図面 (/)

技術 画像表示装置、画像表示システム及び画像表示方法

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 久保田満横山壱星
出願日 2015年3月2日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2015-039740
公開日 2015年7月23日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2015-132842
状態 未査定
技術分野 表示装置の制御、回路 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 両パソコン モード選択指令 縦横サイズ比 変更後画像 反映画像 パソコン画像 出力処理装置 画像表示範囲
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年7月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

複数の画像を合成して表示する画像表示装置を、パソコン等の画像情報処理装置と併用した場合のカーソル操作性の向上を図る。

解決手段

画像表示システム10は、プロジェクター100が合成表示した合成画像ZPにカーソルを重ねて表示するに当たり、パソコン200Aからカーソル表示に必要なカーソル位置情報を受け取る。その上で、ユーザーがパソコン200Aでマウス操作することで発するカーソル切替信号によるモード選択指令に基づいて、カーソル表示を選択し、その選択した表示モードでカーソルKPJを合成画像ZPも重ねて表示する。第1カーソル表示モードでは、合成画像ZPにおける反映画像AZPの表示範囲において、カーソルKPJを重ねて表示し、第2カーソル表示モードでは、合成画像ZPの全体にてカーソルKPJを重ねて表示する。

概要

背景

画像表示装置画像情報処理装置の両装置を備える画像表示システムは、マルチモニターシステムと称され、多用されつつある。こうしたマルチモニターシステムでは、画像情報処理装置の一例であるパーソナルコンピューター(以下、パソコン)の画像を複数台モニターで表示することが一般的であり、その際のカーソルの操作性を高める手法が種々提案されている(例えば、特許文献1等)。

概要

複数の画像を合成して表示する画像表示装置を、パソコン等の画像情報処理装置と併用した場合のカーソル操作性の向上をる。画像表示システム10は、プロジェクター100が合成表示した合成画像ZPにカーソルを重ねて表示するに当たり、パソコン200Aからカーソル表示に必要なカーソル位置情報を受け取る。その上で、ユーザーがパソコン200Aでマウス操作することで発するカーソル切替信号によるモード選択指令に基づいて、カーソル表示を選択し、その選択した表示モードでカーソルKPJを合成画像ZPも重ねて表示する。第1カーソル表示モードでは、合成画像ZPにおける反映画像AZPの表示範囲において、カーソルKPJを重ねて表示し、第2カーソル表示モードでは、合成画像ZPの全体にてカーソルKPJを重ねて表示する。

目的

本発明は、上述の課題を解決するためになされたものであり、複数の画像を合成して表示する画像表示装置をパソコン等の画像方法処理装置と併用した場合のカーソル操作性の向上を図ることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置であって、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置から、複数の前記画像情報の入力と、該画像情報処理装置から、カーソルの表示に必要なカーソル位置情報の入力とを受ける入力部と、該入力を受けた複数の画像情報に基づくそれぞれの画像を、該画像が並ぶように合成して合成画像を生成し、該合成画像を表示する画像合成表示部と、前記入力を受けたカーソル位置情報に基づいたカーソルの表示を行うに当たり、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置についての前記画像情報に基づく画像の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する第1カーソル表示モードと、前記合成画像全体の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する第2カーソル表示モードのいずれかを選択し、該選択した表示モードでのカーソル表示を行うカーソル表示部とを備える画像表示装置。

請求項2

前記入力部は、複数の前記画像情報処理装置からそれぞれ前記画像情報の入力を受ける請求項1に記載の画像表示装置。

請求項3

前記入力部は、前記複数の画像情報処理装置の内から選ばれた前記画像情報処理装置から、前記カーソル位置情報の入力を受ける、請求項2に記載の画像表示装置。

請求項4

前記カーソル表示部は、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置の指示に基づいて、表示モードの選択を行う請求項1ないし請求項3いずれかに記載の画像表示装置。

請求項5

前記画像合成表示部は、前記合成画像を表示するための合成画像情報を、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置に出力する請求項1ないし請求項4いずれかに記載の画像表示装置。

請求項6

複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置に、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置であって、前記画像情報と共に、前記画像表示装置でのカーソルの表示に必要なカーソル位置情報を、前記画像情表示装置に出力する出力部と、前記画像表示装置が前記画像情報処理装置からの複数の画像情報を入力し、該入力を受けた複数の画像情報に基づいたそれぞれの画像を、該画像が並ぶように前記画像表示装置が合成した合成画像についての合成画像情報の入力を、前記画像表示装置から受ける入力部と、前記カーソル位置情報の前記画像表示装置への出力に際して、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第1カーソル対応処理と、前記入力した前記合成画像情報に基づく前記合成画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第2カーソル対応処理のいずれかを選択し、該選択した対応処理を実行するカーソル位置情報処理部とを備える画像情報処理装置。

請求項7

前記カーソル位置情報処理部は、ユーザーによる前記画像情報処理装置の操作に基づいて、前記第1カーソル対応処理と前記第2カーソル対応処理の選択を行う請求項6に記載の画像情報処理装置。

請求項8

前記カーソル位置情報処理部は、前記第1カーソル対応処理での前記カーソル位置情報を、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像と、前記合成画像との対比に対応した座標変換に処して、前記第2カーソル対応処理を実行する請求項6または請求項7に記載の画像情報処理装置。

