や伸長部材を持ち運んだり保管したりするために、管部材12内に挿入部材20を強制的に挿入すれば、使用時での全体長さを短くできて、しかもその位置での両者間の仮止めが行えるのであり、本体部材や伸長部材を持ち運んだり保管したりするための養生作業がきわめて容易かつ短時間内に行えるのである。以上のことは、図3に示す「パイプ吊下装置」でも、図4に示す「天端出し補助具10」でも同様である。

0038

特に、図4に示す「天端出し補助具10」では、鉄筋取付部11を介して鉄筋30に取り付けられる管部材12に対して、この管部材12の内部に挿入される挿入部材である「レベル表示具20」の高さ調整を、所謂「レベル」に合わせて行わなければならないが、その調整は管部材12と挿入部材であるレベル表示具20との間の摩擦力に抗して行えばよく、しかも調整作業を止めても摩擦力によって両者間の位置は不変となるから、微調整作業を容易に行えるものとなっているのである。

0039

ここで、管部材12における環状部12aの平面視形状については、図5図11に示すように、種々なものがあり得るが、この環状部12aの平面形状としては、図5では「型」であり、図7では「楕円」であり、図8では「多角形状」であり、図9から図11では「円」である。特に、図8に例示した「多角形状」は「六角形」であるが、「三角形」でも、「四角形」でも、さらには、他の多角形であってもよい。この場合、できるだけ「正多角形」にすると、挿入部材20による環状部12aの押し広げを行う際に、広げる力が均等になってよい。

0040

この環状部12aの平面形状に応じて、拡開部12bとしては、次のような部分になる。環状部12aが涙型となる場合には、拡開部12bは涙の切れ目部分(った部分)になり、環状部12aが楕円となる場合には、拡開部12bは、この楕円の図7に示す軸方向の端部になるし、環状部12aが多角形の場合には、図7に示すように各辺になる。これに対して、図9図11に示すように、拡開部12bを環状部12aに積極的に形成する場合もあり得る。

0041

拡開部12bを環状部12aに積極的に形成する場合については、図1図5図9、及び図10に示すように、単独のものとして形成すれば十分ではあるが、図11の(a)に示すような均等ではない2箇所に形成して実施してもよい。勿論、図11の(b)に示すように、拡開部12bを6箇所の多数の位置に形成してもよいし、図11の(c)に示すように、内側に突出するものと外側に突出するものとの種類の異なる拡開部12bを複数形成して実施してもよいものである。

0042

ところで、拡開部12bの形成位置としては、図6の(a)に示すように、環状部12aの図示上下方向の全体にしたり、図6の(b)に示すように、環状部12aの図示上下方向の下側1/3部分にしたり、さらには、図6の(c)に示すように、環状部12aの図示上下方向の上側1/3部分にしたりすることが可能である。勿論、図6の(d)に示すように、環状部12aの図示上下方向の中央1/3部分にすることもできる。いずれの場合も、拡開部12bを環状部12aに対してどのような位置あるいは長さで形成するかを決定する上で適宜選択され、かつ、管部材12の製造方法を加味して選択される。

0043

なお、挿入部材20の先端は、例えば図4に示すレベル表示具20のように、一般的には先細り形状に形成されているから、当該挿入部材20の環状部12a内への最初の差込は容易に行えるようになっている。

0044

この請求項1に係る止め構造において、その管部材12が上記のように構成してあることから、その環状部12a内への挿入が容易に行えるものとなっているだけでなく、挿入力によって拡開した各拡開部12bの弾力性によって、図5図10の各(b)に示すように、環状部12aの内面は挿入部材20を弾発的に保持していることになる。つまり、管部材12内面と、挿入部材20との間には摩擦力が発生するから、当該止め構造における管部材12対する挿入部材20の位置はズレないことになり、所謂「仮止め」がなされるのである。

0045

従って、この請求項1に係る止め構造では、管部材12に対する挿入部材20の止めを、両者間の位置決めが容易で、手作業でも簡単に行うことができて、しかも、その止め後の位置を変化しにくいものとなっているだけでなく、環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bとを備えた管部材12によって挿入部材20の取付けや位置調整、その位置での挿入部材20の固定も容易に行えるものとなっているのである。

0046

また、上記課題を解決するために、請求項2に係る発明の採った手段は、上記請求項1に記載の止め構造について、
「拡開部12bは、環状部12aの外側に突出するものであること」
である。

0047

この請求項2に係る止め構造では、その管部材12の拡開部12bを、図5図7あるいは図10に示すように、環状部12aの外側に突出するものとしたものである。

0048

この管部材12の拡開部12bについて、環状部12aの外側に突出させる方法としては、環状部12aの外側から一部を軸芯方向に摘み出すことが挙げられる。勿論、このように拡開部12bを環状部12aの外側に突出させた状態では、環状部12aの内形は、挿入部材20を支持する前の平面視において、図5図7あるいは図10の各(a)中の仮想線にて示した挿入部材20の外形より小さくなっている必要がある。

0049

このような環状部12aの外側に突出する拡開部12bを有する管部材12に対して、挿入部材20を挿入した場合には、拡開部12bの外側突出部分が挿入部材20の外周によって、図5図7あるいは図10の各(b)に示すような状態に拡開することになるのである。この拡開部12bの拡開によって、これに両側にて連続している環状部12aも押し広げられるから、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けは容易に行えるのである。

0050

勿論、拡開部12bを等分位置で複数形成すれば、その拡開は挿入部材20の外周に対して等分位置で複数行われることになり、環状部12a全体としての拡開は、挿入部材20に無理な力を与えることなく均等に行われることになって、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行えることになる。また、この拡開部12bが、図5図7あるいは図10に示すような一個の場合でも、その両側にある環状部12aが均等に拡開されるから、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行える。

0051

従って、この請求項2に係る止め構造は、上記請求項1のそれと同様な機能を発揮する他、当該管部材12に対する挿入部材20の固定を容易かつ均等に行えるものとなっている。

0052

さらに、上記課題を解決するために、請求項3に係る発明の採った手段は、上記請求項1に記載の止め構造について、
「拡開部12bは、環状部12aの内側に突出するものであること」
である。

0053

この請求項3に係る止め構造では、その管部材12の拡開部12bについて、図9に示すように、環状部12aの内側に突出するようにしたものであるが、この突出させる方法としては、環状部12aの一部を軸芯に向けて押し込むことが挙げられる。勿論、このように拡開部12bを環状部12aの内側に突出させた状態では、環状部12aの内形は、挿入部材20を支持する前の平面視において、図9の(a)中の仮想線にて示した挿入部材20の外形より小さくなっている必要がある。

0054

このような環状部12aの内側に突出する拡開部12bを有する管部材12に対して、挿入部材20を挿入した場合には、拡開部12bの内側突出部分が挿入部材20の外周によって押し出されるから、この拡開部12bは、図9の(b)に示すような状態に拡開することになるのである。この拡開部12bの拡開によって、これに両側にて連続している環状部12aも押し広げられるから、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けは容易に行えるのである。

0055

勿論、環状部12aの内側に突出する拡開部12bを、挿入部材20の外周に対して等分位置で複数形成すれば、その拡開は挿入部材20の外周に対して等分位置で複数行われることになり、環状部12a全体としての拡開は、挿入部材20に無理な力を与えることなく均等に行われることになって、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行えることになる。また、この拡開部12bが図10に示すような一個の場合でも、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行える。

0056

従って、この請求項3に係る止め構造は、上記請求項1のそれと同様な機能を発揮する他、当該管部材12に対する挿入部材20の固定を容易かつ均等に行えるものとなっている。

0057

また、上記課題を解決するために、請求項4に係る発明の採った手段は、上記請求項1〜請求項3のいずれかに記載の止め構造について、
「拡開部12bは、挿入部材20の外周に対して等分位置に配置される複数のものとしたこと」
である。

0058

この請求項4に係る止め構造では、その管部材12を構成している拡開部12bが、挿入部材20の外周に対して等分位置で複数存在しているものであるが、上述したように、拡開部12bは、環状部12a内に挿入部材20を強制的に挿入すると、図7図8の各(b)、あるいは図11の(b)及び(c)に示すように、これが広がることによって拡開され、環状部12a内への挿入を可能にするものであった。

0059

このとき、拡開される拡開部12bが、挿入部材20の外周に対して等分位置で複数存在していれば、その拡開は挿入部材20の外周に対して等分位置で複数行われることになり、環状部12a全体としての拡開は、挿入部材20に無理な力を与えることなく均等に行われることになって、当該管部材12に対する挿入部材20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行えることになる。

0060

従って、この請求項4に係る管部材12では、上記請求項1〜3のそれと同様な機能を発揮する他、管部材12の環状部12aにおける拡開が均等に行えるものとなっているのである。

0061

以上の課題を解決するために、請求項5に係る発明の採った手段は、後述する最良形態の説明中で使用する符号を付して説明すると、
「生コン41の打設高さや、レべラー42の高さを示す目印21を有するレベル表示具20を、管部材12によって上下動可能に支持しながら、鉄筋取付部11を介して鉄筋30に取り付けるための天端出し補助具10であって、
管部材材12は、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備えたことを特徴とする天端出し補助具10」
である。

