図面 (/)

技術 インクジェットプリンタ

出願人 株式会社SCREENホールディングス
発明者 福井民雄前田俊夫平山敬介
出願日 2013年12月13日 (5年10ヶ月経過) 出願番号 2013-257956
公開日 2015年6月22日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2015-112835
状態 特許登録済
技術分野 インクジェット(インク供給、その他)
主要キーワード 補助吐出口 共用範囲 補助吐出 補正後位置 非存在領域 中央領 接続範囲 描画形式
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

2つの吐出ヘッド接続範囲における印刷品質の低下を抑制する。

解決手段

インクジェットプリンタの第1ヘッドアッセンブリの接続範囲420では、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第2密配列部428bの吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bである。すなわち、第1粗密重複範囲461は、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bが画像の記録に使用されるヘッド共用範囲である。第2ヘッドアッセンブリでは、第1ヘッドアッセンブリのヘッド共用範囲と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲である。これにより、複数のヘッド共用範囲が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制し、接続範囲420における印刷品質の低下を抑制することができる。

概要

背景

従来より、印刷用紙をヘッドユニットに対して相対的に移動しつつ、ヘッドユニットの複数の吐出口からインク微小液滴を印刷用紙に向けて吐出することにより、印刷用紙上に画像を印刷するインクジェットプリンタが用いられている。カラー印刷が行われるインクジェットプリンタでは、複数色のインクのそれぞれに対応する複数のヘッドアッセンブリが、印刷用紙の相対移動方向に配列される。各ヘッドアッセンブリでは、例えば、それぞれが複数の吐出口を有する複数の吐出ヘッド千鳥状に配置される。

特許文献1では、ブラックシアンマゼンタおよびイエローのインクをそれぞれ吐出する4つのつなぎヘッドを有するインクジェット記録装置が開示されている。各つなぎヘッドでは、複数のチップが、記録媒体の搬送方向と交差する方向(以下、「配列方向」という。)に配列される。各チップでは、インクの液滴をそれぞれ吐出する複数のノズル等ピッチにて配列方向に配列される。つなぎヘッドでは、複数のチップが千鳥状に配置されており、配列方向にて隣接する各2つのチップの一部が搬送方向に重なる。当該インクジェット記録装置では、チップの重複領域において複数のノズルが搬送方向に並ぶため、搬送方向に延びるラインは、複数のノズルにより交互にインクの液滴を吐出して記録することが可能となる。

概要

2つの吐出ヘッドの接続範囲における印刷品質の低下を抑制する。インクジェットプリンタの第1ヘッドアッセンブリの接続範囲420では、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第2密配列部428bの吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bである。すなわち、第1粗密重複範囲461は、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bが画像の記録に使用されるヘッド共用範囲である。第2ヘッドアッセンブリでは、第1ヘッドアッセンブリのヘッド共用範囲と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲である。これにより、複数のヘッド共用範囲が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制し、接続範囲420における印刷品質の低下を抑制することができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

インクジェットプリンタであって、所定の移動方向に沿って配列されて互いに前記移動方向に重なり、それぞれがインク微小液滴吐出する第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと、基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して相対的に前記移動方向に移動する搬送機構と、を備え、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記移動方向と交差する配列方向に沿って吐出口が配列される第1吐出ヘッドと、前記配列方向に沿って吐出口が配列され、前記移動方向において前記第1吐出ヘッドと異なる位置であり、かつ、前記配列方向において前記第1吐出ヘッドからずれた位置に配置される第2吐出ヘッドと、を備え、前記第1吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される第1密配列部と、前記第1密配列部の前記配列方向の一方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第1密配列部よりも粗に配列される第1粗配列部と、を備え、前記第2吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に前記配列ピッチにて配列される第2密配列部と、前記第2密配列部の前記配列方向の他方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第2密配列部よりも粗に配列される第2粗配列部と、を備え、前記配列方向の第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の全体が、前記第2密配列部と前記移動方向に重なり、前記配列方向の第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の全体が、前記第1密配列部と前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲および前記第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用される使用吐出口を含み、前記第2密配列部の前記吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第1密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の前記吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項2

請求項1に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項3

請求項1または2に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記配列方向の密重複範囲において、前記第1密配列部の一部と前記第2密配列部の一部とが前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記密重複範囲において、前記第1密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記密重複範囲において、前記第1密配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項4

請求項1ないし3のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、記憶部と、吐出管理部と、をさらに備え、前記記憶部が、前記第1ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との前記移動方向の複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する前記第1粗配列部の前記吐出口の使用状態との関係を示す第1の関係情報と、前記第2ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との前記移動方向の複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する前記第2粗配列部の前記吐出口の使用状態との関係を示す第2の関係情報と、を記憶し、前記吐出管理部が、前記第1ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との重なり状態、および、前記第1の関係情報に基づいて、前記第1ヘッドアッセンブリにおいて前記第1粗配列部の各吐出口の使用または不使用を決定し、前記第2密配列部の前記吐出口のうち前記第1粗配列部と前記移動方向に重なる各吐出口の使用または不使用を決定し、前記第2ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との重なり状態、および、前記第2の関係情報に基づいて、前記第2ヘッドアッセンブリにおいて前記第2粗配列部の各吐出口の使用または不使用を決定し、前記第1密配列部の前記吐出口のうち前記第2粗配列部と前記移動方向に重なる各吐出口の使用または不使用を決定することを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項5

請求項1ないし4のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリをさらに備え、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと同様の構造を有し、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、第1粗配列部および第1密配列部を有する第1吐出ヘッドと、第2粗配列部および第2密配列部を有する第2吐出ヘッドと、を備え、前記第1ヘッドアッセンブリ、前記第2ヘッドアッセンブリ、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの第1粗密重複範囲および第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第3ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第3ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であり、前記第4ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の吐出口が使用吐出口を含み、前記第2密配列部の吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であり、前記第4ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第1密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項6

請求項1ないし4のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリをさらに備え、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと同様の構造を有し、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、第1粗配列部および第1密配列部を有する第1吐出ヘッドと、第2粗配列部および第2密配列部を有する第2吐出ヘッドと、を備え、前記第1ヘッドアッセンブリ、前記第2ヘッドアッセンブリ、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの第1粗密重複範囲および第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項7

インクジェットプリンタであって、所定の移動方向に沿って配列されて互いに前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと、基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して相対的に前記移動方向に移動する搬送機構と、を備え、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記移動方向と交差する配列方向に沿って吐出口が配列される第1吐出ヘッドと、前記配列方向に沿って吐出口が配列され、前記移動方向において前記第1吐出ヘッドと異なる位置であり、かつ、前記配列方向において前記第1吐出ヘッドからずれた位置に配置される第2吐出ヘッドと、を備え、前記第1吐出ヘッドおよび前記第2吐出ヘッドの吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが、第1のサイズと、前記第1のサイズよりも大きい第2のサイズとの間で切り替え可能であり、前記第1吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される第1密配列部と、前記第1密配列部の前記配列方向の一方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第1密配列部よりも粗に配列される第1粗配列部と、を備え、前記第2吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に前記配列ピッチにて配列される第2密配列部と、前記第2密配列部の前記配列方向の他方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第2密配列部よりも粗に配列される第2粗配列部と、を備え、前記配列方向の第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の全体が、前記第2密配列部と前記移動方向に重なり、前記配列方向の第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の全体が、前記第1密配列部と前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲および前記第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用される使用吐出口を含み、前記第2密配列部の前記吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が、前記基材に対する画像の記録に補助的に使用される補助吐出口を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、前記第2密配列部の前記補助吐出口から前記第1のサイズのインクの微小液滴が吐出され、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第1密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の前記吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項8

請求項7に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記使用吐出口列の一方の端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項9

請求項7に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ3つ以上の使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記使用吐出口列の2つの端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項10

インクジェットプリンタであって、所定の移動方向に沿って配列されて互いに前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと、基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して相対的に前記移動方向に移動する搬送機構と、を備え、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記移動方向と交差する配列方向に沿って吐出口が配列される第1吐出ヘッドと、前記配列方向に沿って吐出口が配列され、前記移動方向において前記第1吐出ヘッドと異なる位置であり、かつ、前記配列方向において前記第1吐出ヘッドからずれた位置に配置される第2吐出ヘッドと、を備え、前記第1吐出ヘッドおよび前記第2吐出ヘッドの吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが、第1のサイズと、前記第1のサイズよりも大きい第2のサイズとの間で切り替え可能であり、前記第1吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される第1密配列部と、前記第1密配列部の前記配列方向の一方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第1密配列部よりも粗に配列される第1粗配列部と、を備え、前記第2吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に前記配列ピッチにて配列される第2密配列部と、前記第2密配列部の前記配列方向の他方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第2密配列部よりも粗に配列される第2粗配列部と、を備え、前記配列方向の第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の全体が、前記第2密配列部と前記移動方向に重なり、前記配列方向の第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の全体が、前記第1密配列部と前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲および前記第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用される使用吐出口を含み、前記第2密配列部の前記吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が、前記基材に対する画像の記録に補助的に使用される補助吐出口を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、前記第2密配列部の前記補助吐出口から前記第1のサイズのインクの微小液滴が吐出され、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第1密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の前記吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口を含み、前記第2粗配列部の前記使用吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、前記第1密配列部の前記補助吐出口から前記第1のサイズのインクの微小液滴が吐出されることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項11

請求項10に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記第1粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の一方の端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口であり、他の全ての吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第1密配列部において前記第2粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の一方の端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項12

請求項10に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ3つ以上の使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記第1粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の2つの端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ3つ以上の使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第1密配列部において前記第2粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の2つの端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口であることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項13

請求項1ないし12のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリから吐出されるインクの色が、前記第2ヘッドアッセンブリから吐出されるインクの色と異なることを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項14

請求項1ないし13のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗配列部において、前記配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、前記第1密配列部から前記配列方向に離れるに従って減少し、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗配列部において、前記配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、前記第2密配列部から前記配列方向に離れるに従って減少することを特徴とするインクジェットプリンタ。

請求項15

請求項1ないし14のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと前記搬送機構とを制御することにより、前記基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して1回だけ前記移動方向に相対的に移動させて前記基材に画像を記録する記録制御部をさらに備えることを特徴とするインクジェットプリンタ。

技術分野

0001

本発明は、インクジェットプリンタに関する。

背景技術

0002

従来より、印刷用紙をヘッドユニットに対して相対的に移動しつつ、ヘッドユニットの複数の吐出口からインク微小液滴を印刷用紙に向けて吐出することにより、印刷用紙上に画像を印刷するインクジェットプリンタが用いられている。カラー印刷が行われるインクジェットプリンタでは、複数色のインクのそれぞれに対応する複数のヘッドアッセンブリが、印刷用紙の相対移動方向に配列される。各ヘッドアッセンブリでは、例えば、それぞれが複数の吐出口を有する複数の吐出ヘッド千鳥状に配置される。

0003

特許文献1では、ブラックシアンマゼンタおよびイエローのインクをそれぞれ吐出する4つのつなぎヘッドを有するインクジェット記録装置が開示されている。各つなぎヘッドでは、複数のチップが、記録媒体の搬送方向と交差する方向(以下、「配列方向」という。)に配列される。各チップでは、インクの液滴をそれぞれ吐出する複数のノズル等ピッチにて配列方向に配列される。つなぎヘッドでは、複数のチップが千鳥状に配置されており、配列方向にて隣接する各2つのチップの一部が搬送方向に重なる。当該インクジェット記録装置では、チップの重複領域において複数のノズルが搬送方向に並ぶため、搬送方向に延びるラインは、複数のノズルにより交互にインクの液滴を吐出して記録することが可能となる。

先行技術

0004

特開2012−6267号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ここで、上記ヘッドアッセンブリにおいて、長手方向の両端部における吐出口のピッチが中央部における吐出口のピッチよりも大きい吐出ヘッドを、特許文献1と同様に、配列方向に沿って千鳥状に配置することが考えられる。この場合、ヘッドアッセンブリが組み立てられる際に、移動方向に重なる2つの吐出ヘッドの端部において、上記配列方向に関して一方の吐出ヘッドの吐出口の間に他方の吐出ヘッドの吐出口が位置するように、複数の吐出ヘッドが位置決めされて固定される。このように、2つの吐出ヘッドの接続範囲において、互いの吐出口が存在しない位置を補間することにより、接続範囲における吐出口のピッチが、各吐出ヘッドの中央部における吐出口のピッチと等しくされる。

0006

しかしながら、高解像度が求められるインクジェットプリンタでは、吐出口の配列ピッチが非常に小さいため、吐出ヘッドの固定時の位置合わせに限界がある。吐出ヘッドの取付位置が設計時の取付位置からずれると、2つの吐出ヘッドの接続範囲において、一方の吐出ヘッドの吐出口間を補間する他方の吐出ヘッドの吐出口がずれてしまい、印刷用紙の移動方向に吐出口が存在しない複数の範囲が出現する。その結果、印刷用紙上には、上記移動方向に延びる複数の白抜け等が生じ、当該白抜け等が筋ムラとして認識されることにより印刷品質が低下してしまう。

0007

また、1つのヘッドアッセンブリにおいて、吐出ヘッドの位置合わせ等により、吐出ヘッドの接続範囲に対応する筋ムラの発生を抑制した場合であっても、印刷用紙上において、吐出ヘッドの接続範囲により記録される部分が、複数色のインクにより重ねて記録されることにより、筋ムラが認識されやすくなって印刷品質が低下するおそれがある。

