図面 (/)

技術 表示装置、画像形成装置、及び表示制御方法

出願人 京セラドキュメントソリューションズ株式会社
発明者 藤本紀枝
出願日 2014年8月27日 (7年2ヶ月経過) 出願番号 2014-172712
公開日 2015年6月18日 (6年5ヶ月経過) 公開番号 2015-111394
状態 特許登録済
技術分野 位置入力装置 表示装置の制御、回路 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード Y座標 電子ブック装置 非タッチ 半導体メモリー 見開き状態 開始ページ スライド操作 検索モード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

実空間に存在する書籍ページをめくるような操作感ユーザーに提供しつつ電子書籍の複数のページの中から目的のページを捜す際のユーザーの負担を軽減できる表示装置を提供する。

解決手段

表示装置10は、電子書籍の複数のページが起立した状態又は選択されたページが表示面に対して平行な状態で表示される表示部210と、表示部210への接触点を検出するタッチパネル220と、検索モードにおいて接触点が移動したことに応じて降順方向にページをめくり、移動した接触点が停止したことに応じてページをめくることを停止し、停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて接触点が停止する前のめくり速度と異なるめくり速度でページをめくり、閲覧モードにおいて単数の接触点が移動したことに応じて昇順方向にページをめくり、複数の接触点が検出されたことに応じて検索モードへ切り替え表示制御部100とを備える。

概要

背景

特許文献1に記載の携帯端末では、1つの画像ファイルページ)がタッチパネルに表示されているときに、タッチパネルが1本の指を用いたフリック操作を検出すると、1ファイル分移動した画像ファイルが表示される。一方、タッチパネルが3本の指を用いたフリック操作を検出すると、3ファイル分移動した画像ファイルが表示される。

特許文献2に記載の電子ブック装置では、電子書籍を構成する各ページ及び電子書籍の小口画像を表示する。電子ブック装置は、表示された小口画像に対する所定の操作を受け付け、受け付けた所定の操作に基づいて表示するページを特定する。電子ブック装置には、特定されたページが表示される。小口画像に対する所定の操作は、例えばスライド操作であり、スライド操作の位置と速度とに応じて変更ページ情報を特定する。

概要

実空間に存在する書籍のページをめくるような操作感ユーザーに提供しつつ電子書籍の複数のページの中から目的のページを捜す際のユーザーの負担を軽減できる表示装置を提供する。表示装置10は、電子書籍の複数のページが起立した状態又は選択されたページが表示面に対して平行な状態で表示される表示部210と、表示部210への接触点を検出するタッチパネル220と、検索モードにおいて接触点が移動したことに応じて降順方向にページをめくり、移動した接触点が停止したことに応じてページをめくることを停止し、停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて接触点が停止する前のめくり速度と異なるめくり速度でページをめくり、閲覧モードにおいて単数の接触点が移動したことに応じて昇順方向にページをめくり、複数の接触点が検出されたことに応じて検索モードへ切り替え表示制御部100とを備える。

目的

さらに、電子ブック装置は、ユーザーが電子書籍のページをめくるときに、実空間に存在する書籍のページをめくるように指で小口を押さえつつページをめくるような操作感を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

検索モード及び閲覧モードを有する表示装置であって、前記検索モードにおいて、電子書籍の複数のページ起立した状態で表示される表示部と、前記表示部の表示面への単数又は複数の接触点を検出する検出部と、前記検索モードにおいて、前記複数の接触点のうちいずれかの接触点が移動したことに応じて第1方向に前記ページをめくり、前記移動した接触点が停止したことに応じて前記ページをめくることを停止する表示制御部とを備え、前記検索モードにおいて、前記表示制御部は、前記複数の接触点のうち前記停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて、前記接触点が停止する前のめくり速度と異なるめくり速度で前記ページをめくり、前記めくり速度は、単位時間当たりにめくられる前記ページの数であり、前記閲覧モードにおいて、前記表示部には、前記複数のページから選択されたページが前記表示面に対して平行な状態で表示され、前記閲覧モードにおいて、前記検出部が前記単数の接触点を検出した場合、前記表示制御部は、前記単数の接触点が移動したことに応じて前記第1方向と逆の第2方向に前記ページをめくり、前記表示制御部は、前記閲覧モードにおいて前記検出部が前記複数の接触点を検出したことに応じて、モードを前記閲覧モードから前記検索モードへ切り替える、表示装置。

