図面 (/)

技術 電気掃除機

出願人 三菱電機株式会社三菱電機ホーム機器株式会社
発明者 頼田昌美飯塚政義古山拓也岩原明弘
出願日 2014年5月23日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2014-107062
公開日 2015年12月10日 (4年11ヶ月経過) 公開番号 2015-221151
状態 特許登録済
技術分野 電気掃除機(2)
主要キーワード 軟質管 対比表 スレーブマイコン 運動量表示 操作部基板 読み込み情報 マスターマイコン 伸縮構造
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年12月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

外部にデータを出力する電気掃除機において、データの管理の煩雑さを解消すること。

解決手段

課題を解決する為には、電気掃除機において、制御部と、手元操作部を有する把持部と、手元操作部に設けられ把持部を動かした時の動作状態を検出する動作状態検出手段と、動作状態検出手段で検出した動作情報を記憶する記憶手段と、外部端末に情報を送信する情報伝達手段を備え、制御部は、動作状態検出手段と情報伝達手段と記憶手段と接続し、動作状況検出手段より入力される動作情報を所定の区切りの個々の運転情報として記憶手段に記憶し、記憶手段に記憶されている運転情報に関するデータは、情報伝達手段より外部に送信することで、外部端末が読み込むことが可能であり、記憶手段は、運転情報に関するデータを外部端末が読み込んだときに更新される読み込まれた情報を特定する読み込み済み運転情報を記憶する。

概要

背景

従来から、掃除機を用いた掃除動作に伴う消費カロリーを計算し、計算された消費カロリーデータを外部装置へ出力するためのインターフェースを有する電気掃除機がある(例えば、特許文献1参照)。

概要

外部にデータを出力する電気掃除機において、データの管理の煩雑さを解消すること。 課題を解決する為には、電気掃除機において、制御部と、手元操作部を有する把持部と、手元操作部に設けられ把持部を動かした時の動作状態を検出する動作状態検出手段と、動作状態検出手段で検出した動作情報を記憶する記憶手段と、外部端末に情報を送信する情報伝達手段を備え、制御部は、動作状態検出手段と情報伝達手段と記憶手段と接続し、動作状況検出手段より入力される動作情報を所定の区切りの個々の運転情報として記憶手段に記憶し、記憶手段に記憶されている運転情報に関するデータは、情報伝達手段より外部に送信することで、外部端末が読み込むことが可能であり、記憶手段は、運転情報に関するデータを外部端末が読み込んだときに更新される読み込まれた情報を特定する読み込み済み運転情報を記憶する。

目的

本発明は、上記のような課題を解決する為になされたもので、外部端末にデータを出力する電気掃除機において、データの管理の煩雑さを解消した電気掃除機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本体と、該本体に接続された手元操作部を有する把持部と、前記手元操作部に設けられ前記把持部を動かした時の動作状態を検出する動作状態検出手段と、前記動作状態検出手段で検出した動作情報を記憶する記憶手段と、外部端末に情報を送信する情報伝達手段と、各部の制御を行う制御部を備え、前記制御部は、前記動作状態検出手段と前記情報伝達手段と前記記憶手段と接続し、前記動作状況検出手段より入力される前記動作情報を所定の単位で区切られた個々の運転情報として前記記憶手段に記憶し、該記憶手段に記憶されている前記運転情報に関するデータは、前記情報伝達手段より外部に送信することにより、前記外部端末が読み込むことが可能であり、該記憶手段は、前記運転情報に関するデータを前記外部端末が読み込んだときに更新され、かつ読み込まれた情報を特定する、読み込み済み運転情報を記憶することを特徴とする電気掃除機

