図面 (/)

技術 抗菌・防腐剤および外用組成物

出願人 株式会社ピカソ美化学研究所
発明者 柏倉悦子中橋浩岩崎弘之
出願日 2014年5月14日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2014-114379
公開日 2015年12月7日 (3年8ヶ月経過) 公開番号 2015-218162
状態 特許登録済
技術分野 農薬・動植物の保存 化粧料
主要キーワード 孔雀石 銅複合体 弗化銅 ウスニン酸 ピコリン酸アミド 蟻酸銅 塩基性炭酸銅 クエン酸銅
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年12月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

低濃度で且つ即効性に優れ、特に水系での有用である、抗菌防腐剤および、それを用いた外用組成物を提供する。

解決手段

本発明の抗菌・防腐剤は、ヒバ油銅化合物との混合物を含むことを特徴とする。

概要

背景

従来より、ヒノキチオール医薬化粧品防腐剤として用いられている。また、ヒノキチオールと銅化合物との混合物反応物についても同様に防腐剤として用いられることが知られている。たとえば、特許文献1、2には、銅化合物とヒノキチオールとを含有する組成物抗微生物効果殺菌効果が開示されている。

概要

低濃度で且つ即効性に優れ、特に水系での有用である、抗菌・防腐剤および、それを用いた外用組成物を提供する。 本発明の抗菌・防腐剤は、ヒバ油と銅化合物との混合物を含むことを特徴とする。なし

目的

特開平7−138155号公報特開2002−47123号公報




しかしながら、特許文献1、2に記載のヒノキチオール/銅化合物では、抗菌・防腐力が十分でなく、より少量で即効性を有する抗菌・防腐剤が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ヒバ油銅化合物との混合物を含有することを特徴とする防腐剤

請求項2

前記銅化合物は、孔雀石抽出物またはグルコン酸銅であることを特徴とする請求項1に記載の防腐剤。

請求項3

ヒバ油に含まれているヒノキチオールと、銅化合物における銅とのモル比が、1:0.8〜1:1.2であることを特徴とする請求項1または2に記載の防腐剤。

請求項4

界面活性剤を含むことを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の防腐剤。

請求項5

請求項1〜4のいずれか1項に記載の防腐剤を含むことを特徴とする外用組成物

請求項6

前記ヒバ油に含まれているヒノキチオールは、外用組成物において0.005重量%未満であることを特徴とする請求項5に記載の外用組成物。

技術分野

0001

本発明は、ヒバ油銅化合物との混合物を含有する抗菌防腐剤および外用組成物に関する。

背景技術

0002

従来より、ヒノキチオール医薬化粧品の防腐剤として用いられている。また、ヒノキチオールと銅化合物との混合物、反応物についても同様に防腐剤として用いられることが知られている。たとえば、特許文献1、2には、銅化合物とヒノキチオールとを含有する組成物抗微生物効果殺菌効果が開示されている。

先行技術

0003

特開平7−138155号公報特開2002−47123号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1、2に記載のヒノキチオール/銅化合物では、抗菌・防腐力が十分でなく、より少量で即効性を有する抗菌・防腐剤が望まれている。

0005

本発明は、上記問題点に鑑みなされたものであり、ヒバ油と銅化合物とを含有する抗菌・防腐剤およびそれを用いた外用組成物を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明者らは、ヒバ油と、銅化合物との混合させることにより、抗菌・防腐性が向上し、低濃度で効果があることを見出し、本発明を完成するに至った。
すなわち、本発明の抗菌・防腐剤は、ヒバ油および銅化合物を含むことを特徴としている。

発明の効果

0007

本発明の抗菌・防腐剤は、低濃度で且つ即効性に優れるため、この抗菌・防腐剤を含有する組成物において優れた抗菌・防腐効果を有する。

0008

以下、本発明の実施形態について説明する。

0009

本発明の抗菌・防腐剤は、ヒバ油と銅化合物との混合物を含有することを特徴としている。
上記ヒバ油と銅化合物との混合物は、驚くべきことに、低濃度においても良好な抗菌・防腐性を有し、特にカンジダアルビカンスに対して低濃度においても特異的に抗菌・防腐性を有する。

0010

本発明で用いられるヒバ油は、タイワンヒノキや青森ヒバから抽出された精油であり、ヒノキチオールと、それ以外の天然成分を含む混合物である。

0011

上記銅化合物としては、特に限定がなく従来公知のものを広く使用できるが、例えば塩化銅(I)、酢酸銅(II)、塩化アンモニウム銅(II)、臭化銅(I)、臭化銅(II)、臭化銅(I)−硫化ジメチル錯体炭酸銅(II)、クエン酸銅(II)、シアン化銅(I)、4−シクロヘキシル酪酸銅、塩化アンモニウム銅(II)、二燐酸銅(II)、弗化銅(II)、蟻酸銅(II)、グルコン酸銅(II)、水酸化銅(II)、沃化銅(I)、ナフテン酸銅硝酸銅(II)、オレイン酸銅(II)、蓚酸銅(II)、酸化銅(II)、燐酸銅(II)、フタル酸銅(II)、塩化カリウム銅(II)、ロダン化銅(I)、硫酸銅(II)、硫化銅(II)、チオシアン酸銅(I)、ウスニン酸銅(II)、アデノシン三リン酸銅、アセチルメチオニン銅、アスパラギン酸銅、銅クロロフィル銅クロロフィリンナトリウムピロリドンカルボン酸銅、ヒノキチオール銅、ニコチン酸銅化合物、ニコチン酸アミド銅化合物、ピコリン酸銅化合物、ピコリン酸アミド銅化合物、青銅孔雀石、孔雀石抽出物、ならびにアミノ酸ペプチドから選ばれる化合物銅塩銅錯体および銅複合体等を挙げることができる。アミノ酸、ペプチドから選ばれる化合物の銅塩、銅錯体及び銅複合体としては、たとえば、アスパラギン酸、アセチルメチオニン銅、トリペプチド−1銅、酢酸ビス(トリペプチド−1)銅、塩基性炭酸銅、(銀/銅)ゼオライト、(銅クロロフィリンNa/亜硫酸水素Na)複合物PCAメチルシラノールアセチルチロシネートメチルシラノール銅、サッカロミセス/銅培養物EDTA−2Na/銅等が挙げられる。本発明では、これら銅化合物を1種単独で使用してもよいし、2種以上混合して使用してもよい。上記銅化合物の中でも、孔雀石抽出物、グルコン酸銅が好ましいものとして挙げられる。

