図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社ニューギン
発明者 大下幸一馬場俊宏松下睦孝薮下大志川島英将逵井真嘉島田昂季赤羽根圭一朗齊藤龍平
出願日 2014年4月15日 (6年8ヶ月経過) 出願番号 2014-084051
公開日 2015年11月16日 (5年1ヶ月経過) 公開番号 2015-202269
状態 特許登録済
技術分野 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 分判定値 強弱変化 最上部位 制御コマ 開口前端 最下部位 速く動く 回転案内部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年11月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

遊技者遊技への参加意欲を高めると共に、遊技の興趣を向上し得る遊技機を提供する。

解決手段

遊技球流下する遊技領域24が画成された遊技盤20に、枠状装飾体26が配設される。遊技盤20の裏側に配設された第1表示装置17の第1表示部17aが、枠状装飾体26の窓口26aから前側に臨む。枠状装飾体26には、窓口26aを挟む左右両側にモーションセンサ44,49が配設される。モーションセンサ44,49は、窓口26aの前側を保護する透明板の前方に検出領域が設定される。そして、透明板の前側で遊技者が手を左右方向に移動する動作をモーションセンサ44,49で検出し、該検出結果に応じて統括制御CPUが第1表示装置17の表示を変化させる。

概要

背景

代表的な遊技機であるパチンコ機は、機内にセットされる遊技盤の盤面に画成した遊技領域の略中央位置に枠状の枠状装飾体(所謂センター役物)が配設されて、該枠状装飾体の窓口を介して複数の図柄を変動表示する液晶式やドラム式等の図柄表示装置後方から臨ませると共に、該遊技盤における枠状装飾体の下方位置に、パチンコ球(遊技球)の入賞により図柄表示装置での図柄変動を開始させる始動入賞装置大当り時等に開放する特別入賞装置を配設するよう構成されたものが多数提案されている。この種のパチンコ機では、前記遊技領域に打ち出されたパチンコ球が遊技領域内に植設された遊技釘等との接触により跳ね返りながら次第に自重により流下し、該遊技領域を流下する過程で前記始動入賞装置に入賞することにより、所定数賞球が払い出されると共に、前記図柄表示装置での図柄変動演出に伴うリーチ演出等の各種の遊技演出がなされ、該図柄表示装置に図柄が所定の組合わせで停止することにより所謂大当りが発生し、前記特別入賞装置が開放して多数の賞球を獲得し得るよう構成される。

また近年では、遊技者の遊技への参加意欲を高めるために、遊技領域を前側から覆う透明板の前方に存在する物体を非接触で検出可能な非接触式検出センサを設け、図柄変動演出中等に該非接触検出センサの検出領域に遊技者が手をかざす等の行為が行われたことを該検出センサで検出して、図柄変動演出の表示態様等の演出を変化させ得るようにしたパチンコ機が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

概要

遊技者の遊技への参加意欲を高めると共に、遊技の興趣を向上し得る遊技機を提供する。遊技球が流下する遊技領域24が画成された遊技盤20に、枠状装飾体26が配設される。遊技盤20の裏側に配設された第1表示装置17の第1表示部17aが、枠状装飾体26の窓口26aから前側に臨む。枠状装飾体26には、窓口26aを挟む左右両側にモーションセンサ44,49が配設される。モーションセンサ44,49は、窓口26aの前側を保護する透明板の前方に検出領域が設定される。そして、透明板の前側で遊技者が手を左右方向に移動する動作をモーションセンサ44,49で検出し、該検出結果に応じて統括制御CPUが第1表示装置17の表示を変化させる。

目的

本発明は、従来の技術に係る遊技機に内在する前記課題に鑑み、これを好適に解決するべく提案されたものであって、遊技者の遊技への参加意欲を高めると共に、遊技の興趣を向上し得る遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技球流下する遊技領域が画成された遊技盤と、遊技領域の前側を視認可能に覆う透明板と、演出を行う演出手段とを備えた遊技機において、前記透明板の前方に検出領域が設定され、該検出領域に存在する被検出体を非接触で検出可能な複数の非接触式検出センサと、前記複数の非接触式検出センサの検出状態変化態様に基づいて被検出体の動作方向を判定する動作方向判定手段と、前記動作方向判定手段の判定結果に基づく演出を、前記演出手段で実行させるように該演出手段を制御する制御手段とを備えることを特徴とする遊技機。

請求項2

前記複数の非接触式検出センサの夫々の検出領域は異なるように設定され、前記動作方向判定手段は、複数の非接触式検出センサの検出状態の変化順によって被検出体の動作方向を判定するよう構成される請求項1記載の遊技機。

請求項3

前記演出手段は、前記複数の非接触式検出センサにより検出可能な被検出体の動作方向と同じ方向に演出要素を変動可能に構成され、前記制御手段は、前記動作方向判定手段により判定された被検出体の動作方向と同じ方向に演出要素を変動する演出を実行させるように前記演出手段を制御する請求項1または2記載の遊技機。

請求項4

始動入賞手段への遊技球の入賞契機として図柄を変動させる図柄変動演出を実行する表示装置と、前記遊技盤に配設され、表示装置の表示部を開口部から前側に臨ませる枠状装飾体とを備え、前記複数の非接触式検出センサは、前記枠状装飾体における開口部の縁部に、該開口部の中央側前方に検出領域が位置するように設けられる請求項1〜3の何れか一項に記載の遊技機。

技術分野

0001

この発明は、遊技者遊技に参加し得る遊技機に関するものである。

背景技術

0002

代表的な遊技機であるパチンコ機は、機内にセットされる遊技盤の盤面に画成した遊技領域の略中央位置に枠状の枠状装飾体(所謂センター役物)が配設されて、該枠状装飾体の窓口を介して複数の図柄を変動表示する液晶式やドラム式等の図柄表示装置後方から臨ませると共に、該遊技盤における枠状装飾体の下方位置に、パチンコ球(遊技球)の入賞により図柄表示装置での図柄変動を開始させる始動入賞装置大当り時等に開放する特別入賞装置を配設するよう構成されたものが多数提案されている。この種のパチンコ機では、前記遊技領域に打ち出されたパチンコ球が遊技領域内に植設された遊技釘等との接触により跳ね返りながら次第に自重により流下し、該遊技領域を流下する過程で前記始動入賞装置に入賞することにより、所定数賞球が払い出されると共に、前記図柄表示装置での図柄変動演出に伴うリーチ演出等の各種の遊技演出がなされ、該図柄表示装置に図柄が所定の組合わせで停止することにより所謂大当りが発生し、前記特別入賞装置が開放して多数の賞球を獲得し得るよう構成される。

0003

また近年では、遊技者の遊技への参加意欲を高めるために、遊技領域を前側から覆う透明板の前方に存在する物体を非接触で検出可能な非接触式検出センサを設け、図柄変動演出中等に該非接触検出センサの検出領域に遊技者が手をかざす等の行為が行われたことを該検出センサで検出して、図柄変動演出の表示態様等の演出を変化させ得るようにしたパチンコ機が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0004

特開2013−146393号公報

発明が解決しようとする課題

0005

前記特許文献1に開示のパチンコ機では、1つの非接触式検出センサの検出状態が変化(OFF状態からON状態への変化)した場合に、遊技者が手を検出領域にかざす行為を行ったものと判断して演出を変化するよう構成されている。しかしながら、遊技者は、検出領域に手をかざすかかざさないかを選択するだけであって、演出を変化させるための動作が単調で面白みに欠け遊技意欲を充分に高めることはできなかった。また、非接触式検出センサが手を検出した場合には演出が変化するものの、その変化態様を遊技者が選ぶことができるものでもなく、遊技の興趣を充分に向上し得なかった。

0006

すなわち本発明は、従来の技術に係る遊技機に内在する前記課題に鑑み、これを好適に解決するべく提案されたものであって、遊技者の遊技への参加意欲を高めると共に、遊技の興趣を向上し得る遊技機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

前記課題を克服し、所期の目的を達成するため、本願の請求項1に係る発明では、
遊技球が流下する遊技領域(24)が画成された遊技盤(20)と、遊技領域(24)の前側を視認可能に覆う透明板(13a)と、演出を行う演出手段(17,71)とを備えた遊技機において、
前記透明板(13a)の前方に検出領域が設定され、該検出領域に存在する被検出体(T)を非接触で検出可能な複数の非接触式検出センサ(44,49)と、
前記複数の非接触式検出センサ(44,49)の検出状態の変化態様に基づいて被検出体(T)の動作方向を判定する動作方向判定手段(65a)と、
前記動作方向判定手段(65a)の判定結果に基づく演出を、前記演出手段(17,71)で実行させるように該演出手段(17,71)を制御する制御手段(65a)とを備えることを要旨とする。

0008

請求項1に係る発明によれば、複数の非接触式検出センサの検出状態の変化態様によって被検出体の動作方向を判定し、該判定結果に基づく演出を行うよう構成したので、被検出体の動作方向と関連した演出を行うことができる。すなわち、遊技者が非接触式検出センサの検出領域において手(被検出体)を動かす動作方向の違いによって変化する演出が異なるようにし得るので、遊技者の遊技への参加意欲を高めることができる。また、遊技者が行う動作に応じて演出を変化させ得るので、遊技の興趣を向上し得る。

0009

請求項2に記載の発明では、前記複数の非接触式検出センサ(44,49)の夫々の検出領域は異なるように設定され、前記動作方向判定手段(65a)は、複数の非接触式検出センサ(44,49)の検出状態の変化順によって被検出体(T)の動作方向を判定するよう構成されることを要旨とする。
請求項2に係る発明によれば、複数の非接触式検出センサの各検出領域を異なるように設定しているので、被検出体の動作方向を確実に判定することができる。

0010

請求項3に記載の発明では、前記演出手段(17,71)は、前記複数の非接触式検出センサ(44,49)により検出可能な被検出体(T)の動作方向と同じ方向に演出要素(66a,66b,66c,78)を変動可能に構成され、
前記制御手段(65a)は、前記動作方向判定手段(65a)により判定された被検出体(T)の動作方向と同じ方向に演出要素(66a,66b,66c,78)を変動する演出を実行させるように前記演出手段(17,71)を制御することを要旨とする。
請求項3に係る発明によれば、被検出体の動作方向と同じ方向に演出要素が変動する演出が行われ得るので、遊技者は遊技に参加していることを実感でき、遊技への参加意欲を更に高めることができる。

0011

請求項4に記載の発明では、始動入賞手段(29a,33a)への遊技球の入賞を契機として図柄を変動させる図柄変動演出を実行する表示装置(17)と、前記遊技盤(20)に配設され、表示装置(17)の表示部(17a)を開口部(26a)から前側に臨ませる枠状装飾体(26)とを備え、
前記複数の非接触式検出センサ(44,49)は、前記枠状装飾体(26)における開口部(26a)の縁部に、該開口部(26a)の中央側前方に検出領域が位置するように設けられることを要旨とする。
請求項4に係る発明によれば、枠状装飾体における開口部の縁部に非接触式検出センサが配設されているので、遊技者は、非接触式検出センサの位置から検出領域を認識し易く、該検出領域で適確に手(被検出体)を動作することができる。

発明の効果

0012

本発明に係る遊技機によれば、遊技者の遊技への参加意欲を高めることができると共に、遊技の興趣を向上し得る。

図面の簡単な説明

0013

実施例に係るパチンコ機を示す正面図である。
実施例に係る遊技盤の正面図である。
実施例に係る設置部材を取り付けた遊技盤を前側から見た概略斜視図である。
実施例に係る枠状装飾体を後側から見た概略斜視図である。
実施例に係る枠状装飾体と第1モーションセンサとを分解した状態を前側から見た要部概略斜視図である。
実施例に係る枠状装飾体と第1モーションセンサとを分解した状態を後側から見た要部概略斜視図である。
実施例に係る枠状装飾体と第2モーションセンサとを分解した状態を前側から見た要部概略斜視図である。
実施例に係る枠状装飾体と第2モーションセンサとを分解した状態を後側から見た要部概略斜視図である。
実施例に係る遊技盤をモーションセンサの配設位置で横断した要部平面図である。
(a)は、実施例に係るモーションセンサの検出領域と透明板との関係を示す説明平面図であり、(b)は、両モーションセンサの検出領域と透明板の前側にかざされた遊技者の手との関係を示す説明正面図である。
実施例に係るパチンコ機の制御構成を示すブロック図である。
大当り遊技の種類を示す説明図である。
変動パターンおよび演出パターンの種類と両パターンの関係を示す説明図である。
特図入力処理の流れを示すフローチャートである。
特図開始処理の流れを示すフローチャートである。
図15のステップB15に続く処理の流れを示すフローチャートである。
図15のステップB19に続く処理の流れを示すフローチャートである。
示唆演出パターンの種類を示す説明図である。
動作演出パターンの種類を示す説明図である。
図柄変動中特定示唆演出の表示態様を示す模式図である。
抽選用特定示唆演出の表示態様を示す模式図である。
動作方向判定処理の流れを示すフローチャートである。

0014

次に、本発明に係る遊技機につき、好適な実施例を挙げて、添付図面を参照して以下に説明する。なお、実施例では、遊技球としてパチンコ球を用いて遊技を行うパチンコ機を例に挙げて説明する。また、以下の説明において、「前」、「後」、「左」、「右」とは、特に断りのない限り、図1に示すようにパチンコ機を前側(遊技者側)から見た状態で指称する。

0015

(パチンコ機10について)
実施例に係るパチンコ機10は、図1に示すように、矩形枠状に形成されて遊技店の図示しない設置枠台に固定される固定枠としての外枠11の開口前面側に、後述する遊技盤20(図2参照)を着脱可能に保持する本体枠としての中枠12が開閉および着脱可能に組付けられると共に、遊技盤20の後側に、図柄を変動表示可能な第1表示装置(演出手段,表示装置)17が着脱し得るよう配設されている。また、中枠12の前面側には、遊技盤20を透視可能に保護する透明板13aで前後に開口する窓口13bを覆うよう構成された装飾枠としての前枠13が開閉可能に組付けられると共に、該前枠13の下方にパチンコ球を貯留する下球受け皿15が開閉可能に組付けられる。なお、実施例では、前枠13の下部位置に、パチンコ球を貯留する上球受け皿14が一体的に組付けられており、前枠13の開閉に合わせて上球受け皿14も一体的に開閉するよう構成される。

0016

前記前枠13には、図1に示す如く、下球受け皿15の右側方に、前記中枠12に配設された打球発射装置(図示せず)を作動する操作ハンドル16が設けられる。この操作ハンドル16は、左回転方向に付勢された操作レバー16aを備えており、該操作レバー16aを右回転するよう遊技者が回動操作することで打球発射装置が作動されて、前記上球受け皿14に貯留されたパチンコ球が前記遊技盤20に向けて発射されるようになっている。ここで、前記操作レバー16aの回動量に応じて前記打球発射装置によるパチンコ球の打球力強弱変化するよう構成されており、遊技者が操作レバー16aを操作して回動量を調節することで、前記遊技盤20に形成された第1流下経路21a(後述)をパチンコ球が流下する所謂「左打ち」と、該遊技盤20に形成された第2流下経路21b(後述)をパチンコ球が流下する所謂「右打ち」とを打ち分け得るようになっている。また、前枠13には、窓口13bの外周を囲繞するようランプ装置(発光手段)18が配設されると共に、該前枠13における上部の左右の隅部に、音声効果音出力可能スピーカ(音出力手段)19が配設されている。すなわち、前記ランプ装置18に設けられたLED等の発光体(図示せず)を点灯・点滅したり、前記スピーカ19から適宜の音声を出力することで、前記第1表示装置17での図柄変動演出に合わせて発光演出音声演出を行い得るよう構成されている。

0017

(遊技盤20について)
前記遊技盤20は、アクリルポリカーボネート等の合成樹脂材等からなる透明な平板状の板部材であって、該遊技盤20の裏側に、前記第1表示装置17や各種の可動演出装置21や発光演出装置等が配設される設置部材22が配設されている。設置部材22は、前記遊技盤20の外郭形状より僅かに小さい形状に形成された略矩形状の背面板と、該背面板の外周縁部から前方に突出する画壁部とから前方に開口した箱状に形成されて、該画壁部の開口前端部を遊技盤20の裏面に当接させた状態で、当該遊技盤20と設置部材22とがネジ止め固定される(図3参照)。そして、前記設置部材22において前記遊技盤20との間に画成される空間に、動作により演出を行う可動演出装置21や発光により演出を行う発光演出装置等が設置されて、設置部材22を基材とする1つのユニットとして扱い得るようになっている。また、設置部材22の背面板には、後述する枠状装飾体26の窓口26aと前後に整列する位置に、略矩形状の開口部22aが前後に開口するよう開設されて、背面板の裏面に配設した前記第1表示装置17の第1表示部(表示部)17aが、前記開口部22aおよび窓口26aを介して遊技盤20の前側に臨むよう構成される。なお、遊技盤20は、木材板の表面に各種絵柄等が描かれた合成樹脂シート等を貼付けて装飾したものであってもよい。

0018

前記遊技盤20の前面には、略円形状湾曲形成した案内レール23が配設されており、該案内レール23により画成される略円形の遊技領域24に、前記打球発射装置から発射されたパチンコ球が打ち出されることで遊技が行われるようになっている。また、遊技盤20には、前後に貫通する装着口(図示せず)が適宜位置に開設されており、各装着口に対して各種の遊技部品が前側から取り付けられると共に、遊技領域24の最下部位置には、該遊技領域24に打ち出されたパチンコ球を排出するアウト口25が開設されている。なお、前記装着口の形成数は、遊技盤20に取り付けられる各種遊技部品個数や配設位置等により必要に応じて適宜変更される。