請求項2

前記異なるめくり速度は、前記接触点が停止する前の前記めくり速度より小さい、請求項1に記載の表示装置。

請求項3

前記表示制御部は、前記検索モードにおいて前記検出部が前記複数の接触点を検出した状態から前記複数の接触点を検出しない状態への遷移を検出したことに応じて、モードを前記検索モードから前記閲覧モードへ切り替える、請求項1または請求項2に記載の表示装置。

請求項4

前記表示制御部は、前記接触点の移動量が閾値以上であると判定したことに応じて前記ページをめくる、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の表示装置。

請求項5

前記複数の接触点は、2つの接触点である、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の表示装置。

請求項6

前記検索モードにおいて、前記表示制御部は、前記表示部に前記ページのページ番号を表示させる、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の表示装置。

請求項7

請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の表示装置と、前記複数のページから選択されたページの画像をシートに形成する画像形成部とを備える、画像形成装置

請求項8

検索モード及び閲覧モードを有する表示装置が実行する表示制御方法であって、前記検索モードにおいて、電子書籍の複数のページを起立した状態で前記表示装置の表示部に表示する手順と、前記表示部の表示面への単数又は複数の接触点を検出する手順と、前記検索モードにおいて、前記複数の接触点のうちいずれかの接触点が移動したことに応じて第1方向に前記ページをめくる手順と、前記検索モードにおいて、前記移動した接触点が停止したことに応じて前記ページをめくることを停止する手順と、前記検索モードにおいて、前記複数の接触点のうち前記停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて、前記接触点が停止する前のめくり速度と異なるめくり速度で前記ページをめくる手順と、前記閲覧モードにおいて、前記複数のページから選択されたページを前記表示面に対して平行な状態で前記表示部に表示する手順と、前記閲覧モードにおいて、前記単数の接触点が検出された場合、前記単数の接触点が移動したことに応じて前記第1方向と逆の第2方向に前記ページをめくる手順と、前記閲覧モードにおいて前記複数の接触点を検出したことに応じて、モードを前記閲覧モードから前記検索モードへ切り替える手順とを含み、前記めくり速度は、単位時間当たりにめくられる前記ページの数である、表示制御方法。

技術分野

0001

本発明は、複数のページを表示する表示装置画像形成装置、及び表示制御方法に関する。

背景技術

0002

特許文献1に記載の携帯端末では、1つの画像ファイル(ページ)がタッチパネルに表示されているときに、タッチパネルが1本の指を用いたフリック操作を検出すると、1ファイル分移動した画像ファイルが表示される。一方、タッチパネルが3本の指を用いたフリック操作を検出すると、3ファイル分移動した画像ファイルが表示される。

0003

特許文献2に記載の電子ブック装置では、電子書籍を構成する各ページ及び電子書籍の小口画像を表示する。電子ブック装置は、表示された小口画像に対する所定の操作を受け付け、受け付けた所定の操作に基づいて表示するページを特定する。電子ブック装置には、特定されたページが表示される。小口画像に対する所定の操作は、例えばスライド操作であり、スライド操作の位置と速度とに応じて変更ページ情報を特定する。

先行技術

0004

特開2011−170603号公報
特開2012−088801号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、特許文献1に記載の携帯端末では、目的の画像ファイルが表示中の画像ファイルから何ファイル分先か又は後かをユーザーが把握していない場合は、ユーザーは、やみくもに画像ファイルを表示させることになり、目的の画像ファイルを捜す際の負担は大きい。しかも、移動可能な画像ファイルの数は、指の数(5本)に制限される。従って、5ファイルを超える移動を行う場合、ユーザーには、繰り返し操作が要求され、目的の画像ファイルを捜す際の負担が一層増大する。

0006

また、特許文献2に記載の電子ブック装置では、ユーザーは、小口画像の表示された位置で所定の操作を行わなければならない。さらに、電子ブック装置は、ユーザーが電子書籍のページをめくるときに、実空間に存在する書籍のページをめくるように指で小口を押さえつつページをめくるような操作感を提供することができない。

0007

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、実空間に存在する書籍のページをめくるような操作感をユーザーに提供しつつ電子書籍の複数のページの中から目的のページを捜す際のユーザーの負担を軽減できる表示装置、画像形成装置、及び表示制御方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

