図面 (/)

技術 自動車用のディスプレイ

出願人 ジョンソンコントロールズオートモーティブエレクトロニクスエスエイエス
発明者 マククェト、エリック
出願日 2013年8月5日 (7年3ヶ月経過) 出願番号 2015-525851
公開日 2015年9月17日 (5年2ヶ月経過) 公開番号 2015-527612
状態 特許登録済
技術分野 その他の光学系・装置、色の干渉・色の制御 計器板 テレビジョン受像機の構造の細部
主要キーワード 電気ステッピングモータ 動き機構 損傷リスク 先行技術装置 位置変更機構 代替形式 伝動要素 表示位置間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年9月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題・解決手段

本発明は、特に自動車用ディスプレイであって、像を生成して当該ディスプレイのユーザの通常視認方向に、一光路に沿って当該像を投影する投影モジュールを含み、当該ディスプレイは反射及び/又は表示要素を含み、当該反射及び/又は表示要素は複数の様々な表示位置間可動であり、当該ディスプレイは、当該反射及び/又は表示要素の保持器を含み、当該保持器は様々な位置状態間で垂直方向に可動であるディスプレイに関する。

概要

背景

特に、特許文献1に記載されるようなフロントガラスに向けて又は反射要素に向けて像を投影することを含むヘッドアップディスプレイ(HUD)が知られている。

ヘッドアップディスプレイにより、自動車前方領域視野内に情報を投影することができる。その結果、当該車の運転者はこの情報を、自動車の前方領域から目を離すことなく読み取ることができる。それと同時に、情報は、運転者が目の調整を変える必要なしに読み取ることができる。

車のユーザの必要性に鑑み、車のユーザの頭部(又は目)のいくつかの位置に対して反射要素が使用可能な場合に有利である。

かかる先行技術装置の一つの欠点は、ディスプレイを異なる位置に配置することができるがゆえに、制御又は位置変更機構を収容するべく比較的大きな余地が必要となる点にある。

概要

本発明は、特に自動車用のディスプレイであって、像を生成して当該ディスプレイのユーザの通常視認方向に、一光路に沿って当該像を投影する投影モジュールを含み、当該ディスプレイは反射及び/又は表示要素を含み、当該反射及び/又は表示要素は複数の様々な表示位置間可動であり、当該ディスプレイは、当該反射及び/又は表示要素の保持器を含み、当該保持器は様々な位置状態間で垂直方向に可動であるディスプレイに関する。

目的

本発明の具体的な目的は、特に上述したような、先行技術の欠点を克服するとともに、ユーザの頭部の異なる高さに調整可能となるように制御することができる反射及び/又は表示要素を有するヘッドアップディスプレイを提案することにある

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

特に自動車用ディスプレイ(10)であって、像を生成して前記ディスプレイ(10)のユーザの通常視認方向(15)に、一光路(12)に沿って前記像を投影する投影モジュール(11)を含み、前記ディスプレイ(10)は反射及び/又は表示要素(13)を含み、前記反射及び/又は表示要素(13)は、複数の様々な表示位置間可動であり、前記ディスプレイ(10)は、前記反射及び/又は表示要素(13)の保持器を含み、前記保持器は様々な位置状態間で垂直方向に可動であるディスプレイ(10)。

請求項2

前記反射及び/又は表示要素(13)は、前記複数の様々な表示位置のほかに休止位置に位置決め可能であり、前記反射及び/又は表示要素(13)の前記休止位置は、前記反射及び/又は表示要素(13)の前記保持器の休止位置状態に対応する請求項1に記載のディスプレイ(10)。

請求項3

前記反射及び/又は表示要素(13)の異なる表示位置間において、前記反射及び/又は表示要素(13)は、前記反射及び/又は表示要素(13)の前記保持器に統合された回転軸まわり回転動を受ける請求項1又は2に記載のディスプレイ(10)。

請求項4

前記反射及び/又は表示要素(13)は、回転モータ要素及び伝動要素(3)によって回転軸まわりに回転される請求項1から3のいずれか一項に記載のディスプレイ(10)。

請求項5

前記反射及び/又は表示要素(13)の前記回転軸実体的な軸である請求項1から4のいずれか一項に記載のディスプレイ(10)。

請求項6

前記反射及び/又は表示要素(13)を覆う手段を含み、前記覆う手段は、休止位置にある場合の前記反射及び/又は表示要素(13)を覆う請求項1から5のいずれか一項に記載のディスプレイ(10)。

