図面 (/)

技術 ボンド型アンカーの残存引張り力確認方法及びシステム、変位確認方法

出願人 一般財団法人ダム技術センター三信建設工業株式会社
発明者 川崎秀明山崎淳一
出願日 2013年12月10日 (6年11ヶ月経過) 出願番号 2013-255515
公開日 2015年6月22日 (5年5ヶ月経過) 公開番号 2015-113615
状態 特許登録済
技術分野 地下構造物、基礎の保護・試験・修復 特定の目的に適した力の測定 杭・地中アンカー
主要キーワード 無拘束状態 引張り材 地盤変化 付着切れ 供用中 荷重計測 アンカー長 防食構造
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

ボンドアンカーの残存引張り力を効率的に計測できる方法を提供する。

解決手段

緊張定着後に引張り部2にグラウト5-2を充填してテンドン4を拘束してなるボンド型アンカーの残存引張り力をモニタリングするにあたって、はじめに、テンドン4に添うように荷重計測PC鋼材10を張設しておく。このとき、引張り部領域において計測用PC鋼材10をシース被覆しておき、グラウト5-2で拘束されない無拘束状態が確保されるようにする。そして、計測用PC鋼材10に作用する引張り力をモニタリングして、その計測値に基づいて地盤の変化量を算出し、算出した前記地盤変化量に基づいてボンド型アンカーの残存引張り力の変化量を求める。このようにPC鋼材などの計測用引張り材をテンドンに添わせて張設し、アンカー設置後にその計測用引張り材の引張り力をモニタリングすることで、ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測できる。

概要

背景

グラウンドアンカーは、作用する引張り力を適当な地盤に伝達する機能をもったシステムで、図1に示すようにアンカー体51、引張り部52、アンカー頭部53から構成される。通常、地表からボーリングを行い、PC鋼材などからなるテンドンの挿入とグラウト注入により、地中の適当な地盤にアンカー体51を造成し、地表部のアンカー頭部53からテンドンを介して引張り力をアンカー体51および地盤に作用させた状態で供用される。この時、引張り部52のテンドンは、グラウト拘束されておらず、外力の変化などによる地盤の変形に追随できる構造を有している。
供用中のグラウンドアンカーが十分な機能を発揮するためには、作用する引張り力(残存引張り力)を維持する必要があるが、維持管理において図2に示すように荷重計などを用いた引張り力のモニタリングが行われている。このモニタリングにより残存引張り力の増加や減少が確認された場合には、その原因を把握するとともに、再緊張緊張力緩和、さらには必要に応じて増し打ちなどの対策が実施される。
現在、グラウンドアンカーは、構造物や斜面の安定、掘削地盤支保などに広く用いられており、構造物の安定では、図3に示すように、ダム建物基礎擁壁橋脚鉄塔などに用いられている。

一方、引張り力の導入後に引張り部にグラウト注入を行うことにより、引張り部のテンドンの全体または一部を拘束するタイプのグラウンドアンカーは、「ボンド型アンカー」と呼ばれ、岩盤PS工やダムなどの岩盤上に構築された大型構造物の安定に用いられている。このボンド型アンカーは、供用中に地盤の変形がほとんど発生しない岩盤などに用いられることが多いが、一般的なグラウンドアンカーに比べて以下のような特徴を有している。

・予めアンカーに引張り力を作用させ、地盤および構造物を締め付けた状態でテンドンを拘束することにより、地山内荷重変化時に地盤を変形させない機能を有している。
・引張り部(自由長部)テンドンの周囲がグラウトで保護されるため、十分な防食効果が期待できる。これによりテンドンの防食構造簡易なものにすることができる。また、同等の防食を施した場合は、防食性能アップする。
・引張り力が作用した状態でテンドンを拘束するため、残存引張り力の変動がほとんどない。
・アンカー頭部に作用する応力を拘束した引張り部に分散させることにより、アンカー頭部に応力が集中することを防ぐことができる。

