図面 (/)

技術 移動式消火装置

出願人 ニッタン株式会社
発明者 寺田一貴
出願日 2014年6月25日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2014-129991
公開日 2016年1月18日 (4年11ヶ月経過) 公開番号 2016-007393
状態 特許登録済
技術分野 防災
主要キーワード 開放器 回動規制ピン 引き出し力 開放管 ガイド長孔 消火用ホース 安全ピン 付勢作用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年1月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

消火用ホースを引き出すときに、特に正面からずれて左右方向に引き出すときにおいてスムーズに引き出すことができるようにする。

解決手段

筐体2内の複数のホース支持具6、6を、夫々消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えることができるようにする。引き出された消火用ホース5を巻き戻すときには、向きを変えたホース支持具6を、ばねを介して向きを正面方向の定位に戻すようにする。

概要

背景

パッケージ型移動式消火装置は、消火器イメージで簡単に使え、しかも消火能力消火栓なみのパワーを有するコンパクトな消火装置であり、建物の構造や立地条件等が原因で消火栓の配管等の設備工事ができない場所等に設置される。

また、斯かる移動式消火装置は、例えば、特許文献1に示されるように、筐体と、前記筐体内に収納する消火剤充填容器と、一端が該消火剤充填容器に接続されて他端が消火用ノズルに接続されている消火用ホースと、前記筐体内の上部においてその幅方向に所定の間隔で取り付けられ、前記消火用ホースを懸架する複数のホース支持具とを備え、前記消火用ホースが前記複数のホース支持具に懸架されて筐体内に巻回して収納されている。

概要

消火用ホースを引き出すときに、特に正面からずれて左右方向に引き出すときにおいてスムーズに引き出すことができるようにする。筐体2内の複数のホース支持具6、6を、夫々消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えることができるようにする。引き出された消火用ホース5を巻き戻すときには、向きを変えたホース支持具6を、ばねを介して向きを正面方向の定位に戻すようにする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

筐体と、前記筐体内に収納する消火剤充填容器と、一端が該消火剤充填容器に接続されて他端が消火用ノズルに接続されている消火用ホースと、前記筐体内の上部においてその幅方向に所定の間隔で取り付けられ、前記消火用ホースを懸架する複数のホース支持具とを備え、前記消火用ホースが前記複数のホース支持具に懸架されて筐体内に巻回して収納されている移動式消火装置において、可動部を備え、前記複数のホース支持具が前記可動部に接続されており、前記複数のホース支持具が前記消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えることを特徴とする移動式消火装置。

請求項2

前記可動部は弾性体を備え、前記複数のホース支持具は正面方向の向きを定位とし、消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えるようになした請求項1記載の移動式消火装置。

技術分野

0001

本発明は、移動式消火装置に関し、更に詳細には、消火用ホースの引き出し、特に左右方向への引き出しをスムーズに行うことができるようになした移動式消火装置に係わる。

背景技術

0002

パッケージ型の移動式消火装置は、消火器イメージで簡単に使え、しかも消火能力消火栓なみのパワーを有するコンパクトな消火装置であり、建物の構造や立地条件等が原因で消火栓の配管等の設備工事ができない場所等に設置される。

0003

また、斯かる移動式消火装置は、例えば、特許文献1に示されるように、筐体と、前記筐体内に収納する消火剤充填容器と、一端が該消火剤充填容器に接続されて他端が消火用ノズルに接続されている消火用ホースと、前記筐体内の上部においてその幅方向に所定の間隔で取り付けられ、前記消火用ホースを懸架する複数のホース支持具とを備え、前記消火用ホースが前記複数のホース支持具に懸架されて筐体内に巻回して収納されている。

先行技術

0004

特開平11−299918号公報

発明が解決しようとする課題

0005

斯かる従来の移動式消火装置にあっては、火災発生時において筐体内から消火用ホースを引き出すときに、特に正面からずれて左右方向に引き出すときにおいて引き出しにくい場合があるという問題点がある。

0006

それは、消火用ホース自体がガス内圧に耐えられるように堅牢な作りとなっており、相当な重みを有すると共に折れ曲がりにくいことと、筐体内に幅方向に沿って取り付けられた複数のホース支持具が、いずれも正面方向に真直に向いて不動の状態に固定されていることによるものである。

0007

即ち、消火用ホース自体が相当な重みを有すると共に折れ曲がりにくいことから、これを引き出す際にホース支持具との接触面での摩擦抵抗が大きく、また、特に消火用ホースを正面からずれて左右方向に引き出すときにおいては、各ホース支持具が正面方向に真直に向いていることから、消火用ホースが、引き出す方向と反対側に位置するホース支持具の先端に引っ掛かることによるものである。

0008

本発明は上記の点に鑑みなされたものであって、筐体から消火用ホースを引き出すときに、特に正面からずれて左右方向に引き出すときにおいて、従来の装置におけるよりもはるかにスムーズに引き出すことができるようになした移動式消火装置を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0009

