図面 (/)

技術 液晶表示装置

出願人 三星ディスプレイ株式會社
発明者 倉學旋辛哲張在洙申旗徹柳長韋呉浩吉金加恩李世賢鄭孝珠
出願日 2015年4月21日 (5年8ヶ月経過) 出願番号 2015-086731
公開日 2015年11月24日 (5年1ヶ月経過) 公開番号 2015-210526
状態 特許登録済
技術分野 液晶5(電極、アクティブマトリックス) 液晶3-2(配向部材)
主要キーワード 基本電極 微細スリット 基本領域 枝電極 ゲートオン信号 改良形態 無機絶縁物 基準電圧線
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年11月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

側面視認性を正面視認性に近づけながらも開口率の低下なしに2つの副画素電極間の境界部の液晶分子が制御可能であり、輝度が増大される液晶表示装置を提供する。

解決手段

第1の基板上に形成され、互いに分離されている第1の副画素電極及び第2の副画素電極を有する画素電極と、前記第1の基板と向かい合う第2の基板上に形成される共通電極と、前記第1及び第2の基板との間に配設される液晶層とを備え、前記第1の副画素電極は、第1の板状部分と、それから延出する複数の第1の枝電極とを備え、前記第2の副画素電極は、前記第1の枝電極の周りを取り囲むように形成されている第2の板状部分と、それから延出する複数の第2の枝電極とを備え、前記第1の副画素電極に印加される第1の電圧と前記共通電極に印加される共通電圧との差分は、前記第2の副画素電極に印加される第2の電圧と前記共通電圧との差分よりも大きい液晶表示装置。

概要

背景

液晶表示装置は、現在最も幅広く用いられている平板表示装置の1つであり、画素電極共通電極など電場生成電極(field generating electrode)が形成されている2枚のパネルと、これらの間に挟持されている液晶層と、を備える。液晶表示装置は、電場生成電極に電圧印加して液晶層に電場を生成し、これにより液晶層の液晶分子の方向を決定し、入射光偏光を制御することにより映像を表示する。

液晶表示装置の中でも、電場が印加されていない状態で液晶分子をその長軸がパネルに対して垂直をなすように配列した垂直配向方式(vertically aligned mode)液晶表示装置が開発されている。

垂直配向方式の液晶表示装置においては、広視野角の確保が重要な問題であり、このために、電場生成電極に微細スリットなどの切欠部を形成して複数のドメインを形成するなどの方法を用いる。

画素電極に微細スリットを形成して、複数の枝電極を持たせる方法の場合、各ドメインの中心領域においても液晶分子が制御可能であるが、液晶表示装置の開口率が減少してしまう。

一方、垂直配向方式の液晶表示装置の場合には、側面視認性を正面視認性に近づけるために、1つの画素を2つの副画素に分割し、2つの副画素の電圧を異ならせて印加することにより透過率を異ならせる方法が提示されている。

このように、1つの画素を2つの副画素に分割する場合、2つの副画素間境界部において液晶分子の挙動不規則になり、2つの副画素間の境界部において透過率が低下する。

概要

側面視認性を正面視認性に近づけながらも開口率の低下なしに2つの副画素電極間の境界部の液晶分子が制御可能であり、輝度が増大される液晶表示装置を提供する。第1の基板上に形成され、互いに分離されている第1の副画素電極及び第2の副画素電極を有する画素電極と、前記第1の基板と向かい合う第2の基板上に形成される共通電極と、前記第1及び第2の基板との間に配設される液晶層とを備え、前記第1の副画素電極は、第1の板状部分と、それから延出する複数の第1の枝電極とを備え、前記第2の副画素電極は、前記第1の枝電極の周りを取り囲むように形成されている第2の板状部分と、それから延出する複数の第2の枝電極とを備え、前記第1の副画素電極に印加される第1の電圧と前記共通電極に印加される共通電圧との差分は、前記第2の副画素電極に印加される第2の電圧と前記共通電圧との差分よりも大きい液晶表示装置。

目的

本発明が解決しようとする技術的課題は、側面視認性を正面視認性に近づけながらも液晶表示装置の開口率の低下なしに2つの副画素電極間の境界部の液晶分子が制御可能な液晶表示装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第1の基板と、前記第1の基板の上に形成されており、互いに分離されている第1の副画素電極及び第2の副画素電極を有する画素電極と、前記第1の基板と向かい合う第2の基板と、前記第2の基板の上に形成されている共通電極と、前記第1の基板と前記第2の基板との間に配設される液晶層と、を備え、前記第1の副画素電極は、第1の板状部分と、前記第1の板状部分から延出する複数の第1の枝電極と、を備え、前記第2の副画素電極は、前記第1の枝電極の周りを取り囲むように形成されている第2の板状部分と、前記第2の板状部分から延出する複数の第2の枝電極と、を備え、前記第1の副画素電極に印加される第1の電圧と前記共通電極に印加される共通電圧との差分は、前記第2の副画素電極に印加される第2の電圧と前記共通電圧との差分よりも大きい液晶表示装置

請求項2

前記第1の副画素電極の前記第1の板状部分は、ひし形の平面状を有し、前記第2の副画素電極の前記第2の板状部分は、複数の四角形が合わせられた平面状を有する請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項3

前記第1の副画素電極の前記複数の第1の枝電極は、異なる方向に延びている第1の微細枝部と、第2の微細枝部と、第3の微細枝部と、第4の微細枝部とを備え、前記第2の副画素電極の前記複数の第2の枝電極は、異なる方向に延びている第5の微細枝部と、第6の微細枝部と、第7の微細枝部と、第8の微細枝部とを備える請求項2に記載の液晶表示装置。

請求項4

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の間隔が4μm以下である場合、前記第1の副画素電極に印加される電圧に対する第2の副画素電極に印加される電圧の割合は、0.83以下である請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項5

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の間隔が4μmよりも大きく且つ4.5μm以下である場合、前記第1の副画素電極に印加される電圧に対する第2の副画素電極に印加される電圧の割合は、0.75以下である請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項6

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の間隔が5μm以上である場合、前記第1の副画素電極に印加される電圧に対する第2の副画素電極に印加される電圧の割合は、0.7以下である請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項7

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の画素電極の前記第1の板状部分の全体幅の1/2は、25μm以下である請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項8

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第2の画素電極の前記第2の板状部分の幅は、25μm以下である請求項7に記載の液晶表示装置。

請求項9

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極の長さは、25μm以下である請求項7に記載の液晶表示装置。

請求項10

前記第1の副画素電極の前記第1の板状部分の周縁は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも大きいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項11

前記第2の副画素電極の前記第2の板状部分の周縁は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも大きいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項10に記載の液晶表示装置。

請求項12

前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の境界部は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも大きいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項11に記載の液晶表示装置。

請求項13

前記第1の副画素電極の前記第1の枝電極は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも小さいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項12に記載の液晶表示装置。

請求項14

前記第2の副画素電極の前記第2の板状部分の周縁は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも大きいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項15

前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の境界部は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも大きいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項14に記載の液晶表示装置。

請求項16

前記第1の副画素電極の前記第1の枝電極は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも小さいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項15に記載の液晶表示装置。

請求項17

前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の境界部は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも大きいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項18

前記第1の副画素電極の前記第1の枝電極は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも小さいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項17に記載の液晶表示装置。

請求項19

前記第1の副画素電極の前記第1の枝電極は、前記ゲート線と45°又は135°の角度をなすか、あるいは、45°よりも小さいかあるいは135°よりも小さい角度をなす請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項20

前記第2の板状部分の幅は、前記第1の板状部分の幅よりも狭い請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項21

前記第2の板状部分と隣り合う前記第1の枝電極の先端の幅は、前記第1の枝電極の他の部分の幅よりも広い請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項22

前記第2の板状部分と前記第2の枝電極との間の境界部における前記第2の枝電極の幅は、前記第2の枝電極の他の部分の幅よりも狭い請求項21に記載の液晶表示装置。

請求項23

前記第1の副画素電極は、前記第1の枝電極を備えず、前記第1の板状部分のみよりなる請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項24

