図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2015年11月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

発光表示部が円環状のものにおいて、発光源の数や輝度を増すことなく視認性を向上させることのできる表示灯を得る。

解決手段

本発明に係る表示灯1は、壁面5に取り付けられて防災機器としての発信機3の位置を表示する表示灯であって、発光源である発光素子15を収容する外周壁部7と、 発光素子15を収容する本体部43と、発光素子15が発光する光を透光させて光る発光表示部45とを有し、発光表示部45はリング状に形成されると共に、リングの奥側に向かって垂下する垂下面となっており、かつリング状の発光表示部45に囲まれた部位に発信機3が配置され、その前面部が発光表示部45よりも奥側に位置するようになっていることを特徴とするものである。

概要

背景

表示灯の一例として、例えば特許文献1(意匠登録第1460558号公報)には、「中央部に発信機を取り付けるための略矩形状の開口を有し、赤色に着色された半透明部材から成る環状の表示灯本体と、表示灯本体に着脱自在に螺着され、表示灯本体を消火栓格納箱等へ取り付けるための環状の取り付け部材と、表示灯本体と取り付け部材との間に挟持固定され、発光ダイオードLEDランプ)を等角度ごとに取り付けた環状の基板とから構成されており、表示灯本体の環状空間に配置された発光ダイオードの光を正面及び周囲に環状に放射するようにしたもの」(特許文献1における意匠に係る物品の説明)が開示されている。

上記の表示灯においては、環状に発光させることによって視認性の向上を図れ、また、その中央部に発信機を取り付けられるため、表示灯と発信機を別々の位置に設置していたものに比較して設置に必要な面積を小さくすることができるとしている。

概要

発光表示部が円環状のものにおいて、発光源の数や輝度を増すことなく視認性を向上させることのできる表示灯を得る。本発明に係る表示灯1は、壁面5に取り付けられて防災機器としての発信機3の位置を表示する表示灯であって、発光源である発光素子15を収容する外周壁部7と、 発光素子15を収容する本体部43と、発光素子15が発光する光を透光させて光る発光表示部45とを有し、発光表示部45はリング状に形成されると共に、リングの奥側に向かって垂下する垂下面となっており、かつリング状の発光表示部45に囲まれた部位に発信機3が配置され、その前面部が発光表示部45よりも奥側に位置するようになっていることを特徴とするものである。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

取付面に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、発光源を収容する本体部と、前記発光源が発光する光を透光させて光る発光表示部とを有し、該発光表示部はリング状に形成されると共に、奥側に向かって垂下する垂下面となっており、かつリング状の発光表示部に囲まれた部位に発信機が配置され、その前面部が発光表示部よりも奥側に位置するようになっていることを特徴とする表示灯。

請求項2

取付面に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、発光源を収容する本体部と、前記発光源が発光する光を透光させて光る発光表示部とを有し、該発光表示部は前記取付面に平行な平面部を有するリング状に形成されており、かつ正面視においてリング状の発光表示部の内周側に発信機が配置され、その前面部が発光表示部よりも奥側に位置するようになっていることを特徴とする表示灯。

請求項3

前記発光表示部は奥側に向かって垂下する垂下面を有することを特徴とする請求項2記載の表示灯。

請求項4

前記発光表示部は、奥側かつ該発光表示部の内周側に向かって傾斜する傾斜面を有することを特徴とする請求項2記載の表示灯。

請求項5

前記発光表示部は、その両サイド部が上下部よりも明るく光るように、前記発光源の配置及び/又は輝度が設定されていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載の表示灯。

請求項6

両サイドに配置された前記発光源が他の発光源よりも前記発光表示部に最も近くなるように配置されていることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか一項に記載の表示灯。

請求項7

前記発光表示部には前記発光源の間接光入射するように構成されていることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか一項に記載の表示灯。

技術分野

0001

本発明は、例えば消火栓箱総合盤等の機器収納箱に取り付けられる発信機等の防災機器の位置を表示する表示灯に関する。

背景技術

0002

表示灯の一例として、例えば特許文献1(意匠登録第1460558号公報)には、「中央部に発信機を取り付けるための略矩形状の開口を有し、赤色に着色された半透明部材から成る環状の表示灯本体と、表示灯本体に着脱自在に螺着され、表示灯本体を消火栓格納箱等へ取り付けるための環状の取り付け部材と、表示灯本体と取り付け部材との間に挟持固定され、発光ダイオードLEDランプ)を等角度ごとに取り付けた環状の基板とから構成されており、表示灯本体の環状空間に配置された発光ダイオードの光を正面及び周囲に環状に放射するようにしたもの」(特許文献1における意匠に係る物品の説明)が開示されている。

