図面 (/)

技術 材料承接位置固定方法及び装置

出願人 萬潤科技股ふん有限公司
発明者 張巍騰王瑞鴻
出願日 2014年3月14日 (6年3ヶ月経過) 出願番号 2014-051002
公開日 2015年7月16日 (4年11ヶ月経過) 公開番号 2015-128812
状態 特許登録済
技術分野 自動組立 コンベア上の物品の姿勢制御
主要キーワード 磁性吸着 駆動組 ドレン槽 位置固定装置 取出しステップ 整列ステップ 電子素子材料 設置区
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年7月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

振動フィーダによって整列された後の電子素子材料を用いて、逐一排列位置固定されることで、取り出されて、次の製造工程に移る材料承接位置固定方法及び装置を提供する。

解決手段

材料承接位置固定方法は、材料が振動フィーダ2によって方向調整及び選別されて、輸送凹道21から逐一輸送される材料整列ステップと、承接位置固定装置3のモールドベース間歇的移行して、その上に間隔をおいて設置される複数の収納区が振動フィーダ2の輸送凹道21から逐一輸送される材料を逐一承接する承接位置固定ステップと、取出し装置の間隔をおいて設置される複数のノズルが各収納区中の材料を吸着し、取り出して、次の製造工程に移す取出しステップとを備える。

概要

背景

一般に、電子素子材料は、通常数量が多く、且つ細微であるという特色を有する。オートメション化された製造加工工程を実施するために、大量の材料を投入して、自動的に関連する工程を実施することで、人力の節約を図る必要がある外、電子素子材料の物理特性及び細微化により、大量の電子素子材料が投入された後、効果的且つ精確な位置固定が必要となり、それが行なわれないとスムーズな後続工程に移れない。一般の変圧器またはインダクタコイルコアにおける巻線の製造工程を例とすれば、現在、例えば、スマートフォン中の変圧器またはインダクタコイルは、極めて細微であり、且つ、生産量も数百万単位で計算される。故に、振動フィーダを使用して大量のコア材料を投入して、方向の調整や選別を行なうことで、スムーズな巻線製造工程を実施する必要がある。

しかしながら、従来の技術は、振動フィーダによって大量のコア材料が投入された後、方向の調整や選別が行なわれる場合、一単位時間の生産効率を高めることは困難である。生産効率を高めるためには、多くのコアに対して同時に線材の巻線が行なわれるのが理想である。したがって、コアが振動フィーダによって整列されて送り出される時、承接及び位置固定のための装置によって、振動フィーダから送り出されたコアが逐一承接され、精確な位置固定がなされることで、一定数量(例えば、四個)に達した後に取り出されて、同時に多軸同時進行の巻線機能を有する装置に移されて巻線が行なわれることが可能となる。

概要

振動フィーダによって整列された後の電子素子材料を用いて、逐一排列位置固定されることで、取り出されて、次の製造工程に移る材料承接位置固定方法及び装置を提供する。材料承接位置固定方法は、材料が振動フィーダ2によって方向調整及び選別されて、輸送凹道21から逐一輸送される材料整列ステップと、承接位置固定装置3のモールドベース間歇的移行して、その上に間隔をおいて設置される複数の収納区が振動フィーダ2の輸送凹道21から逐一輸送される材料を逐一承接する承接位置固定ステップと、取出し装置の間隔をおいて設置される複数のノズルが各収納区中の材料を吸着し、取り出して、次の製造工程に移す取出しステップとを備える。

目的

本発明は、振動フィーダによって整列された後の電子素子材料を用いて、逐一排列位置固定されることで、取り出されて、次の製造工程に移る材料承接位置固定方法及び装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

材料が振動フィーダによって方向調節選別されて、輸送凹道から逐一輸送される材料整列ステップと、承接位置固定装置によって、モールドベース間歇的移行して、その上に間隔をおいて設置される複数の収納区が振動フィーダの輸送凹道から逐一輸送される材料を承接する承接位置固定テップと、取出し装置の間隔をおいて設置される複数のノズルによって、モールドベース上の各収納区中の材料が吸着され、取り出されて、次の工程に移される取出しステップとを、備えることを特徴とする材料承接位置固定方法。

請求項2

間歇的に移行するモールドベースを備え、その上に間隔をおいて複数の収納区が設置されて、振動フィーダから輸送凹道に逐一輸送される材料を逐一承接して、前記材料が収納区中の抵触面に向かって吸着されて抵触して位置固定されることを特徴とする材料承接位置固定方法。

