図面 (/)

技術 異常発信検知装置及び方法

出願人 株式会社日立製作所
発明者 稲田守大森尉久鈴木義久
出願日 2014年2月20日 (7年8ヶ月経過) 出願番号 2014-031114
公開日 2015年8月27日 (6年1ヶ月経過) 公開番号 2015-156155
状態 特許登録済
技術分野 デジタル計算機の試験診断 ハードウェアの冗長性 エラーの検出
主要キーワード 判定基準範囲 立上り期間 発振検知 鉄道保安装置 立下り期間 頻度閾値 クロック分配装置 各発振器
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年8月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ステム信頼性を向上させ得る発振異常検知装置及び方法を提案する。

解決手段

二重化された処理部にそれぞれ設けられ、同じ周波数の第1のクロック信号を出力する各発振器の異常を検知する発振器異常検知装置及び方法において、第1のクロック信号の整数倍の周波数を有する第2のクロック信号を生成し、各処理部において、自系の発振器から出力された第1のクロック信号と、他系の発振器から出力された第1のクロック信号とをそれぞれ別個に第2のクロック信号と比較し、各処理部において、当該比較の結果に基づいて自系及び他系の発振器の異常の有無をそれぞれ判定するようにした。

概要

背景

鉄道運行ステムにおいて、信号灯転てつ機を制御する鉄道保安装置故障は、重大事故につながる可能性がある。このため鉄道保安装置は、通常、部品故障を確実に検出する回路を付加するなどしてフェールセーフに構成されている。ここで、「フェールセーフ」とは、部品等の故障による誤動作誤操作等の障害が発生した場合に、システム全体を安全側に制御することをいう。

ところで、汎用の装置では、CPU(Central Processing Unit)や入出力回路及びその周辺回路を1つの発振器から出力されるクロック信号に基づいて動作させる構成が一般的である。このような構成を有する汎用の装置では、発信器から出力されるクロック信号の周波数が故障や経時劣化等により変動した場合に誤動作する可能性がある。

このため近年では、発振器や、CPU、入出力回路及びその周辺回路等のハードウェア二重化し、通常時には予め定められた一方の系で処理を行い、例えば発振器に異常が発生した場合などには他方の系に処理を切り替える方法が広く用いられている。

なおハードウェアの二重化に関し、例えば下記特許文献1には、クロック分配装置を二重化し、一方の系でクロックの断が発生したときに、他方の系にクロックを迅速に切り替えて供給する方法が提案されている。

概要

システムの信頼性を向上させ得る発振器異常検知装置及び方法を提案する。二重化された処理部にそれぞれ設けられ、同じ周波数の第1のクロック信号を出力する各発振器の異常を検知する発振器異常検知装置及び方法において、第1のクロック信号の整数倍の周波数を有する第2のクロック信号を生成し、各処理部において、自系の発振器から出力された第1のクロック信号と、他系の発振器から出力された第1のクロック信号とをそれぞれ別個に第2のクロック信号と比較し、各処理部において、当該比較の結果に基づいて自系及び他系の発振器の異常の有無をそれぞれ判定するようにした。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

二重化された処理部にそれぞれ設けられ、同じ周波数の第1のクロック信号を出力する各発振器の異常を検知する発振異常検知装置において、前記第1のクロック信号の整数倍の周波数を有する第2のクロック信号を生成する判定用クロック信号生成部と、前記二重化された処理部にそれぞれ設けられ、自系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号と、他系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号とを、それぞれ別個に前記第2のクロック信号と比較し、当該比較の結果に基づいて自系及び他系の前記発振器の異常の有無を判定する異常検知部とを備えることを特徴とする発振器異常検知装置。

