図面 (/)

技術 農業用液状散布剤

出願人 日本合成化学工業株式会社
発明者 風呂千津子万代修作
出願日 2014年12月11日 (6年2ヶ月経過) 出願番号 2014-250806
公開日 2015年7月27日 (5年6ヶ月経過) 公開番号 2015-134704
状態 特許登録済
技術分野 捕獲、駆除 農薬・動植物の保存 肥料
主要キーワード 着色面 剥離脱落 散布面 ジオール構造単位 散布性 酢酸ビニル構造単位 拡展性 アルカリ消費量
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

農業園芸の分野で使用される液状散布剤であり、固着性が高く、かつ散布性に優れる農業用液状散布剤を提供する。

解決手段

ケン化度が30〜60モル%のポリビニルアルコール系樹脂を含有する農業用液状散布剤とする。

概要

背景

農業園芸の分野では、一般に、果実野菜等の成長促進のための肥料及び有害生物駆除するための農薬を、水で希釈してそのまま散布するといった処置が行われる。しかしながら、このように肥料や農薬を水で希釈してそのまま植物体上に散布すると、その肥料や農薬の活性成分が、降雨等により流亡したり、あるいは風により剥離脱落したりして、効果の持続性がしばしば損なわれる。

そこで、肥料や農薬の活性成分の植物体への付着性あるいは固着性を向上させる目的で、通常、肥料や農薬の水希釈液展着剤が加えられる。展着剤としては、散布液表面張力下げ濡れにくい虫体作物に対する付着あるいは拡展性を向上させ肥料や農薬の効果を高める性質を有する、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルポリオキシエチレンアルキルエーテルポリオキシエチレン脂肪酸エステルリグニンスルホン酸塩ナフチルメタンスルホン酸塩等が汎用されているが、これらは水に非常になじみやすい性質を有するため、降雨等による流亡を抑えることはできない。
また、固着効果を示す展着剤として、ポリオキシエチレン樹脂酸エステルパラフィン等を主成分とするものがあるが、使用濃度を高くしないと効果がでない、乾いた皮膜が水に溶けないため植物体上にいつまでも残留する、等の問題がある。さらに、これらの展着剤は、いずれも上記水希釈液中での溶解性が悪く、さらには配合量を多くしないと機能しないという問題もある。

これらの問題を解決するものとして、近年、ポリビニルアルコールを含有する農薬活性成分の固着性組成物が開発されている(特許文献1参照)。

概要

農業や園芸の分野で使用される液状散布剤であり、固着性が高く、かつ散布性に優れる農業用液状散布剤を提供する。ケン化度が30〜60モル%のポリビニルアルコール系樹脂を含有する農業用液状散布剤とする。なし

目的

本発明は、上記の事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、農業や園芸の分野で使用される液状散布剤であり、固着性が高く、かつ散布性に優れる農業用液状散布剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ケン化度が30〜60モル%のポリビニルアルコール系樹脂を含有することを特徴とする農業用液状散布剤

請求項2

上記ポリビニルアルコール系樹脂が、変性ポリビニルアルコール系樹脂である請求項1記載の農業用液状散布剤。

請求項3

溶媒として、アルコールを含有する水を用いた請求項1または2記載の農業用液状散布剤。

請求項4

農業用液状散布剤が葉面散布剤である、請求項1〜3のいずれか一項に記載の農業用液状散布剤。

技術分野

0001

本発明は、その活性成分固着性に優れる農業用液状散布剤に関するものである。

背景技術

0002

農業園芸の分野では、一般に、果実野菜等の成長促進のための肥料及び有害生物駆除するための農薬を、水で希釈してそのまま散布するといった処置が行われる。しかしながら、このように肥料や農薬を水で希釈してそのまま植物体上に散布すると、その肥料や農薬の活性成分が、降雨等により流亡したり、あるいは風により剥離脱落したりして、効果の持続性がしばしば損なわれる。

