図面 (/)

技術 入力情報を処理するための方法及び装置

出願人 バイドゥオンラインネットワークテクノロジー(ペキン)カンパニーリミテッド
発明者 リウリンワンフェイ
出願日 2014年12月26日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2014-264864
公開日 2016年1月28日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2016-015113
状態 特許登録済
技術分野 検索装置
主要キーワード 動作順番 関連対象 トリガ命令 スペース利用 音声ライブラリ 関連記述 一次チャネル プロンプト情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年1月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

入力情報を処理するための方法及び装置を提供する。

解決手段

本発明は、入力情報を処理するための方法及び装置を提供する。本発明の実施形態では、初期検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動し、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信することで、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、入力キーワードに従って検索エンジン検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令が検索エンジンに送信され、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。

概要

背景

検索エンジンは、特定のコンピュータプログラムを使用してある戦略に従ってインターネットから情報を収集し、情報を組織化して処理した後に検索サービスをユーザに提供し、ユーザの検索関連情報をユーザに表示するシステムである。China National Bureau of Statisticsのレポートによれば、中国人のインターネットユーザの数は4億を超え、そのデータは、インターネットユーザが世界で最も多い国になることにおいて中国が米国を上回ったことを意味し、中国におけるウェブサイト総数は、200万を超えている。したがって、可能な限り最大限までユーザの需要を満たすためにどのように検索サービスを使用するかに関する質問は、常に、インターネット企業にとって重要なトピックである。

検索エンジンの初期ユーザインターフェース(すなわち、初期の検索インターフェース)は、ユーザが最初に接触する独特コンテンツであり、検索エンジンとユーザとの間の最初の通信のための一次チャネルである。先行技術では、ユーザが入力キーワードを提供するため、初期の検索インターフェースの指定されたスペース事前にセットされたサイズで入力ボックスを構成する方法が採用されている。

概要

入力情報を処理するための方法及び装置を提供する。 本発明は、入力情報を処理するための方法及び装置を提供する。本発明の実施形態では、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動し、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信することで、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令が検索エンジンに送信され、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

入力情報を処理するための方法であって、初期検索インターフェースを表示するステップと、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として前記初期の検索インターフェースを起動するステップと、前記入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信するステップと、前記初期の検索インターフェース上に前記入力キーワードを表示するステップと、前記入力キーワードに従って検索エンジン検索を実行するように、前記入力キーワードを含む検索命令を前記検索エンジンに送信するステップとを含むことを特徴とする方法。

請求項2

前記初期の検索インターフェースは、その全てのスペース空白であるインターフェース、又は検索エンジンのロゴのみを含むインターフェース、又は検索機能タンのみを含むインターフェース、又は、前記検索エンジンの前記ロゴ及び前記検索機能ボタンのみを含むインターフェースを含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

請求項3

初期の検索インターフェースが表示された後、且つ、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として前記初期の検索インターフェースが起動される前に、入力待ちを示すため、前記ユーザによってトリガされた起動命令を受信するステップを更に含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記入力プロンプトは、以下のもの、すなわち、前記初期の検索インターフェース上のカーソル仮想キーボード、及び、音声入力ボタンの少なくとも1つを含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、前記入力キーワードを含む検索命令を前記検索エンジンに送信する前記ステップは、前記ユーザによってトリガされたトリガ命令に応じて、前記入力キーワードに従って前記検索エンジンが検索を実行するように、前記入力キーワードを含む前記検索命令を前記検索エンジンに送信するステップ、又は、前記初期の検索インターフェース上の前記カーソルの位置変更に応じて、前記入力キーワードに従って前記検索エンジンが検索を実行するように、前記カーソル前の前記入力キーワードを含む前記検索命令を前記検索エンジンに送信するステップを含むことを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項に記載の方法。

請求項6

初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として前記初期の検索インターフェースを起動する前記ステップは、前記初期の検索インターフェースを表示する間、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動すること、又は前記初期の検索インターフェースが表示された直後、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する、又は、前記初期の検索インターフェースが表示された後、事前にセットされた起動規則に従って、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するステップを含むことを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項に記載の方法。

請求項7

入力情報を処理するための装置であって、初期の検索インターフェースを表示するための表示ユニットであって、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として前記初期の検索インターフェースを起動するためのものでもある、表示ユニットと、前記入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信するための受信ユニットであって、前記表示ユニットは、前記初期の検索インターフェース上に前記入力キーワードを表示するためのものでもある、受信ユニットと、前記入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、前記入力キーワードを含む検索命令を前記検索エンジンに送信するための送信ユニットとを備えることを特徴とする、装置。

請求項8

前記初期の検索インターフェースは、その全てのスペースが空白であるインターフェース、又は検索エンジンのロゴのみを含むインターフェース、又は検索機能ボタンのみを含むインターフェース、又は、前記検索エンジンの前記ロゴ及び前記検索機能ボタンのみを含むインターフェースを含むことを特徴とする、請求項7に記載の装置。

請求項9

前記受信ユニットは、入力待ちを示すため、前記ユーザによってトリガされた起動命令を受信するためにも使用されることを特徴とする、請求項7に記載の装置。

請求項10

前記入力プロンプトは、以下のもの、すなわち、前記初期の検索インターフェース上のカーソル、仮想キーボード、及び、音声入力ボタンの少なくとも1つを含むことを特徴とする、請求項7に記載の装置。