概要

ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測できる方法を提供する。緊張定着後に引張り部2にグラウト5-2を充填してテンドン4を拘束してなるボンド型アンカーの残存引張り力をモニタリングするにあたって、はじめに、テンドン4に添うように荷重計測用PC鋼材10を張設しておく。このとき、引張り部領域において計測用PC鋼材10をシース被覆しておき、グラウト5-2で拘束されない無拘束状態が確保されるようにする。そして、計測用PC鋼材10に作用する引張り力をモニタリングして、その計測値に基づいて地盤の変化量を算出し、算出した前記地盤変化量に基づいてボンド型アンカーの残存引張り力の変化量を求める。このようにPC鋼材などの計測用引張り材をテンドンに添わせて張設し、アンカー設置後にその計測用引張り材の引張り力をモニタリングすることで、ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測できる。

目的

本発明は、以上の課題を解決するためになされたものであり、ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測できる方法およびシステムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

緊張定着後に引張り部にグラウト充填してテンドン拘束してなるボンドアンカーの残存引張り力確認方法であって、前記テンドンに添うように計測用引張り材張設し、前記引張り材に作用する引張り力を計測する、ことを特徴とするボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

請求項2

引張り部領域の全体または一部で無拘束状態となるように前記計測用引張り材を張設する、ことを特徴とする請求項1に記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

請求項3

引張り部領域において異なる自由長を有するように、複数の計測用引張り材を前記テンドンに添わせて張設する、ことを特徴とする請求項1又は2に記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

請求項4

前記計測用引張り材に作用する引張り力を計測し、その計測値に基づいて、ボンド型アンカーの残存引張り力の変化量を求める、ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

請求項5

前記計測用引張り材に作用する引張り力を計測し、その計測値に基づいて地盤の変化量を算出し、算出した前記地盤の変化量に基づいてボンド型アンカーの残存引張り力の変化量を求める、ことを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

請求項6

緊張定着後に引張り部にグラウトを充填してテンドンを拘束してなるボンド型アンカーの残存引張り力確認システムであって、前記テンドンに添うように張設された計測用引張り材と、前記計測用引張り材に作用する荷重を計測するための荷重計測手段と、を具備し、アンカーの引張り部領域の全体または一部で無拘束状態となるように、前記計測用引張り材が張設されている、ことを特徴とするボンド型アンカーの残存引張り力確認システム。

請求項7

緊張定着後に引張り部にグラウトを充填してテンドンを拘束してなるボンド型アンカーが設置された地盤や構造物内変位を確認する方法であって、前記テンドンに添うように計測用引張り材を張設し、前記引張り材に作用する引張り力を計測する、ことを特徴とする変位確認方法。

技術分野

0001

本発明は、岩盤PS工などとして用いられているボンドアンカーの残存引張り力確認に関する技術であり、具体的には、計測用引張り材を添わせて張設し、アンカー設置後に計測用引張り材に作用する引張り力をモニタリングすることにより、ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測する技術に関するものである。

背景技術

0002

グラウンドアンカーは、作用する引張り力を適当な地盤に伝達する機能をもったシステムで、図1に示すようにアンカー体51、引張り部52、アンカー頭部53から構成される。通常、地表からボーリングを行い、PC鋼材などからなるテンドンの挿入とグラウト注入により、地中の適当な地盤にアンカー体51を造成し、地表部のアンカー頭部53からテンドンを介して引張り力をアンカー体51および地盤に作用させた状態で供用される。この時、引張り部52のテンドンは、グラウト拘束されておらず、外力の変化などによる地盤の変形に追随できる構造を有している。
供用中のグラウンドアンカーが十分な機能を発揮するためには、作用する引張り力(残存引張り力)を維持する必要があるが、維持管理において図2に示すように荷重計などを用いた引張り力のモニタリングが行われている。このモニタリングにより残存引張り力の増加や減少が確認された場合には、その原因を把握するとともに、再緊張緊張力緩和、さらには必要に応じて増し打ちなどの対策が実施される。
現在、グラウンドアンカーは、構造物や斜面の安定、掘削地盤支保などに広く用いられており、構造物の安定では、図3に示すように、ダム建物基礎擁壁橋脚鉄塔などに用いられている。

0003

一方、引張り力の導入後に引張り部にグラウト注入を行うことにより、引張り部のテンドンの全体または一部を拘束するタイプのグラウンドアンカーは、「ボンド型アンカー」と呼ばれ、岩盤PS工やダムなどの岩盤上に構築された大型構造物の安定に用いられている。このボンド型アンカーは、供用中に地盤の変形がほとんど発生しない岩盤などに用いられることが多いが、一般的なグラウンドアンカーに比べて以下のような特徴を有している。