請求項2

前記異常検知部は、自系の前記発振器から出力される前記第1のクロック信号の立上り期間及び立下り期間における前記第2のクロック信号のクロック数計測する第1の計測器と、他系の前記発振器から出力される前記第1のクロック信号の立上り期間及び立下り期間における前記第2のクロック信号のクロック数を計測する第2の計測器と、前記第1及び第2の計測器の計測結果に基づいて自系及び他系の前記発振器の異常の有無を判定するステータス判定部とを備え、前記ステータス判定部は、自系及び他系の前記発振器が正常に動作している場合に前記第1及び第2の計測器により計測される前記第2のクロック信号のクロック数を正常値として予め保持し、前記第1及び第2の計測器の計測結果と、当該正常値とに基づいて自系及び他系の前記発振器に異常が発生しているか否かを判定することを特徴とする請求項1に記載の発振器異常検知装置。

請求項3

前記ステータス判定部は、前記正常値に基づいて、当該正常値の前後に余裕をもたせた判定基準範囲を設定し、前記第1及び第2の計測器の計測結果が前記判定基準範囲内にあるか否かに基づいて前記第1及び第2の計測器に異常が発生しているか否かを判定することを特徴とする請求項2に記載の発振器異常検知装置。

請求項4

前記ステータス判定部は、前記判定基準範囲を外れ頻度閾値を保持し、前記第1又は第2の計測器の計測結果が前記判定基準範囲を外れる頻度が前記閾値を越えた場合に、対応する前記発振器に異常が発生していると判定することを特徴とする請求項3に記載の発振器異常検知装置。

請求項5

二重化された処理部にそれぞれ設けられ、同じ周波数の第1のクロック信号を出力する各発振器の異常を検知する発振器異常検知方法において、前記第1のクロック信号の整数倍の周波数を有する第2のクロック信号を生成する第1のステップと、各前記処理部において、自系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号と、他系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号とを、それぞれ別個に前記第2のクロック信号と比較する第2のステップと、各前記処理部において、前記比較の結果に基づいて自系及び他系の前記発振器の異常の有無をそれぞれ判定する第3のステップとを備えることを特徴とする発振器異常検知方法。

請求項6

前記第2のステップでは、各前記処理部において、自系の前記発振器から出力される前記第1のクロック信号の立上り期間及び立下り期間における前記第2のクロック信号のクロック数を第1の計測器により計測すると共に、他系の前記発振器から出力される前記第1のクロック信号の立上り期間及び立下り期間における前記第2のクロック信号のクロック数を第2の計測器により計測し、前記第3のステップでは、各前記処理部において、前記第1及び第2の計測器の計測結果と、自系及び他系の前記発振器が正常に動作している場合に各前記第1及び第2の計測器により計測される前記第2のクロック信号のクロック数である正常値とに基づいて、自系及び他系の前記発振器に異常が発生しているか否かを判定することを特徴とする請求項5に記載の発振器異常検知方法。

請求項7

前記第3のステップでは、前記正常値の前後に余裕をもたせた判定基準範囲を設定し、前記第1及び第2の計測器の計測結果が前記判定基準範囲内にあるか否かに基づいて前記第1及び第2の計測器に異常が発生しているか否かを判定することを特徴とする請求項6に記載の発振器異常検知方法。

請求項8

前記第3のステップでは、前記第1又は第2の計測器の計測結果が前記判定基準範囲を外れる頻度が予め設定された閾値を越えた場合に、対応する前記発振器に異常が発生していると判定することを特徴とする請求項7に記載の発振器異常検知方法。

技術分野

0001

本発明は、異常発信検知装置及び方法に関し、例えば鉄道保安装置に適用して好適なものである。

背景技術

0002

鉄道運行ステムにおいて、信号灯転てつ機を制御する鉄道保安装置の故障は、重大事故につながる可能性がある。このため鉄道保安装置は、通常、部品故障を確実に検出する回路を付加するなどしてフェールセーフに構成されている。ここで、「フェールセーフ」とは、部品等の故障による誤動作誤操作等の障害が発生した場合に、システム全体を安全側に制御することをいう。