技術分野

0001

本発明は、特に自動車用ディスプレイに関する。

背景技術

0002

特に、特許文献1に記載されるようなフロントガラスに向けて又は反射要素に向けて像を投影することを含むヘッドアップディスプレイ(HUD)が知られている。

0003

ヘッドアップディスプレイにより、自動車前方領域視野内に情報を投影することができる。その結果、当該車の運転者はこの情報を、自動車の前方領域から目を離すことなく読み取ることができる。それと同時に、情報は、運転者が目の調整を変える必要なしに読み取ることができる。

0004

車のユーザの必要性に鑑み、車のユーザの頭部(又は目)のいくつかの位置に対して反射要素が使用可能な場合に有利である。

0005

かかる先行技術装置の一つの欠点は、ディスプレイを異なる位置に配置することができるがゆえに、制御又は位置変更機構を収容するべく比較的大きな余地が必要となる点にある。

先行技術

0006

米国特許第5,214,413号明細書

0007

本発明の具体的な目的は、特に上述したような、先行技術の欠点を克服するとともに、ユーザの頭部の異なる高さに調整可能となるように制御することができる反射及び/又は表示要素を有するヘッドアップディスプレイを提案することにある。このディスプレイは、頻繁に使用されても高い安定性及び長い寿命を有する機構を含む。

0008

本発明によれば、この目的は、特に自動車用のディスプレイによって達成される。これは、像を生成して当該ディスプレイ(10)のユーザの通常視認方向(15)に、一光路(12)に沿って当該像を投影する投影モジュール(11)を含む。当該ディスプレイ(10)は、反射及び/又は表示要素(13)を含む。当該反射及び/又は表示要素(13)は、複数の様々な表示位置間可動である。当該ディスプレイ(10)は、反射及び/又は表示要素(13)の保持器を含む。当該保持器は、様々な位置決め状態間で垂直方向に動くことができる。

0009

この形態のディスプレイに一実施例によれば、有利なことに、反射要素の動き機構を、簡単かつ安定した態様で、しかもそれが比較的狭い空間内で達成できるように配列することができる。

0010

本発明の他の好ましい改善は、反射及び/又は表示要素(13)が、複数の様々な表示位置のほかに休止位置に位置決めできる点にある。反射及び/又は表示要素(13)の休止位置は、反射及び/又は表示要素(13)の保持器の休止位置状態に対応する。

0011

この形態のディスプレイの一実施例によれば、有利なことに、休止位置にある場合の反射要素に対する損傷リスクをなくすか又は少なくとも低減することができる。

0012

本発明の他の好ましい改善は、反射及び/又は表示要素(13)の異なる表示位置間において、反射及び/又は表示要素(13)が、反射及び/又は表示要素(13)の保持器に統合された回転軸まわり回転動を受ける点にある。

0013

この形態のディスプレイの一実施例によれば、有利なことに、反射及び/又は表示要素の動きを簡単かつ機械的に安定した態様で与えることができる。

0014

本発明の一代替形式によれば、
・反射及び/又は表示要素、
・反射及び/又は表示要素の保持器、
・反射及び/又は表示要素と当該反射及び/又は表示要素の保持器
のいずれかを、回転モータ要素及び伝動要素によって回転軸まわりに回転することもできる。

0015

本発明の好ましい改善は、反射及び/又は表示要素の回転軸実体的な軸である点にある。

0016

本発明の好ましい改善は、ディスプレイが、反射及び/又は表示要素を覆う手段を含む点にある。この覆う手段は、休止位置にある場合の反射及び/又は表示要素を覆う。

0017

この形態のディスプレイの一実施例によれば、有利なことに、反射要素が第1休止位置にある場合にさらに一層、反射要素に対する損傷リスクをなくすか又は少なくとも低減することができる。

0018

本発明の一つの特定された非制限的実施例の以下の説明を読むことにより、本発明の他の特徴及び利点が判明する。

図面の簡単な説明

0019

本発明は、その好ましい達成手段を言及する以下の説明によって良好に理解される。データが非制限的な例として与えられ、添付の概略図面を参照して説明される。

0020

本発明に係るディスプレイの概略断面図である。
本発明に係るディスプレイの反射及び/又は表示要素の概略図である。

実施例

0021

添付図面の図1に示されるように、本発明に係るディスプレイ10は投影モジュール11を含む。投影モジュール11は、ディスプレイ10のユーザの通常視認方向15の像を光路12に沿って生成する。

