図面 (/)

技術 電子機器

出願人 キヤノン株式会社
発明者 松澤修一
出願日 2014年1月31日 (6年4ヶ月経過) 出願番号 2014-017050
公開日 2015年8月6日 (4年10ヶ月経過) 公開番号 2015-144363
状態 特許登録済
技術分野 カメラ本体及び細部(構成部品等) カメラの表示・駒の計数 スタジオ装置
主要キーワード スタンドプレート ヒンジ回転軸 フレキ板 回転摩擦抵抗 回転軸孔 クリックプレート 線対称形状 折り返し状態
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年8月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

表示ユニットを備える電子機器において、表示ユニットと電子機器の本体とを接続するフレキシブル配線板余長を短く抑え、フレキシブル配線板と他の部品との干渉を抑制する。

解決手段

本体1aの背面側に表示ユニット20が取り付けられたデジタルカメラ1は、表示ユニット20を本体1aに対して回転自在に軸支すると共に、トーションバネ34によって表示ユニット20を回転軸から離れる第1の方向に付勢して、表示ユニット20を進退自在に保持するヒンジユニット30と、本体1aと表示ユニット20とを接続するフレキシブル配線板25とを備える。フレキシブル配線板25は、第1の折り返し部25dにて折り返した状態で表示ユニット20の内部に収容され、フレキシブル配線板25の第1の折り返し部25dを第1の方向へ付勢する線バネ65を表示ユニット20の内部に配置する。

概要

背景

デジタルカメラ等の撮像装置では、撮影レンズ撮像素子上に光学像結像させ、撮像素子により光学像を光電変換し、光電変換により得られる画像信号画像情報を、例えばJPEG等のファイル形式の画像データに圧縮して保存している。一般的に、このような撮像装置の背面には、撮影中の被写体像の確認や撮影された画像の再生表示、撮像装置の各種設定を行うためのメニュー表示等に用いられる液晶ディスプレイ(LCD)等の表示部が設けられている。

撮像装置の中には、表示部を含む表示ユニットが撮像装置本体に対して回転するように支持されているものがある(例えば、特許文献1参照)。

概要

表示ユニットを備える電子機器において、表示ユニットと電子機器の本体とを接続するフレキシブル配線板余長を短く抑え、フレキシブル配線板と他の部品との干渉を抑制する。本体1aの背面側に表示ユニット20が取り付けられたデジタルカメラ1は、表示ユニット20を本体1aに対して回転自在に軸支すると共に、トーションバネ34によって表示ユニット20を回転軸から離れる第1の方向に付勢して、表示ユニット20を進退自在に保持するヒンジユニット30と、本体1aと表示ユニット20とを接続するフレキシブル配線板25とを備える。フレキシブル配線板25は、第1の折り返し部25dにて折り返した状態で表示ユニット20の内部に収容され、フレキシブル配線板25の第1の折り返し部25dを第1の方向へ付勢する線バネ65を表示ユニット20の内部に配置する。

目的

本発明は、表示ユニット(表示装置)を備える電子機器において、表示ユニットと電子機器の本体とを接続するフレキシブル配線板が表示ユニットの内部で撓まないようにすることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本体に表示装置が取り付けられた電子機器であって、前記表示装置を前記本体に対して回転自在に軸支すると共に、前記表示装置を軸支する回転軸から離れる第1の方向に前記表示装置をスライド可能に保持するヒンジユニットと、前記本体と前記表示装置とを接続するフレキシブル配線板と、を備え、前記フレキシブル配線板は、折り返し部にて折り返した状態で前記表示装置の内部に収容され、前記表示装置の内部に、前記フレキシブル配線板の前記折り返し部を前記第1の方向へ付勢する第1の付勢部材を有することを特徴とする電子機器。

請求項2

前記第1の付勢部材は、前記折り返し部を前記第1の方向へ押すバネ部材または前記折り返し部を前記第1の方向へ引っ張る弾性部材であることを特徴とする請求項1に記載の電子機器。

請求項3

前記ヒンジユニットは、前記表示装置の表示画面が前記本体の背面側を向いた状態と前記本体の正面側を向いた状態との間で遷移することができるように、前記本体に対して略180°の角度の範囲内で回転自在に前記表示装置を軸支することを特徴とする請求項1又は2に記載の電子機器。

請求項4

前記表示装置の内部に、前記表示装置を前記第1の方向に付勢する第2の付勢部材を有し、前記第2の付勢手段は、前記表示装置の厚さ方向において前記フレキシブル配線板と重ならないように配置されていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の電子機器。

