図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2015年11月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題・解決手段

本発明は、軌道(3)のレール(2)を削正する装置に関し、この装置は、レール走行装置を介して軌道の上を走行可能なフレーム(11)と、フレーム(11)に沿って、レール長手方向に相前後して配置された、それぞれ1本のレール(2)に対応して配置された砥石(17)とを備え、各砥石(17)は、駆動装置(14,20)によって、鉛直方向に移動可能であるもしくはレール走行面(16)に対して送り可能である。少なくとも1つの砥石(17)は、独自の回動駆動装置(18)によって180°鉛直の軸線(19)を中心に回動可能に構成されている。

概要

背景

概要

本発明は、軌道(3)のレール(2)を削正する装置に関し、この装置は、レール走行装置を介して軌道の上を走行可能なフレーム(11)と、フレーム(11)に沿って、レール長手方向に相前後して配置された、それぞれ1本のレール(2)に対応して配置された砥石(17)とを備え、各砥石(17)は、駆動装置(14,20)によって、鉛直方向に移動可能であるもしくはレール走行面(16)に対して送り可能である。少なくとも1つの砥石(17)は、独自の回動駆動装置(18)によって180°鉛直の軸線(19)を中心に回動可能に構成されている。

目的

本発明の課題は、冒頭で述べたような方法もしくは装置を改良して、効率的で、加えて経済的なレール加工が可能であるものを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

軌道(3)のレール(2)を削正する方法であって、レール長手方向で相前後して配置された幾つかの砥石(17)を、作業を導入するために、レール走行面(16)上に降下させ、持続的にレール(2)に沿って移動させる、方法において、砥石(17)を、選択可能な時間間隔で前記レール走行面(16)から持ち上げ、それぞれ180°回動させ、その後で作業の導入を継続するために再び前記レール走行面(16)上に降下させることを特徴とする、軌道のレールを削正する方法。

請求項2

砥石(17)の回動を、軌道平面(15)に対して直交方向の軸線(19)を中心に行う、請求項1記載の方法。

請求項3

砥石を有する削正ユニット(10)の砥石(17)の回動を、作業進行の停止時に自動的にリリースする、請求項1又は2記載の方法。

請求項4

前記レール(2)を削正するために、砥石(17)を有する全体で2つの削正ユニット(10)が設けられており、該削正ユニット(10)のうちの一方の削正ユニット(10)は、他方の削正ユニット(10)の砥石(17)が回動させられる間に、作業進行の中断なしに継続使用されたままとなる、請求項1又は2記載の方法。

請求項5

前記軸線(18)を中心とする砥石(17)の回動を、遠隔操作可能な駆動装置を用いて行う、請求項1から4までのいずれか1項記載の方法。

請求項6

各砥石(17)を、別の砥石とは別個に独立して回動させる、請求項1から5までのいずれか1項記載の方法。

請求項7

請求項1から6までのいずれか1項記載の方法により軌道(3)のレール(2)を削正する装置であって、レール走行装置(4)を介して軌道(3)上を走行可能なフレーム(11)と、該フレーム(11)に、機械長手方向もしくはレール長手方向に相前後して配置された、それぞれ1本のレール(2)に対応して配置された複数の砥石(17)とを備え、各砥石(17)は、駆動装置(14,20)によって、鉛直方向に調節移動可能であるもしくはレール走行面(16)に向けて送り可能である、装置において、少なくとも1つの砥石(17)は、独自の回動駆動装置(18)によって、180°鉛直の軸線(19)を中心に回動可能に構成されていることを特徴とする、軌道のレールを削正する装置。

請求項8

各砥石(17)に対応して独自の1つの高さ調節駆動装置(20)が配置されている、請求項7記載の装置。

請求項9

各砥石(17)に対応して独自の1つの回動駆動装置(18)が配置されている、請求項7又は8記載の装置。

請求項10

前記高さ調節駆動装置(20)及び前記回動駆動装置(18)は、鉛直の前記軸線(19)に対して同軸に配置されている、請求項7から9までのいずれか1項記載の装置。

請求項11

削正ユニット(10)のフレーム(11)に、レール長手方向で相前後して配置された、それぞれ少なくとも1つの砥石(17)を有する2つの補助フレーム(21)が設けられており、該補助フレーム(21)は、前記レール(2)に対して平行に延在する長手方向ガイド(22)に沿って摺動するように支持されていて、かつ偏心駆動装置(23)によって、前記フレーム(11)に対して相対的に往復振動運動可能である、請求項7から10までのいずれか1項記載の装置。