請求項11

前記送信ユニットは、具体的には、前記ユーザによってトリガされたトリガ命令に応じて、前記入力キーワードに従って前記検索エンジンが検索を実行するように、前記入力キーワードを含む前記検索命令を前記検索エンジンに送信するため、又は、前記初期の検索インターフェース上の前記カーソルの位置変更に応じて、前記入力キーワードに従って前記検索エンジンが検索を実行するように、前記カーソル前の前記入力キーワードを含む前記検索命令を前記検索エンジンに送信するために使用されることを特徴とする、請求項7〜10のいずれか一項に記載の装置。

請求項12

前記表示ユニットは、具体的には、前記初期の検索インターフェースを表示する間、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するため、又は前記初期の検索インターフェースが表示された直後、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するため、又は、前記初期の検索インターフェースが表示された後、事前にセットされた起動規則に従って、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するために使用されることを特徴とする、請求項7〜10のいずれか一項に記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、検索技法に関し、具体的には、入力情報を処理するための方法及び装置に関する。

背景技術

0002

検索エンジンは、特定のコンピュータプログラムを使用してある戦略に従ってインターネットから情報を収集し、情報を組織化して処理した後に検索サービスをユーザに提供し、ユーザの検索関連情報をユーザに表示するシステムである。China National Bureau of Statisticsのレポートによれば、中国人のインターネットユーザの数は4億を超え、そのデータは、インターネットユーザが世界で最も多い国になることにおいて中国が米国を上回ったことを意味し、中国におけるウェブサイト総数は、200万を超えている。したがって、可能な限り最大限までユーザの需要を満たすためにどのように検索サービスを使用するかに関する質問は、常に、インターネット企業にとって重要なトピックである。

0003

検索エンジンの初期ユーザインターフェース(すなわち、初期の検索インターフェース)は、ユーザが最初に接触する独特コンテンツであり、検索エンジンとユーザとの間の最初の通信のための一次チャネルである。先行技術では、ユーザが入力キーワードを提供するため、初期の検索インターフェースの指定されたスペース事前にセットされたサイズで入力ボックスを構成する方法が採用されている。

発明が解決しようとする課題

0004

事前にセットされたサイズで入力ボックスを構成するこの方法は、入力ボックスの外側の初期の検索インターフェース上のスペースの大部分を空白領域にし、その空白領域は使用することができないため無駄になる。この形式の入力ボックスは、コンピュータを使用してインターネットをサーフして検索を実行するユーザにはほとんど影響はないが、ネットワーク技術の急速な発展と共に、ますます多くのユーザがモバイル端末を使用してインターネットをサーフし、一般に、モバイル端末の画面は全て比較的小さなものである。しかし、ユーザは、絶えず多量のデータ入力操作に直面し、依然として先行技術の入力ボックス形式が使用されている場合は、入力ボックスの外側の空白領域を使用することができず、初期の検索インターフェースのスペース利用を低減し、ユーザ操作に不便が生じ、ユーザエクスペリエンスに深刻な影響を及ぼすことになる。

課題を解決するための手段

0005

初期の検索インターフェースのスペース利用を改善するため、本発明の複数の態様において、入力情報を処理するための方法及び装置が提供される。

0006

本発明の一態様では、入力情報を処理するための方法であって、
初期の検索インターフェースを表示するステップと、
入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するステップと、
入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信するステップと、
初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示するステップと、
入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するステップと
を含む方法が提供される。

0007

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、初期の検索インターフェースが、
その全てのスペースが空白であるインターフェース、又は
検索エンジンのロゴのみを含むインターフェース、又は
検索機能タンのみを含むインターフェース、又は、
検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンのみを含むインターフェース
を含む実装形態が更に提供される。

0008

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、初期の検索インターフェースが表示された後、且つ、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースが起動される前に、
入力待ちを示すため、ユーザによってトリガされた起動命令を受信するステップ
を更に含む実装形態が更に提供される。

0009

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、入力プロンプトが、以下のもの、すなわち、
初期の検索インターフェース上のカーソル
仮想キーボード、及び、
音声入力ボタン
の少なくとも1つを含む実装形態が更に提供される。

0010

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するステップが、
ユーザによってトリガされたトリガ命令に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するステップ、又は、
初期の検索インターフェース上のカーソルの位置変更に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、カーソル前の入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するステップ
を含む実装形態が更に提供される。

0011

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するステップが、
初期の検索インターフェースを表示する間、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動すること、又は
初期の検索インターフェースが表示された直後、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するステップ、又は、
初期の検索インターフェースが表示された後、事前にセットされた起動規則に従って、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するステップ
を含む実装形態が更に提供される。

0012

本発明の別の態様では、入力情報を処理するための装置であって、
初期の検索インターフェースを表示するための表示ユニットであって、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するためのものでもある、表示ユニットと、
入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信するための受信ユニットであって、表示ユニットは、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示するためのものでもある、受信ユニットと、
入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するための送信ユニット
を備える、装置が提供される。

0013

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、初期の検索インターフェースが、
その全てのスペースが空白であるインターフェース、又は
検索エンジンのロゴのみを含むインターフェース、又は
検索機能ボタンのみを含むインターフェース、又は、
検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンのみを含むインターフェース
を含む実装形態が更に提供される。

0014

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、受信ユニットが、
入力待ちを示すため、ユーザによってトリガされた起動命令を受信する
ためにも使用される実装形態が更に提供される。

