図面 (/)

技術 送受信装置、およびレーダ計測システム

出願人 日本信号株式会社
発明者 吉田貴裕大泉拓木村章紘
出願日 2014年6月30日 (5年8ヶ月経過) 出願番号 2014-134579
公開日 2016年1月21日 (4年2ヶ月経過) 公開番号 2016-011921
状態 特許登録済
技術分野 レーダ方式及びその細部
主要キーワード 服飾品 切り替え速度 反射マイクロ波 合成開口レーダ装置 複数回数 並進移動 アンテナサイズ 飛行経路
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年1月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

合成開口レーダ方式により小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測する。

解決手段

送受信装置1と計測装置2とは、信号を遣り取りするためのケーブル3で接続されている。送受信装置1は、送信アンテナ121、受信アンテナ122、移動部14を有する。送信アンテナ121は、マイクロ波を送信する。受信アンテナ122は、送信アンテナ121から送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する。移動部14は、送信アンテナ121と受信アンテナ122を保持する基部に対して、この送信アンテナ121と受信アンテナ122の少なくとも一方の位置を移動させる。受信アンテナ122は、合成開口レーダ方式により受信したマイクロ波に応じた信号を対象物の形状を計測する計測装置2に出力する。

概要

背景

合成開口レーダを適用して対象物の形状を計測する技術が開発されている。特許文献1には、フェーズドアレイアンテナが搭載された移動体の移動に伴ってそのビーム方向電子的に制御しながら画像を取得する合成開口レーダ装置試験する合成開口レーダ試験装置が記載されている。この合成開口レーダ試験装置は、飛行機における飛行経路シナリオなど、移動体の模擬移動情報に基づいて合成開口レーダ装置で受信される信号を模擬した試験信号を合成開口レーダ装置に向けて放射し、この移動情報に基づいて合成開口レーダ装置のフェーズドアレイアンテナを回転させて、試験信号発生部からフェーズドアレイアンテナまでの間の試験信号の伝搬距離に基づいてフェーズドアレイアンテナのバイアス移相量を設定する。

概要

合成開口レーダ方式により小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測する。送受信装置1と計測装置2とは、信号を遣り取りするためのケーブル3で接続されている。送受信装置1は、送信アンテナ121、受信アンテナ122、移動部14を有する。送信アンテナ121は、マイクロ波を送信する。受信アンテナ122は、送信アンテナ121から送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する。移動部14は、送信アンテナ121と受信アンテナ122を保持する基部に対して、この送信アンテナ121と受信アンテナ122の少なくとも一方の位置を移動させる。受信アンテナ122は、合成開口レーダ方式により受信したマイクロ波に応じた信号を対象物の形状を計測する計測装置2に出力する。

目的

本発明は、合成開口レーダ方式により小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測することを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

マイクロ波を送信する送信アンテナと、前記送信アンテナから送信され対象物反射したマイクロ波を受信する受信アンテナとを備える送受信装置であって、前記送信アンテナと前記受信アンテナを保持する基部に対して、該送信アンテナと該受信アンテナの少なくとも一方の位置を移動させる移動手段を備え、前記受信アンテナは、合成開口レーダ方式により受信した前記マイクロ波に応じた信号を前記対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置。

請求項2

各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナを備え、前記複数の送信アンテナのうち順次選択される1の送信アンテナが前記マイクロ波の送信を行うことを特徴とする請求項1に記載の送受信装置。

請求項3

各々がマイクロ波を受信する複数の受信アンテナを備え、前記複数の受信アンテナのうち順次選択される1の受信アンテナが前記マイクロ波の受信を行うことを特徴とする請求項1または2に記載の送受信装置。

請求項4

前記移動手段は、前記送信アンテナと前記受信アンテナの位置関係を維持しながら前記送信アンテナと前記受信アンテナを移動させることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の送受信装置。

請求項5

前記対象物は移動しており、前記移動手段は、前記送信アンテナと前記受信アンテナの少なくとも一方を前記対象物の移動方向と交差する方向に移動させることを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の送受信装置。

請求項6

面上に固定配置され各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナと、前記複数の送信アンテナから順次選択される1の送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する受信アンテナとを備える送受信装置であって、前記受信アンテナは、合成開口レーダ方式により受信した前記マイクロ波に応じた信号を前記対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置。

