図面 (/)

技術 バッティング分析支援システム

出願人 株式会社横浜DeNAベイスターズ
発明者 池田純
出願日 2014年3月31日 (5年5ヶ月経過) 出願番号 2014-071679
公開日 2015年11月5日 (3年10ヶ月経過) 公開番号 2015-192722
状態 特許登録済
技術分野 訓練用具
主要キーワード 加工項目 パーソナルコンピュタ 水平変化 ハイスピードカメラ ピッチング動作 自動編集システム 前年以前 データ表示ボタン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年11月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

第1〜第n方向から撮影されたピッチャーバッターとの対戦映像を利用し、バッターのバッティングを速やかに分析することができるバッティング分析支援システムを提供する。

解決手段

バッティング分析支援システムは、第1〜第n方向の対戦映像を、ピッチャーとバッターとの1球毎の対戦映像に区分しつつ、バッターのバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を基準点とし、その基準点から前に所定時間遡った前映像とその基準点から後に所定時間進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成された第1〜第n対戦映像データに編集する映像データ編集手段と、第1〜第n対戦映像データからバッターの第1〜第nバッティングフォーム映像データを取得するバッティングフォーム映像データ取得手段と、バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示するデータ表示手段とを有する。

概要

背景

タッチペンボードおよびモニターディスプレイを有して入力されたデータを処理、記憶するパーソナルコンピュタと、パーソナルコンピュタに情報を入力する携行可能なタッチペンボードと、パーソナルコンピュタからの信号を画像記号とするコンバータを介してコンピュタに接続された数台のビデオカセットレコーダと、ビデオカセットレコーダに組込まれて所望の映像静止画像、動的画像としてモニターディスプレイに表示させるコントローラおよびパーソナルコンピュタに接続されてコントローラで編集されたビデオ画像を記憶するビデオカセットコーダから形成された映像自動編集システムとを備え、モニターディスプレイおよびタッチペンボードの初期画面ダイヤモンドの図形とストライクゾーンの図形とスコアボードの図形とストライクボールアウトの各カウント表示とが表示されるベースボールゲームにおけるデータ処理装置が開示されている(特許文献1参照)。

概要

第1〜第n方向から撮影されたピッチャーバッターとの対戦映像を利用し、バッターのバッティングを速やかに分析することができるバッティング分析支援システムを提供する。バッティング分析支援システムは、第1〜第n方向の対戦映像を、ピッチャーとバッターとの1球毎の対戦映像に区分しつつ、バッターのバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を基準点とし、その基準点から前に所定時間遡った前映像とその基準点から後に所定時間進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成された第1〜第n対戦映像データに編集する映像データ編集手段と、第1〜第n対戦映像データからバッターの第1〜第nバッティングフォーム映像データを取得するバッティングフォーム映像データ取得手段と、バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示するデータ表示手段とを有する。

目的

本発明の目的は、野球またはソフトボールのゲームにおいて異なる第1〜第n方向から撮影されたピッチャーとバッターとの対戦映像を利用し、バッターのバッティングを速やかに分析することができるバッティング分析支援システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

野球またはソフトボールのゲームにおいて異なる第1〜第n方向から撮影されたピッチャーバッターとの対戦映像を利用し、前記バッターのバッティング分析支援するバッティング分析支援システムにおいて、前記分析支援システムが、前記第1〜第n方向の対戦映像を、前記ピッチャーと前記バッターとの1球毎の対戦映像に区分しつつ、前記バッターのバッターボックスにおけるバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を基準点とし、その基準点から前に所定時間遡った前映像とその基準点から後に所定時間進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成された第1〜第n対戦映像データに編集する映像データ編集手段と、前記第1〜第n対戦映像データを表示するデータ表示手段とを有することを特徴とするバッティング分析支援システム。

請求項2

前記データ表示手段では、前記第1〜第n対戦映像データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データを同一画面に同期して表示し、または、前記第1〜第n対戦映像データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データを同一画面に同時に表示する請求項1に記載のバッティング分析支援システム。

請求項3

前記分析支援システムが、前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから前記バッターの第1〜第nバッティングフォーム映像データを取得するバッティングフォーム映像データ取得手段を含み、前記データ表示手段では、前記バッティングフォーム映像データを表示し、または、前記バッティングフォーム映像データを前記対戦映像データとともに表示する請求項1または請求項2に記載のバッティング分析支援システム。

請求項4

前記データ表示手段では、前記第1〜第nバッティングフォーム映像データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同期して表示し、または、前記第1〜第nバッティングフォーム映像データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同時に表示する請求項3に記載のバッティング分析支援システム。

請求項5

前記分析支援システムが、前記第1〜第nバッティングフォーム映像データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データを重ね合わせるバッティングフォーム映像データ重ね合わせ手段を含み、前記データ表示手段では、前記重なり合うバッティングフォーム映像データを表示する請求項4に記載のバッティング分析支援システム。

請求項6

前記分析支援システムが、前記バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバットスイング軌道を前記第1〜第nバッティングフォーム映像データから割り出して第1〜第nバットスイング軌道データを取得するバットスイング軌道データ取得手段を含み、前記データ表示手段では、前記バッターのバッティング開始からバッティング終了までのうちの任意の時点までの前記バットスイング軌道データを前記対戦映像データと前記バッティングフォーム映像データとの少なくとも該バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項5いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項7

前記データ表示手段では、前記第1〜第nバットスイング軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同期して表示し、または、前記第1〜第nバットスイング軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同時に表示する請求項6に記載のバッティング分析支援システム。

請求項8

前記分析支援システムが、前記第1〜第nバットスイング軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数のバットスイング軌道データを重ね合わせるバットスイング軌道データ重ね合わせ手段を含み、前記データ表示手段では、前記重なり合うバットスイング軌道データを前記対戦映像データと前記バッティングフォーム映像データとの少なくとも該バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項7に記載のバッティング分析支援システム。

請求項9

前記分析支援システムが、前記バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバットスイングMAX速度データを前記第1〜第nバッティングフォーム映像データから算出するスイングMAX速度データ算出手段を含み、前記データ表示手段では、前記スイングMAX速度データを前記対戦映像データと前記バッティングフォーム映像データとの少なくとも該バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項8いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項10

前記分析支援システムが、前記ピッチャーから投げられたボールが前記キャッチャーミットに捕球されるまでのボール軌道データまたは該ピッチャーから投げられたボールが前記バッターのバットに当たったボール軌道データを前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから取得するボール軌道データ取得手段を含み、前記データ表示手段では、前記ボール軌道データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項9いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項11

前記データ表示手段では、前記ボール軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のボール軌道データを同一画面に同期して表示し、または、前記ボール軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを同一画面に同時に表示する請求項10に記載のバッティング分析支援システム。

請求項12

前記分析支援システムが、前記ボール軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数のボール軌道データを重ね合わせるボール軌道データ重ね合わせ手段を含み、前記データ表示手段では、前記重なり合うボール軌道データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項11に記載のバッティング分析支援システム。

請求項13

前記分析支援システムが、前記ピッチャーからボールが投げられてから前記バッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点または該ピッチャーから投げられたボールが該バッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、前記第1時点から前記第2時点までの間のボールの垂直変化軌道を前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから割り出して垂直変化軌道データを取得する垂直変化軌道データ取得手段を含み、前記データ表示手段では、前記ボールの垂直変化軌道データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項12いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項14

前記データ表示手段では、前記垂直変化軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同期して表示し、または、前記垂直変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同時に表示する請求項13に記載のバッティング分析支援システム。

請求項15

前記分析支援システムが、前記垂直変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数の垂直変化軌道データを重ね合わせる垂直変化軌道データ重ね合わせ手段を含み、前記データ表示手段では、前記重なり合う垂直変化軌道データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項14に記載のバッティング分析支援システム。

請求項16

前記分析支援システムが、前記ピッチャーからボールが投げられてから前記バッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点または該ピッチャーから投げられたボールが該バッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、前記第1時点から前記第2時点までの間のボールの垂直変化値データを前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから算出する垂直変化値データ算出手段を含み、前記データ表示手段では、前記垂直変化値データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項15いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項17

前記分析支援システムが、前記ピッチャーからボールが投げられてから前記バッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点または該ピッチャーから投げられたボールが該バッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、前記第1時点から前記第2時点までの間のボールの水平変化軌道を前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから割り出して水平変化軌道データを取得する水平変化軌道データ取得手段を含み、前記データ表示手段では、前記水平変化軌道データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項16いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項18

前記データ表示手段では、前記水平変化軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同期して表示し、または、前記水平変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同時に表示する請求項17に記載のバッティング分析支援システム。

請求項19

前記分析支援システムが、前記水平変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数の水平変化軌道データを重ね合わせる水平変化軌道データ重ね合わせ手段を含み、前記データ表示手段では、前記重なり合う水平変化軌道データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項18に記載のバッティング分析支援システム。

請求項20

前記分析支援システムが、前記ピッチャーからボールが投げられてから前記バッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点または該ピッチャーから投げられたボールが該バッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、前記第1時点から前記第2時点までの間のボールの水平変化値データを前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから算出する水平変化値データ算出手段を含み、前記データ表示手段では、前記水平変化値データを前記対戦映像データおよび前記バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項19いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項21

前記分析支援システムが、前記ピッチャーから投げられたボールの球速データを前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから算出する球速データ算出手段を含み、前記データ表示手段では、前記ボールの球速データを前記対戦映像データと前記バッティングフォーム映像データとの少なくとも該バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項20いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項22

前記分析支援システムが、前記ピッチャーから投げられたボールの球種を前記第1〜第n方向の対戦映像または前記第1〜第n対戦映像データから判断して球種データを取得する球種データ取得手段を含み、前記データ表示手段では、前記球種データを前記対戦映像データと前記バッティングフォーム映像データとの少なくとも該バッティングフォーム映像データとともに表示する請求項3ないし請求項21いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項23

前記分析支援システムでは、前記第1〜第n方向の対戦映像が高速度カメラを利用して高速度撮影されて各種の前記データの再生速度を変更可能であり、前記データ表示手段では、所定速度の送り方向と戻し方向とのいずれか一方向再生の各種の前記データを表示し、または、所定速度の送り方向と戻し方向とを繰り返す両方向再生の各種の前記データを表示し、あるいは、所定速度のコマ送り動画として各種の前記データを表示する請求項1ないし請求項22いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項24

前記分析支援システムが、各種の前記データの閲覧を所定の情報端末が要求した場合、それらデータを該情報端末に配信するデータ配信手段を含み、前記情報端末が、前記データ配信手段によって配信された各種の前記データを表示するデータ表示手段を有する請求項1ないし請求項23いずれかに記載のバッティング分析支援システム。

請求項25

前記データ表示手段では、前記野球または前記ソフトボールに関係する各種の条件に応じた各種の前記データを表示する請求項24に記載のバッティング分析支援システム。

技術分野

0001

本発明は、野球またはソフトボールのゲームにおいて異なる方向から撮影されたピッチャーバッターとの対戦映像を利用し、バッターのバッティング分析支援するバッティング分析支援システムに関する。

背景技術

0002

タッチペンボードおよびモニターディスプレイを有して入力されたデータを処理、記憶するパーソナルコンピュタと、パーソナルコンピュタに情報を入力する携行可能なタッチペンボードと、パーソナルコンピュタからの信号を画像記号とするコンバータを介してコンピュタに接続された数台のビデオカセットレコーダと、ビデオカセットレコーダに組込まれて所望の映像を静止画像、動的画像としてモニターディスプレイに表示させるコントローラおよびパーソナルコンピュタに接続されてコントローラで編集されたビデオ画像を記憶するビデオカセットコーダから形成された映像自動編集システムとを備え、モニターディスプレイおよびタッチペンボードの初期画面ダイヤモンドの図形とストライクゾーンの図形とスコアボードの図形とストライクボールアウトの各カウント表示とが表示されるベースボールゲームにおけるデータ処理装置が開示されている(特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開平8−322977号公報

発明が解決しようとする課題

0004

前記特許文献1に開示のベースボールにおけるデータ処理装置は、再生用ビデオデッキテープを作動させ、再生用ビデオデッキによって再生された投球フォーム映像をパーソナルコンピュタによって編集し、編集した所定のピッチャーの所定時間の投球フォーム映像をモニターディスプレイに表示させる。しかし、このデータ処理装置は、バッターのバッティングフォーム映像をディスプレイに表示させることはなく、バッターのバッティングの分析に利用することができない。

0005

本発明の目的は、野球またはソフトボールのゲームにおいて異なる第1〜第n方向から撮影されたピッチャーとバッターとの対戦映像を利用し、バッターのバッティングを速やかに分析することができるバッティング分析支援システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

前記課題を解決するための本発明の前提は、野球またはソフトボールのゲームにおいて異なる第1〜第n方向から撮影されたピッチャーとバッターとの対戦映像を利用し、バッターのバッティングの分析を支援するバッティング分析支援システムである。

0007

前記前提における本発明の特徴は、分析支援システムが、第1〜第n方向の対戦映像を、ピッチャーとバッターとの1球毎の対戦映像に区分しつつ、バッターのバッターボックスにおけるバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を基準点とし、その基準点から前に所定時間遡った前映像とその基準点から後に所定時間進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成された第1〜第n対戦映像データに編集する映像データ編集手段と、第1〜第n対戦映像データを表示するデータ表示手段とを有することにある。

0008

本発明の一例としては、データ表示手段では、第1〜第n対戦映像データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データを同一画面に同期して表示し、または、第1〜第n対戦映像データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データを同一画面に同時に表示する。

0009

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データからバッターの第1〜第nバッティングフォーム映像データを取得するバッティングフォーム映像データ取得手段を含み、データ表示手段では、バッティングフォーム映像データを表示し、または、バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示する。

0010

本発明の他の一例として、データ表示手段では、第1〜第nバッティングフォーム映像データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同期して表示し、または、第1〜第nバッティングフォーム映像データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同時に表示する。

