図面 (/)

技術 新食感容器詰飲料及びその製造方法

出願人 キリンビバレッジ株式会社
発明者 屋芳美鈴木萌子
出願日 2013年12月25日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2013-267370
公開日 2015年7月6日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2015-122966
状態 特許登録済
技術分野 非アルコール性飲料
主要キーワード 微細氷 ストローク幅 パストライ 配合溶液 振り角度 イチゴミルク ミルクシェイク ゲル化促進剤
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年7月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

飲用時に振とうすることにより、スムージー食感を与える新食感の容器詰飲料及びその製造方法を提供すること。

解決手段

飲料原料溶液に、該飲料原料溶液に対して、発酵セルロースグアーガムジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤を0.1〜0.8重量/容量%、及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を0.01〜0.2重量/容量%の割合で配合することを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料からなる。本発明の容器詰ゲル化飲料は、用いる飲料用材料やその製造工程上、シンプルな手段で、嗜好性のある新食感の容器詰飲料を提供することができ、基本的構成として、増粘剤及びゲル化剤の配合により調製できるため、飲料添加物の自由度が広がり、広い範囲の飲料に対して適用することができる。

概要

背景

近年、消費者食品に対する嗜好多様化するにつれ、飲料の分野においても、新規なタイプの飲料を求める傾向が強まっており、ペットボトル等の密閉容器入り飲料においても新規なタイプの飲料の開発が行われている。その食味の改良として、泡やゼリー等の物理的な性状を改善して、新食感の飲料を提供しようとする試みが行われている。

その例として、組織及び食感を果肉に類似させたゼリー食品の提供がある。例えば、特開平7−31387号公報には、エステル化度10%以下のLMペクチンを主成分とするゲル化剤を添加したゼリー液を、飲食品原料液中に投入することにより、ゼリー液をゲル化させて、飲食品原料液中にゼリー小体を形成させたゼリー含有飲食品の製造方法が開示されている。また、特開平9−248142号公報には、酸性下で二価金属イオンと反応させて形成したゲルで膨潤不溶性食物繊維被覆し、該食物繊維を冷却して形成されたゲル中に分散させて、果肉様組織としたゼリー様食品が、特開平10−179103号公報には、ジェランガムとLMペクチンとを併用した、パルプ様物質を安定に分散する飲用時の食感が果肉感を呈する分散安定化飲料が、特開2003−284540号公報には、ゼリー溶液固化溶液に添加して粒状ゼリーを工業的に安定して形成する粒状ゼリー含有飲料の製造方法及びそのための装置が開示されている。

また、飲料の物理的な性状を改善して新食味、食感の飲料を提供するものとして、容器詰飲料において、飲用時に飲料容器振とうさせ、容器内の飲料を発泡させ、非炭酸型の発泡性飲料として、飲用に供する形式の容器詰飲料が開示されている。例えば、特開昭59−224673号公報には、飲料材料として、果汁アルコール、或いは、乳成分又は合成乳製品を含有させた材料と、起泡剤として、動植物蛋白多糖類及び/又はノニオン界面活性剤を配合した飲料原料を、加熱滅菌処理し、該飲料原料を充填率55〜94%の範囲で、飲料容器内充填し、密封した、飲用時振とう発泡させて飲用する容器詰発泡性飲料が開示されている。

また、特開平5−268918号公報には、ゲル化安定剤としてジェランガムを全原料中の0.05〜0.20%含有させ、加圧加熱殺菌し、ゲル化した、飲用時、シェイクし、流動化して引用する容器入りデザート風飲料が、特開2000−157232号公報には、コーヒー乳飲料ミルクティーのような乳飲料に、カゼイン分解物のような乳ペプチド水溶性ヘミセルロースを配合した、飲用時に飲料容器を振とうさせ飲用する容器詰飲料が、特開2010−4826号公報には、飲料に、発酵セルロース複合体と、ショ糖脂肪酸エステル有機酸モノグリセリドのような乳化剤、及び、微結晶セルロースを含有させたpHが中性域である乳成分入り起泡性飲料が開示されている。

