図面 (/)

技術 コンピュータ化されたインターネット検索システムおよび方法

出願人 ティーティーウィックインコーポレイテッド
発明者 フォルマー,ラルフサンシェツ,ルイス
出願日 2013年3月22日 (6年4ヶ月経過) 出願番号 2015-501927
公開日 2015年5月28日 (4年1ヶ月経過) 公開番号 2015-515679
状態 未査定
技術分野 検索装置 計算機間の情報転送
主要キーワード 事前設定済み 数値レベル 強化プロセス Y座標 トレンド予測 ソースアイコン コミュニケーションモード 電子計算デバイス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

本発明は、ソーシャルメディアおよびインターネットウェブサイト検索して、ソーシャルメディアウェブサイト上でのバイラリティを含めた様々な基準に従って結果を分析および表示することができるシステムおよび方法を提供する。結果は、雑誌会報新聞、またはスクラップブックなど、ユーザフレンドリフォーマット提示される。

概要

背景

インターネットは、インターネットへのアクセスを有するコンピュータタブレット、および電話機ユーザにほぼ無限の情報を提供するが、検索された情報を検索者にとって有用な形で取り出し、整理し、提示するための効率的な検索ツールが必要である。データを取得および整理するため、ならびに検索対象に関係する広告を提示するための種々の手法およびアルゴリズムを使用して、様々な検索エンジンが生み出されてきた。したがって、これらの様々な検索エンジンを中心にして業界全体が成長してきた。

最も初期成功した検索エンジンの1つは、Netscapeであった。Netscapeは、キーワードを使用して当該アイテムをインターネットの中で探し回るものであった。Netscapeは、検索語に対する関連度に従って結果をランク付けおよび表示するためのアルゴリズムを含んでいた。

後に、Google,Inc.が、より成功した別の検索エンジンを生み出した。Netscapeと同様、Googleも、検索ウィンドウに入力されたキーワードまたはフレーズに基づいて検索結果の取出しおよびランク付けを補助することになるアルゴリズムを使用して、キーワードを検索するものであった。Googleは、取り出されたアイテムまたはウェブサイトメタデータ、および、他のウェブサイトとの間のリンクを含む)中でキーワードが現れる回数に従うことを含めて様々な方法で結果をランク付けするアルゴリズムを使用する。このため、Googleは、Googleによって使用され検索において取り出された情報をランク付けおよび表示するためのアルゴリズムをよく知っている者による不正操作を受けやすくなる。さらに、Googleは、Google「アドワーズ(ad words)」を購入することによって検索結果の横または上への広告の表示に対して料金を払った広告主が、そのように広告を表示できる機能を導入した。したがって、検索語がユーザによって入力される度に、広告または告知が検索結果の横または上に現れることになり、広告に対して相応に広告主のアカウント課金されることになる。アドワーズの価格はその人気に従って変動し、したがって、非常に人気のある検索語(頻繁に使用される検索語を意味する)は、人気または使用頻度のより低い検索語よりも、かなりコストがかかることになる。Googleは、アドワーズの価格を人気に基づいて設定するためのアルゴリズムを開発した。

Facebookは、周知のソーシャルメディアウェブサイトを開始したが、このソーシャルメディアウェブサイトでは、ユーザは、加入者の個別サイト投稿された写真コメント、リンクなどを含むFacebookページを作成することができる。このウェブサイトは、他の加入者とつながることまたは「友達になる」ことによって、他の加入者とつながる機会を加入者に提供し、相互のFacebookページ上でメッセージの送信、メッセージや写真などの投稿ができるようにする。Facebookはまた、Facebookを使用した検索エンジンを開始すると発表したが、その正確な動作メカニズム、および既存の検索エンジンとの違いは、いまだ不明である。

加えて、Googleは、以下に論じるようにFacebookといくつかの点で類似するソーシャルメディアサイトを開始したが、このサイトがどれくらい広く使用されているか、またはこのサイトが基本的なGoogle検索エンジンと結び付くのかどうか、およびどのように結び付くのか、ならびに、Googleがどのようにこのサイトをその広告主にオファーするのかについては、現時点では不明である。Googleは、表示する検索結果が、新聞からの記事ウィキディア(項目がユーザによって寄付される周知のオンライン百科事典)上の項目といった、他のサイトからのページであるという点で、ページに主に基づく。

Twitterは、インターネットを介した別の新しいソーシャルメディアコミュニケーションモードを提示する。これは、特定の個人によって「ツイート」されたメッセージを受け取ることを申し込んだ「フォロワ」に、ユーザおよび加入者がメッセージをツイートすることができるものである。これらのメッセージは、わずかな単語から、「ツイータ」または「フォロワ」の関心を引く特定のイベントまたはアイテムに関するいくぶん長い「ブログ」またはコメントへのリンクまでの範囲に及ぶ場合がある。これらのメッセージは、著名人、俳優政治家ニュースキャスタリポータ、およびその他を含めた多くの個人によって頻繁に使用されるようになってきたにもかかわらず、その大部分は、既存の検索エンジンによって取り出されないように思われる。Twitterもまた、製品発表および特別なオファーを、そのような情報を受け取ることに申し込んだ顧客に対して行うために、様々なビジネスによって使用されつつある。

概要

本発明は、ソーシャルメディアおよびインターネットウェブサイトを検索して、ソーシャルメディアウェブサイト上でのバイラリティを含めた様々な基準に従って結果を分析および表示することができるシステムおよび方法を提供する。結果は、雑誌会報、新聞、またはスクラップブックなど、ユーザフレンドリフォーマットで提示される。