前記画素電極の下に配設される絶縁膜をさらに備え、前記絶縁膜は、前記第1の副画素電極の下に配設される第1の部分と、前記第2の副画素電極の下に配設される第2の部分と、を備え、前記第1の部分の高さは、前記第2の部分の高さよりも高い請求項1に記載の液晶表示装置。

請求項25

前記第1の部分と前記第2の部分との間の境界は、前記第2の画素電極の前記第2の板状部分と重なり合うか、あるいは、前記第1の画素電極の前記第1の枝電極と重なり合う請求項24に記載の液晶表示装置。

請求項26

前記第1の部分と前記第2の部分との間の境界は、前記第2の画素電極の前記第2の板状部分と重なり合い、前記第2の部分は、前記基板となす勾配が異なる複数の領域を備える請求項24に記載の液晶表示装置。

技術分野

0001

本発明は、液晶表示装置に関する。

背景技術

0002

液晶表示装置は、現在最も幅広く用いられている平板表示装置の1つであり、画素電極共通電極など電場生成電極(field generating electrode)が形成されている2枚のパネルと、これらの間に挟持されている液晶層と、を備える。液晶表示装置は、電場生成電極に電圧印加して液晶層に電場を生成し、これにより液晶層の液晶分子の方向を決定し、入射光偏光を制御することにより映像を表示する。

0003

液晶表示装置の中でも、電場が印加されていない状態で液晶分子をその長軸がパネルに対して垂直をなすように配列した垂直配向方式(vertically aligned mode)液晶表示装置が開発されている。

0004

垂直配向方式の液晶表示装置においては、広視野角の確保が重要な問題であり、このために、電場生成電極に微細スリットなどの切欠部を形成して複数のドメインを形成するなどの方法を用いる。

0005

画素電極に微細スリットを形成して、複数の枝電極を持たせる方法の場合、各ドメインの中心領域においても液晶分子が制御可能であるが、液晶表示装置の開口率が減少してしまう。

0006

一方、垂直配向方式の液晶表示装置の場合には、側面視認性を正面視認性に近づけるために、1つの画素を2つの副画素に分割し、2つの副画素の電圧を異ならせて印加することにより透過率を異ならせる方法が提示されている。

0007

このように、1つの画素を2つの副画素に分割する場合、2つの副画素間境界部において液晶分子の挙動不規則になり、2つの副画素間の境界部において透過率が低下する。

発明が解決しようとする課題

0008

本発明が解決しようとする技術的課題は、側面視認性を正面視認性に近づけながらも液晶表示装置の開口率の低下なしに2つの副画素電極間の境界部の液晶分子が制御可能な液晶表示装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0009

本発明の実施形態による液晶表示装置は、第1の基板と、前記第1の基板の上に形成されており、互いに分離されている第1の副画素電極及び第2の副画素電極を有する画素電極と、前記第1の基板と向かい合う第2の基板と、前記第2の基板の上に形成されている共通電極と、前記第1の基板と前記第2の基板との間に配設される液晶層と、を備え、前記第1の副画素電極は、第1の板状部分と、前記第1の板状部分から延出する複数の第1の枝電極と、を備え、前記第2の副画素電極は、前記第1の枝電極の周りを取り囲むように形成されている第2の板状部分と、前記第2の板状部分から延出する複数の第2の枝電極と、を備え、前記第1の副画素電極に印加される第1の電圧と前記共通電極に印加される共通電圧との差分は、前記第2の副画素電極に印加される第2の電圧と前記共通電圧との差分よりも大きい。

0010

前記第1の副画素電極の前記第1の板状部分は、ひし形の平面状を有し、前記第2の副画素電極の前記第2の板状部分は、複数の台形が合わせられた平面状を有していてもよい。

0011

前記第1の副画素電極の前記複数の第1の枝電極は、異なる方向に延びている第1の微細枝部と、第2の微細枝部と、第3の微細枝部及び第4の微細枝部を備え、前記第2の副画素電極の前記複数の第2の枝電極は、異なる方向に延びている第5の微細枝部と、第6の微細枝部と、第7の微細枝部及び第8の微細枝部を備えていてもよい。

0012

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の間隔が約4μm以下である場合、前記第1の副画素電極に印加される電圧に対する第2の副画素電極に印加される電圧の割合は、約0.83以下であってもよい。

0013

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の間隔が約4μmよりも大きく且つ約4.5μm以下である場合、前記第1の副画素電極に印加される電圧に対する第2の副画素電極に印加される電圧の割合は、約0.75以下であってもよい。

0014

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の間隔が約5μm以上である場合、前記第1の副画素電極に印加される電圧に対する第2の副画素電極に印加される電圧の割合は、約0.7以下であってもよい。

0015

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第1の画素電極の前記第1の板状部分の全体幅の1/2は、約25μm以下であってもよい。

0016

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極のうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した前記第2の画素電極の前記第2の板状部分の幅は、約25μm以下であってもよい。

0017

前記複数の第1の枝電極及び前記複数の第2の枝電極の長さは、約25μm以下であってもよい。

0018

前記第1の副画素電極の前記第1の板状部分の周縁は、前記ゲート線と約45°又は約135°の角度をなすか、あるいは、約45°よりも大きいかあるいは約135°よりも小さい角度をなしてもよい。

0019

前記第2の副画素電極の前記第2の板状部分の周縁は、前記ゲート線と約45°又は約135°の角度をなすか、あるいは、約45°よりも大きいかあるいは約135°よりも小さい角度をなしてもよい。

0020

前記第1の副画素電極と前記第2の副画素電極との間の境界部は、前記ゲート線と約45°又は約135°の角度をなすか、あるいは、約45°よりも大きいかあるいは約135°よりも小さい角度をなしてもよい。

0021

前記第1の副画素電極の前記第1の枝電極は、前記ゲート線と約45°又は約135°の角度をなすか、あるいは、約45°よりも小さいかあるいは約135°よりも小さい角度をなしてもよい。

0022

前記第2の板状部分の幅は、前記第1の板状部分の幅よりも狭くてもよい。

0023

前記第2の板状部分と隣り合う前記第1の枝電極の先端の幅は、前記第1の枝電極の他の部分の幅よりも広くてもよい。

0024

前記第2の板状部分と前記第2の枝電極との間の境界部における前記第2の枝電極の幅は、前記第2の枝電極の他の部分の幅よりも狭くてもよい。

0025

前記第1の副画素電極は、前記第1の枝電極を備えず、前記第1の板状部分のみよりなってもよい。

0026

前記液晶表示装置は、前記画素電極の下に配設される絶縁膜をさらに備え、前記絶縁膜は、前記第1の副画素電極の下に配設される第1の部分と、前記第2の副画素電極の下に配設される第2の部分と、を備え、前記第1の部分の高さは、前記第2の部分の高さよりも高くてもよい。

0027

前記第1の部分と前記第2の部分との間の境界は、前記第2の画素電極の前記第2の板状部分と重なり合うか、あるいは、前記第1の画素電極の前記第1の枝電極と重なり合ってもよい。

0028

前記第1の部分と前記第2の部分との間の境界は、前記第2の画素電極の前記第2の板状部分と重なり合い、前記第2の部分は、前記基板となす勾配が異なる複数の領域を備えていてもよい。

発明の効果

0029

本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、 側面視認性を正面視認性に近づけながらも液晶表示装置の開口率の低下なしに2つの副画素電極間の境界部の液晶分子が制御可能であり、液晶表示装置の輝度が増大される。

図面の簡単な説明

0030

本発明の一実施形態による液晶表示装置の配置図である。
図1の液晶表示装置をII-II線に沿って切り取った断面図である。
本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の一実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す概念図である。
本発明の一実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。
本発明の第1の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第1の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第1の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第1の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第1の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第2の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第2の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第3の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の第3の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の第4の実験例の結果を示すグラフである。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。
本発明の第5の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の一部を示す断面図であり、図29のXXIX-XXIX’線に沿って切り取った断面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の一部を示す断面図であり、図29のXXIX-XXIX’線に沿って切り取った断面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。
本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の一部を示す断面図であり、図32のXXII-XXII’線に沿って切り取った断面図である。
本発明の第6の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。

実施例

0031

以下、添付図面に基づき、本発明の好適な実施形態について本発明が属する技術分野において通常の知識を有する者が実施できる程度に詳細に説明する。しかしながら、本発明は、様々な異なる形態により実現可能であり。ここで説明される実施形態に何ら限定されない。

