図面 (/)

技術 検索結果を提供するための方法及び装置

出願人 ベイジンバイドゥネットコムサイエンステクノロジーカンパニーリミテッド
発明者 シュイ,ヨンミンチャン,ナールー,チアシュイ,インシュイ,ホイワン,ルイヤンスン,チンチンチョウ,フェングルシュイ,レイソン,インチュアン
出願日 2014年12月17日 (4年10ヶ月経過) 出願番号 2014-254803
公開日 2015年6月25日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2015-118708
状態 特許登録済
技術分野 検索装置
主要キーワード ローカルサーチ 埋込み式 光ドライバ 情報提供モジュール ユーザーエクスペリエンス 情報環境 趣味情報 関連ワード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

ユーザの検索ニーズが不明確な場合でも、ユーザが所望の情報を迅速に見つけられる方法及び装置を提供する。

解決手段

照会要求に対応する、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類を含む複数の検索結果を取得することS101、検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、検索結果分類に対応する提示形態情報を決定することS102、少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供することS103、が含まれる。

概要

背景

現在、インターネットによる検索で所望の情報を取得することは、ユーザが情報を取得する主な手段の一つとなっている。しかしながら、ユーザが情報を検索する意図やニーズはすべてがはっきりとした明確なものではない。ユーザの意図やニーズがはっきりとした明確なものでない場合に、ユーザの提供する検索ワードがユーザの知りたいニーズを明確に反映できないことも多い。この場合、従来技術では、ユーザの提供する検索ワードで見つかった複数の検索結果をウェブページにおいてリスト形式でユーザに提供するだけである。ユーザは、この複数の検索結果を逐一クリックしてその内容をそれぞれ閲覧しなければ、どの検索結果が自己にとって真に必要な情報かを判別できない。従来技術のようにユーザに検索結果を提供する方法では、ユーザの検索ニーズが不明確である場合に、ユーザが所望の情報を取得する速度が遅くなり、ユーザへの検索エクスペリエンスを悪くしてしまう。特に、現在では、ユーザが携帯端末で情報を検索するケースが一般的であるが、携帯端末の画面は小さいから、ユーザに検索を提供する従来技術の方法は、直観的でなく、ユーザにとって操作しづらい。

概要

ユーザの検索ニーズが不明確な場合でも、ユーザが所望の情報を迅速に見つけられる方法及び装置を提供する。照会要求に対応する、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類を含む複数の検索結果を取得することS101、検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、検索結果分類に対応する提示形態情報を決定することS102、少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供することS103、が含まれる。

目的

ユーザの意図やニーズがはっきりとした明確なものでない場合に、ユーザの提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

検索結果を提供するための方法において、照会要求に対応する、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類を含む複数の検索結果を取得すること、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づき、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定すること、少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供することを含む、検索結果を提供するための方法。

請求項2

前記少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供することは、少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供し、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグのうち少なくとも一つが前記提示形態情報に対応する提示領域提示されていることを含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記提示領域におけるタグに対する前記ユーザのアクセス操作に基づき、前記アクセス操作に対応するアクセスページを前記ユーザに提供し、前記アクセスページが前記検索結果分類における当該タグに対応する一つ又は複数の目標検索結果に基づいて作成されるものであることをさらに含む、請求項2に記載の方法。

請求項4

前記照会要求に対応する複数の検索結果を取得することは、ユーザにより入力された照会要求を受信すること、前記照会要求に基づき、当該照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得すること、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づき、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得することを含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の方法。

請求項5

前記のように前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得することは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて検索を行い、当該照会要求及び一つ又は複数のタグに適合する検索結果を取得すること、前記一つ又は複数のタグに基づいて前記検索結果を分類することで、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得することを含む、請求項4に記載の方法。

請求項6

前記のように前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得することは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づき、当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報を作成すること、前記の当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報に基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する検索結果分類を取得することを含む、請求項4に記載の方法。

請求項7

前記のように前記照会要求に基づいて、当該照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得することは、複数のユーザの履歴記録情報及び/又は前記ユーザにより入力された照会要求を受信した時間情報に基づいて、前記照会要求に対応するタグを決定することを含む、請求項4に記載の方法。

請求項8

前記検索結果分類が複数のタグに対応し、前記のように検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、検索結果分類に対応する提示形態情報を決定することは、検索結果分類に対応する複数のタグに基づいて、当該検索結果分類に対応する複数の提示形態情報を決定することを含み、前記のように少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供することは、前記少なくとも一つの検索結果分類における各検索結果分類をそれぞれに対応する複数の提示形態情報で対応するユーザに提供することを含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

検索結果を提供するための装置において、照会要求に対応する、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類を含む複数の検索結果を取得するための検索結果取得装置と、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定するための提示形態情報決定装置と、少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供するための提示形態情報提供装置とを備える、検索結果を提供するための装置。

請求項10

前記提示形態情報提供装置が、少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供し、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグのうち少なくとも一つを前記提示形態情報に対応する提示領域に提示させるための第1提示形態情報提供モジュールを備える、請求項9に記載の装置。