請求項5

前記ヒンジユニットは、前記本体と前記表示装置とを可動に連結する第1のプレート部材と、前記第1のプレート部材に対して回転自在に連結される第2のプレート部材と、前記第2のプレート部材に対してスライド可能に保持される第3のプレート部材とを有し、前記第2の付勢手段は、前記第2のプレート部材と前記第3のプレート部材とに係止された状態で前記第2のプレート部材に設けられた凹形状部に収納されていることを特徴とする請求項4に記載の電子機器。

請求項6

前記第1のプレート部材は、厚さ方向から見たときに前記第2のプレート部材に設けられた前記凹形状部と重なり合う領域に形成された開口部を有することを特徴とする請求項5に記載の電子機器。

請求項7

前記第3のプレート部材は、厚さ方向から見たときに前記第2のプレート部材に設けられた前記凹形状部と重なり合う領域に形成された開口部を有することを特徴とする請求項5又は6に記載の電子機器。

技術分野

0001

本発明は、デジタルカメラ携帯情報端末等の電子機器に関し、特に、電子機器本体に対して可動に取り付けられる液晶ディスプレイ等の表示装置支持構造に関する。

背景技術

0002

デジタルカメラ等の撮像装置では、撮影レンズ撮像素子上に光学像結像させ、撮像素子により光学像を光電変換し、光電変換により得られる画像信号画像情報を、例えばJPEG等のファイル形式の画像データに圧縮して保存している。一般的に、このような撮像装置の背面には、撮影中の被写体像の確認や撮影された画像の再生表示、撮像装置の各種設定を行うためのメニュー表示等に用いられる液晶ディスプレイ(LCD)等の表示部が設けられている。

0003

撮像装置の中には、表示部を含む表示ユニットが撮像装置本体に対して回転するように支持されているものがある(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0004

特開平9−163191号公報

発明が解決しようとする課題

0005

図10は、本体に対して表示ユニットが可動に支持されたデジタルカメラ90の一例の正面図及び側面図である。図10(a),(c)に図示するように、デジタルカメラ90の本体91の背面には、表示部92aを有する表示ユニット92が取り付けられている。

0006

デジタルカメラ90では、図10(a)に図示するように、表示ユニット92を回転軸Aから離れるように矢印P方向(延出方向)に引っ張り出して、表示ユニット92を回転軸A回りに0〜180°の角度範囲で回転させることができるようになっている。図10(b),(c)には、表示ユニット92を180°回転させて、表示部92aを本体91の前方側に向けた状態が示されており、この状態では、撮影者が自身を液晶パネル92aで確認しながら撮影を行う、所謂、自分撮りを容易に行うことができる。

0007

ここで、デジタルカメラ90の本体91の上面中央部には、外付けストロボ発光装置光学式或いは電子式外付けファインダ等のアクセサリを装着する為のアクセサリシュー93が配置されている。また、内蔵式のポップアップストロボ94が本体91に収容されている部分(本体91の前方から見て右側の部分)では、前方から見て左側の部分よりも高くなっている。

0008

この場合、表示ユニット92を矢印P方向に引っ張り出すスライドさせる)ことなく回転させると、表示部92aの一部が本体91の上部で隠れてしまうことになる。しかし、デジタルカメラ90では、表示ユニット92を矢印P方向にスライドさせてから回転させることができるようになっているため、撮影者は表示部92aの全体を見ることができる。

0009

しかしながら、表示ユニット92を収納位置と回転位置(特に180°回転させた位置)との間で遷移させるためには、本体91と表示ユニット92とを接続するフレキシブル配線板(以下「フレキ板」という)に余長を長く設ける必要が生じる。その場合、表示ユニット92内へのフレキ板の引き込みが困難になってフレキ板の撓みが大きくなることで、フレキ板にヒンジユニット構成部品との干渉(接触)による削れや断線が生じて、作動不良等が発生しやすくなるおそれがある。

0010

本発明は、表示ユニット(表示装置)を備える電子機器において、表示ユニットと電子機器の本体とを接続するフレキシブル配線板が表示ユニットの内部で撓まないようにすることを目的とする。