0003

上記の表示灯においては、環状に発光させることによって視認性の向上を図れ、また、その中央部に発信機を取り付けられるため、表示灯と発信機を別々の位置に設置していたものに比較して設置に必要な面積を小さくすることができるとしている。

先行技術

0004

意匠登録第1460558号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1に開示された表示灯は、発光ダイオードを等間隔で多数配置して環状の発光表示部を光らせることで視認性を向上させてようとしている。特許文献1に開示されたものを含め、従来の表示灯においては視認性を向上するために発光ダイオードの数を増やして発光表示部の明るさ(輝度)を増すことを主眼としている。
しかしながら、特許文献1に記載の表示灯のように、発光表示部が細い円環状のものの場合、輝度を増すだけでは視認性が向上するとは限らない。また、消防設備は多数の端末が接続されるため、使用できる電流に限りがあり、当該設備に流す電流を増やすことが難しいという現状がある。そのような制限があるため、表示灯の発光ダイオードの数を増やしても、各LEDの明るさが小さくなるだけであり、視認性が向上するわけではない。

0006

本発明はかかる問題点を解決するためになされたものであり、発光表示部が円環状のものにおいて、発光源の数や輝度を増すことなく視認性を向上させることのできる表示灯を得ることを目的としている。

課題を解決するための手段

0007

(1)本発明に係る表示灯は、取付面に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、発光源を収容する本体部と、前記発光源が発光する光を透光させて光る発光表示部とを有し、該発光表示部はリング状に形成されると共に、奥側に向かって垂下する垂下面となっており、かつリング状の発光表示部に囲まれた部位に発信機が配置され、その前面部が発光表示部よりも奥側に位置するようになっていることを特徴とするものである。

0008

(2)また、取付面に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、発光源を収容する本体部と、前記発光源が発光する光を透光させて光る発光表示部とを有し、
該発光表示部は前記取付面に平行な平面部を有するリング状に形成されており、かつ正面視においてリング状の発光表示部の内周側に発信機が配置され、その前面部が発光表示部よりも奥側に位置するようになっていることを特徴とするものである。

0009

(3)また、上記(2)に記載のものにおいて、前記発光表示部は奥側に向かって垂下する垂下面を有することを特徴とするものである。

0010

(4)また、上記(2)に記載のものにおいて、前記発光表示部は、奥側かつ該発光表示部の内周側に向かって傾斜する傾斜面を有することを特徴とするものである。

0011

(5)また、上記(1)乃至(4)に記載のものにおいて、前記発光表示部は、その両サイド部が上下部よりも明るく光るように、前記発光源の配置及び/又は輝度が設定されていることを特徴とするものである。

0012

(6)また、上記(1)乃至(5)に記載のものにおいて、両サイドに配置された前記発光源が他の発光源よりも前記発光表示部に最も近くなるように配置されていることを特徴とするものである。

0013

(7)また、上記(1)乃至(6)に記載のものにおいて、前記発光表示部には前記発光源の間接光入射するように構成されていることを特徴とするものである。

発明の効果

0014

本発明においては、取付面に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、発光源を収容する本体部と、前記発光源が発光する光を透光させて光る発光表示部とを有し、該発光表示部はリング状に形成されると共に、奥側に向かって垂下する垂下面となっており、かつリング状の発光表示部に囲まれた部位に発信機が配置され、その前面部が発光表示部よりも奥側に位置するようになっていることにより、表示灯を斜めから見たときにも発信機に遮られることなく発光表示部を視認でき、かつ発光表示部を奥側に垂下する垂下面としたことで、発光表示部が取付面の方向に広がることがなく、全体形状コンパクトにできる。