0019

実施例の前記遊技盤20には、図2に示すように、前記案内レール23で囲まれた遊技領域24の略中央で開口する装着口に、前後に開口する窓口(開口部)26aが形成されたセンター役とも称される枠状装飾体26が取り付けられ、該枠状装飾体26の窓口26aを介して前記第1表示装置17の第1表示部17aが遊技盤20の前面側に臨むよう構成されている。なお、前記遊技盤20には、前記遊技領域24内に多数の遊技釘27が設けられると共に、前記枠状装飾体26の左側方に、遊技領域24を流下するパチンコ球の接触に伴って回転する所謂「風車」とも称される回転案内部材28が回転自在に支持されており、遊技領域24を流下するパチンコ球が遊技釘27や回転案内部材28に接触することで、流下方向が不規則に変化するよう構成されている。

0020

前記遊技盤20における第1装着口(枠状装飾体26)の下方に開設された第2装着口に、遊技領域24(後述する第1流下経路24a,第2流下経路24b)を流下するパチンコ球が入賞可能な第1始動入賞口(始動入賞手段)29aを有する始動入賞部29が取り付けられている。また、遊技盤20には、第2装着口の左上方に開設された第3装着口に、遊技領域24(第1流下経路24a)を流下するパチンコ球が入賞可能な普通入賞口30aが設けられたサイド飾り部材30が取り付けられる。更に、遊技盤20における第2装着口の右上方の第2流下経路21bに、上側から第4装着口、第5装着口、第6装着口および第7装着口が開設される。そして、第4装着口に、遊技領域24(第2流下経路24b)を流下するパチンコ球が通過可能な球通過ゲート31が取り付けられ、第5装着口に、遊技領域24(第2流下経路24b)を流下するパチンコ球が入賞可能な普通入賞口32aが設けられた普通入賞部材32が取り付けられ、第6装着口に、遊技領域24(第2流下経路24b)を流下するパチンコ球が入賞可能な第2始動入賞口(始動入賞手段)33aを有する始動入賞装置33が取り付られ、第6装着口に、遊技領域24(第2流下経路24b)を流下するパチンコ球が入賞可能な特別入賞口34aを有する特別入賞装置34が取り付けられている。

0021

(枠状装飾体26について)
前記枠状装飾体26は、前記第1装着口の内側に沿って延在する環状に形成された枠状基部35と、該枠状基部35に設けられて前記遊技盤20の前面より前方に突出し、前記遊技領域24と第1表示装置17の第1表示部17aを区切る庇状部36と、該庇状部36の後縁から外方に延出する薄板状の台板部37とを備える(図3,図4参照)。そして、前記枠状基部35を第1装着口に挿入すると共に台板部37を遊技盤20の前面に当接した状態で、該台板部37をネジ等の固定手段で遊技盤20に固定することで、枠状装飾体26が遊技盤20に取り付けられて、該枠状装飾体26の外側、具体的には庇状部36と案内レール23との間にパチンコ球が流下する遊技領域24(第1および第2流下経路24a,24b)が画成されるようになっている。なお、枠状装飾体26を遊技盤20に取り付けた状態で、庇状部36の後端縁から外方に延出する台板部37が遊技盤20の前面に沿って延在して、該台板部37の前側をパチンコ球が通り得るようになっている。

0022

前記枠状装飾体27の庇状部36は、枠状装飾体26(台板部37)の左側縁の略中間位置から上縁および右下縁に亘って連続して延在するよう設けられており、前記第1表示装置17における第1表示部17aの前面側を横切ってパチンコ球が流下(落下)するのを規制している。また庇状部36は、最上部位置から左右方向に下方傾斜するよう形成されて、遊技領域24に打ち出されたパチンコ球が庇状部36上で滞ることなく枠状装飾体26の左側方または右側方へ誘導案内されるよう形成されている。すなわち、枠状装飾体26の外側に画成される遊技領域24は、図2に示す如く、該枠状装飾体26の左側方をパチンコ球が流下する第1流下経路24aおよび枠状装飾体26の右側方をパチンコ球が流下する第2流下経路24bに分かれており、前記打球発射装置により遊技領域24内に向けて発射されたパチンコ球は、到達位置に応じて第1流下経路24aか、或いは第2流下経路24bの何れかを流下するよう構成される。そして、実施例に係るパチンコ機10では、前記第1流下経路24aをパチンコ球が流下する場合(左打ちの場合)に、パチンコ球が第2流下経路24bを流下する場合に較べて始動入賞部29の第1始動入賞口29aにパチンコ球が入賞する可能性が高くなるよう構成されると共に、該第2流下経路24bをパチンコ球が流下する場合(右打ちの場合)に、パチンコ球が第1流下経路24aを流下する場合に較べて特別入賞装置34の特別入賞口34aや始動入賞装置33の第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞する可能性が高くなるよう構成されている。なお、実施例では、遊技盤20における前記第1流下経路24aおよび第2流下経路24bの最下部位置に前記アウト口25が夫々設けられており、各流下経路24a,24bを最下部まで流下したパチンコ球を対応するアウト口25を介して機裏側に排出するよう構成してある。

0023

前記枠状装飾体26には、図2,図3に示す如く、窓口26aの下側(枠状装飾体26の内周下縁部)に、ステージ38が配設されると共に、窓口26aの左側に、前記第1流下経路24a(遊技領域24)に開口して該第1流下経路24aを流下するパチンコ球を枠状装飾体26の内側(ステージ38)に取り込む球導入部39が設けられ、該球導入部39がステージ38に連通するよう構成される。そして、球導入部39からステージ38に通出されたパチンコ球は、ステージ38上を左右に転動した後に、前記各入賞口29a,30aが設けられている遊技領域24に排出される。また、ステージ38の後端縁には、左右方向の全長に亘って上側に向けて所定高さで立上がる透明壁40が設けられ、ステージ38上を転動するパチンコ球が第1表示装置17の第1表示部17a側に移動するのを該透明壁40で防止している。

0024

ここで、実施例では、前記枠状装飾体26の枠状基部35や庇状部36の前側に、各種の意匠が施された複数の装飾部品42,43,44が配設され、該装飾部品42,43,44および透明壁40によって前記第1表示装置17の第1表示部17aを前側に臨ませる窓口26aが画成されている。なお、枠状装飾体26の上部に配設されて左右方向に延在して窓口26aの上縁を画成する装飾部品41については上部装飾部品41と指称し、該上部装飾部品41の左端部から下方に延在して窓口26aの左縁を画成する装飾部品42については、左装飾部品42と指称し、上部装飾部品41の右端部から下方に延在して窓口26aの右縁を画成する装飾部品43については、右装飾部品43と指称して区別する場合がある。

0025

(モーションセンサ44,49について)
前記枠状装飾体26に、複数(実施例では2つ)のモーションセンサ(非接触式検出センサ)44,49が配設されている。実施例では、前記窓口26aを挟んで左側に第1モーションセンサ44が配設されると共に右側に第2モーションセンサ49が配設され、両モーションセンサ44,49は後述する統括制御基板65(統括制御CPU65a)に配線接続されている(図11参照)。モーションセンサ44,49は、非接触式センサであって、実施例では投光部と受光部とを隣接配置したセンサ面(第1センサ面,第2センサ面)44a,49aを備え、投光部から投射した光の反射光を受光部で受光することにより、一定の検出領域内に存在する物体を検出可能な反射型のセンサが用いられている。図2,図10等に示す如く、第1モーションセンサ44は、センサ面44aを窓口26aの中央側の前方に向けるように右斜めの傾斜姿勢で枠状装飾体26に配置されるのに対し、第2モーションセンサ49は、センサ面49aを窓口26aの中央側の前方に向けるように左斜めの傾斜姿勢で枠状装飾体26に配置される。両モーションセンサ44,49において物体(被検出体)を検出可能な検出領域は、前記前枠13の透明板13aより前側(遊技者側)に及ぶように設定されており(図10(a)参照)、透明板13aの前側で遊技者が検出領域に被検出体である手Tをかざすことで、該手Tを検出し得るようになっている。なお、モーションセンサ44,49としては、検出媒体として光を用いる光学式に限らず、電波を用いる電波式のセンサや音波を用いる音波式のセンサ等、各種方式のセンサを採用し得る。

0026

(第1モーションセンサ44の取り付け構造について)
前記枠状装飾体26における枠状基部35には、前記球導入部39の上方の内側(窓口側)に、窓口側に延出する第1センサ取付部45が設けられ、第1センサ取付部45に、前記第1モーションセンサ44が第1取着部材46を介して着脱自在に取り付けられるよう構成される(図6,図9参照)。第1センサ取付部45には、後方に突出する筒状の受部45aが複数(実施例では2つ)設けられると共に、該第1センサ取付部45には受部45aと対応する位置に前後方向に貫通するネジ用の通孔45bが穿設されている。実施例では、第1センサ取付部45に2つの受部45aが上下方向に離間すると共に、下側の受部45aが窓口側に偏倚した状態で設けられている。

0027

前記第1モーションセンサ44は、前記投光部および受光部等の検出部を収容した略矩形状の第1本体47の一面が前記第1センサ面44aとなっている。また第1本体47における第1センサ面44aを挟む前後の壁の下端部に、外方に突出する固定部47aが夫々設けられており、該固定部47aにはネジ用の通孔47bが上下方向に貫通するように形成してある。前記第1取着部材46は、図5に示す如く、窓口側および下側に開口する収容室46aを画成した箱状の部材であって、該収容室46aに第1モーションセンサ44の第1本体47が部分的に収容可能に構成される。第1取着部材46の前後の壁の下端部に、ネジ孔46cが形成された被固定部46bが夫々突設されている。そして、第1モーションセンサ44は、第1センサ面44aを収容室46aから窓口側に突出した状態で第1本体47が該収容室46aに収容され、前記各固定部47aの通孔47bと被固定部46bのネジ孔46cとが整合した状態で、固定部47aの通孔47bに挿通したネジを被固定部46bのネジ孔46cに螺挿することで、第1取着部材46に第1モーションセンサ44が位置決め固定される(図9参照)。

0028

前記第1取着部材46の前壁には、図5に示す如く、前方に突出すると共にネジ孔48aが形成された第1固定ボス48が、前記第1センサ取付部45に設けた各受部45aに対応して設けられている。そして、図9に示す如く、各第1固定ボス48を対応する受部45aに後側から嵌合した状態で、第1センサ取付部45の通孔45bに前側から挿通したネジを第1固定ボス48のネジ孔48aに螺挿することで、第1モーションセンサ44が取り付けられている第1取着部材46が第1センサ取付部45に位置決め固定される。第1モーションセンサ44は、第1センサ取付部45に第1取着部材46を介して取り付けられた状態で、図2,図3に示す如く、前記第1センサ面44aが前記窓口26aの中央の前側を向くように斜め前向きでかつ斜め下向きとなるよう設定されている。すなわち、第1モーションセンサ44による検出領域が、前記透明板13aの前方に設定されるようになっている(図10(a)参照)。なお、前記第1センサ取付部45や第1取着部材46は、前記左装飾部品42によって前側から覆われて隠されるようになっている。但し、第1モーションセンサ44の第1センサ面44aは、窓口26aの縁部に位置して該窓口26aを介して前側から視認可能に構成されて、遊技者がセンサ位置を把握し得るよう構成してある。

0029

(第2モーションセンサ49の取り付け構造について)
前記枠状装飾体26における枠状基部35には、前記窓口26aを挟んで前記第1モーションセンサ44の配設部位(第1センサ取付部45)とは反対側に、窓口26aを画成する前記右装飾部品43が配設されており、該右装飾部品43に、前記第2モーションセンサ49が第2取着部材50を介して着脱自在に取り付けられるよう構成される。実施例では、右装飾部品43が第2モーションセンサ49の取付部として機能していることから、以後の説明では右装飾部品43を第2センサ取付部43と指称するものとする。この第2センサ取付部43には、図7,図8に示す如く、前後方向に開放する開口部43aが開設されると共に、該開口部43aより枠状基部側に偏倚した位置に、ネジ孔51aが形成された複数の第2固定ボス51が後方に向けて突設されている。実施例では、第2センサ取付部43に、2つの第2固定ボス51が上下方向に離間して設けてある。

0030

前記第2モーションセンサ49は、前記第1モーションセンサ44と同様に、前記投光部および受光部等の検出部を収容した略矩形状の第2本体52の一面が前記第2センサ面49aとなっている。また第2本体52における第2センサ面49aを挟む上下の壁の後端部に、外方に突出する固定部52aが夫々設けられており、該固定部52aにはネジ用の通孔52bが前後方向に貫通するように形成してある。前記第2取着部材50には、図7に示す如く、後側に開放する収容凹部50aが形成されており、該収容凹部50aに第2モーションセンサ49の第2本体52が部分的に収容可能に構成される。第2取着部材50には、収容凹部50a内で上下方向に離間する2箇所に、ネジ孔50bが夫々形成されている。そして、第2モーションセンサ49は、第2センサ面49aを収容凹部50aから突出した状態で第2本体52が該収容凹部50aに収容され、前記各固定部52aの通孔52bと第2取着部材50のネジ孔50bが整合した状態で、固定部52aの通孔52bに挿通したネジを第2取着部材50のネジ孔50bに螺挿することで、第2取着部材50に第2モーションセンサ49が位置決め固定される。

0031

前記第2取着部材50の右壁には、上下方向に離間して外方に突出する受部53が設けられており、各受部53には前方に開口する凹部53aが形成されると共に、前後方向に貫通する通孔53bが形成されている。各受部53は、前記第2センサ取付部43に設けた各第2固定ボス51に対応するように位置しており、各受部53の凹部53aに対応する第2固定ボス51が嵌合するよう第2取着部材50を第2センサ取付部43の裏側に位置決めすることで、前記第2モーションセンサ49の第2センサ面49aが前記開口部43aに位置して前側に露出するよう構成される。そして、各受部53の通孔53bに後側から挿通したネジを第2固定ボス51のネジ孔51aに螺挿することで、第2モーションセンサ49が取り付けられている第2取着部材50が第2センサ取付部43に位置決め固定される。第2モーションセンサ49は、第2センサ取付部43に第2取着部材50を介して取り付けられた状態で、図2,図3に示す如く、前記第2センサ面49aが前記窓口26aの中央の前側を向くように斜め前向きで、かつ斜め下向きとなるよう設定されている。すなわち、第2モーションセンサ49による検出領域が、前記透明板13aの前方に設定されるようになっている(図10(a)参照)。なお、第2センサ取付部43に取り付けられた第2モーションセンサ49の第2センサ面49aは、前記窓口26aの縁部において前記開口部43aから前側に露出して、遊技者がセンサ位置を把握し得るよう構成してある。

0032

ここで、前記枠状装飾体26に配設された第1モーションセンサ44および第2モーションセンサ49の検出領域についてより詳細に説明する。両モーションセンサ44,49の検出領域は、前記前枠13における透明板13aの前面から前方に検出許容長さLだけ離間する位置が最大検出位置Sとして設定されて、該最大検出位置Sから透明板13aの前面までの検出領域にある物体を検出し得るよう設定される(図10(a)参照)。なお、最大検出位置Sは、パチンコ機10の前方に設置されている椅子着席して遊技を行っている遊技者の頭や体より透明板側に位置して、該頭や体をモーションセンサ44,49が検出することがないよう構成される。また、第1モーションセンサ44の検出領域と、第2モーションセンサ49の検出領域とは、両センサ44,49の離間方向で異なるよう設定される。具体的には、遊技者が、前記第1表示部17aに表示される後述する動作示唆画像77に対応する透明板13aの前方において手Tを左右方向に移動した場合に、一方のモーションセンサ44,49が単独で該手Tを検出(非検出状態から検出状態に変化)し得るように設定される(図10(b)参照)。なお、図10(b)では、各モーションセンサ44,49から引き出されている一点鎖線の長さで最大検出位置Sを示している。

0033

すなわち、実施例では、前記動作示唆画像77の正面より左側から右側へ手Tを移動した場合は、先ず第1モーションセンサ44が単独で検出状態となり、次に第2モーションセンサ49が単独で検出状態となる。また、動作示唆画像77の正面より右側から左側へ手Tを移動した場合は、先ず第2モーションセンサ49が単独で検出状態となり、次に第1モーションセンサ44が単独で検出状態となる。そして、前記統括制御CPU65aは、後述する有効期間中において各モーションセンサ44,49が単独で検出状態となる順序(検出状態の変化順)によって、手Tの動作方向を判定し得るようになっている。なお、各モーションセンサ44,49が単独で検出状態となる間に、両モーションセンサ44,49が同時に検出状態となる期間が発生したり、あるいは同時に非検出状態となる期間が発生するようになっていても、統括制御CPU65aは手Tの動作方向を判定し得るようになっている。すなわち、統括制御CPU65aは、第1モーションセンサ44の単独検出状態→両モーションセンサ44,49の同時検出状態または同時非検出状態→第2モーションセンサ49の単独検出状態の順序であれば、手Tが左から右へ動作されたと判定し、第2モーションセンサ49の単独検出状態→両モーションセンサ44,49の同時検出状態または同時非検出状態→第1モーションセンサ44の単独検出状態の順序であれば、手Tが右から左へ動作されたと判定する。

0034

(始動入賞部29について)
前記遊技盤20に配設された前記始動入賞部29の第1始動入賞口29aは、遊技領域24内で常に上方へ開口する常時開放タイプの入賞口とされ、該第1始動入賞口29aは、前記遊技領域24を流下するパチンコ球が常時一定の確率で入賞可能に構成される。また始動入賞部29は、前記第1始動入賞口29aに入賞したパチンコ球を検出する入賞検出手段としての第1始動入賞検出センサ54を備えている。第1始動入賞検出センサ54は、パチンコ機10の裏側に配設されたメイン制御基板60(メイン制御CPU60a)に配線接続されており(図11参照)、該第1始動入賞検出センサ54によるパチンコ球の検出(すなわち第1始動入賞口29aへのパチンコ球の入賞)を契機として所定数の賞球が払い出されるようになっている。

