図面 (/)

技術 毛髪洗浄料組成物

出願人 クラシエホームプロダクツ株式会社ホーユー株式会社
発明者 辻孝之入江大輔笠井恵美
出願日 2014年12月24日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2014-260858
公開日 2015年8月6日 (4年6ヶ月経過) 公開番号 2015-143213
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード フタレインコンプレクソン 塩素除去剤 パックテスト 塩素系消毒剤 洗浄基材 本発明組成 仕上がり具合 補修効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年8月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

毛髪洗浄時に使用する水道水等に含まれる金属イオン封鎖し、あるいは塩素を除去し、髪が絡まない滑り性に優れ、すすぎ時に毛髪きしみがなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪のぱさつきやごわつき感がなく、まとまりが良好であり、つや感に優れた、あるいは洗い上がり頭皮のつっぱり感がない毛髪洗浄料組成物を提供すること。

解決手段

成分(A)フィチン酸を含有する毛髪洗浄料組成物であって、更に下記成分(I)または(II)を含有することを特徴とする毛髪洗浄料組成物。(I)下記成分(B)及び(C) (B)界面活性剤(C)ビルベリーチャの植物より得られる抽出物から選ばれる1種または2種以上の植物抽出物(II)下記成分(B1)及び(B2) (B1)N−アシルサルコシン塩、N−アシルグルタミン酸塩から選ばれる1種または2種以上のアミノ酸塩型界面活性剤 (B2)ベタイン型両性界面活性剤

概要

背景

近年、ファッションとしてヘアスタイルや髪の色を楽しむようになり、ヘアカラーパーマを行うことは日常的になっている。ヘアカラーやパーマなどによって毛髪ダメージを受けて、シャンプー時に髪が絡まったり、すすぎ時に指通りが悪くギシギシとした感触となったり、洗髪後タオルドライ時にも髪が絡まるなどの問題点が発生している。

水道水等に含まれる金属イオン(鉄、銅、亜鉛アルミニウムマンガンカルシウムマグネシウム等)は、毛髪に吸着し、毛髪の指通り性を損なわせ、ごわつき感を与える。また同様に水道水等に含まれる次亜塩素酸などの塩素系消毒剤塩素剤)は、毛髪を酸化させることによりツヤ感を損なわせるなど、毛髪に悪影響を与える。そのため、金属イオンや塩素剤の除去が望まれている。さらに上記のようなダメージを受けた毛髪は、金属イオンや塩素の影響を受けやすい状態になっており、感触の悪化を進行させてしまう。

金属イオンを除去する方法として、毛髪洗浄剤などに金属キレート剤を配合することが用いられている(例えば、特許文献1参照。)。このような技術は、人工的に合成した物質であるため人体への影響上、安心して使用できるものには至っていない。さらに、金属イオンをキレートする目的として、フィチン酸を配合すること(例えば、特許文献2、3参照。)は知られている。

塩素剤を除去するために、例えば、アスコルビン酸カテキン類および植物ポリフェノール類からなる群から選ばれてなる少なくとも1種を主成分とする遊離塩素捕集組成物が知られている(例えば、特許文献4参照。)。しかしながら、特許文献4の遊離塩素捕集用組成物は、浄水器等のフィルターとして適用するものであり、所望の場所で簡易に塩素を除去できるものではない。そのため、イチゴ抽出物を含む塩素除去剤およびそれを用いた化粧料が提案されている(例えば、特許文献5参照。)。

また、紫外線等の活性酸素による毛髪のダメージを防止する目的として、ブルーベリー抽出物を配合すること(例えば、特許文献6、7参照。)は知られている。しかし、フィチン酸とビルベリー葉エキス茶葉エキスを組み合わせて毛髪洗浄料に配合することによって、洗髪時やすすぎ時、及び、乾燥後に優れた指通りを示すことは知られていない。

また、アシルサルコシン塩アシルグルタミン酸塩低刺激性洗浄基材としてシャンプーに配合することは知られている(例えば、特許文献8〜10参照。)。さらに、これら成分をシャンプーに配合することで、毛髪のコンディショニング効果が優れたものになることも知られている(例えば、特許文献11、12参照)。これらの技術は、毛髪へのコンディショニング効果や刺激性に優れたものであるが、近年消費者のダメージケアニーズの高まりとともに、さらなるコンディショニング効果の向上が望まれている。