0012

上記ヒバ油と銅化合物との混合物においては、ヒバ油に含まれるヒノキチオールと銅とのモル比が1:0.8〜1:1.2であることが好ましい。この範囲では、ヒバ油に含まれるヒノキチオールと銅とが塩や錯体を形成しやすくなる。
外用組成物に上記ヒバ油と銅化合物との混合物を添加する場合には、防腐力を十分発揮させるために、ヒノキチオールの割合が、0.00001〜0.01重量%であることが好ましく、0.0001〜0.005重量%であることがより好ましい。

0013

上記ヒバ油と銅化合物との混合物を、水性組成物に配合する際には、界面活性剤可溶化させて使用することが好ましい。上記界面活性剤としては、特に限定されるものではないが、例えば、陰イオン界面活性剤非イオン界面活性剤両性界面活性剤又は陽イオン界面活性剤を挙げることできる。中でも、非イオン界面活性剤が好ましく、可溶化の観点から特にショ糖脂肪酸エステルが好ましい。
上記ショ糖脂肪酸エステルにおける脂肪酸としては、炭素数8〜22の飽和、不飽和のいずれの脂肪酸でも良く、直鎖状分岐状のいずれでも良く、また、これらの混合物でも良い。これらの脂肪酸としては、ラウリン酸ミリスチン酸パルミチン酸ステアリン酸イソステアリン酸オレイン酸などが挙げられる。
上記界面活性剤のHLBは、可溶化の観点から16以上であることが好ましい。また、エステル化度は特に限定されず、数種類のエステル化度の混合物でも良い。
本発明で使用される界面活性剤中でも特に好ましいものとしては、ショ糖ラウリン酸エステルが挙げられる。

0014

本発明の防腐剤および外用組成物に使用される溶剤としては、水、エタノール、1,3−プロパンジオールグリセリン、1,3−ブチレングリコールプロピレングリコールジグリセリンカルビトールヘキシレングリコール、PEG、イソプロパノール等が挙げられる。
また、本発明の外用組成物におけるpHは、3〜9が好ましい。このpHの調整は、従来公知の方法にて、塩酸クエン酸等の酸や、水酸化ナトリウムアルギニン等の塩基により調整すればよい。さらに、安定性の観点から、クエン酸緩衝液リン酸緩衝液等の緩衝液にてpHを一定に保つことが好ましい。

0015

本発明の防腐剤は、通常外用剤化粧料に用いられる原料、例えば香料色素、界面活性剤、油分、保湿剤アルコール類増粘剤酸化防止剤金属イオン封鎖剤着色防止剤紫外線吸収散乱剤ビタミン類アミノ酸類栄養剤抗炎症剤血管拡張剤ホルモン剤収斂剤抗ヒスタミン剤皮脂抑制剤角質剥離溶解剤、抗脂漏剤、鎮痒剤などの薬剤を配合してもよい。これにより、化粧料や外用医薬として好適に使用できる。つまり、本発明の防腐剤は、他の化粧品や原料等に添加して使用される。
本発明の外用組成物は、そのままで、化粧料や外用医薬として使用できる。また、化粧料としては、化粧水乳液クリームヘアトニック等に適用される。

0016

0017

以下、実施例によって本発明を具体的に説明するが、これらは本発明の範囲を限定するものではない。

0018

<抗菌・防腐剤の調製>
下記表1の組成に基づき、抗菌・防腐剤A〜Fを調製した。

0019

<実施例、比較例>
上記抗菌・防腐剤A〜Fを用い、下記表2の組成に基づき、実施例および比較例に係る組成物を得た。これらの実施例、比較例の組成物を検体として、ハロー試験を実施した。ハロー試験は、50μLの検体を浸み込ませて室温で乾燥させた8mmの円形ろ紙を、菌濃度を106個/mL〜107個/mLに調製した試験菌液と十分混釈凝固させた寒天培地上に置き、35℃〜37℃で36時間培養後に、ハローを測定した。菌としては、黄色ブドウ球菌(SCD寒天培地)、カンジダアルビカンス(GP寒天培地)のそれぞれで行った。
その結果を測定方法は表2に示す。

0020

0021

驚くべきことに、ヒバ油と銅化合物との混合系においてのみ、上記低濃度にて、カンジダアルビカンスに対してもハローが観察された。つまり、このヒバ油と銅化合物との混合系では、低濃度で抗菌・防腐力が高いことが明らかとなった。

実施例

0022

0023

本発明の抗菌・防腐剤および外用組成物は、ヒバ油と銅化合物との混合物を含んでおり、少量にて抗菌・防腐効果を有するため、汎用性に富む。したがって、化粧品、医薬品等の種々の製品に適用することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