0035

(始動入賞装置33について)
前記始動入賞装置33の第2始動入賞口33aは、開閉部材33bによって開閉するよう構成されており、駆動手段としての始動入賞ソレノイド56(図11参照)の駆動に伴って開閉部材33bが第2始動入賞口33aを閉鎖する閉鎖位置と開放する開放位置に変位するよう構成されている。すなわち、第2始動入賞口33aは、始動入賞ソレノイド56を駆動することでパチンコ球の入賞確率を可変し得るよう構成される。なお、開閉部材33bを閉鎖位置から開放位置に変位して第2始動入賞口33aを開放する開放条件および開閉部材33bを開放位置から閉鎖位置に変位して第2始動入賞口33aを閉鎖する閉鎖条件としては、開閉部材33bが開放位置に変位している継続時間(第2始動入賞口33aの開放時間)が挙げられるが、その他の条件を設定してもよい。

0036

前記始動入賞装置33は、前記第2始動入賞口33aに入賞したパチンコ球を検出する入賞検出手段としての第2始動入賞検出センサ55を備えている。第2始動入賞検出センサ55は、前記メイン制御基板60(メイン制御CPU60a)に配線接続されており(図11参照)、該第2始動入賞検出センサ55によるパチンコ球の検出(すなわち第2始動入賞口33aへのパチンコ球の入賞)を契機として所定数の賞球が払い出されるようになっている。

0037

(特別入賞装置34について)
前記特別入賞装置34の特別入賞口34aは、開閉体(開閉部材)34bによって開閉されるよう構成される。開閉体34bは、駆動手段としての特別入賞ソレノイド57(図11参照)に連繋されて、該特別入賞ソレノイド57を駆動することで、開閉体34bが特別入賞口34aへのパチンコ球の入賞を阻止する閉位置と該特別入賞口34aへのパチンコ球の入賞を許容する開位置との間を進退移動するよう構成される。また特別入賞装置34には、前記特別入賞口34aに入賞したパチンコ球を検出する特別入賞検出手段としての特別入賞検出センサ58が配設されている。特別入賞検出センサ58は、前記メイン制御基板60(メイン制御CPU60a)に配線接続されており(図11参照)、特別入賞検出センサ58がパチンコ球を検出すると、検出信号をメイン制御基板60に出力し、該メイン制御基板60の制御下に予め設定された数の賞球が払い出されるようになっている。なお、特別入賞装置34は、開閉体34bにより特別入賞口34aを常には閉鎖(入賞不能状態と)するよう構成され、後述する大当り遊技(当り遊技)の発生に伴って特別入賞口34aを開放(入賞可能状態と)するよう構成されている。すなわち、特別入賞装置34は、大当り遊技状態(特定の遊技状態)で開放可能な入賞装置として機能する。

0038

(普通入賞口30a,32aについて)
前記サイド飾り部材30には、図2に示す如く、2つの普通入賞口30aが設けられている。これに対し、前記普通入賞部材32には、前記球通過ゲート31の下方に1つの普通入賞口32aが設けられている。普通入賞口30a,32aは、前記遊技領域24内で常に上方へ開口する常時開放タイプの入賞口とされ、遊技領域24を流下するパチンコ球が常時一定の確率で入賞可能に構成されている。パチンコ機10は、普通入賞口30a,32aに入賞したパチンコ球を検出する普通入賞検出手段としての普通入賞検出センサ59を備えている。普通入賞検出センサ59は、前記メイン制御基板60(メイン制御CPU60a)に配線接続されており(図11参照)、普通入賞検出センサ59がパチンコ球を検出すると、検出信号をメイン制御基板60に出力し、該メイン制御基板60の制御下に予め設定された数の賞球が払い出されるようになっている。なお、普通入賞検出センサ59は、普通入賞口30aに入賞したパチンコ球を検出するものと、普通入賞口32aに入賞したパチンコ球を検出するものとの2つがパチンコ機10に設けられているが、図11では1つのみ図示している。

0039

(特図表示器61A,61Bについて)
前記遊技盤20には、遊技領域24外の位置に、前記第1および第2始動入賞口29a,33aへの入賞を契機として作動する特図表示器61A,61Bが設けられている。ここで、特図表示器61A,61Bは、前記第1始動入賞口29aへの入賞(第1始動入賞検出センサ54の検出)を契機として変動表示を開始する第1特図表示器61Aと、第2始動入賞口33aへの入賞(第2始動入賞検出センサ55の検出)を契機として変動表示を開始する第2特図表示器61Bとからなる。そして、前記第1始動入賞口29aへのパチンコ球の入賞を契機として、第1特図表示器61Aの変動表示(以下特図変動表示という場合がある)が行われ、最終的に複数種類の特別図柄(以下、特図という)の内の1つを表示するようになっている。また、第2始動入賞口33aへのパチンコ球の入賞を契機として、第2特図表示器61Bの変動表示(以下特図変動表示という場合がある)が行われて、最終的に複数種類の特図の内の1つを表示するよう構成されている。

0040

ここで、前記特図は、大当りか否かなどの内部抽選の結果を示す報知用の図柄とされ、前記各特図表示器61A,61Bでは複数種類の特図を表示し得るようになっている。具体的には、各特図表示器61A,61Bにおいて表示し得る特図としては、大当りを認識し得る大当り表示(大当り図柄)としての100種類の特図と、はずれを認識し得るはずれ表示(はずれ図柄)としての1種類の特図とが各特図表示器61A,61Bに対応して夫々設定されて、特図当り抽選の結果に応じて1つの特図が決定されて、特図変動表示の結果として、決定された特図が各特図表示器61A,61Bに確定停止表示される。なお、前述した各特図表示器61A,61Bにおいて表示し得る大当り図柄およびはずれ図柄としての特図の数は一例であって、適宜に変更することができる。そして、前記特図表示器61A,61Bの何れかに、大当り表示(当り表示)としての特図が表示されることで、大当り表示に対応した大当り遊技(当り遊技)が引き続いて遊技者に付与されるようになっている。実施例のパチンコ機10に設定された大当り遊技については後述する。なお、以下の説明では、第1特図表示器61Aで行われる特図変動表示を「第1特図変動表示」と称し、該第1特図変動表示の結果、第1特図表示器61Aに確定停止表示される特図を特図1と称する場合がある。同様に、第2特図表示器61Bで行われる特図変動表示を「第2特図変動表示」と称し、該第2特図変動表示の結果、第2特図表示器61Bに確定停止表示される特図を特図2と称する場合がある。

0041

(特図保留について)
前記第1始動入賞口29aにパチンコ球が入賞した際に取得される入賞情報(各種乱数情報)が機内部の記憶手段(実施例では、メイン制御RAM60c)に第1特図始動保留情報(第1始動保留球)として記憶されるようになっている。同様に、前記第2始動入賞口33aにパチンコ球が入賞した際に取得される情報(各種乱数情報)は機内部の記憶手段(実施例では、メイン制御RAM60c)に第2特図始動保留情報(第2始動保留球)として記憶されるようになっている。そして、前記遊技盤20には、第1特図始動保留情報の保留数を表示する第1特図保留表示部62Aおよび第2特図始動保留情報の保留数を表示する第2特図保留表示部62Bが設けられている(図11参照)。すなわち、前記第1および第2特図保留表示部62A,62Bの表示内容によって、保留されている第1特図変動表示および第2特図変動表示の回数(図柄変動演出の回数)が報知される。

0042

ここで、前記第1特図保留表示部62Aで表示される第1特図始動保留情報の保留数は、第1始動入賞口29aへパチンコ球が入賞することで1加算されると共に、第1特図変動表示(図柄変動演出)が行われる毎に1減算される。同様に、前記第2特図保留表示部62Bで表示される第2特図始動保留情報の保留数は、第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞することで1加算されると共に、第2特図変動表示(図柄変動演出)が行われる毎に1減算される。なお、第1および第2特図始動保留情報の保留数には所定の上限数(例えば「4」)が設定されており、該上限数まで第1および第2特図始動保留情報の保留数を夫々加算し得るよう設定されている。

0043

(ラウンド報知について)
実施例のパチンコ機10では、大当り判定当選した場合に、後述する複数種類の大当り遊技の中から1つの大当り遊技が決定される。そして、当選した大当り遊技の規定ラウンド数を報知するラウンド表示部63(図11参照)が、前記遊技盤20に設けられている。実施例では、全ての大当り遊技に設定される規定ラウンド数は同じ(16回)となっており、ラウンド表示部63では規定ラウンド数を識別可能に報知するよう構成される。なお、複数種類の規定ラウンド数が設定されている場合は、ラウンド表示部63で異なる規定ラウンド数を識別可能に報知する。

0044

(状態報知について)
実施例のパチンコ機10では、後述するように、大当り遊技終了後に付与される遊技状態として、確変状態および変短状態が設けられており、これらの遊技状態を報知する状態表示部64(図11参照)が、前記遊技盤20に設けられている。なお、前記ラウンド表示部57および状態表示部64の表示領域は、前記第1表示装置17で実行される演出等の表示領域に比較して極めて小さく設定されており、第1表示装置17で実行されている各種演出に注目している遊技者にとっては、ラウンド表示部63および状態表示部64に表示される各情報を簡単には認識し難くなっている。

0045

ここで、前記特図表示器61A,61B、特図保留表示部62A,62B、ラウンド表示部63、状態表示部64等は、対応する情報を表示乃至報知し得るものであれば、個別に点灯制御可能な複数のLEDからなる発光表示部で構成したり、または7セグメント表示器ドットマトリックス、小型の液晶表示器、その他の表示手段を採用できる。

0046

(第1表示装置17について)
前記第1表示装置17には、図2に示すように、前記飾図を変動表示可能な図柄列66a,66b,66cが複数列設定されており、前記第1始動入賞口29aまたは第2始動入賞口33aへの入賞を契機として、各図柄列66a,66b,66cの飾図が変動開始されるようになっている。実施例の第1表示装置17には、図柄変動演出の結果として1つの飾図を停止表示可能な有効停止位置68が設定されており、図柄変動演出により、各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68を組み合わせた停止図柄有効ライン69に確定停止表示される飾図の図柄組み合わせ導出するようになっている。なお、実施例の第1表示装置17には、3列の図柄列66a,66b,66cが左右横並び状に設定されると共に、各図柄列66a,66b,66c毎に飾図の有効停止位置68が1箇所ずつ定められており、3列の飾図からなる図柄変動演出が行われるようになっている。すなわち、実施例の第1表示装置17には、1つの停止図柄有効ライン69が設定されている。以下の説明では、左側から順に左図柄列66a、中図柄列66b、右図柄列66cと指称する場合がある。

0047

また、前記第1表示装置17の各図柄列66a,66b,66cにおける飾図の表示領域は、第1特図表示器61Aおよび第2特図表示器61Bに比較して大きな領域で構成されて、特図に比較して飾図が遥かに大きく表示されるようになっている。このため、遊技者は、第1表示装置17の停止図柄有効ライン69に停止表示された図柄組み合わせから大当りまたははずれを認識できる。

0048

前記第1表示装置17には、図柄変動演出の開始と共に予め定めた変動方向(実施例では上から下の縦方向)に沿って飾図が移動するよう変動表示されるようになっており、予め定められた停止順序で変動表示されている飾図が各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68に停止表示されるようになっている。なお、実施例では、図柄変動演出の開始時に、左図柄列66a、中図柄列66b、右図柄列66cの順で飾図が変動開始し、左図柄列66a、右図柄列66c、中図柄列66bの順で停止表示する飾図の変動タイミングを基本として、第1表示装置17で実行される図柄変動演出の演出内容や特図始動保留情報(後述)の記憶数等に応じて飾図の変動タイミングが適宜に変更されるよう構成されている。

0049

また、前記第1表示装置17では、図柄変動演出が終了する前に各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68に飾図が一時的に仮停止表示されて、各図柄列66a,66b,66cの飾図が確定停止表示されることで1回の図柄変動演出が終了するようになっている。すなわち、図柄変動演出(第1特図変動表示および第2特図変動表示)は、1つの始動保留情報に基づいて行われる飾図(特図1および特図2)の変動開始から確定停止までを1回として実行されるようになっている。なお、「変動表示」とは、前記各図柄列66a,66b,66cにおいて、有効停止位置68に表示される飾図が所定順序で変化している状態である。そして、飾図の「確定停止」とは、前記各図柄列66a,66b,66cにおいて有効停止位置68に飾図が所定の特図変動インターバル時間に亘って継続して停止表示された状態である。また、飾図の「仮停止」とは、前記各図柄列66a,66b,66cにおいて有効停止位置68に留まるよう表示された飾図が特図変動インターバル時間だけ継続して停止していない状態である。すなわち、飾図の仮停止には、有効停止位置68において飾図がゆれ変動状態で表示されている状態や、特図変動インターバル時間より短い時間で停止表示されている状態を含んでいる。

0050

ここで、第1特図表示器61Aと第1表示装置17では、第1特図変動表示と該第1特図変動表示に関する図柄変動演出が開始され、特図1と飾図とが確定停止表示される。同様に、第2特図表示器61Bと第1表示装置17では、第2特図変動表示と該第2特図変動表示に関する図柄変動演出が開始され、特図2と飾図とが確定停止表示される。なお、第1および第2特図表示器61A,61Bにおいて特図変動表示が同時に行われることはなく、一方の特図表示器61A,61Bで特図変動表示が行われている場合には、メイン制御RAM60cに対応する第1または第2特図始動保留情報として保留記憶されるようになっている。

0051

実施例に係る第1表示装置17には、各図柄列66a,66b,66cに「0」〜「9」の10種類の数字が基本の飾図として設定されており、該基本の飾図が各図柄列66a,66b,66cで順番に変動表示されるようになっている。なお、飾図としては、これに限られるものではなく、任意の数字や文字、絵柄等のように、遊技者が各飾図を区別して識別し得る形態とされる。また前記飾図は、後述する第1確変大当り遊技が付与されることを確定的に遊技者が認識可能な第1の識別図柄と、第2確変大当り遊技が付与されることを確定的に遊技者が認識可能な第2の識別図柄とに分類されている。なお、本実施形態において大当り遊技終了後に付与可能な確変状態については後詳する。ここで、第1の識別図柄としては、基本となる飾図の中から適宜に設定しても、基本となる飾図以外に定めた特別な飾図を用いることもできる。実施例においては、「1」、「3」、「5」、「7」、「9」の奇数図柄を第1の識別図柄とし、「0」、「2」、「4」、「6」、「8」の偶数図柄を第2の識別図柄とした例で説明する。

0052

そして、前記第1表示装置17における各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68(停止図柄有効ライン69)に確定停止表示された各図柄列66a,66b,66cの飾図が当りの図柄組み合わせであった場合に、大当り遊技(当り遊技)が付与されることを把握し得るようになっている。ここで、実施例では、大当りの図柄組み合わせとして、各図柄列の有効停止位置68に同じ飾図が確定停止表示される図柄組み合わせ(例えば、「222」、「777」等)が設定されている。この大当りを認識できる飾図の図柄組み合わせが、第1表示装置17に表示される大当り表示となり、図柄変動演出の終了後に遊技者に有利な大当り遊技が付与される。また、実施例では、第1表示装置17で変動表示される前述した基本の飾図とは別に、特殊飾図(特殊図柄)を表示し得るよう設定されており、各図柄列の有効停止位置68の何れか(例えば中図柄列の有効停止位置)に特殊飾図が確定停止表示されることで、所定の大当り遊技が付与されることを認識できるよう構成されている。この大当り遊技が発生する可能性を認識できる飾図の図柄組み合わせが、第1表示装置17に表示される大当り示唆表示となる。一方で、第1表示装置17の有効停止位置68に確定停止表示された全列の図柄が1つでも異なる種類の場合には、その図柄組み合わせ(例えば「123」、「734」、「171」等)から、原則的には大当り遊技が付与されない「はずれ」であることを認識できる。このはずれを認識できる飾図の図柄組み合わせが、第1表示装置17のはずれ表示となる。

0053

また、図柄変動演出において、複数の図柄列の内で、特定の図柄列(実施例では、左図柄列66aおよび右図柄列66c)に同じ飾図が停止表示され、かつ残りの図柄列(実施例では、中図柄列66b)が変動表示された表示(リーチ表示)となることで、リーチ生起されたことを遊技者が認識し得るようになっている。具体的なリーチ表示の例としては、左図柄列66aおよび右図柄列66cに同じ飾図が停止表示された図柄組み合わせ(「1↓1」、「4↓4」等)となる。なお、「↓」は変動中であることを表している。また、リーチ表示を形成する特定の図柄列(左図柄列66aおよび右図柄列66c)の飾図は、仮停止表示の状態とされ、残りの図柄列(中図柄列66b)に飾図が停止表示(仮停止表示)された後に、全ての図柄列の飾図が確定停止表示されるようになっている。

0054

前記第1表示装置17には、第1特図表示器61Aおよび第2特図表示器61Bでの特図変動表示の結果、表示される特図に応じた飾図の図柄組み合わせが表示される。すなわち、第1特図表示器61Aおよび第2特図表示器61Bに表示される特図と、第1表示装置17に表示される飾図の図柄組み合わせとが夫々対応しており、図柄変動演出が終了すると、第1特図表示器61Aおよび第2特図表示器61Bに特図が確定停止されると共に、第1表示装置17の各図柄列66a,66b,66cに飾図が確定停止表示されるようになっている。なお、特別図柄に対する飾図の図柄組み合わせは一対一とは限らず、1つの特別図柄に対して複数の飾図による図柄組み合わせの中から1つの飾図による図柄組み合わせが選択されるようになっている。