請求項3

前記モールドベースの収納区の材料が、モールドベースに抵触する固定座中の空気孔に通入する負圧に吸着されることを特徴とする請求項1及び請求項2のいずれかに記載の材料承接位置固定方法。

請求項4

前記モールドベースの収納区の材料が、モールドベースに接触または分離する吸着部品に吸着されることを特徴とする請求項1及び請求項2のいずれかに記載の材料承接位置固定方法。

請求項5

輸送凹道を有する振動フィーダと、モールドベースを有して、その上に間隔をおいて複数の収納区が設置されて、間歇的に移行して逐一振動フィーダの輸送凹道から輸送される材料を逐一承接する承接位置固定装置と、間隔をおいて設置される複数のノズルが、モールドベース上の各収納区中の材料を吸着し、取り出して、次の製造工程に移す取出し装置とを、備えることを特徴とする材料承接位置固定装置。

請求項6

モータの駆動を受けるベルトを備え、ベルト上には固定部品が設置される駆動組部品と、ベースを備え、ベース上にはガイドレールが設置され、ガイドレール上には、ガイドレール上でスライドするスライドシートが設置されて、前記固定部品と前記ガイドレールは固定されて連動する固定組立部品と、前記スライドシート上に設置され、それに連動されてスライドして、一部の区間において間歇的に移行し、モールドベースを備えて、モールドベース上には、間隔をおいて複数の収納エリアが設置されて、承接されるコア材料を収納する承接位置固定組立部品とを、備えることを特徴とする材料承接位置固定装置。

請求項7

間隔をおいて設置される複数の負圧の空気孔によって貫通する固定座を備えて、モールドベースが間歇的に移行し、その上に間隔をおいて複数の収納区が設置されて、承接される材料を収納し、収納区の一側辺と底部の間は、前記固定座の空気孔と相互に貫通するモールドベースとを、備えることを特徴とする材料承接位置固定装置。

請求項8

前記モールドベースの収納区の両側に開放状を呈する前部開口後部開口を形成し、収納区一側辺と底部の間には後部開口に抵触する位置に逃がし穴が設置されて、前記逃がし穴から収納区に対して負圧が通入することを特徴とする請求項5から請求項7のいずれかに記載の材料承接位置固定装置。

請求項9

前記モールドベースの収納区中の材料が一側辺に偏って位置固定を形成して、材料の他側と収納区の他側辺の間に隙間を形成することを特徴とする請求項5から請求項7のいずれかに記載の材料承接位置固定装置。

請求項10

さらに、固定座を備えて、間隔をおいて負圧によって通気する複数の空気孔が設置されて、前記空気孔は収納区の一側辺と底部の間を経て収納区と相互に貫通することを特徴とする請求項5及び請求項6のいずれかに記載の材料承接位置固定装置。

請求項11

前記固定座下方の、一側に向いて横向きに受け座が設置され、固定座の抵触面との間に、前記モールドベースの抵触と収納に供して、固定設置させるための抵触設置区間を形成することを特徴とする請求項7及び請求項10のいずれかに記載の材料承接位置固定装置。

請求項12

間歇的に移行し、その上に間隔をおいて収納区が設置されて、承接される材料を収納するモールドベースと、駆動されてモールドベースと接触または分離することで、収納区中の材料が収納区の内側面に向くことを基準として抵触して位置固定を形成する吸着部品とを、備えることを特徴とする材料承接位置固定装置。

請求項13

前記吸着部品は、互いに間隔をおいた複数のモールドベース中の収納区内の材料に対応する磁性部品が設置されることを特徴とする請求項12に記載の材料承接位置固定装置。

請求項14

前記モールドベース中の収納区は、単側のみに開口が設置されて材料の承接に供し、他側は閉じられて、それに接触する吸着部品との間に仕切り部を形成することを特徴とする請求項12に記載の材料承接位置固定装置。

請求項15

前記モールドベースの収納区前側にドレン槽が設置されることを特徴とする請求項5、請求項6、請求項7、請求項12のいずれかに記載の材料承接位置固定装置。

請求項16

請求項1から請求項4に記載の材料承接位置固定方法の装置を含む材料承接位置固定装置。

技術分野

0001

本発明は、承接位置固定方法及び装置に関し、特に、振動フィーダによって整列された後の電子素子材料を用いて、逐一排列位置固定されることで、取り出されて、次の製造工程に移る材料承接位置固定方法及び装置に関する。

