図面 (/)

技術 学習用教材

出願人 株式会社新興出版社啓林館
発明者 奥村貴
出願日 2014年3月18日 (6年9ヶ月経過) 出願番号 2014-054252
公開日 2015年10月5日 (5年2ヶ月経過) 公開番号 2015-174409
状態 特許登録済
技術分野 本・特殊印刷物
主要キーワード 学習用教材 色弱者 色覚特性 色覚者 一般色覚者 色覚障害 同系統 学習教材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年10月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

色覚障害を持たない一般色覚者はもとより、色覚特性の異なる様々なタイプの色弱者に対しても充分に暗記による学習効果が得られる学習用教材を提供する。

解決手段

色弱者が識別可能な色のフィルタ30と、少なくとも文字40又は図柄のいずれか一方を印刷した媒体20と、を備え、文字40及び図柄は、フィルタ30と同色の色を含む混合色により印刷されるとともに、媒体20に印刷した地網41の上に印刷され、地網41は、文字40及び図柄を印刷した際に文字40及び図柄が識別可能な色、且つフィルタ30を媒体20に重ねた際に濃く見える色、により印刷され、フィルタ30を媒体20に重ねた際に、文字40及び図柄の視認性を低くすることで文字40及び図柄の暗記を促すように構成する。

概要

背景

従来、暗記用の学習用教材として、赤色フィルタ或いは緑色フィルタを用いたものが多く存在する。

例えば、特許文献1においては、赤色フィルタと、シアンインク濃度が15%乃至35%の色の色地と、イエローインクマゼンタインクとの混合色文字とが印刷された特定領域を有する媒体とを具備し、上記赤色フィルタを重ねた際に上記色地の模様視認性を高め、上記文字の視認性を低くすることで当該文字の暗記を促す学習用教材が開示されている。

概要

色覚障害を持たない一般色覚者はもとより、色覚特性の異なる様々なタイプの色弱者に対しても充分に暗記による学習効果が得られる学習用教材を提供する。色弱者が識別可能な色のフィルタ30と、少なくとも文字40又は柄のいずれか一方を印刷した媒体20と、を備え、文字40及び柄は、フィルタ30と同色の色を含む混合色により印刷されるとともに、媒体20に印刷した地網41の上に印刷され、地網41は、文字40及び柄を印刷した際に文字40及び柄が識別可能な色、且つフィルタ30を媒体20に重ねた際に濃く見える色、により印刷され、フィルタ30を媒体20に重ねた際に、文字40及び柄の視認性を低くすることで文字40及び柄の暗記を促すように構成する。

目的

本発明は、色覚障害を持たない一般色覚者はもとより、色覚特性の異なる様々なタイプの色弱者に対しても充分に暗記による学習効果が得られる学習用教材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

色弱者識別可能な色のフィルタと、少なくとも文字又は図柄のいずれか一方を印刷した媒体と、を備え、前記文字及び図柄は、前記フィルタと同色の色を含む混合色により印刷されるとともに、前記媒体に印刷した地網の上に印刷され、前記地網は、前記文字及び図柄を印刷した際に前記文字及び図柄が識別可能な色、且つ前記フィルタを前記媒体に重ねた際に濃く見える色、により印刷され、前記フィルタを前記媒体に重ねた際に、前記文字及び図柄の視認性を低くすることで前記文字及び図柄の暗記を促すことを特徴とする学習用教材

請求項2

青色フィルタと、少なくとも文字又は図柄のいずれか一方を印刷した媒体と、を備え、前記文字及び図柄は、シアンインクマゼンダインクとの混合色により印刷されるとともに、前記媒体に印刷したマゼンダインクの地網の上に印刷され、前記青色フィルタを前記媒体に重ねた際に、前記文字及び図柄の視認性を低くすることで前記文字及び図柄の暗記を促すことを特徴とする学習用教材。

技術分野

0001

本発明は、色弱者使用可能な暗記用の学習用教材に関するものである。

背景技術

0002

従来、暗記用の学習用教材として、赤色フィルタ或いは緑色フィルタを用いたものが多く存在する。

0003

例えば、特許文献1においては、赤色フィルタと、シアンインク濃度が15%乃至35%の色の色地と、イエローインクマゼンタインクとの混合色文字とが印刷された特定領域を有する媒体とを具備し、上記赤色フィルタを重ねた際に上記色地の模様視認性を高め、上記文字の視認性を低くすることで当該文字の暗記を促す学習用教材が開示されている。

先行技術

0004

特許第4796763号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、特許文献1のような従来の学習教材においては、文字に重ねるフィルタが赤色或いは緑色のフィルタであり、または、媒体の文字が赤色或いは緑色の文字であることから、特に、赤色或いは緑色の判別が難しい色弱者(D型色弱者、P型色弱者)にとっては、充分に学習効果が得られないという問題があった。