而して、本発明の要旨とするところは、筐体と、前記筐体内に収納する消火剤充填容器と、一端が該消火剤充填容器に接続されて他端が消火用ノズルに接続されている消火用ホースと、前記筐体内の上部においてその幅方向に所定の間隔で取り付けられ、前記消火用ホースを懸架する複数のホース支持具とを備え、前記消火用ホースが前記複数のホース支持具に懸架されて筐体内に巻回して収納されている移動式消火装置において、可動部を備え、前記複数のホース支持具が前記可動部に接続されており、前記複数のホース支持具が前記消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えることを特徴とする移動式消火装置にある。

0010

また、上記構成において、前記可動部は弾性体を備え、前記複数のホース支持具は正面方向の向きを定位とし、消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えるようになしてもよい。

発明の効果

0011

本発明は上記の如き構成であり、筐体内に幅方向に沿って取り付けられた複数のホース支持具の夫々が、消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えるように構成されているから、筐体から消火用ホースを引き出すときに、特に正面からずれて左右方向に引き出すときにおいて、消火用ホースのホース支持具への引っ掛かりが低減され、従来の装置におけるよりもはるかにスムーズに引き出すことができるようになるものである。

0012

また、可動部は弾性体を備え、複数のホース支持具は正面方向の向きを定位とし、消火用ホースの引き出し力に応じて内側方向に向きを変えるようになした場合には、消火用ホースの引き出しによって向きを変えられたホース支持具を、弾性体の作用によって定位の正面方向に戻すことができるから、引き出された消火用ホースを巻き戻して再びホース支持具に懸架する作業をスムーズに行い易くなるものである。

図面の簡単な説明

0013

本発明の第1実施形態に係る移動式消火装置の正面図である。
同ホース支持具部分の正面図である。
同ホース支持具部分の平面図である。
同ホース支持具部分の底面図である。
同一方のホース支持具の向きが変わった状態におけるホース支持具部分の正面図である。
同一方のホース支持具の向きが変わった状態におけるホース支持具部分の平面図である。
同一方のホース支持具の向きが変わった状態におけるホース支持具部分の底面図である。
本発明の第2実施形態に係る移動式消火装置におけるホース支持具部分の底面図である。
本発明の第3実施形態に係る移動式消火装置におけるホース支持具部分の底面図である。
本発明の第4実施形態に係る移動式消火装置におけるホース支持具部分の底面図である。

実施例

0014

以下、本発明を実施するための形態について、図面を参照して説明する。

0015

先ず、図1乃至図7に示した本発明の第1実施形態について説明する。

0016

図中、1は移動式消火装置である。また、該移動式消火装置1は、筐体2と、前記筐体2内に収納する消火剤充填容器3と、一端が該消火剤充填容器3に接続されて他端が消火用ノズル4に接続されている消火用ホース5と、前記筐体2内の上部においてその幅方向に所定の間隔で取り付けられ、前記消火用ホース5を懸架する複数のホース支持具6、6とを備え、前記消火用ホース5が前記複数のホース支持具6、6に懸架されて筐体2内に巻回して収納されてなるものである。

0017

また、該移動式消火装置1は、ガス(例えば二酸化炭素)が加圧された状態で充填された消火剤充填容器3が2個並列して収納されており、火災発生時に、図示しない安全ピンを引き抜き、スイッチを押して容器弁開放器7を起動すると、図におけるレバー8の部分まで消火剤送出される。尚、並列する2個の消火剤充填容器3、3は、そのうちのいずれかの容器弁開放器7が起動すると連動開放管9から他の容器弁開放器7に圧力がかかり、これにより両方の容器弁開放器7、7が起動するようになっている。そして、消火用ホース5を取り外し、これを引き出しながら火災現場に向かい、レバー8を操作することにより消火用ノズル4から消火剤を放出するものである。

0018

また、前記複数のホース支持具6、6は、夫々内側方向に水平に向きを変えることができるようにするため、本実施形態においては次の如く構成された可動部10に接続されている。

0019

該可動部10は、前記筐体2内の頂部に、該筐体2の幅方向に水平に固定された長方形支持基板11と、該支持基板11の長さ方向の両端近傍の下面に、該支持基板11の前縁側の位置に設けた支軸12、12をもって水平方回動自在に取り付けられ、前記支軸12と反対側の位置に垂直な回動規制ピン14、14を固定した長方形の回動板13、13と、前記支持基板11に穿設されて、前記回動規制ピン14、14が夫々摺動自在に嵌合する、前記支軸12、12の夫々を中心とした円弧とし、一端側はホース支持具6が正面方向の定位にあるときに前記回動規制ピン14、14が夫々位置する位置とし、他端側はホース支持具6が内向き最大角度に回動したときに前記回動規制ピン14、14が夫々位置する位置としたガイド長孔15、15とをもって構成されている。

0020

そして、前記ホース支持具6、6は、夫々L字形に形成され、その垂直部6aの上端部を、前記可動部10における回動板13の、前記支軸12と回動規制ピン14とを結ぶ線上において接続され、その水平部6bは前記支軸12と回動規制ピン14とを結ぶ線に沿わせている。