概要

毛髪洗浄時に使用する水道水等に含まれる金属イオンを封鎖し、あるいは塩素を除去し、髪が絡まない滑り性に優れ、すすぎ時に毛髪にきしみがなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪のぱさつきやごわつき感がなく、まとまりが良好であり、つや感に優れた、あるいは洗い上がり頭皮のつっぱり感がない毛髪洗浄料組成物を提供すること。成分(A)フィチン酸を含有する毛髪洗浄料組成物であって、更に下記成分(I)または(II)を含有することを特徴とする毛髪洗浄料組成物。(I)下記成分(B)及び(C) (B)界面活性剤(C)ビルベリーチャの植物より得られる抽出物から選ばれる1種または2種以上の植物抽出物(II)下記成分(B1)及び(B2) (B1)N−アシルサルコシン塩、N−アシルグルタミン酸塩から選ばれる1種または2種以上のアミノ酸塩型界面活性剤 (B2)ベタイン型両性界面活性剤なし

目的

これらの技術は、毛髪へのコンディショニング効果や刺激性に優れたものであるが、近年消費者のダメージケアニーズの高まりとともに、さらなるコンディショニング効果の向上が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

成分(A)フィチン酸を含有する毛髪洗浄料組成物であって、更に下記成分(I)または(II)を含有することを特徴とする毛髪洗浄料組成物。(I)下記成分(B)及び(C)(B)界面活性剤(C)ビルベリーチャの植物より得られる抽出物から選ばれる1種または2種以上の植物抽出物(II)下記成分(B1)及び(B2)(B1)N−アシルサルコシン塩、N−アシルグルタミン酸塩から選ばれる1種または2種以上のアミノ酸塩型界面活性剤(B2)ベタイン型両性界面活性剤

請求項2

更に(D)アミノ酸及び/またはその塩から選ばれる1種または2種以上を含有する請求項1記載の毛髪洗浄料組成物。

請求項3

更に(E)カチオン化グアガムカチオン化セルロースから選ばれる1種または2種以上を含有する請求項1または2記載の毛髪洗浄料組成物。

請求項4

更に(F)25℃で液状のポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリルを含有する請求項1から3いずれか1項記載の毛髪洗浄料組成物。

技術分野

0001

本発明は毛髪洗浄料組成物に関し、詳しくは、洗浄時に使用する水道水等に含まれる金属イオン封鎖し、あるいは塩素を除去し、髪が絡まない滑り性に優れ、すすぎ時に毛髪きしみがなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪のぱさつきやごわつき感がなく、まとまりが良好であり、つや感に優れた、あるいは洗い上がり頭皮のつっぱり感がない毛髪洗浄料組成物に関する。

背景技術

0002

近年、ファッションとしてヘアスタイルや髪の色を楽しむようになり、ヘアカラーパーマを行うことは日常的になっている。ヘアカラーやパーマなどによって毛髪はダメージを受けて、シャンプー時に髪が絡まったり、すすぎ時に指通りが悪くギシギシとした感触となったり、洗髪後タオルドライ時にも髪が絡まるなどの問題点が発生している。

0003

水道水等に含まれる金属イオン(鉄、銅、亜鉛アルミニウムマンガンカルシウムマグネシウム等)は、毛髪に吸着し、毛髪の指通り性を損なわせ、ごわつき感を与える。また同様に水道水等に含まれる次亜塩素酸などの塩素系消毒剤塩素剤)は、毛髪を酸化させることによりツヤ感を損なわせるなど、毛髪に悪影響を与える。そのため、金属イオンや塩素剤の除去が望まれている。さらに上記のようなダメージを受けた毛髪は、金属イオンや塩素の影響を受けやすい状態になっており、感触の悪化を進行させてしまう。

0004

金属イオンを除去する方法として、毛髪洗浄剤などに金属キレート剤を配合することが用いられている(例えば、特許文献1参照。)。このような技術は、人工的に合成した物質であるため人体への影響上、安心して使用できるものには至っていない。さらに、金属イオンをキレートする目的として、フィチン酸を配合すること(例えば、特許文献2、3参照。)は知られている。

0005

塩素剤を除去するために、例えば、アスコルビン酸カテキン類および植物ポリフェノール類からなる群から選ばれてなる少なくとも1種を主成分とする遊離塩素捕集組成物が知られている(例えば、特許文献4参照。)。しかしながら、特許文献4の遊離塩素捕集用組成物は、浄水器等のフィルターとして適用するものであり、所望の場所で簡易に塩素を除去できるものではない。そのため、イチゴ抽出物を含む塩素除去剤およびそれを用いた化粧料が提案されている(例えば、特許文献5参照。)。

0006

また、紫外線等の活性酸素による毛髪のダメージを防止する目的として、ブルーベリー抽出物を配合すること(例えば、特許文献6、7参照。)は知られている。しかし、フィチン酸とビルベリー葉エキス茶葉エキスを組み合わせて毛髪洗浄料に配合することによって、洗髪時やすすぎ時、及び、乾燥後に優れた指通りを示すことは知られていない。

