図面 (/)

技術 車両用ドアトリム

出願人 トヨタ紡織株式会社株式会社豊田自動織機トヨタ自動車株式会社
発明者 岡本賢治石原寛之新美浩一佐藤利勝
出願日 2014年3月28日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2014-068287
公開日 2015年11月2日 (4年11ヶ月経過) 公開番号 2015-189342
状態 特許登録済
技術分野 車両の内装・外装、防音・断熱 乗客設備 車両のドア
主要キーワード 延設壁 セット孔 後側部材 前側部材 介在部 連結リブ 車両用ドアパネル 締結箇所
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年11月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

側突時の衝撃吸収性能をより高くすることが可能な車両用ドアトリムを提供する。

解決手段

アームレスト40を備えるトリム本体部12と、アームレスト40の上面に形成されたボックス取付孔43に取り付けられるプルハンドルボックス60と、プルハンドルボックス60の周囲を囲む枠状をなすブラケット21と、を備え、ブラケット21の介在部24におけるトリム本体部12側の面には、力点部26が設けられ、介在部24におけるプルハンドルボックス60側の面には、支点部25及び作用点部27が設けられ、力点部26は、支点部25より下方に配され、作用点部27は、力点部26より下方に配されており、力点部26が車室外側押圧された場合には、プルハンドルボックス60に対する支点部25の当接箇所を支点として介在部24が回動し、作用点部27がプルハンドルボックス60を下方から押圧する構成であることに特徴を有する。

概要

背景

従来、プルハンドルボックスを備える車両用ドアトリムが知られている(例えば、下記特許文献1)。特許文献1のものでは、車両用ドアトリムのアームレストの上面に取付孔プルハンドルセット孔)が形成され、その取付孔にプルハンドルボックスが取り付けられている。乗員は、プルハンドルボックスの内部に手を差し入れることで、車両用ドア開閉を行うことができる。

概要

側突時の衝撃吸収性能をより高くすることが可能な車両用ドアトリムを提供する。アームレスト40を備えるトリム本体部12と、アームレスト40の上面に形成されたボックス取付孔43に取り付けられるプルハンドルボックス60と、プルハンドルボックス60の周囲を囲む枠状をなすブラケット21と、を備え、ブラケット21の介在部24におけるトリム本体部12側の面には、力点部26が設けられ、介在部24におけるプルハンドルボックス60側の面には、支点部25及び作用点部27が設けられ、力点部26は、支点部25より下方に配され、作用点部27は、力点部26より下方に配されており、力点部26が車室外側押圧された場合には、プルハンドルボックス60に対する支点部25の当接箇所を支点として介在部24が回動し、作用点部27がプルハンドルボックス60を下方から押圧する構成であることに特徴を有する。

目的

本発明は上記のような事情に基づいて完成されたものであって、側突時の衝撃吸収性能をより高くすることが可能な車両用ドアトリムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両用ドアパネル車室内側から覆う車両用ドアトリムであって、車室内側に膨出する形状をなすアームレストを備えるトリム本体部と、前記アームレストの上面に形成された取付孔に取り付けられるプルハンドルボックスと、前記車両用ドアパネルに取り付けられ、前記プルハンドルボックスの周囲を囲む枠状をなすブラケットと、を備え、前記ブラケットを構成する壁部のうち、車室内側の壁部は、前記トリム本体部の車室外側面と前記プルハンドルボックスの車室内側面の間に介在される介在部とされ、前記介在部における前記トリム本体部側の面には、前記トリム本体部側に突出する形状をなす力点部が設けられ、前記介在部における前記プルハンドルボックス側の面には、前記プルハンドルボックス側に突出する形状をなす支点部が設けられ、前記介在部における前記プルハンドルボックス側の面には、車室外側に突出する形状をなす作用点部が設けられ、前記力点部は、前記支点部より下方に配され、前記作用点部は、前記支点部より下方に配されており、前記力点部が車室外側に押圧された場合には、前記プルハンドルボックスに対する前記支点部の当接箇所を支点として前記介在部が回動し、前記作用点部が前記プルハンドルボックスを下方から押圧する構成である車両用ドアトリム。

