図面 (/)

技術 ゲーム装置およびゲームプログラム

出願人 株式会社カプコン
発明者 高木健嗣二宮唯夫
出願日 2015年8月25日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2015-166296
公開日 2016年1月7日 (3年8ヶ月経過) 公開番号 2016-000281
状態 拒絶査定
技術分野 電子ゲーム機
主要キーワード 操作レバー機構 デジタルカウンタ 出現個数 ボタン操作回数 アーケードゲーム装置 高速演算 メダル搬送機構 JP抽選
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年1月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

ゲーム結果の意外性を高め、ひいてはゲームの興趣を高めることができるゲーム装置を提供する。

解決手段

ゲーム装置は、表示手段に対し、複数の絵柄を動的に表示させた後、これら複数の絵柄のいずれかを複数の停止絵柄として表示させ、複数の停止絵柄の組み合わせが所定の組み合わせに該当する場合、特典メダル)を付与するゲーム制御手段を備えている。ゲーム装置は、複数の停止絵柄の組み合わせを当たりの組み合わせとするか、当たり以外の組み合わせ(外れ)とするかについて抽選を行う(S24)第1抽選手段と、第1抽選手段により外れとする旨の抽選結果が得られた場合(S26:NO)、さらに特典を付与するか否かについて抽選を行う第2抽選手段とを備えている。

概要

背景

従来、スロットゲーム装置は、回転する3つのリールによって複数の絵柄を動的に表示し、これら3つのリールの回転が停止した状態において、ベットライン上に並ぶ複数の停止絵柄の組み合わせが当たり役になると、遊戯媒体としてのメダルを払い出すように構成されている(特許文献1参照)。当たり役は、役ごとに定められた当選確率とともに抽選テーブルに規定されており、コンピュータが当たりとするか外れとするかを当選確率に基づいて抽選するようになっている。当たり役には、たとえば「7,7,7」や「ベル,ベル,ベル」といった同一の種類が揃う停止絵柄の組み合わせのほか、「チェリー,*,*」(「*」は任意の絵柄)というように特定の停止絵柄が含まれる組み合わせがある。コンピュータの抽選により外れとなった場合は、当たり役に該当しない停止絵柄の組み合わせが表示され、メダルの払い出しが行われない。

しかしながら、上記従来のスロットゲーム装置では、コンピュータの抽選結果として当たりか外れしかなく、1回のゲームごとに停止絵柄の組み合わせに応じてメダルが払い出されるか否かが必ず決まってしまう。そのため、プレイヤは、ゲームに際して当たり役となる停止絵柄の組み合わせを期待するだけとなり、ゲーム結果に意外性を感じることができず、ゲームの興趣が十分得られないという面があった。

概要

ゲーム結果の意外性を高め、ひいてはゲームの興趣を高めることができるゲーム装置を提供する。ゲーム装置は、表示手段に対し、複数の絵柄を動的に表示させた後、これら複数の絵柄のいずれかを複数の停止絵柄として表示させ、複数の停止絵柄の組み合わせが所定の組み合わせに該当する場合、特典(メダル)を付与するゲーム制御手段を備えている。ゲーム装置は、複数の停止絵柄の組み合わせを当たりの組み合わせとするか、当たり以外の組み合わせ(外れ)とするかについて抽選を行う(S24)第1抽選手段と、第1抽選手段により外れとする旨の抽選結果が得られた場合(S26:NO)、さらに特典を付与するか否かについて抽選を行う第2抽選手段とを備えている。

目的

本発明は、このような事情のもとで考え出されたものであって、ゲーム結果の意外性を高め、ひいてはゲームの興趣を高めることができるゲーム装置、およびこのゲーム装置を機能させるためのゲームプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のリールによって複数の絵柄を動的に表示する一方、これら複数の絵柄のいずれかを所定のライン上に並ぶ複数の停止絵柄として表示する表示部と、上記複数の停止絵柄の組み合わせとして当たりの組み合わせを記憶させる記憶部と、上記複数のリールが回転し、その回転方向に沿って上記複数の絵柄が移動する画像を上記表示部に表示させるとともに、上記リールの回転方向に対して交差する方向に上記所定のラインを設定し、その所定のライン上に上記複数の停止絵柄が並ぶ画像を上記表示部に表示させ、上記複数の停止絵柄の組み合わせが所定の組み合わせに該当する場合に所定の特典を付与するゲーム制御手段と、上記所定のライン上の複数の停止絵柄の組み合わせを、当たりの組み合わせとして特典を付与するか、当たり以外の組み合わせとして特典を付与しないか、当たり以外の組み合わせであっても特典を付与するかについて抽選を行う特別抽選手段と、を備えるゲーム装置であって、上記特別抽選手段による抽選の結果、当たり以外の組合せであっても特典を付与することとなった場合、上記ゲーム制御手段は、上記所定のラインに当たり以外の組み合わせの停止絵柄を表示させた状態において、上記所定のライン上に並ぶ上記当たり以外の組み合わせの停止絵柄の少なくとも一つに対して所定の特典を付与することを特徴とする、ゲーム装置。

請求項2

上記ゲーム制御手段は、上記リールの回転方向に対して交差する方向に複数の所定のラインを設定し、当該複数の所定のライン上に上記複数の停止絵柄が並ぶ画像を上記表示部に表示させ、上記特別抽選手段による抽選の結果、当たり以外の組合せであっても特典を付与することとなった場合、上記ゲーム制御手段は、上記複数の所定のラインのうちいずれのラインの上記停止絵柄の少なくとも一つに対して所定の特典を付与するかを抽選し、その抽選の結果、決定された上記所定のラインに当たり以外の組み合わせの停止絵柄を表示させた状態において、その所定のライン上に並ぶ上記当たり以外の組み合わせの停止絵柄の少なくとも一つに対して所定の特典を付与することを特徴とする請求項1記載のゲーム装置。