請求項11

前記提示領域におけるタグに対する前記ユーザのアクセス操作に基づいて、前記アクセス操作に対応するアクセスページを前記ユーザに提供するためのアクセスページ提供装置をさらに備え、かつ、前記アクセスページが前記検索結果分類において当該タグに対応する一つ又は複数の目標検索結果に基づいて作成されるものである、請求項10に記載の装置。

請求項12

前記検索結果取得装置が、ユーザにより入力された照会要求を受信するための照会要求受信モジュールと、前記照会要求に基づいて、当該照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得するためのタグ取得モジュールと、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得するための検索結果分類取得モジュールとを備える、請求項9から11のいずれか一項に記載の装置。

請求項13

前記検索結果分類取得モジュールが、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて検索を行い、当該照会要求及び一つ又は複数のタグに適合する検索結果を取得するための第1検索結果取得サブモジュールと、前記一つ又は複数のタグに基づいて前記検索結果を分類することで、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得するための第1検索結果分類取得サブモジュールとを備える、請求項12に記載の装置。

請求項14

前記検索結果分類取得モジュールが、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報を作成するための第2情報作成サブモジュールと、前記の当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報に基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する検索結果分類を取得するための第2検索結果分類取得サブモジュールとを備える、請求項12に記載の装置。

請求項15

前記タグ取得モジュールが、複数のユーザの履歴記録情報及び/又は前記ユーザにより入力された照会要求を受信した時間情報に基づいて、前記照会要求に対応するタグを決定するためのタグ決定サブモジュールを備える、請求項12に記載の装置。

請求項16

前記検索結果分類が複数のタグに対応しており、前記提示形態情報決定装置が、検索結果分類に対応する複数のタグに基づいて、当該検索結果分類に対応する複数の提示形態情報を決定するための第1提示形態情報決定モジュールを備え、前記提示形態情報提供装置が、前記少なくとも一つの検索結果分類における各検索結果分類をそれぞれに対応する複数の提示形態情報で対応するユーザに提供するための第3提示形態情報提供モジュールを備える、請求項9から11のいずれか一項に記載の装置。

請求項17

コンピュータ読み取り可能な記録媒体であって、前記コンピュータ読み取り可能な記録媒体がコンピュータコードを含み、前記コンピュータコードが実行される際に、請求項1から8のいずれか一項に記載の方法が実行されるコンピュータ読み取り可能な記録媒体。

請求項18

コンピュータプログラムであって、前記コンピュータプログラムがコンピュータ装置によって実行される際に、請求項1から8のいずれか一項に記載の方法が実行されるコンピュータプログラム。

請求項19

コンピュータ装置であって、前記コンピュータ装置がメモリプロセッサを含み、前記メモリにコンピュータコードが格納され、前記プロセッサが前記コンピュータコードを実行することによって請求項1から8のいずれか一項に記載の方法が実行されるように配置されるコンピュータ装置。

技術分野

0001

本発明は、インターネット技術に関し、特に、検索結果を提供するための方法及び装置に関するものである。

背景技術

0002

現在、インターネットによる検索で所望の情報を取得することは、ユーザが情報を取得する主な手段の一つとなっている。しかしながら、ユーザが情報を検索する意図やニーズはすべてがはっきりとした明確なものではない。ユーザの意図やニーズがはっきりとした明確なものでない場合に、ユーザの提供する検索ワードがユーザの知りたいニーズを明確に反映できないことも多い。この場合、従来技術では、ユーザの提供する検索ワードで見つかった複数の検索結果をウェブページにおいてリスト形式でユーザに提供するだけである。ユーザは、この複数の検索結果を逐一クリックしてその内容をそれぞれ閲覧しなければ、どの検索結果が自己にとって真に必要な情報かを判別できない。従来技術のようにユーザに検索結果を提供する方法では、ユーザの検索ニーズが不明確である場合に、ユーザが所望の情報を取得する速度が遅くなり、ユーザへの検索エクスペリエンスを悪くしてしまう。特に、現在では、ユーザが携帯端末で情報を検索するケースが一般的であるが、携帯端末の画面は小さいから、ユーザに検索を提供する従来技術の方法は、直観的でなく、ユーザにとって操作しづらい。

発明が解決しようとする課題

0003

そこで、本発明が解決しようとする技術的課題は、ユーザの検索ニーズが不明確な場合に、ユーザに検索結果を提供する方法によってユーザが所望の情報を取得する速度が遅くなるという従来技術の課題を解消するために、検索結果を提供するための方法及び装置を提供することである。

0004

本発明の一つの態様によれば、
照会要求に対応する、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類を含む複数の検索結果を取得し、
前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定し、
少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供することを含む、検索結果を提供するための方法を提供する。
本発明の他の態様によれば、
照会要求に対応する、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類を含む複数の検索結果を取得するための検索結果取得装置と、
前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定するための提示形態情報決定装置と、
少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供するための提示形態情報提供装置とを備える、検索結果を提供するための装置も提供する。