0003

ところで、汎用の装置では、CPU(Central Processing Unit)や入出力回路及びその周辺回路を1つの発振器から出力されるクロック信号に基づいて動作させる構成が一般的である。このような構成を有する汎用の装置では、発信器から出力されるクロック信号の周波数が故障や経時劣化等により変動した場合に誤動作する可能性がある。

0004

このため近年では、発振器や、CPU、入出力回路及びその周辺回路等のハードウェア二重化し、通常時には予め定められた一方の系で処理を行い、例えば発振器に異常が発生した場合などには他方の系に処理を切り替える方法が広く用いられている。

0005

なおハードウェアの二重化に関し、例えば下記特許文献1には、クロック分配装置を二重化し、一方の系でクロックの断が発生したときに、他方の系にクロックを迅速に切り替えて供給する方法が提案されている。

先行技術

0006

特開2004−64344号公報

発明が解決しようとする課題

0007

ところで、従来、ハードウェアが二重化された装置やシステムにおいて、各系の発振器の異常を検知する手法として、一方の系の発振器から出力されたクロック信号と、他方の系の発振器から出力されたクロック信号とを比較することにより、いずれか一方の系の発振器に異常が発生している場合にこれを検知する方法が提案されている。

0008

しかしながら、この方法によると、いずれか一方の系の発振器に異常が発生している場合にそのような異常の検知は行えるものの、いずれの系の発振器に異常が発生しているかを特定することができない。このため、かかる従来の方法によると、発振器の異常を検知した場合、正常な系を含めて装置又はシステム全体を停止する必要があり、装置又はシステムの稼働時間が短縮されてしまうという問題があった。

0009

本発明は以上の点を考慮してなされたもので、二重化された発振器の障害に起因する装置又はシステムの稼働時間の短縮を防止し得る異常発振検知装置及び方法を提案しようとするものである。

課題を解決するための手段

0010

かかる課題を解決するため本発明においては、二重化された処理部にそれぞれ設けられ、同じ周波数の第1のクロック信号を出力する各発振器の異常を検知する発振器異常検知装置において、前記第1のクロック信号の整数倍の周波数を有する第2のクロック信号を生成する判定用クロック信号生成部と、前記二重化された処理部にそれぞれ設けられ、自系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号と、他系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号とを、それぞれ別個に前記第2のクロック信号と比較し、当該比較の結果に基づいて自系及び他系の前記発振器の異常の有無を判定する異常検知部とを設けるようにした。

0011

また本発明においては、二重化された処理部にそれぞれ設けられ、同じ周波数の第1のクロック信号を出力する各発振器の異常を検知する発振器異常検知方法において、前記第1のクロック信号の整数倍の周波数を有する第2のクロック信号を生成する第1のステップと、各前記処理部において、自系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号と、他系の前記発振器から出力された前記第1のクロック信号とを、それぞれ別個に前記第2のクロック信号と比較する第2のステップと、各前記処理部において、前記比較の結果に基づいて自系及び他系の前記発振器の異常の有無をそれぞれ判定する第3のステップとを設けるようにした。

0012

かかる発振器異常検知装置及び方法によれば、いずれかの処理部の発振器に異常が発生した場合に、いずれの処理部の発振器に異常が発生したのかを確実に特定することができる。従って、発振器に異常が発生した処理部において使用するクロック信号を正常な発振器から出力される第1のクロック信号に切り替えることによって、これらの処理部を有する装置やシステムの稼働を停止させることなく、処理を継続させることができる。

発明の効果

0013

本発明によれば、二重化された発振器の障害に起因する装置又はシステムの稼働時間の短縮を防止し得る異常発振検知装置及び方法を提案しようとするものである。

図面の簡単な説明

0014

鉄道保安装置における本発明に関連する部位の主要構成を示すブロック図である。
(A)〜(C)は、A系用計測器及びB系用計測器の処理内容の説明に供する波形図である。
判定基準範囲の説明に供する略線図である。
発振器異常検知処理の処理手順を示すフローチャートである。