0062

この請求項5に係る天端出し補助具10は、まず、レベル表示具20を本体部12に対して位置調整可能に取り付けたものであり、このレベル表示具20の生コンポインターもしくはレベラーポインターである目印21によって、生コンクリート41もしくはレベラー42の天端位置を示すようにしたものであって、その基本的機能の、以下に詳述する部分以外は、上記特許文献1のそれと同じである。

0063

この請求項5に係る天端出し補助具10は、図12図25、または図27図29に示すように、レベル表示具20を上下動可能に支持しながら鉄筋30に取り付けるためのものであり、鉄筋取付部11を備えたものである。鉄筋取付部11は、例えば図12に示すように、鉄筋30に対して当該天端出し補助具10を取り付けるものである。

0064

当該天端出し補助具10は、組み付け作業者が力を入れて鉄筋取付部11に鉄筋30が入るようにしながら鉄筋30に対して押し込まれる。この押し込み作業は、鉄筋30等が組み込まれている型枠内へ、型枠間の上方開口から作業者が手を差し伸べるような姿勢で行える。このとき、取り付けようとする鉄筋30である横筋31または縦筋32の上端は、型枠間の上方開口から作業者に見えているから、当該天端出し補助具10の取付け位置も容易に発見できる。

0065

そして、当該天端出し補助具10を鉄筋30に向けて押し付ければ、鉄筋取付部11が、図12等に示すように鉄筋30に当接するから、作業者は、その位置で力を緩める。そうすると、各鉄筋取付部11が鉄筋30を包み込むから、鉄筋30に対する当接とも相まって、当該天端出し補助具10は、鉄筋30に対して取り付けられることになるのである。

0066

換言すれば、当該天端出し補助具10は、これを型枠内に上方から持ち込んで、その鉄筋取付部を鉄筋30に押し込めば、鉄筋30に対する固定が容易に行えるだけでなく、この固定時には、鉄筋30は鉄筋取付部11によって包み込まれて位置が変化しにくくなっており、結果的に、当該天端出し補助具10の取付け作業が容易に行えるのである。

0067

この請求項5に係る天端出し補助具10では、その管部材12について、図16図20の各(a)、及び図21に示すように、まず、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20のネジ部22の外形より小さい内形の環状部12aとしたものである。つまり、この管部材12の環状部12aは、レベル表示具20のネジ部22の外周の少なくとも一部を包み込むことができるように、文字通りの「環状」のものとしたものである。

0068

この管部材12の環状部12a内にレベル表示具20のネジ部22を捩じ込もうとすると、この環状部12aはネジ部22の外形より小さい内形のものであるから、そのままでは入らない。ところが、この天端出し補助具10の管部材12では、上記環状部12aにこれを拡開可能にする拡開部12bを備えているから、この環状部12a内にネジ部22を強制的に捩じ込むと、図16図20の各(b)に示すように、管部材12の環状部12aはこの拡開部12bが広がることによって拡開され、環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みが行えることになるのである。

0069

ここで、まず、管部材12における環状部12aの平面視形状については、図16図21に示すように、種々なものがあり得るが、この環状部12aの平面形状としては、図16では「涙型」であり、図17では「楕円」であり、図18では「多角形状」であり、図19から図21では「円」である。特に、図18に例示した「多角形状」は「六角形」であるが、「三角形」でも、「四角形」でも、さらには、他の多角形であってもよい。この場合、できるだけ「正多角形」にすると、レベル表示具20のネジ部22による環状部12aの押し広げを行う際に、広げる力が均等になってよい。

0070

この環状部12aの平面形状に応じて、拡開部12bとしては、次のような部分になる。環状部12aが涙型となる場合には、拡開部12bは涙の切れ目部分(尖った部分)になり、環状部12aが楕円となる場合には、拡開部12bは、この楕円の図17に示す軸方向の端部になるし、環状部12aが多角形の場合には、図17に示すように各辺になる。これに対して、図19図21に示すように、拡開部12bを環状部12aに積極的に形成する場合もあり得る。

0071

拡開部12bを環状部12aに積極的に形成する場合については、図12図16図19、及び図20に示すように、単独のものとして形成すれば十分ではあるが、図21の(a)に示すような均等ではない2箇所に形成して実施してもよい。勿論、図21の(b)に示すように、拡開部12bを6箇所の多数の位置に形成してもよいし、図21の(c)に示すように、内側に突出するものと外側に突出するものとの種類の異なる拡開部12bを複数形成して実施してもよいものである。

0072

なお、レベル表示具20のネジ部22の先端は、図22に示すように、一般的には先細り形状に形成されているから、当該ネジ部22の環状部12a内への最初の差込は容易に行えるようになっている。また、後述する実施形態に係る天端出し補助具10では、その管部材12について、「雄ネジ」であるネジ部22が捩じ込まれる「雌ネジ」として形成してあるのではなく、「雄ネジ」の一部が係合すれば十分ネジの役目を果たす部分ネジ12cを形成したものであり、この管部材12に対するネジ部22の捩じ込みが容易に行えるようになっている。

0073

この請求項5に係る天端出し補助具10において、その管部材12が上記のように構成してあることから、その環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みが容易に行えるものとなっているだけでなく、捩じ込み力によって拡開した各拡開部12bの弾力性によって、図16図20の各(b)に示すように、環状部12aの内面はレベル表示具20のネジ部22を弾発的に保持していることになる。管部材12は、その環状部12aの内面でレベル表示具20のネジ部22を弾発的に保持するから、鉄筋30に取り付けられた当該天端出し補助具10に対するレベル表示具20の位置はズレないことになるのである。

0074

従って、この請求項5に係る天端出し補助具10は、手作業でも簡単に取り付けることができて、しかも、その取付後の位置が変化しにくいものとなっているだけでなく、環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bとを備えた管部材12によってレベル表示具20の取付けや位置調整、その位置でのレベル表示具20の固定も容易に行えるものとなっているのである。

0075

また、上記課題を解決するために、請求項6に係る発明の採った手段は、上記請求項5に記載の天端出し補助具10について、
「拡開部12bは、環状部12aの外側に突出するものであること」
である。

0076

この請求項6に係る天端出し補助具10では、その管部材12の拡開部12bを、図16図17あるいは図20に示すように、環状部12aの外側に突出するものとしたものである。

0077

この管部材12の拡開部12bについて、環状部12aの外側に突出させる方法としては、環状部12aの外側から一部を軸芯方向に摘み出すことが挙げられる。勿論、このように拡開部12bを環状部12aの外側に突出させた状態では、環状部12aの内形は、レベル表示具20を支持する前の平面視において、図16図17あるいは図20の各(a)中の仮想線にて示したレベル表示具20のネジ部22の外形より小さくなっている必要がある。

0078

このような環状部12aの外側に突出する拡開部12bを有する管部材12に対して、レベル表示具20のネジ部22を捩じ込んだ場合には、拡開部12bの外側突出部分がネジ部22の外周によって、図16図17あるいは図20の各(b)に示すような状態に拡開することになるのである。この拡開部12bの拡開によって、これに両側にて連続している環状部12aも押し広げられるから、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けは容易に行えるのである。

0079

勿論、拡開部12bを等分位置で複数形成すれば、その拡開はネジ部22の外周に対して等分位置で複数行われることになり、環状部12a全体としての拡開は、ネジ部22に無理な力を与えることなく均等に行われることになって、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行えることになる。また、この拡開部12bが図16図17あるいは図20に示すような一個の場合には、当該管部材12の部分ネジ12cの対向位置に形成すれば、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行える。

0080

従って、この請求項6に係る天端出し補助具10は、上記請求項5のそれと同様な機能を発揮する他、当該管部材12に対するレベル表示具20の固定を容易かつ均等に行えるものとなっている。

0081

さらに、上記課題を解決するために、請求項7に係る発明の採った手段は、上記請求項5に記載の天端出し補助具10について、
「拡開部12bは、環状部12aの内側に突出するものであること」
である。

0082

この請求項7に係る天端出し補助具10では、その管部材12の拡開部12bについて、図19に示すように、環状部12aの内側に突出するようにしたものであるが、この突出させる方法としては、環状部12aの一部を軸芯に向けて押し込むことが挙げられる。勿論、このように拡開部12bを環状部12aの内側に突出させた状態では、環状部12aの内形は、レベル表示具20を支持する前の平面視において、図19の(a)中の仮想線にて示したレベル表示具20のネジ部22の外形より小さくなっている必要がある。

0083

このような環状部12aの内側に突出する拡開部12bを有する管部材12に対して、レベル表示具20のネジ部22を捩じ込んだ場合には、拡開部12bの内側突出部分がネジ部22の外周によって押し出されるから、この拡開部12bは、図19の(b)に示すような状態に拡開することになるのである。この拡開部12bの拡開によって、これに両側にて連続している環状部12aも押し広げられるから、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けは容易に行えるのである。