図面の簡単な説明

0015

本発明の一実施の形態に係る表示灯の分解斜視図である。
本発明の実施の形態に係る表示灯の正面図である。
図2のA−A矢視断面図である。
本発明の実施の形態に係る表示灯の反射板の効果を説明する説明図である(その1)。
本発明の実施の形態に係る表示灯の反射板の効果を説明する説明図である(その2)。
本発明の実施の形態に係る表示灯に格納される発信機の斜視図である。
本発明の実施の形態に係る表示灯に発信機を格納して取付面へ取り付けた状態を説明する斜視図である。
本発明の実施の形態に係る表示灯の使用状態における正面図である。
本発明の実施の形態に係る表示灯の他の態様の説明図であって、表示灯の取付面への取付状態における表示灯の中央を通る縦断面図である。
本発明の実施の形態2に係る表示灯の分解斜視図である。
本発明の実施の形態2に係る表示灯の断面図である。
本発明の実施の形態3に係る表示灯の取付状態を示す斜視図である。
本発明の実施の形態3に係る表示灯の断面図である。
本発明の実施の形態4に係る表示灯の取付状態を示す斜視図である。
本発明の実施の形態4に係る表示灯の断面図である。

実施例

0016

[実施の形態1]
本実施の形態では、取付面としての消火栓設備の筐体等の壁面5に取り付けられ、発信機3(図6及び図7参照)を収納する表示灯1を例に挙げる。
そして、以下においては、まず表示灯1の各構成について図1図5に基づいて適宜他の図を参照しながら詳細に説明し、その後表示灯1に収納する発信機3について説明する。
なお、以下の説明では、表示灯1を壁面5に取り付けた状態で壁面5の手前側を前と言い、壁面5の奥側を奥、後という。

0017

〔表示灯〕
表示灯1は、図1に示すように、略円筒体からなる外周壁部7と、外周壁部7の前端側の外周面から外方に張り出すフランジ状からなる取付部9と、外周壁部7の前端側の内側にリング状に形成された発光表示部11と、発光表示部11に連続して外周壁7の内側に形成された発信機収容部13とを有している。
そして、図3に示すように外周壁部7と、その内側に形成された発光表示部11及び発信機収容部13の周壁との間には空間部14が形成され、この空間部14に発光素子15が搭載された基板17が設置されている。
なお、本実施の形態における外周壁部7と発光表示部11と発信機収容部13とが本発明の本体部に相当するが、逆に本発明の本体部はこれらを全て備える必要はなく、発光源を収納する機能を有するものであれば形状は問わない。

0018

<外周壁部>
外周壁部7は、透光性を有する樹脂製の部材によって略短円筒状に形成されている。

0019

<取付部>
取付部9は、表示灯1を壁面5に取り付けるためのものであり、前述したように外周壁部7の前端側の外周面から外方に張り出す略正方形のフランジ状に形成されている。
取付部9の四隅には、図1および図2に示すように、表示灯1を壁面5に取り付けるためのネジ孔9aが設けられている。
取付部9には、発光表示部11の外周を縁取るリング状の立片部9bが設けられている。すなわち、発光表示部11であるリング状の傾斜面の外周縁部にリング状の立片部9bが設けられている。立片部9bは、表示灯1が壁面5に取り付けられる際に、壁面5に設けられた開口部の縁に内側から当接して(図3参照)、表示灯1の位置決め(位置合せ)をする機能を有している。

0020

<発光表示部>
発光表示部11は、図1図3に示すように、取付部9の内周縁から内側かつ奥側に向かって傾斜するリング状に形成されている。なお、図2においては発光表示部11を明確に示すために色付けをしている。
発光表示部11は、図3に示すように、表示灯1の設置状態において壁面5より大きく突出しないようになっており、従来の一般的な膨出型の表示灯のように側方から物がぶつかって破損することがない。
発光表示部11は、例えば赤色の透光性部材からなり、空間部14に収容された発光素子15(図3参照)からの光を透光させて明るく光るようになっている。発光表示部11と発光素子15の配置関係については後述する。

0021

<発信機収容部>
発信機収容部13は、図1及び図3に示すように、発光表示部11の内周から内側かつ奥側に段形状に形成されており、段の底部が発信機3を取り付けるための発信機取付面部21(図1及び図2参照)になっている。

0022

発信機取付面部21は、透光性部材で構成され中央が開口する平坦面からなり、両側に発信機3を取り付けるためのネジ孔21aが設けられている。
発信機取付面部21には、発信機取付面部21の全面を覆うように反射板25が貼り付けられている。反射板25を貼り付けることで、発光素子15の光は反射板25によって反射され、さらに基板17の面等で乱反射して、間接光として発光表示部11から外部に出射される。このように、反射板25を貼り付けることで、発光表示部11を間接光で光らせることができ、発光表示部11を全体的に明るく光らせることができる。