0032

図中、様々な層及び領域の厚さは、明確性を図るために誇張されている。明細書全体に亘って同じ部分に対しては同じ図面符号を付する。なお、層、膜、領域、板などの部分が他の部分の「上」にあるとしたとき、それは、他の部分の「真上」にある場合だけではなく、これらの間にさらに他の部分がある場合も含む。逆に、ある部分が他の部分の「直上」にあるとしたとき、これらの間に他の部分がないことを意味する。

0033

以下、図1及び図2に基づき、本発明の一実施形態による液晶表示装置について説明する。図1は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の配置図であり、図2は、図1の液晶表示装置をII-II線に沿って切り取った断面図である。

0034

図1及び図2を参照すると、本発明の一実施形態による液晶表示装置は、相対向する下部パネル100及び上部パネル200と、これらの2枚のパネル100、200の間に挟持されている液晶層3及びパネル100、200の外側面に付着されている一対の偏光子(図示せず)を備える。

0035

まず、下部パネル100について説明する。

0036

第1の基板110の上にゲート線121と、基準電圧線131及びストレージ電極135が形成されている。ゲート線121は、主として横方向に延びてゲート信号を伝達する。

0037

ゲート線121は、第1のゲート電極124aと、第2のゲート電極124bと、第3のゲート電極124c及び他の層又は外部駆動回路との接続のための広い端部(図示せず)を備える。

0038

基準電圧線131はゲート線121と平行に延びていてもよく、拡張部136を有し、拡張部136は、後述する第3のドレイン電極175cと接続されている。

0039

基準電圧線131は、画素領域を取り囲む維持電極135を備える。

0040

ゲート線121と、基準電圧線131及び維持電極135の上には、ゲート絶縁膜(gate insulating layer)140が形成されている。

0041

ゲート絶縁膜140の上には、非晶質又は結晶質ケイ素製の第1の半導体154aと、第2の半導体154b及び第3の半導体154cが形成されている。

0042

第1の半導体154aと、第2の半導体154b及び第3の半導体154cの上には、複数のオーミックコンタクト(ohmic contact)163a、163b、163c、165a、165b、165cが形成されている。半導体154a、154b、154cが酸化物半導体である場合、オーミックコンタクトは省略可能である。

0043

オーミックコンタクト163a、163b、163c、165a、165b、165c及びゲート絶縁膜140の上には、第1のソース電極173a及び第2のソース電極173bを有するデータ線171と、第1のドレイン電極175a、第2のドレイン電極175b、第3のソース電極173c及び第3のドレイン電極175cを有するデータ導電体171、173a、173b、173c、175a、175b、175cが形成されている。

0044

第2のドレイン電極175bは、第3のソース電極173cと接続されている。

0045

第1のゲート電極124aと、第1のソース電極173a及び第1のドレイン電極175aは、第1の半導体154aとともに第1の薄膜トランジスタQaを形成し、薄膜トランジスタのチャンネル(channel)は、第1のソース電極173aと第1のドレイン電極175aとの間の半導体の部分154aに形成される。これと同様に、第2のゲート電極124bと、第2のソース電極173b及び第2のドレイン電極175bは、第2の半導体154bとともに第2の薄膜トランジスタQbを形成し、薄膜トランジスタのチャンネルは、第2のソース電極173bと第2のドレイン電極175bとの間の半導体の部分154bに形成され、第3のゲート電極124cと、第3のソース電極173c及び第3のドレイン電極175cは、第3の半導体154cとともに第3の薄膜トランジスタQcを形成し、薄膜トランジスタのチャンネルは、第3のソース電極173cと第3のドレイン電極175cとの間の半導体の部分154cに形成される。

0046

データ導電体171、173a、173b173c、175a、175b、175c及び露出された半導体154a、154b、154c部分の上には、窒化ケイ素又は酸化ケイ素などの無機絶縁物製の保護膜(passivation layer)180が形成されている。

0047

保護膜180の上には、カラーフィルター230が配設される。

0048

カラーフィルター230が配設されていない領域及びカラーフィルター230の一部の上には、遮光部材(light blocking member)(図示せず)が配設されていてもよい。遮光部材は、ブラックマトリックス(black matrix)とも呼ばれ、光漏れを防ぐ。

0049

カラーフィルター230の上には、キャッピング膜(cappinglayer)80が配設される。キャッピング膜80は、カラーフィルター230が浮き上がることを防ぎ、カラーフィルターから流入する溶剤(solvent)などの有機物による液晶層3の汚染を抑えて画面駆動時に招かれる残像などの不良を防ぐ。

0050

キャッピング膜80の上には、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191が形成されている。第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bは、図3に示す基本電極199又はその変形を1つ以上備えている。

0051

第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bは、所定の間隔だけ隔てられている。

0052

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0053

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。板状(plate shape)とは、分割のない一枚板の形状をいう。

0054

すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0055

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、後述する共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0056

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを含む。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0057

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0058

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0059

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121と略45°又は135°の角度をなす。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0060

保護膜180及びキャッピング膜80には、第1のドレイン電極175aの一部分を露出させる第1のコンタクトホール185a及び第2のドレイン電極175bの一部分を露出させる第2のコンタクトホール185bが形成されている。ゲート絶縁膜140と、保護膜180及びキャッピング膜80には、基準電圧線131の拡張部136及び第3のドレイン電極175cを露出させる第3のコンタクトホール185cが形成されている。

0061

第1の副画素電極191aの第1の拡張部195aは、第1のコンタクトホール185aを介して第1のドレイン電極175aに物理的・電気的に接続され、第2の副画素電極191bの第2の拡張部195bは、第2のコンタクトホール185bを介して第2のドレイン電極175bと物理的・電気的に接続される。

0062

第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bには、第1のコンタクトホール185a及び第2のコンタクトホール185bを介してそれぞれ第1のドレイン電極175a及び第2のドレイン電極175bからデータ電圧が印加される。

0063

第3のコンタクトホール185cを介して露出されている基準電圧線131の拡張部136及び第3のドレイン電極175cの上には接続部材195が形成されており、接続部材195を介して、第3のドレイン電極175cは基準電圧線131の拡張部136と物理的・電気的に接続されている。

0064

次いで、上部パネル200について説明する。

0065

第2の絶縁基板210の上に遮光部材220及び共通電極270が形成されている。

0066

共通電極270は、複数の十字状の切欠部271を有する。共通電極270の十字状の切欠部271は、図3に示すように、電場生成電極の基本領域ごとに1つずつ配設され、互いに接続されてもよい。

0067

図示の実施形態において、上部パネル200に遮光部材220が形成されていると説明したが、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の場合、遮光部材220は下部パネル100の上に配設されてもよく、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の場合、カラーフィルターは上部パネル200に配設されてもよい。

0068

パネル100、200の内側面には、配向膜(alignment layer)(図示せず)が形成されており、これらは垂直配向膜であってもよい。

0069

2枚のパネル100、200の外側面には偏光子(polarizer)(図示せず)が配備されているが、2つの偏光子の透過軸は直交し、これらのうちの一方の透過軸はゲート線121に対して平行であることが好ましい。しかしながら、偏光子は2枚のパネル100、200のうちのいずれか一方の外側面にのみ配置されてもよい。

0070

液晶層3は負の誘電率異方性を有し、液晶層3の液晶分子は、電場がない状態でその長軸が2枚のパネル100、200の表面に対して垂直になるように配向されている。このため、電場がない状態で入射光は直交偏光子を通過できずに遮断される。

0071

データ電圧が印加された第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bは、上部パネル200の共通電極270と共に電場を生成することにより、電場がない状態で2つの電極191、270の表面に対して垂直をなすように配向されていた液晶層3の液晶分子が2つの電極191、270の表面に対して水平な方向に向かって横たわり、液晶分子の横たわる度合いに応じて液晶層3を通過する光の輝度が変わる。