0055

(第2表示装置71について)
前記設置部材22に、表示演出を実行する第2表示装置71が配設されている。第2表示装置71は、収容ケースに各種画像表示可能な液晶パネルを収容した液晶表示装置が採用され、該第2表示装置71の第2表示部71aで、図柄変動に伴う各種演出を表示し得るよう構成される。第2表示装置71は、図2に示す如く、第2表示部71aを前記枠状装飾体26の窓口26aから前側に臨ませている。また、第2表示装置71の外形寸法は、前記第1表示装置17の第1表示部17aより小さく設定されており、該第2表示装置71では補助的な表示演出を行うよう構成される。なお、第2表示装置71は、第1表示装置17と同様に、液晶表示装置に限られるものではなく、ドラム式の表示装置やドットマトリックス式の表示装置等の従来公知の各種の表示装置を採用し得る。

0056

(球通過ゲート31について)
前記球通過ゲート31は、該ゲート31を通過するパチンコ球を検出する球通過検出センサ72が設けられている。この球通過検出センサ72は、前記メイン制御基板60(メイン制御CPU60a)に配線接続されており(図11参照)、該球通過検出センサ72からメイン制御基板60への球検出信号の入力(すなわち球通過検出センサ72のパチンコ球の検出)に伴って各種情報(後述する普図当り判定用乱数)が取得され、この取得した情報に基づいて後述する普図当り判定(普図当り抽選)が行われるよう構成されている。そして、この普図当り抽選の結果に応じて前記始動入賞装置33の始動入賞ソレノイド56が駆動制御されて開閉部材33bが開閉動作するようになっている。

0057

(普図表示器73について)
前記遊技盤20には、前記球通過検出センサ72のパチンコ球の検出を契機として作動する普通図表示器73が設けられている。この普図表示器73では、球通過検出センサ72のパチンコ球の検出(球通過ゲート31のパチンコ球の通過)を契機として、複数種類の普通図柄(以下、「普図」と示す場合がある)を変動させて1つの普図を導出する普図変動表示が行われる。そして、普図表示器73の最終的な表示結果から普図当りまたははずれを認識できるようになっている。

0058

(普図保留について)
また、前記遊技盤20には、前記球通過ゲート31をパチンコ球が通過した際に取得される情報(後述する各種乱数情報)が機内部の記憶手段(メイン制御RAM60c)で始動保留情報として記憶された際に、該普図保留情報の保留数を表示する普図保留表示部74が配設されており、該普図保留表示部74の表示内容によって保留されている普図の変動回数が報知される。前記普図保留表示部74で表示される普図始動保留記憶数は、球通過ゲート31をパチンコ球が通過すると1加算され、普図変動表示が開始されることにより1減算される。なお、普図始動保留記憶数には所定の上限数(実施例では「4」)が設定されており、該上限数まで普図始動保留記憶数を加算し得るよう設定されている。

0059

(確変について)
実施例のパチンコ機10は、大当り遊技終了後に遊技者に有利な遊技状態として第1特典遊技状態を付与する機能を備えている。ここで、第1特典遊技状態としては、前記特別入賞口34aへのパチンコ球の入賞契機が、当該第1特典遊技状態が付与されていない状態に較べて増加する状態である。具体的には、第1特典遊技状態では、特図当り確率を低確率から高確率に変動することにより特別入賞口34aへのパチンコ球の入賞契機を増加することができる。以下の説明では、第1特典遊技状態を、便宜的に「確変状態」という場合もある。

0060

確変機能は、確定停止表示された大当り図柄(特図1または特図2)の種類が予め定めた確変図柄(特定図柄)であることを条件として、大当り遊技の終了後に大当りの抽選確率(大当り確率)が低確率から高確率に変動させる確変状態を付与する機能である。

0061

(変短状態について)
また、実施例のパチンコ機10は、大当り遊技終了後に遊技者に有利な遊技状態として第2特典遊技状態を付与する機能を備えている。ここで、第2特典遊技状態としては、前記第2始動入賞口33aへのパチンコ球の入賞契機が、当該第2特典遊技状態が付与されていない状態と較べて増加する入賞率向上状態である。具体的には、第2特典遊技状態では、(1)普図変動表示の変動時間の短縮、(2)普図当り確率を低確率から高確率に変動、(3)普図当り1回についての第2始動入賞口33aを開放する開閉部材33bの開放時間を増やすこと、により第2始動入賞口33aへのパチンコ球の入賞契機を増加することができる。なお、第2特典遊技状態では、上記(1)〜(3)を単独または複数を組み合わせることができる。なお,普図当り1回についての第2始動入賞口33aを開放する開閉部材33bの開放時間を増やすに際しては、開閉部材33bの開放時間を単純に延長することで実現してもよく、また開閉部材33bの開放回数を増やすことで実現することもでき、またこれらを複合させてもよい。なお、実施例では、第2特典遊技状態について、「変短状態」という場合もある。

0062

(大当り遊技について)
次に、実施例のパチンコ機10で付与される大当り遊技について説明する。大当り遊技は、特図変動表示の結果として特図表示器61A,61Bに大当り図柄が停止表示された後に開始されるよう設定されており、大当り遊技の開始を示すオープニング演出OPと、オープニング演出終了後に行われる規定ラウンド数(実施例では16ラウンド)だけラウンド間インターバル時間を挟んで繰り返されるラウンド遊技と、大当り遊技の終了を示すエンディング演出EDとにより構成されている。前記ラウンド遊技では、発生した大当り遊技の種類に応じた開閉動作で特別入賞装置34の開閉体34bが開閉動作して、1回のラウンド遊技において特別入賞口34aに規定個数(例えば9個)のパチンコ球が入賞するか、あるいは各ラウンド遊技の開始から規定時間(ラウンド遊技時間)が経過することで1回のラウンド遊技が終了する。なお、大当り遊技における各ラウンド遊技の間は、所定時間だけ開閉体34bが閉鎖状態で保持されるラウンド間インターバル時間が設定されている。すなわち、大当り遊技では、前記開閉体34bが各大当り遊技の規定ラウンド数以上の開閉動作を行う。

0063

(大当り遊技の種類について)
実施例のパチンコ機10では、図12に示すように、大当り判定に当選した場合に、遊技者に与える価値が異なる複数種類(実施例では2種類)の大当り遊技の中から1つの大当り遊技が決定され、その決定された大当り遊技が付与される。ここで、2種類の大当り遊技の内で何れの大当り遊技が付与されるかは、大当り判定に当選した際に決定される大当り図柄(特図1および特図2)の種類に基づいて決定されるようになっている。実施例において第1特図表示器61Aに表示可能な大当り図柄としての特図1(実施例では100種類の特図1)は、図柄A、図柄Bの2つのグループに分類されており、第1特図表示器61Aに確定停止表示された特図1が大当り図柄の場合に、その大当り図柄の種類(図柄A〜B)に応じた大当り遊技が付与されるようになっている。同様に、実施例において第2特図表示器61Bに表示可能な大当り図柄としての特図2(実施例では100種類の特図2)は、図柄a、図柄bの2つのグループに分類されており、第2特図表示器61Bに確定停止表示された特図2が大当り図柄の場合に、その大当り図柄の種類(図柄a〜b)に応じた大当り遊技が付与されるようになっている。

0064

実施例のパチンコ機10では、大当り遊技終了後に、次回の大当り遊技が生起されるまでの間、確変状態および変短状態が継続して付与される確変大当り遊技と、大当り遊技終了後には確変状態が付与されない一方で、大当り遊技終了後に所定の変動回数(実施例では100回)の図柄変動演出(第1または第2特図変動表示)が実行されるまで変短状態が継続して付与される非確変大当り遊技とが設定されており、第1特図表示器61Aおよび第2特図表示器61Bに表示される図柄の種類に応じて、何れかの確変大当り遊技が付与されるようになっている。具体的には、図柄Aに分類された大当り図柄としての特図1が第1特図表示器61Aに表示されるか、図柄aに分類された大当り図柄としての特図2が第2特図表示器61Bに表示された場合に確変大当り遊技が付与され、図柄Bに分類された大当り図柄としての特図1が第1特図表示器61Aに表示されるか、図柄bに分類された大当り図柄としての特図2が第2特図表示器61Bに表示された場合に非確変大当り遊技が付与されるようになっている。また、各大当り遊技において、規定ラウンド数は「16回」に夫々設定されると共に、各ラウンド遊技の入賞上限個数(規定個数)は「9個」に設定されている。すなわち、各大当り遊技は、大当り遊技終了後に確変状態が付与されるか否、および変短状態の付与期間(変短回数)が異なることで、遊技者に与える価値(特典量)が異なる大当り遊技である。なお、規定ラウンド数が異なる複数の大当り遊技を設定し、1回の大当り遊技において遊技者に与える価値(特典量)に差を設けるようにしてもよい。

0065

(パチンコ機の制御構成について)
次に、パチンコ機10の制御構成について説明する。実施例のパチンコ機10には、図11に示す如く、パチンコ機10を全体的に制御するメイン制御基板60と、該メイン制御基板60からの制御信号に基づいて各制御対象を制御するサブ制御基板65,70とが設けられている。すなわち、メイン制御基板60では、パチンコ機10に備えられた各種検出センサ(検出手段)からの検出信号に基づいて各種処理が実行され、その処理結果に応じた各種の制御信号(制御コマンド)がサブ制御基板65,70に出力されるようになっている。

0066

実施例のパチンコ機10には、サブ制御基板として、遊技演出を全体的に制御する統括制御基板65と、第1表示装置17および第2表示装置71での表示内容を制御する表示制御基板70と、パチンコ機10が備える各種発光演出手段(ランプ装置18等)の発光制御を行うランプ制御基板75と、パチンコ機10が備えるスピーカ19の音出力制御を行う音制御基板76とを備えている。すなわち、メイン制御基板60が出力した制御信号(制御コマンド)に基づいて、前記統括制御基板65が表示制御基板70、ランプ制御基板75および音制御基板76を制御するよう構成されており、パチンコ機10で実行される各種遊技演出(図柄変動演出や発光演出、音声演出)を統括的にコントロールし得るようになっている。ここで、表示制御基板70は、統括制御基板65から出力された制御信号(制御コマンド)に基づいて、第1表示装置17に表示される図柄(飾図)や背景画像等の図柄変動演出の表示内容および第2表示装置71に表示される図柄変動に伴う表示内容を制御するよう構成される。また、ランプ制御基板75は、統括制御基板65から出力された制御信号(制御コマンド)に基づいて、パチンコ機10が備える各種発光演出手段の点灯・消灯のタイミングや、発光強度等を制御するものである。そして、音制御基板76は、統括制御基板65から出力された制御信号(制御コマンド)に基づき、パチンコ機10が備える各種スピーカ19からの音声出力のタイミングや出力内容等を制御するものである。

0067

(メイン制御基板60について)
前記メイン制御基板60は、図11に示す如く、制御処理を実行するメイン制御CPU(メイン制御手段)60a、該メイン制御CPU60aが実行する制御プログラムを記憶するメイン制御ROM60b、当該メイン制御CPU60aの処理に必要なデータの書込み・読出しが可能なメイン制御RAM60c等が備えられている。そして、前記始動入賞検出センサ54,55、特別入賞検出センサ58、球通過検出センサ72等の各種センサが前記メイン制御CPU60aに接続されている。また、メイン制御CPU60aには、第1および第2特図表示器61A,61B、第1および第2特図保留表示部62A,62B、普図表示器73、普図保留表示部74等の各表示器が接続されて、各検出センサ54,55の検出を契機としてメイン制御CPU60aで実行された制御処理に基づいて、各表示器61A,61Bの表示制御が実行されるようになっている。また、メイン制御CPU60aには、前記始動入賞装置33および特別入賞装置34に設けられたソレノイド56,57が接続されており、該メイン制御CPU60aでの制御処理結果に基づいて各ソレノイド56,57を駆動させることで、対応する開閉部材33bや開閉体34bが開閉するようになっている。そして、メイン制御CPU60aは、大当り遊技の種類に応じた開閉態様で開閉体34bが開閉するよう前記特別入賞ソレノイド57を駆動制御するよう構成される。

0068

メイン制御CPU60aは、第1始動入賞口29aまたは第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞したこと(より具体的には第1始動入賞検出センサ54または第2始動入賞検出センサ55がパチンコ球を検出したこと)を契機として入賞情報としての判定用乱数を取得するよう設定されている。ここで、メイン制御CPU60aが取得する判定用乱数(入賞情報)としては、特図当り判定用乱数、特図決定用乱数演出実行判定用乱数(リーチ判定用乱数)、変動パターン振分用乱数、普図当り判定用乱数、普図決定用乱数等の各種乱数が設定されている。そして、メイン制御CPU60aがこれらの値を所定の周期(実施例では4ms)で更新し、更新後の値をメイン制御RAM60cに一時的に記憶して更新前の値を書き換えることにより、第1または第2始動入賞検出センサ54,55の検出信号がメイン制御CPU60aに入力されたタイミングに応じた判定用乱数が取得されるようになっている。また、メイン制御CPU60aは、時間を計測するタイマ更新処理を実行する。メイン制御RAM60cには、パチンコ機10の動作中に適宜書き換えられる各種情報(乱数値タイマ値フラグなど)が記憶(設定)されるようになっている。

0069

特図当り判定用乱数は、図柄変動演出の結果として大当り遊技(当り遊技)を発生するか否かの当り判定(大当り判定)で用いる乱数である。また、特図決定用乱数は、大当り判定の結果に応じて第1特図表示器61Aに確定停止表示させる特図1または第2特図表示器61Bに確定停止表示させる特図2を決定する際に用いる乱数である。特図決定用乱数の各値には、前述したはずれを示す1種類の特図表示に対応する乱数と、大当りの当選を示す100種類の特図表示に対応する乱数とが設定されており、該特図決定用乱数の値により、第1特図表示器61Aに確定停止表示される特図1または第2特図表示器61Bに確定停止表示される特図2が特定されるようになっている。すなわち、第1始動入賞検出センサ54の検出を契機として取得される特図決定用乱数の値により、第1特図表示器61Aに確定停止表示される特図1が特定され、第2始動入賞検出センサ55の検出を契機として取得される特図決定用乱数の値により、第2特図表示器61Bに確定停止表示される特図2が特定される。また、前述したように、前記大当り図柄としての特図1および特図2は、大当り遊技の種類毎に分類されており、特図1または特図2が特定されることで、図柄変動演出の終了後に付与される大当り遊技の種類が特定されるようになっている。すなわち、特図決定用乱数が大当り遊技の種類を決定する乱数としての機能を有している。

0070

また、演出実行判定用乱数は、前述した大当り判定(当り判定)における判定結果が否定となった場合に(大当りに当選しなかったはずれの場合に)、当り表示が表示される可能性を示唆する演出を行うか否かの演出実行判定(リーチ判定)で用いられる乱数であって、複数種類の演出実行判定用乱数が所定の周期(4ms)で更新されるようになっている。前記変動パターン振分用乱数は、図柄変動演出における図柄変動の変動パターンの決定に用いる乱数であって、複数種類の変動パターン振分用乱数が所定の周期(4ms)で更新される。

0071

実施例のパチンコ機では、特図当り判定用乱数、特図決定用乱数、演出実行判定用乱数、および変動パターン振分用乱数は、第1始動入賞口29aまたは第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞したこと(より具体的には第1始動入賞検出センサ54または第2始動入賞検出センサ55がパチンコ球を検出したこと)を契機として、メイン制御RAM60cに一時的に記憶されている各乱数を同じタイミングで前記メイン制御CPU60aが取得するようになっている。また、第1始動入賞口29aへパチンコ球が入賞したことを契機に取得される各乱数は、第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞したことを契機に取得される各乱数と同一のものが共通で使用され、各始動入賞口29a,33aへの入賞タイミングに応じた乱数を前記メイン制御CPU60aが取得するようになっている。

0072

(判定値について)
一方、メイン制御ROM60bには、図柄変動演出の結果、大当りを発生させることを示す大当り判定値が記憶されている。大当り判定値は、前記特図当り判定用乱数を用いて大当りか否かの判定(大当り判定)で用いる判定値であり、特図当り判定用乱数の取り得る整数の中から所定数の判定値が定められている。ここで、大当り判定値は、大当り判定を行う時点で前述した確変状態が付与されているか否かで判定値の設定数が異なっている。具体的には、確変状態のときに設定される大当り判定値の数は、非確変状態の場合に設定される大当り判定値の数よりも多く設定されている。すなわち、確変状態における大当り判定値の設定数を多くすることで、大当りが発生し易くなっている。

0073

また、メイン制御ROMには、特図決定用判定値が記憶されている。特図決定用判定値は、大当り判定の結果が肯定の場合に、第1特図表示器61Aに確定停止表示させる大当り図柄としての特図1または第2特図表示器61Bに確定停止表示させる大当り図柄としての特図2を、特図決定用乱数を用いて決定する判定値である。ここで、実施例では、特図決定用判定値には、特図決定用乱数に対応した整数値が設定されており、特図決定用判定値の夫々に個別に特図1および特図2対応付けられている。

0074

また、メイン制御ROMには、演出実行判定値(リーチ判定値)が記憶されている。演出実行判定値は、当り判定(大当り判定)の結果が否定の場合に、当り表示が第1表示装置17に表示される可能性を示唆するリーチ演出等の演出を実行させるか否かの演出実行判定(リーチ抽選)で用いる判定値であり、演出実行判定用乱数の取り得る整数の中から定められている。ここで、演出実行判定値は、第1始動入賞口29aへパチンコ球が入賞したこと(より具体的には第1始動入賞検出センサ54がパチンコ球を検出したこと)を契機として行われる演出実行判定の場合と、第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞したこと(より具体的には第2始動入賞検出センサ55がパチンコ球を検出したこと)を契機として行われる演出実行判定の場合とで、判定値の設定数が異なっている。また、演出実行判定値は、演出実行判定を行う時点で前述した確変状態が付与されているか否か、および当該時点で変短状態が付与されているか否かに応じても、判定値の設定数が異なっている。