請求項12

前記削正ユニット(10)の、それぞれ1本のレール(2)に対応して配置された両方の前記フレーム(11)は、弾性的なジョイント箇所(24)を介して互いに結合されており、前記両フレーム(11)の互いに対するねじれ運動のために2つの調節駆動装置(25)が設けられている、請求項7から11までのいずれか1項記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、請求項1もしくは請求項7の上位概念に記載の軌道レールを削正する方法並びに装置に関する。

0002

この種の装置は、例えば欧州特許公開第0427940号明細書において公知であり、この装置では、幾つかの砥石が、レール長手方向で相前後して支持体に取り付けられている。支持体は、それ自体が、高さ調節可能に、軌道上を走行可能な台車フレームに結合されていて、液圧シリンダによって、作業位置に降下可能である。更に、各砥石に対応して独自の押圧プランジャが配置されており、押圧プランジャは、個々の砥石をレールに対して押し付けるもしくは静止位置に周期的に持ち上げるために用いられる。静止位置では、そのとき露出している削正面が、ウォータジェットを用いて洗浄され、石の細孔を閉塞する研削から解放される。

0003

仏国特許1060027号明細書において、同等の装置が開示されている。この装置では、低温圧力水による砥石の作業面の洗浄も記載されており、この場合、この水は、同時に削正箇所の冷却にも役立つ。

0004

従って本発明の課題は、冒頭で述べたような方法もしくは装置を改良して、効率的で、加えて経済的なレール加工が可能であるものを提供することである。

0005

この課題は、本発明によれば、冒頭で述べた方法もしくは装置において、請求項1もしくは7の特徴部に記載の構成により解決される。

0006

本発明による特徴を有する削正装置は、極めて簡単に、砥石の作業面の、削正品質及び効率を損なう汚れを阻止できるという利点を提供する。そのために、権利請求される方法によれば、砥石の所定の間隔での回動だけが必要であり、これにより、今度は逆向きに行われる摩擦による研削片は、ほぼ自動的にかつ専ら最小限の作業コスト及び時間コストで砥石から除去される。回動駆動装置は、更に、人間工学的に特に好適な回動動作遠隔操作の有利な可能性を提供する。回動動作は、別の請求項に開示された特徴によれば、特に効率的に、削正運転中、削正運転の中断なく行うことができる。

0007

本発明の別の利点は、従属請求項及び図面の記載から明らかである。

0008

以下に、図示の態様に基づいて本発明を詳説する。

図面の簡単な説明

0009

本発明に係る装置を備えるレール削正機の概略側面図である。
装置の拡大図である。
本発明の別の態様の側面図である。
本発明の別の態様の平面図である。

0010

図1に示された機械1は、軌道3のレール2を削正するために用いられる。機械1は、軌道3の上を、レール走行装置4によって、矢印5で示された作業方向に走行可能である。機械1は、運転室もしくは作業室6、走行駆動装置7並びに様々な(後述する)駆動装置へのエネルギ供給のためのエネルギ源8を備えている。

0011

機械フレーム9の下側の域には、複数のレール走行装置4の間に、機械長手方向もしくは作業方向5で相前後して配置された、レール2を削正する2つの削正ユニット10が設けられている。削正ユニット10については、以下に、図2に基づいてより詳細に記載する。

0012

各削正ユニット10は、加工すべきレール2の上方で機械長手方向に延在するフレーム11を備える。フレーム11は、端部側で、フランジ付車輪12を介して軌道3上に支持可能であり、2つの液圧駆動装置13によって高さ調節可能に機械フレーム9に結合されている。別の2つの調節駆動装置14が、フランジ付車輪12に対して相対的に、ひいては軌道平面15もしくはレール2のレール走行面16に対して相対的に、フレーム11の鉛直方向の調節を可能にしている。