0003

そこで、肥料や農薬の活性成分の植物体への付着性あるいは固着性を向上させる目的で、通常、肥料や農薬の水希釈液展着剤が加えられる。展着剤としては、散布液表面張力下げ濡れにくい虫体作物に対する付着あるいは拡展性を向上させ肥料や農薬の効果を高める性質を有する、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルポリオキシエチレンアルキルエーテルポリオキシエチレン脂肪酸エステルリグニンスルホン酸塩ナフチルメタンスルホン酸塩等が汎用されているが、これらは水に非常になじみやすい性質を有するため、降雨等による流亡を抑えることはできない。
また、固着効果を示す展着剤として、ポリオキシエチレン樹脂酸エステルパラフィン等を主成分とするものがあるが、使用濃度を高くしないと効果がでない、乾いた皮膜が水に溶けないため植物体上にいつまでも残留する、等の問題がある。さらに、これらの展着剤は、いずれも上記水希釈液中での溶解性が悪く、さらには配合量を多くしないと機能しないという問題もある。

0004

これらの問題を解決するものとして、近年、ポリビニルアルコールを含有する農薬活性成分の固着性組成物が開発されている(特許文献1参照)。

先行技術

0005

特開平8−217604号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記特許文献1の固着性組成物に使用されているポリビニルアルコールは、水溶性の点からケン化度が71〜89モル%が好ましいとの記載があり、これは一般的に部分ケン化ポリビニルアルコールとして市販されている領域であって、かかるポリビニルアルコールを用いると固着性の点でまだまだ改善の余地があるものであった。

0007

また、農業や園芸の分野で使用される液状散布剤には、その活性成分のもととなる薬剤として、肥料をはじめ、農薬、除草剤防虫剤などの薬剤が加えられるが、水に溶けにくい性質のものも多く、そのようなものを添加した場合、溶媒アルコールを適量使用したほうが溶解性に優れる場合も多い。しかし、アルコール中にポリビニルアルコールを配合すると、凝集が生じ散布性阻害されるおそれもあるため、溶媒にアルコールを使用した場合であっても、散布性が阻害されずに、かつ固着性に優れる農業用液状散布剤が求められている。

0008

本発明は、上記の事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、農業や園芸の分野で使用される液状散布剤であり、固着性が高く、かつ散布性に優れる農業用液状散布剤を提供することである。

課題を解決するための手段

0009

本発明者は、上記事情に鑑み鋭意研究を重ねた結果、農業用液状散布剤中のポリビニルアルコールのケン化度を30〜60モル%とすることにより、固着性に優れ、たとえ溶媒にアルコールを使用した場合であっても、散布性が阻害されることがないことを見出し、本発明を完成した。

0010

すなわち、本発明は、ケン化度が30〜60モル%のポリビニルアルコール系樹脂を含有することを特徴とする農業用液状散布剤に関するものである。

0011

なお、本発明で使用されるポリビニルアルコール系樹脂は、上記のようにケン化度が低いことから、ビニルエステル系樹脂とも言える。

発明の効果

0012

本発明の農業用液状散布剤は、その散布剤中の特定ポリビニルアルコール系樹脂の作用により、固着性に優れるとともに、散布性にも優れるようになる。また、溶媒にアルコールを適量使用した場合であっても、凝集を生じず、高い散布性を得ることができる。そのため、水に溶けにくくアルコールに溶けやすい性質の農薬等を配合した場合であっても、散布剤として良好に使用することができる。特に、本発明の農業用液状散布剤は、葉面散布剤として好適に用いられる。

0013

以下に記載する構成要件の説明は、本発明の実施態様の一例(代表例)であり、これらの内容に特定されるものではない。
以下、本発明について詳細に説明する。

0014

前記のように、本発明の農業用液状散布剤は、ケン化度が30〜60モル%のポリビニルアルコール系樹脂(以下、「特定PVA系樹脂」と略す。また、ポリビニルアルコールのことを「PVA」と略す。)を含有することを特徴とする。上記特定PVA系樹脂のケン化度は、好ましくは30〜60モル%、さらに好ましくは、33〜50モル%である。
かかるケン化度が低すぎると、水に溶けなくなり、水溶性散布剤としての機能を果たさなくなるからであり、逆に、かかるケン化度が高過ぎると、固着性が低下したり、アルコールとの凝集反応により散布性が低下する傾向がみられるからである。なお、上記ケン化度は、残存酢酸ビニル加水分解に要するアルカリ消費量分析することができる。

