図面 (/)

技術 ウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステム

出願人 アイ−オンコミュニケーションズカンパニーリミテッド
発明者 キム,ホンレ
出願日 2013年4月5日 (6年5ヶ月経過) 出願番号 2015-504503
公開日 2015年5月18日 (4年4ヶ月経過) 公開番号 2015-514273
状態 拒絶査定
技術分野 計算機間の情報転送 特定用途計算機 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード アイパッド 漫画キャラクター アイフォン 管理者サーバー 擬声語 ワンワン モバイル端末機 チャットサーバー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

漫画形式チャットアプリが組み込まれたモバイル端末機とチャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機との間で、漫画形式でチャットできるようにするモバイルチャットシステムを提供する。

解決手段

前記課題を解決するために、漫画形式のチャットアプリが組み込まれた第1モバイル端末機と、ウェブページを介してチャットが漫画ストーリー形式で展開する第2モバイル端末機と、第1及び2モバイル端末機を中継するチャットサーバーと、第2モバイル端末機からチャットメッセージが入力されると、メッセージ及び第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターでチャットウェブページに表示するチャットウェブサーバーと、を含む。

概要

背景

最近、スマートフォンの普及が一般化し、無料テキストサービスに関する競争もさらに激しさ増してきている。無料テキストサービスアプリの代表的なものは、「Kakao Talk」であり、Kakao Talkの国内加入者は、現在、3,200万人を超え、国外加入者は600万人を超えており、Kakao Talkだけで一日10億件のテキストが行き来しているという(2011年末基準、Kakao Corp.発表)。加えて、「My People」(Daum Communications)、「Line」(NHN Corp.)、「Tictok」(MadSmart Corp.)などが後発者としてKakao Talkと差別化されたサービスを通して無料テキストサービスに新しく参入している。

まず、Daum Communicationsの「My People」は、スマートフォンだけでなく、PCでも利用できる機能を持っている。既存のKakao Talkなどのメッセンジャーアプリは、メッセージをやり取りするとき、スマートフォンを通してのみ可能であり、PCを通して使用することはできなかった。また、My Peopleは無料音声通話サービスを提供している。

NHN Corp.の「Line」は、スマートフォンを振って友たちを追加する機能、音声通話機能気象情報提供、日本語通訳機能、映像通話機能(予定)、PC及びタブレットPCで使用可能な機能を追加している。

MadSmart Corp.の「Tictok」は、速いメッセージ伝送を可能にしながら、ソーシャル機能(いわゆる「Gurum」)を追加し、共通の関心事を有する人同士紹介し、対話及び情報の共有が可能な一種SNS機能を有している。

しかし、これら従来の無料テキストサービスアプリは、モバイル端末機ユーザー間で単純にテキストだけをやり取りする無味乾燥したテキストサービスを提供し、チャットを利用する端末機ユーザー等の興味刺激するには一定の限界をあった。そこで、最近のテキストサービスアプリは、モバイル端末機のユーザーの様々な表情表現できるエモーティコンステッカー機能を追加しているが、これも端末機のユーザー間の対話はテキストを中心とする対話であり、端末機のユーザー間の対話をおもしろいストーリーで構成するには足りないという問題があった。

また、モバイル端末機のユーザーは、これらの無料テキストサービスを利用するにおいて、単に多数のユーザー間の対話のチャネルとして利用するだけであり、これらモバイルチャットシステムを利用するように促すことができるシステムを有していない問題があった。

概要

漫画形式のチャットアプリが組み込まれたモバイル端末機とチャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機との間で、漫画形式でチャットできるようにするモバイルチャットシステムを提供する。前記課題を解決するために、漫画形式のチャットアプリが組み込まれた第1モバイル端末機と、ウェブページを介してチャットが漫画ストーリー形式で展開する第2モバイル端末機と、第1及び2モバイル端末機を中継するチャットサーバーと、第2モバイル端末機からチャットメッセージが入力されると、メッセージ及び第2モバイル端末機のユーザーを漫画キャラクターでチャットウェブページに表示するチャットウェブサーバーと、を含む。

目的

第1に、従来のテキスト対話中心のチャット方式から脱した、ストーリーを有するモバイルチャットシステムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

チャットユーザー間のチャットの展開漫画ストーリー形式で表示するチャットアプリが組み込まれたモバイル端末機と、前記チャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機と、を漫画ストーリー形式で相互間にチャットできるようにするモバイルチャットシステムであって、前記チャットアプリが組み込まれ、前記チャットユーザーチャットメッセージ送受信すれば、前記チャットユーザーを漫画キャラクターで表示し、前記チャットメッセージを、前記漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、前記チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示する第1モバイル端末機と、前記第1モバイル端末機からチャットメッセージを受信すると、チャットウェブページに前記チャットユーザーを漫画キャラクターで表示し、前記チャットユーザーのチャットメッセージを前記漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、前記チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示する第2モバイル端末機と、前記第1モバイル端末機及び前記第2モバイル端末機から前記チャットメッセージ及びチャットユーザーの前記漫画キャラクターを送受信し、相互チャットしようとするモバイル端末機を中継するチャットサーバーと、前記チャットサーバーを介して前記第1モバイル端末機から受信した前記チャットメッセージ及び前記漫画キャラクターを、前記第2モバイル端末機が接続した前記チャットウェブページに表示し、前記第2モバイル端末機からチャットメッセージが入力されると、前記第2モバイル端末機から入力されたチャットメッセージ及び前記第2モバイル端末機のユーザーの漫画キャラクターを前記チャットウェブページに表示し、前記チャットサーバーを介して前記第1モバイル端末機に送信するチャットウェブサーバーと、を含むことを特徴とするモバイルチャットシステム。