目的

インターネットは、インターネットへのアクセスを有するコンピュータ、タブレット、および電話機ユーザにほぼ無限の情報を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピュータシステムによって実行可能な命令を記憶した非一時的コンピュータ可読記憶媒体であって、コンピュータシステムにおいて、ユーザのパーソナルコンピュータラップトップタブレットスマートフォン、または他のコンピューティングデバイスもしくは端末から、指定された検索トピックを受け取るための命令と、前記指定された検索トピックに対し、前記指定されたトピックに関係する前記1つまたは複数のソーシャルメディアまたは他のウェブサイト投稿されたメッセージ識別するため、1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークニュースもしくは他のウェブサイト、ブログもしくはブロギングウェブサイト、および/または電子商取引サイト検索する命令と、前記識別されたメッセージの各々に関連する可能性のある1つまたは複数の属性の選択をリモートコンピュータから受け取るための命令と、前記識別されたメッセージの各々を前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類するための命令と、前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの量を示す視覚的表現を生成するための命令と、前記視覚的表現が前記リモートコンピュータに提供されるようにするための命令とを備える、非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項2

前記1つまたは複数の選択された属性が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された時間を含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項3

前記1つまたは複数の属性の前記選択が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された時間の範囲をさらに選択することを可能にする、請求項2に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項4

前記視覚的表現が、複数の時間期間の各々の間に投稿された前記識別されたメッセージの数を示すグラフを含む、請求項2に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項5

前記グラフがヒストグラムを含む、請求項4に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項6

前記1つまたは複数の選択された属性が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された地理位置を含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項7

前記1つまたは複数の属性の前記選択が、含められるべき複数の地理位置をさらに選択することを可能にする、請求項6に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項8

前記視覚的表現が、複数の地理位置の各々から投稿された前記識別されたメッセージの量を示すマップを含む、請求項6に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項9

前記視覚的表現が、複数の地理位置の各々から投稿された前記識別されたメッセージの量を示すグラフを含む、請求項6に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項10

前記地理位置が、地域社会自治体、州、地区、地域、国家大陸、のうちの1つを含む、請求項6に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項11

前記選択された属性が、前記1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークに参加するエンティティ間の関係とフローとのうちの一方を含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項12

前記視覚的表現が、前記1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークに参加する前記エンティティ間の前記関係と前記フローとのうちの一方を表すソーシャルネットワーク視覚化を含む、請求項11に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項13

前記識別されたメッセージの各々の前記内容から前記1つまたは複数の属性を決定するため、前記識別されたメッセージの各々の内容をパースすることをさらに含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項14

前記1つまたは複数の属性が、前記指定されたトピックへの好意的な態度、前記指定されたトピックへの中立的な態度、前記指定されたトピックへの非好意的な態度、のうちの1つを示す意見を含む、請求項13に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項15

前記視覚的表現が、前記指定されたトピックへの前記好意的な態度、前記トピックへの前記中立的な態度、前記トピックへの前記非好意的な態度、のうちの1つを示す前記識別されたメッセージの量を示すグラフを含む、請求項14に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項16

前記指定されたトピックへの前記好意的な態度、前記指定されたトピックへの前記中立的な態度、前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度、のうちのいずれかを示す前記識別されたメッセージの総計と比較して、前記識別されたメッセージのどれくらいの割合が、前記指定されたトピックへの前記好意的な態度と前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度とのいずれかを示すか、を示す主観性指標を計算することをさらに含む、請求項14に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項17

I=(好意的の総計+否定的の総計)/(好意的の総計+否定的の総計+中立的の総計)を有する式に従って前記主観性指標Iが計算され、好意的の総計が、前記指定されたトピックへの前記好意的な態度を示す前記識別されたメッセージの量を含み、非好意的の総計が、前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度を示す前記識別されたメッセージの量を含み、中立的の総計が、前記指定されたトピックへの前記中立的な態度を示す前記識別されたメッセージの量を含む、請求項16に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項18

前記主観性指標を前記視覚的表現に含めることをさらに含む、請求項16に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項19

前記1つまたは複数の属性が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された言語を含む、請求項13に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項20

前記視覚的表現が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された前記言語を示すグラフを含む、請求項19に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項21

前記1つまたは複数の属性が未来の時間への参照を含む、請求項13に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項22

前記未来の時間が、未来の時間、未来の日付、後続の時間を示す複数の語の1つ、のうちの少なくとも1つを含む、請求項21に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項23

後続の時間を示す前記複数の語が、すぐ、後で、今夜、明日、来週、来月、来年、のうちの1つまたは複数を含む、請求項22に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項24

前記識別されたメッセージの各々の前記内容をパースすることに基づいて、前記識別されたメッセージの前記内容を意味的分析することをさらに含む、請求項13に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項25

前記識別されたメッセージの前記内容を意味的に分析することが、前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語のリストを識別することを含む、請求項24に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項26

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストが、所定数項目を含む、請求項24に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項27

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストから一般的な接続語を省くことをさらに含む、請求項25に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項28

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストから省かれる前記一般的な接続語が、and、but、a、an、or、the、のうちの1つまたは複数を含む、請求項27に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項29

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストに含まれる単語を、前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストに含まれる前記単語によって表される品詞に従って分類することをさらに含む、請求項24に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項30

前記品詞が、名詞動詞形容詞副詞、地名、固有名詞、時間を示す単語、のうちの2つ以上を含む、請求項29に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項31

前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の各々の量を決定することをさらに含む、請求項29に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項32

前記品詞の各々の前記量が、前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の割合を含む、請求項31に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項33

前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の所定の比率が配分された前記単語の前記量を、前記視覚的表現に含めることをさらに含む、請求項31に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項34

前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の所定の比率に従って配分された前記単語の前記量を、前記視覚的表現に含めることをさらに含む、請求項32に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項35

前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの前記量が総量として表現される、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項36

前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの前記量が分数として表現される、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項37

前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの前記量がパーセンテージとして表現される、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項38

前記視覚的表現が、表、マップ、ヒストグラム、棒グラフ線グラフ円グラフ、のうちの1つを含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項39

所望のタイプの視覚的表現の選択を前記リモートコンピュータから受け取ることをさらに含む、請求項38に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項40

前記指定されたトピックに基づいて広告が前記リモートコンピュータに提供されるようにすることをさらに含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項41

前記広告が、前記指定されたトピックに話題的に関係する、請求項40に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項42

前記広告が、広告主によって、前記指定されたトピックに選択的に関連付けられる、請求項40に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項43