本発明の第1の観点によれば、表示装置は、検索モード及び閲覧モードを有する。表示装置は、表示部と、検出部と、表示制御部とを備える。表示部は、検索モードにおいて、電子書籍の複数のページが起立した状態で表示される。検出部は、前記表示部の表示面への複数の接触点を検出する。表示制御部は、前記検索モードにおいて、前記複数の接触点のうちいずれかの接触点が移動したことに応じて第1方向に前記ページをめくり、前記移動した接触点が停止したことに応じて前記ページをめくることを停止する。前記検索モードにおいて、前記表示制御部は、前記複数の接触点のうち前記停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて、前記接触点が停止する前のめくり速度と異なるめくり速度で前記ページをめくる。めくり速度は、単位時間当たりにめくられる前記ページの数である。前記閲覧モードにおいて、前記表示部には、前記複数のページから選択されたページが前記表示面に対して平行な状態で表示される。前記閲覧モードにおいて、前記検出部が前記単数の接触点を検出した場合、前記表示制御部は、前記単数の接触点が移動したことに応じて前記第1方向と逆の第2方向に前記ページをめくる。前記表示制御部は、前記閲覧モードにおいて前記検出部が前記複数の接触点を検出したことに応じて、モードを前記閲覧モードから前記検索モードへ切り替える。

0009

本発明の第2の観点によれば、画像形成装置は、本発明の第1の観点に係る表示装置と画像形成部とを備える。画像形成部は、前記複数のページのうち選択されたページの画像をシートに形成する。

0010

本発明の第3の観点によれば、表示制御方法は、検索モード及び閲覧モードを有する表示装置に実行される。表示制御方法は、前記検索モードにおいて、電子書籍の複数のページを起立した状態で表示する手順と、表示部の表示面への単数又は複数の接触点を検出する手順と、前記検索モードにおいて、前記複数の接触点のうちいずれかの接触点が移動したことに応じて第1方向に前記ページをめくる手順と、前記検索モードにおいて、前記移動した接触点が停止したことに応じて前記ページをめくることを停止する手順と、前記検索モードにおいて、前記複数の接触点のうち前記停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて、前記接触点が停止する前のめくり速度と異なるめくり速度で前記ページをめくる手順と、前記閲覧モードにおいて、前記複数のページから選択されたページを表示面に対して平行な状態で前記表示部に表示する手順と、前記閲覧モードにおいて、前記単数の接触点が検出された場合、前記単数の接触点が移動したことに応じて前記第1方向と逆の第2方向に前記ページをめくる手順と、前記閲覧モードにおいて前記複数の接触点を検出したことに応じて、モードを前記閲覧モードから前記検索モードへ切り替える手順とを含む。前記めくり速度は、単位時間当たりにめくられる前記ページの数である。

発明の効果

0011

本発明によれば、接触点の移動に応じてページがめくられ、停止した接触点と異なる接触点の移動に応じてめくり速度が変更される。従って、ユーザーは、表示面上で指を動かしてページをめくり、表示面上で使用する指を変更することによってめくり速度を変更できる。その結果、実空間に存在する書籍のページをめくるような操作感をユーザーに提供しつつ電子書籍の複数のページの中から目的のページを捜す際のユーザーの負担を軽減できる。

図面の簡単な説明

0012

本発明の実施形態1に係る表示装置を示すブロック図である。
(a)〜(d)本発明の実施形態1に係る表示装置が実行するページめくり及び表示装置の操作手順を説明する図である。
(a)〜(d)本発明の実施形態1に係る表示装置が実行するページめくり及び表示装置の操作手順を説明する図である。
本発明の実施形態1に係る表示装置が実行する表示制御方法の前段を示すフローチャートである。
本発明の実施形態1に係る表示装置が実行する表示制御方法の中段を示すフローチャートである。
本発明の実施形態1に係る表示装置が実行する表示制御方法の後段を示すフローチャートである。
本発明の実施形態2に係る画像形成装置を示すブロック図である。

実施例

0013

以下、本発明の実施形態について、図面を参照しながら説明する。なお、図中、同一または相当部分については同一の参照符号を付して説明を繰り返さない。

0014

(実施形態1)
基本原理
図1図3を参照して、本発明の実施形態1に係る表示装置10の基本原理を説明する。図1は、表示装置10を示すブロック図である。図2(a)〜図2(d)及び図3(a)〜図3(d)は、表示装置10が実行するページめくり及び表示装置10の操作手順を説明する図である。図1図3に示すように、表示装置10は、表示制御部100と、表示部210と、検出部としてのタッチパネル220とを備える。