0006

具体的には、図2(a)に示すように、赤色の文字120(例えば「化学式」、「単体」等の文字)が記載された媒体100に赤色のフィルタ110を重ねた場合、色覚障害を持たない者(C型色覚の者、一般色覚者)は、図2(b)に示すように、赤色の文字120の部分のみが見えなくなるのに対し、赤色が色っぽく見える色弱者(D型色弱者)及び赤色が黒っぽく見える色弱者(P型色弱者)においては、図2(c)に示すように、赤色のフィルタ110を重ねた部分全体黒色に見えてしまうため、隠したい赤色の文字120以外の文字まで見えなくなる。

0007

そこで、本発明は、色覚障害を持たない一般色覚者はもとより、色覚特性の異なる様々なタイプの色弱者に対しても充分に暗記による学習効果が得られる学習用教材を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記課題を解決するため、請求項1の発明に係る学習用教材は、色弱者が識別可能な色のフィルタと、少なくとも文字又は図柄のいずれか一方を印刷した媒体と、を備え、前記文字及び図柄は、前記フィルタと同色の色を含む混合色により印刷されるとともに、前記媒体に印刷した地網の上に印刷され、前記地網は、前記文字及び図柄を印刷した際に前記文字及び図柄が識別可能な色、且つ前記フィルタを前記媒体に重ねた際に濃く見える色、により印刷され、前記フィルタを前記媒体に重ねた際に、前記文字及び図柄の視認性を低くすることで前記文字及び図柄の暗記を促すものである。

0009

上記構成によれば、色弱者が識別可能な色のフィルタ、文字及び図柄を用いて、フィルタを媒体に重ねた際の文字及び図柄の視認性を低くする。

0010

上記課題を解決するため、請求項2の発明に係る学習用教材は、青色フィルタと、少なくとも文字又は図柄のいずれか一方を印刷した媒体と、を備え、前記文字及び図柄は、シアンインクマゼンダインクとの混合色により印刷されるとともに、前記媒体に印刷したマゼンダインクの地網の上に印刷され、前記青色フィルタを前記媒体に重ねた際に、前記文字及び図柄の視認性を低くすることで前記文字及び図柄の暗記を促すものである。

0011

上記構成によれば、D型色弱者及びP型色弱者の両方の色弱者に対して識別可能な青色フィルタ及び青系の文字(シアン系の文字)を用いて、青色フィルタを媒体に重ねた際の文字及び図柄の視認性を低くする。

発明の効果

0012

本発明の効果として、以下に示すような効果を奏する。すなわち、上記学習用教材によると、色弱者が識別可能な色のフィルタ、文字及び図柄を用いて、フィルタを媒体に重ねた際の文字及び図柄の視認性を低くすることから、色覚障害を持たない一般色覚者はもとより、色覚特性の異なる様々なタイプの色弱者に対しても充分に暗記による学習効果が得られる。

図面の簡単な説明

0013

(a)は、本発明に係る学習用教材の構成を示す図、(b)は、本発明に係る学習用教材の媒体にフィルタを重ねた際の様子を示す図である。
(a)は、従来の学習用教材の構成を示す図、(b)は、従来の学習用教材の媒体にフィルタを重ねた際に、一般色覚者が見ている状態を示す図、(c)は、従来の学習用教材の媒体にフィルタを重ねた際に、D型色覚者及びP型色覚者が見ている状態を示す図である。

実施例

0014

以下に、本発明に係る学習用教材10について図1に基づき説明する。

0015

図1に示すように、学習用教材10は、対象となる文字或いは図柄の暗記を促すための書籍等の学習用教材であり、媒体20と、フィルタ30と、により主に構成されている。学習用教材10は、フィルタ30を媒体20に重ねることで、媒体20に印刷された暗記対象の文字或いは図柄の視認性を低くし、暗記対象の文字或いは図柄の暗記を促すものである。

0016

媒体20は、文字或いは図柄等が印刷可能な紙等の媒体である。図1(a)に示すように、媒体20には、少なくとも文字又は図柄のいずれか一方が印刷されている。なお、以下においては、媒体20に文字を印刷した場合について説明する。

0017

フィルタ30は、所定の明度光線透過率)の青色のフィルタである。すなわち、フィルタ30は、色弱者(D型色弱者及びP型色弱者)が識別可能な色のフィルタにより形成される。フィルタ30を青色とすることで、フィルタ30を媒体20に重ねた際に、D型色弱者及びP型色弱者の両方の色弱者が識別可能な青色系の文字(シアン系の文字)の視認性を充分に低下させることができる。
フィルタ30の明度(光線透過率)は、媒体20の材質紙質)、後述する暗記対象の文字40及び地網41におけるインク濃度、媒体20における暗記対象の文字40及び地網41の印刷状態により決定される。なお、フィルタ30は、青色のフィルタに限定されるものではなく、色弱者が識別可能な色のフィルタであれば構わない。