0007

また、アシルサルコシン塩アシルグルタミン酸塩低刺激性洗浄基材としてシャンプーに配合することは知られている(例えば、特許文献8〜10参照。)。さらに、これら成分をシャンプーに配合することで、毛髪のコンディショニング効果が優れたものになることも知られている(例えば、特許文献11、12参照)。これらの技術は、毛髪へのコンディショニング効果や刺激性に優れたものであるが、近年消費者のダメージケアニーズの高まりとともに、さらなるコンディショニング効果の向上が望まれている。

先行技術

0008

特開2001−106616号公報
特許第4666792号公報
特許第4950487号公報
特開平08−243387号公報
特許第5225481号公報
特許第3461442号公報
特許第3495446号公報
特許第3216848号公報
特許第3644566号公報
特開平10−237494号公報
特開2011−37758号公報
特許第3087399号公報

発明が解決しようとする課題

0009

本発明の目的は、毛髪洗浄時に使用する水道水等に含まれる金属イオンを封鎖し、あるいは塩素を除去し、髪が絡まない滑り性に優れ、すすぎ時に毛髪にきしみがなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪のぱさつきやごわつき感がなく、まとまりが良好であり、つや感に優れた、あるいは洗い上がりの頭皮のつっぱり感がない毛髪洗浄料組成物を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

本発明者は、本発明の目的を達成するために鋭意研究した結果、フィチン酸を含有する毛髪洗浄料組成物において、界面活性剤と特定の植物抽出物を組み合わせて配合するか、特定のアミノ酸塩型界面活性剤とベタイン型両性界面活性剤を組み合わせて配合することにより上記目的を達成できることを見出し、本発明を完成した。すなわち、本発明は、成分(A)フィチン酸を含有する毛髪洗浄料組成物であって、更に下記成分(I)または(II)を含有する毛髪洗浄料組成物である。
(I)下記成分(B)及び(C)
(B)界面活性剤
(C)ビルベリーチャの植物より得られる抽出物から選ばれる1種または2種以上植物抽出物
(II)下記成分(B1)及び(B2)
(B1)N−アシルサルコシン塩、N−アシルグルタミン酸塩から選ばれる1種または2種以上のアミノ酸塩型界面活性剤
(B2)ベタイン型両性界面活性剤

発明の効果

0011

本発明によれば、毛髪洗浄時に使用する水道水等に含まれる金属イオンを封鎖し、あるいは塩素を除去し、髪が絡まない滑り性に優れ、すすぎ時に毛髪にきしみがなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪のぱさつきやごわつき感がなく、まとまりが良好であり、つや感に優れた、あるいは洗い上がりの頭皮のつっぱり感がない毛髪洗浄料組成物を提供できる。本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(A)フィチン酸は、イノシトール−6−リン酸ともいい、米ぬかなどの穀類豆類などから得られたものを用いることが好ましい。キレート作用が強く、多くの金属イオンと結合することが知られている。また、水道水中等における金属イオンが封鎖されたことの確認は、パックテスト((株)共立理化学研究所)などを用いることが好ましい。

0012

本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(A)フィチン酸の配合量は、毛髪洗浄料全体に
対して好ましくは0.0001〜3%、更に好ましくは、0.001〜1%の範囲である。この配合量の範囲であれば、水道水中の金属イオンを封鎖でき、毛髪にきしみやごわつき感がなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪がぱさつかず、まとまりが良好でつや感に優れるため好ましい。

0013

本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(B)界面活性剤は、成分(C)ビルベリー、チャの植物より得られる抽出物から選ばれる1種または2種以上植物抽出物と組み合わせる場合は、特に限定されるものではなく、アニオン性界面活性剤両性界面活性剤ノニオン性界面活性剤カチオン性界面活性剤等のいずれでも良く、洗浄性の観点からアニオン性界面活性剤や両性界面活性剤が好ましい。好ましい界面活性剤の具体例としては、アルキル硫酸塩型界面活性剤、アルキルエーテル硫酸塩型界面活性剤、オレフィンスルホン酸塩型界面活性剤、リン酸エステル型界面活性剤アルキルエーテルカルボン酸塩型界面活性剤、アミノ酸塩型界面活性剤(サルコシン塩型、β−アラニン塩型、グルタミン酸塩型、アスパラギン酸塩型など。)、スルホコハク酸塩型界面活性剤、タウリン型界面活性剤、スルホベタイン型両性界面活性剤、アルキルベタイン型両性界面活性剤アミドプロピルベタイン型両性界面活性剤イミダゾリニウムベタイン型両性界面活性剤等が挙げられる。これら界面活性剤の配合量は特に限定されるものではないが、毛髪洗浄料組成物全体に対して3〜30質量%(以下、単に%という。)が好ましく、さらに好ましくは5〜20%である。これは、界面活性剤の配合量を増やすと、洗浄性に優れるが、洗浄中の使用感(例えば、きしみや指通り。)が低下する。また、充分な洗浄性を得るには3%以上が好ましく、また、適度な粘性を保ち、充分な洗浄中の使用感を得るには30%以下が好ましいからである。