0084

勿論、環状部12aの内側に突出する拡開部12bを、レベル表示具20のネジ部22の外周に対して等分位置で複数形成すれば、その拡開はネジ部22の外周に対して等分位置で複数行われることになり、環状部12a全体としての拡開は、ネジ部22に無理な力を与えることなく均等に行われることになって、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行えることになる。また、この拡開部12bが図20に示すような一個の場合には、当該管部材12の部分ネジ12cの対向位置に形成すれば、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行える。

0085

従って、この請求項7に係る天端出し補助具10は、上記請求項5のそれと同様な機能を発揮する他、当該管部材12に対するレベル表示具20の固定を容易かつ均等に行えるものとなっている。

0086

また、上記課題を解決するために、請求項8に係る発明の採った手段は、上記請求項5〜請求項7のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「拡開部12bは、レベル表示具20のネジ部22の外周に対して等分位置に配置される複数のものとしたこと」
である。

0087

この請求項8に係る天端出し補助具10では、その管部材12を構成している拡開部12bが、レベル表示具20のネジ部22の外周に対して等分位置で複数存在しているものであるが、上述したように、拡開部12bは、環状部12a内にネジ部22を強制的に捩じ込むと、図17図18の各(b)、あるいは図21の(b)及び(c)に示すように、これが広がることによって拡開され、環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みを可能にするものであった。

0088

このとき、拡開される拡開部12bが、レベル表示具20のネジ部22の外周に対して等分位置で複数存在していれば、その拡開はネジ部22の外周に対して等分位置で複数行われることになり、環状部12a全体としての拡開は、ネジ部22に無理な力を与えることなく均等に行われることになって、当該管部材12に対するレベル表示具20の取付けや位置調整、その位置での固定も容易かつ均等に行えることになる。

0089

従って、この請求項8に係る管部材12では、上記請求項5〜3のそれと同様な機能を発揮する他、管部材12の環状部12aにおける拡開が均等に行えるものとなっているのである。

0090

上記課題を解決するために、請求項9に係る発明の採った手段は、上記請求項5〜請求項8のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「鉄筋取付部11が対象とする鉄筋30は、少なくとも横筋31であること」である。

0091

住宅等の基礎を構築する場合、一般的には、図23の(a)に示すように、縦筋32と横筋31を組み合わせた配筋がなされるが、この種の天端出し補助具10を何処に取り付けたら効率的か、つまり、施工作業中において最もズレにくいか、を考慮しなければならない。この点、横筋31は、地面に固定される縦筋32に「結束線33」を使用して固定される場合があるため、高さが少し変化する可能性はあるが、例えば基礎の天端に近い部分に水平で存在するため、天端出し補助具10の固定箇所を随所に存在させている。

0092

そこで、この請求項9に係る天端出し補助具10では、図12図25図27及び図28に示すように、鉄筋取付部11が取り付けられる先を、少なくとも横筋31とすることによって、この横筋31が、例えば基礎の天端に近い部分に水平で存在するため、当該天端出し補助具10の固定箇所を随所に存在させているというメリットを十分生かすようにしたものである。

0093

ここで、「少なくとも横筋31」としたのは、当該天端出し補助具10の取付箇所メインを横筋31としたということであり、図28に示すように、縦筋取付部17を同時に設ける場合も想定しているものである。

0094

横筋31は、コンクリート構造物を構築するための型枠内の略全域に亘って存在しているものであるから、これらの横筋31に当該天端出し補助具10の取付場所を選定するにあたっては、相当自由に行える。また、横筋31は、略水平に配筋されているから、この横筋31を鉄筋取付部11内に収納するように当該天端出し補助具10を設置すれば、本体部12に案内されているレベル表示具20は略垂直方向に自然と向くことになる。

0095

また、この天端出し補助具10の横筋31に対する嵌合では、横筋31が作業者の手元の下側にあることが多いから、当該天端出し補助具10の嵌合作業は、作業者が下を向いて行えること、つまり自然な体勢で行えるのである。

0096

従って、この請求項9に係る天端出し補助具10は、上記請求項5〜請求項8のいずれかのそれと同様な機能を発揮する他、基礎の天端に近い部分に水平で存在する横筋31の随所で容易に取り付けることができて、作業性を向上させることができるものとなっているのである。

0097

また、上記課題を解決するために、請求項10に係る発明の採った手段は、上記請求項5〜請求項8のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「鉄筋取付部11が対象とする鉄筋30は、少なくとも縦筋32であること」
である。

0098

住宅等の基礎を構築する場合、一般的には、図23の(a)に示すように、縦筋32と横筋31を組み合わせた配筋がなされるが、この種の天端出し補助具10を何処に取り付けたら効率的か、つまり、施工作業中において最もズレにくいか、を考慮しなければならない。この点、縦筋32は、上下方向に位置するため、これに取り付けた天端出し補助具10の上端の位置はほとんど変化しないから、この種の天端出し補助具の取付け箇所としては適している。

0099

そこで、この請求項10に係る天端出し補助具10では、図29図31、及び図28に示すように、鉄筋取付部11が取り付けられる先を、少なくとも縦筋32とすることによって、この縦筋32の上端位置が殆ど変化しないため、当該天端出し補助具10の固定箇所を変化させないというメリットを十分生かすようにしたものである。

0100

ここで、「少なくとも縦筋32」としたのは、当該天端出し補助具10の取付箇所のメインを縦筋32としたということであり、図28に示すように、メインの鉄筋取付部11を縦筋取付部17としながら、横筋31に取り付けられる鉄筋取付部11を同時に設ける場合も想定しているものである。

0101

従って、この請求項10に係る天端出し補助具10は、上記請求項5〜請求項8のいずれかのそれと同様な機能を発揮する他、上端位置が変化しない縦筋32に取り付けることができて、当該天端出し補助具10の固定位置の安定性が確保できるものとなっているのである。

0102

上記課題を解決するために、請求項11に係る発明の採った手段は、上記請求項5〜請求項10のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「本体部12に、横筋31と縦筋32との交差部分に当接する交差鉄筋当接部13を形成したこと」
である。

0103

この請求項11に係る天端出し補助具10は、請求項5のそれと同様に、鉄筋取付部11にて、横筋31等の鉄筋30の任意の位置に取付け可能にした点は踏襲しているものではあるが、横筋31に組み付けられた縦筋32が存在する箇所で積極的に使用することで、この縦筋32を利用して、横筋31に対する回動を簡単に止められるようにするものである。この横筋31に対する天端出し補助具10の回動止めを行うのが、本体部12に形成した交差鉄筋当接部13なのである。

0104

交差鉄筋当接部13は、横筋31と縦筋32との交差部分に当接するものであるから、図25及び図26に示すように、本体部12の、鉄筋取付部11の近傍に位置する部分に一体化されるものである。この部分には、鉄筋取付部11が一体化されることはないから、この交差鉄筋当接部13を単独で使用することは勿論、この交差鉄筋当接部13と共に上記鉄筋取付部11を採用することは十分可能である。

0105

そして、この交差鉄筋当接部13は、図25の(b)に示すように、当該天端出し補助具10を横筋31に取付けた後に、横筋31と縦筋32との交差部分に当接されるのであるが、これによって、当該天端出し補助具10は、鉄筋取付部11にての横筋31に対する回動が阻止されることになる。

0106

従って、この請求項11に係る天端出し補助具10は、上記請求項5〜6のいずれかのそれと同様な機能を発揮する他、横筋31と縦筋32との交差部分に交差鉄筋当接部13を当接させることによって、横筋31に対する回動を阻止し得るものとなっているのである。

0107

また、上記課題を解決するために、請求項12に係る発明の採った手段は、上記請求項10〜請求項11のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「管部材12に、縦筋32に係合する当接部16を形成したこと」
である。

0108

この請求項12に係る天端出し補助具10は、請求項10〜請求項11のそれと同様に、鉄筋取付部11にて横筋31等の任意の位置に取付け可能にした点は踏襲しているものではあるが、横筋31に組み付けられた縦筋32が存在する箇所で積極的に使用することで、この縦筋32を利用して、横筋31に対する回動を簡単に止められるようにするものである。この横筋31に対する天端出し補助具10の回動止めを行うのが、本体部12に形成した当接部16なのである。

0109

当接部16は、本体部12の下端に一体的に形成したものであり、図27に示すように、本体部12の下端から、鉄筋取付部11の延在方向に伸びたものである。また、この当接部16は、図27に示すように、その平面視形状が二又となっているものであり、この二又の間に縦筋32を嵌め込めるようにしたものである。勿論、この当接部16は、縦筋32に係止できるのであれば種々な形状のものが採用できるものであり、必ずしも、平面視が二又となるようにする必要はない。

0110

この天端出し補助具10を、図27に示すように、その当接部16にて横筋31に取付けて、かつこの横筋31に組み付けられた縦筋32の一部に当接部16を係合させれば、当該天端出し補助具10は、その当接部16によって横筋31に対する回動が阻止されることになるのである。なお、鉄筋取付部11にて横筋31に取付けた天端出し補助具10は、この横筋31に対してある程度横方向に移動できるものであるから、鉄筋取付部11にて横筋31に取付けた後に天端出し補助具10を移動させることにより、当接部16での縦筋32に対する取り付けを行うようにすると、作業が簡単に行える。