請求項2

前記記憶手段は、固有識別情報を記憶することを特徴とする請求項1に記載の電気掃除機。

請求項3

前記識別情報は、前記外部端末から取得することを特徴とする請求項2に記載の電気掃除機。

請求項4

前記外部端末が読み込む前記運転情報には、前記識別情報が付加されていることを特徴とする請求項2又は請求項3のいずれかに記載の電気掃除機。

技術分野

0001

本発明は、外部端末にデータを送信する電気掃除機に関する。

背景技術

0002

従来から、掃除機を用いた掃除動作に伴う消費カロリーを計算し、計算された消費カロリーデータを外部装置へ出力するためのインターフェースを有する電気掃除機がある(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2006−68324号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1に記載の電気掃除機は、計算した消費カロリーデータを、単に外部端末へ出力する構成であるため、既に外部端末にて読み込み済みのデータも再度送信することとなり、外部端末側でデータが重複する恐れがあり、データの管理が煩雑となるという課題がある。

0005

本発明は、上記のような課題を解決する為になされたもので、外部端末にデータを出力する電気掃除機において、データの管理の煩雑さを解消した電気掃除機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記の課題を解決するためには、電気掃除機において、本体と、本体に接続された手元操作部を有する把持部と、手元操作部に設けられ把持部を動かした時の動作状態を検出する動作状態検出手段と、動作状態検出手段で検出した動作情報を記憶する記憶手段と、外部端末に情報を送信する情報伝達手段と、各部の制御を行う制御部を備え、制御部は、動作状態検出手段と情報伝達手段と記憶手段と接続し、動作状況検出手段より入力される動作情報を所定の単位で区切られた個々の運転情報として記憶手段に記憶し、記憶手段に記憶されている運転情報に関するデータは、情報伝達手段より外部に送信することにより、外部端末が読み込むことが可能であり、記憶手段は、運転情報に関するデータを外部端末が読み込んだときに更新され、かつ読み込まれた情報を特定する、読み込み済み運転情報を記憶するように構成すればよい。

発明の効果

0007

本発明によれば、外部端末にデータを出力する電気掃除機において、データの管理の煩雑さを解消した電気掃除機を提供することができる。

図面の簡単な説明

0008

実施の形態1に係る電気掃除機の概略構成を示す全体斜視図
実施の形態1に係る電気掃除機の本体を側面方向から見た断面図
実施の形態1に係る電気掃除機の把持部の分解斜視図
実施の形態1に係る電気掃除機の電気的な概略構成を示すブロック図
(a)実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の3軸の検出データを合成した波形図、(b)実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の3軸の検出データを合成した波形の拡大図
実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の動作状態と補正係数対比表
実施の形態1に係る(a)消費カロリー表示の例、(b)運動量表示の例
実施の形態1に係る記憶手段に記録される情報を示す表
実施の形態2に係る記憶手段に記録される情報を示す表

実施例

0009

実施の形態1.
(全体の構成)
図1は、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の概略を示す全体斜視図、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の本体を側面方向から見た断面図である。図1図2により、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機全体の概略構成を説明する。

0010

図1及び図2に示すように、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機は、ホース体1が電気掃除機本体2に接続され、全体で電気掃除機100として構成されている。ホース体1は吸込具3、延長管4、把持部5、ホース7がそれぞれ連結されて構成されている。

0011

電気掃除機本体2の前側には、ホース体1を接続するための接続口8が設けられている。また、電気掃除機本体2の上面後方には、ハンドル9が設けられている。これは電気掃除機本体2を持ち運ぶときに使用するためのもので、樹脂素材で形成されている。

0012

さらに、電気掃除機本体2の上面には、前方から後方に傾斜するように集塵部10が着脱自在に取付けられている。集塵部10は、図2に示す電気掃除機本体2に内包された電動送風機11が、把持部5に設けられた手元操作部6からの入力で駆動することにより発生する吸引風によって、吸込具3から吸い込んだ塵埃を含んだ空気から、塵埃と空気を分離して塵埃を捕集、収容するためのものである。

0013

さらに、電気掃除機本体2には電動送風機11の他、手元操作部6からの入力で電動送風機11の駆動、出力増減等を制御するための本体制御基板12、電動送風機11等に後述する商用電源41から電力供給する図示しない電源コード収納するためのコードリールも内包される。