更に、飲料の物理的な性状を改善して新食味、食感の飲料を提供するものとして、特にスムージー様の食感を有する飲料を提供するものも開示されている。例えば、特開2003−116503号公報には、pH5.5以下の酸性飲料等において、コラーゲンキサンタンガム、及び、クエン酸ナトリウムリン酸三カリウム等のアルカリ金属イオンのような陽イオンを含有させたスムージー様の食感を有する飲料が、特開2004−129596号公報には、脱アシル型ジェランガム及びキサンタンガム溶液に、可溶性カルシウム塩を添加した後、攪拌しながらLMペクチン溶液を添加し、得られたゲルをマイクロゲル化することからなる、別途粒状物を製造したり、パルプ様物質を加える必要が無く、果肉食感とスムージーのような微細氷が分散したような粒々の食感を有する飲料が開示されている。

更に、特開2011−115162号公報には、LMペクチン、アルギン酸アルギン酸塩、ジェランガムよりなる群から選ばれるゲル化剤の溶液と、乳酸カルシウム塩化カルシウムリン酸カルシウムグルコン酸カルシウム炭酸カルシウム硫酸マグネシウム塩化マグネシウム、L−グルタミン酸マグネシウム酸化マグネシウム炭酸マグネシウムよりなる群から選ばれる二価の金属イオンを含むゲル化促進剤の溶液とを反応して形成される第1ゼリー体と、カラギーナン及びグルコマンナンからなる第1成分に、ローカストビーンガム、ジェランガム、ペクチン、キサンタンガムよりなる群から選ばれる第2成分を配合した第2ゲル化剤から形成される第2ゼリー体とからなり、第1ゼリー体が第2ゼリー体に分散された状態で容器に充填され、飲用前に容器を振とうすることにより、果実を食した時のような新しい食感を有する容器入りゼリー飲料が開示されている。

上記のように、近年の新規なタイプの飲料を求める消費者のニーズ呼応して、泡やゼリー等の物理的な性状を改善して、新食感の飲料を提供する各種の方法が開示されているが、消費者の更なるニーズに答えるために、シンプルな手段によって、しかも消費者の満足感を与える新食感の飲料を提供する更なる開発が望まれるところである。

概要

飲用時に振とうすることにより、スムージー様食感を与える新食感の容器詰飲料及びその製造方法を提供すること。飲料原料溶液に、該飲料原料溶液に対して、発酵セルロースグアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤を0.1〜0.8重量/容量%、及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を0.01〜0.2重量/容量%の割合で配合することを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料からなる。本発明の容器詰ゲル化飲料は、用いる飲料用材料やその製造工程上、シンプルな手段で、嗜好性のある新食感の容器詰飲料を提供することができ、基本的構成として、増粘剤及びゲル化剤の配合により調製できるため、飲料添加物の自由度が広がり、広い範囲の飲料に対して適用することができる。なし

目的

また、飲料の物理的な性状を改善して新食味、食感の飲料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

飲料原料溶液に、増粘剤及びゲル化剤を配合することにより、開封飲用時に容器詰め飲料を、ストローク幅が8cm、振り角度が90°、5秒に10回振とうする条件で振った後、5秒斜め逆さまにして内溶液が容器から排出される量が97%以下であるような粘度条件であり、かつ、容器から排出された内溶液の粒度分布が20メッシュのものが5〜20%、36メッシュのものが5〜20%、100メッシュのものが15〜40%、100メッシュパスのものが60%以下であるように調製されたことを特徴とする振とう飲用時にスムージー食感が付与される容器詰ゲル化飲料。

請求項2

飲料原料溶液への増粘剤及びゲル化剤の配合が、発酵セルロースグアーガムジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤を該飲料原料溶液に対して、0.1〜0.8重量/容量%、及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を該飲料原料溶液に対して、0.01〜0.2重量/容量%の割合で配合されることを特徴とする請求項1に記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料。

