図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2015年12月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

スプール領域コストを低く抑えつつ、高いスループットを実現する。

解決手段

画像処理装置は、印刷ジョブに基づく印刷データを生成する画像処理部403と、画像処理部403により生成される印刷データの準備に要する準備時間を特定する特定手段と、第1の印刷データの準備に要する準備時間に基づいて、第1の印刷データの印刷をした後に印刷する第2の印刷データの準備を完了させるまでの許容時間を予測する予測手段と、印刷部により印刷を実行する際に印刷データの供給要求を受信する受信手段と、印刷データの供給要求を受信する前に、特定手段により特定された第2の印刷データの準備時間及び予測手段により予測された第2の印刷データの許容時間に基づいて、生成手段により生成された第2の印刷データを含む所定単位の印刷データを印刷データ格納手段に格納するか判定する判定手段と、を有する。

概要

背景

連続紙などの記録媒体(例えば、ロール紙)を用いて印刷を行う画像形成装置では、ロール紙が続く限り印刷を続けることにより高いスループットとすることができる。このように連続印刷をする場合、プリントエンジンに印刷データを供給し続ける必要がある。なお、印刷データの供給が間にあわないと、印刷が停止してロール紙の再セットアップが必要となり、スループットは低下してしまう。

ところで、印刷ジョブは、例えば、PDF(Portable Document Format)やXPS(XML Paper Specification)などのPDL形式ファイルで構成され、RIPに時間がかかる。そこで、前もって印刷ジョブを画像処理して、スプーリングする方法が採用されているが、印刷データのサイズは、データの高解像度化等に伴って、年々増大しているため、スプーリング手段の容量を十分に確保できないという問題がある。HDDを大量に用意することで、スプーリング手段を大容量化することが可能であるが、コストがかかるという問題があった。このような問題に対して、RIPに時間がかかる印刷ジョブは前もってRIPしてスプールし、RIPに時間がかからない印刷ジョブは、印刷の直前にRIPして印刷する(オン・ザ・フライ印刷)という方法が提案されている(特許文献1)。

概要

スプール領域のコストを低く抑えつつ、高いスループットを実現する。画像処理装置は、印刷ジョブに基づく印刷データを生成する画像処理部403と、画像処理部403により生成される印刷データの準備に要する準備時間を特定する特定手段と、第1の印刷データの準備に要する準備時間に基づいて、第1の印刷データの印刷をした後に印刷する第2の印刷データの準備を完了させるまでの許容時間を予測する予測手段と、印刷部により印刷を実行する際に印刷データの供給要求を受信する受信手段と、印刷データの供給要求を受信する前に、特定手段により特定された第2の印刷データの準備時間及び予測手段により予測された第2の印刷データの許容時間に基づいて、生成手段により生成された第2の印刷データを含む所定単位の印刷データを印刷データ格納手段に格納するか判定する判定手段と、を有する。

目的

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、スプール領域のコストを低く抑えつつ、高いスループットを実現する画像処理装置及び画像処理方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

印刷ジョブに基づく印刷データを生成する生成手段と、前記生成手段により生成される印刷データの準備に要する準備時間を特定する特定手段と、第1の印刷データの準備に要する準備時間に基づいて、前記第1の印刷データの印刷をした後に印刷する第2の印刷データの準備を完了させるまでの許容時間を予測する予測手段と、印刷部により印刷を実行する際に印刷データの供給要求を受信する受信手段と、印刷データの供給要求を受信する前に、前記特定手段により特定された前記第2の印刷データの準備時間及び予測手段により予測された前記第2の印刷データの許容時間に基づいて、前記生成手段により生成された前記第2の印刷データを含む所定単位の印刷データを印刷データ格納手段に格納するか判定する判定手段と、を有することを特徴とする処理装置

請求項2

前記判定手段が印刷データ格納手段に格納しないと判定した場合、前記生成手段は、印刷データの供給要求を受信した後に、印刷ジョブに基づく印刷データを生成することを特徴とする請求項1に記載の処理装置。

請求項3

前記予測手段は、当該予測手段により予測された前記第1の印刷データの許容時間、前記特定手段により特定された前記第1の印刷データの準備時間、及び前記第1の印刷データの印刷時間に基づいて、前記第2の印刷データの準備を完了させるまでの許容時間を予測することを特徴とする請求項1又は2に記載の処理装置。

請求項4

前記特定手段は、前記生成手段により印刷データを生成するのに要した時間を準備時間として特定することが可能であることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項5

前記特定手段は、前記印刷ジョブのデータサイズに基づいて準備時間を特定することが可能であることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項6

印刷ジョブの画像サイズ及び印刷ジョブに設定される印刷情報に基づいて、前記印刷時間を特定する第2特定手段をさらに備えることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項7

前記判定手段により前記印刷データ格納手段に格納すると判定された場合、前記特定手段は、前記印刷データ格納手段からの前記第2の印刷データの読み出しに要する時間を前記第2の印刷データの準備時間として特定し、前記予測手段は、前記第2の印刷データの許容時間を更新することを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項8

前記印刷データ格納手段は、第1の印刷データ格納手段と前記第1の印刷データ格納手段よりも高速な読み出しが可能な第2の印刷データ格納手段とを含み、前記判定手段は、前記生成手段により生成された前記第2の印刷データを含む所定単位の印刷データを、前記第1の印刷データ格納手段に格納するか、前記第2の印刷データ格納手段に格納するか、前記第1の印刷データ格納手段及び前記第2の印刷データ格納手段のいずれにも格納しないかを判定することを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項9

第1の印刷ジョブが前記第1の印刷データを含み、前記第1の印刷ジョブとは異なる第2の印刷ジョブが前記第2の印刷データを含むことを特徴とする請求項1〜8のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項10

一の印刷ジョブが前記第1の印刷データ及び前記第2の印刷データを含むことを特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項11

前記所定単位は、ページ単位又は印刷ジョブ単位であることを特徴とする請求項1〜10のいずれか1項に記載の処理装置。

請求項12

前記印刷データ格納手段を備えることを特徴とする請求項1〜11のいずれか1項に記載の画像処理装置

請求項13

印刷データに基づく印刷を実行する印刷部をさらに備えることを特徴とする請求項1〜12に記載のいずれか1項に記載の画像処理装置。

請求項14

印刷ジョブに基づく印刷データの準備に要する準備時間を特定し、第1の印刷データの準備に要する準備時間に基づいて、前記第1の印刷データの印刷をした後に印刷する第2の印刷データの準備を完了させるまでの許容時間を予測し、特定された前記第2の印刷データの準備に要する準備時間及び予測された前記第2の印刷データの許容時間に基づいて、生成された前記第2の印刷データを含む所定単位の印刷データを印刷データ格納手段に格納するか判定することを特徴とする画像処理方法

請求項15

請求項1〜13のいずれか1項に記載の画像処理装置の各手段としてコンピュータを機能させるプログラム

技術分野

0001

本発明は、印刷ジョブの処理を行う処理装置及び処理方法に関する。

背景技術

0002

連続紙などの記録媒体(例えば、ロール紙)を用いて印刷を行う画像形成装置では、ロール紙が続く限り印刷を続けることにより高いスループットとすることができる。このように連続印刷をする場合、プリントエンジンに印刷データを供給し続ける必要がある。なお、印刷データの供給が間にあわないと、印刷が停止してロール紙の再セットアップが必要となり、スループットは低下してしまう。

0003

ところで、印刷ジョブは、例えば、PDF(Portable Document Format)やXPS(XML Paper Specification)などのPDL形式ファイルで構成され、RIPに時間がかかる。そこで、前もって印刷ジョブを画像処理して、スプーリングする方法が採用されているが、印刷データのサイズは、データの高解像度化等に伴って、年々増大しているため、スプーリング手段の容量を十分に確保できないという問題がある。HDDを大量に用意することで、スプーリング手段を大容量化することが可能であるが、コストがかかるという問題があった。このような問題に対して、RIPに時間がかかる印刷ジョブは前もってRIPしてスプールし、RIPに時間がかからない印刷ジョブは、印刷の直前にRIPして印刷する(オン・ザ・フライ印刷)という方法が提案されている(特許文献1)。

先行技術

0004

特開2007−83523号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、特許文献1の方法では、ビットマップデータへの展開時間が印字時間内に収まるか否かを印刷ジョブ毎ページ単位で判断しており、前の印刷ジョブとの関係を考慮していなかった。したがって、スプールしなくても済む印刷ジョブがスプールされてしまい、スプーラの空き領域を圧迫するという問題があった。

0006

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、スプール領域のコストを低く抑えつつ、高いスループットを実現する画像処理装置及び画像処理方法を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するため、本発明に係る処理装置は、印刷ジョブに基づく印刷データを生成する生成手段と、前記生成手段により生成される印刷データの準備に要する準備時間を特定する特定手段と、第1の印刷データの準備に要する準備時間に基づいて、前記第1の印刷データの印刷をした後に印刷する第2の印刷データの準備を完了させるまでの許容時間を予測する予測手段と、印刷部により印刷を実行する際に印刷データの供給要求を受信する受信手段と、印刷データの供給要求を受信する前に、前記特定手段により特定された前記第2の印刷データの準備時間及び予測手段により予測された前記第2の印刷データの許容時間に基づいて、前記生成手段により生成された前記第2の印刷データを含む所定単位の印刷データを印刷データ格納手段に格納するか判定する判定手段と、を有する。

発明の効果

0008

本発明によれば、スプール領域のコストを低く抑えつつ、高いスループットを実現することができる。

図面の簡単な説明

0009

本発明の一実施形態に係る画像形成装置の構成の一例を示す図である。
画像形成装置の制御ユニットハードウェア構成の一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係る画像形成装置の処理の流れの一例を示すフローチャートである。
本発明の一実施形態に係る制御ユニットにより実現される機能的な構成の一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係る印刷予測テーブルの一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係るスプーラの一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係るジョブ制御部の前処理を示すフローチャートである。
本発明の一実施形態に係るジョブ制御部の印刷処理を示すフローチャートである。
本発明のロール紙への印刷イメージの一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係るジョブ制御部の印刷データのやり取りを示すフローチャートである。
本発明の一実施形態に係るジョブ制御部の前処理を示すフローチャートである。
本発明の一実施形態に係る印刷予測テーブルの一例を示す図である。
本発明の一実施形態に係るジョブ制御部の再開処理を示すフローチャートである。
本発明の一実施形態に係る印刷予測テーブルの一例を示す図である。

実施例

0010

(実施形態1)
図1は、本発明の一実施の形態に係る画像形成装置100の構成の一例を示す図である。本実施形態では、処理装置の一例として画像形成装置を例に挙げて説明する。

0011

画像形成装置100は、記録媒体上に印刷を行なう。なお、本実施形態では、記録媒体としてロール紙を例に挙げて説明するが、これに限定されるものではなく、他の連続紙であってもよい。図1は、記録材としてロールシート(搬送方向において印刷単位(1ページ)の長さよりも長い連続した連続シート)を用いた画像形成装置の全体構成の概略を示す断面図である。画像形成装置は、以下の構成要素101〜115を含み、これらが1つの筐体内に配置される。ただし、これらの構成要素を複数の筐体に分けて構成してもよい。