請求項3

上記特典とはメダルを付与することであって、上記特別抽選手段は、上記所定のライン上に並ぶ上記当たり以外の組み合わせの停止絵柄のそれぞれに対して、上記メダルを付与する枚数であるメダル付与数を抽選し、上記ゲーム制御手段は、上記特別抽選手段による抽選の結果に基づいた上記メダル付与数を、上記所定の特典として付与することを特徴とする請求項1または2に記載のゲーム装置。

請求項4

コンピュータを、請求項1〜3のいずれか一つに記載の各手段を備えるゲーム装置として機能させるためのゲームプログラム

技術分野

0001

本発明は、コンピュータによる抽選機能を有するゲーム装置、およびこのゲーム装置を機能させるためのゲームプログラムに関する。

背景技術

0002

従来、スロットゲーム装置は、回転する3つのリールによって複数の絵柄を動的に表示し、これら3つのリールの回転が停止した状態において、ベットライン上に並ぶ複数の停止絵柄の組み合わせが当たり役になると、遊戯媒体としてのメダルを払い出すように構成されている(特許文献1参照)。当たり役は、役ごとに定められた当選確率とともに抽選テーブルに規定されており、コンピュータが当たりとするか外れとするかを当選確率に基づいて抽選するようになっている。当たり役には、たとえば「7,7,7」や「ベル,ベル,ベル」といった同一の種類が揃う停止絵柄の組み合わせのほか、「チェリー,*,*」(「*」は任意の絵柄)というように特定の停止絵柄が含まれる組み合わせがある。コンピュータの抽選により外れとなった場合は、当たり役に該当しない停止絵柄の組み合わせが表示され、メダルの払い出しが行われない。

0003

しかしながら、上記従来のスロットゲーム装置では、コンピュータの抽選結果として当たりか外れしかなく、1回のゲームごとに停止絵柄の組み合わせに応じてメダルが払い出されるか否かが必ず決まってしまう。そのため、プレイヤは、ゲームに際して当たり役となる停止絵柄の組み合わせを期待するだけとなり、ゲーム結果に意外性を感じることができず、ゲームの興趣が十分得られないという面があった。

先行技術

0004

特開2005−66217号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、このような事情のもとで考え出されたものであって、ゲーム結果の意外性を高め、ひいてはゲームの興趣を高めることができるゲーム装置、およびこのゲーム装置を機能させるためのゲームプログラムを提供することをその課題としている。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するため、本発明では、次の技術的手段を講じている。

0007

第1の発明によって提供されるゲーム装置は、複数のリールによって複数の絵柄を動的に表示する一方、これら複数の絵柄のいずれかを所定のライン上に並ぶ複数の停止絵柄として表示する表示部と、上記複数の停止絵柄の組み合わせとして当たりの組み合わせを記憶させる記憶部と、上記複数のリールが回転し、その回転方向に沿って上記複数の絵柄が移動する画像を上記表示部に表示させるとともに、上記リールの回転方向に対して交差する方向に上記所定のラインを設定し、その所定のライン上に上記複数の停止絵柄が並ぶ画像を上記表示部に表示させ、上記複数の停止絵柄の組み合わせが所定の組み合わせに該当する場合に所定の特典を付与するゲーム制御手段と、上記所定のライン上の複数の停止絵柄の組み合わせを、当たりの組み合わせとして特典を付与するか、当たり以外の組み合わせとして特典を付与しないか、当たり以外の組み合わせであっても特典を付与するかについて抽選を行う特別抽選手段と、を備えるゲーム装置であって、上記特別抽選手段による抽選の結果、当たり以外の組合せであっても特典を付与することとなった場合、上記ゲーム制御手段は、上記所定のラインに当たり以外の組み合わせの停止絵柄を表示させた状態において、上記所定のライン上に並ぶ上記当たり以外の組み合わせの停止絵柄の少なくとも一つに対して所定の特典を付与することを特徴とする。

0008

上記第1の発明によって提供されるゲーム装置は、上記ゲーム制御手段は、上記リールの回転方向に対して交差する方向に複数の所定のラインを設定し、当該複数の所定のライン上に上記複数の停止絵柄が並ぶ画像を上記表示部に表示させ、上記特別抽選手段による抽選の結果、当たり以外の組合せであっても特典を付与することとなった場合、上記ゲーム制御手段は、上記複数の所定のラインのうちいずれのラインの上記停止絵柄の少なくとも一つに対して所定の特典を付与するかを抽選し、その抽選の結果、決定された上記所定のラインに当たり以外の組み合わせの停止絵柄を表示させた状態において、その所定のライン上に並ぶ上記当たり以外の組み合わせの停止絵柄の少なくとも一つに対して所定の特典を付与することが望ましい。

0009

上記第1の発明によって提供されるゲーム装置は、上記特典とはメダルを付与することであって、上記特別抽選手段は、上記所定のライン上に並ぶ上記当たり以外の組み合わせの停止絵柄のそれぞれに対して、上記メダルを付与する枚数であるメダル付与数を抽選し、上記ゲーム制御手段は、上記特別抽選手段による抽選の結果に基づいた上記メダル付与数を、上記所定の特典として付与することが望ましい。

0010

第2の発明によって提供されるゲームプログラムは、コンピュータを、上記第1の側面による各手段を備えるゲーム装置として機能させるためのゲームプログラムであることを特徴とする。

