図面 (/)

技術 4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニル)ピリジン−2−カルボン酸を含む除草組成物

出願人 ダウアグロサイエンシィズエルエルシー
発明者 ヤーキス,カーラ,エヌ.マン,リチャード,ケイ.
出願日 2013年7月19日 (6年7ヶ月経過) 出願番号 2015-524351
公開日 2015年9月24日 (4年5ヶ月経過) 公開番号 2015-528014
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード 隣接区域 グレード化 固体構成成分 ウイロウ スプレー液滴 土壌マトリックス 油分含有量 植生管理
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題・解決手段

(a)式(I)の化合物:4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニルピリジン−2−カルボン酸もしくはその誘導体農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)ジメトキシピリミジン酸(ビスピリバクナトリウム、ピリベンゾキシリイ、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、ピリミスファンなど)を含有する本明細書に提供される相乗除草性組成物は、例えば、直播イネ、湛水直播イネおよび移植イネ、穀物コムギオオムギオートムギライムギモロコシコーンまたはトウモロコシサトウキビヒマワリアブラナキャノーラテンサイダイズワタパイナップル野菜牧草地草地放牧地休耕地、芝生樹木およびブドウ園、水生植物プランテーション作物産業植生管理(IVM)、または公道用地(ROW)において、望ましくない植生の相乗的な雑草防除を提供する。

概要

背景

概要

(a)式(I)の化合物:4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニルピリジン−2−カルボン酸もしくはその誘導体農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)ジメトキシピリミジン酸(ビスピリバクナトリウム、ピリベンゾキシリイ、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、ピリミスファンなど)を含有する本明細書に提供される相乗除草性組成物は、例えば、直播イネ、湛水直播イネおよび移植イネ、穀物コムギオオムギオートムギライムギモロコシコーンまたはトウモロコシサトウキビヒマワリアブラナキャノーラテンサイダイズワタパイナップル野菜牧草地草地放牧地休耕地、芝生樹木およびブドウ園、水生植物プランテーション作物産業植生管理(IVM)、または公道用地(ROW)において、望ましくない植生の相乗的な雑草防除を提供する。

目的

作物の成長阻害する雑草および他の植生から作物を保護することは、農業において絶えず繰り返されている課題である

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

除草有効量の(a)式(I)の化合物または農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)ジメトキシピリミジンまたは農業上許容されるその塩、カルボン酸カルボン酸塩もしくはエステルを含む相乗除草組成物

請求項2

(a)が、式(I)の化合物、式(I)の化合物のC1〜4アルキルエステルまたは式(I)の化合物のベンジルエステルである、請求項1に記載の組成物

請求項3

(b)が、ピリミジニルチオ安息香酸およびピリミジニルオキシ安息香酸からなる群から選択される、少なくとも1つの化合物、または農業上許容されるその塩、カルボン酸、カルボン酸塩もしくはエステルである、請求項1から2のいずれかに記載の組成物。

請求項4

農業上許容されるアジュバントまたは担体をさらに含む、請求項1から3のいずれかに記載の組成物。

請求項5

除草剤薬害軽減剤をさらに含む、請求項1から4のいずれかに記載の組成物。

請求項6

望ましくない植生防除する方法であって、植生またはその生育場所に、除草有効量の(a)式(I)の化合物または農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)ジメトキシ−ピリミジンまたはその塩もしくはエステルを接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む、方法。

請求項7

(a)が、式(I)の化合物、式(I)の化合物のC1〜4アルキルエステルまたは式(I)の化合物のベンジルエステルである、請求項6に記載の方法。

請求項8

(b)が、ピリミジニルチオ安息香酸およびピリミジニルオキシ安息香酸からなる群から選択される少なくとも1つの化合物または農業上許容されるその塩、カルボン酸、カルボン酸塩もしくはエステルである、請求項6から7のいずれかに記載の方法。

請求項9

直播イネ、湛水直播イネおよび移植イネ、穀物コムギオオムギオートムギライムギモロコシコーントウモロコシサトウキビヒマワリアブラナキャノーラテンサイダイズワタパイナップル牧草草地放牧地休耕地、芝生樹木およびブドウ園、水生植物産業植生管理(IVM)、または公道用地(ROW)において、望ましくない植生が防除される、請求項6から8のいずれかに記載の方法。

請求項10

(a)および(b)が、雑草または作物に対して発生前に施用される、請求項6から9のいずれかに記載の方法。

請求項11

グリホセート、5−エノールピルビルキメート−3−ホスフェートEPSPシンターゼ阻害剤グルホシネートグルタミンシンテターゼ阻害剤ジカンバフェノキシオーキシンピリジルオキシオーキシン、合成オーキシン、オーキシン輸送阻害剤、アリールオキシフェノキシプロピオネートシクロヘキサンジオンフェニルピラゾリンアセチルCoAカルボキシラーゼACCアーゼ)阻害剤、イミダゾリノン、スルホニルウレア、ピリミジニルチオベンゾエートトリアゾロピリミジンスルホニルアミノカルボニルトリアゾリノンアセト乳酸シンターゼALS)またはアセトヒドロキシ酸シンターゼAHAS)阻害剤、4−ヒドロキシフェニルピルベートジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害剤、フィトエンデサチュラーゼ阻害剤、カロテノイド生合成阻害剤、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤、セルロース生合成阻害剤、有糸分裂阻害剤微小管阻害剤超長鎖脂肪酸阻害剤、脂肪酸および脂質生合成阻害剤、光化学系I阻害剤、光化学系II阻害剤トリアジン、またはブロモキシニル耐性である作物において、望ましくない植生が防除される、請求項6から10のいずれかに記載の方法。

請求項12

耐性作物が、複数の除草剤または複数の作用機序に耐性を付与する複数のまたは多重形質を有している、請求項11に記載の方法。

請求項13

望ましくない植生が除草剤に抵抗性または耐性の雑草を含む、請求項6から12のいずれかに記載の方法。

技術分野

0001

優先権主張
この出願は、以下の出願の各々の全体が参照により本明細書に組み込まれている、2012年7月24日に出願の米国仮特許出願第61/675,109号および2012年7月24日出願の米国仮特許出願第61/675,117号、および2013年3月15日出願の米国実用特許出願第13/833,362号の利益を主張する。

0002

本明細書では、(a)4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニルピリジン−2−カルボン酸、または農業上許容されるそのエステルもしくは塩、および(b)ジメトキシピリミジンピリミジニルオキシ安息香酸またはピリミジニルチオ安息香酸など)、または農業上許容されるその塩もしくはエステルを含む除草性組成物が提供される。

0003

本明細書では、(a)4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニル)ピリジン−2−カルボン酸、または農業上許容されるそのエステルもしくは塩、および(b)ジメトキシ−ピリミジン(ピリミジニルオキシ安息香酸またはピリミジニルチオ安息香酸など)、または農業上許容されるその塩もしくはエステルを施用するステップを含む、望ましくない植生防除する方法も提供される。

発明が解決しようとする課題

0004

作物成長阻害する雑草および他の植生から作物を保護することは、農業において絶えず繰り返されている課題である。この課題に対処する一助とするため、合成化学分野の研究者らは、このような望まれない成長を防除するのに有効な広範囲にわたる様々な化学品および化学製剤を産み出してきた。多くのタイプの化学除草剤が文献中で開示され、多数が商業的に使用されている。しかし、望ましくない植生を防除するのに有効な組成物および方法が依然として必要とされている。

課題を解決するための手段

0005

本明細書において提供される本発明の第1の実施形態は、除草有効量の(a)式(I)の化合物



または農業上許容されるその塩もしくはエステル、ならびに(b)ピリミジニルオキシ安息香酸、ピルミジニルチオ安息香酸(pyrmidinylthiobenzoic acid)、ならびに農業上許容されるそれらの塩およびエステルからなる群から選択される少なくとも1つのジメトキシ−ピリミジンを含む除草性組成物を含む。

0006

第2の実施形態は、第1の実施形態の混合物であって、式(I)が以下の形態:カルボン酸、カルボン酸塩アラルキルアルキルエステル、無置換ベンジル、置換ベンジル、C1〜C4アルキル、および/またはn−ブチルのエステルの少なくとも1つの形態で存在している、混合物を含む。

0007

第3の実施形態は、第1または第2の実施形態のいずれかによる混合物であって、(b)少なくとも1つのジメトキシ−ピリミジンが、ビスピリバクナトリウムピリベンゾキシムピリフタリド、ピリミノバク−メチル、もしくはピリミスファン、または前述のジメトキシ−ピリミジンの少なくとも1つの農業上許容される塩、カルボン酸、カルボン酸塩、もしくはエステルからなる群から選択される、混合物を含む。

0008

第4の実施形態は、第1、第2、または第3の実施形態のいずれかによる混合物であって、該混合物中のジメトキシ−ピリミジンが、ビスピリバク−ナトリウムであり、gae/ha対gai/haまたはgae/ha対gae/haの単位で与えられる式(I)の化合物とビスピリバク−ナトリウムとの重量比が、約1:75〜43:1、1:0.8、1:0.4、1:1.6、1:1.4、1:0.6、1:0.3、1:2.3、1:3、1:1.1、1:4.6、1.75:1、2.5:1、5;1、1:70〜40:1、1:60〜30:1、1:50〜20:1、1:40〜15:1、1:30〜10;1、1:20〜5:1、1:10〜4:1、1:5〜1:1、および10:1〜1:9からなる比の範囲およびこれらからなる比の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある、混合物を含む。

0009

第5の実施形態は、第1、第2、または第3の実施形態のいずれかによる混合物であって、該混合物中のジメトキシ−ピリミジンがピリベンゾキシムであり、gae/ha対gai/haまたはgae/ha対gae/haの単位で与えられる式(I)の化合物とピリベンゾキシムの重量比が、約1:45〜10:1、1:8.8、1:4.4、1:2.2、1:40〜9:1、1:30〜7:1、1:20〜5:1、1:10〜4:1、および1:9、および1:45からなる比の範囲およびこれらからなる比の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある、混合物を含む。

0010

第6の実施形態は、第1、第2、または第3の実施形態のいずれかによる混合物であって、該混合物中のジメトキシ−ピリミジンがピリフタリドであり、gae/ha対gai/haまたはgae/ha対gae/haの単位で与えられる式(I)の化合物とピリフタリドの重量比が、約1:150〜3:1、1:10、1:21、1:2.6、1:5.2、1:2.5、1:10、1:20、1:26、1:10.3、1:6、1:100〜2.5:1、1:75〜2:1、1:50〜1.5:1、1:30〜1:1、および1:21〜0.75:1からなる比の範囲およびこれらからなる比の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある、混合物を含む。

0011

第7の実施形態は、第1、第2、または第3の実施形態のいずれかによる混合物であって、該混合物中のジメトキシ−ピリミジンがピリミノバク−メチルであり、gae/ha対gai/haまたはgae/ha対gae/haの単位で与えられる式(I)の化合物とピリミノバク−メチルの重量比が、約1:45〜27:1、1:9、1:4.4、1:40〜25:1、1;30〜20:1、1:20〜10:1、1:10〜5:1、および1:21〜6:1からなる比の範囲およびこれらからなる比の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある、混合物を含む。

0012

第8の実施形態は、第1、第2、または第3の実施形態のいずれかによる混合物であって、該混合物中のジメトキシ−ピリミジンがピリミスルファンであり、gae/ha対gai/haまたはgae/ha対gae/haの単位で与えられる式(I)の化合物とピリミスルファンの重量比が、約1:100〜30:1、1:70〜25;1、1:50〜22:1、1:20〜20:1、1:10〜10:1、1:7〜7;1、および1:5〜5:1からなる比の範囲およびこれらからなる比の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある、混合物を含む。

0013

第9の実施形態は、第1から第8の実施形態のいずれかによる任意の組成物であって、該混合物が、アジュバント担体、または薬害軽減剤からなる群から選択される、少なくとも1種の農業上許容される薬剤をさらに含む、組成物を含む。

0014

第10の実施形態は、植生、および/または土壌、および/または水に、除草有効量の第1から第9の実施形態のいずれかによる少なくとも1つの混合物を施用するか、そうでなければ接触させるステップを含む、望ましくない植生を防除する方法を含む。

0015

第11の実施形態は、第10の実施形態による方法であって、望ましくない植生が、直播イネ、湛水直播イネおよび移植イネ、穀物コムギオオムギオートムギライムギモロコシコーントウモロコシサトウキビヒマワリアブラナキャノーラテンサイダイズワタパイナップル牧草草地放牧地休耕地、芝生樹木およびブドウ園、水生植物プランテーション作物、野菜産業植生管理(IVM)、ならびに公道用地(ROW)におけるものからなる群の少なくとも1つのメンバーにおいて、少なくとも1つの該方法を実施することにより防除される方法を含む。

0016

第12の実施形態は、第10および第11の実施形態のどちらかによる方法であって、除草有効量の本混合物が、発生前または発生後のいずれかに、作物、圃場、ROW、または水田の少なくとも1つに施用される方法を含む。

0017

第13の実施形態は、第10から第12の実施形態のいずれかによる方法であって、望ましくない植生が、グリホセート、5−エノールピルビルキメート−3−ホスフェートEPSPシンターゼ阻害剤グルホシネートグルタミンシンテターゼ阻害剤ジカンバフェノキシオーキシンピリジルオキシオーキシン、合成オーキシン、オーキシン輸送阻害剤、アリールオキシフェノキシプロピオネートシクロヘキサンジオンフェニルピラゾリンアセチルCoAカルボキシラーゼACCアーゼ)阻害剤、イミダゾリノン、スルホニルウレア、ピリミジニルチオベンゾエートトリアゾロピリミジンスルホニルアミノカルボニルトリアゾリノンアセト乳酸シンターゼALS)またはアセトヒドロキシ酸シンターゼAHAS)阻害剤(iinhibitor)、4−ヒドロキシフェニルピルベートジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害剤、フィトエンデサチュラーゼ阻害剤、カロテノイド生合成阻害剤、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤、セルロース生合成阻害剤、有糸分裂阻害剤微小管阻害剤超長鎖脂肪酸阻害剤、脂肪酸および脂質生合成阻害剤、光化学系I阻害剤、光化学系II阻害剤、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤、トリアジン、ならびにブロモキシニルからなる群のメンバーに対して抵抗性または耐性を示す少なくとも1つの植物に、少なくとも1つの該方法を実施することにより防除することができる、方法を含む。