課題を解決するための手段

0011

本発明に係る電子機器は、本体に表示装置が取り付けられた電子機器であって、前記表示装置を前記本体に対して回転自在に軸支すると共に、前記表示装置を軸支する回転軸から離れる第1の方向に前記表示装置をスライド可能に保持するヒンジユニットと、前記本体と前記表示装置とを接続するフレキシブル配線板と、を備え、前記フレキシブル配線板は、折り返し部にて折り返した状態で前記表示装置の内部に収容され、前記表示装置の内部に、前記フレキシブル配線板の前記折り返し部を前記第1の方向へ付勢する第1の付勢部材を有することを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、表示ユニット(表示装置)を備える電子機器において、表示ユニットと電子機器の本体とを接続するフレキシブル配線板の余長を短く抑えることができる。これにより、フレキシブル配線板と他の部品との干渉を抑制することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の実施形態に係る撮像装置の一例であるデジタルカメラの正面側斜視図及び背面側斜視図である。
デジタルカメラの背面側の分解斜視図と、デジタルカメラの本体と表示ユニットとを接続するフレキシブルプリント基板の構造を示す平面図である。
デジタルカメラが備えるヒンジユニットの分解斜視図である。
デジタルカメラが備えるヒンジユニットと表示ユニットとの位置関係を示す分解斜視図と、表示ユニットを構成する背面遮光カバーに配置された線バネの構造を示す斜視図である。
デジタルカメラにおいて表示ユニットが収納位置にあるときの背面側斜視図と、背面側斜視図中の矢視C−C断面図である。
デジタルカメラにおいて表示ユニットを回転させるために表示ユニットを収納位置から移動させたときのデジタルカメラの背面側斜視図と、背面側斜視図中の矢視D−D断面図である。
デジタルカメラの本体に対して表示ユニットを回転軸A回りに略180°回転させた状態を示す背面側斜視図と、背面側斜視図中の矢視E−E断面図である。
デジタルカメラの本体に対して表示ユニットを回転軸B回りに所定角度回転させた状態を示す背面側斜視図と、背面側斜視図中の矢視F−F断面図である。
デジタルカメラが備えるヒンジユニットと別の表示ユニットとの位置関係を示す分解斜視図と、別の表示ユニットを構成する背面遮光カバーに配置された弾性部材の構造を示す斜視図である。
本体に対して表示ユニットが可動に支持されたデジタルカメラの一例を示す正面図及び側面図である。

実施例

0014

以下、本発明の実施形態について、添付図面を参照して詳細に説明する。ここでは、本発明に係る電子機器として、所謂、コンパクトタイプのデジタルカメラを取り上げることとする。

0015

図1(a)は、本発明の実施形態に係るデジタルカメラ1の正面側斜視図である。また、図1(b)は、デジタルカメラ1の背面側斜視図である。図1(a)に図示するように、デジタルカメラ1の本体1aの正面には、鏡筒ユニット2が配置されている。

0016

なお、鏡筒ユニット2は沈胴式ズームレンズであり、デジタルカメラ1が撮影不能状態電源オフ状態)になると、鏡筒ユニット2が沈胴し、被写体側のレンズレンズバリア2aによって保護された状態となる。

0017

デジタルカメラ1の本体1aの正面側から見て右上方には、内蔵式のポップアップストロボ3が設けられている。一方、デジタルカメラ1の本体1aの正面側から見て左側の上面には、レリーズタン4が配置されている。レリーズボタン4の外周には、回転操作型のズームレバー5が設けられている。デジタルカメラ1の本体1aの正面側から見てズームレバー5の右側には、電源ボタン6が配置されている。また、電源ボタン6の両隣りには、本体1aに内蔵したマイク(不図示)に音声を取り込むマイク穴7が設けられている。

0018

デジタルカメラ1の本体1aの正面側から見てズームレバー5の左側には、モード設定ダイヤル8が配置されている。デジタルカメラ1の本体1aの上面中央部には、外付けのストロボ発光装置や外付けの電子ファインダ等のアクセサリを装着する為のアクセサリシュー10が設けられている。なお、図1の各図には、アクセサリシュー10の内部のコネクタを保護するためのシューカバー10aが取り付けられた状態が示されている。外付けのストロボ発光装置等のアクセサリをアクセサリシュー10に装着する際には、シューカバー10aを本体1aの背面側へスライドさせて取り外した後、アクセサリのコネクタ部を背面側から正面側へスライドさせてアクセサリシュー10に装着する。

0019

デジタルカメラ1の本体1aの下面には、電池蓋9が配置されている。デジタルカメラ1の本体1aの側面には、信号入出力端子(不図示)が設けられており、信号入出力端子はジャックカバー11によって覆われて保護されている。

0020

図1(b)に図示するように、デジタルカメラ1の本体1aの背面には、被写体像の確認を行う表示装置としての表示ユニット20が設けられている。表示ユニット20は、表示部21を有し、本体1aに密着した収納位置と図10に示したデジタルカメラ90と同様に本体1の正面側に表示部21が向いた状態との間で、略180°回転自在となっている。なお、表示部21には、撮影した画像の再生表示およびデジタルカメラ1の各種設定を行うためのメニュー表示を行うことができる。