請求項2

前記プルハンドルボックスは、底壁部と、前記底壁部の車室内側の端部から上方に立ち上がる側壁部と、を有し、前記作用点部は、前記底壁部及び前記側壁部によって構成される角部と対向配置される請求項1に記載の車両用ドアトリム。

請求項3

前記作用点部における前記プルハンドルボックス側の面は、車室外側に向かうにつれて下降傾斜する傾斜面とされる請求項1又は請求項2に記載の車両用ドアトリム。

請求項4

前記力点部は、車両前後方向に延びる長手状をなす請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の車両用ドアトリム。

技術分野

0001

本発明は、車両用ドアトリムに関する。

背景技術

0002

従来、プルハンドルボックスを備える車両用ドアトリムが知られている(例えば、下記特許文献1)。特許文献1のものでは、車両用ドアトリムのアームレストの上面に取付孔プルハンドルセット孔)が形成され、その取付孔にプルハンドルボックスが取り付けられている。乗員は、プルハンドルボックスの内部に手を差し入れることで、車両用ドア開閉を行うことができる。

先行技術

0003

実開平1−165726号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、車両の側突時における衝撃吸収性能をより高くするためには、側突時にアームレストを変形させることが求められる。しかしながら、アームレストの取付孔にプルハンドルボックスが取り付けられていると、プルハンドルボックスの分だけ、アームレストが変形し難く、この点において改善の余地があった。

0005

本発明は上記のような事情に基づいて完成されたものであって、側突時の衝撃吸収性能をより高くすることが可能な車両用ドアトリムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するために、本発明は、車両用ドアパネル車室内側から覆う車両用ドアトリムであって、車室内側に膨出する形状をなすアームレストを備えるトリム本体部と、前記アームレストの上面に形成された取付孔に取り付けられるプルハンドルボックスと、前記車両用ドアパネルに取り付けられ、前記プルハンドルボックスの周囲を囲む枠状をなすブラケットと、を備え、前記ブラケットを構成する壁部のうち、車室内側の壁部は、前記トリム本体部の車室外側面と前記プルハンドルボックスの車室内側面の間に介在される介在部とされ、前記介在部における前記トリム本体部側の面には、前記トリム本体部側に突出する形状をなす力点部が設けられ、前記介在部における前記プルハンドルボックス側の面には、前記プルハンドルボックス側に突出する形状をなす支点部が設けられ、前記介在部における前記プルハンドルボックス側の面には、車室外側に突出する形状をなす作用点部が設けられ、前記力点部は、前記支点部より下方に配され、前記作用点部は、前記支点部より下方に配されており、前記力点部が車室外側に押圧された場合には、前記プルハンドルボックスに対する前記支点部の当接箇所を支点として前記介在部が回動し、前記作用点部が前記プルハンドルボックスを下方から押圧する構成であることに特徴を有する。

0007

本発明において、側突時に乗員がトリム本体部に車室内側から接触した場合には、トリム本体部を介して力点部が車室外側に押圧される。すると、支点部とプルハンドルボックスの当接箇所を支点(回動中心)として介在部が回動する。この結果、作用点部がプルハンドルボックスを下方から押圧する。

0008

これにより、作用点部によってプルハンドルボックスを押し上げることができ、アームレストの取付孔からプルハンドルボックスを取り外すことができる。取付孔からプルハンドルボックスを取り外すことで、アームレストの剛性が低くなるから、アームレストをより容易に変形させることができ、側突時の衝撃吸収性能をより高くすることができる。

0009

また、本発明では、力点部、支点部、作用点部を、プルハンドルボックスを囲んで保持する部材であるブラケットに設けてある。このため、プルハンドルボックスを押し上げるための部材を別に設ける必要がなく、より簡易な構成とすることができる。

