図面 (/)

技術 建物用シール剤

出願人 ダイナガ株式会社関西パテ化工株式会社
発明者 玉井修一新里誠一川上基
出願日 2014年6月10日 (6年0ヶ月経過) 出願番号 2014-119917
公開日 2015年12月24日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2015-231969
状態 特許登録済
技術分野 農薬・動植物の保存 建築環境 シーリング材組成物
主要キーワード 水溶性エマルジョン樹脂 中空骨材 目地剤 中空材 アクリルエマルジョン樹脂 防蟻性 コーキング剤 防蟻成分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年12月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

シール性防蟻性に優れ、しかも軽量なシール剤パテ)を提供する。

解決手段

シール剤は、骨材2と有機バインダー3とを主要要素にしている。骨材2は、ガラスバルーンのような無機中空材(或いは無機多孔材)を使用しており、有機バインダー3にはアクリルエマルジョン樹脂のような親水性エマルジョン樹脂を使用している。防蟻剤として、チアメトキサム4を添加している。骨材2がひしめいていることで、施工後の樹脂の収縮による肉痩せを防止できる。これによりシール性を向上できると共に、シロアリが通過する蟻道の形成を防止できる。シロアリが木材にアクセスするためにシール剤を食べ進もうとしても、シール剤にはチアメトキサム4が添加されているため、シロアリの侵入は阻止される。

概要

背景

建物用シール剤は、一般に、骨材としての体質顔料バインダーとしての水溶性エマルジョン樹脂とを主要成分としているが、このものは、図4(B)に示すように、施工してから時間の経過とともに樹脂収縮して、隙間や割れが生じるいわゆる肉痩せ現象が発生しやすい(図4において、符号A,Bは建物構成部材を示し、符号Cはシール剤を示す。)。

そこで、肉痩せを防止する方策が考えられており、その例として特許文献1には、骨材としてシリカバルーンシラスバルーンパーライトのような中空軽量骨材を使用し、更に、メチルセルローズを配合することが開示されている。また、特許文献2には、骨材としてガラス質バルーンを使用し、更に、界面活性剤を添加することが開示されている。

ガラスバルーンのような無機材の中空軽量骨材を使用すると、骨材同士が当接又は近接した状態になることから、樹脂が収縮してもシール剤の嵩は殆ど目減りせず、その結果、肉痩せを防止できるものである。また、中空軽量骨材を使用すると、シール剤の軽量化にも貢献できる。

概要

シール性防蟻性に優れ、しかも軽量なシール剤(パテ)を提供する。シール剤は、骨材2と有機バインダー3とを主要要素にしている。骨材2は、ガラスバルーンのような無機中空材(或いは無機多孔材)を使用しており、有機バインダー3にはアクリルエマルジョン樹脂のような親水性エマルジョン樹脂を使用している。防蟻剤として、チアメトキサム4を添加している。骨材2がひしめいていることで、施工後の樹脂の収縮による肉痩せを防止できる。これによりシール性を向上できると共に、シロアリが通過する蟻道の形成を防止できる。シロアリが木材にアクセスするためにシール剤を食べ進もうとしても、シール剤にはチアメトキサム4が添加されているため、シロアリの侵入は阻止される。

目的

本願発明はこのような現状に鑑み成されたものであり、シール機能防蟻機能とに優れたシール剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

中空構造又は多孔質構造無機微粉骨材としてこれと有機バインダーとを混合し、更に、チアメトキサム又は他のネオニコチノイド防蟻剤を添加している、建物用シール剤

請求項2

前記防蟻剤はその全部又は大部分がチアメトキサムであり、濃度が600〜1000ppmである、請求項1に記載した建物用シール剤。

請求項3

前記有機バインダーはアクリルエマルジョン樹脂である、請求項1又は2に記載した建物用シール剤。

請求項4

前記骨材は、大部分が粒径40〜60μmとなるように粒度調整されている、請求項1〜3のうちのいずれかに記載した建物用シール剤。

技術分野

0001

本願発明は、建物やその周辺構造物の隙間を埋めるのに使用されるシール剤に関するものである。なお、本願発明のシール剤は、パテコーキング剤目地剤充填剤と呼ぶことも可能であり、一般的には、パテと呼ばれることが多いと云える。