0018

第14の実施形態は、第10から第13の実施形態のいずれかによる少なくとも1つの方法であって、少なくとも1つの除草剤に抵抗性または耐性の植物が処理され、この抵抗性または耐性作物が、複数の除草性(herbicide)作用機序からなる複数の除草剤または阻害剤に耐性を付与する複数または多重形質を有しており、一部の実施形態では、除草剤に抵抗性を示す処理済植物自体が望ましくない植生である方法を含む。

0019

第15の実施形態は、第14の実施形態による方法であって、抵抗性または耐性雑草が、複数の除草剤、複数の化学品クラス、複数の除草性作用機序の阻害剤に対して抵抗性または耐性を有するバイオタイプであるか、または複数の抵抗性メカニズムによるものである方法を含む。

0020

第16の実施形態は、第14または第15の実施形態のどちらかによる少なくとも1つの方法であって、望ましくない抵抗性または耐性植物が、アセト乳酸シンターゼ(ALS)阻害剤またはアセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)、光化学系II阻害剤、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACCアーゼ)阻害剤、合成オーキシン、オーキシン輸送阻害剤、光化学系I阻害剤、5−エノールピルビルシキメート−3−ホスフェート(EPSP)シンターゼ阻害剤、微小管集合阻害剤、脂肪酸および脂質合成阻害剤、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤、カロテノイド生合成阻害剤、超長鎖脂肪酸(VLCFA)阻害剤、フィトエンデサチュラーゼ(PDS)阻害剤、グルタミンシンテターゼ阻害剤、4−ヒドロキシフェニル−ピルベート−ジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害剤、有糸分裂阻害剤、セルロース生合成阻害剤、複数の作用機序を有する除草剤、キンクロラックアリールアミノプロピオン酸系ジフェンゾコート、エンドタール、または有機ヒ素化合物からなる群から選択される、少なくとも1つの作用機序により作用する、少なくとも1つまたは複数の化合物に対し抵抗性または耐性を示すバイオタイプである、方法を含む。

0021

第17の実施形態は、望ましくない植生を防除する方法であって、除草有効量の第4の実施形態による少なくとも1つの混合物を施用するステップを含み、ビスピリバク−ナトリウムのgai/haまたはgae/haで表すと、約1、5、7、10、14、20、40、70、80、および100からなる施用量、およびこれらからなる施用量の範囲の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある施用量で、該混合物の量が施用される方法を含む。

0022

第18の実施形態は、第4および第16の実施形態のいずれか一方による方法であって、防除される植物が、LEFCH、ECHCG、ECHOR、SCPMAおよびCYPROからなる群から選択される、少なくとも1つの植物である方法を含み、さらに別の実施形態は、アゼガヤ属(Leptochloa)、ヒエ属(Echinochloa)、ウキガラ属(Bolboschoenus)、およびカヤツリグサ属(Cyperus)からなる属から植物を防除するステップを含む。

0023

第19の実施形態は、望ましくない植生を防除する方法であって、除草有効量の第5の実施形態による少なくとも1つの混合物を施用するステップを含み、ピリベンゾキシムのgai/haまたはgae/haで表すと、約70、15〜60、および2〜300からなる施用量、およびこれらからなる施用量の範囲の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある施用量で、該混合物の量が施用される方法を含む。

0024

第20の実施形態は、第5および第19の実施形態のどちらかによる方法であって、防除される植物が、ECHCGからなる群から選択される、少なくとも1つの植物である方法を含み、さらに他の実施形態は、ヒエ属(Echinochloa)からなる属に由来する植物を防除するステップを含む。

0025

第21の実施形態は、望ましくない植生を防除する方法であって、除草有効量の第6の実施形態による少なくとも1つの混合物を施用するステップを含み、ピリフタリドのgai/haまたはgae/haで表すと、約1:150〜3:1、1:10.3、1:21、1:2.6、1:5.2、1:2.5、および1:21〜0.75:1からなる施用量およびこれらからなる施用量の範囲の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある施用量で、上記混合物の量が施用される方法を含む。

0026

第22の実施形態は、第6および第22の実施形態のいずれか一方による方法であって、防除される植物が、BRAPP、LEFCH、CYPROおよびFIMMIからなる群から選択される、少なくとも1つの植物である方法を含み、さらに別の実施形態は、アゼガヤ属(Leptochloa)、カヤツリグサ属(Cyperus)、テンツキ属(Fimbristylis)およびビロードキビ属(Brachiaria)からなる属から植物を防除するステップを含む。

0027

第23の実施形態は、望ましくない植生を防除する方法であって、除草有効量の第7の実施形態による少なくとも1つの混合物を施用するステップを含み、ピリミノバク−メチルのgai/haまたはgae/haで表すと、約1:45〜27:1、5.5、11.25、22.5、45、90、180、および1:21〜6:1からなる施用量、およびこれらからなる施用量の範囲の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある施用量で、該混合物の量が施用される方法を含む。

0028

第24の実施形態は、第7および第23の実施形態のいずれか一方による方法であって、防除される植物が、DIGSA、IPOHE、LEFCH、ECHCO、FIMMI、SCPMAおよびCYPROからなる群から選択される、少なくとも1つの植物である方法を含み、さらに他の実施形態は、メヒシバ属(Digitaria)、サツマイモ属(Ipomoea)、アゼガヤ属(Leptochloa)、ヒエ属(Echinochloa)、テンツキ属(Fimbristylis)、ウキヤガラ属(Bolboschoenus)およびカヤツリグサ属(Cyperus)からなる属から植物を防除するステップを含む。

0029

第25の実施形態は、望ましくない植生を防除する方法であって、除草有効量の第7の実施形態による少なくとも1つの混合物を施用するステップを含み、ピリミスルファンのgai/haまたはgae/haで表すと、約5、20、50、100、150、200、および300からなる施用量、およびこれらからなる施用量の範囲の群から選択されるか、または上記値の任意の一組の間で定義されている任意の範囲内にある施用量で、該混合物の量が施用される方法を含む。

0030

第26の実施形態は、第7および第25の実施形態のいずれか一方による方法であって、防除される植物が、CYPRO、ECHCG、ECHCO、LEFCH、SCPMA、DIGSA、IPOHE、およびFIMMIからなる群から選択される、少なくとも1つの植物である方法を含み、さらに他の実施形態は、カヤツリグサ属(Cyperus)、メヒシバ属(Digitaria)、ヒエ属(Echinochloa)、テンツキ属(Fimbristylis)、サツマイモ属(Ipomoea)、アゼガヤ属(Leptochloa)、ホタルイ属(Schoenoplectus)、およびウキヤガラ属(Bolboschoenus)からなる属から植物を防除するステップを含む。

0031

本明細書では、除草有効量の(a)式(I)の化合物



または農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)ジメトキシ−ピリミジンを含む除草組成物が提供される。本組成物は、農業上許容されるアジュバントまたは担体を含んでもよい。

0032

本明細書では、(a)式(I)の化合物、または農業上許容されるそのエステルもしくは塩、および(b)ジメトキシ−ピリミジン除草剤、または農業上許容されるその塩もしくはエステルを施用するステップを含む、望ましくない植生を防除する方法も提供される。

0033

定義
本明細書で使用する場合、式(I)の化合物は以下の構造



を有する。式(I)の化合物は、4−アミノ−3−クロロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシフェニル)−5−フルオロピリジン−2−カルボン酸という名前によって特定することができ、その全体が参照により本明細書に組み込まれている、米国特許第7,314,849(B2)号において記載されている。式(I)の化合物の例示的な使用には、複数の非作付けおよび作付け状況において、イネ科雑草広葉雑草、およびスゲ雑草を含む、望ましくない植生を防除することが含まれる。

0034

ピリミジンオキシカルボン酸は、ある種の実施形態では、以下のコア構造



(これは、1つまたは複数の置換基により置換され得る)、ならびにその塩およびエステルを含む。フェニルおよびピリミジンは、独立して、多環式環系の一部であってもよい。ピリミジンおよびフェニルの両方に結合している酸素は、別のヘテロ原子(例えば、S)により置きかえられていてもよい。いかなる理論にも限定されないが、本化合物は、分岐鎖アミノ酸の生合成における第1の一般的な酵素である、アセト乳酸シンターゼ(ALS)または(AHAS)アセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)を阻害する。

0035

例示的なピリミジニルチオベンゾエート(benzoate)酸、またはその塩もしくはエステルには、以下に限定されないが、ビスピリバク−ナトリウム、ピリベンゾキシム、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、およびピリミスルファン、農業上許容される誘導体、例えば、それらのカルボン酸、カルボン酸塩、またはエステルが含まれる。

0036

本明細書で使用する場合、ビスピリバク−ナトリウムとは、2,6−ビス[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニルオキシ安息香酸ナトリウムであり、以下の構造



を有する。

0037

この化合物は、Tomlin, C.(編)A World Compendium The Pesticide Manual. 第15版、Alton: BCPC Publications、2009(これ以降、「The Pesticide Manual、第15版、2009」と呼ぶ)において記載されている。例示的なビスピリバク−ナトリウムの使用には、例えば、直播イネおよび湛水直播イネ、ならびに芝生において、イネ科雑草、スゲ雑草、および広葉雑草を防除するためのその使用が含まれる。

0038

本明細書で使用する場合、ピリベンゾキシムとは、ジフェニルメタノンO−[2,6−ビス[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)オキシ]ベンゾイルオキシムであり、以下の構造



を有する。

0039

この化合物は、The Pesticide Manual、第15版、2009において記載されている。例示的なピリベンゾキシムの使用には、例えば、イネ、コムギ、およびノシバにおける、イヌビエ、ブラックグラス、およびタデを発生後に防除するための使用が含まれる。

0040

本明細書で使用する場合、ピリフタリドとは、7−[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)チオ]−3−メチル−1(3H)−イソベンゾフラノンであり、以下の構造



を有する。

0041

この化合物は、The Pesticide Manual、第15版、2009において記載されている。例示的なピリフタリドの使用には、イネにおいて、雑草の広範なスペクトルを発生後に防除するための使用が含まれる。

0042

本明細書で使用する場合、ピリミノバク−メチルとは、2−[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)オキシ]−6−[1−(メトキシイミノエチル安息香酸メチルであり、以下の構造



を有する。

0043

この化合物は、The Pesticide Manual、第15版、2009において記載されている。例示的なピリミノバク−メチルの使用には、例えば、水稲における、イヌビエを発生後早期に防除するためのその使用が含まれる。

0044

本明細書で使用する場合、ピリミスルファンとは、N−[2−[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)ヒドロキシメチル]−6−(メトキシメチル)フェニル]−1,1−ジフルオロメタンスルホンアミドであり、以下の構造



を有する。

0045

その除草活性は、Journal of Pesticide Science(東京、日本)(2012)、37巻(1号)、62〜68頁において例示されている。ピリミスルファンは、例えば、水田において、イネ雑草を防除するための除草剤として使用することができる。本明細書で使用する場合、除草剤とは、例えば、植物を死滅させる、その成長を防除する、そうでなければ、その成長を有害に改変する活性成分である化合物を意味する。

0046

本明細書で使用する場合、除草有効量または植生防除量とは、植生に有害な改変作用を引き起こし、例えば、自然な発育からの逸脱を引き起こす、死滅させる、調節をもたらす、枯渇を引き起こす、生長遅延を引き起こすなどの活性成分の量である。

0047

本明細書で使用する場合、望ましくない植生を防除するとは、予防する、低減する、死滅させる、そうでなければ、植物および植生の発育を有害に改変することを意味する。本明細書では、ある種の除草剤の組合せ物または組成物を施用することにより、望ましくない植生を防除する方法が記載されている。施用方法には、以下に限定されないが、植生またはその生育場所への施用、例えば、手、バックパック機械トラクター、または空中(飛行機およびヘリコプター)による施用方法によって、該植生に隣接している区域への施用、ならびに出芽前、発生後、葉面施用(広域、直接、バンドスポット、機械的、オーバーザトップ(over-the-top)、またはレスキュー(rescue))、および水中施用(水上および水中の植生、広域、スポット、機械的、水中注入顆粒広域、顆粒スポット、シェーカーボトル、またはストリームスプレー)が含まれる。

0048

本明細書で使用する場合、植物および植生には、以下に限定されないが、発芽種子、発生苗木、植生繁殖体からの発生植物、未成熟な植生、および定着した植生が含まれる。

0049

本明細書で使用する場合、農業上許容される塩およびエステルとは、除草活性を示す塩およびエステルであるか、あるいは植物、水、もしくは土壌中で、参照した除草剤に変換するか、または変換することができる塩またはエステルを指す。例示的な農業上許容されるエステルとは、植物、水、もしくは土壌中で、対応するカルボン酸に加水分解酸化、代謝、そうでなければ変換されるか、またはそれらが可能となるものであり、このカルボン酸は、pHに応じて、解離形態または非解離形態で存在し得る。