0011

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、第1〜第nバッティングフォーム映像データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データを重ね合わせるバッティングフォーム映像データ重ね合わせ手段を含み、データ表示手段では、重なり合うバッティングフォーム映像データを表示する。

0012

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバットスイング軌道を第1〜第nバッティングフォーム映像データから割り出して第1〜第nバットスイング軌道データを取得するバットスイング軌道データ取得手段を含み、データ表示手段では、バッターのバッティング開始からバッティング終了までのうちの任意の時点までのバットスイング軌道データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0013

本発明の他の一例として、データ表示手段では、第1〜第nバットスイング軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同期して表示し、または、第1〜第nバットスイング軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同時に表示する。

0014

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、第1〜第nバットスイング軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数のバットスイング軌道データを重ね合わせるバットスイング軌道データ重ね合わせ手段を含み、データ表示手段では、重なり合うバットスイング軌道データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0015

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバットスイングMAX速度データを第1〜第nバッティングフォーム映像データから算出するスイングMAX速度データ算出手段を含み、データ表示手段では、スイングMAX速度データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0016

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、ピッチャーから投げられたボールがキャッチャーミットに捕球されるまでのボール軌道データまたはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たったボール軌道データを第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから取得するボール軌道データ取得手段を含み、データ表示手段では、ボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0017

本発明の他の一例として、データ表示手段では、ボール軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のボール軌道データを同一画面に同期して表示し、または、ボール軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを同一画面に同時に表示する。

0018

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、ボール軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数のボール軌道データを重ね合わせるボール軌道データ重ね合わせ手段を含み、データ表示手段では、重なり合うボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0019

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から前記第2時点までの間のボールの垂直変化軌道を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから割り出して垂直変化軌道データを取得する垂直変化軌道データ取得手段を含み、データ表示手段では、ボールの垂直変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0020

本発明の他の一例として、データ表示手段では、垂直変化軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同期して表示し、または、垂直変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同時に表示する。

0021

本発明の他の一例としては、分析支援システムが垂直変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数の垂直変化軌道データを重ね合わせる垂直変化軌道データ重ね合わせ手段を含み、データ表示手段では、重なり合う垂直変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0022

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの垂直変化値データを第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから算出する垂直変化値データ算出手段を含み、データ表示手段では、垂直変化値データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0023

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの水平変化軌道を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから割り出して水平変化軌道データを取得する水平変化軌道データ取得手段を含み、データ表示手段では、水平変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0024

本発明の他の一例として、データ表示手段では、水平変化軌道データのうちの異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同期して表示し、または、水平変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同時に表示する。

0025

本発明の他の一例としては、分析支援システムが水平変化軌道データのうちの同一方向から撮影された異なる時間の複数の水平変化軌道データを重ね合わせる水平変化軌道データ重ね合わせ手段を含み、データ表示手段では、重なり合う水平変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0026

本発明の他の一例としては、分析支援システムが、ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの水平変化値データを第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから算出する水平変化値データ算出手段を含み、データ表示手段では、水平変化値データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0027

本発明の他の一例としては、分析支援システムがピッチャーから投げられたボールの球速データを第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから算出する球速データ算出手段を含み、データ表示手段では、ボールの球速データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0028

本発明の他の一例としては、分析支援システムがピッチャーから投げられたボールの球種を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから判断して球種データを取得する球種データ取得手段を含み、データ表示手段では、球種データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示する。

0029

本発明の他の一例として、分析支援システムでは、第1〜第n方向の対戦映像が高速度カメラを利用して高速度撮影されて各種のデータの再生速度を変更可能であり、データ表示手段では、所定速度の送り方向と戻し方向とのいずれか一方向再生の各種のデータを表示し、または、所定速度の送り方向と戻し方向とを繰り返す両方向再生の各種のデータを表示し、あるいは、所定速度のコマ送り動画として各種のデータを表示する。

0030

本発明の他の一例としては、各種のデータの閲覧を所定の情報端末が要求した場合、分析支援システムがそれらデータを情報端末に配信するデータ配信手段を含み、情報端末がデータ配信手段によって配信された各種のデータを表示するデータ表示手段を有する。

0031

本発明の他の一例として、データ表示手段では、野球またはソフトボールに関係する各種の条件に応じた各種の前記データを表示する。

発明の効果

0032

本発明にかかるバッティング分析支援システムによれば、野球またはソフトボールのゲームにおいて異なる第1〜第n方向から撮影されたピッチャーおよびバッターの対戦映像をピッチャーとバッターとの1球毎の対戦映像に区分しつつ、バッターのバッターボックスにおけるバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点である基準点から前に所定時間遡った前映像とその基準点から後に所定時間進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成された第1〜第n対戦映像データに編集するから、第1〜第n対戦映像データの中から1球毎の対戦映像データを速やかに表示させることができ、その対戦映像データを利用してバッターのバッティングを速やかに分析することができる。バッティング分析支援システムは、第1〜第n対戦映像データを1球毎の動画または静止画で表示するから、対戦映像データのうちの必要な部分の動画または静止画を見ることによってバッターのバッティングを迅速かつ正確に分析することができる。

0033

異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データを同一画面に同時に表示するバッティング分析支援システムは、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データを同一画面に同期して表示することで、対戦映像データを様々な角度から見ることができ、それら対戦映像データを利用してバッターのバッティングを様々な角度から分析することができる。また、同一方向から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データを同一画面に同時に表示することで、異なる時間の複数の対戦映像データを同一の角度から見ることができ、それら対戦映像データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各種条件におけるバッティングを比較検討することができるとともに、バッターのバッティングを様々な場面において分析することができる。

0034

バッターの第1〜第nバッティングフォーム映像データを取得し、バッティングフォーム映像データを表示し、または、バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、それらバッティングフォーム映像データを利用してバッターのバッティングフォームを把握することができ、バッティングフォームを迅速かつ正確に分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッターの様々なバッティングフォームを見ることができ、それら条件におけるバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。バッティング分析支援システムは、タイミングが合わないときのバッティングフォームや凡打したときのバッティングフォーム、空振りしたときのバッティングフォーム等を見ることができるとともに、クリーンヒットしたときのバッティングフォームや長打したときのバッティングフォーム等を見ることができるから、ベストなバッティングをしたときのバッティングフォームとそれ以外のバッティングフォームとを比較することができ、ベストな状態のバッティングフォームを容易にイメージすることができる。

0035

異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同時に表示するバッティング分析支援システムは、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同期して表示することで、バッティングフォームを様々な角度から見ることができ、それらバッティングフォーム映像データを利用してバッターのバッティングフォームを様々な角度から分析することができる。また、同一方向から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同時に表示することで、異なる時間の複数のバッティングフォームを同一の角度から見ることができるから、それらバッティングフォーム映像データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各種条件におけるバッティングフォームを比較検討することができ、各条件におけるバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0036

同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データを重ね合わせ、重なり合うバッティングフォーム映像データを表示するバッティング分析支援システムは、異なる時間の重なり合う複数のバッティングフォームを一度に見ることができ、それらバッティングフォーム映像データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件における様々なバッティングフォームを同時に比較検討することができ、各条件におけるバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0037

バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバットスイング軌道データを取得し、バッティング開始からバッティング終了までのうちの任意の時点までのバットスイング軌道データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバットスイング軌道を比較検討することができ、バッターのバッティングをバットスイング軌道の点から分析することができる。バッティング分析支援システムは、各条件におけるバットスイング軌道を見ることができ、各条件におけるバットスイングの良い点や悪い点を把握することができる。バッティング分析支援システムは、バットスイング軌道データをバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各条件におけるバットスイング軌道に対するバッティングフォームからバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。バッティング分析支援システムは、タイミングが合わないときのバットスイング軌道や凡打したときのバットスイング軌道、空振りしたときのバットスイング軌道等を見ることができるとともに、クリーンヒットしたときのバットスイング軌道や長打したときのバットスイング軌道等を見ることができるから、ベストなバッティングをしたときのバットスイング軌道とそれ以外のバットスイング軌道とを比較することができ、ベストな状態のバットスイング軌道を容易にイメージすることができる。

0038

異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同時に表示するバッティング分析支援システムは、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同期して表示することで、バットスイング軌道を様々な角度から見ることができ、それらバットスイング軌道データを利用してバッターのバッティングを様々な角度におけるバットスイング軌道とともに分析することができる。また、同一方向から撮影された異なる時間における複数のバットスイング軌道データを同一画面に同時に表示することで、異なる時間の複数のバットスイング軌道を同一の角度から見ることができ、それらバットスイング軌道データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをバットスイング軌道とともに比較検討することができるとともに、バッターのバッティングフォームを様々な条件におけるバットスイング軌道とともに分析することができる。

0039

同一方向から撮影された異なる時間の複数のバットスイング軌道データを重ね合わせ、重なり合うバットスイング軌道データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、異なる時間の重なり合う複数のバットスイング軌道をバッティングフォームとともに一度に見ることができ、重なり合うバットスイング軌道データを利用し、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件での重なり合うバットスイング軌道に対する各バッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。

0040

バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバットのスイングMAX速度データを算出し、スイングMAX速度データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるスイングMAX速度を比較検討することができ、バッターのバッティングをスイングMAX速度とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、バッティングフォームをスイングMAX速度データとともに表示するから、各条件でのスイングMAX速度に対応したバッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。バッティング分析支援システムは、タイミングが合わないときのスイングMAX速度や凡打したときのスイングMAX速度、空振りしたときのスイングMAX速度等を見ることができるとともに、クリーンヒットしたときのスイングMAX速度や長打したときのスイングMAX速度等を見ることができるから、ベストなバッティングをしたときのスイングMAX速度とそれ以外のスイングMAX速度とを比較することができ、ベストな状態のスイングMAX速度におけるバッティングフォームを容易にイメージすることができる。

0041

ピッチャーから投げられたボールがキャッチャーのミットに捕球されるまでのボール軌道データまたはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たったボール軌道データを取得し、ボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボール軌道(バッターが打ち返したボール軌道を含む)とともに見ることができ、バッターのバッティングをボール軌道の点から分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各ボール軌道に対するバッティングフォームを把握することができ、ボール軌道に対するバッティングフォームからバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0042

異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のボール軌道データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを同一画面に同時に表示するバッティング分析支援システムは、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のボール軌道データを同一画面に同期して表示することで、ボール軌道を様々な角度から見ることができ、それらボール軌道データを利用してバッターのバッティングを様々な角度におけるボール軌道とともに分析することができる。また、同一方向から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを同一画面に同時に表示することで、異なる時間の複数のボール軌道を同一の角度から見ることができ、それらボール軌道データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボール軌道とともに比較検討することができるとともに、バッターのバッティングフォームを様々な条件におけるボール軌道とともに分析することができる。

0043

同一方向から撮影された異なる時間の複数のボール軌道データを重ね合わせ、重なり合うボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、異なる時間の重なり合う複数のボール軌道データをバッティングフォーム映像データとともに一度に見ることができ、重なり合うボール軌道データを利用し、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件での重なり合うボール軌道に対するバッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。

0044

ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの垂直変化軌道データを取得し、ボールの垂直変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボールの垂直変化軌道とともに見ることができ、バッターのバッティングフォームをボールの垂直変化軌道とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの垂直変化軌道を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各垂直変化軌道に対するバッティングフォームを把握することができ、垂直変化軌道に対するバッティングフォームからバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0045

異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同時に表示するバッティング分析支援システムは、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同期して表示することで、垂直変化軌道を様々な角度から見ることができ、それら垂直変化軌道データを利用してバッターのバッティングを様々な角度における垂直変化軌道とともに分析することができる。また、同一方向から撮影された異なる時間における複数の垂直変化軌道データを同一画面に同時に表示することで、異なる時間の複数の垂直変化軌道を同一の角度から見ることができ、それら垂直変化軌道データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームを垂直変化軌道とともに比較検討することができるとともに、バッターのバッティングフォームを様々な条件における垂直変化軌道とともに分析することができる。

0046

同一方向から撮影された異なる時間の複数の垂直変化軌道データを重ね合わせ、重なり合う垂直変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、異なる時間の重なり合う複数の垂直変化軌道データをバッティングフォーム映像データとともに一度に見ることができ、重なり合う垂直変化軌道データを利用し、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件での重なり合う垂直変化軌道に対する各バッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。

0047

ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの垂直変化値データを算出し、垂直変化値データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボールの垂直変化値とともに見ることができ、バッターのバッティングフォームをボールの垂直変化値とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの垂直変化値を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各垂直変化値に対するバッティングフォームを把握することができ、垂直変化値に対するバッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0048

ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの水平変化軌道データを取得し、水平変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボールの水平変化軌道とともに見ることができ、バッターのバッティングフォームをボールの水平変化軌道とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの水平変化軌道を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各水平変化軌道に対するバッティングフォームを把握することができ、水平変化軌道に対するバッティングフォームからバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0049

異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同時に表示するバッティング分析支援システムは、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同期して表示することで、水平変化軌道を様々な角度から見ることができ、それら水平変化軌道データを利用してバッターのバッティングを様々な角度における水平変化軌道とともに分析することができる。また、同一方向から撮影された異なる時間における複数の水平変化軌道データを同一画面に同時に表示することで、異なる時間の複数の水平変化軌道を同一の角度から見ることができ、それら水平変化軌道データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームを水平変化軌道とともに比較検討することができるとともに、バッターのバッティングフォームを様々な条件における水平変化軌道とともに分析することができる。

0050

同一方向から撮影された異なる時間の複数の水平変化軌道データを重ね合わせ、重なり合う水平変化軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、異なる時間の重なり合う複数の水平変化軌道データをバッティングフォーム映像データとともに一度に見ることができ、重なり合う水平変化軌道データを利用し、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件での重なり合う水平変化軌道に対する各バッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。