請求項2

前記モバイルチャットシステムは、更に、前記第1モバイル端末機が送受信するチャットメッセージを、前記チャットサーバーを介して受信し、前記第1モバイル端末機が送受信したチャットメッセージのデータ伝送量を計算し、前記データ伝送量に比例して前記第1モバイル端末機のユーザーIDに所定のポイントを与える管理者サーバーを含むことを特徴とする請求項1に記載のモバイルチャットシステム。

請求項3

前記第1モバイル端末機は、前記第1モバイル端末機のチャットユーザーからチャットメッセージが入力される第1メッセージ作成部と、前記チャットメッセージを、前記第1メッセージ作成部から受信し、前記チャットサーバーに送信し、前記チャットサーバーから前記第2モバイル端末機が伝送したチャットメッセージを受信する第1メッセージ送受信部と、前記第1メッセージ作成部から前記第1モバイル端末機のユーザーにより入力されたチャットメッセージを受信し、前記チャットユーザーの漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、前記第1メッセージ送受信部から前記第2モバイル端末機が送信したチャットメッセージを前記第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で前記第1モバイル端末機に表示する第1イメージ形成部と、前記漫画ストーリー形式で形成された前記チャットユーザー間のチャットの展開を漫画イメージ貯蔵する第1イメージ貯蔵部と、を含むことを特徴とする請求項1に記載のモバイルチャットシステム。

請求項4

前記第1イメージ形成部は、前記第1モバイル端末機及び前記第2モバイル端末機のユーザーが入力するチャットメッセージに含まれたテキストを認識し、前記テキストの性格に応じて前記第1モバイル端末機及び前記第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターの表情を自動で変化させることを特徴とする請求項3に記載のモバイルチャットシステム。

請求項5

前記チャットウェブサーバーは、前記第2モバイル端末機のチャットユーザーからチャットメッセージが入力される第2メッセージ作成部と、前記チャットメッセージを前記第2メッセージ作成部から受信し、前記チャットサーバーに送信し、前記チャットサーバーから前記第1モバイル端末機が伝送したチャットメッセージを受信する第2メッセージ送受信部と、前記第2メッセージ作成部から前記第2モバイル端末機のユーザーにより入力されたチャットメッセージを受信し、前記チャットユーザーの漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で前記ウェブページに表示し、前記第2メッセージ送受信部から前記第1モバイル端末機が送信したチャットメッセージを前記第1モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で前記第2モバイル端末機の前記ウェブページに表示する第2イメージ形成部と、前記漫画ストーリー形式で形成された前記チャットユーザー間のチャットの展開を漫画イメージで貯蔵する第2イメージ貯蔵部と、を含むことを特徴とする請求項1に記載のモバイルチャットシステム。

請求項6

前記第2イメージ形成部は、前記第1モバイル端末機及び前記第2モバイル端末機のユーザーが入力するチャットメッセージに含まれたテキストを認識し、前記テキストの性格に応じて前記第1モバイル端末機及び前記第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターの表情を自動で変化させることを特徴とする請求項5に記載のモバイルチャットシステム。

請求項7

前記第1モバイル端末機は、更に、前記第1モバイル端末機のチャットユーザーの音声を認識する第1音声認識部と、前記認識された音声の音色を分析する第1ボイス分析部と、前記第1モバイル端末機に入力されるチャットメッセージを音声情報に変換する第1音声データ変換部と、前記第1音声データ変換部から音声情報を受信し、前記音声情報を前記第1ボイス分析部から分析された前記第1モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換する第1音色変換部と前記第1音色変換部から前記第1モバイル端末機のユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報を前記第1モバイル端末機のスピーカーに出力する第1音声出力部と、を含み、前記第1音声出力部は、前記第1モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報を、前記チャットサーバーを介して前記第2モバイル端末機に伝送されるようにし、前記第2モバイル端末機でも、前記第1モバイル端末機に入力されたチャットメッセージが、前記第1モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報で出力されるようにすることを特徴とする請求項3に記載のモバイルチャットシステム。

請求項8

前記チャットウェブサーバーは、更に、前記第2モバイル端末機のチャットユーザーの音声を認識する第2音声認識部と、前記認識された音声の音色を分析する第2ボイス分析部と、前記第2モバイル端末機に入力されるチャットメッセージを、音声情報に変換する第2音声データ変換部と、前記第2音声データ変換部から前記変換された音声情報を受信し、前記音声情報を前記第2ボイス分析部から分析された前記第2モバイル端末機のユーザーの音色に変換する第2音色変換部と、前記第2音色変換部から前記第2モバイル端末機のユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報を前記第2モバイル端末機のスピーカーに出力する第2音声出力部と、を含み、前記第2音声出力部は、前記第2モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報を、前記チャットサーバーを介して前記第1モバイル端末機に伝送されるようにし、前記第1モバイル端末機でも、前記第2モバイル端末機に入力されたチャットメッセージが、前記第2モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報で出力されるようにすることを特徴とする請求項1に記載のモバイルチャットシステム。