0050

例示的な塩には、アルカリ金属またはアルカリ土類金属に由来する塩、ならびにアンモニアおよびアミンに由来する塩が含まれる。例示的な陽イオンには、ナトリウム、カリウムマグネシウム、および式のアミニウム陽イオン
R1R2R3R4N+
(式中、R1、R2、R3、およびR4はそれぞれ独立して、水素またはC1〜C12アルキル、C3〜C12アルケニル、またはC3〜C12アルキニルを表し、これらはそれぞれ、1つまたは複数のヒドロキシ基、C1〜C4アルコキシ基、C1〜C4アルキルチオ基、またはフェニル基によって場合により置換されているが、但し、R1、R2、R3、およびR4は立体的共存できる条件とする)が含まれる。さらに、R1、R2、R3、およびR4の任意の2つが一緒になって、1〜12個の炭素原子と最大2個の酸素原子または硫黄原子を含有する二官能性脂肪族部位を表すことができる。塩は、水酸化ナトリウムなどの金属水酸化物、アンモニア、トリメチルアミンジエタノールアミン、2−メチルチオプロピルアミン、ビスアリルアミン、2−ブトキシエチルアミンモルホリンシクロドデシルアミン、もしくはベンジルアミンなどのアミン、または水酸化テトラメチルアンモニウムもしくは水酸化コリンなどの水酸化テトラアルキルアンモニウムで処理することによって調製することができる。

0051

例示的なエステルには、メチルアルコールイソプロピルアルコール、1−ブタノール、2−エチルヘキサノール、ブトキシエタノールメトキシプロパノールアリルアルコールプロパルギルアルコールシクロヘキサノール、または無置換もしくは置換ベンジルアルコールなどの、C1〜C12アルキルアルコール、C3〜C12アルケニルアルコール、C3〜C12アルキニルアルコールまたはC7〜C10アリール置換アルキルアルコールに由来するものが含まれる。ベンジルアルコールは、ハロゲン、C1〜C4アルキル、またはC1〜C4アルコキシから独立して選択される、1〜3つの置換基により置換されていてもよい。エステルは、ペプチドカップリングに使用されるものなどの、任意の数の適切な活性化剤ジシクロヘキシルカルボジイミド(DCC)またはカルボニルジイミダゾール(CDI)など)を使用し、酸とアルコールとをカップリングすることにより;塩基トリエチルアミンまたは炭酸リチウムなど)の存在下、酸をアルキル化剤ハロゲン化アルキルまたはスルホン酸アルキルなど)と反応させることにより;酸の対応する酸塩化物を適切なアルコールと反応させることにより;酸触媒の存在下、対応する酸を適切なアルコールと反応させるか、またはエステル交換により調製することができる。

0052

組成物および方法
本明細書では、除草有効量の(a)式(I)の化合物



または農業上許容されるその塩もしくはエステル、および(b)ジメトキシ−ピリミジン、または農業上許容されるそれらの塩もしくはエステルからなる群から選択されるスルホニルウレアを含む除草組成物が提供される。

0053

本明細書では、望ましくない植生を防除する方法であって、該植生またはその生育場所(すなわち植生の隣接区域)に、除草有効量の式(I)の化合物または農業上許容されるその塩またはエステル、および(b)ジメトキシ−ピリミジンを接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む方法も提供される。ある種の実施形態では、本方法は、本明細書に記載されている組成物を使用する。

0054

さらに、一部の実施形態では、化合物(I)または農業上許容されるその塩もしくはエステルと、ジメトキシ−ピリミジンまたは農業上許容されるその塩もしくはエステルとを組み合わせると、相乗作用(例えば、除草活性成分を組み合わせると、個々に施用した場合よりも有効性が高い)を示す。相乗作用とは、「個別に施用された各因子応答に基づいて予測される作用よりも、組み合わせた場合の作用が大きくなるような、2つ以上の因子の相互作用」として定義されている。Senseman, S.(編)、Herbicide Handbook.、第9版、Lawrence:Weed Science Society of America(2007)。ある種の実施形態では、本組成物はコルビーの式によって決定される相乗効果を示す。Colby, S. R. 1967、Calculation of the synergistic and antagonistic response of herbicide combinations. Weeds15巻:20〜22頁。

0055

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物、すなわちカルボン酸が使用される。ある種の実施形態では、式(I)の化合物のカルボン酸塩が使用される。ある種の実施形態では、アラルキルエステルまたはアルキルエステルが使用される。ある種の実施形態では、ベンジルエステル、置換ベンジルエステル、またはC1〜4アルキルエステル(例えば、n−ブチルエステル)が使用される。ある種の実施形態では、ベンジルエステルが使用される。

0056

ある種の実施形態では、ジメトキシ−ピリミジンとは、ビスピリバク−ナトリウム、ピリベンゾキシム、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、もしくはピリミスルファン、または農業上許容されるそれらの誘導体である。

0057

一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステル、ならびにビスピリバクナトリウム、ピリベンゾキシム、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、およびピリミスルファン、または農業上許容されるそれらの塩もしくはエステルは、1つの組成物中に製剤化される、タンクミックスされる、同時に施用される、または逐次施用される。

0058

上記の化合物が、成長の任意の段階で、植物またはその生育場所に直接施用される場合、除草活性が該化合物により示される。観察される効果は、防除すべき植物種、植物の成長段階希釈度およびスプレー液滴サイズの施用パラメータ固体構成成分粒子サイズ、使用時の環境条件、使用する特定の化合物、使用する特定のアジュバントおよび担体、土壌タイプなど、ならびに施用される化学品の量に依存する。これらおよび他の因子を調節して、非選択的または選択的な除草作用を促進することができる。一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物は、比較的未成熟な望ましくない植生に、発生後施用物、発生前施用物、または湛水した水稲もしくは水本体(例えば、池、、および川)への水中施用物として施用し、最大限雑草防除を実現する。

0059

一部の実施形態では、本明細書において提供される組成物および方法は、以下に限定されないが、直播イネ、湛水直播イネおよび移植イネ、穀物、コムギ、オオムギ、オートムギ、ライムギ、モロコシ、コーン/トウモロコシ、サトウキビ、ヒマワリ、アブラナ、キャノーラ、テンサイ、ダイズ、ワタ、パイナップル、牧草、草地、放牧地、休耕地、芝生、樹木およびブドウ園、水生植物、プランテーション作物、野菜、産業植生管理(IVM)、ならびに公道用地(ROW)を含む作物において雑草を防除するために利用される。

0060

ある種の実施形態では、本明細書において提供される組成物および方法は、イネにおいて雑草を防除するために利用される。ある種の実施形態では、イネとは、直播イネ、湛水直播イネ、または移植イネである。

0061

本明細書に記載されている組成物および方法は、例えば、グリホセート、EPSPシンターゼ阻害剤、グルホシネート、グルタミンシンターゼ阻害剤、ジカンバ、フェノキシオーキシン、ピリジルオキシオーキシン、合成オーキシン、オーキシン輸送阻害剤、アリールオキシフェノキシプロピオネート、シクロヘキサンジオン、フェニルピラゾリン、ACCアーゼ阻害剤、イミダゾリノン、スルホニルウレア、ピリミジニルチオベンゾエート、トリアゾロピリミジン、スルホニルアミノカルボニルトリアゾリノン、ALSまたはAHAS阻害剤、HPPD阻害剤、フィトエンデサチュラーゼ阻害剤、カロテノイド生合成阻害剤、PPO阻害剤、セルロース生合成阻害剤、有糸分裂阻害剤、微小管阻害剤、超長鎖脂肪酸阻害剤、脂肪酸および脂質生合成阻害剤、光化学系I阻害剤、光化学系II阻害剤、トリアジン、およびブロモキシニルと併用して、グリホセート耐性、5−エノールピルビルシキメート−3−ホスフェート(EPSP)シンターゼ阻害剤耐性、グルホシネート耐性、グルタミンシンテターゼ阻害剤耐性、ジカンバ耐性、フェノキシオーキシン耐性、ピリジルオキシオーキシン耐性、オーキシン耐性、オーキシン輸送阻害剤耐性、アリールオキシフェノキシプロピオネート耐性、シクロヘキサンジオン耐性、フェニルピラゾリン耐性、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACCアーゼ)阻害剤耐性、イミダゾリノン耐性、スルホニルウレア耐性、ピリミジニルチオベンゾエート耐性、トリアゾロピリミジン耐性、スルホニルアミノカルボニルトリアゾリノン耐性、アセト乳酸シンターゼ(ALS)またはアセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)阻害剤耐性、4−ヒドロキシフェニル−ピルベートジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害剤耐性、フィトエンデサチュラーゼ阻害剤耐性、カロテノイド生合成阻害剤耐性、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤耐性、セルロース生合成阻害剤耐性、有糸分裂阻害剤耐性、微小管阻害剤耐性、超長鎖脂肪酸阻害剤耐性、脂肪酸および脂質生合成阻害剤耐性、光化学系I阻害剤耐性、光化学系II阻害剤耐性、トリアジン耐性およびブロモキシニル耐性である作物(以下に限定されないが、ダイズ、ワタ、キャノーラ/アブラナ、イネ、穀物、コーン、モロコシ、ヒマワリ、テンサイ、サトウキビ、芝生など)において、望ましくない植生を防除するために使用することができる。本組成物および方法は、複数の作用機序からなる複数の化学品および/または阻害剤に耐性を付与する複数または多重の形質を有している作物において、望ましくない植生を防除するのに使用することができる。一部の実施形態では、式(I)の化合物、またはその塩もしくはエステル、およびその補足的な除草剤、またはその塩もしくはエステルは、処理される作物に選択性を示し、かつ使用される施用量においてこれらの化合物により防除される雑草のスペクトルを補足する、除草剤と組み合わせて使用される。一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物、および他の補足的な除草剤は、組合せ製剤として、タンクミックスとして同時に、または逐次的のいずれかで施用される。

0062

本組成物および方法は、農学的ストレス耐性(以下に限定されないが、旱魃、寒さ、熱、塩分、水、栄養素繁殖、pHを含む)、有害生物耐性(以下に限定されないが、昆虫真菌、および病原体を含む)、および作物改良形質(以下に限定されないが、収量;タンパク質炭水化物、または油分含有量;タンパク質、炭水化物、または油分組成;植物のおよび植物アーキテクチャー)を有する作物において、望ましくない植生を防除するのに使用することができる。

0063

本明細書において提供される組成物および方法は、望ましくない植生を防除するために利用される。望ましくない植生には、以下に限定されないが、イネ、穀物、コムギ、オオムギ、オートムギ、ライムギ、放牧地および牧草地、休耕地、条播作物(例えば、コーン/トウモロコシ、サトウキビ、ヒマワリ、アブラナ、キャノーラ、テンサイ、ダイズ、ワタ)、芝生、樹木およびブドウ園、プランテーション作物、野菜、および観賞用種、水生植物、または非作物環境(例えば、公道用地、産業植生管理)において発生する望ましくない植生を含む。

0064

一部の実施形態では、本明細書において提供される方法は、イネにおいて、望ましくない植生を防除するために利用される。ある種の実施形態では、望ましくない植生は、メリケンニクキビ(Brachiaria platyphylla)(Groseb.)Nashまたはメリケンニクキビ(Urochloa platyphylla)(Nash)R. D. Webster(メリケンニクキビ、BRAPP)、メヒシバ(Digitaria sanguinalis(L.)Scop.(オオメヒシバ、DIGSA)、ヒエ属種(Echinochloa species)(ECHSS)、イヌビエ(Echinochloa crus-galli(L.)P. Beauv.)(イヌビエ、ECHCG)、エキノコロア・クルス−パボニス(Echinochloa crus-pavonis)(Kunth)Schult.(ガルコックスプル(gulf cockspur)、ECHCV)、ワセビエ(Echinochloa colonum(L.)LINK)(ワセビエ、ECHCO)、ノゲタイヌビエ(Echinochloa oryzoides(Ard.)Fritsch)(ノゲタイヌビエ、ECHOR)、ノゲタイヌビエ(Echinochloa oryzicola(Vasinger)Vasinger)(タイヌビエ、ECHPH)、エキノコロア・ピィロポゴン(Echinochloa phyllopogon)(Stapf)Koso-Pol.(タイヌビエ、ECHPH)、エキノコロア・ポリスキュア(Echinochloa polystachya)(Kunth)Hitchc.(クリーピングリバーグラス(creepingriver grass)、ECHPO)、タイワンアイアシ(Ischaemum rugosum Salisb.)(サラモラグラス(saramollagrass)、ISCRU)、アゼガヤ(Leptochloa chinensis(L.)Nees)(アゼガヤ、LEFCH)、レプトクロア・ファスシクラリス(Leptochloa fascicularis)(Lam.)Gray(ベアーデッドスプラングトップ(bearded sprangletop)、LEFFA)、レプトクロア・パニコイデス(Leptochloa panicoides)(Presl.)Hitchc.(アマゾンスプラングルトップ(Amazon sprangletop)、LEFPA)、イネ属種(Oryza species)(赤米および雑草米、ORYSS)、オオクサキビ(Panicum dichotomiflorum(L.)Michx.)(オオクサキビ、PANDI)、シマスズメノヒエ(Paspalum dilatatum Poir.)(シマスズメノヒエ、PASDI)、ツノアイアシ(Rottboellia cochinchinensis(Lour.)W. D. Clayton)(ツノアイアシ、ROOEX)、カヤツリグサ属種(Cyperus species)(CYPSS)、タマガヤツリ(Cyperus difformis L.)(タマガヤツリ、CYPDI)、カイペルス・デュウス(Cyperus dubius)Rottb.(MAPDU)、ショクヨウガヤツリ(Cyperus esculentus L.)(キハマスゲ、CYPES)、コゴメガヤツリ(Cyperus iria L.)(コゴメガヤツリ、CYPIR)、ハマスゲ(Cyperus rotundus L.)(ハマスゲ、CYPRO)、ミズガヤツリ(Cyperus serotinus)Rottb./C.B.Clarke(ミズガヤツリ、CYPSE)、ハリイ属種(Eleocharis species)(ELOSS)、ヒデリコ(Fimbristylis miliacea(L.)Vahl)(ヒデリコ、FIMMI)、ホタルイ属種(Schoenoplectus species)(SCPSS)、イヌホタルイ(Schoenoplectus juncoides Roxb.)(ホタルイ、SCPJU)、コウキヤガラ(Bolboschoenus maritimus(L.)Palla)またはショエノプレクツス・マリチムス(Schoenoplectus maritimus)L. Lye(コウキヤガラ、SCPMA)、ヒメカンガレイ(Schoenoplectus mucronatus L.)(ヒメカンガレイ、SCPMU)、クサネム属種(Aeschynomene species)(クサネム、AESSS)、ナガエツルノゲイトウ(Alternanthera philoxeroides(Mart.)Griseb.)(ナガエツルノゲイトウ、ALRPH)、オモダカ(Alisma plantago-aquatica L.)(コモンウォータープランテーン、ALSPA)、ヒユ属種(Amaranthus species)(アカザおよびアマランサス、AMASS)、ホソバヒメミソハギ(Ammannia coccinea Rottb.)(ホソバヒメミソハギ、AMMCO)、マルツユクサ(Commelina benghalensis L.)(マルバツユクサ、COMBE)、アメリカタカブロウ(Eclipta alba(L.)Hassk.)(アメリカタカサブロウ、ECLAL)、アメリカコナギ(Heteranthera limosa(Sw.)Willd.)/Vahl(アメリカコナギ、HETLI)、ヘテランテラ・レニフォルミス(Heteranthera reniformis)R.&P.(ラウンドリーフマッドプランタイン(roundleaf mudplantain)HETRE)、サツマイモ属種(Ipomoea species)(アサガオ、IPOSS)、アメリカアサガオ(Ipomoea hederacea(L.)Jacq.)(アメリカアサガオ、IPOHE)、アメリカアゼナ(Lindernia dubia(L.)Pennell)(アゼナ、LIDDU)、チョウジタデ属種(Ludwigia species)(LUDSS)、ルドウィジア・リニフォリア(Ludwigia linifolia)Poir.(サウスイースタンプライムローズウイロウ(southeastern primrose-willow)、LUDLI)、キダチキンバイ(Ludwigia octovalvis(Jacq.)Raven)(キダチキンバイ、LUDOC)、ミズアオイ(Monochoria korsakowii Regel & Maack)(モノコリア(monochoria)、MOOKA)、コナギ(Monochoria vaginalis)(Burm.F.)C. Presl ex Kuhth(モノコリア、MOOVA)、ムルダンニア・ヌディフロラ(Murdannia nudiflora)(L.)Brenan(ドーブウィード(doveweed)、MUDNU)、ポリゴヌム・ペンシルバニクム(Polygonum pensylvanicum)L.(ペンシルバニアスマートウィード(Pennsylvania smartweed)、POLPY)、ハルタデ(Polygonum persicaria L.)(ハルタデ、POLPE)、ポリゴヌム・ヒドロペロイデス(Polygonum hydropiperoides)Michx.(POLHP、マイルドスマートウィード(mild smartweed))、キカシグサ(Rotala indica(Willd.)Koehne)(キカシグサ、ROTIN)、オモダカ属種(Sagittaria species)(オモダカ、SAGSS)、セスバニアエクサルタタ(Sesbania exaltata)(Raf.)Cory/Rydb. Ex Hill(ヘンプセスバニア(hemp sesbania)、SEBEX)、またはナガボノウルシ(Sphenoclea zeylanica Gaertn.)(グースウィード(gooseweed)、SPDZE)である。

