図面 (/)

技術 航空機の乗客用シートのディバイダーユニット

出願人 株式会社ジャムコ
発明者 鈴木道人尾崎正路
出願日 2013年12月9日 (7年0ヶ月経過) 出願番号 2013-254187
公開日 2015年6月22日 (5年6ヶ月経過) 公開番号 2015-112909
状態 特許登録済
技術分野 乗客設備 飛行船・気球・飛行機
主要キーワード サイドシェル ディバイダー バックシェル チャンネル形状 乗客用シート チャンネル形 ビジネスクラス リクライニングシート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

航空機並列装備されるシートの間に設けられるディバイダーの改良を図る。

解決手段

乗客用シートのディバイダーユニット100は、シートを囲むサイドシェル上に固定されるスライドレール120を有する。板状のディバイダー150はスライドレール120に差し込まれる2個のリニアガイド170を備えてスライドレール120内を摺動する。スライドレール120の先端に取り付けられるストッパー130は、テーパー面132を有し、ディバイダー150の先端はテーパー面132に乗り上げる状態で停止し、衝突音の発生は防止される。

概要

背景

ビジネスクラスシートにあっては、シェルと称する囲いの内部に、リクライニングシートを収容したものを、2座席分並べて配置するものがある。
この種のシートは、隣のシートの間にスライド式ディバイダーを設けてプライバシーの向上を図っていた。

概要

航空機並列装備されるシートの間に設けられるディバイダーの改良をる。乗客用シートのディバイダーユニット100は、シートを囲むサイドシェル上に固定されるスライドレール120を有する。板状のディバイダー150はスライドレール120に差し込まれる2個のリニアガイド170を備えてスライドレール120内を摺動する。スライドレール120の先端に取り付けられるストッパー130は、テーパー面132を有し、ディバイダー150の先端はテーパー面132に乗り上げる状態で停止し、衝突音の発生は防止される。

目的

本発明の目的は上述した問題を解決する航空機のシート用のディバイダーユニットを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

並列に配置される航空機乗客用シートの間に配置されるスライド型ディバイダーユニットであって、シートを囲むサイドシェル上に固定されるスライドレールと、スライドレール内に差し込まれる2つのリニアガイドに支持される板状のスライダーと、スライドレールの前後端側にとりつけられるストッパーとを備え、スライドレールは、上部にスリットを有する断面がCチャンネル形状の部材であり、リニアガイドはスライドレールに差し込まれる下向きのT字形の部材であり、少なくとも前端側ストッパーは、スライドレールの端部はスライダーの先端が乗り上げる高さであって、奥側が高くなるテーパー面を備えること、を特徴とする航空機の乗客用シートのディバイダーユニット。

請求項2

ストッパーのテーパー面は凹形状の湾曲面で形成されることを特徴とする請求項1記載のディバイダーユニット。

技術分野

0001

本発明は、航空機客室内に配置されるビジネスクラスシート座席)等に装備されるディバイダーと称する仕切板ユニットに関する。

背景技術

0002

ビジネスクラスのシートにあっては、シェルと称する囲いの内部に、リクライニングシートを収容したものを、2座席分並べて配置するものがある。
この種のシートは、隣のシートの間にスライド式のディバイダーを設けてプライバシーの向上を図っていた。

先行技術

0003

特表2005−536390号公報
特表2011−511739号公報
特表2012−529677号公報

発明が解決しようとする課題

0004

航空機のシートは離着陸時には、リクライニング、テーブルなどを初期の状態に戻す必要がある。ディバイダーは離着陸時には収納された状態(初期の状態)とし、使用時には前方にスライドさせてストッパーに当接させ閉めて閉空間を作る。この場合、ディバイダーは、衝突時の強度要求を満たすために剛性の高いストッパーで停止させる構造を備えるが、通常の使用時には高い剛性のストッパーとの衝突音が大きく、プライバシーの確保の上では問題となる。

0005

本発明の目的は上述した問題を解決する航空機のシート用のディバイダーユニットを提供するものである。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成させるため、本発明の航空機の乗客用シートのディバイダーユニットは、シートを囲むサイドシェル上に固定されるスライドレールと、
スライドレール内に差し込まれる2つのリニアガイドに支持される板状のスライダーと、
スライドレールの前後端側にとりつけられるストッパーとを備え、
スライドレールは、上部にスリットを有する断面がCチャンネル形状の部材であり、
リニアガイドはスライドレールに差し込まれる下向きのT字形の部材であり、
少なくとも前端側ストッパーは、スライドレールの端部はスライダーの先端が乗り上げる高さであって、奥側が高くなるテーパー面を備えること、を特徴とする。