0021

図1(b)に図示するように、デジタルカメラ1の本体1aの背面には、複数の操作ボタンからなる操作ボタン群12が設けられている。

0022

次に、デジタルカメラ1における表示ユニット20及びその周辺の構造について説明する。図2(a)は、デジタルカメラ1の背面側の分解斜視図である。表示部21は、保護窓静電容量方式等のタッチパネル及び液晶パネルで構成されており、その外形に沿って形成されたロの字形両面テープ23によって外装カバー22に接着される。なお、液晶パネルは有機ELパネル等の表示パネルであってもよい。外装カバー22に対する表示部21の組み付け方向とは逆の方向から外装カバー22に対して背面遮光カバー24が組み付けられる。

0023

背面遮光カバー24には、フレキシブル配線板25(以下「フレキ板25」と記す)を通過させる開口部24aが形成されており、開口部24a以外の部位は、表示部21の4辺を覆い、表示部21に対する遮光補強役割を担っている。また、背面遮光カバー24には、表示部21と背面遮光カバー24とを接着する両面テープ26が複数箇所に貼り付けられている。両面テープ26は、ロの字形の両面テープ23の接着面積を広く取ることができず、また、厚さを厚くすることができない等の理由から設けられているもので、表示部21の浮き上がり防止や剥がれ防止を補助する役割を担っている。表示ユニット20は、ヒンジユニット30を介して本体1aの背面側に回転自在に軸支される。

0024

表示ユニット20は、外装カバー22に形成された凹部に収納されて、接着固定された磁場発生手段としてのマグネット27を有する。マグネット27は、本体1a内に配置された磁気センサ(不図示)がマグネット27の位置を検出することにより、本体1aに対する表示ユニット20の状態を検出することができる。磁気センサには、例えば、巨大磁気抵抗(Giant Magnet Resistance:GMR)素子半導体ホール素子が用いられる。本実施形態では、磁気センサにGMR素子を用い、GMR素子が検出する磁気の値に閾値を設定し、マグネット27の位置によって変化する磁気の値に応じて表示部21に表示される画像の上下を反転させる。

0025

表示ユニット20の回転操作の詳細については後述する。図1(b)の状態にある表示ユニット20を図10(b)に示す状態となるように回転させたときの回転角度が予め定められた所定の角度を超えたことが検出される。このとき、表示部21に表示される画像(映像)の上下反転が行われる。表示ユニット20の回転角度がこの所定角度から略180°までの間にあるときには、上下反転された画像(映像)表示状態が維持され、この状態では、表示部21は、概ね、デジタルカメラ1の正面側を向く。つまり、撮影方向と表示画面の方向が同一方向になるため、撮影者が自分自身を撮影する、所謂、自分撮り撮影に適した状態が維持される。

0026

図2(b)は、フレキ板25の概略構造を示す平面図である。フレキ板25は、表示部21の背面側に配置され、その裏面側が両面テープ(不図示)によって表示部21に貼り付けられて固定される。フレキ板25には、表示部21を駆動させる駆動回路25g及びコネクタ25a,25bが実装されている。コネクタ25a,25bには、表示部21から引き出されるフレキ板(不図示)が接続される。フレキ板25においてコネクタ25a,25bが実装されている側の反対側には、本体1aの内部に配置された主基板(不図示)と接続される接続端子部25cが形成されている。フレキ板25は、コネクタ25a,25b及び接続端子部25cを介して、本体1aの内部に配置された主基板(不図示)と表示部21との間で各種の信号の伝達を行う。

0027

フレキ板25は、第1の折り返し部25d、第2の折り返し部25e及び第3の折り返し部25fにて、折り返された状態で表示ユニット20の内部に収容されている。

0028

図3は、ヒンジユニット30の分解斜視図である。ヒンジユニット30は、互いに平行な2つのヒンジ回転軸を備える。本実施形態では、これら2つのヒンジ回転軸のうち、図3中で上方に配置されるヒンジ回転軸を「回転軸A」と定義し、図3中で下方に配置されるヒンジ回転軸を「回転軸B」と定義する。

0029

図3に図示するように、スタンドプレート38,39は、本体部1aの下側の左右それぞれにビス締結され、スタンドプレート38,39の立ち壁部には、回転軸Bと同軸となるように孔部38b,39bが設けられている。本体1aと表示ユニット20とは、本体1aと一体となるスタンドプレート38,39を介してベースプレート31(第1のプレート部材)によって可動に連結される。そして、ベースプレート31に対して、アームプレート32(第2のプレート部材)が、ベースプレート31に重ね合わせられるように可動に連結される。

0030

図3に図示するように、ベースプレート31の両端の立ち壁部にはそれぞれ、一対の側面カバー60,61が、上下2本のビス63で締結される。側面カバー60,61は、表示ユニット20を本体1aに対して動かすと外観露出する準外観部品であり、そのため、塗装或いは表面シボ加工が施されており、また、回転軸Bのカシメ加工痕を覆い隠すように形成されている。