背景技術

0002

一般に、電子素子材料は、通常数量が多く、且つ細微であるという特色を有する。オートメション化された製造加工工程を実施するために、大量の材料を投入して、自動的に関連する工程を実施することで、人力の節約を図る必要がある外、電子素子材料の物理特性及び細微化により、大量の電子素子材料が投入された後、効果的且つ精確な位置固定が必要となり、それが行なわれないとスムーズな後続工程に移れない。一般の変圧器またはインダクタコイルコアにおける巻線の製造工程を例とすれば、現在、例えば、スマートフォン中の変圧器またはインダクタコイルは、極めて細微であり、且つ、生産量も数百万単位で計算される。故に、振動フィーダを使用して大量のコア材料を投入して、方向の調整や選別を行なうことで、スムーズな巻線製造工程を実施する必要がある。

0003

しかしながら、従来の技術は、振動フィーダによって大量のコア材料が投入された後、方向の調整や選別が行なわれる場合、一単位時間の生産効率を高めることは困難である。生産効率を高めるためには、多くのコアに対して同時に線材の巻線が行なわれるのが理想である。したがって、コアが振動フィーダによって整列されて送り出される時、承接及び位置固定のための装置によって、振動フィーダから送り出されたコアが逐一承接され、精確な位置固定がなされることで、一定数量(例えば、四個)に達した後に取り出されて、同時に多軸同時進行の巻線機能を有する装置に移されて巻線が行なわれることが可能となる。

発明が解決しようとする課題

0004

したがって、本発明は、振動フィーダによって整列された後の電子素子材料を用いて、逐一排列位置固定されることで、取り出されて、次の製造工程に移る材料承接位置固定方法及び装置を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

上記課題を解決するために、本発明は、振動フィーダが整列輸送した材料を承接し、複数の材料を同時に移す材料承接位置固定方法を提供することを目的とする。

0006

さらに、上記課題を解決するために、本発明は、振動フィーダが整列輸送した材料を承接し、精確に位置固定する材料承接位置固定方法を提供することを目的とする。

0007

また、上記課題を解決するために、本発明は、振動フィーダが整列輸送した材料を承接し、複数の材料が同時に移される材料承接位置固定装置を提供することを目的とする。

0008

さらに、上記課題を解決するために、本発明は、材料を承接し、複数の材料を同時に移す材料承接位置固定装置を提供することを目的とする。

0009

さらに、上記課題を解決するために、本発明は、材料を承接し、精確に位置固定する材料承接位置固定装置を提供することを目的とする。

0010

また、上記課題を解決するために、本発明は、請求項1から請求項4に記載の材料承接位置固定方法の装置を提供することを目的とする。

0011

上記目的を達成するために、本発明の材料承接位置固定方法は、以下のステップを備えることを特徴とする。材料整列ステップは、材料が振動フィーダによって方向調節、選別されて、輸送凹道から逐一輸送される。承接位置固定ステップは、承接位置固定装置によって、モールドベース間歇的移行して、その上に間隔をおいて設置される複数の収納区が振動フィーダの輸送凹道から逐一輸送される材料を承接する。取出しステップは、取出し装置の間隔をおいて設置される複数のノズルによって、モールドベース上の各収納区中の材料が吸着され、取り出されて、次の工程に移される。

0012

さらに、上記目的を達成するために、本発明の材料承接位置固定方法は、間歇的に移行するモールドベースを備え、その上に間隔をおいて複数の収納区が設置されて、振動フィーダから輸送凹道に逐一輸送される材料を逐一承接して、前記材料が収納区中の抵触面に向かって吸着されて抵触して位置固定されることを特徴とする。

0013

また、上記目的を達成するために、本発明の材料承接位置固定装置は、輸送凹道を有する振動フィーダと、モールドベースを有して、その上に間隔をおいて複数の収納区が設置されて、間歇的に移行して逐一振動フィーダの輸送凹道から輸送される材料を逐一承接する承接位置固定装置と、間隔をおいて設置される複数のノズルが、モールドベース上の各収納区中の材料を吸着し、取り出して、次の製造工程に移す取出し装置とを備えることを特徴とする。