0014

前述のようにホース体1は吸込具3、延長管4、把持部5、ホース7で構成される。電気掃除機本体2の接続口8に一端が接続されるホース7は、蛇腹のような可撓性を有する軟質管で形成されている。

0015

ホース7のもう一端は、把持部5の一端に接続される。把持部5のもう一端は、延長管4の一端に接続される。延長管4は図示しないが伸縮構造を有しており、掃除をするとき、必要に応じて伸ばして使用することができるようになっていて、硬質の樹脂素材で形成されている。

0016

延長管4のもう一端は、吸込具3に接続される。吸込具3は、前述の電動送風機11が駆動することで発生する吸引風によって、床やカーペット等の被清掃面上にある塵埃を含んだ空気を吸い込むためのもので、延長管4と同様に硬質の樹脂素材で形成されている。

0017

なお、吸込具には、特にカーペットの塵埃を吸引しやすくするための回転ブラシを備えるものと備えないものがあるが、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機には何れのものも使用可能である。

0018

吸込具3は、把持部5によって操る(動かす)ことができる。把持部5をつかんで動かすことで、延長管4を介して連結された吸込具3を前後左右に自在に操ることができ、被清掃面を隈なく掃除することができる。

0019

また、電気掃除機本体2には図1、2に示すように車輪13a及び13bが両側面に、キャスター14が底面に設けられている。これら車輪13a及び13bとキャスター14が、把持部5をつかんでホース7で連結された電気掃除機本体2を動かすときに、床やカーペット等の被清掃面上を移動しやすくしている。
よって、把持部5をつかんで動かすことで、吸込具3を操り電気掃除機本体2を引きまわして掃除を行えるようになる。

0020

(把持部と手元操作部の構成)
把持部5には手元操作部6が設けられている。図3及び図4により、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の把持部と手元操作部の構成を説明する。図3は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の把持部の分解斜視図である。図4は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の電気的な概略構成を示すブロック図である。

0021

把持部5は図3に示すように、把持部本体21に上カバー22を取り付け、側面カバー23a、23bと手元操作部側面カバー24a、24bをそれぞれ取り付けて構成されている。

0022

把持部本体21は硬質の樹脂素材で形成されていて、操作部基板25が取り付けられている。上カバー22は把持部本体21と同様、硬質の樹脂素材で形成されており、手元操作部6が設けられていて、手元操作部6には操作キー26a、26b、26c、26dが設けられている。この手元操作部6には、図1からわかるように操作ボタン26a、26b、26c、26dに対応するボタンの名称等が印刷された印刷物が貼られている。

0023

把持部本体21に取り付けられた操作部基板25には、操作キー26a、26b、26c、26dに対応するスイッチ27a、27b、27c、27d(27a、27b、27cは図示せず)が実装されている。

0024

操作キー26a、26b、26c、26dを押下することで、スイッチ27a、27b、27c、27dがオンあるいはオフされ、例えば操作キー26aで電動送風機11の起動や停止、操作キー26bで出力の増減の操作を行うことができる。

0025

また、図3には示していないが、操作部基板25には、後述する手元制御部32を構成する処理・演算部(スレーブマイコン)33と、把持部5の動作状態、言い換えると把持部5をつかんで動かしている使用者の動作状態を検出する動作状態検出手段34も実装されている。

0026

動作状態検出手段34は3軸の加速度センサーである。3軸の加速度センサーは、X軸、Y軸、Z軸の3方向に対応していて、X軸、Y軸、Z軸の3方向への動き、言い換えると前後方向、左右方向及び上下方向への動きを加速度として検出することができる。
この動作状態検出手段34により、使用者がつかんで動かしている把持部5の動きを検出している。

0027

また、把持部5は、操作部基板25の他に情報伝達手段61が取り付けられている。情報伝達手段61は図示しない信号用電線で操作部基板25と接続されている。情報伝達手段61は、電気掃除機200からの消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方の情報を外部端末である携帯情報端末91に無線で送信するためのものである。