0015

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、入力プロンプトが、以下のもの、すなわち、
初期の検索インターフェース上のカーソル、
仮想キーボード、及び、
音声入力ボタン
の少なくとも1つを含む実装形態が更に提供される。

0016

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、送信ユニットが、具体的には、
ユーザによってトリガされたトリガ命令に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するため、又は、
初期の検索インターフェース上のカーソルの位置変更に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、カーソル前の入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するため
に使用される実装形態が更に提供される。

0017

上記で言及されるような態様及び任意の可能な実装形態では、表示ユニットが、具体的には、
初期の検索インターフェースを表示する間、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するため、又は
初期の検索インターフェースが表示された直後、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するため、又は、
初期の検索インターフェースが表示された後、事前にセットされた起動規則に従って、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するため
に使用される実装形態が更に提供される。

0018

上記で言及される技術的解決策から、本発明の実施形態では、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動し、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信することで、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令が検索エンジンに送信され、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善されることが分かる。

0019

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、入力キーワードの表示位置は特に限定されず、初期の検索インターフェースのいかなる位置にも入力キーワードを表示することができる。したがって、初期の検索インターフェースの表示の柔軟性を効率的に向上することができる。

0020

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、入力キーワードの最初の画面表示はもはや入力ボックスのサイズに制限されず、もはや単数行でしか表示できないわけではなくなる。したがって、初期の検索インターフェースの表示効率を効率的に向上することができる。

0021

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、初期の検索インターフェースの指定された位置の範囲、すなわち、目に見える入力ボックスに入力キーワードを表示する必要はないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができる。したがって、初期の検索インターフェースのスペース利用を更に改善することができる。

0022

本発明の実施形態における技術的解決策をより明確に示すため、実施形態又は先行技術の記述で使用する必要がある添付の図面を以下で簡単に紹介する。明らかに、以下の記述における添付の図面は、本発明の幾つかの実施形態であり、当業者は、発明に関する努力を行うことなく、これらの添付の図面に従って、他の図面を更に得ることができる。

図面の簡単な説明

0023

本発明の実施形態で提供される入力情報を処理するための方法の概略フローチャート
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
図1に対応する実施形態における初期の検索インターフェースの概略表示図
本発明の別の実施形態で提供される入力情報を処理するための装置の概略構造図

実施例

0024

本発明の実施形態の目的、技術的解決策及び利点をより明確にするため、以下で、本発明の実施形態の添付の図面と組み合わせて、本発明の実施形態の技術的解決策について明確且つ完全に説明する。明らかに、説明される実施形態は、全ての実施形態というよりむしろ、本発明の実施形態の幾つかである。発明に関する努力を行うことなく、本発明の実施形態に基づいて、当業者によって得られる他の全ての実施形態は、本発明の保護の範囲内である。

0025

本発明の実施形態に関与する端末は、これらに限定されないが、携帯電話携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスハンドヘルド装置ワイヤレスネットブックパーソナルコンピュータポータブルコンピュータ、MP3プレーヤ、MP4プレーヤなどを含み得ることに留意すべきである。

0026

それに加えて、本明細書の用語「及び/又は」は、関連対象について説明する単なる対応関係であり、3つの関係が存在し得ることを示し、例えば、A及び/又はBは、Aのみが存在する場合、AとBが同時に存在する場合、そして、Bのみが存在する場合の3つの場合を表し得る。それに加えて、本明細書の記号「/」は、一般に、関連対象間の「又は」関係を示す。

0027

図1は、本発明の実施形態で提供される入力情報を処理するための方法の概略フローチャートである。
101.初期の検索インターフェースが表示される。
102.入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースが起動される。
103.入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードが得られる。

0028

入力キーワードは、中国語情報でも、英語情報及びドイツ語情報などの外国語情報でもよい。このことは、この実施形態に特に限定されない。
104.初期の検索インターフェース上に入力キーワードが表示される。
105.入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令が検索エンジンに送信される。

0029

101〜105の実行本体は、検索エンジンでも、ローカルアプリケーションアプリ)に位置するものでも、ネットワーク側のサーバに位置するものでもよく、このことは、この実施形態に特に限定されないことに留意すべきである。

0030

アプリケーションは、端末にインストールされたネイティブアプリケーションログラムネイティブアプリ)でも、端末のブラウザウェブページアプリケーションプログラムウェブアプリ)でもよく、検索結果を提供するために情報検索実装が可能ないかなる客観的な形態も取り得、このことは、この実施形態に限定されないことを理解することができる。

0031

このように、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動し、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信することで、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令が検索エンジンに送信され、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。

0032

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、101において、検索装置によって表示される初期の検索インターフェースは、これらに限定されないが、
図2に示されるような、その全てのスペースが空白であるインターフェース、
図3に示されるような、検索エンジンのロゴのみを含むインターフェース、
検索機能ボタンのみを含むインターフェース、又は、
図4に示されるような、検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンのみを含むインターフェース
を含み得る。

0033

このように、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に表示されないため、入力キーワードの表示位置は特に限定されず、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。すなわち、初期の検索インターフェースのいかなる位置にも入力キーワードを表示することができ、その一方で、初期の検索インターフェースの表示の柔軟性を更に向上することができる。

0034

それに加えて、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に表示されないため、初期の検索ページ全体の空白領域は、入力キーワードの表示領域であり得、したがって、入力キーワードの最初の画面表示はもはや入力ボックスのサイズに制限されず、もはや単数行でしか表示できないわけではなくなり、複数行で表示することができる。