0010

また、前記プルハンドルボックスは、底壁部と、前記底壁部の車室内側の端部から上方に立ち上がる側壁部と、を有し、前記作用点部は、前記底壁部及び前記側壁部によって構成される角部と対向配置されるものとすることができる。

0011

このような構成とすれば、比較的剛性の高い部分である角部を作用点部で押圧することができ、プルハンドルボックスをより確実に押し上げることができる。

0012

また、前記作用点部における前記プルハンドルボックス側の面は、車室外側に向かうにつれて下降傾斜する傾斜面とされるものとすることができる。

0013

このようにすれば、側突時に介在部が回動すると、作用点部におけるプルハンドルボックス側の面が上方を向く。これにより、より確実にプルハンドルボックスを上方に押圧することができる。

0014

また、前記力点部は、車両前後方向に延びる長手状をなすものとすることができる。このような構成とすれば、トリム本体部によって力点部が車室外側に押圧される際に、介在部の車両前後方向に亘って力を作用させることができる。これにより、介在部をより確実に回動させることができる。

発明の効果

0015

本発明によれば、側突時の衝撃吸収性能をより高くすることが可能な車両用ドアトリムを提供することができる。

図面の簡単な説明

0016

本発明の一実施形態に係る車両用ドアトリムを示す斜視図
図1の車両用ドアトリムを示す分解斜視図
図2においてブラケットを拡大して示す拡大図
図3のブラケットを車室外側から視た斜視図
ブラケット及びアームレストを示す断面図(図1のV−V線で切断した図に対応)
ブラケット及びアームレストを示す断面図(ブラケットとインナパネル締結箇所で切断した図)
側突時におけるブラケットの作用を示す断面図

実施例

0017

本発明の一実施形態を図1ないし図7によって説明する。本実施形態では、車両に設けられるドアトリム11(車両用ドアトリム)を例示する。ドアトリム11は、車両ボデーを構成するインナパネル18(車両用ドアパネル、図5参照)を車室内側(図5の左側)から覆うものとされ、インナパネル18に対して、例えばクリップ(図示せず)などを介して取り付けられている。

0018

ドアトリム11は、図1及び図2に示すように、トリム本体部12と、オーナメント20と、プルハンドルボックス60と、を備えている。トリム本体部12は、トリムボード13と、アームレスト前側部材41と、アームレスト後側部材51と、を備えている。

0019

トリムボード13には、図2に示すように、車両前後方向に延びる開口部13Aが形成されており、オーナメント20、アームレスト前側部材41、及びアームレスト後側部材51は、開口部13Aに嵌合する形でトリムボード13に取り付けられている。また、トリムボード13の下部には、スピーカーグリル14と、ドアポケット15が設けられている。

0020

トリム本体部12は、図1に示すように、車室内側に膨出する形状をなすアームレスト40を備えている。アームレスト40は、オーナメント20の下方に設けられ、アームレスト前側部材41とアームレスト後側部材51によって主に構成されている。アームレスト後側部材51は、アームレスト40の車両後側の部分を構成するもので、乗員が腕やなどを載置するためのアーム載置面51Aを有している。

0021

一方、アームレスト前側部材41は、アームレスト40の車両前側の部分を構成するもので、図2に示すように、アームレスト40の上面を構成する上壁部41Aを備えている。上壁部41Aには、プルハンドルボックス60が取り付けられるボックス取付孔43(取付孔)が形成されている。

0022

ボックス取付孔43は、上壁部41Aを上下方向に貫通することで形成されており、上壁部41Aのほぼ全面に亘って形成されている。プルハンドルボックス60は、ボックス取付孔43に対して上方から取り付けられている。

0023

上壁部41Aの車室外側の端部には上方へ立ち上がる立壁部45が立設されている。立壁部45の車室内側の面は、図1に示すように、オーナメント20の車室内側の面とほぼ面一をなしている。また、立壁部45には、インサイドハンドル(図示せず)を取り付けるためのインサイドハンドル取付孔42が車室内外方向に貫通されている。