技術分野

0001

本発明は、ウェブページ上における漫画ストーリー形式対話支援するモバイルチャットシステムに関する。詳しくは、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示するチャットアプリが組み込まれたモバイル端末機とチャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機とを、漫画ストーリーの形式で相互チャットを可能にするモバイルチャットシステムに関するものである。

背景技術

0002

最近、スマートフォンの普及が一般化し、無料テキストサービスに関する競争もさらに激しさ増してきている。無料テキストサービスアプリの代表的なものは、「Kakao Talk」であり、Kakao Talkの国内加入者は、現在、3,200万人を超え、国外加入者は600万人を超えており、Kakao Talkだけで一日10億件のテキストが行き来しているという(2011年末基準、Kakao Corp.発表)。加えて、「My People」(Daum Communications)、「Line」(NHN Corp.)、「Tictok」(MadSmart Corp.)などが後発者としてKakao Talkと差別化されたサービスを通して無料テキストサービスに新しく参入している。

0003

まず、Daum Communicationsの「My People」は、スマートフォンだけでなく、PCでも利用できる機能を持っている。既存のKakao Talkなどのメッセンジャーアプリは、メッセージをやり取りするとき、スマートフォンを通してのみ可能であり、PCを通して使用することはできなかった。また、My Peopleは無料音声通話サービスを提供している。

0004

NHN Corp.の「Line」は、スマートフォンを振って友たちを追加する機能、音声通話機能気象情報提供、日本語通訳機能、映像通話機能(予定)、PC及びタブレットPCで使用可能な機能を追加している。

0005

MadSmart Corp.の「Tictok」は、速いメッセージ伝送を可能にしながら、ソーシャル機能(いわゆる「Gurum」)を追加し、共通の関心事を有する人同士紹介し、対話及び情報の共有が可能な一種SNS機能を有している。

0006

しかし、これら従来の無料テキストサービスアプリは、モバイル端末機のユーザー間で単純にテキストだけをやり取りする無味乾燥したテキストサービスを提供し、チャットを利用する端末機ユーザー等の興味刺激するには一定の限界をあった。そこで、最近のテキストサービスアプリは、モバイル端末機のユーザーの様々な表情表現できるエモーティコンステッカー機能を追加しているが、これも端末機のユーザー間の対話はテキストを中心とする対話であり、端末機のユーザー間の対話をおもしろいストーリーで構成するには足りないという問題があった。

0007

また、モバイル端末機のユーザーは、これらの無料テキストサービスを利用するにおいて、単に多数のユーザー間の対話のチャネルとして利用するだけであり、これらモバイルチャットシステムを利用するように促すことができるシステムを有していない問題があった。

発明が解決しようとする課題

0008

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、前述したような従来の問題点を解決するものであり、以下の解決課題を有する。

0009

第1に、従来のテキスト対話中心のチャット方式から脱した、ストーリーを有するモバイルチャットシステムを提供する。

0010

第2に、モバイルチャットユーザーがモバイルチャットにより積極的に参加できるようにするモバイルチャットシステムを提供する。

0011

第3に、モバイルチャットユーザーの感情を効率的に伝達しうるモバイルチャットシステムを提供する。

0012

本発明の解決課題は、以上で言及されたもの等に限定されず、言及されていない他の解決課題は、下記から当業者であれば明確に理解できる。

課題を解決するための手段

0013

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、前記の解決しようとする課題のために、以下の課題解決手段を有する。

0014

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムはチャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示するチャットアプリが組み込まれたモバイル端末機と、前記チャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機と、を漫画ストーリー形式で相互間にチャットできるようにするモバイルチャットシステムであって、チャットアプリが組み込まれ、チャットユーザーのチャットメッセージ送受信すると、チャットユーザーを漫画キャラクターで表示し、チャットメッセージを、漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示する第1モバイル端末機と、第1モバイル端末機からチャットメッセージを受信すると、チャットウェブページにチャットユーザーを漫画キャラクターで表示し、チャットユーザーのチャットメッセージを漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示する第2モバイル端末機と、第1モバイル端末機及び第2モバイル端末機からチャットメッセージ及びチャットユーザーの漫画キャラクターを送受信し、相互チャットしようとするモバイル端末機を中継するチャットサーバーと、チャットサーバーを介して第1モバイル端末機から受信したチャットメッセージ及び漫画キャラクターを、第2モバイル端末機が接続したチャットウェブページに表示し、第2モバイル端末機からチャットメッセージが入力されれば、第2モバイル端末機から入力されたチャットメッセージ及び第2モバイル端末機のユーザーの漫画キャラクターをチャットウェブページに表示し、チャットサーバーを介して第1モバイル端末機に送信するチャットウェブサーバーと、を含むことを特徴とする。

0015

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、更に、第1モバイル端末機が送受信するチャットメッセージを、チャットサーバーを介して受信し、第1モバイル端末機が送受信したチャットメッセージのデータ伝送量を計算し、データ伝送量に比例して第1モバイル端末機のユーザーIDに所定のポイントを与える管理者サーバーを含むことを特徴とする。

0016

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの第1モバイル端末機は、第1モバイル端末機のチャットユーザーからチャットメッセージが入力される第1メッセージ作成部と、チャットメッセージを、第1メッセージ作成部から受信し、チャットサーバーに送信し、チャットサーバーから第2モバイル端末機が伝送したチャットメッセージを受信する第1メッセージ送受信部と、第1メッセージ作成部から第1モバイル端末機のユーザーにより入力されたチャットメッセージを受信し、チャットユーザーの漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、第1メッセージ送受信部から第2モバイル端末機が送信したチャットメッセージを第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で第1モバイル端末機に表示する第1イメージ形成部と、漫画ストーリー形式で形成されたチャットユーザー間のチャットの展開を漫画イメージ貯蔵する第1イメージ貯蔵部と、を含むことを特徴とする。