0031

側面カバー60,61にはそれぞれ、カム部として傾斜部60a,61aと凹形状部60b,61bとが形成されている。傾斜部60a,61aは、本体1aに表示ユニット20を収納する際に表示ユニット20の外装カバー22のフォロワ部(不図示)に当接し、収納時に作用する押圧力によってフォロワ部が摺動する面となる。そのため、傾斜部60a,61aは、摺動面として、シボ加工等の凹凸のない鏡面仕上げとなっている。

0032

本体1aに表示ユニット20が収納される際には、外装カバー22のフォロワ部が凹形状部60b,61bに係合することにより、表示ユニット20が本体1aに保持される。

0033

図3に図示するように、支持ピン40が、スペーサワッシャ44、スタンドプレート38に設けられた孔部38b、ベースプレート31に設けられた回転軸孔31b1及びクリックプレート42に挿通され、カシメ固定される。同様に、支持ピン41が、スペーサワッシャ45、スタンドプレート39に設けられた孔部39b、ベースプレート31に設けられた回転軸孔31b2及びクリックプレート43に挿通され、カシメ固定される。これにより、ベースプレート31は、スタンドプレート38,39に対して、回転軸B回りに回転自在に連結される。ベースプレート31がクリックプレート42,43から回転摩擦抵抗力を受けることで、表示ユニット20は所定角度の回転位置で摩擦保持される。

0034

図3に図示するように、支持ピン46が、カバー部材28、スペーサワッシャ51、アームプレート32に設けられた回転軸孔32a1、ベースプレート31に設けられた回転軸孔31a1及びクリックプレート48に挿通され、カシメ固定される。同様に、支持ピン47が、カバー部材29、スペーサワッシャ50、アームプレート32に設けられた回転軸孔32a2、ベースプレート31に設けられた回転軸孔31a2及びクリックプレート49に挿通され、カシメ固定される。これにより、アームプレート32は、ベースプレート31に対して回転軸A回りに回転自在に連結される。アームプレート32がクリックプレート48,49から回転摩擦抵抗力を受けることで、表示ユニット20は所定角度の回転位置で摩擦保持される。アームプレート32には、フレキカバー70が取り付けられている。フレキカバー70は、低摩擦な摺動性に優れる樹脂、例えば、ポリアセタール(POM)やポリアミド(PA)等からなる。

0035

カバー部材28,29は、外装カバー22の切り欠き部からヒンジユニット30の一部が外観に露出しないように覆い隠す部材であるため、カバー部材28,29の外観への露出部には、外装カバー22と同じ表面処理又はシボ加工が施される。

0036

図3に図示するように、スライドプレート33(第3のプレート部材)の両端にはそれぞれ、略コの字形のスライダ部材52が固定され、アームプレート32の両方の端面32bがそれぞれスライダ部材52に摺動するように係合される。つまり、スライドプレート33は、スライダ部材52を介してアームプレート32に対してスライド可能に保持される。スライダ部材52は、低摩擦な摺動性に優れる樹脂、例えば、ポリアセタール(POM)やポリアミド(PA)等からなる。また、アームプレート32の両方の端面32bには、摩擦を小さくする表面処理やオイルグリス)塗布がなされており、これにより摺動性が高められている。

0037

図3に図示するように、アームプレート32に形成された凹形状部32cには、トーションバネ34が配置されている。トーションバネ34の各端部は、アームプレート32とスライドプレート33のそれぞれにカシメ加工により設けられた係止ピン35,36に係止されている。これにより、トーションバネ34は、アームプレート32に対してスライドプレート33を常に矢印S方向に付勢する第2の付勢部材として機能する。

0038

図3に図示するように、アームプレート32の凹形状部32cと重なる領域には、ベースプレート開口部31cとスライドプレート開口部33cとが設けられている。これにより、トーションバネ34は、ベースプレート31及びスライドプレート33と厚さ方向で重なり合うことがないため、ヒンジユニット30の薄型化を図ることができる。また、トーションバネ34が伸縮してもベースプレート31と接触することがなく、スライドプレート33とも接触しない。

0039

図3に図示するように、スライドプレート33には、ストッパ部材37が固定されている。スライドプレート33をスライドさせると、所定量移動したときに、ストッパ部材37がアームプレート32にカシメ固定された係止ピン35と当接する。これにより、スライドプレート33のスライドが制限される。ストッパ部材37は、例えば、ポリアセタール(POM)やポリアミド(PA)等の樹脂が用いられ、これにより衝突音の軽減と、良好な耐摩耗性の確保が図られている。