実施例

0015

下図面について、本発明の一実施の形態を詳述する。

0016

(1)本実施の形態による鉄道保安装置の構成
図1において、1は全体として本発明を適用した鉄道保安装置を示す。この鉄道保安装置1は、信号灯や軽てつ機等を制御する二重化されたA系及びB系の制御処理部2A,2Bと、共通発振器3及び逓倍回路4からなる判定用クロック信号生成部5とを備えて構成される。

0017

各制御処理部2A,2Bは、それぞれその制御処理部2A,2B全体の動作制御を司るCPU(Central Processing Unit)10A,10Bと、CPU10A,10Bや図示しない他のハードウェアに対してクロック信号S1A,S1Bを供給する発振器11A,11Bと、クロック信号切替えスイッチ12A,12B及び異常検知部13A,13Bとを備える。また異常検知部13A,13Bは、A系用計測器20A,20B、B系用計測器21A,21B及びステータス判定部22A,22Bとから構成される。

0018

A系及びB系の各発振器11A,11Bは、それぞれ同じ所定周波数のクロック信号S1A,S1Bを生成し、生成したクロック信号S1A,S1Bを自系のクロック信号切替えスイッチ12A,12Bの第1の切替え端12AX,12BXと、他系のクロック信号切替えスイッチ12B,12Aの第2の切替え端12BY,12AYとにそれぞれ出力する。

0019

クロック信号切替えスイッチ12A,12Bは、自系のステータス判定部22A,22Bにより切替え制御される。そしてクロック信号切替えスイッチ12A,12Bは、通常時にはステータス判定部22A,22Bの制御の基に、第1の切替え端12AX,12BXを選択する。

0020

かくして、通常時、A系の発振器11Aから出力されたクロック信号S1Aは、A系のクロック信号切替えスイッチ12Aを介してA系のCPU10Aと、A系の異常検知部13AのA系用計測器20A及びB系の異常検知部13BのA系用計測器20Bとにそれぞれ与えられる。同様に、B系の発振器11Bから出力されたクロック信号S1Bは、B系のクロック信号切替えスイッチ12Bを介してB系のCPU10Bと、B系の異常検知部13BのB系用計測器21B及びA系の異常検知部13AのB系用計測器21Aとにそれぞれ与えられる。

0021

また判定用クロック信号生成部5の共通発振器3は、A系及びB系の発振器11A,11Bから出力されるクロック信号S1A,S1Bと同じ周波数のクロック信号S2を生成し、生成したクロック信号S2を逓倍回路4に送信する。そして逓倍回路4は、共通発振器3から与えられるクロック信号S2に基づいて、当該クロック信号S2の整数倍(以下、4倍とする)の周波数を有する判定用クロック信号S3を生成し、生成した判定用クロック信号S3をA系及びB系の異常検知部13A,13BのA系用計測器20A,20B及びB系用計測器21A,21Bにそれぞれ送信する。

0022

A系用計測器20Aは、A系の発振器11Aから与えられたクロック信号S1Aの立上り期間及び立下り期間における判定用クロック信号S3のクロック数を順次カウントし、カウント値計測結果として自系のステータス判定部22Aに順次送信する。同様に、B系用計測器20Bは、B系の発振器11Bから与えられたクロック信号S1Bの立上り期間及び立下り期間における判定用クロック信号S3のクロック数を順次カウントし、カウント値を計測結果として自系のステータス判定部22Bに順次送信する。

0023

この場合、ステータス判定部22A,22Bには、A系及びB系の発振器11A,11Bが正常に動作している場合にA系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bにより計測される判定用クロック信号S3のクロック数の計測値(カウント値)が予め正常値23A,23Bとして設定され、ステータス判定部22A,22Bはこの正常値23A,23Bを記憶保持している。そしてステータス判定部22A,22Bは、自系のA系用計測器20A,20Bの計測結果と、自系のB系用計測器21A,21Bの計測結果と、かかる正常値23A,23Bとに基づいて、A系及びB系の発振器11A,11Bに異常が発生しているか否かを判定する。