請求項3

増粘剤が発酵セルロースであり、ゲル化剤がジェランガムであることを特徴とする請求項1又は2に記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料。

請求項4

飲料原料溶液が、酸性飲料製造用原料溶液であることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料。

請求項5

飲料原料溶液が、果汁及び/又は乳を含有するものであることを特徴とする請求項4に記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料。

請求項6

飲料原料溶液に、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を配合し、加熱溶解後、該飲料配合溶液飲料容器充填することを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料の製造方法。

請求項7

飲料配合溶液の飲料容器への充填が、飲用時に振とうによりスムージー様食感を形成するための空隙を設けた充填量で行われることを特徴とする請求項6に記載の容器詰ゲル化飲料の製造方法。

技術分野

0001

本発明は飲用時に振とうすることにより、スムージー食感を与える新食感の容器詰飲料及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、消費者食品に対する嗜好多様化するにつれ、飲料の分野においても、新規なタイプの飲料を求める傾向が強まっており、ペットボトル等の密閉容器入り飲料においても新規なタイプの飲料の開発が行われている。その食味の改良として、泡やゼリー等の物理的な性状を改善して、新食感の飲料を提供しようとする試みが行われている。

0003

その例として、組織及び食感を果肉に類似させたゼリー食品の提供がある。例えば、特開平7−31387号公報には、エステル化度10%以下のLMペクチンを主成分とするゲル化剤を添加したゼリー液を、飲食品原料液中に投入することにより、ゼリー液をゲル化させて、飲食品原料液中にゼリー小体を形成させたゼリー含有飲食品の製造方法が開示されている。また、特開平9−248142号公報には、酸性下で二価金属イオンと反応させて形成したゲルで膨潤不溶性食物繊維被覆し、該食物繊維を冷却して形成されたゲル中に分散させて、果肉様組織としたゼリー様食品が、特開平10−179103号公報には、ジェランガムとLMペクチンとを併用した、パルプ様物質を安定に分散する飲用時の食感が果肉感を呈する分散安定化飲料が、特開2003−284540号公報には、ゼリー溶液固化溶液に添加して粒状ゼリーを工業的に安定して形成する粒状ゼリー含有飲料の製造方法及びそのための装置が開示されている。

0004

また、飲料の物理的な性状を改善して新食味、食感の飲料を提供するものとして、容器詰飲料において、飲用時に飲料容器を振とうさせ、容器内の飲料を発泡させ、非炭酸型の発泡性飲料として、飲用に供する形式の容器詰飲料が開示されている。例えば、特開昭59−224673号公報には、飲料材料として、果汁アルコール、或いは、乳成分又は合成乳製品を含有させた材料と、起泡剤として、動植物蛋白多糖類及び/又はノニオン界面活性剤を配合した飲料原料を、加熱滅菌処理し、該飲料原料を充填率55〜94%の範囲で、飲料容器内充填し、密封した、飲用時振とう発泡させて飲用する容器詰発泡性飲料が開示されている。

0005

また、特開平5−268918号公報には、ゲル化安定剤としてジェランガムを全原料中の0.05〜0.20%含有させ、加圧加熱殺菌し、ゲル化した、飲用時、シェイクし、流動化して引用する容器入りデザート風飲料が、特開2000−157232号公報には、コーヒー乳飲料ミルクティーのような乳飲料に、カゼイン分解物のような乳ペプチド水溶性ヘミセルロースを配合した、飲用時に飲料容器を振とうさせ飲用する容器詰飲料が、特開2010−4826号公報には、飲料に、発酵セルロース複合体と、ショ糖脂肪酸エステル有機酸モノグリセリドのような乳化剤、及び、微結晶セルロースを含有させたpHが中性域である乳成分入り起泡性飲料が開示されている。