前記リモートコンピュータまたは他のコンピューティングデバイスのユーザに関するアクセス可能な情報に基づいて広告が前記リモートコンピュータに提供されるようにすることをさらに含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項44

前記リモートコンピュータまたは他のコンピューティングデバイスのユーザから報酬を誘発することをさらに含む、請求項1に記載の非一時的コンピュータ可読記憶媒体。

請求項45

インターネット通信して、1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークをホストするサーバコンピュータとの、およびリモートコンピュータとの通信を可能にするサーバコンピュータシステムにおいて、前記リモートパーソナルコンピュータ、ラップトップ、タブレット、スマートフォン、または他のコンピューティングデバイスからトピックの指定を受け取ること、前記指定されたトピックに対し、前記指定されたトピックに関係する1つまたは複数のソーシャルメディアウェブサイトに投稿された、メッセージを識別するために、前記1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークを検索すること、前記識別されたメッセージの各々に関連する可能性のある1つまたは複数の属性の選択を前記リモートコンピュータから受け取ること、前記識別されたメッセージの各々を前記1つまたは複数の選択された属性に従って自動的に分類すること、前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの量を示す視覚的表現を生成すること、および、前記視覚的表現が前記リモートコンピュータに提供されるようにすることを含むコンピュータ実施方法

請求項46

前記1つまたは複数の選択された属性が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された時間を含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項47

前記1つまたは複数の選択された属性が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された地理位置を含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項48

前記選択された属性が、前記1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークに参加するエンティティ間の関係とフローとのうちの一方を含む、請求項47に記載のコンピュータ実施方法。

請求項49

前記識別されたメッセージの各々の前記内容から前記1つまたは複数の属性を決定するために、前記識別されたメッセージの各々の内容をパースすることをさらに含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項50

前記1つまたは複数の属性が、前記指定されたトピックへの好意的な態度、前記指定されたトピックへの中立的な態度、前記指定されたトピックへの非好意的な態度、のうちの1つを示す意見を含む、請求項49に記載のコンピュータ実施方法。

請求項51

前記意見が、前記指定されたトピックへの前記好意的な態度と前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度とのいずれかを含むと決定されないとき、前記意見が、前記指定されたトピックへの前記中立的な態度を含むと決定される、請求項50に記載のコンピュータ実施方法。

請求項52

前記指定されたトピックへの前記好意的な態度、前記指定されたトピックへの前記中立的な態度、前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度、のうちのいずれかを示す前記識別されたメッセージの総計と比較して、前記識別されたメッセージのどれくらいの割合が、前記指定されたトピックへの前記好意的な態度と前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度とのいずれかを示すか、を示す主観性指標を計算することをさらに含む、請求項50に記載のコンピュータ実施方法。

請求項53

I=(好意的の総計+否定的の総計)/(好意的の総計+否定的の総計+中立的の総計)を有する式に従って前記主観性指標Iが計算され、好意的の総計が、前記指定されたトピックへの前記好意的な態度を示す前記識別されたメッセージの量を含み、非好意的の総計が、前記指定されたトピックへの前記非好意的な態度を示す前記識別されたメッセージの量を含み、中立的の総計が、前記指定されたトピックへの前記中立的な態度を示す前記識別されたメッセージの量を含む、請求項52に記載のコンピュータ実施方法。

請求項54

前記主観性指標を前記視覚的表現に含めることをさらに含む、請求項52に記載のコンピュータ実施方法。

請求項55

前記1つまたは複数の属性が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された言語を含む、請求項49に記載のコンピュータ実施方法。

請求項56

前記視覚的表現が、前記識別されたメッセージの各々が投稿された前記言語を示すグラフを含む、請求項55に記載のコンピュータ実施方法。

請求項57

前記1つまたは複数の属性が未来の時間への参照を含む、請求項49に記載のコンピュータ実施方法。

請求項58

前記未来の時間が、未来の時間、未来の日付、後続の時間を示す複数の語の1つ、のうちの少なくとも1つを含む、請求項57に記載のコンピュータ実施方法。

請求項59

後続の時間を示す前記複数の語が、すぐ、後で、今夜、明日、来週、来月、来年、のうちの1つもしくは複数、または、特定の日付、時点、もしくは時間範囲を含む、請求項58に記載のコンピュータ実施方法。

請求項60

前記識別されたメッセージの各々の前記内容をパースすることに基づいて、前記識別されたメッセージの前記内容を意味的に分析することをさらに含む、請求項49に記載のコンピュータ実施方法。

請求項61

前記識別されたメッセージの前記内容を意味的に分析することが、前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語のリストを識別することを含む、請求項60に記載のコンピュータ実施方法。

請求項62

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストが、所定数の項目を含む、請求項61に記載のコンピュータ実施方法。

請求項63

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストから一般的な接続語を省くことをさらに含む、請求項61に記載のコンピュータ実施方法。

請求項64

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストから省かれる前記一般的な接続語が、and、but、a、an、or、the、のうちの1つまたは複数を含む、請求項63に記載のコンピュータ実施方法。

請求項65

前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストに含まれる単語を、前記識別されたメッセージに最も頻繁に含まれる単語の前記リストに含まれる前記単語によって表される品詞に従って分類することをさらに含む、請求項61に記載のコンピュータ実施方法。

請求項66

前記品詞が、名詞、動詞、形容詞、副詞、地名、固有名詞、時間を示す単語、のうちの2つ以上を含む、請求項65に記載のコンピュータ実施方法。

請求項67

前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の各々の量を決定することをさらに含む、請求項65に記載のコンピュータ実施方法。

請求項68

前記品詞の各々の前記量が、前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の割合を含む、請求項67に記載のコンピュータ実施方法。

請求項69

前記識別されたメッセージのリストに最も頻繁に含まれる単語の前記リスト中で表される前記品詞の前記量を、前記視覚的表現に含めることをさらに含む、請求項67に記載のコンピュータ実施方法。

請求項70

前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの前記量が総量として表現される、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項71

前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの前記量が分数として表現される、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項72