0017

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの第1イメージ形成部は、第1モバイル端末機及び第2モバイル端末機のユーザーが入力するチャットメッセージに含まれたテキストを認識し、テキストの性格に応じて第1モバイル端末機及び第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターの表情を自動で変化させることを特徴とする。

0018

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムのチャットウェブサーバーは、第2モバイル端末機のチャットユーザーからチャットメッセージが入力される第2メッセージ作成部と、チャットメッセージを第2メッセージ作成部から受信し、チャットサーバーに送信し、チャットサーバーから第1モバイル端末機が伝送したチャットメッセージを受信する第2メッセージ送受信部と、第2メッセージ作成部から第2モバイル端末機のユーザーにより入力されたチャットメッセージを受信し、チャットユーザーの漫画キャラクターにスピーチバルーン形態でウェブページに表示し、第2メッセージ送受信部から第1モバイル端末機が送信したチャットメッセージを第1モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で第2モバイル端末機のウェブページに表示する第2イメージ形成部と、漫画ストーリー形式で形成されたチャットユーザー間のチャットの展開を漫画イメージで貯蔵する第2イメージ貯蔵部と、を含むことを特徴とする。

0019

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの第2イメージ形成部は、第1モバイル端末機及び第2モバイル端末機のユーザーが入力するチャットメッセージに含まれたテキストを認識し、テキストの性格に応じて第1モバイル端末機及び第2モバイル端末機のユーザー漫画キャラクターの表情を自動で変化させることを特徴とする。

0020

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの第1モバイル端末機は、更に、第1モバイル端末機のチャットユーザーの音声を認識する第1音声認識部と、認識された音声の音色を分析する第1ボイス分析部と、第1モバイル端末機に入力されるチャットメッセージを音声情報に変換する第1音声データ変換部と、第1音声データ変換部から音声情報を受信し、音声情報を前記第1ボイス分析部から分析された第1モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換する第1音色変換部と第1音色変換部から第1モバイル端末機のユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報を前記第1モバイル端末機のスピーカーに出力する第1音声出力部と、を含み、第1音声出力部は、第1モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換された前記チャットメッセージの音声情報を、前記チャットサーバーを介して第2モバイル端末機に伝送されるようにし、前記第2モバイル端末機でも第1モバイル端末機に入力されたチャットメッセージが、第1モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報で出力されるようにすることを特徴とする。

0021

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムのチャットウェブサーバーは、更に、第2モバイル端末機のチャットユーザーの音声を認識する第2音声認識部と、認識された音声の音色を分析する第2ボイス分析部と、第2モバイル端末機に入力されるチャットメッセージを、音声情報を変換する第2音声データ変換部と、第2音声データ変換部から変換された音声情報を受信し、音声情報を前記第2ボイス分析部から分析された第2モバイル端末機のユーザーの音色に変換する第2音色変換部と、第2音色変換部から第2モバイル端末機のユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報を第2モバイル端末機のスピーカーに出力する第2音声出力部と、を含み、第2音声出力部は、第2モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報を、チャットサーバーを介して第1モバイル端末機に伝送されるようにし、第1モバイル端末機でも第2モバイル端末機に入力されたチャットメッセージが、第2モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報で出力されるようにすることを特徴とする。

発明の効果

0022

以上のような構成の本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、以下の効果を奏する。

0023

第1に、漫画ストーリー形式でチャットユーザーの対話が展開されるので、チャットユーザーに対して、モバイルチャットを漫画ストーリーが展開されるよう感じさせる効果を奏する。

0024

第2に、チャットユーザーが伝送するメッセージのデータ伝送量に応じてチャットユーザーのIDに所定のポイントが与えられるので、チャットユーザーは、チャットに対してより積極的に参加する効果を奏する。

0025

第3に、チャットユーザーが入力するテキストの性格に応じて、キャラクターの表情が変わり、チャットユーザーが入力するテキストを音声に変換し、音声に変換されたものをチャットユーザーの音色に変え、チャット相手に伝達するようになるので、モバイルチャットユーザーの感情を効率的に伝達しうる効果を奏する。

0026

本発明の効果は、以上で言及したもの等に限定されず、言及されていない他の効果は、下記から当業者であれば明確に理解できる。

図面の簡単な説明

0027

本発明の好ましい実施例に係る、ウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの各構成要素を示したブロック図である。
本発明の好ましい実施例に係る、第1モバイル端末機内部の構成要素を示したブロック図である。
本発明の好ましい実施例に係る、第1モバイル端末機のユーザーの音声を認識及び処理するための構成要素を示したブロック図である。
本発明の好ましい実施例に係る、チャットしようとするチャット相手の電話帳を示す第1モバイル端末機の画面である。
本発明の好ましい実施例に係る、チャットしようとするチャット相手モバイル端末機、即ち、第2モバイル端末機に接続要請メッセージを伝送する第1モバイル端末機の画面である。
本発明の好ましい実施例に係る、接続要請メッセージを受信した第2モバイル端末機の画面である。
本発明の好ましい実施例に係る、ウェブページで第1モバイル端末機のチャットユーザーと第2モバイル端末機のチャットユーザーとで、漫画ストーリー形式でチャットが展開されることを示した第2モバイル端末機の画面である。