0008

本発明は、上記課題に鑑みなされたものであり、2つの吐出ヘッドの接続範囲における印刷品質の低下を抑制することを目的としている。

課題を解決するための手段

0009

請求項1に記載の発明は、インクジェットプリンタであって、所定の移動方向に沿って配列されて互いに前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと、基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して相対的に前記移動方向に移動する搬送機構とを備え、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記移動方向と交差する配列方向に沿って吐出口が配列される第1吐出ヘッドと、前記配列方向に沿って吐出口が配列され、前記移動方向において前記第1吐出ヘッドと異なる位置であり、かつ、前記配列方向において前記第1吐出ヘッドからずれた位置に配置される第2吐出ヘッドとを備え、前記第1吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される第1密配列部と、前記第1密配列部の前記配列方向の一方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第1密配列部よりも粗に配列される第1粗配列部とを備え、前記第2吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に前記配列ピッチにて配列される第2密配列部と、前記第2密配列部の前記配列方向の他方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第2密配列部よりも粗に配列される第2粗配列部とを備え、前記配列方向の第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の全体が、前記第2密配列部と前記移動方向に重なり、前記配列方向の第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の全体が、前記第1密配列部と前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲および前記第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用される使用吐出口を含み、前記第2密配列部の前記吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第1密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の前記吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口である。

0010

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口である。

0011

請求項3に記載の発明は、請求項1または2に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記配列方向の密重複範囲において、前記第1密配列部の一部と前記第2密配列部の一部とが前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記密重複範囲において、前記第1密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記密重複範囲において、前記第1密配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが使用吐出口である。

0012

請求項4に記載の発明は、請求項1ないし3のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、記憶部と、吐出管理部とをさらに備え、前記記憶部が、前記第1ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との前記移動方向の複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する前記第1粗配列部の前記吐出口の使用状態との関係を示す第1の関係情報と、前記第2ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との前記移動方向の複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する前記第2粗配列部の前記吐出口の使用状態との関係を示す第2の関係情報とを記憶し、前記吐出管理部が、前記第1ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との重なり状態、および、前記第1の関係情報に基づいて、前記第1ヘッドアッセンブリにおいて前記第1粗配列部の各吐出口の使用または不使用を決定し、前記第2密配列部の前記吐出口のうち前記第1粗配列部と前記移動方向に重なる各吐出口の使用または不使用を決定し、前記第2ヘッドアッセンブリにおける前記第1吐出ヘッドの前記吐出口と前記第2吐出ヘッドの前記吐出口との重なり状態、および、前記第2の関係情報に基づいて、前記第2ヘッドアッセンブリにおいて前記第2粗配列部の各吐出口の使用または不使用を決定し、前記第1密配列部の前記吐出口のうち前記第2粗配列部と前記移動方向に重なる各吐出口の使用または不使用を決定する。

0013

請求項5に記載の発明は、請求項1ないし4のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリをさらに備え、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと同様の構造を有し、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、第1粗配列部および第1密配列部を有する第1吐出ヘッドと、第2粗配列部および第2密配列部を有する第2吐出ヘッドとを備え、前記第1ヘッドアッセンブリ、前記第2ヘッドアッセンブリ、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの第1粗密重複範囲および第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第3ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第3ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であり、前記第4ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の吐出口が使用吐出口を含み、前記第2密配列部の吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口であり、前記第4ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第1密配列部の吐出口の全てが使用吐出口である。

0014

請求項6に記載の発明は、請求項1ないし4のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリをさらに備え、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと同様の構造を有し、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリがそれぞれ、第1粗配列部および第1密配列部を有する第1吐出ヘッドと、第2粗配列部および第2密配列部を有する第2吐出ヘッドとを備え、前記第1ヘッドアッセンブリ、前記第2ヘッドアッセンブリ、前記第3ヘッドアッセンブリおよび前記第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの第1粗密重複範囲および第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口である。

0015

請求項7に記載の発明は、インクジェットプリンタであって、所定の移動方向に沿って配列されて互いに前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと、基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して相対的に前記移動方向に移動する搬送機構とを備え、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記移動方向と交差する配列方向に沿って吐出口が配列される第1吐出ヘッドと、前記配列方向に沿って吐出口が配列され、前記移動方向において前記第1吐出ヘッドと異なる位置であり、かつ、前記配列方向において前記第1吐出ヘッドからずれた位置に配置される第2吐出ヘッドとを備え、前記第1吐出ヘッドおよび前記第2吐出ヘッドの吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが、第1のサイズと、前記第1のサイズよりも大きい第2のサイズとの間で切り替え可能であり、前記第1吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される第1密配列部と、前記第1密配列部の前記配列方向の一方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第1密配列部よりも粗に配列される第1粗配列部とを備え、前記第2吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に前記配列ピッチにて配列される第2密配列部と、前記第2密配列部の前記配列方向の他方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第2密配列部よりも粗に配列される第2粗配列部とを備え、前記配列方向の第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の全体が、前記第2密配列部と前記移動方向に重なり、前記配列方向の第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の全体が、前記第1密配列部と前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲および前記第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用される使用吐出口を含み、前記第2密配列部の前記吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が、前記基材に対する画像の記録に補助的に使用される補助吐出口を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、前記第2密配列部の前記補助吐出口から前記第1のサイズのインクの微小液滴が吐出され、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第1密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の前記吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口である。

0016

請求項8に記載の発明は、請求項7に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記使用吐出口列の一方の端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口である。

0017

請求項9に記載の発明は、請求項7に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ3つ以上の使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記使用吐出口列の2つの端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口である。

0018

請求項10に記載の発明は、インクジェットプリンタであって、所定の移動方向に沿って配列されて互いに前記移動方向に重なり、それぞれがインクの微小液滴を吐出する第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと、基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して相対的に前記移動方向に移動する搬送機構とを備え、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリがそれぞれ、前記移動方向と交差する配列方向に沿って吐出口が配列される第1吐出ヘッドと、前記配列方向に沿って吐出口が配列され、前記移動方向において前記第1吐出ヘッドと異なる位置であり、かつ、前記配列方向において前記第1吐出ヘッドからずれた位置に配置される第2吐出ヘッドとを備え、前記第1吐出ヘッドおよび前記第2吐出ヘッドの吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが、第1のサイズと、前記第1のサイズよりも大きい第2のサイズとの間で切り替え可能であり、前記第1吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される第1密配列部と、前記第1密配列部の前記配列方向の一方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第1密配列部よりも粗に配列される第1粗配列部とを備え、前記第2吐出ヘッドが、吐出口が前記配列方向に前記配列ピッチにて配列される第2密配列部と、前記第2密配列部の前記配列方向の他方側に隣接して配置され、吐出口が前記配列方向に前記第2密配列部よりも粗に配列される第2粗配列部とを備え、前記配列方向の第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の全体が、前記第2密配列部と前記移動方向に重なり、前記配列方向の第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の全体が、前記第1密配列部と前記移動方向に重なり、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリのそれぞれの前記第1粗密重複範囲および前記第2粗密重複範囲が、前記移動方向に互いに重なり、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用される使用吐出口を含み、前記第2密配列部の前記吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が、前記基材に対する画像の記録に補助的に使用される補助吐出口を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、前記第2密配列部の前記補助吐出口から前記第1のサイズのインクの微小液滴が吐出され、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口の全てが前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第1密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口の全てが不使用吐出口であり、前記第2密配列部の前記吐出口の全てが使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が使用吐出口を含み、前記第1密配列部の前記吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口を含み、前記第2粗配列部の前記使用吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、前記第1密配列部の前記補助吐出口から前記第1のサイズのインクの微小液滴が吐出される。

0019

請求項11に記載の発明は、請求項10に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記第1粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の一方の端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口であり、他の全ての吐出口が、前記基材に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第1密配列部において前記第2粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の一方の端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口が補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口である。

0020

請求項12に記載の発明は、請求項10に記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗密重複範囲において、前記第1粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ3つ以上の使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第2密配列部において前記第1粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第1粗配列部の前記使用吐出口列の2つの端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口であり、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗密重複範囲において、前記第2粗配列部の前記吐出口が、前記配列ピッチにて前記配列方向に並ぶ3つ以上の使用吐出口の集合である使用吐出口列を含み、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の前記配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口を端部使用吐出口として、前記第1密配列部において前記第2粗配列部の前記使用吐出口列と前記移動方向に重なる吐出口のうち、前記第2粗配列部の前記使用吐出口列の2つの端部使用吐出口と前記移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口であり、他の全ての吐出口が不使用吐出口である。

0021

請求項13に記載の発明は、請求項1ないし12のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリから吐出されるインクの色が、前記第2ヘッドアッセンブリから吐出されるインクの色と異なる。

0022

請求項14に記載の発明は、請求項1ないし13のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリの前記第1粗配列部において、前記配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、前記第1密配列部から前記配列方向に離れるに従って減少し、前記第2ヘッドアッセンブリの前記第2粗配列部において、前記配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、前記第2密配列部から前記配列方向に離れるに従って減少する。

0023

請求項15に記載の発明は、請求項1ないし14のいずれかに記載のインクジェットプリンタであって、前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリと前記搬送機構とを制御することにより、前記基材を前記第1ヘッドアッセンブリおよび前記第2ヘッドアッセンブリに対して1回だけ前記移動方向に相対的に移動させて前記基材に画像を記録する記録制御部をさらに備える。

発明の効果

0024

本発明では、2つの吐出ヘッドの接続範囲における印刷品質の低下を抑制することができる。

図面の簡単な説明

0025

第1の実施の形態に係るインクジェットプリンタの構成を示す図である。
制御部の機能を示すブロック図である。
ヘッドユニットを示す平面図である。
ヘッドユニットを示す正面図である。
ヘッドアッセンブリを示す底面図である。
ヘッドアッセンブリを示す正面図である。
吐出ヘッドを示す底面図である。
吐出ヘッドの吐出口の配列方向における配置を模式的に示す底面図である。
2つの吐出ヘッドの端部近傍を模式的に示す底面図である。
第1ヘッドアッセンブリの使用吐出口および不使用吐出口の配置を模式的に示す図である。
比較例のインクジェットプリンタにおける2つのヘッドの端部近傍を模式的に示す底面図である。
比較例のインクジェットプリンタにおける2つのヘッドの端部近傍を模式的に示す底面図である。
第1ヘッドアッセンブリの使用吐出口および不使用吐出口の配置を模式的に示す図である。
第2ヘッドアッセンブリの使用吐出口および不使用吐出口の配置を模式的に示す図である。
ヘッドユニットの底面の一部を示す図である。
ヘッドユニットの底面の一部を示す図である。
第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタにおいて、2つの吐出ヘッドの端部近傍を模式的に示す底面図である。
第1ヘッドアッセンブリの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置を模式的に示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
第2ヘッドアッセンブリの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置を模式的に示す図である。
第1ヘッドアッセンブリの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を模式的に示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
第2ヘッドアッセンブリの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を模式的に示す図である。
第1ヘッドアッセンブリの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を模式的に示す図である。
基材上に形成されたドットを示す図である。
第2ヘッドアッセンブリの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を模式的に示す図である。

実施例

0026

図1は本発明の第1の実施の形態に係るインクジェットプリンタ1の構成を示す図である。インクジェットプリンタ1は、連続紙等である連続シート状の基材9に向けてインクの微小液滴を吐出することにより、基材9上に画像を形成する画像記録装置である。図1では、互いに垂直な2つの水平方向をX方向およびY方向として示し、X方向およびY方向に垂直な上下方向をZ方向として示している。図1中のX方向およびY方向は必ずしも水平方向である必要はなく、同様に、Z方向も必ずしも上下方向である必要はない。すなわち、図1中の上側および下側は、必ずしも、重力方向の上側および下側に一致する必要はない。

0027

インクジェットプリンタ1は、搬送機構2と、ヘッドユニット4と、制御部8とを備える。搬送機構2は、シート状の基材9を移動する。ヘッドユニット4は、搬送機構2による移動途上の基材9に向けて紫外線硬化性インクの微小液滴を吐出する。制御部8は、搬送機構2およびヘッドユニット4を制御する。

0028

図2は、制御部8の機能を示すブロック図である。図2では、インクジェットプリンタ1の他の構成も併せて描いている。制御部8は、記憶部81と、吐出管理部82と、記録制御部83とを備える。記憶部81は、様々な情報を記憶する。吐出管理部82は、基材9に対する画像の記録を行うよりも前に、ヘッドユニット4の後述する複数の吐出口426(図7参照)の使用または不使用を決定する。記録制御部83は、基材9に対して画像を記録する際に、搬送機構2とヘッドユニット4とを制御する。

0029

図1に示す搬送機構2は、それぞれが図1中のX方向に長い複数のローラ21を有する。最も(−Y)側に配置されたローラ21の近傍には、ロール状の基材9(供給ロール)を保持する供給部31が設けられる。最も(+Y)側に配置されたローラ21の近傍には、ロール状の基材9(巻取ロール)を保持する巻取部32が設けられる。インクジェットプリンタ1では、搬送機構2の複数のローラ21の一部が、X方向に平行な軸を中心として一定の回転速度にて回転することにより、供給部31から巻取部32に至る所定の移動経路に沿って基材9が一定速度にて移動する。

0030

基材9の移動経路においてヘッドユニット4と上下方向に対向する位置には、基材案内部34が設けられる。基材案内部34は、曲面341(以下、「案内面341」という。)を上面として有する。案内面341は、X方向に平行な仮想軸を中心とする円筒面の一部である。当該仮想軸は、ヘッドユニット4の真下((−Z)側)に配置される。ヘッドユニット4の下方において、滑らかな案内面341に沿って基材9が移動する。このように、ヘッドユニット4に対向する位置において、基材9の移動経路がヘッドユニット4に向かって凸となるように湾曲し、基材9が案内面341に沿って伸ばされる。ヘッドユニット4に対向する位置では、基材9は、案内面341に沿っておよそ(+Y)方向に向かう所定の移動方向に、ヘッドユニット4に対して相対的に移動する。

0031

基材9の移動経路において供給部31と基材案内部34との間には、基材9の蛇行補正する蛇行補正部33が設けられ、基材案内部34と巻取部32との間には、インク硬化用の光(本実施の形態では、紫外線)を出射する硬化部35が設けられる。なお、インクジェットプリンタ1では、基材9に所定の前処理を行う前処理部等が設けられてもよい。

0032

図3はヘッドユニット4を示す平面図であり、図4はヘッドユニット4を示す正面図である。ヘッドユニット4は、それぞれがX方向に長い複数のヘッドアッセンブリ42と、複数のヘッドアッセンブリ42を支持するベース41とを備える。複数のヘッドアッセンブリ42は、およそY方向に沿って(正確には、上述の移動方向に沿って)配列される。複数のヘッドアッセンブリ42は、X方向に関して同じ位置に配置され、互いに移動方向に重なる。各ヘッドアッセンブリ42から、基材9に向けてインクの微小液滴が吐出される。