0015

カチオン性界面活性剤としては、塩化アルキルトリメチルアンモニウム塩化ジアルキルジメチルアンモニウム脂肪酸アミドアミン塩、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートステアロキシプロピルジメチルアミン、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ステアリルPGジメチルアミン、ステアリルPGトリモニウムクロリド、ベヘニルPGトリモニウムクロリドなどが挙げられる。

0016

本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(C)ビルベリー、チャの植物より得られる抽出物はそれぞれの葉、根、、花、皮、枝、果実果皮等の1種又は2種以上の部位から適当な溶媒により抽出することにより得ることができる。抗酸化能が強く、残留塩素を効率良く除去できることが知られている。また、水道水中等における塩素が除去されたことの確認は、パックテスト((株)共立理化学研究所)などを用いることが好ましい。

0017

抽出溶媒としては、エタノールメタノール、1,3−ブチレングリコールプロピレングリコールグリセリン等のアルコール類冷水熱水等の水、スクワランヒマワリ油パラフィン油エステル油等の油類アセトン酢酸エチル等から選ばれる1種又は2種以上の混液使用可能であり、これらの中では、水やアルコール類等の極性溶媒から選
ばれる1種又は2種以上の混液が望ましい。

0018

また、別の方法として、上記抽出液シリカゲルクロマトグラフィー等の吸着系クロマトグラフィーを用いて分画して得られる抽出物を用いることもできる。また、抽出液中の溶媒を蒸留後さらに適当な溶媒に溶解したり、上記抽出液の濃縮物あるいは乾燥粉末を、本発明に使用することもできる。

0019

本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(C)ビルベリー、チャの植物より得られる抽出物から選ばれる1種または2種以上の植物抽出物の配合量は、毛髪洗浄料組成物全体に対して好ましくは0.00001〜3%、更に好ましくは、0.00002〜1%の範囲である。この配合量の範囲であれば、水道水中の塩素剤を除去でき、毛髪にきしみやごわつき感がなく、指通り性に優れ、使用後に毛髪がぱさつかず、まとまりが良好でつや感に優れるため好ましい。

0020

本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(B1)N−アシルサルコシン塩、及び/または、N−アシルグルタミン酸塩としては、例えばN−ラウロイルサルコシントリエタノールアミン、N−ミリストイルサルコシントリエタノールアミン、N−ラウロイルサルコシンナトリウム、N−ミリストイルサルコシンナトリウムヤシ油脂肪酸サルコシントリエタノールアミン、ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム、N−ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸カリウム、N−ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸ナトリウム、N−ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸トリエタノールアミン、ラウロイルグルタミン酸カリウム、ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、ラウロイルグルタミン酸トリエタノールアミン、ミリストイルグルタミン酸カリウム、ミリストイルグルタミン酸ナトリウムステアロイルグルタミン酸カリウム、ステアロイルグルタミン酸ナトリウム等である。本発明では、これらN−アシルサルコシン塩、及び/または、N−アシルグルタミン酸塩を適宜選択し、1種または2種以上を配合できる。特に好ましくは、N−ラウロイルサルコシントリエタノールアミンとN−ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸トリエタノールアミンから選ばれる1種または2種以上を配合することである。N−アシルサルコシン塩、及び/または、N−アシルグルタミン酸塩の配合量は特に限定されるものではないが、毛髪洗浄料組成物全体に対して1〜30%が好ましく、さらに好ましくは3〜20%である。これは、これらの成分の配合量を増やすと、コンディショニング効果(例えば、洗浄中の使用感および洗浄後の仕上り感の良さ等)が高くなるが、粘性が低くなるため、充分なコンディショニング効果を得るには1%以上が好ましく、また、適度な粘性を保ち、かつ、頭皮のつっぱり感を少なくするには30%以下が好ましいからである。