0005

本発明は、従来技術と比べて、タグに基づいて検索結果を分類するとともに、検索結果分類を相応するタグに対応する提示形態情報でユーザに提供することにより、ユーザの検索ニーズが不明確な場合でも、ユーザが所望の情報を迅速に見つけることができるというメリットを有する。

0006

本発明のその他の特徴、目的及び利点は、次の図面においてなされた、限定的ではない実施例に関する詳細な説明を閲覧参照することで、より明確になる。

図面の簡単な説明

0007

図1は、本発明の一実施例による、検索結果を提供するための方法のフローチャートである。
図2は、本発明の方法における、検索結果分類に対応する提示形態情報のイメージ図である。
図3は、本発明の一実施例による、検索結果を提供するための装置のブロック図である。

0008

図面中、同一又は類似の符号は、同一又は類似のものを示す。

0009

次に、図面を参照しつつ本発明についてさらに詳しく説明する。
本発明では、ネットワークデバイスが、予め設定されたか又は記憶された指令に基づいて数値の計算及び情報処理を自動に行える電子装置を備える。そのハードウェアとして、マイクロプロセッサ特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)、埋込み式装置などが挙げられるが、これらには限られない。前記ネットワークデバイスは、コンピュータネットワークホスト、単一のネットワークサーバー、複数のネットワークサーバーグループ又は複数のサーバーからなるクラウドが挙げられるが、これらには限られない。ここで、クラウドとは、クラウドコンピューティング(Cloud Computing)による多くのコンピュータやネットワークサーバーからなるものであり、クラウドコンピューティングとは、分散コンピューティングの一つで、分散して繋げられる一群コンピュータグループからなる一つの仮想スーパーコンピュータである。前記ユーザデバイスとして、ユーザとの間でキーボードタッチパネル又は音声制御装置を介してマンマシンインタラクションが可能な、例えば、スマートフォン、PDA(携帯情報端末:Personal Digital Assistant)などのあらゆる携帯電子製品が挙げられるが、これらには限られない。前記ネットワークとして、インターネット、ワイドエリアネットワークメトロポリタンエリアネットワークローカルエリアネットワークVPNネットワーク無線アドホックネットワーク(Ad Hoc ネットワーク)などが挙げられるが、これらには限られない。その他のユーザデバイス、ネットワークデバイス、ネットワークも本発明に適用できれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容がここに援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0010

図1は、本発明の一実施例による、検索結果を提供するための方法のフローチャートである。

0011

図1に示すように、ステップS101において、ネットワークデバイスは、照会要求に対応する複数の検索結果を取得する。ここで、前記複数の検索結果には、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類が含まれる。

0012

具体的に、ユーザは、ユーザデバイスを用いてウェブブラウジングを行う場合、例えば、キーボード、タッチパネル、音声入力装置などでユーザデバイスとインタラクションすることにより、ユーザの照会したい照会要求を入力して検索を開始させることができる。ユーザは、ユーザデバイスのブラウザソフトウェアにより、例えば、Yahoo、Google、Baiduなどの検索サイトアクセスして、それらの検索サイトの検索欄に照会要求を入力して検索を開始させてもよいし、ブラウザに埋め込まれたローカルサーチの欄により検索を開始させてもよい。次に、ユーザデバイスがユーザにより検索欄に入力された照会要求をネットワークデバイスに送信すると、ネットワークデバイスは、ユーザにより入力された照会要求を受信する。本発明はこれら2種類の検索開始形態に限られず、既存の又は今後登場可能なあらゆる検索開始形態も本発明に適用できて、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。ここで、照会要求には一つ又は複数のキーワードが含まれてもよく、キーワードは文字でも単語でもフレーズでもよい。音声ドキュメント検出では、曖昧語、音素音素列などのユニットでもよく、またはキーワード同士の関連ワードも含まれる。

0013

その後、ネットワークデバイスは、照会要求に基づき、この照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得する。具体的に、ネットワークデバイスは、前記照会要求からキーワードを抽出し、抽出されたキーワードに基づいてこのキーワードに対応する一つ又は複数のタグを取得することにより、この照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得する。前記一つ又は複数のタグは、リソースタイプにより、リソースタグデータベースで照会して取得してもよく、前記検索結果分類をクラスタリングすることで取得してもよい。好ましくは、ネットワークデバイスで、当該ユーザ登録情報における個人趣味情報、複数のユーザの履歴記録情報及び/又は前記ユーザデバイスのシーン属性に基づき、前記照会要求に対応するタグを決定できる。ここで、前記ユーザデバイスのシーン属性として、前記ユーザにより入力された照会要求を受信した時間情報、当該ユーザデバイスの現在のロケーション位置情報、当該ユーザデバイスの現在のロケーションの天気情報などが挙げられるが、これらには限られない。これらのユーザデバイスのシーン属性は単に例示であるにすぎず、ユーザデバイスの他のあらなるシーン属性も本発明に適用できれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0014