0028

情報の伝達方式としては、情報伝達手段61に携帯情報端末91を近接させて無線で情報を送受信する近接場無線通信、あるいは近接場型無線通信ほど近接させなくても、ある程度近い距離であれば無線で情報の送受信ができる近距離無線通信、あるいは近距離無線通信よりもさらに距離が離れても無線で情報の送受信ができる無線LANなどがある。

0029

本発明の実施の形態12に係る電気掃除機では、情報伝達手段61に携帯情報端末91を近接させて無線で情報を送受信する近接場型無線通信を一例として説明するが、この方式に限定されるものではなく、本発明の実施の形態12に係る電気掃除機は、これら通信手段の何れの方式についても採用可能であり、複数の通信手段を採用することも可能であることを述べておく。

0030

前述のように情報伝達手段61は把持部本体21に取り付けられているので、上カバー22を取り付けると見えなくなる。そのため、情報伝達手段61の位置がわかるように、上カバー22に情報伝達位置表示62が、印刷、あるいは刻印、あるいはシールなどの何れかの手段で設けられている。

0031

(電気的な構成と動作)
次に図4から図6により、本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の電気的な構成と動作を説明する。図4は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の電気的な概略構成を示すブロック図、図5(a)は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の3軸の検出データを合成した波形図、図5(b)は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の3軸の検出データを合成した波形の拡大図、図6は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の動作状態と補正係数の対比表である。

0032

手元操作部に設けられた操作キー26aによりスイッチ27aをオンすると、その信号が手元制御部32の処理・演算部(スレーブマイコン)33に送られて処理され、処理・演算部(スレーブマイコン)33から本体制御部(マスターマイコン)42に電動送風機11を起動する信号を送る。

0033

信号を受けた本体制御部(マスターマイコン)42はスイッチ43をオンさせ、図示しない電源コードで商用電源41に接続された電動送風機11を起動させる。
なお、本体制御部(マスターマイコン)42は、図2に示す本体制御基板12に実装されている。

0034

この状態から再び操作キー26aによりスイッチ27aをオンすると、その信号が手元制御部32の処理・演算部(スレーブマイコン)33に送られて処理され、処理・演算部(スレーブマイコン)33から本体制御部(マスターマイコン)42に電動送風機11を停止する信号を送る。信号を受けた本体制御部(マスターマイコン)42はスイッチ43をオフさせ、電動送風機11を停止させる。

0035

動作状態検出手段34のX軸、Y軸、Z軸の3方向への動きを加速度として検出したデータも手元制御部32の処理・演算部(スレーブマイコン)33に送られる。このそれぞれの方向の加速度のデータは、処理・演算部(スレーブマイコン)33で合成され、合成された加速度として算出される。

0036

図5(a)は合成された加速度の波形を示したもので、掃除動作の開始(電動送風機11の起動時)から掃除動作の終了(電動送風機11の停止時)までの時間の合成した加速度である。掃除動作の開始(電動送風機11の起動時)から掃除動作の終了(電動送風機11の停止時)までの時間は、手元制御部32の計時手段36で計測する。

0037

合成された加速度は、さらに単位時間当たりの平均値を算出し決定している。
図5(b)に示すように、例えば計時手段36で計測した4秒間単位で、最大1.0G、最小−1.0Gであれば平均の加速度1.0G、最大0.9G、最小−0.7Gであれば平均の加速度0.8Gというように、合成された加速度の最大値最小値から平均値を算出している。こうして算出された加速度は、消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方を算出するときの情報として使用される。

0038

処理・演算部(スレーブマイコン)33が消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方を算出するときにMETsという指標を使う。これはMetabolicEquivalentsの略語で運動の代謝量のことをいう。

0039

安静時の代謝量のMETs値を1としたときに、各種運動や作業をしたときの代謝量に相当する数値が設定されており、電気掃除機100を使用した掃除動作のMETs値は3.3と規定されている。

0040

この電気掃除機100を使用した掃除動作のMETs値3.3を用い、次の計算式で電気掃除機100を使用した掃除動作の消費カロリーを算出することができる。なお、1.05は規定の係数である。
消費カロリー[kcal]=1.05×3.3×要した時間[h]×使用者の体重[kg]
個人情報である使用者の体重は、把持部5の手元操作部6に設けられた入力手段31(図3では図示せず)から入力するようになっている。