0075

すなわち、第1始動入賞口29aへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、確変状態のときに設定される演出実行判定値の数よりも非確変状態のときに設定される演出実行判定値の数の方が多くなるよう設定されている。また、第1始動入賞口29aへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、変短状態のときに設定される演出実行判定値の数よりも非変短状態のときに設定される演出実行判定値の数の方が多くなるよう設定されている。なお、第1始動入賞口29aへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、メイン制御RAM60cに記憶されている第1特図始動保留情報の記憶数に応じて、演出実行判定値の設定数が変動するようにしてもよい。具体的には、メイン制御RAM60cに記憶されている第1特図始動保留情報の記憶数が増えるにつれて演出実行判定値の設定数が減少するように、該設定数を設定することができる。すなわち、第1特図始動保留情報の記憶数が「4」の場合に、演出実行判定値の設定数が最小とされる。

0076

そして、第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、変短状態のときに設定される演出実行判定値の数よりも非変短状態のときに設定される演出実行判定値の数の方が少なくなるよう設定されている。なお、第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞したことを契機として行われる演出実行判定の場合では、メイン制御RAM60cに記憶されている第2特図始動保留情報の記憶数に応じて、演出実行判定値の設定数が変動するようにしてもよい。具体的には、メイン制御RAM60cに記憶されている第2特図始動保留情報の記憶数が増えるにつれて演出実行判定値の設定数が減少するように、該設定数を設定することができる。すなわち、第1特図始動保留情報の記憶数が「4」の場合に、演出実行判定値の設定数が最小とされる。

0077

また、メイン制御ROM60bには、普図変動演出の結果、普図当りを発生させることを示す普図当り判定値が記憶されている。普図当り判定値は、前記普図当り判定用乱数を用いて普図当りか否かの判定(普図当り判定)で用いる判定値であり、普図当り判定用乱数の取り得る整数の中から所定数の判定値が定められている。ここで、普図当り判定値は、普図当り判定を行う時点で前述した変短状態が付与されているか否かで判定値の設定数が異なっている。具体的には、変短状態の場合に設定される普図当り判定値の数は、非変短状態の場合に設定される普図当り判定値の数よりも多く設定されている。すなわち、変短状態における普図当り判定値の設定数を多くすることで、普図当りが発生し易くなっている。

0078

更にまた、メイン制御ROM60bには、変動内容を特定する複数種類の変動パターン(特図変動パターンという場合もある)が記憶されており、各変動パターンに対応して変動パターン振分判定値が記憶されている。ここで、前記変動パターンは、第1特図変動表示または第2特図変動表示が開始してから確定停止表示されるまでの間に実行される演出内容(図柄変動演出の表示内容、発光演出態様、音声演出態様)の基本的なベースとなる内容を特定するものである。また、変動パターンは、第1特図変動表示または第2特図変動表示が開始してから特図1または特図2が確定停止表示されるまでの変動時間(図柄変動演出および特図変動表示の時間)を特定している。変動パターン振分判定値は、前記変動パターン振分用乱数を用いて変動パターンの決定に用いる判定値であり、変動パターン毎に所定の判定値が割当てられており、取得された変動パターン振分用乱数に対応する変動パターン振分判定値が割り当てられた変動パターンが特定されるようになっている。

0079

図13は、実施例に係るパチンコ機10において、始動入賞口29a,33aへの入賞を契機としてメイン制御CPU60aが決定し得る変動パターンを示している。図13に示すように、はずれ用(当り判定手段が否定の場合)の変動パターンとして、通常はずれ変動パターンP1、ノーマルリーチはずれ変動パターンP2およびスーパーリーチはずれ変動パターンP4が設定され、また、大当り用(当り判定手段が肯定の場合)の変動パターンとして、ノーマルリーチ当り変動パターンP3、スーパーリーチ当り変動パターンP5、ノーマルリーチ当り再抽選変動パターンP6およびスーパーリーチ当り再抽選変動パターンP7が設定されている。なお、変動パターンP3,P5は再抽選を行わない変動パターンであり、変動パターンP6,P7が再抽選を行う変動パターンである。また、再抽選変動パターンP6,P7は、特図1および特図2の大当り図柄の種類に関係なく決定され得るよう設定される。

0080

前記ノーマルリーチはずれ変動パターンP2およびノーマルリーチ当り変動パターンP3が特定する図柄変動演出を具体的に規定する演出パターンは、ノーマルリーチはずれ演出パターンD2およびノーマルリーチ当り演出パターンD3として統括制御ROM65bに夫々記憶されている。そして、ノーマルリーチはずれ変動パターンP2が決定された場合に、統括制御CPU65aがノーマルリーチはずれ演出パターンD2を決定すると共に、ノーマルリーチ当り変動パターンP3が決定された場合に、統括制御CPU65aがノーマルリーチ当り演出パターンD3を決定するようになっている。ノーマルリーチはずれ演出パターンD2およびノーマルリーチ当り演出パターンD3では、ノーマルリーチ演出を実行した後に、該ノーマルリーチ演出の結果として最終図柄を導出するものである。具体的には、背景画像として通常背景(通常変動画像)が表示されたもとで、飾図の変動表示が開始される。通常背景とは、特殊な演出を伴わない通常の図柄変動演出で表示される基本的な背景画像であって、リーチ演出を伴わないはずれ用の演出で表示されたり、図柄変動演出が終了して次の図柄変動演出が開始されるまでの間に表示されるものをいう。また、通常背景は、リーチ演出を伴う図柄変動演出において、変動開始からリーチ表示が形成されるまでの間に表示される。

0081

そして、変動開始後に先ず左図柄列66aに飾図が仮停止し、その後に右図柄列66cに飾図が仮停止してリーチ表示(リーチ図柄)が表示され、ノーマルリーチ演出が実行される。ノーマルリーチ演出では、背景画像が切り替わることなく通常背景のままリーチ演出が行われる。すなわち、ノーマルリーチ演出とは、リーチ表示が表示された時点から背景画像が変化することなく通常背景のまま実行されるリーチ演出をいう。そして、右図柄列66cの停止後に中図柄列66bに飾図が仮停止し、その後に3つの飾図が確定停止する。ノーマルリーチはずれ演出パターンD2では、最終図柄として最終はずれ図柄が導出され、ノーマルリーチ当り演出パターンD3では、最終図柄として最終大当り図柄が導出される。

0082

前記スーパーリーチはずれ変動パターンP4およびスーパーリーチ当り変動パターンP5が特定する図柄変動演出を具体的に規定する演出パターンは、スーパーリーチはずれ演出パターンD4およびスーパーリーチ当り演出パターンD5として統括制御ROM65bに記憶されている。そして、スーパーリーチはずれ変動パターンP4が決定された場合に、統括制御CPU65aがスーパーリーチはずれ演出パターンD4を決定すると共に、スーパーリーチ当り変動パターンP5が決定された場合に、統括制御CPU65aがスーパーリーチ当り演出パターンD5を決定するようになっている。このスーパーリーチはずれ演出パターンD4およびスーパーリーチ当り演出パターンD5では、前述したノーマルリーチ演出を実行した後に、スーパーリーチ演出を実行し、スーパーリーチはずれ演出パターンD4ではスーパーリーチ演出の結果としてはずれ図柄の組み合わせが導出され、スーパーリーチ当り演出パターンD5ではスーパーリーチ演出の結果として大当り図柄の組み合わせが導出されるものである。スーパーリーチはずれ演出パターンD4で導出されるはずれ図柄の組み合わせおよびスーパーリーチ当り演出パターンD5で導出される大当り図柄の組み合わせは、一旦導出された後に再変動することなく確定する最終はずれ図柄および最終大当り図柄である。

0083

スーパーリーチはずれ演出パターンD4およびスーパーリーチ当り演出パターンD5で特定される具体的な内容は、背景画像として通常背景(通常変動画像)が表示されたもとで、飾図の変動表示が開始される。そして、左図柄列66aおよび右図柄列66cに飾図が仮停止してリーチ表示(リーチ図柄)が表示され、ノーマルリーチ演出が実行される。ノーマルリーチ演出が実行されてから所定時間後に背景画像が通常背景からリーチ演出画像切り替わり、スーパーリーチ演出が開始される。リーチ演出画像とは、特殊背景の1つであって通常背景とは異なる態様で表示されて、スーパーリーチ演出であることを遊技者に認識させる背景画像である。すなわち、スーパーリーチ演出とは、ノーマルリーチ演出を経て実行されるリーチ演出であって、リーチ演出画像のもとで実行されるリーチ演出をいう。スーパーリーチ演出では、右図柄列66cの停止後に中図柄列66bに飾図が仮停止して最終はずれ図柄または最終大当り図柄が導出される。そして、リーチ演出画像のまま最終はずれ図柄および最終大当り図柄が仮停止し、その後に背景画像がリーチ演出画像から通常背景に切り替わるようになっている。更に、通常背景に切り替わってから所定時間後に、最終はずれ図柄および最終大当り図柄が確定停止するようになっている。なお、最終はずれ図柄が確定停止すると、通常背景のまま次の図柄変動演出(以下、次変動という場合がある)が開始される。

0084

ここで、本実施例のパチンコ機10では、リーチ演出が行われること、リーチ演出がスーパーリーチ演出に発展すること、または当り表示が表示される可能性があること等を示唆する各種の示唆演出を、統括制御ROM65bに記憶されている示唆演出情報に基づいて第1表示装置17での図柄変動演出中において実行し得るよう構成される。そして、本実施例では、示唆演出として、前記モーションセンサ44,49を用いた図柄変動中特定示唆演出を、前記第1表示装置17および第2表示装置71を用いて行い得るよう構成されている。なお、図柄変動中特定示唆演出については後述する。

0085

(再抽選演出パターンについて)
前記ノーマルリーチ当り再抽選変動パターンP6が特定する図柄変動演出を具体的に特定する演出パターンは、ノーマルリーチ当り第1再抽選演出パターンD6およびノーマルリーチ当り第2再抽選演出パターンD7として統括制御ROM65bに記憶されていると共に、前記スーパーリーチ当り再抽選変動パターンP7が特定する図柄変動演出を具体的に特定する演出パターンは、スーパーリーチ当り第1再抽選演出パターンD8およびスーパーリーチ当り第2再抽選演出パターンD9として統括制御ROM65bに記憶されている。そして、ノーマルリーチ当り再抽選変動パターンP6が決定された場合に、統括制御CPU65aがノーマルリーチ当り第1再抽選演出パターンD6またはノーマルリーチ当り第2再抽選演出パターンD7を決定すると共に、スーパーリーチ当り再抽選変動パターンP7が決定された場合に、統括制御CPU65aがスーパーリーチ当り第1再抽選演出パターンD8またはスーパーリーチ当り第2再抽選演出パターンD9を決定するようになっている。この再抽選演出パターンD6,D7,D8,D9は、前記各図柄列66a,66b,66cにおける有効停止位置68に仮当り表示となる飾図を仮停止させた後に、飾図を再び変動して有効停止位置68に確定当り表示となる飾図を確定停止させる演出内容を特定したものである。具体的には、再抽選演出パターンD6,D7,D8,D9では、左図柄列66aおよび右図柄列66cの有効停止位置68に飾図が仮停止した時点で停止図柄有効ライン69上にリーチ表示を形成させると共に、リーチ演出またはスーパーリーチ演出の後に仮当り表示となる飾図を中図柄列66bに仮停止させ、その後に停止図柄有効ライン69上に並んでいる3つの飾図を横方向に移動(横スクロール)するように再び変動させて確定当り表示となる飾図を各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置に確定停止させるよう設定されている(図21参照)。実施例では、再抽選演出パターンD6,D7,D8,D9として複数種類の演出パターンが統括制御ROM65bに記憶されている。また、第1再抽選演出パターンD6,D8は、大当り判定で当選した大当り遊技が確変大当り遊技(図柄A,aでの当選)の場合に決定可能であるのに対し、第2再抽選演出パターンD7,D9は、大当り判定で当選した大当り遊技が確変大当り遊技(図柄A,aでの当選)の場合および非確変大当り遊技(図柄B,bでの当選)の場合の何れの場合にも決定可能である。

0086

実施例の第1再抽選演出パターンD6,D8では、確変大当り遊技が付与されることが確定しない飾図(すなわち第2の識別図柄)により仮当り表示が形成され、確変大当り遊技が付与されることが確定する飾図(すなわち第1の識別図柄)により確定当り表示が形成されるよう設定される。すなわち、実施例の第1再抽選演出パターンD6,D8では、確変大当り遊技が付与されることが確定しない飾図(すなわち第2の識別図柄)の組み合わせで仮当り表示を一度表示することで、当り表示(仮当り表示)が表示された後に図柄組み合わせを形成する飾図が変更される期待感を飾図が確定停止するまでの間継続して維持させ得るようになっている。これに対し、第2再抽選演出パターンD7,D9では、確変大当り遊技が付与されることが確定しない飾図(すなわち第2の識別図柄)により仮当り表示が形成され、再変動後においても確変大当り遊技が付与されることが確定しない飾図(すなわち第2の識別図柄)により確定当り表示が形成されるよう設定される。なお、第2再抽選演出パターンD7,D9では、再変動前の飾図と再変動後の飾図とが変化する場合と変化しない場合とがある。以下の説明では、仮当り飾図を仮停止させた後に停止図柄有効ライン69に並んでいる3つの飾図を再び変動させて確定当り表示となる飾図を確定停止させる演出を、再抽選演出と指称する場合がある。また、第1再抽選演出パターンD6,D8に基づいて第2の識別図柄で仮当り表示を形成した後、再変動によって第1の識別図柄で確定当り表示が形成されることを「昇格」という場合があり、第2再抽選演出パターンD7,D9に基づいて第2の識別図柄で仮当り表示を形成した後、再変動によって第2の識別図柄で確定当り表示が形成されることを「非昇格」という場合がある。そして、本実施例では、再抽選演出において、前記モーションセンサ44,49を用いた再抽選用特定示唆演出を行い得るよう構成されるが、該再抽選用特定示唆演出については後述する。なお、大当り判定で当選した大当り遊技が確変大当り遊技(図柄A,aでの当選)の場合は、全て飾図(第1の識別図柄および第2の識別図柄)から再抽選演出において仮当り表示を形成する飾図(仮停止飾図)を決定可能であるのに対し、大当り判定で当選した大当り遊技が非確変大当り遊技(図柄B,bでの当選)の場合に再抽選演出で決定可能な仮当り表示を形成する飾図(仮停止飾図)としては第2の識別図柄(偶数)に限定される。

0087

(統括制御基板について)
前記統括制御基板65には、統括制御CPU(サブ制御手段)65aが備えられている。該統括制御CPU65aには、図11に示す如く、統括制御ROM65bおよび統括制御RAM65cが接続されている。また、統括制御CPU65aは、各種乱数の値を所定の周期毎に更新し、更新後の値を統括制御RAM65cの設定領域に記憶(設定)して更新前の値を書き換えている。

0088

また、統括制御ROM65bには、表示制御基板70、ランプ制御基板75および音制御基板76を統括的に制御するための統括制御プログラムが記憶されている。統括制御CPU65aは、各種制御コマンドを入力すると、当該統括制御プログラムに基づき各種制御を実行する。

0089

(表示制御基板70について)
次に、図11に基づき表示制御基板70について説明する。表示制御基板70には、表示制御CPU(サブ制御手段)70aが備えられている。該表示制御CPU70aには、表示制御ROM70bおよび表示制御RAM70cが接続されている。また、表示制御基板70(表示制御CPU70a)には、第1表示装置17および第2表示装置71が接続されている。表示制御ROM70bには、第1表示装置17および第2表示装置71の表示内容を制御するための表示制御プログラムが記憶されている。また、表示制御ROM70bには、各種の画像データ(図柄、各種背景画像、文字、キャラクタなどの画像データ)が記憶されている。更に、表示制御RAM70cには、パチンコ機10の動作中に適宜書き換えられる各種の情報が記憶(設定)されるようになっている。

0090

実施例のパチンコ機10では、始動入賞口29a,33aへの入賞を契機として当り(大当り)か否かを判定する当り判定手段、複数種類の当り遊技の中から付与する当り遊技(大当り遊技)の種類を決定する当り遊技決定手段(当り判定手段)および決定した種類の当り遊技を特図変動表示終了後(図柄変動演出終了後)に付与する当り遊技付与手段としての夫々の機能を前記メイン制御CPU60aが備えている。また、メイン制御CPU60aは、前記始動入賞口29a,33aへの入賞に基づいて、前記メイン制御ROM60bが記憶する複数の変動パターンの中から1つの変動パターンを決定する変動パターン決定手段としての機能を備えている。また、前記メイン制御CPU60aは、大当りが発生する確率(当り判定手段による判定結果が肯定となる確率)が通常よりも高確率となる確変状態を付与するか否かを決定する確変決定手段として機能すると共に、大当り遊技終了後に確変状態を付与する確変付与手段として機能するよう構成されている。ここで、前記メイン制御CPU60aは、大当りが発生する場合(当り判定手段の判定結果が肯定の場合)にのみ、確変状態を付与するか否かを判定するようになっている。

0091

更に、前記メイン制御CPU60aは、大当りが発生する場合(当り判定手段の判定結果が肯定の場合)に、第2始動入賞口33aへパチンコ球が入賞する確率が高確率となる入賞率向上状態(変短状態)を付与するか否かを判定する入賞率向上状態判定手段として機能し、入賞率向上状態を付与する場合に、入賞率向上状態を付与する期間を決定する入賞率向上状態付与期間決定手段として機能すると共に、大当り遊技終了後に決定された入賞率向上状態を付与する期間だけ変短状態を付与する変短状態付与手段としても機能している。このように、前記メイン制御CPU60aは、当り判定が肯定判定の場合に、始動入賞口29a,33aへの入賞に基づいて大当り遊技後に遊技者に有利な特典状態(確変状態、変短状態)を付与するか否かを決定する特典状態決定手段としての機能を備えている。更に、前記メイン制御RAM60cは、第1表示装置17で図柄変動演出が行われている間(すなわち第1および第2特図表示器61A,61Bで特図変動表示が行われている間)に取得された入賞情報を始動保留情報として複数記憶可能な保留記憶手段として機能する。具体的に、表示手段(第1表示装置17や第1特図表示器61A)で変動表示が行われている間に第1始動入賞検出センサ54の検出を契機として取得される入賞情報を第1始動保留情報として記憶する第1保留記憶手段および表示手段(第1表示装置17や第2特図表示器61B)で変動表示が行われている間に第2始動入賞検出センサ55の検出を契機として取得される入賞情報を第2始動保留情報として記憶する第2保留記憶手段として機能する。