例えば、ユーザの入力した照会要求が「公務員」の場合、ネットワークデバイスは、このユーザの個人趣味情報及び/又は複数のユーザの履歴記録情報を取得することにより、当該照会要求たる「公務員」に対応するタグとして、「人気コース」、「eラーニング」、「低料金」、「試験」、「応募」など多くのタグを取得できる。或いは、ネットワークデバイスで受信された前記ユーザの入力した照会要求の時間情報が公務員試験直前であることとさらに関連付けることにより、当該照会要求たる「公務員」に対応するタグとして、「試験」、「応募」などを取得できる。

0015

好ましくは、ネットワークデバイスで、ユーザ登録情報において更新された個人趣味情報に基づき、ネットワーク上の多くのユーザの履歴記録情報、情報環境変化を取得すること、及び/又はより多くのユーザデータを取得することで、ユーザの趣味及び習慣分析することにより、キーワードに対応するタグを更新してもよい。

0016

その後、ネットワークデバイスは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、前記一つ又は複数のタグそれぞれに対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得する。選択肢として、ネットワークデバイスは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて検索を行い、当該照会要求及び一つ又は複数のタグに適合する検索結果を取得してから、当該一つ又は複数のタグに基づいて前記検索結果を分類することにより、一つ又は複数のタグそれぞれに対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得することができる。例えば、ネットワークデバイスが、ユーザの入力した照会要求が「胃腸炎」の場合に、当該照会要求に対応するタグとして、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」などを取得したとすると、ネットワークデバイスは、照会要求たる「胃腸炎」に基づいて、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」などのタグとそれぞれ関連付けて検索を行うことで、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグにそれぞれ対応する4つの検索結果分類を取得する。或いは、ネットワークデバイスは、照会要求たる「胃腸炎」及び「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグに基づいて検索を行い、照会要求たる「胃腸炎」及び「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグに適合する検索結果を取得してから、さらに「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグに基づいて検索結果を分類することで、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグにそれぞれ対応する4つの検索結果分類を取得する。選択肢として、ネットワーク情報データベースには必ずユーザの入力した照会要求及びタグに適合する検索結果があるとは限らないから、ネットワークデバイスは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報を作成し、前記の当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報に基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する検索結果分類を取得することができる。例えば、ネットワークデバイスは、ネットワーク情報データベースに照会要求たる「胃腸炎」及びタグたる「病因」に適合する検索結果がない場合に、ネットワーク又は他のオフラインリソースにおける「胃腸炎の病因」に関する情報を取得することにより、「胃腸炎の病因」に適合するウェブページの内容を作成してから、タグたる「病因」に対応する検索結果分類を取得し、照会要求たる「胃腸炎」及び「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグの複数の検索結果分類のうちの一つとすることができる。

0017

ステップS102で、ネットワークデバイスは、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定する。

0018

ここで、前記提示形態情報にはシンボルスタイルのような誘導情報が含まれるが、これには限られない。前記シンボルスタイルにはアイコンピクチャテキスト、タグなどが含まれるが、これらには限られない。これらの提示形態情報は単に例示であるにすぎず、既存の又は今後登場可能なあらゆる提示形態情報も本発明に適用されれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0019

次に、一例を挙げて、検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報をどのように決定するかを説明する。

0020

複数のユーザの履歴記録情報及び/又は前記のユーザが入力した照会要求を受信した時間情報に基づき、教育関係コースに関するタグとして、人気、eラーニング、試聴、低料金などを決定する。

0021

ネットワークデバイスで受信されたユーザの入力した照会要求が「アイエルツ(IELTS:英語能力判定テスト)コース」であれば、この照会要求は教育関係コースに該当するので、ネットワークデバイスは、この照会要求に基づき、この照会要求に対応する一つ又は複数のタグとして、「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」を取得する。

0022

その後、ネットワークデバイスは、前記照会要求たる「アイエルツコース」及び「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」というタグに基づいて、前記の「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」というタグにそれぞれ対応する4つの検索結果分類を取得する。

0023

ネットワークデバイスは、図2に示すように、この4つの検索結果分類に対応するタグである「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」に基づき、この4つの検索結果分類に対応する提示形態情報を決定する。各検索結果分類は一つのカードタイプの標識に対応し、この標識にはピクチャの形式が用いられ、各ピクチャがそれぞれ対応する一つの検索結果分類を示す。好ましくは、当該提示形態情報に対応する提示領域に、この提示形態情報に対応するタグと、この提示形態情報に対応する検索結果分類に含まれる検索結果の数とが含まれてもよい。

0024

好ましくは、ネットワークデバイスで、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づき、ユーザデバイスの属性と関連付けて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定してもよい。例えば、前記ユーザデバイスは携帯端末を有しているが、一般的に携帯端末の画面は固定端末の画面より小さいので、ネットワークデバイスは、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を小さい図形やタグに決定し、検索結果を直観的に提示しやすくすることで、ユーザが選択し易くなり、ユーザーエクスペリエンスを向上することができる。