0006

更に、飲料の物理的な性状を改善して新食味、食感の飲料を提供するものとして、特にスムージー様の食感を有する飲料を提供するものも開示されている。例えば、特開2003−116503号公報には、pH5.5以下の酸性飲料等において、コラーゲンキサンタンガム、及び、クエン酸ナトリウムリン酸三カリウム等のアルカリ金属イオンのような陽イオンを含有させたスムージー様の食感を有する飲料が、特開2004−129596号公報には、脱アシル型ジェランガム及びキサンタンガム溶液に、可溶性カルシウム塩を添加した後、攪拌しながらLMペクチン溶液を添加し、得られたゲルをマイクロゲル化することからなる、別途粒状物を製造したり、パルプ様物質を加える必要が無く、果肉食感とスムージーのような微細氷が分散したような粒々の食感を有する飲料が開示されている。

0007

更に、特開2011−115162号公報には、LMペクチン、アルギン酸アルギン酸塩、ジェランガムよりなる群から選ばれるゲル化剤の溶液と、乳酸カルシウム塩化カルシウムリン酸カルシウムグルコン酸カルシウム炭酸カルシウム硫酸マグネシウム塩化マグネシウム、L−グルタミン酸マグネシウム酸化マグネシウム炭酸マグネシウムよりなる群から選ばれる二価の金属イオンを含むゲル化促進剤の溶液とを反応して形成される第1ゼリー体と、カラギーナン及びグルコマンナンからなる第1成分に、ローカストビーンガム、ジェランガム、ペクチン、キサンタンガムよりなる群から選ばれる第2成分を配合した第2ゲル化剤から形成される第2ゼリー体とからなり、第1ゼリー体が第2ゼリー体に分散された状態で容器に充填され、飲用前に容器を振とうすることにより、果実を食した時のような新しい食感を有する容器入りゼリー飲料が開示されている。

0008

上記のように、近年の新規なタイプの飲料を求める消費者のニーズ呼応して、泡やゼリー等の物理的な性状を改善して、新食感の飲料を提供する各種の方法が開示されているが、消費者の更なるニーズに答えるために、シンプルな手段によって、しかも消費者の満足感を与える新食感の飲料を提供する更なる開発が望まれるところである。

先行技術

0009

特開昭59−224673号公報。
特開平5−268918号公報。
特開平7−31387号公報。
特開平9−248142号公報。
特開平10−179103号公報。
特開2000−157232号公報。
特開2003−116503号公報。
特開2003−284540号公報。
特開2004−129596号公報。
特開2010−4826号公報。
特開2011−115162号公報。

発明が解決しようとする課題

0010

本発明の課題は、飲用時に振とうすることにより、スムージー様食感を与える新食感の容器詰飲料及びその製造方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0011

本発明者らは、上記課題を解決すべく、飲用時に振とうすることにより、容易にスムージー様食感を与える新食感の容器詰飲料を製造するための飲料配合成分の探索を行う中で、飲料原料溶液に特定の増粘剤及び特定のゲル化剤を配合することで、該配合剤から調製された容器詰ゲル化飲料が、飲用時に振とうすることにより、容易に、スムージー様食感の嗜好性のある飲料を提供することができることを見出し、本発明を完成するに至った。

0012

すなわち、本発明は、飲料原料溶液に、増粘剤及びゲル化剤を配合することにより、開封飲用時に容器詰め飲料を、ストローク幅が8cm、振り角度が90°、5秒に10回振とうする条件で振った後、5秒斜め逆さまにして内溶液が容器から排出される量が97%以下であるような粘度条件であり、かつ、容器から排出された内溶液の粒度分布が20メッシュのものが5〜20%、36メッシュのものが5〜20%、100メッシュのものが15〜40%、100メッシュパスのものが60%以下であるように調製されたことを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料からなる。