発明の効果

0011

本発明では、当たり以外となる停止絵柄の組み合わせが表示されても、特典を付与する旨の抽選結果が得られている場合、たとえば遊戯媒体としてのメダルが付与されることになる。したがって、本発明によれば、抽選結果にプレイヤの期待感を持たせることができるとともに、当たり以外の停止絵柄でも特典が付与されることに意外性を感じさせることができ、ひいてはゲームの興趣をより高めることができる。

0012

本発明のその他の特徴および利点は、添付図面を参照して以下に行う詳細な説明によって、より明らかとなろう。

図面の簡単な説明

0013

本発明に係るゲーム装置の一実施形態を示す全体斜視図である。
図1に示す筐体の上面図である。
図1に示すゲーム装置のハードウェア構成を示すブロック図である。
ゲーム画像全体を説明するための説明図である。
絵柄配列テーブルを説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ゲーム画像を説明するための説明図である。
ノーマルゲームモード制御処理を説明するためのフローチャートである。
別ゲームモードの制御処理を説明するためのフローチャートである
他の実施形態による特別ゲームモードの制御処理を説明するためのフローチャートである。
他の実施形態によるノーマルゲームモードの制御処理を説明するためのフローチャートである。
他の実施形態によるノーマルゲームモードの制御処理を説明するためのフローチャートである。

実施例

0014

以下、本発明の好ましい実施の形態を、図面を参照して具体的に説明する。

0015

図1〜15は、本発明に係るゲーム装置の一実施形態を示している。図1および図2に示すように、本実施形態のゲーム装置Aは、4人のプレイヤがスロットゲームを行うことができるアーケードゲーム装置である。ゲーム装置Aは、各プレイヤが遊戯媒体としてのメダルを投入してベットを行うことによりスロットゲームを実行するとともに、そのゲーム結果に応じてメダル(特典)を付与し、メダル付与数に応じたメダルを払い出すように構成されている。ゲーム装置Aは、筐体1、屋根部2、画像表示部3、複数の操作部4、複数のスピーカ5、電飾6(図3参照)、およびCPU10を含む各種のハードウェア図3参照)を備える。なお、以下の説明においては、特に断らない限り1人のプレイヤがスロットゲームを行う場合の構成および動作について説明する。

0016

図1に示すように、筐体1の上部には、画像表示部3が設けられている。筐体1の上部縁端には、複数の操作部4が設けられている。各操作部4に対応する筐体1の側面の各箇所には、メダル払出口1Aが設けられている。筐体1の内部には、各種のハードウェアを備えた制御基板が設けられている。筐体1の上方には、支柱2Aを介して屋根部2が設けられている。各操作部4に対応する屋根部2の下部の各箇所には、スピーカ5が設けられている。屋根部2の側面には、電飾6が設けられている(図1において図示略)。

0017

画像表示部3は、たとえば比較的大きな液晶表示パネルからなり、筐体1の上方に水平に配置された画面30を有する。画面30は、複数の操作部4と対応するように4分割された領域ごとにスロットゲームのゲーム画像(図4参照)を表示する。すなわち、スロットゲームは、いわゆるビデオスロットとして実行される。なお、画像表示部3は、スロットゲームだけでなく、たとえばルーレットゲームシューティングゲームのゲーム画像も表示可能である。

0018

図2に示すように、操作部4のそれぞれには、メダル投入口40、メダル投入センサ41(図3参照)、ベットボタン42、スタートボタン43、ペイアウトボタン44、および操作レバー機構45が設けられている。

0019

メダル投入口40には、プレイヤによりメダルが投入される。投入されたメダルは、図示しないメダル貯留部に蓄えられる。

0020

メダル投入センサ41は、メダル投入口40に投入されたメダルを検知し、その旨の信号を後述のCPU10に出力する。なお、メダル投入口40に投入されたメダルの数(メダル投入数)は、クレジット数ゲームプレイ権利数)としてCPU10に処理される。クレジット数には、ゲーム結果に応じて付与されたメダル付与数も含まれる。

0021

ベットボタン42は、スロットゲームに際してプレイヤが所望のメダルベット数を指示する際に用いられる。たとえば、ベットボタン42を1回、2回、あるいは3回押下して操作すると、それぞれのボタン操作回数に応じてメダルベット数が1、2、3となる。メダルベット数は、CPU10に伝えられる。

0022

スタートボタン43は、プレイヤがスロットゲームの始動を指示するために用いられる。

0023

ペイアウトボタン44は、プレイヤがメダルの払い出しを指示するために用いられる。ペイアウトボタン44を押下すると、上記クレジット数に相当する数のメダルが図示しないメダル搬送機構を介してメダル貯留部からメダル払出口1Aまで送られ、メダル払出口1Aから払い出される。

0024

操作レバー機構45は、スロットゲームでは使用されないが、たとえばシューティングゲームを行う際に使用される。

0025

図3に示すように、ゲーム装置Aは、制御基板に設けられるハードウェアとして、CPU10、ROM11、RAM12、GPU13、VRAM14、ビデオインターフェース15、入力インターフェース16、および出力インターフェース17を備える。CPU10、ROM11、RAM12、GPU13、入力インターフェース16、および出力インターフェース17は、バス18を介して互いに接続されている。GPU13には、VRAM14およびビデオインターフェース15を介して、画像表示部3が接続されている。入力インターフェース16には、各操作部4のメダル投入センサ41、ベットボタン42、スタートボタン43、ペイアウトボタン44、および操作レバー機構45が接続されている。出力インターフェース17には、スピーカ5および電飾6が接続されている。