0035

ユーザによる入力が必要とされる入力キーワードにあまりに多くの文字が存在する場合、検索装置は、図5に示されるように、次の行に入力キーワードを続けて表示するため、各行に表示される文字の数の事前にセットされた閾値に従って自動改行操作を実行できることを理解することができる。初期の検索インターフェースで指定された表示領域が1つの画面に全ての入力キーワードを完全に表示できない場合、検索装置は、図6に示されるように、初期の検索インターフェースにスクロールバーを提供し、その結果、ユーザは、スクロールバーをドラッグしてスクロール表示を実行し、表示領域を一致させることができる。1つの画面のサイズは、表示領域のサイズを指す。したがって、初期の検索インターフェースの表示効率を効率的に向上することができる。

0036

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、検索装置は、101と102を同時に実行することも、101が実行された直後に102を実行することも、101が実行された後に事前にセットされた起動規則に従って102を実行することもでき、このことは、この実施形態に特に限定されない。

0037

具体的には、101の後、検索装置は、更に、入力待ちを示すため、ユーザによってトリガされた起動命令を受信し、次いで、102を実行することもできる。起動命令は様々な形態を取り得、このことは、この実施形態に特に限定されない。例えば、図7に示されるように、ユーザが初期の検索インターフェース上の任意の領域をクリックするか又は触れるか、或いは、別の例として、ユーザが端末を揺する等を行い、その結果、検索装置は、情報入力を実行できることをユーザに促すため、受信した起動命令に従って102を実行することができる。クリック又はタッチ操作は、起動命令をトリガするため、先行技術における入力ボックス内の領域などの指定された領域で実行しなければならないというよりむしろ、初期の検索インターフェース上のいかなる領域でも実行できるため、情報入力起動の効率を効率的に向上することができる。

0038

目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、表示領域として初期の検索インターフェースを起動することは、入力領域がもはや目に見える入力ボックスに限定されないが、目に見えない入力ボックス(すなわち、初期の検索インターフェースの他の領域)まで拡大されることを意味することを理解することができる。

0039

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、102において、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースの場合は、初期の検索インターフェース全体が、具体的に入力キーワードの表示領域として起動することができる。

0040

具体的には、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースの場合は、入力ボックスは、具体的には、初期の検索インターフェース上に提供することができ、入力ボックスのサイズは、初期の検索インターフェース全体のサイズと同じであり、その透明度が100%の、完全に透明なもの(すなわち、目に見えないもの)であり得る。例えば、図2では、一点鎖線によって囲まれた斜線領域は、完全に透明な入力ボックスである。

0041

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、102において、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースではないが、検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンなどの他のインターフェース要素を含む場合は、初期の検索インターフェースの空白領域が、具体的に入力キーワードの表示領域として起動することができる。

0042

具体的には、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースではないが、他のインターフェース要素を含む場合は、入力ボックスは、具体的には、初期の検索インターフェース上に提供することができ、入力ボックスのサイズは、初期の検索インターフェースに含まれるインターフェース要素に依存し、その透明度が100%の、完全に透明なもの(すなわち、目に見えないもの)であり得る。例えば、図3及び4に示されるように、一点鎖線によって囲まれた斜線領域は、完全に透明な入力ボックスである。

0043

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、102において、検索装置によって表示される入力プロンプトは、これらに限定されないが、以下のもの、すなわち、
図8に示されるような、初期の検索インターフェース上のカーソル、
図8に示されるような、仮想キーボード、及び、
音声入力ボタン
の少なくとも1つを含み得る。

0044

具体的には、仮想キーボード又は音声入力ボタンは、初期の検索インターフェースの下部又は初期の検索インターフェースの右側などのユーザ操作を容易にする位置に位置し得、このことは、この実施形態に特に限定されない。

0045

この実施形態に関与する入力方法は、これらに限定されないが、テキスト入力及び音声入力の少なくとも1つを含み得るが、このことは、この実施形態に限定されないことを理解することができる。

0046

具体的には、音声入力検索を実行するステップは、以下の通り、すなわち、まず、端末で音声入力モードを開始し、ユーザによる音声信号入力を受信し、次いで、音声信号を使用して音声ライブラリで一致するものを見つけることであり得る。音声信号の一致がうまくいけば、1つ又は複数の一致結果が出力され、複数の一致結果が出力されれば、ユーザの選択に従って1つの一致結果を決定することができる。上記で言及される一致結果は、端末上に表示され、一致結果を使用して検索操作が実行される。音声信号の一致に失敗すれば、エラープロンプト情報を出力することができる。

0047

その上、検索装置は、更に、入力待ちのさらなるしるしを提供するため、「カチカチ」音などの指定された音声データを再生することができる。

0048

検索装置は、具体的には、初期の検索インターフェースの現表示需要に従って、検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンなどの初期の検索インターフェースに含まれるコンテンツの属性(すなわち、目に見えるか又はそうでないか(隠れているか又はそうでないか)、位置、サイズ又は透明度など)を調整できることに留意すべきである。

0049

例えば、検索装置は、初期の検索インターフェースの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えなくなるように調整することができる。例えば、ユーザが入力を開始する前において、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えなくなるように調整する。

0050

或いは、例えば、検索エンジンのより明確なロゴを提供するため、検索装置は、初期の検索インターフェースの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの位置が端末の画面の中央にくるように調整することができる。