0033

図3および図4に示す例では、4個のヘッドアッセンブリ42が、ベース41に取り付けられる。ヘッドユニット4では、(−Y)側から順に、それぞれシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)のインクを吐出するヘッドアッセンブリ42が配列される。以下の説明では、色料3原色であるシアン、マゼンタ、イエローのインクをそれぞれ吐出するヘッドアッセンブリ42を、「第1ヘッドアッセンブリ」、「第2ヘッドアッセンブリ」、「第3ヘッドアッセンブリ」とも呼び、ブラックのインクを吐出するヘッドアッセンブリ42を「第4ヘッドアッセンブリ」とも呼ぶ。図4に示す例では、(−Y)側から順に、第1ヘッドアッセンブリ、第2ヘッドアッセンブリ、第3ヘッドアッセンブリ、第4ヘッドアッセンブリが配列される。4つのヘッドアッセンブリ42の配列順は、適宜変更されてよい。

0034

ベース41には、白色や所定の特色のインクを吐出するヘッドアッセンブリ42が取り付けられてもよい。また、ヘッドアッセンブリ42から、クリアインク等の他の種類のインクが吐出されてもよい。図3および図4に示す例では、4つのヘッドアッセンブリ42(すなわち、第1〜第4ヘッドアッセンブリ)から吐出されるインクの色は互いに異なるが、2つ以上のヘッドアッセンブリ42から吐出されるインクの色が同じであってもよい。

0035

ベース41には、ヘッドアッセンブリ42に加えて、基材9に向けて光を出射する出射部アッセンブリが取り付けられてもよい。出射部アッセンブリから基材9上に光(紫外線)が照射されることにより、基材9上に吐出されたインクが仮硬化(プリキュア)する。ベース41には、ヘッドアッセンブリ42と出射部アッセンブリとを合わせて、最大8個のアッセンブリが取付可能である。ベース41に取り付けられるアッセンブリの数、種類および取付位置は、適宜変更されてよい。また、ベース41に取付可能なアッセンブリの最大数は、8個には限定されない。

0036

図5はヘッドアッセンブリ42を示す底面図であり、図6はヘッドアッセンブリ42を示す正面図である。以下、図5図9に沿って、1つのヘッドアッセンブリ42に着目して説明するが、他の3つのヘッドアッセンブリ42も、図5図9に示すヘッドアッセンブリ42と同様の構造を有する。

0037

ヘッドアッセンブリ42は、その長手方向(X方向)に平行な軸を中心として僅かな回転角だけ傾斜した姿勢にてベース41に固定されるため、厳密には図5の横方向は図3の横方向とは一致せず、図6縦方向および横方向も図4の縦方向および横方向とは一致しない。図5および図6の横方向は、ヘッドアッセンブリ42の下方を移動する基材9の移動方向におよそ対応する。

0038

ヘッドアッセンブリ42は、X方向に長い略直方体であるヘッド固定ブロック422と、それぞれがX方向に長い複数の吐出ヘッド421とを有する。図5および図6に示す例では、4個の吐出ヘッド421が、ヘッド固定ブロック422に取り付けられる。ヘッド固定ブロック422は、複数の吐出ヘッド421を保持するヘッド保持部である。複数の吐出ヘッド421は、ヘッド固定ブロック422に取り付けられることにより、互いに対する相対位置が固定される。また、複数の吐出ヘッド421のヘッド固定ブロック422に対する相対的な位置も固定される。

0039

ヘッド固定ブロック422は、例えば、ステンレス鋼等の金属にて形成される。ヘッド固定ブロック422には、複数の貫通孔424が長手方向に沿って千鳥状に配列形成される。複数の吐出ヘッド421は、その下端部(すなわち、(−Z)側の端部)を複数の貫通孔424にそれぞれ挿入した状態で、ヘッド固定ブロック422に固定される。これにより、複数の吐出ヘッド421が、ヘッド固定ブロック422上にて千鳥状に配列される。各吐出ヘッド421の長手方向(X方向)の両端部は、ヘッド固定ブロック422の上面にねじ等により固定される。

0040

各吐出ヘッド421の下端面であるヘッド下面には、その長手方向であるX方向に沿って複数の吐出口が配列形成される。ヘッドアッセンブリ42では、その長手方向であるX方向に沿って、ヘッド固定ブロック422の一端近傍から他端近傍に至る範囲の全体に亘って、多数の吐出口がおよそ一定のピッチにて配列される。以下の説明では、X方向を「配列方向」という。配列方向は、上述の移動方向におよそ垂直である。なお、配列方向は、移動方向と交差するのであれば、移動方向に垂直である必要はない。

0041

ヘッドユニット4では、各ヘッドアッセンブリ42における複数の吐出ヘッド421のヘッド下面が、案内面341(図1参照)上の基材9の主面に略平行となる。換言すれば、各吐出ヘッド421が、基材9に対して直立する。そして、各吐出ヘッド421の吐出口から基材9の主面に向かって、およそ垂直にインクの微小液滴が吐出される。基材9に対する画像の記録が行われる際には、図示省略のヘッド昇降機構により、ヘッドユニット4が案内面341に向かって下降し、各吐出ヘッド421のヘッド下面が基材9の主面に近接する。

0042

図7は、一の吐出ヘッド421を示す底面図である。他の吐出ヘッド421も、図7に示す吐出ヘッド421と同様の構造を有する。吐出ヘッド421は、それぞれが略等脚台形状の複数のヘッド要素425を備える。図7に示す例では、4つのヘッド要素425が、吐出ヘッド421の長手方向であるX方向に配列される。X方向にて隣接する2つのヘッド要素425では、所定の間隙を挟んで隣接する2つの斜辺(脚)425cが互いに平行である。また、隣接する2つのヘッド要素425は、X方向に垂直な方向(すなわち、吐出ヘッド421の幅方向であり、基材9の移動方向に対応する方向)に少しずれた状態で配置される。

0043

各ヘッド要素425では、複数の吐出口426が、ヘッド要素425のおよそ全面に亘って2次元的に配置される。図7では、図示の都合上、吐出口426の一部のみを描いている。また、図7では、吐出口426を実際よりも大きく描いている。各ヘッド要素425では、複数の吐出口426は、配列方向に僅かずつずれて配置される。

0044

各ヘッド要素425において、略等脚台形の短辺425aと、長辺425bのうち短辺425aと対向する部位とに挟まれる長方形状中央領域425d(二点鎖線にて囲む。)では、配列方向に関して隣接する各2つの吐出口426の間の距離は等しい。換言すれば、各ヘッド要素425において、複数の吐出口426は、配列方向に関して所定の配列ピッチにて配列される。また、ヘッド要素425の中央領域425dの両側に位置する直角三角形状の2つの端部領域425e(すなわち、斜辺425cと長辺425bの一部とに挟まれる三角形状の領域であり、二点鎖線にて囲む。)では、複数の吐出口426は、配列方向に関して中央領域425dよりも低い密度にて配列される。なお、図7では、中央領域425dおよび端部領域425eを、1つのヘッド要素425についてのみ二点鎖線にて示す。

0045

吐出ヘッド421では、X方向の両端部を除き、隣接する各2つのヘッド要素425の端部領域425eは、配列方向に垂直な上述の移動方向に重なっている。2つの端部領域425eが移動方向に重なる領域では、2つの端部領域425eの複数の吐出口426が、配列方向に関して互いの吐出口426が存在しない位置を補間するように配置される。これにより、2つの端部領域425eが重なる領域においても、複数の吐出口426が、配列方向に関して上述の配列ピッチにて配列される。

0046

最も(+X)側に配置されたヘッド要素425の(+X)側の端部領域425e、および、最も(−X)側に配置されたヘッド要素425の(−X)側の端部領域425eでは、複数の吐出口426は、配列方向に関して粗に配列される。具体的には、当該2つの端部領域425eでは、他の領域に比べて、配列方向の所定の長さ当たりの吐出口426の数が少ない。以下、吐出ヘッド421の吐出口426が配列されている部位のうち、当該2つの端部領域425eをそれぞれ「粗配列部」と呼び、粗配列部の間の部位、すなわち、複数の吐出口426が配列方向に関して上述の配列ピッチにて配列されている部位を「密配列部」という。

0047

図8は、図7に示す吐出ヘッド421の複数の吐出口426の配列方向における配置を模式的に示す底面図である。図8では、実際には2次元的に配列される複数の吐出口426を、各吐出口426の配列方向の位置に基づいて、配列方向に直線状に並べて示す。2つの粗配列部427は、密配列部428の配列方向の一方側および他方側に隣接して配置される。各粗配列部427では、複数の吐出口426が、配列方向に密配列部428よりも粗に配列される。図8では、粗配列部427および密配列部428をそれぞれ二点鎖線にて囲む。

0048

図5に示すように、図中の右側の2つの吐出ヘッド421と、図中の左側の2つの吐出ヘッド421とは、図中の横方向(すなわち、基材9の移動方向)において、互いに異なる位置に配置される。また、図中の右側の2つの吐出ヘッド421と、図中の左側の2つの吐出ヘッド421とは、配列方向であるX方向に沿って交互に配列される。各吐出ヘッド421の配列方向の一方側の端部は、隣接する吐出ヘッド421の配列方向の他方側の端部と、基材9の移動方向に重なる。換言すれば、図中の右側の2つの吐出ヘッド421は、図中の左側の2つの吐出ヘッド421から配列方向においてずれた位置に配置される。

0049

図9は、図5中において配列方向に隣接する2つの吐出ヘッド421の端部近傍を示す底面図である。他の隣接する2つの吐出ヘッド421の端部近傍の配置についても図9と同様である。図9では、図8と同様に、各吐出ヘッドの複数の吐出口426を配列方向に直線状に配列して模式的に示す(図10図13図14、および、図17図30においても同様)。以下の説明では、図9中の上側に位置する吐出ヘッドを「第1吐出ヘッド421a」といい、下側に位置するヘッドを「第2吐出ヘッド421b」という。第1吐出ヘッド421aと第2吐出ヘッド421bとをまとめて、吐出ヘッド421ともいう。

0050

また、第1吐出ヘッド421aが備える粗配列部および密配列部を、「第1粗配列部427a」および「第1密配列部428a」といい、第2吐出ヘッド421bが備える粗配列部および密配列部を、「第2粗配列部427b」および「第2密配列部428b」という。図9では、第1粗配列部427a、第1密配列部428a、第2粗配列部427bおよび第2密配列部428bがそれぞれ存在する範囲を、二点鎖線の矢印にて示す(図10図13図14図17図18図24図25図27図28および図30においても同様)。

0051

図9に示すように、第1粗配列部427aの全体は、第2密配列部428bの一部と移動方向に重なる。以下、第1粗配列部427aの全体と第2密配列部428bの一部とが移動方向に重なる配列方向の範囲を「第1粗密重複範囲461」という。図9では、第1粗密重複範囲461を二点鎖線にて囲む(図10図13図14図17図18図24図25図27図28および図30においても同様)。配列方向の第1粗密重複範囲461では、第1粗配列部427aの複数の吐出口426はそれぞれ、第2密配列部428bの複数の吐出口426と移動方向に重なる(すなわち、配列方向に関して同じ位置に位置する。)。

0052

図9に示す例では、第1粗配列部427aは、21個の吐出口426を含む。第1粗配列部427aでは、21個の吐出口426が、(−X)側から(+X)側に向かって配列方向に並ぶ6つの吐出口群431〜436に分けられる。吐出口群431〜436に含まれる吐出口426の数はそれぞれ、6個、5個、4個、3個、2個、1個である。複数の吐出口426が含まれる吐出口群431〜435ではそれぞれ、複数の吐出口426は、上述の配列ピッチにて配列方向に配列される。

0053

第1密配列部428aと最も(−X)側の吐出口群431との間の配列方向の距離D1は、配列ピッチの2倍である。(−X)側から(+X)側に向かって、隣接する2つの吐出口群の間の配列方向の距離D2,D3,D4,D5,D6はそれぞれ、配列ピッチの3倍、4倍、5倍、6倍、7倍である。距離D1は、第1密配列部428aの最も(+X)側に位置する吐出口426の中心と、吐出口群431の最も(−X)側の吐出口426の中心との間の配列方向の距離である。距離D2は、吐出口群431の最も(+X)側に位置する吐出口426の中心と、(−X)側から2番目の吐出口群432の最も(−X)側の吐出口426の中心との間の配列方向の距離である。距離D3〜D6においても同様である。

0054

第1粗配列部427aでは、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第1密配列部428aから配列方向に離れるに従って減少する。単位長さは、配列ピッチに、第1粗配列部427aにおいて最も多く吐出口426を含む吐出口群431に含まれる吐出口426の数(6)に1を加えた数(7)を乗算した長さ、すなわち、配列ピッチの7倍に等しい。当該単位長さは、上述の長さ(配列ピッチの7倍)よりも長くてもよい。

0055

第1密配列部428aの第1粗配列部427a近傍の部位は、第2密配列部428bの第2粗配列部427b近傍の部位と移動方向に重なる。以下、第1密配列部428aの一部と第2密配列部428bの一部とが移動方向に重なる配列方向の範囲を「密重複範囲429」という。図9では、密重複範囲429を二点鎖線にて囲む(図10図13図14図17図18図24図25図27図28および図30においても同様)。配列方向の密重複範囲429では、第1密配列部428aの複数の吐出口426がそれぞれ、第2密配列部428bの複数の吐出口426と移動方向に重なる(すなわち、配列方向に関して同じ位置に位置する。)。図9に示す例では、密重複範囲429には、第1密配列部428の4個の吐出口426と、第2密配列部428bの4個の吐出口426が含まれる。なお、密重複範囲429に含まれる第1密配列部428aおよび第2密配列部428bの吐出口426の数は、それぞれ1個であってもよく、2個以上であってもよい。