0013

本発明の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料は、飲料原料溶液に、特定の増粘剤及び特定のゲル化剤を配合することで調製されるため、従来のような、食物繊維やパルプのような食感を付与するための添加材料を用いることもなく、また、食感を付与するために予め粒状化ゼリーのような添加材料を調製する必要もないため、用いる飲料用材料やその製造工程上、シンプルな手段で、嗜好性のある新食感の容器詰飲料を提供することができる。また、本発明の容器詰飲料は、基本的構成として、上記増粘剤及びゲル化剤の配合により調製されるため、飲料添加物の自由度が広がり、広い範囲の飲料に対して適用することができる。

0014

本来、スムージー(Smoothie)とは、凍らせた果物や、野菜等を使用した、シャーベット状飲み物であるが、通常、細かく切った果物や野菜等を凍らせ、該凍った材料を牛乳ジュース等と一緒ミキサーに入れ、必要によりガムシロップ等の甘味料を添加して、ミキシングして調製するものであるが、本発明の容器詰ゲル化飲料により、容易に、該スムージー様食感が付与された嗜好性のある飲料を提供することができる。

0015

本発明においては、本発明の容器詰ゲル化飲料をその飲用時に振とうすることによりスムージー様食感が付与された飲料を提供することができるが、該振とう飲用時のスムージー様食感の付与の条件は、開封飲用時に容器詰め飲料を、ストローク幅が8cm、振り角度が90°、5秒に10回振とうする条件で振った後、5秒斜め逆さまにして内溶液が容器から排出される量が97%以下であるような粘度条件であり、かつ、容器から排出された内溶液の粒度分布が20メッシュのものが5〜20%、36メッシュのものが5〜20%、100メッシュのものが15〜40%、100メッシュパスのものが60%以下であるような条件である。

0016

本発明の容器詰ゲル化飲料において、飲料原料溶液に配合される増粘剤及びゲル化剤の配合において、増粘剤が発酵セルロースセルロースアラビアガム加工デンプンカルボキシメチルセルロースナトリウムタマリンドガムグアーガム、ジェランガム、キサンタンガム、ローカストビーンガム、アルギン酸およびカラギナンから選択される1又は2以上の増粘剤及び、ジェランガム、カラギーナン、グアーガム、キサンタンガム、ローカストビーンガム、アルギン酸、ゼラチンおよび寒天から選択される1又は2以上のゲル化剤を配合として挙げることができる。発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を好ましい配合として挙げることができる。

0017

本発明の容器詰ゲル化飲料において、飲料原料溶液に配合される増粘剤及びゲル化剤の配合において、増粘剤が発酵セルロースであり、ゲル化剤がジェランガムである配合を特に好ましい配合として挙げることができる。また、本発明の容器詰ゲル化飲料において、飲料原料溶液としては、広い範囲の飲料原料溶液に対して適用することができるが、好ましくは、酸性飲料製造用原料溶液に対して適用することができ、特に好ましくは、果汁及び/又は乳を含有する飲料原料溶液に対して適用することができる。

0018

本発明の容器詰ゲル化飲料を製造するには、飲料原料溶液に、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を配合し、加熱溶解後、該飲料配合溶液を飲料容器に充填することにより行うことができる。飲料配合溶液の飲料容器への充填は、飲用時に振とうによりスムージー様食感を形成するための空隙を設けた充填量で行われるのが望ましく、通常、充填率55〜94%の範囲で、飲料容器に充填されることが好ましい。

0019

すなわち、具体的には本発明は、[1]飲料原料溶液に、増粘剤及びゲル化剤を配合することにより、開封飲用時に容器詰め飲料を、ストローク幅が8cm、振り角度が90°、5秒に10回振とうする条件で振った後、5秒斜め逆さまにして内溶液が容器から排出される量が97%以下であるような粘度条件であり、かつ、容器から排出された内溶液の粒度分布が20メッシュのものが5〜20%、36メッシュのものが5〜20%、100メッシュのものが15〜40%、100メッシュパスのものが60%以下であるように調製されたことを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料や、[2]飲料原料溶液への増粘剤及びゲル化剤の配合が、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤を該飲料原料溶液に対して、0.1〜0.8重量/容量%、及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を該飲料原料溶液に対して、0.01〜0.2重量/容量%の割合で配合されることを特徴とする上記[1]に記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料からなる。