0051

或いは、別の例として、検索エンジンのより明確なロゴを提供するため、検索装置は、初期の検索インターフェースの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴのサイズがより大きくなるように調整することができる。

0052

或いは、別の例として、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えるようになるように調整することができる。例えば、図9に示されるように、ユーザが入力を開始する際又はユーザが入力を開始した後、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えるようになるように調整する。

0053

或いは、別の例として、より大きな入力スペースを提供するため、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの位置が端末の画面の高い位置にくるように調整することもできる。

0054

或いは、別の例として、より大きな入力スペースを提供するため、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴのサイズがより小さくなるように調整することもできる。

0055

或いは、別の例として、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴが目に見えなくなるように調整することもできる。例えば、ユーザが入力を開始する際又はユーザが入力を開始した後、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴが徐々に目に見えなくなるか又は瞬時に目に見えなくなるように調整し、このことは、この実施形態に特に限定されない。

0056

或いは、別の例として、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの透明度を調整することもできる。例えば、ユーザが入力を開始する際又はユーザが入力を開始した後、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの透明度を50%に調整する、すなわち、検索エンジンのロゴを初期の検索インターフェースの透かしとして使用する。

0057

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、105において、検索装置は、具体的には、ユーザによってトリガされたトリガ命令に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信することができる。具体的には、検索装置は、例えば、ユーザが初期の検索インターフェース上の検索機能ボタンをクリックするか又は触れるか、或いは、別の例として、ユーザが入力インターフェース上に表示されたOK機能ボタンをクリックするか又は触れるか、或いは、別の例として、ユーザが端末を揺するか、或いは、別の例として、ユーザが指定されたジェスチャを端末の画面上に描くなど、ユーザによってトリガされたトリガ命令を受信することができる。このように、検索装置は、受信したトリガ命令に従って後続の操作を実行することができる。

0058

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、105において、検索装置は、具体的には、初期の検索インターフェース上のカーソルの位置変更に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、カーソル前の入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信することができる。具体的には、検索装置は、初期の検索インターフェース上のカーソルの位置変更を検出することができ、位置が変更されれば、現在検索されている目標キーワードとしてカーソル前の入力キーワードを取り入れることができる。

0059

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、104の後且つ105の前に、検索装置は、更に、入力キーワードを置換するため、ユーザが選択できるように、初期の検索インターフェース上に入力キーワードと関連付けられた関連キーワードを表示することができる。

0060

例えば、検索装置は、入力キーワードに従って、入力キーワードと関連付けられた関連キーワードを得る。

0061

或いは、別の例として、検索エンジンが、入力キーワードに従って、入力キーワードと関連付けられた関連キーワードを得ることができるようにするため、検索装置は、入力キーワードを含む関連命令を検索エンジンに送信する。

0062

関連キーワードは、入力キーワードと関連付けられた何らかの関連情報である。例えば、入力キーワードを含むものなどの入力キーワードの言語的意味と関連付けられた関連情報を提供することができる。或いは、別の例として、入力キーワードのものと同じ意味又は入力キーワードのものと同様の意味を有する関連情報も提供することができる。或いは、別の例として、サービスプロバイダ予約購入情報(すなわち、プロモーション情報)と関連付けられたものなどの入力キーワードの仕様と関連付けられた関連情報を提供することができる。このことは、この実施形態で特に定義されない。

0063

この実施形態では、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動し、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信することで、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令が検索エンジンに送信され、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。

0064

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、入力キーワードの表示位置は特に限定されず、初期の検索インターフェースのいかなる位置にも表示することができる。したがって、初期の検索インターフェースの表示の柔軟性を効率的に向上することができる。

0065

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、入力キーワードの最初の画面表示はもはや入力ボックスのサイズに制限されず、もはや単数行でしか表示できないわけではなくなる。したがって、初期の検索インターフェースの表示効率を効率的に向上することができる。

0066

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、初期の検索インターフェースの指定された位置の範囲、すなわち、目に見える入力ボックスに入力キーワードを表示する必要はないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができる。したがって、初期の検索インターフェースのスペース利用を更に改善することができる。

0067

前述の方法の実施形態に関し、簡単な記述を目的として、方法は、一連の動作の組合せとして説明されるが、当業者であれば、本発明によれば、幾つかのステップを他の順番で実行することも、同時に実行することもできるため、本発明は説明される動作順番に限定されないことを知っているものとすることに留意するものとする。第2に、当業者であれば、記述で説明される実施形態は全て好ましい実施形態であり、関与する動作及びモジュールは必ずしも本発明に必須ではないことも知っているものとする。

0068

上記の実施形態では、各実施形態の記述はそれ自体の強調を有し、ある実施形態で詳述されない部分に対し、他の実施形態の関連記述を参照することができる。

0069

図10は、本発明の別の実施形態で提供される入力情報を処理するための装置の概略構造図である。この実施形態での入力情報を処理するための装置は、表示ユニット1001、受信ユニット1002及び送信ユニット1003を備え得る。表示ユニット1001は、初期の検索インターフェースを表示するために使用される。また、表示ユニット1001は、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動するためにも使用される。受信ユニット1002は、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信するために使用される。また、表示ユニット1001は、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示するためにも使用される。送信ユニット1003は、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するために使用される。

0070

入力キーワードは、中国語情報でも、英語情報及びドイツ語情報などの外国語情報でもよい。このことは、この実施形態に特に限定されない。

0071

この実施形態で提供される入力情報を処理するための装置は、検索装置でも、ローカルに位置するアプリケーション(アプリ)でも、ネットワーク側のサーバに位置するものでもよく、このことは、この実施形態に特に限定されないことに留意すべきである。