前記1つまたは複数の選択された属性に従って分類された前記識別されたメッセージの前記量がパーセンテージとして表現される、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項73

前記視覚的表現が、表、マップ、ヒストグラム、棒グラフ、線グラフ、円グラフ、のうちの1つを含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項74

前記指定されたトピックに基づいて広告が前記リモートコンピュータに提供されるようにすることをさらに含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項75

前記広告が、前記指定されたトピックに話題的に関係する、請求項74に記載のコンピュータ実施方法。

請求項76

前記広告が、広告主によって、前記指定されたトピックに選択的に関連付けられる、請求項74に記載のコンピュータ実施方法。

請求項77

前記リモートコンピュータのユーザに関するアクセス可能な情報に基づいて広告が前記リモートコンピュータに提供されるようにすることをさらに含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項78

前記リモートコンピュータのユーザから報酬を誘発することをさらに含む、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項79

前記広告が、特定のトピックについて所定レベルバイラリティ人気、および/または極性に達したときに選択的に表示される、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

請求項80

前記ユーザが、前記システムを使用することによってロイヤルティポイントまたはクレジットを獲得することができる、請求項45に記載のコンピュータ実施方法。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
本出願は、2012年3月22日に出願された米国仮特許出願第61/614,163号に基づく優先権を主張するものであり、この米国仮特許出願の内容全体が参照により本明細書に組み込まれる。

0002

本発明は、インターネット検索システムまたはエンジンに関し、より詳細には、ソーシャルメディアならびにニュースウェブサイト電子商取引、ウェブサイト、ブログ、およびブロギングウェブサイトの情報を検索して、検索結果を作成および提示する、インターネット検索エンジンに関する。

背景技術

0003

インターネットは、インターネットへのアクセスを有するコンピュータタブレット、および電話機ユーザにほぼ無限の情報を提供するが、検索された情報を検索者にとって有用な形で取り出し、整理し、提示するための効率的な検索ツールが必要である。データを取得および整理するため、ならびに検索対象に関係する広告を提示するための種々の手法およびアルゴリズムを使用して、様々な検索エンジンが生み出されてきた。したがって、これらの様々な検索エンジンを中心にして業界全体が成長してきた。

0004

最も初期成功した検索エンジンの1つは、Netscapeであった。Netscapeは、キーワードを使用して当該アイテムをインターネットの中で探し回るものであった。Netscapeは、検索語に対する関連度に従って結果をランク付けおよび表示するためのアルゴリズムを含んでいた。

0005

後に、Google,Inc.が、より成功した別の検索エンジンを生み出した。Netscapeと同様、Googleも、検索ウィンドウに入力されたキーワードまたはフレーズに基づいて検索結果の取出しおよびランク付けを補助することになるアルゴリズムを使用して、キーワードを検索するものであった。Googleは、取り出されたアイテムまたはウェブサイト(メタデータ、および、他のウェブサイトとの間のリンクを含む)中でキーワードが現れる回数に従うことを含めて様々な方法で結果をランク付けするアルゴリズムを使用する。このため、Googleは、Googleによって使用され検索において取り出された情報をランク付けおよび表示するためのアルゴリズムをよく知っている者による不正操作を受けやすくなる。さらに、Googleは、Google「アドワーズ(ad words)」を購入することによって検索結果の横または上への広告の表示に対して料金を払った広告主が、そのように広告を表示できる機能を導入した。したがって、検索語がユーザによって入力される度に、広告または告知が検索結果の横または上に現れることになり、広告に対して相応に広告主のアカウント課金されることになる。アドワーズの価格はその人気に従って変動し、したがって、非常に人気のある検索語(頻繁に使用される検索語を意味する)は、人気または使用頻度のより低い検索語よりも、かなりコストがかかることになる。Googleは、アドワーズの価格を人気に基づいて設定するためのアルゴリズムを開発した。

0006

Facebookは、周知のソーシャルメディアウェブサイトを開始したが、このソーシャルメディアウェブサイトでは、ユーザは、加入者の個別サイト投稿された写真コメント、リンクなどを含むFacebookページを作成することができる。このウェブサイトは、他の加入者とつながることまたは「友達になる」ことによって、他の加入者とつながる機会を加入者に提供し、相互のFacebookページ上でメッセージの送信、メッセージや写真などの投稿ができるようにする。Facebookはまた、Facebookを使用した検索エンジンを開始すると発表したが、その正確な動作メカニズム、および既存の検索エンジンとの違いは、いまだ不明である。

0007

加えて、Googleは、以下に論じるようにFacebookといくつかの点で類似するソーシャルメディアサイトを開始したが、このサイトがどれくらい広く使用されているか、またはこのサイトが基本的なGoogle検索エンジンと結び付くのかどうか、およびどのように結び付くのか、ならびに、Googleがどのようにこのサイトをその広告主にオファーするのかについては、現時点では不明である。Googleは、表示する検索結果が、新聞からの記事ウィキディア(項目がユーザによって寄付される周知のオンライン百科事典)上の項目といった、他のサイトからのページであるという点で、ページに主に基づく。

0008

Twitterは、インターネットを介した別の新しいソーシャルメディアコミュニケーションモードを提示する。これは、特定の個人によって「ツイート」されたメッセージを受け取ることを申し込んだ「フォロワ」に、ユーザおよび加入者がメッセージをツイートすることができるものである。これらのメッセージは、わずかな単語から、「ツイータ」または「フォロワ」の関心を引く特定のイベントまたはアイテムに関するいくぶん長い「ブログ」またはコメントへのリンクまでの範囲に及ぶ場合がある。これらのメッセージは、著名人、俳優政治家、ニュースキャスタリポータ、およびその他を含めた多くの個人によって頻繁に使用されるようになってきたにもかかわらず、その大部分は、既存の検索エンジンによって取り出されないように思われる。Twitterもまた、製品発表および特別なオファーを、そのような情報を受け取ることに申し込んだ顧客に対して行うために、様々なビジネスによって使用されつつある。