0021

本発明の毛髪洗浄料組成物に配合される(B2)ベタイン型両性界面活性剤としては、ラウリルベタインラウリン酸アミドプロピルベタイン、2−アルキル−N−カルボキシメチル−N−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタインパーム核油脂肪酸アミドプロピルベタイン等である。本発明では、これらベタイン型両性界面活性剤を適宜選択し、1種または2種以上を配合できる。特に好ましくはラウリン酸アミドプロピルベタイン、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、パーム核油脂肪酸アミドプロピルベタインから選ばれる1種または2種以上を配合することである。ベタイン型両性界面活性剤の配合量は特に限定されるものではないが、毛髪洗浄料組成物全体に対して3〜30%が好ましく、さらに好ましくは5〜20%である。これは、ベタイン型両性界面活性剤の配合量を増やすと、粘性が高くなるが、コンディショニング効果(例えば、洗浄中の使用感および洗浄後の仕上り感の良さ等)が低くなるため、充分な粘性を得るには3%以上が好ましく、また、充分なコンディショニング効果得て、かつ、頭皮のつっぱり感を少なくするには30%以下が好ましいからである。

0022

本発明の毛髪洗浄料組成物には、さらに(D)アミノ酸及び/またはその塩から選ばれる
1種または2種以上を配合することが好ましい。(D)アミノ酸及び/またはその塩は、特に限定されるものでなく、酸性アミノ酸中性アミノ酸塩基性アミノ酸のいずれでも良く、ダメージ補修効果の点から、グルタミン酸、L−セリン、L−アルギニンおよび/又はその塩のいずれか1種及び/または2種以上が好ましい。これらアミノ酸の配合量は毛髪洗浄料組成物全体に対して好ましくは0.001〜3%、更に好ましくは、0.01〜1%の範囲である。この配合量の範囲であれば、洗髪時およびすすぎ時の指通り性に優れ、また乾燥後の仕上がり感触においても好ましい。

0023

本発明の毛髪洗浄料組成物には、さらに(E)カチオン化グアガム、及び/または、カチオン化セルロースから選ばれる1種または2種以上配合することが好ましい。(E)カチオン化グアガム、及び/または、カチオン化セルロースのカチオン化度を示す電荷密度は、0.5〜2.5meq/gの範囲が好ましく、0.7〜2meq/gの範囲が更に好ましい。カチオン化グアガム、及び/または、カチオン化セルロースの配合量は特に限定されるものではないが、シャンプー組成物全体に対して0.05〜2%が好ましく、特に0.1〜0.7%が好ましい。この配合量の範囲であれば、洗髪時およびすすぎ時の指通り性に優れ、また乾燥後の仕上がり感触においても好ましい。

0024

本発明の毛髪洗浄料組成物には、さらに(F)25℃で液状のポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリルを配合することが好ましい。(F)25℃で液状のポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリルは、非イオン界面活性剤として知られている既知物質であって、25℃において液状の性状を有するものである。ポリオキシエチレンの付加モル数としては5〜10が好ましく、脂肪酸としては炭素数12〜20のものが好ましい。このようなポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリンを例示すると、ポリオキシエチレン(5)ヤシ油脂肪酸グリセリン、ポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリン、ポリオキシエチレン(10)ヤシ油脂肪酸グリセリン、ポリオキシエチレン(5)パーム核油脂肪酸グリセリン、ポリオキシエチレン(7)パーム核脂肪酸グリセリン、ポリオキシエチレン(10)パーム核脂肪酸グリセリン、ポリオキシエチレン(5)グリセリルモノオレート、ポリオキシエチレン(7)グリセリルモノオレート、ポリオキシエチレン(10)グリセリルモノオレート、ポリオキシエチレン(5)イソステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン(7)イソステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン(10)イソステアリン酸グリセリン等が挙げられる。これらの中でもポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリンが特に好ましい。本発明のシャンプー組成物では、これらポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリルを1種または2種以上組み合わせて含有させることができる。通常、洗髪中起泡性使用感触を損なわない範囲で十分な洗浄性とコンディショニング効果を与えるためには、本発明組成物中に0.3〜10質量%配合することが好ましく、更に好ましくは0.5〜5質量%である。

0025

本発明の毛髪洗浄料組成物は、常法により製造することができ、pH3〜10のシャンプーとして提供され、使用場面に合わせて、固体粉体液体ジェルクリームエアゾールフォーム等様々な態様をとることができる。

0026

また、本発明の毛髪洗浄剤組成物には、効果を損なわない範囲で公知の成分を適宜配合することができる。公知の成分としては、脂肪酸グリセリンエステルソルビタン脂肪酸エステルショ糖脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステルプロピレングリコール脂肪酸エステルペンタエリトリトール脂肪酸エステルモノグリセリド誘導体などが挙げられる。