0065

一部の実施形態では、本明細書において提供される方法は、穀物において、望ましくない植生を防除するために利用される。ある種の実施形態では、望ましくない植生は、ノスズメノテッポウ(Alopecurus myosuroides Huds.)(ブラックグラス(blackgrass)、ALOMY)、セイヨウヌカボ(Apera spica-venti)(L.)Beauv.(ウインドグラス(windgrass)、APESV)、カラスムギ(Avena fatua L.)(カラスムギ、AVEFA)、ウマチャヒキ(Bromus tectorum L.)(ウマノチャヒキ、BROTE)、ネズミムギ(Lolium multiflorum)Lam.(イタリアンライグラス、LOLMU)、パラリス・ミノル(Phalaris minor)Retz.(リトルシードカナリーグラス(littleseed canarygrass)、PHAMI)、スズメノカタビラ(Poa annua L.)(スズメノカタビラ、POANN)、セタリア・プミラ(Setaria pumila)(Poir.)Roemer & J. A. Schultes(キンエノコログサ、SETLU)、エノコログサ(Setaria viridis(L.)Beauv.)(エノコログサ、SETVI)、アオゲイトウ(Amaranthus retroflexus L.)(アオゲイトウ、AMARE)、アブラナ属種(Brassica species)(BRSSS)、シロザ(Chenopodium album L.)(シロザ、CHEAL)、セイヨウトゲアザミCirsium arvense(L.)Scop.)(カナダアザミCIRAR)、シラホシグラ(Galium aparine L.)(ヤエムグラ、GALAP)、ホウキギ(Kochia scoparia)(L.)Schrad.)(ホウキギ、KCHSC)、ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum L.)(ヒメオドリコソウ、LAMPU)、カミツレ(Matricaria recutita L.)(ワイルドカモミール、MATCH)、コシカギク(Matricaria matricarioides)(Less.)Porter(コシカギク、MATMT)、ヒナゲシ(Papaver rhoeas L.)(ヒナゲシ、PAPRH)、ソバカズラ(Polygonum convolvulus L.)(ソバカズラ、POLCO)、サルソラ・トラグス(Salsola tragus)L.(ロシアアザミ、SASKR)、シナピス属種(Sinapis species)(SINSS)、ノハラガラシ(Sinapis arvensis L.)(ノハラガラシ、SINAR)、コハコベ(Stellaria media(L.)Vill.)(コハコベ、STEME)、オオイヌノフグリ(Veronica persica Poir.)(オオイヌノフグリ、VERPE)、マキバスミレ(Viola arvensis Murr.)(マキバスミレ、VIOAR)、またはサンキスミレ(Viola tricolor L.)(サンシキスミレ、VIOTR)である。

0066

一部の実施形態では、本明細書において提供される方法は、放牧場および牧草、休耕地、IVM、ならびにROWにおいて、望ましくない植生を防除するために利用される。ある種の実施形態では、望ましくない植生は、ブタクサ(Ambrosia artemisiifolia L.)(ブタクサ、AMBEL)、エビスグサ(Cassia obtusifolia)(エビスグサ、CASOB)、センタウレアマクロサ(Centaurea maculosa)auct. non Lam.(スポティドナップウィード(spotted knapweed)、CENMA)、セイヨウトゲアザミ(Cirsium arvense(L.)Scop.)(カナダアザミ、CIRAR)、セイヨウヒルガオ(Convolvulus arvensis)L.(セイヨウヒルガオ、CONAR)、ノラニジン(Daucus carota)L.(ノラニンジン、DAUCA)、セイヨウハギクソウ(Euphorbia esula L.)(ハギクソウ、EPHES)、トゲチシャ(Lactuca serriola L.)/Torn.(トゲチシャ、LACSE)、ヘラオオバコ(Plantago lanceolata L.)(ヘラオオバコ、PLALA)、エゾノギシギシ(Rumex obtusifolius L.)(エゾノギシギシ、RUMOB)、アメリカキンゴジカ(Sida spinosa L.)(アメリカキンゴジカ、SIDSP)、ノハラガラシ(Sinapis arvensis L.)(ノハラガラシ、SINAR)、タイワンハチジョウナ(Sonchus arvensis)L.(タイワンハチジョウナ、SONAR)、アオノキリンソウ属種(Solidago species)(アオノキリンソウ、SOOSS)、セイヨウタンポポ(Taraxacum officinale G.H. Weber ex Wiggers)(セイヨウタンポポ、TAROF)、シロツメクサ(Trifolium repens L.)(ホワイトクローバー、TRFRE)、またはセイヨウイラクサ(Urtica dioica L.)(セイヨウイラクサ、URTDI)である。

0067

一部の実施形態では、本明細書において提供される方法は、条播作物、樹木およびブドウ作物、ならびに多年生作物において見出される、望ましくない植生を防除するために利用される。ある種の実施形態では、望ましくない植生は、ノスズメノテッポウ(Alopecurus myosuroides Huds.)(ブラックグラス、ALOMY)、カラスムギ(Avena fatua L.)(カラスムギ、AVEFA)、ブラキアデクベンス(Brachiaria decumbens)Stapf.またはウロコロラ・デクムベンス(Urochloa decumbens)(Stapf)R. D. Webster(スリナムグラス(Surinam grass)、BRADC)、パリセードグラス(Brachiaria brizantha)(Hochst. ex A. Rich.)Stapf.またはウロコロア・ブリザンタ(Urochloa brizantha)(Hochst. ex A. Rich.)R.D.(ベアードグラス(beard grass)、BRABR)、メリケンニクキビ(Brachiaria platyphylla)(Groseb.)Nashまたはメリケンニクキビ(Urochloa platyphylla)(Nash)R.D. Webster(メリケンニクキビ、BRAPP)、ブラキアリア・プランタギネア(Brachiaria plantaginea)(Link)Hitchc.またはウロコロア・プランタギネア(Urochloa plantaginea)(Link)R. D. Webster(アレクサンダーグラス(alexandergrass)、BRAPL)、シンクノイガ(Cenchrus echinatus L.)(シンクリノイガ、CENEC)、ムレメヒシバ(Digitaria horizontalis)Willd.(ムレメヒシバ、DIGHO)、ススキメヒシバ(Digitaria insularis(L.)Mez ex Ekman)(サワーグラス(sourgrass)、TRCIN)、メヒシバ(Digitaria sanguinalis(L.)Scop.(オオメヒシバDIGSA)、イヌビエ(Echinochloa crus-galli(L.)P. Beauv.)(イヌビエ、ECHCG)、ワセビエ(Echinochloa colonum(L.)LINK)(ワセビエ、ECHCO)、オヒシバ(Eleusine indica(L.)Gaertn.)(オヒシバ、ELEIN)、ネズミムギ(Lolium multiflorum Lam.)(イタリアンライグラス、LOLMU)、オオクサキビ(Panicum dichotomiflorum Michx.)(オオクサキビ、PANDI)、キビ(Panicum miliaceum L.)(野生キビ、PANMI)、アキノエノコログサ(Setaria faberi Herrm.)(アキノエノコログサ、SETFA)、エノコログサ(Setaria viridis(L.)Beauv.)(エノコログサ、SETVI)、セイバンモロコシ(Sorghum halepense(L.)Pers.)(セイバンモロコシ、SORHA)、ソルグム・ビコロル(Sorghum bicolor)(L.)Moench ssp.アルンジナセウム(Arundinaceum)(モロコシ、SORVU)、ショクヨウガヤツリ(Cyperus esculentus L.)(キハマスゲ、CYPES)、ハマスゲ(Cyperus rotundus L.)(ハマスゲ、CYPRO)、イチビ(Abutilon theophrasti Medik.)(イチビ、ABUTH)、ヒユ属種(Amaranthus species)(アカザおよびアマランサス、AMASS)、ブタクサ(Ambrosia artemisiifolia L.)(ブタクサ、AMBEL)、ブタクサモドキ(Ambrosia psilostachya DC.)(ブタクサモドキ、AMBPS)、オオブタクサ(Ambrosia trifida L.)(オオブタクサ、AMBTR)、ミズイロアオイ(Anoda cristata)(L.)Schlecht.(ミズイロアオイ、ANVCR)、オオトウワタ(Asclepias syriaca L.)(トウワタ、ASCSY)、コセンダングサ(Bidens pilosa L.)(コセンダングサ、BIDPI)、ボレリア属種(Borreria species)(BOISS)、フタバムグラ(Borreria alata(Aubl.)DC.)またはヒロハフタバムグラ(Spermacoce alata Aubl.)(ブロードリーフボタンウィード(broadleaf buttonweed)、BOILF)、ヒロハフタバムグラ(Spermacose latifolia)(ブロードリーフボタンウィード、BOILF)、シロザ(Chenopodium album L.)(シロザ、CHEAL)、セイヨウトゲアザミ(Cirsium arvense(L.)Scop.)(カナダアザミ、CIRAR)、マルバツユクサ(Commelina benghalensis L.)(マルバツユクサ、COMBE)、ヨウシュチョウセンアサガオ(Datura stramonium L.)(ヨウシュチョウセンアサガオ、DATST)、ノラニンジン(Daucus carota L.)(ノラニンジン、DAUCA)、ショウジョウソウ(Euphorbia heterophylla L.)(ショウジョウソウ、EPHHL)、シマニシキソウ(Euphorbia hirta L.)またはシマニシキソウ(Chamaesyce hirta(L.)Millsp.)(シマニシキソウ、EPHHI)、コバノショウジョウソウ(Euphorbia dentata Michx.)(歯トウイグサ、EPHDE)、アレチノギク(Erigeron bonariensis L.)またはアレチノギク(Conyza bonariensis)(L.)Cronq.)(アレチノギク、ERIBO)、ヒメムカシヨモギ(Erigeron canadensis L.)(ヒメムカシヨモギ、ERICA)、オオアレチノギク(Conyza sumatrensis)(Retz.))E. H. Walker(オオアレチノギク、ERIFL)、ヒマワリ(Helianthus annuus L.)(ヒマワリ、HELAN)、オキナアサガオ(Jacquemontia tamnifolia(L.)Griseb.)(オキナアサガオ、IAQTA)、アメリカアサガオ(Ipomoea hederacea(L.)Jacq.)(アメリカアサガオ、IPOHE)、マメアサガオ(Ipomoea lacunosa L.)(マメアサガオ、IPOLA)、トゲチシャ(Lactuca serriola L.)/Torn.(トゲチシャ、LACSE)、スベリヒユ(Portulaca oleracea L.)(スベリヒユ、POROL)、ハシカグサモドキ属種(Richardia species)(プスレイ(pusley)、RCHSS)、シダ属種(Sida species)(シダ、SIDSS)、アメリカキンゴジカ((Sida spinosa L.)(アメリカキンゴジカ、SIDSP)、ノハラガラシ(Sinapis arvensis L.)(ノハラガラシ、SINAR)、アメリカイヌホオズキ(Solanum ptychanthum Dunal)(アメリカイヌホオズキ、SOLPT)、コトブキギク(Tridax procumbens L.)(コトブキギク、TRQPR)、またはオナモミ(Xanthium strumarium L.)(オナモミ、XANST)である。一部の実施形態では、本明細書において提供される方法は、芝生において、望ましくない植生を防除するために利用される。ある種の実施形態では、望ましくない植生は、ヒナギク(Bellis perennis L.)(ヒナギク、BELPE)、ショクヨウガヤツリ(Cyperus esculentus L.)(キハマスゲ、CYPES)、カヤツリグサ属種(Cyperus species)(CYPSS)、メヒシバ(Digitaria sanguinalis(L.)Scop.)(オオメヒシバ、DIGSA)、メリケンムグラ(Diodia virginiana L.)(メリケンムグラ、DIQVI)、トウダイグサ属種(Euphorbia species)(トウダイグサ、EPHSS)、カキドオシ(Glechoma hederacea L.)(カキドオシ、GLEHE)、ヒドロコチレ・ウムベラッタ(Hydrocotyle umbellata)L.(ドラーウィード(dollarweed)、HYDUM)、ヒメクグ属種(Kyllinga species)(キリンガ、KYLSS)、ホトケノザ(Lamium amplexicaule L.)(ホトケノザ、LAMAM)、ムルダンニア・ヌディフロラ(Murdannia nudiflora)(L.)Brenan(ドーブウィード、MUDNU)、カタバミ属種(Oxalis species)(カタバミ、OXASS)、セイヨウオオバコ(Plantago major L.)(セイヨウオオバコ、PLAMA)、ヘラオオバコ(Plantago lanceolata L.)(ヘラオオバコ(buckhorn plantain)/ヘラオオバコ(narrowleaf plantain)、PLALA)、コミカンソウ(Phyllanthus urinaria L.)(コミカンソウ、PYLTE)、エゾノギシギシ(Rumex obtusifolius L.)(エゾノギシギシ、RUMOB)、スタキス・フロリダナ(Stachys floridana)Shuttlew.(フロリダベトニー(Florida betony)、STAFL)、コハコベ(Stellaria media)(L.)Vill.)(コハコベ、STEME)、セイヨウタンポポ(Taraxacum officinale G.H. Weber ex Wiggers)(セイヨウタンポポ、TAROF)、シロツメクサ(Trifolium repens L.)(ホワイトクローバー、TRFRE)、またはスミレ属種(Viola species)(野生スミレVIOSS)である。