実施例

0028

本明細書で使われる用語において、単数の表現は、文脈上明らかに違うように解析できない限り複数の表現を含むものとして理解されるべきであり、「含む」などの用語は、開示された特徴、個数、ステップ、動作、構成要素、部品又はこれらを組合せたものが存在することを意味するものであり、一つ又はそれ以上の他の特徴や個数、ステップ動作構成要素、部品又はこれらの組合せたものの存在又は付加可能性を排除しないものとして理解される。

0029

以下、図面を参照して、本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムを詳細に説明する。

0030

図1は、本発明の好ましい実施例に係る、ウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの各構成要素を示したブロック図である。図2は、本発明の好ましい実施例に係る、第1モバイル端末機内部の構成要素を示したブロック図である。図3は、本発明の好ましい実施例に係る、第1モバイル端末機のユーザーの音声を認識及び処理するための構成要素を示したブロック図である。図4は、本発明の好ましい実施例に係る、チャットしようとするチャット相手の電話帳を示す第1モバイル端末機の画面である。図5は、本発明の好ましい実施例に係る、チャットしようとするチャット相手モバイル端末機、即ち、第2モバイル端末機に接続要請メッセージを伝送する第1モバイル端末機の画面である。図6は、本発明の好ましい実施例に係る、接続要請メッセージを受信した第2モバイル端末機の画面である。図7は、本発明の好ましい実施例に係る、ウェブページで第1モバイル端末機のチャットユーザーと第2モバイル端末機のチャットユーザーが漫画ストーリー形式でチャットが展開することを示した第2モバイル端末機の画面である。

0031

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示するチャットアプリが組み込まれたモバイル端末機10と、チャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機30と、を漫画ストーリー形式で相互間にチャットできるようにするモバイルチャットシステムであり、図1に示されるように、第1モバイル端末機10と、第2モバイル端末機30と、チャットサーバー101と、チャットウェブサーバー330と、を含む。

0032

モバイル端末機10、30は、携帯が可能であり、3G、Wi−Fi、4G通信方式データ通信が可能であり、アプリが組み込まれ、様々な応用プログラムを動作できる一般的なスマートフォン(例えば、アイフォン4S(アップル社製)、ギャクシーS2、ギャラクシーノート(三星電子製)などをいう)、タブレットPC(例えば、アイパッド登録商標)2(アップル社製)、ギャラクシータブ(三星電子製)などをいう)などをいう。

0033

但し、前述した通信方式や前述した製品名に限定するのではなく、前述した通信方式以外の方式でデータ通信が可能であればよく、前述した製品の外にもデータ通信が可能で、しかも様々なアプリを設置及び動作しうるモバイル端末機であれば、本発明で言及するモバイル端末機10、30の範囲に属するものとする。

0034

第1モバイル端末機10は、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示するチャットアプリが組み込まれ、チャットユーザーのチャットメッセージを送受信すれば、チャットユーザーを漫画キャラクターで表示し、チャットメッセージを漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示する。

0035

ここで、アプリとは、モバイル端末機10、30に、有料又は無料で組み込まれ、様々な機能を遂行しうる応用プログラムをいう。これらの応用プログラムは、アップル社のアイフォンの場合は、アップストア(アップル社運営)、モバイル運営体系アンドロイドグーグル社運営)のプラットホーム基盤の場合は、アンドロイドマーケットなどで有料又は無料で購入でき、その他の様々なソースを介して購入が可能であり、モバイル端末機10、30に組み込むことができる。そして、これらのアプリは、前述するように、アップル社のiOS、グーグル社のアンドロイドプラットホームでのみ動作されるものに制限されず、今後開発される様々なプラットホームで動作しうる応用プラグラムでもよい。

0036

第1モバイル端末機10は、前述するように、モバイルチャットアプリが組み込まれ、第1モバイル端末機のユーザーから会員加入及びユーザーの会員情報の入力を受ける。

0037

ここで、ユーザーとは、モバイル端末機10、30を介してチャットを行おうとする者をいう。

0038

ユーザーは、第1モバイル端末機10を介して、チャットしようとする相手モバイル端末機、即ち、第2モバイル端末機30のユーザーとチャットメッセージを送受信し、この場合、ユーザーは、第1モバイル端末機10の画面上に漫画キャラクターで表示され、ユーザーがモバイル端末機10に入力したチャットメッセージ又は第2モバイル端末機30から受信したチャットメッセージは、ユーザーを漫画キャラクターで表現したものにスピーチバルーン形態で表示する。

0039

第2モバイル端末機30は、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で表示するチャットアプリが組み込まれていないモバイル端末機である。

0040

第2モバイル端末機30は、第1モバイル端末機10からチャットメッセージを受信すると、チャットウェブページにチャットユーザーを漫画キャラクターで表示し、チャットユーザーのチャットメッセージを漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で第2モバイル端末機30の画面上に表示する。

0041

即ち、第1モバイル端末機10は、モバイルチャットアプリを介してチャットの展開を漫画ストーリー形式で展開し、第2モバイル端末機30は、チャットウェブページを介してチャットを漫画ストーリー形式で展開する。