0072

アプリケーションは、端末にインストールされたネイティブアプリケーションログラム(ネイティブアプリ)でも、端末のブラウザのウェブページアプリケーションプログラム(ウェブアプリ)でもよく、検索結果を提供するために情報検索の実装が可能ないかなる客観的な形態も取り得、このことは、この実施形態に限定されないことを理解することができる。

0073

このように、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する表示ユニットによって、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信する受信ユニットによって、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、送信ユニットは、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信し、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。

0074

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、表示ユニットによって表示される初期の検索インターフェースは、これらに限定されないが、
図2に示されるような、その全てのスペースが空白であるインターフェース、
図3に示されるような、検索エンジンのロゴのみを含むインターフェース、
検索機能ボタンのみを含むインターフェース、又は、
図4に示されるような、検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンのみを含むインターフェース
を含み得る。

0075

このように、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、入力キーワードの表示位置は特に限定されず、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。すなわち、初期の検索インターフェースのいかなる位置にも入力キーワードを表示することができ、その一方で、初期の検索インターフェースの表示の柔軟性を更に向上することができる。

0076

それに加えて、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、初期の検索インターフェース全体の空白領域は、入力キーワードの表示領域であり得、したがって、入力キーワードの最初の画面表示はもはや入力ボックスのサイズに制限されず、もはや単数行でしか表示できないわけではなくなり、複数行で表示することができる。

0077

ユーザによる入力が必要とされる入力キーワードにあまりに多くの文字が存在する場合、検索装置は、図5に示されるように、次の行に入力キーワードを続けて表示するため、各行に表示される文字の数の事前にセットされた閾値に従って自動改行操作を実行できることを理解することができる。初期の検索インターフェースで指定された表示領域が1つの画面に全ての入力キーワードを完全に表示できない場合、検索装置は、図6に示されるように、初期の検索インターフェースにスクロールバーを提供し、その結果、ユーザは、スクロールバーをドラッグしてスクロール表示を実行し、表示領域を一致させることができる。1つの画面のサイズは、表示領域のサイズを指す。したがって、初期の検索インターフェースの表示効率を効率的に向上することができる。

0078

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、表示ユニット1001は、初期の検索インターフェースを表示する操作を実行する間、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する操作を実行することも、初期の検索インターフェースを表示する操作が実行された直後に、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する操作を実行することも、初期の検索インターフェースを表示する操作が実行された後に、事前にセットされた起動規則に従って、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する操作を実行することもでき、このことは、この実施形態に特に限定されない。

0079

具体的には、表示ユニット1001が初期の検索インターフェースを表示する操作を実行した後、更に、入力待ちを示すため、ユーザによってトリガされた起動命令を受信ユニット1002で受信し、次いで、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する操作を実行することもできる。起動命令は様々な形態を取り得、このことは、この実施形態に特に限定されない。例えば、図7に示されるように、ユーザが初期の検索インターフェース上の任意の領域をクリックするか又は触れるか、或いは、別の例として、ユーザが端末を揺する等を行い、その結果、表示ユニット1001は、情報入力を実行できることをユーザに促すため、受信した起動命令に従って、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する操作を実行することができる。クリック又はタッチ操作は、起動命令をトリガするため、先行技術における入力ボックス内の領域などの指定された領域で実行しなければならないというよりむしろ、初期の検索インターフェース上のいかなる領域でも実行できるため、情報入力起動の効率を効率的に向上することができる。

0080

目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に配置されないため、表示領域として初期の検索インターフェースを起動することは、入力領域がもはや目に見える入力ボックスに限定されないが、目に見えない入力ボックス(すなわち、初期の検索インターフェースの他の領域)まで拡大されることを意味することを理解することができる。

0081

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースの場合は、表示ユニット1001は、具体的には、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェース全体を起動することができる。

0082

具体的には、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースの場合は、入力ボックスは、具体的には、初期の検索インターフェース上に提供することができ、入力ボックスのサイズは、初期の検索インターフェース全体のサイズと同じであり、その透明度が100%の、完全に透明なもの(すなわち、目に見えないもの)であり得る。例えば、図2では、一点鎖線によって囲まれた斜線領域は、完全に透明な入力ボックスである。

0083

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースではないが、検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンなどの他のインターフェース要素を含む場合は、表示ユニット1001は、具体的には、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースの空白領域を起動することができる。

0084

具体的には、初期の検索インターフェースが、その全てのスペースが空白であるインターフェースではないが、他のインターフェース要素を含む場合は、入力ボックスは、具体的には、初期の検索インターフェース上に提供することができ、入力ボックスのサイズは、初期の検索インターフェースに含まれるインターフェース要素に依存し、その透明度が100%の、完全に透明なもの(すなわち、目に見えないもの)であり得る。例えば、図3及び4に示されるように、一点鎖線によって囲まれた斜線領域は、完全に透明な入力ボックスである。

0085

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、表示ユニット1001によって表示される入力プロンプトは、これらに限定されないが、以下のもの、すなわち、
図8に示されるような、初期の検索インターフェース上のカーソル、
図8に示されるような、仮想キーボード、及び、
音声入力ボタン
の少なくとも1つを含み得る。