0111

従って、この請求項12に係る天端出し補助具10は、上記請求項5〜請求項11のいずれかのそれと同様な機能を発揮する他、当接部16の縦筋32に対する係合を行うことによって、横筋31に対する回動を阻止し得るものとなっているのである。

0112

さらに、上記課題を解決するために、請求項13に係る発明の採った手段は、上記請求項10〜請求項12のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「鉄筋取付部11または管部材12に、縦筋32の上端に当接する当接部16を形成したこと」
である。

0113

この請求項13に係る天端出し補助具10では、図28図33に示すように、鉄筋30の上端に当接することになる当接部16を、鉄筋取付部11に設けたものである。勿論、この当接部16は、鉄筋取付部11と一体的になっている管部材12にも設けてもよいものである。

0114

当接部16は、当該天端出し補助具10を鉄筋30に取り付けるに当たって、その取付け位置の調整または決定を自動的に、つまり作業者が目で確認しなくても行えるようにするものである。つまり、作業者が当該天端出し補助具10を摘んで鉄筋30に向けて押し込んだときに、当該天端出し補助具10の動かしができなくなれば、当接部16が鉄筋30に当たっていることを示し、天端出し補助具10の取付け位置が決定されたことを示す。このことは、作業者が当該天端出し補助具10の位置を目で確かめなくとも、手の感触だけで確認できる。

0115

これに対して、作業者が当該天端出し補助具10を摘んで鉄筋30に向けて押し込んで、当該天端出し補助具10の動かしができたとしても、天端出し補助具10の位置は高過ぎるかもしれない。そこで、作業者は、当該当接部16が鉄筋30の上端に当接するまで天端出し補助具10を押下げれば、正しい位置が決定できる。このことも、作業者が当該天端出し補助具10の位置を目で確かめなくとも、手の感触だけで確認できる。

0116

従って、この請求項13に係る天端出し補助具10は、上記請求項10〜請求項12のいずれかのそれと同様な機能を発揮する他、当接部16によって見なくても天端出し補助具10の鉄筋30に対する位置の調整または決定ができるものとなっている。

0117

さらに、請求項14に係る発明の採った手段は、上記請求項5〜請求項13のいずれかに記載の天端出し補助具10について、
「本体部12の中心に、レベル表示具20を位置調整可能に挿通する取付穴を形成するとともに、この取付穴内に、レベル表示具20に形成したネジ部22間に係合することになる部分ネジ12cを形成して、
レベル表示具20を回転させたとき、部分ネジ12cを基点として、レベル表示具20が螺進螺退可能となるようにしたこと」
である。

0118

すなわち、この請求項14の天端出し補助具10は、本体部12の取付穴にレベル表示具20を進退可能に取付けるにあたって、取付穴をネジ穴にしなくても、つまり、単なる丸穴であっても、部分ネジ12cを形成しておくだけで、レベル表示具20の本体部12に対する螺進螺退が可能となるようにしたものである。

0119

取付穴内に形成した部分ネジ12cは、図13図21図25の(b)、図26、及び図33に示すように、取付穴の軸心方向に対して僅かに傾斜した状態のものである。また、この部分ネジ12cは、図22の(a)あるいは(b)に示すレベル表示具20の各ネジ部22間に入る程度の大きさで、かつ、その傾斜角度は、ネジ部22の傾斜角度と同じにしたものである。このような部分ネジ12cは、後述する実施形態で説明するような方法で、本体部12の取付穴内に形成されるものであり、本体部12の取付穴が単なる丸穴であっても、本体部12に対するレベル表示具20の螺進螺退を可能にするのである。

0120

この部分ネジ12cは、レベル表示具20を取付穴内に挿入して回転させたとき、レベル表示具20のネジ部22に係合するのであり、レベル表示具20は、当該部分ネジ12cを基点として螺進螺退するのである。つまり、この部分ネジ12cが単なる丸穴である取付穴内に形成してあるだけで、レベル表示具20は管部材12に対して上下方向の位置調整が螺進螺退によってなされるのである。

0121

従って、この請求項14に係る天端出し補助具10は、上記請求項5〜請求項13のいずれかに係るそれと同様な機能を発揮する他、取付穴が単なる丸穴であっても、部分ネジ12cを形成しておくだけで、レベル表示具20の管部材12に対する螺進螺退を可能とするものである。

発明の効果

0122

以上説明した通り、本発明に係る止め構造においては、
「管部材12に対する挿入部材20の止めを行う止め構造であって、
管部材12は、挿入部材20を支持する前の平面視において、挿入部材20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備え、
管部材12内に挿入部材20を挿入したとき、環状部12aの内形が拡開部12bを介して拡開するとともに、環状部12aの内面が挿入部材20の表面に圧接して、両者間の相対移動を止めるようにしたことを特徴とする止め構造」
にその構成上の主たる特徴があり、これにより、管部材12に対する挿入部材20の止めを、両者間の位置決めが容易で、手作業でも簡単に行うことができて、しかも、その止め後の位置を変化しにくいようにすることのできる止め構造を提供することができるのである。

0123

また、本発明に係る天端出し補助具10においては、
「生コン41の打設高さや、レべラー42の高さを示す目印21を有するレベル表示具20を、管部材12によって上下動可能に支持しながら、鉄筋取付部11を介して鉄筋30に取り付けるための天端出し補助具10であって、
管部材材12は、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20の外形より小さい内形の環状部12aと、この環状部12aを拡開可能にする拡開部12bと、を備えたこと」
にその構成上の主たる特徴とするものであり、これにより、鉄筋30、横筋31、あるいは縦筋32に対する位置決めが容易で、手作業でも簡単に取り付けることができて、しかも、その取付後の位置を変化しにくいようにすることができる(第一目的)天端出し補助具10を提供することができるのである。

0124

また、本発明は、上記第一目的の達成と同時に、レベル表示具20の取付や位置調整、その位置での固定を容易に行うことのできる天端出し補助具10を提供することができるのである。

図面の簡単な説明

0125

本発明の止め構造を適用した管部材と挿入部材との使用例を示す斜視図である。
同管部材と挿入部材とからなる部材を示すもので、(a)は管部材と挿入部材とからなる本体部材の斜視図、(b)は(a)の本体部材に追加される管部材と挿入部材とからなる伸長部材の斜視図である。
同管部材と挿入部材とが採用されているパイプ吊下装置の正面図である。
本発明の止め構造を適用した天端出し補助具10を鉄筋に取付けた状態の斜視図である。
本発明の止め構造における管部材12の環状部12aが涙型形状であって、これが拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)は挿入部材20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)は挿入部材20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12における環状部12aの状態を例示するものであって、(a)は環状部12aの図示上下方向において切れ目がない場合の斜視図、(b)は環状部12aの図示上下方向において下1/3に切れ目がある場合の斜視図、(c)は環状部12aの図示上下方向において上1/3に切れ目がある場合の斜視図、(d)は環状部12aの図示上下方向において中央1/3に切れ目がある場合の斜視図である。
同管部材12の環状部12aが楕円形状であって、これが拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)は挿入部材20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)は挿入部材20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12の環状部12aが多角形状であって、これが拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)は挿入部材20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)は挿入部材20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12が内側に突出する拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)は挿入部材20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)は挿入部材20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12が外側に突出する拡開部12bを有する場合の他の例を示すもので、(a)は挿入部材20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)は挿入部材20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12が拡開部12bを有する場合のさらに他の例を示すもので、(a)は挿入部材20を挿入する前の2つの外側に突出する拡開部12bを有する管部材12の拡大平面図、(b)は挿入部材20を挿入する前の多数の外側に突出する拡開部12bを有する管部材12の拡大平面図、(c)は挿入部材20を挿入する前の多数の種類の異なる拡開部12bを有する管部材12の拡大平面図である。
本発明の実施例1に係る天端出し補助具10を鉄筋に取付けた状態の斜視図である。
同天端出し補助具10のレベル表示具20以外の一体化部分を示すもので、(a)は平面図、(b)は側面図、(c)は正面図である。
同天端出し補助具10のレベル表示具20以外の一体化部分を横筋31に取付ける様子を示すもので、(a)は本体部12を横筋31に当接させたときの側面図、(b)は横筋31を開口11aに当てたときの部分側面図、(c)は横筋31を鉄筋取付部11内に収納したときの部分側面図である。
図1に示した天端出し補助具10の本体部12の別例を示すもので、(a)は上下の部分ネジ12cを露出させた例の正面図、(b)は上の部分ネジ12cのみを露出させた例の正面図、(c)は上下の部分ネジ12cとも隠された例の正面図である。
本発明に係る天端出し補助具10の管部材12の環状部12aが涙型形状であって、これが拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)はレベル表示具20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)はレベル表示具20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
本発明に係る天端出し補助具10の管部材12の環状部12aが楕円形状であって、これが拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)はレベル表示具20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)はレベル表示具20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12の環状部12aが多角形状であって、これが拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)はレベル表示具20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)はレベル表示具20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12が内側に突出する拡開部12bを有する場合の例を示すもので、(a)はレベル表示具20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)はレベル表示具20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同管部材12が外側に突出する拡開部12bを有する場合の他の例を示すもので、(a)はレベル表示具20を挿入する前の平面視形状を示す拡大平面図、(b)はレベル表示具20を挿入した後の平面視形状を示す拡大平面図である。
同天端出し補助具10の管部材12が拡開部12bを有する場合のさらに他の例を示すもので、(a)はレベル表示具20を挿入する前の2つの外側に突出する拡開部12bを有する管部材12の拡大平面図、(b)はレベル表示具20を挿入する前の多数の外側に突出する拡開部12bを有する管部材12の拡大平面図、(c)はレベル表示具20を挿入する前の多数の種類の異なる拡開部12bを有する管部材12の拡大平面図である。
本発明に係る天端出し補助具10の本体部12に組み付けられるレベル表示具20の拡大斜視図であり、(a)は全体を合成樹脂で一体成形したもの、(b)はネジ部22を金属によって形成し他の部分を合成樹脂によって形成したものを示す。
同天端出し補助具10を施工した後の状況を連続して示すもので、(a)は型枠内の鉄筋に天端出し補助具10を取付けた様子を示す正面図、(b)は型枠内に生コン41を打設した後の斜視図である。
同天端出し補助具10を施工した後の状況を連続して示すもので、(a)は型枠内に生コン41を打設した後にレベル表示具20のレベラーポインター(目印21)が露出している様子を示す斜視図、(b)はレベラー42を打設している様子を示す斜視図、(c)はレベラー42打設後の縦断面図である。
本発明の実施例2に係る天端出し補助具10を示すもので、(a)は鉄筋に取付けた状態の斜視図、(b)は同平面図である。
図25に示した天端出し補助具10のレベル表示具20以外の一体化部分を示すもので、(a)は正面図、(b)は側面図、(c)は平面図である。
本発明の実施例3に係る天端出し補助具10を鉄筋に取付けた状態の斜視図である。
本発明の実施例4に係る天端出し補助具10を横筋及び縦筋に取付けた状態の斜視図である。
本発明の実施例5に係る天端出し補助具10を縦筋のみに取付けた状態の斜視図である。
図29に示した天端出し補助具10を拡大して示すもので、(a)は管部材12に当接部16を取付けたときの拡大平面図、(b)は鉄筋取付部11に当接部16を取付けたときの拡大平面図である。
本発明の実施例6に係る天端出し補助具10を使用して、レベル表示具20を鉄筋30に取付けた状態を示す斜視図である。
図31に示した天端出し補助具10の背面側から見た状態の斜視図である。
同天端出し補助具10の、ブレ防止を仮想線で示した平面図である。
特許文献1に示された技術を示す側面図である。
特許文献1に示された技術を示すか拡大平面図である。