0068

一部の実施形態では、本明細書において提供される組成物および方法は、イネ科雑草、広葉雑草およびスゲ雑草からなる望ましくない植生を防除するために利用される。ある種の実施形態では、本明細書において提供される組成物および方法は、カヤツリグサ属(Cyperus)、メヒシバ属(Digitaria)、ヒエ属(Echinochloa)、テンツキ属(Fimbristylis)、サツマイモ属(Ipomoea)、アゼガヤ属(Leptochloa)およびホタルイ属(Schoenoplectus)を含む望ましくない植生を防除するために利用される。

0069

一部の実施形態では、化合物(I)または農業上許容されるそのエステルもしくは塩と、ビスピリバク−ナトリウム、ピリベンゾキシム、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、およびピリミスルファン、または農業上許容されるそれらの塩もしくはエステルとの組合せ物は、ハマスゲ(Cyperus rotundus)、オニメヒシバ(Digitaria sanguinalis)、イヌビエ(Echinochloa crus-galli)、コヒメビ(Echinochloa colona)、ヒデリコ(Fimbristylis miliacea)、アメリカアサガオ(Ipomoea hederacea)、アゼガヤ(Leptochloa chinensis)、およびショエノプレクツス・マリチムス(Schoenoplectus maritimus)またはコウキヤガラ(Bolboschoenus maritimus)を防除するために使用される。

0070

式Iの化合物、または農業上許容されるその塩もしくはエステルは、除草剤抵抗性または耐性雑草を防除するために使用することができる。式Iの化合物または農業上許容されるその塩もしくはエステルの組合せを使用する方法、および本明細書に記載されている組成物は、除草剤抵抗性または耐性雑草を防除するために使用することもできる。例示的な抵抗性または耐性雑草には、以下に限定されないが、アセト乳酸シンターゼ(ALS)またはアセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)阻害剤(例えば、イミダゾリノン系、スルホニルウレア系、ジメトキシ−ピリミジン系、トリアゾロピリミジン系、およびスルホニルアミノカルボニルトリアゾリノン系)、光化学系II阻害剤(例えば、フェニルカルバメート系、ピリダジノン系、トリアジン系、トリアジノン系、ウラシル系、アミド系、ウレア系、ベンゾチアアジノン系、ニトリル系、フェニルピリダジン系)、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACCアーゼ)阻害剤(例えば、アリールオキシフェノキシプロピオネート系、シクロヘキサンジオン系、フェニルピラゾリン系)、合成オーキシン(例えば、安息香酸系、フェノキシカルボン酸系、ピリジンカルボン酸系、キノリンカルボン酸系)、オーキシン輸送阻害剤(例えば、フタラメート系、セミカルバゾン系)、光化学系I阻害剤(例えば、ビピリジリウム系)、5−エノールピルビルシキメート−3−ホスフェート(EPSP)シンターゼ阻害剤(例えば、グリホセート)、グルタミンシンテターゼ阻害剤(例えば、グルホシネート、ビアラホス)、微小管集合阻害剤(例えば、ベンズアミド系、安息香酸系、ジニトロアニリン系、ホスホラミデート系、ピリジン系)、有糸分裂阻害剤(例えば、カルバメート系)、超長鎖脂肪酸(VLCFA)阻害剤(例えば、アセトアミド系、クロロアセトアミド系、オキシアセトアミド系、テトラゾリノン系)、脂肪酸および脂質合成阻害剤(例えば、ホスホジチオエート系、チオカルバメート系、ベンゾフラン系、クロロ炭酸系)、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤(例えば、ジフェニルエーテル系、N−フェニルフタルイミド系、オキサジアゾール系、オキサゾリジンジオン系、フェニルピラゾール系、ピリミジンジオン系、チアジアゾール系、トリアゾリノン系)、カロテノイド生合成阻害剤(例えば、クロマゾンアミトロールアクロニフェン)、フィトエンデサチュラーゼ(PDS)阻害剤(例えば、アミド系、アニリデクス、フラノン系、フェノキシブタン−アミド系、ピリジアジノン系、ピリジン系)、4−ヒドロキシフェニル−ピルベート−ジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害剤(例えば、カリステモン系、イソオキサゾール系、ピラゾール系、トリケトン系)、セルロース生合成阻害剤(例えば、ニトリル系、ベンズアミド系、キンクロラック、トリアゾロカルボキサミド系)、キンクロラックなどの複数の作用機序を有する除草剤、アリールアミノプロピオン酸系、ジフェンゾコート、エンドタール、および有機ヒ素化合物などの未分類除草剤に対する抵抗性または耐性のバイオタイプが含まれる。例示的な抵抗性または耐性雑草には、以下に限定されないが、複数の除草剤に対する抵抗性または耐性を有するバイオタイプ、複数の化学品クラスに対する抵抗性または耐性を有するバイオタイプ、複数の除草性作用機序に対する抵抗性または耐性を有するバイオタイプ、および複数の抵抗性または耐性メカニズム(例えば、標的部位抵抗性または代謝抵抗性)を有するバイオタイプが含まれる。

0071

一部の実施形態では、化合物(I)の農業上許容されるエステルまたは塩が使用される。ある種の実施形態では、農業上許容されるエステルが使用される。ある種の実施形態では、このエステルは、C1〜4アルキルエステルである。ある種の実施形態では、このエステルは、n−ブチルエステルである。ある種の実施形態では、このエステルは、ベンジルエステルである。ある種の実施形態では、カルボン酸である化合物(I)が使用される。

0072

一部の実施形態では、ビスピリバク−ナトリウム、ピリベンゾキシム、ピリフタリド、ピリミノバク−メチル、およびピリミスルファンの農業上許容されるエステルまたは塩は、本明細書に記載されている方法または組成物において使用される。ある種の実施形態では、ビスピリバクのナトリウム塩が使用される。

0073

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、ビスピリバク−ナトリウム、またはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩と組み合わせて使用される。組成物に関すると、一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ビスピリバク−ナトリウム、またはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩との重量比は、約1:75〜約43:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルとビスピリバク−ナトリウムまたはその塩もしくはエステルとの重量比は、約1:9〜約10:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ビスピリバク−ナトリウム、またはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩との重量比は、約1:10〜約7:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ビスピリバク−ナトリウム、またはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩との重量比は、約1:5〜約3.5:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、本明細書において提供される組成物は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびビスピリバク−ナトリウムを含む。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物およびビスピリバク−ナトリウムを含んでおり、式(I)の化合物とビスピリバク−ナトリウムとの重量比は、約1:3〜約3.5:1である。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物のベンジルエステルおよびビスピリバク−ナトリウムを含んでおり、式(I)の化合物のベンジルエステルとビスピリバク−ナトリウムとの重量比は、約1:5〜約2.5:1である。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物のn−ブチルエステルおよびビスピリバク−ナトリウムを含んでおり、式(I)の化合物のn−ブチルエステルとビスピリバク−ナトリウムとの重量比は、約1:1.1〜約1.75:1である。方法に関すると、ある種の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、本明細書に記載されている組成物を接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約9グラム(gai/ha)〜約450gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約12グラム(gai/ha)〜約110gai/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステル、およびビスピリバク−ナトリウムまたはそのカルボン酸もしくはエステルまたは他のビスピリバクの塩を、例えば、逐次または同時に接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、ビスピリバク−ナトリウム、またはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩は、約7gai/ha〜約150gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、酸当量約2g(ae)/ha〜約300gae/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、ビスピリバク−ナトリウム、またはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩は、約3gai/ha〜約80gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約4g(gae/ha)〜約150gae/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、ビスピリバク−ナトリウムまたはそのカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩は、約7gai/ha〜約40gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約8.75g(gae/ha)〜約70gae/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本方法は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびビスピリバク−ナトリウムを利用する。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物およびビスピリバク−ナトリウムを利用し、式(I)の化合物は、1ヘクタールあたり酸当量約8.75g(gae/ha)〜約42.4gae/haの施用量で施用され、かつビスピリバク−ナトリウムは、約10gai/ha〜約40gai/haの施用量で施用される。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物のベンジルエステルおよびビスピリバク−ナトリウムを利用し、式(I)の化合物のベンジルエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約70gae/haの施用量で施用され、かつビスピリバク−ナトリウムは、約7gai/ha〜約40gai/haの施用量で施用される。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物のn−ブチルエステルおよびビスピリバク−ナトリウムを利用し、式(I)の化合物のn−ブチルエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約35g(gae/ha)〜約70gae/haの施用量で施用され、かつビスピリバク−ナトリウムは、約40gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルを利用する本方法および組成物は、ビスピリバク−ナトリウムまたはカルボン酸もしくはエステル、または他のビスピリバクの塩と組み合わせて、LEFCH、ECHCG、ECHOR、CYPRO、またはSCPMAを防除するために使用される。

0074

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、ピリベンゾキシム、またはその塩、もしくはエステルと組み合わせて使用される。組成物に関すると、一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルとピリベンゾキシム、またはその塩、もしくはエステルとの重量比は、約1:45〜約10:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリベンゾキシム、またはその塩、もしくはエステルとの重量比は、約1:12〜約2:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、組成物は、式(I)の化合物、またはそのベンジルエステル、もしくはn−ブチルエステルとピリベンゾキシムを含む。方法に関すると、ある種の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、本明細書に記載されている組成物を接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約17グラム(gai/ha)〜約360gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約20グラム(gai/ha)〜約200gai/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルおよびピリベンゾキシムを、例えば、逐次または同時に接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生もしくは成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、ピリベンゾキシム、またはその塩、もしくはエステルは、約15gai/ha〜約60gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、酸当量約2g(ae/ha)〜約300gae/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本方法は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリベンゾキシムを利用する。

0075

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、ピリベンゾキシムまたはその塩もしくはエステルと組み合わせて使用される。組成物に関すると、一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルとピリベンゾキシムまたはその塩もしくはエステルとの重量比は、約1:45〜約10:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルとピリベンゾキシムまたはその塩もしくはエステルとの重量比は、1:9〜約1:4の範囲内にある。ある種の実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリベンゾキシムを含む。方法に関すると、ある種の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、本明細書に記載されている組成物を接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約17グラム(gai/ha)〜約360gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約20グラム(gai/ha)〜約200gai/haの施用量で施用される。さらなる特別な実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約78グラム(gai/ha)〜約90gai/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルおよびピリベンゾキシムを、例えば、逐次または同時に接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、ピリベンゾキシムまたはその塩もしくはエステルは、約15gai/ha〜約60gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、酸当量約2g(ae)/ha〜約300gae/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本方法は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリベンゾキシムを利用し、ECHCGを防除するために使用される。