0086

具体的には、仮想キーボード又は音声入力ボタンは、初期の検索インターフェースの下部又は初期の検索インターフェースの右側などのユーザ操作を容易にする位置に位置し得、このことは、この実施形態に特に限定されない。

0087

この実施形態に関与する入力方法は、これらに限定されないが、テキスト入力及び音声入力の少なくとも1つを含み得るが、このことは、この実施形態に限定されないことを理解することができる。

0088

具体的には、音声入力検索を実行するステップは、以下の通り、すなわち、まず、端末で音声入力モードを開始し、ユーザによる音声信号入力を受信し、次いで、音声信号を使用して音声ライブラリで一致するものを見つけることであり得る。音声信号の一致がうまくいけば、1つ又は複数の一致結果が出力され、複数の一致結果が出力されれば、ユーザの選択に従って1つの一致結果を決定することができる。上記で言及される一致結果は、端末上に表示され、一致結果を使用して検索操作が実行される。音声信号の一致に失敗すれば、エラープロンプト情報を出力することができる。

0089

その上、検索装置は、更に、入力待ちのさらなるしるしを提供するため、「カチカチ」音などの指定された音声データを再生することができる。

0090

検索装置は、具体的には、初期の検索インターフェースの現表示需要に従って、検索エンジンのロゴ及び検索機能ボタンなどの初期の検索インターフェースに含まれるコンテンツの属性(すなわち、目に見えるか又はそうでないか(隠れているか又はそうでないか)、位置、サイズ又は透明度など)を調整できることに留意すべきである。

0091

例えば、検索装置は、初期の検索インターフェースの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えなくなるように調整することができる。例えば、ユーザが入力を開始する前において、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えなくなるように調整する。

0092

或いは、別の例として、検索エンジンのより明確なロゴを提供するため、検索装置は、初期の検索インターフェースの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの位置が端末の画面の中央にくるように調整することができる。

0093

或いは、別の例として、検索エンジンのより明確なロゴを提供するため、検索装置は、初期の検索インターフェースの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴのサイズがより大きくなるように調整することができる。

0094

或いは、別の例として、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えるようになるように調整することができる。例えば、図9に示されるように、ユーザが入力を開始する際又はユーザが入力を開始した後、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索機能ボタンが目に見えるようになるように調整する。

0095

或いは、別の例として、より大きな入力スペースを提供するため、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの位置が端末の画面の高い位置にくるように調整することもできる。

0096

或いは、別の例として、より大きな入力スペースを提供するため、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴのサイズがより小さくなるように調整することもできる。

0097

或いは、別の例として、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴが目に見えなくなるように調整することもできる。例えば、ユーザが入力を開始する際又はユーザが入力を開始した後、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴが徐々に目に見えなくなるか又は瞬時に目に見えなくなるように調整し、このことは、この実施形態に特に限定されない。

0098

或いは、別の例として、検索装置は、入力キーワードの表示の表示需要に従って、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの透明度を調整することもできる。例えば、ユーザが入力を開始する際又はユーザが入力を開始した後、検索装置は、初期の検索インターフェースに含まれる検索エンジンのロゴの透明度を50%に調整する、すなわち、検索エンジンのロゴを初期の検索インターフェースの透かしとして使用する。

0099

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、送信ユニット1003は、具体的には、ユーザによってトリガされたトリガ命令に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するために使用される。受信ユニット1002は、具体的には、ユーザによってトリガされたトリガ命令を受信することができ、トリガ命令は、様々な形態を取り得、このことは、この実施形態に特に限定されない。例えば、ユーザは、初期の検索インターフェース上の検索機能ボタンをクリックするか又は触れるか、或いは、別の例として、ユーザは、入力インターフェース上に表示されたOK機能ボタンをクリックするか又は触れるか、或いは、別の例として、ユーザは、端末を揺するか、或いは、別の例として、ユーザは、指定されたジェスチャを端末の画面上に描く。このように、送信ユニット1003は、受信ユニット1002によって受信されたトリガ命令に従って後続の操作を実行することができる。

0100

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、送信ユニット1003は、具体的には、初期の検索インターフェース上のカーソルの位置変更に応じて、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、カーソル前の入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信するために使用される。具体的には、検索装置は、初期の検索インターフェース上のカーソルの位置変更を検出することができ、位置が変更されれば、現在検索されている目標キーワードとしてカーソル前の入力キーワードを取り入れることができる。

0101

任意選択により、この実施形態の可能な実装形態では、検索装置は、更に、入力キーワードを置換するため、ユーザが選択できるように、初期の検索インターフェース上に入力キーワードと関連付けられた関連キーワードを表示することができる。

0102

例えば、検索装置は、入力キーワードに従って、入力キーワードと関連付けられた関連キーワードを得る。

0103

或いは、別の例として、検索エンジンが、入力キーワードに従って、入力キーワードと関連付けられた関連キーワードを得ることができるようにするため、検索装置は、入力キーワードを含む関連命令を検索エンジンに送信する。

0104

関連キーワードは、入力キーワードと関連付けられた何らかの関連情報である。例えば、入力キーワードを含むものなどの入力キーワードの言語的意味と関連付けられた関連情報を提供することができる。或いは、別の例として、入力キーワードのものと同じ意味又は入力キーワードのものと同様の意味を有する関連情報も提供することができる。或いは、別の例として、サービスプロバイダ予約購入情報(すなわち、プロモーション情報)と関連付けられたものなどの入力キーワードの仕様と関連付けられた関連情報を提供することができる。このことは、この実施形態で特に定義されない。