0027

さらにアボカド油アルモンド油オリーブ油グレーシード油コメヌカ油コメ胚芽油、月見草油ツバキ油サザンカ油、マカデミアナッツ油、メドフォーム油、ローズヒップ油アンズ核油、シアバター卵黄油脂等の油脂類ホホバ油カルナウバ
ウ、キャンデリラロウラノリンミツロウ等のロウ類オゾケライト流動パラフィンスクワレンワセリン等の炭化水素類イソステアリルアルコールオクチルドデカノールラノリンアルコールフィトステロールセタノールオレイルアルコール等の高級アルコール類、ミリスチン酸イソプロピルオレイン酸エチルステアリン酸オクチル、2−エチルヘキサン酸セチルイソノナン酸イソノニルパルミチン酸オクチルジオレインエチレングリコールトリイソステアリン酸グリセリル乳酸セチルアジピン酸ジイソプロピルイソステアリン酸コレステリル等のエステル油類等、プロピレングリコール、ジプロピレングリコールポリプロピレングリコールポリエチレングリコール、グリセリン、グリコシルトレハロースジグリセリンイソプレングリコール、1,3−ブチレングリコール等の多価アルコールエチルアルコールイソプロパノール等の低級アルコールキサンタンガムグアガムデンプン等の天然高分子及びその誘導体、ヒドロキシプロピルメチルセルロースヒドロキシエチルセルロースメチルセルロース等のセルロール系高分子カルボキシビニルポリマーポリビニルピロリドン等の合成高分子等、ジステアリン酸エチレングリコール、ジステアリン酸トリエチレングリコール等のパール化剤カオリン無水ケイ酸ケイ酸アルミニウムマグネシウム、タルクマイカセルロース末、シルク末、デンプン、ポリエチレン末、ナイロン末架橋ポリスチレン等の顔料防腐剤金属イオン封鎖剤噴射剤無機塩有機酸及びその塩、ピロリドンカルボン酸及びその塩、ヒアルロン酸及びその塩、ソルビトールマルチトールトレハロース等の糖類、トリメチルグリシン等の保湿剤塩化ベンザルコニウム塩化ベンゼトニウムイソプロピルメチルフェノールピロクトンオラミンクララエキスジンクピリチオンヒノキチオール等の殺菌剤、その他、センブリエキス塩化カプロニウム、セファランチンサリチル酸イノシットヨウ化ニンニクエキスレゾルシンエストラジオールエチニルエストラジオールオキセンドロンパントテン酸及びその誘導体、プラセンタエキスビオチンモノニトログアヤコール感光素301、ウシヘマチングリチルリチン酸ジカリウム塩酸ピリドキシン冷感剤温感剤動植物抽出物ビタミン紫外線吸収剤、アミノ酸及びその誘導体、タンパク質及びその誘導体、酸化防止剤着色剤香料等である。

0028

次に本発明の毛髪洗浄料組成物について実施例をもって詳細に説明するが、本発明はこれにより限定されるものではない。実施例に先立ち、各実施例で採用した試験法評価法を説明する。

0029

(1)水道水中の金属イオン封鎖実験(パックテスト法)
水道水中に発色試薬を添加し、そこへ実施例および比較例のシャンプー組成物を滴下し、発色の度合いの変化を評価した。各金属イオンに用いた試薬は以下のとおりである(いずれも共立理化学研究所 パックテストを用いた)。
カルシウムイオン発色試薬:フタレインコンプレクソン(WAK−Ca)
マグネシウムイオン発色試薬:チタンイエロー(WAK−Mg)
銅イオン発色試薬:バソクプロイン(WAK−Cu)
尚、評価基準は以下の通りである。
◎:極めて良好 発色がなくなり、ほぼ無色となった
○:良好 発色が大きく淡くなった
△:やや悪い 発色の変化が小さかった
×:悪い 発色の変化がほとんどなかった

0030

(2)水道水中の残留塩素除去実験(パックテスト法)
水道水中に発色試薬を添加し、そこへ実施例および比較例のシャンプー組成物を滴下し、発色の度合いの変化を評価した。発色試験に用いた試薬は以下のとおりである(共立理化学研究所 パックテストを用いた)。
・残留塩素発色試薬:N,Nジエチルp−フェニレンジアミン硫酸塩(WAK−ClO・DP
尚、評価基準は以下の通りである。
◎:極めて良好 発色がなくなり、ほぼ無色となった
○:良好 発色が大きく淡くなった
△:やや悪い 発色の変化が小さかった
×:悪い 発色の変化がほとんどなかった