0026

CPU10は、ROM11に記憶されたシステムプログラムおよびゲームプログラムを実行し、各種の入出力制御および演算処理を行う。たとえば、CPU10は、デジタルカウンタとして機能し、クレジット数、メダル投入数、メダル付与数、メダルベット数、およびメダル払出数について計数処理を行う。CPU10は、メダル投入数およびメダル付与数を加算値とし、メダルベット数を減算値としてクレジット数を算出する。メダル払出数は、ペイアウトボタン44を押下した際に払い出されるメダルの総数であり、その時点でのクレジット数に相当する。CPU10は、スロットゲームのゲームプログラムを実行し、ゲーム画像を画像表示部3に表示させる旨の命令をGPU13に送る。CPU10は、スロットゲームの進行に伴い乱数ジェネレータとして機能し、所定の抽選処理を実行する。所定の抽選処理には、通常抽選処理のほか、第1抽選処理と第2抽選処理がある。CPU10は、スロットゲームの進行状況に応じてスピーカ5や電飾6を動作させる。ゲーム画像および所定の抽選処理については後述する。

0027

ROM11は、読み出し専用半導体メモリである。このROM11には、ハードウェアの基本的な動作を制御するためのシステムプログラムと、ゲームに関する各種の処理をCPU10に実行させるための命令や手順を記したゲームプログラムなどが記憶されている。また、ROM11には、スロットゲームのゲーム画像や絵柄配列テーブル(図5参照)、CPU10が所定の抽選処理を行う際に用いる抽選テーブルなどが記憶されている。

0028

システムプログラムには、CPU10をデジタルカウンタとして機能させるためのプログラムが含まれる。ゲームプログラムには、スロットゲームの進行手順を記したプログラムが含まれるとともに、CPU10を乱数ジェネレータとして機能させるためのプログラムが含まれる。図6に示すように、ゲーム画像には、スロットゲームを構成する複数の絵柄P、ベットラインL1〜L3、キャラクタC、クレジット表示部D、アイテムS1,S2,S3(図11〜13参照)などが含まれる。図5に示すように、複数の絵柄Pは、絵柄配列テーブルに規定されている。絵柄Pの種類には、数字に対応する数字絵柄Pn、特別絵柄Ps1,Ps2、ブランク絵柄Pbがある。抽選テーブルは、複数の抽選処理に応じて複数用意されている。なお、ゲームプログラムならびにゲーム画像や絵柄配列テーブル、抽選テーブルは、ハードディスク光ディスクあるいはフラッシュメモリといった記録媒体に記録しておき、この記録媒体から読み取り装置を介してCPU10が適宜読み出すようにしてもよい。

0029

RAM12は、読み書き可能な半導体メモリであり、CPU10によるプログラムのロードや画像データなどの一時的な記憶に用いられる。たとえばRAM12には、ROM11から読み出された画像データや抽選テーブルが記憶される。

0030

GPU13は、ゲーム画像の表示処理に必要な高速演算処理を行う。たとえばGPU13は、20fpsのフレームレートでゲーム画像を生成し、1フレームずつ生成した画像データをVRAM14に転送する。

0031

VRAM14は、映像表示専用の半導体メモリである。たとえばVRAM14は、GPU13によって生成されたゲーム画像を一時的に保持するフレームバッファとして機能する。このVRAM14からは、ビデオインターフェース15を介して画像表示部3に1フレームずつゲーム画像が送信される。

0032

スロットゲームの流れは、以下のようになっている。

0033

図6に示すように、画面30には、複数の絵柄Pが縦横3×3のマトリクス状に並ぶように表示される。プレイヤによりメダル投入口40にメダルが投入されてベットボタン42が1〜3回押下されると、マトリクス状に並ぶ複数の絵柄Pに対して1〜5本のベットラインL1〜L5が有効ラインとして設定される。たとえば、メダルベット数が1の場合、図7(A)に示すように、横方向中段の絵柄Pに沿う1本のベットラインL1が有効ラインとして表示される。メダルベット数が2の場合、図7(B)に示すように、横方向上段、横方向中段、横方向下段の絵柄Pに沿う3本のベットラインL1,L2が有効ラインとして表示される。メダルベット数が3の場合、図7(C)に示すように、上記3本のベットラインL1,L2に加え、斜め方向の絵柄Pに沿う2本のベットラインL3が有効ラインとして表示される。クレジット表示部Dには、メダルベット数に応じた数だけ減算されたクレジット数が表示される。

0034

その後、プレイヤによりスタートボタン43が押下されると、図8に示すように、縦方向に並ぶ左列の絵柄P、中列の絵柄P、および右列の絵柄Pは、それぞれの列が仮想的なリールとして回転するかのように表示されるのに伴い、縦方向に移動する。このとき、各列の絵柄Pは、図5に示す絵柄配列テーブルに規定された順に従って移動する。同図に示すように、左列、中列、および右列には、「1」〜「9」の数字絵柄Pnが含まれる。これらの数字絵柄Pnのうち「スター7」は、大当たりの絵柄として規定されている。左列および右列には、中列には存在しない「タマゴ」の特別絵柄Ps1が含まれる。中列には、左列および右列に存在しない「?マーク」の特別絵柄Ps2が含まれる。「タマゴ」や「?マーク」の特別絵柄Ps1,PS2は、映像上の演出効果を発揮する絵柄として規定されている。たとえば「タマゴ」の特別絵柄Ps1は、メダル付与を示す可能性がある絵柄であり、「?マーク」の特別絵柄Ps2は、メダル付与やゲームモード切替を示す可能性がある絵柄である。

0035

各列の絵柄が動的に表示されてしばらくすると、たとえば左列の絵柄Pが最初に停止し、その後続いて右列の絵柄Pが停止し、最後に中列の絵柄Pが停止するように表示される。図9に示すように、たとえば有効ラインが符号L1のベットラインである場合、全ての列の絵柄Pが停止表示された状態においては、その有効ラインL1上に並ぶ複数の絵柄Pが停止絵柄P’となる。なお、停止絵柄P’の組み合わせは、各列の絵柄Pの停止前にCPU10が所定の抽選処理を実行することにより、内部的に事前決定されている。