請求項9

複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置と、該画像表示装置に画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置とを備えた画像表示システムであって、前記画像表示装置は、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置から、複数の前記画像情報の入力と、該画像情報処理装置から、カーソルの表示に必要なカーソル位置情報の入力とを受ける表示側入力部と、該入力を受けた複数の画像情報に基づくそれぞれの画像を、該画像が並ぶように合成して合成画像を生成し、該合成画像を表示する画像合成表示部と、前記入力を受けたカーソル位置情報に基づいたカーソルの表示を行うカーソル表示部とを備え、前記画像情報処理装置は、前記画像情報と共に、前記画像表示装置でのカーソルの表示に必要なカーソル位置情報を、前記画像情表示装置の前記入力部に出力する出力部と、前記画像表示装置が前記画像合成表示部により生成した前記合成画像についての合成画像情報の入力を受ける処理側入力部と、前記カーソル位置情報の前記画像表示装置への出力に際して、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第1カーソル対応処理と、前記入力した前記合成画像情報に基づく前記合成画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第2カーソル対応処理のいずれかを選択し、該選択した対応処理を実行するカーソル位置情報処理部とを備え、前記画像表示装置の前記カーソル表示部は、前記第1カーソル対応処理による前記カーソル位置情報を入力すると、前記画像情報処理装置からの前記画像情報に基づく画像の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示し、前記第2カーソル対応処理による前記カーソル位置情報を入力すると、前記合成画像全体の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する画像表示システム。

請求項10

複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置における、画像表示方法であって、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置から複数の前記画像情報の入力と、該画像情報処理装置からカーソルの表示に必要なカーソル位置情報入力とを受け、該入力を受けた複数の画像情報に基づくそれぞれの画像を、該画像が並ぶように合成して合成画像を生成し、該合成画像を表示し、前記入力を受けたカーソル位置情報に基づいたカーソルの表示を行うに当たり、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置についての前記画像情報に基づく画像の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する第1カーソル表示モードと、前記合成画像全体の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する第2カーソル表示モードのいずれかを選択し、該選択した表示モードでのカーソル表示を行う画像表示方法。

請求項11

複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置に、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理方法であって、前記画像情報と共に、前記画像表示装置でのカーソルの表示に必要なカーソル位置情報を、前記画像情表示装置に出力し、前記画像表示装置が前記画像情報処理装置からの複数の画像情報の入力を受け、該入力を受けた複数の画像情報に基づいたそれぞれの画像を、該画像が並ぶように前記画像表示装置が合成した合成画像についての合成画像情報の入力を、前記画像表示装置から受け、前記カーソル位置情報の前記画像表示装置への出力に際して、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第1カーソル対応処理と、前記入力した前記合成画像情報に基づく前記合成画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第2カーソル対応処理のいずれかを選択し、該選択した対応処理を実行する画像情報処理方法。

技術分野

0001

本発明は、複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置とこれに画像情報を出力する画像情報処理装置および両装置を備える画像表示システムに関する。

背景技術

0002

画像表示装置と画像情報処理装置の両装置を備える画像表示システムは、マルチモニターシステムと称され、多用されつつある。こうしたマルチモニターシステムでは、画像情報処理装置の一例であるパーソナルコンピューター(以下、パソコン)の画像を複数台モニターで表示することが一般的であり、その際のカーソルの操作性を高める手法が種々提案されている(例えば、特許文献1等)。

先行技術

0003

特開2008−234501号公報
特開2006−59251号公報

発明が解決しようとする課題

0004

これら特許文献では、複数のモニターでのそれぞれの画像表示前提としたカーソル操作性の向上をもたらすことができるものの、複数の画像を合成して表示することを想定しておらず、その改善が求められるに至った。

0005

例えば、プレゼンテーションでは、プレゼンターがパソコンを操作しつつ、そのパソコンで表示する画像を大型モニター或いはプロジェクター等の画像表示装置で表示して、観衆パソコン画像を示す。この際、パソコンからの複数の画像を画像表示装置にて合成し、その合成画像を観衆に示すことが有り得る。ところが、上記の特許文献で提案されたカーソル表示手法では、こうした状況下でのカーソル操作性の向上は望めないのが現状である。

0006

本発明は、上述の課題を解決するためになされたものであり、複数の画像を合成して表示する画像表示装置をパソコン等の画像方法処理装置と併用した場合のカーソル操作性の向上を図ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記した目的の少なくとも一部を達成するために、本発明では、以下の構成を採用した。

0008

[適用1:画像表示装置]
複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置であって、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置から、複数の前記画像情報の入力と、該画像情報処理装置から、カーソルの表示に必要なカーソル位置情報の入力とを受ける入力部と、該入力を受けた複数の画像情報に基づくそれぞれの画像を、該画像が並ぶように合成して合成画像を生成し、該合成画像を表示する画像合成表示部と、前記入力を受けたカーソル位置情報に基づいたカーソルの表示を行うに当たり、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置についての前記画像情報に基づく画像の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する第1カーソル表示モードと、前記合成画像全体の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示する第2カーソル表示モードのいずれかを選択し、該選択した表示モードでのカーソル表示を行うカーソル表示部とを備えることを要旨とする。

0009

上記構成を備える画像表示装置は、入力を受けた複数の画像情報に基づくそれぞれ画像を表示するに当たり、画像情報ごとのそれぞれの画像が並ぶように合成して合成画像を生成し、該合成画像を表示する。また、上記構成を備える画像表示装置は、表示された合成画像にカーソル位置情報に基づいてカーソルを表示するに当たり、第1カーソル表示モードと第2カーソル表示モードのいずれかを選択し、該選択した表示モードでカーソルを合成画像に重ねて表示する。