0004

・予めアンカーに引張り力を作用させ、地盤および構造物を締め付けた状態でテンドンを拘束することにより、地山内荷重変化時に地盤を変形させない機能を有している。
・引張り部(自由長部)テンドンの周囲がグラウトで保護されるため、十分な防食効果が期待できる。これによりテンドンの防食構造簡易なものにすることができる。また、同等の防食を施した場合は、防食性能アップする。
・引張り力が作用した状態でテンドンを拘束するため、残存引張り力の変動がほとんどない。
・アンカー頭部に作用する応力を拘束した引張り部に分散させることにより、アンカー頭部に応力が集中することを防ぐことができる。

発明が解決しようとする課題

0005

ボンド型アンカーは、設計で期待する引張り力(設計アンカー力)を予め作用させた上で引張り部をグラウトで拘束することにより、岩盤や構造物を締め付けた状態を保持して安定させるため、一般的には防食性能が優れ、維持管理、特に残存引張り力のモニタリングが不要とされている。しかし、構造物に設計アンカー力以上の外力が作用した場合には、アンカーおよび構造物に変形が生じて残存引張り力が増加する。この現象は、アンカーの防食性能を低下させるとともに、場合によっては引張り材の破断などによりアンカーを破壊する可能性もある。また、想定以上の外力の作用は、構造物の安定度の低下に繋がる。このため、従来は想定する外力に対して十分な余裕を持ったアンカーの設計が行われている。

0006

これに対しては、アンカーの残存引張り力のモニタリングを実施することにより、現象を発生とともに把握することができ、適切な対策を実施することができる。また、地盤や構造物内変位を把握することができれば、地盤や構造物の動きをより的確にとらえることができる。しかし、ボンド型アンカーでは、グラウトにより引張り部のテンドンを拘束しているため、引張り力の変化がアンカー頭部へ伝達されず、図2に示すような従来のアンカー頭部に設置した荷重計による計測では残存引張り力を確認することができないという問題があった。

0007

本発明は、以上の課題を解決するためになされたものであり、ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測できる方法およびシステムを提供することを目的とするものである。また、本発明の他の目的は、この技術を応用して地盤や構造物内の変位を確認できるようにすることにある。

課題を解決するための手段

0008

この課題を解決するため、ボンド型アンカーの残存引張り力を効率的に計測する方法として、引張り力の増減と密接な関係がある地盤の変形から荷重を求める方法に着目した。

0009

ここでは、一般的なグラウンドアンカーとボンド型アンカーのモデルを用いて、外力の変化と残存引張り力の変動について、それぞれの関係を確認する。

0010

図4に示す一般的なグラウンドアンカーにおいて、外力の増加により地盤Aが変形しようとする場合、その力がアンカーに作用している引張り力以下の場合は、変形が抑止された状態でつり合う。このため、テンドン54に変形が生じず、残存引張り力も増加しない。しかし、地盤が変形しようとする力がアンカーに作用している引張り力を超えると、つり合うことができなくなり地盤の変形と共にテンドン54が伸びる。そして、テンドン54が伸ばされることにより、残存引張り力が増加して、変形しようとする力とつり合って安定する。この時、テンドン54に作用している応力は、図4下側に示すように、実線から破線の状態に変化する。一般的なグラウンドアンカーの引張り部52ではテンドンが拘束されていないため、地盤Aにおいてテンドン54に作用した引張り力の変化がアンカー頭部53に伝わり、アンカー頭部53に設置した荷重計により計測することができる。

0011

図5に示す全長ボンド型アンカーの場合も、地盤Aが変形しようとする力がアンカーに作用している引張り力以下であれば、一般的なグラウンドアンカー同様、変形は抑止されて、テンドン4に変形が生じず残存引張り力が増加しない。また、地盤が変形しようとする力がアンカーに作用している引張り力を超えると、つり合いが崩れ、地盤の変形と共にテンドン4が伸び、残存引張り力が増加するが、これにより変形しようとする力とつり合って安定する。しかし、図5に示すような全長ボンド型アンカーでは、引張り部2のテンドン4がグラウト5-2により拘束されているため、テンドン4に作用する引張り力の伝達が行われず、地上より確認することができない。