0024

ここで、ステータス判定部22A,22Bによる上述の判定の手法について説明する。図2(A)に示すように、発振器11A,11Bから出力されたクロック信号S1A,S1Bの周波数に変動がなく一定の周波数で変位しているときには、A系用計測器20A,20B及びB系用計測器21A,21Bによりカウントされる、クロック信号S1A,S1Bの立上り期間や立下り期間における判定用クロック信号S3のクロック数は常に正常値23A,23Bと一致する。

0025

これに対して、発振器11A,11Bから出力されたクロック信号S1A,S1Bに、例えば図2(B)のように立上がり期間が長くなり、立下り期間が短くなるような変動や、図(C)のように立上り期間が短くなり、立上り期間が長くなるような変動が発生した場合には、A系用計測器20A,20B及びB系用計測器21A,21Bによりカウントされる、クロック信号S1A,S1Bの立上り期間や立下り期間における判定用クロック信号S3のクロック数にも変動が生じる。

0026

従って、A系用計測器20A,20Bの計測結果が常に正常値23A,23Bと一致しているか否かを監視することによって、A系の発振器11Aから出力されたクロック信号S1Aの周波数に変動が生じているか否か(つまりA系の発振器11Aに異常が発生しているか否か)を判定することができる。同様に、B系用計測器21A,21Bの計測結果が常に正常値23A,23Bと一致しているか否かを監視することによって、B系の発振器11Bから出力されたクロック信号S1Bの周波数に変動が生じているか否か(つまりB系の発振器11Bに異常が発生しているか否か)を判定することができる。

0027

ただし、例えば経時劣化により発振器11A,11Bの発振周波数に変動が生じても、その変動がある程度の範囲内であれば制御処理部2A,2Bが誤動作を起こすことはない。従って、A系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bの計測結果が上述の正常値23A,23Bと一致しないからといって、直ちに対応する発振器11A,11Bに異常が発生していると判定することは適切ではない。

0028

そこで、ステータス判定部22A,22Bは、図3に示すように、正常値23A,23Bの前後に余裕をもたせた数値範囲(以下、これを判定基準範囲と呼ぶ)を設定し、A系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bの計測結果がこの判定基準範囲内にあるか否かに基づいてA系やB系の発振器11A,11Bに異常が発生しているか否かを判定する。本実施の形態の場合、この判定基準範囲は、正常値23A,23Bを中心として前後に当該正常値の25〔%〕の値の範囲を判定基準範囲として設定する。例えば正常値23A,23Bが「4」の場合、正常値23A,23Bの前後にそれぞれ「2」ずつ余裕をもたせた「2〜6」が判定基準範囲となる。

0029

またA系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bによりカウントされる、クロック信号S1A,S1Bの立上り期間や立下り期間における判定用クロック信号S3のクロック数は、ノイズ等の影響により変動することもある。従って、例えばA系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bの計測結果が1回でも上述の判定基準範囲を外れたからといって、対応するA系やB系の発振器11A,11Bに異常が発生していると判定することは適切でない。

0030

そこで、ステータス判定部22A,22Bには、A系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bの計測結果が上述の判定基準範囲を外れる頻度(単位時間当たりの回数)の閾値(以下、これを範囲外頻度閾値と呼ぶ)が予め設定され、ステータス判定部22A,22Bはこの範囲外頻度閾値を記憶保持している。そしてステータス判定部22A,22Bは、A系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bの計測結果が判定基準範囲を外れる頻度が上述の範囲外頻度閾値を越えた場合に、対応するA系又はB系の発振器11A,11Bに異常が発生していると判定する。