0013

フレーム11に、機械長手方向で相前後して配置された幾つかの砥石17が看取される。砥石17は、(図示された)作業位置で、レール2のレール走行面16に載置していて、作業方向5での持続的な作業運動においてレール走行面16上を引っ張られる。各砥石17は、回動駆動装置18を備え、回動駆動装置18によって、砥石17は、鉛直の、軌道平面15に対して略垂直に延在する軸線19を中心に180°回動可能に構成されている。更に、各砥石17は、独自の高さ調節駆動装置20に結合されていてもよく、この場合、回動駆動装置18及び高さ調節駆動装置20は、好適には、鉛直の軸線19に対して同軸に配置されている。

0014

作業導入時に、削正ユニット10は、液圧駆動装置13により、削正すべきレール2上に降下される。その後で、調節駆動装置14によって、砥石17がレール走行面16に接触するまで砥石17の送りが行われる。砥石17がそれぞれ独自の高さ調節駆動装置20を備えている場合、送りは、高さ調節駆動装置20を介して行ってよい。

0015

正動作により、砥石17の細孔が次第に閉塞され、これにより研削能力が低下するので、砥石17は、所定の選択可能な時間間隔で180°回動される。そのために全体のフレーム11が、調節駆動装置14を介してフランジ付車輪12に対して相対的に持ち上げられ、砥石が回動駆動装置18により回動され、その後で再びレール2上に降下される。第2の削正ユニット10が存在すると、この場合、レール削正動作は、中断なく進行させることができる。これに対して択一的に、高さ調節駆動装置20を備える各砥石17は、それぞれ別個に持ち上げて、回動させることができる。この場合、幾つかの砥石17は、作業位置に留まるので、作業進行を中断する必要はない。

0016

砥石17の回動は、好適には、回動駆動装置18に遠隔制御により動力を加えることにより行われる。選択的に、砥石17の回動を、自動で削正ユニット10の作業進行の停止時に作動させることもできる。

0017

図3及び図4(そこでは機能的に同一の構成要素には上述の態様と同じ符号を用いた)には、本発明の別の1つの態様が看取される。この別の態様では、削正ユニット10の砥石17は、同じ割合で、2つの補助フレーム21に取り付けられている。補助フレーム21は、レール長手方向で相前後してフレーム11のフランジ付車輪12の間に配置されていて、レール2に対して平行に位置決めされた長手方向ガイド22に摺動式に支持されている。偏心駆動装置23によって、補助フレーム21は、フレーム11に対して相対的に往復振動運動可能であり、そうして個別に上昇可能なかつ回動可能な砥石17の削正運動をレール2に伝達する。

0018

削正ユニット10の、軌道横方向で互いに対して対向する両フレーム11は、弾性的に構成されたジョイント箇所24並びに2つの調節駆動装置25を介して互いに結合されている(図4)。調節駆動装置25は、調節駆動装置25の個別の又は共通の作動により、互いに対する両フレーム11のねじれ運動が得られ、これにより、削正ユニット10を(例えば軌道カーブで)軌道3の両レール2の空間的なカーブ形状に良好に適合させることができ、そうして機械1の最適な研削能力を一貫して維持できるように、位置決めされている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 根本企画工業株式会社の「 脱線した車両の復旧作業用マット」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】脱線した車両をジャッキアップする際にジャッキを支持する平坦水平面を創出でき、しかも砕石による破断が生じにくく、また軽量で持ち運びに便利なマットを提供する。【解決手段】流動性のある粉粒体と、粉粒... 詳細

  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所の「 路盤改良工法及び改良路盤」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】軌道や路盤の撤去を伴わずに路盤を簡単に改良することができる路盤改良工法及び改良路盤を提供する。【解決手段】路盤改良工法は、道床5を支持する路盤6をてん充材F1によって改良する工法である。路盤改... 詳細

  • 日本製鉄株式会社の「 レール結束部材およびレール結束方法」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】レールを段積みしても安定し、帯状結束部材によってレールをキズつけない結束のための結束部材を提供する。【解決手段】並置された複数本のレールを結束するためのレール結束部材120であり、上段部120... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