0012

図6のような構造物区間のテンドンを拘束した部分ボンド型アンカーにおいても、つり合いの原理、引張り力の伝達については、上述した全長ボンド型アンカーと同様である。

0013

以上より、一般的なグラウンドアンカー、全長ボンド型アンカー、および部分ボンド型アンカーは、共に、地盤が変形しようとする力とのつり合いが保てなくなった時に残存引張り力が増加し、その増加量は変形量とテンドン自由長の関係として、以下の式で表すことができる。

0014

そこで本発明では、上記の(式1)〜(式3)の関係に着目し、図7に示すようにボンド型アンカーに一般的なグラウンドアンカーのテンドン構造を有した引張り材(たとえばPC鋼材)を添わせて荷重計測用に用いることにより、ボンド型アンカーの残存引張り力の確認を可能にしている。

0015

すなわち、前述した従来技術の課題は、下記の(1)〜(6)に記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法又はシステムによって解決される。また、この技術は、下記の(7)に記載の変位確認方法に応用することができる。

0016

(1)緊張定着後に引張り部にグラウトを充填してテンドンを拘束してなるボンド型アンカーの残存引張り力確認方法であって、前記テンドンに添うように計測用引張り材を張設し、前記引張り材に作用する引張り力を計測する、ことを特徴とするボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

0017

(2)引張り部領域の全体または一部で無拘束状態となるように前記計測用引張り材を張設する、ことを特徴とする上記(1)に記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

0018

(3)引張り部領域において異なる自由長を有するように、複数の計測用引張り材を前記テンドンに添わせて張設する、ことを特徴とする上記(1)又は(2)に記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

0019

(4)前記計測用引張り材に作用する引張り力を計測し、その計測値に基づいて、ボンド型アンカーの残存引張り力の変化量を求める、ことを特徴とする上記(1)乃至(3)のいずれかに記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

0020

(5)前記計測用引張り材に作用する引張り力を計測し、その計測値に基づいて地盤の変化量を算出し、算出した前記地盤の変化量に基づいてボンド型アンカーの残存引張り力の変化量を求める、ことを特徴とする上記(1)乃至(4)のいずれかに記載のボンド型アンカーの残存引張り力確認方法。

0021

(6)緊張定着後に引張り部にグラウトを充填してテンドンを拘束してなるボンド型アンカーの残存引張り力確認システムであって、
前記テンドンに添うように張設された計測用引張り材と、
前記計測用引張り材に作用する荷重を計測するための荷重計測手段と、を具備し、
アンカーの引張り部領域の全体または一部で無拘束状態となるように、前記計測用引張り材が張設されている、ことを特徴とするボンド型アンカーの残存引張り力確認システム。

0022

(7)緊張定着後に引張り部にグラウトを充填してテンドンを拘束してなるボンド型アンカーが設置された地盤や構造物内の変位を確認する方法であって、前記テンドンに添うように計測用引張り材を張設し、前記引張り材に作用する引張り力を計測する、ことを特徴とする変位確認方法。

発明の効果

0023

従来技術では残存引張り力は計測できないとされていたボンド型アンカーについて、残存引張り力の把握が可能になる。また、ボンド型アンカーの残存引張り力を把握することで、地盤や構造物内の変位を把握することが可能になり、その結果、地盤や構造物の動きを的確に把握できるようになる。

0024

また、本発明に係るボンド型アンカーの残存引張り力確認方法は、テンドンに添うように計測用引張り材を張設するといった簡易な構造で達成されるので、残存引張り力の把握に必要なシステムを低コストで構築することができる。

0025

さらに、計測手段である荷重計などがアンカー頭部に設置されるため、計測手段の十分な保護と維持管理が可能であり、必要に応じて新しいものと交換することも可能であるため、長期的な計測を行うことができる。

図面の簡単な説明

0026

一般的なグラウンドアンカーを示す図である。
荷重計を備えた一般的なグラウンドアンカーを示す図である。
一般的なグラウンドアンカーの用途を示す図である。
地盤変形時における「一般的なグラウンドアンカー」の残存引張り力の変化を示す図である。
地盤変形時における「全長ボンド型アンカー」の残存引張り力の変化を示す図である。
地盤変形時における「部分ボンド型アンカー」の残存引張り力の変化を示す図である。
本発明に係る残存引張り力確認システムを備えたボンド型アンカーを示す図である。
図7のa−a断面を示す図である。
本発明の他の実施形態を示す図である。
本発明の他の実施形態を示す図である。
図10のa−a断面を示す図である。
本発明の他の実施形態を示す図である。
実施例1を示す図である。
実施例2を示す図である。