0031

またステータス判定部22A,22Bは、A系用計測器20A,20B及びB系用計測器21A,21Bの計測結果が一致しているものの、その計測結果が判定基準範囲から外れる頻度が上述の範囲外頻度閾値を越えている場合には、共通発振器3に異常が発生していると判定する。

0032

そしてステータス判定部22A,22Bは、以上の処理により自系及び他系の双方の発振器11A,11Bが正常であると判定した場合には、何もしない。これに対して、ステータス判定部22A,22Bは、自系の発振器11A,11Bは正常であるが、他系の発振器11B,11Aに異常が発生していると判定した場合には、その旨を自系のCPU10A,10Bに報告(以下、この報告を第1の異常報告と呼ぶ)する。

0033

またステータス判定部22A,22Bは、他系の発振器11B,11Aは正常であるが、自系の発振器11A,11Bには異常が発生していると判定した場合には、その旨を自系のCPU10A,10Bに報告(以下、この報告を第2の異常報告と呼ぶ)すると共に、他系の発振器11B,11Aから出力されたクロック信号S1B,S1Aを選択(第2の切替え端12AX,12BXを選択)するよう自系のクロック信号切替えスイッチ12A,12Bを制御する。これにより自系のCPU10A,10B等に供給されるクロック信号が他系の発振器から出力されたクロック信号S1B,S1Aに切り換えられる。

0034

さらにステータス判定部22A,22Bは、自系及び他系の双方の発振器11A,11Bに異常が発生していると判断した場合や、共通発振器3に異常が発生していると判定した場合には、その旨を自系のCPU10A,10Bに報告(以下、この報告を第3の異常報告と呼ぶ)する。

0035

なおステータス判定部22A,22Bは、A系及びB系の制御処理部2A,2Bにおいて相互監視を行うため、上述の処理に加えて自系及び他系の発振器11A,11B並びに共通発振器3のうちの少なくとも1つの発振器11A,11B,3に異常を検知した場合には、その旨のエラー信号を他系のステータス判定部22B,22Aに送信する。かくしてステータス判定部22A,22Bは、かかるエラー信号を受信した場合には、その旨を自系のCPU10A,10Bに報告する。

0036

(2)発振器異常検知処理
図4は、以上のような発振器11A,11Bの異常検知に関連してステータス判定部22A,22Bにより常時実行される発振器異常検知処理の具体的な処理手順を示す。ステータス判定部22A,22Bは、この図4に示す処理手順に従って、自系若しくは他系の発振器11A,11B又は共通発振器3の異常を検知する。

0037

実際上、ステータス判定部22A,22Bは、本鉄道保安装置1の電源投入されるとこの発振器異常検知処理を開始し、まず、自系のA系用計測器20A,20B及びB系用計測器21A,21Bからそれぞれ与えられるこれらA系用計測器20A,20B及びB系用計測器21A,21Bの計測結果と、予め設定された上述の正常値23A,23Bとを取り込む(SP1)。

0038

続いて、ステータス判定部22A,22Bは、ステップSP1において取り込んだ正常値23A,23Bに基づいて上述の判定基準範囲を設定し(SP2)、この後、A系用計測器20A,20Bの計測結果及びB系用計測器21A,21Bの計測結果と、ステップSP2において設定した範囲外頻度閾値とをそれぞれ別個に比較する(SP3)。

0039

次いで、ステータス判定部22A,22Bは、ステップSP3の比較結果に基づいて、A系及びB系の発振器11A,11Bと、共通発振器3とのいずれかに異常が発生していないか否か(つまりA系用計測器20A,20BやB系用計測器21A,21Bの計測結果が範囲外頻度閾値を越える頻度で判定基準範囲を外れていないか否か)を判断する(SP4)。

0040

そしてステータス判定部22A,22Bは、ステップSP4においての判断によりA系及びB系の発振器11A,11Bと、共通発振器3とのいずれかに異常が発生していると判断した場合(SP4:NO)、ステップSP3の比較結果に基づいて、異常が発生したのは自系の発振器11A,11Bのみ(他系の発振器11B,11Aは正常)であるか否かである否かを判断する(SP5)。