0010

第1カーソル表示モードでは、カーソルは、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置についての前記画像情報に基づく画像の表示範囲(以下、カーソル出力処理装置画像表示範囲)において、合成画像に重ねて表示される。つまり、合成画像におけるカーソル出力処理装置画像表示範囲にカーソルが表示される。カーソル出力処理装置画像表示範囲の画像は、カーソル位置情報を出力した画像情報処理装置での表示画像であり、画像情報処理装置では、この表示画像の範囲内でカーソル表示がなされる。よって、第1カーソル表示モードでは、カーソル位置情報を出力した画像情報処理装置でのユーザー操作に基づくカーソル表示と、画像表示装置での合成画像におけるカーソル出力処理装置画像表示範囲でのカーソル表示とは、そのカーソル表示位置カーソル移動の様子において一致することになる。第2カーソル表示モードでは、画像表示装置が合成した合成画像全体の表示範囲においてカーソルを合成画像に重ねて表示する。これらの結果、上記構成の画像表示装置によれば、第1、第2の表示モードの選択および使い分けにより、画像表示装置の合成画像にカーソルを重ねて表示するカーソル表示を多様化でき、カーソル操作性の向上をもたらすことが可能となる。

0011

この場合、複数の画像情報処理装置からそれぞれ前記画像情報の入力を受けるようにすれば、複数の画像情報処理装置での画像を画像表示装置にて合成して表示した上で、上記したようなカーソル表示モードの使い分けができる。そして、複数の画像情報処理装置の内から選ばれた前記画像情報処理装置から前記カーソル位置情報の入力を受けるようにすることができる。こうすれば、選ばれた画像情報処理装置での表示画像におけるカーソル表示を、合成画像におけるカーソル出力処理装置画像表示範囲でのカーソル表示と一致させることができる。この他、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置の指示に基づいて表示モードの選択を行うようにすれば、合成画像におけるカーソル表示選択を画像情報処理装置のユーザーの意図に沿ったものとできる。

0012

この他、上記した画像表示装置は、次のような態様とすることができる。例えば、前記合成画像を表示するための合成画像情報を、前記カーソル位置情報を出力した前記画像情報処理装置に出力するようにできる。合成画像情報を受けた画像情報処理装置は、当該画像情報処理装置自体が画像表示装置に出力している画像の表示と、出力を受けた合成画像情報に基づいた合成画像の表示とが可能となる。このため、画像表示装置が合成表示した合成画像におけるカーソル表示を、合成画像情報の出力を受けた画像情報処理装置のユーザーの意図に沿ったものとでき、より一層カーソル操作性が向上する。例えば、カーソル位置情報を出力した画像情報処理装置のユーザーが、当該画像情報処理装置の表示画像が画像表示装置に出力している画像においてカーソル操作をしていれば、画像表示装置にはそのカーソル操作についてのカーソル位置情報が出力されて、カーソルは合成画像におけるカーソル出力処理装置画像表示範囲で表示される(第1カーソル表示モード)。その一方、カーソル位置情報を出力した画像情報処理装置のユーザーが、当該画像情報処理装置の表示画像が出力を受けた合成画像情報に基づいて表示した合成画像においてカーソル操作をしていれば、画像表示装置にはそのカーソル操作についてのカーソル位置情報が出力されて、カーソルは合成画像全体の表示範囲で表示される(第2カーソル表示モード)。つまり、ユーザーが画像情報処理装置においてカーソル操作を行う際に、画像情報処理装置に表示された画像とカーソル表示との対応関係を、画像表示装置が表示する合成画像において再現でき、カーソル操作性の向上と、ユーザーの意図に沿った多様なカーソル表示とを図ることができる。

0013

[適用2:画像情報処理装置]
複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置に、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置であって、前記画像情報と共に、前記画像表示装置でのカーソルの表示に必要なカーソル位置情報を、前記画像情表示装置に出力する出力部と、前記画像表示装置が前記画像情報処理装置からの複数の画像情報を入力し、該入力を受けた複数の画像情報に基づいたそれぞれの画像を、該画像が並ぶように前記画像表示装置が合成した合成画像についての合成画像情報の入力を、前記画像表示装置から受ける入力部と、前記カーソル位置情報の前記画像表示装置への出力に際して、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第1カーソル対応処理と、前記入力した前記合成画像情報に基づく前記合成画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第2カーソル対応処理のいずれかを選択し、該選択した対応処理を実行するカーソル位置情報処理部とを備えることを要旨とする。

0014

上記した画像情報処理装置によっても、画像表示装置の合成画像にカーソルを重ねて表示するカーソル表示を多様化でき、カーソル操作性の向上をもたらすことが可能となる。

0015

この場合、ユーザーによる前記画像情報処理装置の操作に基づいて、前記第1カーソル対応処理と前記第2カーソル対応処理の選択を行うようにできる。こうすれば、合成画像におけるカーソル表示選択を、画像情報処理装置のユーザーの操作に基づいたカーソル対応処理の選択・実行を経て、画像情報処理装置のユーザーの意図に沿ったものとできる。

0016

また、前記第1カーソル対応処理での前記カーソル位置情報を、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像と、前記合成画像との対比に対応した座標変換に処して、前記第2カーソル対応処理を実行するようにできる。こうすれば、第2カーソル対応処理が簡便となる。