請求項7

マイクロ波を送信する送信アンテナと、面上に固定配置され各々が前記送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する複数の受信アンテナとを備え、前記複数の受信アンテナのうち順次選択される1の受信アンテナが前記マイクロ波を受信して、合成開口レーダ方式により該マイクロ波に応じた信号を前記対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置。

請求項8

面上に固定配置され各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナと、該面上に固定配置され各々がマイクロ波を受信する複数の受信アンテナとを備え、前記複数の受信アンテナから順次選択される1の受信アンテナは、前記複数の送信アンテナから順次選択される1の送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信して合成開口レーダ方式により該マイクロ波に応じた信号を対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置。

請求項9

前記対象物は移動しており、前記複数の送信アンテナは、前記対象物の移動方向と交差する方向に並べて配置されていることを特徴とする請求項6に記載の送受信装置。

請求項10

前記対象物は移動しており、前記複数の受信アンテナは、前記対象物の移動方向と交差する方向に並べて配置されていることを特徴とする請求項7に記載の送受信装置。

請求項11

請求項1から10のいずれか1項に記載の送受信装置と、前記送受信装置が備える前記受信アンテナから前記マイクロ波に応じた信号を取得する前記装置と、を備えることを特徴とするレーダ計測システム

技術分野

0001

本発明は、小規模な領域に対して合成開口レーダを適用した送受信装置およびレーダ計測システムの技術に関する。

背景技術

0002

合成開口レーダを適用して対象物の形状を計測する技術が開発されている。特許文献1には、フェーズドアレイアンテナが搭載された移動体の移動に伴ってそのビーム方向電子的に制御しながら画像を取得する合成開口レーダ装置試験する合成開口レーダ試験装置が記載されている。この合成開口レーダ試験装置は、飛行機における飛行経路シナリオなど、移動体の模擬移動情報に基づいて合成開口レーダ装置で受信される信号を模擬した試験信号を合成開口レーダ装置に向けて放射し、この移動情報に基づいて合成開口レーダ装置のフェーズドアレイアンテナを回転させて、試験信号発生部からフェーズドアレイアンテナまでの間の試験信号の伝搬距離に基づいてフェーズドアレイアンテナのバイアス移相量を設定する。

先行技術

0003

特開2007−101260号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、特許文献1に記載の技術は、地形などの大規模な領域を走査するものであり、室内における所有物服飾品などを対象物として小規模な領域を走査するものではない。
また、大規模な領域を走査するための合成開口レーダの技術を、小規模な領域にそのまま適用させると、アンテナビーム複数回数にわたって往復走査する必要があり、走査時間およびアンテナサイズが増大し、かつ、ビーム制御が必要となってコストを増加させることになる。

0005

本発明は、合成開口レーダ方式により小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上述した課題を解決するため、本発明は、マイクロ波を送信する送信アンテナと、前記送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する受信アンテナとを備える送受信装置であって、前記送信アンテナと前記受信アンテナを保持する基部に対して、該送信アンテナと該受信アンテナの少なくとも一方の位置を移動させる移動手段を備え、前記受信アンテナは、合成開口レーダ方式により受信した前記マイクロ波に応じた信号を前記対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置を、第1の態様として提供する。

0007

第1の態様の送受信装置によれば、合成開口レーダ方式により小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測することができる。

0008

第1の態様の送受信装置において、各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナを備え、前記複数の送信アンテナのうち順次選択される1の送信アンテナが前記マイクロ波の送信を行う、という構成が第2の態様として採用されてもよい。

0009

第2の態様の送受信装置によれば、送信アンテナを移動させなくても、順次選択する方向に送信アンテナの位置を変化させることができる。

0010

第1または第2の態様の送受信装置において、各々がマイクロ波を受信する複数の受信アンテナを備え、前記複数の受信アンテナのうち順次選択される1の受信アンテナが前記マイクロ波の受信を行う、という構成が第3の態様として採用されてもよい。

0011

第3の態様の送受信装置によれば、受信アンテナを移動させなくても、順次選択する方向に受信アンテナの位置を変化させることができる。

0012

第1から第3のいずれかの態様の送受信装置において、前記移動手段は、前記送信アンテナと前記受信アンテナの位置関係を維持しながら前記送信アンテナと前記受信アンテナを移動させる、という構成が第4の態様として採用されてもよい。