0092

次に、メイン制御基板60のメイン制御CPU60aが制御プログラムに基づき実行する特図入力処理および特図開始処理について具体的に説明する。

0093

(特図入力処理について)
特図入力処理では、図14に示すように、第1始動入賞口29aにパチンコ球が入賞したか否かをメイン制御CPU60aが判定する(ステップA11)。すなわち、ステップA11においてメイン制御CPU60aは、第1始動入賞口29aに対応する第1始動入賞検出センサ54がパチンコ球を検出した時に出力する検出信号が入力されたか否かを判定する。そしてステップA11の判定結果が否定の場合には、ステップA15に移行する。ステップA11の判定結果が肯定の場合には、メイン制御CPU60aは、メイン制御RAM60cに記憶されている第1特図始動保留情報の保留数が上限数の4未満であるか否かを判定する(ステップA12)。ステップA12の判定結果が否定(すなわち第1特図始動保留情報の保留数が4)の場合には、メイン制御CPU60aは、ステップA15に移行する。

0094

ステップA12の判定結果が肯定(第1特図始動保留情報の保留数<4)の場合には、第1特図始動保留情報の保留数を1加算し、メイン制御RAM60cが記憶する第1特図始動保留情報の保留数を書き換える(ステップA13)。続いて、メイン制御RAM60cから入賞情報(特図当り判定用乱数の値、特図決定用乱数の値、演出実行判定用乱数の値、特図変動パターン振分用乱数の値等の各種乱数の値)をメイン制御CPU60aが読み出して、当該入賞情報(乱数の値)を第1入賞時始動保留情報として保留数に対応付けたメイン制御RAM60cにおける第1始動保留領域の第1〜第4領域に設定する(ステップA14)。これにより、ステップA15に移行する。

0095

また、ステップA15では、第2始動入賞口33aにパチンコ球が入賞したか否かをメイン制御CPU60aが判定する。すなわち、ステップA15においてメイン制御CPU60aは、第2始動入賞口33aに対応する第2始動入賞検出センサ55がパチンコ球を検出した時に出力する検出信号が入力されたか否かを判定する。そしてステップA15の判定結果が否定の場合には、特図入力処理を終了する。ステップA15の判定結果が肯定の場合には、メイン制御CPU60aは、メイン制御RAM60cに記憶されている第2特図始動保留情報の保留数が上限数の4未満であるか否かを判定する(ステップA16)。ステップA16の判定結果が否定(すなわち第2特図始動保留情報の保留数が4)の場合には、特図入力処理を終了する。

0096

ステップA16の判定結果が肯定(第2特図始動保留情報の保留数<4)の場合には、第2特図始動保留情報の保留数を1加算し、メイン制御RAM60cが記憶する第2特図始動保留情報の保留数を書き換える(ステップA17)。続いて、メイン制御RAM60cから入賞情報(特図当り判定用乱数の値、特図決定用乱数の値、演出実行判定用乱数の値、特図変動パターン振分用乱数の値等の各種乱数の値)をメイン制御CPU60aが読み出して、当該入賞情報(乱数の値)を第2入賞時始動保留情報として保留数に対応付けたメイン制御RAM60cの第2始動保留領域の第1〜第4領域に設定し(ステップA18)、特図入力処理を終了する。

0097

(特図開始処理について)
次に、特図開始処理について図15に基づき説明する。メイン制御CPU60aは、特図開始処理を所定の周期(実施例では4ms)毎に実行している。特図開始処理では、メイン制御CPU60aは、特図表示器61A,61Bおよび第1表示装置17において特図1または特図2が変動表示中であるか、または大当り遊技中であるか否かを判定する(ステップB11)。そして、ステップB11の判定結果が肯定の場合には、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。一方、ステップB11の判定結果が否定の場合には、第2特図始動保留情報の保留数を読み出し(ステップB12)、第2特図始動保留情報の保留数が「0」よりも大きいか否かを判定する(ステップB13)。ステップB13の判定結果が否定の場合には(第2特図始動保留情報の保留数=0の場合には)、メイン制御CPU60aは、ステップB16の処理に移行する。またメイン制御CPU60aは、ステップB13の判定結果が肯定の場合には(第2特図始動保留情報の保留数>0)の場合には、メイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶される特図変動処理フラグに第2特図変動演出を実行することを示す値「1」を設定する。次いで、メイン制御CPU60aが第2特図始動保留情報の保留数を1減算して(ステップB14)、保留数に対応付けられたメイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶されている当該第2特図始動保留情報(特図当り判定用乱数の値、特図決定用乱数の値、演出実行判定用乱数の値および特図変動パターン振分用乱数の値等の各種乱数の値)をメイン制御CPU60aが取得する(ステップB15)。

0098

ここで、メイン制御CPU60aは、最も早く記憶した第2特図始動保留情報が記憶される第1特図記憶領域から第2特図始動保留情報(乱数)を取得する。そして、メイン制御CPU60aは、第2特図始動保留情報に関連付けられた乱数を取得した後、2番目に早く記憶した第2特図始動保留情報が記憶されている第2特図記憶領域の第2特図始動保留情報(乱数)を、前記第1特図記憶領域に記憶させる。同様に、メイン制御CPU60aは、3番目に早く記憶した第2特図始動保留情報が記憶されている第3特図記憶領域の第2特図始動保留情報(乱数)を前記第2特図記憶領域に記憶させ、4番目に早く記憶した(すなわち最も新しい)第2特図始動保留情報が記憶されている第4特図記憶領域の第2特図始動保留情報(乱数)を前記第3特図記憶領域に記憶させる。すなわち、第2特図始動保留情報は、メイン制御RAM60cに記憶された順序でメイン制御CPU60aにより読み出されるようになっている。また、メイン制御CPU60aは、減算後の第2特図始動保留情報の保留数に対応するように第2特図保留表示部62Bの表示を変更させる。

0099

前記ステップB15の処理により第2特図始動保留情報としての各種乱数が取得されると、図16に示すように、メイン制御CPU60aは、取得した特図当り判定用乱数の値がメイン制御ROM60bに記憶されている大当り判定値と一致するか否かを判定する大当り判定(当り判定)を行う(ステップB22)。そして、ステップB22における大当り判定の判定結果が肯定の場合には(大当りが発生する場合には)、大当りの変動であることを示す大当りフラグに「1」が設定される(ステップB23)。そして、メイン制御CPU60aは、取得した特図決定用乱数の値に基づき、第2特図表示器61Bに確定停止表示される大当り図柄となる最終停止図柄(特図2)を決定する(ステップB24)。ここで、特図決定用乱数の値は、特図2の大当り図柄が対応付けられていることから、メイン制御CPU60aは、取得した特図決定用乱数の値に対応付けられた特図2を決定することで大当り図柄を決定することになる。また、メイン制御CPU60aは、大当り図柄が確変状態を付与する大当り図柄の場合には、確変状態を示す確変フラグを大当り遊技の終了後に「1」に設定し、確変状態を付与しない大当り図柄の場合に確変フラグを「0」に設定する。また、大当り図柄が変短状態を付与する大当り図柄の場合には、変短状態を示す変短フラグを大当り遊技の終了後に「1」に設定し、変短状態を付与しない大当り図柄の場合に変短フラグを「0」に設定する。なお、変短フラグは、変短状態の終了条件が満たされると、変短フラグが「0」に設定される。大当り図柄(特図)が決定されると、メイン制御CPU60aは、特図変動パターン振分用乱数の値に基づいて当り用の特図変動パターンの中から1つの特図変動パターンを決定する(ステップB25)。

0100

一方、ステップB22の大当り判定の判定結果が否定の場合には(大当りでない場合には)、メイン制御CPU60aは、リーチ演出を実行させるか否かを判定する演出実行判定(リーチ判定)を行う(ステップB27)。実施例では、メイン制御CPU60aは、ステップB15の処理時においてメイン制御RAM60cから取得した演出実行判定用乱数の値が、演出実行判定値と一致するか否かにより当選判定を行う。そして、ステップB27の判定結果が肯定の場合には(リーチ演出を行う場合には)、メイン制御CPU60aは、第2特図表示器50Bにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図2)として決定する(ステップB28)。次に、メイン制御CPU60aは、特図変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれリーチ用の特図変動パターンの中から1つの特図変動パターンを決定する(ステップB29)。

0101

また、ステップB27での演出実行判定の判定結果が否定の場合には(リーチ演出を行わない場合には)、メイン制御CPU60aは、第2特図表示器50Bにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図2)として決定する(ステップB30)。次に、メイン制御CPU60aは、特図変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれ用の特図変動パターンの中から1つの特図変動パターンを決定する(ステップB31)。

0102

ここで、ステップB25,B29,B31において特図変動パターンおよび最終停止図柄(特図2)を決定したメイン制御CPU60aは、統括制御基板65に対し、所定の制御コマンドを所定のタイミングで出力する(ステップB26)。具体的には、メイン制御CPU60aは、特図変動パターンを指定すると共に図柄変動の開始を指示する特図変動パターン指定コマンドを出力し、更に特図変動パターンで特定された変動時間の計測を開始する。これと同時に、メイン制御CPU60aは、第2特図変動表示を開始させるように第2特図表示器50Bを制御する。また、メイン制御CPU60aは、最終停止図柄となる特図2を指示するための特図2指定コマンドを出力する。そして、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。その後、特図開始処理とは別の処理で、メイン制御CPU60aは、前記指定した特図変動パターンに定められている変動時間に基づいて、決定した最終停止図柄を表示させるように第2特図表示器61Bの表示内容を制御する。また、メイン制御CPU60aは、前記指定した特図変動パターンに定められている変動時間に基づいて、飾図の変動停止を指示し、図柄組み合わせを確定停止表示させるための全図柄停止コマンドを出力する。また、変短状態の終了条件を満たした場合には、変短終了コマンドを出力する。

0103

一方、ステップB13の判定結果が否定の場合(第2特図始動保留情報の保留数=0の場合)には、第1特図始動保留情報の保留数を読み出し(ステップB16)、第1特図始動保留情報の保留数が「0」よりも大きいか否かを判定する(ステップB17)。メイン制御CPU60aは、ステップB17の判定結果が肯定の場合には(第1特図始動保留情報の保留数>0)の場合には、メイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶される特図変動処理フラグに第1特図変動演出を実行することを示す値「0」を設定する。次いで、メイン制御CPU60aが第1特図始動保留情報の保留数を1減算して(ステップB18)、当該第1特図始動保留情報に対応付けられたメイン制御RAM60cの所定の記憶領域に記憶されている特図当り判定用乱数の値、特図決定用乱数の値、演出実行判定用乱数の値および特図変動パターン振分用乱数の値をメイン制御CPU60aが取得して(ステップB19)、次いで当り判定処理を実行する。すなわち、実施例のパチンコ機10では、第2始動入賞口33aへの入賞を契機として取得される第2特図始動保留情報がメイン制御RAM60cに記憶されている場合には、第1始動入賞口29aへの入賞を契機として取得される第1特図始動保留情報がメイン制御RAM60cに記憶されていたとしても、該第2特図始動保留情報に基づく図柄変動演出が優先的に実行されるようになっている。なお、特図始動保留情報に基づく図柄変動演出を実行するに際しては、メイン制御RAM60cに特図始動保留情報が記憶された順で該特図始動保留情報に基づく図柄変動演出を実行するようにしてもよい。すなわち、パチンコ球が入賞した始動入賞口の種類(第1始動入賞口29aおよび第2始動入賞口33a)に関係なく、始動入賞口29a,33aへの入賞を契機として取得される特図始動保留情報がメイン制御RAM60cに記憶された順で、該特図始動保留情報に基づく図柄変動演出が実行されるものであってもよい。

0104

ここで、メイン制御CPU60aは、最も早く記憶した第1特図始動保留情報が記憶される第1特図記憶領域から第1特図始動保留情報(乱数)を取得する。そして、メイン制御CPU60aは、第1特図始動保留情報に関連付けられた乱数を取得した後、2番目に早く記憶した第1特図始動保留情報が記憶されている第2特図記憶領域の第1特図始動保留情報(乱数)を、前記第1特図記憶領域に記憶させる。同様に、メイン制御CPU60aは、3番目に早く記憶した第1特図始動保留情報が記憶されている第3特図記憶領域の第1特図始動保留情報(乱数)を前記第2特図記憶領域に記憶させ、4番目に早く記憶した(すなわち最も新しい)第1特図始動保留情報が記憶されている第4特図記憶領域の第1特図始動保留情報(乱数)を前記第3特図記憶領域に記憶させる。すなわち、第1特図始動保留情報は、メイン制御RAM60cに記憶された順序でメイン制御CPU60aにより読み出されるようになっている。また、メイン制御CPU60aは、減算後の第1特図始動保留情報の保留数に対応するように第1特図保留表示部62Aの表示を変更させる。

0105

前記ステップB19の処理により各種乱数が取得されると、図17に示すように、メイン制御CPU60aは、取得した特図当り判定用乱数の値がメイン制御ROM60bに記憶されている大当り判定値と一致するか否かを判定する大当り判定(当り抽選)を行う(ステップB32)。そして、ステップB32における大当り判定の判定結果が肯定の場合には(大当りが発生する場合には)、大当りの変動であることを示す大当りフラグに「1」が設定される(ステップB33)。そして、メイン制御CPU60aは、取得した特図決定用乱数の値に基づき、第1特図表示器61Aに確定停止表示される大当り図柄となる最終停止図柄(特図1)を決定する(ステップB34)。ここで、特図決定用乱数の値は、特図1毎に大当り図柄が対応付けられていることから、メイン制御CPU60aは、取得した特図決定用乱数の値に対応付けられた特図1を決定することで大当り図柄を決定することになる。また、メイン制御CPU60aは、決定した大当り図柄に応じて該大当り図柄により特定される大当り遊技後の遊技状態を示す確変フラグおよび変短フラグを大当り遊技後に設定する。なお、前述したように本実施例のパチンコ機10では、全ての大当り図柄が確変状態および変短状態を付与するものとして設定されているため、確変フラグおよび変短フラグは何れも大当り遊技の終了後に「1」に設定される。大当り図柄(特図1)が決定されると、メイン制御CPU60aは、特図変動パターン振分用乱数の値に基づいて当り用の特図変動パターンの中から1つの特図変動パターンを決定する(ステップB35)。

0106

一方、ステップB32の大当り判定の判定結果が否定の場合には(大当りでない場合には)、メイン制御CPU60aは、リーチ演出を実行させるか否かを判定する演出実行判定(リーチ判定)を行う(ステップB37)。実施例では、メイン制御CPU60aは、ステップB19の処理時においてメイン制御RAM60cから取得した演出実行判定用乱数の値が、演出実行判定値と一致するか否かにより当選判定を行う。そして、ステップB37の判定結果が肯定の場合には(リーチ演出を行う場合には)、メイン制御CPU60aは、第1特図表示器50Aにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図1)として決定する(ステップB38)。次に、メイン制御CPU60aは、特図変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれリーチ用の特図変動パターンの中から1つの特図変動パターンを決定する(ステップB39)。

0107

また、ステップB37での演出実行判定の判定結果が否定の場合には(リーチ演出を行わない場合には)、メイン制御CPU60aは、第1特図表示器61Aにて確定停止表示されるはずれ図柄を最終停止図柄(特図1)として決定する(ステップB40)。次に、メイン制御CPU60aは、特図変動パターン振分用乱数の値に基づいてはずれ用の特図変動パターンの中から1つの特図変動パターンを決定する(ステップB41)。

0108

ここで、ステップB35,B39,B41において特図変動パターンおよび最終停止図柄(特図1)を決定したメイン制御CPU60aは、統括制御基板65に対し、所定の制御コマンドを所定のタイミングで出力する(ステップB36)。具体的には、メイン制御CPU60aは、特図変動パターンを指定すると共に図柄変動の開始を指示する特図変動パターン指定コマンドを出力すると共に、特図変動パターンで特定された変動時間の計測を開始する。これと同時に、メイン制御CPU60aは、第1特図変動表示を開始させるように第1特図表示器50Aを制御する。また、メイン制御CPU60aは、最終停止図柄となる特図1を指示するための特図1指定コマンドを出力する。そして、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。その後、特図開始処理とは別の処理で、メイン制御CPU60aは、前記指定した特図変動パターンに定められている変動時間に基づいて、決定した最終停止図柄を表示させるように第1特図表示器61Aの表示内容を制御する。また、メイン制御CPU60aは、前記指定した特図変動パターンに定められている変動時間に基づいて、飾図の変動停止を指示し、図柄組み合わせを確定停止表示させるための全図柄停止コマンドを出力する。また、変短状態の終了条件を満たした場合には、変短終了コマンドを出力する。

0109

一方、ステップB17の判定結果が否定の場合(第1特図始動保留情報の保留数=0の場合)には、メイン制御CPU60aは、デモ演出の実行を開始させるデモンストレーション指定コマンドを既に出力したか否かを判定し(ステップB20)、判定結果が否定の場合には、デモンストレーション指定コマンドを出力して特図開始処理を終了する(ステップB21)。また、ステップB20の判定結果が肯定の場合には(デモンストレーション指定コマンドを既に出力していた場合には)、メイン制御CPU60aは、特図開始処理を終了する。