0020

また、本発明は、[3]増粘剤が発酵セルロースであり、ゲル化剤がジェランガムであることを特徴とする上記[1]又は[2]に記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料や、[4]飲料原料溶液が、酸性飲料製造用原料溶液であることを特徴とする上記[1]〜[3]のいずれかに記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料や、[5]飲料原料溶液が、果汁及び/又は乳を含有するものであることを特徴とする上記[4]に記載の振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料や、[6]飲料原料溶液に、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を配合し、加熱溶解後、該飲料配合溶液を飲料容器に充填することを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料の製造方法や、[7]飲料配合溶液の飲料容器への充填が、飲用時に振とうによりスムージー様食感を形成するための空隙を設けた充填量で行われることを特徴とする上記[6]に記載の容器詰ゲル化飲料の製造方法からなる。

発明の効果

0021

本発明は、飲用時に振とうすることにより、スムージー様食感を与える新食感の容器詰飲料を提供する。本発明の容器詰ゲル化飲料は、広い範囲の飲料に対して適用することができ、用いる飲料用材料やその製造工程上、シンプルな手段で、嗜好性のある新食感の容器詰飲料を提供することができる。

0022

本発明は、飲料原料溶液に、該飲料原料溶液に対して、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤を0.1〜0.8重量/容量%、及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を0.01〜0.2重量/容量%の割合で配合することを特徴とする振とう飲用時にスムージー様食感が付与される容器詰ゲル化飲料からなる。

0023

本発明の容器詰ゲル化飲料の製造に用いられる増粘剤は、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤であるが、該増粘剤は、飲料原料溶液に対して、0.1〜0.8重量/容量%の範囲で配合される。該増粘剤は、公知の増粘剤を用いることができ、市販のものを用いることができる。例えば、発酵セルロースは、工業的に酢酸菌通気撹拌培養し、菌体から作られた非常に細い繊維状のセルロースを分離、回収して得たものであるが、サンアーティスト商標シリーズ三栄源エフエフアイ株式会社)として、市販されており、入手することができる。発酵セルロースを用いる場合には、200〜1600ppmの範囲で配合される(サンアーティストPGとして添加する場合は、0.1〜0.8%)。

0024

本発明の容器詰ゲル化飲料の製造に用いられるゲル化剤は、ジェランガム及び/又はカラギーナンが用いられ、該ゲル化剤は、公知のゲル化剤を用いることができ、市販のものを用いることができる。例えば、ジェランガムは、ゲルアップ[商標]シリーズ(三栄源エフ・エフ・アイ株式会社)として、市販されており、入手することができる。ジェランガムを用いる場合には、150〜900ppmの範囲で配合される(ゲルアップJ−7342として添加する場合は、0.025〜0.150%)。

0025

本発明の容器詰ゲル化飲料の製造において、適用される飲料原料溶液としては、広い範囲の飲料原料溶液に対して適用することができ、各種酸性飲料製造用原料溶液に対して適用することができる。特に好ましくは、果汁及び/又は乳を含有する飲料原料溶液に対して適用することができ、例えば、具体例として、コーヒー乳飲料(ミルク入りコーヒー)、ミルクティー(ミルク入り紅茶)、ミルクココア、牛乳、ミルクセーキ、ミルクシェイク豆乳飲料イチゴミルクバナナミルク、メロンミルク等のミルク入り果汁及び果実飲料を挙げることができる。