0056

第2粗配列部427bの全体は、第1密配列部428aの一部と移動方向に重なる。以下、第2粗配列部427bの全体と第1密配列部428aの一部とが移動方向に重なる配列方向の範囲を「第2粗密重複範囲462」という。図9では、第2粗密重複範囲462を二点鎖線にて囲む(図10図13図14図17図18図24図25図27図28および図30においても同様)。配列方向の第2粗密重複範囲462では、第2粗配列部427bの複数の吐出口426はそれぞれ、第1密配列部428aの複数の吐出口426と移動方向に重なる。第2粗配列部427bにおける複数の吐出口426の配列は、X方向における向きが反対である点を除き、上述の第1粗配列部427aにおける複数の吐出口426の配列と同様である。第2粗配列部427bでは、配列方向における上記単位長さ当たりの吐出口数が、第2密配列部428bから配列方向に離れるに従って減少する。

0057

以下の説明では、2つの吐出ヘッド421の端部同士が移動方向に重なる範囲を「接続範囲420」といい、移動方向に重なる各つの吐出口426を「重複吐出口対」という。図9では、接続範囲420を二点鎖線にて囲む(図10図13図14、および、図17図30においても同様)。ヘッドアッセンブリ42では、各接続範囲420において、複数の重複吐出口対が配列方向に配列される。図9に示す例では、第1粗密重複範囲461の21個の重複吐出口対、密重複範囲429の4個の重複吐出口対、および、第2粗密重複範囲462の21個の重複吐出口対が、各接続範囲420に存在する。

0058

なお、移動方向に重なる2つの吐出口426は、必ずしも、移動方向に垂直な方向(本実施の形態では、配列方向)における位置が厳密に一致している必要はなく、配列方向の位置が多少異なっていてもよい。この場合、第1吐出ヘッド421aの一の吐出口426と、当該吐出口426と配列方向の位置が最も近い第2吐出ヘッド421bの一の吐出口426とが、移動方向に実質的に重なるものとする。

0059

第1の実施の形態に係るインクジェットプリンタ1では、基材9に対する画像の記録が行われる際には、重複吐出口対の2つの吐出口426のうち、一方の吐出口426のみが画像の記録に使用され、他方の吐出口426は使用されない。以下、基材9に対する画像の記録に使用される吐出口426を「使用吐出口」といい、基材9に対する画像の記録に使用されない吐出口426を「不使用吐出口」という。接続範囲420において、一方の吐出ヘッド421の吐出口のうち、他方の吐出ヘッド421の吐出口と移動方向に重ならない吐出口は、使用吐出口である。また、第1密配列部428aおよび第2密配列部428bの吐出口のうち、接続範囲420に含まれない吐出口426は全て、基材9に対する画像の記録に使用される。

0060

図10は、接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口および不使用吐出口の配置を模式的に示す図である。図10中では、使用吐出口に符号426aを付し、不使用吐出口に符号426bおよび×印を付す(図13図14図18図30においても同様)。上述の4つのヘッドアッセンブリ42ではそれぞれ、他のヘッドアッセンブリ42から独立して、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの使用吐出口および不使用吐出口を設定することができる。以下、第1ヘッドアッセンブリにおける使用吐出口および不使用吐出口の配置について説明する。第2ヘッドアッセンブリ、第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリにおける使用吐出口および不使用吐出口の配置については後述する。

0061

図10に示すように、第1ヘッドアッセンブリでは、接続範囲420の第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は不使用吐出口426bであり、第1粗配列部427aの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は、使用吐出口426aである。

0062

第1ヘッドアッセンブリでは、接続範囲420の密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。また、第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0063

第1ヘッドアッセンブリの第1粗密重複範囲461では、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである必要はなく、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。例えば、第1粗配列部427aの複数の吐出口のうち、一部の吐出口が使用吐出口426aであり、他の吐出口が不使用吐出口426bであってもよい。この場合、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bである。また、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの不使用吐出口426bと移動方向に重なる吐出口、および、第1粗配列部427aの吐出口と移動方向に重ならない吐出口が使用吐出口426aである。

0064

ところで、図5に示すヘッドアッセンブリ42を組み立てる際には、上述のように、ヘッド固定ブロック422に複数の吐出ヘッド421が取り付けられる。複数の吐出ヘッド421は、配列方向において隣接する各2つの吐出ヘッド421の吐出口426が、接続範囲420において所定の配列ピッチにて配列されるように、各吐出ヘッド421が位置精度良く取り付けられる必要がある。しかしながら、高解像度が求められるインクジェットプリンタでは、配列ピッチが非常に小さいため、吐出ヘッド421の位置合わせの高精度化に限界がある。このため、吐出ヘッド421の取付位置が、設計取付位置から配列方向にずれてしまうことがある。

0065

ここで、比較例のインクジェットプリンタとして、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bと同様の構造を有する第1吐出ヘッド621aおよび第2吐出ヘッド621bが、図11に示すように、第1粗配列部627aと第2粗配列部627bとが移動方向に重なるように配置されたインクジェットプリンタを想定する。図11では、接続範囲620において、第1粗配列部627aの吐出口626と、第2粗配列部627bの吐出口626とが、配列方向において互いに補間するように配列ピッチにて配列されており、接続範囲620内の吐出口626は全て、画像の記録に使用される。また、接続範囲620に、第1密配列部628aおよび第2密配列部628bの吐出口626は含まれない。

0066

比較例のインクジェットプリンタにおいて、例えば、第1吐出ヘッド621aの取付位置が、配列ピッチに等しい距離だけ(+X)側にずれると、図12に示すように、移動方向に第1吐出ヘッド621aの吐出口626も第2吐出ヘッド621bの吐出口626も存在しない吐出口非存在範囲630が、接続範囲620に複数出現する。この状態の比較例のインクジェットプリンタにて画像記録を行うと、複数の吐出口非存在範囲630に対応する基材上の領域に画像の記録が行われず、基材の移動方向に延びる筋状の複数の白抜けが生じる。第1吐出ヘッド621aの取付位置が、(+X)側に配列ピッチよりも大きい距離だけずれると、白抜けの幅は大きくなる。第1吐出ヘッド621aの取付位置が、(−X)側にずれた場合も同様である。このように、比較例のインクジェットプリンタでは、吐出ヘッドの取付位置のずれにより、接続範囲620に筋ムラが生じてしまう。

0067

これに対し、本実施の形態に係るインクジェットプリンタ1では、図9および図10に示すように、第1ヘッドアッセンブリの第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの全体が第2密配列部428bと移動方向に重なり、第2粗配列部427bの全体が第1密配列部428aと移動方向に重なる。そして、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bとされる。第2密配列部428bでは、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが、使用吐出口426aとされる。

0068

これにより、第1吐出ヘッド421aの取付位置が、配列ピッチに等しい距離だけ(+X)側にずれた場合であっても、例えば図13に示すように、接続範囲420において第2密配列部428bの複数の吐出口の使用および不使用を切り替えることにより、比較例のインクジェットプリンタのような白抜けの発生を防止することができる。図13に示す第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bではそれぞれ、密重複範囲429に5個の吐出口426が含まれる。

0069

ところで、配列方向に配列された複数の吐出ヘッドにより画像を記録するインクジェットプリンタでは、各吐出ヘッドで同一の濃度の画像を記録する場合であっても、吐出ヘッド間機械的特性の差等により、記録された画像の濃度が吐出ヘッド毎に僅かに異なることがある。したがって、配列方向に隣接する2つの吐出ヘッドの接続範囲において、画像の記録に使用される吐出口が、配列方向の1つの切替位置にて完全に切り替えられると、すなわち、切替位置よりも一方側にて一方の吐出ヘッドの吐出口のみが使用され、切替位置よりも他方側にて他方の吐出ヘッドの吐出口のみが使用されると、切替位置における画像の濃度変化による筋ムラが認識されやすくなる。

0070

これに対し、インクジェットプリンタ1では、図10に示すように、第1ヘッドアッセンブリの第1粗密重複範囲461において、第1吐出ヘッド421aの吐出口、および、第2吐出ヘッド421bの吐出口の双方が、基材9に対する画像の記録に使用される。これにより、基材9上の第1粗密重複範囲461に対応する領域において、第1吐出ヘッド421aからのインクによる画像と、第2吐出ヘッド421bからのインクによる画像とが混在する。その結果、吐出ヘッド間の機械的特性の差等に起因する画像の濃度変化が、画像を見る人に認識されることを抑制することができる。

0071

このように、第1ヘッドアッセンブリでは、配列方向に隣接する2つの吐出ヘッド421の接続範囲420の第1粗密重複範囲461における白抜けや濃度変化等の印刷品質の低下(すなわち、画像記録の品質低下)を防止または抑制することができる。なお、接続範囲420の密重複範囲429および第2粗密重複範囲462では、第1吐出ヘッド421aの吐出口のみが画像の記録に使用され、第2吐出ヘッド421bの吐出口は画像の記録に使用されない。このため、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462では、上述のような画像記録の品質低下は生じない。したがって、第1ヘッドアッセンブリにおいて、第1粗密重複範囲461における印刷品質の低下を防止または抑制することにより、接続範囲420における印刷品質(すなわち、基材9上の接続範囲420に対応する部位における印刷品質)の低下を防止または抑制することができる。

0072

第1ヘッドアッセンブリでは、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置が、(+X)側に配列ピッチよりも大きい距離だけずれた場合、および、(−X)側にずれた場合も、上記と同様に、配列方向に隣接する2つの吐出ヘッド421における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。

0073

なお、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが、配列ピッチの整数倍ではない場合(例えば、配列ピッチの0.5倍である場合)、接続範囲420の第1粗密重複範囲461等において、僅かな白抜けや、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの使用吐出口426aの一部が移動方向に重なることによる周囲よりも濃い僅かな筋が生じる可能性がある。しかしながら、基材9上の接続範囲420に対応する領域では、上述のように、画像の濃度変化が認識されにくいため、このような僅かな白抜けや濃い筋が認識されることを抑制することができる。

0074

第1ヘッドアッセンブリでは、上述のように、第1粗配列部427aにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第1密配列部428aから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、第1粗密重複範囲461では、第1密配列部428aから離れるに従って、単位長さ当たりに含まれる第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aの数が減少し、第2吐出ヘッド421bの使用吐出口426aの数が増加する。その結果、上述の濃度変化が生じる場合であっても、第1粗密重複範囲461における濃度変化は徐々に生じるため、画像を見る人に濃度変化が認識されることをさらに抑制することができる。

0075

また、第1ヘッドアッセンブリでは、第1粗配列部427aの吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、第1粗配列部427a、および、第2密配列部428bの第1粗配列部427aに重なる部位において、吐出口の使用または不使用を容易に決定することができる。

0076

第1ヘッドアッセンブリでは、第1密配列部428aの一部と第2密配列部428bの一部とが移動方向に重なる密重複範囲429が設けられる。これにより、第1密配列部と第2密配列部とが移動方向に重ならない場合に比べて、第1密配列部428aと第1粗配列部427aとの境界近傍における白抜けの発生をさらに抑制することができる。また、密重複範囲429では、使用吐出口426aを含む第1粗配列部427aに隣接する第1密配列部428aの吐出口の全てが使用吐出口426aであり、使用吐出口426aを含まない第2粗配列部427bに隣接する第2密配列部428bの吐出口の全てが不使用吐出口426bである。これにより、上述の濃度変化が生じる場合であっても、第1粗密重複範囲461から密重複範囲429にかけて濃度変化は徐々に生じるため、画像を見る人に濃度変化が認識されることをより一層抑制することができる。

0077

図14は、第2ヘッドアッセンブリの接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口および不使用吐出口の配置を模式的に示す図である。第2ヘッドアッセンブリは、第1ヘッドアッセンブリと同様に、第1粗配列部427aおよび第1密配列部428aを有する第1吐出ヘッド421aと、第2粗配列部427bおよび第2密配列部428bを有する第2吐出ヘッド421bとを備える。第2ヘッドアッセンブリでは、第1ヘッドアッセンブリと同様に、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの全体が第2密配列部428bと移動方向に重なる。また、第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの全体が第1密配列部428aと移動方向に重なる。

0078

図14に示すように、第2ヘッドアッセンブリでは、接続範囲420の第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0079

第2ヘッドアッセンブリでは、接続範囲420の第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は不使用吐出口426bであり、第2粗配列部427bの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は、使用吐出口426aである。

0080

第2ヘッドアッセンブリの第2粗密重複範囲462では、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである必要はなく、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。例えば、第2粗配列部427bの複数の吐出口のうち、一部の吐出口が使用吐出口426aであり、他の吐出口が不使用吐出口426bであってもよい。この場合、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bである。また、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの不使用吐出口426bと移動方向に重なる吐出口、および、第2粗配列部427bの吐出口と移動方向に重ならない吐出口が使用吐出口426aである。換言すれば、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが、使用吐出口426aである。

0081

このように、第2ヘッドアッセンブリでは、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bとされる。これにより、第1吐出ヘッド421aの取付位置が配列方向にずれた場合であっても、接続範囲420において第1密配列部428aの複数の吐出口の使用および不使用を切り替えることにより、第1ヘッドアッセンブリと同様に、白抜けの発生を防止することができる。

0082

また、第2ヘッドアッセンブリの第2粗密重複範囲462では、第1吐出ヘッド421aの吐出口、および、第2吐出ヘッド421bの吐出口の双方が、基材9に対する画像の記録に使用される。これにより、基材9上の第2粗密重複範囲462に対応する領域において、第1吐出ヘッド421aからのインクによる画像と、第2吐出ヘッド421bからのインクによる画像とが混在する。その結果、吐出ヘッド間の機械的特性の差等に起因する画像の濃度変化が、画像を見る人に認識されることを抑制することができる。