0012

制御ユニット108は、コントローラ(CPUまたはMPUを含む)やユーザインターフェース情報出力器表示情報音響情報などの発生器)、各種I/Oインターフェースを備えた制御部を内蔵し、画像形成装置全体の各種制御を司る。

0013

ロールシートユニットとして上段シートカセット101aと下段シートカセット101bの2基を備える。使用者はロールシート(以下、シート)をマガジンに装着してから画像形成装置本体に装填する。上段シートカセット101aから引き出されたシートは図中a方向に、下段シートカセット101bから引き出されたシートは図中b方向にそれぞれ搬送される。いずれのカセットからのシートも図中c方向に進行して搬送ユニット102に到達する。搬送ユニット102は、複数の回転ローラ104を通して印刷処理中にシートを図中d方向(水平方向)に搬送する。給紙元のシートカセットを一方から他方に切り替える際は、既に引き出されているシートをカセット内に巻き戻し、新たに給紙させるシートがセットされているカセットから新たに給紙する。

0014

搬送ユニット102の上方にはヘッドユニット105が搬送ユニット102と対向して配置される。ヘッドユニット105では複数色(本実施形態では7色)分の独立した印刷ヘッド106がシートの搬送方向に沿って保持されている。本画像形成装置は、搬送ユニット102によるシートの搬送に同期させて、印刷ヘッド106からインク吐出させてシート上に画像を形成する。インクはシートに直接吐出させるのに代え、中間転写体にインクを付与した後、そのインクをシートに付与することによって画像を形成させるものとしてもよい。これら搬送ユニット102、ヘッドユニット105、印刷ヘッド106を含んで印刷ユニットが構成されている。インクタンク109は各色のインクを独立して貯蔵する。インクタンク109からはチューブによって各色に対応して設けられたサブタンクまでインクが供給され、サブタンクから各印刷ヘッド106までチューブを介してインクが供給される。印刷ヘッド106は、印刷時の搬送方向d方向に沿って各色(本実施形態では7色)のラインヘッドが並んでいる。各色のラインヘッドは、継ぎ目無く単一のノズルチップで形成されたものであってもよいし、分割されたノズルチップが一列又は千鳥配列のように規則的に並べられたものであってもよい。ノズルからインクを吐出するインクジェット方式は、発熱素子を用いた方式、ピエゾ素子を用いた方式、静電素子を用いた方式、MEMS素子を用いた方式等を採用することができる。印刷データに基づいて各ヘッドのノズルからインクが吐出されるが、吐出のタイミングは搬送用エンコーダ103の出力信号によって決定される。

0015

なお、本実施形態は、記録剤としてインクを用いたインクジェット方式のプリンタに限定されない。サーマルプリンタ昇華型、熱転写型など)、ドットインパクトプリンタLEDプリンタレーザープリンタなどの電子写真方式など、様々な印刷方式に適用可能である。

0016

シートに画像が形成された後、当該シートは搬送ユニット102から、スキャナユニット107まで搬送される。スキャナユニット107では、シート上の印刷画像や特殊パターン光学的に読取って印刷画像に問題がないかどうかの確認や、インクの吐出状態を含む本装置状態確認等を行う。

0017

シートはスキャナユニット107近傍からe方向に搬送され、カッタユニット110に導入される。カッタユニット110ではシートを所定の印刷単位の長さ毎に切断する。印刷する画像サイズに応じてこの所定の印刷単位の長さは異なる。カッタユニット110は、片面印刷の場合はページ単位でシートを切断するが、印刷ジョブの内容によってはページ単位で切断しない場合もある。また、カッタユニット110は両面印刷の場合、シートの第1面(たとえばおもて面)はページ単位で切断せずに所定の長さ分まで画像を連続して印刷し、第2面(たとえば裏面)を印刷した場合にページ単位で切断する。なお、カッタユニット110は、片面印刷や両面印刷の裏面印刷に際し、1枚の画像毎に切断するものに限らない。所定の長さ分搬送されるまで切断せず、所定の長さまで搬送された後で切断し、1枚(1頁)の画像毎に切り離すのは別のカッタ装置手動操作等によって切断するものとしてもよい。またシートの幅方向に関しては、切断が必要な場合、別のカッタ装置を用いて切断することになる。

0018

カッタユニット110から搬送されたシートは、ユニット内を図中f方向に搬送され、裏面印字ユニット111に搬送される。裏面印字ユニット111は、シートの片面のみに画像を印刷する場合に、シートの裏面に所定の情報を印刷させるためのユニットである。なお、裏面印字ユニット111は、印刷ヘッド106が両面印刷の印刷ジョブのための画像を印刷する場合、印刷ヘッド106が画像を印刷する領域以外に所定の情報を印刷してもよい。裏面印字ユニット111は、記録剤の押印、熱転写、インクジェットなどの方式を採用可能である。

0019

裏面印字ユニット111を通ったシートは、次に乾燥ユニット112に搬送される。乾燥ユニット112は、インクが付与されたシートを短時間で乾燥させるために、ユニット内を図中g方向に通過するシートを温風で加熱する。印刷単位長さに切断されたシートは1枚ずつ乾燥ユニット112内を通過して、図中h方向に搬送されて仕分けユニット114に搬送される。仕分けユニット114は、複数のトレー(本実施形態では18個)を保持しており、印刷単位の長さ等に応じでシートの排紙先のトレーを区別する。仕分けユニット114では、ユニット内を図中i方向に通過するシートを、各トレー上に設けられたセンサでトレーの空きやシートが満載か否かなどを確認しながら印刷画像毎に設定されたトレー番号に対応するトレーに排紙していく。切断されたシートの排出先となるトレーは、印刷ジョブの発行元ホスト装置)で特定のものが指定される場合や、画像形成装置側で空いているトレーが任意に指定される場合がある。1つのトレーには予め決められた枚数まで排紙可能である。この予め決められた枚数を超える印刷ジョブの場合、複数のトレーに跨って排紙される。トレーに対して排紙可能なシートの枚数やサイズ、種類などは、そのトレーの大きさ(タイプ)等によって異なっている。また、複数のトレーのそれぞれには優先順位を付すことができ、画像形成装置100は、印刷ジョブを実行するにあたり、空いている(シートが存在しない)トレーを、優先順位に従って順にシートの排出先として割り当てていく。この優先順位は、予め設定されていてもよいし、ユーザによる操作等で適宜変更可能としてもよい。

0020

シート巻取りユニット113は、ページ毎に切断されずにおもて面が印刷されたシートの巻取りを行う。両面印刷の際にはまずおもて面に画像形成が行われたシートを、カッタユニット110でページ単位では切断せず、連続したおもて面の印刷が終了した後に切断する。おもて面が印刷されたシートは、ユニット内を図中のj方向に通過し、シート巻取りユニット113が巻取る。そして、一連のページ分のおもて面の画像形成が終了して、巻き取られたシートは、先のおもて面とは反対面を印刷可能な面にして、つまり印刷ヘッド106に対向させる面を反転させて、再度ユニットの図中のk方向に搬送される。このように搬送させることで、先のおもて面とは反対の裏面の画像の印刷を行わせる。通常の片面印刷の場合は、画像が印刷されたシートは、シート巻取りユニット113による巻取りを行わせずに仕分けユニット114に搬送される。

0021

次に、図2を用いて、図1に示す制御ユニット108におけるハードウェア構成の一例について説明する。

0022

制御ユニット108は、CPU201、ROM202、RAM203、HDD204、外部I/F205、画像処理部206、エンジン制御部207、スキャナ制御部208を有し、それぞれがシステムバス210を介して接続される。

0023

CPU201は、マイクロプロセッサマイクロコンピュータ)形態の中央演算処理部である。CPU201は、プログラムの実行やハードウェア起動により画像形成装置100全体の動作を制御する。ROM202は、CPU201が実行するためのプログラムや画像形成装置100の各種動作に必要な固定データを格納する。RAM203は、CPU201のワークエリアとして用いられたり、種々の受信データの一時格納領域として用いられたり、各種設定データを記憶させたり、印刷ジョブのリスト作業用データを格納させる。HDD204は、印刷ジョブに基づき展開されたイメージデータ等を一時的に格納する。また、HDD204は、CPU201が実行するためのプログラム、印刷データ、画像形成装置100の各種動作に必要な設定情報を、内蔵するハードディスクに記憶させたり、読み出したりすることが可能である。なお、HDD204に代えて、他の大容量記憶装置としてもよい。

0024

外部I/F(Interface)205は、ホスト装置20から印刷ジョブ等を受信する。例えば、ホスト装置20から送信された印刷ジョブは、外部I/F205を介して受信される。また、当該印刷ジョブの情報は、RAM203上の印刷ジョブリストに格納され、印刷ジョブに基づいて展開されたイメージデータは、HDD204に格納される。

0025

画像処理部206は、印刷ジョブに基づいてレンダリング処理(RIP(Raster Image Processing))を実施することで、ページ単位でイメージデータを生成する。具体的には、PDL(Page Description Language)で記述された文字線画、図形等のベクトル情報、或いは色、パターン、写真等の画像走査線情報を、印刷や表示が可能なビットマップデータに展開する。また、画像処理部206においては、例えば、色空間の変換(例えば、YCbCrのsRGBへの変換)、有効な(画像処理装置100が印刷処理可能な)画素数への解像度変換画像解析画像補正等、様々な画像処理が必要に応じて施される。画像処理部206による画像処理によって得られたイメージデータ(RIP済みデータ)は、例えば、HDD204等に格納される。

0026

エンジン制御部207は、イメージデータデータに基づいて上述した印刷ユニットを制御して、シート上へ印刷を行なう。エンジン制御部207は、例えば、各色の印刷ヘッド106へのインク吐出指示や、シート上でのドット位置を調整するための吐出タイミング設定、ヘッド駆動状態取得等を行なう。イメージデータに応じて印刷ヘッド106を駆動制御し、印刷ヘッド106からインクを吐出させる。これにより、シート上に印刷が行なわれる。その他、エンジン制御部207は、各種ローラ(例えば、給紙ローラ搬送ローラ等)の駆動を制御し、シートを適切な速度で搬送及び停止させる。

0027

スキャナ制御部208は、イメージセンサー(例えば、CCD、CIS等)を制御し、シート上の画像を読み取る。スキャナ制御部208は、画像の読み取り値として、赤(R)、緑(G)及び青(B)色のアナログ輝度データを取得する。その他、スキャナ制御部208は、イメージセンサーから取得した輝度データを解析し、不吐ノズルやシートの切断位置の検出等も行なう。ホスト装置20は、画像形成装置100の外部に設けられ、印刷ジョブの供給源として機能する。ホスト装置20は、印刷に係わる画像等のデータの作成等を行なうコンピュータでもあっても良いし、画像読取用のリーダ等であっても良い。

0028

外部I/F205は、印刷ジョブやその他のコマンド、ステータス信号等をホスト装置20等との間で送受信する。

0029

次に、図3を用いて、図1に示す画像形成装置100における処理の流れの一例について簡単に説明する。このフローチャートは、CPU201が、ROM202またはHDD204に格納されている制御プログラムをRAM203にロードし、それを実行することにより行われる処理の流れを示す。ここでは、両面印刷を行なう際の処理の流れについて説明する。