0018

媒体20に印刷される文字のうち暗記対象の文字40は、フィルタ30と同色或いは同系統の色(例えば、シアンとマゼンダ)を含む混合色により印刷される。すなわち、色弱者が識別可能な色を含む混合色により印刷される。具体的には、例えば、インク濃度が60〜80%濃度のシアン(C)インクと、インク濃度が40〜50%濃度のマゼンダ(M)インクと、を混合した混合色のインクにより印刷される。暗記対象の文字40を青色に近いシアン系の文字とすることで、青色の識別に支障のない色弱者(例えば、D型色弱者及びP型色弱者)が、容易に暗記対象の文字40を読み取ることができる。また、暗記対象の文字40を、マゼンダ(M)インクを混合した混合色のインクにより印刷することで、フィルタ30を媒体20重ねた際の暗記対象の文字40の視認性をより低下させることができる。
暗記対象の文字40の印刷に用いられるシアン(C)インク及びマゼンダ(M)インクのインク濃度は、印刷する媒体20の材質(紙質)により決定される。

0019

また、図1(a)に示すように、暗記対象の文字40は、背景として印刷された地網41上に印刷される。地網41は、暗記対象の文字40を印刷した際に暗記対象の文字40が識別可能な色、且つフィルタ30を媒体20に重ねた際に濃く見える色、により印刷される。具体的には、例えば、所定のインク濃度のマゼンダ(M)インクにより印刷される。地網41をマゼンダ(M)インクにより印刷することで、シアン(C)系の暗記対象の文字40を印刷した際に暗記対象の文字40を識別可能であり、且つフィルタ30を重ねた際の暗記対象の文字40の視認性をより低下させることができる。そして、マゼンダ(M)インクを混合した混合色のインクにより暗記対象の文字40を地網41上に印刷することで、暗記対象の文字40の視認性をさらに低下させることができる。
地網41に用いられるマゼンダインクのインク濃度は、媒体20の材質(紙質)、暗記対象の文字40におけるシアン(C)インクのインク濃度及びマゼンダ(M)インクのインク濃度、フィルタ30の明度(光線透過率)等により決定される。

0020

次に、学習用教材10において、フィルタ30を媒体20に重ねた際の作用について説明する。

0021

図1(b)に示すように、フィルタ30を媒体20に重ねると、地網41上に印刷された暗記対象の文字40のみが見えなくなる。このことは、暗記対象の文字40に用いられるシアン(C)インクとマゼンダ(M)インクとの混合色が、青色のフィルタ30を重ねることにより薄い影に見え、地網41に用いられるマゼンダ(M)インクが、青色のフィルタ30を重ねることにより濃い影に見えることにより起こる。ここで、フィルタ30を青色で形成していることから、D型色弱者及びP型色弱者の両方の色弱者は、フィルタ30を青色と認識し、黒色等の他の色には認識しない。また同様に、暗記対象の文字40を青色系の文字(シアン系の文字)で印刷していることから、D型色弱者及びP型色弱者の両方の色弱者は、暗記対象の文字40を別の色の文字(例えば、茶色の文字)として認識することはない。そのため、フィルタ30を媒体20に重ねることで、D型色弱者及びP型色弱者の両方の色弱者に対して、暗記対象の文字40は見えない(暗記対象の文字40が別の色の文字として認識されない)。なお、一般色覚者についてもフィルタ30及び暗記対象の文字40が青色であることは認識できるため、同様に、暗記対象の文字40は見えない。

0022

以上のように、学習用教材10によると、色弱者が識別可能な青色のフィルタ30、暗記対象の文字40を用いて、フィルタ30を媒体20に重ねた際の暗記対象の文字40の視認性を低くすることから、色覚障害を持たない一般色覚者はもとより、色覚特性の異なる様々なタイプの色弱者に対しても充分に暗記による学習効果が得られる。

0023

10学習用教材
20フィルタ
30媒体
40暗記対象の文字
41 地網

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ケイディケイ株式会社の「 折り畳み名刺」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】複数の葉片が奇抜な立体的な形態に展開されるため受取人により強いインパクト・興味を与えると共に今までになく多くの情報を伝達することができる折り畳み名刺を提供する。【解決手段】縦方向の折り線7を介... 詳細

  • 株式会社リヒトラブの「 ノート」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】筆記具を保持させることが可能なノートを提供する。【解決手段】ノートは、表表紙と、裏表紙と、前記表表紙及び裏表紙の一辺部を連結する連結具と、前記裏表紙の他辺部から前記表表紙よりも外側に延出した延... 詳細

  • 前田 悦志の「 カード式次回予約書き換え機能。」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】診察券等に記入欄がいっぱい毎にシールを何度も張り替える事は、手間で有りシール代の経済的負担もある。また、一般的な記入シールはたくさん記入出来るように記入欄が小さく見づらかった。従って、カードに... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