実施例

0126

次に、上記のように構成した各請求項に係る発明を、図面に示した実施の形態について説明するが、請求項1〜請求項4に係る発明は「止め構造」に係るものであるため、以下で説明する実施形態である天端出し補助具10に全て内在されている。このため、この「止め構造」の実施形態の説明は省略し、請求項5以降に係る発明の実施形態である天端出し補助具10について説明して行くこととする。以下の説明中で、請求項1〜請求項4で述べている「管部材」はそのまま採用されるが、「挿入部材20」は、「レベル表示具20」として表現されている。

0127

この天端出し補助具10での実施形態は、図12図14に示した実施例1、図25図26に示した実施例2、図27に示した実施例3、図28に示した実施例4、図29図30に示した実施例5、そして、図31図33に示した実施例6との6種類があるので、それぞれ項を分けて説明する。また、これらの実施例には、共通する部分が多々あるから、各実施例の前に、これら共通部分を先に説明する。

0128

まず、本発明に係る天端出し補助具10は、例えば図22に示したような形態のものに別途形成したレベル表示具20と、合成樹脂を材料として一体的に成形した他の部分と、の2つに分かれる。換言すれば、本発明に係る天端出し補助具10の、レベル表示具20以外の部分は、合成樹脂を材料として一体成形したものであり、これにより、製造を容易にし、かつ安価なものに仕上げるようにしているのである。

0129

一方、レベル表示具20は、図22に示したように、その大部分がネジ部22を形成した棒状のものであり、この上部に上から順に、レベラー42の完成された上面のための目印21となるレベラーポインター、及び型枠内に打設される生コン41の上面のための目印21となる生コンポインターを形成したものである。なお、このレベル表示具20の下端には、管部材12の取付穴に挿入できるようにするための差込部分が形成してある。

0130

また、これらのレベル表示具20は、図22の(a)に示したような、全ての部分を合成樹脂で一体成形したものや、図22の(b)に示したような、ネジ部22だけ、あるいはネジ部22と軸部分を金属材料によって形成したもの等、種々なものが考えられる。

0131

また、本発明に係る天端出し補助具10は、図23の(a)に示したように、生コンクリート31等を打設するための空間を形作る型枠内に配筋された横筋31に、多数取り付けられるものである。横筋31に取付けられた各天端出し補助具10については、これが有しているレベル表示具20のレベラーポインター12c等が同一水平面内に位置するように、レーザー光線等を使用して各レベル表示具20の位置調整がなされる。

0132

各天端出し補助具10におけるレベル表示具20の位置調整が済めば、図23の(b)に示したように、生コンポインターが示す位置まで生コン41が打設されるのであり、これが完了すれば、図24の(a)に示したように、生コンクリート31の表面にはレベラーポインターのみが露出する。次に、図24の(b)に示したように、生コン41上にレベラー42を打設するのであるが、この場合、レベラーポインターが指し示す位置まで打設が行われるのである。打設された生コン41やレベラー42が硬化すれは、図24の(c)に示したように、レベラー42によって完全平面が形成されて、天端出し補助具10が埋め殺されたコンクリート構造物が完成する。

0133

型枠内に配筋された鉄筋としては、図23の(a)に示したように、基本的には横筋31と縦筋32が採用されている。横筋31は、例えば、コンクリート基礎の場合、殆ど何処にでも存在するものであり、本発明に係る天端出し補助具10の取付場所とするには、場所の制限が発生しないから、うってつけのものとなっている。また、この横筋31は、配筋されるときには、殆ど水平となるようになされるため、もし、この横筋31に取付ける部分が天端出し補助具10にあれば、この取付部分は、常に水平となり得ることになる。

0134

勿論、横筋31に縦筋32を連結して、鉄筋全体として剛性のあるものとなされるのであるが、この横筋31と縦筋32との連結部分、つまり横筋31と縦筋32との交差部分では、スポット溶接によって固定されることもあるが、施工現場に溶接機を導入して溶接作業を行うことは費用が掛かるため、一般的には、図25に示すように、結束線33を使用した固定が行われる。固定部分における結束線33は、図25の(b)に示したように、縦筋32から節21a以外の突出部分を形成するものである。

0135

以下の実施形態に係る天端出し補助具10では、上記レベル表示具20が取り付けられるべき管部材12が設けてあることも共通部分であるが、この管部材12については、図16図20の各(a)、及び図21に示したように、まず、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20のネジ部22の外形より小さい内形の環状部12aとしたものである。つまり、この管部材12の環状部12aは、レベル表示具20のネジ部22の外周の少なくとも一部を包み込むことができるように、文字通りの「環状」のものとしたものである。

0136

この管部材12の環状部12a内にレベル表示具20のネジ部22を捩じ込もうとすると、この環状部12aはネジ部22の外形より小さい内形のものであるから、そのままでは入らない。ところが、この天端出し補助具10の管部材12では、上記環状部12aにこれを拡開可能にする拡開部12bを備えているから、この環状部12a内にネジ部22を強制的に捩じ込むと、図16図20の各(b)に示したように、管部材12の環状部12aはこの拡開部12bが広がることによって拡開され、環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みが行えることになるのである。

0137

ここで、まず、管部材12における環状部12aの平面視形状については、図16図21に示したように、種々なものがあり得るが、この環状部12aの平面形状としては、図16では「涙型」であり、図17では「楕円」であり、図18では「多角形状」であり、図19から図21では「円」である。特に、図18に例示した「多角形状」は「六角形」であるが、「三角形」でも、「四角形」でも、さらには、他の多角形であってもよい。この場合、できるだけ「正多角形」にすると、レベル表示具20のネジ部22による環状部12aの押し広げを行う際に、広げる力が均等になってよい。

0138

(実施例1)
図12図14には、本発明の実施例1に係る天端出し補助具10が示してある。この天端出し補助具10は、図12及び図13に示したように、上下方向に配置されることになる管部材12と、この管部材12の一側面に一体化した鉄筋取付部11と、管部材12の下部であって上記鉄筋取付部11とは反対側に突出する鉄筋取付部11とを、合成樹脂を材料として一体成形するとともに、上記管部材12の取付穴に位置調整可能に取付けた、図22に示したレベル表示具20とにより構成したものである。