0076

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、ピリフタリド、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルと組み合わせて使用される。組成物に関すると、一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリフタリドまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:150〜約3:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリフタリドまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:20〜約1:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリフタリドまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:36〜約2:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルとイマゾスルフロンまたはその塩との重量比は、約1:18〜約1:1.4の範囲内にある。ある種の実施形態では、本明細書において提供される組成物は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリフタリドを含む。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物およびピリフタリドを含んでおり、式(I)の化合物とピリフタリドとの重量比は、約1:18〜約1:1.4である。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物のベンジルエステルおよびピリフタリドを含んでおり、式(I)の化合物のベンジルエステルとピリフタリドとの重量比は、約1:18〜約1:2.6である。方法に関すると、ある種の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、本明細書に記載されている組成物を接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約102グラム(gai/ha)〜約600gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約49グラム(gai/ha)〜約125gai/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステル、およびピリフタリドまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルを、例えば、逐次または同時に接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、ピリフタリド、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルは、約45gai/ha〜約300gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、酸当量約2g(ae)/ha〜約300gae/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、ピリフタリド、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルは、約20gai/ha〜約180gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約2g(gae/ha)〜約70gae/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、ピリフタリド、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルは、約45gai/ha〜約90gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約35gae/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本方法は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリフタリドを利用する。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物およびピリフタリドを利用し、式(I)の化合物は、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約35gae/haの施用量で施用され、かつピリフタリドは、約45gai/ha〜約90gai/haの施用量で施用される。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物のベンジルエステルおよびピリフタリドを利用し、式(I)の化合物のベンジルエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約17.5gae/haの施用量で施用され、かつピリフタリドは、約45gai/ha〜約90gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、ピリフタリド、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルと組み合わせて、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルを利用する本方法および組成物は、BRAPP、LEFCH、CYPRO、またはFIMMIを防除するために使用される。

0077

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、ピリミノバク−メチル、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルと組み合わせて使用される。組成物に関すると、一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリミノバク−メチルまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:45〜約27:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリミノバク−メチルまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:20〜約3:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリミノバク−メチルまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:20〜約4:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリミノバク−メチルまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルとの重量比は、約1:9〜約1.6:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、本明細書において提供される組成物は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリミノバク−メチルを含む。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物およびピリミノバク−メチルを含んでおり、式(I)の化合物とピリミノバク−メチルとの重量比は、約1:5〜約1.6:1である。一実施形態では、本組成物は、式(I)の化合物のベンジルエステルおよびピリミノバク−メチルを含んでおり、式(I)の化合物のベンジルエステルとピリミノバク−メチルとの重量比は、約1:9〜約1.6:1である。方法に関すると、ある種の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、本明細書に記載されている組成物を接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約13グラム(gai/ha)〜約390gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約15グラム(gai/ha)〜約125gai/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステル、およびピリミノバク−メチルまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩または他のエステルを、例えば、逐次または同時に接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、ピリミノバク−メチル、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルは、約11gr ai/ha〜約90gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、約2gai/ha〜約300g(酸当量)(ae)/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、ピリミノバク−メチル、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルは、約5gai/ha〜約180gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約2g(gae/ha)〜約140gae/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、ピリミノバク−メチル、またはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルは、約11.25gai/ha〜約90gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約70gae/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本方法は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリミノバク−メチルを利用する。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物およびピリミノバク−メチルを利用し、式(I)の化合物は、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約70gae/haの施用量で施用され、かつピリミノバク−メチルは、約11.25gai/ha〜約90gai/haの施用量で施用される。一実施形態では、本方法は、式(I)の化合物のベンジルエステルおよびピリミノバク−メチルを利用し、式(I)の化合物のベンジルエステルは、1ヘクタールあたり酸当量約4.38g(gae/ha)〜約35gae/haの施用量で施用され、かつピリミノバク−メチルは、約11.25gai/ha〜約90gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、ピリミノバク−メチルまたはそのカルボン酸もしくはカルボン酸塩、または他のエステルと組み合わせて、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルを利用する本方法および組成物は、DIGSA、IPOHE、LEFCH、ECHCO、FIMMI、SCPMA、またはCYPROを防除するために使用される。

0078

本明細書に記載されている組成物および方法のある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、ピリミスルファン、またはその塩もしくはエステルと組み合わせて使用される。組成物に関すると、一部の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリミスルファン、またはその塩もしくはエステルとの重量比は、約1:100〜約30:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルと、ピリミスルファン、またはその塩もしくはエステルとの重量比は、1:45〜約10:1の範囲内にある。ある種の実施形態では、本明細書において提供される組成物は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリミスルファンを含む。方法に関すると、ある種の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、本明細書に記載されている組成物を接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生または成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対する、1ヘクタールあたり活性成分約12グラム(gai/ha)〜約500gai/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本組成物は、該組成物中の活性成分の総量に対して、1ヘクタールあたり活性成分約15グラム(gai/ha)〜約300gai/haの施用量で施用される。一部の実施形態では、本方法は、望ましくない植生またはその生育場所に、式(I)の化合物またはその塩もしくはエステル、およびピリミスルファン、またはその塩もしくはエステルを、例えば、逐次または同時に接触させるか、またはこれらを土壌もしくは水に施用して、植生の発生もしくは成長を予防するステップを含む。一部の実施形態では、ピリミスルファン、またはその塩もしくはエステルは、約10gai/ha〜約200gai/haの施用量で施用され、かつ式(I)の化合物またはその塩もしくはエステルは、約2gae/ha〜約300gae/haの施用量で施用される。ある種の実施形態では、本方法は、式(I)の化合物またはそのベンジルエステルもしくはn−ブチルエステル、およびピリミスルファンを利用する。

0079

本明細書に記載されている混合物の構成成分は、個別に、またはマルチパートな除草剤システムの一部としてのどちらかで施用することができる。

0080

本明細書に記載されている混合物は、より幅広く多様な望ましくない植生を防除するために、1種または複数の他の除草剤と併用して施用することができる。他の除草剤と併用する場合、該組成物は、他の除草剤(複数可)と一緒に製剤化する、他の除草剤(複数可)とタンク混合する、または他の除草剤(複数可)と逐次施用することができる。本明細書に記載されている組成物および方法と併用することができる除草剤の一部には、以下に限定されないが、4−CPA;4−CPB;4−CPP;2,4−D;2,4−Dコリン塩、2,4−Dエステルおよびアミン、2,4−DB;3,4−DA;3,4−DB;2,4−DEB;2,4−DEP;3,4−DP;2,3,6−TBA;2,4,5−T;2,4,5−TB;アセトクロル、アシフルオルフェン、アクロニフェン、アクロレインアラクロル、アリドクロルアロキシジム、アリルアルコール、アロラック、アメトジオン、アメトリンアミブジン、アミカルバゾン、アミドスルフロン、アミノシクロピラクロル、アミノピラリド、アミプロホス−メチル、アミトロール、アンモニウムスルファメート、アニロホス、アニスロンアスラムアトトンアトラジンアザフェニジン、アジムスルフロン、アジプロトリン、バーバン、BCPC、ベフルブタミド、ベナゾリン、ベンカルバゾン、ベンフルラリン、ベンフレセートベンスリドベンチオカルブベンタゾン−ナトリウム、ベンザドクスベンズフェンジゾン、ベンジプラムベンゾビシクロン、ベンゾフェナプ、ベンンゾフルオル、ベンゾイルプロップ、ベンズチアズロン、ビアラホス、ビシクロピロン、ビフェノクス、ビラナホス、ホウ砂ブロマシルブロモボニル、ブロモブチド、ブロモフェノキシム、ブロモキシニル、ブロムピラゾンブタクロル、ブタフェナシル、ブタミホス、ブテナクロル、ブチダゾール、ブチウロンブトラリン、ブトロキシジム、ブツロン、ブチレートカコジル酸カフェストロール、塩素酸カルシウムカルシウムシアナミドカンベンジクロルカルバスラムカルベタミド、カルボキサゾールクロルプロカルブ、カルフェントラゾン−エチル、CDEA、CEPC、クロメトキシフェン、クロラムベン、クロラノクリル、クロラジホップ、クロラジン、クロルブロムロン、クロルブファム、クロレツロン、クロルフェナク、クロルフェンプロップ、クロルフルラゾール、クロルフルレノール、クロリダゾン、クロリムロン、クロルニトロフェン、クロロポンクロロトルロンクロロクスロン、クロロキシニル、クロルプロファム、クロルスルフロン、クロルタールクロルチアミド、シニドン−エチル、シンチリン、シノスルフロン、シサニリド、クレトジムクリオジネート、クロジナホップ−プロパルギル、クロホップ、クロマゾン、クロメプロップ、クロプロップ、クロプロキシジム、クロピラリド、クロランスラム−メチル、CMA、硫酸銅CPMF、CPPC、クレダジン、クレゾールクミルロン、シアナトリン、シアナジン、シクロエート、シクロピリモレート、シクロスルファムロン、シクロキシジム、シクルロン、シハロホップブチル、シペルコート、シプラジン、シプラゾール、シプロミド、ダイムロンダラポンダゾメット、デラクロル、デスメジファム、デスメトリン、ジ−アレート、ジカンバ、ジクロベニルジクロラルウレア、ジクロルメート、ジクロルプロップ、ジクロルプロップ−P、ジクロホップ−メチル、ジクロスラム、ジエタムコート、ジエタチル、ジフェノペンテン、ジフェノクスロン、ジフェンゾコート、ジフルフェニカン、ジフルフェンゾピル、ジメフロン、ジメピペレート、ジメタクロル、ジメタメトリン、ジメテナミド、ジメテナミド−P、ジメキサノ、ジミダゾン、ジニトラミン、ジノフェネート、ジノプロップ、ジノサムジノセブ、ジノテルブ、ジフェナミドジプロペトリンジクワット、ジスル、ジチオピルジウロンDMPA、DNOC、DSMA、EBEP、エグリナジン、エンドタール、エプロナズ、EPTCエルボンエスプロカルブ、エタルフルラリン、エトベンズアミド(ethbenzamide)、エタメトスルフロン、エチジムロン、エチオレート、エトベンズアミド(ethobenzamid)、エトベンズアミド(etobenzamid)、エトフメセートエトキシフェン、エチノフェン、エトニプロミド、エトベンザニド、EXD、フェナスラム、フェノプロップ、フェノキサプロップ、フェノキサプロップ−P−エチル、フェノキサプロップ−P−エチル+イソキサジフェン−エチル、フェノキサスルホン、フェンテラコール、フェンチアプロップ、フェントラザミド、フェヌロン硫酸第一鉄フラムプロップ、フラムプロップ−M、フラザスルフロンフロラスラム、フルアジホップ、フルアジホップ−P−ブチル、フルアゾレート、フルカルバゾン、フルセトスルフロン、フルクロラリン、フルフェナセット、フルフェニカン、フルフェンピル−エチル、フルメトスラム、フルメジン、フルミクロラク−ペンチル、フルミオキサジン、フルミプロピンフルオメツロン、フルオロジフェン、フルオログリコフェン、フルオロミジン、フルオロニトロフェン、フルオチウロン、フルポキサム、フルプロパシル、フルプロパネート、フルピルスルフロン、フルリドン、フルロクロリドン、フルロキシピル、フルロキシピル−メプチル、フルルタモン、フルチアセット、ホメサフェンホサミン、フミクロラックフリロキシフェン、グルホシネート、グルホシネート−アンモニウム、グルホシネート−P−アンモニウム、グリホセート、ハロサフェン、ハラウキシフェン、ハラウキシフェン−メチル、ハロスルフロン−メチル、ハロキシジン、ハロキシホップ−メチル、ハロキシホップ−P−メチル、ヘキサクロロアセトンヘキサフルレートヘキサジノン、イマザメタベンズ、イマザモクス、イマザピックイマザピル、イマザクイン、イマゾスルフロン、イマゼタピル、インダノファン、インダジフラム、ヨードボニル、ヨードメタン、ヨードスルフロン−メチルナトリウム−エチル−ナトリウム、イオフェンスルフロン、イオキシニル、イパジン、イプフェンカルバゾン、イプリダムイソカルバミド、イソシル、イソメチオジン、イソノルロン、イソポリネート、イソプロパリン、イソプロツロン、イソウロンイソキサベン、イソキサクロルトールイソキサフルトール、イソキサピリホップ、カルブチレート、ケトスピラドクス、ラクトフェンレナシル、リヌロン、MAA、MAMA、MCPAエステルおよびアミン、MCPA−チオエチル、MCPB、メコプロップ、メコプロップ−P、メジノテルブ、メフェナセット、メフルイジド、メソプラジン、メソスルフロン、メソトリオン、メタム、メタミホップメタミトロンメタザクロルメタゾスルフロン、メトフルラゾン、メタベンズチアズロン、メタルプロパリン、メタゾール、メチオベンカルブ、メチオゾリン、メチウロン、メトメトン、メトプロトリン、臭化メチルイソチオシアン酸メチル、メチルジムロン、メトベンズロン、メトブロムロンメトラクロル、メトスラム、メトクスロン、メトリブジン、メトスルフロン、メトスルフロン−メチル、モリネート、モナリド、モニソウロン、モノクロロ酢酸モノリヌロンモヌロンモルファムコート、MSMA、ナプロアニリド、ナプロパミドナプタラムネブロン、ニコスルフロン、ニピラクロフェン、ニトラリン、ニトロフェン、ニトロフルオルフェン、ノルフルラゾン、ノルロン、OCH、オルベンカルブ、オルトジクロロベンゼン、オルトスルファムロン、オリザリンオキサジアルギルオキサジアゾン、オキサピラゾン、オキサスルフロン、オキサジクロメホンオキシフルオルフェン、パラフルフェン−エチル、パラフルロン、パラコート、ペブレート、ペラルゴン酸ペンジメタリンペノキシスラムペンタクロロフェノールペンタノクロル、ペントキサゾン、ペルフルイドン、ペトキサミド、フェニソファム、フェンメジファム、フェンメジファム−エチル、フェノベンズロン、酢酸フェニル水銀ピクロラムピコリナフェンピノキサデン、ピペロホス、亜ヒ酸カリウムアジ化カリウム、シアン酸カリウムプレチラクロル、プリミスルフロン−メチル、プロシアジン、プロジアミン、プロフルアゾール、プロフルラリン、プロホキシジム、プログリナジン、プロヘキサジオンカルシウムプロメトンプロメトリン、プロンアミド、プロパクロルプロパニル、プロパクイザホップ、プロパジンプロファムプロピソクロル、プロポキシカルバゾン、プロピリスルフロン、プロピザミド、プロスルファリン、プロスルホカルブプロスルフロン、プロキサンプリナクロル、ピダノン、ピラクロニルピラフルフェン−エチル、ピラスルホトール、ピラゾジル、ピラゾリネート、ピラゾスルフロン−エチル、ピラゾキシフェン、ピリブチカルブ、ピリクロル、ピリダホル、ピリデート、ピリミスルファン、ピリチオバク−ナトリウム、ピロキサスルホンピロキシスラム、キンクロラック、キンメラック、キノクラミン、キノナミド、キザロホップ、キザロホップ−P−エチル、ローデタニル、リムスルフロン、サフルフェナシル、S−メトラクロル、セブチラジン、セクブメトン、セトキシジム、シデュロン、シマジンシメトン、シメトリン、SMA、亜ヒ酸ナトリウムアジ化ナトリウム塩素酸ナトリウムスルコトリオン、スルファルレート、スルフェントラゾンスルホメツロン、スルホセート、スルホスルフロン硫酸、スルグリカピン、スウェップ、SYN−523、TCA、テブタム、テブチウロン、テフリルトリオン、テムボトリオン、テプラロキシジム、テルバシル、テルブカルブ、テルブクロル、テルブメトンテルブチラジンテルブトリンテトラフルロン、テニルクロル、チアザフルロン、チアゾピル、チジアジミン、チジアズロン、チエンカルバゾン−メチル、チフェンスルフロン、チフェンスルフルン−メチル、チオベンカルブ、チオカルバジル、チオクロリム、トプラメゾントラルコキシジム、トリアファモン、トリ−アレート、トリアスルフロン、トリアジフラムトリベヌロン、トリベヌロン−メチル、トリカムバ、トリクロピルコリン塩、トリクロピルエステルおよび塩、トリジファン、トリエタジン、トリフロキシスルフロン、トリフルラリン、トリフルスルフロン、トリホップ、トリホップシメ、トリヒドロキシトリアジン、トリメツロン、トリプロピンダン、トリタックトリトスルフロンベルノレート、キシラクロル、ならびにそれらの塩、エステル、光学活性異性体、および混合物が含まれる。