0030

この処理は、画像形成装置100が外部I/F205において、ホスト装置20から印刷ジョブを受信すると開始する(S301)。この処理が開始すると、画像形成装置100は、画像処理部206において、当該受信した印刷ジョブをRIPする(S302)。RIPの順番は、優先度(通常、割込)、ユーザによる指定、用紙の綴じ方、装置に搭載されている用紙サイズ、ソータトレイにまとめる単位などに基づいて決められる。RIPされたデータは、RIP済みデータとしてRAM203またはHDD204に格納される。

0031

画像形成装置100は、エンジン制御部207において、表面用のRIP済みデータに基づいてシート表面の印刷を実行する(S303)。具体的には、ロール紙ユニット101からシートを給紙し、搬送ユニット102によってシートをヘッドユニット105に搬送する。画像形成装置100は、ヘッドユニット105まで搬送されたシートの表面に画像を印刷し、当該印刷後のシートをスキャナユニット107まで搬送する。画像形成装置100は、スキャナユニット107において、印刷された画像を確認した後、当該印刷がなされたシートをカッタユニット110まで搬送する。そして、画像形成装置100は、カッタユニット110でシートの切断を行なわず、連続シートのまま、乾燥ユニット112を通過させ、印刷された画像を乾燥させた後、シート巻取りユニット113で当該連続シートを巻き取る。画像形成装置100は、印刷指示のあったRIP済みデータ全ての表面印刷が終了、または所定の設定(画像数印刷ライン数、印刷時間等)まで表面印刷が終了すると、表面の最後の画像の後ろで切断を行なう(S304)。

0032

表面の印刷が終了すると、画像形成装置100は、エンジン制御部207において、裏面用のRIP済みデータに基づいてシート裏面の印刷を開始する。具体的には、シート巻取りユニット113に巻き取られた表面印刷済みシートを反転後、搬送ユニット102により、ヘッドユニット105に搬送する。画像形成装置100は、ヘッドユニット105まで搬送されたシートの裏面に印刷指示のあった画像を対応する表面の裏に印刷し、スキャナユニット107まで搬送する。

0033

画像形成装置100は、スキャナユニット107において、印刷された画像を確認した後、当該印刷がなされたシートをカッタユニット110まで搬送する。画像形成装置100は、カッタユニット110において、当該シートを印刷単位の長さ毎に切断する(S305)。

0034

所定の印刷単位の長さに切断されたシートを乾燥ユニット112を通過させて乾燥させた後、仕分けユニット114に搬送し、画像毎に指定されたトレーに搬送を行なう(S306)ことにより、両面印刷処理を終了する。

0035

本実施形態では、表面と裏面を一台の画像形成装置100で印刷する画像形成装置を例に挙げて説明するが、表面専用の画像形成装置と裏面専用の画像形成装置を別々に用意するタンデム構成であってもよい。なお、タンデム構成とする場合、例えば、シート巻取りユニット113が存在しない以外は本実施形態と同様の構成とすればよい。この場合、表面専用の画像形成装置で表面を印刷されたシートは、例えば、裏面専用の画像形成装置へ搬送され、裏面専用の画像形成装置において裏面用のRIP済みデータに基づいてシート裏面の印刷が実行される。

0036

なお、図3のフローでは、両面印刷の場合について説明したが、片面印刷の場合は、S303で表面を印刷した後にカッタユニット110で所定の印刷単位の長さ毎に切断し、乾燥させ、搬送すればよい。

0037

ここで、図4を用いて、図1に示す制御ユニット108により実現されるRIPに関する機能的な構成の一例について説明する。

0038

制御ユニット108は、CPU201がROM202等に格納されたプログラムを実行することにより、ジョブ制御部401、印刷ジョブ受信部402、画像処理部403、印刷データ格納部404、プリンタエンジン送信部405、UI制御部406を実現する。

0039

制御ユニット108は、さらに印刷ジョブ格納用低速スプーラ407、印刷データ格納用低速スプーラ409を備える。これらは、例えば、HDD204により実現され、読み出しが低速であるが安価である。

0040

また、制御ユニット108は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408、印刷データ格納用高速スプーラ410を備える。これらは、例えば、RAM203を用いてRAMDISK等で実現され、読み出しが高速であるがHDD204等と比較して高価である。

0041

すなわち、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407と比較してアクセス速度が速く、印刷データ格納用高速スプーラ410は、印刷データ格納用低速スプーラ409と比較してアクセス速度が速い。

0042

ジョブ制御部401は、印刷ジョブに係る処理を統括制御する。具体的には、ジョブ制御部401は、画像処理部403へRIP開始の指示をしたり、RIPによって得られた印刷データ(RIP済みデータ)を、プリンタエンジン送信部405へ送信するか、印刷データ格納部404へ送信するのかを判定したりする。さらに、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411を生成する。本実施形態では、RIPにかかった時間や印刷に必要なパラメータを画像処理部403から受け取り、印刷予測テーブル411に記録する。また、印刷までの許容時間を予測し、印刷予測テーブル411に記録する。ジョブ制御部401は、適宜、印刷予測テーブル411を更新する。ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411の更新結果によっては、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に一旦保存された印刷ジョブを印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に保存するように印刷ジョブ受信部402へ指示を行う。

0043

印刷ジョブ受信部402は、ホスト装置20から送られてきた印刷ジョブを受信する。印刷ジョブ受信部402により受信された印刷ジョブは、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に一旦格納される。このとき、印刷ジョブは、例えば、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に投入された順などを示すパラメータ情報対応付けて格納される。なお、印刷ジョブのRIP済みのデータは、RIP前のデータよりもデータ量が大きくなる傾向にある。

0044

画像処理部403は、ジョブ制御部401からの指示に基づいて、印刷ジョブをRIPし、印刷データを作成する。また、画像処理部403は、RIPにかかった時間や印刷に必要なパラメータをジョブ制御部401に返す。

0045

印刷データ格納部404は、ジョブ制御部401の指示により、RIPによって得られた印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409又は印刷データ格納用高速スプーラ410に保存する処理を行う。印刷データ格納部404は、印刷時には、RIPによって得られた印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409又は印刷データ格納用高速スプーラ410から取得する処理を行う。

0046

プリンタエンジン送信部405は、ジョブ制御部401からの指示に基づいて、RIPによって得られた印刷データをエンジン制御部207へ送信する。

0047

UI制御部406は、操作ユニット115を介したユーザからの指示を画像形成装置100内へ入力したり、操作ユニット115への各種情報の表示等を制御したりする。ユーザからの指示としては、例えば、通常よりも早く印刷を行ないたい場合に印刷ジョブの優先度を変更する指示、投入した印刷ジョブをキャンセルしたりする指示等が挙げられる。

0048

ここで、図5を用いて、図4に示す印刷予測テーブル411の一例について説明する。

0049

図5に示すように、印刷予測テーブル411は、印刷ジョブ番号501、ページ番号502、RIP時間503、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504、印刷方式505、印刷までの許容時間506を含む。なお、RIP時間は、ページ毎に特定される。ここでいうRIP時間503とは、印刷データ(RIP済みデータ)を供給するのにかかる時間、言い換えれば、印刷準備にかかる準備時間(印刷が実行可能となるまでの時間)を指す。具体的には、印刷ジョブ格納用スプーラから印刷ジョブを読み出してRIPを実行するまでの時間や、印刷データ格納用スプーラからRIP済みデータを読み出す時間を指す。また、印刷までの許容時間506とは、対象とする印刷ページのためのRIP時間として許容される時間を指し、本実施形態では、例えば、対象とする印刷ページよりも前の印刷ページの印刷が完了する時間に基づいて、予測することができる。なお、図5では、RIP時間503及び印刷までの許容時間506は、相対的な時間の値を指すものであり、特に単位を設けていない。また、画像サイズ504とは、印刷ジョブを印刷するサイズであり、印刷単位(本実施形態では印刷ページ)毎に異なるサイズであってもよい。印刷方式505とは、印刷ジョブに設定されるパラメータであり、例えば、印刷部数、両面印刷か片面印刷か、印刷時のレイアウト情報(1in1,2in1,4in1等)等の各種印刷情報である。

0050

RIP済みデータを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出す時間及びRIP済みデータを印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出しにかかる時間は、予め測定したり外部から取得したりして特定しておけばよい。なお、全てのデータサイズの読み出し時間を特定する必要はなく、いずれかのデータサイズの読み出し時間を特定できる場合は、データサイズ毎の読み出し時間は類推することができる。ここでは、印刷データの画像サイズ504がA4サイズの場合1ページあたり80の印刷時間がかかるものとし、L版サイズの場合1ページあたり40の印刷時間がかかるものとして説明する。また、A4サイズの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのには110の時間がかかり、印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出すには50の時間がかかるものとして説明する。同様に、L版サイズの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのには50の時間がかかり、印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出すには20の時間がかかるとして説明する。また、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408から読み出してRIPすると印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から読み出してRIPするのに比べて20%高速になるものとして説明する。印刷までの許容時間506は、上述したとおり、対象とする印刷ページよりも前の印刷ページの印刷が完了する時間に基づいて、予測することができる。具体的には、対象とする印刷ページよりも前の印刷ページの印刷までの許容時間、対象とする印刷ページのRIP時間503、及び対象とする印刷ページよりも前の印刷ページの印刷時間に基づいて、特定することができる。対象とする印刷ページよりも前の印刷ページの印刷時間は、例えば、画像サイズ504及び印刷方式505に基づいて特定することができる。

0051

印刷ジョブ507は、印刷ジョブ番号501が00001001で、1ページ目のRIP時間503に300、2ページ目のRIP時間503に330、3ページ目のRIP時間503に310、4ページ目のRIP時間に400かかる。ここでいうRIP時間は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブを読み出し、RIPを行って印刷データ(RIP済みデータ)を供給するのにかかる時間である。また、印刷ジョブ507は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、印刷方式505により、1ページが2部ずつ片面印刷される。印刷ジョブ507は、印刷までの許容時間506について、図中の511に示すように、1ページ目から3ページ目までNA、4ページ目から480となっている。NAのマークは、許容時間に制限を設ける必要がない場合に印刷予測テーブル411に付けられる。すなわち、NAのマークが付されている部分は、RIPにどれだけの時間がかかっても問題ないことを示す。ここで、例えば、ある程度以上のRIP済みデータがたまった段階で印刷を開始する場合、RIP済みデータがたまるまでは印刷を開始しないため印刷までの許容時間に制限を設ける必要がない。本実施形態では、エンジンバッファに3ページまで印刷データをためてから印刷開始するものとし、また、エンジンバッファには4ページまで印刷データをためることが可能として説明する。なお、RIP済みデータが所定量以上たまった段階で印刷を開始する理由は、印刷開始毎に印刷が停止するのを抑制して、スループットを向上させるためである。一方、印刷が停止するたびに、プリントエンジンの初期化に要する時間がかかり、裏面に切り替える回数が増えるため裏面印刷に切り替える時間がかかり、スループットが低下してしまう。

0052

印刷ジョブ507の印刷までの許容時間506は、4ページ目については480となっているが、これは1ページ目から3ページ目までが印刷されるまでの時間を示しており、480の期間までに印刷データを供給できれば、印刷が止まらずに済むことを示している。ここでは、印刷ジョブ507の4ページ目のRIP時間503は、400であり、印刷までの許容時間506の480よりも短く、印刷開始までにRIPが間に合うことがわかる。