0051

ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点および第2時点またはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点および第2時点を設定し、第1時点から第2時点までの間のボールの水平変化値データを算出し、水平変化値データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボールの水平変化値とともに見ることができ、バッターのバッティングフォームをボールの水平変化値とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの水平変化値を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各水平変化値に対するバッティングフォームを把握することができ、水平変化値に対するバッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0052

ピッチャーから投げられたボールの球速データを算出し、ボールの球速データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、それら球速データを利用してバッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームを球速とともに比較検討することができ、バッターのバッティングフォームを球速とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの球速を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各球速に対するバッティングフォームを把握することができ、球速に対するバッティングフォームに基づいて球速に対応するバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0053

ピッチャーから投げられたボールの球種データを取得し、球種データを対戦映像データとバッティングフォーム映像データとの少なくともバッティングフォーム映像データとともに表示するバッティング分析支援システムは、それら球種データを利用してバッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームを球種とともに比較検討することができ、バッターのバッティングフォームを球種とともに分析することができる。バッティング分析支援システムは、ボールの球種を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各球種に対するバッティングフォームを把握することができ、球種に対するバッティングフォームに基づいて球種に対応するバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0054

第1〜第n方向の対戦映像が高速度カメラを利用して高速度撮影されて各種のデータの再生速度を変更可能であり、所定速度の送り方向と戻し方向とのいずれか一方向再生の各種のデータを表示し、または、所定速度の送り方向と戻し方向とを繰り返す両方向再生の各種のデータを表示し、あるいは、所定速度のコマ送り動画として各種のデータを表示するバッティング分析支援システムは、各種のデータのスローモーション再生や超スローモーション再生、コマ送り再生をすることができるから、それらデータを利用してバッターのバッティングを正確に分析することができる。バッティング分析支援システムは、送り方向と戻し方向とを繰り返す両方向再生の各種のデータを表示するから、それらデータの動画を連続して何回も繰り返し見ることができ、データの見落としや見誤りを防ぐことができ、各種のデータを利用してバッターのバッティングを正確に分析することができる。バッティング分析支援システムは、所定速度のコマ送り動画として各種のデータを表示するから、バッティングにおけるバッティングフォームの変化を正確に把握することができ、バッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。

0055

各種のデータの閲覧を所定の情報端末が要求した場合、それらデータを情報端末に配信し、情報端末が配信された各種のデータを表示するバッティング分析支援システムは、複数の情報端末を利用して監督コーチ選手等の複数の野球関係者や複数のソフトボール関係者が各種のデータを共有することができるとともに、それら野球関係者やそれらソフトボール関係者がそれらデータをあらゆる場所において何時でも見ることができ、練習中やゲーム中、ミーティング中等のあらゆる場面において複数の野球関係者や複数のソフトボール関係者がバッターのバッティングの分析を行うことができる。

0056

野球またはソフトボールに関係する各種の条件に応じた各種のデータを表示するバッティング分析支援システムは、野球またはソフトボールに関係する各種の条件(キーワード)を利用して各種データを検索することができるとともに、監督やコーチ、選手等の複数の野球関係者や複数のソフトボール関係者がそれら条件に対応する各種データを即座に見ることができ、それら条件に対応する各種データを利用してそれら野球関係者やそれらソフトボール関係者がバッターのバッティングを速やかに分析することができる。

図面の簡単な説明

0057

一例として示すバッティング分析支援システムの構成概念図。
初期画面の一例を示す図。
初期画面の一例を示す図。
データ編集画面の一例を示す図。
映像選択・編集画面の一例を示す図。
基準点指定画面の一例を示す図。
基準点任意設定画面の一例を示す図。
データ取得画面の一例を示す図。
時点設定画面の一例を示す図。
データ加工画面の一例を示す図。
図10から続くデータ加工画面の一例を示す図。
データ表示画面の一例を示す図。
図12から続くデータ表示画面の一例を示す図。
対戦映像データ表示画面の一例を示す図。
対戦映像データ表示画面の他の一例を示す図。
対戦映像データ表示画面の他の一例を示す図。
バッティングフォーム映像データ表示画面の一例を示す図。
バッティングフォーム映像データ表示画面の他の一例を示す図。
バッティングフォーム映像データ表示画面の他の一例を示す図。
重なり合うバッティングフォーム映像データ表示画面の一例を示す図。
ボール軌道データ表示画面の一例を示す図。
ボール軌道データ表示画面の他の一例を示す図。
ボール軌道データ表示画面の他の一例を示す図。
重なり合うボール軌道データ表示画面の一例を示す図。
バットスイング軌道データ表示画面の一例を示す図。
バットスイング軌道データ表示画面の他の一例を示す図。
バットスイング軌道データ表示画面の他の一例を示す図。
重なり合うバットスイング軌道データ表示画面の一例を示す図。
垂直変化軌道データ表示画面の一例を示す図。
垂直変化軌道データ表示画面の他の一例を示す図。
重なり合う垂直変化軌道データ表示画面の一例を示す図。
水平変化軌道データ表示画面の一例を示す図。
水平変化軌道データ表示画面の他の一例を示す図。
重なり合う水平変化軌道データ表示画面の一例を示す図。

実施例

0058

一例として示すバッティング分析支援システム10の構成図である図1等の添付の図面を参照し、本発明に係るバッティング分析支援システムの詳細を説明すると、以下のとおりである。以下の説明では、システム10がプロ野球球団において利用される場合であって、各種データがインターネット14を介して配信される場合を例としてこのシステム10を説明する。なお、このシステム10は、プロ野球の球団のみならず、野球やソフトボール(プロのみならず、アマチュアも含む)の競技を行う企業、団体、自治体、学校等のあらゆる組織において利用することができ、それら組織における野球やソフトボールのバッターのバッティングの分析の支援に使用される。また、各種データがLANやWAN等の閉じたネットワークを介して配信される場合もある。

0059

バッティング分析支援システム10は、球団が利用する管理サーバ11と、各プロ野球関係者が所持する各種複数の情報端末12と、野球やソフトボールのゲーム(試合)における各対戦映像を高速度撮影可能な高速度カメラ13A〜13D(ハイスピードカメラ)とから形成されている。情報端末12には、コンピュータスマートフォンタブレット携帯電話等が含まれる。高速度カメラ13A〜13Dには、テレビジョン撮影カメラカメラレコーダー、スタジオカメラ等が含まれる。プロ野球関係者には、監督やコーチ、トレーナー、現役選手、スコアラースカウト、球団スタッフ等が含まれるが、野球関係者をそれらに限定するものではなく、野球評論家や野球解説者、スポーツインストラクター等のあらゆる者が含まれる。

0060

なお、図1では、情報端末12としてそれぞれ1台のノートパソコン12A、タブレット12B、スマートフォン12Cを図示しているが、実際にはn台の複数のコンピュータやタブレット、スマートフォン、携帯電話等によってこのシステム10が構成される。また、図1では、1台の物理的な管理サーバ11を図示しているが、バーチャル管理サーバがこのシステム10を構成する場合があり、2台以上の物理的な管理サーバや2台以上のバーチャル管理サーバがこのシステム10を構成する場合がある。

0061

バッティング分析支援システム10では、バッターのバッティングの分析に使用する各種データがデータベースクラウド等に格納され、各種データがインターネット14やLAN、WAN等のネットワークを介してサーバ11からそれら情報端末12に配信されるとともに、各種データがネットワークを介してそれら情報端末12からサーバ11に配信される。プロ野球関係者は、サーバ11から情報端末12に配信された各種データを見ることで、自球団や他球団のバッターのバッティングを分析する。

0062

管理サーバ11は、物理的な中央処理装置(CPUまたはMPU)や仮想されたバーチャル中央処理装置と、物理的なメモリメインメモリキャッシュメモリ)や仮想されたバーチャルメモリとを有し、独立したオペレーティングシステム(OS)によって動作する物理的なコンピュータまたは仮想されたバーチャルコンピュータである。サーバ11には、物理的なハードディスクや仮想されたバーチャルハードディスクが実装されている。

0063

管理サーバ11は、球団が入居する施設に設置される場合、または、球団が契約するデータセンターに設置される場合がある。なお、図示はしていないが、サーバ11には、キーボードマウス、タッチペン等の入力装置、ディスプレイやプリンタ等の出力装置インターフェイスを介して接続されている。また、サーバ11は、セキュリティールーターファイアーフォールに接続されている。サーバ11の中央処理装置は、オペレーティングシステムによる制御に基づいて、ハードディスクに格納された分析支援アプリケーション起動し、起動したアプリケーションに従って後記する各手段を実行する。

0064

管理サーバ11のハードディスクには、各情報端末12(ノートパソコン12A、タブレット12B、スマートフォン12C)から送信された情報端末特定識別子が格納され、自球団や他球団を特定する球団特定識別子が格納されているとともに、自球団や他球団の所属選手を特定する選手特定識別子が格納されている。サーバ11のハードディスクには、それら選手の各種の選手データ個人情報)が球団特定識別子および選手特定識別子に関連付けられた状態で格納され、複数の対戦映像が対戦映像特定識別子に関連付けられた状態で格納されている。サーバ11のハードディスクには、それら情報端末12のURLが格納されているとともに、各所に設置された物理的な外部サーバ(コンピュータ)や仮想サーバ(コンピュータ)のURLが格納されている。

0065

情報端末特定識別子には、各情報端末12のIPアドレスMACアドレス、URL、メールアドレスCookie情報固体識別番号等を利用することができる他、独自に生成したユニークな識別番号を利用することができる。球団特定識別子や選手特定識別子、対戦映像特定識別子には、独自に生成したユニークな識別子を利用することができる。選手データには、バッターデータ、ピッチャーデータがある。

0066

バッターデータには、バッター名、所属球団名、背番号年齢伸長、体重、一レギュラー)または二軍(ファーム)、先発またはピンチヒッター右打ちまたは左打ち、ポジション、打順、バッターの各種成績打率ホームラン数、ヒット数、三振数等のバッターの成績のあらゆるものが含まれる)等がある。ピッチャーデータには、ピッチャー名、所属球団名、背番号、年齢、伸長、体重、一軍(レギュラー)または二軍(ファーム)、先発またはリリーフ、右投げまたは左投げ、球種(持ち球)、ピッチャーの各種成績(防御率、自責点、完投数、奪三振数、被安打数、与四球数等のピッチャーの成績のあらゆるものが含まれる)等がある。

0067

球種には、ストレートフォシームファストボール、ツーシーム・ファストボール、ムーヴィング・ファストボール、シンキング・ファストボール、カット・ファストボール、スプリットフィンガード・ファストボール、シュートシンカースライダーカーブスラーブ、スクリューボール、フォークボール、チェンジアップパームボール、スローボール、ナックルボール、ジャイロボール等がある。対戦データには、対戦球団名(球団名VS球団名)、対戦日、ゲーム開始から終了までのゲーム時間、試合が行われた球場名等がある。

0068

管理サーバ11は、ホスト名とそのホスト名に割り当てるIPアドレスとの対応付けを設定するDNSサーバ機能、ホームページ公開するために必要なWebサーバ機能、他のコンピュータや他のサーバからの要求を受け付けて各種情報を読み書きする機能を提供するデータベースサーバ機能、電子メールの送受信用メールサーバ機能、作成された文章や画像等のデータをすべて保存してそれらのデータを検索可能にするドキュメントサーバ機能等の各種サーバ機能を有する。サーバ11は、ウェブブラウザを利用してインターネット14に接続可能であり、インターネット14に接続された各種複数のDNSサーバ等を経由しつつ、不特定多数の他のサーバ(物理サーバや仮想サーバ)にアクセスかつログインすることができる。

0069

ノートパソコン12Aやタブレット12Bは、CPUまたはGPUとメインメモリおよびキャッシュメモリとを有して独立したオペレーティングシステム(OS)によって動作するコンピュータである。ノートパソコン12Aやタブレット12Bは、それぞれ機種が異なるとともに提供メーカーが異なる各種のそれらを使用することができる。ノートパソコン12Aやタブレット12Bのメモリには、それらを使用する権限を有する球団関係者の個人データが格納されているとともに、管理サーバ11や他のサーバのURLが格納されている。

0070

個人データとしては、パスワードやID番号、端末利用者名住所電話番号、FAX番号、メールアドレス、球団名(会社名)、所属部課役職等がある。ノートパソコン12Aやタブレット12Bは、ウェブブラウザを利用してインターネット14に接続可能であり、インターネット14に接続された各種複数のDNSサーバ等を経由しつつ、不特定多数のサーバ(物理サーバや仮想サーバ)にアクセスかつログインすることができる。ノートパソコン12Aやタブレット12Bは、インターネット14において各種検索エンジンを利用することができる。

0071

スマートフォン12Cは、CPUまたはGPUとメインメモリおよびキャッシュメモリとを有して独立したオペレーティングシステム(OS)によって動作するコンピュータを内蔵し、半導体メモリを実装している。スマートフォン12Cは、それぞれ機種が異なるとともに提供キャリアが異なる各種のそれらを使用することができる。スマートフォン12Cの半導体メモリには、それらを使用する権限を有する球団関係者の既述の個人データが格納されているとともに、管理サーバ11や他のサーバのURLが格納されている。スマートフォン12Cは、ウェブブラウザを利用してインターネット14に接続可能であり、インターネット14に接続された各種複数のDNSサーバ等を経由しつつ、不特定多数のサーバ(物理サーバや仮想サーバ)にアクセスかつログインすることができる。スマートフォン12Cは、インターネット14において各種検索エンジンを利用することができる。

0072

高速度カメラ13A〜13Dは、図1に示すように、球場15のスタンドに設置され、プロ野球のゲーム(試合)におけるピッチャーとバッターとの対戦映像(デジタル映像)を撮影する。なお、カメラ13A〜13Dは、撮影スペード可変であり、各対戦映像を高速撮影することができる他、各対戦映像を通常速度で撮影することもできる。ゲームには、一軍の試合のみならずファームのそれも含まれ、ペナントレース中の試合の他に、オープン戦のそれも含まれる。