0014

さらに、上記目的を達成するために、本発明の材料承接位置固定装置は、モータの駆動を受けるベルトを備え、ベルト上には固定部品が設置される駆動組部品と、ベースを備え、ベース上にはガイドレールが設置され、ガイドレール上には、ガイドレール上でスライドするスライドシートが設置されて、前記固定部品と前記ガイドレールは固定されて連動する固定組立部品と、前記スライドシート上に設置され、それに連動されてスライドして、一部の区間において間歇的に移行し、モールドベースを備えて、モールドベース上には、間隔をおいて複数の収納エリアが設置されて、承接されるコア材料を収納する承接位置固定組立部品とを備えることを特徴とする。

0015

さらに、上記目的を達成するために、本発明の材料承接位置固定装置は、固定座を備えて、前記固定座は、間隔をおいて設置される複数の負圧の空気孔によって貫通するモールドベースが間歇的に移行し、その上に間隔をおいて複数の収納区が設置されて、承接される材料を収納し、収納区の一側辺と底部の間は、前記固定座の空気孔と相互に貫通することを特徴とする。

0016

さらに、上記目的を達成するために、本発明の材料承接位置固定装置は、さらに、間歇的に移行し、その上に間隔をおいて収納区が設置されて、承接される材料を収納するモールドベースと、駆動されてモールドベースと接触または分離することで、収納区中の材料が収納区の内側面に向くことを基準として抵触して位置固定を形成する吸着部品とを備えることを特徴とする。

0017

また、上記目的を達成するために、本発明は、請求項1から請求項4に記載の材料承接位置固定方法の装置を備えることを特徴とする。

0018

このように、本発明の実施形態における材料承接位置固定方法及び装置は、材料整列ステップにおいて、コア材料が振動フィーダによって方向調整及び選別されて、輸送凹道から逐一輸送され、承接位置固定ステップにおいて、承接位置固定装置の承接位置固定組立部品のモールドベース上の収納区が承接されるコア材料を収納し、取出しステップにおいて、取出し装置のノズルが各収納区中のコア材料を吸着し、取り出して、次の製造工程に移す。したがって、効果的に複数のコア材料が同時に一度に取り出される外、逐一承接されるコア材料が、後部開口の位置に偏る抵触面及び側辺の空気孔が逃がし穴に対応して、収納区中に加えられる負圧が、基準面に抵触して、精確な位置固定を形成することにより、取出し装置のノズルが吸着して取出し、次の巻線工程に移る時、精確に位置が固定されて巻線が行なわれる。

発明の効果

0019

本発明の実施形態における材料承接位置固定方法及び装置は、材料整列ステップにおいて、コア材料が振動フィーダによって方向調整及び選別されて、輸送凹道から逐一輸送され、承接位置固定ステップにおいて、承接位置固定装置の承接位置固定組立部品のモールドベース上の収納区が承接されるコア材料を収納し、取出しステップにおいて、取出し装置のノズルが各収納区中のコア材料を吸着し、取り出して、次の製造工程に移す。したがって、効果的に複数のコア材料が同時に一度に取り出される外、逐一承接されるコア材料が、後部開口の位置に偏る抵触面及び側辺の空気孔が逃がし穴に対応して、収納区中に加えられる負圧が、基準面に抵触して、精確な位置固定を形成することにより、取出し装置のノズルが吸着して取出し、次の巻線工程に移る時、精確に位置が固定されて巻線が行なわれることを特徴とする。

図面の簡単な説明

0020

本発明の実施形態における装置を示した図である。
本発明の実施形態における承接組立部品の立体図である。
本発明の実施形態における承接組立部品の立体分解図である。
本発明の実施形態におけるモールドベースの部分拡大図である。
本発明の実施形態における承接組立部品の部分拡大図である。
本発明の実施形態における収納エリア内のコア材料の位置固定状態を示した平面図(上から見た図)である。
本発明の実施形態における収納エリア内のコア材料の正面図(前から見た図)である。
本発明の第二実施形態における立体分解図である。
本発明の第二実施形態における吸着部品がモールドベースに接触した状態を示した図である。
本発明の第二実施形態の吸着部品がモールドベースから分離した状態を示した図である。

実施例

0021

図1を参照しながら、本発明の実施形態における材料承接位置固定方法及び装置について説明する。図1は、変圧器のコアに巻線を施すのに使用される投入装置の場合を示したものである。本発明の材料承接位置固定方法は、以下のステップを備える。