0053

印刷ジョブ508は、印刷ジョブ番号501が00001002で、1ページ目のRIP時間503は、「310→110」である。また、2ページ目のRIP時間503は「310→110」、3ページ目のRIP時間503は「320→110」、4ページ目のRIP時間503は「330→110」である。図中のRIP時間503は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブを読み出してRIPを実行した場合の時間と、低速なスプーラに予めRIP済みデータを保存した場合の読み出し時間を示している。すなわち、1ページ目のRIPの実行には310かかるが、RIP済みの印刷データを低速なスプーラに予め格納しておくと1ページ目のRIP済みデータの取得は110で済む。印刷ジョブ508は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、1ページを1部ずつ片面印刷される(印刷方式505参照)。印刷ジョブ508の印刷までの許容時間506は、512に示すように、1ページ目が240、2ページ目が210、3ページ目が180、4ページ目が150となっており、RIP済みデータを低速なスプーラに格納しておくことで、全てのページで印刷データの供給が間にあうことがわかる。

0054

印刷ジョブ509について、印刷ジョブ番号501は00001003で、1ページ目のRIP時間503は「110→20」である。2ページ目のRIP時間503は「110→20」、3ページ目のRIP時間503は「120→20」、4ページ目のRIP時間503は「130→20」である。これは、1ページ目のRIPには110かかるが、RIP済みのデータである印刷データを予め高速なスプーラに格納しておくことで、印刷時に印刷データの取得は20で済む。印刷ジョブ509は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はL版サイズであり、2in1形式で1部ずつ片面印刷される(印刷方式505参照)。印刷ジョブ509の印刷までの許容時間506は、1ページ目が120、2ページ目が120、3ページ目が60、4ページ目が60である。1ページ目と2ページ目、3ページ目と4ページ目で印刷までの許容時間506が同じなのは、2in1形式のため同じタイミングで2ページ分の印刷データの供給が必要であるためである。次に、図6を用いて、図4に示す印刷ジョブ格納用低速スプーラ407、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408、印刷データ格納用低速スプーラ409、印刷データ格納用高速スプーラ410の一例について説明する。

0055

印刷ジョブ格納用低速スプーラ407は、ジョブ番号00001001の印刷ジョブ507と、ジョブ番号00001002の印刷ジョブ508と、ジョブ番号00001003の印刷ジョブ509を格納していることを示している。

0056

印刷ジョブ格納用高速スプーラ408は、何も格納していないことを示している。

0057

印刷データ格納用低速スプーラ409は、ジョブ番号00001002の印刷ジョブ508のRIP済みデータとして4ページ分の印刷データ601を格納していることを示している。

0058

印刷データ格納用高速スプーラ410は、ジョブ番号00001003の印刷ジョブ509のRIP済みデータとして4ページ分の印刷データ602を格納していることを示している。

0059

次に、図7及び図8を用いて、図1に示す画像形成装置100における処理の流れの一例について説明する。これらのフローチャートは、CPU201が、ROM202またはHDD204に格納されている制御プログラムをRAM203にロードし、それを実行することにより行われる処理の流れを示す。

0060

図7は、印刷ジョブを受信して印刷開始する前までに行われる前処理の流れを示すフローチャートである。

0061

前処理は、印刷ジョブが印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に投入されると開始される。前処理が開始されると、ジョブ制御部401は、画像処理部403に対して投入された印刷ジョブに対して印刷データを作成するRIPを行うように指示する(S701)。画像処理部403は、ジョブ制御部401からの指示に応じて印刷ジョブをRIPする。さらに、画像処理部403は、RIPに要した時間や印刷時に必要なパラメータを取得し、その結果をジョブ制御部401に返す。さらに、ジョブ制御部401は、画像処理部403から受け取った結果を印刷予測テーブル411に初期値として設定する(S701)。

0062

次に、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411から印刷までの許容時間506を取得する(S702)。

0063

次に、ジョブ制御部401は、対象の印刷ジョブの印刷処理開始の指示のタイミングで、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブを読み出してRIPしても印刷に間に合うかどうかを判断する(S703)。すなわち、印刷の直前に印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブを読み出して、RIPを行った場合、印刷に間に合うかどうかを判断する。なお、印刷の実行を停止させることなく印刷を継続させることができる場合は、印刷に間に合うと判断する。

0064

S703において、印刷の直前にRIPして印刷するオン・ザ・フライ印刷が間に合うと判断されると(S703でYES)、ジョブ制御部401は、RIP済みの印刷データを保存せずに、処理を終了する。

0065

S703において、オン・ザ・フライ印刷が間に合わないと判断されると(S703でNO)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408からRIPしても印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う(S704)。

0066

S704において、オン・ザ・フライ印刷が間に合うと判断されると(S704でYES)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブを印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に移す処理を行う(S705)。すなわち、印刷ジョブにRIPを実行せずに、読み出し速度の速いスプーラに移動させる。そして、S709へ進む。

0067

S704において、オン・ザ・フライ印刷が間に合わないと判断されると(S704でNO)、ジョブ制御部401は、RIP済みの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409に保存した上で、印刷時に読み出すことで印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う(S706)。なお、印刷の実行を停止させることなく印刷を継続させることができる場合は、印刷に間に合うと判断する。

0068

S706において、印刷データ格納用低速スプーラ409内の印刷データを読み出すことで、印刷に間に合うと判断されると(S706でYES)、ジョブ制御部401は、印刷データ格納部404にRIP済みデータである印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409に保存するように指示する(S707)。印刷データ格納部404は、ジョブ制御部401から指示を受け取ると、印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409に保存する処理を行う。そして、S709へ進む。

0069

S706において、印刷データ格納用低速スプーラ409内の印刷データを読み出したのでは印刷に間に合わないと判断されると(S706でNO)、ジョブ制御部401は、印刷データ格納部404に印刷データ格納用高速スプーラ410に保存するように指示する。印刷データ格納部404は、ジョブ制御部401から指示を受け取ると、印刷データを印刷データ格納用高速スプーラ410に保存する処理を行う。

0070

S709では、次の印刷ジョブに利用する印刷までの許容時間506を含む印刷予測テーブル411のRIP時間及び印刷までの許容時間を更新する処理を行う。

0071

以上のようにジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に一旦格納されたジョブに対して、前処理を行う。

0072

上述した実施形態では、S704において印刷ジョブ用高速スプーラからの前処理において、印刷ジョブを印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に移すものとしたが、これに限定されず、RIPの開始が遅くならない範囲で、直前に移してもよい。ここで、図5及び図6の例を用いて、印刷ジョブ507、印刷ジョブ508、印刷ジョブ509の順でジョブが投入された場合の図7における前処理の流れを具体的に説明する。

0073

上述した通り、印刷予測テーブル411において、印刷ジョブの中で最初に印刷されるジョブの少なくとも一部は、印刷までの許容時間506に制限を設ける必要がない。

0074

まず、印刷ジョブ507が投入された場合について説明する。ジョブ制御部401は、印刷ジョブ507をRIPすると(S701)、A4、4ページで構成され、RIP時間503が、1ページ目から4ページ目にかけて、300、330、310、400であり、2部ずつ印刷することが指定されていると判明する。ジョブ制御部401は、印刷までの許容時間506を取得すると(S702)、印刷ジョブ507は、511に示すように、3ページ分がNAとマークされ、RIPに十分時間をかけてよいことがわかる。一方、4ページ目の印刷までの許容時間506は、480となる。これは、1ページの印刷に80かかり3ページを2部ずつ印刷することから、印刷までの許容時間506が480であるということを示している。このとき、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からの処理で間に合うかどうかの判断をすると(S703)、480に対して400のRIP時間で済むため、間に合うと判断する(S703でYES)。この結果、印刷ジョブ507は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷が可能であるとなる。

0075

次に、印刷ジョブ508が投入された場合について説明する。ジョブ制御部401は、印刷ジョブ508をRIPすると(S701)、A4、4ページで構成され、RIP時間503が、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目がそれぞれ、310、310、320、330であり、1部ずつ印刷することが指定されていると判明する。ジョブ制御部401は、印刷までの許容時間506を取得すると(S702)、1ページ目の印刷までの許容時間は、240となる。これは、まず、印刷ジョブ507の4ページの印刷までの許容時間506が480であり、4ページ目のRIP時間が400であるため、(480−400)=80の余裕がある。印刷までの許容時間506が(480−400)=80であり、印刷ジョブ507を2部印刷する時間の間も印刷ジョブ508のRIPができるため、(80×2)を加えると、合計240となるためである。このとき、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用低速スプーラからのオン・ザ・フライ印刷で間に合うかどうかの判断をすると(S703)、印刷までの許容時間506が240に対してRIPに310かかるため、印刷に間に合わないと判断する(S703でNO)。次に、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408からの処理で間に合うかどうかの判断をする(S704)。ジョブ制御部401は、印刷までの許容時間506が240に対して、RIPが20%高速となっても、1ページ目をRIPするのに248かかるため、印刷に間に合わないと判断する(S704でNO)。さらに、ジョブ制御部401は、印刷データ格納用低速スプーラ409からの処理で間に合うかどうかの判断をする(S705)。A4サイズの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのには110で済むため、ページ1からページ4にかけてRIP(Read)時間は、全て110となる。さらに、A4を1ページ印刷するのに80しかかからないため、1ページ毎に印刷までの許容時間506が30ずつ短くなるものの、RIPに要する時間は印刷までの許容時間506におさまる。具体的には、印刷までの許容時間506は、1ページ目は240、2ページ目は210、3ページ目は、180、4ページ目は150となり、印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのにかかる110よりも大きい。つまり、ジョブ制御部401は、印刷に間に合うと判断する(S706でYES)。印刷データ格納部404は、印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409に格納する処理を行う(S707)。この結果、図6の印刷データ格納用低速スプーラ409に印刷ジョブ508の印刷データが保存されることとなる。最後に、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブルのRIP時間をいずれも110に更新すると共に、RIP時間が変わることにより印刷までの許容時間を更新し(S709)、処理を終了する。