0083

このように、第2ヘッドアッセンブリでは、配列方向に隣接する2つの吐出ヘッド421の接続範囲420の第2粗密重複範囲462における白抜けや濃度変化等の印刷品質の低下(すなわち、画像記録の品質低下)を防止または抑制することができる。なお、接続範囲420の密重複範囲429および第1粗密重複範囲461では、第2吐出ヘッド421bの吐出口のみが画像の記録に使用され、第1吐出ヘッド421aの吐出口は画像の記録に使用されない。このため、密重複範囲429および第1粗密重複範囲461では、上述のような画像記録の品質低下は生じない。したがって、第2ヘッドアッセンブリにおいて、第2粗密重複範囲462における印刷品質の低下を防止または抑制することにより、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。

0084

第2ヘッドアッセンブリでは、第2粗配列部427bにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第2密配列部428bから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、第2粗密重複範囲462では、第2密配列部428bから離れるに従って、単位長さ当たりに含まれるに第2吐出ヘッド421bの使用吐出口426aの数が減少し、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aの数が増加する。その結果、上述の濃度変化が生じる場合であっても、第2粗密重複範囲462における濃度変化は徐々に生じるため、画像を見る人に濃度変化が認識されることをさらに抑制することができる。

0085

また、第2ヘッドアッセンブリでは、第2粗配列部427bの吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、第2粗配列部427b、および、第1密配列部428aの第2粗配列部427bに重なる部位において、吐出口の使用または不使用を容易に決定することができる。

0086

第2ヘッドアッセンブリでは、第1密配列部428aの一部と第2密配列部428bの一部とが移動方向に重なる密重複範囲429が設けられる。これにより、第1密配列部と第2密配列部とが移動方向に重ならない場合に比べて、第2密配列部428bと第2粗配列部427bとの境界近傍における白抜けの発生をさらに抑制することができる。また、密重複範囲429では、使用吐出口426aを含む第2粗配列部427bに隣接する第2密配列部428bの吐出口の全てが使用吐出口426aであり、使用吐出口426aを含まない第1粗配列部427aに隣接する第1密配列部428aの吐出口の全てが不使用吐出口426bである。これにより、上述の濃度変化が生じる場合であっても、第2粗密重複範囲462から密重複範囲429にかけて濃度変化は徐々に生じるため、画像を見る人に濃度変化が認識されることをより一層抑制することができる。

0087

図示は省略するが、第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリはそれぞれ、第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと同様に、第1粗配列部427aおよび第1密配列部428aを有する第1吐出ヘッド421aと、第2粗配列部427bおよび第2密配列部428bを有する第2吐出ヘッド421bとを備える。

0088

第3ヘッドアッセンブリでは、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口および不使用吐出口の配置が、上述の第2ヘッドアッセンブリと同様である。すなわち、第3ヘッドアッセンブリの接続範囲420では、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0089

第3ヘッドアッセンブリでは、接続範囲420の第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は不使用吐出口426bであり、第2粗配列部427bの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は使用吐出口426aである。第2粗密重複範囲462では、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。この場合、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bであり、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0090

図示は省略するが、第4ヘッドアッセンブリでは、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口および不使用吐出口の配置が、上述の第1ヘッドアッセンブリと同様である。すなわち、第4ヘッドアッセンブリの接続範囲420では、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は不使用吐出口426bであり、第1粗配列部427aの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は使用吐出口426aである。第1粗密重複範囲461では、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。この場合、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bであり、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0091

第4ヘッドアッセンブリでは、密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。また、接続範囲420の第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0092

第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリにおいても、第1ヘッドアッセンブリおよび第2ヘッドアッセンブリと同様に、接続範囲420における印刷品質の低下(すなわち、上述の白抜けや濃度変化)を防止または抑制することができる。第3ヘッドアッセンブリでは、第2ヘッドアッセンブリと同様に、第2粗配列部427b、および、第1密配列部428aの第2粗配列部427bに重なる部位において、吐出口の使用または不使用を容易に決定することができる。また、第4ヘッドアッセンブリでは、第1ヘッドアッセンブリと同様に、第1粗配列部427a、および、第2密配列部428bの第1粗配列部427aに重なる部位において、吐出口の使用または不使用を容易に決定することができる。

0093

図15は、ヘッドユニット4の底面の一部を示す図である。図15では、図中の上側から順に、シアンのインクを吐出する第1ヘッドアッセンブリ42a、マゼンタのインクを吐出する第2ヘッドアッセンブリ42b、イエローのインクを吐出する第3ヘッドアッセンブリ42c、および、ブラックのインクを吐出する第4ヘッドアッセンブリ42dが配列される。図15に示すように、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dのそれぞれの接続範囲420、第1粗密重複範囲461、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462は、移動方向に互いに重なる。後述する図16においても同様である。

0094

上述のように、第1ヘッドアッセンブリ42aでは、接続範囲420の第1粗密重複範囲461において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの双方が使用吐出口426a(図10参照)を含む。以下の説明では、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461のように、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの双方が画像の記録に使用される範囲を、「ヘッド共用範囲460」と呼ぶ。第1ヘッドアッセンブリ42aでは、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462において、第1吐出ヘッド421aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aであり、第2吐出ヘッド421bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426b(図10参照)である。

0095

図15では、各ヘッド要素425のヘッド共用範囲460に逆三角印を付す。また、接続範囲420のヘッド共用範囲460を除く領域では、各ヘッド要素425の全吐出口が使用吐出口426aである領域に平行斜線を付し、各ヘッド要素425の全吐出口が不使用吐出口426bである領域にX印を付す。後述する図16においても同様である。

0096

図15に示すように、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、接続範囲420の第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲460である。また、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、密重複範囲429および第1粗密重複範囲461において、第1吐出ヘッド421aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bであり、第2吐出ヘッド421bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0097

第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、接続範囲420の第1粗密重複範囲461がヘッド共用範囲460である。また、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462において、第1吐出ヘッド421aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aであり、第2吐出ヘッド421bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。

0098

基材9上の接続範囲420に対応する部位における筋ムラ(以下、単に「接続範囲420における筋ムラ」という。)は、上述のように、各ヘッドアッセンブリ42において抑制されているが、ヘッド共用範囲460に対応する部位では、認識されない程度に存在している場合がある。この場合、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460を移動方向に互いに重ねると、筋ムラが比較的目立ちやすい高い階調の画像が記録される際等に、複数のヘッドアッセンブリ42による筋ムラが重なり、筋ムラとして認識される可能性がある。

0099

そこで、図15に示す例では、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。換言すれば、第1ヘッドアッセンブリ42aのヘッド共用範囲460と第2ヘッドアッセンブリ42bのヘッド共用範囲460とは移動方向に重ならない。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。その結果、配列方向に隣接する第1吐出ヘッド421aと第2吐出ヘッド421bとの接続範囲420における印刷品質の低下を抑制することができる。

0100

さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とし、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0101

図15は、上述の3原色(すなわち、シアン、マゼンタおよびイエロー)に対応する第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cについて、それぞれの接続範囲420における筋ムラを比較した際に、第1ヘッドアッセンブリ42aによる筋ムラが目立ちやすい、と仮定した場合のヘッドユニット4の一例である(図16においても同様)。3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と、3原色の他色のヘッド共用範囲460とを移動方向に互いに重ねると、高い階調の画像が記録される際等に、筋ムラが認識される可能性が高くなる。

0102

そこで、図15に示す例では、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と3原色の他色のヘッド共用範囲460とが移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0103

インクジェットプリンタ1では、カラー画像の印刷の際にグレイ置換GCR:Gray Component Replacement)が行われる。グレイ置換とは、カラー画像においてシアン、マゼンタおよびイエローのドットを重ねて表現されるグレイの部分を、ブラックのインクの濃淡で表現する処理である。換言すれば、グレイ置換とは、カラー画像のグレイ領域を、ブラック以外の複数色のインクによる表現から、ブラックのインクの濃淡による表現に変更する処理である。

0104

インクジェットプリンタ1では、グレイ置換が行われることにより、ブラックに対応する第4ヘッドアッセンブリ42dにより記録される高階調の画像は、他の色の高階調(すなわち、ムラが比較的目立ちやすい階調)の画像と重なることが抑制される。このため、第4ヘッドアッセンブリ42dのヘッド共用範囲460が他の色のヘッド共用範囲460と移動方向に重なったとしても、当該他の色のヘッド共用範囲460における筋ムラが強調されることはあまりない。したがって、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cのそれぞれのヘッド共用範囲460が、第1粗密重複範囲461および第2粗密重複範囲462のいずれであるかをあまり考慮することなく、第4ヘッドアッセンブリ42dのヘッド共用範囲460を、第1粗密重複範囲461および第2粗密重複範囲462のいずれか一方に決定することができる。

0105

図15に示す例では、ブラックの第4ヘッドアッセンブリ42dのヘッド共用範囲460は、3原色のうち筋ムラが比較的目立ちやすいシアンの第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、第1粗密重複範囲461である。

0106

第4ヘッドアッセンブリ42dのヘッド共用範囲460は、図16に示すように、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cと同様に、第2粗密重複範囲462であってもよい。図16に示す例では、図15と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461がヘッド共用範囲460である。第1ヘッドアッセンブリ42aでは、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462において、第1吐出ヘッド421aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aであり、第2吐出ヘッド421bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。

0107

第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、上述のように、第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲460である。すなわち、第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bである。図16に示す例でも、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、密重複範囲429および第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bであり、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0108

図16に示す例では、図15に示す例と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。その結果、配列方向に隣接する第1吐出ヘッド421aと第2吐出ヘッド421bとの接続範囲420における印刷品質の低下を抑制することができる。

0109

さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでも、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0110

図16に示す例では、3原色のうち筋ムラが目立ちやすいシアンの第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、3原色の他色であるマゼンタの第2ヘッドアッセンブリ42bおよびイエローの第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、図15に示す例と同様に、3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と3原色の他色のヘッド共用範囲460とが移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0111

図15および図16に示す例では、上述のように、第1ヘッドアッセンブリ42aにおいて、ヘッド共用範囲460である第1粗密重複範囲461の第1粗配列部427aにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第1密配列部428aから配列方向に離れるに従って減少する。また、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、ヘッド共用範囲460である第2粗密重複範囲462の第2粗配列部427bにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第2密配列部428bから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、基材9上に記録された画像において、接続範囲420における上述の濃度変化が認識されることを抑制することができる。

0112

図15に示す例では、さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cにおいて、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、ヘッド共用範囲460である第2粗密重複範囲462の第2粗配列部427bにて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第2密配列部428bから配列方向に離れるに従って減少する。また、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、ヘッド共用範囲460である第1粗密重複範囲461の第1粗配列部427aにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第1密配列部428aから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、基材9上に記録された画像において、接続範囲420における上述の濃度変化が認識されることをより一層抑制することができる。

0113

図16に示す例では、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、ヘッド共用範囲460である第2粗密重複範囲462の第2粗配列部427bにて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第2密配列部428bから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、基材9上に記録された画像において、接続範囲420における上述の濃度変化が認識されることをより一層抑制することができる。

0114

図15および図16に示す例では、第1ヘッドアッセンブリ42aにおいて、ヘッド共用範囲460の第1粗配列部427aの吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、ヘッド共用範囲460の第2粗配列部427bの吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、ヘッドユニット4において吐出口の使用または不使用を容易に決定することができる。

0115

図15に示す例では、さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cにおいて、ヘッド共用範囲460の第2粗配列部427bの吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、ヘッド共用範囲460の第1粗配列部427aの吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、ヘッドユニット4において吐出口の使用または不使用を、より一層容易に決定することができる。

0116

図16に示す例では、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、ヘッド共用範囲460の第2粗配列部427bの吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、ヘッドユニット4において吐出口の使用または不使用を、より一層容易に決定することができる。

0117

図15および図16に示す例では、第1ヘッドアッセンブリ42aの密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aであり、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。また、第2ヘッドアッセンブリ42bの密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bであり、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、接続範囲420における白抜けの発生を抑制しつつ、接続範囲420における上述の濃度変化が認識されることを抑制することができる。また、密重複範囲429において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの双方が画像の記録に使用されることを避けることにより、すなわち、密重複範囲429をヘッド共用範囲460に含めないことにより、複数のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0118

図15に示す例では、さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cの密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bであり、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、第4ヘッドアッセンブリ42dの密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aであり、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。これにより、接続範囲420における白抜けの発生をさらに抑制しつつ、接続範囲420における上述の濃度変化が認識されることを、より一層抑制することができる。また、複数のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0119

図16に示す例では、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dの密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bであり、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。これにより、接続範囲420における白抜けの発生をさらに抑制しつつ、接続範囲420における上述の濃度変化が認識されることを、より一層抑制することができる。

0120

図1に示すインクジェットプリンタ1における画像形成処理では、供給部31から基材9の連続する部位が順次引き出され、各部位(以下、「対象部位」という。)は、蛇行補正部33を経由して基材案内部34へと到達する。基材案内部34において、対象部位は、案内面341に接触しつつ移動方向に沿って移動し、基材案内部34に対向するヘッドユニット4により、対象部位に対して画像が記録される。具体的には、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42d(図15および図16参照)により、対象部位にシアン、マゼンタ、イエローおよびブラックの画像が記録される。その後、対象部位は硬化部35へと移動し、インクの硬化が行われる。そして、巻取部32にて対象部位が巻き取られ、対象部位に対する画像形成が完了する。

0121

各ヘッドアッセンブリ42では、移動方向に垂直な方向における基材9の画像記録領域の幅の全体に亘って吐出口426(図7参照)が配列される。インクジェットプリンタ1では、記録制御部83(図2参照)により搬送機構2とヘッドユニット4の4つのヘッドアッセンブリ42とが制御されることにより、基材9がヘッドユニット4の下方を1回通過するのみで、基材9に対する画像記録が完了する。換言すれば、基材9が、ヘッドユニット4(すなわち、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42d)に対して1回だけ移動方向に相対的に移動することにより、基材9に画像が記録される。このように、インクジェットプリンタ1では、いわゆるシングルパス印刷が実現されるため、短時間にて画像形成を行うことができる。

0122

上述のように、インクジェットプリンタ1では、配列方向に隣接する2つの吐出ヘッド421の接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。このため、インクジェットプリンタ1の構造は、接続範囲420における筋ムラが比較的目立ちやすいシングルパス方式のインクジェットプリンタに特に適している。