発明が解決しようとする課題

0009

新聞、雑誌、およびインターネットウェブサイトなどのより従来型のアイテムと、ソーシャルウェブサイト、ならびにツイート、コメント、および他のユーザ生成メッセージとを検索して、このように取り出されたかまたは突き止められた情報を、使いやすい整理されたユーザフレンドリな形で提示するようにして編成することができる検索エンジンが、依然として必要とされている。また、応答を瞬時に分析および測定し、関心を持たれている特定のアイテムまたは人物に関係するアクティビティ社会人口統計および他の区別可能な特性を含む)に関する報告を提供することができる検索エンジンも、依然として必要とされている。このような情報により、スポンサは、特定のグループを追うことができるであろうし、広告主もまた、特定のトピックまたは検索結果を選んで横に広告を出すことができるであろう。さらに、このような情報により、世論調査員および他のタイプの分析者は、政治的に重要なイベントに対する大衆の反応を測定できるであろう。

課題を解決するための手段

0010

本発明によって、前述の目的が達成され、以前のまたは他のシステムの欠点が克服される。本発明は、コンピュータシステムによって実行可能な命令を記憶した非一時的コンピュータ可読記憶媒体を備える検索エンジンおよびシステムを提供する。非一時的コンピュータ可読記憶媒体は、コンピュータシステムにおいて、ラップトップパーソナルコンピュータ、タブレット、セルラー電話機スマートフォンなどの、ユーザのコンピューティングデバイスから、指定された検索トピックを受け取るための命令と、指定された検索トピックに対し、前記指定されたトピックに関係する1つまたは複数のソーシャルメディアまたは他のウェブサイトに投稿されたメッセージを識別するため、1つまたは複数のソーシャルメディアネットワーク、ニュースもしくは他のウェブサイト、ブログもしくはブロギングウェブサイト、および/または電子商取引サイトを検索する命令と、識別されたメッセージの各々に関連する可能性のある1つまたは複数の属性の選択をリモートコンピュータから受け取るための命令と、識別されたメッセージの各々を1つまたは複数の選択された属性に従って分類するための命令と、1つまたは複数の選択された属性に従って分類された識別されたメッセージの量を示す視覚的表現を生成するための命令と、視覚的表現がリモートコンピュータに提供されるようにするための命令とを備える。

0011

本発明のさらに他の目的、特徴、および利点は、好ましい実施形態に関する後続の詳細な記述を以下の図面と共に検討すれば、当業者には明らかになるであろう。

図面の簡単な説明

0012

インターネット検索システム発明の一実施形態を実施するためのシステムおよび方法の概略図である。
図1のシステムの広告アクション特徴の動作を示す概略図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
図1に示す本発明の実施形態の様々な特徴を例示する実証のスクリーンショットの図である。
関心を持たれている対象の周辺のソーシャルメディアアクティビティの量を示すグラフである。
分析中の特定のトピックに関するソーシャルメディアユーザの相対的な極性否定的と肯定的の両方)を示すグラフである。
どこでソーシャルメディアユーザが政治家を支持または嫌悪する傾向があるかを描いたマップを示す図である。

実施例

0013

本明細書において、「コンテンツランク」とは、加重平均好意スコアを指す。コンテンツランクは、いずれかのトピック(人物、場所、イベント、または事物)への肯定的な意見を、いずれか他のトピック(たとえ異なるタイプのものであっても)に対して比較およびランク付けできるように正規化する。トピックのコンテンツランクの発展を、時の経過に伴って追跡することができる。これを達成するためのアルゴリズムは、特定のトピックに関する検索から返されたコンテンツの数を収集し記録すること、および、各コンテンツ中表現される意見がトピックに対して肯定的か否定的か中立かを決定することを含む。

0014

「コンテンツパルス」とは、バイラリティ(virality)スコア、すなわち、トピックに関するメッセージの平均トラフィック速度を指す。これを達成するためのアルゴリズムは、以下を含む。
1.特定のトピックに関する検索について返されたコンテンツのアイテム(例えばテキスト、画像、ビデオ、または他の任意の形)の数を記録する。
2.各コンテンツのタイムスタンプ間の間隔を決定する。
3.タイムスタンプ間隔を合計する。
4.タイムスタンプ間隔の合計を、返されたコンテンツの数で割る。
5.対応する非数値スコアタイムスタンプ値適合させる、テーブルを生み出す(例えば、高いバイラリティはスコア「A+」で表すことができ、低いバイラリティはスコア「F」で表すことができる)。

0015

本明細書において、バイラリティ方向とは、トピックのバイラリティの上昇または低下を示すスコアを指す。

0016

バイラリティ方向を決定するためのアルゴリズムは、以下を含む。
1.「X」軸および「Y」軸を有するグラフを作成する。このグラフにおいて、
a)X軸は、コンテンツの位置を逆順マークすることになり、したがって、最も新しいコンテンツはX軸上で「1」位置にあり、最も古いコンテンツはX軸上で「N」位置が与えられ、Nはコンテンツの総数である(例えば、検索において100個のコンテンツが返された場合は、Nは100であり、最も古いコンテンツはX軸上で100番目の位置を有することになる)。
b)Y軸は、0〜無限の時間値を示すことになる。
2.各コンテンツのタイムスタンプとそれに先行するタイムスタンプとの間隔(X座標)について、時間値(Y座標)をプロットする。
3.プロットされた全ての点を通る最小二乗線を描く。
4.得られた線の傾きを決定する(得られた線の傾きが正であり、間隔が徐々に短くなっていく場合は、トピックのバイラリティは上昇している。得られた線の傾きが負であり、間隔が徐々に長くなっていく場合は、トピックのバイラリティは低下している)。
5.バイラリティが上昇しているときは「+」で示し、低下しているときは「−」で示す。