0017

[適用3:画像表示システム]
複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置と、該画像表示装置に画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置とを備えた画像表示システムであって、前記画像表示装置は、画像表示のための画像情報を出力する画像情報処理装置から、複数の前記画像情報の入力と、該画像情報処理装置から、カーソルの表示に必要なカーソル位置情報の入力とを受ける表示側入力部と、該入力を受けた複数の画像情報に基づくそれぞれの画像を、該画像が並ぶように合成して合成画像を生成し、該合成画像を表示する画像合成表示部と、前記入力を受けたカーソル位置情報に基づいたカーソルの表示を行うカーソル表示部とを備え、前記画像情報処理装置は、前記画像情報と共に、前記画像表示装置でのカーソルの表示に必要なカーソル位置情報を、前記画像情表示装置の前記入力部に出力する出力部と、前記画像表示装置が前記画像合成表示部により生成した前記合成画像についての合成画像情報の入力を受ける処理側入力部と、前記カーソル位置情報の前記画像表示装置への出力に際して、前記画像表示装置に出力する画像情報に基づく画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第1カーソル対応処理と、前記入力した前記合成画像情報に基づく前記合成画像に対して前記カーソル位置情報を対応付ける第2カーソル対応処理のいずれかを選択し、該選択した対応処理を実行するカーソル位置情報処理部とを備え、前記画像表示装置の前記カーソル表示部は、前記第1カーソル対応処理による前記カーソル位置情報を入力すると、前記画像情報処理装置からの前記画像情報に基づく画像の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示し、前記第2カーソル対応処理による前記カーソル位置情報を入力すると、前記合成画像全体の表示範囲において前記カーソルを重ねて表示することを要旨とする。

0018

上記した画像表示システムによっても、画像表示装置の合成画像にカーソルを重ねて表示するカーソル表示を多様化でき、カーソル操作性の向上をもたらすことが可能となる。

0019

本発明は、画像表示装置において複数の画像の合成画像を表示するに当たり、その合成画像にカーソルを重ねて表示する画像表示方法に適用することができる。また、本発明は、複数の画像の合成画像を表示する画像表示装置にその合成画像の表示に必要な画像情報を出力しつつ、画像表示装置に合成画像にカーソルを重ねて表示させる画像情報処理方法に適用することができる。

0020

この他、本発明は、複数の画像を合成して表示する画像表示装置の合成画像におけるカーソル表示を、この画像表示装置に画像表示のための画像情報を出力する複数の画像情報処理装置と対応付けたカーソル表示とするカーソル表示方法に適用することができる。

図面の簡単な説明

0021

画像表示システム10の全体構成を概略的に示す説明図である。
画像表示システム10を構成する装置を機能ブロック図で示す説明図である。
プロジェクター100とパソコンとで協働して実行される画像合成表示処理の手順を示すフローチャートである。
画像合成表示処理における第1カーソル表示モードでのカーソル表示の様子を説明するための説明図である。
画像合成表示処理における第2カーソル表示モードでのカーソル表示の様子を説明するための説明図である。
変形例の画像表示システム10Aの全体構成を概略的に示す説明図である。

実施例

0022

以下、本発明の実施の形態をプロジェクター(PJ)とパソコン(PC)を併用した画像表示システムに適用した場合の実施例について説明する。図1は画像表示システム10の全体構成を概略的に示す説明図、図2は画像表示システム10を構成する装置を機能ブロック図で示す説明図である。

0023

図1に示すように、画像表示システム10は、画像表示装置としてのプロジェクター100と、画像情報処理装置としての2台のパソコン200A、200Bとを備える。プロジェクター100は、2台のパソコン200A、200Bとデータの相互送信が可能にそれぞれ接続され、両パソコンから、それぞれの画像情報の入力を受ける。このため、プロジェクター100は、図示するようにパソコンから入力を受けたそれぞれの画像情報に基づく画像を、その両画像が並ぶように合成した合成画像ZPをスクリーンSに投写して表示する。合成画像ZPは、パソコン200Aに付属表示画面に表示するパソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZPと、パソコン200Bに付属の表示画面に表示するパソコン画像BZP_PCが反映した反映画像BZPとを並べて含むが、これら画像の関係については後述する。プロジェクター100は、パソコン200A、200BからカーソルKPJの表示に必要なカーソル位置情報の入力も受けるが、これについても後述する。

0024

パソコン200Aとパソコン200Bの両パソコンは、ユーザーの操作に基づいてアプリケーションソフト起動させ、当該ソフトにて表示制御される画像データに基づいた画像を、付属の表示画面にパソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PCとして表示する。こうした画像表示と共に、両パソコンは、ユーザーによるマウス操作或いはキーボード操作追従して表示画面におけるカーソル座標演算し、演算したカーソル座標をカーソル位置情報として生成するので、パソコン200Aは、表示画面にパソコン画像AZP_PCに重ねてカーソルKPCを表示する。パソコン200Bについても同様である。本実施例では、プロジェクター100へのカーソル位置情報の出力に優先順序を設け、パソコン200Aをパソコン200Bより優先させている。このため、パソコン200Aからは、後述するようにカーソル位置情報もプロジェクター100に出力されるので、プロジェクター100は、このカーソル位置情報に基づいてカーソルKPJをスクリーンSの合成画像ZPに重ねて表示する。