0024

一方、上壁部41Aの車室内側の端部には、下方に延びる延設壁部47が形成されている。延設壁部47の車室内側の面は、トリムボード13の車室内側の面とほぼ面一をなしている(図5参照)。

0025

プルハンドルボックス60は、図5に示すように、上方に開口された凹部61を有する略箱状のボックス本体部62を備えている。ボックス本体部62の上端部には、その全周に亘ってフランジ部63が形成されている。なお、フランジ部63の車両前端部は、図1に示すように、車両前方に延びており、スイッチベース16が一体的に設けられている。

0026

ボックス本体部62は、ボックス取付孔43に対して上方から挿通されており、フランジ部63は、ボックス取付孔43の孔縁部に支持されている。フランジ部63の下面には、下方に突出する取付爪64A,64Bが複数個形成されている。

0027

フランジ部63における車室内側の部分に形成された取付爪64Aは、ボックス取付孔43の孔縁部に対して下方から係止される。これにより、プルハンドルボックス60がボックス取付孔43から抜け止めされている。また、フランジ部63における車室外側の部分に形成された取付爪64Bは、ボックス取付孔43の孔縁部に形成された挿通孔46に対して上方から挿通されている。

0028

オーナメント20は、図2に示すように、車両前後方向に長い板状をなしている。オーナメント20の下端部には、ブラケット21が一体的に形成されている。ブラケット21は、オーナメント20の下端部から車室内側に延びており、プルハンドルボックス60のボックス本体部62に対応する箇所に配されている。

0029

ブラケット21は、図3及び図5に示すように、上下方向に貫通されたブラケット開口部21Bを有しており、プルハンドルボックス60のボックス本体部62の周囲を囲む枠状をなしている。ブラケット21は、ボックス本体部62を保持する機能を担っている。

0030

ブラケット21を構成する壁部のうち、車室外側の壁部21Aには、複数のビス挿通孔22が貫通形成されている。ビス挿通孔22には、図6に示すように、ビス23が車室内側から挿通されている。ビス23の先端部は、インナパネル18の締結孔18Aに締結されている。ブラケット21をインナパネル18に取り付けることで、ブラケット21の剛性をより高くすることができ、ボックス本体部62をより確実に保持することができる。

0031

ブラケット21を構成する壁部のうち、車室内側の壁部は、延設壁部47の車室外側面47Aとボックス本体部62の車室内側面62Aとの間に介在される介在部24とされる。介在部24は、図6に示すように、断面視において下部が車室外側に突き出した段差状をなしている。

0032

介在部24の車室外側の面における上端には、ボックス本体部62側に突出する形状をなす支点部25(第1突出部)が設けられている。支点部25は、図4に示すように、車両前後方向に延びる長手状をなしている。支点部25の突出端は、ボックス本体部62における車室内側面62Aに当接している。また、図4及び図6に示すように、支点部25は、複数の連結リブ28を介して介在部24と連結されている。

0033

介在部24の車室内側の面において支点部25より下方となる箇所には、延設壁部47側に突出する形状をなす力点部26(第2突出部)が設けられている。力点部26の突出端は、延設壁部47の車室外側面47Aに当接している。力点部26は、図3に示すように、車両前後方向に沿って延びる長手状をなしている。

0034

このような介在部24を備えることで、プルハンドルボックス60の側壁部67と延設壁部47との間の隙間を塞ぐことができる。これにより、乗員が凹部61に手を差し入れてプルハンドルボックス60を車室内側へ引っ張った際に側壁部67が撓む事態を抑制できる。

0035

介在部24の下部において車室外側の面には、図6に示すように、車室外側に突出する形状をなす作用点部27(第3突出部)が設けられている。作用点部27は、支点部25及び力点部26よりも下方に配されている。作用点部27は、車両の側突時にボックス本体部62を下方から押圧する押圧部とされる(詳しくは後述)。

0036

作用点部27は、側面視において三角形状をなすリブとされ、ボックス本体部62における角部65と対向する対向面27Aを有している。作用点部27は、図4に示すように、車両前後方向に沿って複数個(本実施形態では、例えば5個)配列されている。