0076

最後に、印刷ジョブ509が投入された場合について説明する。ジョブ制御部401は、印刷ジョブ509をRIPすると(S701)、L版、4ページで構成され、RIPにかかった時間が、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目で、それぞれ110、110、120、130であり、2in1形式で1部ずつ印刷する指定がされていると判明する。ジョブ制御部401は、印刷までの許容時間506を取得すると(S702)、1ページ目の印刷までの許容時間506は、120となる。これは、印刷ジョブ508の4ページまでは印刷までの許容時間506が150であり、4ページ目をReadするのに110かかり、1部印刷する時間を加えると、印刷までの許容時間506が(150−110)+80の合計120となるためである。このとき、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からの処理で間に合うかどうかの判断をする(S703)。ジョブ制御部401は、RIP時間が1ページ目と2ページ目の合計220必要なのに対して、印刷までの許容時間506が120であるため、印刷に間に合わないと判断する(S703でNO)。さらに、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408から読み出してRIPすることで印刷に間に合うかどうかの判断をする(S704)。ジョブ制御部401は、RIPが20%高速となっても、1ページをRIPするのに88かかるため、2ページ分をRIPするには176かかり、印刷までの許容時間506が120のため印刷に間に合わないと判断する(S704でNO)。さらに、ジョブ制御部401は、印刷データ格納用低速スプーラ409からの処理で間に合うかどうかの判断をする(S706)。L版サイズの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのには50で済むため、ページ1からページ4にかけてRIP時間503は、全て50となる。1ページと2ページ目の印刷までの許容時間506は120であるのに対して、1ページ目と2ページ目の合計RIP時間が100のため、1ページ目と2ページ目の印刷は間に合う。しかしながら、3ページ目と4ページ目の印刷は間に合わない。具体的には、2in1形式の場合は、2ページ同時に印刷するため、3ページ目と4ページ目の印刷までの許容時間506は、両ページともに、1ページ目及び2ページ目の印刷時間40を加えても(120−100)+40=60となる。したがって、3〜4ページのRIPは、印刷に間に合わないと判断する(S706でNO)。一方、印刷データ格納用高速スプーラ410の場合は、印刷データを読み出すのには20で済むため、ページ1からページ4にかけてRIP(Read)時間は、全て20となる。1ページと2ページ目の印刷までの許容時間506は120に対して、合計RIP時間が40のため、印刷に間に合う。さらに、3ページ目と4ページ目の印刷までの許容時間506が60に対して、3〜4ページをRIPするのに40で済む。そのため、ジョブ制御部401は、印刷データ格納用高速スプーラ410からRIP済みデータを読み出した場合、印刷に間に合う。この結果、図6の印刷データ格納用高速スプーラ410に印刷ジョブ509の印刷データが保存される。最後に、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブルのRIP時間をいずれも20に更新すると共に、RIP時間が変わることにより印刷までの許容時間を更新し(S709)、処理を終了する。

0077

なお、図5では、S704がNoの場合に、RIP時間として、印刷ジョブ格納用スプーラから印刷ジョブを読み出してRIPを実行する時間及び印刷データ格納用スプーラからRIP済みデータを読み出す時間を保持するものとした。しかしながら、印刷予測テーブルはこれに限定されるものではない。本実施形態では、上述したように、自身のRIP時間だけでなく、先行する印刷ジョブのRIP時間及び印刷にかかる時間を考慮することにより、印刷ジョブを連続して印刷する場合に適したスプーラを選択する。

0078

本実施形態では、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に印刷ジョブをそのまま保持しておくか、印刷ジョブを印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に移動させるか、RIP済みデータを印刷データ格納用低速スプーラ409に保存しておくか、印刷データ格納用高速スプーラ410に保存しておく。これにより、印刷データ格納用スプーラのスプール領域のコストを抑えつつ、印刷データの供給が滞ることによる印刷停止を抑制することができる。本実施形態では、高速で高価なスプーラ(スプーリング手段)と、低速で安価なスプーラ(スプーリング手段)とを組み合わせて、印刷データの供給が滞ることによる印刷停止を抑制することができる。これにより、低コストで低速のスプーラ等を大量に用意する必要が無く、また、高コストで高速のスプーラの必要容量を低く抑えることができる。

0079

次に、図8を用いて、画像形成装置100が実行する印刷処理の流れを説明する。なお、図7に示す印刷ジョブを受信して印刷開始する前までに行われる前処理が実行された後に図8に示す印刷処理のフローは、実行される。

0080

印刷処理は、UI制御部406やホスト装置20から印刷要求が入ると開始される。印刷処理が開始されると、ジョブ制御部401は、エンジン制御部207から印刷データの供給指示が来るまで待つ処理を行う(S801)。すなわち、エンジン制御部207からの印刷データの供給要求を受信するのを待つ。

0081

印刷データの供給指示がないと(S801でNO)、ジョブ制御部401は、ステップS801へ戻って、再びエンジン制御部からの印刷データの供給指示がくるのを待つ処理を行う。

0082

印刷データの供給指示があると(S801でYES)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブがオン・ザ・フライ印刷で間に合うと判断された印刷ジョブであるかどうかを判断する(S802)。

0083

S802において、オン・ザ・フライ印刷で間に合うと判断された印刷ジョブであると判断されると(S802でYES)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ受信部402及び画像処理部403に指示を出す。具体的には、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407又は印刷ジョブ格納用高速スプーラ408から印刷ジョブを読み出すように印刷ジョブ受信部402に指示を出し、印刷ジョブをRIPするように画像処理部403に指示を出す(S803)。

0084

オン・ザ・フライ印刷で間に合わないと判断されると(S802でNO)、ジョブ制御部401は、印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409又は印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出すように印刷データ格納部404に指示を出す(S804)。

0085

以上のようにして、前処理によって適切な領域にスプールされた印刷ジョブについて、スプーラからReadまたは直前にRIPして印刷データとして供給する。図9を用いて、印刷ジョブ507、印刷ジョブ508、印刷ジョブ509の順でジョブが投入された場合において、これらのジョブがどのようにロール紙に印刷されるかを説明する。印刷ジョブ507の4ページは、2部ずつロール紙に印刷される(901)。同様に、印刷ジョブ507に続いて、印刷ジョブ508の4ページは、1部ずつロール紙に印刷される(902)。最後に、印刷ジョブ508に続いて、印刷ジョブ509の4ページは、2in1形式でロール紙に印刷される(903)。このように、連続紙に対して、2in1が指定された場合は、ロール紙の幅方向に2ページが印刷される。

0086

図6及び図10を用いて、印刷ジョブ507、印刷ジョブ508、印刷ジョブ509の順でジョブが投入された場合の印刷処理の流れを説明する。本実施形態では、前処理によって、印刷ジョブ507は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ507からオン・ザ・フライ印刷が可能と判断され、図6に示すように印刷ジョブ格納用低速スプーラ507に保存される。また、印刷ジョブ508は、印刷データ格納用低速スプーラ409からのReadによって印刷データを供給すればよいと判断され、図6に示すように印刷データ格納用低速スプーラ409に保存される。印刷ジョブ509は、印刷データ格納用高速スプーラ410からのReadによって印刷データを供給すればよいと判断され、印刷データ格納用高速スプーラ410に保存される。印刷処理が開始されると、ジョブ制御部401は、印刷データの供給指示によって、印刷ジョブ507の1ページ目のRIPを開始するように画像処理部403に指示を出し、画像処理部403は、指示に基づいてRIPを行う(S1001)。ジョブ制御部401は、画像処理部403に対して、RIPが終わり次第プリンタエンジン送信部405に印刷データを送るように指示する。画像処理部403は、RIPが終わると印刷データをプリンタエンジン送信部405へ送り、プリンタエンジン送信部405は、印刷データをエンジンバッファに書込む処理を行う(S1002)。エンジンバッファに空きがあると、ジョブ制御部401は、続いて印刷データの供給指示によって、印刷ジョブ507の2ページ目のRIPを開始するように画像処理部403に指示を出し、画像処理部403は、指示に基づいてRIPを行う(S1003)。ジョブ制御部401は、画像処理部403に対して、RIPが終わり次第プリンタエンジン送信部405に印刷データを送るように指示する。画像処理部403は、RIPが終わると印刷データをプリンタエンジン送信部405へ送り、プリンタエンジン送信部405は、印刷データをエンジンバッファに書込む処理を行う(S1004)。エンジンバッファに空きがあると、ジョブ制御部401は、続いて印刷データの供給指示によって、印刷ジョブ507の3ページ目のRIPを開始するように画像処理部403に指示を出し、画像処理部403は、指示に基づいてRIPを行う(S1005)。画像処理部403は、RIPが終わると印刷データをプリンタエンジン送信部405へ送り、プリンタエンジン送信部405は、印刷データをエンジンバッファに書込む処理を行う(S1006)。

0087

ここで、エンジンバッファに空きがなくなるか指定数以上の印刷データが格納されると、エンジン制御部207は、印刷ジョブを印刷する処理を開始する(S1007)。本実施形態では、3ページ分の印刷データがエンジンバッファに書き込まれると、上述した印刷ユニットによる印刷を開始し、印刷ジョブ507を2部ずつ印刷する。ジョブ制御部401は、引き続き印刷ジョブ507の4ページ目のRIPを開始するように画像処理部403に指示を出し、画像処理部403は、指示に基づいてRIPを行う(S1008)。

0088

ここで、エンジン制御部207は、印刷ジョブ507の1ページ目の印刷が終わると、エンジンバッファに空きが出たことを通知する(S1009)。ジョブ制御部401は、エンジンバッファに空きが出たという通知を受け取ると、RIPを実行中の画像処理部403に対して、RIPが終わり次第プリンタエンジン送信部405に印刷データを送るように指示する。画像処理部403は、RIPが終わると印刷データをプリンタエンジン送信部405へ送り、プリンタエンジン送信部405は、印刷データをエンジンバッファに書込む処理を行う(S1010)。ジョブ制御部401は、印刷ジョブ507の2ページ目の印刷が完了し、エンジンバッファに空きが出たという通知を受け取ると、印刷データ格納部404に対して、印刷ジョブ508の1ページ目の印刷データをReadするように指示を出す(S1011)。これは、印刷ジョブ508は、予めRIPされて印刷データ格納用低速スプーラ409に印刷データとして格納していたためである。印刷データ格納用低速スプーラ409の印刷データを印刷データ格納部404にReadするだけで、エンジンバッファに印刷ジョブ508の印刷データを供給できる。ジョブ制御部401は、プリンタエンジン送信部405から印刷ジョブ508の4ページ目の印刷データの書込終了通知を受け取ると、印刷データ格納部404に対して、プリンタエンジン送信部405へ印刷データを送信するように指示を出す(S1012)。以降の処理も同様に、ジョブ制御部401は、エンジンバッファに空きが出れば、印刷データ格納用低速スプーラ409の印刷データを印刷データ格納部404にReadし、Readが終わり次第エンジンバッファに印刷データを書き込むように指示する。以上のように、RIPあるいは印刷データをReadすることで、ロール紙の印刷が停止しないように印刷データを供給することができる。

0089

以上のように、低速だがコストが小な構成で提供可能な低速スプーラと高速だがコストが大な構成で提供可能な高速スプーラを組合せてデータ保存場所を制御することで、可能な限り印刷を続けることが可能となる。

0090

印刷ジョブをスプールするかどうかの判断をジョブ全体の印刷とRIPにかかる時間を元に判断する手法を提供することを目的とする。さらに、印刷に間に合うのにより適した構成である、コスト小で大容量だが低速のスプーリング手段と、コスト大で小容量だが高速のスプーリング手段を組み合わせたスプーリング手法を提供することを目的とする。

0091

(実施形態2)
本実施形態では、スプーラの空き容量が不足していた場合、及び印刷が間にあわない場合を考慮する。なお、実施形態1と同様の構成については、説明を省略する。

0092

図11を用いて、図1に示す画像形成装置100における処理の流れの一例について説明する。図11は、印刷ジョブを受信して印刷する直前までに行われる前処理の流れを説明するフローチャートである。このフローチャートは、CPU201が、ROM202またはHDD204に格納されている制御プログラムをRAM203にロードし、それを実行することにより行われる処理の流れを示す。なお、印刷処理の流れは実施形態1と同様であるため説明を省略する。