0123

インクジェットプリンタ1の製造(あるいは、メンテナンス)では、ヘッドユニット4の組み立てが終了すると、試験用の基材に対する試験的な画像記録が行われる。試験用の基材に対する記録結果は、制御部8に入力される。制御部8では、試験用の基材に対する記録結果と、図2に示す記憶部81に予め記憶されている情報に基づいて、各ヘッドアッセンブリ42の各接続範囲420(図9参照)における吐出口426の使用または不使用が、吐出管理部82(図2参照)により決定される。以下では、4つのヘッドアッセンブリ42における吐出口426の使用または不使用が、図15に示す例のように決定されるものとして説明する。試験用の基材としては、上述の連続シート状の基材9の一部が利用されてもよく、基材9とは別の基材が利用されてもよい。

0124

上述の記憶部81内の情報は、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにそれぞれ係る第1〜第4の関係情報である。第1の関係情報は、第1ヘッドアッセンブリ42aの各接続範囲420における第1吐出ヘッド421aの吐出口426と第2吐出ヘッド421bの吐出口426との移動方向における複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する第1粗配列部427aの吐出口426の使用状態との関係を含む。第2の関係情報は、第2ヘッドアッセンブリ42bの各接続範囲420における第1吐出ヘッド421aの吐出口426と第2吐出ヘッド421bの吐出口426との移動方向における複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する第2粗配列部427bの吐出口426の使用状態との関係を含む。

0125

第3の関係情報は、第3ヘッドアッセンブリ42cの各接続範囲420における第1吐出ヘッド421aの吐出口426と第2吐出ヘッド421bの吐出口426との移動方向における複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する第2粗配列部427bの吐出口426の使用状態との関係を含む。第4の関係情報は、第4ヘッドアッセンブリ42dの各接続範囲420における第1吐出ヘッド421aの吐出口426と第2吐出ヘッド421bの吐出口426との移動方向における複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する第1粗配列部427aの吐出口426の使用状態との関係を含む。

0126

複数の重なり状態には、例えば、図9および図10に示す所望の重なり状態、すなわち、設計時の重なり状態が含まれる。また、設計時の重なり状態から吐出ヘッド421が図13に示すように配列方向にずれた重なり状態も、上記複数の重なり状態に含まれる。さらに、設計時の重なり状態から様々にずれた重なり状態も、複数の重なり状態に含まれる。

0127

第1および第4の関係情報における第1粗配列部427aの吐出口426の使用状態とは、第1吐出ヘッド421aと第2吐出ヘッド421bとが一の重なり状態となった際に、第1粗配列部427aの複数の吐出口426のうち、いずれの吐出口426が使用吐出口426aとされるかを示す情報である。第2および第3の関係情報における第2粗配列部427bの吐出口426の使用状態とは、第1吐出ヘッド421aと第2吐出ヘッド421bとが一の重なり状態となった際に、第2粗配列部427bの複数の吐出口426のうち、いずれの吐出口426が使用吐出口426aとされるかを示す情報である。

0128

第1〜第4の関係情報は、上述の試験的な画像記録が行われるよりも前に、作業者により以下のように予め設定されて記憶部81に記憶される。吐出口426の使用状態は、各重なり状態に対応させて決定される。例えば、図10に示す設計時の重なり状態には、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、第1粗配列部427aの全ての吐出口426が使用される状態が対応付けられる。また、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cにおいて、第1粗配列部427aの全ての吐出口426が不使用とされる状態も対応付けられる。第1〜第4の関係情報は、例えば、テーブル形式にて記憶部81に記憶される。

0129

第1〜第4の関係情報は、上述の複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する密重複範囲429における第1密配列部428aの吐出口426の使用状態との関係も含む。例えば、図10に示す設計時の重なり状態には、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、密重複範囲429における第1密配列部428aの全ての吐出口426が使用される状態が対応付けられる。また、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cにおいて、密重複範囲429における第1密配列部428aの全ての吐出口426が不使用とされる状態が対応付けられる。

0130

第1〜第4の関係情報は、さらに、上述の複数の重なり状態と、各重なり状態に対応する第2粗配列部427bの吐出口426の使用状態との関係も含む。例えば、図10に示す設計時の重なり状態には、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、第2粗配列部427bの全ての吐出口426が不使用とされる状態が対応付けられる。また、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cにおいて、第2粗配列部427bの全ての吐出口426が使用される状態が対応付けられる。

0131

なお、第1〜第4の関係情報は、上述の各関係を実質的に含むのであれば、実際にどのような形態にて記憶部81に記憶されていてもよい。

0132

各ヘッドアッセンブリ42において吐出口426の使用または不使用が決定される際には、既述のように、試験用の基材に対する各ヘッドアッセンブリ42による試験的な画像記録結果に基づいて、各ヘッドアッセンブリ42における第1吐出ヘッド421aの複数の吐出口426と、第2吐出ヘッド421bの複数の吐出口426との重なり状態が求められる。そして、第1ヘッドアッセンブリ42aにおける当該重なり状態、および、第1の関係情報に基づいて、吐出管理部82により、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗配列部427a、密重複範囲429における第1密配列部428a、および、第2粗配列部427bの各吐出口426の使用または不使用が決定される。このとき、第1粗配列部427aの各吐出口426、および、密重複範囲429における第1密配列部428aの各吐出口426は使用と決定され、第2粗配列部427bの各吐出口426は不使用と決定される。

0133

また、第2ヘッドアッセンブリ42bにおける当該重なり状態、および、第2の関係情報に基づいて、吐出管理部82により、第2ヘッドアッセンブリ42bの第1粗配列部427a、密重複範囲429における第1密配列部428a、および、第2粗配列部427bの各吐出口426の使用または不使用が決定される。このとき、第1粗配列部427aの各吐出口426、および、密重複範囲429における第1密配列部428aは不使用と決定され、第2粗配列部427bの各吐出口426は使用と決定される。第3ヘッドアッセンブリ42cでは第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第4ヘッドアッセンブリ42dでは第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、上記各吐出口426の使用または不使用が決定される。

0134

続いて、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、第2密配列部428bの複数の吐出口426のうち、第1粗配列部427aと移動方向に重なる各吐出口426(すなわち、第1粗密重複範囲461に含まれる吐出口426)の使用または不使用が決定される。具体的には、第2密配列部428bにおいて、第1粗配列部427aの吐出口426と移動方向に重なる吐出口426については、第1粗配列部427aの吐出口426が使用される場合は不使用と決定され、第1粗配列部427aの吐出口426が不使用である場合は使用と決定される。一方、第1粗密重複範囲461において第1粗配列部427aの吐出口426と移動方向に重ならない吐出口426については、全ての吐出口426が使用と決定される。第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1粗密重複範囲461における第2密配列部428bの各吐出口426は使用と決定される。

0135

次に、各ヘッドアッセンブリ42において、第2密配列部428bの複数の吐出口426のうち、密重複範囲429において第1密配列部428aと移動方向に重なる各吐出口426の使用または不使用が決定される。第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、密重複範囲429における第2密配列部428bの各吐出口426は不使用と決定される。第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、密重複範囲429における第2密配列部428bの各吐出口426は使用と決定される。

0136

さらに、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cにおいて、第1密配列部428aの複数の吐出口426のうち、第2粗配列部427bと移動方向に重なる各吐出口426(すなわち、第2粗密重複範囲462に含まれる吐出口426)の使用または不使用が決定される。具体的には、第1密配列部428aにおいて、第2粗配列部427bの吐出口426と移動方向に重なる吐出口426については、第2粗配列部427bの吐出口426が使用される場合は不使用と決定され、第2粗配列部427bの吐出口426が不使用である場合は使用と決定される。一方、第2粗密重複範囲462において第2粗配列部427bの吐出口426と移動方向に重ならない吐出口426については、全ての吐出口426が使用と決定される。第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第2粗密重複範囲462における第1密配列部428aの各吐出口426は使用と決定される。

0137

基材9に対する画像記録では、吐出管理部82による使用または不使用の決定に基づいて、使用することが決定された各ヘッドアッセンブリ42の吐出口426から、基材9にインクの微小液滴が吐出される。このように、インクジェットプリンタ1では、設計時の重なり状態とは異なる可能性がある実際の重なり状態に合わせて、各ヘッドアッセンブリ42の吐出口426の使用または不使用を、吐出管理部82により自動的に決定することができる。第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタにおいても同様である。

0138

次に、本発明の第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタについて説明する。第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタは、図1に示すインクジェットプリンタ1と同様の構造を有し、以下の説明では、対応する構成に同符号を付す。第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、各ヘッドアッセンブリ42の各吐出ヘッド421(すなわち、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421b)の各吐出口426から吐出されるインクの微小液滴のサイズが、「大サイズ」、「中サイズ」、「小サイズ」の3種類の間で切り換え可能である。

0139

当該インクジェットプリンタでは、インクの微小液滴のサイズが切り替えられることにより、インクの微小液滴により基材9上に記録されるドットのサイズが変更される。大サイズのインクの微小液滴により記録されるドットは、インクジェットプリンタにおいて表現可能な最大サイズのドットである。小サイズのインクの微小液滴により記録されるドットは、インクジェットプリンタにおいて表現可能な最小サイズのドットである。中サイズのインクの微小液滴により記録されるドットは、最大サイズのドットよりも小さく、最小サイズのドットよりも大きい。以下の説明では、大サイズ、中サイズおよび小サイズのインクの微小液滴により基材9に記録されるドットをそれぞれ、「大ドット」、「中ドット」および「小ドット」という。

0140

図17は、図9と同様に、1つのヘッドアッセンブリ42において、配列方向に隣接する2つの吐出ヘッド421(すなわち、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421b)の端部近傍を模式的に示す底面図である。図17に示す接続範囲420には、図9に示す接続範囲420と同様に、第1粗配列部427aの21個の吐出口426をそれぞれ含む21個の重複吐出口対、密重複範囲429の4個の重複吐出口対、および、第2粗配列部427bの21個の吐出口426をそれぞれ含む21個の重複吐出口対が存在する。

0141

第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1粗密重複範囲461の21個の重複吐出口対のそれぞれにおいて、一方の吐出口426が画像の記録に主として使用され、他方の吐出口426は補助的に使用される。密重複範囲429の4個の重複吐出口対では、第1密配列部428aの4個の吐出口426が画像の記録に使用され、第2密配列部428bの4個の吐出口426は使用されない。第2粗密重複範囲462の21個の重複吐出口対では、第1密配列部428aの21個の吐出口426が画像の記録に使用され、第2粗配列部427bの21個の吐出口426は使用されない。

0142

第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1粗密重複範囲461の21個の重複吐出口対のそれぞれにおいて、第1粗配列部427aの21個の吐出口426は画像の記録には使用されず、第2密配列部428bの21個の吐出口426は画像の記録に使用される。密重複範囲429の4個の重複吐出口対では、第2密配列部428bの4個の吐出口426が画像の記録に使用され、第1密配列部428aの4個の吐出口426は使用されない。第2粗密重複範囲462の21個の重複吐出口対では、一方の吐出口426が画像の記録に主として使用され、他方の吐出口426は補助的に使用される。

0143

以下、基材9に対する画像の記録に主として使用される吐出口を「使用吐出口」といい、基材9に対する画像の記録に使用されない吐出口を「不使用吐出口」という。また、基材9に対する画像の記録に補助的に使用される吐出口を「補助吐出口」という。使用吐出口は、画像の記録に使用される主たる吐出口であり、補助吐出口は、筋ムラを抑制するために使用吐出口による画像の記録を補助する吐出口である。接続範囲420において、一方の吐出ヘッド421の吐出口のうち、他方の吐出ヘッド421の吐出口と移動方向に重ならない吐出口は全て使用吐出口である。また、第1密配列部428aおよび第2密配列部428bの吐出口のうち、接続範囲420に含まれない吐出口426は全て使用吐出口である。

0144

図18は、図17に示す接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置を示す図である。図18中では、使用吐出口に符号426aを付し、不使用吐出口に符号426bおよび×印を付す。また、補助吐出口を符号426cを付した三角にて示す。図19図30においても同様である。上述の4つのヘッドアッセンブリ42ではそれぞれ、他のヘッドアッセンブリ42から独立して、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口を設定することができる。以下、第1ヘッドアッセンブリ42aにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置について説明する。第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置については後述する。

0145

図18に示すように、第1ヘッドアッセンブリ42aでは、接続範囲420の第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口426のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は補助吐出口426cであり、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口は、使用吐出口426aである。

0146

第1ヘッドアッセンブリ42aでは、接続範囲420の密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。また、第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0147

第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461では、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである必要はなく、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。例えば、第1粗配列部427aの複数の吐出口のうち、一部の吐出口が使用吐出口426aであり、他の吐出口が補助吐出口426cであってもよい。この場合、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が補助吐出口426cである。また、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの補助吐出口426cと移動方向に重なる吐出口、および、第1粗配列部427aの吐出口と移動方向に重ならない吐出口が使用吐出口426aである。換言すれば、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが、使用吐出口426aである。

0148

ところで、第1の実施の形態に係るインクジェットプリンタ1では、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍でない場合、上述のように、各吐出口426の使用および不使用の決定による当該取付位置のずれの補正が行われた後であっても、配列ピッチ未満の位置ずれが残り、当該位置ずれの影響により、接続範囲420において、僅かな白抜けが生じる可能性がある。以下の説明では、上述の各吐出口426の使用および不使用の決定による当該取付位置のずれの補正が行われた後に残存する位置ずれを、「補正後位置ずれ」という。

0149

図19は、第1の実施の形態に係るインクジェットプリンタ1の接続範囲420の一部の吐出口426により基材9上に形成されたドット96を示す図である。図19では、基材9上に記録された複数のドット96を中実丸にて示し、各ドット96の記録に利用される第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの吐出口を、ドット96の下方に模式的に描く。図19では、第1粗配列部427aおよび第1密配列部428aの使用吐出口426a、並びに、第2密配列部428bの使用吐出口426aおよび不使用吐出口426bを示す。図19では、第1粗配列部427a、第1密配列部428aおよび第2密配列部428bを二点鎖線にて囲む(図20図23図26および図29においても同様)。図19中において、上述の補正後位置ずれによりドット96間に形成された隙間が、基材9の移動方向(図19中の上下方向)に連続することにより、白抜け97が生じる。このような僅かな白抜け97は、上述のように、基材9上では認識されにくいが、認識される可能性もある。