0073

高速度カメラ13Aは、バックネット後方(バックネット裏)のスタンドに設置され(バックネットカメラ)、ホームベース(キャッチャー)の後方からセンターの方向(第1〜第n方向)に向かって対戦映像を撮影する。カメラ13Bは、一塁側のスタンドに設置され(一塁側カメラ)、一塁ベースファースト)の後方から三塁側(サード)の方向(第1〜第n方向)に向かって対戦映像を撮影する。カメラ13Cは、センター後方のスタンドに設置され(センターカメラ)、センターからバックネットの方向(第1〜第n方向)に向かって対戦映像を撮影する。カメラ13Dは、三塁側のスタンドに設置され(三塁側カメラ)、三塁ベースの後方から一塁側の方向(第1〜第n方向)に向かって対戦映像を撮影する。

0074

なお、図示はしていないが、プロ野球関係者が高速度カメラを球場15に持ち込み、プロ野球関係者がカメラを保持した状態でスタンドから対戦映像を撮影する場合もある。図1では、4台のカメラ13A〜13Dを図示しているが、カメラの台数に特に限定はなく、少なくとも3台以上のカメラが設置され、対戦映像がそれらカメラによって撮影されればよい。また、対戦映像を撮影する方向についても特に限定はなく、球場のあらゆる方向(第1〜第n方向)から対戦映像が撮影される。バックネットカメラ13Aや一塁側カメラ13B、センターカメラ13C、三塁側カメラ13Dは、撮影した対戦映像を放送波電波)として放送受信機(図示せず)に送信する。放送受信機は、対戦映像を格納するとともに、対戦映像を管理サーバ11に送信する。

0075

図2は、管理サーバ11に接続されたディスプレイ16に表示された初期画面の一例を示す図であり、図3は、ノートパソコン12Aのディスプレイ17に表示された初期画面の一例を示す図である。図4は、ディスプレイ16に表示されたデータ編集画面の一例を示す図であり、図5は、ディスプレイ16に表示された映像選択・編集画面の一例を示す図である。図6は、ディスプレイ16に表示された基準点指定画面の一例を示す図であり、図7は、ディスプレイ16に表示された基準点任意設定画面の一例を示す図である。図2図7および以下の図8図34に基づいてバッティング分析支援システム10において実行される各手段を説明する。なお、タブレット12Bやスマートフォン12Cのタッチパネルにも図3と同様の初期画面や以下の図12図34に示す各データ表示画面が表示される。

0076

管理サーバ11おいて分析支援アプリケーションを起動すると、図2に示すバッティング分析支援システム10の初期画面がディスプレイ16に表示される。初期画面には、データ編集タン2a、データ取得ボタン2b、データ加工ボタン2c、データ表示ボタン2d、閉じるボタン2eが表示される。閉じるボタン2eをクリックすると、分析支援アプリケーションが終了する(以下の画面の閉じるボタンも同様)。

0077

ノートパソコン12Aやタブレット12B、スマートフォン12Cがインターネットに接続し、ディスプレイ17やタッチパネルに表示されたサーバ11を示すアイコンをクリックすると、認証画面(図示せず)がディスプレイ17やタッチパネルに表示される。認証画面における認証手続によって認証結果が可である場合、ノートパソコン12Aやタブレット12B、スマートフォン12Cがサーバ11にログインし、図3に示すバッティング分析支援システム10の初期画面がディスプレイ17やタッチパネルに表示される。初期画面には、利用者名が表示された利用者名表示エリア3a、データ表示ボタン3b、ログアウトボタン3cが表示される。ログアウトボタン2dをクリックすると、情報端末12が管理サーバ11からログアウトする。

0078

対戦映像を第1〜第n対戦映像データに編集するには、図2の初期画面のデータ編集ボタン2aをクリックする。データ編集ボタン2aをクリックすると、図4に示すデータ編集画面がディスプレイ16に表示される。データ編集画面には、試合日入力エリア4a、バッター名入力エリア4b、ピッチャー名入力エリア4c、球団名入力エリア4d、球場名入力エリア4e、映像全表示ボタン4f、検索ボタン4g、クリアボタン4h、戻るボタン4i、閉じるボタン4jが表示される。戻るボタン4iをクリックすると図2の初期画面に戻る。なお、以下の画面で各戻るボタンをクリックすると、1つ前の画面に戻るものとする。クリアボタン4hをクリックすると、各入力エリアに入力されたデータがクリアされ、データを再入力する(以下の画面のクリアボタンも同様)。

0079

映像全表示ボタン4fをクリックすると、図5に示す映像選択・編集画面がディスプレイ16に表示される。映像選択・編集画面には、蓄積されたすべての対戦映像を表示した対戦映像表示エリア5a、前時間入力エリア5b、後時間入力エリア5c、実行ボタン5d、クリアボタン5e、戻るボタン5f、閉じるボタン5gが表示される。対戦映像表示エリア5aには、図示はしていないが、対戦カード(球団名VS球団名)、対戦日、ゲーム時間、球場名が表示される。

0080

試合日入力エリア4aに試合日を入力(複数入力可)し、検索ボタン4gをクリックすると、指定した試合日の対戦映像の映像選択・編集画面が表示され、バッター名入力エリア4bにバッター名を入力(複数入力可)し、検索ボタン4gをクリックすると、指定したバッターの蓄積されたすべての対戦映像の映像選択・編集画面が表示される。ピッチャー名入力エリア4cにピッチャー名を入力(複数入力可)し、検索ボタン4gをクリックすると、指定したピッチャーの蓄積されたすべての対戦映像の映像選択・編集画面が表示され、球団名入力エリア4dに球団名を入力(複数入力可)し、検索ボタン4gをクリックすると、指定した球団の対戦映像の映像選択・編集画面が表示される。球場名入力エリア4eに球場名を入力(複数入力可)し、検索ボタン4gをクリックすると、指定した球場の対戦映像の映像選択・編集画面が表示される。

0081

対戦映像表示エリア5aにおいて対戦映像を選択(対戦映像を反転)し、前時間入力エリア5bに前時間を入力するとともに、後時間入力エリア5cに後時間を入力した後、実行ボタン5dをクリックすると、図6に示す基準点指定画面がディスプレイ16に表示される。前時間や後時間は、秒〜秒や分〜分等任意に設定することができる。なお、前時間と後時間とのいずれか一方のみを入力する場合もある。前時間のみを入力すると、後記する基準点から後に進んだ対戦映像が対戦映像データに含まれず、後時間のみを入力すると、基準点から前に遡った対戦映像が対戦映像データに含まれない。なお、前時間や後時間は、バッターのバッターボックスにおけるバッティング準備からバッティング終了までのバッティング動作のすべてが入るように設定する。合わせてピッチャーの投球準備から投球終了までのピッチング動作のすべてが入るように設定することが好ましい。なお、バッターのバッティング終了までのバッティング動作には、バットを振った場合(ヒットやホームラン、凡打、ファール)のみならず、バットを振らずにボールを見送った場合の動作も含まれる。

0082

図6の基準点指定画面には、選択された対戦映像の対戦映像表示エリア6a、基準点任意設定表示6b、投球直後表示6c、捕球直後表示6d、投球から捕球までの間表示6e、決定ボタン6f、戻るボタン6gが表示される。投球直後表示6cを指定(反転)し、決定ボタン6fをクリックすると、基準点が投球直後に設定され、捕球直後表示6dを指定(反転)し、決定ボタン6fをクリックすると、基準点が捕球直後に設定されるとともに、投球から捕球までの間表示6eを指定(反転)し、決定ボタン6fをクリックすると、基準点が投球から捕球までの間に設定される。基準点はそれら表示6c〜6eに限定されず、バッターのバッターボックスにおけるバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を基準点として設定することができる。

0083

図6では、基準点任意設定表示6bが選択(反転)され、決定ボタン6fがクリックされたものとする。基準点任意設定表示6bが選択されると、図7に示す基準点任意設定画面がディスプレイ16に表示される。基準点任意設定画面には、基準点設定エリア7a、再生ボタン7b、基準点決定ボタン7c、クリアボタン7d、戻るボタン7eが表示される。再生ボタン7bをクリックすると、バッターのバッティング準備からバッティング終了までの映像が基準点設定エリア7aにスローモーション動画で表示され、または、対戦映像の動画(スローモーション動画を含む)が表示される。

0084

基準点設定エリア7aに表示されたバッティング準備からバッティング終了までのスローモーション動画において、バッティング準備からバッティング終了までのいずれかの時点を右クリックすると、基準点設定エリア7aの右クリックした箇所に黒点マーキング)が表示されるとともに、動画が停止してその時点の静止画に変更される。次に、基準点決定ボタン7cをクリックすると、静止画上に表示された黒点が基準点として決定される。したがって、基準点任意設定では、バッターのバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を基準点として設定することができる。

0085

基準点設定エリア7aにおいて対戦映像の動画が表示される場合では、対戦映像の動画が試合開始から終了まで連続して表示され、または、対戦映像があらかじめピッチャーの1球毎の投球準備から投球終了後までの投球動作に区分され、対戦映像の動画が1回の投球動作毎に表示される。対戦映像の動画が表示される場合は、その動画おいて、バッターのバッターボックスにおけるバッティング準備からバッティング終了までの間のいずれかの時点を右クリックすることで、1球毎の基準点が決定される。

0086

基準点が決定されると、管理サーバ11は、対戦映像を第1〜第n対戦映像データに編集する(映像データ編集手段)。具体的には、一連の対戦映像をピッチャーとバッターとの1球毎の対戦映像に区分しつつ、決定された基準点から前に所定時間(前時間入力エリア5bに入力された前時間)遡った前映像とその基準点から後に所定時間(後時間入力エリア5cに入力された後時間)進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成された第1〜第n対戦映像データに編集する。

0087

1球毎の対戦映像を対戦映像データに編集した後、対戦映像データ表示ボタンがディスプレイ16に表示される(図示せず)。対戦映像データ表示ボタンをクリックすると、対戦映像から編集された対戦映像データの動画がディスプレイ16に表示されるとともに、編集完了ボタン、再編集ボタンがディスプレイ16に表示される(図示せず)。右クリックのタイミングが合わず、基準点が所望のそれと異なる場合、再編集ボタンをクリックすることで、編集された対戦映像データをキャンセルすることができる。この場合、対戦映像が巻き戻され、基準点が再度決定されるとともに、対戦映像から対戦映像データへの編集が行われる。

0088

基準点が所望のそれと一致し、編集完了ボタンをクリックすると、対戦映像データ格納画面がディスプレイ16に表示される(図示せず)。対戦映像データ格納画面には、バッター名入力エリア、ピッチャー名入力エリア、所属球団名入力エリア、格納実行ボタン、クリアボタン、戻るボタンが表示される。バッター名入力エリアにバッター名を入力し、ピッチャー名入力エリアにピッチャー名を入力するとともに、所属球団名入力エリアに所属球団名を入力した後、格納実行ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、ハードディスクに格納された各バッターや各ピッチャーの選手データのうち、球団名およびバッター名からそのバッターの選手データを抽出し、球団名およびピッチャー名からそのピッチャーの選手データを抽出する。

0089

次に、管理サーバ11は、映像データ編集手段によって編集された対戦映像データを対戦データ(対戦球団名(球団名VS球団名)、対戦日、ゲーム開始から終了までのゲーム時間、試合が行われた球場名)および抽出した選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(第1〜第n対戦映像データ格納手段)。バッターの各種成績は前年以前の成績が採用され、ピッチャーの各種成績は前年以前の成績が採用される。既述の手続を繰り返すことで、複数の第1〜第n対戦映像データがハードディスクに格納される。第1〜第n対戦映像データは、それらを特定する対戦映像データ特定識別子(映像データ編集毎に生成)に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。なお、1球毎に区分された対戦映像は、映像データ編集毎に生成された対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。

0090

管理サーバ11は、対戦映像データを格納した後、ピッチャーから投げられたボールの1球毎の球速データ(km)を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから算出する(球速データ算出手段)。具体的には、ピッチャーの指からボールが離れた瞬間からボールがキャッチャーミット補給される瞬間までの間の映像(データ)を抽出し、その間の映像(データ)に要した高速度カメラのコマ数から球速を算出する。サーバ11は、球速データ算出手段によって算出した1球毎の球速データをハードディスクに格納する(球速データ格納手段)。

0091

それら球速データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像から球速データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子が球速データに設定され、第1〜第n対戦映像データから球速データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が球速データに設定される。

0092

管理サーバ11は、ピッチャーから投げられたボールがキャッチャーのミットに捕球されるまでのボール軌道を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから割り出し、ピッチャーとキャッチャーとの間の1球毎のボールのボール軌道データを取得し、または、ピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たったボール軌道を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから割り出し、ピッチャーとバッターとの間の1球毎のボールのボール軌道データを取得する(ボール軌道データ取得手段)。サーバ11は、ボール軌道データ取得手段によって取得した1球毎のボール軌道データをハードディスクに格納する(ボール軌道データ格納手段)。

0093

それらボール軌道データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像からボール軌道データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子がボール軌道データに設定され、第1〜第n対戦映像データからボール軌道データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子がボール軌道データに設定される。ハードディスクに蓄積された過去のボール軌道データには、ボールの球種を特定する球種データが付与されている。

0094

管理サーバ11は、ピッチャーから投げられたボールの球種を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから判断して1球毎の球種データを取得する(球種データ取得手段)。具体的には、サーバ11に蓄積された特定のピッチャーの過去の複数のボール軌道データを参照し、それらボール軌道データと現在のボール軌道データとを比較して近似する過去のボール軌道データを割り出し、近似した過去のボール軌道データの球種を現在のボール軌道データの球種と認定する。サーバ11は、球種データ取得出手段によって算出した1球毎の球種データをハードディスクに格納する(球種データ格納手段)。