背景技術

0002

建物用のシール剤は、一般に、骨材としての体質顔料バインダーとしての水溶性エマルジョン樹脂とを主要成分としているが、このものは、図4(B)に示すように、施工してから時間の経過とともに樹脂収縮して、隙間や割れが生じるいわゆる肉痩せ現象が発生しやすい(図4において、符号A,Bは建物の構成部材を示し、符号Cはシール剤を示す。)。

0003

そこで、肉痩せを防止する方策が考えられており、その例として特許文献1には、骨材としてシリカバルーンシラスバルーンパーライトのような中空軽量骨材を使用し、更に、メチルセルローズを配合することが開示されている。また、特許文献2には、骨材としてガラス質バルーンを使用し、更に、界面活性剤を添加することが開示されている。

0004

ガラスバルーンのような無機材の中空軽量骨材を使用すると、骨材同士が当接又は近接した状態になることから、樹脂が収縮してもシール剤の嵩は殆ど目減りせず、その結果、肉痩せを防止できるものである。また、中空軽量骨材を使用すると、シール剤の軽量化にも貢献できる。

先行技術

0005

特公昭61−29388号公報
特開平03−232781公報

発明が解決しようとする課題

0006

さて、シール剤は、木造住宅においても基礎補修土台の補修などに多く使用されており、湿度の高い場所で使用されることも多い。このため、シール剤が使用されている隙間にシロアリ入り込むことがある。この点、図4(B)のようにシール剤Cに肉痩せ現象が発生していると、シロアリDは隙間Eから簡単に入り込んでしまう。

0007

これに対して、特許文献1,2のようにシール剤にガラスバルーン等を使用して肉痩せを抑制していると、一見するとシロアリの侵入が阻止されると思われるが、実際には、シール剤もシロアリの食害を受けて、シロアリが部材間の隙間Eに侵入して、その奥にある木材が食害を受けることがある。

0008

つまり、シール剤自体はシロアリのエサにはならないが、シール剤は建物の構成部材に比べて柔らかいことから、シロアリはシール剤をかじりながら侵入していくのである。換言すると、シロアリは、木材にアクセスするために、シール剤の部分を蟻道にして侵入して行くのである。

0009

本願発明はこのような現状に鑑み成されたものであり、シール機能防蟻機能とに優れたシール剤を提供することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0010

前記目的を達成するため請求項1の発明に係るシール剤は、中空構造バルーン構造)又は多孔質構造の無機材微粉を骨材としてこれと有機バインダーとを混合し、更に、チアメトキサム又は他のネオニコチノイド防蟻剤を添加している。

0011

骨材の配合割合は湿潤時30〜40wt%(乾燥時には65〜75wt%程度)が好ましく、特に、35wt%程度(乾燥時に70wt%)が好ましい。有機バインダーの割合は湿潤時25〜30wt%が好ましく、特に、30wt%程度が好適である。有機バインダーは、通常のシール剤と同様に親水性エマルジョン樹脂が好適であり、この場合も水も添加される。本願発明は、顔料等の他の助剤を添加することを妨げるものではない。

0012

骨材としては、ガラスバルーン、シラスバルーン、パーライト、フライアッシュタルク塩化カルシウムなどを使用できる。品質の安定性と強度と軽量化という点から見ると、人造のガラスバルーンとフライアッシュが優れていると云える。多孔質構造の無機材も好適であるが、この場合、多孔質構造には、多数の気孔が独立したものと、多数の気孔が連続したものとの両方を含んでいる。骨材は単一種類を使用してもよいし、複数種類を混合して使用してもよい。中空構造のものと多孔質構造のものとを併用することも可能である。

0013

チアメトキサム以外のネオニコチノイド系防蟻剤としては、イミダクトプリドやクロチアニジンが挙げられる。これらの防蟻剤は、1種類のみ添加してもよいし、複数種類を混合して添加してもよい。請求項2の発明では、防蟻剤としてチアメトキサムを使用している。

0014

有機バインダーは各種の組成物を使用できるが、請求項3では、アクリルエマルジョン樹脂を使用している。また、請求項4の発明では、前記骨材は、大部分が粒径40〜60μmとなるように粒度調整されている。