0081

本明細書に記載されている組成物および方法は、さらに、グリホセート耐性、EPSPシンターゼ阻害剤耐性、グルホシネート耐性、グルタミンシンテターゼ阻害剤耐性、ジカンバ耐性、フェノキシオーキシン耐性、ピリジルオキシオーキシン耐性、オーキシン耐性、オーキシン輸送阻害剤耐性、アリールオキシフェノキシプロピオネート耐性、シクロヘキサンジオン耐性、フェニルピラゾリン耐性、ACCアーゼ耐性、イミダゾリノン耐性、スルホニルウレア耐性、ピリミジニルチオベンゾエート耐性、トリアゾロピリミジン耐性、スルホニルアミノカルボニルトリアゾリノン耐性、ALSまたはAHAS耐性、HPPD耐性、フィトエンデサチュラーゼ阻害剤耐性、カロテノイド生合成阻害剤耐性、PPO耐性、セルロース生合成阻害剤耐性、有糸分裂阻害剤耐性、微小管阻害剤耐性、超長鎖脂肪酸阻害剤耐性、脂肪酸および脂質生合成阻害剤耐性、光化学系I阻害剤耐性、光化学系II阻害剤耐性、トリアジン耐性、ブロモキシニル耐性作物、ならびに単一および/または複数の抵抗性メカニズムにより、複数の化学品および/または複数の作用機序に耐性を付与する複数または多重の形質を有している作物に対して、グリホセート、5−エノールピルビルシキメート−3−ホスフェート(EPSP)シンターゼ阻害剤、グルホシネート、グルタミンシンテターゼ阻害剤、ジカンバ、フェノキシオーキシン、ピリジルオキシオーキシン、合成オーキシン、オーキシン輸送阻害剤、アリールオキシフェノキシプロピオネート、シクロヘキサンジオン、フェニルピラゾリン、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACCアーゼ)阻害剤、イミダゾリノン、スルホニルウレア、ピリミジニルチオベンゾエート、トリアゾロピリミジン、スルホニルアミノカルボニルトリアゾリノン、アセト乳酸シンターゼ(ALS)またはアセトヒドロキシ酸シンターゼ(AHAS)阻害剤、4−ヒドロキシフェニル−ピルベートジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害剤、フィトエンデサチュラーゼ阻害剤、カロテノイド生合成阻害剤、プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ(PPO)阻害剤、セルロース生合成阻害剤、有糸分裂阻害剤、微小管阻害剤、超長鎖脂肪酸阻害剤、脂肪酸および脂質生合成阻害剤、光化学系I阻害剤、光化学系II阻害剤、トリアジン、およびブロモキシニルと併用することができる。一部の実施形態では、式(I)の化合物、またはその塩もしくはエステル、およびその補足的な除草剤、またはその塩もしくはエステルは、処理される作物に選択性を示し、かつ使用される施用量においてこれらの化合物により防除される雑草のスペクトルを補足する、除草剤と組み合わせて使用される。一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物、および他の補足的な除草剤は、組合せ製剤として同時に、タンクミックスとして同時に、または逐次施用物としてのいずれかで施用される。

0082

一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物は、その選択性を増強するために、AD−67(MON4660)、ベノキサコール、ベンチオカルブ、ブラシノリドクロキントセットメキシル)、シオメトリニル、ダイムロン、ジクロルミド、ジシクロノン、ジメピペレート、ジスルホトン、フェンクロラゾール−エチル、フェンクロリム、フルラゾール、フルキソフェニム、フリラゾール、ハーピンタンパク質、イソキサジフェン−エチル、ジエカオワン(jiecaowan)、ジエカオキシ(jiecaoxi)、メフェンピルジエチル、メフェネート、ナフタル酸無水物(NA)、オキサベトリニル、R29148、およびN−フェニル−スルホニル安息香酸アミドなどの1つまたは複数の除草剤薬害軽減剤と組み合わせて使用される。一部の実施形態では、薬害軽減剤は、イネ、穀物、コーン、またはトウモロコシの環境において使用される。一部の実施形態では、薬害軽減剤は、クロキントセット、またはその塩もしくはエステルである。ある種の実施形態では、クロキントセットを利用して、イネおよび穀物に対する本組成物の悪影響を相殺する。一部の実施形態では、薬害軽減剤は、クロキントセット(メキシル)である。

0083

一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物は、2,3,5−トリ−ヨード安息香酸、IAA、IBA、ナフタレンアセトアミド、α−ナフタレン酢酸ベンジルアデニン、4−ヒドロキシフェネチルアルコールキネチンゼアチン、エンドタール、エテホン、ペンタクロロフェノール、チジアズロン、トリブホス、アビグリシンマレイン酸ヒドラジドジベレリンジベレリン酸アブシシン酸アンシミドール、ホアミン、グリホシン、イソピリモールジャスモン酸、マレイン酸ヒドラジド、メピコート、2,3,5−トリ−ヨード安息香酸、モルファクチン、ジクロルフルレノール、フルルプリミドール、メフルイジド、パクロブトラゾール、テトシクラシス、ウニコナゾール、ブラシノリド、ブラシノリド−エチル、シクロヘキシミドエチレン、メタスルホカルブ、プロヘキサジオン、トリアペンテノール、およびトリネキサパックなどの1つまたは複数の植物成長調節剤と組み合わせて使用される。

0084

一部の実施形態では、植物成長調節剤は、イネ、穀作物、コーン、トウモロコシ、広葉作物、アブラナ/キャノーラ、芝生、パイナップル、サトウキビ、ヒマワリ、牧草、草地、放牧地、休耕地、樹木およびブドウ園、プランテーション作物、野菜、および非作物(観葉植物)環境などの1つまたは複数の作物または環境において使用される。一部の実施形態では、植物に対して優先的に有利な作用を引き起こすよう、植物成長調節剤は、式(I)の化合物と混合されるか、または式(I)の化合物およびジメトキシ−ピリミジンと混合される。

0085

一部の実施形態では、本明細書において提供される組成物は、少なくとも1種の農業上許容されるアジュバントまたは担体をさらに含む。適切なアジュバントまたは担体は、作物の存在下で、特に、選択的に雑草を防除するために組成物を施用する際に使用される濃度において、価値の高い作物に対して植物毒性があるべきではなく、また除草性構成成分または他の組成物成分と化学反応すべきではない。このような混合物は、雑草もしくはこれらの生育場所に直接施用するように設計することができ、または施用前に追加の担体およびアジュバントにより通常希釈される濃縮製剤または製剤にすることができる。それらは、例えば、粉剤粒剤顆粒水和剤、もしくは水和剤などの固体、または例えば、乳剤液剤エマルション製剤、もしくは懸濁製剤などの液体とすることができる。それらは、前混合物またはタンク混合物として、提供することもできる。

0086

適切な農業用アジュバントおよび担体には、以下に限定されないが、作物油濃縮物ノニルフェノールエトキシレートベンジルココアキルジメチル四級アンモニウム塩石油炭化水素、アルキルエステル、有機酸、および陰イオン性界面活性剤ブレンド;C9〜C11アルキルポリグリコシドリン酸化アルコールエトキシレート天然一級アルコール(C12〜C16)エトキシレート;ジ−sec−ブチルフェノールEO−POブロックコポリマーポリシロキサン−メチルキャップ;ノニルフェノールエトキシレート+尿素硝酸アンモニウム乳化メチル化種子油トリデシルアルコール(合成)エトキシレート(8EO);獣脂アミンエトキシレート(15 EO);PEG(400)ジオレエート−99が含まれる。

0087

使用することができる液体担体には、水および有機溶媒が含まれる。有機溶媒は、以下に限定されないが、石油留分または炭化水素(例えば鉱物油芳香族溶媒パラフィン油など);植物油(例えばダイズ油ナタネ油オリーブ油ヒマシ油ヒマワリ種子油ヤシ油トウモロコシ油綿実油アマニ油パーム油ラッカセイ油ベニバナ油ゴマ油キリ油など);上記植物油のエステル;モノアルコールもしくは二価三価、または他の低級ポリアルコール(4〜6個のヒドロキシ含有)のエステル(例えばステアリン酸2−エチルヘキシルオレイン酸n−ブチル、ミリスチン酸イソプロピル、二オレイン酸プロピレングリコールコハク酸ジ−オクチル、アジピン酸ジ−ブチル、フタル酸ジ−オクチルなど);モノ、ジおよびポリカルボン酸のエステルなどが含まれる。具体的な有機溶媒には、以下に限定されないが、トルエンキシレン石油ナフサ、作物油、アセトンメチルエチルケトンシクロヘキサノントリクロロエチレンパークロロエチレン酢酸エチル酢酸アミル酢酸ブチルプロピレングリコールモノメチルエーテルおよびジエチレングリコールモノメチルエーテル、メチルアルコール、エチルアルコール、イソプロピルアルコール、アミルアルコールエチレングリコール、プロピレングリコール、グリセリン、N−メチル−2−ピロリジノン、N,N−ジメチルアルキルアミドジメチルスルホキシド液体肥料などが含まれる。ある種の実施形態では、濃縮製剤の希釈用担体は水である。

0089

一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物は、1種または複数の界面活性剤をさらに含む。一部の実施形態では、こうした界面活性剤は、固体と液体の組成物の両方に使用され、ある種の実施形態では、施用前に担体により希釈されるよう設計されている。界面活性剤は、性質陰イオン性陽イオン性、または非イオン性とすることができ、乳化剤湿潤剤懸濁化剤として、または別の目的のために使用することができる。本発明の製剤においてやはり使用することができる界面活性剤は、とりわけ、「McCutcheon’s Detergents and Emulsifiers Annual」MC Publishing Corp.、Ridgewood、New Jersey、1998および「Encyclopedia of Surfactants」I〜III巻、Chemical Publishing Co.、New York、1980〜81に記載されている。界面活性剤には、以下に限定されないが、アルキル硫酸塩ラウリル硫酸ジエタノールアンモニウムなど);アルキルアリールスルホン酸塩ドデシルベンゼンスルホン酸カルシウムなど);アルキルフェノールアルキレンオキシド付加生成物ノニルフェノール−C18エトキシレートなど);アルコール−アルキレンオキシド付加生成物(トリデシルアルコール−C16エトキシレートなど);セッケンステアリン酸ナトリウムなど);アルキルナフタレンスルホン酸塩ジブチルナフタレンスルホン酸ナトリウムなど);スルホコハク酸塩ジアルキルエステル(ジ(2−エチルヘキシル)スルホコハク酸ナトリウムなど);ソルビトールエステル(オレイン酸ソルビトールなど);四級アミン塩化ラウリルトリメチルアンモニウムなど);脂肪酸のポリエチレングリコールエステルステアリン酸ポリエチレングリコールなど);エチレンオキシドおよびプロピレンオキシドブロックコポリマー;モノおよびジアルキルリン酸エステルの塩;植物油または種子油(例えばダイズ油、ナタネキャノーラ油、オリーブ油、ヒマシ油、ヒマワリ種子油、ヤシ油、トウモロコシ油、綿実油、アマニ油、パーム油、ラッカセイ油、ベニバナ油、ゴマ油、キリ油など);および上記植物油のエステル、ならびにある種の実施形態では、メチルエステルが含まれる。

0090

一部の実施形態では、植物油もしくは種子油、およびそれらのエステルなどのこれらの物質は、農業用アジュバントとして、液体担体として、または界面活性剤として、互換的に使用することができる。

0091

本明細書において提供される組成物において使用するための他の例示的な添加物には、以下に限定されないが、相溶化剤消泡剤金属イオン封鎖剤中和剤および緩衝剤腐食防止剤色素剤付臭剤展着剤浸透助剤固着剤分散剤増粘剤凝固点降下剤抗微生物剤などが含まれる。本組成物はまた、他の適合性構成成分、例えば他の除草剤、植物成長調節剤、殺真菌剤殺虫剤などを含有してもよく、また、液体肥料と共に、または硝酸アンモニウム、尿素などの固形微粒子肥料の担体と共に製剤化することができる。