0025

図2に示すように、プロジェクター100は、映像入力処理部110と、映像出力合成部120と、カーソル処理部130と、合成画像情報出力部140とを備える。映像入力処理部110は、パソコン200Aとパソコン200Bの両パソコンから既述したパソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PCを表示するためのそれぞれの画像情報の入力を受ける。

0026

映像出力合成部120は、映像入力処理部110の入力したパソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PCとについての画像情報を受け取り、両画像情報に所定の合成表示処理を施した上で、パソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZPとパソコン画像BZP_PCが反映した反映画像BZPとを、両パソコン画像が並ぶように合成した合成画像を生成し、その生成した合成画像をスクリーンSに表示する。映像出力合成部120が行う合成表示処理は、スクリーンSの縦横サイズと上記の両パソコンの画像の縦横比と、パソコン画像を並べて表示する際のサイズ比等を考慮して定めるようにできる。例えば、パソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PCのそれぞれの縦横サイズ比を維持したまま、両パソコン画像がスクリーンSの表示領域に横方向に並んだ上で、両パソコン画像がスクリーンSの横方向に収まるように拡大等して合成画像ZPを合成する。こうした合成表示処理を経ることで、合成画像ZPは、パソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZPとパソコン画像BZP_PCが反映した反映画像BZPとを含んで表示されることになる。パソコン画像の並びは横方向に限らず、縦方向や斜めに並ぶようにすることもでき、プロジェクター100は、こうした画像の並びに応じて、映像出力合成部120によって合成された合成画像を表示する。

0027

カーソル処理部130は、パソコン200Aから、合成画像ZPにカーソルKPJを重ねて表示するためのカーソル位置情報の入力を受ける。映像出力合成部120は、カーソル処理部130の入力したカーソル位置情報を後述の画像合成表示処理に処して、合成画像ZPにカーソルKPJを重ねて表示する。既述したように本実施例では、パソコン200Aを優先することから、カーソル位置情報はパソコン200Aからカーソル処理部130に出力されるが、パソコン200Bからカーソル位置情報を入力するようにすることもできる。このように両パソコンからカーソル位置情報の入力を受けた場合には、その入力に優先順位を付けるほか、パソコンごとにカーソルKPJを用意して、両パソコンからのカーソル位置情報によりカーソルKPJを個別に表示制御することもできる。

0028

合成画像情報出力部140は、映像出力合成部120が合成した合成画像ZPを表示するための合成画像情報をパソコン200Aとパソコン200Bに出力する。後述するように、この合成画像情報は、パソコン200Aの表示画面への合成画像ZPの表示に用いられるが、パソコンでは、プロジェクター100と同じ合成画像を表示する必要性が低い。よって、合成画像情報出力部140にあっては、合成画像ZPの表示用の合成画像情報を、画像の詳細を省略して合成画像ZPとこれに含まれる反映画像AZPと反映画像BZPとをレイアウト表示するに足りる画像情報(レイアウト画像情報)とすることもできる。以上説明した映像入力処理部110等は、プロジェクター100が有する図示しない制御装置のCPUやROM、RAMの他、ROMに記憶された制御プログラムの実行により、上記した機能を実行するよう構成され、それぞれが単独で或いは協働して本発明における画像合成表示部や入力部等を構成する。

0029

パソコン200Aは、映像出力作成部210Aと、映像出力合成部220Aと、PC用映像出力部230Aと、カーソル座標算出部240Aと、PC用カーソル座標出力部250Aと、PJ用カーソル座標出力部260Aと、PJ用映像出力部270Aと、合成画像情報入力部280Aとをバスにて相互にデータ送信可能に有する。映像出力作成部210Aは、ユーザーが起動したアプリケーションソフトに応じた画像をパソコン200Aに付属の表示画面に表示すべく当該画像表示に必要な出力画像情報を作成する。映像出力合成部220Aは、映像出力作成部210Aが作成した画像情報をPC用映像出力部230Aに出力し、PC用映像出力部230Aは、画像情報をパソコン200Aに付属の表示画面に出力する。これにより、パソコン200Aは、付属の表示画面にアプリケーションソフトに応じた画像(パソコン画像AZP_PC)を表示する(図1参照)。カーソル座標算出部240Aは、ユーザーのマウス操作に基づいたカーソル表示位置の座標を算出し、PC用カーソル座標出力部250Aは、算出されたカーソル座標を映像出力合成部220Aを経てパソコン200Aに付属の表示画面に出力する。これにより、パソコン200Aは、付属の表示画面に表示したパソコン画像AZP_PCに重ねてカーソルKPCを表示する(図1参照)。

0030

PJ用カーソル座標出力部260Aは、カーソル座標算出部240Aがユーザーのマウス操作に基づいて算出したカーソル表示位置の座標を、プロジェクター100における合成画像ZPにカーソルKPJを表示するためのカーソル位置情報に含ませてカーソル処理部130に出力する。また、このPJ用カーソル座標出力部260Aは、カーソル表示位置の座標を後述するように座標変換した上で、座標変換後のカーソル位置情報をカーソル処理部130に出力する。