0037

対向面27Aは、車室外側に向かうにつれて下降傾斜する傾斜面とされ、ボックス本体部62の角部65を下方且つ車室内側から覆う形で配されている。なお、ボックス本体部62の角部65は、ボックス本体部62の底壁部66と、底壁部66の車室内側の端部から上方に立ち上がる側壁部67(車室内側の側壁部)によって構成されている。

0038

次に本実施形態の作用及び効果について説明する。側突時において、インナパネル18が車室内側に押圧されて、乗員J1(図7の2点鎖線参照)が延設壁部47に車室内側から接触した場合には、図7に示すように、延設壁部47を介して力点部26が車室外側に押圧される。

0039

すると、支点部25とプルハンドルボックス60の当接箇所を支点P1(回動中心)として介在部24が図7反時計回り図7矢線R1で示す)に回動する。この結果、作用点部27は上方に変位し、作用点部27の対向面27Aがプルハンドルボックス60の角部65を下方から押圧する。

0040

これにより、作用点部27によってプルハンドルボックス60を押し上げることができ、ボックス取付孔43からプルハンドルボックス60を取り外すことができる。ボックス取付孔43からプルハンドルボックス60を取り外すことで、アームレスト40の剛性が低くなるから、アームレスト40をより容易に変形させることができ、側突時の衝撃吸収性能をより高くすることができる。

0041

また、プルハンドルボックス60は、底壁部66と、底壁部66の車室内側の端部から上方に立ち上がる側壁部67と、を有し、作用点部27は、底壁部66及び側壁部67によって構成される角部65と対向配置される。

0042

このような構成とすれば、比較的剛性の高い部分である角部65を作用点部27で押圧することができ、プルハンドルボックス60をより確実に押し上げることができる。

0043

また、作用点部27におけるプルハンドルボックス60側の面(対向面27A)は、車室外側に向かうにつれて下降傾斜する傾斜面とされる。

0044

このようにすれば、側突時に介在部24が回動すると、作用点部27におけるプルハンドルボックス60側の対向面27Aが上方を向く。これにより、より確実にプルハンドルボックス60を上方に押圧することができる。

0045

また、力点部26は、車両前後方向に延びる長手形状をなしている。このような構成とすれば、延設壁部47によって力点部26が車室外側に押圧される際に、介在部24の車両前後方向に亘って力を作用させることができる。これにより、介在部24に対して車室外側の荷重をより確実に作用させることができ、介在部24をより確実に回動させることができる。

0046

また、力点部26を長手形状とすることで、延設壁部47に対して力点部26を線当たり(当接箇所が線状をなすこと)させることができる。これにより、例えば、車両の振動などで延設壁部47が振動した場合などに、力点部26と延設壁部47とが離間することを抑制できる。これにより、力点部26が延設壁部47に対して離間と当接を繰り返すことで異音が発生する事態を抑制できる。

0047

また、本実施形態では、力点部26、支点部25、作用点部27を、プルハンドルボックス60を囲んで保持する部材であるブラケット21に設けてある。このため、側突時に、プルハンドルボックス60を押し上げるための部品を別に設ける必要がなく、より簡易な構成とすることができる。

0048

また、本実施形態では、プルハンドルボックス60は、取付爪64A,64Bによってアームレスト前側部材41に対して上方から取り付けられている。このため、例えば、熱カシメやビスなどの締結手段でプルハンドルボックス60を固定する構成と比べて、作用点部27がプルハンドルボックス60を上方に押圧した際に、プルハンドルボックス60をボックス取付孔43から外し易い。

0049

また、本実施形態では、上方から支点部25、力点部26、作用点部27の順番に配されている。このようにすれば、力点部26が作用点部27の下方にある構成と比べて、力点部26に力が作用した際の作用点部27の回動量をより大きくすることができる。これにより、側突時において、プルハンドルボックス60を作用点部27によって、より上方まで押し上げることができ、プルハンドルボックス60をボックス取付孔43から、より確実に取り外すことができる。