0031

(3)洗髪時及びすすぎ時の使用感試験ハーフヘッド法)
10名の専門パネルにより、実施例および比較例のシャンプー組成物を使用し、洗髪中の指通り、すすぎ時の指通り、すすぎ後のきしみの有無を官能評価した。尚、評価基準は以下の通りである。
[洗髪中の指通り]
◎:極めて良好 洗髪中の指通りが良いと答え被験者の数が8人以上
○:良好 洗髪中の指通りが良いと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い 洗髪中の指通りが良いと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い 洗髪中の指通りが良いと答えた被験者の数が4人未満
[すすぎ時の指通り]
◎:極めて良好 すすぎ時の指通りが良いと答えた被験者の数が8人以上
○:良好 すすぎ時の指通りが良いと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い すすぎ時の指通りが良いと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い すすぎ時の指通りが良いと答えた被験者の数が4人未満
[すすぎ後のきしみ]
◎:極めて良好 きしまないと答えた被験者の数が8人以上
○:良好 きしまないと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い きしまないと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い きしまないと答えた被験者の数が4人未満

0032

(4)洗髪乾燥後の髪の仕上がり感
10名の専門パネルが前記と同様の方法で洗髪した後、毛髪を乾燥させ、毛髪のぱさつき・まとまり易さの良否等の仕上がり具合を官能評価した。評価の基準を次のように設定した。
[ぱさつき]
◎:極めて良好 ぱさつきがないと答えた被験者の数が8人以上
○:良好 ぱさつきがないと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い ぱさつきがないと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い ぱさつきがないと答えた被験者の数が4人未満
[まとまり]
◎:極めて良好 髪のまとまりが良いと答えた被験者の数が8人以上
○:良好 髪のまとまりが良いと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い 髪のまとまりが良いと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い 髪のまとまりが良いと答えた被験者の数が4人未満
[つや]
◎:極めて良好 つやがないと答えた被験者の数が8人以上
○:良好 つやがないと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い つやがないと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い つやがないと答えた被験者の数が4人未満

0033

(5)洗髪乾燥後の頭皮のつっぱり感試験
10名の専門パネルが上記と同様の方法で洗髪した後、毛髪を乾燥させ、頭皮のつっぱり
感の良否を官能評価した。尚、評価基準は以下の通りである。
[つっぱり感]
◎:極めて良好 つっぱり感がないと答えた被験者の数が8人以上
○:良好 つっぱり感がないと答えた被験者の数が6人以上、8人未満
△:やや悪い つっぱり感がないと答えた被験者の数が4人以上、6人未満
×:悪い つっぱり感がないと答えた被験者の数が4人未満

0034

・実施例1〜15及び比較例1〜14
表1及び表2に示す組成のシャンプー組成物を調製し、金属イオン封鎖実験、残留塩素除去実験、洗髪時及びすすぎ時の使用感、洗髪乾燥後の髪の仕上がり感、洗髪乾燥後の頭皮のつっぱり感試験について調べ、その結果を表1及び表2に示した。

0035

0036

0037

表1及び表2より明らかなように、本発明の成分を用いた実施例1〜15のシャンプーは比較例1〜14の組成物に比べていずれも優れた性能を見出した。

0038

以下、本発明の毛髪洗浄料組成物のその他の処方例を実施例として挙げる。なお、これらの実施例のシャンプー組成物についても、上記の金属イオン封鎖性、塩素除去性、洗髪時の指通り、すすぎ時の使用感、乾燥後のぱさつきおよびまとまり、つやの各項目を評価したところ、いずれの実施例においても、優れた特性を有しており良好であった。

0039

実施例16シャンプー
(1)ラウレス硫酸ナトリウム9.0
(2)ラウロイルメチルアラニンナトリウム3.0
(3)ココアンホ酢酸ナトリウム2.0
(4)ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド2.0
(5)フィチン酸0.1
(6)ビルベリー葉エキス0.5
(7)塩化ナトリウム0.1
(8)カチオン化セルロース0.2
(9)ポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリン4.0
(10)塩化ジメチルジアリルアンモニウムアクリルアミド共重合体0.1
(11)加水分解コラーゲン液 0.5
(12)ヒアルロン酸ナトリウム0.1
(13)シルクエキス0.5
(14)加水分解コムギ0.1
(15)ローズヒップ油0.1
(16)グレープシード油0.1
(17)ラウロイルグルタミン酸ジフィトステリルオクチルドデシル) 0.1
(18)ポリクオタニウムー64 0.1
(19)加水分解カラスムギタンパク0.2
(20)クエン酸0.4
(21)安息香酸ナトリウム0.5
(22)EDTA0.1
(23)カラメル0.2
(24)香料0.5
(25)精製水バランス

0040

常法により上記組成のシャンプーを調製し、金属イオン封鎖性、塩素除去性、洗髪中の使用感、洗髪乾燥後の仕上がり感を評価したところ、いずれの特性も優れており良好な結果を得た。