0040

図3に図示するように、アームプレート32の凹形状部32cには、アームプレート32とスライドプレート33との電気的接続を確保するためのグランドプレート55が取り付けられている。グランドプレート55は、バネ性を有する接点部55aを有する。グランドプレート55は、接点部55aがスライドプレート33のスライド範囲内で常にスライドプレート33と接触するように配置されている。図2(a)に図示した表示ユニット20は、スライドプレート33に取り付けられている。

0041

図4(a)は、ヒンジユニット30と表示ユニット20との位置関係を示す分解斜視図である。なお、図4(a)では、表示ユニット20について、背面遮光カバー24がスライドプレート33に取り付けられた状態が示されている。

0042

図4(a)に図示するように、背面遮光カバー24に形成された開口部24bからは、トーションバネ34が露出している。トーションバネ34は、フレキ板25とも厚さ方向で重ならない。これにより、ヒンジユニット30の薄型化が実現されると共に、トーションバネ34が伸縮したとしてもフレキ板25と接触しない。

0043

図4(a)に図示するように、背面遮光カバー24には、付勢部材としての線バネ(バネ部材)65が配置されている。線バネ65は、フレキ板25に挟まれるように配置され、フレキ板25の第1の折り返し部25dを矢印T方向に付勢する第1の付勢部材として機能する。図4(b)は、線バネ65の構造を示す斜視図である。線バネ65は、取り付け部65bと、第1の折り返し部25dフレキ板付勢部65aと、弾性変形する弾性変形部65cとからなる。取り付け部65bは、線バネ65が背面遮光カバー24に取り付けられる部分である。フレキ板付勢部65aは、線バネ65が第1の折り返し部25dを付勢する部分である。弾性変形部65cは、取り付け部65bに対してフレキ板付勢部65aが矢印Q方向(上下方向)に移動する際に、弾性変形する部分である。なお、フレキ板付勢部65aはフレキ板25に直接接触するため、フレキ板付勢部65aには樹脂コーティングを施して、フレキ板25にダメージを与えないようにしている。樹脂コーティングに代えて、フレキ板付勢部65aに保護テープ巻き付けても、同様の効果を得ることができる。

0044

線バネ65の取り付け部65bは、背面遮光カバー24に取り付けられた状態では矢印R方向に付勢力が作用するために、背面遮光カバー24から外れることはない。弾性変形部65cは、1カ所以上の屈曲山折りと谷折り)が繰り返された形状となっており、両側で線対称形状をなしている。弾性変形部65cを両側で線対称形状とすることにより、フレキ板付勢部65aが、傾くことなく矢印Q方向に動くことが可能になる。弾性変形部65cの屈曲の繰り返し回数を多くすることによってフレキ板付勢部65aの移動量を増やすことができる。

0045

図5乃至9を参照して、ヒンジユニット30による表示ユニット20のスライド動作と、表示ユニット20をスライドさせた際のフレキ板25の撓みの吸収について説明する。

0046

図5(a)は、表示ユニット20がデジタルカメラ1の本体1aに収納された収納位置にあるときのデジタルカメラ1の背面側斜視図である。図5(b),(c)は、図5(a)中の矢視C−C断面図であり、図5(b)は表示ユニット20及びヒンジユニット30の上側部分を、図5(c)は表示ユニット20及びヒンジユニット30の下側部分をそれぞれ示している。図5(a)に図示するように表示ユニット20が本体1aに収納されているときの表示ユニット20の位置を、「第1の位置」と定義する。この状態では、外装カバー22のフォロワ部が、側面カバー60,61に形成された凹形状部60b,61bにそれぞれ係合する。

0047

図5(b),(c)に図示するように、表示ユニット20を構成する外装カバー22の上部及び下部にはそれぞれ、突起形状部22a及び窪み形状部22bが形成されている。突起形状部22a及び窪み形状部22bはそれぞれ、表示ユニット20を回転させる際に、指掛かりとして機能する。外装カバー22において、突起形状部22aの両脇(外装カバー22の上部両端近傍)には、切り欠き部22cが設けられており、切り欠き部22cからカバー部材28,29の一部が露出している。前述した通り、カバー部材28,29の露出部には、外装カバー22と同じ表面処理又はシボ加工が施されている。

0048

図5(c)に図示するように、フレキ板25の第1の折り返し部25dは、表示部21とアームプレート32とに挟まれて収納されている。線バネ65のフレキ板付勢部65aは、フレキ板25の第1の折り返し部25dを矢印T方向へ付勢している。そのため、図5(b)に図示するように、フレキ板25の上部の第2の折り返し部25eにて、第2の折り返し部25eが膨らむことがない。本実施形態では、表示ユニット20がどのような状態であっても、フレキ板25の撓みを防止することができるので、表示ユニット20の内部でフレキ板25が暴れ、断線することがない。