0036

ノーマルゲームモード(後述する図14のS1〜S12、S14、S15の処理を行うモード)において、停止絵柄P’の組み合わせには、一般的な当たりの組み合わせのほか、「タマゴ」や「?マーク」の特別絵柄Ps1,Ps2が含まれる場合がある。これらの特別絵柄Ps1,Ps2が出現する場合を含めて当たりの組み合わせは、抽選テーブルに規定されているが、当たり以外の組み合わせ(以下、「外れ」と称する)については、特に抽選テーブルには規定されていない。図10に示すように、一般的な当たりの組み合わせは、たとえば「8,8,8」といった同一種類の数字絵柄Pnが揃う組み合わせである。図11に一例として示すように、停止絵柄P’に特別絵柄Ps2が含まれる特別な当たりの場合、その特別絵柄Ps2から所定数のメダル付与を告知するメダルアイテムS1が出現する。メダルアイテムS1に表示された数は、メダル付与数である。一般的な当たりに対応するメダル付与数は、あらかじめ定められており、特別な当たりに対応するメダル付与数は、所定の抽選処理において決定される。いずれの当たりの場合においても、それぞれの当たりに応じたメダル付与数がクレジット数に加算される。

0037

ノーマルゲームモードにおいて、外れの場合、数字絵柄Pnが揃っていない停止絵柄P’の組み合わせや、「タマゴ」や「?マーク」の特別絵柄Ps1,Ps2が含まれない停止絵柄P’の組み合わせとなる(図9参照)。また、「タマゴ」や「?マーク」の特別絵柄Ps1,Ps2が表示されても、何も出現しない場合があり、その場合も外れとなる。なお、特別絵柄Ps1,Ps2からのメダルアイテムS1の出現やメダル付与数についても、CPU10が所定の抽選処理を実行することにより、内部的に事前決定されている。ノーマルゲームモードにおいては、所定の抽選処理として、通常抽選テーブルを用いた通常抽選処理が実行される。特に図示しないが、通常抽選テーブルには、一般的な当たりの組み合わせ(役)ごとに定められた当選確率と特別絵柄Ps1,Ps2が出現して当たりとなる当選確率が規定されている。

0038

一方、図12に示すように、ノーマルゲームモードにおいて、停止絵柄P’として表示された「?マーク」の特別絵柄Ps2からゲームモード切替を示す「スターマーク」の告知アイテムS2が出現することがある。「スターマーク」の告知アイテムS2が出現した場合、ノーマルゲームモードから特別ゲームモードに移行する。特別ゲームモードにおいては、ノーマルゲームモードと同様にプレイヤの操作に応じてスロットゲームが進行するが、以下の点においてノーマルゲームモードと異なる。

0039

特別ゲームモードにおいては、CPU10が第1抽選テーブルを用いた第1抽選処理を実行することにより、当たりか外れに該当する停止絵柄P’の組み合わせが表示される。そして、図9に示すように、停止絵柄P’の組み合わせが外れとして表示されても、CPU10は、メダルを付与するか否かについて第2抽選テーブルを用いた第2抽選処理を実行している。この第2抽選処理によりメダルを付与する旨の抽選結果が得られた場合、外れの停止絵柄P’の組み合わせが表示された後、図13に示すような演出画像が表示される。この演出画像においては、横方向下段に表示された絵柄P1に沿ってキャラクタCが走り抜け、このキャラクタCが絵柄P1をはじき飛ばし、消えた絵柄P1に代わって所定数のメダル付与を示すメダルアイテムS3が出現する。このとき、メダルアイテムS3は、第2抽選処理の抽選結果に応じて1〜3個の範囲内で出現する。メダルアイテムS3に示された数は、メダル付与数としてクレジット数に加算される。その後、キャラクタCが元の位置に戻って横方向下段の絵柄P1が復活し、図9に示すような画像が表示される。なお、メダルアイテムS3の出現個数やメダル付与数については、第2抽選処理により決定される。第2抽選処理によりメダルを付与しない旨の抽選結果が得られた場合、上記演出画像は表示されない。

0040

上記特別ゲームモードは、大当たりとなる「スター7,スター7,スター7」の数字絵柄Pnが揃うと終了する。特別ゲームモードの終了後は、たとえばジャックポット抽選ゲーム(JP抽選ゲーム)が実行される。なお、特に図示しないが、上記第1抽選テーブルには、当たりとなる停止絵柄P’の組み合わせごとに当選確率が規定されている。この第1抽選テーブルに規定された当選確率は、ノーマルゲームモードにおいて使用される通常抽選テーブルの当選確率よりも高く設定されている。また、第2抽選テーブルには、メダルを付与するか否かについての当選確率が規定されている。すなわち、特別ゲームモードにおいては、ノーマルゲームモードよりも確率的に多くのメダルが付与される。これにより、プレイヤは、ゲーム結果に意外性と期待感を感じることができる。

0041

次に、ゲーム装置Aの制御処理について、図14および図15を参照して説明する。

0042

図14に示すように、CPU10は、ノーマルゲームモードにおいて、プレイヤによりベット操作(ベットボタン42の押下)がなされると(S1:YES)、その操作回数に対応するメダルベット数をクレジット数から減算する(S2)。このとき、図7に示すように、ゲーム画像には、メダルベット数に応じた有効ラインL1〜L3が表示される。なお、ベット操作の操作回数は、クレジット数の範囲内において1〜3回までとされており、クレジット数を超えるベット操作や4回以上のベット操作は無効とされる。