0041

そしてステータス判定部22A,22Bは、この判断で肯定結果を得ると、自系のCPU10A,10Bに自系の発振器11A,11Bに上述の第1の異常報告を行うと共に(SP6)、自系のクロック信号切替えスイッチ12A,12Bを制御して他系のクロック信号を選択(第1の切替え端12AX,12BXから第2の切替え端12AY,12BYに切り替え)させ(SP7)、この後、この発振器異常検知処理を終了する。

0042

これに対して、ステータス判定部22A,22Bは、ステップSP5の判断で否定結果を得ると、異常が発生したのは他系の発振器11B,11Aのみ(自系の発振器11A,11Bは正常)であるか否かを判断する(SP8)。そしてステータス判定部22A,22Bは、この判断で肯定結果を得ると、自系のCPU10A,10Bに上述の第2の異常報告を行い(SP9)、この後、この発振器異常検知処理を終了する。

0043

これに対して、ステータス判定部22A,22Bは、ステップSP8の判断で否定結果を得ると、上述の第3の異常報告を自系のCPU10A,10Bに行い(SP10)、この後、この発振器異常検知処理を終了する。

0044

(3)本実施の形態の効果
以上のように本実施の形態の鉄道保安装置1では、A系及びB系の発振器11A,11Bからそれぞれ出力された各クロック信号S1A,S1Bを、共通発振器3から出力されたこれらのクロック信号と同じ周波数を有するクロック信号S2を整数倍した判定用クロック信号S3とそれぞれ別個に比較してA系及びB系の発振器11A,11Bにおける異常の発生の有無を判定しているため、A系及びB系の発振器11A,11Bのいずれかに異常が発生した場合においても、いずれの発振器11A,11Bに異常が発生したのかを確実に特定することができる。

0045

かくするにつき本鉄道保安装置1によれば、いずれかの制御処理部2A,2Bの発振器11A,11Bに異常が発生した場合においても、その修理等のために装置全体の稼働を停止させる必要がなく、発振器11A,11Bの障害に起因する装置の稼働時間の短縮を防止することができる。

0046

(4)他の実施の形態
なお上述の実施の形態においては、本発明を鉄道保安装置1に適用するようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、各種の制御処理を実行する制御処理部や、各種の信号処理を実行する信号処理部、各種演算処理を実行する演算処理部などの処理部が二重化され、これら処理部がそれぞれ内部に有する発振器から出力されるクロック信号に基づいて個別に処理を実行するように構成された装置やシステム等に広く適用することができる。

0047

また上述の実施の形態においては、ステータス判定部22A,22Bが図4について上述した発振器異常検知処理を常時実行するようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、ステータス判定部22A,22Bがかかる発振器異常検知処理を定期的又は不定期に実行するようにしても良い。

0048

さらに上述の実施の形態においては、判定基準範囲を、正常値23A,23Bを中心として前後に当該正常値の25〔%〕の値の範囲に設定するようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、判定基準範囲の設定方法としては、この他種々の設定方法を広く適用することができる。

0049

本発明は、処理部が二重化され、これら処理部がそれぞれ内部に有する発振器から出力されるクロック信号に基づいて個別に処理を実行するように構成された装置やシステム等に広く適用することができる。

0050

1……鉄道保安装置、2A,2B……制御処理部、3……共通発振器、4……逓倍回路、5……判定用クロック生成部、10A,10B……CPU、11A,11B……発振器、12A,12B……クロック信号切替えスイッチ、13A,13B……異常検知部、20A,20B……A系用計測器、21A,21B……B系用計測器、22A,22B……ステータス判定部、23A,23B……正常値、S1A,S1B,S2……クロック信号、S3……判定用クロック信号。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