0072

以下、本発明の実施形態による液晶表示装置の駆動方法について簡略に説明する。

0073

ゲート線121にゲートオン信号が印加されると、第1のゲート電極124aと、第2のゲート電極124b及び第3のゲート電極124cにゲートオン信号が印加されて、第1のスイッチング素子Qaと、第2のスイッチング素子Qb及び第3のスイッチング素子Qcがターンオンとなる。これにより、データ線171に印加されたデータ電圧はターンオンとなった第1のスイッチング素子Qa及び第2のスイッチング素子Qbを介してそれぞれ第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される。このとき、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bには同じ大きさの電圧が印加される。しかしながら、第2の副画素電極191bに印加された電圧は、第2のスイッチング素子Qbと直列接続されている第3のスイッチング素子Qcにより分圧される。したがって、第2の副画素電極191bに印加される電圧は、第1の副画素電極191aに印加される電圧よりもさらに小さくなる。

0074

このように、第2の副画素電極191bに印加される第2の電圧は、第1の副画素電極191aに印加される第1の電圧よりも小さい。このため、第1の副画素電極191aと共通電極270との間の電位差は、第2の副画素電極191bと共通電極270との間の電位差よりも大きくなる。

0075

したがって、第1の副画素電極191aと共通電極270との間に形成される第1の液晶容量及び第2の副画素電極191bと共通電極270との間に形成される第2の液晶容量の充電電圧は異なるガンマ曲線を示し、ある画素電圧のガンマ曲線はこれらを合成した曲線となる。正面における合成ガンマ曲線は、最も適合するように定められた正面における基準ガンマ曲線と一致するようにし、側面における合成ガンマ曲線は、正面における基準ガンマ曲線と最も近くなるようにする。このように映像データを変換することにより、側面視認性が向上する。

0076

図示の実施形態においては、第1の液晶容量に充電される電圧と第2の液晶容量に充電される電圧を異ならせるために、第2の液晶容量をなす第2の副画素電極191bに接続される第2のスイッチング素子Qbの出力端子及び分圧基準電圧線に接続される第3のスイッチング素子Qcを配設したが、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の場合、第2の液晶容量をなす第2の副画素電極191bに接続される第2のスイッチング素子Qbの出力端子及び減圧キャパシタに接続される第3のスイッチング素子Qcを配設してもよい。このとき、第3のスイッチング素子Qcは第1のスイッチング素子Qa及び第2のスイッチング素子Qbとは異なるゲート線に接続されてもよく、第1のスイッチング素子Qa及び第2のスイッチング素子Qbがターンオンとなってからターンオフとなった後、第3のスイッチング素子Qcがターンオンとなってもよい。第1のスイッチング素子Qa及び第2のスイッチング素子Qbがターンオンとなってからターンオフとなった後、第3のスイッチング素子Qcがターンオンとなると、第2の副画素電極191bから第3のスイッチング素子Qcを介して減圧キャパシタに電荷が移動する。すると、第2の液晶容量の充電電圧は低くなり、減圧キャパシタが充電される。第2の液晶容量の充電電圧は減圧キャパシタの静電容量に見合う分だけ低くなるため、第2の液晶容量の充電電圧は第1の液晶容量の充電電圧よりも低くなる。

0077

また、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の場合、第1の液晶容量及び第2の液晶容量がそれぞれ異なるデータ線に接続されて、異なるデータ電圧が印加されるようにすることにより、第1の液晶容量と第2の液晶容量との間の充電電圧を異ならせて設定してもよい。加えて、他の様々な方法により、第1の液晶容量と第2の液晶容量との間の充電電圧を異ならせて設定してもよい。

0078

以下、図3を参照して、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域についてさらに詳しく説明する。図3は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0079

図3に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0080

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0081

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0082

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0083

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0084

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0085

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0086

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0087

本発明の実施形態による液晶表示装置は、1つの画素領域に図3に示す基本電極199を2つ乃至4つ備えてもよい。

0088

ゲート線121が延びている第1の方向D1及びデータ線171が延びている第2の方向D2と約45°の第1の角度θ1をなす方向を基準として、すなわち、複数の第1の枝電極192a及び複数の第2の枝電極192bのうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの全体幅の1/2である第1の幅W1は、約25μm以下であってもよい。また、ゲート線121が延びている第1の方向D1及びデータ線171が延びている第2の方向D2と約45°の第1の角度θ1をなす方向を基準として、すなわち、複数の第1の枝電極192a及び複数の第2の枝電極192bのうちのいずれか一方が延びている方向と平行な方向を基準として測定した第1の枝電極192aの長さも、約25μm以下であってもよい。

0089

これと同様に、ゲート線121が延びている第1の方向D1及びデータ線171が延びている第2の方向D2と約45°の第1の角度θ1をなす方向を基準として、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの第2の幅W2は、約25μm以下であってもよい。また、ゲート線121が延びている第1の方向D1及びデータ線171が延びている第2の方向D2と約45°の第1の角度θ1をなす方向を基準として測定した第2の枝電極192bの長さも、約25μm以下であってもよい。

0090

また、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長さは、約25μm以下であってもよい。ここで、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長さとは、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bが延びている方向を基準として測定した長さのことをいう。

0091

ゲート線121が延びている第1の方向D1及びデータ線171が延びている第2の方向D2と約45°の第1の角度θ1をなす方向を基準として、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1は、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の最小間隔であり、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の電圧比、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の比に応じて変化される。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4μm以下である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は、約0.83以下であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4μmよりも大きくて約4.5μm以下である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は、約0.75以下であってもよい。また、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4.5μmよりも大きくて約5μmよりも小さい場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は、約0.7よりも大きく、約0.75よりも小さくてもよい。さらに、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約5μm以上である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は、約0.7以下であってもよい。

0092

このように、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が小さいほど、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は大きくてもよい。すなわち、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が小さいほど、第1の副画素電極191aに印加される電圧と第2の副画素電極191bに印加される電圧との差分が小さくてもよい。これに対し、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が大きくなるほど、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は小さくなってもよい。すなわち、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が小さいほど、第1の副画素電極191aに印加される電圧と第2の副画素電極191bに印加される電圧との差分が大きくなってもよい。

0093

第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の電圧比が小さいほど、第1の副画素電極191aに加えられる電圧と第2の副画素電極191bに加えられる電圧との間の差分が大きくなって、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が好適に制御されるが、第1の副画素電極191aに加えられる電圧に比べて、第2の副画素電極191bに加えられる電圧が大幅に減少すればするほど第2の副画素電極191bが占める領域の輝度が減少し、これにより、液晶表示装置の全体的な輝度が減少する。

0094

以下、図4及び図5を参照して、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域における液晶分子の配列について説明する。図4は、本発明の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す概念図であり、図5は、本発明の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。

0095

図4及び図5を参照すると、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの周縁と垂直をなす方向に第1のフリンジフィールドF1が発生し、これにより、第2の枝電極192bの周りに位置する第1の液晶分子31aは第1のフリンジフィールドF1の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第2の枝電極192bが延びている長手方向と平行な方向に傾く

0096

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第2の枝電極192bと隣り合う第1の周縁に位置する第2の液晶分子31bは、第2の板状部分193bの第1の周縁に発生する第2のフリンジフィールドF2の影響を受けて第2の板状部分193bの第1の周縁と垂直をなす方向に傾き、この方向は、第1の液晶分子31aが傾く方向と同様である。

0097

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁には第3のフリンジフィールドF3が発生し、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cの第1の部分31c1は、第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて、第2の板状部分193bの第2の周縁と垂直をなす方向に傾いてもよい。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向とは反対である。

0098

また、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの周縁のうち第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bと隣り合う第3の周縁には第4のフリンジフィールドF4が発生し、第1の枝電極192aの第3の周縁と隣り合う第4の液晶分子31dは第4のフリンジフィールドF4と垂直をなす方向に傾く。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向と同様である。

0099

上述したように、第1の副画素電極191aに加えられる電圧は、第2の副画素電極191bに加えられる電圧よりも大きい。このため、第1の副画素電極191aと共通電極270との間の電位差は、第2の副画素電極191bと共通電極270との間の電位差よりも大きく、これにより、第4のフリンジフィールドF4の大きさは、第3のフリンジフィールドF3の大きさよりも大きい。このため、第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cの第2の部分31c2は、第4のフリンジフィールドF4の影響を受けて、第4のフリンジフィールドF4と垂直をなす方向に傾く。これにより、第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて第3のフリンジフィールドF3と垂直をなす方向に傾こうとする第3の液晶分子31cの第1の部分31c1も第4のフリンジフィールドF4の影響を受ける第3の液晶分子31cの第2の部分31c2と平行に傾く。これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間に位置する第3の液晶分子31cは、周りの第2の液晶分子31b及び第4の液晶分子31dと平行な方向に傾き、これにより、液晶表示装置の輝度が増加される。もし、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子の傾く方向が、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに対応する領域に位置する液晶分子の傾く方向とは異なる場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分は第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bよりも暗く表示されて、液晶表示装置の全体の輝度が減少する。