0013

第4の態様の送受信装置によれば、移動させる際に送信アンテナと受信アンテナとの位置関係が維持されない態様に比べて、計算が簡素になる。

0014

第1から第4のいずれかの態様の送受信装置において、前記対象物は移動しており、前記移動手段は、前記送信アンテナと前記受信アンテナの少なくとも一方を前記対象物の移動方向と交差する方向に移動させる、という構成が第5の態様として採用されてもよい。

0015

第5の態様の送受信装置によれば、移動する対象物を走査することができる。

0016

また、本発明は、面上に固定配置され各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナと、前記複数の送信アンテナから順次選択される1の送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する受信アンテナとを備える送受信装置であって、前記受信アンテナは、合成開口レーダ方式により受信した前記マイクロ波に応じた信号を前記対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置を、第6の態様として提供する。

0017

第6の態様の送受信装置によれば、対象物を走査するにあたり送信アンテナを移動させる必要がない。

0018

また、本発明は、マイクロ波を送信する送信アンテナと、面上に固定配置され各々が前記送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する複数の受信アンテナとを備え、前記複数の受信アンテナのうち順次選択される1の受信アンテナが前記マイクロ波を受信して、合成開口レーダ方式により該マイクロ波に応じた信号を前記対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置を、第7の態様として提供する。

0019

第7の態様の送受信装置によれば、対象物を走査するにあたり受信アンテナを移動させる必要がない。

0020

また、本発明は、面上に固定配置され各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナと、該面上に固定配置され各々がマイクロ波を受信する複数の受信アンテナとを備え、前記複数の受信アンテナから順次選択される1の受信アンテナは、前記複数の送信アンテナから順次選択される1の送信アンテナから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信して合成開口レーダ方式により該マイクロ波に応じた信号を対象物の形状を計測する装置に出力することを特徴とする送受信装置を、第8の態様として提供する。

0021

第8の態様の送受信装置によれば、対象物を走査するにあたり送信アンテナおよび受信アンテナを移動させる必要がない。

0022

第6の態様の送受信装置において、前記対象物は移動しており、前記複数の送信アンテナは、前記対象物の移動方向と交差する方向に並べて配置されている、という構成が第9の態様として採用されてもよい。

0023

第9の態様の送受信装置によれば、移動する対象物を走査することができる。

0024

第7の態様の送受信装置において、前記対象物は移動しており、前記複数の受信アンテナは、前記対象物の移動方向と交差する方向に並べて配置されている、という構成が第10の態様として採用されてもよい。

0025

第10の態様の送受信装置によれば、移動する対象物を走査することができる。

0026

また、本発明は、上述の送受信装置と、前記送受信装置が備える前記受信アンテナから前記マイクロ波に応じた信号を取得する前記装置と、を備えるレーダ計測システムを、第11の態様として提供する。

0027

第11の態様のレーダ計測システムによれば、合成開口レーダ方式により小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測することができる。

図面の簡単な説明

0028

本発明の一実施形態に係るレーダ計測システム9の主要構成を示す図。
送受信装置1の構成および動作を示す図。
送受信装置1の機能的構成を示す図。
変形例に係る送受信装置1aの構成および動作を示す図。
変形例に係る送受信装置1bの構成を示す図。

実施例

0029

1.実施形態
1−1.レーダ計測システムの全体構成
以下、本発明の一実施形態に係るレーダ計測システム9を説明する。図において、レーダ計測システム9の各構成が配置される空間をxyz右手座標空間として表す。図に示す座標記号のうち、円の中に点を描いた記号は、紙面奥側から手前側に向かう矢印を表す。空間においてx軸に沿う方向をx軸方向という。また、x軸方向のうち、x成分が増加する方向を+x方向といい、x成分が減少する方向を−x方向という。y、z成分についても、上記の定義に沿ってy軸方向、+y方向、−y方向、z軸方向、+z方向、−z方向を定義する。

0030

図1は、本発明の一実施形態に係るレーダ計測システム9の主要構成を示す図である。レーダ計測システム9は、送受信装置1を有するほか、図1に示す例では、計測装置2を有する。送受信装置1と計測装置2とは、信号を遣り取りするためのケーブル3で接続されている。

0031

図2は、送受信装置1の構成および動作を示す図である。また、図3は、送受信装置1の機能的構成を示す図である。送受信装置1は、基部13と、アーム10と、アンテナ12とを有する。また、送受信装置1は、図2および図3で示すように、移動部14、スイッチ群15、および制御部11を有する。