0093

前処理は、印刷ジョブが印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に投入されると開始される。前処理が開始されると、ジョブ制御部401は、画像処理部403に対して投入された印刷ジョブに対して印刷データを作成するRIPを行うように指示する(S1101)。画像処理部403は、ジョブ制御部401からの指示に応じて、印刷ジョブをRIPする。さらに、画像処理部403は、RIPに要した時間や印刷時に必要なパラメータを取得し、その結果をジョブ制御部401に返す。さらに、ジョブ制御部401は、画像処理部403から受け取った結果を印刷予測テーブル411に初期値として設定する。

0094

ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411から印刷までの許容時間506を取得する処理を行う(S1102)。

0095

ジョブ制御部401は、対象の印刷ジョブの印刷処理開始の指示のタイミングで、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブを読み出してRIPした場合印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う(S1103)。

0096

S1103において、オン・ザ・フライ印刷で間に合うと判断されると(S1103でYES)、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411を更新する処理を行う(S1114)。すなわち、印刷ジョブにRIPを実行せずに、処理を終了する。

0097

S1103において、印刷に間に合わないと判断されると(S1103でNO)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408から印刷ジョブを読み出してRIPした場合印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う(S1104)。

0098

S1104において、オン・ザ・フライ印刷で間に合うと判断されると(S1104でYES)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に空き容量が存在するかどうかを判断する処理を行う(S1105)。

0099

S1105において、空き容量が存在すると判断されると(S1105でYES)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブを印刷ジョブ格納用低速スプーラ407から印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に移す処理を行う(S1106)。その後、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411を更新する処理を行う(S1114)。

0100

S1105において、空き容量が存在しないと判断されると(S1105でNO)、S1108へ進む。

0101

S1114において、オン・ザ・フライ印刷で間に合わないと判断されると(S1104でNO)、ジョブ制御部401は、RIP済みの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すことで印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う。すなわち、RIP済みの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409に保存しておき、印刷時に読み出すことで印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う(S1107)。

0102

S1107において、印刷に間に合うと判断されると(S1107でYES)、S1108へ進む。

0103

S1108では、ジョブ制御部401は、印刷データ格納用低速スプーラ409に空き容量があるかどうかを判断する処理を行う。

0104

S1108において、空き容量が存在すると判断されると(S1108でYES)、ジョブ制御部401は、印刷データ格納部404に印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409に保存するように指示する(S1109)。

0105

印刷データ用低速スプーラからの読み出しで印刷に間に合わないと判断されるか(S1107でNO)、印刷データ用低速スプーラに空き容量が存在しないと判断されると(S1108でNO)、S1110へ進む。S1110では、ジョブ制御部401は、印刷データ格納用高速スプーラ410に空き容量があるかどうかを判断する処理を行う。

0106

S1110において、空き容量が存在すると判断されると(S1110でYES)、ジョブ制御部401は、以前に処理した印刷ジョブの処理結果が印刷データ格納用高速スプーラ410に保存されたかどうかを判断する処理を行う(S1111)。

0107

印刷データ格納用高速スプーラ410に保存されていたと判断されると(S1111でYES)、ジョブ制御部401は、印刷データを印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出すことで印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う(S1112)。

0108

印刷データ用高速スプーラからの読み出しで印刷に間に合うと判断されると(S1112でYES)、ジョブ制御部401は、印刷データ格納部404に印刷データを印刷データ格納用高速スプーラ410に保存するように指示する(S1113)。

0109

S1111で、印刷データ格納用高速スプーラ410に保存されていないと判断されると(S1111でNO)、ジョブ制御部401は、以前のジョブをより高速なスプーラに移し、印刷予測テーブル411を更新する処理を行う(S1115)。ここでいう「より高速なスプーラに移動」とは、上述したRIP時間を短くすることができるスプーラに保存することを指す。すなわち、スプーラからの読み出し速度が速いものが必ずしもより高速なスプーラではない。具体的には、本実施形態では、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407よりも高速なスプーラであり、印刷データ格納用低速スプーラ409は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408よりも高速なスプーラとする。また、印刷データ格納用高速スプーラ410は、印刷データ格納用低速スプーラ409よりも高速なスプーラである。例えば、以前の印刷ジョブが印刷データ格納用低速スプーラ409に保存されていた場合は、印刷データ格納用高速スプーラ410に移す。なお、以前の印刷ジョブが印刷ジョブ格納用高速スプーラ408に保存されていた場合は、画像処理部403でRIPを行って、印刷データ格納用高速スプーラ410に保存してもよい。また、印刷データ格納用低速スプーラ409に空きがある場合は印刷データ格納用低速スプーラ409に保存してもよい。

0110

ジョブ制御部401は、以前に処理した印刷ジョブをより高速なスプーラに移すことに成功したかどうか、さらにはより高速なスプーラに移すことにより印刷までの許容時間506が増えるかどうかを判断する処理を行う(S1116)。

0111

S1116において、印刷までの許容時間506が増えると判断された場合(S1116でYES)、ジョブ制御部401は、ステップS1102に戻り、もう一度印刷までの許容時間506を取得し直す処理を行う。すなわち、ジョブ制御部401は、どのスプーラに保存すれば、印刷が間にあうかについてもう一度判断することになる。

0112

S1110において、空き容量が存在しないと判断されると(S1110でNO)、ジョブ制御部401は、UI制御部406を通して印刷に間に合わないことをユーザに通知するように指示する処理を行う(S1117)。これにより、例えば、操作ユニット115に印刷が間に合わないことを表示したり、音声通知等をすることで、ユーザに印刷に間に合わないことをユーザに通知する。ジョブ制御部401は、印刷に間に合わないと判断された場合(S1112でNO)、及び印刷までの許容時間506が増えないと判断された場合(S1116でNO)も、S1117で同様の処理を行う。

0113

図12(a)(b)(c)の印刷予測テーブル411の例を用いて、図11の前処理の流れを具体的に説明する。

0114

図12に示す例では、実施形態1と同様に、A4サイズには1ページあたり80の印刷時間がかかるものとして説明する。また、A4サイズの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのには110の時間がかかり、印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出すには50の時間がかかるとして説明する。また、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408からRIPすると印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からRIPするのに比べて20%高速になるものとする。また、エンジンバッファに3ページまで印刷データをためてから印刷開始するものとし、エンジンバッファには4ページまで印刷データをためることが可能として説明する。

0115

まず、図12(a)の印刷予測テーブル411を用いて、2つの印刷ジョブ1201と印刷ジョブ1202に対して行われる前処理の流れを具体的に説明する。

0116

ジョブ制御部401は、印刷ジョブ1201に対して、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷で間にあうかどうかを判断する処理(S1103)を行う。

0117

印刷ジョブ1201は、印刷ジョブ番号501が00002001で、図12(a)の1203に示すように、1ページ目のRIP時間503に300、2ページ目に330、3ページ目に310、4ページ目に470かかる。また、印刷ジョブ1201は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、1in1で1ページを2部ずつ片面印刷する(印刷方式505参照)。印刷ジョブ1201は、印刷までの許容時間506は、図12(a)の1204に示すように、1ページ目から3ページ目までNA、4ページ目から480である。実施形態1と同様に、印刷までの許容時間506に制限を設ける必要がない場合は、印刷予測テーブル411にNAのマークを付けている。印刷ジョブ1201の印刷までの許容時間506は、4ページ目については480となっているが、この480は1ページ目から3ページ目までが印刷されるまでの時間を示しており、480の期間までに印刷データを供給できれば、印刷が止まらずに済む。図12(a)の1203に示すように、印刷ジョブ1201の4ページ目のRIP時間は470とあるので、印刷までの許容時間506が480に対して間に合う。

0118

したがって、S1103において印刷ジョブ用低速スプーラから印刷ジョブを読み出すオン・ザ・フライ印刷で間に合うと判断される(S1103でYES)、印刷ジョブ1201は印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷となる。

0119

続いて、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ1202に対して、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷で間にあうかどうかを判断する処理(S1103)を行う。

0120

印刷ジョブ1202は、印刷ジョブ番号501が00002002で、1ページ目のRIP時間503が220、2ページ目のRIP時間503が200、3ページ目のRIP時間503が190、4ページ目のRIP時間503が150である。また、印刷ジョブ1202は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、1in1で1ページを1部ずつ片面印刷する(印刷方式505参照)。そして、印刷ジョブ1202の印刷までの許容時間506は、1ページ目が170となっている(図12(a)の1206)。印刷ジョブ1201の4ページまでは480の許容時間があったが、4ページ目をRIPするのに470かかる。そして、4ページ目を2部印刷する時間を加えても、印刷までの許容時間506が(480−470)+(80×2)の合計170となる。印刷ジョブ1202は、1ページ目のRIP時間503が220であるため、印刷までの許容時間506の170よりも大きくなってしまう。

0121

よって、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ用低速スプーラからのオン・ザ・フライ印刷で間にあわないと判断し(S1103でNO)、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408からのオン・ザ・フライ印刷で間に合うかどうかを判断する処理を行う(S1104)。

0122

印刷ジョブ1202は、1ページ目のRIP時間503に220かかるため、20%高速になったとしてもRIP時間503は176であり、印刷までの許容時間506の170よりも大きくなってしまう。したがって、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408からのオン・ザ・フライ印刷では印刷が間にあわないと判断する(S1104でNO)。

0123

ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411のRIP時間503に印刷データ格納用低速スプーラ409からのRead時間をあてはめて、印刷データ格納用低速スプーラ409から印刷データを供給する方法で印刷が間に合うかどうかを判断する(S1107)。

0124

図12(b)に示すように、印刷ジョブ1202の各ページは、いずれもA4であるためRIP時間は110となる。すなわち、1ページ目のRIP時間503は220→110、2ページ目のRIP時間503は200→110、3ページ目のRIP時間503は190→110、4ページ目のRIP時間503は150→110となる(1207)。印刷ジョブ1202の印刷までの許容時間506は、1ページ目が170、2ページ目が140、3ページ目が110、4ページ目が80である(図12(b)の1208参照)。したがって、印刷データ格納用低速スプーラ409から印刷データを読み出せば、全てのページで印刷データの供給が間にあう。なお、印刷ジョブ1202の1ページ目の印刷までの許容時間506は、印刷ジョブ1201の4ページまでは印刷までの許容時間506が480あるが、4ページ目をRIPするのに470かかること及び4ページ目を2部印刷する時間を考慮することで求められる。具体的には、印刷までの許容時間506は、(480−470)+(80×2)の合計170となる。印刷ジョブ1202の2ページ目の印刷までの許容時間506は、印刷ジョブ1201の1ページ目の印刷までの許容時間506は170あるが、印刷データの供給に110かかること、及び1ページ目を1部印刷する時間を考慮して求められる。具体的には、印刷ジョブ1202の2ページ目の印刷までの許容時間506は、(170−110)+80の合計140となる。3ページ目及び4ページ目も同様の考え方で印刷までの許容時間506を求めると、それぞれ110、80となる。印刷ジョブ1202は、4ページ目のRIP時間503が110であるため、4ページ目の印刷までの許容時間506の80よりも大きくなってしまう。