0100

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aに対応する第5の液晶分子31eは、第1の枝電極192aの周縁に発生する第5のフリンジフィールドF5の影響を受けて、第5のフリンジフィールドF5の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第1の枝電極192aが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0101

また、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aに対応する第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271に加えられる第6のフリンジフィールドF6により切欠部271の周縁と垂直をなす方向に一次的に傾いていて第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2が接続されて変形が極力抑えられる方向に2次的に配列されるが、2次的な配列方向は、第3の部分31f1及び第4の部分31f2が向かう方向のベクトルの合計方向となる。このため、第1の枝電極192aが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0102

このように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0103

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾くものを有する。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0104

以下、図6乃至図10を参照して、本発明の第1の実験例について説明する。図6乃至図10は、本発明の第1の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。

0105

本実験例においては、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合を約0.83にし、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1を変化させながら、液晶表示装置の輝度の変化を電子顕微鏡にて観察したものを示す。

0106

図6は、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約3.0μmである場合の結果を示し、図7は、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約3.5μmである場合の結果を示し、図8は、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約4.0μmである場合の結果を示し、図9は、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約4.5μmである場合の結果を示し、図10は、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約5.0μmである場合の結果を示す。

0107

図6乃至図10を参照すると、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は約0.83である場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約4.0μm以下である場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が好適に制御されるが、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1が約4.0μmよりも大きくなる場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が好適に制御されず、不規則的な動きが発生して、液晶表示装置の輝度が減少することが分かる。

0108

このように、本発明の実施形態による液晶表示装置のように、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4μm以下である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は約0.83まで形成しても第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が好適に制御されることが分かる。上述したように、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が小さくなるほど、第1の副画素電極191aに印加される電圧と第2の副画素電極191bに印加される電圧との間の差分は大きくなり、これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向がさらに好適に制御される。

0109

次いで、図11及び図12を参照して、本発明の第2の実験例について説明する。図11及び図12は、本発明の第2の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。

0110

本実験例においては、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1を約4.5μmに形成し、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が約0.83である場合及び約0.75である場合に対し、液晶表示装置の輝度の変化を電子顕微鏡にて観察して示す。

0111

図11及び図12を参照すると、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4.5μmである場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が0.75に等しいかそれよりも小さくなければ、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が制御されないことが分かる。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4.5μmであり、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が約0.83である場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が制御されずに、不規則的な動きが発生して、液晶表示装置の輝度が減少することが分かる。

0112

次いで、図13及び図14を参照して、本発明の他の実験例について説明する。図13及び図14は、本発明の第3の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。

0113

本実験例においては、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1を約5.0μmに形成し、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が約0.75である場合及び約0.70である場合に対し、液晶表示装置の輝度の変化を電子顕微鏡にて観察して示す。

0114

図13及び図14を参照すると、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約5.0μmである場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が0.70に等しいかそれよりも小さくなければ、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が制御されないことが分かる。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約5.0μmであり、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合が約0.75である場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が制御されず、不規則的な動きが発生して、液晶表示装置の輝度が減少することが分かる。

0115

このように、本発明の実施形態による液晶表示装置のように、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4μm以下である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は約0.83以下に形成し、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4μmよりも大きくて約4.5μm以下である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は約0.75以下に形成し、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約4.5μmよりも大きくて約5μmよりも小さい場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は約0.7よりも大きく、約0.75よりも小さく形成し、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bとの間の第1の間隔d1が約5μm以上である場合、第1の副画素電極191aに印加される電圧に対する第2の副画素電極191bに印加される電圧の割合は約0.7以下に形成すれば、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部において液晶分子の方向が制御されることが分かる。

0116

本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極を画素領域の中央部に形成し、第2の副画素電極を第1の副画素電極の外郭に形成し、第1の副画素電極と第2の副画素電極との間の間隔に応じて第1の副画素電極及び第2の副画素電極に加えられる電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極と第2の副画素電極との間の境界部において液晶分子の方向を制御して、液晶表示装置の輝度が増加する。また、第1の副画素電極及び第2の副画素電極の外周縁に複数の枝電極を形成することにより、液晶表示装置の液晶分子が傾く方向を多様化させながらも、第1の副画素電極及び第2の副画素電極の全体に複数の枝電極を形成する場合に比べて、液晶表示装置の輝度を増加させることができる。

0117

以下、図15を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域についてさらに詳しく説明する。図15は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0118

図15を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域は、図3に示す実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域と同様である。

0119

図15に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0120

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0121

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形の形状を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0122

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0123

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びている。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0124

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0125

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0126

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは互いに直交してもよい。

0127

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁は、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも大きいか、あるいは、約135°よりも小さい角度をなす。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第1の角度θ1は、約45°よりも大きい。すなわち、液晶表示装置の基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの幅のうち、ゲート線121が延びている第1の方向D1に沿って測定した第1の幅が、第1の方向D1と垂直をなす方向に沿って測定した第2の幅よりも狭い。

0128

基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁において液晶分子は、第1の板状部分193aの周縁と垂直をなす方向に加えられるフリンジフィールドにより第1の板状部分193aの周縁と垂直をなす方向に傾く。

0129

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。すなわち、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0130

本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1とのなす角度を45°と異ならせて形成することにより、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁の近くにおいて液晶分子が傾く方向は、第1の方向D1と45°又は135°ではなく、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0131

このように、液晶分子が傾く方向を多様化させることにより、液晶表示装置の側面における視認性を向上させることができる。

0132

また、上述したように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0133

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾くものがある。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0134

以下、図16を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域についてさらに詳しく説明する。図16は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0135

図16を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域は、図3に示す実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域と同様である。

0136

図16に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0137

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0138

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0139

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0140

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0141

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい角度をなしてもよい。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aとゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第2の角度θ2は、約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい。

0142

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0143

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0144

第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。

0145

上述したように、本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aとゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第2の角度θ2は、約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい。

0146

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。すなわち、第1の枝電極192aの周りの液晶分子は、第1の方向D1と約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい角度をなす方向に傾き、第2の枝電極192bの周りの液晶分子は、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0147

このように、液晶分子が傾く方向を多様化させることにより、液晶表示装置の側面における視認性を向上させることができる。

0148

また、上述したように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0149

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾くものがある。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0150

以下、図17を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域についてさらに詳しく説明する。図17は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0151

図17を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域は、図3に示す実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域と同様である。

0152

図17に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0153

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0154

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0155

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0156

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びている。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0157

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0158

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0159

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0160

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと隣り合う第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁は、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも大きいか、あるいは、約135°よりも小さい角度をなす。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと隣り合う第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第3の角度θ3は、約45°よりも大きいか、あるいは、約135°よりも小さい。

0161

基本電極199の第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁において液晶分子は、第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に加えられるフリンジフィールドにより、第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に傾く。

0162

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。すなわち、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0163

本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと隣り合う第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす角度を45°と異ならせて形成することにより、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁の近くにおいて液晶分子が傾く方向は、第1の方向D1と45°又は135°ではなく、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0164

このように、液晶分子が傾く方向を多様化させることにより、液晶表示装置の側面における視認性を向上させることができる。

0165

また、上述したように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0166

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾く。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0167

以下、図18を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域についてさらに詳しく説明する。図18は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0168

図18を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域は、図3に示す実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域と同様である。

0169

図18に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0170

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0171

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0172

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0173

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びている。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0174

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0175

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0176

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0177

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの外周縁は、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい角度をなし、基本電極199の第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁は、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい角度をなす。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第4の角度θ4aと、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの外周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第5の角度θ4b及び第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと隣り合う第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第6の角度θ4cは、約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい。

0178

基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193a及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁において液晶分子は、第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に加えられるフリンジフィールドにより、第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に傾く。