0139

管部材12は、本実施形態に係るものの場合、図13の(a)に示したように、平面視略「涙型」のもので、図13の(b)及び(c)にも示したように、柱形状のものとなっている。この管部材12の中心には、図12及び図13の(a)に示したように、レベル表示具20を位置調整可能に取付けるための取付穴が形成してある。この取付穴は、管部材12等を合成樹脂の射出成形による成形時に同時成形するためと、レベル表示具20を「ネジ形式」のものにするために、以下のように種々な工夫がしてある。

0140

まず、この取付穴の基本的形態は、殆どストレートな穴としてあって、ネジであるレベル表示具20のネジ部22に応じた「ネジ溝」とはしていない。管部材12の射出成形によって、取付穴を「ネジ溝」とすることは、当該天端出し補助具10の製造の型代や時間を増大させ、結果的に天端出し補助具10全体のコストアップとなるからである。しかし、ネジ部22を有するレベル表示具20を使用することは、レベル表示具20の位置調整を円滑に行えるようにするから、ネジ部22を有するレベル表示具20に応じた取付穴とするために、本実施形態では、図13の(a)、(b)及び(c)に示したように、取付穴の内面の一部分に部分ネジ12cを形成したのである。

0141

部分ネジ12cは、レベル表示具20のネジ部22に嵌合できる、つまりレベル表示具20に形成したネジ部22間に係合することになる部分的な「ネジ山」にしたもので、平面視円弧状で、かつ側面視斜め線状のものである。そして、この部分ネジ12cがレベル表示具20のネジ部22に確実に歯合するようにするために、当該部分ネジ12cは管部材12の取付穴内に形成してある。

0142

ここで、取付穴内にレベル表示具20が挿入されてきたとき、管部材12の内面に形成してあった部分ネジ12cは、レベル表示具20のネジ部22に食い込むことになり、レベル表示具20を取付穴内面に強く押すことになる。このような管部材12の内面に形成してある部分ネジ12cを、管部材12に形成するには、管部材12の一側面の開口から、型の一部あるいはスライドコアを天端出し補助具10内に挿入するような成形方を採用すればよい。なお、取付穴の他の部分も、管部材12の側面に形成した開口を利用することにより、同様に形成できる。

0143

さて、鉄筋取付部11であるが、この鉄筋取付部11は、図12及び図13に示したように、上記管部材12に対して直交する方向、つまり管部材12を垂直方向に配置したとき、当該鉄筋取付部11が水平方向となるように管部材12に一体化したものである。この鉄筋取付部11の下部には、図12及び図13の(c)に示したように、横方向、つまり横筋31と平行となるような開口11aが形成してあり、この鉄筋取付部11の内部には、横筋31が収納されるべき鉄筋収納部11bが形成してある。そして、開口11aの開口端部の両側には、案内片11cと導入面11dとが一体的に形成してある。

0144

まず、導入面11dから説明すると、この導入面11dは、図13の(c)、及び図14に示したように、開口11aの開口端縁の一方に形成したものであり、図13の(a)に示したように、当該鉄筋取付部11の全長に亘って形成したものである。この導入面11dは、図14に示したように、当該天端出し補助具10を横筋31に取付けるにあたっての、管部材12の一側面から横筋31を導入するための、文字通り「導入面」を形成するものである。

0145

すなわち、この導入面11dは、図13の(c)及び図14に示したように、開口11aの開口端縁の一方、つまり、管部材12の一側面(図14では図示右側面であり、当該鉄筋取付部11が一体化されている側の管部材12の側面)とほぼ同一の平面を構成するように形成したものである。これにより、当該天端出し補助具10を横筋31に取付けるにあたって、図14の(a)に示したように、作業者が当該天端出し補助具10の管部材12の一側面を横筋31に当接させ、図14の(a)中の矢印に示したように、当該天端出し補助具10をそのまま押し下げれば、鉄筋取付部11の開口11aは自然に横筋31に向かうことになる。

0146

一方、案内片11cは、開口11aの、上記横筋31を導入するための導入面11dとは反対側の開口端縁に、当該鉄筋取付部11の全長に亘って形成したものであり、横筋31を鉄筋収納部11b内に案内するためのものである。すなわち、この案内片11cは、図14の(b)及び(c)に示したように、開口11aに向かってきた横筋31を受け止めるとともに、この横筋31を開口11aから鉄筋収納部11b内へと案内するものである。つまり、当該天端出し補助具10を横筋31に取付けるにあたって、作業者が当該天端出し補助具10を強く横筋31に向けて押し込めば、受けた力によって案内片11cが、図14の(b)中の矢印に示したように、外方に押し出され、結果的に当該鉄筋取付部11の開口11aを拡開する。そうなれば、横筋31が、図14の(c)に示したように、鉄筋取付部11の鉄筋収納部11b内に完全に収納されるとともに開口11aが閉じることになるから、当該天端出し補助具10を横筋31にしっかりと取付けることになるのである。

0147

この天端出し補助具10では、その管部材12について、図16図20の各(a)に示すように、まず、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20のネジ部22の外形より小さい内形の環状部12aとしたものである。つまり、この管部材12の環状部12aは、レベル表示具20のネジ部22の外周を包み込むことができるように、ネジ部22の軸方向に対する切れ目のない、文字通りの「環状」のものとしたものである。

0148

この管部材12の環状部12a内にレベル表示具20のネジ部22を捩じ込もうとすると、この環状部12aはネジ部22の外形より小さい内形のものであるから、そのままでは入らない。ところが、この天端出し補助具10の管部材12では、上記環状部12aにこれを拡開可能にする拡開部12bを備えているから、この環状部12a内にネジ部22を強制的に捩じ込むと、図16図20の各(b)に示すように、管部材12の環状部12aはこの拡開部12bが広がることによって拡開され、環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みが行えることになるのである。

0149

ここで、まず、管部材12における環状部12aの平面視形状については、図16図21に示すように、種々なものがあり得るが、この環状部12aの平面形状としては、図16では「涙型」であり、図17では「楕円」であり、図18では「多角形状」であり、図19から図21では「円」である。特に、図18に例示した「多角形状」は「六角形」であるが、「三角形」でも、「四角形」でも、さらには、他の多角形であってもよい。この場合、できるだけ「正多角形」にすると、レベル表示具20のネジ部22による環状部12aの押し広げを行う際に、広げる力が均等になってよい。

0150

この環状部12aの平面形状に応じて、拡開部12bとしては、次のような部分になる。環状部12aが楕円となる場合には、拡開部12bは、この楕円の図17に示す軸方向の端部になるし、環状部12aが多角形の場合には、図18に示すように各辺になる。これに対して、図21に示すように、拡開部12bを環状部12aに積極的に形成する場合もあり得る。

0151

拡開部12bを環状部12aに積極的に形成する場合については、図19及び図20に示すように、単独のものとして形成すれば十分ではあるが、図21の(a)に示すような均等ではない2箇所に形成して実施してもよい。勿論、図21の(b)に示すように、拡開部12bを6箇所の多数の位置に形成してもよいし、図21の(c)に示すように、内側に突出するものと外側に突出するものとの種類の異なる拡開部12bを複数形成して実施してもよいものである。

0152

なお、ネジ部22の先端は、一般的には先細り形状に形成されているから、当該ネジ部22の環状部12a内への最初の差込は容易に行えるようになっている。また、後述する実施形態に係る天端出し補助具10では、その管部材12について、「雄ネジ」であるネジ部22が捩じ込まれる「雌ネジ」として形成してあるのではなく、「雄ネジ」の一部が係合すれば十分ネジの役目を果たす部分ネジ12cを形成したものであり、この管部材12に対するネジ部22の捩じ込みが容易に行えるようになっている。

0153

この天端出し補助具10において、その管部材12が上記のように構成してあることから、その環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みが容易に行えるものとなっているだけでなく、捩じ込み力によって拡開した各拡開部12bの弾力性によって、図17図20の各(b)に示すように、環状部12aの内面はレベル表示具20のネジ部22を弾発的に保持していることになる。管部材12は、その環状部12aの内面でレベル表示具20のネジ部22を弾発的に保持するから、横筋31や縦筋32に取り付けられた当該天端出し補助具10に対するレベル表示具20の位置はズレないことになるのである。

0154

(実施例2)
図25図26には、本発明の実施例2に係る天端出し補助具10が示してある。この天端出し補助具10は、上下方向に配置されることになる管部材12と、この管部材12の一側面に一体化した鉄筋取付部11と、管部材12の下部であって上記鉄筋取付部11とは反対側に突出する鉄筋取付部11とを、合成樹脂を材料として一体成形するとともに、上記管部材12の取付穴に位置調整可能に取付けた、図22に示したレベル表示具20とにより構成したものであることは、上記の実施例1に係る天端出し補助具10と同様であるが、管部材12の側面であって、横筋31と縦筋32とが交差する部分に対応する部分に交差鉄筋当接部13を備えたことが異なっている。

0155

そこで、この実施例2に係る天端出し補助具10の実施例1と共通する部分に、実施例1の説明で使用したのと同一の符号を付して説明を省略し、交差鉄筋当接部13を中心にした説明を以下にして行くこととする。