0031

PJ用映像出力部270Aは、PC用映像出力部230Aによりパソコン200Aがその付属の表示画面に表示したパソコン画像AZP_PCの画像情報を、パソコン画像AZP_PCをプロジェクター100における合成画像ZPに含ませて表示するための画像情報として映像入力処理部110に出力する。以上説明した映像出力作成部210A等は、パソコン200Aが有する図示しない制御装置のCPUやROM、RAMの他、ROMに記憶された制御プログラムの実行により、上記した機能を実行するよう構成され、それぞれが単独で或いは協働して本発明におけるカーソル位置情報処理部や入力部等を構成する。パソコン200Bについても同様である。

0032

プロジェクター100の映像入力処理部110とカーソル処理部130は、こうした出力を受けて既述したように映像入力処理とカーソル処理を実行する。映像出力合成部120は、パソコン200Aのパソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZPとパソコン200Aのパソコン画像BZP_PCが反映した反映画像BZPとを既述したように並べて合成画像ZPとして合成表示する。

0033

次に、上記した画像表示システム10における合成画像ZPでのカーソル表示を含む画像合成表示処理について説明する。図3はプロジェクター100とパソコンとで協働して実行される画像合成表示処理の手順を示すフローチャート、図4は画像合成表示処理における第1カーソル表示モードでのカーソル表示の様子を説明するための説明図、図5は画像合成表示処理における第2カーソル表示モードでのカーソル表示の様子を説明するための説明図である。

0034

図示する画像合成表示処理では、まず、カーソル表示に優先度が与えられたパソコン200Aでのユーザーによるカーソル切替操作の有無が判定される(ステップS100)。この判定がなされる以前では、プロジェクター100は、パソコン200Aとパソコン200Bとから、それぞれのパソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PCの入力を受けてこれら画像を合成し、両画像が反映した反映画像AZPと反映画像BZPとを横方向に並べた合成画像ZPをスクリーンSに表示している。こうした合成画像ZPの表示中においてカーソル切替操作が無い場合には(ステップS100:N)、カーソル表示に優先度が与えられたパソコン200Aは、PC表示画像(パソコン画像AZP_PC)の画像情報と共に、パソコン付属の表示画面におけるカーソル座標をカーソル位置情報としてプロジェクター100に出力する(ステップS110)。

0035

この入力を受けたプロジェクター100は、両パソコンからのPC表示画像(パソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PC)が反映した反映画像AZPと反映画像BZPとを横方向に並べて表示した合成画像ZPで反映画像AZPが占める表示範囲において、カーソルKPJを表示する。プロジェクター100は、パソコン200Aからパソコン画像AZP_PCとこの画像と対となったカーソル座標を含むカーソル位置情報の入力を受けるので、合成画像ZPにおける反映画像AZPが占める表示範囲でのカーソルKPJの表示が支障なく実行される。この場合、合成画像ZPの生成のための既述した合成表示処理に際して、パソコン画像AZP_PCを拡大等して反映画像AZPを得たのであれば、その合成表示処理に応じたカーソル座標変換がプロジェクター100、詳しくは映像出力合成部120やカーソル処理部130で行われる。

0036

このように、パソコン200Aでのユーザーによるカーソル切替操作がない状況下では、ユーザーがパソコン200Aに付属の表示画面においてカーソル操作をすると(図4カーソル軌跡x→y→z参照)、そのカーソル操作に追従して、カーソルは、パソコン200Aに付属の表示画面においても、合成画像ZPで反映画像BZPが占める表示範囲においても同じように移動しつつ表示される。このカーソル表示モードは、カーソル位置情報を出力したパソコン200Aについてのパソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZPの表示範囲においてカーソルKPJを合成画像ZPに重ねて表示する第1カーソル表示モードに相当する。第1カーソル表示モードでのプロジェクター100におけるカーソル表示は、画像表示の終了出力があるまで継続される(ステップS120)。なお、パソコン200Aにて、パソコン画像AZP_PCが変更されると、その変更後のパソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZP(変更後画像)合成画像ZPにおいて表示され、変更後の反映画像AZPの表示範囲において、カーソルKPJが表示されることになる。

0037

その一方、ステップS100にてパソコン200Aでのユーザーによるカーソル切替操作があったと判定すると、以下のステップS130以降の処理を行う。本実施例では、ユーザーによるカーソル切替操作を次のように定めた。図4に示すように、パソコン200Aにおいてそのパソコン画像AZP_PCに重ねて表示されているカーソルKPCを、ユーザーがそのマウス操作により画面領域内から領域外への方向性を持って移動させようとすることが検知されると、パソコン200Aはユーザーによるカーソル切替操作があったと判定する。この判定は、パソコン200Aのカーソル座標算出部240Aによる演算座標推移から下すことができる。この他、パソコン200Aのキーボードにおける所定のキー、或いは所定の組み合わせの複数のキー操作の有無により、ユーザーによるカーソル切替操作有無を判定することもできる。

0038

上記したユーザーによるカーソル切替操作の肯定判定に続くステップS130では、パソコン200Aとプロジェクター100とで次の処理がなされる。ユーザーによるカーソル切替操作を判定したパソコン200Aにおいては、カーソル切替操作があった旨の信号(以下、カーソル切替信号)を、PJ用カーソル座標出力部260Aを介して、ステップS130にてプロジェクター100に出力する。プロジェクター100は、このカーソル切替信号を既述した第1カーソル表示モードから後述の第2カーソル表示モードへの切り替えるための選択指令モード選択指令)と判断し、当該指令を受けて、まず、合成画像情報出力部140を介してこのステップS130にてパソコン200Aに既述した合成画像ZPの表示のための合成画像情報(本実施例では、既述したレイアウト画像情報)をパソコン200Aに出力し、パソコン200Aにあっては、このレイアウト画像情報を合成画像情報入力部280Aにて入力する。