0043

次に、CPU10は、プレイヤによりスタート操作(スタートボタン43の押下)がなされると(S3:YES)、通常抽選テーブルに基づいて通常抽選処理を実行する(S4)。この通常抽選処理においては、当たり、外れ、およびゲームモード切り替えのうちのいずれかが抽選結果として得られる。当たりの場合には、停止絵柄P’を全て同一種類の数字絵柄Pnとする旨の抽選結果、あるいは停止絵柄P’として「タマゴ」や「?マーク」の特別絵柄Ps1,Ps2を表示させ、これらの特別絵柄Ps1,Ps2からメダルアイテムS1を出現させる旨の抽選結果が得られる。ゲームモード切り替えの場合には、停止絵柄P’として「?マーク」の特別絵柄Ps2を表示させ、この特別絵柄Ps2から「スターマーク」の告知アイテムS2を出現させる旨の抽選結果が得られる。外れの場合には、停止絵柄P’として同一種類の数字絵柄Pnが揃わない旨の抽選結果、あるいは「タマゴ」や「?マーク」の特別絵柄Ps1,Ps2からメダルアイテムS1を出現させない旨の抽選結果が得られる。このような通常抽選処理において当たりの抽選結果が得られる当選確率は、たとえば1/10として通常抽選テーブルに規定されている。

0044

通常抽選処理の抽選結果が当たりの場合(S5:YES)、CPU10は、その当たりの絵柄が一般的な停止絵柄P’か特別絵柄Ps1,Ps2かを判定する(S6)。

0045

当たりの絵柄がたとえば「8,8,8」などの一般的な停止絵柄P’の場合(S6:YES)、CPU10は、図8に示すようにゲーム画像として絵柄Pを動的に表示させた後(S7)、その当たりの停止絵柄P’を表示させる(S8)。このとき、たとえば図10に示すようなゲーム画像が表示される。

0046

その後、CPU10は、当たりに応じたメダル付与数をクレジット数に加算し(S9)、ノーマルゲームモードの制御処理を終了する。その後、プレイヤによりペイアウト操作(ペイアウトボタン44の押下)がなされると、ゲーム画像内のクレジット表示部Dに表示されたクレジット数に相当するメダルがメダル払出口1Aに払い出される。

0047

S6において、当たりの絵柄がたとえば「?マーク」などの特別絵柄Ps2の場合(S6:NO)、CPU10は、上記S7と同様に絵柄Pを動的に表示させた後(S10)、停止絵柄P’として「?マーク」の特別絵柄Ps2を表示させる(S11)。このとき、たとえば図11に示すようなゲーム画像が表示される。

0048

さらにその後、CPU10は、図12に示すように、「?マーク」の特別絵柄Ps2から「スターマーク」の告知アイテムS2を出現させる演出画像を表示させ(S12)、ノーマルゲームモードから特別ゲームモードの制御処理(S13)に切り替える。なお、通常抽選処理は、当たりか外れのいずれかを抽選するだけとし、その後、「?マーク」からどの種類のアイテムを出現させるかについてさらに別の抽選処理を行うようにしてもよい。この場合、通常抽選処理の抽選結果により「?マーク」の特別絵柄が表示され、その直後、「?マーク」からどの種類のアイテムを出現させるかについて特別な抽選処理が行われることになる。

0049

S5において、通常抽選処理の抽選結果がたとえば「6,3,8」などの外れの場合(S5:NO)、CPU10は、上記S6と同様に絵柄Pを動的に表示させた後(S14)、たとえば図9に示すような外れの停止絵柄P’を表示させ(S15)、ノーマルゲームモードの制御処理を終了する。

0050

S3において、プレイヤによりスタート操作がなされない場合(S3:NO)、CPU10は、スタート操作の監視を継続し、次のS4の処理を実行しない。

0051

S1において、プレイヤによりベット操作がなされない場合(S1:NO)、CPU10は、ベット操作の監視を継続し、次のS2の処理を実行しない。

0052

図15に示すように、特別ゲームモードの制御処理に切り替えられた場合、CPU10は、ノーマルゲームモードの場合と同様に、プレイヤによるベット操作を監視する(S21)。

0053

プレイヤによりベット操作がなされると(S21:YES)、CPU10は、クレジット数からメダルベット数を減算した後(S22)、スタート操作を監視する(S23)。

0054

プレイヤによりスタート操作がなされると(S23:YES)、CPU10は、第1抽選テーブルに基づいて第1抽選処理を実行し(S24)、続いて第2抽選処理を実行する(S25)。

0055

S24の第1抽選処理においては、当たりおよび外れのうちのいずれかが第1抽選結果として得られる。当たりおよび外れとなる第1抽選結果の内容は、たとえばCPU10により一時的に記憶される。この第1抽選処理において当たりの抽選結果が得られる当選確率は、たとえば1/8として第1抽選テーブルに規定されている。すなわち、第1抽選処理の当選確率は、通常抽選処理の当選確率よりも高確率であり、特別ゲームモードにおいては当たりが発生しやすくなっている。一方、S25の第2抽選処理においては、メダルを付与する旨の当たりか、もしくはメダルを付与しない旨の外れかが第2抽選結果として得られる。第2抽選結果の内容も、たとえばCPU10により一時的に記憶される。なお、第2抽選処理は、第1抽選結果が当たりの場合には実行しなくてもよい。

0056

第1抽選結果が当たりの場合(S26:YES)、CPU10は、図8に示すようにゲーム画像として絵柄Pを動的に表示させた後(S27)、当たりの停止絵柄P’を表示させる(S28)。当たりの場合には、ノーマルゲームモードの場合と同様に、たとえば図10に示すようなゲーム画像が表示される。