0179

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。すなわち、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0180

本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193a及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす角度を45°と異ならせて形成することにより、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193a及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁の近くにおいて液晶分子が傾く方向は、第1の方向D1と45°又は135°ではなく、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0181

このように、液晶分子が傾く方向を多様化させることにより、液晶表示装置の側面における視認性を向上させることができる。

0182

また、上述したように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0183

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾く。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0184

以下、図19を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域についてさらに詳しく説明する。図19は、本発明の一実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0185

図19を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域は、図3に示す実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域と同様である。

0186

図19に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0187

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0188

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0189

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0190

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びている。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0191

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0192

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0193

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0194

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの外周縁は、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい角度をなし、基本電極199の第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う周縁は、ゲート線121が延びている第1の方向D1と約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい角度をなす。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第7の角度θ5aと、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと隣り合う周縁とゲート線121が延びている第1の方向D1がなす第8の角度θ5bは、約45°よりも小さいか、あるいは、約135°よりも大きい。

0195

基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193a及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁において液晶分子は、第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に加えられるフリンジフィールドにより、第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に傾く。

0196

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。すなわち、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0197

本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの外周縁と第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う周縁がゲート線121が延びている第1の方向D1がなす角度を45°と異ならせて形成することにより、基本電極199の第1の副画素電極191aの第1の板状部分193a及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁の近くにおいて液晶分子が傾く方向は、第1の方向D1と45°又は135°ではなくて、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの近くの液晶分子は、第1の方向D1と約45°又は約135°をなす方向に傾く。

0198

このように、液晶分子が傾く方向を多様化させることにより、液晶表示装置の側面における視認性を向上させることができる。

0199

また、上述したように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0200

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾くものがある。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0201

以下、図20を参照して、本発明の第4の実験例について説明する。図20は、本発明の第4の実験例の結果を示すグラフである。

0202

本実験例においては、図3に示す実施形態による基本電極を有する液晶表示装置の側面における階調別の透過率を測定し、図19に示す実施形態による基本電極を有する液晶表示装置の側面における階調別の透過率を測定して、液晶表示装置の正面における階調別の透過率と比較して、その結果を図20に示す。

0203

図20において、液晶表示装置の正面における階調別の透過率はXとし、図3に示す実施形態による基本電極を有する液晶表示装置の側面における階調別の透過率はY1とし、図19に示す実施形態による基本電極を有する液晶表示装置の側面における階調別の透過率はY2とする。

0204

図20を参照すると、図3に示す実施形態による基本電極を有する液晶表示装置に比べて、図19に示す実施形態による基本電極を有する液晶表示装置の場合、側面における階調別の透過率は、液晶表示装置の正面における階調別の透過率と一層近くなったことが分かる。

0205

このように、液晶分子が傾く方向をさらに多様化させることにより、液晶表示装置の側面における視認性が改善されることが分かる。

0206

以下、図21を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域について説明する。図21は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0207

図21に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0208

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0209

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0210

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0211

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0212

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0213

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0214

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0215

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199は、図21に部分Paにて示すように、図3に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極199に比べて、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの幅が狭い。このため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bによるフリンジフィールドよりも第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bによるフリンジフィールドの影響をさらに多く受けることになる。このため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。

0216

これについて、図22を参照してさらに詳しく説明する。図22は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。

0217

図22を参照すると、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの周縁と垂直をなす方向に第1のフリンジフィールドF1が発生し、これにより、第2の枝電極192bの周りに位置する第1の液晶分子31aは、第1のフリンジフィールドF1の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第2の枝電極192bが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0218

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第2の枝電極192bと隣り合う第1の周縁に位置する第2の液晶分子31bは、第2の板状部分193bの第1の周縁に発生する第2のフリンジフィールドF2の影響を受けて第2の板状部分193bの第1の周縁と垂直をなす方向に傾き、この方向は、第1の液晶分子31aが傾く方向と同様である。

0219

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁には第3のフリンジフィールドF3が発生し、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cの第1の部分31c1は第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて、第2の板状部分193bの第2の周縁と垂直をなす方向に傾く。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向と反対である。

0220

また、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの周縁のうち第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bと隣り合う第3の周縁には第4のフリンジフィールドF4が発生し、第1の枝電極192aの第3の周縁と隣り合う第4の液晶分子31dは第4のフリンジフィールドF4と垂直をなす方向に傾く。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向と同様である。

0221

上述したように、第1の副画素電極191aに加えられる電圧は、第2の副画素電極191bに加えられる電圧よりも大きい。このため、第1の副画素電極191aと共通電極270との間の電位差は、第2の副画素電極191bと共通電極270との間の電位差よりも大きく、これにより、第4のフリンジフィールドF4の大きさは、第3のフリンジフィールドF3の大きさよりも大きい。したがって、第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cの第2の部分31c2は第4のフリンジフィールドF4の影響を受けて、第4のフリンジフィールドF4と垂直をなす方向に傾く。これにより、第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて第3のフリンジフィールドF3と垂直をなす方向に傾こうとする第3の液晶分子31cの第1の部分31c1も第4のフリンジフィールドF4の影響を受ける第3の液晶分子31cの第2の部分31c2と平行に傾く。

0222

さらに、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの幅は、第2の枝電極192bの長さよりも短い。このため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bによる第3のフリンジフィールドF3の影響よりも第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bによる第1のフリンジフィールドF1の影響及び第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aによる第5のフリンジフィールドF5の影響をさらに多く受けることになる。したがって、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。

0223

これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間に位置する第3の液晶分子31cは、周りの第2の液晶分子31b及び第4の液晶分子31dと平行な方向に傾き、これにより、液晶表示装置の輝度が増加される。

0224

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aに対応する第5の液晶分子31eは、第1の枝電極192aの周縁に発生する第5のフリンジフィールドF5の影響を受けて第5のフリンジフィールドF5の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第1の枝電極192aが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0225

また、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aに対応する第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271に加えられる第6のフリンジフィールドF6により切欠部271の周縁と垂直をなす方向に一次的に傾いて第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2が接続されて変形が極力抑えられる方向に2次的に配列されるが、2次的な配列方向は、第3の部分31f1及び第4の部分31f2が向かう方向のベクトルの合計方向となる。したがって、第1の枝電極192aが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0226

このように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0227

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾く。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0228

以下、図23を参照して、本発明の第5の実験例の結果について説明する。図23は、本発明の第5の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。

0229

本実験例においては、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの幅を第2の枝電極192bの長さに略等しく形成した場合と第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの幅を第2の枝電極192bの長さよりも短く形成した場合に、同じ電圧を印加した後に液晶表示装置の輝度の変化を電子顕微鏡にて観察したものを示す。

0230

図23Aは、図3に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極を形成した場合の結果を示し、図23Bは、図22に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極を形成した場合の結果を示す。

0231

図23を参照すると、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの幅を第2の枝電極192bの長さよりも短く形成することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が傾く方向がさらに好適に制御可能であり、これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界の近くにおいて輝度が増加することが分かる。

0232

以下、図24を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域について説明する。図24は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0233

図24に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0234

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0235

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0236

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0237

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0238

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0239

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0240

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0241

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199は、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bと第2の枝電極192bとの間の境界部P1の部分に拡張された切欠部を有する。このため、基本電極199の第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bと第2の枝電極192bとの間の境界部P1において、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの幅が狭くなる。また、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端PP1において、第1の枝電極192aの幅が広くなる。したがって、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bと第2の枝電極192bとの間の第1の境界部P1及び第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端PP1において第2の枝電極192b及び第1の枝電極192aによるフリンジフィールドの影響を強化させて、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。

0242

以下、図25を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域について説明する。図24は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0243

図25に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0244

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0245

第1の副画素電極191aは、枝電極を備えず、第1の板状部分193aからなる。第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aは、ひし形を有する。

0246

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0247

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0248

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0249

第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0250

本発明の実施形態による液晶表示装置は、図3に示す実施形態による液晶表示装置とは異なり、第2の副画素電極191bと隣り合う第1の副画素電極191aは、板状を有する。このため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aによるフリンジフィールドの影響をさらに多く受けることになる。

0251

これについて、図26を参照してさらに詳しく説明する。図26は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。