0039

続くステップS140では、パソコン200Aは、入力したレイアウト画像情報に基づいたレイアウト画像ZPLを、図5に示すように、パソコン画像AZP_PCに重畳して付属の表示画面に表示する。これ以降、パソコン200Aは、パソコン画像AZP_PCの画像情報と共にプロジェクター100に出力するカーソル位置情報を、カーソル位置を座標変換したカーソル位置情報としてプロジェクター100に出力する(ステップS150)。この座標変換は、パソコン200AのPJ用カーソル座標出力部260Aにて行われ、パソコン付属の表示画面に表示されたパソコン画像AZP_PCにおけるカーソルKPCのカーソル座標を、レイアウト画像ZPLにおけるカーソル座標に変換することに相当する。この際、パソコン画像AZP_PCの縦横比やレイアウト画像ZPLの縦横比が考慮されて、座標変換がなされることになり、こうした座標変換は簡便であるので、レイアウト画像ZPLへのカーソル位置情報の対応付けも簡便となる。

0040

この座標変換後のカーソル位置情報の入力を受けたプロジェクター100は、両パソコンからのPC表示画像(パソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PC)が反映した反映画像AZPと反映画像BZPとを横方向に並べた合成画像ZPを表示したまま、カーソル表示については、入力した座標変換後のカーソル位置情報に基づいたカーソル表示を行う。このため、合成画像ZPに重ねて表示されたカーソルKPJの表示位置は、パソコン200Aにおけるレイアウト画像ZPLでのカーソルKPCの表示位置と同じとなる。そして、パソコン200Aのレイアウト画像ZPLの表示範囲においてユーザーがマウス操作によりカーソルKPCを移動させれば、そのカーソル移動に追従したカーソル位置情報が上記座標変換を受けてプロジェクター100に出力される。よって、プロジェクター100では、パソコン200Aでのユーザーによるマウス操作に追従して、合成画像ZPの表示範囲においてカーソルKPJを移動させつつ表示する。つまり、パソコン200Aでのユーザーによるカーソル切替操作がなされた以降では、ユーザーがパソコン200Aに付属の表示画面でのレイアウト画像ZPLの表示範囲においてカーソル操作をすると、そのカーソル操作に追従して、カーソルは、パソコン200Aに付属の表示画面においても、合成画像ZPにおいても同じように移動しつつ表示される。このカーソル表示モードは、プロジェクター100が合成表示した合成画像ZPの全体の表示範囲においてカーソルKPJを合成画像ZPに重ねて表示する第2カーソル表示モードに相当する。

0041

第2カーソル表示モードでのプロジェクター100におけるカーソル表示は、ユーザーによるカーソル切替復帰の操作があるまで継続される(ステップS160)。例えば、パソコン200Aにおけるユーザーによる所定キー操作により、或いはユーザーがマウス操作によりカーソルKPCをレイアウト画像ZPLの表示領域外に表示させたことを契機に、カーソル切替復帰がなされると(ステップ160:Y)、パソコン200Aは、それまで表示していたレイアウト画像ZPLを消去してパソコン画像AZP_PCだけの表示に復帰し(ステップS170)、ステップS110に移行する。これにより、既述したプロジェクター100でのカーソル表示は、第1カーソル表示モードの選択がなされて当該モードでの表示となる。ステップS160でカーソル切替復帰が無ければ(ステップ160:N)、ステップS150に移行して第2カーソル表示モードが継続される。

0042

以上説明した本実施例の画像表示システム10では、その有するプロジェクター100に、パソコン200Aとパソコン200Bの両パソコンから、それぞれのパソコン画像AZP_PCとパソコン画像BZP_PCを表示するための画像情報を出力する(図2:PJ用映像出力部270A)。プロジェクター100では、この両画像情報を映像入力処理部110で入力して、両画像情報に所定の合成表示処理を施した上で、パソコン画像AZP_PCが反映した反映画像AZPとパソコン画像BZP_PCが反映した反映画像BZPとを、両反映画像が並ぶように合成した合成画像ZPを生成し、その生成した合成画像ZPをスクリーンSに表示する。そして、プロジェクター100によるこうした合成画像ZPに重ねたカーソル表示を行うに当たり、パソコン200Aからカーソル表示に必要なカーソル位置情報を受け取り、その上で、ユーザーがパソコン200Aでマウス操作することで発するカーソル切替信号によるモード選択指令に基づいて、第1カーソル表示モードでのカーソル表示と第2カーソル表示モードでのカーソル表示のいずれかを選択し(ステップS100)、その選択した表示モードでカーソルを合成画像ZPも重ねて表示する。