0057

次に、CPU10は、当たりの組み合わせが大当たりに該当する「スター7,スター7,スター7」かその他の当たりの組み合わせかを判定する(S29)。

0058

大当たりの組み合わせである場合(S29:YES)、CPU10は、その大当たりに応じたメダル付与数をクレジット数に加算し(S30)、その後、JP抽選ゲームの制御処理に移行し(S31)、特別ゲームモードの制御処理を終了する。なお、S30の処理後は、JP抽選ゲームを行わずに再びノーマルゲームモードの制御処理に移行してもよい。

0059

S29において、大当たり以外の当たりの組み合わせである場合(S29:NO)、CPU10は、その当たりに応じたメダル付与数をクレジット数に加算し(S32)、S21に戻る。すなわち、特別ゲームモードの制御処理は、大当たりが出るまで(S29:YES)継続される。なお、大当たり以外の当たりの組み合わせが出た場合には、たとえばミニゲームとしてシューティングゲームを実行させてもよい。

0060

S26において、第1抽選結果が外れの場合(S26:NO)、上記S27と同様に絵柄Pを動的に表示させた後(S33)、たとえば図9に示すような外れの停止絵柄P’を表示させる(S34)。

0061

さらにその後、CPU10は、第2抽選結果が当たりであったか外れであったかを判定する(S35)。

0062

第2抽選結果が当たりの場合(S35:YES)、CPU10は、図13に示すような演出画像を表示させる(S36)。この演出画像では、下段のベットラインL2に沿う絵柄P1がキャラクタCによりメダルアイテムS3に変えられる。メダルアイテムS3に示されるメダル付与数は、第2抽選処理によってランダムに決定される。

0063

そして、CPU10は、メダルアイテムS3に応じたメダル付与数をクレジット数に加算し(S37)、S21に戻る。

0064

S35において、第2抽選結果が外れの場合(S35:NO)、CPU10は、S21に戻る。この場合は、第1抽選処理および第2抽選処理の結果、完全に外れたこととなり、特別ゲームモードの制御処理が継続される。

0065

S23において、プレイヤによりスタート操作がなされない場合(S23:NO)、CPU10は、スタート操作の監視を継続し、次のS24の処理を実行しない。

0066

S21において、プレイヤによりベット操作がなされない場合(S21:NO)、CPU10は、ベット操作の監視を継続し、次のS22の処理を実行しない。

0067

したがって、本実施形態のゲーム装置Aによれば、特別ゲームモードにおいて外れとなる停止絵柄P’の組み合わせが表示されても、第2抽選処理において内部的に当選している場合には、外れ絵柄を表示した後にメダルの付与を示す演出画像が表示され、所定数のメダルが付与される。これにより、プレイヤは、外れとなる停止絵柄P’の組み合わせが表示されても、当たりになるかもしれないという期待感を持つことができるとともに、そうして当たりとなった場合に意外性を感じることができる。

0068

次に、他の実施形態による処理について、図16〜18を参照して説明する。なお、先述した実施形態によるものと同一または類似の処理については、同一の符号を付し、その説明を適宜省略する。

0069

図16は、特別ゲームモードにおいて、第1および第2抽選処理とは異なる抽選処理(特別抽選処理)を実行する場合のフローチャートである。

0070

図16に示すように、S21〜S23の処理を経てプレイヤによりスタート操作がなされると(S23:YES)、CPU10は、特別抽選処理を実行する(S24’)。この特別抽選処理においては、当たりとするか(a)、完全な外れとするか(b)、外れの表示後、図13に示すような演出画像を表示させて当たりとするか(c)が一度の抽選により決定され、これらのうちのいずれかが特別抽選結果として得られる。このような特別抽選処理において当たりの抽選結果が得られる当選確率も、通常抽選処理の当選確率よりも高確率として抽選テーブルに規定されている。

0071

特別抽選結果が上記(a)の場合(S25’:a)、CPU10は、S27〜S32の処理を実行する。すなわち、この場合は、たとえば図10に示すような当たりの組み合わせとなる停止絵柄P’が表示され、それに応じたメダル付与数がクレジット数に加算される。

0072

特別抽選結果が上記(b)の場合(S25’:b)、CPU10は、S33,S34の処理を実行する。この場合は、たとえば図9に示すような外れの停止絵柄P’が表示され、メダルが付与されない。

0073

一方、特別抽選結果が上記(c)の場合(S25’:c)、CPU10は、S33と同様に絵柄Pを動的に表示させた後(S33’)、図9に示すような外れの停止絵柄P’を表示させるが(S34’)、さらにその後、図13に示すような演出画像を表示させる(S36)。この演出画像においても、メダルアイテムS3が表示される。

0074

そして、CPU10は、メダルアイテムS3に応じたメダル付与数をクレジット数に加算し(S37)、S21に戻る。

0075

したがって、図16に示す特別ゲームモードの処理によっても、プレイヤは、外れとなる停止絵柄P’の組み合わせが表示されても、当たりになるかもしれないという期待感を持つことができ、先述した実施形態と同様の効果を得ることができる。

0076

図17は、ノーマルゲームモードにおける通常抽選処理に代えて特別抽選処理を実行する場合のフローチャートである。

0077

図17に示すように、S1〜S3の処理を経てプレイヤによりスタート操作がなされると(S3:YES)、CPU10は、特別抽選処理を実行する(S4’)。この特別抽選処理も、図16のS24’に示す特別抽選処理と同様であり、当たりとするか(a)、完全な外れとするか(b)、外れの表示後、図13に示すような演出画像を表示させて当たりとするか(c)が一度の抽選により決定され、これらのうちのいずれかが特別抽選結果として得られる。