0252

図26を参照すると、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの周縁と垂直をなす方向に第1のフリンジフィールドF1が発生し、これにより、第2の枝電極192bの周りに位置する第1の液晶分子31aは、第1のフリンジフィールドF1の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第2の枝電極192bが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0253

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第2の枝電極192bと隣り合う第1の周縁に位置する第2の液晶分子31bは、第2の板状部分193bの第1の周縁に発生する第2のフリンジフィールドF2の影響を受けて第2の板状部分193bの第1の周縁と垂直をなす方向に傾き、この方向は、第1の液晶分子31aが傾く方向と同様である。

0254

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁には第3のフリンジフィールドF3が発生し、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cの第1の部分31c1は第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて、第2の板状部分193bの第2の周縁と垂直をなす方向に傾く。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向と反対である。

0255

また、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aに対応する第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271に加えられる第6のフリンジフィールドF6により切欠部271の周縁と垂直をなす方向に一次的に傾いていて第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2が接続されて変形が極力抑えられる方向に2次的に配列されるが、2次的な配列方向は、第3の部分31f1及び第4の部分31f2が向かう方向のベクトルの合計方向となる。このため、第2の枝電極192bが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0256

第1の副画素電極191aに加えられる電圧は、第2の副画素電極191bに加えられる電圧よりも大きい。このため、第1の副画素電極191aと共通電極270との間の電位差は、第2の副画素電極191bと共通電極270との間の電位差よりも大きくなる。したがって、第6のフリンジフィールドF6の大きさは、第3のフリンジフィールドF3の大きさよりも大きい。さらに、第2の副画素電極191bと隣り合う部分において第1の副画素電極191aは板状を有するため、第1の副画素電極191aによる第6のフリンジフィールドF6の影響力はさらに大きくなる。

0257

このため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間に位置する第3の液晶分子31cの第1の部分31c1は、第3のフリンジフィールドF3よりも第6のフリンジフィールドF6の影響を受けて、第2の枝電極192bが延びている長手方向と平行な方向に傾く。これにより、第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて第3のフリンジフィールドF3と垂直をなす方向に傾こうとする第3の液晶分子31cの第1の部分31c1も第6のフリンジフィールドF6の影響を受ける第3の液晶分子31cの第2の部分31c2と平行に傾く。

0258

これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0259

以下、図27を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域について説明する。図27は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図である。

0260

図27に示すように、本発明の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0261

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0262

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0263

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0264

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0265

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0266

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0267

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0268

本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199は、図3に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極199に比べて、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第2の間隔d2が狭い。より具体的に、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第2の間隔d2は、約3μmよりも小さいことが好ましい。

0269

このように、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第2の間隔d2が狭いため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bによるフリンジフィールドよりも第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aによるフリンジフィールドの影響をさらに多く受けることになる。このため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192a及び第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向に傾く。

0270

これについて、図28を参照してさらに詳しく説明する。図28は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の液晶分子の方向子の配列方向を示す断面図である。

0271

図28を参照すると、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192bの周縁と垂直をなす方向に第1のフリンジフィールドF1が発生し、これにより、第2の枝電極192bの周りに位置する第1の液晶分子31aは、第1のフリンジフィールドF1の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第2の枝電極192bが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0272

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第2の枝電極192bと隣り合う第1の周縁に位置する第2の液晶分子31bは、第2の板状部分193bの第1の周縁に発生する第2のフリンジフィールドF2の影響を受けて第2の板状部分193bの第1の周縁と垂直をなす方向に傾き、この方向は、第1の液晶分子31aが傾く方向と同様である。

0273

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁には第3のフリンジフィールドF3が発生し、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cは第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて、第2の板状部分193bの第2の周縁と垂直をなす方向に傾く。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向と反対である。

0274

また、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの周縁のうち第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bと隣り合う第3の周縁には第4のフリンジフィールドF4が発生し、第1の枝電極192aの第3の周縁と隣り合う第4の液晶分子31dは第4のフリンジフィールドF4と垂直をなす方向に傾く。この方向は、第1の液晶分子31a及び第2の液晶分子31bが傾く方向と同様である。

0275

上述したように、第1の副画素電極191aに加えられる電圧は、第2の副画素電極191bに加えられる電圧よりも大きい。このため、第1の副画素電極191aと共通電極270との間の電位差は、第2の副画素電極191bと共通電極270との間の電位差よりも大きく、これにより、第4のフリンジフィールドF4の大きさは、第3のフリンジフィールドF3の大きさよりも大きい。さらに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第2の間隔d2をさらに狭く形成することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間に位置する液晶分子に加えられる第4のフリンジフィールドF4の影響力がさらに大きくなる。したがって、第1の副画素電極191aと隣り合う第2の周縁と隣り合う第3の液晶分子31cは第4のフリンジフィールドF4の影響を受けて、第4のフリンジフィールドF4と垂直をなす方向に傾く。これにより、第3のフリンジフィールドF3の影響を受けて第3のフリンジフィールドF3と垂直をなす方向に傾こうとする第3の液晶分子31cも第4のフリンジフィールドF4の影響を受けて第4の液晶分子31dと平行に傾く。これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間に位置する第3の液晶分子31cは、周りの第2の液晶分子31bと第4の液晶分子31dと平行な方向に傾き、これにより、液晶表示装置の輝度が増加される。もし、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分に位置する液晶分子の傾く方向が、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに対応する領域に位置する液晶分子の傾く方向とは異なる場合、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部分は、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bよりも暗く表示され、液晶表示装置の全体の輝度が減少する。

0276

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aに対応する第5の液晶分子31eは、第1の枝電極192aの周縁に発生する第5のフリンジフィールドF5の影響を受けて第5のフリンジフィールドF5の方向と平行に傾いた後に互いに衝突して、第1の枝電極192aが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0277

また、第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aに対応する第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271に加えられる第6のフリンジフィールドF6により切欠部271の周縁と垂直をなす方向に一次的に傾いていて第6の液晶分子31fのうち第3の部分31f1及び第4の部分31f2が接続されて変形が極力抑えられる方向に2次的に配列されるが、2次的な配列方向は、第3の部分31f1及び第4の部分31f2が向かう方向のベクトルの合計方向となる。したがって、第1の枝電極192aが延びている長手方向と平行な方向に傾く。

0278

このように、本発明の実施形態による液晶表示装置によれば、相対的に高い電圧が印加される第1の副画素電極191aを共通電極270の十字状の切欠部271の中心部分と重なり合うように中央部分に形成し、第1の副画素電極191aの周縁に複数の第1の枝電極192aを形成する。また、第1の副画素電極191aの周縁に相対的に低い電圧が印加される第2の副画素電極191bを配設し、第2の副画素電極191bの周縁に複数の第2の枝電極192bを形成する。これとともに、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の第1の間隔d1に応じて第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bに印加される電圧の比を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0279

上述したように、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bは、異なる方向に延びている複数の微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hを有することにより、液晶分子は異なる方向に傾く。このため、液晶表示装置の視野角が広くなる。

0280

以下、図29及び図30を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置について説明する。図29は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図であり、図30は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の一部を示す断面図であり、図29のXXIX-XXIX’線に沿って切り取った断面図である。

0281

図29及び図30を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0282

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0283

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0284

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0285

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0286

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0287

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0288

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0289

第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90、例えば、カラーフィルター230などの有機絶縁膜、保護膜180、ゲート絶縁膜140などの絶縁膜90は、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192b及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの一部分Q1において相対的に低い高さを有する。より具体的に、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90のうち第2の副画素電極191bの第2の枝電極192b及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの一部分に対応する部分の高さは、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの残りの部分及び第1の副画素電極191aに対応する部分の高さよりも低い。

0290

このため、第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う周縁の近くに位置する液晶分子は、絶縁膜90の段差の影響により傾く方向が変化する。より具体的に、第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う周縁の近くに位置する液晶分子は、絶縁膜90の段差の影響により第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に沿って第1の副画素電極191aに向かって傾く。この方向は、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向である。

0291

したがって、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0292

以下、図29及び図31を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置について説明する。図31は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の一部を示す断面図であり、図29のXXIX-XXIX’線に沿って切り取った断面図である。