0095

それら球種データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像から球種データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子が球種データに設定され、第1〜第n対戦映像データから球種データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が球種データに設定される。

0096

図8は、ディスプレイ16に表示されたデータ取得画面の一例を示す図である。各種データを取得するには、図2の初期画面のデータ取得ボタン2bをクリックする。データ取得ボタン2bをクリックすると、図8に示すデータ取得画面がディスプレイ16に表示される。データ取得画面には、試合日入力エリア8a、バッター名入力エリア8b、ピッチャー名入力エリア8c、球団名入力エリア8d、球場名入力エリア8e、取得項目選択エリア8f、データ取得ボタン8g、クリアボタン8h、戻るボタン8iが表示される。取得項目選択エリア8fには、バッティングフォーム、バットスイング軌道、垂直変化軌道、水平変化軌道、垂直変化値、水平変化値の各取得項目が表示されている。

0097

試合日入力エリア8aに試合日を入力した後、取得項目選択エリア8fに表示された各取得項目のうちの特定の取得項目を選択(反転)し、データ取得ボタン8gをクリックすると、指定された試合日の試合の選択した取得項目に対応するデータが取得される。バッター名入力エリア8bにバッター名を入力した後、特定の取得項目を選択(反転)し、データ取得ボタン8gをクリックすると、指定されたバッターの各試合の選択した取得項目に対応するデータが取得される。

0098

ピッチャー名入力エリア8cにピッチャー名を入力した後、特定の取得項目を選択(反転)し、データ取得ボタン8gをクリックすると、指定されたピッチャーの各試合の選択した取得項目に対応するデータが取得される。球団名入力エリア8dに球団名を入力した後、特定の取得項目を選択(反転)し、データ取得ボタン8gをクリックすると、指定された球団の各試合の選択した取得項目に対応するデータが取得される。球場名入力エリア8eに球場名を入力した後、特定の取得項目を選択(反転)し、データ取得ボタン8gをクリックすると、指定された球場の各試合の選択した取得項目に対応するデータが取得される。

0099

取得項目選択エリア8fのバッティングフォームが選択された場合、管理サーバ11は、第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データからバッターのバッティングフォーム映像またはバッティングフォーム映像データを抽出し、バッターの1球毎の複数の第1〜第nバッティングフォーム映像データを取得する(第1〜第nバッティングフォーム映像データ取得手段)。バッティングフォーム映像データは、第1〜第n対戦映像データにおいて設定された前時間(前時間入力エリア5bに入力された前時間)および後時間(後時間入力エリア5cに入力された後時間)が採用され、基準点から前に所定時間遡った前映像とその基準点から後に所定時間進んだ後映像とのうちの少なくとも一方から形成されている。なお、バッティングフォーム映像データには、バッターのバッティング準備からバッティング終了までのバッティング動作のすべてが入ることが好ましい。

0100

管理サーバ11は、バッターおよびピッチャーの選手データを抽出し、第1〜第nバッティングフォーム映像データ取得手段によって取得した第1〜第nバッティングフォーム映像データを対戦データおよび選手データ(バッターおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(第1〜第nバッティングフォーム映像データ格納手段)。第1〜第nバッティングフォーム映像データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像からバッティングフォーム映像データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子がバッティングフォーム映像データに設定され、第1〜第n対戦映像データからバッティングフォーム映像データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子がバッティングフォーム映像データに設定される。

0101

管理サーバ11は、バッティングフォーム映像データを格納した後、バッターの1スイング毎のスイングMAX速度データ(km)を第1〜第nバッティングフォーム映像データから算出する(スイングMAX速度データ算出手段)。具体的には、バッターのバッターボックスにおけるバッティング開始からバッティング終了までのバッティング動作の映像(データ)を抽出し、その映像(データ)に要した高速度カメラのコマ数からスイングMAX速度を算出する。サーバ11は、スイングMAX速度データ算出手段によって算出したバッターの1スイング毎のスイングMAX速度をハードディスクに格納する(スイングMAX速度データ格納手段)。それらスイングMAX速度データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。スイングMAX速度データには、第1〜第nバッティングフォーム映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が設定される。

0102

取得項目選択エリア8fのバットスイング軌道が選択された場合、管理サーバ11は、第1〜第nバッティングフォーム映像データからバッターの1スイング毎のバットスイング軌道データを割り出し、バッターの1スイング毎の複数の第1〜第nバットスイング軌道映像データを取得する(バットスイング軌道データ取得手段)。サーバ11は、バッターおよびピッチャーの選手データを抽出し、バットスイング軌道データ取得手段によって取得したバットスイング軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(バットスイング軌道データ格納手段)。それらバットスイング軌道データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第nバットスイング軌道映像データには、第1〜第nバッティングフォーム映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が設定される。

0103

図9は、ディスプレイ16に表示された時点設定画面の一例を示す図である。図8のデータ取得画面の取得データ区分表示エリア8fにおいて、垂直変化軌道、水平変化軌道、垂直変化値、水平変化値の少なくとも1つを選択(反転)し、データ取得ボタン8gをクリックすると、図9に示す時点設定画面がディスプレイ16に表示される。時点設定画面には、時点設定エリア9a、選択項目表示エリア9b、時点設定ボタン9c、クリアボタン9d、戻るボタン9eが表示される。図8では、垂直変化軌道、水平変化軌道、垂直変化値、水平変化値のすべてが選択され、選択項目表示エリア9bに垂直変化軌道、水平変化軌道、垂直変化値、水平変化値が表示されている。

0104

時点設定エリア9aには、選択されたバッターのピッチャーとの対戦映像の静止画または対戦映像データの静止画が表示される場合、または、対戦映像の動画または対戦映像データの動画が表示される場合がある。時点設定エリア9aにおいて対戦映像や対戦映像データの静止画が表示される場合は、キーボードやマウス、タッチペン等の入力装置を利用し、時点設定エリア9aの所定の箇所に第1時点9fおよび第2時点9gをマーキングする。対戦映像や対戦映像データの動画が表示される場合も同様に、入力装置を利用して時点設定エリア9aの所定の箇所に第1および第2時点9f,9gをマーキングする。

0105

第1および第2時点9f,9gをマーキングした後、時点設定ボタン9cをクリックすると、ピッチャーからボールが投げられてからバッターのバッターボックスにおけるバットスイングが終了するまでの任意の第1時点9fおよび第2時点9gまたはピッチャーから投げられたボールがバッターのバットに当たるまでの任意の第1時点9fおよび第2時点9gが設定される。なお、入力装置によって第1および第2時点9f,9gを何時でも自由に変更することができる。

0106

時点設定ボタン9cをクリックすると、管理サーバ11は、第1時点9fから第2時点9gまでの間のボールの垂直変化軌道データを第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから割り出し、第1および第2時点9f,9g間の一球毎の垂直変化軌道データを取得する(垂直変化軌道データ取得手段)。サーバ11は、バッターおよびピッチャーの選手データを抽出し、垂直変化軌道データ取得手段によって取得した第1および第2時点9f,9g間の垂直変化軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(垂直変化軌道データ格納手段)。

0107

それら垂直変化軌道データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像から垂直変化軌道データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子が垂直変化軌道データに設定され、第1〜第n対戦映像データから垂直変化軌道データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が垂直変化軌道データに設定される。

0108

管理サーバ11は、第1時点9fから第2時点9gまでの間のボールの水平変化軌道データを第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから割り出し、第1および第2時点9f,9g間の一球毎の水平変化軌道データを取得する(水平変化軌道データ取得手段)。サーバ11は、バッターおよびピッチャーの選手データを抽出し、水平変化軌道データ取得手段によって取得した第1および第2時点9f,9g間の水平変化軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(水平変化軌道データ格納手段)。

0109

それら水平変化軌道データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像から水平変化軌道データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子が水平変化軌道データに設定され、第1〜第n対戦映像データから水平変化軌道データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が水平変化軌道データに設定される。

0110

管理サーバ11は、第1時点9fから第2時点9gまでの間のボールの垂直変化値を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから算出し、第1および第2時点9f,9g間の一球毎の垂直変化値データを取得する(垂直変化値データ取得手段)。サーバ11は、バッターおよびピッチャーの選手データを抽出し、垂直変化値データ取得手段によって取得した第1および第2時点9f,9g間の垂直変化値データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(垂直変化値データ格納手段)。

0111

それら垂直変化値データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像から垂直変化値データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子が垂直変化値データに設定され、第1〜第n対戦映像データから垂直変化値データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が垂直変化値データに設定される。

0112

管理サーバ11は、第1時点9fから第2時点9gまでの間のボールの水平変化値を第1〜第n方向の対戦映像または第1〜第n対戦映像データから算出し、第1および第2時点9f,9g間の一球毎の水平変化値データを取得する(水平変化値データ取得手段)。サーバ11は、バッターおよびピッチャーの選手データを抽出し、水平変化値データ取得手段によって取得した第1および第2時点9f,9g間の水平変化値データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(水平変化値データ格納手段)。

0113

それら水平変化値データは、対戦映像データ特定識別子に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。第1〜第n方向の対戦映像から水平変化値データを取得した場合は、対戦映像に設定された対戦映像データ特定識別子が水平変化値データに設定され、第1〜第n対戦映像データから水平変化値データを取得した場合は、第1〜第n対戦映像データに設定された対戦映像データ特定識別子が水平変化値データに設定される。

0114

図10は、ディスプレイ16に表示されたデータ加工画面の一例を示す図であり、図11は、図10から続くデータ加工画面の一例を示す図である。データに加工するには、図2の初期画面のデータ加工ボタン2cをクリックする。データ加工ボタン2cをクリックすると、図10に示すデータ加工画面がディスプレイ16に表示される。図10のデータ加工画面には、試合日入力エリア10a、バッター名入力エリア10b、ピッチャー名入力エリア10c、球団名入力エリア10d、球場名入力エリア10e、加工項目選択エリア10f、データ加工ボタン10g、クリアボタン10h、戻るボタン10iが表示される。加工項目選択エリア10fには、バッティングフォーム、バットスイング軌道、ボール軌道、垂直変化軌道、水平変化軌道の各加工項目が表示される。

0115

各入力エリア10a〜10eにデータを入力し(なお、少なくとも1つの入力エリア10a〜10eにデータを入力する)、加工項目選択エリア10fから加工項目を選択した後、データ加工ボタン10fをクリックすると、図11に示すデータ加工画面がディスプレイ16に表示される。図11のデータ加工画面には、加工項目表示エリア11a、データ選択エリア11b、データ加工ボタン11c、クリアボタン11d、戻るボタン11eが表示される。加工項目表示エリア11aには、選択された加工項目が表示される。データ選択エリア11bには、各入力エリア10a〜10dに入力されたデータに対応する複数のデータを表す表題が表示される。

0116

試合日入力エリア10aに試合日を入力した後、加工項目選択エリア10fに表示された各加工項目のうちの特定の加工項目を選択(反転)し、データ加工ボタン10gをクリックすると、データ選択エリア11bには、図示はしていないが、指定された試合日の試合の選択した加工項目に対応する同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォームデータの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、バットスイング軌道映像データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、ボール軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、垂直変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、水平変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)が表示される。なお、それら表題の上にカーソルを移動させ、表題をクリックすると、その表題に対応する対戦映像や対戦映像データ、バッティングフォームデータが動画または静止画でディスプレイ16に表示され、その表題に対応する選手データが表示される。タイトルには、たとえば、バッター名およびピッチャー名、何回の何球目等がある。

0117

バッター名入力エリア10bにバッター名を入力した後、特定の加工項目を選択(反転)し、データ加工ボタン10gをクリックすると、データ選択エリア11bには、指定されたバッターの各試合の選択した加工項目に対応する同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォームデータの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、バットスイング軌道映像データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、ボール軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、垂直変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、水平変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)が表示される。

0118

ピッチャー名入力エリア10cにピッチャー名を入力した後、特定の加工項目を選択(反転)し、データ加工ボタン10gをクリックすると、データ選択エリア11bには、指定されたピッチャーの各試合の選択した加工項目に対応する同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォームデータの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、バットスイング軌道映像データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、ボール軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、垂直変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、水平変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)が表示される。

0119

球団名入力エリア10dに球団名を入力した後、特定の加工項目を選択(反転)し、データ加工ボタン10gをクリックすると、データ選択エリア11bには、指定された球団の各試合の選択した加工項目に対応する同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォームデータの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、バットスイング軌道映像データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、ボール軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、垂直変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、水平変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)が表示される。

0120

球場名入力エリア10dに球場名を入力した後、特定の加工項目を選択(反転)し、データ加工ボタン10fをクリックすると、データ選択エリア11bには、指定された球場の各試合の選択した加工項目に対応する同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォームデータの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、バットスイング軌道映像データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、ボール軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、垂直変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)、水平変化軌道データの表題(タイトル、データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)が表示される。

0121

加工項目選択エリア10fのバッティングフォームを選択し、データ加工ボタン10gをクリックした場合、データ選択エリア11bには、同一方向から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォームデータの表題が表示される。それらバッティングフォームデータの表題から加工に使用するバッティングフォームデータを選択(反転)した後(通常は2つまたは3つ選択)、データ加工ボタン11fをクリックすると、管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間の選択された複数のバッティングフォーム映像データを重ね合わせ、重なり合うバッティングフォーム映像データを作成する(バッティングフォーム映像データ重ね合わせ手段)。

0122

管理サーバ11は、バッティングフォーム映像データ重ね合わせ手段によって作成した重なり合うバッティングフォーム映像データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(重なり合うバッティングフォーム映像データ格納手段)。重なり合うバッティングフォーム映像データは、それらデータを特定する重なり合うバッティングフォーム映像データ特定識別子(バッティングフォーム映像データ重ね合わせ毎に生成)に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。