0017

図面に移り、図1に、本発明のソーシャルコンテンツおよびメディア検索エンジン40の動作の図を提示する。ユーザ42が、ログイン画面44(例えばFacebookまたは他のソーシャルサイトのログインページとすることができる)を使用してシステムにログインし、検索語を入力する。システムは、本発明のシステム40に含まれるサーバ48を使用して検索を処理する。サーバ48は、監視されるサイト(とりわけソーシャルメディアウェブサイト、電子商取引サイト、およびブロギングサイトを含む)のポートフォリオ50から、生コンテンツを取り出す。生コンテンツ50は、システムのサーバ48を介して処理され、コンテンツスクラビングおよび強化アルゴリズム52によってフィルタリングされる。コンテンツスクラビングおよび強化アルゴリズム52は、社会人口統計データベースならびに米国および世界のセンサスデータベースと、コンピュータ言語学エンジンと、極性集約エンジンと、知識抽出エンジンと、地理位置抽出エンジンと、ユーザの社会人口統計および教育背景を抽出するためのエンジンと、各ソーシャルサイトに対するユーザのプロキシメタ」識別とを含む。

0018

スクラビングおよび強化プロセスに続いて、処理され強化されたコンテンツ54はさらに、コンテンツ関連性プロセス56によって処理される。コンテンツ関連性プロセス56は、コンテンツをその人気およびバイラリティ(主にソーシャルメディアウェブサイト上での)の順に配置するためのコンテンツランクアルゴリズムおよびコンテンツパルスアルゴリズムを含む。これに続いて、強化されランク付けされたコンテンツ58は、トレンド予測プロセス60にかけられる。トレンド予測プロセス60では、その口コミ度またはバイラリティ、勢い、ならびに当技術分野で知られる他の金融工学および技術分析尺度を使用して確率ランキングが生み出されて、キーワードのランキングが上昇または下降する可能性が推定される。この予測プロセスの結果62は、コンテンツの市場価値へのリアルタイムマークを計算するシステム部分64に転送される。結果62はまた、確率ランキングと共に、広告入札アスクプラトフォーム(図2)にも転送される。広告入札/アスクプラットフォームでは、見込みのある広告主が、関心のあるキーワードに関するメッセージを受け取り、コンテンツの集まりに含まれる特定のアイテムの横に広告が現れるようにするために支払う気がある金額オークション方式入札することができる。コンテンツの集まりはさらに、例えば好みのフォーマットにフォーマットされる。これは、検索の主題ユーザ選好などに応じて、雑誌、会報、新聞、定期刊行物スクラップブックなどとすることができる。

0019

図1および2にはさらに、本発明のビジネス間(business to business)態様も示す。これは、例えば特定の対象、キーワード、トピック、または著名人に対する関心を表明したであろう広告主に対して、オークションによる広告の販売を可能にするものである。加えて、広告は、いくつかの選ばれた測定基準(バイラリティスコア、人気スコア、極性スコアなど)の何らかの事前設定済み数値レベルに達すればトリガされるものとしてもよい。トリガはまた、例えば地理または人口統計によって制限されてもよい。その前に、システムは、特定のキーワードに値を付ける機会を、見込みのある広告主に提供し、次いで付け値を受け取って入札者らに公開し、入札者らが望むなら、勝者が現れて他の入札者が落伍するまで、より高い付け値で応札できるようにする。次いで、前述のように、キーワードが定義済みベルに達したとき、落札者の広告が検索結果概要の適切な位置に挿入される。本明細書で論じる例では、検索結果は、スケートボードに乗るオバマ大統領のビデオがソーシャルメディア上で大きな注目(閲覧、好き、嫌い、コメント、および共有)を集めていることを示した。これにより、スケートボード製造業者が、「バイラルになって」いるビデオと同じまたは異なる「ページ」上にその広告を表示させる機会が生み出された。

0020

次に、ソーシャルおよび他のインターネットおよびウェブサイトを含めた検索の特定の例を参照しながら、本発明の検索エンジンシステムについて述べる。図3に、本発明の検索エンジンを起動するためのアイコンを有するタブレット300を示す。検索エンジンはまた、パーソナルコンピュータ、ラップトップ、スマートフォン、iPod、モバイルフォン、または、ネットワークを介してインターネットに接続できる他の電子計算デバイス上で実行されてもよいことを理解されたい。ユーザがアイコンをアクティブにし、これにより、本発明の検索エンジンのためのアプリケーションが開かれる。図4に示すように、ログイン画面が現れ、(例えば)FacebookIDおよびパスワード、もしくは他のソーシャルメディアログイン320、または本発明のシステム用のプロプエタリログイン330(「ttwickメタソーシャルID」と呼ばれる)でサインインするようユーザに求める。

0021

ログインの成功に続いて、検索エンジンは、本システムによって運用されるサーバ(図1参照)から、またはユーザが加入もしくは所属するソーシャルメディアサイトから、ユーザに関する情報を回収するかまたは集める。これらのサイトは、事前アンケートにおいてユーザによって識別されたものであってもよく、または、本発明の検索記憶能力を使用してインターネットから引き出されたものであってもよい。次に、検索エンジンは、検索バー340をユーザに提供する。ユーザは、情報を収集したい検索語を、検索バー340にタイプ入力するかまたは他の方法で入力し(例えばSiriまたは他の音声作動式システムを使用して)、「enter」または「return」キー350を押して検索を開始する。

0022

検索が進行し(図6参照)、システム300がソーシャルメディアおよび他のコンテンツを集める間、システム300は、中間画面360を表示することができる。中間画面360は、ユーザのプロファイル要約370を示し、プロファイル要約370は、以前のリアルタイム雑誌の形式で表示される、以前の検索概要のライブラリ380を含む。画面360はまた、戦略的パートナクリック可能アイコン390を表示してもよく、ここで、貯まった使用ポイントおよびボーナスポイント引き換えるかまたは買い物をすることができる。または、画面360は、ユーザの関心を引く有料広告を表示してもよく、これは実際、検索プロセスの間に表示される短いコマーシャルブレークである。