0110

(統括制御について)
次に、統括制御基板65で実行される処理について説明する。統括制御基板65の統括制御CPU65aは、前記メイン制御CPU60aから入力された特図変動パターン指定コマンドに基づいて、当該図柄変動演出において実行する演出パターンを決定し、決定した演出パターンを指定する演出パターン指定コマンドを表示制御基板70やランプ制御基板75、音制御基板76等に出力する。すなわち、統括制御CPU65aは、決定された変動パターンに基づいた図柄変動演出を実行させる演出実行制御手段として機能する。また統括制御CPU65aは、後述する特図示唆演出が行われる場合に、前記透明板13aの前側で手(被検出体)Tが移動された際の動作方向を判定する動作方向判定手段としての機能および動作方向判定手段の判定結果に基づく演出を、前記第1表示装置17および第2表示装置71で実行させるように該表示装置17,71を制御する制御手段としての機能を備えている。

0111

ここで、統括制御CPU65aが選択可能な演出パターンは、前述したように特図変動パターン毎に分類されており、特図変動パターンに対応する演出パターンが選択される。また、統括制御CPU65aは、特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドが入力されると、該コマンドに対応する特図の停止図柄指定に応じて第1表示装置17に最終停止表示させる各図柄列66a,66b,66cの飾図を決定する。すなわち、統括制御CPU65aは、特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドで指定された図柄が大当り図柄の場合には、大当り表示となる飾図の図柄組み合わせとなるよう各図柄列66a,66b,66cの飾図が決定される。

0112

また、メイン制御CPU60aから出力される特図1指定コマンドおよび特図2指定コマンドに基づいて、確変フラグおよび変短フラグを統括制御CPU65aが設定するようになっている。具体的には、特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドで特定される特図1または特図2が、確変状態を付与する大当り図柄に対応する場合に確変状態を示す確変フラグを「1」に設定し、確変状態を付与しない大当り図柄に対応する場合に確変フラグを「0」に設定する。また、特図1指定コマンドまたは特図2指定コマンドで特定される特図1または特図2が、変短状態を付与する大当り図柄に対応する場合に変短状態を示す変短フラグを「1」に設定し、変短状態を付与しない大当り図柄に対応する場合に変短フラグを「0」に設定する。

0113

そして、前記演出パターンで特定される各図柄列66a,66b,66cの飾図の停止タイミングにおいて、各列の飾図指定コマンドを第1表示装置17やランプ制御基板75、音制御基板76等に出力する。具体的には、統括制御CPU65aは、特図変動パターン指定コマンドが入力されると同時にタイマ手段(図示せず)により時間の計測を開始し、左図柄列66aの飾図の停止タイミングにおいて左飾図指定コマンドを出力し、右図柄列66cの飾図の停止タイミングにおいて右飾図指定コマンドを出力し、中図柄列66bの飾図の停止タイミングにおいて中飾図指定コマンドを出力する。

0114

また、前記統括制御CPU65aは、特図指定コマンドで指定された停止図柄が、はずれ図柄の場合、はずれを認識可能な図柄組み合わせを決定する。また、統括制御CPU65aは、リーチはずれ用の特図変動パターンが指示されている場合、リーチ形成図柄を含むはずれを認識可能な図柄組み合わせを決定する。一方、統括制御CPU65aは、はずれ用の特図変動パターンが指示されている場合、リーチ形成図柄を含まないはずれを認識可能な図柄組み合わせを決定する。また、統括制御CPU65aは、全図柄停止コマンドを入力すると、該コマンドを表示制御基板70やランプ制御基板75、音制御基板76等に出力する。

0115

(表示制御について)
前記表示制御基板70では、統括制御基板65からコマンドが入力されると、該コマンドで特定される演出パターンに対応する演出内容で図柄変動演出を実行させるように第1表示装置17を制御すると共に、該図柄変動に伴う演出を実行させるように第2表示装置71を制御する。そして、表示制御CPU70aは、各図柄列66a,66b,66cの図柄停止コマンドが入力されると、対応する図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68に飾図指定コマンドで指定された飾図を仮停止させ、全図柄停止コマンドが入力されると、各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68に飾図指定コマンドで指示された飾図を第1表示装置17に確定停止表示させるように第1表示装置17を制御し、図柄変動演出を終了させる。

0116

ここで、前記第1表示装置17で実行される図柄変動演出の内容は、メイン制御CPU60aから出力される特図変動パターン指定コマンドまたは統括制御CPU65aから出力される演出パターン指定コマンドに応じて設定されるものであり、メイン制御CPU60aおよび統括制御CPU65aが図柄変動演出の内容を特定する演出内容を決定する演出内容決定手段としての機能を有している。

0117

(図柄変動中特定示唆演出について)
前記統括制御ROM60bには、図柄変動演出中において前記第1表示装置17および第2表示装置71で表示される示唆演出の表示内容を特定する複数種類の示唆演出パターンが記憶されている。図18に示す如く、示唆演出パターンには、前記モーションセンサ44,49を用いた図柄変動中特定示唆演出の内容を特定する図柄変動中特定示唆演出パターンNP1と、モーションセンサ44,49を用いない図柄変動中非特定示唆演出の内容を特定する図柄変動中非特定示唆演出パターンNP2とが設定されている。また、各示唆演出パターンNP1,NP2には、各表示部17a,71aに表示される背景やキャラクタが異なる複数種類が設定されている。そして、統括制御ROM60bは、前記メイン制御CPU60aから入力される変動パターン指定コマンドに基づいて図柄変動中特定示唆演出パターンNP1または図柄変動中非特定示唆演出パターンNP2の何れかを決定するよう構成されている。

0118

ここで、図柄変動中特定示唆演出は、リーチ演出が行われること、リーチ演出がスーパーリーチ演出に発展すること、または当り表示が表示される可能性の期待度が図柄変動中非特定示唆演出より高く設定された演出として設定される。具体的には、前記メイン制御CPU60aがノーマルリーチはずれ変動パターンP2、スーパーリーチはずれ変動パターンP4を決定した場合に、統括制御ROM65bが図柄変動中特定示唆演出パターンNP1を決定する割合より、図柄変動中非特定示唆演出パターンNP2を決定する割合が高く、かつメイン制御CPU60aがノーマルリーチ当り変動パターンP3、スーパーリーチ当り変動パターンP5を決定した場合に、統括制御ROM65bが図柄変動中非特定示唆演出パターンNP2を決定する割合より、図柄変動中特定示唆演出パターンNP1を決定する割合が高くなるよう設定されている。なお、演出パターンNP1,NP2を決定する割合は、該演出パターンNP1,NP2を決定する乱数抽選によって用いられる判定値の振り分け数の大小によって設定される。

0119

前記統括制御CPU65aは、前記図柄変動中特定示唆演出パターンNP1を選択した場合に、該図柄変動中特定示唆演出パターンNP1で特定される図柄変動中特定示唆演出が行われるタイミングで、前記モーションセンサ44,49による物体の検出を所定時間(有効期間)に亘って有効とする動作検出有効コマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力するよう設定される。そして、表示制御基板70では、動作検出有効コマンドが入力されると、該コマンドで特定される演出パターンに対応する演出内容を示す表示データを表示制御CPU70aが選択し、該演出パターンに対応した表示内容で図柄変動演出を実行させるように第1表示装置17および第2表示装置71を制御するよう構成される。本実施例では、図柄変動中特定示唆演出に際しては、図20に示す如く、第1表示装置17の第1表示部17aおよび第2表示装置71の第2表示部71aの夫々に、手を模した動作示唆画像77を表示するようになっている。なお、動作示唆画像77には、手の画像のみでなく、手を左右方向に移動させることを促す矢印の画像および有効期間(有効時間)を示すタイマ等を模した画像も併せて表示されるようになっている。また実施例では、第2表示部71aにのみ、当該パチンコ機10のモチーフとなるキャラクタ等を模した動作対応画像78が動作示唆画像77の後側に重なった状態で表示されるように設定される。

0120

前記統括制御CPU65aは、前記図柄変動中特定示唆演出パターンNP1が選択された場合に、前記動作示唆画像77の表示後の演出表示内容を特定する複数種類の動作演出パターンNP1−A,NP1−B,NP1−Cが設定されている(図19参照)。具体的に、動作演出パターンとしては、前記モーションセンサ44,49の検出順序に基づいて手Tが左から右に動作したと統括制御CPU65aが判定した場合に選択可能な左動作演出パターンNP1−Aと、手Tが右から左に動作したと統括制御CPU65aが判定した場合に選択可能な右動作演出パターンNP1−Bと、手Tが動作しなかった(モーションセンサ44,49が検出状態とならなかった)と統括制御CPU65aが判定した場合に選択可能な非動作演出パターンNP1−Cとが設定される。また、左動作演出パターンNP1−Aで特定される演出表示には、第1表示装置17および第2表示装置71に同一の画像(表示される背景およびキャラクタが同じ)を表示する左用共通演出画像が含まれると共に、右動作演出パターンNP1−Bで特定される演出表示には、第1表示装置17および第2表示装置71に同一の画像(表示される背景およびキャラクタが同じ)を表示する右用共通演出画像が含まれる。なお、左用共通演出画像と右用共通演出画像とでは種類が異なるように設定されている。そして、統括制御CPU65aは、左動作演出パターンNP1−A、右動作演出パターンNP1−B、非動作演出パターンNP1−Cの何れか1つを選択した場合に、対応する動作演出パターンコマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力する。表示制御基板70では、動作演出パターンコマンドが入力されると、該コマンドで特定される演出パターンに対応する演出内容を示す表示データを表示制御CPU70aが選択し、該演出パターンに対応した表示内容で図柄変動演出を実行させるように第1表示装置17および第2表示装置71を制御するよう構成される。

0121

前記左動作演出パターンNP1−Aで特定される演出表示(表示内容)は、前記第2表示部71aに表示されていた動作対応画像78を、手Tの動作方向と同じ左から右へ移動するよう表示した後に、左用共通演出画像を第2表示部71aに表示するよう設定される。また、前記右動作演出パターンNP1−Bで特定される演出表示(表示内容)は、前記第2表示部71aに表示されていた動作対応画像78を、手Tの動作方向と同じ右から左へ移動するよう表示した後に、右用共通演出画像を第2表示部71aに表示するよう設定される。そして、左動作演出パターンNP1−Aおよび右動作演出パターンNP1−Bで特定される演出表示(表示内容)は、第2表示部71aに対応する共通演出画像が表示された後に、前記第1表示部17aに対応する共通演出画像が表示されるようになっている。すなわち、左動作演出パターンNP1−Aおよび右動作演出パターンNP1−Bが選択された場合は、第1表示部17aの画像が変化する前に、予め変化後の画像が第2表示部71aに表示されて遊技者に示唆し得るようになっている。本実施例では、図柄変動中特定示唆演出において第2表示部71aに表示される動作対応画像78が、統括制御CPU65aによって手Tの動作方向と同じ方向に移動される演出要素となる。

0122

前記非動作演出パターンNP1−Cで特定される演出表示(表示内容)は、前記第2表示部71aに表示されていた動作対応画像78を、前記有効期間(有効時間)の間そのまま表示して変化させないよう設定される。また有効期間(有効時間)の経過後には、前記左動作演出パターンNP1−Aおよび右動作演出パターンNP1−Bが選択された場合に表示される共通演出画像とは異なる別々の画像が第1表示部17aおよび第2表示部71aに表示される。すなわち、遊技者が前記透明板13aの前側で手Tを左右方向に移動する動作を行わず、統括制御CPU65aが非動作演出パターンNP1−Cを決定した場合は、有効期間の経過後には第1表示部17aと第2表示部71aとでは関連のない画像が表示される。

0123

(再抽選用特定示唆演出について)
本実施例のパチンコ機10では、前記統括制御CPU60aが前記再抽選演出パターンD6,D7,D8,D9を決定した場合に、前記第1表示装置17における各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置68に仮当り表示となる飾図を仮停止させた状態で、再抽選用特定示唆演出を行い得るよう構成される。すなわち、統括制御CPU60aは、有効停止位置68に仮当り表示となる飾図を仮停止するタイミングで、前記モーションセンサ44,49による物体の検出を所定時間(有効期間)に亘って有効とする動作検出有効コマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力するよう設定される。そして、表示制御基板70では、動作検出有効コマンドが入力されると、該コマンドで特定される演出パターンに対応する演出内容を示す表示データを表示制御CPU70aが選択し、該演出パターンに対応した表示内容で図柄変動演出を実行させるように第1表示装置17を制御するよう構成される。本実施例では、再抽選用特定示唆演出に際しては、図21に示す如く、第1表示装置17の第1表示部17aにおける仮停止した中図柄列66bに対応する位置に、手を模した動作示唆画像77を表示するようになっている。なお、動作示唆画像77には、前述した図柄変動中特定示唆演出の場合と同様に、手の画像のみでなく、手を左右方向に移動させることを促す矢印の画像および有効期間(有効時間)を示すタイマ等を模した画像も併せて表示されるようになっている。

0124

前記第1再抽選演出パターンD6,D8が選択されて再抽選用特定示唆演出が行われる場合の具体的な表示例について、[666]の組合わせで仮当り表示した後の再変動によって[777]に変化させる態様の場合で説明する。すなわち、再抽選演出において、前記第1表示装置17では、図21(a)に示すように、停止図柄有効ライン69上に[666]が仮停止する。このときに、再抽選用特定示唆演出として動作示唆画像77が表示され、再抽選が行われる可能性があることが示唆される。第1表示部17aに動作示唆画像77が表示されている間(有効期間を経過するまで)に、遊技者が前記透明板13aの前側で手Tを左右方向に移動させる動作を行ったことを前記一対のモーションセンサ44,49の検出によって統括制御CPU65aが判定すると、停止図柄有効ライン69上に並んでいる3つの飾図を再変動(横スクロール)し(図21(b))、停止図柄有効ライン69に[777]となる組合わせで飾図を確定停止する(図21(c))。なお、図21(b)では、矢印によって飾図が変動している様子を表わしている。

0125

また、再抽選用特定示唆演出に際し、統括制御CPU65aは、モーションセンサ44,49の検出順序に基づいて手Tの動作方向を判定し、該動作方向と同じ方向に停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を変動させるように第1表示装置17を制御する。すなわち、前記第1モーションセンサ44が検出状態となってから第2モーションセンサ49が検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは手Tが左から右に移動したと判定し、該統括制御CPU65aは左から右への第1動作方向を指定する第1動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aに出力し、表示制御CPU70aでは第1動作方向指定コマンドに基づいて、停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を左から右へ変動する表示を行う。これに対し、第2モーションセンサ49が検出状態となってから第1モーションセンサ44が検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは手Tが右から左に移動したと判定し、該統括制御CPU65aは右から左への第2動作方向を指定する第2動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aに出力し、表示制御CPU70aでは第2動作方向指定コマンドに基づいて、停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を右から左へ変動する表示を行う。また、動作示唆画像77の表示中に一対のモーションセンサ44,49の何れもが検出状態とならなかった場合や一方のモーションセンサ44,49のみが検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは遊技者が前記透明板13aの前側で手Tを移動する動作を行わなかったと判定し、該統括制御CPU65aは動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aへ出力しない。このように動作方向指定コマンドが表示制御CPU70aに入力されない場合は、該表示制御CPU70aでは手Tによる動作が行われなかったときに対応する表示演出を行う。本実施例では、再抽選用特定示唆演出において、第1表示部17aに表示される飾図が、統括制御CPU65aによって手Tの動作方向と同じ方向に移動される演出要素となる。

0126

ここで、前記第1再抽選演出パターンD6,D8は、前記確変大当り遊技が付与される場合に決定可能な演出パターンであるので、動作方向指定コマンドが入力されなかった表示制御CPU70aでは、前記有効期間の経過後に、図柄列66a,66b,66cを縦方向に再変動して「777」の飾図を停止図柄有効ライン69に揃えて確定停止させるようになっている。なお、動作方向指定コマンドが入力されない場合において、再抽選演出では「666」の飾図を停止図柄有効ライン69に揃えて確定停止することで、当選した大当りが非確変大当りであると報知しておき、大当り遊技中の大当り演出において昇格演出を行うことで、当選したのが確変大当り遊技であることを報知するようにしてもよい。

0127

前記第2再抽選演出パターンD7,D9が選択されて再抽選用特定示唆演出が行われる場合の具体的な表示例について、[666]の組合わせで仮当り表示した後の再変動によっても[666]のままで飾図が変化しない態様の場合について、前記第1再抽選演出パターンD6,D8の場合と異なる部分について説明する。すなわち、前記第1表示部17aに動作示唆画像77が表示されている状態で、前記一対のモーションセンサ44,49の検出順序に基づいて、前記統括制御CPU65aから表示制御CPU70aに出力される前記第1動作方向指定コマンドおよび第2動作方向指定コマンドに基づき、該表示制御CPU70aは停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を左から右または右から左へ再変動して、停止図柄有効ライン69に[666]となる組合わせで飾図を確定停止する(図21(d))。また、第2再抽選演出パターンD7,D9は、前記非確変大当り遊技が付与される場合に決定可能な演出パターンであるので、動作方向指定コマンドが入力されなかった表示制御CPU70aでは、仮停止された全て図柄列66a,66b,66c(飾図)を変動することなく確定停止させる。

0128

前記再抽選演出パターンD6,D7,D8,D9には、仮当り表示となる飾図が仮停止した後に、停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を再変動(横スクロール)して飾図を仮停止する一連の仮変動演出パターンの回数が異なる複数種類が設定されている。そして、前記統括制御CPU65aでは、複数の仮変動演出パターンが設定された再抽選演出パターンD6,D7,D8,D9が決定された場合は、前記第1表示部17aに仮当り表示となる飾図を仮停止する毎に、前記再抽選用特定示唆演出を行い、前記モーションセンサ44,49の検出結果に応じて停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を再変動する演出を行うように表示制御CPU70aを介して第1表示装置17を制御するよう構成される。例えば、「昇格」の演出結果を導出させる第1再抽選演出パターンD6,D8で、仮変動演出パターンが3回に設定されている場合は、1回目および2回目の仮変動演出パターンでは、何れも飾図が変化しないか、または「非昇格」となる飾図(偶数)に変化し、3回目の仮変動演出パターンにおいて飾図が「昇格」となる飾図(奇数)に変化して、昇格の演出結果が導出される。これに対し、「非昇格」の演出結果を導出させる第2再抽選演出パターンD7,D9で、仮変動演出パターンが3回に設定されている場合は、各仮変動演出パターンにおいて何れも飾図が変化しないか、または「非昇格」となる飾図(偶数)に変化することで、最終的に非昇格の演出結果が導出される。