0032

基部13は、アーム10、およびこのアーム10に取り付けられた複数のアンテナ12を保持する。また基部13は、内部に制御部11や移動部14などを収容する。基部13の上方向、すなわち、+z方向には、基部13の長手方向であるy軸方向に伸び長穴130が設けられており、この長穴130から上方向に向けてアーム10が突出している。アーム10には、複数のアンテナ12がz軸方向に沿った配列方向D2に並んで設けられている。図1および図2に示す例において、アーム10には、9個のアンテナ12が配列方向D2に配列している。アーム10において、これらのアンテナ12は、いずれも+x方向を向いている。

0033

複数のアンテナ12には、それぞれ1つずつ送信アンテナ121および受信アンテナ122が設けられている。各アンテナ12の中において、送信アンテナ121と受信アンテナ122とは決められた位置にそれぞれ固定されている。そのため、アーム10が移動するときにおいても、送信アンテナ121および受信アンテナ122は、決められた位置関係を維持する。

0034

送信アンテナ121は、制御部11の制御の下、基部13の+x方向の領域に静止状態で存在する対象物に対して、マイクロ波を送信する。受信アンテナ122は、制御部11の制御の下、送信アンテナ121から送信され対象物に反射したマイクロ波(反射マイクロ波という)を受信する。また、受信アンテナ122は反射マイクロ波を受信すると、制御部11の制御の下、この反射マイクロ波に応じた信号を計測装置2に出力する。

0035

アーム10は、下方、すなわち、−z方向の端部を移動部14に支持されている。移動部14は、図2に示すように、例えば、基部13の内部においてx軸方向に沿った軸を有し、y軸方向に並べられた2つのロールと、これら2つのロールに架け渡されたベルトとを有する。また、移動部14は、モータなどの動力源を有する(いずれも図示せず)。なお、ベルトはチェーンであってもよいし、他の部材であってもよい。

0036

モータなどの動力を受けて、2つのロールの少なくとも一方が軸を中心にして回転すると、y軸方向に架け渡されたベルトが周回する。ベルトが周回すると、このベルトに支持されたアーム10がy軸方向に沿った移動方向D1に並進移動する。

0037

図3に示すスイッチ群15は、アーム10に配置された複数のアンテナ12にそれぞれ電力を供給するスイッチを有する。スイッチ群15は、或る瞬間において複数のアンテナ12のうち、1つのみに電力が供給されるように、制御部11によって制御される。すなわち、スイッチ群15が有する複数のスイッチのうち、同時に2つ以上が閉(オン状態)になることはない。

0038

制御部11は、送受信装置1の各部の動作を制御する手段である。制御部11は、CPU(Central Processing Unit)などの演算処理装置や、ROM(Read Only Memory)、RAM(Random Access Memory)などの記憶装置を備え、これら記憶装置に記憶されたプログラムを実行する。

0039

また、制御部11は、上述のプログラムを実行することにより、移動制御部111、選択部112、および出力部113として機能する。

0040

移動制御部111は、決められたタイミングでアーム10が基部13上の所定の位置を通過するように制御信号を送って移動部14を制御する。移動制御部111が移動部14を制御することにより、移動部14は、基部13に対して、送信アンテナ121と受信アンテナ122の両方の位置を、互いの位置関係を維持しながら移動させる。すなわち、移動部14は、本発明における移動手段の一例である。

0041

選択部112は、移動制御部111と連動して、スイッチ群15に制御信号を送り、複数のアンテナ12のうち1つのアンテナ12を配列方向D2に沿って順次選択する。選択部112により選択されたアンテナ12には電力が供給され、このアンテナ12に含まれる送信アンテナ121および受信アンテナ122は機能する。すなわち、選択されたアンテナ12に含まれる送信アンテナ121は、対象物に向けてマイクロ波を送信する。そして、選択されたアンテナ12に含まれる受信アンテナ122は、対象物に反射した反射マイクロ波を受信して、この反射マイクロ波に応じた信号を制御部11に送る。

0042

出力部113は、受信アンテナ122から送られた信号を、ケーブル3を介して接続された計測装置2に出力する。計測装置2は、出力部113によって決められた期間にわたって出力された信号をそれぞれ取得して、これらの信号が示す反射マイクロ波の強度、およびこれらの反射マイクロ波を反射したときのアンテナ12の各位置などを用いて合成開口レーダ方式により、対象物においてマイクロ波が反射した点の位置をそれぞれ特定し、特定した点を組み合わせることにより、この対象物の形状を計測する。