0078

特別抽選結果が上記(a)の場合(S5’:a)、CPU10は、S27,S28,S30の処理を実行する。すなわち、この場合は、たとえば図10に示すような当たりの組み合わせとなる停止絵柄P’が表示され、それに応じたメダル付与数がクレジット数に加算される。

0079

特別抽選結果が上記(b)の場合(S5’:b)、CPU10は、S33,S34の処理を実行する。この場合は、たとえば図9に示すような外れの停止絵柄P’が表示され、メダルが付与されない。

0080

一方、特別抽選結果が上記(c)の場合(S5’:c)、CPU10は、S33と同様に絵柄Pを動的に表示させた後(S33’)、図9に示すような外れの停止絵柄P’を表示させるが(S34’)、さらにその後、図13に示すような演出画像を表示させ(S36)、メダルアイテムS3に応じたメダル付与数をクレジット数に加算し(S37)、ノーマルゲームモードの制御処理を終了する。

0081

したがって、図17に示すノーマルゲームモードの処理によれば、当選確率が高確率となる特別ゲームモードでなくても、外れの表示後に当たりとなる可能性があり、そうなるかもしれないという期待感をプレイヤは持つことができ、先述した実施形態と同様の効果を得ることができる。

0082

図18は、ノーマルゲームモードにおける通常抽選処理に代えて第1および第2抽選処理を実行する場合のフローチャートである。

0083

図18に示すように、S1〜S3の処理を経てプレイヤによりスタート操作がなされると(S3:YES)、CPU10は、第1抽選処理を実行し(S24)、続いて第2抽選処理を実行する(S25)。

0084

S24の第1抽選処理においても、先述した実施形態と同様に、当たりおよび外れのうちのいずれかが第1抽選結果として得られる。S25の第2抽選処理も、先述した実施形態と同様に、メダルを付与する旨の当たりか、もしくはメダルを付与しない旨の外れかが第2抽選結果として得られる。

0085

第1抽選結果が当たりの場合(S26:YES)、CPU10は、S27,S28,S30の処理を実行し、ノーマルゲームモードの制御処理を終える。すなわち、この場合は、たとえば図10に示すような当たりの組み合わせとなる停止絵柄P’が表示され、それに応じたメダル付与数がクレジット数に加算される。

0086

一方、S26において、第1抽選結果が外れの場合(S26:NO)、CPU10は、S33〜S37)の処理を実行し、ノーマルゲームモードの制御処理を終える。この場合には、図9に示すような外れの停止絵柄P’が表示されるが(S34)、さらにその後、図13に示すような演出画像が表示され(S36)、メダルアイテムS3に応じたメダル付与数がクレジット数に加算される場合がある(S37)。

0087

したがって、図18に示すノーマルゲームモードの処理によっても、外れの表示後に当たりとなる可能性があり、プレイヤはそうなるかもしれないという期待感を持つことができ、先述した実施形態と同様の効果を得ることができる。

0088

なお、上記実施形態はあくまで一例であり、本発明の技術的範囲はこれに限定されるものではない。本発明に係るゲーム装置の具体的な構成は、発明の思想から逸脱しない範囲内で種々な変更が可能である。

0089

たとえば、図15あるいは図18に示すS25の第2抽選処理は、S34の外れの停止絵柄が表示された後、CPUによって実行されるようにしてもよい。この場合、S34の処理後にプレイヤにある種の操作、たとえばボタンを連打する操作やミニゲームに係る操作を行わせ、その操作結果に応じて当選確率をアップさせるといったことを行うことができる。また、第1抽選処理の抽選後、絵柄が動的に表示されている最中に第2抽選処理が実行されるようにしてもよい。

0090

上記実施形態では、3ベット×5ベットラインのスロットゲームが進行するが、たとえば5ベット×5ベットラインのスロットゲームとしてもよい。また、3×3のマトリクス状に並ぶ絵柄Pのそれぞれが独立して動的に表示されるスロットゲームの場合、たとえば画面の縦方向に沿う3本のラインもベットラインとし、3ベット×8ベットラインとしてもよい。

0091

上記実施形態では、第2抽選処理の抽選結果が当たりの場合、あらかじめ決められた下段のベットラインに沿う絵柄がメダルアイテムに変えられるが、メダルアイテムとは異なる種類のアイテムを出現させるようにしてもよい。たとえば、さらに高確率の抽選テーブルに切り替えて第1抽選処理が実行されるといった旨の確率変動を告知するアイテムを出現させてもよい。また、メダルアイテムに変化させられる絵柄は、中段や上段のベットラインに沿うものであってもよく、どの位置の絵柄をメダルアイテムに変化させるかを内部抽選によってその都度決めるようにしてもよい。さらに、特定の絵柄、たとえば「タマゴ」の絵柄が表示された場合に限り、その「タマゴ」の絵柄についてのみメダルアイテムに変化させるようにしてもよい。

0092

メダルアイテムは、常に一定のメダル付与数を示すものとしてもよいし、メダルアイテムに変化する前の絵柄に示される数をメダル付与数としてもよい。

0093

付与される特典は、常にメダルとは限らず、たとえばJP抽選ゲームをする権利や、シューティングゲームにおいて用いられる武器などのアイテムでもよい。

0094

ゲーム装置は、機械的に回転する複数のリールを備えた、いわゆるスロットマシンでもよい。

0095

Aゲーム装置
P絵柄
P’停止絵柄
L1〜L3ベットライン
1筐体
2屋根部
3画像表示部(表示手段)
4 操作部
5スピーカ
6電飾
10 CPU(ゲーム制御手段、第1抽選手段、第2抽選手段、通常抽選手段、特別抽選手段)
11 ROM
12 RAM
13 GPU
14 VRAM

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