0015

上記特定PVA系樹脂は、通常は、ビニルエステル系化合物重合して得られたビニルエステル系重合体を部分的にケン化して得ることができる。

0016

上記ビニルエステル系化合物としては、ギ酸ビニル、酢酸ビニル、トリフルオロ酢酸ビニル、プロピオン酸ビニル酪酸ビニルカプリン酸ビニルラウリル酸ビニル、バーサティック酸ビニルパルミチン酸ビニル、ステアリン酸ビニル、ピバリン酸等が、単独でもしくは二種以上併せて用いられる。なお、実用上は、経済性の観点から、酢酸ビニルが好適に用いられる。

0017

また、上記特定PVA系樹脂は、未変性のものであっても、変性されたものであってもよいが、特に変性されたものは、アルコールとの親和性がよいことから、農業用液状散布剤の溶媒にアルコールを加える場合には、変性PVAのほうがよい。
かかる変性PVAは、ビニルエステル系モノマーと他の不飽和単量体との重合体をケン化したり、PVAを後変性したりして、製造することができる。

0018

上記「他の不飽和単量体」としては、例えば、エチレンプロピレンイソブチレン、α−オクテン、α−ドデセン、α−オクタデセン等のオレフィン類アクリル酸メタクリル酸クロトン酸マレイン酸無水マレイン酸イタコン酸等の不飽和酸類あるいはその塩あるいはモノ又はジアルキルエステル等、アクリロニトリルメタアクリロニトリル等のニトリル類アクリルアミドメタクリルアミド等のアミド類エチレンスルホン酸アリスルホン酸メタアリルスルホン酸等のオレフィンスルホン酸あるいはその塩、アルキルビニルエーテル類、N−アクリルアミドメチルトリメチルアンモニウムクロライド、アリルトリメチルアンモニウムクロライド、ジメチルアリルビニルケトン、N−ビニルピロリドン塩化ビニル塩化ビニリデン、ポリオキシエチレン(メタ)アリルエーテルポリオキシプロピレン(メタ)アリルエーテル等のポリオキシアルキレン(メタ)アリルエーテル、ポリオキシエチレン(メタ)アクリレート、ポリオキシプロピレン(メタ)アクリレート等のポリオキシアルキレン(メタ)アクリレート、ポリオキシエチレン(メタ)アクリルアミド、ポリオキシプロピレン(メタ)アクリルアミド等のポリオキシアルキレン(メタ)アクリルアミド、ポリオキシエチレン(1−(メタ)アクリルアミド−1,1−ジメチルプロピルエステル、ポリオキシエチレンビニルエーテル、ポリオキシプロピレンビニルエーテル、ポリオキシエチレンアリルアミン、ポリオキシプロピレンアリルアミン、ポリオキシエチレンビニルアミン、ポリオキシプロピレンビニルアミン等があげられる。

0019

また、後変性の方法としては、PVAをアセト酢酸エステル化、アセタール化ウレタン化エーテル化グラフト化リン酸エステル化オキシアルキレン化する方法等があげられる。

0020

そして、上記変性PVAのなかでも、水に対する親和性が高いことから、特に、アニオン変性PVA、ノニオン変性PVAが好ましい。アニオン変性PVAとしては、例えば、カルボキシル基含有PVA、スルホン酸基含有PVA、リン酸基含有PVAなどが挙げられる。また、ノニオン変性PVAとしては、オキシアルキレン基含有PVA、アセトアセチル基含有PVA、ジアセトンアクリルアミド変性PVA、メルカプト基含有PVA、シラノール基含有PVA、側鎖1,2ジオール構造単位含有PVAなどが挙げられる。中でもアルコール溶解性の点で、オキシアルキレン基含有PVA、カルボキシル基含有PVAが好ましい。

0021

なお、本発明の農業用液状散布剤では、上記変性PVAの変性率が、通常0.1〜10モル%のものが用いられる。また、アニオン変性PVAの変性率は、好ましくは0.1〜1モル%、特に好ましくは0.2〜0.5モル%であり、ノニオン変性PVAの変性率は、0.5〜5モル%、特に好ましくは1〜2モル%である。