0022

材料整列ステップ:コア材料1が振動フィーダ2に投入されて方向の調整及び選別を行い、Y軸方向から輸送凹道21に向かって逐一輸送される。

0023

承接位置固定ステップ:承接位置固定装置3によって実行され、承接位置固定装置3は、駆動組立部品31、固定組立部品32及び承接位置固定33を備える。このうち、前記駆動組立部品31は、モータ311の駆動を受けるベルト312を備え、ベルト312上には固定部品313が設置される。前記固定組立部品32は、ベース321を備える。ベース321上には前記輸送凹道21に垂直のX軸方向のガイドレール322が設置される。ガイドレール322上には、ガイドレール322上でスライドするスライドシート323が設置される。前記固定部品313と前記ガイドレール322は固定されて連動する。前記承接位置固定組立部品33は、前記スライドシート322上に設置され、それに連動されてX軸方向にスライドして、一部の区間において間歇的に移行し、固定座331及びモールドベース332を備える。モールドベース332上には、直線配列で間隔をおいて複数の収納エリア333が凹設されて、承接されるコア材料1を収納する。承接位置固定装置3は、承接位置固定組立部品33がX軸において間歇的に移行することにより、モールドベース332上に間隔をおいて設置される各収納エリア333によって、各収納エリア333が全てのコア材料1を載せるまで、振動フィーダ2のY軸方向の輸送凹道21が逐一輸送するコア材料1を逐一承接する。

0024

取出しステップ:取出し装置4によって実行され、取出し装置4は、前記スライドシート322のX軸方向に往復してスライドして移行するルートの上方に位置して、Z軸方向に上下移行を行い、固定枠41及び固定枠41上において間隔をおいて設置される複数のノズル42を備える。各ノズル42は、負圧の吸引力によって貫通する。前記承接位置固定ステップにおいて、モールドベース332上の各収納区333はいずれもコア材料1を載せた後、スライドして取出し装置4下方に移行する。固定枠41は、Z軸方向に下降移行し、各ノズル42によって各収納区333中のコア材料1を吸着して取り出し、次の巻線工程に移る。

0025

図2図3を参照しながら説明する。前記承接位置固定組立部品33の固定座331下方向の一側には、横向きに受け座334が設置され、固定座331の抵触面335との間に前記モールドベース332を設置収納し、且つその上に位置を固定して設置される抵触設置区間336を形成する。前記抵触面335は、複数の各収納エリア333に対応して設置され、負圧の空気孔337が貫通する。

0026

図4を参照しながら説明する。前記モールドベース332は、炭化タングステンまたは超硬合金等の耐磨性材質から構成され、収納エリア333がY軸方向に開設される。Y軸方向の両端に開放状を呈する前部開口333a、後部開口333bを形成する。収納エリア333は、X軸方向に向かって移行し、コア材料1承接時に対応するのは後側の側辺333cであり、底部333dとの間の後部開口333bの位置には逃がし穴333eが設置される。モールドベース332の前部開口333a側には、Z軸方向のドレン槽338が設置され、砕かれたコア材料は、前記の位置から落とされて排出される。他方で、上方に探知機が設置されて前記ドレン槽334が形成するZ軸方向の切れ込みに対応する。探知機が前記ドレン槽334に対応し、感知時の信号が阻止されると、収納エリア333中のコア材料1が正常に作業していることを意味し、逆に、感知時の信号が直接通過して阻止されることないと、コア材料1が投入されていないことを意味し、装置を停止させて検査する必要が生じる。

0027

図5を参照しながら説明する。前記モールドベース332は、収納エリア333の後部開口333bの側と固定座331の抵触面335によって抵触し、受け座334上に固定設置されることにより、前記固定座331の抵触面335上の空気孔337が逃がし穴333eの位置にちょうど対応して相互に貫通する。受け座334上にはさらにモールドベース332上のドレン槽338に対応する切れ込み339が設置される。

0028

図6図7を参照しながら説明する。前記コア材料1の幅は、モールドベース332の収納エリア333の両側の幅より小さく、空気孔337に対応する逃がし穴333eが収納エリア333中に加える負圧が、後部開口333bの位置の固定座331の抵触面335及び収納エリア333の側辺333cに偏る。このため、コア材料1が収納エリア333中にある時、空気孔337が逃がし穴333eが加える負圧の吸引力に対応することで、コア材料1が抵触面335及び側辺333cを基準として、抵触面335及び側辺333cに偏って抵触して位置固定を達成する。コア材料1の他側と、収納区333の他のX軸方向に向かって移行し、コア材料1を承接する時に対応する前側の側辺333fとの間に、隙間Dを形成して、図1中の取出し装置4のノズル42がコア材料1を吸着してから取り出す作業を行なう時、空気孔337が逃がし穴333eに対応して、加えられた負圧の吸引力が解除されて初めて取出し装置4のノズル42がスムーズに取出し作業を行なうことができる。