0041

実施例17シャンプー
(1)ラウレス硫酸ナトリウム9.0
(2)ラウロイルメチルアラニンナトリウム3.0
(3)ココアンホ酢酸ナトリウム2.0
(4)ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド2.0
(5)フィチン酸0.1
(6)チャ葉エキス0.5
(7)塩化ナトリウム0.1
(8)カチオン化セルロース0.2
(9)ポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリン4.0
(10)塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体0.1
(11)加水分解コラーゲン液 0.5
(12)ヒアルロン酸ナトリウム0.1
(13)シルクエキス0.5
(14)加水分解コムギ0.1
(15)ローズヒップ油0.1
(16)グレープシード油0.1
(17)ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) 0.1
(18)ポリクオタニウムー64 0.1
(19)加水分解カラスムギタンパク0.2
(20)クエン酸0.4
(21)安息香酸ナトリウム0.5
(22)EDTA0.1
(23)カラメル0.2
(24)香料0.5
(25)精製水バランス

0042

常法により上記組成のシャンプーを調製し、金属イオン封鎖性、塩素除去性、洗髪中の使用感、洗髪乾燥後の仕上がり感、起泡性を評価したところ、いずれの特性も優れており良好な結果を得た。

0043

実施例18シャンプー
(1)ラウレス硫酸ナトリウム9.0
(2)ラウロイルメチルアラニンナトリウム3.0
(3)ココアンホ酢酸ナトリウム2.0
(4)ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド2.0
(5)フィチン酸0.1
(6)ビルベリー葉エキス0.5
(7)チャ葉エキス0.5
(8)グルタミン酸ナトリウム0.5
(9)L−アルギニン0.5
(10)L−セリン0.5
(7)塩化ナトリウム0.1
(8)カチオン化セルロース0.2
(9)ポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリン4.0
(10)塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体0.1
(11)加水分解コラーゲン液 0.5
(12)ヒアルロン酸ナトリウム0.1
(13)シルクエキス0.5
(14)加水分解コムギ0.1
(16)ローズヒップ油0.1
(17)グレープシード油0.1
(18)ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) 0.1
(19)ポリクオタニウムー64 0.1
(20)加水分解カラスムギタンパク0.2
(21)クエン酸0.4
(22)安息香酸ナトリウム0.5
(23)EDTA0.1
(24)カラメル0.2
(25)香料0.5
(26)精製水バランス

0044

常法により上記組成のシャンプーを調製し、金属イオン封鎖性、塩素除去性、洗髪中の使用感、洗髪乾燥後の仕上がり感、起泡性を評価したところ、いずれの特性も優れており良好な結果を得た。

0045

実施例19シャンプー
(1)フィチン酸0.1
(2)N−ラウロイルサルコシントリエタノールアミン9.0
(3)N−ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸トリエタノールアミン 3.0
(4)パーム核油脂肪酸アミドプロピルベタイン6.0
(5)ポリオキシプロピレンヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド2.0
(6)ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド 1.0
(7)ヤシ油脂肪酸N−メチルエタノールアミド2.0
(8)カチオン化セルロース(電荷密度:0.8meq/g) 0.2
(9)カチオン化グアガム(電荷密度:1.1meq/g) 0.2
(10)塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体0.5
(11)ポリクオタニウム−49 0.1
(12)ポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリン2.0
(13)ジステアリン酸エチレングリコール2.0
(14)ミリスチン酸0.3
(15)ボタンピエキス0.1
(16)サッカロミセスコメヌカ発酵液エキス1.0
(17)ムクロジエキス0.5
(18)ヒオウギエキス0.1
(19)ツバキ種子エキス0.1
(20)サクラ葉エキス0.1
(21)チャ花エキス 0.1
(22)黒米エキス商品名:黒米エキス−PC〔オリザ油化製〕) 0.1
(23)赤米エキス 0.1
(24)コメヌカエキス0.1
(25)コメ胚芽油 0.1
(26)加水分解コメタンパク 0.5
(27)コメヌカ油脂肪酸フィトステリル0.1
(28)アンズ核油 0.1
(29)イノシトール0.3
(30)クエン酸0.4
(31)安息香酸ナトリウム0.5
(32)EDTA0.1
(33)塩化ナトリウム0.5
(34)カルボマー0.1
(35)カラメル0.2
(36)香料0.5
(37)精製水バランス

実施例

0046

常法により上記組成のシャンプーを調製し、洗髪中の使用感、洗髪乾燥後の仕上がり感、頭皮のつっぱり感を評価したところ、いずれの特性も優れており良好な結果を得た。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