0092

一部の実施形態では、本明細書に記載されている組成物中の活性成分の濃度は、約0.0005〜98重量%である。一部の実施形態では、濃度は約0.0006〜90重量%である。濃縮製剤として使用するよう設計されている組成物では、ある種の実施形態では、活性成分は、約0.1〜98重量%、ある種の実施形態では、約0.5〜90重量%の濃度で存在する。こうした組成物は、ある種の実施形態では、施用前に水などの不活性担体により希釈される。雑草または雑草の生育場所に通常、施用される希釈済み組成物は、ある種の実施形態では、約0.0006〜3.0重量%の活性成分を含有しており、ある種の実施形態では、約0.01〜1.0重量%含有している。

0093

本発明の組成物は、従来の土壌用または空中用の散粉器、散布器、および散粒機の使用によって、灌水または田面水への添加によって、ならびに当業者に公知の慣用的な他の手段によって、雑草またはその生育場所に施用することができる。

0094

記載されている実施形態および以下の実施例は、例示を目的とするものであり、特許請求の範囲を限定することを意図するものではない。本明細書に記載されている組成物に関する他の修正、使用または組合せは、特許請求されている主題の趣旨および範囲から逸脱することなく、当業者に明らかになろう。

0095

実施例IおよびIIの結果は、温室試験の結果である。

0096

直播イネにおける雑草防除のための、発生後に葉面施用した除草混合物の評価
ローム土壌または砂質のローム土壌(例えば、シルト28.6%、粘土18.8%、および砂52.6%、pHは約5.8であり、有機物含有量は約1.8%)と石灰質の砂利を80:20の比で混合することにより調製した土壌マトリックスに、所望の試験植物種の種子または小堅果植え付けた。この土壌マトリックスは、体積クォートおよび表面積83.6平方センチメートル(cm2)を有するプラスチック製ポットに入っていた。良好な発および健常な植物を確実とするために必要な場合、殺真菌剤処理および/または他の化学的もしくは物理的処理を施した。植物は、日中は約29℃および夜間は26℃に維持されている、約14時間の光周期の温室中で8〜22日間、栽培した。栄養素(Peters Excel(登録商標)15−5−15 5−Ca 2−Mgおよびキレート鉄)を必要に応じて灌水の溶液中に施し、水を定期的に加えた。必要に応じて、1000ワットオーバーヘッド型金属ハロゲン化物ランプを用いて、補足的な照明を供給した。これらの植物が第1〜第4本葉期に到達すると、試験に用いた。

0097

処理は、各々をSC(懸濁製剤)として製剤化した4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシ−フェニル)ピリジン−2−カルボン酸(化合物A)の酸またはエステル、および様々な除草性構成成分の単独および組合せからなった。化合物Aの形態は、酸当量基準で施用した。

0098

試験した化合物A(式Iの化合物)の形態には、



が含まれる。

0099

他の除草性構成成分は活性成分基準で施用され、ジメトキシ−ピリミジン酸のアセト乳酸シンターゼ(ALS)阻害性除草剤であるビスピリバク−ナトリウム(Regiment(登録商標)80WPとして製剤化)、ピリベンゾキシム(工業グレードの物質)、ピリミノバク−メチル(水に溶解されている1,2%GRである、Hie−Clean(登録商標)として製剤化)、およびピリフタリド(工業グレードの物質)を含んだ。

0100

処理要件は、試験する施用量、製剤中の活性成分の濃度または酸当量、および187L/haの施用量で12mLの施用体積に基づいて計算した。

0101

製剤化した化合物からなる処理の場合、測定量の化合物を25mLガラスバイアルに個別に入れて、1.25%(v/v)Agri−Dex(登録商標)濃縮作物油の任意の体積で希釈して、12×保存溶液を得た。試験化合物が容易に溶解しない場合、この混合物を温める、かつ/または超音波処理した。施用溶液は、最終スプレー溶液が作物油濃縮物を1.25+/−0.005%(v/v)含有するよう、適量の各保存溶液(例えば、1mL)を加え、1.25%(v/v)作物油濃縮物の水性混合物10mLを添加することにより、適切な最終濃度に希釈することによって調製した。

0102

工業化合物からなる処理の場合、量したものを25mLガラス製バイアルに個別に入れて、アセトン/DMSO97:3(v/v)の任意の体積中に溶解し、12×保存溶液を得た。試験化合物が容易に溶解しない場合、この混合物を温める、かつ/または超音波処理することができる。施用溶液は、最終スプレー溶液が作物油濃縮物を1.25%(v/v)含有するよう、適量の各保存溶液(例えば、1mL)を加え、1.5%(v/v)作物油濃縮物の水性混合物10mLを添加することにより適切な最終濃度に希釈することによって、調製することができる。工業物質を使用する場合、施用溶液の最終アセトンおよびDMSO濃度をそれぞれ16.2%および0.5%にするよう、この濃保存溶液をスプレー溶液に加えることができる。

0103

製剤化した化合物および工業化合物からなる処理の場合、秤量した工業物質を25mLガラス製バイアルに個別に入れて、アセトン/DMSO97:3(v/v)の任意の体積中に溶解し、12×保存溶液を得、また測定量の製剤化した化合物を25mLガラス製バイアルに個別に入れて、1.5%(v/v)作物油濃縮物または水の任意の体積で希釈して、12×保存溶液を得た。試験化合物が容易に溶解しない場合、この混合物を温める、かつ/または超音波処理した。施用溶液は、最終スプレー溶液が作物油濃縮物を1.25%(v/v)含有するよう、適量の各保存溶液(例えば、1mL)を加え、適量の1.5%(v/v)作物油濃縮物の水性混合物を添加することにより、適切な最終濃度に希釈することによって調製した。必要な場合、追加の水および/またはアセトン/DMSO97:3(v/v)を個々の施用溶液に加え、比較する施用溶液のアセトンおよびDMSOの最終濃度をそれぞれ、8.1%および0.25%にした。

0104

保存溶液および施用溶液はすべて、施用前に化合物の相溶性目視検査した。植物の平均草冠高から18〜20インチ(46〜50cm)上のスプレー高さにおいて、施用面積0.503m2全面に187L/haを送達するように較正した8002Eノズル装備したオーバーヘッド型Mandelトラック噴霧機(track sprayer)を用いて、スプレー溶液を植物性材料に施用した。対照植物には、溶媒ブランクを同じ方法で散布した。

0105

処理済み植物および対照植物を上記の温室に入れ、試験化合物が洗い流されるのを予防するために、地下灌水によって給水した。約3週間後に、未処理植物の状態と比較した試験植物の状態を目視によって決定し、0〜100パーセント尺度(0は害または成長阻害なしに相当し、100は完全な死滅に相当する)に基づいて点数化した。

0106

混合物から予測される除草効果を決定するために、コルビーの式を使用した(Colby, S. R. 1967、Calculation of the synergistic and antagonistic response of herbicide combinations. Weeds15巻:20〜22頁。)。

0107

2種の活性成分AおよびBを含有する混合物の予測活性を計算するために、以下の式を使用した。
予測値=A+B−(A×B/100)
A=混合物において使用された濃度と同じ濃度の活性成分Aの観測された効力
B=混合物において使用された濃度と同じ濃度の活性成分Bの観測された効力。

0108

試験化合物、使用した施用量、試験した植物種、および結果を表1〜6に示す。

0109

0110

0111

0112

0113

0114

BRAPP メリケンニクキビ(Brachiaria platyphylla)(Griseb.)Nash メリケンニクキビ
DIGSAメヒシバ(Digitaria sanguinalis (L.)Scop.) オオメヒシバ
ECHCGイヌビエ(Echinochloa crusgalli (L.)Beauv.) イヌビエ
IPOHEアメリカアサガオ(Ipomoea hederacea Jacq.) アメリカアサガオ
LEFCH アゼガヤ(Leptochloa chinensis (L.)Nees) アゼガヤ
gae/ha=1ヘクタールあたりの酸当量(グラム)
gai/ha=1ヘクタールあたりの活性成分(グラム)
Obs=観測値
Exp=コルビーの式によって計算される予測値
DAA=施用後日数

0115

移植水稲における雑草防除のための水中施用した除草混合物の評価
粉砕した非滅菌ミネラル土壌(シルト50.5%、粘土25.5%、および砂24%、pH約7.6であり、有機物含有量は約2.9%)と、水を1:1の体積比で混合することにより調製した湛水土壌()に、所望の試験植物種の雑草種子または小堅果を植え付けた。86.59平方センチメートル(cm2)の表面積を有する、穴のあいていない16オンス(oz.)のプラスチック製ポットに、調製した泥を一定量365mLに分配投入し、各ポットにおいて3センチメートル(cm)のヘッドスペースを設けた。泥を植え付け前または移植前に、一晩乾燥した。プラスチックプラグトレイ中、Sun Gro MetroMix(登録商標)306播種用混合物(通常、pH6.0〜6.8および有機物含有量約30%を有する)に、イネ種子を植え付けた。除草剤の施用の4日前に、表面積86.59cm2を有する穴のあいていない32オンスのプラスチック製ポットに入っている泥860mLに、第2または第3葉成長期にあるを移植した。これらのポットのヘッドスペースを水で2.5〜3cm満たすことにより、稲田を作製した。良好な発芽および健常な植物を確実とするために必要な場合、殺真菌剤処理および/または他の化学的もしくは物理的処理を施した。植物を、日中は約29℃および夜間は26℃に維持されている、約14時間の光周期の温室中で、4〜22日間栽培した。栄養素を、Osmocote(登録商標)(19:6:12、N:P:K+微量栄養素)として、16オンスのポットにつき2g、および32オンスのポットにつき4gを加えた。水を定期的に加えて、稲田の湛水を維持し、必要に応じて、1000ワットのオーバーヘッド型金属ハロゲン化物ランプを用いて、補足的な照明を供給した。これらの植物が第1〜第4本葉期に到達すると、試験に用いた。

0116

処理は、各々をSCとして製剤化した4−アミノ−3−クロロ−5−フルオロ−6−(4−クロロ−2−フルオロ−3−メトキシ−フェニル)ピリジン−2−カルボン酸(化合物A)の酸またはエステル、および様々な除草性構成成分の単独および組合せからなった。化合物Aの形態は、酸当量基準で施用した。

0117

試験した化合物A(式Iの化合物)の形態には、






が含まれる。

0118

他の除草性構成成分は活性成分基準で施用され、ジメトキシ−ピリミジン酸のアセト乳酸シンターゼ(ALS)阻害性除草剤であるビスピリバク−ナトリウム(Regiment(登録商標)80WPとして製剤化)、ピリミノバク−メチル(Hie−Clean(登録商標)として製剤化)、およびピリフタリド(工業グレードの物質)を含んだ。

0119

各化合物または除草性構成成分に関する処理要件は、試験する施用量、製剤中の活性成分の濃度または酸当量、ポットあたりの構成成分あたり2mLの施用体積、およびポットあたり86.59cm2の施用面積に基づいて計算した。

0120

製剤化した化合物の場合、測定量を個々の100mLまたは200mLガラス製バイアルに入れ、1.25%(v/v)Agri−Dex(登録商標)作物油濃縮物の任意の体積で溶解して、施用溶液を得た。試験化合物が容易に溶解しない場合、この混合物を温める、かつ/または超音波処理した。

0121

工業グレード化合物の場合、秤量したものを個々の100mLから200mLガラス製バイアルに入れ、アセトンの任意の体積中に溶解して、濃保存溶液を得た。試験化合物が容易に溶解しない場合、この混合物を温める、かつ/または超音波処理した。得られた濃保存溶液は、最終施用溶液が1.25%(v/v)作物油濃縮物を含有するよう、2.5%(v/v)作物油濃縮物を含有している水性混合物を等体積量用いて希釈した。

0122

ピペッターを用いて、適量の施用溶液を稲田の水層に、個別にかつ逐次、注入することにより施用を行った。対照植物には、溶媒ブランクにより同じ方法で処理した。処理した植物性材料すべてに、同じ濃度のアセトンおよび作物油濃縮物が与えられるよう、施用を行った。

0123

処理済み植物および対照植物を上記の温室に入れ、必要に応じて水を加え、稲田の湛水を維持した。約3週間後に、未処理植物の状態と比較した試験植物の状態を目視によって決定し、0〜100パーセントの尺度(0は害なしまたは成長阻害なしに相当し、100は完全な死滅に相当する)に基づいて点数化した。

0124

混合物から予測される除草効果を決定するために、コルビーの式を使用した(Colby, S.R. 1967、Calculation of the synergistic and antagonistic response of herbicide combinations. Weeds15巻:20〜22頁。)。

0125

2種の活性成分AおよびBを含有する混合物の予測活性を計算するために、以下の式を使用した。
予測値=A+B−(A×B/100)
A=混合物において使用された濃度と同じ濃度の活性成分Aの観測された効力。
B=混合物において使用された濃度と同じ濃度の活性成分Bの観測された効力。

0126

試験化合物、使用した施用量、試験した植物種および結果の一部を表7〜13に示す。

0127

0128

0129

0130

0131

0132

実施例

0133

CYPROハマスゲ(Cyperus rotundus L.) ハマスゲ
ECHCGイヌビエ(Echinochloa crusgalli(L.)Beauv.) イヌビエ
ECHCOコヒメビエ(Echinochloa colona(L.)Link) コヒメビエ
FIMMIヒデリコ(Fimbristylis miliacea (L.)Vahl) ヒデリコ
LEFCH アゼガヤ(Leptochloa chinensis (L.)Nees) アゼガヤ
SCPMAコウキヤガラ(Bolboschoenus maritimus (L.) Palla) コウキヤガラ
gae/ha=1ヘクタールあたりの酸当量(グラム)
gai/ha=1ヘクタールあたりの活性成分(グラム)
Obs=観測値
Exp=コルビーの式によって計算される予測値
DAA=施用後日数

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