0029

本発明の実施形態における材料承接方法及び装置は、材料整列ステップによって、コア材料1が振動フィーダ2に投入されて、方向の調整及び選別を行い、輸送凹道21に向かって逐一輸送される。さらに、承接位置固定ステップにおいて、承接位置固定装置3の承接位置固定33のモールドベース332上の収納区333が、承接されるコア材料1を収納する。さらに、取出しステップにおいて、取出し装置4のノズル42が各収納区333中のコア材料1を吸着して取り出すことで、次の巻線工程に移る。効果的に、複数のコア材料1を承接及び提供することで同時に一度に取り出せる外、逐一承接されるコア材料1が、後部開口333bの位置に偏る抵触面335及び側辺333cの空気孔337が逃がし穴333eに対応して、収納区333中に加えられる負圧が、基準面に抵触して、精確な位置固定を形成することにより、取出し装置4のノズル42が吸着して取出し、次の巻線工程に移る時、精確に位置が固定されて巻線が行なわれる。

0030

図8を参照しながら説明する。本発明の第二実施形態は、主に、モールドベース51中の収納エリア511内のコア材料6の吸着位置固定は、エアシリンダ52の駆動を受けるか、モールドベース51と接触または分離する吸着部品53によって行なわれる。前記吸着部品53には、互いに間隔を有する複数のモールドベース51中の収納エリア511内のコア材料6が対応する、例えば、磁石のような磁性部品531を有する。同時に、モールドベース51中の収納エリア511は、単側に開口512のみが設置されて、コア材料6を承接するのに供する。他側は閉ざされていて、それに接触する吸着部品53との間に仕切り部513を形成する方式によって形成される。図8図9を参照しながら説明する。コア材料6がモールドベース51中の収納エリア511に承接される時、吸着部品53が駆動されて、モールドベース51に接触して、磁性部品531にその対応する収納エリア511中のコア材料6に対して仕切り部513の間接磁性吸着方式を経て行なわれることにより、収納エリア511中のコア材料6が収納エリア511の内側面514に向くのを基準として抵触して位置固定を形成する。図8図10を参照しながら説明する。取出し装置4のノズル42がコア材料1に吸着してから取出しを行なって、初めて吸着部品53が駆動されてモールドベース51から分離することにより、加えられた吸引力が解除されて、取出し装置4のノズル42がスムーズに取り出せる。

0031

以上、本発明の実施例を図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成は、これらの実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更などがあっても、本発明に含まれる。

0032

1コア材料
2振動フィーダ
21輸送凹道
3 承接位置固定装置
31駆動組立部品
311モータ
312ベルト
313固定部品
32固定組立部品
321ベース
322ガイドレール
323スライドシート
33 承接位置固定組立部品
331固定座
332モールドベース
333収納エリア
333a前部開口
333b後部開口
333c側辺
333d底部
333e逃がし穴
333f側辺
334受け座
335 抵触面
336 抵触設置区間
337空気孔
338ドレン槽
339切れ込み
4取出し装置
41固定枠
42ノズル
51 モールドベース
511 収納エリア
512 開口
513仕切り部
514 内側面
52エアシリンダ
53吸着部品
531磁性部品
6 コア材料
D 隙間

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 本田技研工業株式会社の「 ドア搬送システム」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】組み付け作業を効率的に行うことができるドア搬送システムを提供すること。【解決手段】ドア搬送システムは、右側の2枚のドアパネルを支持する右ハンガー3Rと、左側の2枚のドアパネルを支持する左ハンガ... 詳細

  • 三菱重工機械システム株式会社の「 搬送装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】本発明は、省スペースを実現できるアキュムレータ機能を備える搬送装置を提供すること。【解決手段】飲料の製造ライン1は、容器5に対して飲料を充填する無菌充填装置20と、無菌充填装置20を経た後に複... 詳細

  • 三菱重工機械システム株式会社の「 物品処理システム」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】本発明は、アキュムレータを備えながらも省スペースを実現できる物品処理システムを提供すること。【解決手段】飲料の製造ライン1は、容器5に対して飲料を充填する無菌充填装置20と、無菌充填装置20を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