0007

また、ストッパーのテーパー面は凹形状の湾曲面で形成されることを特徴とする。

発明の効果

0008

本発明は以上の構成を備えることにより、ディバイダーを閉める際に、スライダーがストッパーに直接衝突せずフリクションにより衝撃を吸収し強度要求を満足する事が可能となる。また、この発明により、ディバイダーが徐々に停止するので、衝突音の発生を防止できる。

図面の簡単な説明

0009

図1ビジネスシートの斜視図である。
図2はディバイダーの部品構成図である。
図3はディバイダーの全体構成を示す説明図である。
図4はディバイダーの全体構成を示す説明図である。
図5はディバイダーの要部の説明図である。
図6はディバイダーの作用を示す説明図である。

実施例

0010

本発明の実施の形態を図面を参照しながら詳述する。
図1に示すように、航空機の乗客用シート1はバックシェル10,サイドシェル12に囲まれるシート本体20を有し、隣接して配置される一対の乗客用シート1の間のサイドシェル12にディバイダーユニット100が装備される。

0011

図2はディバイダーユニット100の部品構成を示し、サイドシェル12に固定される固定フレーム110の上面にスライドレール120が取りつけられる。スライドレール120は上部に溝が開口し、両側にフランジ部122を有するCチャンネル形レールである。

0012

ディバイダー150は板状の部材であって、2個のリニアガイド170のよりスライドレール120内を摺動する。リニアガイド170は下向きのT字形状であって、両側に拡がる案内部を有し、スライドレール120のフランジ部122の内側に差し込まれる。

0013

スライドレール120の前端と後端には、それぞれ前端側ストッパー130,後端側ストッパー140がとりつけられる。前端側ストッパー130の上面はテーパー面132に形成され、後端側ストッパー140の上面はテーパー面142に形成される。

0014

図3乗客がディバイダー150のハンドル152を把持して矢印F方向に摺動させる状態を示す。
ディバイダー150を前方に引き出すことにより、隣席との間が仕切られて、プライバシーが向上する。

0015

図4はディバイダー150の下部にディバイダーフレーム160が備えられる構造を示す。
板状のディバイダー150の下部にディバイダーフレーム160を取り付けることで、剛性が向上する。

0016

図5はディバイダー150の先端下部の詳細を示す。
ディバイダーフレーム160の下部にリニアガイド170が固定される。

0017

図6(a)から(c)はディバイダー150を矢印F方向に摺動してディバイダー150を閉じる作用を示す。

0018

ディバイダー150がスライドレール120上を摺動してディバイダーフレーム160のクレーム先端下面部162が前端側ストッパー130に近接すると、前端側ストッパー130のテーパー面132の先端部はディバイダーフレーム160のクレーム先端下面部162よりも低い位置に設定されているので、ディバイダーフレーム160のクレーム先端下面部162は図の(b)に示すように、前端側ストッパー130のテーパー面132に乗り上げる。

0019

テーパー面132は奥に行くに従い高さ位置が増大するので、ディバイダーフレーム160は上昇しようとする。しかしながら、リニアガイド170はスライドレール120のスリット内にあって、リニアガイド170とスライドレール120のフランジ部122は干渉するので、上昇は規制される。

0020

そこで、ディバイダーフレーム160のクレーム先端下面部162は前端側ストッパー130のテーパー面132との間で摩擦力により徐々に減速され、ディバイダー150の前方への移動は停止する。

0021

この作用により、ディバイダー150のディバイダーフレーム160と前端側ストッパー130は衝突により停止することが避けられ、ノイズの発生は防止される。

0022

1航空機の乗客用シート
10バックシェル
12サイドシェル
20シート本体
100ディバイダーユニット
110固定フレーム
120スライドレール
122フランジ部
130前端側ストッパー
132テーパー面
140後端側ストッパー
142 テーパー面
150 ディバイダー
152ハンドル
160 ディバイダーフレーム
162クレーム先端下面部
170 リニアガイド

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • NECエナジーデバイス株式会社の「 電池パック、制御装置、制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】電池パック(2000)は、二次電池(2020)、センサ(2040)、及び制御装置(2060)を有する。二次電池(2020)は、飛行体(10)に電力を供給する。センサ(2040)は、二... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 情報処理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】飛行予定取得部101は、各事業者端末20から送信されてきた飛行予定情報を取得する。割当部106は、取得された飛行予定情報に基づいてドローン30に飛行空域及び飛行許可期間を割り当てる。... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 飛行制御システム及び飛行制御装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】取得部は、第1飛行条件が記載された飛行計画を取得する。設定部は、飛行体が飛行する空域の危険度を設定する。決定部は、第2飛行条件を決定する。飛行制御部は、危険度に応じて、第1飛行条件に... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