0023

この点について実例を挙げて、図4及び図5に基づいて説明する。図4は反射板25を貼り付けずに発光素子15を発光させている状態を示し、図5図4に示すものに反射板25を貼り付けた状態を示す。なお、図4において、発光素子15のある箇所は白く表示されている。
図4に示すように、発光素子15は発信機取付面部21の背面側に配置されるため、発信機取付面部21に反射板25を貼り付けていない場合には、発光素子15の光が反射することなく発信機取付面部21を透過して、発光表示部11を光らせるのに寄与しない。
他方、反射板25を貼り付けた場合には、図5に示すように、反射板25によって反射した光が間接光として発光表示部11に入射して、発光表示部11が全体的に明るく光り視認性が向上している。これによって、発光素子15の数が少なくても必要な視認性が確保されるので、節電効果も得られている。

0024

<基板>
基板17は、図1に示すように、中央が開口した円板によって形成されており、基板17の前面側には発光源としての発光素子15が複数配置されている。
基板17は、図3に示すように、前面側が発信機取付面部21に対向するように取り付けられている。
このように基板17が取り付けられることにより、発光素子15は空間部14内において発信機取付面部21に対向するように配置される(図2参照)。

0025

図2は、基板17を取り付けた状態における表示灯1の正面図であり、基板17上の発光素子15を破線で示している。
発光素子15は、基板17の左右両端に最も近い位置にある発光素子15が他の発光素子15よりも発光表示部11に最も近くなるように、即ち外周側に配置されている(図2参照)。図2の例では、左右両端の発光素子15の一部が正面視で発光表示部11にかかるようにして配置されている。
このように発光素子15が配置されることで、発光表示部11の両サイド部が上下部よりも明るく光るようになっている。そして、両サイド部と上下部に明度差ができることで、発光表示部が均一の明度点灯する場合と比べて、視認性が高まる。
なお、発光表示部11の両サイド部を上下部よりも明るく光らせるとは、両サイド部が上下部よりも相対的に明るいことを意味しており、両サイド部が絶対的に明るいことを意味するものではない。また、両サイド部とは、上下部と区別するための概念であり厳密に領域が特定されるものではない。

0026

発信機3は一定の高さ(床面から80〜150cm)に設けられることになっており、発信機3と一体的に設けられる表示灯1も同様の高さに設けられる。即ち、人の目線に近い位置に表示灯1が設けられることになる。そのような高さに設置される表示灯1が設置される壁面付近から、即ち浅い角度で表示灯1を見たとき、発光表示部11は、手前側のサイド見えず、奥側のサイドは必ず視認できる(図7参照)。従って、発光表示部11の両サイドを明るく光らせることで、壁面5に表示灯1が取り付けられた状態で、表示灯1を壁面5に沿った斜めから見たときにも、表示灯1を確実に視認できるという効果がある。
また、発光表示部11の両サイドが明るく光ることで、発光表示部11の上下は相対的に暗くなり、発光表示部11の光り方に変化がもたらされ、このことによっても視認性を向上している。

0027

〔発信機〕
次に、上述した表示灯1の発信機収容部13に収容される発信機3について図6及び図7に基づいて以下に説明する。
発信機3は、図6に示す通り、押下されると火災信号発信する押ボタン31と、円板状からなる押ボタン格納部33と、押ボタン格納部33の背面側に形成された発信機本体部35とを有している。

0028

押ボタン格納部33には、押ボタン格納部33の内部に設けられて送受話器が接続される電話ジャック(図示なし)を開閉自在に覆う電話ジャック用窓扉33aが設けられている。
発信機本体部35は、箱状からなり内部に押ボタン31に連動するスイッチ等(図示なし)を格納している。

0029

図7に示すように、発信機3は表示灯1の発信機収容部13に収容されると、発光表示部11に囲まれるように、かつ、発光表示部11の内周縁と略面一になるように配置される。この状態で、表示灯1の発光表示部11が光ることで、発信機3の位置が表示される。

0030

以上のように構成された表示灯1の使用状態(発信機3を収容して発光表示部11を光らせた状態)における効果について図8に基づいて説明する。
表示灯1の発光表示部11は、図8に示すように、通常時において明るく光っており発信機3(防災機器)の位置を表示している。