0025

ステップS103で、ネットワークデバイスは、少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供する。

0026

具体的に、ネットワークデバイスは、少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供する。ここで、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグのうち少なくとも一つは、前記提示形態情報に対応する提示領域に提示されている。

0027

好ましくは、ネットワークデバイスで、前記タグの優先度に基づいて、少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供してもよい。具体的に、ネットワークデバイスは、前記タグの優先度に基づき、優先度の高い検索結果分類に対応する提示形態情報を前方に、優先度の低い検索結果分類に対応する提示形態情報を後方にする方式で対応するユーザに提供することができる。ここで、前記タグの優先度は、例えば、ユーザからフィードバックされたユーザーエクスペリエンス、ユーザの満足度及びユーザの操作ルート、CRT、商業収益、ユーザの入力した照会配列を受信した時間情報などに基づいて決められる。タグの優先度を決定するこれらの情報は単に例示であるにすぎず、タグの優先度を決定するための他の情報も本発明に適用できれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0028

選択肢として、ネットワークデバイスが前記の少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供した後、当該ユーザは、前記提示形態情報に対応する提示領域にアクセスし操作することができる。ネットワークデバイスは、提示領域におけるタグに対する前記ユーザのアクセス操作に基づき、前記アクセス操作に対応するアクセスページを前記ユーザに提供する。ここで、前記アクセスページは、前記検索結果分類において当該タグに対応する一つ又は複数の目標検索結果に基づいて作成されるものである。前記アクセスページには、前記目標検索結果において前記照会要求に適合する結果であるページの内容が含まれる。例1を用いるなら、例えば、ユーザが提示領域におけるタグたる「人気」にアクセスし操作すると、ネットワークデバイスは、当該ユーザのアクセス操作に基づき、タグたる「人気」に対応するアクセスページを当該ユーザに提供する。前記アクセスページには、照会要求たる「アイエルツコース」及び当該タグたる「人気」に適合する複数の目標検索結果が含まれる。その後、当該ユーザは、前記アクセスページでアクセス操作を行うことにより、少なくとも一つの目標検索結果に対応する内容情報を取得することができる。

0029

一つの検索結果分類に複数のタグが対応する場合、ネットワークデバイスは、検索結果分類に対応する複数のタグに基づき、この検索結果分類に対応する複数の提示形態情報を決定する。その後、各検索結果分類をその検索結果分類に対応する複数の提示形態情報で対応するユーザに提供する。例えば、例1においてユーザの入力した照会要求たる「アイエルツコース」を用いるなら、検索結果分類Aに対応するタグとして、「eラーニング」と「試聴」の2つがある。ネットワークデバイスは、この2つのタグに基づき、検索結果分類Aに対応する複数の提示形態を決定する。例えば、タグたる「eラーニング」の提示形態情報はピクチャの形式、タグたる「試聴」の提示形態情報はテキストの形式となる。ネットワークデバイスは、このように検索結果分類Aに対応する2つの提示形態情報をユーザに提供する場合、そのうちの一つを選択してユーザに提供することもできれば、動的に切り替える方法によってこの2つの提示形態情報をユーザに動的に提供することもできる。

0030

本発明は、タグに基づいて検索結果を分類し、検索結果分類を相応するタグに対応する提示形態情報でユーザに提供することにより、ユーザの検索ニーズが不明確な場合でも、ユーザが所望の情報を迅速に見つけることができるようにするものである。また、本発明は、ユーザのニーズを明確にするのに寄与するので、ユーザの検索エクスペリエンスを向上している。特に、本発明の方法は、ユーザが携帯端末で情報を検索する場合に、ユーザに検索結果を直観的に提供するので、ユーザが操作しやすく、ユーザの所望の情報を迅速に得られることができる。

0031

図2は、本発明の一実施例による、検索結果を提供するための装置のイメージ図である。図2に示すように、当該装置は、検索結果取得装置301と、提示形態情報決定装置302と、提示形態情報提供装置303とを備えるものである。

0032

ここで、前記検索結果取得装置301は、照会要求に対応する複数の検索結果を取得するためのものであり、前記複数の検索結果には、それぞれが一つ又は複数のタグに対応する一つ又は複数の検索結果分類が含まれる。

0033

具体的に、前記検索結果取得装置は、照会要求受信モジュール(図示せず)と、タグ取得モジュール(図示せず)と、検索結果分類取得モジュール(図示せず)とを備える。

0034

ここで、ユーザは、ユーザデバイスを用いてウェブブラウジングを行う場合、例えば、キーボード、タッチパネル、音声入力装置などでユーザデバイスとインタラクションすることにより、ユーザの照会したい照会要求を入力して検索を開始させることができる。ユーザは、ユーザデバイスのブラウザソフトウェアにより、例えばYahoo、Google、Baiduなどの検索サイトにアクセスして、それらの検索サイトの検索欄に照会要求を入力して検索を開始させてもよいし、ブラウザに埋め込まれたローカルサーチの欄により検索を開始させてもよい。次に、ユーザデバイスがユーザにより検索欄に入力された照会要求を照会要求受信モジュールに送信すると、照会要求受信モジュールは、ユーザにより入力された照会要求を受信する。本発明はこれら2種類の検索開始形態に限られず、既存の又は今後登場可能なあらゆる検索開始形態も本発明に適用できて、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。ここで、照会要求には一つ又は複数のキーワードが含まれてもよく、キーワードは文字でも単語でもフレーズでもよい。音声ドキュメント検出では、曖昧語、音素、音素列などのユニットでもよく、またはキーワード同士の関連ワードも含まれる。