0156

この実施例2の、実施例1との差異は、鉄筋取付部11を採用していないこと、その代わり、管部材12に一体化した交差鉄筋当接部13を有していること、そして、管部材12の上下方向の長さが、実施例1のそれより少し短いことである。この実施例2に係る天端出し補助具10は、実施例1のそれと同様に、鉄筋取付部11にて横筋31の任意の位置に取付け可能にした点は踏襲しているものである。

0157

この実施例2で採用している交差鉄筋当接部13は、管部材12の、鉄筋取付部11とは反対側側面に一体化したものであり、かつ、鉄筋取付部11の延在方向とは反対側に向けて伸びたものである。この交差鉄筋当接部13は、横筋31と縦筋32とが交差する箇所で当該天端出し補助具10を積極的に使用することで、この縦筋32を利用して、横筋31に対する回動を簡単に止められるようにするものである。

0158

交差鉄筋当接部13は、当該天端出し補助具10を鉄筋に取付けたとき、横筋31と縦筋32との交差部分に当接するものであり、図25及び15に示したように、管部材12の、鉄筋取付部11の近傍に位置する部分に一体化されるものである。この部分には、実施例1に係る天端出し補助具10の鉄筋取付部11が一体化されることはないから、この交差鉄筋当接部13を単独で使用することは勿論、この交差鉄筋当接部13と共に上記鉄筋取付部11を採用することは十分可能である。

0159

そして、この交差鉄筋当接部13は、図25の(b)に示したように、当該天端出し補助具10を横筋31に取付けた後に、横筋31と縦筋32との交差部分に当接されるのであるが、これによって、当該交差鉄筋当接部13は、鉄筋取付部11にての横筋31に対する天端出し補助具10の回動を阻止することになる。

0160

ところで、横筋31と縦筋32との交差部分には、節が盛り上がっていたり、結束線33が結ばれていたりすることがあり、その部分に交差鉄筋当接部13が当接すると、管部材12の垂直状態阻害することになる。何故なら、節が盛り上がっていたり、結束線33が結ばれていたりする部分は、縦筋32の他の部分より膨らんでいるから、この膨らんだ部分に交差鉄筋当接部13が当接すると、その分、管部材12を傾斜させてしまうことになるからである。そこで、本実施例2に係る天端出し補助具10では、図25及び図26の各(a)に示したように、交差鉄筋当接部13を分割して、上記節や結束線33を避けられるようにしている。

0161

すなわち、この実施例2に係る天端出し補助具10では、図25及び図26の各(a)に示したように、上下一対押え片13aの間に一つの逃げ片13bを形成することによって、交差鉄筋当接部13を3分割したものであり、当該天端出し補助具10を鉄筋に取付けたとき、中央の逃げ片13bのみが節や結束線33に当接するようにしたものである。交差鉄筋当接部13を3分割した結果、特に、逃げ片13bは、管部材12に対してそれぞれ撓み易いものとなる。

0162

その結果、当該天端出し補助具10を鉄筋に取付けるにあたって、図25の(a)及び(b)に示したように、中央の逃げ片13bのみが節や結束線33に当接し、上下の各押え片13aは節や結束線33を避けるようにすれば、逃げ片13bは節や結束線33の存在によって外側に撓むが、各押え片13aは縦筋32に自然な状態で当接したものとなる。換言すれば、節や結束線33の膨らみ部分は、逃げ片13bの撓みによって逃げられるから、当該交差鉄筋当接部13を一体化している管部材12は傾斜することにはならない。

0163

(実施例3)
図27には、本発明の実施例3に係る天端出し補助具10が示してある。この天端出し補助具10は、上下方向に配置されることになる管部材12と、この管部材12の一側面に一体化した鉄筋取付部11とを、合成樹脂を材料として一体成形するとともに、上記管部材12の取付穴に位置調整可能に取付けた、図22に示したレベル表示具20とにより構成したものであることは、上記の実施例1に係る天端出し補助具10と同様であるが、管部材12の下部に当接部16を備えたことが異なっている。

0164

そこで、この実施例3に係る天端出し補助具10の実施例1と共通する部分に、実施例1の説明で使用したのと同一の符号を付して説明を省略し、当接部16を中心にした説明を以下にして行くこととする。

0165

当接部16は、管部材12の下部に一体化したものであるが、本実施例においては、図27に示したように、この当接部16は、横筋31上に当接される鉄筋取付部11の延在方向とは反対側に伸び、かつ、縦筋32の外側を挟み込めるような二又形状にしたものである。この当接部16は、当該天端出し補助具10が鉄筋取付部11によって鉄筋の特に横筋31にしっかりと取付けられるのであれば、天端出し補助具10を構成するにあたって必ずしも必要なものではない。しかしながら、この当接部16は、存在していると次のようなメリットがある。

0166

この天端出し補助具10を、図12に示したように、その鉄筋取付部11にて横筋31に取付けて、かつこの横筋31に組み付けられた縦筋32の一部に当接部16を係合させれば、当該天端出し補助具10は、その当接部16によって横筋31に対する回動を阻止されることになるのである。つまり、この当接部16は、横筋31に組み付けられた縦筋32が存在する箇所で積極的に使用することで、この縦筋32を利用して、横筋31に対する回動を簡単に止められるようにしたものである。

0167

(実施例4)
図28には、本発明の実施例4に係る天端出し補助具10が示してある。この天端出し補助具10は、図28に示したように、横筋31に取り付けられる鉄筋取付部11と、この鉄筋取付部11に一体化される管部材12と、鉄筋取付部11または管部材12に一体化される鉄筋取付部11(具体的には縦筋取付部17)と、縦筋32の上端に当接する当接部16と、を備えたものである。

0168

縦筋取付部17である鉄筋取付部11は、図28に示したように、縦筋32の外周面に挟持されるものであり、その一部に縦方向で1つの開口を有し、内部には縦筋32が収納できる丸穴を形成したものである。勿論、この鉄筋取付部11内への縦筋32の挿入を容易にするために、図12に示した実施例1の天端出し補助具10における鉄筋取付部11のように、開口の周囲に互いに外側に開いた案内部11aを形成することがある。

0169

換言すれば、当該天端出し補助具10は、この縦筋取付部17の縦方向に開いている開口から縦筋32を強制的に押し込んで、この縦筋32を縦筋取付部17の丸穴内に収納することによって、縦筋32に対する取付が完了するものである。縦筋取付部17は、これを構成している合成樹脂の弾性力によって、縦筋32が挿入された後に復帰するものであるから、縦筋32の外周面にしかりと密着して縦筋32の保持を確実に行うのである。従って、縦筋32の直径が図28に示した縦筋取付部17の丸穴の直径より大きいものであれば、当該天端出し補助具10は、どのような縦筋32への取付けもできる。

0170

この縦筋取付部17及び横筋31への鉄筋取付部11に一体化される管部材12は、前述したレベル表示具20を高さ調整自在に支持するものである。勿論、レベル表示具20は、上述したように、螺進螺退によって位置調整が行えるようにしたものであるから、当該管部材12については、本発明に係るものとして、このレベル表示具20下部のネジ部22の挿入が容易に行えるように形成してある。

0171

すなわち、本実施形態における管部材12も、前述したように、環状部12aと、これを拡開可能にする拡開部12bとを備えたものである。環状部12aは、レベル表示具20を支持する前の平面視において、レベル表示具20のネジ部22の外形より小さい内形のものとされるものであり、周囲に切れ込みあるいはスリットは形成されていないものである。この実施例での環状部12aは、平面視「涙型」形状にしたものを例示しているが、これを拡開する拡開部12bを有しているのであれば、図17図21に示すような種々な形状のものにできることは、前述した通りである。

0172

このような管部材12内にレベル表示具20のネジ部22を捩じ込もうとすると、その環状部12aはネジ部22の外形より小さい内形のものであるから、そのままでは入らないが、この環状部12aにはこれを拡開可能にする拡開部12bが形成してあるから、この環状部12a内にネジ部22を強制的に捩じ込むと、管部材12の環状部12aはこの拡開部12bが広がることによって拡開され、環状部12a内へのネジ部22の捩じ込みが行えることになるのである。

0173

そして、この実施例4に係る天端出し補助具10においては、図28に示したように、縦筋取付部17または管部材12に、縦筋32の上端に当接する当接部16が形成してある。この当接部16は、縦筋取付部17の丸穴の上方に位置するものであり、これによって、当該天端出し補助具10を適宜に位置に取付けたとき、縦筋32の上端に当接することになるものである。

0174

(実施例5)
図29及び図30には、本発明の実施例5に係る天端出し補助具10が示してある。この天端出し補助具10は、図29に示したように、横筋31に取り付けられる鉄筋取付部11が存在していなくて横筋31を対象としていないものである点以外は、基本的には、上記実施例4に係る天端出し補助具10と実質的に同じである。つまり、この実施例5の天端出し補助具10は、縦筋32に取り付けられる鉄筋取付部11の代表である縦筋取付部17と、この縦筋取付部17に一体化される管部材12と、縦筋32の上端に当接する当接部16と、を備えたものである。