0022

光路12は通常、少なくとも一つの反射及び/又は表示要素13を含む。この配列において光路12は、図1に示されるように、一つの反射要素(単数)を含む。しかしながら、光路12は2つの反射要素を含むこともできる。ディスプレイ10は、反射要素13によって若しくは表示要素(例えば薄膜トランジスタ「TFT」)によって、又は反射及び/若しくは表示要素によって作ることができる。

0023

通常視認方向15は、特に車の運転者のようなディスプレイ10のユーザが、車の前に位置する外部を、フロントガラス14を介して見る場合の視線方向である。

0024

本発明によれば、反射及び/又は表示要素13は、フロントガラス14から一定距離に位置する要素である。本発明の一つの好ましい実施例によれば、反射及び/又は表示要素13は、休止位置及び表示位置に位置決めすることができる。反射及び/又は表示要素13が休止位置に位置決めされた場合、反射及び/又は表示要素13は、例えば、ほぼ水平方向となるように配向とされる。反射及び/又は表示要素13が表示位置に位置決めされた場合、反射及び/又は表示要素13は、ディスプレイのユーザが反射及び/又は表示要素13を介して視認できるように、典型的な直立方向又はほぼ垂直方向に位置決めされる。しかしながら、本発明によれば、反射及び/又は表示要素13が休止位置に位置決めされた場合に、反射及び/又は表示要素13をほぼ垂直方向に配向し、反射及び/又は表示要素13の休止位置から表示位置への位置変化並進動によって達成することも可能でありかつ好ましい。

0025

反射及び/又は表示要素13の異なる位置は、ユーザの頭部の異なる高さに調整される表示位置に対応する。これが意味するのは、反射及び/又は表示要素13が異なる表示位置間で変化し得る全角度が、特に2°〜20°、好ましくは4°〜10°のような数度又は約10〜15度の比較的狭い範囲内に包含されるということである。反射及び/又は表示要素13はモータ要素Mによって、直接又は伝動要素3を介して駆動される。モータ要素Mは特に、リニアモータ要素又は、特に電気ステッピングモータ要素のような回転モータ要素である。

0026

反射及び/又は表示要素13の位置変更は、音声作動すなわち音響信号による作動とすることができる。これを目的として、ディスプレイは、音声認識装置を含むか又は音声認識装置に連結される。このタイプの音声認識装置が特定の車両運転者(又はユーザ)を認識する場合にいつでも、反射要素13を、当該運転者にとって理想的に適合されたディスプレイ位置に、記憶された複数位置から位置決めすることができる。

0027

本発明によれば、反射及び/又は表示要素13には保持要素又は保持器が接続される。保持器又は保持要素は、特に伝動要素3によって、異なる位置状態間で垂直方向に動くことができる。ディスプレイ10の反射及び/又は表示要素13は、モータ要素Mによって回転軸Dまわりに回転させることができる。モータ要素Mは、ウォームギア駆動の形態にある伝動要素によって動作するリニアモータ要素又は回転モータ要素であり得る。

0028

3伝動要素
10ディスプレイ
11投影モジュール
12光路
13反射及び/又は表示要素
14フロントガラス
15 通常視認方向

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • セイコーエプソン株式会社の「 露光装置、及び光学素子の製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】露光装置のサイズを低減する。【解決手段】露光装置6は、レーザー光源61が射出するコヒーレント光を物体光L1と参照光L2に分離するビームスプリッター63と、物体光L1と参照光L2とをホログラム記... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 表示装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】光ファイバーを用いてより細かな複数パターンの形状の表示をより容易且つより迅速に切り替えて表示することを可能にする。【解決手段】マルチコアファイバー30と、波長の異なる複数色の光を出射する光源1... 詳細

  • 株式会社リコーの「 表示システム、移動体および光学素子」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】光学的なノイズを抑制する実用的な表示システム、移動体および光学素子を提供すること。【解決手段】表示システム1は、光を発散させるスクリーン15と、光源装置11から射出された光を主走査方向および前... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