0035

その後、タグ取得モジュールは、照会要求に基づき、この照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得する。具体的に、ネットワークデバイスは、前記照会要求からキーワードを抽出し、抽出されたキーワードに基づいてこのキーワードに対応する一つ又は複数のタグを取得することにより、この照会要求に対応する一つ又は複数のタグを取得する。前記一つ又は複数のタグは、リソースタイプによって、リソースタグデータベースで照会して取得してもよく、前記検索結果分類をクラスタリングすることで取得してもよい。好ましくは、前記タグ取得モジュールが、当該ユーザ登録情報における個人趣味情報、複数のユーザの履歴記録情報及び/又は前記ユーザデバイスのシーン属性に基づいて、前記照会要求に対応するタグを決定するためのタグ決定サブモジュール(図示せず)を備えてもよい。ここで、前記ユーザデバイスのシーン属性として、前記ユーザにより入力された照会要求を受信した時間情報、当該ユーザデバイスの現在のロケーションの位置情報、当該ユーザデバイスの現在のロケーションの天気情報などが挙げられるが、これらには限られない。これらのユーザデバイスのシーン属性は単に例示であるにすぎず、ユーザデバイスの他のあらゆるシーン属性も本発明に適用できれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0036

例えば、ユーザの入力した照会要求が「公務員」の場合、タグ決定サブモジュールは、このユーザの個人趣味情報及び/又は複数のユーザの履歴記録情報を取得することにより、当該照会要求たる「公務員」に対応するタグとして、「人気コース」、「eラーニング」、「低料金」、「試験」、「応募」など複数のタグを取得できる。或いは、ネットワークデバイスで受信された前記ユーザの入力した照会要求の時間情報が公務員試験直前であることとさらに関連付けることにより、当該照会要求たる「公務員」に対応するタグとして、「試験」、「応募」などを取得できる。

0037

好ましくは、ネットワークデバイスで、ユーザ登録情報において更新された個人趣味情報に基づき、ネットワーク上の複数のユーザの履歴記録情報、情報環境変化を取得すること、及び/又はより多くのユーザデータを取得することで、ユーザの趣味及び習慣を分析することにより、キーワードに対応するタグを更新してもよい。

0038

その後、検索結果分類取得モジュールは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づき、前記一つ又は複数のタグそれぞれに対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得する。選択肢として、検索結果分類取得モジュールは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて検索を行い、当該照会要求及び一つ又は複数のタグに適合する検索結果を取得するための第1検索結果取得サブモジュールと、当該一つ又は複数のタグに基づいて前記検索結果を分類することで、一つ又は複数のタグそれぞれに対応する一つ又は複数の検索結果分類を取得するための第1検索結果分類取得サブモジュールとを備えてもよい。例えば、ユーザの入力した照会要求が「胃腸炎」の場合、取得された当該照会要求に対応するタグに「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」などが含まれるとすると、検索結果分類取得モジュールは、照会要求たる「胃腸炎」に基づいて、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」などのタグとそれぞれ関連付けて検索を行うことで、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグにそれぞれ対応する4つの検索結果分類を取得する。或いは、照会要求たる「胃腸炎」及び「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグに基づいて検索を行い、照会要求たる「胃腸炎」及び「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグに適合する検索結果を取得してから、さらに「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグに基づいて検索結果を分類することで、「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグにそれぞれ対応する4つの検索結果分類を取得する。選択肢として、ネットワーク情報データベースには必ずユーザの入力した照会要求及びタグに適合する検索結果があるとは限らないから、検索結果分類取得モジュールは、前記照会要求及び一つ又は複数のタグに基づいて、当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報を作成するための第2情報作成サブモジュールと、前記の当該照会要求及び一つ又は複数のタグのうちの各タグにそれぞれ適合する情報に基づいて、一つ又は複数のタグにそれぞれ対応する検索結果分類別を取得するための第2検索結果分類取得サブモジュールとを備えてもよい。例えば、第2情報作成サブモジュールは、ネットワーク情報データベースに照会要求たる「胃腸炎」及びタグたる「病因」に適合する検索結果がない場合に、ネットワーク又は他のオフラインリソースにおける「胃腸炎の病因」に関する情報を取得することにより、「胃腸炎の病因」に適合するウェブページの内容を作成することができる。次に、第2検索結果分類取得サブモジュールは、タグたる「病因」に対応する検索結果分類を取得して、照会要求たる「胃腸炎」及び「治療」、「病因」、「症状」、「飲食保健」というタグの複数の検索結果分類のうちの一つとすることができる。