0043

そして、第1カーソル表示モードを選択した場合は、ステップS110の処理により、プロジェクター100は、そのカーソルKPJを、パソコン200Aについてのパソコン画像AZP_PC、詳しくは、当該画像が反映した反映画像AZPの表示範囲において、合成画像ZPに重ねて表示する。パソコン200AにおけるカーソルKPCの表示にあっては、そのカーソルKPCは、パソコン画像AZP_PCの表示範囲において当該画像に重ねてカーソルKPCを表示する。このため、第1カーソル表示モード(ステップS110)では、パソコン200Aでのユーザーのマウス操作に基づくカーソル表示と、プロジェクター100での合成画像ZPにおけるカーソル表示とを、そのカーソル表示位置とカーソル移動の様子において一致させることができる。よって、パソコン200Aのユーザーがプレゼンターとなってパソコン200Aを操作しつつ、そのパソコンで表示するパソコン画像AZP_PCと他のパソコン200Bのパソコン画像BZP_PCの合成画像ZPをプロジェクター100で投写表示して、合成画像ZPを観衆に示す場合、パソコン200Aに付属の表示画面でのカーソル移動を、合成画像ZPにおける反映画像AZPの表示範囲において再現できるので、プレゼンテーションの効果を高めることができる。

0044

その一方、第2カーソル表示モードを選択した場合は、プロジェクター100が合成した合成画像ZPの全体の表示範囲においてカーソルKPJを合成画像ZPに重ねて表示する。よって、パソコン200Aのユーザーがプレゼンターとなってパソコン200Aを操作しつつプロジェクター100の合成画像ZPを観衆に示す場合、ユーザーは、合成画像ZPにおいて他のパソコン200Bのパソコン画像BZP_PCが反映した反映画像AZPの表示範囲においても、ユーザー自身が操作するパソコン200Aに付属の表示画面でのカーソル移動再現できるので、プレゼンテーションの効果を高めることができる。しかも、こうした第1、第2のカーソル表示をその選択を経て使い分けることができるので、本実施例の画像表示システム10によれば、プロジェクター100の合成画像ZPにカーソルKPJを重ねて表示するカーソル表示の多様化とカーソル操作性の向上とに加え、ユーザーの意図に沿ったカーソル表示と表示モード選択をもたらすことができる。

0045

また、本実施例の画像表示システム10では、カーソル表示モードの選択を図4に示すようなユーザーによるマウス操作により可能とするので、簡便である。加えて、ユーザーは、マウス操作によりカーソルKPCが画面領域内から領域外への方向性を持って移動させれば済むことから、より簡便であると共に、カーソル移動挙動を表示モード切替の意図に沿う動作とできるので、高い実効性でカーソル操作性を高めることができる。

0046

また、本実施例の画像表示システム10では、第2カーソル表示モードでのカーソル表示に際して、プロジェクター100の側からその合成画像ZPに対応するレイアウト画像ZPLの表示のための画像情報をパソコン200Aに出力し、パソコン200Aにあっては、このレイアウト画像ZPLを自身のパソコン画像AZP_PCに重畳して表示する(ステップS140)。このため、ユーザーは、レイアウト画像ZPLの合成画像情報の出力を受けたパソコン200Aのレイアウト画像ZPLを見ながらカーソル操作することで、そのカーソル操作によるカーソル表示を合成画像ZPにて既述したように再現でき、カーソル操作をユーザーの意図に沿ったものとして、より一層操作性を高めることができる。

0047

以上、本発明の実施例について説明したが、本発明は、上記した実施の形態に限られるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲において種々の態様にて実施することが可能である。例えば、上記した実施例では、2台のパソコンをプロジェクター100に接続した構成の画像表示システム10について説明したが、これに限らない。図6は変形例の画像表示システム10Aの全体構成を概略的に示す説明図である。この図6に示すように、4台のパソコン200A〜200Dをプロジェクター100に接続して、プロジェクター100では、各パソコンのパソコン画像AZP_PC〜DZP_PCを縦横2列に合成した合成画像ZPを合成表示するようにすることもできる。この変形例であっても、上記した効果を奏することができる。

0048

この他、複数台の液晶モニターを配列し、液晶モニターごとにパソコン200A等からのパソコン画像AZP_PCを表示する制御装置を備えたマルチモニターシステムについても適用できる。また、上記実施例では、プロジェクター100とパソコン200A等を直接接続したが、データの双方向送信が可能なネットワークを介して接続することもできる。この場合には、画像情報等の送信先を指定すればよい。また、画像とカーソルの表示ができ、画像表示のための画像情報とカーソル表示のためのカーソル位置情報の生成および出力ができれば、パソコン200A等に限らず、他の画像情報処理装置を用いることもできる。

0049

また、本実施例では、パソコン200Aをカーソル位置情報出力に用いたが、他のパソコン200Bからもプロジェクター100に自身のカーソル位置情報を出力するようにすることもできる。この場合には、カーソル位置情報の入力の順に、当該位置情報を有効なものとして取り扱うようにできる。また、いずれのパソコンからのカーソル位置情報に優劣を付けず、全てのパソコンについてのカーソル位置情報に基づいて合成画像ZPに複数のカーソルを表示し、それぞれのカーソルを、第1、第2のカーソル表示モードで表示するようにすることもできる。

0050

10〜10A…画像表示システム
100…プロジェクター
110…映像入力処理部
120…映像出力合成部
130…カーソル処理部
140…合成画像情報出力部
200A〜200D…パソコン
210A…映像出力作成部
220A…映像出力合成部
230A…PC用映像出力部
240A…カーソル座標算出部
250A…PC用カーソル座標出力部
260A…PJ用カーソル座標出力部
270A…PJ用映像出力部
280A…合成画像情報入力部
S…スクリーン
AZP_PC〜DZP_PC…パソコン画像
ZP…合成画像
KPC…カーソル
KPJ…カーソル
ZPL…レイアウト画像
AZP…反映画像
BZP…反映画像

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