0123

加工項目選択エリア10fのバットスイング軌道を選択し、データ加工ボタン10gをクリックした場合、データ選択エリア11bには、同一方向から撮影された異なる時間の複数のバットスイング軌道データの表題が表示される。それらバットスイング軌道データの表題から加工に使用するバットスイング軌道データを選択(反転)した後(通常は2つまたは3つ選択)、データ加工ボタン11fをクリックすると、管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間の選択された複数のバットスイング軌道データを重ね合わせ、重なり合うバットスイング軌道データを作成する(バットスイング軌道データ重ね合わせ手段)。

0124

管理サーバ11は、バットスイング軌道データ重ね合わせ手段によって作成した重なり合うバットスイング軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(重なり合うバットスイング軌道データ格納手段)。重なり合うバットスイング軌道データは、それらデータを特定する重なり合うバットスイング軌道データ特定識別子(バットスイング軌道データ重ね合わせ毎に生成)に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。

0125

加工項目選択エリア10fのボール軌道を選択し、データ加工ボタン10gをクリックした場合、データ選択エリア11bには、同一方向から撮影された異なる時間の複数のボール軌道データの表題が表示される。それらボール軌道データの表題から加工に使用するボール軌道データを選択(反転)した後(通常は2つまたは3つ選択)、データ加工ボタン11fをクリックすると、管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間の選択された複数のボール軌道データを重ね合わせ、重なり合うボール軌道データを作成する(ボール軌道データ重ね合わせ手段)。

0126

管理サーバ11は、ボール軌道データ重ね合わせ手段によって作成した重なり合うボール軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(重なり合うボール軌道データ格納手段)。重なり合うボール軌道データは、それらデータを特定する重なり合うボール軌道データ特定識別子(ボール軌道データ重ね合わせ毎に生成)に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。

0127

加工項目選択エリア10fの垂直変化軌道を選択し、データ加工ボタン10gをクリックした場合、データ選択エリア11bには、同一方向から撮影された異なる時間の複数の垂直変化軌道データの表題が表示される。それら垂直変化軌道データの表題から加工に使用する垂直変化軌道データを選択(反転)した後(通常は2つまたは3つ選択)、データ加工ボタン11fをクリックすると、管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間の選択された複数の垂直変化軌道データを重ね合わせ、重なり合う垂直変化軌道データを作成する(垂直変化軌道データ重ね合わせ手段)。

0128

管理サーバ11は、垂直変化軌道データ重ね合わせ手段によって作成した重なり合う垂直変化軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(重なり合う垂直変化軌道データ格納手段)。重なり合う垂直変化軌道データは、それらデータを特定する重なり合う垂直変化軌道データ特定識別子(垂直変化軌道データ重ね合わせ毎に生成)に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。

0129

加工項目選択エリア10fの水平変化軌道を選択し、データ加工ボタン10gをクリックした場合、データ選択エリア11bには、同一方向から撮影された異なる時間の複数の水平変化軌道データの表題が表示される。それら水平変化軌道データの表題から加工に使用する水平変化軌道データを選択(反転)した後(通常は2つまたは3つ選択)、データ加工ボタン11fをクリックすると、管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間の選択された複数の水平変化軌道データを重ね合わせ、重なり合う水平変化軌道データを作成する(水平変化軌道データ重ね合わせ手段)。

0130

管理サーバ11は、水平変化軌道データ重ね合わせ手段によって作成した重なり合う水平変化軌道データを対戦データおよび選手データ(バッターの選手データおよびピッチャーの選手データ)とともにハードディスクに格納する(重なり合う水平変化軌道データ格納手段)。重なり合う水平変化軌道データは、それらデータを特定する重なり合う水平変化軌道データ特定識別子(水平変化軌道データ重ね合わせ毎に生成)に関連付けられた状態(識別子を設定した状態)でハードディスクに格納される。

0131

図12は、ディスプレイ16,17に表示されたデータ表示画面の一例を示す図であり、図13は、図12から続くデータ表示画面の一例を示す図である。図13では、各入力エリアに入力されたデータの図示を省略している。管理サーバ11のハードディスクに格納された各種のデータに表示するには、図2の初期画面のデータ表示ボタン2dをクリックする。データ表示ボタン2dをクリックすると、図12に示すデータ表示画面がディスプレイ16に表示される。なお、管理サーバ11にログインした各情報端末が図3の初期画面においてデータ表示ボタン3bをクリックすると、図12のデータ表示画面がディスプレイ17(タッチパネルを含む)に表示される。

0132

図12のデータ表示画面には、表示データ選択エリア12a、絞り込み条件選択エリア12b、データ決定ボタン12c、クリアボタン12d、戻るボタン12e、閉じるボタン12fが表示される。表示データ選択エリア12aには、対戦映像データ、バッティングフォーム映像データ、バットスイング軌道データ、ボール軌道データ、垂直変化軌道データ、垂直変化値データ、水平変化軌道データ、水平変化値データ、球速データ、スイングMAX速度データ、球種データが表示される。絞り込み条件選択エリア12bには、試合日、バッター名、ピッチャー名、球団名、球場名、球速、球種、スイングMAX速度が表示される。なお、絞り込み条件選択エリア12bに表示される条件はそれらに限定されず、他の条件を表示することもできる。対戦映像データを表示する場合、表示データ選択エリア12aにおいて対戦映像データを選択する。絞り込み条件選択エリア12bでは、試合日、バッター名、球団名が選択されたものとする。

0133

図12の表示データ選択エリア12aにおいて対戦映像データを選択し、絞り込み条件選択エリア12bにおいて試合日、バッター名、球団名を選択した後、データ決定ボタン12cをクリックすると、図13に示すデータ表示画面がディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示される。図13のデータ表示画面には、表示データ選択エリア12aにおいて選択されたデータ名(対戦映像データ)が表示されたデータ名表示エリア13a、絞り込み条件選択エリア12bにおいて選択された条件のデータを入力する選択条件入力エリア13b、さらに絞り込み条件を入力する絞り込み条件入力エリア13c、データ表示ボタン13d、クリアボタン13e、戻るボタン13f、閉じるボタン13gが表示される。なお、絞り込み条件選択エリア12bにおいて球場名や球速、球種、スイングMAX速度を選択すると、選択条件入力エリア13bには、球場名、球速、球種、スイングMAX速度およびそれらの入力エリアが表示される。

0134

図14は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示された対戦映像データ表示画面の一例を示す図である。管理サーバ11は、各種のデータをディスプレイ16に表示するとともに(データ表示手段)、サーバ11にログインした情報端末12(ノートパソコン12A、タブレット12B、スマートフォン12C)が各種のデータの閲覧を要求した場合、それらデータを各情報端末12に配信する(データ配信手段)。各情報端末12は、データ配信手段によって配信された各種のデータをディスプレイ17やタッチパネルに表示する(データ表示手段)。なお、データ表示手段では、所定速度の送り方向と戻し方向(逆再生)とのいずれか一方向再生の各種のデータを表示し、または、所定速度の送り方向と戻し方向とを繰り返す両方向再生の各種のデータを表示し、あるいは、所定速度のコマ送り動画として各種のデータを表示する。所定速度には、スローモーション再生、超スローモーション再生、スピード再生(倍速再生)がある。

0135

絞り込み条件入力エリア13cに入力するバッターに関する条件データには、選手名、球団名(チーム名)、先発、ピンチヒッター、右打ち、左打ち、ポジション、打順、打数、打率、得点打率、出塁率、長打率、ホームラン数、ヒット数、得点圏ヒット数、得点数、三振数等があるが、バッターに関する条件データを記載のそれらに限定するものではなく、現在利用されている条件データのすべておよび将来利用される条件データのすべてが含まれる。絞り込み条件入力エリア13cに入力するピッチャーに関する条件データには、選手名、球団名(チーム名)、先発、リリーフ、防御率、勝利数、勝率、完投数、援護率、敗戦数、自責点、与四球数、奪三振数等があるが、ピッチャーに関する条件データを記載のそれらに限定するものではなく、現在利用されている条件データのすべておよび将来利用される条件データのすべてが含まれる。

0136

図13のデータ表示画面の選択条件入力示エリア13bに試合日を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに絞り込み条件(球種としてストレートが入力されたものとする)を入力した後、画像画面データ表示ボタン13dをクリックすると、管理サーバ11は、指定した試合日、バッター、球団における球種がストレートの対戦映像データ(第1〜第n対戦映像データ)をディスプレイ16に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度をディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0137

管理サーバ11は、指定した試合日、バッター、球団における球種がストレートの対戦映像データを情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された対戦映像データや球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。なお、映像データ編集手段を実施しつつ、対戦映像データ表示手段を実施することもできる。

0138

ディスプレイ16,17には、図14に示すように、対戦映像データの画像ページ数を表示した画像ページ数表示エリア14a、対戦日時(試合日)を表示した対戦日時表示エリア14b、バッター名を表示したバッター名表示エリア14c、球団名を表示した球団名表示エリア14d、対戦カードを表示した対戦カード表示エリア14e、球場名を表示した球場名表示エリア14f、スローモーションボタン14g、超スローモーションボタン14h、スピード再生ボタン14i、逆再生ボタン14j、繰り返し再生ボタン14k、キャプチャーボタン14l、コマ送りボタン14m、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア14n、前画面ボタン14o、次画面ボタン14p、検索ボタン14qが表示される。対戦映像データ表示エリア14nには、原則として対戦映像データの動画が表示される。

0139

対戦映像データ表示エリア14nには、対戦映像データ表示エリア14nに表示された対戦映像データにおけるボールの球速(球速データ)が表示され、対戦映像データ表示エリア14nに表示された対戦映像データにおけるボールの球種(球種データ)が表示され、対戦映像データ表示エリア14nに表示された対戦映像データにおけるバットのスイングMAX速度(スイングMAX速度データ)が表示される。

0140

スローモーションボタン14gをクリックすることで、対戦映像データがスローモーションで再生され、超スローモーションボタン14hをクリックすることで、対戦映像データが超スローモーションで再生され、スピード再生ボタン14iをクリックすることで、対戦映像データがスピード再生(倍速再生)される。逆再生ボタン14jをクリックすることで、対戦映像データが戻し方向(逆方向)へ再生され、繰り返し再生ボタン14kをクリックすることで、対戦映像データが送り方向と戻し方向とを繰り返すように両方向再生される。キャプチャーボタン14lをクリックすることで、対戦映像データの動画を静止画として保存することができ、その静止画を印刷することができる。コマ送り再生ボタン14mをクリックすることで、合成データや対戦映像データがコマ送り動画として再生される。なお、以下の各画面における各ボタン機能は同一である。

0141

停止/再生マークをクリックすることで対戦映像データを停止/再生することができ、ボリュームマークによって音量を調節することができる。前画面ボタン14oをクリックすることで、前の画面を表示することができ、次画面ボタン14pをクリックすることで、次の画面を表示することができる。さらに、検索入力エリアに画像ページを入力し、検索ボタン14qをクリックすることで、そのページジャンプすることができる。ピッチング分析支援システム10は、第1〜第n対戦映像データを1球毎の動画で表示し、または、第1〜第n対戦映像データを静止画で表示するから、第1〜第n対戦映像データの中から1球毎の対戦映像データを速やかに表示させることができ、対戦映像データのうちの必要な部分の動画または静止画を見ることによってバッターのバッティングを迅速かつ正確に分析することができる。

0142

図15は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示された対戦映像データ表示画面の他の一例を示す図である。図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいて対戦映像データを選択する。なお、図15〜図 に示す各表示画面では、絞り込み条件選択エリア12bにおいて試合日、バッター名、球団名が選択されたものとする。図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:対戦映像データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(ストレート)とともに異方向同一時間を入力した後、データ表示ボタン13dをクリックすると、図示はしていないが、センター方向、一塁側方向、キャッチャー方向、三塁側方向、2方向、3方向、4方向等の方向や方向数を選択する方向選択画面がディスプレイ16,17に表示される。方向選択画面には、方向選択エリア、データ表示ボタン、クリアボタン、戻るボタン、閉じるボタンが表示される。

0143

たとえば、センター方向、一塁側方向、キャッチャー方向を選択し、データ表示ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、異なる第1〜第3方向(第1〜第n方向)から撮影された同一時間における複数の対戦映像データ(指定した試合日、バッター、球団における球種がストレートの複数の対戦映像データ)を同一画面(ディスプレイ16)に同期して表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0144

管理サーバ11は、異なる第1〜第3方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データを情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、異なる第1〜第3方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データを同一画面(ディスプレイ17)に同期して表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0145

ディスプレイ16,17には、図15に示すように、図14と同様の表示エリア15a〜15fやボタン15g〜15m,15q〜15sが表示されるとともに、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア15n〜15pが表示される。なお、ディスプレイ16,17には3方向から撮影された対戦映像データを表示する3つの対戦映像データ表示エリア15n〜15pが表示されているが、対戦映像データ表示エリアの数に特に限定はなく、2方向を選択すると、ディスプレイ16,17に2つの対戦映像データ表示エリアが表示され、または、4方向以上を選択すると、ディスプレイ16,17に4つ以上の表示エリアが表示される。対戦映像データ表示エリア15nには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。

0146

それら対戦映像データ表示エリア15n〜15pには、センター方向、一塁側方向、キャッチャー方向の3方向(第1〜第n方向)から撮影された同一時間における複数の対戦映像データが同一画面に同期した動画で表示される。ピッチング分析支援システム10は、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数の対戦映像データ(第1〜第n対戦映像データ)を同一画面に同期して表示するから、対戦映像データを様々な角度から見ることができ、それら対戦映像データを利用してバッターのバッティングを様々な角度から分析することができる。

0147

図16は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示された対戦映像データ表示画面の他の一例を示す図である。図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいて対戦映像データを選択する。次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:対戦映像データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(ストレート)とともに同一方向異時間、一塁側方向を入力した後、データ表示ボタン13dをクリックすると、図示はしていないが、同一方向(一塁側方向)から撮影された複数の対戦映像データを表示した対戦映像データ選択画面がディスプレイ16,17に表示される。