0175

縦筋取付部17である鉄筋取付部11は、図29に示したように、縦筋32の外周面に挟持されるものであり、その一部に縦方向で1つの開口を有し、内部には縦筋32が収納できる丸穴を形成したものである。勿論、この鉄筋取付部11内への縦筋32の挿入を容易にするために、図12に示した実施例1の天端出し補助具10における鉄筋取付部11のように、開口の周囲に互いに外側に開いた案内部11aを形成することがある。

0176

勿論、管部材12については、上記実施例1〜実施例4と同様な構成を有するものであり、環状部12aと、これを拡開可能にする拡開部12bとを備えたものである。本実施例5に係る管部材12の環状部12aは、図30から理解できるできるように、レベル表示具20を支持する前の平面視において、図17に示したような「楕円形状」を呈しているものである。

0177

そして、この実施例5に係る天端出し補助具10においては、図30に示したように、縦筋取付部17または管部材12に、縦筋32の上端に当接する当接部16が形成してある。この当接部16は、縦筋取付部17の丸穴の上方に位置するものであり、これによって、当該天端出し補助具10を適宜に位置に取付けたとき、縦筋32の上端に当接することになるものである。この当接部16は、図30の(a)に示したように、管部材12に一体化されることもあるし、図30の(b)に示したように、縦筋取付部17に一体化されることもあるものである。

0178

(実施例6)
この実施例6に係る天端出し補助具10は、図31図33に示したように、一つの鉄筋取付部11と、この鉄筋取付部11のハンドル部11fを互いに弾力的に接続する弾性部14と、一方のハンドル部11fに傾動可能に形成したストッパ片15と、レベル表示部材20を上下動可能に支持する管部材12と、を備えたものである。

0179

鉄筋取付部11は、保持部11e及びハンドル部11fからなるものであるが、各保持部11eは、特に図32に示したように、鉄筋30の外周面に当接されるものであり、各ハンドル部11fは、特に、図31及び図33に示したように、上述した保持部11eとは反対側に延在されるものである。そして、これらのハンドル部11fは、弾性部14によって互いに弾力的に接続されるものである。

0180

なお、各鉄筋取付部11のハンドル部11fは、その外側から2本の指で摘むあるいは挟むものであるから、その際の滑りを防止するために、例えば図31に示したように、滑り止めが形成してある。また、これらのハンドル部11fは、2本の指で挟み易くするために、各指の腹の大きさに応じたものにしてあるが、各保持部11eについては鉄筋30を掴む部分であるから、各ハンドル部11fよりも幅広なものとして形成している。

0181

両ハンドル部11fを互いに弾力的に接続する弾性部14は、図31、及び図33に示したように、各ハンドル部11fと一体的で、かつ平面視円弧状に形成したものである。このようにしたのは、この弾性部14自体に弾力性を持たせるためであるが、その他にも、当該天端出し補助具10を鉄筋30に向けて押し付けたとき、この弾性部14の内面が一種の丸棒である鉄筋30の表面に広い面積で当接させるためであり、当該天端出し補助具10の鉄筋30に対する位置決めと保持が確実になるようにするためである。なお、本実施形態の天端出し補助具10では、この弾性部14と両鉄筋取付部11の保持部11eとで、鉄筋30の表面形状にあった筒状となるようにしている。

0182

ストッパ片15は、図31に示したように、いずれか一方のハンドル部11fにヒンジ部を介して一体的に形成したもので、両ハンドル部11f間に位置するものである。勿論、このストッパ片15は、これが一体成形されている側のハンドル部11fに対してヒンジ部によって角度が自由に調整できるものである。

0183

また、当該ストッパ片15が連結されているハンドル部11fとは反対側のハンドル部11f内面には、図31及び図33にも示したように、当該ストッパ片15の先端が係止されることになるストッパ15aが形成してある。なお、このストッパ15aは、ハンドル部11fの内面に沿ったもので、かつストッパ片15の先端が係止されることになる複数の溝を有したものとしてあるから、例えば図33に示したような、両ハンドル部11fが最大限開いた状態となるようにしてストッパ片15の係止を行えば、鉄筋30は各保持部11e及び弾性部14によってしっかりと保持されることになる。

0184

管部材12は、前述したレベル表示具20を高さ調整自在に支持するものであり、本実施形態に係る天端出し補助具10では、ストッパ15aを形成した側の鉄筋取付部11の側面に一体化してある。本実施形態の天端出し補助具10では、図31図33に示したように、鉄筋30の上部側に連結される横筋32を避けるためと、レベル表示具20の保持を横筋32より高い位置で行うために、当該管部材12は鉄筋取付部11の上部側に一体成形してある。勿論、この管部材12には、環状部12aと、これを拡開可能にする拡開部12bとを備えたものであり、本実施例では、図17の「楕円型」のものを採用している。

0185

なお、この管部材12については、図32に示したように、両ハンドル部11fの間に位置する弾性部14上に一体的に形成して実施してもよいものである。そして、この管部材12に対して、後述する当接部16を一体的に設けることもなされる。このように実施した場合には、両鉄筋取付部11による鉄筋30の挟持作業を行う際に、当該管部材12の鉄筋30に対する位置を気にしなくても済むことになるし、鉄筋30上への当接部16の当接を維持したまま行えるからである。

0186

図31に示した実施例6に係る天端出し補助具10では、上記管部材12を形成したのとは反対側の鉄筋取付部11に対して当接部16が形成してある。この当接部16は、図33に示したように、鉄筋30の上端に当接することになるものであるが、可能であれば、管部材12にも設けてもよい。この当接部16は、当該天端出し補助具10を鉄筋30に取り付けるに当たって、その取付け位置の調整または決定を自動的に、つまり作業者が目で確認しなくても行えるようにするものである。

0187

また、この当接部16は、鉄筋取付部11または管部材12に高さ調整自在に設けて実施してもよい。 このように、当接部16を鉄筋取付部11または管部材12に高さ調整自在にしたことによって、鉄筋30が横筋32に対して正しい位置からズレている場合に、このズレ量を調整できる。

0188

さらに、当接部16は、例えば図31に示したような平らなものとしたり、ペットボトルキャップのような形状にしたりして、縦筋32の上端に被せられるものとして実施しても良い。

0189

この当接部16を、縦筋32の上端に被せられるものとした場合には、その縦筋32に対する取付け作業は、まず、この当接部16を縦筋32の上端に被せることから始めるのである。そうすることによって、作業者がまず行わなければならない当該天端出し補助具10の縦筋32の上端に対する位置決めが、型枠間に見える縦筋32の上端を目指して当接部16を近づけて被せることによって、簡単に行えるからである。

0190

当接部16が縦筋32の上端に被せられれば、その位置で鉄筋取付部11のハンドル部11fを摘んで両保持部11eを広げ、これらの保持部11eが縦筋32の向こう側に行くように、当該天端出し補助具10を押し込むのである。以上によって、当該天端出し補助具10の縦筋32に対する位置決めと固定が、目で確認しなくても簡単に行えることになるのである。

0191

この実施例6に係る天端出し補助具10では、例えば図33中の仮想線にて示したように、いずれかの鉄筋取付部11にブレ防止を一体的に設けるようにしている。このブレ防止は、他にも、横筋32側に向かう面や部分を有する管部材12、当接部16に設けるようにしても実施される。

0192

このブレ防止は、当該天端出し補助具10を縦筋32側に取付けたとき、この縦筋32の近傍に位置している横筋32の一部に当接するものであり、このブレ防止の横筋32に対する支えによって、当該天端出し補助具10の縦筋32に対する回転を阻止するものである。つまり、このブレ防止は、取付後の当該天端出し補助具10全体の縦筋32に対するブレや回転を防止するものである。

0193

10天端出し補助具
11鉄筋取付部
11a 開口
11b 鉄筋収納部
11c案内片
11d導入面
11e 保持部
11fハンドル部
12管部材
12a 環状部
12b拡開部
12c部分ネジ
13交差鉄筋当接部
13a押え片
13b逃げ片
14弾性部
15ストッパ片
15aストッパ
16 当接部
17 鉄筋取付部(縦筋取付部)
20挿入部材(レベル表示具)
21目印
22ネジ部
30 鉄筋
31横筋
32 縦筋
33結束線
41生コン
42 レベラー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東洋モートン株式会社の「 接着用組成物、および施工方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、コンクリート、モルタルの打継ぎにおいて、上塗材の重ね塗りを必要とせずに、乾燥、湿潤、油潤した様々な下地に対して優れた打継性能(優れた強度)を発現する、従来と比較して格段に汎用性が... 詳細

  • ビクターリックカンパニーの「 弁および連結器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】パイプ要素を継合するための弁および連結器の提供。【解決手段】パイプ要素22、24を継合するための弁10および連結器は、相互の端間に取り付けられた複数の連結区画12、14によって画定される中心空... 詳細

  • 竹内工業株式会社の「 ファスナ構造」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】孔への挿入を容易にする一方で孔からの離脱を困難にしたファスナ構造を提供する。【解決手段】基板BBに取り付けられるケーブルクランプ1に設けられ、基板BBの孔Hに圧入状態に挿入されるファスナ部2で... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