0023

本発明の検索エンジンが検索を完了し、収集された結果を組み立てて整理すると、検索エンジンは、ユーザが見ることのできるユーザフレンドリなリアルタイムの雑誌フォーマット395で結果を表示することになる(図7)。雑誌は、検索の主題(この場合はバラクオバマ大統領)を表す写真、描画、または他の画像を大きく掲載した表紙400を含む。ユーザは、雑誌表紙400に付随するかまたは重ね合わされた、検索語の人気を反映するリアルタイムスコア410の表示を見出す。これは、他のソーシャルメディアユーザが、関心を持たれている他の現在のトピックと比較しておおよそこのトピックに関して肯定的な認識を有する傾向の程度の反映である。表紙400は、「バー」420も備える。バー420は、量の順に配列された、ソーシャルメディアコンテンツのソースを示し、これらはまた、ウェブサイトもしくは他のオンラインアプリケーション(例えばTumblr、YouTube(登録商標)、WordPress、Google Plus(G+)、Twitter、およびFacebook)、またはいずれか他のプラットフォームによる、モニタ「リアルタイムバズ」の下に表示される。表紙は、タブ430も備える。タブ430は、検索トピックに関係するウィキペディアページなどの情報を取り出すか、または「雑誌」の特定のセクションナビゲートする。

0024

ユーザは、表紙400に続く画面を表示することによって雑誌395の内容を閲覧し始める。特定の表示順序はユーザまたは創設者の選好によって異なる場合があるが、好ましい一実施形態では、検索エンジンは最初に、ソーシャルメディアコンテンツを、そのソース(この場合はWordPressブログ)を示すアイコン450と共に、画面440上に表示する。アイコン450と共に、ユーザがソーシャルメディアウェブサイトを介してコンテンツにコメントすること、コンテンツを転送すること、コンテンツが「好き」と言うこと、コンテンツが「嫌い」と言うこと、またはコンテンツを共有することができるようにする他のボタンも表示する。独特である「嫌い」機能は、分析者およびマーケティング業者に価値ある情報を提供する。

0025

ユーザは「ページ」をめくり(図9)、検索エンジンは追加のソーシャルメディアコンテンツ470を表示する。このページ上で、ユーザは、Facebook(例えば)を介して以前のページにコメント(480)することを選ぶが、当然、他のウェブサイトまたはソーシャルメディアサイトを使用してコメントを投稿することもできる(図示せず)。

0026

図10に、検索照会に応答した、さらに他のソーシャルメディアを示す。ここでは、このソーシャルメディアは、分割された画面として表示されており、したがって、異なるソーシャルメディアウェブサイトからのいくつかの追加の情報アイテムが同時に提示され、それにより、特定の検索に対する多くの応答を見るためにユーザがページをめくるかまたはスクロールしなければならない量が制限される。検索結果はまた、「バイラリティアラート」を提示することが好ましい。バイラリティアラートは、記事、コメント、画像、ツイート、ビデオ、または他の形のソーシャルメディア項目などのコンテンツアイテム閲覧者から大きな注目を集めたことを示し、本発明に含まれるアルゴリズムが、アラートに関係する人口統計的および地理的情報を照合する。この例では、検索エンジンは、オバマ大統領が自分のスピーチした会議でスケートボードに乗ってステージを横切るビデオを突き止めた。このビデオは、一般大衆から大きな注目を引き起こしたが、スケートボーディングに関心のある若年層の男性人口統計グループからも大きな注目を引き起こした。この人口統計的および地理的情報を、バイラリティアラート500の一部として表示することができる。

0027

本発明の重要な一態様では、システムは、検索に応じて現れる「バイラリティアラート」に応答して、広告、告知、または関心を引く他のアイテムを呼び出して表示する能力を有する。したがって、図11に示すように、画面またはその一部は、前ページの、スケートボードに乗るオバマ大統領のソーシャルメディア項目に応答して、スケートボード(例えば)の広告510を表示する。この特徴は、特に強力だと思われる。なぜなら、広告を出す事業体、すなわち広告主およびその代理業者のどちらもが、変曲点を選択できるからである。このことは、一定レベルのトラフィック、バイラリティ、人気、もしくは他の尺度がアイテムについて存在する場合にのみ、または他の所定の人口統計的もしくは地理的基準に適合する場合にのみ、広告が現れることを意味する。別法として、システムは、参加者が同じ広告スペースにリアルタイムで入札できる交換システムを使用して、可能性ある複数の広告主に通知して最高入札者に広告を授与することもできる。

0028

図12〜14は、引き続き追加のメディアコンテンツを表示し、バイラリティアラート、ソースアイコン、転送またはコメントボタン、好きまたは嫌いボタン、および広告を含めた、前に論じた追加の特徴のうちのいくつかまたは全てを提供する。これらの特徴を使用して他者との接触またはソーシャルメディアコンテンツの作成もしくは転送(好きおよび嫌いを含む)を行うことで、戦略的パートナからの様々なオファーと引き換えることのできるユーザロイヤルティポイントまたはクレジットを獲得することができる。

0029

図14はまた、追加の特徴および方法を表示する。この場合、システムは、ユーザの位置を特定するためにセルフォンキャリアによって使用されるGPSロケータまたは三角測量ロケータを使用して、上に論じたように広告主を引き込むことができる。次いで、広告および告示を雑誌の中の広告として掲示して、特定の製品またはサービスをユーザに提供することができる。図14では、コーヒーショップチェーンが、店舗へのユーザの近さに基づいて、かつ、おそらくは他の要素(以前のパーセンテージ、または特定の銘柄に対してもしくはショップの製品の1つに対して前に表明された「好き」など)、あるいは広告主によって決定されたいずれか他の要素に基づいて、「セント値引きクーポンをユーザに提供する。広告はまた、QRもしくはバーコード530を使用してユーザをソーシャルメディアサイトに接続してもよく、または広告は、製品と、その価格と、商品を販売する店舗もしくは他のベンダとを表示する従来の広告540であってもよい。