0049

図6(a)は、デジタルカメラ1の本体1aに対して表示ユニット20を回転軸A回りに回転させるために、表示ユニット20を第1の位置(収納位置)から移動させたときのデジタルカメラ1の背面側斜視図である。図6(b),(c)は、図6(a)中の矢視D−D断面図であり、図6(b)は表示ユニット20及びヒンジユニット30の上側部分を、図6(c)は表示ユニット20及びヒンジユニット30の下側部分をそれぞれ示している。

0050

表示ユニット20を回転軸A回りに回転させる際には、図6(a)に図示するように、外装カバー22に形成された窪み形状部22bに指を掛け、表示ユニット20の下側を撮影者側に引き出す。このとき、外装カバー22のフォロワ部と側面カバー60,61に形成される凹形状部60b,61bとの係合が外れ、ヒンジユニット30のトーションバネ34が表示ユニット20に作用する。外装カバー22のフォロワ部と凹形状部60b,61bとの係合が外れると、外装カバー22のフォロワ部が側面カバー60,61に形成される傾斜部60a,61a上をそれぞれ摺動する。このとき、スライドプレート33に固定されたストッパ部材37がアームプレート32に固定された係止ピン35に当接するまで、スライドプレート33がアームプレート32に対してスライドする。これによって、表示ユニット20は矢印P方向にスライドする。表示ユニット20は、図6(a)に図示する状態で、デジタルカメラ1の上方側の回転軸Aを中心に回転させることができる。

0051

表示ユニット20が矢印P方向にスライドすると、図6(c)に図示するように、フレキ板25の第1の折り返し部25dは、線バネ65のフレキ板付勢部65aの付勢力に抗して矢印P方向とは逆方向となる矢印U方向に移動する。

0052

図7(a)は、図6(a)に図示する状態から表示ユニット20をデジタルカメラ1の本体1aに対して回転軸A回りに略180°回転させた状態を示す背面側斜視図である。図7(b)は、図7(a)中の矢視E−E断面図であり、回転軸A近傍の構造を示している。

0053

図7(a)に図示する状態では、表示ユニット20の表示部21がデジタルカメラ1の本体1aの正面側を向く。この状態は、所謂、自分撮り撮影に適した状態であり、このときの表示ユニット20の位置を「第2の位置」と定義する。なお、表示部21が本体1aの正面側を向く回転の途中で、GMR素子がマグネット27の位置を検出して画面表示の切り替えスイッチが動作し、表示部21に表示される画像(映像)の上下が反転する。

0054

図7(b)に図示するように、この状態では、フレキ板25の第2の折り返し部25eが展開される。このとき、アームプレート32に取り付けられるフレキカバー70(図3参照)によって、展開された第2の折り返し部25eが回転軸Aの中心近傍に位置するように案内される。表示ユニット20を図7(a)に図示する状態から図6(a)に図示する状態に回転させると、フレキ板25の第2の折り返し部25eは、図7(b)に図示する状態から図6(b)に図示する状態となる。この場合にも、フレキ板25はフレキカバー70の先端に沿って折り曲げられる。そのため、フレキ板25に対して表示ユニット20の内部から引き出される方向に力が作用することなく、フレキ板25は第2の折り返し部25eにて折り曲げられる。

0055

なお、表示ユニット20が第2の位置にあるとき、フレキカバー70は、フレキ板25が外観に露出する面積を減少させる役割を担っている。これにより撮影者が不意にフレキ板25に触れる等して信号線に断線が生じる等の不具合の発生を防止することができる。

0056

本実施形態では、第1の位置にある表示ユニット20は回転軸Aから遠ざかる方向にスライドさせた後に、回転軸A回りに回転させている。そのため、デジタルカメラ1の本体1aの上面にアクセサリシュー10等が配置されていても、デジタルカメラ1を正面から見たときにアクセサリシュー10等によって表示部21の一部が隠れることなく、撮影者は表示部21全体を視認することができる。

0057

表示ユニット20を図6(a)に図示する状態から図5(a)に図示する状態に回転させると、フレキ板25の第2の折り返し部25eは、図6(b)に図示する状態から図5(b)に図示する状態となる。また、フレキ板25の第1の折り返し部25dは、図6(c)に図示する状態から図5(c)に図示する状態となる。フレキ板25の第1の折り返し部25dは、線バネ65のフレキ板付勢部65aによって矢印T方向に付勢されているので、フレキ板25の第1の折り返し部25dは矢印T方向に引き込まれ、フレキ板25の撓みが解消される。これによって、フレキ板25の上側の第2の折り返し部25eは、図5(b)に図示するように、フレキカバー70の先端に沿った状態となり、第2の折り返し部25eが膨らむことがない。本実施形態では、表示ユニット20がどのような状態であっても、フレキ板25の撓みを防止することができるので、表示ユニット20の内部でフレキ板25が暴れ、断線することがない。