0150

一方、第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、画像データに合わせて(すなわち、基材9上の描画位置に対応する画像データの画素階調値に合わせて)、図18に示す使用吐出口426aからのインクの微小液滴の吐出および不吐出が切り替えられ、吐出が行われる場合には、インクの微小液滴のサイズが切り替えられる。接続範囲420の第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対では、第1粗配列部427aの使用吐出口426aから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、第2密配列部428bの補助吐出口426cから、当該各描画位置に向けて画像データとは無関係に小サイズのインクの微小液滴が吐出される。

0151

第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対では、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aからインクの吐出が行われない場合、補助吐出口426cからのインクの吐出も行われない。上記所定のサイズは、大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである。また、補助吐出口426cから画像データとは無関係に吐出されるインクの微小液滴のサイズは、中サイズであってもよい。補助吐出口426cから画像データとは無関係に吐出されるインクの微小液滴のサイズは、上記所定のサイズ以下であることが好ましい。

0152

第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、上記所定のサイズ、および、補助吐出口426cから吐出されるインクの微小液滴のサイズの組み合わせが、各ヘッドアッセンブリ42について予め決定され、制御部8の記憶部81(図2参照)に記憶される。そして、記憶部81に記憶された当該組み合わせ情報に基づき、記録制御部83が搬送機構2およびヘッドユニット4を制御することにより、基材9に対する画像の記録が行われる。

0153

図20は、図18に示す接続範囲420の一部の吐出口426により基材9上に形成されたドット96を示す図である。図20では、上述の組み合わせが、上記所定のサイズが小サイズであり、補助吐出口426cから吐出されるインクの微小液滴のサイズが小サイズである場合を示す。すなわち、第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対の各重複吐出口対において、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aから大サイズ、中サイズおよび小サイズのうちいずれかのサイズのインクの微小液滴が吐出される場合、第2吐出ヘッド421bの補助吐出口426cから小サイズのインクの微小液滴が吐出される。また、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aからインクが吐出されない場合、第2吐出ヘッド421bの補助吐出口426cからもインクは吐出されない。

0154

図20では、図19と同様に、基材9上に記録された複数のドット96を中実丸にて示し、各ドット96の記録に利用される第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの吐出口を、ドット96の下方に模式的に描く。図20では、第1粗配列部427aおよび第1密配列部428aの使用吐出口426a、並びに、第2密配列部428bの使用吐出口426aおよび補助吐出口426cを示す。また、図21は、補助吐出口426cからのインクの吐出が行われなかったと仮定した場合の基材9上のドット96を示す図である。図21描画形式は、図19および図20と同様である(図22図23図26および図29においても同様)。

0155

図20に示すように、第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対において、使用吐出口426aから吐出されるインクの微小液滴のサイズが小サイズ以上である場合に、補助吐出口426cから小サイズのインクが吐出される。これにより、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが、配列ピッチの整数倍ではない場合であっても、補助吐出口426cからのインクの吐出が行われない場合(図21参照)に比べて、上述の補正後位置ずれによる白抜け等の筋ムラを抑制することができる。上記取付位置のずれが配列ピッチの整数倍である場合は、第1の実施の形態と同様に、接続範囲420における筋ムラを抑制することができる。その結果、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。

0156

また、第1粗密重複範囲461では、第1吐出ヘッド421aの吐出口、および、第2吐出ヘッド421bの吐出口の双方が、基材9に対する画像の記録に使用される。これにより、基材9上の第1粗密重複範囲461に対応する領域において、第1吐出ヘッド421aからのインクによる画像と、第2吐出ヘッド421bからのインクによる画像とが混在する。その結果、吐出ヘッド間の機械的特性の差等に起因する画像の濃度変化が、画像を見る人に認識されることを抑制することができる。

0157

第1粗密重複範囲461では、第1粗配列部427aにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第1密配列部428aから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、第1粗配列部427aでは、第1密配列部428aから離れるに従って、単位長さ当たりに含まれるに第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aの数が減少し、第2吐出ヘッド421bの使用吐出口426aの数が増加する。その結果、上述の濃度変化が生じる場合であっても、第1粗密重複範囲461における濃度変化は徐々に生じるため、画像を見る人に濃度変化が認識されることをさらに抑制することができる。

0158

第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、仮に濃度補正を行わないとすると、基材9上において第1粗密重複範囲461に対応する領域(以下、「補助吐出領域」という。)に、補助吐出口426cから吐出される小サイズのインクの微小液滴の分だけ、他の領域よりも多くインクが付与される。その結果、補助吐出領域の濃度が所望の濃度よりも高くなる。そこで、補助吐出領域に向けて吐出されるインクの総量を、補助吐出口426cから吐出されるインク量に相当するインク量だけ減少させるように、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口426について、インクの吐出量または吐出頻度を低減する濃度補正が行われる。これにより、補助吐出領域についても適正な濃度にて画像が記録される。

0159

図22および図23はそれぞれ、上述の組み合わせ情報として他の情報が記憶部81に記憶された場合に、接続範囲420の一部の吐出口426により基材9上に形成されたドット96を示す図である。図22に示す例では、第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対において、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aから大サイズ、中サイズおよび小サイズのうちいずれかのサイズのインクの微小液滴が吐出される場合、第2吐出ヘッド421bの補助吐出口426cから中サイズのインクの微小液滴が吐出される。また、第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対において、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aからインクの吐出が行われない場合、補助吐出口426cからのインクの吐出も行われない。これにより、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍ではない場合に、図20に示す例よりもさらに、接続範囲420における白抜け等の筋ムラを抑制することができる。一方、補助吐出口426cから補助吐出領域に吐出されるインクの総量は多くなるため、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口426に対する濃度補正の際の補正量は増大する。

0160

図23に示す例では、第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対において、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aから大サイズのインクの微小液滴が吐出される場合、第2吐出ヘッド421bの補助吐出口426cから小サイズのインクの微小液滴が吐出される。また、第1粗密重複範囲461の各重複吐出口対において、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aから中サイズまたは小サイズのインクの微小液滴が吐出される場合、あるいは、インクの吐出が行われない場合、補助吐出口426cからのインクの吐出も行われない。これにより、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍ではない場合に、図20に示す例よりも抑制の程度は小さくなるが、接続範囲420における白抜け等の筋ムラを抑制することができる。一方、補助吐出口426cから補助吐出領域に吐出されるインクの総量は少なくなるため、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口426に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0161

図24は、第2ヘッドアッセンブリ42bの接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置を模式的に示す図である。図24に示すように、第2ヘッドアッセンブリでは、接続範囲420の第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0162

第2ヘッドアッセンブリ42bでは、接続範囲420の第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は補助吐出口426cであり、第2粗配列部427bの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は、使用吐出口426aである。

0163

第2ヘッドアッセンブリ42bの第2粗密重複範囲462では、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである必要はなく、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。例えば、第2粗配列部427bの複数の吐出口のうち、一部の吐出口が使用吐出口426aであり、他の吐出口が補助吐出口426cであってもよい。この場合、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が補助吐出口426cである。また、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの補助吐出口426cと移動方向に重なる吐出口、および、第2粗配列部427bの吐出口と移動方向に重ならない吐出口が使用吐出口426aである。換言すれば、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが、使用吐出口426aである。

0164

接続範囲420の第2粗密重複範囲462の各重複吐出口対では、第2粗配列部427bの使用吐出口426aから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、第1密配列部428aの補助吐出口426cから、当該各描画位置に向けて画像データとは無関係に、小サイズまたは中サイズのインクの微小液滴が吐出される。当該所定のサイズは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである。

0165

このように、第2ヘッドアッセンブリでは、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が補助吐出口426cとされる。これにより、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが、配列ピッチの整数倍ではない場合であっても、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、上述の補正後位置ずれによる白抜け等の筋ムラを抑制することができる。上記取付位置のずれが配列ピッチの整数倍である場合は、第1の実施の形態と同様に、接続範囲420における筋ムラを抑制することができる。その結果、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。

0166

また、第2ヘッドアッセンブリの第2粗密重複範囲462では、第1吐出ヘッド421aの吐出口、および、第2吐出ヘッド421bの吐出口の双方が、基材9に対する画像の記録に使用される。これにより、基材9上の第2粗密重複範囲462に対応する領域において、第1吐出ヘッド421aからのインクによる画像と、第2吐出ヘッド421bからのインクによる画像とが混在する。その結果、吐出ヘッド間の機械的特性の差等に起因する画像の濃度変化が、画像を見る人に認識されることを抑制することができる。

0167

第2ヘッドアッセンブリ42bにおいても、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、補助吐出領域に向けて吐出されるインクの総量を、補助吐出口426cから吐出されるインク量に相当するインク量だけ減少させるように、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口426について、インクの吐出量または吐出頻度を低減する濃度補正が行われる。これにより、補助吐出領域についても適正な濃度にて画像が記録される。

0168

第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第2粗配列部427bにおいて、配列方向における単位長さ当たりの吐出口数が、第2密配列部428bから配列方向に離れるに従って減少する。これにより、第2粗密重複範囲462では、第2密配列部428bから離れるに従って、単位長さ当たりに含まれるに第2吐出ヘッド421bの使用吐出口426aの数が減少し、第1吐出ヘッド421aの使用吐出口426aの数が増加する。その結果、上述の濃度変化が生じる場合であっても、第2粗密重複範囲462における濃度変化は徐々に生じるため、画像を見る人に濃度変化が認識されることをさらに抑制することができる。

0169

図示は省略するが、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置が、上述の第2ヘッドアッセンブリ42bと同様である。すなわち、第3ヘッドアッセンブリ42cの接続範囲420では、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。また、密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0170

第3ヘッドアッセンブリ42cでは、接続範囲420の第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は補助吐出口426cであり、第2粗配列部427bの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は使用吐出口426aである。第2粗密重複範囲462では、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。この場合、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が補助吐出口426cであり、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0171

図示は省略するが、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置が、上述の第1ヘッドアッセンブリ42aと同様である。すなわち、第4ヘッドアッセンブリの接続範囲420では、第1粗密重複範囲461において、第1粗配列部427aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。第1粗密重複範囲461では、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口は補助吐出口426cであり、第1粗配列部427aの吐出口と移動方向に重ならない吐出口は使用吐出口426aである。第1粗密重複範囲461では、第1粗配列部427aの複数の吐出口が使用吐出口426aを含んでいればよい。この場合、第2密配列部428bの複数の吐出口のうち、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が補助吐出口426cであり、第1粗配列部427aの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0172

第4ヘッドアッセンブリ42dでは、密重複範囲429において、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。密重複範囲429では、第2密配列部428bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。また、接続範囲420の第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口の全てが不使用吐出口426bである。第2粗密重複範囲462では、第1密配列部428aの複数の吐出口の全てが使用吐出口426aである。

0173

第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいても、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。

0174

第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、第1の実施の形態と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dが、図15に示すように配列される。上述のように、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、接続範囲420の第1粗密重複範囲461がヘッド共用範囲460(すなわち、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの双方が画像の記録に使用される範囲)である。第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、接続範囲420の第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲460である。第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、各ヘッド共用範囲460において、補助吐出口426cによる画像記録の補助が行われる。

0175

第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、第1の実施の形態と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。その結果、配列方向に隣接する第1吐出ヘッド421aと第2吐出ヘッド421bとの接続範囲420における印刷品質の低下を抑制することができる。

0176

さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とし、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0177

上述のように、図15は、色料の3原色(すなわち、シアン、マゼンタおよびイエロー)に対応する第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cのそれぞれの接続範囲420において、第1ヘッドアッセンブリ42aによる筋ムラが目立ちやすい、と仮定した場合のヘッドユニット4の一例である(図16においても同様)。

0178

図15に示す例では、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と3原色の他色のヘッド共用範囲460とが移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0179

ブラックのインクを吐出する第4ヘッドアッセンブリ42dのヘッド共用範囲460は、図16に示すように、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cと同様に、第2粗密重複範囲462であってもよい。図16に示す例では、上述のように、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461がヘッド共用範囲460である。第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでは、上述のように、第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲460である。

0180

図16に示す例では、図15に示す例と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。さらに、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dでも、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0181

図16に示す例では、3原色のうち筋ムラが目立ちやすいシアンの第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、3原色の他色であるマゼンタの第2ヘッドアッセンブリ42bおよびイエローの第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、図15に示す例と同様に、3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と3原色の他色のヘッド共用範囲460とが移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0182

第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、各ヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460において、必ずしも各重複吐出口対の一方の吐出口が補助吐出口426cである必要はない。以下、補助吐出口426cの他の好ましい配置例について説明する。

0183

図17に示すように、第1粗配列部427aの複数の吐出口426は、上記配列ピッチにて配列方向に並ぶ使用吐出口426aの集合である使用吐出口列441〜445を含む。使用吐出口列441〜445に含まれる使用吐出口426aの数はそれぞれ、6個、5個、4個、3個、2個である。以下、各使用吐出口列441〜445において、配列方向の両端部に位置する2つの使用吐出口をそれぞれ「端部使用吐出口」と呼ぶ。また、第1粗配列部427aにおいて、孤立した1つの使用吐出口426a、すなわち、X方向の両側において配列ピッチにて隣接する他の使用吐出口426aが存在しない使用吐出口426aも「端部使用吐出口」と呼ぶ。

0184

図25は、第1ヘッドアッセンブリ42aの接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を示す図である。図25に示す例では、第2吐出ヘッド421bの第2密配列部428bにおいて上記使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、各使用吐出口列441〜445の2つの端部使用吐出口426dと移動方向に重なる複数の吐出口がそれぞれ補助吐出口426cである。また、上述の孤立した端部使用吐出口426dと移動方向に重なる吐出口も補助吐出口426cである。