0050

また、本実施形態では、支点部25とプルハンドルボックス60との当接箇所が支点P1となり、力点部26と延設壁部47との当接箇所が力点P2となり、作用点部27と角部65との当接箇所が作用点P3となる(図7参照)。ここで、図6に示すように、上下方向における支点P1から力点P2までの距離L1は、上下方向における力点P2から作用点P3までの距離L2よりも小さくなっている。つまり、力点P2が支点P1に対してより近い側に配されているため、力点部26に力が作用した際の作用点部27の回動量をより大きくすることができる。

0051

<他の実施形態>
本発明は上記記述及び図面によって説明した実施形態に限定されるものではなく、例えば次のような実施形態も本発明の技術的範囲に含まれる。

0052

(1)上記実施形態では、作用点部27の対向面27Aが下方且つ車室内側からボックス本体部62を覆う構成としたが、これに限定されない。対向面27Aは、介在部24が支点部25を支点として回動した際にボックス本体部62を下方から押圧する面であればよい。例えば、対向面27Aを傾斜面とせず、上方のみを向く面としてもよい。

0053

(2)上記実施形態では、ブラケット21がオーナメント20と一体的に設けられている構成を例示したが、これに限定されない。

0054

(3)上記実施形態では、アームレスト40(アームレスト前側部材41及びアームレスト後側部材51)がトリムボード13と別部材である構成を例示したが、これに限定されない。例えば、アームレスト40(ひいては延設壁部47)がトリムボード13と一体的に設けられていてもよい。

0055

(4)上記実施形態では、支点部25が側壁部67に当接され、力点部26が延設壁部47に当接されている構成を例示したが、これに限定されない。支点部25は、側壁部67に対して離間されていてもよく、側突時にのみ側壁部67に当接する構成としてもよい。また、力点部26は、延設壁部47に対して離間されていてもよく、側突時のみに延設壁部47に当接する構成としてもよい。

0056

(5)上記実施形態では、作用点部27が力点部26より下方に設けられている構成を例示したが、作用点部27は、支点部25の下方にあればよい。例えば、作用点部27が力点部26より上方に設けられていてもよい。

0057

(6)上記実施形態では、作用点部27が角部65と離間されている構成を例示したが、これに限定されない。作用点部27が角部65に当接されていてもよい。

0058

11…ドアトリム(車両用ドアトリム)、12…トリム本体部、18…インナパネル(車両用ドアパネル)、21…ブラケット、24…介在部、25…支点部、26…力点部、27…作用点部、27A…対向面(車室外側に向かうにつれて下降傾斜する傾斜面)、40…アームレスト、43…ボックス取付孔(取付孔)、47A…延設壁部の車室外側面(トリム本体部の車室外側面)、60…プルハンドルボックス、62A…ボックス本体部の車室内側面(プルハンドルボックスの車室内側面)、65…角部、66…底壁部、67…側壁部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • トヨタ車体株式会社の「 車両のドア開閉装置」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】ドアの使い勝手を向上させることができる車両のドア開閉装置を提供する。【解決手段】車両11のドア開閉装置は、車両11の乗降口18を開閉する左リアドア16及び右リアドア17をそれぞれ開閉駆動する左... 詳細

  • アイシン精機株式会社の「 車両用乗車補助装置、車両用乗車補助装置の制御部及び車両の乗車補助方法」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】乗車補助対象物の乗車を補助する際の煩わしさをより低減できる車両用乗車補助装置、車両用乗車補助装置の制御部及び車両の乗車補助方法を提供する。【解決手段】車両のボデー2に出没可能に設けられ、該ボデ... 詳細

  • 森六テクノロジー株式会社の「 飲料容器保持装置」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】底面部及びフラップが互いに干渉することを防止しつつ、底面部の大型化を図ることのできる飲料容器保持装置を提供すること。【解決手段】飲料容器保持装置(20)は、ホルダ本体(30)に上下方向にスイン... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