発明の効果

0015

本願発明では、シール剤を構成する骨材が互いに当接又は近接した状態になることで、施工後に有機バインダーが収縮しても嵩の低下は殆どなく、従って、肉痩せを防止して高いシール性を維持できる。また、骨材はバルーン構造又は多孔質構造であるため、軽量化にも貢献している。そして、シール剤には防蟻剤が添加されているため、シロアリがシール剤に侵入することを阻止できるが、防蟻剤はネオニコチノイド系であるため、人畜に対して高い安全性を確保しつつ、高い防蟻効果を発揮する。

0016

つまり、シール剤は肉痩せせずに建物等の隙間はしっかりとシールされているため、シロアリが建物等の隙間に侵入するためにはシール剤を食べねばならないが、シール剤には防蟻剤が添加されているためシロアリは食べ進むことはできず、シロアリの侵入が阻止されるのである。そして、チアメトキサム等のネオニコチノイド系防蟻剤は遅効性であり、防蟻剤を体内に取り込んだり身体に付着させたりしたシロアリが帰巣することで、に生息しているシロアリも駆除できる。

0017

チアメトキサムは、人畜に対する高い安全性と高い防蟻性能とに特に優れているので、請求項2のように防蟻剤にチアメトキサムを使用するのは好適である。チアメトキサムを使用する場合は、濃度は600〜1000ppmが好ましい。過少であると効果が乏しいが、過剰に使用しても効果に大きな違いはない。防蟻効果とコストとの関係で見ると、特に、500〜800ppmが好ましい。

0018

有機バインダーは種々のものを使用できるが、請求項3のように従来から使用されているアクリルエマルジョン樹脂を採用すると、信頼性に優れている。乾燥後に塗装を施すことも可能である。

0019

なお、本願発明のシール剤は、防蟻性を必要としない場所への使用も可能である。すなわち、単なるシール材としての使用も可能である。従って、例えばコンクリートの補修と木造住宅の補修とのいずれも使用できる。このように、用途に合わせて異なる種類を用意しておく必要はないため、管理や施工の手間を軽減できる利点もある。

図面の簡単な説明

0020

シール剤の模式図である。
包装の一例を示す図である。
施工状態の一例を示す図である。
従来のシール剤の施工後の変化を示す図である。

実施例

0021

次に、本願発明の実施形態を説明する。図1はシール剤1の模式図であり、この図に示すように、シール剤1は、骨材2と有機バインダー(固形の樹脂成分)3とを主要材料としており、防蟻成分としてチアメトキサム4を添加している。図面では表示できないが、色を付けるための顔料も含んでいる。

0022

骨材2には、微細ガラス球焼成して製造したガラスバルーンを使用しており、おおよそ40〜60μmに粒度調整されている。この場合、骨材2の全体又は大部分が40〜60μmに流動調整されていてもよいし、40μmより小さい粒径のものを含んでいてもよい。具体的には、60μmのと40μmとの篩に掛けることで粒度調整してもよいし、60μmの篩から落ちたものを全て使用してもよい。人造のガラスバルーンは強度に優れているので、篩分け時や混合時に破損しない利点がある。

0023

有機バインダー3は、アクリルエマルジョン樹脂を使用している。正確には、アクリル樹脂を水に懸濁させたエマルジョンであり、従って、乾燥前は樹脂の成分と水とからなっている。チアメトキサム4及び顔料の含有割合はごく僅かであるので、重量の割合の点から見ると、実質的には、シール剤1は、水を除いて骨材2と有機バインダー3とで構成されている。湿潤状態で有機バインダー3に占める樹脂成分の割合は、35〜40wt%程度である。

0024

乾燥時での割合は、骨材2が約70wt%で有機バインダー(アクリル樹脂)3が約30wt%になっている。従って、湿潤時では、おおよそ、骨材70重量部、アクリルエマルジョン樹脂80重量部、水50重量部になっている。チアメトキサム4の添加量は、乾燥時で1000ppm程度とした。