0030

図15に、送信されたユーザの位置をやはり利用する、追加の特徴を見ることができる。同図は、ユーザの位置と、検索で突き止められた近隣のソーシャルメディアコンテンツソース555がもしあればそれらと、を示す地図550を表示する。地図上で示される位置ピン560をクリックすると、ソースに関する情報と、近隣で突き止められたコンテンツへのリンクとが取り出される。ユーザは、コンテンツを見ることおよびソースと通信することができる。商店主が、リアルタイムで生成される1つまたは複数のオファーを含む広告またはメッセージを伴う位置ピンを挿入することができる。地図は、手動で、または、地理的区分(例えば、市、州、地域、国など)に基づく事前設定済みの詳細レベルを選択することによって、ズームインまたはズームアウトさせることができ、それにより、さらに多くのまたはより少ない位置およびオファーを見せることができる。

0031

図16に、本発明の重要な特徴である「知識クラウド」570を表示する。知識クラウドは、品詞別に配置された、かつ検索語に対する頻度および重要性によって重み付けされた単語を含む。単語は、検索において返されてリアルタイムで表示されたコンテンツから精製される。したがって、トピックを表す特定の単語がソーシャルメディア上で大きな注目を集める場合、クラウド上での単語の位置、単語の相対的なサイズ、色、または強度が、時間と共に変化してよい。

0032

図17に、結果をリアルタイムで表示するトピック分類アルゴリズムによって整理された、ソーシャルメディアコンテンツのサブトピック内訳580を示す。図18は、検索トピックに対する重要なソーシャルメディア影響のアイコンを表示する。これは、最も高い影響を生み出す人口統計セクタを、やはりリアルタイムで強調する。この実施形態では、画面は、結果の中で最も影響力を持つかまたは最も頻繁に現れるソーシャルメディアコンテンツを示す2つのアイコン590を表示している。図19は、いくつかの提案される関連検索トピック600を表示する。システム300は、他のユーザの検索パターンを分析することによって、他の検索トピックを提案する。本明細書で論じる例では、システムは、関心を引く可能性のある他の検索として、ミシェルオバマ、ジョーバイデン、およびジョージW.ブッシュを提案し、彼らの写真を提示する。ユーザは、これらの写真をチェックして、追加の検索を開始することができる。

0033

図20に、本発明の別の特徴を示す。画面610は、ユーザが特定のトピックに対して設定したアラートを表示する。トピックおよびレベルは、ユーザによって設定され、ソーシャルメディアトラフィックの上昇もしくは下落、および/または人気の上昇もしくは下落を反映することができる。

0034

図21に、対象の周辺のソーシャルメディアアクティビティの量を決定するために本発明において使用されるオープンハイロークローズ(open high low close)チャートを示す。オープンハイロークローズ(OHLC)チャートは、ソーシャルメディアメッセージを、対象の周辺のソーシャルメディアアクティビティの量を示す測定基準に変換する際の、第1の段階を示す。これは基本的にメッセージカウンタであり、このメッセージカウンタはまた、対象に関するメッセージが送られたレートも示す。この測定基準は、メッセージ投稿アクティビティの急上昇および下降を示す。これと同じフォーマットは取引環境で使用されるが、その場合、任意の日の有価証券始値高値安値、および終値が表示される。本発明は、その「取引日」を、測定基準に変換されたメッセージをシステムが監視する期間である設定された時間数として定義し、本発明で使用されるアルゴリズムに供給するパターンの経過を追う。下方のグラフは、検索によって返されたメッセージの総量を示す。

0035

図22に、分析されている特定の対象に関する、かつ過去14日にわたる対象に関係する全てのトピックについての、ソーシャルメディアユーザの分極化(肯定的と否定的の両方)を示す。これは、否定的なメッセージに対する肯定的なメッセージの相対的な割合を示す。同様に、図23に、本発明の別の特徴である「ヒートマップ」を示す。このマップは、米国のどこでソーシャルメディアユーザが対象を好きまたは嫌いな傾向があるかを、全てのトピックにわたって、かつ本発明のシステムが数か月間収集した何百万ものデータポイントカバーして、1〜100段階で示す。1番目は、政治家等の対象への非常に否定的な意見がある州を示し、これは例えば赤で表示される。100番目は、対象への非常に肯定的な意見がある州を示し、これは例えば緑で表示されることになる。バランスのとれた意見がある州またはデータが不十分な州は、50に近い値を有し、黄(例えば)の色合いで表示される。

0036

このように、本発明は、より従来型のウェブサイトに加えて、ブログやツイートなどの様々なソーシャルメディアにわたってトピックを検索して、雑誌、会報、スクラップブック、フォトアルバム、または新聞など、ユーザフレンドリなフォーマットで結果を提示することのできる、検索エンジンを提供する。本明細書を検討すれば、当業者なら様々な修正および代替を思い付くであろう。そのような全ての修正は、後続の特許請求の範囲によって定義される本発明の範囲および主旨に含まれるものとする。

0037

40ソーシャルコンテンツおよびメディア検索エンジン
42 ユーザ
44ログイン画面
46検索語
48サーバ
50監視されるサイトのポートフォリオ、生コンテンツ
52コンテンツスクラビングおよび強化アルゴリズム
54 処理され強化されたコンテンツ
56 コンテンツ関連性プロセス
58 強化されランク付けされたコンテンツ
60トレンド予測プロセス
62予測プロセスの結果
64 コンテンツの市場価値へのリアルタイムマークを計算するシステム部分
300タブレット、システム
320 (例えば)FacebookIDおよびパスワード、もしくは他のソーシャルメディアログイン
330 本発明のシステム用のプロプラエタリログイン
340検索バー
350 「enter」または「return」キー
360中間画面
370 ユーザのプロファイル要約
380 以前の検索概要のライブラリ
390戦略的パートナのクリック可能アイコン
395雑誌フォーマット
400 表紙
410 リアルタイムスコア
420 バー
430タブ
440 画面
450 ソーシャルメディアコンテンツのソースを示すアイコン
470 ソーシャルメディアコンテンツ
480コメント
500バイラリティアラート
510広告
530 QRもしくはバーコード
540 従来の広告
550 地図
555 ソーシャルメディアコンテンツソース
560 位置ピン
570 知識クラウド
580 ソーシャルメディアコンテンツのサブトピック内訳
590 ソーシャルメディアコンテンツを示すアイコン
600 提案される関連検索トピック
610 画面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