0021

また、本実施形態においては、前記支持基板11の下面における前記回動板13、13の夫々の内側の位置にばね掛け体16、16を垂設し、該ばね掛け体16、16と前記ホース支持具6の垂直部6aとの間に緊縮コイルばね17、17を張設している。これにより前記回動板13、13を、常時ホース支持具6が正面の定位を向くよう付勢している。そしてまたこれにより、前記回動板13、13が支軸12、12を支点として回動したときには、該緊縮コイルばね17、17の復元力により該回動板13、13を元の位置に戻すように作用するものである。

0022

本実施形態は、上記の如き構成であり、ホース支持具6、6が引き出されたときには、図6に示す如く、消火用ホース5の引き出し力に応じて内側方向に向きを変えるものである。したがって、筐体2から消火用ホース5を引き出すときに、特に正面からずれて左右方向に引き出すときにおいて、消火用ホース5のホース支持具6、6への引っ掛かりが低減され、従来の装置におけるよりもはるかにスムーズに引き出すことができるようになるものである。

0023

また、消火用ホース5の引き出しによって向きを変えられたホース支持具6、6を、緊縮コイルばね17、17の作用によって図3に示す定位の正面方向に戻すことができるから、引き出された消火用ホース5を巻き戻して再びホース支持具6、6に懸架する作業をスムーズに行い易くなるものである。

0024

次に、図8に示す本発明の第2実施形態について説明する。

0025

本実施形態と前記第1実施形態とは、回動板13、13に対するばねによる付勢作用を変えた点において相違するものである。

0026

即ち、本実施形態においては、支持基板11の下面における回動板13、13の夫々の外側の位置にばね掛け体16、16を垂設し、該ばね掛け体16、16と前記ホース支持具6の垂直部6aとの間に拡圧コイルばね18、18を張設しているものである。尚、その他の構成並びに作用は前記第1実施形態と同様であるから、同一の部材には同一の符号を付して詳細な説明は省略する。

0027

次に、図9に示す本発明の第3実施形態について説明する。

0028

本実施形態と前記第1実施形態とは、回動板13、13の夫々の支軸12、12の位置、ガイド長孔15、15の位置、並びに緊縮コイルばね17、17の位置において相違するものである。

0029

即ち、本実施形態においては、回動板13、13の夫々の支軸12、12の位置が支持基板11の後縁側であり、そして、これに伴い回動板13、13の夫々に固定した回動規制ピン14が支持基板11の前縁側となると共に、該回動規制ピン14が摺動自在に嵌合するガイド長孔15が回動板13、13の夫々の内側になる。そして更に、緊縮コイルばね17が回動板13、13の夫々の外側になるものである。尚、その他の構成並びに作用は前記第1実施形態と同様であるから、同一の部材には同一の符号を付して詳細な説明は省略する。

0030

次に、図10に示す本発明の第4実施形態について説明する。

0031

本実施形態と前記第1実施形態とは、回動板13、13の夫々の支軸12、12の位置、ガイド長孔15、15の位置、並びにばねの種類において相違するものである。

0032

即ち、本実施形態においては、回動板13、13の夫々の支軸12、12の位置が支持基板11の後縁側であり、そして、これに伴い回動板13、13の夫々に固定した回動規制ピン14が支持基板11の前縁側となると共に、該回動規制ピン14が摺動自在に嵌合するガイド長孔15が回動板13、13の夫々の内側になる。そして更に、第1実施形態における緊縮コイルばねから拡圧コイルばね18に変わるものである。尚、その他の構成並びに作用は前記第1実施形態と同様であるから、同一の部材には同一の符号を付して詳細な説明は省略する。

0033

1移動式消火装置
2筐体
3消火剤充填容器
4消火用ノズル
5消火用ホース
6、6ホース支持具
10可動部
11支持基板
12、12支軸
13、13回動板
14、14回動規制ピン
15、15ガイド長孔
16、16ばね掛け体
17、17緊縮コイルばね
18、18 拡圧コイルばね

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • コリアギョンギド株式会社の「 消火器ホルダ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】空間活用に優れ、消火器が備え付けられた位置をユーザーが容易に識別できる消火器ホルダを提供する。【解決手段】本発明の一実施例に係る消火器ホルダ100は、天井に固定手段30を介して固定されるように... 詳細

  • 株式会社AOIの「 仮設用衝撃吸収冶具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】作業者が落下するなどして支柱等を介して大きな衝撃力が加わった場合でも作業者が受けるダメージを小さく抑えることが可能な仮設用衝撃吸収冶具を提供する。【解決手段】本発明の仮設用衝撃吸収冶具1は、仮... 詳細

  • 東京計器株式会社の「 カバー装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】不所望な操作をより防止することができるカバー装置を提供する。【解決手段】消火設備を手動で起動させる手動起動装置9に付設されるカバー装置1であって、手動起動装置9を開閉可能に覆うように形成される... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