0031

前述したように、発光表示部11の両サイド部が上下部よりも明るく光るので、表示灯1を壁面5に沿った斜めから見たときにも、表示灯1を確実に視認できる。また、発光表示部11は両サイドが上下よりもより明るくなっており、リング状の発光表示部11の光り方に変化があるため、人が移動しながら表示灯1を見ると、視線の位置が変わることで、表示灯1を見る角度が変化していき、それに伴って、視認できる発光表示部11の両サイド及び上下面の面積が変化する。これにより、表示灯1の見え方が変わり、より視認性が高まっている。

0032

また、発光表示部11は中心部に向かう傾斜面となっているので、図2に示すように正面側からの視認性に優れると共に、図7に示すように側方からの視認性にも優れている。
また、本例ではリング状の発光表示部11のリング内に発信機3が設置されており、上記のような傾斜面となっていることから、発光表示部11は発信機3の押ボタン31を照らすことができ、暗所であっても発信機3の操作や、電話ジャックへの送受話器の接続作業が容易である。
また、表示灯1は壁面5から大きく突出する部分がなく、従来の一般的な膨出型の表示灯1のように側方から物がぶつかって破損することがない。

0033

なお、上記の説明では、発光素子15を、図3に示すように、表示灯1の正面に向けて配置した例を示したが、発光素子15の配置はこれに限られない。例えば図9に示すように、発光素子15を表示灯1の中心に向けて配置してもよく、このように配置することで、側方からの表示灯1の視認性を増すことができる。なお、図9において図3と同一のものには同一の符号を付している。
あるいは、発光素子15を正面側に向けて配置する部分と、表示灯1の中心に向けて配置する部分とが混在するような配置であってもよい。もっとも何れの場合も、図3に示すものの場合と同様に両サイドに配置された発光素子15が他の発光素子15よりも発光表示部11に最も近くなるように配置する。

0034

また、上記の説明では、発光表示部11の両サイドを上下よりも明るく光らせるために、両サイドに配置された発光素子15が他の発光素子15よりも発光表示部11に最も近くなるように配置した例を示したが、発光表示部11の両サイドを上下よりも明るく光らせるための他の方法として、例えば、各発光素子15の発光表示部11までの距離は均等にして、両サイド部の発光素子15の輝度を上下部のものより高く設定するようにしてもよい。あるいは、発光素子15の配置と輝度の両方を調整してもよい。
さらには、上下には発光素子15を配置しないようにして、発光表示部11の上下部が相対的に暗くなるようにしてもよい。
また、外周壁部7の外周面に、内周側に光を反射させるように反射材貼付しても良い。そうすることで、発光素子15から発光された光や、反射材に反射した光が、外周壁部7を透過して壁面5の裏側に抜けることがなく、発光表示部11を効率良く発光させることができる。
また、発光表示部11の上下面に反射材を貼付することで、上下面に向かってきた発光素子15からの光も乱反射させ、上下面は光らせず、両サイドのみをより強く光らせることもできる。

0035

また、発光表示部11として円形リングの例を示したが、本発明の発光表示部11はリング状であればよく円形リングに限られず、例えば矩形リング状であってもよいし、あるいは多角形リング状であってもよい。

0036

発光表示部11を構成する透光性部材は、赤色に限られない。発光表示部11は無色透明な透光性部材で構成されても良い。この場合、発光素子15を赤色のLEDにすることで、発光表示部11は赤く表示されることになる。

0037

また上記の説明では、発光表示部11のリングの内側に発信機収容部13を設けて発信機3が収容されている例を示したが、発信機3は表示灯1の外部に設けるようにしてもよい。この場合、発光表示部11のリングの内側には、発信機3に代えて発光表示部11のリングの内側を覆う赤色の円板を設けてもよい。
このように本発明の表示灯は、発信機3と一体型の表示灯1として構成することもできるし、あるいは発信機3と別体型の表示灯として構成することもでき、これらを状況に応じて適宜選択することが可能である。

0038

[実施の形態2]
図10図11は本発明の実施の形態2の表示灯の説明図であり、実施の形態1と同一部分には同一の符号を付してある。
本発明の実施の形態2に係る表示灯37は、図10図11に示すように、円筒状の外周壁部7をその背面側から覆うように外周壁部7に嵌め込むことのできるカバー体39を設けたものである。カバー体39は、光を反射する不透光性の部材(例えば、白色の樹脂)からなり、外周壁部7に嵌合できる円筒部39aと、円筒部39aの前方端に外方に張り出すように設けられたフランジ部39bと、円筒部39aの後端に位置する底部39cとを備えている。底部39cは、発信機本体部35が挿入される開口部を有している。