0293

図29及び図31を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199の特徴は、図29及び図30を参照して説明した実施形態による液晶表示装置の基本電極199の特徴と同様である。

0294

しかしながら、本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199は、図29及び図30を参照して説明した実施形態による液晶表示装置の基本電極199とは異なり、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90は、第2の副画素電極191bの第2の枝電極192b及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの一部分において相対的に低い高さを有するだけではなく、絶縁膜90の表面がなす傾斜の角度が異なる複数の領域を備える。より具体的に、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90のうち第2の副画素電極191bの第2の枝電極192b及び第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの一部分に対応する部分の高さは、第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bの残りの部分及び第1の副画素電極191aに対応する部分の高さよりも低く、絶縁膜90の表面が第1の基板110の表面となす傾斜の角度が異なる第1の領域R1と、第2の領域R2及び第3の領域R3を備える。基本電極199の最外郭の周縁から、第1の傾斜を有する第1の領域R1と、第2の傾斜を有する第2の領域R2及び第3の傾斜を有する第3の領域R3を備え、第3の傾斜角度が最も大きく、第2の傾斜角度に比べて第1の傾斜角度がさらに大きい。このように絶縁膜90の表面が第1の基板110の表面となす傾斜の角度を異ならせて形成することにより、第1の領域R1及び第2の領域R2の液晶分子は、絶縁膜90の段差による影響よりは第2の副画素電極191bの平面形状によるフリンジフィールドの影響をさらに多く受け、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界部と近い第3の領域R3の液晶分子は、絶縁膜90の段差による影響を相対的に大きく受ける。

0295

このため、第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う周縁の近くに位置する液晶分子は、第3の領域R3における絶縁膜90の段差の影響により傾く方向が変化する。より具体的に、第2の板状部分193bの周縁のうち第1の副画素電極191aと隣り合う周縁の近くに位置する液晶分子は、絶縁膜90の段差の影響により第2の板状部分193bの周縁と垂直をなす方向に沿って第1の副画素電極191aに向かって傾く。この方向は、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの第1の枝電極192a及び第2の枝電極192bの長手方向と平行な方向である。

0296

したがって、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0297

以下、図32及び図33を参照して、本発明の他の実施形態による液晶表示装置について説明する。図32は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の基本領域を示す平面図であり、図33は、本発明の他の実施形態による液晶表示装置の電場生成電極の一部を示す断面図であり、図32のXXII-XXII’線に沿って切り取った断面図である。

0298

図32及び図33を参照すると、本発明の実施形態による液晶表示装置の基本電極199は、共通電極270の切欠部271と向かい合う第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bを有する画素電極191からなる。第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aを取り囲むように形成されている。

0299

共通電極270の切欠部271は、平面視において、十字状を有してもよい。

0300

第1の副画素電極191aの周縁には、複数の第1の枝電極192aが形成されている。複数の第1の枝電極192aは、ひし形を有する第1の板状部分193aから延出している。すなわち、第1の副画素電極191aは、中央に配設される第1の板状部分193a及び第1の板状部分193aを取り囲んでおり、第1の板状部分193aから延出している複数の第1の枝電極192aを備える。

0301

第1の副画素電極191aの第1の板状部分193aの中心部分は、共通電極270に形成されている十字状の切欠部271の中心部分と重なり合う。

0302

第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aは、異なる方向に延びているものを有する。より具体的に、第1の板状部分193aから左上方に斜めに延びている複数の第1の微細枝部194aと、右上方に斜めに延びている複数の第2の微細枝部194bと、左下方に延びている複数の第3の微細枝部194c及び右下方に斜めに延びている複数の第4の微細枝部194dを備える。

0303

第2の副画素電極191bは、第1の副画素電極191aの複数の第1の枝電極192aを取り囲んでいる第2の板状部分193b及び第2の板状部分193bを取り囲んでおり、第2の板状部分193bから延出している複数の第2の枝電極192bを備える。

0304

第2の副画素電極191bの第2の板状部分193bは、第1の副画素電極191aの第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194dの外郭に配設される4つの四角形が合わせられている平面状を有する。当該四角形は、台形であってもよい。第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aと同様に、第2の副画素電極191bの複数の第2の枝電極192bは、第2の板状部分193bから左上方に斜めに延びている複数の第5の微細枝部194eと、右上方に斜めに延びている複数の第6の微細枝部194fと、左下方に延びている複数の第7の微細枝部194g及び右下方に斜めに延びている複数の第8の微細枝部194hを備える。

0305

第1乃至第4の微細枝部194a、194b、194c、194d及び第5乃至第8の微細枝部194e、196f、194g、194hは、ゲート線121が延びている第1の方向D1と略45°又は135°をなしてもよい。また、異なる方向に延びており、隣り合う2つの微細枝部194a、194b、194c、194d、194e、196f、194g、194hは、互いに直交してもよい。

0306

第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90、例えば、カラーフィルター230などの有機絶縁膜、保護膜180、ゲート絶縁膜140などの絶縁膜90は、第2の副画素電極191bの全体及び第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端の部分Q2において相対的に低い高さを有する。より具体的に、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90のうち第2の副画素電極191bの全体及び第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端に対応する部分Q2の高さは、第1の副画素電極191aの残りの部分に対応する部分の高さよりも低い。

0307

このため、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端の部分に位置する液晶分子は、第1の枝電極192aによるフリンジフィールドの影響だけではなく、絶縁膜90の段差の影響により傾く方向が変化する。より具体的に、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端の部分に位置する液晶分子は、絶縁膜90の段差の影響により第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの長手方向と平行な方向に傾く。

0308

このように、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端の部分に位置する液晶分子が第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの長手方向と平行な方向に傾く傾向が大きくなるため、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aの第1の枝電極192aの先端の部分に位置する液晶分子の影響を大きく受けることになる。したがって、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾く。

0309

このように、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子は、第1の副画素電極191aに対応する液晶分子及び第2の副画素電極191bに対応する液晶分子と同じ方向に平行に傾くようにすることにより、液晶表示装置の輝度を増加させる。

0310

以下、図34を参照して、本発明の第5の実験例について説明する。図34は、本発明の第5の実験例の結果を示す電子顕微鏡写真である。

0311

本実験例においては、図3に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極を形成した場合及び図29及び図309に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極を形成した場合に対し、同じ電圧を印加した後に液晶表示装置の輝度の変化を電子顕微鏡にて観察して示す。

0312

図34Aは、図3に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極を形成した場合の結果を示し、図34Bは、図29及び図30に示す実施形態による液晶表示装置の基本電極を形成した場合の結果を示す。

0313

図34を参照すると、第1の副画素電極191a及び第2の副画素電極191bの下に配設される絶縁膜90の高さを変化させて段差を形成することにより、電位差によるフリンジフィールドの大きさだけではなく、段差による影響により液晶分子が傾く方向を調節することにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界に位置する液晶分子が傾く方向がさらに好適に制御可能であり、これにより、第1の副画素電極191aと第2の副画素電極191bとの間の境界の近くにおいて輝度が増加されることが分かる。

0314

以上、本発明の好適な実施形態について詳細に説明したが、本発明の権利範囲はこれに何ら限定されるものではなく、下記の特許請求の範囲において定義している本発明の基本概念を用いた当業者の種々の変形及び改良形態もまた本発明の権利範囲に属する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日産化学株式会社の「 液晶配向剤、液晶配向膜及び液晶表示素子」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ラビング時に膜の剥がれや傷が発生しにくく、かつ電圧保持率が高く、高温高湿条件下のエージング耐性が良好なことに加えて、シール剤との密着性に優れた液晶配向膜、この液晶配向膜を得ることがで... 詳細

  • 凸版印刷株式会社の「 調光ユニット」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】調光シートと可撓性給電手段(FPC)の接合構造を改良することで、FPCに応力が掛かった場合であっても接続箇所の損傷を防止することができ、接合の信頼性を向上可能な調光ユニットの構成を提示する。【... 詳細

  • JNC株式会社の「 液晶組成物および液晶表示素子」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 課題は、重合体の作用によって液晶分子の垂直配向が達成可能な液晶組成物、この組成物を含有する液晶表示素子を提供することである。【解決手段】 手段は、成分Aとして正に大きな誘電率異方性を有す... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