0125

したがって、ジョブ制御部401は、印刷が間にあわないと判断し(S1107でNO)、印刷データ格納用高速スプーラ410に空き容量があるかどうかを判断する処理を行う(S1110)。ここでは、印刷データ格納用高速スプーラ410に空き容量があるもの(S1110でYES)として説明を続ける。

0126

印刷データ格納用高速スプーラ410に空き容量があるので、ジョブ制御部401は、以前の印刷ジョブが印刷データ格納用高速スプーラ410に保存されているかを判断する処理を行う(S1111)。具体的には、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ1201が印刷データ格納用高速スプーラ410に保存されているかどうかを確認する。印刷ジョブ1201は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に保存されているため、印刷データ格納用高速スプーラ410に保存されていないと判断される(S1111でNO)。

0127

したがって、ジョブ制御部401は、以前の印刷ジョブ(印刷ジョブ1201)を別のより高速なスプーラに移動し、印刷予測テーブルを更新する処理を行う(S1115)。ここでは、より高速なスプーラとして印刷データ格納用低速スプーラ409を選択したものとして説明を続ける。なお、より高速なスプーラとして印刷ジョブ格納用高速スプーラ408を選択してもよいし、印刷データ格納用高速スプーラ410を選択してもよい。どのスプーラを選択するかは、予め決定した優先度に従って静的に決めてもよいし、空き容量に応じて動的に決めてもよい。また、複数の候補が存在する場合は、全てのスプーラに保存する場合を試した上で、印刷までの許容時間を満たす中で空き容量が大きいものを選択してもよい。

0128

印刷ジョブ1201は、RIPしてRIP済みデータを印刷データ格納用低速スプーラ409に移動することで、1ページ目のRIP時間503が300→110となる。また、2ページ目のRIP時間503が330→110、3ページ目のRIP時間503が310→110、4ページ目のRIP時間が470→110となる(1209)。

0129

そして、ジョブ制御部401は、前のジョブである印刷ジョブ1201を別のスプーラである印刷データ格納用低速スプーラ409に移動することで印刷までの許容時間506が増えるかどうかを判断する処理を行う(S1116)。印刷までの許容時間506は、印刷ジョブ1201の4ページ目までの印刷までの許容時間506が480であり、4ページ目の印刷データの供給に110で済む。したがって、4ページ目を2部印刷する時間を考慮すると、印刷ジョブ1202の1ページの印刷までの許容時間506は、(480−110)+(80×2)の合計530となる。したがって、印刷までの許容時間506は170から530へと増えると判断される(S1116でYES)。その結果、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ1202に対して、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷で間にあうかどうかを判断する処理(S1103)を行う。

0130

印刷ジョブ1202は、1ページ目のRIPに220かかるが(1210)、印刷までの許容時間506が530あるため(1211)、1ページ目についてはオン・ザ・フライ印刷できると判断される。2ページ目の印刷までの許容時間506は、1ページ目の印刷までの許容時間506が530に対してRIPに220かかり、1ページ目の印刷に要する時間80を加えると、(530−220)+80の合計390となる。したがって、2ページ目についてはオン・ザ・フライ印刷できると判断される。同様にして、3ページ目及び4ページ目の印刷までの許容時間506は、それぞれ270、160となる。3ページ目のRIPに190かかるが、印刷までの許容時間506が270あるため、3ページ目についてはオン・ザ・フライ印刷できると判断される。同様に、4ページ目のRIPに150かかるが、印刷までの許容時間506が160あるため、4ページ目についてはオン・ザ・フライ印刷できると判断される。以上の結果、印刷ジョブ1202は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷で間にあうと判断される(S1103でYES)。

0131

上より、印刷ジョブ1201は、予めRIP処理して印刷データ格納用低速スプーラ409に保存し、印刷ジョブ1202は、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407に保存したままとすればよいと判断する。これにより、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ1202のために印刷データ格納用高速スプーラ410を使用せずに済み、スプーラの容量を消費せずに印刷に間に合わせることが可能となる。これにより、印刷ジョブ1202に続く印刷ジョブがRIPに時間を要する場合に、印刷データ格納用高速スプーラ410の空き容量を確保できる。

0132

本実施形態では、スプーラに空きがある場合、前の印刷ジョブ又は前の印刷ジョブに基づく印刷データをより高速なスプーラに移動させて、印刷許容時間が多くなるようにする。これにより、所定の印刷ジョブがより高速なスプーラを使用せずに済み、高速なスプーラの容量を消費せずに、印刷の停止を抑制することができる。そして、所定の印刷ジョブ以降の印刷ジョブのRIPのために、高速なスプーラを空けておくことができる。これにより、印刷の停止をより確実に抑制することができる。

0133

また、本実施形態では、印刷が間に合わない場合ユーザに通知することにより、ユーザは、印刷が停止しないように印刷実行前に印刷ジョブの並び替えを行ったり、印刷開始前にエンジンバッファにためる印刷データの量を増やすように変更したりすることができる。

0134

(実施形態3)
本実施形態では、印刷中にロール紙が不足した場合や紙ジャムが発生した場合の再印刷について説明する。なお、実施形態1と同様の構成については、説明を省略する。

0135

図13を用いて、図1に示す画像形成装置100における処理の流れの一例について説明する。図13は、印刷中に何らかの原因で印刷が停止した場合について、再開処理の流れを説明するフローチャートである。このフローチャートは、CPU201が、ROM202またはHDD204に格納されている制御プログラムをRAM203にロードし、それを実行することにより行われる処理の流れを示す。なお、印刷処理の流れは実施形態1と同等であるため、説明を省略する。

0136

以下に示す再開処理は、印刷するジョブの順番が変更になった場合も同様のフローにより実現できる。

0137

再開処理は、印刷停止後、又は、印刷スケジュールの変更後、印刷するジョブの順番が確定すると開始される。再開処理が開始されると、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411を更新する処理を行う(S1301)。

0138

ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411から印刷までの許容時間506を取得して、全ての印刷ジョブが印刷に間に合うか判断する(S1302)。具体的には、全ての印刷ジョブについて、RIPにかかる時間が印刷までの許容時間506の範囲内かどうかを判断する処理を行う。

0139

S1302において、RIPにかかる時間が印刷までの許容時間506の範囲内と判断されると(S1302でYES)、ジョブ制御部401は、全てのジョブが印刷に間に合うと判断し、処理を終了する。

0140

S1302において、RIPにかかる時間が印刷までの許容時間506の範囲外と判断されると(S1302でNO)、ジョブ制御部401は、RIPにかかる時間が印刷までの許容時間506の範囲外にある印刷ジョブを特定する処理を行う(S1303)。

0141

次に、ジョブ制御部401は、最初に印刷する印刷ジョブから、特定された印刷に間に合わない(印刷までの許容時間506の範囲外にある)印刷ジョブまでの印刷ジョブを高速なスプーラに変更することで印刷に間に合うようになるかを判断する(S1304)。

0142

S1304において、高速なスプーラに変更しても印刷に間に合わないと判断されると(S1304でNO)、ジョブ制御部401は、UI制御部406を介して印刷に間に合わないことをユーザに通知するように指示する処理を行う(S1309)。

0143

S1304において、高速なスプーラに変更すると印刷に間に合うと判断されると(S1304でYES)、ジョブ制御部401は、スプーラに空きがあるかどうかを判断する処理を行う(S1305)。

0144

S1305において、スプーラに空きがあると判断されると(S1305でYES)、ジョブ制御部401は、全ての印刷ジョブが印刷に間に合うように、印刷ジョブがスプールされている場所(印刷ジョブのスプール領域)を変更する処理を行う(S1308)。具体的には、印刷ジョブ又は印刷ジョブに基づく印刷データをより高速なスプーラに保存するように変更する。より高速なスプーラに変更する際の変更方法は、特に限定されず、可能な限り高速なスプーラから使用するように変更してもよいし、空き容量が大であるスプーラから使用するように変更してもよい。また、使用するスプーラをユーザに選択させてもよい。

0145

S1305において、高速なスプーラに空きがないと判断されると(S1305でNO)、ジョブ制御部401は、印刷ジョブを削除することで高速なスプーラの空き容量が確保できるかを判断する処理を行う(S1306)。具体的には、ジョブ制御部401は、印刷に間に合わない印刷ジョブから最後の印刷ジョブまでの中で印刷開始が遅い印刷ジョブから1以上の印刷ジョブを削除することで高速なスプーラの空き容量が確保できるかを判断する処理を行う。

0146

S1306において、印刷ジョブを削除しても空き容量が確保できないと判断されると(S1306でNO)、ジョブ制御部401は、UI制御部406を通して印刷に間に合わないことをユーザに通知するように指示する処理を行い(S1309)、処理を終了する。

0147

S1306において、印刷ジョブを削除すると空き容量が確保できると判断されると(S1306でYES)、ジョブ制御部401は、空き容量が確保できるまで、印刷開始が遅い印刷ジョブから順にスプーラから削除する処理を行う(S1307)。そして、ジョブ制御部401は、空き容量を確保すると、印刷ジョブのスプール場所を変更する処理を行う(S1308)。

0148

ジョブ制御部401は、S1308において印刷ジョブのスプール場所を変更すると、ステップS1301に戻り、印刷予測テーブルを更新する処理を行う。

0149

このようにして、ジョブ制御部401は、全てのジョブが印刷に間に合うようになるか、高速なスプーラを使用できなくなって印刷に間に合わないことが確定するまでS1301からS1308を繰り返す。

0150

図14(a)(b)(c)の印刷予測テーブル411の例を用いて、図13の再開処理の流れを具体的に説明する。

0151

図14では、実施形態1と同様に、A4サイズには1ページあたり80の印刷時間がかかるものとして説明する。また、A4サイズの印刷データを印刷データ格納用低速スプーラ409から読み出すのには110の時間がかかり、印刷データ格納用高速スプーラ410から読み出すには50の時間がかかるとして説明する。また、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408からRIPすると印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からRIPするのに比べて20%高速になるものとする。また、エンジンバッファに3ページまで印刷データをためてから印刷開始するものとし、エンジンバッファには4ページまで印刷データをためることが可能として説明する。

0152

まず、図14(a)の印刷予測テーブル411を用いて、4つの印刷ジョブ1401、印刷ジョブ1402、印刷ジョブ1403と印刷ジョブ1404に対して行われる再開処理の流れを具体的に説明する。ここでは、実施形態1又は実施形態2で説明した前処理を行い、図14(a)に示す印刷予測テーブル411を得て、印刷が開始された後に印刷ジョブ1402の1ページ目の印刷中に紙ジャムが発生して、印刷が停止した場合について説明する。

0153

印刷ジョブ1401は、全てのページでRIP時間503に160かかる(1405参照)。また、印刷ジョブ1401は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、1ページを2部ずつ印刷することが設定されている。印刷ジョブ1401は、印刷までの許容時間506が、1ページ目から3ページ目までNA、4ページ目から480となっている(1406参照)。上述した通り、印刷までの許容時間506に制限を設ける必要がない場合は、印刷予測テーブル411にNAのマークを付けている。印刷ジョブ1401の4ページ目のRIP時間は160であり、印刷までの許容時間506である480よりも小さいため、印刷が間に合う。