0042

チャットサーバー101は、モバイル端末機10、30からメッセージを送受信し、相互チャットしようとするモバイル端末機10、30を中継する。チャットサーバー101は、無線データ通信で第1モバイル端末機10とメッセージを送受信するが、データ通信方式は、前述するように、3G、Wi−Fi、4G又はその他の現存又は今後開発されるあらゆるデータ通信方式を全て含む概念である。

0043

チャットウェブサーバー330は、チャットサーバーとデータ通信を行い、第2モバイル端末機30が接続するサーバーである。チャットウェブサーバー330は、チャットサーバー101を介して第1モバイル端末機10からチャットメッセージ及び漫画キャラクターを受信する。チャットウェブサーバー330は、第1モバイル端末機10から受信したチャットメッセージ及び漫画キャラクターを第2モバイル端末機30が接続したチャットウェブページに表示し、第2モバイル端末機30から第2モバイル端末機30のユーザーが入力したチャットメッセージが入力されれば、第2モバイル端末機30から入力されたチャットメッセージ及び第2モバイル端末機30のユーザーの漫画キャラクターをチャットウェブページに表示し、チャットサーバーを介して第1モバイル端末機10に送信する。

0044

図4に示されるように、第1モバイル端末機10は、第1モバイル端末機10に保存された電話帳と連動されるモバイルチャットアプリを介して、チャットしようとする相手の名前を電話帳から検索する。ここで、チャットしようとする相手の名前をタッチすれば、図5に示されるように、相手に接続要請信号を送信するようにプログラミングされる。

0045

接続要請信号は、第1モバイル端末機10のチャットユーザーIDの情報が含まれたウェブページの住所であり、図6に示されるように、接続要請信号を受信した第2モバイル端末機30がこれをタッチされれば、第2モバイル端末機30のウェブブラウザー自動実行されながら、接続要請信号、即ち、第2モバイル端末機30の画面上にウェブページが表示される。第2モバイル端末機30は、ウェブページを介して、最終的に第1モバイル端末機10とチャットをするようになり、ウェブページは、チャットウェブサーバー330により提供される。

0046

図1に示されるように、チャットウェブサーバー330は、チャットサーバー101とデータ通信を行い、第1モバイル端末機10は、モバイルチャットアプリを介して第2モバイル端末機30と漫画ストーリー形式でチャットを行っており、図7に示されるように、第2モバイル端末機30は、ウェブページを介して第1モバイル端末機10と漫画ストーリー形式でチャットを行う。

0047

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、更に、管理者サーバー102を含んでもよい。

0048

管理者サーバー102は、第1モバイル端末機10からユーザーの会員加入申請を受け、第1モバイル端末機10のユーザーの会員情報を受信する。

0049

管理者サーバー102は、第1モバイル端末機10が送受信するチャットメッセージを、チャットサーバー101を介して受信し、第1モバイル端末機10が送受信したチャットメッセージのデータ伝送量を計算し、データ伝送量に比例して第1モバイル端末機10のユーザーIDに所定のポイントを与える。

0050

所定のポイントを与えるとは、第1モバイル端末機10のユーザーのIDをレベルアップするか、ユーザーのIDに経験値を提供し、ユーザーのIDにゲームマネーの提供又はアイテムの提供等を含む概念である。

0051

ここで、ゲームマネーは、ユーザーのIDに提供される電子貨幣のようなものであり、ユーザーが当該ゲームマネーで各種アイテムをレベルに応じて売買をできる手段となる。

0052

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムのゲームマネーは、ゴールド又はキャッシュを含む。ゴールドは、経験値やレベルの上昇に伴う褒賞であり、管理者サーバー102が提供し、キャッシュは、第1モバイル端末機10ユーザーが直接現金支払うことにより、管理者サーバー102から購入できる。即ち、本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、ゲームマネーを介してゲームアイテム取引が可能であり、キャッシュを現金として管理者サーバー102を介して購入でき、有料サービスも可能である。

0053

レベルとは、ユーザーIDの等級を意味するものであり、ユーザーIDの経験値が一定量以上累積されれば、アップ修正される等級を意味する。そして、経験値は、ユーザーIDが本発明に係るモバイルチャットシステムを時間的、データ量的に利用する程度を数値化したものであり、ユーザーIDが本モバイルチャットシステムを時間的に又はデータ量的に多く利用すればするほど経験値は高くなる。レベルを数ステップに分けるか、経験値がどれほど貯まれば、レベルをアップするかは、本発明を実施しようする者が適宜調整して、ユーザーのIDに適用すればよい。

0054

ユーザーIDの経験値及びレベルが高まれば高まるほど、本発明に係るモバイルチャットシステムは、ユーザーIDに多くのメリットが与えられる。例えば、高いレベルのユーザーIDには、様々なキャラクターの表情やキャラクターの衣装、キャラクターのアクセサリー、キャラクターの魔法能力、キャラクターの力又はキャラクターの身長成長等などのメリットを与え、本発明に係るモバイルチャットシステムを利用するモバイル端末機10のユーザーは、ユーザーIDのレベルをアップするために、積極的に本チャットシステムを利用するよう促される。

0055

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの第1モバイル端末機10は、図2に示されるように、第1メッセージ作成部13と、第1メッセージ送受信部12と、第1イメージ形成部15と、第1イメージ貯蔵部14と、を含む。