0039

カバー体39を設けることで、図11に示すように、外周壁部7や外周壁部7の後端開口が光を反射する部材で覆われ、発光素子15から発光された光や、カバー体39で反射した光が、外周壁部7を透過して壁面5の裏側に抜けることがなく、発光表示部11を効率良く発光させることができ、視認性を向上することができる。
また、カバー体39を設けない場合、表示灯37が設けられる総合盤等の機器収納箱の内部が発光してしまい、機器収納箱の蓋の周縁部が発光してしまうので、カバー体39は意匠性も向上させている。一方、カバー体39は表示灯37に対して着脱自在に設けられるため、保守点検時において、表示灯37の奥側にあたる機器収納箱の内部を点検したい場合、表示灯37からカバー体39を取り外すことで、表示灯37の発光素子15の発光により機器収納箱内を照射するので、保守点検が行いやすくなる。
カバー体39を設けることで視認性を向上できるので、発光素子15の配置は、かならずしも実施の形態1のようにする必要がないが、実施の形態1と同様の配置にすることで、相乗効果として視認性が向上する。

0040

なお、図10に示すように、発信機3の押ボタン格納部33の表面カバーの周縁に面取り部33bを設けるようにしてもよい。このようにすれば、発光表示部11が光ったときに面取り部33bで光が反射して、当該部位が明るく照らされることで、より視認性が向上する。

0041

[実施の形態3]
図12図13は本発明の実施の形態3の表示灯41の説明図であり、実施の形態1と同一部分には同一の符号を付してある。
本実施の形態3に係る表示灯41は、取付面としての壁面5に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、外周壁部7と発信機収容部13を有し、発光源としての発光素子15を収容する本体部43と、発光素子15が発光する光を透光させて光る発光表示部45とを有し、発光表示部45はリング状に形成されると共に、立片部9bから奥側に向かって垂下する垂下面となっており、かつリング状の発光表示部45に囲まれた部位(正面視における発光表示部45の内周側)に発信機3が配置され、その前面部が発光表示部45よりも奥側に位置するようになっている。
なお、発光表示部45の垂下面と発信機収容部13の内壁は、奥側に向かって連続する壁面(垂下面)で構成されている。したがって、表示灯41に発信機3を収容した場合において、発信機3の表面カバーの前面より前方の壁面(垂下面)が発光表示部45となり、発信機3の押ボタン格納部33の側面に対向する壁面(垂下面)が発信機収容部13の内壁となる。

0042

実施の形態1においては、発光表示部11を奥側に傾斜する傾斜面としていたが、本実施の形態3では、発光表示部45を、図12図13に示すように、立片部9bから奥側に向かって垂下する垂下面としたものである。
発光表示部45が傾斜していない垂下面であっても、図12図13に示すように、発信機3を収納した状態で、発信機3の押ボタン格納部33の厚みよりも垂下面の深さが深くなるように設定しているので、発信機3の押ボタン格納部33の前面が発光表示部45よりも奥側に配置され垂下面の上部が露出する。このため、発光素子15が点灯したときに垂下面が光り、表示灯37を斜めから見たときにも発信機3に遮られることなく発光表示部45を視認でき、発光表示部45を確実に視認することができる。

0043

また、壁面5に設置した状態では、図12に示すように、発信機3の押ボタン格納部33が奥に配置されるので、斜めから表示灯41を見たときには、見る人がいる側とは反対側の発光表示部45を視認することができる。この点、特許文献1(意匠登録第1460558号公報)のものでは、環状の表示灯本体よりも環状の内側に配置された発信機の前面が突出しているので、見る人がいる側の側面のみが見えることとなり、見え方が異なっている。

0044

本実施の形態の表示灯41においては、発信機3の押ボタン格納部33の前面が発光表示部45よりも奥側に配置され垂下面の上部が露出するようにしているので、発光表示部45が奥側に向かって垂下する形状であっても、発光表示部45を確実に視認することができる。発光表示部45を奥側に垂下する垂下面としたことで、発光表示部45が壁面5の方向に広がることがなく、全体形状をコンパクトにでき、かつ視認性の確保もできる。
このように本実施の形態3の表示灯41は視認性に優れるので、発光素子15の配置は、かならずしも実施の形態1のようにする必要がないが、実施の形態1と同様の配置にすることで、相乗効果として視認性が向上する。