0129

(特定示唆演出の動作方向判定処理について)
次に、統括制御基板65の統括制御CPU65aが制御プログラムに基づき実行する図柄変動中特定示唆演出および再抽選用特定示唆演出の動作方向判定処理について、図22を参照して説明する。この動作方向判定処理は、図柄変動演出中に行われるモーションセンサ44,49を用いた図柄変動中特定示唆演出および再抽選演出中に行われるモーションセンサ44,49を用いた再抽選用特定示唆演出において、両モーションセンサ44,49の検出順によって手Tの動作方向を判定する処理である。なお、当該動作方向判定処理は、前記有効期間(有効時間)の間に、所定の周期(実施例では4ms)で繰り返される。

0130

前記第1表示部17aに動作示唆画像77が表示された状態で、前記第1モーションセンサ44が検出状態(ON)か否かを判定する(ステップC11)。そして、ステップC11の判定結果が否定の場合には、前記第1モーションセンサ44が手Tを検出していないものとして、ステップC12に移行し、第2モーションセンサ49が検出状態(ON)か否かを判定する。そして、ステップC12の判定結果が否定の場合には、前記第2モーションセンサ49が手Tを検出しなかったものとして、統括制御CPU65aは、制御コマンドドを出力することなくステップC13で統括制御RAM65cに記憶した各種情報をリセットして処理を終了する。

0131

前記ステップC11の判定結果が肯定の場合には、前記第1モーションセンサ44が手Tを検出したものとして、ステップC14に移行し、予め設定されている規定時間内に第2モーションセンサ49が検出状態(ON)となったか否かを判定する。そして、ステップC14の判定結果が肯定の場合には、前記第2モーションセンサ49が手Tを検出したものとして、統括制御CPU65aは、前記透明板13aの前側で遊技者が手Tを左から右に移動する動作を行ったと判定して、該動作を特定する第1動作方向の情報を統括制御RAM65cに記憶する(ステップC15)。そして、ステップC16に移行し、統括制御CPU65aは第1動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aに出力する。また、ステップC13で統括制御RAM65cに記憶した各種情報(第1動作方向)をリセットして処理を終了する。

0132

前記ステップC14の判定結果が否定の場合には、前記第2モーションセンサ49が手Tを検出しなかったものとして、統括制御CPU65aは、制御コマンドを出力することなくステップC13で統括制御RAM65cに記憶した各種情報をリセットして処理を終了する。

0133

前記ステップC11が否定された後のステップC12において判定結果が肯定の場合には、前記第2モーションセンサ49が手Tを検出したものとして、ステップC17に移行し、予め設定されている規定時間内に第1モーションセンサ44が検出状態(ON)となったか否かを判定する。そして、ステップC17の判定結果が肯定の場合には、前記第1モーションセンサ44が手Tを検出したものとして、統括制御CPU65aは、前記透明板13aの前側で遊技者が手Tを右から左に移動する動作を行ったと判定して、該動作を特定する第2動作方向の情報を統括制御RAM65cに記憶する(ステップC18)。そして、ステップC19に移行し、統括制御CPU65aは第2動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aに出力する。また、ステップC13で統括制御RAM65cに記憶した各種情報(第2動作方向)をリセットして処理を終了する。

0134

前記ステップC17の判定結果が否定の場合には、前記第1モーションセンサ44が手Tを検出しなかったものとして、統括制御CPU65aは、制御コマンドを出力することなくステップC13で統括制御RAM65cに記憶した各種情報をリセットして処理を終了する。

0135

なお、前記動作方向判定処理において、両方のモーションセンサ44,49が検出状態となって統括制御CPUから第1動作方向指定コマンドまたは第2動作方向指定コマンドが表示制御CPU70aに出力されると、前記有効期間の経過を待たずに動作方向判定処理を終了するように設定されている。

0136

〔実施例の作用〕
次に、前述のように構成された実施例に係るパチンコ機10の作用につき説明する。

0137

前記前枠13の前面側に設けられた前記操作ハンドル16の操作レバー16aを遊技者が操作すると、前記打球発射装置から発射されたパチンコ球が前記遊技領域24に打ち出される。遊技領域24を流下するパチンコ球が前記始動入賞口29a,33aに入賞すると、前記始動入賞検出センサ54,55の球検出を契機として、前記メイン制御CPU60aが各種情報(各種乱数情報)を取得して、この取得した情報に基づいて特図当り抽選(当り判定)が行われる。そして、特図当り抽選の結果に基づいて、特図変動パターンが乱数抽選によって決定され、決定された特図変動パターンを指定する特図変動パターン指定コマンドが統括制御CPU65aに入力されると、該統括制御CPU65aは対応する種類の演出パターンの中から1つの演出パターンを乱数抽選により決定する。そして、統括制御CPU65aは、決定した演出パターンに基づいて、前記第1表示装置17を制御することで、該第1表示装置17において図柄変動演出が実行される。また、統括制御CPU65aは、決定した演出パターンに基づいて、前記第2表示装置71を制御することで、該第2表示装置71において図柄変動に伴う演出が実行される。

0138

前記統括制御CPU65aが、図柄変動演出中に行う示唆演出として、図柄変動中特定示唆演出を特定する図柄変動中特定示唆演出パターンNP1を決定すると、統括制御CPU60aは、示唆演出を行うタイミングで、前記モーションセンサ44,49による物体の検出を所定時間(有効期間)に亘って有効とする動作検出有効コマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力する。そして、表示制御基板70では、動作検出有効コマンドが入力されると、図20に示す如く、前記第1表示装置17の第1表示部17aおよび第2表示装置71の第2表示部71aの夫々に、手を模した動作示唆画像77を表示すると共に、第2表示部71aには動作対応画像78を併せて表示するように各表示装置17,71を制御する。

0139

前記統括制御CPU65aでは、前記有効期間の間に前記透明板13aの前側で遊技者が手Tを動作したか否かおよび動作方向を、前記モーションセンサ44,49の検出結果から判定する(動作方向判定処理)。すなわち、第1モーションセンサ44が検出状態となった後に第2モーションセンサ49が検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは手Tが左から右に動作したと判定して前記左動作演出パターンNP1−Aを決定し、該左動作演出パターンNP1−Aを特定する動作演出パターンコマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力する。そして、表示制御基板70では、前記第2表示部71aに表示されている動作対応画像78を、手Tの動作方向と同じ左から右へ移動するよう表示した後に、左用共通演出画像を第2表示部71aに表示するように第2表示装置71を制御する。また、表示制御基板70は、第2表示部71aに左用共通演出画像が表示された後に、前記第1表示部17aに左用共通演出画像を表示するように第1表示装置17を制御する。また、前記有効期間の間において、第2モーションセンサ49が検出状態となった後に第1モーションセンサ44が検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは手Tが右から左に動作したと判定して前記右動作演出パターンNP1−Bを決定し、該右動作演出パターンNP1−Bを特定する動作演出パターンコマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力する。そして、表示制御基板70では、前記第2表示部71aに表示されている動作対応画像78を、手Tの動作方向と同じ右から左へ移動するよう表示した後に、右用共通演出画像を第2表示部71aに表示するように第2表示装置71を制御する。また、表示制御基板70は、第2表示部71aに右用共通演出画像が表示された後に、前記第1表示部17aに右用共通演出画像を表示するように第1表示装置17を制御する。

0140

また、前記有効期間の間において、両モーションセンサ44,49が何れも検出状態とならなかった場合や何れか一方のみが検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは遊技者が透明板13aの前側で手Tを移動する動作を行わなかったと判定して前記非動作演出パターンNP1−Cを決定し、該非動作演出パターンNP1−Cを特定する動作演出パターンコマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力する。そして、表示制御基板70では、前記第2表示部71aに表示されている動作対応画像78を移動することなく、有効期間の経過後に第1表示部17aと第2表示部71aとに関連のない画像を表示するように第1表示装置17および第2表示装置71が制御される。

0141

すなわち、前記第1表示部17aに動作示唆画像77が表示されている間に、遊技者が前記透明板13aの前側で手Tを左右方向に移動する動作を行うことで、遊技者は第1表示部17aの画像が変化する前に、どのような画像となるのかを第2表示部71aに表示される画像によって知ることができる。従って、示唆演出によってリーチ演出が行われること、リーチ演出がスーパーリーチ演出に発展すること、または当り表示が表示される可能性があることを、遊技者が第2表示71aの表示によって事前に知ることができる。

0142

次に、前記始動入賞口29a,33aへの入賞を契機としてメイン制御CPU60aが再抽選変動パターンP6,P7を決定した場合に、統括制御CPU65aが第1再抽選演出パターンD6,D8を決定した場合は、図21に示す再抽選用特定示唆演出が前記第1表示装置17で実行される。すなわち、統括制御CPU60aは、有効停止位置68に仮当り表示となる飾図(第2の識別図柄)を仮停止するタイミングで、前記モーションセンサ44,49による物体の検出を所定時間(有効期間)に亘って有効とする動作検出有効コマンドを表示制御基板70(表示制御CPU70a)に出力する。そして、表示制御基板70では、動作検出有効コマンドが入力されると、図21(a)に示す如く、前記第1表示装置17の第1表示部17aにおける仮停止した中図柄列66bに対応する位置に、手を模した動作示唆画像77を表示するように第1表示装置17を制御する。

0143

前記統括制御CPU65aは、前述した図柄変動中特定示唆演出の場合と同様に、有効期間中における前記モーションセンサ44,49の検出状態の変化および検出順に基づいて、遊技者が前記透明板13aの前側で手Tを左右方向に移動する動作を行なったか否か、および動作方向を判定する(動作方向判定処理)。すなわち、第1モーションセンサ44が検出状態となってから第2モーションセンサ49が検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは手Tが左から右に移動したと判定し、該統括制御CPU65aは第1動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aに出力し、表示制御CPU70aでは第1動作方向指定コマンドに基づいて、停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を左から右へ変動する表示を行うように第1表示装置17を制御する(図21(b))。そして、表示制御CPU70aは、全図柄停止コマンドの入力に基づいて確定当り表示となる飾図(第1の識別図柄)を各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置に確定停止させるように第1表示装置17を制御する(図21(c))。

0144

また、前記有効期間の間に、第2モーションセンサ49が検出状態となってから第1モーションセンサ44が検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは手Tが右から左に移動したと判定し、該統括制御CPU65aは第2動作方向指定コマンドを表示制御CPU70aに出力し、表示制御CPU70aでは第2動作方向指定コマンドに基づいて、停止図柄有効ライン69上に並んでいる全ての飾図を右から左へ変動する表示を行うように第1表示装置17を制御する。そして、表示制御CPU70aは、全図柄停止コマンドの入力に基づいて確定当り表示となる飾図(第1の識別図柄)を各図柄列66a,66b,66cの有効停止位置に確定停止させるように第1表示装置17を制御する。また、動作示唆画像77の表示中に一対のモーションセンサ44,49の何れもが検出状態とならなかった場合や一方のモーションセンサ44,49のみが検出状態となった場合は、統括制御CPU65aは遊技者が前記透明板13aの前側で手Tを移動する動作を行わなかったと判定し、該統括制御CPU65aは制御コマンドを表示制御CPU70aに出力しない。そして、表示制御CPU70aでは、動作方向指定コマンドが入力されなかった場合に対応する表示演出を行うように第1表示装置17を制御する。

0145

本実施例のパチンコ機10によれば、2つのモーションセンサ44,49の検出状態の変化態様によって遊技者が手Tを透明板13aの前側で移動した動作方向を統括制御CPU65aが判定し、該判定結果に基づく演出(表示)を第1表示装置17や第2表示装置71で行うよう構成したので、手Tの動作方向と関連した演出(表示)を行うことができる。すなわち、遊技者がモーションセンサ44,49の検出領域において手Tを移動する動作方向の違いによって変化する演出が異なるようにし得るので、遊技者の遊技への参加意欲を高めることができる。また、手Tの動作方向と同じ方向に動作対応画像78や飾図が移動する演出が行われるので、遊技者は遊技に参加していることを実感でき、遊技への参加意欲を更に高めることができる。更に、遊技者が行う動作に応じて演出を変化させ得るので、遊技の興趣を向上し得る。

0146

前記第1モーションセンサ44および第2モーションセンサ49の検出領域は、図10に示す如く、前記透明板13aの前側で左右方向に移動した手Tを夫々単独で検出し得るように設定したので、手Tの動作方向を確実に判定することができる。また、両モーションセンサ44,49は、図2に示す如く、遊技者が注目する第1表示部17aを前側に臨ませる枠状装飾体26における窓口26aの左右の縁部にセンサ面44a,49aを露出した状態で設けられているので、遊技者は、モーションセンサ44,49の位置から検出領域を認識し易く、該検出領域で適確に手Tを動作してモーションセンサ44,49に検出させることができる。すなわち、遊技者に手Tを動作することを促す動作示唆画像77が第1表示部17aに表示された場合に、遊技者がどの場所で手Tを動作させればよいのか戸惑っている間に有効期間が経過して遊技に参加できなくなるのを防ぐことができる。

0147

(変更例)
本願は前述した実施例の構成に限定されるものではなく、その他の構成を適宜に採用することができる。
(1) 実施例では、2つのモーションセンサを左右に離間して配置したが、上下または斜めに離間して配置し、手(被検出体)の上下方向の動きや斜め方向の動きを検出し得るようにしてもよい。また、対をなすモーションセンサを左右、上下、斜めに夫々離間して配置し、行う演出に応じて用いるモーションセンサを異ならせるようにしてもよい。例えば、左右に離間して対をなすものを第1モーションセンサ対とし、上下に離間して対をなすものを第2モーションセンサ対とし、斜めに離間して対をなすものを第3モーションセンサ対とした場合に、リーチ演出が行われることを示唆する図柄変動中特定示唆演出では第1モーションセンサ対を用い、スーパーリーチ演出が行われることを示唆する図柄変動中特定示唆演出では第2モーションセンサ対を用い、当り表示が表示される可能性があることを示唆する図柄変動中特定示唆演出では第3モーションセンサ対を用いることができる。また、手を動作する方向については、動作示唆画像と併せて表示される矢印や音声あるいは第1表示部に動作方向を文字により表示するようにすればよい。
(2) 実施例では、2つのモーションセンサの検出順によって手(被検出体)の動作方向を判定するようにしたが、3つ以上のモーションセンサを設け、これらのモーションセンサの検出順や検出数によって異なる演出を行うようにしてもよい。例えば、3つのモーションセンサを用いる場合では、検出順が第1モーションセンサ→第2モーションセンサ→第3モーションセンサの場合は第1演出を行い、検出順が第3モーションセンサ→第2モーションセンサ→第1モーションセンサの場合は第2演出を行い、第1モーションセンサおよび第2モーションセンサのみが検出状態となった場合に第3演出を行い、第2モーションセンサおよび第3モーションセンサのみが検出状態となった場合に第4演出を行う等、複数のモーションセンサの検出順や検出数の組み合わせによって異なる演出を行うようにすることで、演出のバリエーションが増えて遊技の興趣を向上し得る。

0148

(3) 実施例では、モーションセンサの検出順により判定された手(被検出体)の動作方向と同じ方向に画像や飾図等の演出要素を移動するよう構成したが、始動入賞口への入賞時に取得した乱数に基づいて演出要素の移動方向を乱数抽選により決定し、該決定された移動方向と同じ方向に手(被検出体)を動作した場合にのみ、手(被検出体)の動作方向と同じ方向に演出要素を移動させるようにしてもよい。なお、決定された演出要素の移動方向と手(被検出体)の動作方向とが異なる場合は、演出要素を決定された移動方向に移動したり、または移動しない表示としてもよい。また、演出要素の移動方向を予め決定する場合は、第1表示部や第2表示部に表示される矢印によって移動方向を示唆するようにしてもよい。
(4) モーションセンサを用いる示唆演出は、飾図の変動開始から変動停止(確定停止)までの間に仮停止と再変動とを所定回数実行する擬似連続演出、飾図の変動開始から変動停止までを1回とした変動サイクルを複数回連続して実行可能とする連続予告演出(先読み予告演出)等に用いることができる。
(5) モーションセンサを用いる演出は、大当り遊技中における昇格演出として用いることができる。例えば、図柄変動演出では非確変大当り遊技が付与されることを報知(偶数の飾図での当り表示)し、大当り遊技における所定のラウンドにおいてモーションセンサを用いた昇格演出によって確変大当り遊技が付与されることを報知するようにしてもよい。
(6) 実施例では、演出手段として表示装置を挙げたが、該演出手段としては、駆動手段によって動作可能な可動体を備える可動演出装置、ランプ装置およびスピーカを用いることができる。すなわち、統括制御CPUが判定した手(被検出体)の動作方向に応じて、可動演出装置の可動体を動作させたり、ランプ装置の発光体を発光したり、またはスピーカから音を発生させる構成を採用し得る。すなわち、可動演出装置を演出手段として用いる場合は、可動体が演出要素となる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】演出を通じて遊技の興趣向上に寄与する遊技機を提供すること。【解決手段】下部装飾体36には、遊技者が操作可能な通常ボタン40が設けられる。演出制御用マイコン121は、大当たり判定の結果に応じて、... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣を維持することのできる遊技機を提供する。【解決手段】このパチンコ機1では、遊技領域5aに打ち込まれた遊技球を受け入れ可能な始動口を有する。始動口に遊技球が入球されると、当りについての判... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