0056

第1メッセージ作成部13は、第1モバイル端末機10のチャットユーザーからチャットメッセージが入力される。モバイル端末機10がユーザーからメッセージが入力される手段としては、クウォティキーボード(QWERTY Keyboard)、天地人キーボード(Heaven-Earth-Human Keyboard)などの様々な方式であってもよく、タッチスクリーン、音声認識を通したテキスト変換押圧式のキーボード入力方式を通して入力することができ、メッセージ入力方式が本発明の技術的思想を制限しない。

0057

第1メッセージ送受信部12は、第1メッセージ作成部13からメッセージを受信し、チャットサーバー101に送信し、反対に、第2モバイル端末機30から送信されたメッセージをチャットサーバー101から受信する機能もある。メッセージ送受信は、前述したデータ通信方式で行う。

0058

第1イメージ形成部15は、第1メッセージ作成部からメッセージを受信すれば、第1モバイル端末機10のユーザーのキャラクターを表示し、これらのキャラクターにスピーチバルーン形態で受信したメッセージを表示し、反対に、チャットサーバー101を経由して相手のモバイル端末機である第2モバイル端末機30から受信したメッセージは、相手のキャラクターにスピーチバルーン形態で表示する。このようにして、相互モバイル端末機10、30のユーザー間のチャットの展開は、漫画ストーリー形式で第1モバイル端末機30に表示される。

0059

第1イメージ貯蔵部14は、漫画形態に形成されたモバイル端末機10、30のユーザー間の対話を漫画イメージで貯蔵する。このとき、第1モバイル端末機10のユーザーは、貯蔵したいカットのみを選択し、漫画イメージで貯蔵することができる。

0060

ここで、第1イメージ形成部15は、第1メッセージ作成部13に入力されるテキスト又は第2モバイル端末機30から受信したテキストを認識し、これらのテキストの性格に応じて、第1モバイル端末機10のユーザーのキャラクター表情を自動で変えることができる。即ち、ユーザーがメッセージ内容に、種々のエモーティコン(例えば、^^、--又は?)や擬声語(例えば、ワンワン、ザアザア、ガラガラ)を入力すれば、第1イメージ形成部15がこれを認識し、これに合うように設定された表情や行動をとるようキャラクターのイメージを変える。また、ユーザーは、特定の単語やエモーティコンが入ったとき、特定表情や行動が表現されるよう予め設定することもできる。

0061

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムのチャットウェブサーバー330は、第2メッセージ作成部と、第2メッセージ送受信部と、第2イメージ形成部と、第2イメージ貯蔵部と、を含む。

0062

この構成要素の第2メッセージ作成部、第2メッセージ送受信部、第2イメージ形成部、及び第2イメージ貯蔵部は、図2に示されるように、第1モバイル端末機の第1メッセージ作成部13、第1メッセージ送受信部12、第1イメージ形成部15、及び第1イメージ貯蔵部14と基本的な機能が対応しており、そのブロック図は図2と同様であるため、図示しない。

0063

第2メッセージ作成部は、第2モバイル端末機30のチャットユーザーからのチャットメッセージの入力を受ける。

0064

第2メッセージ送受信部は、チャットメッセージを第2メッセージ作成部から受信し、チャットサーバー101に送信し、チャットサーバー101から第1モバイル端末機10が伝送したチャットメッセージを受信する。

0065

第2イメージ形成部は、第2メッセージ作成部から第2モバイル端末機30のユーザーにより入力されたチャットメッセージを受信し、チャットユーザーの漫画キャラクターにスピーチバルーン形態でウェブページに表示し、第2メッセージ送受信部から第1モバイル端末機10が送信したチャットメッセージを、第1モバイル端末機10のユーザー漫画キャラクターにスピーチバルーン形態で表示し、チャットユーザー間のチャットの展開を漫画ストーリー形式で第2モバイル端末機30のウェブページに表示する。

0066

第2イメージ貯蔵部は、漫画ストーリー形式で形成されたチャットユーザー間のチャットの展開を漫画イメージで貯蔵する。

0067

ここで、第2イメージ形成部は、第1モバイル端末機10及び第2モバイル端末機30のユーザーが入力するチャットメッセージに含まれたテキストを認識し、テキストの性格に応じて第1モバイル端末機10及び第2モバイル端末機30のユーザー漫画キャラクターの表情を自動で変えることができる。即ち、ユーザーがメッセージ内容に、種々のエモーティコン(例えば、^^、--又は?)や擬声語(例えば、ワンワン、ザアザア、ガラガラ)を入力すれば、第2イメージ形成部がこれを認識し、これに合うように設定された表情や行動をとるようキャラクターのイメージを変える。また、ユーザーは、特定の単語やエモーティコンが入ったときに特定の表情や行動が表現されるように、予め設定することができる。

0068

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムの第1モバイル端末機10は、図3に示されるように、更に、第1音声認識部17と、第1ボイス分析部18と、第1音声データ変換部19と、第1音色変換部20と、第1音声出力部21と、を含む。

0069

第1音声認識部17は、第1モバイル端末機10のチャットユーザーの音声を認識する構成要素である。ユーザーの音声は、第1モバイル端末機10のマイクを介して認識することが好ましく、チャットユーザーは、予め自身の音声を第1モバイル端末機10の音声認識部17を介して認識可能にすることができる。

0070

第1ボイス分析部18は、第1音声認識部17で認識された第1モバイル端末機10のチャットユーザーの音声の音色を分析する。

0071

音色とは、人間によって感知される音の質を表し、具体的には、音声をなす周波数帯域が、主にどの周波数帯域か、高周波低周波がどの程度分布されているのか、音の大きさがどのように変化されているかによって、様々なパターンに決定される。