0022

本発明の農業用液状散布剤に用いられる特定PVA系樹脂の平均重合度(JIS K 6726に準拠)は、通常100〜2000、特に150〜1000、さらには200〜800のものが、好適に用いられる。すなわち、PVA系樹脂の平均重合度が低すぎると固着性が低下し、逆に平均重合度が高すぎると溶解性が低下するようになるからである。

0023

つぎに、本発明の農業用液状散布剤に用いられる溶媒としては、水、あるいはアルコールを含有する水等があげられる。そして、アルコールを含有する水、すなわち、水/アルコール混合溶媒を用いる場合、その混合比率重量比)は、水/アルコールが、通常9/1〜1/9、特に好ましくは7/3〜2/8、更に好ましくは6/4〜3/7のものが用いられる。このような溶媒を用いることにより、散布性、薬剤の溶解性、速乾性(早期塗膜形成性)等に優れるようになるからである。

0024

また、本発明の農業用液状散布剤に用いられる薬剤としては、上記散布剤の活性成分のもととなる薬剤、すなわち、農薬、肥料、除草剤、防虫剤等の、植物に対して固着性が必要な薬剤が使用される。かかる薬剤は、水やアルコールに溶解または分散するものであれば使用することができるが、本発明の農業用液状散布剤に使用される特定PVA系樹脂に対して非反応性のものを使用する必要がある。

0025

本発明の農業用液状散布剤には、特定PVA系樹脂、溶媒、薬剤の他、必要に応じ、乳化剤水和剤フロアブル剤界面活性剤増粘剤防腐剤等の、他の成分が添加される。ただし、かかる他の成分の配合量は、農業用液状散布剤全体の10重量%以下が好ましい。

0026

ここで、本発明の農業用液状散布剤は、例えば、(1)特定PVA系樹脂溶液薬剤溶液とを混合する、(2)特定PVA系樹脂溶液に粉末の薬剤を入れて混合する、(3)薬剤溶液に特定PVA系樹脂粉末を入れて混合する、といった方法により調製することができる。なかでも、(1)に示す方法により調製することが好ましい。

0027

このようにして得られた本発明の農業用液状散布剤における、特定PVA系樹脂の濃度は、通常0.01〜30重量%、好ましくは0.1〜20重量%、更に好ましくは1〜10重量%である。すなわち、このような濃度になるよう調製することにより、固着性、散布性等に優れるようになるからである。

0028

また、本発明の農業用液状散布剤における、その活性成分のもととなる薬剤の濃度は、通常0.1〜5000重量ppm、好ましくは1〜1000重量ppm、更に好ましくは10〜500重量ppmである。すなわち、このような濃度になるよう調製することにより、薬剤の活性成分が有効に機能するようになるからである。

0029

そして、本発明の農業用液状散布剤は、葉、、果実への散布剤、水耕液供給液への混合剤等として用いることができる。特に、葉面散布剤として好適に用いられる。

0030

次に、本発明を実施例により更に詳細に説明するが、本発明はその要旨を超えない限り以下の実施例に限定されるものではない。

0031

〔実施例1〕
<PVA系樹脂(1)の作製>
還流冷却器滴下漏斗撹拌機を備えた反応缶に、酢酸ビニル1000重量部、メタノール300重量部を仕込みアゾビスイソブチロニトリルを0.079モル%(対仕込み酢酸ビニル)投入し、撹拌しながら窒素気流下で温度を上昇させ、重合を開始した。さらに、重合開始2時間後、4時間後にそれぞれアゾビスイソブチロニトリルを0.079モル%(対仕込み酢酸ビニル)追加し、酢酸ビニルの重合率が94%となった時点で、m−ジニトロベンゼンを所定量添加して重合を終了し、続いて、メタノール蒸気を吹き込みつ蒸留することで未反応の酢酸ビニルモノマーを系外に除去し、共重合体のメタノール溶
液を得た。
次いで、上記メタノール溶液を、濃度50%に調整してニーダーに仕込み、溶液温度を40℃に保ちながら、水酸化ナトリウムの2%メタノール溶液を共重合体中の酢酸ビニル構造単位1モルに対して10ミリモルとなる割合で加えてケン化を行った。ケン化が進行すると共にケン化物析出し、粒子状となった時点で、中和用酢酸を水酸化ナトリウムの0.8当量添加し、濾別、メタノールでよく洗浄して熱風乾燥機中で乾燥し、未変性PVA系樹脂[PVA系樹脂(1)]を得た。
得られたPVA系樹脂(1)のケン化度は、残存酢酸ビニルの加水分解に要するアルカリ消費量で分析を行ったところ49モル%であり、平均重合度は、JIS K 6726に準拠して分析を行ったところ、250であった。