0041

なお、この実施の形態1では手元操作部6に個別に入力手段31を設けるようにしたが、手元操作部6の操作キー26a、26b、26c、26dから個人情報である使用者の体重を入力するようにしてもよく、個別に入力手段31を設けずに手元操作部6の操作キー26a、26b、26c、26dと入力手段31を兼用することが可能である。

0042

運動量も同様にこのMETs値3.3を用い、次の計算式で電気掃除機100を使用した掃除動作の運動量を算出することができる。運動量はエクササイズ:EXという単位で表される。
運動量[EX]=3.3×要した時間[h]

0043

だが、このMETs値3.3を用いた計算は、必ずしも掃除動作を正しく反映しているとは言えない。なぜならば、このMETs値3.3の掃除動作は一定の同じペースで掃除をしている状態を前提にしているため、実際の掃除動作のように、把持部5を早く動かしたり、遅く動かしたりしているときの運動の強さや弱さの状態を反映していないからである。

0044

そこで、把持部5を早く動かしたり、遅く動かしたりしているときの運動の強さや弱さの状態を反映するよう、加速度毎に処理・演算部(スレーブマイコン)33が消費カロリー、あるいは運動量を算出するときの補正係数を設定している。

0045

図6は本発明の実施の形態1に係る電気掃除機の動作状態検出手段の動作状態と補正係数の対比表である。図6に示すように、例えば加速度0.4Gから0.6Gの範囲を標準のMETs値3.3として補正係数を±0と設定する。

0046

そこから、加速度が弱くなる加速度0.2Gから0.4Gの範囲をMETs値3.3−x1、加速度0.0Gから0.2Gの範囲をMETs値3.3−x2、反対に加速度が強くなる加速度0.6Gから0.8Gの範囲をMETs値3.3+x1、というように補正係数を加減して、前述の計算式に加速度によってMETs値3.3を補正した値を用い、より現実的な消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方を算出している。

0047

前述のように補正した値を用いて、加速度0.0Gから0.2Gの範囲、加速度0.2Gから0.4Gの範囲、加速度0.4Gから0.6Gの範囲というように、加速度の範囲毎に前述の式で消費カロリー、あるいは運動量を算出し、それを合計して掃除動作の消費カロリー、あるいは運動量としている。

0048

算出した消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方の情報は、手元制御部32により情報伝達手段61に備えられた記憶手段63に送り記録させる。記憶した消費カロリー、あるいは運動量あるいはその両方の情報は、把持部5の上カバー22に設けられた情報伝達位置表示62を目印に、携帯情報端末91を情報伝達手段61に近接させると、情報伝達手段61から無線で携帯情報端末91に送信される。

0049

情報伝達手段61から無線で携帯情報端末91に送信するとき、情報伝達手段61には受電コイル64が設けられているので、掃除運転を停止し商用電源41から電力供給がされない状況であっても、携帯情報端末91を近接させることで、携帯情報端末91に備えられている図示しない送電コイルから受電コイル64に電力供給され、情報伝達手段61が起動して情報の送信が可能となる。

0050

掃除運転開始から掃除運転中においても、同様に商用電源41からの電力供給に関係なく携帯情報端末91に備えられている図示しない送電コイルから受電コイル64に電力供給され、情報伝達手段61を起動して情報を送信してもよいが、掃除運転開始から掃除運転中においては、商用電源41からの電力供給により情報伝達手段61から情報を送信するようにしてもよい。

0051

送信された消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方の情報は、図11(a)、(b)に示す表示の一例のように、携帯情報端末91に設けられた表示部92に表示され、使用者が確認できるようになる。なお、ここでは個別に表示した例を示したが、消費カロリーと運動量を同時に表示するようにしてもよい。