0058

また、デジタルカメラ1は、表示ユニット20を回転軸B回りに回転させることができる。図8(a)は、デジタルカメラ1において表示ユニット20を回転軸B回りに回転させた状態を示す背面側斜視図である。図8(b)は、図8(a)中の矢視F−F断面図である。

0059

表示ユニット20を構成する外装カバー22の上部に設けられた突起形状部22aに指を掛け、矢印V方向に表示ユニット20の上側を引き起こすと、ヒンジユニット30の下側に設けられた回転軸B回りに表示ユニット20を回転させることができる。

0060

表示ユニット20を回転軸B回りに回転させたときには、フレキ板25は第3の折り返し部25fの折り返し状態が変化だけで、フレキ板25に不要な張力が掛かることはなく、撓みが生じることも殆どない。

0061

次に、図9を参照して、表示ユニット20の変形例である表示ユニット20aについて説明する。表示ユニット20aと組み合わせられるヒンジユニット30は上述したものと同じであるため、ここでの詳細な説明を省略する。

0062

図9(a)は、ヒンジユニット30と表示ユニット20aとの位置関係を示す分解斜視図である。図9(a)では、表示ユニット20aについては、背面遮光カバー24がヒンジユニット30に取り付けられた状態が示されており、また、表示部21の図示を省略している。

0063

背面遮光カバー24には、表示ユニット20aをスライドさせた際に生じるフレキ板25の撓みを吸収する第1の折り返し部25dを下方向へ付勢する付勢部材の一例としての略コの字型ゴム(弾性部材)66が配置されている。図9(b)は、ゴム66の概略構造を示す斜視図である。ゴム66は、フレキ板付勢部66aと、ゴム66を背面遮光カバー24に組み込むための取り付け部66bとからなる。

0064

フレキ板付勢部66aは、フレキ板25の第1の折り返し部25dに接触するため、角Rが設けられている。取り付け部66bは、背面遮光カバー24に圧入により取り付けられた状態で位置決めされており、容易に脱落し或いは外れることはない。前述した付勢部材の一例としての線バネ65は、第1の折り返し部25dを下方向へ押圧することによってフレキ板25が撓まないように構成した。これに対して、ゴム66は、第1の折り返し部25dを下方向(T方向)へ引っ張ることによってフレキ板25が表示ユニット20aの内部で撓まないように構成している。すなわち、ゴム66は、第1の折り返し部25dをT方向へ付勢する第1の付勢部材として機能する。

0065

以上、本発明をその好適な実施形態に基づいて詳述してきたが、本発明はこれら特定の実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の様々な形態も本発明に含まれる。例えば、上記実施形態では、ヒンジユニット30をコンパクトタイプのデジタルカメラ1に適用したが、これに限られるものではない。例えば、本実施形態に係るヒンジユニット30の構造は、デジタル一眼レフカメラデジタルビデオカメラ等の他の撮像装置や携帯情報端末等の他の電子機器に適用することができる。

0066

1デジタルカメラ(撮像装置)
1a 本体
20表示ユニット
21 表示部
22外装カバー
25フレキシブルプリント基板(フレキ板)
25d 第1の折り返し部
25e 第2の折り返し部
30ヒンジユニット
31ベースプレート
32アームプレート
31c ベースプレート開口部
32c凹形状部
33スライドプレート
33c スライドプレート開口部
34トーションバネ
65線バネ
66 ゴム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ニコンの「 撮像装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】筐体の像の映り込みを抑制しつつ、冷却効率の向上を図ること。【解決手段】撮像装置は、吸気口と排気口とを有する筐体と、前記筐体内に配置された第1撮像素子と、前記筐体内に配置された第2撮像素子と、前... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像処理装置およびその制御方法ならびにプログラム」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】予め用意するデータ量や調整する項目を増大させることなく、ガンマカーブによるガンマ処理や階調補正処理をより簡便な方法で実現する技術を提供する。【解決手段】実施形態に係る画像処置装置は、入力画像の... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 撮像装置及びその制御方法、プログラム、記憶媒体」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】撮像素子と信号処理回路間の画像データの伝送における消費電力を軽減することができる撮像装置を提供する。【解決手段】複数の画素が配置された画素部と、画素部から得られた画像データとクロックとを重畳し... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