0185

一方、第2密配列部428bにおいて使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、上記補助吐出口426cを除く他の全ての吐出口(すなわち、端部使用吐出口426dと移動方向に重ならない吐出口)は、基材9に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口426bである。図25に示す例では、第1粗密重複範囲461における使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置は上述の通りであり、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462における当該配置は、図18に示す配置と同様である。

0186

図25に示す例では、第1粗密重複範囲461の複数の重複吐出口対のうち、端部使用吐出口426dおよび補助吐出口426cを含む重複吐出口対において、図18に示す例と同様に、端部使用吐出口426dから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、補助吐出口426cから、各描画位置に向けて画像データとは無関係に小サイズまたは中サイズのインクの微小液滴が吐出される。当該所定のサイズは、図18に示す例と同様に、大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである。

0187

図26は、図25に示す接続範囲420の一部の吐出口により基材9上に形成されたドット96を示す図である。図26に示す例では、図20に示す例と同様に、上記所定のサイズ、および、補助吐出口426cから吐出されるインクの微小液滴のサイズが、共に小サイズである。換言すれば、端部使用吐出口426dから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである場合、補助吐出口426cから、各描画位置に向けて小サイズのインクの微小液滴が吐出される。また、端部使用吐出口426dからインクの吐出が行われない場合、補助吐出口426cからもインクの吐出は行われない。

0188

図26に示す例では、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍ではない場合であっても、図20に示す例と同程度に、白抜け等の筋ムラを抑制することができる。その結果、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。一方、基材9の補助吐出領域に補助吐出口426cから吐出されるインクの総量は、図20に示す例よりも少なくなる。このため、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0189

図27は、第2ヘッドアッセンブリ42bの接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置を示す図である。図27に示す例では、第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口が、図25に示す第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗配列部427aと同様に、使用吐出口列441〜445を含む。第1吐出ヘッド421aの第1密配列部428aでは、使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、各使用吐出口列441〜445の2つの端部使用吐出口426dと移動方向に重なる複数の吐出口がそれぞれ補助吐出口426cである。また、上述の孤立した端部使用吐出口426dと移動方向に重なる吐出口も補助吐出口426cである。

0190

一方、第1密配列部428aにおいて使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、上記補助吐出口426cを除く他の全ての吐出口(すなわち、端部使用吐出口426dと移動方向に重ならない吐出口)は不使用吐出口426bである。図27に示す例では、第2粗密重複範囲462における使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置は上述の通りであり、密重複範囲429および第1粗密重複範囲461における当該配置は、図24に示す配置と同様である。

0191

図27に示す例では、第2粗密重複範囲462の複数の重複吐出口対のうち、端部使用吐出口426dおよび補助吐出口426cを含む重複吐出口対において、図25に示す例と同様に、端部使用吐出口426dから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、補助吐出口426cから、各描画位置に向けて画像データとは無関係に小サイズまたは中サイズのインクの微小液滴が吐出される。当該所定のサイズは、大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである。

0192

図27に示す例では、図25に示す例と同様に、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍ではない場合であっても、白抜け等の筋ムラを抑制することができる。その結果、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。また、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0193

図示は省略するが、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置が、上述の第2ヘッドアッセンブリ42bと同様である。また、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、当該配置が上述の第1ヘッドアッセンブリ42aと同様である。第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリにおいても、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができるとともに、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0194

各ヘッドアッセンブリ42における使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置が図25または図27に示す配置である場合も、上記と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dが、図15に示すように配列される。図15に示す例では、上述のように、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0195

また、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とし、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0196

さらに、図15に示すように第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cを配置することにより、3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と3原色の他色のヘッド共用範囲460とが移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0197

第4ヘッドアッセンブリ42dにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置は、図27に示す第2ヘッドアッセンブリ42bにおける配置と同様であってもよい。この場合、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dは、図16に示すように配列される。そして、上記と同様に、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0198

図28は、第1ヘッドアッセンブリ42aの接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を示す図である。図28に示す例では、第2吐出ヘッド421bの第2密配列部428bにおいて使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、各使用吐出口列441〜445の一方の端部使用吐出口426dと移動方向に重なる複数の吐出口がそれぞれ補助吐出口426cである。また、第1粗配列部427aにおいて孤立した端部使用吐出口426dと移動方向に重なる第2密配列部428bの吐出口も補助吐出口426cである。

0199

一方、第2密配列部428bにおいて使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、上記補助吐出口426cを除く他の全ての吐出口は、基材9に対する画像の記録に使用されない不使用吐出口426bである。図28に示す例では、第1粗密重複範囲461における使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置は上述の通りであり、密重複範囲429および第2粗密重複範囲462における当該配置は、図18に示す配置と同様である。

0200

図28に示す例では、第2密配列部428bにおいて各使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、(−X)側の端部使用吐出口426dと移動方向に重なる複数の吐出口のみが補助吐出口426cである。逆に、第2密配列部428bにおいて各使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、(+X)側の端部使用吐出口426dと移動方向に重なる複数の吐出口のみが補助吐出口426cとされてもよい。

0201

第2密配列部428bにおいて、補助吐出口426cが使用吐出口列441〜445の(−X)側の端部使用吐出口426dと重なる位置に配置されるか、(+X)側の端部使用吐出口426dと重なる位置に配置されるかは、第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタの製造時に決定される。

0202

具体的には、まず、第1の実施の形態と同様に、試験用の基材に対する試験的な画像記録が行われ、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれに基づいて、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bの各吐出口426の使用および不使用が決定される。これにより、上記取付位置のずれが配列ピッチの整数倍分だけ補正され、上記取付位置のずれによる筋ムラの発生等の影響が、取付位置のずれが配列ピッチ未満の場合と同程度まで低減される。

0203

続いて、試験用の基材に対する試験的な画像記録が再度行われ、第1吐出ヘッド421aの各吐出口426と、第2吐出ヘッド421bの各吐出口との配列方向における位置ずれ(すなわち、上述の補正後位置ずれ)が求められる。補正後位置ずれは、配列ピッチ未満である。そして、図28に示すように、第1粗配列部427aの吐出口426が設けられていない領域(以下、「吐出口非存在領域」という。)と移動方向に重なる第2密配列部428bの吐出口が、吐出口非存在領域に対して(−X)側にずれている場合、第2密配列部428bにおいて各使用吐出口列441〜445の(−X)側の端部使用吐出口426dと移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口426cと決定される。逆に、第1粗配列部427aの吐出口非存在領域と移動方向に重なる第2密配列部428bの吐出口が、吐出口非存在領域に対して(+X)側にずれている場合、第2密配列部428bにおいて各使用吐出口列441〜445の(+X)側の端部使用吐出口426dと移動方向に重なる吐出口がそれぞれ補助吐出口426cと決定される。

0204

図28に示す例では、第1粗密重複範囲461の複数の重複吐出口対のうち、各使用吐出口列441〜445の(−X)側の端部使用吐出口426dおよび補助吐出口426cを含む重複吐出口対、並びに、孤立する端部使用吐出口426dおよび補助吐出口426cを含む重複吐出口対において、図18および図25に示す例と同様に、端部使用吐出口426dから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、補助吐出口426cから、各描画位置に向けて画像データとは無関係に小サイズまたは中サイズのインクの微小液滴が吐出される。当該所定のサイズは、大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである。

0205

図29は、図28に示す接続範囲420の一部の吐出口により基材9上に形成されたドット96を示す図である。図29に示す例では、図20および図26に示す例と同様に、上記所定のサイズ、および、補助吐出口426cから吐出されるインクの微小液滴のサイズが、共に小サイズである。換言すれば、補助吐出口426cと移動方向に重なる端部使用吐出口426dから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである場合、補助吐出口426cから、各描画位置に向けて小サイズのインクの微小液滴が吐出される。また、補助吐出口426cと移動方向に重なる端部使用吐出口426dからインクの吐出が行われない場合、補助吐出口426cからもインクの吐出は行われない。

0206

図29に示す例では、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍ではない場合であっても、図20および図26に示す例と同程度に、白抜け等の筋ムラを抑制することができる。その結果、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。一方、基材9の補助吐出領域に補助吐出口426cから吐出されるインクの総量は、図20および図26に示す例よりも少なくなる。このため、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口426に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0207

図30は、第2ヘッドアッセンブリ42bの接続範囲420およびその近傍において、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の他の配置を示す図である。図30に示す例では、第2粗密重複範囲462において、第2粗配列部427bの複数の吐出口が、図28に示す第1粗配列部427aと同様に、使用吐出口列441〜445を含む。第1吐出ヘッド421aの第1密配列部428aでは、使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、各使用吐出口列441〜445の一方の端部使用吐出口426dと移動方向に重なる複数の吐出口がそれぞれ補助吐出口426cである。また、第2粗配列部427bにおいて孤立した端部使用吐出口426dと移動方向に重なる第1密配列部428aの吐出口も補助吐出口426cである。

0208

一方、第1密配列部428aにおいて使用吐出口列441〜445と上述の移動方向に重なる複数の吐出口のうち、上記補助吐出口426cを除く他の全ての吐出口は不使用吐出口426bである。図30に示す例では、第2粗密重複範囲462における使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置は上述の通りであり、密重複範囲429および第1粗密重複範囲461における当該配置は、図24に示す配置と同様である。

0209

図30に示す例では、第2粗密重複範囲462の複数の重複吐出口対のうち、端部使用吐出口426dおよび補助吐出口426cを含む重複吐出口対において、図28に示す例と同様に、端部使用吐出口426dから各描画位置に向けて吐出されるインクの微小液滴のサイズが所定のサイズ以上である場合、補助吐出口426cから、各描画位置に向けて画像データとは無関係に小サイズまたは中サイズのインクの微小液滴が吐出される。当該所定のサイズは、大サイズ、中サイズおよび小サイズのいずれかである。

0210

図30に示す例では、図28に示す例と同様に、第1吐出ヘッド421aの第2吐出ヘッド421bに対する相対的な取付位置のずれが配列ピッチの整数倍ではない場合であっても、白抜け等の筋ムラを抑制することができる。その結果、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができる。また、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0211

図示は省略するが、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第1吐出ヘッド421aおよび第2吐出ヘッド421bにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置が、上述の第2ヘッドアッセンブリ42bと同様である。また、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、当該配置が上述の第1ヘッドアッセンブリ42aと同様である。第3ヘッドアッセンブリおよび第4ヘッドアッセンブリにおいても、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、接続範囲420における印刷品質の低下を防止または抑制することができるとともに、補助吐出領域に向けてインクを吐出する吐出口に対する濃度補正の際の補正量を低減することができる。

0212

各ヘッドアッセンブリ42における使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置が図28または図30に示す配置である場合も、上記と同様に、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dが、図15に示すように配列される。図15に示す例では、上述のように、第1ヘッドアッセンブリ42aの第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とし、第2ヘッドアッセンブリ42bでは、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0213

また、第3ヘッドアッセンブリ42cでは、第2ヘッドアッセンブリ42bと同様に、第1粗密重複範囲461と移動方向に重ならない第2粗密重複範囲462をヘッド共用範囲460とし、第4ヘッドアッセンブリ42dでは、第1ヘッドアッセンブリ42aと同様に、第1粗密重複範囲461をヘッド共用範囲460とする。これにより、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0214

さらに、図15に示すように第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cを配置することにより、3原色のうち筋ムラが目立ちやすい色のヘッド共用範囲460と3原色の他色のヘッド共用範囲460とが移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0215

第4ヘッドアッセンブリ42dにおける使用吐出口、不使用吐出口および補助吐出口の配置は、図30に示す第2ヘッドアッセンブリ42bにおける配置と同様であってもよい。この場合、第1ヘッドアッセンブリ42a、第2ヘッドアッセンブリ42b、第3ヘッドアッセンブリ42cおよび第4ヘッドアッセンブリ42dは、図16に示すように配列される。そして、上記と同様に、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0216

第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、少なくとも1つのヘッドアッセンブリ42において、ヘッド共用範囲460に補助吐出口426cが設定されていればよい。例えば、第1ヘッドアッセンブリ42aおよび第4ヘッドアッセンブリ42dにおいて、第1粗密重複範囲461がヘッド共用範囲460であり、ヘッド共用範囲460には、図18図25または図28に示すように補助吐出口426cが設定される。一方、第2ヘッドアッセンブリ42bおよび第3ヘッドアッセンブリ42cにおいては、第2粗密重複範囲462がヘッド共用範囲460であり、ヘッド共用範囲460では、図14に示す例と同様に、補助吐出口426cは設定されない。具体的には、第2粗配列部427bの複数の吐出口が使用吐出口426aを含み、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重なる吐出口が不使用吐出口426bである。また、第1密配列部428aの複数の吐出口のうち、第2粗配列部427bの使用吐出口426aと移動方向に重ならない吐出口の全てが使用吐出口426aである。この場合であっても、上記と同様に、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なって筋ムラが強調されることを抑制することができる。

0217

第1および第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、様々な変更が可能である。

0218

例えば、第1および第2の実施の形態に係るインクジェットプリンタでは、上述のように、同じ色のインクを吐出する複数のヘッドアッセンブリ42が、ヘッドユニット4に設けられてもよい。この場合であっても、複数のヘッドアッセンブリ42のヘッド共用範囲460が移動方向に重なることを抑制することにより、筋ムラの強調を抑制して接続範囲420における印刷品質の低下を抑制することができる。したがって、上述のインクジェットプリンタの構造は、複数のヘッドアッセンブリを有し、1色のインクのみにて画像の記録を行うインクジェットプリンタにも適している。

0219

上記説明では、ブラック以外の3色(すなわち、シアン、マゼンタおよびイエロー)のうち、シアンにおける筋ムラが他の色よりも目立ちやすいものと仮定した上で、第1ヘッドアッセンブリ42aによりシアンの画像が記録される、としている。上記インクジェットプリンタでは、当該3色のうち、シアン以外の色であるマゼンタ(またはイエロー)における筋ムラが他の色よりも目立ちやすい場合、マゼンタ(またはイエロー)のインクを吐出するヘッドアッセンブリ42が第1ヘッドアッセンブリ42aと呼ばれる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