0052

以上のように、掃除動作の消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方を算出する際、動作状態検出手段(3軸の加速度センサー)により、掃除動作中に使用者が把持部をつかんで動かしている動きを加速度として検出し、その加速度から運動の強さや弱さに合わせて補正し正確度が向上した信頼性の高い消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方を、携帯情報端末に表示するようにしたので、使用者がその表示内容を容易に確認することができ、使用者が掃除をするときの動機付けとしての効果をもたらすことができる。

0053

次に、図8を参照して、算出した消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方の情報(以下、運動情報という)が、運転情報番号に対応して記憶手段63に記憶され、携帯情報端末91に送信される過程について詳細に説明する。
図8(a)は、初期状態工場出荷時)の記憶手段63に記憶されている運転情報番号とこれに対応する運動情報、最新書き込み運転情報番号、及び、最新読み込み済み運転情報番号を示す表。
図8(b)は、掃除を2回した状態の記憶手段63に記憶されている運転情報番号とこれに対応する運動情報、最新書き込み運転情報番号、及び、最新読み込み済み運転情報番号を示す表。
図8(c)は、掃除を2回した状態で外部端末にて運転情報を込み込んだ状態の記憶手段63に記憶されている運転情報番号とこれに対応する運動情報、最新書き込み運転情報番号、及び、最新読み込み済み運転情報番号を示す表。

0054

ここで、運転情報とは、電気掃除機の運転について、所定の区切りで区切り、個々の運転ごとに算出した消費カロリー、あるいは運動量、あるいはその両方の情報をいう。所定の区切りとは、例えば、電動送風機を動作させてから停止させるまでの間など、1つの運転情報が1回の掃除作業といえるような区切りである。
運転情報番号とは、個々の運転情報に付与され、これらを管理するためのインデックスとなる番号である。
最新書き込み運転情報番号とは、新たに記憶手段63に記録された運転情報を示すものであり、運転情報番号が用いられる。
最新読み込み済み運転情報番号とは、最後に外部端末に込み込まれた運転情報を示す番号であり、運転情報番号が用いられる。

0055

図8(a)を参照すると、初期状態では電気掃除機は使用されていないので、記憶手段63には、運転情報や最新書き込み運転情報番号、最新読み込み済み運転情報番号は、記録されていない。
次に、図8(b)を参照すると、掃除を2回状態であることから、運転情報番号「1」と「2」に、それぞれ1回目の運転情報と2回目の運転情報が記録されている。運転情報は、時系列に管理され、運転情報番号が大きいほど新しい運転情報となる。つまり、最新書き込み運転情報番号が示す「2」が最新の運転情報となる。
尚、図8(b)の状態は、まだ、携帯情報端末91が運転情報を読み取っていない状態であることから、最新読み込み情報は「0」となっている。

0056

次に、図8(b)の状態のときに、携帯情報端末91を情報伝達手段61に近付けることにより、読み取っていない運転情報を読み取り可能な状態となる。この状態で、手元制御部32は、記憶されている最新書き込み運転情報番号と最新読み込み運転情報番号を比較する。
比較の結果、手元制御部32は、最新書き込み運転情報番号と最新読み込み運転情報番号が同じ場合、既に最新の運転情報まで読み込まれたと判断して、情報伝達手段61から運転情報の送信を行わない。

0057

また、比較の結果、手元制御部32は、最新書き込み運転情報番号と最新読み込み運転情報番号が異なる場合、例えば図8(b)の状態の場合、最新読み込み運転情報番号が「0」であり、最新書き込み運転情報番号が「2」であることから、運転情報番号が「1」と「2」の運動情報が込み込まれていないと判断し、情報伝達手段61から、運転情報番号「1」「2」の運転情報を携帯情報端末91に送信する。
そして図8(C)に示すように、手元制御部32は、未読み込みの運転情報の携帯情報端末91への送信処理が完了すると、記憶手段63に記憶する最新読み込み運転情報番号を「2」に書き換える。

0058

以上のように、最新書き込み運転情報番号と最新読み込み運転情報番号を比較して、未読み込みの運動情報を携帯情報端末91が読み込み可能とすることにより、読み込む運動情報が重複することなく、携帯情報端末91が読み込むことができる。