0072

第1ボイス分析部18は、認識された音声の主な周波数帯域(最低周波数帯域から最高周波数までの範囲)を分析し、主な周波数帯域を認識された第1モバイル端末機10のユーザーの音色として決定する。

0073

第1音声データ変換部19は、第1モバイル端末機10に入力されるチャットメッセージを音声情報に変換する。テキストとして入力されるメッセージを音声情報に変換することは、例えば、第1モバイル端末機のチャットユーザーが、「こんにちは」というテキストを、第1モバイル端末機10に入力すれば、これを音声でそのまま発音し、音声情報に変換することである。

0074

第1音色変換部20は、第1音声データ変換部19から音声情報を受信し、音声情報を第1ボイス分析部18から分析された第1モバイル端末機10のチャットユーザーの音色の周波数帯域(例えば、1,000Hz〜1,500Hz)に変換する。そして、ユーザーの音色の周波数帯域としてBPF(Band Pass Filter)を構成し、残りの周波数帯域はフィルタリングして除去する。

0075

第1音声出力部21は、第1音色変換部20で第1モバイル端末機10のユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報を、第1モバイル端末機10のスピーカーに出力する。また、第1音声出力部21は、第1モバイル端末機10のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報を、チャットサーバー101を介して、第2モバイル端末機に伝送し、第2モバイル端末機30でも第1モバイル端末機10に入力されたチャットメッセージが、第1モバイル端末機10のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報で出力される。

0076

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムのチャットウェブサーバー330は、更に、第2音声認識部と、第2ボイス分析部と、第2音声データ変換部と、第2音色変換部と、第2音声出力部と、を含む。第2音声認識部、第2ボイス分析部、第2音声データ変換部、第2音色変換部、及び第2音声出力部は、前述した第1音声認識部17、第1ボイス分析部18、第1音声データ変換部19、第1音色変換部20、及び第1音声出力部21と基本的に機能が対応しており、そのブロック図の図示は省略する。

0077

第2音声認識部は、第2モバイル端末機30のチャットユーザーの音声を認識する。
第2ボイス分析部は、第2音声認識部から認識された音声の音色を分析する。音色とは、前述するように、人間によって感知される音の質を表し、具体的には、音声をなす周波数帯域が、主にどの周波数帯域か、高周波や低周波がある程度分布されているのか、音の大きさがどのように変化されているかによって、様々なパターンで決定される。

0078

第2ボイス分析部は、認識された音声の主な周波数帯域(最低周波数帯域から最高周波数までの範囲)を分析し、主な周波数の帯域を認識された第2モバイル端末機のユーザーの音色として決定する。

0079

第2音声データ変換部は、第2モバイル端末機30に入力されるチャットメッセージを音声情報に変換する。テキストとして入力されるメッセージを音声情報に変換することは、例えば、第2モバイル端末機のチャットユーザーが、「こんにちは」というテキストを第2モバイル端末機30に入力すれば、これを音声でそのまま発音し、音声情報に変換することである。

0080

第2音色変換部は、第2音声データ変換部から変換された音声情報を受信し、音声情報を第2ボイス分析部から分析された第2モバイル端末機30ユーザーの音色に変換する。第2音声データ変換部から音声情報を受信し、音声情報を第2ボイス分析部から分析された第2モバイル端末機30のチャットユーザーの音色の周波数帯域(例えば、1,000Hz〜1,500Hz)に変換する。そして、ユーザーの音色の周波数帯域としてBPF(Band Pass Filter)を構成し、残りの周波数帯域はフィルタリングして除去する。

0081

第2音声出力部は、第2音色変換部から第2モバイル端末機のユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報を、第2モバイル端末機30のスピーカーに出力し、第2音声出力部は、第2モバイル端末機のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報を、チャットサーバーを介して第1モバイル端末機10に伝送し、第1モバイル端末機10でも、第2モバイル端末機30に入力されたチャットメッセージが、第2モバイル端末機30のチャットユーザーの音色に変換されたチャットメッセージの音声情報で出力されるようにする。

0082

本発明に係るウェブページ上における漫画ストーリー形式の対話を支援するモバイルチャットシステムは、様々な変更を加えることができ、種々実施例を有するところ、特定の実施例を図面に例示して詳細な説明で詳しく説明している。しかし、これは、本発明を特定の実施形態に限定するものではなく、本発明の技術的思想及び技術範囲に含まれるあらゆる変更、均等物、代替物を含むものと理解しなければならない。

0083

本発明の権利範囲は、特許請求の範囲に記載された事項により決定され、特許請求範囲に使われた括弧は、選択的限定のために記載されたものではなく、構成要素を明確にするために使用される。

0084

10 第1モバイル端末機
11 CPU
12 第1メッセージ送受信部
13 第1メッセージ作成部
14 第1イメージ貯蔵部
15 第1イメージ形成部
16プッシュ通知
17 第1音声認識部
18 第1ボイス分析部
19 第1音声データ変換部
20 第1音色変換部
21 第1音声出力部
30 第2モバイル端末機
100統合システム
101チャットサーバー
102管理者サーバー
103データベース
104管理者端末機
105IPN
200プッシュサービスサーバー
310SNSサーバー
320 他のウェブサーバー
330チャットウェブサーバー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