0043

この構成により、送受信装置1は、配列方向D2(z軸方向)に沿ってアンテナ12を順次選択し、移動方向D1(y軸方向)に沿ってアンテナ12が取り付けられたアーム10を並進移動させるので、移動方向D1と配列方向D2とを組み合わせることにより、アンテナ12の軌道または移動経路または移動経路は図2に示す範囲Aを網羅する。

0044

したがって、アンテナ12の切り替え速度およびアーム10の移動速度を調節することにより、送受信装置1は、図2に示すyz平面上の範囲Aから+x方向に向かう空間を走査することができる。そして、少なくとも配列方向D2については、送信アンテナと受信アンテナの組を電気的に切り替えることにより走査を行うため、走査時間が短縮される。つまり、レーダ計測システム9は、合成開口レーダ方式により上記の空間のような小規模な領域内に存在する対象物の形状を計測することができる。

0045

以上の実施形態で説明された構成、形状、大きさおよび配置関係については本発明が理解・実施できる程度に概略的に示したものにすぎない。従って本発明は、説明された実施形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に示される技術的思想の範囲を逸脱しない限り様々な形態に変更することができる。

0046

2.変形例
以上が実施形態の説明であるが、この実施形態の内容は以下のように変形し得る。また、以下の変形例を組み合わせてもよい。

0047

2−1.変形例1
上述した実施形態において、アーム10のz軸方向に沿った配列方向D2に配列された複数のアンテナ12が順次選択され、かつ、アーム10がy軸方向に沿った移動方向D1に並進移動させられることにより、送受信装置1は、図2に示すyz平面上の範囲Aから+x方向に向かう空間を走査していたが、送受信装置1が走査し得る範囲はこれに限られない。

0048

図4は、この変形例に係る送受信装置1aの構成および動作を示す図である。送受信装置1aは、送信アンテナ121aおよび受信アンテナ122aをそれぞれ含む複数のアンテナ12a、この複数のアンテナ12aが取り付けられたアーム10a、このアーム10aを回転運動させる移動部14a、および移動部14aを収容する基部13aを有する。

0049

アーム10aは、軸Oによって図4に示す回転方向D3に回転可能な状態で支えられている。移動部14aは、アーム10aに動力を伝える。移動部14aは、図示しない制御部11aにより制御され、決められたタイミングで基部13a上の所定の位置を通過するようにアーム10aを回転運動させる。

0050

また、アーム10aには、配列方向D4に沿って複数のアンテナ12aが配列されており、図示しない制御部11aにより、これらのうち1つのアンテナ12aが配列方向D4に沿って順次選択され機能する。配列方向D4は、軸Oを中心としてyz平面を放射状に伸びる方向であるから、回転方向D3と組み合わせることにより、アンテナ12aの軌道または移動経路は図4に示す範囲Bを網羅する。選択されたアンテナ12aに含まれる送信アンテナ121aからはマイクロ波が送信され、対象物に反射した反射マイクロ波は、選択されたアンテナ12aに含まれる受信アンテナ122aにより受信される。

0051

したがって、アンテナ12aの切り替え速度およびアーム10aの回転速度を調節することにより、送受信装置1aは、図4に示すyz平面上の範囲Bから+x方向に向かう空間を走査することができる。

0052

2−2.変形例2
上述した実施形態において、移動部14は、基部13に対して、送信アンテナ121と受信アンテナ122の両方の位置を、互いの位置関係を維持しながら移動させていたが、基部13に対して、送信アンテナ121と受信アンテナ122の少なくとも一方の位置を移動させればよい。

0053

2−3.変形例3
上述した実施形態において、アーム10は、複数のアンテナ12を有しており、各アンテナ12は、それぞれ1組の送信アンテナ121と受信アンテナ122とを有していたが、複数のアンテナ12は、1つずつ送信アンテナ121のみを有していてもよい。この場合、これら複数の送信アンテナ121のうち順次選択される1の送信アンテナ121が対象物に向けてマイクロ波を送信し、例えばアーム10に取り付けられた1つの受信アンテナ122が、この送信アンテナ121から送信され対象物に反射した反射マイクロ波を受信すればよい。