0026

本発明の容器詰ゲル化飲料を製造するには、飲料原料溶液に、発酵セルロース、グアーガム、ジェランガム及びキサンタンガムから選択される1又は2以上の増粘剤及び、ジェランガム及び/又はカラギーナンからなるゲル化剤を配合し、加熱溶解後、該飲料配合溶液を飲料容器に充填することにより行うことができる。飲料配合溶液の飲料容器への充填は、飲用時に振とうによりスムージー様食感を形成するための空隙を設けた充填量で行われるのが望ましく、通常、充填率55〜94%の範囲で、飲料容器に充填されることが好ましい。飲料原料溶液に、増粘剤及びゲル化剤を配合し、加熱溶解する処理は、加熱殺菌処理と兼ねることができる。

0027

本発明を更に、実施例により具体的に説明するが、本発明の技術的範囲はこれらの例示に限定されるものではない。

0028

サンプルの調合方法
果汁・グラニュー糖を混合した糖液と、ペクチン・牛乳・カゼインNa・酸味料を混合した酸乳液を調合した。糖液と酸乳液を混合した後に、サンアーティストPG・ゲル化剤(ゲルアップJ-7342)を表1の通りに混合して、規定量までメスアップした。調合液ホモジナイズ処理し、190gTULC缶に150g充填し、パストライズ殺菌を行った。

0029

0030

粒度分布測定方法
上記方法にて調整したサンプルを5℃に冷やした後、「ストローク幅が8cm、振り角度が90°、5秒に10回振とう」の条件にてサンプルを振った。使用機器:振とう器 Model-YS-LD/株式会社ヤヨイ製。水気のないメッシュを準備した(メッシュサイズ:20、36、100、Pass)。サンプルを、缶きり缶蓋を8割切ってから開けて、5秒斜め逆さまにして内容液をメッシュ上に出した。メッシュを電磁式ふるい振とう器にて「Interval Time:0分、Sieving Time:1分、Amplitade 1.0mm」の条件にて振とう後、粒度分布を測定した。使用機器:電磁式ふるい振とう器 A-3 Pro/ドイツFritsch社製。

0031

粘度測定方法>
上記粒度分布測定方法にて、メッシュ上に出たサンプル重量を測定し、150gを100%として比率を計算した。

0032

<結果>
結果を、表2に示す。

0033

官能評価
実施例1で調製したサンプルを官能評価によって、その食感を評価した。感応評価は、3人のパネラーによって、以下の評価基準により行った。
−:粘度/粒子感感じない。
+:粘度/粒子感を少し感じる。(比較して分かる。)
++:粘度/粒子感を感じる。(比較しなくても分かる。)
+++:粘度/粒子感を十分に感じる。
++++:粘度/粒子感を十分に感じるが、飲用しづらい。

0034

結果を、表3に示す。

実施例

0035

0036

本発明は、飲用時に振とうすることにより、スムージー様食感を与える新食感の容器詰飲料を提供する。本発明の容器詰ゲル化飲料は、広い範囲の飲料に対して適用することができ、用いる飲料用材料やその製造工程上、シンプルな手段で、嗜好性のある新食感の容器詰飲料を提供することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 会津天宝醸造株式会社の「 甘酒用米麹の製造方法」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】保存によって米麹の品質を向上させることが可能な甘酒用米麹の製造方法を提供する。【解決手段】製麹後の米麹を0〜5℃の温度に冷却する出麹冷却段階と、出麹冷却段階の後、米麹を容器内に充填して密閉する... 詳細

  • サッポロビール株式会社の「 ビールテイスト飲料」が 公開されました。( 2019/07/04)

    【課題】麦様の香りが改善された、原料として麦原料及びホップを含まないビールテイスト飲料の提供。【解決手段】原料として麦原料及びホップを含まず、色度が7以上18以下であり、プリン体含有量が0.20mg/... 詳細

  • キリンビバレッジ株式会社の「 苦味料が添加された非アルコール飲料における苦味の後引きの低減」が 公開されました。( 2019/07/04)

    【課題】本発明は、添加された苦味料による苦味の後引きが低減した、苦味料添加非アルコール飲料の製造方法を提供することや、苦味料が添加された非アルコール飲料における苦味の後引きを低減する方法等を提供するこ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