0039

提示形態情報決定装置302は、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定するのに用いられる。

0040

ここで、前記提示形態情報にはシンボルスタイルのような誘導情報が含まれるが、これには限られない。前記シンボルスタイルにはアイコン、ピクチャ、テキスト、タグなどが含まれるが、これらには限られない。これらの提示形態情報は単に例示であるにすぎず、既存の又は今後登場可能なあらゆる提示形態情報も本発明に適用されれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0041

次に、一例を挙げて、提示形態情報決定装置302で、検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づいて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報をどのように決定するかを説明する。

0042

複数のユーザの履歴記録情報及び/又は前記のユーザが入力した照会要求を受信した時間情報に基づき、教育関係コースに関するタグとして、人気、eラーニング、試聴、低料金などを決定する。

0043

照会要求受信モジュールで受信されたユーザの入力した照会要求が「アイエルツ(IELTS:英語能力判定テスト)コース」であれば、この照会要求は教育関係コースに該当するので、タグ取得モジュールは、この照会要求に基づいて、この照会要求に対応する一つ又は複数のタグとして、「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」を取得する。

0044

その後、検索結果分類取得モジュールは、前記照会要求たる「アイエルツコース」及び「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」というタグに基づき、前記の「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」というタグにそれぞれ対

0045

応する4つの検索結果分類を取得する。
提示形態情報決定装置302は、図2に示すように、この4つの検索結果分類に対応するタグである「人気」、「eラーニング」、「試聴」、「低料金」に基づき、この4つの検索結果分類に対応する提示形態情報を決定する。各検索結果分類は一つのカードタイプの標識に対応し、この標識にはピクチャの形式が用いられ、各ピクチャがそれぞれ対応する一つの検索結果分類を示す。好ましくは、この提示形態情報に対応する提示領域に、この提示形態情報に対応するタグと、この提示形態情報に対応する検索結果分類に含まれる検索結果の数とが含まれてもよい。

0046

好ましくは、提示形態情報決定装置302で、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグに基づき、ユーザデバイスの属性と関連付けて、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を決定してもよい。例えば、前記ユーザデバイスは携帯端末を有しているが、一般的に携帯端末の画面は固定端末の画面よりも小さいので、提示形態情報決定装置302は、前記検索結果分類に対応する提示形態情報を小さい図形やタグに決定し、検索結果を直観的に提示しやすくすることで、ユーザが選択し易くなり、ユーザーエクスペリエンスを向上することができる。

0047

提示形態情報提供装置303は、少なくとも一つの前記検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供するのに用いられる。

0048

具体的に、提示形態情報提供装置303は、少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供するための第1提示形態情報提供モジュールを備えてもよい。ここで、前記検索結果分類に対応する一つ又は複数のタグのうち少なくとも一つは、前記提示形態情報に対応する提示領域に提示されている。

0049

好ましくは、提示形態情報提供装置303は、前記タグの優先度に基づいて、少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供するための第2提示形態情報提供モジュールを備えてもよい。具体的に、第2提示形態情報提供モジュールは、前記タグの優先度に基づき、優先度の高い検索結果分類に対応する提示形態情報を前方に、優先度の低い検索結果分類に対応する提示形態情報を後方にする方式で対応するユーザに提供することができる。ここで、前記タグの優先度は、例えば、ユーザからフィードバックされたユーザーエクスペリエンス、ユーザの満足度及びユーザの操作ルート、CRT、商業収益、ユーザの入力した照会配列を受信した時間情報などに基づいて決められる。タグの優先度を決定するこれらの情報は単に例示であるにすぎず、タグの優先度を決定するための他の情報も本発明に適用できれば、本発明の保護範囲内に含まれるべきものであり、かつ、その内容が援用されることを当業者であれば理解できるものである。

0050

選択肢として、提示形態情報提供装置303が前記の少なくとも一つの検索結果分類を対応する提示形態情報で対応するユーザに提供した後、当該ユーザは、前記提示形態情報に対応する提示領域にアクセスし操作することができる。本発明の一実施例による、検索結果を提供するための装置は、提示領域におけるタグに対する前記ユーザのアクセス操作に基づいて、前記アクセス操作に対応するアクセスページを前記ユーザに提供するためのアクセスページ提供装置をさらに備えてもよい。ここで、前記アクセスページは、前記検索結果分類において当該タグに対応する一つ又は複数の目標検索結果に基づいて作成されるものである。前記アクセスページには、前記目標検索結果において前記照会要求に適合する結果のページの内容が含まれる。例2を用いるなら、例えば、ユーザが提示領域におけるタグたる「人気」にアクセスし操作すると、前記アクセスページ提供装置は、当該ユーザのアクセス操作に基づいて、タグたる「人気」に対応するアクセスページを当該ユーザに提供する。前記アクセスページには、照会要求たる「アイエルツコース」及び当該タグたる「人気」に適合する複数の目標検索結果が含まれる。その後、当該ユーザは、前記アクセスページでアクセス操作を行うことにより、少なくとも一つの目標検索結果に対応する内容情報を取得することができる。