0154

続いて、印刷ジョブ1402は、全てのページでRIP時間503に120かかる(1407参照)。また、印刷ジョブ1402は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、1ページを1部ずつ印刷することが設定されている(1407参照)。印刷ジョブ1402は、印刷までの許容時間506が、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目がそれぞれ、480、440、400、360となっている(1408参照)。このように、RIPにかかる時間は120であるの対して、1ページを印刷する時間は80であるため、1ページ印刷する毎に印刷までの許容時間506が40ずつ減っていく。印刷ジョブ1402の全てのページでRIPにかかる時間は、印刷までの許容時間506の範囲内であるため、印刷に間に合う。

0155

続いて、印刷ジョブ1403は、全てのページでRIP時間503に160かかる。また、印刷ジョブ1403は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504はA4サイズであり、1ページを2部ずつ印刷するように設定されている(1409参照)。印刷ジョブ1403は、印刷までの許容時間506が、1ページ目から4ページ目まで、全て320となっている(1410参照)。このように、RIPにかかる時間は160であるの対して、1ページを2部印刷する時間は160であるため、印刷までの許容時間506は変わらない。印刷ジョブ1403の全てのページでRIPにかかる時間は、印刷までの許容時間506の範囲内であるため、印刷に間に合う。

0156

続いて、印刷ジョブ1404は、全てのページでRIP時間503に120かかる。また、印刷ジョブ1404は、RIPの結果得られる印刷データの画像サイズ504がA4サイズであり、1ページを1部ずつ印刷する設定となっている(1411参照)。印刷ジョブ1404は、印刷までの許容時間506が1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目がそれぞれ、280、240、200、160となっている(1412参照)。このように、RIPにかかる時間は160であるの対して、1ページを印刷するのには80であるため、1ページ毎に40ずつ印刷までの許容時間506が減っていく。印刷ジョブ1404の全てのページでRIPにかかる時間は、印刷までの許容時間506の範囲内であるため、印刷に間に合う。

0157

以上のような印刷予測テーブル411を得た上で、印刷を開始する。そして、印刷ジョブ1401の印刷が完了し、印刷ジョブ1402の最初のページを印刷中に紙ジャムが発生すると、再印刷が必要となる。

0158

印刷する順番が確定すると、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411を更新する処理を行う(S1401)。

0159

図14(b)は、更新された印刷予測テーブル411である。

0160

印刷予測テーブル411において、印刷完了したものは、印刷までの許容時間506にENDが記載される。本実施形態では、印刷ジョブ1401は、印刷完了しているため、印刷までの許容時間506に、ENDが記載されている(1413)。

0161

そして、印刷ジョブ1402は、再開後に最初に印刷されることになるため、印刷までの許容時間506が更新され、1ページ目から3ページ目までNA、4ページ目は240となる(1414参照)。

0162

印刷ジョブ1403についても同様に、印刷までの許容時間506が更新される。印刷ジョブ1403は、1ページ目から4ページ目の印刷までの許容時間506が全て200となる(1415参照)。印刷ジョブ1403の1ページ目は、印刷ジョブ1402の4ページ目の印刷までの許容時間506が240であり、4ページ目のRIPに120かかり、印刷に80かかるため、印刷までの許容時間506が40減って、200となる。また、印刷ジョブ1403のRIPには160かかるが、2部印刷のため印刷にかかる時間が160であり、印刷にかかる時間内にちょうどRIPが終わるため、2〜4ページにおいて、印刷までの許容時間506は変化しない。

0163

印刷ジョブ1404についても同様には、印刷までの許容時間506が更新される。印刷ジョブ1404は、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目の印刷までの許容時間がそれぞれ、200、160、120、80となる(1416)。印刷ジョブ1404の1ページ目は、印刷ジョブ1403の4ページ目の印刷までの許容時間506が200で、4ページ目を2部印刷すると印刷時間が160であり、RIP時間も160であるため、印刷までの許容時間506は変わらずに200となる。また、印刷ジョブ1404のRIPには120かかるが、印刷に80しかかからないため、2ページ目、3ページ目、4ページ目の印刷までの許容時間506は、それぞれ160、120、80となる。すなわち、印刷ジョブ1404の4ページ目の印刷が間に合わない。

0164

以上の結果から、ジョブ制御部401は、印刷ジョブ1404の4ページ目の印刷が間に合わないため、全ての印刷ジョブが印刷に間に合わないと判断する(S1302でNO)。S1303では、RIPにかかる時間が印刷までの許容時間の範囲外にある印刷ジョブとして、印刷ジョブ1404を特定する。

0165

S1304では、ジョブ制御部401は、より高速なスプーラを使用することで、印刷に間に合うかどうかを判断する処理を行う。

0166

図14(c)は、印刷ジョブ1403を印刷ジョブ格納用低速スプーラ407からのオン・ザ・フライ印刷から、印刷データ格納用低速スプーラ409に保存した場合の印刷予測テーブル411を示している。図14(c)に示すように、印刷ジョブ1403をRIPし、RIP済みデータを印刷データ格納用低速スプーラ409に移すことで、RIPにかかる時間が160から110で済む(1417参照)。また、印刷にかかる時間が160、RIPにかかる時間が50減ることにより、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目の印刷までの許容時間506はそれぞれ、200、250、300、350と、50ずつ増加する(1418参照)。その結果、印刷ジョブ1404は、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目の印刷までの許容時間506がそれぞれ、400、360、320、280となり、印刷に間に合うようになる。

0167

本実施形態では、上述したように、ジョブ制御部401は、1つでも印刷に間に合うスプーラの構成を見つけると、実際により高速なスプーラに空きがあるかどうかを判断する処理(S1305)を行う。実際により高速なスプーラに空きがあると(S1305でYES)、印刷ジョブ又は印刷ジョブに基づく印刷データのスプール場所を変更する処理を行う(S1308)。そして、ジョブ制御部401は、印刷予測テーブル411を元に、全てのジョブが印刷に間にあうかを再度判断し(S1302)、印刷に間に合うと判断すると(S1302でYES)、再開処理は終了する。

0168

本実施形態では、印刷中にロール紙が不足した場合や紙ジャムが発生したりすることで印刷が停止した場合でも、スプール領域のコストを低く抑えつつ、高いスループットを実現することができる。

0169

本実施形態では、図14(c)のように印刷ジョブ1403のスプール場所を変更した場合について説明したが、別の印刷ジョブのスプール場所を変更してもよい。また、印刷に間に合う条件であれば、印刷データ格納用低速スプーラ409ではなく、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408や印刷データ格納用高速スプーラ410などの別のスプーラを選択してもよい。

0170

(他の実施形態)
本発明は、上述した実施形態に限定されるものではない。例えば、上述した実施形態では、印刷ジョブ毎に同じスプーラを使用するものとしたが、これに限定されず、印刷ジョブのページ毎に異なるスプーラを使用するようにしてもよい。この場合は、印刷ジョブ単位ではなく、ページ単位で(例えば、図7のS703、S704、S706の)判断を行うようにすればよい。

0171

上述した実施形態では、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408、印刷データ格納用低速スプーラ409、印刷データ格納用高速スプーラ410を備えるものとしたが、これに限定されるものではない。例えば、印刷ジョブ格納用スプーラと印刷データ格納用スプーラをそれぞれ1ずつ備えるものとしてもよい。この場合は、印刷を実行する印刷ジョブよりも前に実行する印刷ジョブの印刷時間に基づいて、印刷ジョブ格納用スプーラにそのまま保存するか、予めRIPして印刷データ格納用スプーラに保存するかを判定すればよい。また、例えば、印刷ジョブ格納用低速スプーラ407、印刷データ格納用低速スプーラ409、及び印刷データ格納用高速スプーラ410を備え、印刷ジョブ格納用高速スプーラ408を備えないものとしてもよい。この場合は、例えば、実施形態1ではS704及びS705を実行しない処理フローとすればよい。

0172

また、印刷ジョブ507のように最初に印刷する印刷ジョブの少なくとも一部は、印刷予測テーブル411でどんなにRIPに時間がかかってもよいと説明したが、エンジンバッファに早くデータを供給すれば、それだけ早く印刷できる。したがって、最初の印刷ジョブは、より早く印刷データを供給できるスプーラを使用するように決定してもよい。また、説明を簡単にするため同時にRIPできるページを1として説明したが、複数のページを同時にRIPしてもよい。

0173

上述した実施形態では、1ページ毎に予測を行ったが、これに限定されず、複数ページ毎に予測を行ってもよいし、印刷ジョブ毎に予測を行ってもよい。言い換えれば、所定単位は、1ページであってもよいし、複数ページであってもよいし、印刷ジョブであってもよい。

0174

上述した実施形態では、予め画像処理部403によりRIP処理を行って、RIP時間を特定するものとしたが、これに限定されるものではない。例えば、RIP処理を行わず、印刷ジョブのデータサイズや、印刷モード(モノクロモードカラーモード)、データに含まれるオブジェクトの数等に応じて、RIP時間を特定するようにしてもよい。なお、この場合は、全ての印刷ジョブを予め画像処理部403でRIPする必要はなく、印刷データ格納用スプーラに保存すると判定された印刷ジョブについてのみ、RIP処理を行って、印刷データ格納用スプーラに保存してもよい。

0175

上述した実施形態では、対象ページの前のページのRIP時間、対象ページの前のページの印刷までの許容時間、及び対象ページの前のページの印刷時間に基づいて、対象ページの印刷までの許容時間を特定したが、これに限定されるものではない。例えば、さらに、印刷ユニットのメンテナンス時間を考慮してもよい。

0176

上述した実施形態では、処理装置は画像形成装置としたが、これに限定されず、例えば、画像形成装置にネットワーク等を介して接続されたものであってもよい。この場合は、処理装置は、例えば、印刷までの許容時間及び印刷時間を予測する予測部と、画像処理部と、RIP時間を特定する特定部と、印刷データを印刷データ格納手段に格納するか判定する判定部と、を有するものとすればよい。

0177

上述した画像形成装置は、例えば、印刷機能のみを有するシングルファンクションプリンタであっても良いし、印刷機能、FAX機能スキャナ機能等の複数の機能を有するマルチファンクションプリンタであっても良い。

0178

また、上述した実施形態では、特に、連続紙に対する連続印刷のスループットを向上させることができるものであり、記録媒体として連続紙を例に挙げて説明したが、これに限定されるものではなく、カット紙を用いても本発明の効果を得ることができる。

0179

上述した実施形態は、以下の処理を実行することによっても実現される。すなわち、上述した実施形態の機能を実現するソフトウエア(プログラム)を、ネットワーク又は各種記憶媒体を介してシステム或いは装置に供給し、そのシステム或いは装置のコンピュータ(CPUやMPU等)がプログラムを読み出して実行する処理である。また、プログラムは、1つのコンピュータで実行させても、複数のコンピュータを連動させて実行させるようにしてもよい。また、上記した処理の全てをソフトウエアで実現する必要はなく、処理の一部または全部をASIC等のハードウェアで実現するようにしてもよい。また、CPUも1つのCPUで全ての処理を行うものに限らず、複数のCPUが適宜連携をしながら処理を行うものとしてもよい。

0180

401ジョブ制御部
402印刷ジョブ受信部
403画像処理部
404印刷データ格納部
405プリンタエンジン送信部
406 UI制御部
411印刷予測テーブル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