0059

実施の形態2.
次に、図9を参照して、実施の形態2を説明する。尚、実施の形態1と電気掃除機の構成については同様であることから、説明を省略する。
図9(a)は、初期状態(工場出荷時)の記憶手段63に記憶されている運転情報番号とこれに対応する運動情報、最新書き込み運転情報番号、最新読み込み済み運転情報番号、及び、識別情報として記憶されたシリアル番号を示す表。
図9(b)は、初期状態(工場出荷時)の記憶手段63に記憶されている運転情報番号とこれに対応する運動情報、最新書き込み運転情報番号、最新読み込み済み運転情報番号、及び、識別情報として記憶されたランダムな数値を示す表。

0060

本実施の形態の記憶手段63は、運転情報、運転情報番号、最新書き込み運転情報番号、最新読み込み済み運転情報番号に加え、個々の電気掃除機それぞれ固有の識別情報を記憶することができる。
この識別情報は、例えば、工場を出荷する際に、ある決まった個々の識別をするために割り当てられる番号であるシリアル番号を用いてもよい。
また、外部の機器から識別情報を取得して記憶手段63に記録してもよい。例えば、携帯情報端末91と初めて通信を行う際に、携帯情報端末91にインストールされているアプリケーションを用いて、時刻データなどに基づきランダムな番号を算出して、この番号を識別情報として用いることにより、他の電気掃除機と同じ番号となることを避けることができる。

0061

このように記憶手段63に記録された識別番号は、手元制御部32が、未読み込みの運転情報の携帯情報端末91への送信処理を行う際に、個々の運転情報にそれぞれ関連付けられて携帯情報端末91へ送信される。
つまり、運転情報を受け取った携帯情報端末91側では、この運転情報がどの電気掃除機を用いたことによる運転情報かを把握することができるので、一人のユーザーが複数の電気掃除機を使用する場合、個々の電気掃除機ごとの運転情報を読み取り、管理・表示することができる。

0062

1ホース体、2電気掃除機本体、3吸込具、4延長管、5把持部、6手元操作部、7ホース、8 接続口、9ハンドル、10集塵部、11電動送風機、12本体制御基板、13車輪、14キャスター、21 把持部本体、22 上カバー、23a側面カバー、23b 側面カバー、24a 手元操作部側面カバー、24b 手元操作部側面カバー、25操作部基板、26a操作キー、26b 操作キー、26c 操作キー、26d 操作キー、27a スイッチ、27b スイッチ、27c スイッチ、27d スイッチ、31入力手段、32手元制御部、33 処理・演算部(スレーブマイコン)、34動作状態検出手段(3軸加速度センサー)、35 表示手段、36 計時手段、41商用電源、42 本体制御部(マスターマイコン)、43 スイッチ、61情報伝達手段、62 情報伝達位置表示、63 記憶手段、64受電コイル、65 処理・演算部(スレーブマイコン)91携帯情報端末、92 表示部、100 電気掃除機、200 電気掃除機。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • エルジーエレクトロニクスインコーポレイティドの「 掃除機及びその制御方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】自律走行を行う掃除機及びその制御方法を提供する。【解決手段】本発明の一実施形態による自律走行を行う掃除機は、本体と、前記本体を移動させる駆動部と、予め設定された周期毎に前記本体周辺の画像を撮影... 詳細

  • シャープ株式会社の「 電気掃除機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】本発明は、ゴミ除去力や吸込口体の自走力を的確に変化させることができる電気掃除機を提供する。【解決手段】本発明の電気掃除機は、ファン及びファンを回転させるように設けられた第1モータを有する電動送... 詳細

  • 東芝ライフスタイル株式会社の「 電気掃除装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】壁部を掃除できるとともに、壁部の掃除により捕集した塵埃を容易に除去できる電気掃除装置を提供する。【解決手段】電気掃除機11は、本体ケース20と、駆動輪と、側面掃除部50と、制御手段27とを備え... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