0054

2−4.変形例4
また、複数のアンテナ12は、1つずつ受信アンテナ122のみを有していてもよい。この場合、例えばアーム10に取り付けられた1つの送信アンテナ121が、対象物に向けてマイクロ波を送信し、これら複数の受信アンテナ122のうち順次選択される1の受信アンテナ122がマイクロ波を受信すればよい。

0055

2−5.変形例5
上述した実施形態において、送信アンテナ121は、基部13の+x方向の領域に静止状態で存在する対象物に対して、マイクロ波を送信していたが、対象物は移動していてもよい。例えば、対象物は、ベルトコンベアなどに載せられて決められた方向(例えばy軸方向)に移動してもよい。この場合、移動部14は、送信アンテナ121と受信アンテナ122の少なくとも一方を、この対象物の移動方向と交差する方向、例えば、z軸方向などに移動させればよい。

0056

2−6.変形例6
上述した実施形態において、アーム10には、複数のアンテナ12がz軸方向に沿った配列方向D2に並んで設けられていたが、複数のアンテナは、z軸方向だけでなく、z軸方向に直交するy軸方向にも並んで設けられていてもよい。すなわち、複数のアンテナは、yz平面上に固定配置されていてもよい。

0057

図5は、この変形例に係る送受信装置1bの構成を示す図である。図5に示す複数のアンテナ12bは、z軸方向に9行、y軸方向に8列、計72個がzy平面上に沿って配置されたアーム10bの面上に格子状に固定配置されている。各アンテナ12bは、図示しない制御部の制御により、z軸方向およびy軸方向のいずれか一方を主走査方向として、他方を副走査方向として、順次選択される。選択されたアンテナ12bによるマイクロ波の送受信の位置は、走査が一巡することにより図5に示す範囲Cを網羅する。

0058

各アンテナ12bは、送信アンテナ121bと受信アンテナ122bとを有する。したがって、アーム10bは、面上に固定配置され各々がマイクロ波を送信する複数の送信アンテナ121bと、面上に固定配置され各々がマイクロ波を受信する複数の受信アンテナ122bとを備える。

0059

この場合、複数の受信アンテナ122bから順次選択される1の受信アンテナ122bは、複数の送信アンテナ121bから順次選択される1の送信アンテナ121bから送信され対象物に反射したマイクロ波を受信する。そして、このマイクロ波を受信した受信アンテナ122bは、合成開口レーダ方式によりこのマイクロ波に応じた信号を対象物の形状を計測する装置に出力すればよい。

0060

2−7.変形例7
上述した変形例6において、アーム10bは、複数のアンテナ12bを有しており、各アンテナ12bは、それぞれ1組の送信アンテナ121bと受信アンテナ122bとを有していたが、複数のアンテナ12bは、1つずつ送信アンテナ121bのみを有していてもよい。この場合、これら複数の送信アンテナ121bのうち順次選択される1の送信アンテナ121bが対象物に向けてマイクロ波を送信し、例えばアーム10bに取り付けられた1つの受信アンテナ122bが、この送信アンテナ121bから送信され対象物に反射した反射マイクロ波を受信すればよい。

0061

2−8.変形例8
また、上述した変形例6において、複数のアンテナ12bは、1つずつ受信アンテナ122bのみを有していてもよい。この場合、例えばアーム10bに取り付けられた1つの送信アンテナ121bが、対象物に向けてマイクロ波を送信し、これら複数の受信アンテナ122bのうち順次選択される1の受信アンテナ122がマイクロ波を受信すればよい。

0062

2−9.変形例9
上述した変形例7および変形例8において、対象物は移動していてもよい。例えば、対象物は、ベルトコンベアなどに載せられてy軸方向に移動してもよい。この場合、送信アンテナ121bまたは受信アンテナ122bを1つずつ有する複数のアンテナ12bは、この対象物の移動方向と交差する方向、例えば、z軸方向などに並べて配置されていればよい。

0063

1…送受信装置、10…アーム、11…制御部、111…移動制御部、112…選択部、113…出力部、12…アンテナ、121…送信アンテナ、122…受信アンテナ、13…基部、130…長穴、14…移動部、15…スイッチ群、2…計測装置、3…ケーブル、9…レーダ計測システム、A…範囲、B…範囲、C…範囲、D1…移動方向、D2…配列方向、D3…回転方向、D4…配列方向、O…軸。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