0148

対戦映像データ選択画面には、同一方向から撮影された異なる時間の複数の対戦映像データの表題(タイトル(たとえば、バッター名およびピッチャー名、何回の何球目等)、対戦映像データ取得日時、球速、球種、スイングMAX速度等)を表示した対戦映像データ選択エリア、データ表示ボタン、クリアボタン、戻るボタン、閉じるボタンが表示される。なお、それら表題の上にカーソルを移動させ、表題をクリックすると、その表題に対応する対戦映像や対戦映像データ、バッティングフォームデータの動画または静止画がディスプレイ16,17に表示され、その表題に対応するバッターやピッチャーの選手データが表示される。

0149

対戦映像データ選択画面の対戦映像データ選択エリアにおいて所定の対戦映像データを選択(図16では3つの対戦映像データを選択)し、データ表示ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、図16に示すように、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データ(指定した試合日、バッター、球団における球種がストレートの複数の対戦映像データ)を同一画面(ディスプレイ16)に同時に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0150

管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データを情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データを同一画面(ディスプレイ17)に同時に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0151

ディスプレイ16,17には、図16に示すように、図14と同様の表示エリア16a〜16fやボタン16g〜16m,16q〜16sが表示されるとともに、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア16n〜16pが表示される。なお、ディスプレイ16,17には3つの対戦映像データが選択されたことから3つの対戦映像データ表示エリア16n〜16pが表示されているが、対戦映像データ表示エリアの数に特に限定はなく、2つの対戦映像データが選択されると、ディスプレイ16,17に2つの対戦映像データ表示エリアが表示され、または、4つ以上の対戦映像データが選択されると、ディスプレイ16,17に4つ以上の表示エリアが表示される。対戦映像データ表示エリア16n〜16pには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。

0152

それら対戦映像データ表示エリア16n〜16pには、一塁側方向から撮影された異なる時間における複数(3つ)の対戦映像データが同一画面に動画で表示される。ピッチング分析支援システム10は、同一方向から撮影された異なる時間における複数の対戦映像データ(第1〜第n対戦映像データ)を同一画面に同時に表示するから、異なる時間の複数の対戦映像データを同一の角度から見ることができ、それら対戦映像データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各種条件におけるバッティングを比較検討することができるとともに、バッターのバッティングを様々な場面において分析することができる。

0153

図17は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたバッティングフォーム映像データ表示画面の一例を示す図である。バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいて対戦映像データとバッティングフォーム映像データとを選択(反転)する。次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データ)の選択条件入力エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに絞り込み条件(球種としてカーブが入力されたものとする)を入力した後、画像画面データ表示ボタン13dをクリックする。

0154

画像画面データ表示ボタン13dをクリックすると、管理サーバ11は、指定した試合日、バッター、球団における球種がカーブのバッティングフォーム映像データ(第1〜第nバッティングフォーム映像データ)とそれに対応する対戦映像データとをディスプレイ16に同時に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0155

管理サーバ11は、指定した試合日、バッター、球団における球種がカーブのバッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信されたバッティングフォーム映像データと対戦映像データとをディスプレイ17に同時に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。なお、バッティングフォーム映像データのみをディスプレイ16,17に表示することもでき、バッティングフォーム映像データ取得手段を実施しつつ、バッティングフォーム映像データ表示手段を実施することもできる。

0156

ディスプレイ16,17には、図17に示すように、図14と同様の表示エリア17a〜17fやボタン17g〜17m,17p〜17rが表示されるとともに、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア17n、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア17oが表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア17nには、一塁側方向から撮影されたバッティングフォーム映像データが動画で表示され、対戦映像データ表示エリア17oには、一塁側方向から撮影された対戦映像データが動画で表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア17nには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。なお、バッティングフォーム映像データの動画では、過去(前)から現在(後)に向かって過去のバッティングフォーム映像データを残像として表示することもできる。

0157

バッティング分析支援システム10は、それらバッティングフォーム映像データを利用してバッターのバッティングフォームを把握することができ、バッティングフォームを迅速かつ正確に分析することができる。システム10は、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッターの様々なバッティングフォームを見ることができ、それら条件におけるバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。システム10は、タイミングが合わないときのバッティングフォームや凡打したときのバッティングフォーム、空振りしたときのバッティングフォーム等を見ることができるとともに、クリーンヒットしたときのバッティングフォームや長打したときのバッティングフォーム等を見ることができるから、ベストなバッティングをしたときのバッティングフォームとそれ以外のバッティングフォームとを比較することができ、ベストな状態のバッティングフォームを容易にイメージすることができる。

0158

図18は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたバッティングフォーム映像データ表示画面の他の一例を示す図である。図18のバッティングフォーム映像データ表示画面では、バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示することもできる。他のバッティングフォーム映像データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてバッティングフォーム映像データを選択する。

0159

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:バッティングフォーム映像データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(カーブ)とともに異方向同一時間を入力した後、データ表示ボタン13dをクリックすると、図15の場合と同様に、センター方向、一塁側方向、キャッチャー方向、三塁側方向、2方向、3方向、4方向等の方向や方向数を選択する方向選択画面がディスプレイ16,17に表示される。

0160

一塁側方向、センター方向を選択し、データ表示ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、異なる第1および第2方向(第1〜第n方向)から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データ(指定した試合日、バッター、球団における球種がカーブの複数のバッティングフォーム映像データ)を同一画面(ディスプレイ16)に同期して表示する(データ表示手段:バッティングフォーム映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0161

管理サーバ11は、異なる第1および第2方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:バッティングフォーム映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、異なる第1および第2方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面(ディスプレイ17)に同期して表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:バッティングフォーム映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0162

ディスプレイ16,17には、図18に示すように、図14と同様の表示エリア18a〜18fやボタン18g〜17m,18p〜18rが表示されるとともに、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア18n,18oが表示される。なお、3方向以上を選択すると、ディスプレイ16,17に3つ以上の表示エリアが表示される。それらバッティングフォーム映像データ表示エリア18n,18oには、一塁側方向とセンター方向との2方向(第1〜第n方向)から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データが同一画面に同期した動画または静止画で表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア18nには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。なお、バッティングフォーム映像データの動画では、過去(前)から現在(後)に向かって過去のバッティングフォーム映像データを残像として表示することもできる。

0163

バッティング分析支援システム10は、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同期して表示するから、バッティングフォームを様々な角度から見ることができ、それらバッティングフォーム映像データを利用してバッターのバッティングフォームを様々な角度から分析することができる。

0164

図19は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたバッティングフォーム映像データ表示画面の他の一例を示す図である。図19のバッティングフォーム映像データ表示画面では、バッティングフォーム映像データを対戦映像データとともに表示することもできる。他のバッティングフォーム映像データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてバッティングフォーム映像データを選択する。

0165

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:バッティングフォーム映像データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(カーブ)とともに同一方向異時間、一塁側方向を入力し、データ表示ボタン13dをクリックすると、図示はしていないが、同一方向(一塁側方向)から撮影された複数の対戦映像データや複数のバッティングフォーム映像データを表示した映像データ選択画面がディスプレイ16,17に表示される。

0166

映像データ選択画面には、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間の複数の対戦映像データの表題(タイトル、対戦映像データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)を表示した対戦映像データ選択エリア、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データの表題(タイトル、バッティングフォーム映像データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)を表示したバッティングフォーム映像データ選択エリア、データ表示ボタン、クリアボタン、戻るボタン、閉じるボタンが表示される。

0167

対戦映像データ選択エリアにおいて所定の対戦映像データを選択(図19では3つの対戦映像データを選択)し、または、バッティングフォーム映像データ選択エリアにおいて所定のバッティングフォーム映像データを選択(図19では3つのバッティングフォーム映像データを選択)し、データ表示ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、図19に示すように、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データ(指定した試合日、バッター名、球団名における球種がカーブの複数のバッティングフォーム映像データ)を同一画面(ディスプレイ16)に同時に表示する(データ表示手段:バッティングフォーム映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0168

管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:バッティングフォーム映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面(ディスプレイ17)に同時に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:バッティングフォーム映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0169

ディスプレイ16,17には、図19に示すように、図14と同様の表示エリア19a〜19fやボタン19g〜19m,19q〜19sが表示されるとともに、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア19n〜19pが表示される。なお、4つ以上のバッティングフォーム映像データが選択されると、ディスプレイ16,17に4つ以上のバッティングフォーム映像データ表示エリアが表示される。それらバッティングフォーム映像データ表示エリア19n〜19pには、一塁側方向から撮影された異なる時間における複数(3つ)のバッティングフォーム映像データが同一画面に動画または静止画で同時に表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア19n〜19pには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。なお、バッティングフォーム映像データの動画では、過去(前)から現在(後)に向かって過去のバッティングフォーム映像データを残像として表示することもできる。

0170

バッティング分析支援システム10は、同一方向から撮影された異なる時間における複数のバッティングフォーム映像データを同一画面に同時に表示するから、異なる時間の複数のバッティングフォームを同一の角度から一度に見ることができ、それらバッティングフォーム映像データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各種条件におけるバッティングフォームを比較検討することができるとともに、各条件におけるバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0171

図20は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示された重なり合うバッティングフォーム映像データ表示画面の一例を示す図である。図20の重なり合うバッティングフォーム映像データ表示画面では、重なり合うバッティングフォーム映像データとともに対戦映像データを表示することもできる。重なり合うバッティングフォーム映像データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてバッティングフォーム映像データを選択する。

0172

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:バッティングフォーム映像データ)の選択条件入力エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに絞り込み条件として重ね合わせ映像(なお、球種としてストレートが入力され、球速として140〜145kmが入力されたものとする)を入力した後、画像画面データ表示ボタン13dをクリックする。

0173

画像画面データ表示ボタン13dをクリックすると、管理サーバ11は、指定した試合日、バッター名、球団名、球種がストレート、球速が140〜145kmの異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データ(図20では2つのデータ)を重ね合わせた重なり合うバッティングフォーム映像データをバッティングフォーム映像データとともにディスプレイ16に表示する(データ表示手段:バッティングフォーム映像データ表示手段、重なり合うバッティングフォーム映像データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0174

管理サーバ11は、指定した試合日、バッター、球団、球種がカーブ、球速が140〜145kmの異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データを重ね合わせた重なり合うバッティングフォーム映像データをバッティングフォーム映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:バッティングフォーム映像データ配信手段、重なり合うバッティングフォーム映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された重なり合うバッティングフォーム映像データをバッティングフォーム映像データとともにディスプレイ17に表示し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを表示する(データ表示手段:バッティングフォーム映像データ表示手段、重なり合うバッティングフォーム映像データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0175

なお、バッティングフォーム映像データ取得手段とバッティングフォーム映像データ重ね合わせ手段とを実施しつつ、重なり合うバッティングフォーム映像データ表示手段を実施することもできる。また、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における重なり合うバッティングフォーム映像データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における重なり合うバッティングフォーム映像データを同一画面に同時に表示することもできる。

0176

ディスプレイ16,17には、図20に示すように、図14と同様の表示エリア20a〜20fやボタン20g〜20m,20q〜20sが表示されるとともに、重なり合うバッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示する重なり合うバッティングフォーム映像データ表示エリア20n、重ね合わせに使用されたバッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア20o,20pが表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア20nには、一塁側方向から撮影された重なり合うバッティングフォーム映像データが動画または静止画で表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア20o,20pには、一塁側方向から撮影されたバッティングフォーム映像データが動画または静止画で表示される。なお、重なり合うバッティングフォーム映像データの動画では、過去(前)から現在(後)に向かって過去のバッティングフォーム映像データを残像として表示することもできる。

0177

バッティング分析支援システム10は、異なる時間の重なり合う複数のバッティングフォームを一度に見ることができ、重なり合うバッティングフォーム映像データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件における様々なバッティングフォームを同時に比較検討することができ、各条件におけるバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0178

図21は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたボール軌道データ表示画面の一例を示す図である。図21のボール軌道データ表示画面には、ボール軌道データが対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示されている。ボール軌道データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてボール軌道データを選択する。

0179

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:ボール軌道データ)の選択条件入力エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに絞り込み条件(球種としてフォーク、球速として130〜135kmが入力されたものとする)を入力した後、画像画面データ表示ボタン13dをクリックする。画像画面データ表示ボタン13dをクリックすると、管理サーバ11は、指定した試合日、バッター名、球団名おける球種がフォーク、球速が130〜135kmのボール軌道データ(バッターが打ち返したボール軌道データを含む)を対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともにディスプレイ16に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、ボール軌道データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0180

管理サーバ11は、指定した試合日、バッター、球団における球種がフォーク、球速が130〜135kmのボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、ボール軌道データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信されたボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともにディスプレイ17に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、ボール軌道データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。なお、ボール軌道データ取得手段を実施しつつ、ボール軌道データ表示手段を実施することもできる。

0181

ディスプレイ16,17には、図21に示すように、図14と同様の表示エリア21a〜21fやボタン21g〜21m,21q〜21pが表示されるとともに、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア21n、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア21o、ボール軌道データの動画または静止画を表示するボール軌道データ表示エリア21pが表示される。対戦映像データ表示エリア21nには、一塁側方向から撮影された対戦映像データが動画で表示され、バッティングフォーム映像データ表示エリア21oには、一塁側方向から撮影されたバッティングフォーム映像データが動画で表示され、ボール軌道データ表示エリア21pには、ボール軌道データが動画または静止画で表示される。対戦映像データ表示エリア21nには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。

0182

バッティング分析支援システム10は、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボール軌道(バッターが打ち返したボール軌道を含む)とともに見ることができ、バッターのバッティングをボール軌道の点から分析することができる。システム10は、ボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各ボール軌道に対するバッティングフォームを把握することができ、ボール軌道に対するバッティングフォームからバッティングフォームの良い点や悪い点、得意な球種、不得意な球種、悪癖等を把握することができる。