0051

一つの検索結果分類に複数のタグが対応する場合、前記提示形態情報決定装置は、検索結果分類に対応する複数のタグに基づいて、この検索結果分類に対応する複数の提示形態情報を決定するための第1提示形態情報決定モジュール(図示せず)を備える。その後、第3提示形態情報提供モジュール(図示せず)は、各検索結果分類をその検索結果分類に対応する複数の提示形態情報で対応するユーザに提供するのに用いられる。例えば、例2においてユーザの入力した照会要求たる「アイエルツコース」を用いるなら、検索結果分類Aに対応するタグとして、「eラーニング」と「試聴」の2つがある。第1提示形態情報決定モジュールは、この2つのタグに基づき、検索結果分類Aに対応する複数の提示形態を決定する。例えば、タグたる「eラーニング」の提示形態情報はピクチャの形式、タグたる「試聴」の提示形態情報はテキストの形式となる。第3提示形態情報提供モジュールは、このように検索結果分類Aに対応する2つの提示形態情報をユーザに提供する場合、そのうちの一つを選択してユーザに提供することもできれば、動的に切り替える方法によってこの2つの提示形態情報をユーザに動的に提供することもできる。

0052

本発明は、タグに基づいて検索結果を分類し、検索結果分類を相応するタグに対応する提示形態情報でユーザに提供することにより、ユーザの検索ニーズが不明確な場合でも、ユーザが所望の情報を迅速に見つけることができるようにするものである。また、本発明は、ユーザがそのニーズを明確にするのに寄与するので、ユーザの検索エクスペリエンスを向上している。特に、本発明の方法は、ユーザが携帯端末で情報を検索する場合に、ユーザに検索結果を直観的に提供するので、ユーザが操作しやすく、ユーザが所望の情報を迅速に得られるようにしているものである。

0053

注意すべき点として、本発明は、ソフトウェア及び/又はソフトウェアとハードウェアとの組合せにおいて実施されてもよい。例えば、本発明における各装置は、特定用途向け集積回路(ASIC)又は他の類似する何らかのハードウェアユニットで実現されてもよい。一実施例では、本発明におけるソフトウェアプログラムプロセッサにより実行することで上記の各ステップや機能を実現することができる。同様に、本発明におけるソフトウェアプログラム(関連するデータ構造を含む)は、例えば、RAMメモリ磁気ドライバー若しくは光ドライバー又はソフトディスク及び類似するデバイスのようなコンピュータ読取り可能な記録媒体に記憶されてもよい。また、本発明における一部のステップや機能はハードウェアで実現されてもよく、例えば、プロセッサと連携させることで各ステップや機能を実行する回路としてもよい。

実施例

0054

当業者にとって、本発明は上記に示したような実施例の細部事項に限定されず、また、本発明の趣旨や基本的な特徴から逸脱しない範囲で、他の具体的な形態でも本発明を実施し得ることは明らかである。従って、どの観点からも、実施例はいずれも限定的なものではなく例示的なものとされるべきものであり、本発明の範囲は、以上の説明に限定されるものではなく別記の請求項によるべきものである。従って、請求項の均等要件意義及び範囲内に含まれるいかなる変形も本発明に含まれるものである。請求項における図面の符号は、すべて関係する請求項について限定をするものとみなしてはならないものである。このほか、「備える」などという単語が他の手段又はステップを排除するものでなく、単数であっても複数を排除するものでないことは無論である。システムの請求項に記載された複数の手段又は装置は、単一の手段又は装置でソフトウェアやハードウェアにより実現することが可能である。第1、第2のような語句は、何らかの特定の順序を表すものでなく、名称を表すためのものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • グーグルエルエルシーの「 メッセージ交換スレッドの拡張」が 公開されました。( 2019/08/29)

    【課題・解決手段】メッセージ交換スレッドを拡張するための方法、装置、システム、およびコンピュータ可読媒体が提供される。様々な実装形態では、2つ以上のメッセージ交換クライアントを操作している2人以上の参... 詳細

  • 日本電気株式会社の「 情報処理装置」が 公開されました。( 2019/08/22)

    【課題】制御ノードと計算ノードとを有する情報処理装置において、計算ノードで動作する複数のプロセス間でメモリ共有の可否を制御する方法の実現が望まれていること。【解決手段】情報処理装置は、第1のメモリを有... 詳細

  • オムロン株式会社の「 デバイス選択装置、データセット選択装置、デバイス選択方法及びプログラム」が 公開されました。( 2019/08/22)

    【課題】所望の機能を有する仮想センサを実現するために、処理モジュールへ入力データを出力するデバイスを適切に選択可能なデバイス選択装置、デバイス選択方法及びプログラムを提供する。【解決手段】処理モジュー... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