0027

(ボンド型アンカー)
はじめに、図7及び図8に基づいて、本発明の適用対象であるボンド型アンカーの概略構成について説明する。図7は、本発明に係る残存引張り力確認システムを備えたボンド型アンカーの一例を示す図である。図8は、図7のa−a断面を示す図である。

0028

図7及び図8に示すボンド型アンカーは、アンカーの緊張定着後に引張り部2にグラウト5-2を充填してテンドン4を拘束することにより設置される。このボンド型アンカーは、図7に示すように、主としてアンカー体1と引張り部2とアンカー頭部3で構成され、アンカーの引張り力を伝達する部材としてアンカーテンドン4を具備している。

0029

アンカー体1は、グラウト5-1により造成され、引張り部2からの引っ張り力を、地盤に伝達させるために設置される抵抗部分である。このアンカー体1の部位において、アンカーテンドン4にはグラウト5-1が付着しており、両者は一体化している。

0030

引張り部2は、アンカー頭部3からの引張り力をアンカー体1に伝達させるために設置される部分である。引張り力の導入後において引張り部2にグラウト5-2を注入しているので、引張り部2におけるアンカーテンドン4は、本実施形態では引張り部2の全体に亘ってグラウト5-2で拘束されている。

0031

アンカー頭部3は、構造物からの力を引張り力として引張り部2に伝達させるための部分であり、定着具6や支圧板7を有している。アンカー頭部3におけるアンカーテンドン4は、ナットやくさびなどにより構造物に定着される。

0032

グラウト5-2により拘束されているアンカーテンドン4は、アンカーの引張り力を伝達する役割を担っており、PC鋼材などで構成されている。

0033

なお、本実施形態では本発明の適用対象の代表例として全長ボンド型アンカーを引用しているが、本発明の適用対象は、図5に示すような全長ボンド型アンカーに限定されるものではなく、図6に示すような部分ボンド型アンカーに適用することも可能である。

0034

(ボンド型アンカーの残存引張り力確認システム)
本発明に係る残存引張り力確認システムは、上述したようなボンド型アンカーの残存引張り力を確認するためのシステムである。残存引張り力とは、アンカーの供用時に作用しているテンドンの引張り力をいう。

0035

この残存引張り力確認システムは、荷重計測用引張り材を構成するPC鋼材10と、荷重計測手段を構成する荷重計12を含んで構成されている。

0036

荷重計12は、荷重計測用PC鋼材10に作用する荷重を計測する役割を担っている。
荷重計測用PC鋼材10は、図7に示すように、アンカーテンドン4に添うように張設されている。アンカー体領域における荷重計測用PC鋼材10には、アンカー体1のグラウト5-1が付着している。引張り部領域における荷重計測用PC鋼材10は、筒状のシースによって周囲が被覆されている。このシースで被覆された範囲が自由長となる。

0037

このようにシースで被覆されている結果、本実施形態における荷重計測用PC鋼材10は、アンカーの引張り部領域の全体に亘って無拘束状態(すなわちグラウト5-2で拘束されていない状態)が確保されている。なお、この出願でいう「アンカー体領域」とは、アンカー長手方向におけるアンカー体1が占める範囲をいう。また、「引張り部領域」とは、アンカー長手方向における引張り部2が占める範囲をいう。本実施形態の場合では、引張り部領域の全体に亘って荷重計測用PC鋼材10がシースで被覆されているので、引張り部領域の長さと荷重計測用PC鋼材の自由長(無拘束の長さ)が等しくなっている。

0038

このように、アンカーテンドン4の方はグラウト5-2により拘束されているのに対して、荷重計測用PC鋼材10の方は、被覆するシースにより無拘束状態が確保されているので、該PC鋼材10に作用する応力をアンカー頭部3の側に伝達できる構造となっている。

0039

(ボンド型アンカーの残存引張り力確認方法)
次に、ボンド型アンカーの残存引張り力確認方法について説明する。

0040

前述したボンド型アンカーの設置において、図7に示すように、アンカーテンドン4に添うように荷重計測用PC鋼材10を張設するととともに、このPC鋼材10の基端側に荷重計12を取り付ける。