0105

この実施形態では、初期の検索インターフェースを表示し、入力プロンプトを表示するため、入力キーワードの表示領域として初期の検索インターフェースを起動する表示ユニットによって、次いで、入力プロンプトに従ってユーザによって入力された入力キーワードを受信する受信ユニットによって、初期の検索インターフェース上に入力キーワードを表示することができ、送信ユニットは、入力キーワードに従って検索エンジンが検索を実行するように、入力キーワードを含む検索命令を検索エンジンに送信し、入力キーワードの表示位置が特に限定されていないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができ、それにより、初期の検索インターフェースのスペース利用が改善される。

0106

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に表示されないため、入力キーワードの表示位置は特に限定されず、初期の検索インターフェースのいかなる位置にも表示することができる。したがって、初期の検索インターフェースの表示の柔軟性を効率的に向上することができる。

0107

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、目に見える入力ボックスがもはや初期の検索インターフェース上に表示されないため、入力キーワードの最初の画面表示はもはや入力ボックスのサイズに制限されず、もはや単数行でしか表示できないわけではなくなる。したがって、初期の検索インターフェースの表示効率を効率的に向上することができる。

0108

それに加えて、本発明で提供される技術的解決策によって、初期の検索インターフェースの指定された位置の範囲、すなわち、目に見える入力ボックスに入力キーワードを表示する必要はないため、初期の検索インターフェースの空白領域を使用して入力キーワードを表示することができる。したがって、初期の検索インターフェースのスペース利用を更に改善することができる。

0109

当業者であれば、便宜上且つ説明の簡潔さのため、上記のシステム、装置及びユニットの特定の操作プロセスについての情報は、方法の実施形態の対応するプロセスを参照することによって見出せることを明確に理解することができ、それについては、ここでは説明しない。

0110

本発明で提供されるいくつかの実施形態では、開示されるシステム、装置及び方法は、他の方法で実装できることを理解するものとする。例えば、上記で説明される装置の実施形態は、単なる例示であり、例えば、ユニットの分割は、単なる論理機能分割であり、実際の実装形態では、ユニットを分割する他の方法があり得、例えば、複数のユニット又はコンポーネントを組み合わせることも、別のシステムに組み込むことも可能であり、幾つかの特徴を省略することも、実行しないことも可能である。別のポイントは、示されるか又は論じられる結合、直接結合又は通信接続は、幾つかのインターフェース、装置又はユニットを介する間接結合又は通信接続でもよく、電気的、機械的又は他の形態でもよい点である。

0111

分離されたコンポーネントとして説明されるユニットは、物理的に分離されたものであっても、そうでなくともよく、ユニットとして表示されるコンポーネントは、物理的なユニットであっても、そうでなくともよい、すなわち、一カ所に位置するものであっても、複数のネットワーク要素を通じて分散されるものであってもよい。ユニットの幾つか又は全ては、本実施形態の解決策の目的を達成する実際の必要性に従って選択することができる。

0112

それに加えて、本発明の様々な実施形態における様々な機能ユニットを1つの処理ユニットに組み込むことも、ユニットの各々が物理的に単独で存在することも、2つ以上のユニットを1つのユニットに組み込むことも可能である。上記の統合ユニットは、ハードウェアの形態で実装することも、ソフトウェア機能ユニットを有するハードウェアの形態で実装することも可能である。

0113

ソフトウェア機能ユニットの形態で実装される上記の統合ユニットは、コンピュータ可読記憶媒体に格納することができる。上記で言及されるソフトウェア機能ユニットは、記憶媒体に格納され、コンピュータデバイス(パーソナルコンピュータ、サーバ、ネットワークデバイスなどであり得る)又はプロセッサに本発明の実施形態で説明される方法の幾つかのステップを実行させるための幾つかの命令を含む。前述の記憶媒体は、USBフラッシュドライブリムーバブルハードディスク読み取り専用メモリ(ROM)、ランダムアクセスメモリ(RAM)、磁気ディスク又は光ディスクなど、プログラムコードを格納することができる様々な媒体を含む。

0114

最後に、上記の実施形態は、本発明の技術的解決策を制限するよりむしろ、単に、本発明の技術的解決策を説明するために使用されることに留意するものとする。本発明は、前述の実施形態を参照して詳細に説明されているが、当業者であれば、依然として、前述の様々な実施形態で述べられる技術的解決策に対する変更を行うことも、その幾つかの技術的特徴と均等物との置換を行うこともでき、これらの変更又は置換は、対応する技術的解決策の本質を、本発明の様々な実施形態の技術的解決策の精神及び範囲から逸脱させるものではないことを理解するものとする。

0115

1001表示ユニット
1002受信ユニット
1003 送信ユニット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • オムロン株式会社の「 マッチング処理装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】利活用対象のセンシングデータによる容易なセンサマッチングを行うマッチング処理部50が提供される。マッチング処理部50は、提供側端末11により入力された提供側センシングデータを取得する... 詳細

  • オムロン株式会社の「 検索用データ生成装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】センサの検索精度を向上させることができる検索用データ生成装置が提供される。検索用データ生成装置50は、入力された、センシングデバイス20に関連する検索条件301から検索用データを取得... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 情報処理装置および情報処理方法」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】情報処理装置(10)は、時系列データである入力データを取得するデータ取得部(101)と、時系列データである学習データから抽出した部分列である複数の学習部分列の中で類似する学習部分列を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