0032

上記のようにして得られたPVA系樹脂(1)を、水/エタノール(重量比)が6/4である混合溶媒に溶解し、5重量%濃度のPVA溶液となるように調製した。そして、かかるPVA溶液100重量部に、非アルコール系液体肥料ハイポネックスジパン社製、ハイポネックス)を指定濃度に希釈して5重量部添加し、農業用液状散布剤を調製した。

0033

〔実施例2〕
PVA系樹脂(1)の作製方法に準じ、ケン化度34モル%、平均重合度300の未変性PVA系樹脂を作製した。そして、上記作製の未変性PVA系樹脂を、PVA系樹脂(1)に代えて用いた。それ以外は、実施例1と同様にして農業用液状散布剤を調製した。

0034

〔実施例3〕
<PVA系樹脂(2)の作製>
還流冷却器、滴下漏斗、撹拌機を備えた反応缶に、酢酸ビニル1000重量部、メタノール9580重量部、平均鎖長n=10のポリオキシエチレンアリルエーテル237重量部(2モル%対仕込み酢酸ビニル)を仕込み、アゾビスイソブチロニトリルを0.079モル%(対仕込み酢酸ビニル)投入し、撹拌しながら窒素気流下で温度を上昇させ、重合を開始した。さらに、13時間かけて、酢酸ビニル1410重量部、メタノール3195重量部、ポリオキシエチレンアリルエーテル2130重量部を滴下、また重合開始4時間後にアゾビスイソブチロニトリルを0.079モル%(対仕込み酢酸ビニル)追加し、酢酸ビニルの重合率が94%となった時点で、m−ジニトロベンゼンを所定量添加して重合を終了し、続いて、メタノール蒸気を吹き込みつつ蒸留することで未反応の酢酸ビニルモノマーを系外に除去し、共重合体のメタノール溶液を得た。
次いで、上記メタノール溶液を、濃度40%に調整してニーダーに仕込み、溶液温度を40℃に保ちながら、水酸化ナトリウムの2%メタノール溶液を共重合体中の酢酸ビニル構造単位1モルに対して10ミリモルとなる割合で加えてケン化を1.5時間行った。中和用の酢酸を水酸化ナトリウムの0.8当量添加した後、攪拌しながら過熱してメタノールを完全に追い出した後、水を追加して溶解し、40%水溶液オキシアルキレン基含有PVA系樹脂[PVA系樹脂(2)]を得た。
得られたPVA系樹脂(2)のケン化度は、残存酢酸ビニルの加水分解に要するアルカリ消費量で分析を行ったところ48モル%であり、平均重合度は、JIS K 6726に準拠して分析を行ったところ、260であった。また、上記PVA系樹脂(2)の変性率[オキシアルキレン基含有量]は、その仕込み量から1.8モル%とした。

0035

上記のようにして得られたPVA系樹脂(2)を、PVA系樹脂(1)に代えて用いた以外は、実施例1と同様にして農業用液状散布剤を調製した。

0036

〔実施例4〕
PVA系樹脂(2)の作製方法に準じ、ケン化度43モル%、平均重合度280、変性率1.7モル%の、オキシアルキレン基含有PVA系樹脂を作製した。そして、上記作製の変性PVA系樹脂を、PVA系樹脂(1)に代えて用いた。それ以外は、実施例1と同様にして農業用液状散布剤を調製した。

0037

〔実施例5〕
<PVA系樹脂(3)の作製>
酢酸ビニルと3−メルカプトプロピオン酸をメタノール中で共重合した。得られた共重合体を水酸化ナトリウムでケン化した。
得られたPVA系樹脂(3)のケン化度は、残存酢酸ビニルの加水分解に要するアルカリ消費量で分析を行ったところ38モル%であり、平均重合度は、JIS K 6726に準拠して分析を行ったところ、530であった。また、上記PVA系樹脂(3)の変性率[末端カルボキシル基含有量]は、その仕込み量から0.25モル%とした。得られたPVA系樹脂(3)を、メタノールで48時間ソックスレー抽出による精製を行った後、重水に溶解し、核磁気共鳴分析(以下NMR略記する)したところ、PVA系樹脂(3)の末端にCOONa基の存在が認められ、分子の片末端にNaOOC−CH2−CH2−S−のカルボキシル基を有するPVA系樹脂(3)が確認できた。