0041

荷重計測用PC鋼材10は、引張り部領域の全域にわたってその周囲がシースで被覆されている。したがって、緊張定着後に引張り部2にグラウト5-2を充填すると、アンカーテンドン4が当該グラウトで拘束される一方、引張り部領域においてシースで被覆された荷重計測用PC鋼材10は、当該領域においてグラウト5-2で拘束されていない無拘束状態が確保される。

0042

ボンド型アンカーの残存引張り力の把握にあたっては、アンカー設置後において荷重計測用PC鋼材10に作用する引張り力をモニタリングする。具体的には、荷重計測用PC鋼材10の頭部に設置した荷重計12で計測した荷重の増加量から地盤の変形量を算定することにより、アンカーに作用する引張り力の増加量を求めて、定着時緊張力に加算することにより、残存引張り力を算出できる。ただし、全長ボンド型アンカーの場合、テンドン自由長に相当する付着切れ長が不明であるため、残存引張り力増加の事象の確認のみを行うことができる。

0043

なお、残存引張り力の具体的な算出方法については、後述する実施例において説明する。

0044

(第2実施形態)
上述した実施形態では、アンカーテンドンに1本の荷重計測用PC鋼材を添わせて配置しているが、複数本の荷重計測用PC鋼材を配置する態様も採用可能である。たとえば、図9に示すように、引張り部領域において異なる自由長(無拘束の長さ)を有するように、3本の荷重計測用PC鋼材10をアンカーテンドン4に添わせて張設する。このような異なる自由長は、異なる長さのシースで荷重計測用PC鋼材10の引張り部領域を予め被覆しておくことで確保できる。

0045

上述したように、引張り部領域において自由長の異なる複数の荷重計測用PC鋼材10を添わせることにより、地盤が変形しようとする位置(深度)を推定することも可能である。

0046

また、このように自由長の異なる複数の荷重計測用PC鋼材10をアンカーテンドン4に添わせることで、たとえば、図9において、荷重計AおよびBの計測値が増加し荷重計Cに変化がない場合には、区間bで地盤の変形が生じたことがわかる。また、たとえば荷重計A、B、Cのすべてにおいて計測値が増加した場合には、区間cで地盤の変形が生じたことがわかる。

0047

(第3実施形態)
本発明の第3実施形態として、引張り材をカプセルの中に収納した二重防錆タイプのボンド型アンカーテンドンに荷重計測用PC鋼材を組み込んだ例を図10および図11に示す。

0048

図10において、カプセル14の内部は2つの部屋から構成されており、打設したアンカーの緊張定着後に、手前側の部屋にグラウト5-2を充填してアンカーテンドン4を拘束する構造となっている。図11は、図10のa−a断面を示したものであるが、6本のアンカーテンドン4の中央部に、シースで被覆した荷重計測用PC鋼材10を配置している。

0049

このように複数本のアンカーテンドン4に荷重計測用PC鋼材10を組み込んで一体化することにより、アンカーの施工性を低下させることなく荷重計測用PC鋼材の配置が可能となる。

0050

なお、荷重計測用PC鋼材10は、図12に示すようにアンカーテンドンの周囲に添わせるように配置することも可能である。

0051

以下、本発明の具体的実施例について説明する。

0052

0053

さらに、本発明は、地盤や構造物内の変位を把握するための地中変位計として応用することもできる。

0054

図14に示すように、自由長の異なる4本の荷重計測用PC鋼材10(引張り材)を束ねて設置し、それぞれのPC鋼材の引張り力の変化を荷重計A〜Dで計測することにより、地盤の変位量とともに発生した位置(深度)を推定することができる。

0055

計測において、表1のように観測された場合、地盤の変位が区間bで1.0−0.6=0.4cm、区間cで0.6cm発生していることがわかる。

実施例

0056

0057

1アンカー体
2引張り部
3アンカー頭部
4アンカーテンドン(テンドン)
5グラウト
5-1 グラウト
5-2 グラウト
6定着具
7支圧板
10荷重計測用PC鋼材(計測用引張り材)
12荷重計(荷重計測手段)
14カプセル
51 アンカー体
52 引張り部
53 アンカー頭部
54 アンカーテンドン(テンドン)
55 荷重計

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