0025

シール剤1の製法は従来と同様であり、微粉状態の骨材2と有機バインダー3と水とを容器に入れて混練することで、製造される。水は予め適量を有機バインダー3に混ぜていてもよいし、随時、水を添加しながら攪拌混合してもよい。チアメトキサム4は粉末であり、予め骨材2に混合して攪拌しておいてもよいし、予め有機バインダー3又は水に溶かし込んでいてもよい。顔料は、有機バインダー3に溶かし込んでおくのが一般的である。

0026

シール剤1は様々な態様で包装できるが、図2では、細いノズル5を有するチューブ6に包装している。このようにチューブ方式を採用すると、図3に示すように、狭い隙間にも用意に注入できる利点がある。樹脂製や紙管製のカートリッジに包装して、専用のガン施工場所に注入するとも可能であるが、例えば床下や天井裏、或いは壁と壁との間の空間部での作業では、ガンを使用しづらい場合や使用できない場合がある。これに対して図2,3のチューブ6を作用すると、狭い場所での施工も容易に行える利点がある。

0027

シール剤1を施工場所に注入してから時間が経過すると、水が蒸発して固形の骨材2と樹脂成分のみが残る。すわなち、有機バインダー3が硬化する。これにより、部材A,B間の隙間Eがしっかりとシールされる。

0028

シール剤1の体積の相当量を無機材であるガラスバルーンより成る骨材2が占めているが、隣り合った骨材2は互いに当接したり近接したりしているため、有機バインダー3が時間の経過と共に収縮してもシール剤1の見かけの大きさには殆ど変化はなく、このため、肉痩せの現象は全く又は殆ど生じない。従って、雨水等に対する高いシール性を維持できる共に、木造建築物に使用した場合は、部材A,B間の隙間DEのシロアリの侵入も防止できる。

0029

そして、木造の建物の場合、シロアリが蟻道を造るためにシール剤1を食べることがあるが、シール剤1には防蟻剤としてチアメトキサム4が添加されているため、シロアリはシール剤1を食べ進むことはできない。そして、チアメトキサム4は遅効性であるため、シール剤1を齧ったシロアリは、チアメトキサム4を体内に取り込んだり身体に付着させたりして帰巣し、すると、巣に生息していたシロアリにチアメトキサム4が転移し、これにより、巣においてもシロアリを駆除することができる。

0030

さて、骨材2の粒径が例えば100μm以上というように大き過ぎると、骨材2が邪魔になってシロアリに対するチアメトキサム4の接触性付着性)が低下すると共に、骨材2の強度が小さくなってシール剤1の製造工程で破損しやすくなる問題がある。さりとて、骨材2が例えば20μmといったように過度に微細化すると、骨材2の重量が増えて中空骨材を使用する意義(軽量化・肉痩せ抑制)が失われる。

0031

これに対して、本実施形態のように、チアメトキサム4より大きい40〜60μmに調整しておくと、チアメトキサム4が全体に分散し、低密度低比重)を確保し、かつ、シロアリへの付着性も向上できる利点がある。また、製造工程での攪拌に際して、チアメトキサム4の分散性もよくなると云える。

0032

本願発明は、上記の実施形態の他にも様々に具体化できる。

0033

本願発明は、シール剤に適用できる。従って、産業上利用できる。

0034

1シール剤
2骨材(ガラスバルーン)
3有機バインダー(アクリルエマルジョン樹脂)
4チアメトキサム(防蟻剤)
5ノズル
6 チューブ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 住友化学株式会社の「 エステル化合物及びその用途」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】植物病害に対して優れた防除効力を有する化合物を提供すること。【解決手段】 [4−(メトキシメチル)−2,3,5−トリフルオロフェニル]メチル 2,2−ジメチル−3−((Z)−1−プロペニル... 詳細

  • 木村工機株式会社の「 住宅用空気調和装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】 冷媒漏れがなく高効率の空調ができ施工が簡単な住宅用空気調和装置を得る。【解決手段】 熱交換用水で空調用空気を熱交換して居住空間(S)に出す空調機(9)と、熱交換用水と熱源用空気とを冷媒を... 詳細

  • 住友化学株式会社の「 エステル化合物及びその用途」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】植物病害に対して優れた防除効力を有する化合物を提供すること。【解決手段】式(A)で示される化合物は植物病害に対して防除効力を有することから、植物病害防除剤の有効成分として使用することができる。... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