0045

なお、表示灯41を壁面5に設置する際には、発光表示部45における垂下面が壁面5より突出しないように設置するのが好ましい。

0046

[実施の形態4]
図14図15は本発明の実施の形態3の表示灯の説明図であり、実施の形態1乃至3と同一部分には同一の符号を付してある。
本実施の形態4に係る表示灯46は、取付面となる壁面5に取り付けられて防災機器の位置を表示する表示灯であって、
外周壁部7と発信機収容部13を有し、発光源としての発光素子15を収容する本体部43と、発光素子15が発光する光を透光させて光る発光表示部47とを有し、発光表示部47は壁面5と平行な平面部47aを有するリング状に形成されており、かつリング状の発光表示部47に囲まれた部位(正面視における発光表示部47の内周側)に発信機3が配置され、その前面が発光表示部47よりも奥側に位置するようになっている。

0047

実施の形態1との関係では、実施の形態1において、壁面5の開口に取り付ける際に位置決めのために設けているリング状の立片部9bの幅を広くすることで、発光表示部として機能するようにしたものである。別の観点からは、実施の形態1における傾斜面を発信機取付面部21又は壁面5と平行な平面にしたということもできる。

0048

なお、図15に示すように、発信機3を収納した状態で、発信機3の押ボタン格納部33の厚みよりも垂下面の深さを深く設定すれば、平面部47aに加えて垂下面の上部47bも光らせることができ、視認性をより高めることができる。
また、垂下面の上部47b(手前側)を実施の形態1と同様に傾斜面にしてもよい。即ち、発光表示部が、奥側かつ発光表示部の内周側に向かって傾斜する傾斜面を有するようにしてもよい。
また、発信機3の押ボタン格納部33の厚みよりも垂下面の深さをほぼ等しく設定しても良い。その場合、壁面5、発信機3の前面カバーおよび発光表示部47の平面部47aがほぼ面一となり、視認性を確保しつつ、美観性を高めることができる。

0049

本実施の形態の表示灯46においては、発光表示部47が壁面5とほぼ面一となる平面部47aを有すると共に、発信機3の押ボタン格納部33の前面が発光表示部47よりも奥側に配置されるようにしたので、表示灯46を斜めから見たときに、リング状の発光表示部47の全周を見ることができ、視認性に優れている。
このように本実施の形態4の表示灯46は視認性に優れるので、発光素子15の配置は、かならずしも実施の形態1のようにする必要がないが、実施の形態1と同様の配置にすることで、相乗効果として視認性が向上する。

0050

なお、実施の形態2で示したカバー体を実施の形態3,4の表示灯41、46に装着するようにしてもよいことは言うまでもない。

0051

1表示灯(実施の形態1)
3発信機
5 壁面
7外周壁部
9取付部
9aネジ孔
9b立片部
11発光表示部
13 発信機収容部
14 空間部
15発光素子
17基板
21 発信機取付面部
21a ネジ孔
25反射板
31押ボタン
33 押ボタン格納部
33a電話ジャック用窓扉
33b面取り部
35 発信機本体部
37 表示灯(実施の形態2)
39カバー体
39a円筒部
39bフランジ部
39c 底部
41 表示灯(実施の形態3)
43 本体部
45 発光表示部(実施の形態3)
46 表示灯(実施の形態4)
47 発光表示部(実施の形態4)
47a平面部
47b垂下面の上部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 菱洋エレクトロ株式会社の「 情報共有のためのシステム、ボット、及び方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】迅速性と実効性を担保したコミュニケーション方法を提供すること。【解決手段】 システムを利用した情報共有の方法であって、 前記システムは、通信端末と、ボットとを備え、 前記通信端末は、前記... 詳細

  • 株式会社AOIの「 仮設用衝撃吸収冶具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】作業者が落下するなどして支柱等を介して大きな衝撃力が加わった場合でも作業者が受けるダメージを小さく抑えることが可能な仮設用衝撃吸収冶具を提供する。【解決手段】本発明の仮設用衝撃吸収冶具1は、仮... 詳細

  • 广州欧享科技有限公司の「 水晶セード」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は水晶セードを開示した。【解決手段】天井を含み、前記天井の中に装着ブロックを装着でき、前記装着ブロックの中には下方に開口した第一チャンバが設置され、前記第一チャンバの中には滑り軸受が回転... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