0038

上記のようにして得られたPVA系樹脂(3)を、PVA系樹脂(1)に代えて用いた以外は、実施例1と同様にして農業用液状散布剤を調製した。

0039

〔比較例1〕
PVA系樹脂(1)の作製方法に準じ、ケン化度80モル%、平均重合度350の未変性PVA系樹脂を作製した。そして、上記作製の未変性PVA系樹脂を、PVA系樹脂(1)に代えて用い、さらに、水/エタノール混合溶媒において、その水/エタノール(重量比)を9/1にした。それ以外は、実施例1と同様にして農業用液状散布剤を調製した。

0040

〔比較例2〕
PVA系樹脂(1)の作製方法に準じ、ケン化度88モル%、平均重合度600の未変性PVA系樹脂を作製した。そして、上記作製の未変性PVA系樹脂を、PVA系樹脂(1)に代えて用い、さらに、水/エタノール混合溶媒において、その水/エタノール(重量比)を9/1にした。それ以外は、実施例1と同様にして農業用液状散布剤を調製した。

0041

このようにして得られた実施例および比較例の農業用液状散布剤に関し、下記の基準に従って固着性評価を行った。その結果を、後記の表1に併せて示す。

0042

≪固着性評価≫
農業用液状散布剤105重量部に対し、着色剤(食紅)を0.1重量部添加した後、植物(ベンジャミンエスタ)の葉面に対し、霧吹きにて農業用液状散布剤を散布した。そして、24時間放置後、その葉面(農業用液状散布剤の散布面)に対し、霧吹きにて水を噴きかけた。そして、落ちずに残った着色面目視観察し、その着色面が、葉面(農業用液状散布剤の散布面)の面積に対して80%以上残ったものを「○」と評価した。なお、葉面(農業用液状散布剤の散布面)の面積に対して30%以上60%未満残ったものを「△」、30%未満しか残らなかったものを「×」と評価した。

0043

0044

上記表1の結果より、実施例の農業用液状散布剤は、固着性が高く、また均一に葉面散布がなされたことから散布性も良好であった。これに対し、比較例の農業用液状散布剤は、水/エタノール(重量比)が6/4の混合溶媒を用いた際、溶媒にPVA系樹脂が溶けなかったため、散布することができず、固着性の評価ができなかったために、水/エタノール(重量比)が9/1の混合溶媒を用いたが、その場合であっても、実施例に比べ、固着性評価に劣る結果となった。

0045

また、実施例および比較例の農業用液状散布剤に関し、下記の基準に従って溶解性評価を行った。その結果を、後記の表2に併せて示す。
≪溶解性評価≫
水/エタノールの割合(重量比)を下記に示す割合にした溶媒に、濃度5%となるように実施例および比較例のPVA系樹脂を室温にて混合し、撹拌し下記の評価基準A〜Cに従い、溶解挙動を観察した。
A:溶解
B:不溶(安定に分散)
C:不溶(分散後に沈殿

0046

0047

上記表2の結果より、実施例のPVA系樹脂は、比較例のPVA系樹脂に比べ、水/アルコールの混合比が変化しても溶解又は分散する範囲が広く、特に、実施例3〜5の変性PVA系樹脂は、水/アルコールの混合比が変化しても溶解又は分散する範囲がより広かった。

実施例

0048

なお、ケン化度が25モル%程度のPVA系樹脂を用いた場合、溶媒に水のみを用いた場合であっても、PVA系樹脂の溶解がされなくなり、水溶性散布剤としての機能を果たすことができないと推測される。

0049

本発明の農業用液状散布剤は、その特定PVA系樹脂の作用により、固着性が高く、かつ散布性に優れることから、農業や園芸の分野で使用される液状散布剤、例えば、葉、茎、果実等への散布剤への適用に有効である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