0183

図22は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたボール軌道データ表示画面の他の一例を示す図である。図22のボール軌道データ表示画面では、ボール軌道データが対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示されている。他のボール軌道データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてボール軌道データを選択する。

0184

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:ボール軌道データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(フォーク)、球速(130〜135km)、異方向同一時間を入力した後、データ表示ボタン13dをクリックすると、センター方向、一塁側方向、キャッチャー方向、三塁側方向、2方向、3方向、4方向等の方向や方向数を選択する方向選択画面がディスプレイ16,17に表示される。

0185

一塁側方向、センター方向を選択し、データ表示ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、異なる第1および第2方向(第1〜第n方向)から撮影された同一時間におけるボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに(指定した試合日、バッター名、球団名における球種がフォーク、球速が130〜135kmのボール軌道データ、対戦映像データ、バッティングフォーム映像データ)を同一画面(ディスプレイ16)に同期して表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、ボール軌道データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0186

管理サーバ11は、異なる第1および第2方向から撮影された同一時間におけるボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、ボール軌道データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、異なる第1および第2方向から撮影された同一時間におけるボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに同一画面(ディスプレイ17)に同期して表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、ボール軌道データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0187

ディスプレイ16,17には、図22に示すように、図14と同様の表示エリア22a〜22fやボタン22g〜22m,22t〜22vが表示されるとともに、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア22n,22q、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア22o,22r、ボール軌道データの動画または静止画を表示するボール軌道データ表示エリア22p,22sが表示される。なお、3方向以上を選択すると、ディスプレイ16,17に3つ以上の表示エリアが表示される。対戦映像データ表示エリア22n,22qには、一塁側方向とセンター方向との異なる2方向から撮影された対戦映像データが動画または静止画で表示され、バッティングフォーム映像データ表示エリア22o,22rには、一塁側方向とセンター方向との異なる2方向から撮影されたバッティングフォーム映像データが動画または静止画で表示され、ボール軌道データ表示エリア22p,22sには、対戦映像データ表示エリア22n,22qに表示された対戦映像データにおけるボール軌道データが動画または静止画で表示される。対戦映像データ表示エリア22nには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度データが表示される。

0188

バッティング分析支援システム10は、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における複数のボール軌道データを同一画面に同期して表示するから、ボール軌道を様々な角度から見ることができ、それらボール軌道データを利用してバッターのバッティングを様々な角度におけるボール軌道とともに分析することができる。

0189

図23は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたボール軌道データ表示画面の他の一例を示す図である。図23のボール軌道データ表示画面には、ボール軌道データが対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示されている。他のボール軌道データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてボール軌道データを選択する。

0190

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:ボール軌道データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(フォーク)、球速(130〜135km)、同一方向異時間、一塁側方向を入力し、データ表示ボタン13dをクリックすると、図示はしていないが、同一方向(一塁側方向)から撮影された複数の対戦映像データや複数のバッティングフォーム映像データを表示した映像データ選択画面がディスプレイ16,17に表示される。

0191

映像データ選択画面には、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間の複数の対戦映像データの表題(タイトル、対戦映像データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)を表示した対戦映像データ選択エリア、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間の複数のバッティングフォーム映像データの表題(タイトル、バッティングフォーム映像データ取得日時、球種、球速、スイングMAX速度等)を表示したバッティングフォーム映像データ選択エリア、データ表示ボタン、クリアボタン、戻るボタン、閉じるボタンが表示される。

0192

対戦映像データ選択エリアにおいて所定の対戦映像データを選択(図23では2つの対戦映像データを選択)し、または、バッティングフォーム映像データ選択エリアにおいて所定のバッティングフォーム映像データを選択(図23では2つのバッティングフォーム映像データを選択)し、データ表示ボタンをクリックすると、管理サーバ11は、図23に示すように、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに(指定した試合日、バッター名、球団名における球種がフォーク、球速が130〜135kmの複数のボール軌道データ、対戦映像データ、バッティングフォーム映像データ)を同一画面(ディスプレイ16)に同時に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、ボール軌道データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0193

管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、ボール軌道データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データともに同一画面(ディスプレイ17)に同時に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、ボール軌道データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0194

ディスプレイ16,17には、図23に示すように、図14と同様の表示エリア23a〜23fやボタン23g〜23m,23t〜23vが表示されるとともに、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア23n,23q、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア23o,23r、ボール軌道データの動画または静止画を表示するボール軌道データ表示エリア23p,23sが表示される。なお、3つ以上の対戦映像データが選択されると、ディスプレイ16,17に3つ以上の対戦映像データ表示エリアやボール軌道データ表示エリアが表示される。対戦映像データ表示エリア23n,23qには、一塁側方向から撮影された異なる時間における複数(2つ)の対戦映像データが同一画面に動画で表示され、バッティングフォーム映像データ表示エリア23o,23rには、一塁側方向から撮影された異なる時間における複数(2つ)のバッティングフォーム映像データが同一画面に動画で表示され、ボール軌道データ表示エリア23p,23sには、対戦映像データ表示エリア23n,23qに表示された対戦映像データのボール軌道データが動画または静止画で表示される。対戦映像データ表示エリア23n,23qには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度データが表示される。

0195

バッティング分析支援システム10は、同一方向から撮影された異なる時間における複数のボール軌道データを同一画面に同時に表示するから、異なる時間の複数のボール軌道を同一の角度から見ることができ、それらボール軌道データを利用してボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティングフォームをボール軌道とともに比較検討することができるとともに、バッターのバッティングフォームを様々な条件におけるボール軌道とともに分析することができる。

0196

図24は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示された重なり合うボール軌道データ表示画面の一例を示す図である。図24の重なり合うボール軌道データ表示画面には、重なり合うボール軌道データが対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに表示されている。重なり合うボール軌道データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてボール軌道データを選択する。

0197

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:ボール軌道データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに重ね合わせ映像(なお、球種としてフォーク、球速として130〜135km、同一方向異時間、一塁側方向が入力されたものとする)を入力した後、データ表示ボタン13dをクリックする。

0198

データ表示ボタン13dをクリックすると、管理サーバ11は、指定した試合日、バッター名、球団名、球種がフォーク、球速が130〜135kmの同一方向(一塁側方向)から撮影された異なる時間の複数のボール軌道データを重ね合わせた重なり合うボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともにディスプレイ16に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、重なり合うボール軌道データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0199

管理サーバ11は、同一方向から撮影された異なる時間における複数の重なり合うボール軌道データを対戦映像データおよびバッティングフォーム映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、重なり合うボール軌道データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信された、同一方向(一塁側方向)および同一方向(センター方向)から撮影された異なる時間における複数の重なり合うボール軌道データと対戦映像データとを同一画面(ディスプレイ17)に同時に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、重なり合うボール軌道データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。なお、ボール軌道データ重ね合わせ手段を実施しつつ、重なり合うボール軌道データ表示手段を実施することもできる。

0200

ディスプレイ16,17には、図24に示すように、図14と同様の表示エリア24a〜24fやボタン24g〜24m,24s〜24uが表示されるとともに、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア24n,24p、バッティングフォーム映像データの動画または静止画を表示するバッティングフォーム映像データ表示エリア24o,24q、重なり合うボール軌道データの動画または静止画を表示する重なり合うボール軌道データ表示エリア24rが表示される。

0201

対戦映像データ表示エリア24n,24pには、一塁側方向から撮影された異なる時間における複数(2つ)の対戦映像データが同一画面に動画で表示され、ボールの球速、球種、スイングMAX速度が表示される。バッティングフォーム映像データ表示エリア24o,24qには、一塁側方向から撮影された異なる時間における複数(2つ)のバッティングフォーム映像データが同一画面に動画で表示され、ボール軌道データ表示エリア24rには、対戦映像データ表示エリア24n,24pに表示された対戦映像データの重なり合うボール軌道データが動画または静止画で表示される。なお、ボール軌道データ取得手段とボール軌道データ重ね合わせ手段とを実施しつつ、重なり合うボール軌道データ表示手段を実施することもできる。また、異なる第1〜第n方向から撮影された同一時間における重なり合うボール軌道データを同一画面に同期して表示し、または、同一方向から撮影された異なる時間における重なり合うボール軌道データを同一画面に同時に表示することもできる。

0202

バッティング分析支援システム10は、異なる時間の重なり合う複数のボール軌道データをバッティングフォーム映像データとともに一度に見ることができ、重なり合うボール軌道データを利用し、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件での重なり合うボール軌道に対するバッティングフォームに基づいてバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。

0203

図25は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたバットスイング軌道データ表示画面の一例を示す図である。図25の腕振り軌道データ表示画面には、バッティングフォーム映像に表されたバッティング開始からバッティング終了までのバットスイング軌道が対戦映像データとともに表示されている。バットスイング軌道データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてバットスイング軌道データを選択する。

0204

次に、図13のデータ表示画面(データ名表示エリア13a:バットスイング軌道データ)の選択条件入力示エリア13bに試合名を入力し、バッター名を入力するとともに、球団名を入力し、絞り込み条件入力エリア13cに球種(スライダー)、球速(135〜140km)、一塁側方向を入力した後、データ表示ボタン13dをクリックすると、管理サーバ11は、一塁側方向から撮影されたバッティングフォーム映像データに表されたバットスイング軌道データを対戦映像データとともに(指定した試合日、バッター名、球団名における球種(スライダー)、球速が135〜140kmのバットスイング軌道データ、対戦映像データ、バッティングフォーム映像データ)をディスプレイ16に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、バットスイング軌道データ表示手段)。さらに、球速データや球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ16に表示する(データ表示手段:球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。

0205

管理サーバ11は、バッティングフォーム映像データに表されたバットスイング軌道データを対戦映像データとともに情報端末12に配信し、球速データや球種データ、スイングMAX速度データを情報端末12に配信する(データ配信手段:対戦映像データ配信手段、バッティングフォーム映像データ配信手段、バットスイング軌道データ配信手段、球速データ配信手段、球種データ配信手段、スイングMAX速度データ配信手段)。情報端末12は、データ配信手段によってサーバ11から配信されたバッティングフォーム映像データに表されたバットスイング軌道データを対戦映像データとともにディスプレイ17に表示し、球速データ、球種データ、スイングMAX速度データをディスプレイ17に表示する(データ表示手段:対戦映像データ表示手段、バッティングフォーム映像データ表示手段、バットスイング軌道データ表示手段、球速データ表示手段、球種データ表示手段、スイングMAX速度データ表示手段)。なお、バットスイング軌道データ取得手段を実施しつつ、バットスイング軌道データ表示手段を実施することもできる。

0206

ディスプレイ16,17には、図25に示すように、図14と同様の表示エリア25a〜25fやボタン25g〜25m,25p〜25rが表示されるとともに、バッティングフォーム映像データに表されたバットスイング軌道データの動画または静止画を表示するバットスイング軌道データ表示エリア25nが表示され、対戦映像データの動画または静止画を表示する対戦映像データ表示エリア25oが表示される。バットスイング軌道データ表示エリア25nには、対戦映像データ表示エリア25oに表示された対戦映像データにおけるバットスイング軌道データが動画または静止画で表示される。対戦映像データ表示エリア25oには、一塁側方向から撮影された対戦映像データが動画で表示される。バットスイング軌道データ表示エリア25nには、ボールの球速や球種、スイングMAX速度が表示される。なお、バットスイング軌道データの動画では、過去(前)から現在(後)に向かって過去のバットスイング軌道データ(バッティングフォーム映像データを含む)を残像として表示することもできる。

0207

バッティング分析支援システム10は、ボールの球種毎や球速毎、バッティングの好調時、バッティングの不調時等の各条件におけるバッティング開始からバッティング終了までのバットスイング軌道を比較検討することができ、バッターのバッティングをバットスイング軌道の点から分析することができる。システム10は、各条件におけるバットスイング軌道を見ることができ、各条件におけるバットスイングの良い点や悪い点を把握することができる。

0208

バッティング分析支援システム10は、バットスイング軌道データをバッティングフォーム映像データとともに表示するから、各条件におけるバットスイング軌道に対するバッティングフォームからバッティングフォームの良い点や悪い点、悪癖等を把握することができる。システム10は、タイミングが合わないときのバットスイング軌道や凡打したときのバットスイング軌道、空振りしたときのバットスイング軌道等を見ることができるとともに、クリーンヒットしたときのバットスイング軌道や長打したときのバットスイング軌道等を見ることができるから、ベストなバッティングをしたときのバットスイング軌道とそれ以外のバットスイング軌道とを比較することができ、ベストな状態のバットスイング軌道を容易にイメージすることができる。

0209

図26は、ディスプレイ16,17(タッチパネルを含む)に表示されたバットスイング軌道データ表示画面の他の一例を示す図である。図26のバットスイング軌道データ表示画面には、バッティングフォーム映像に表されたバッティング開始からバッティング終了までのバットスイング軌道が対戦映像データとともに表示されている。他のバットスイング軌道データを表示する場合、図12のデータ表示画面の表示データ選択エリア12aにおいてバットスイング軌道データを選択する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 美津濃株式会社の「 野球用又はソフトボール用捕球具」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】使用感を改善することができる野球用又はソフトボール用捕球具を提供する。【解決手段】本発明の一態様に係る野球用又はソフトボール用捕球具は、親指を受け入れる第1指袋と、人差し指を受け入れる第2指袋... 詳細

  • 曾向謙の「 フェンシング用剣ケース」が 公開されました。( 2019/07/22)

    【課題】フェンシング用剣ケースを提供する。【解決手段】剣ケース100は対向して閉合されると共に閉鎖され、前記剣ケース100内部には収納フェンシングの剣先先端7及び剣台座の吻合に用いられる第一収容溝14... 詳細

  • ナイキイノベイトシーブイの「 エネルギー消費」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】ユーザの外肢に装着されるように構成された装置からのエネルギー消費値の計算に関する。【解決手段】動作データの腕振りピーク710とバウンスピーク714を検出することによってステップ数が定量化されう... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