0015

表示装置10は、検索モード及び閲覧モードを有する。具体的には、表示制御部100は、検索モード及び閲覧モードを有する。表示部210は複数のページPを含む電子書籍20を表示する。例えば、複数の電子書籍から1つの電子書籍20を選択すると、選択された電子書籍20が表示部210に表示される。各ページPには情報が含まれる。情報は、例えば、文字数字記号、図形、絵、写真テキスト、又は画像である。なお、複数のページPは、画像群であってもよい。タッチパネル220は、表示部210の表示面への単数又は複数の接触点を検出する。実施形態1では、タッチパネル220は、表示部210の表示面への接触点T10及び/又は接触点T12を検出する。

0016

閲覧モードの表示装置10の動作を説明する。図2(a)に示すように、表示部210には、複数のページPから選択されたページPが表示面に対して平行な状態で表示される。図2(b)に示すように、タッチパネル220が単数の接触点T10を検出した場合、表示制御部100は、単数の接触点T10が移動したこと(矢印A8参照)に応じて降順方向C2(第1方向)と逆の昇順方向C1(第2方向)にページPをめくる。降順方向は、ページPの進行方向を示し、複数のページPの先頭のページPに向かう方向である。昇順方向は、ページPの進行方向を示し、複数のページPの末尾のページPに向かう方向である。

0017

図2(c)に示すように、タッチパネル220が接触点T10の消失又は停止を検出した場合、表示制御部100は、ページPをめくることを停止する。図2(d)に示すように、表示制御部100は、タッチパネル220が複数の接触点T10及び接触点T12を検出したことに応じて、モードを閲覧モードから検索モードへ切り替える。

0018

図2(a)〜図2(c)に示すように、閲覧モードでは、表示部210には、複数のページPから選択されたページPが表示面に対して平行な状態で表示される(平行状態でのページPの表示)。従って、ユーザーは、ページPに含まれる情報の閲覧又は注視が容易になる。以上、閲覧モードの表示装置10の動作が説明された。

0019

検索モードの表示装置10の動作を説明する。図2(d)に示すように、表示部210には、電子書籍の複数のページPが起立した状態で表示される。図3(a)に示すように、表示制御部100は、複数の接触点T10及び接触点T12のうちいずれかの接触点(図3(a)では接触点T10)が移動したこと(矢印A10参照)に応じて降順方向C2にページPをめくる。表示制御部100は、移動した接触点T10が停止したことに応じてページPをめくることを停止する。

0020

図3(b)に示すように、表示制御部100は、複数の接触点T10及び接触点T12のうち停止した接触点T10と異なる接触点T12が移動したこと(矢印A12参照)に応じて、接触点T10が停止する前のめくり速度V10と異なるめくり速度V12で降順方向C2にページPをめくる。めくり速度V10及びめくり速度V12の各々は、単位時間当たりにめくられるページPの数である。例えば、異なるめくり速度V12は、接触点T10が停止する前のめくり速度V10より小さいことが好ましい。ただし、異なるめくり速度V12は、接触点T10が停止する前のめくり速度V10より速くてもよい。

0021

図2(d)、図3(a)、及び図3(b)に示すように、検索モードでは、電子書籍20が起立した状態で表示されるため、めくられるページPは傾斜した状態で表示される(傾斜状態でのページPの表示)。ユーザーは、ページPに含まれる情報を視認しながら、ページPをめくり、目的のページPを捜すことができる。以上、検索モードの表示装置10の動作が説明された。

0022

本実施形態1によれば、接触点T10又は接触点T12の移動に応じてページPがめくられ、停止した接触点T10と異なる接触点T12の移動に応じてめくり速度V10からめくり速度V12へ変更される。従って、ユーザーは、表示部210の表示面上で指を動かすことでページPをめくり、表示部210の表示面上で使用する指を変更することによってめくり速度を変更できる。その結果、実空間に存在する書籍のページをめくるような操作感をユーザーに提供しつつ電子書籍20の複数のページPの中から目的のページPを捜す際のユーザーの負担を軽減できる。

0023

[閲覧モード及び検索モードの詳細]
図2及び図3を参照して、閲覧モード及び検索モードの詳細を説明する。詳細な説明に先立って、図2及び図3に示されるXY座標系を説明する。X軸は表示部210の表示面の長辺と平行であり、Y軸は表示部210の表示面の短辺と平行である。接触点は位置座標(X,Y)によって表される。本実施形態1において、接触点の移動量は、接触点の移動ベクトルのX成分の大きさである。ただし、接触点の移動量は、接触点の移動ベクトルの大きさ(X2+Y2)1/2であってもよい。本実施形態1において接触点の移動方向は、接触点の移動ベクトルのX成分の向きである。ただし、接触点の移動方向は、接触点の移動ベクトルの向きであってもよいし、接触点の移動ベクトルのY成分の向きであってもよい。ユーザーは、右手人差し指F1と親指F2とを使用してタッチパネル220を操作する。従って、1つ又は2つの接触点がタッチパネル220によって検出される。実施形態1では、複数の電子書籍から1つの電子書籍20を選択すると、選択された電子書籍20が表示部210に表示される。

0024

図2(a)に示すように、初期状態では、モードは閲覧モードである。初期状態の閲覧モードでは、複数のページPから第1ページ(最初のページ)に対応するページP及び第2ページに対応するページPが選択される。選択は表示制御部100により実行される。そして、表示部210には、選択された2つのページPが見開き状態で表示される。2つのページPは、表示面に対して平行な状態で表示される。ユーザーはタッチパネル220にタッチしていない。従って、タッチパネル220は、接触点を検出していない。

0025

図2(b)に示すように、ユーザーは、人差し指F1でタッチパネル220をタッチする。従って、閲覧モードにおいて、タッチパネル220は、人差し指F1に対応する接触点T10を検出する。表示制御部100は、閲覧モードにおいてタッチパネル220が接触点T10の移動を検出したことに応じて、ページPを昇順方向C1にめくる。本実施形態1では、閲覧モードにおいて、表示制御部100は、1回の接触点T10の移動に対して、表示中の2つのページPの次の2つのページPが表示されるようにページPをめくる。例えば、ユーザーが人差し指F1を矢印A8の示す方向にスライドさせると、接触点T10も矢印A8の示す方向に移動し、第1ページに対応するページP及び第2ページに対応するページPの次に位置する第3ページに対応するページP及び第4ページに対応するページPが表示される。図2(c)に示すように、表示制御部100は、閲覧モードにおいてタッチパネル220が接触点T10を検出した状態から接触点T10を検出しない状態への遷移を検出したことに応じて、ページPをめくることを停止する。つまり、人差し指F1がタッチパネル220から離れると、表示制御部100はページPをめくることを停止する。

0026

図2(d)に示すように、ユーザーは、閲覧モードにおいて、人差し指F1と親指F2とでタッチパネル220をタッチする。従って、閲覧モードにおいて、タッチパネル220は、人差し指F1に対応する接触点T10及び親指F2に対応する接触点T12を検出する。表示制御部100は、閲覧モードにおいてタッチパネル220が2つの接触点T10及び接触点T12を検出したことに応じて、モードを閲覧モードから検索モードへ切り替える。

0027

検索モードへの切り換えに応じて、表示部210には、電子書籍20が起立した状態で表示される。閲覧モードから検索モードへの移行では、電子書籍20は閉じた状態で表示される。つまり、小口22は表示されるが、各ページPに含まれる情報は表示されない。検索モードにおいて、表示制御部100は、表示部210にページPのページ番号を表示させる。本実施形態1では、電子書籍20の小口22に、検索モードへ移行する直前に閲覧モードで表示されていたページPのページ番号が表示される。検索モードへ移行する直前に閲覧モードで表示されていたページPが、検索モードでのめくり開始ページになる。

0028

図3(a)に示すように、表示制御部100は、接触点T10及び接触点T12のうち先に動いた接触点に対応してページPをめくる。接触点T12が接触点T10より先に動く例を挙げる。ユーザーは、親指F2を矢印A10の示す方向にスライドさせる。従って、検索モードにおいて、タッチパネル220は、親指F2に対応する接触点T12の移動を検出する。表示制御部100は、検索モードにおいてタッチパネル220が接触点T12の移動を検出したことに応じて、めくり速度V10でページPを降順方向C2にめくる。この場合、表示制御部100は、接触点T12が移動している間、連続してページPをめくる。閲覧モードの後の検索モードでは、閲覧モードでページめくりを停止したときに開かれているページPからページPがめくられる。

0029

表示制御部100は、接触点T10及び接触点T12のうち、先に動いた接触点が静止した後、異なる接触点の移動に対応してページPをめくる。引き続き、接触点T12が静止した後、接触点T10が動く例を挙げる。

0030

図3(b)に示すように、ユーザーは、人差し指F1を矢印A12の示す方向にスライドさせる。従って、検索モードにおいて、タッチパネル220は、人差し指F1に対応する接触点T10の移動を検出する。表示制御部100は、検索モードにおいてタッチパネル220が接触点T10の移動を検出したことに応じて、めくり速度V12でページPを降順方向C2にめくる。この場合、表示制御部100は、接触点T10が移動している間、連続してページPをめくる。めくり速度V12は、接触点T12の移動に対応するめくり速度V10より小さい。

0031

本実施形態1では、接触点T10及び接触点T12のうち先に移動した接触点T12に対応するめくり速度V10を、後に移動した接触点T10に対応するめくり速度V12よりも大きい値に設定する。

0032

図3(c)に示すように、ユーザーは、目的のページPを捜し出した場合、人差し指F1と親指F2とをタッチパネル220から離す。表示制御部100は、検索モードにおいてタッチパネル220が2つの接触点T10及び接触点T12(複数の接触点)を検出した状態から2つの接触点T10及び接触点T12を検出しない状態への遷移を検出したことに応じて、ページPをめくることを停止し、モードを検索モードから閲覧モードへ切り替える。閲覧モードへの切り換えに応じて、表示部210には、電子書籍20が表示面に対して平行な状態で表示される。

0033

検索モードの後の閲覧モードでは、複数のページPから、検索モードでページめくりを停止したときに開かれていたページPが選択される。選択は表示制御部100により実行される。そして、表示部210には、選択されたページPが表示される。ページPは、表示面に対して平行な状態で表示される。

0034

図3(d)に示すように、ユーザーは、人差し指F1でタッチパネル220をタッチする。タッチパネル220は、人差し指F1に対応する接触点T10を検出する。表示制御部100は、タッチパネル220が接触点T10の移動を検出したことに応じて、ページPを昇順方向C1にめくる。

0035

[表示制御方法]
図4図6を参照して、表示装置10が実行する表示制御方法について説明する。図4図6は、表示制御方法を示すフローチャートである。

0036

図4に示すように、ステップS1において、表示制御部100は、モードを閲覧モードに設定する。ステップS3において、表示部210は、表示制御部100の制御を受けて、複数のページPから選択された2つのページPを表示面に対して平行な状態で表示する。2つのページPは見開き状態で表示される。例えば、選択される2つのページPは第1ページ及び第2ページである。ただし、後述する図5のステップS41の後のステップS3及び図6のステップS49の後のステップS3においては、選択される2つのページPは、閲覧モードへ切り替えられる直前に検索モードで開かれていた2つのページPである。

0037

ステップS5において、表示制御部100は、タッチパネル220が2つの接触点T10及び接触点T12を検出したか否かを判定する。ステップS5においてNOの場合、処理はステップS7に進む。ステップS5においてYESの場合、処理はステップS18に進む。この場合、タッチパネル220は2つの接触点T10及び接触点T12を検出している。ステップS18において、表示制御部100は、モードを閲覧モードから検索モードへ切り替え、処理は図5のステップS27に進む。ステップS27以降の処理については後述する。

0038

ステップS7において、表示制御部100は、タッチパネル220が1つの接触点(接触点T10又は接触点T12)を検出したか否かを判定する。ステップS7においてNOの場合、処理は再びステップS5に進む。つまり、ステップS5及びステップS7において、表示制御部100は、タッチパネル220が接触点T10及び接触点T12のいずれも検出しない場合は、見開き状態の2つのページPを表示面に対して平行な状態で表示し続ける。

0039

ステップS7においてYESの場合、処理はステップS9に進む。ステップS9において、表示制御部100は、タッチパネル220が検出した接触点T10又は接触点T12が移動したか否かを判定する。ステップS9においてNOの場合、処理は再びステップS3に進む。ステップS9においてYESの場合、処理はステップS19に進む。

0040

ステップS19において、表示制御部100は、昇順方向C1にページPをめくる。つまり、表示制御部100は、1つの接触点(接触点T10又は接触点T12)が移動したことに応じてページPをめくる。この場合、表示制御部100は、1回の接触点の移動に対して、表示中の2つのページPの次の2つのページPが表示されるようにページPをめくる。

0041

ステップS21において、表示制御部100は、接触点が停止したか否かを判定する。ステップS21においてNOの場合、処理はステップS21を繰り返す。一方、ステップS21においてYESの場合、処理はステップS5に進む。

0042

図5に示すように、ステップS27において、表示部210は、表示制御部100の制御を受けて、複数のページPを表示する。具体的には、表示部210は、複数のページPを起立した状態で表示する。ステップS40において、表示制御部100は、接触点T1及び接触点T2が消失したか否か、つまり、タッチパネル220が2つの接触点T1及び接触点T2を検出した状態から接触点T1及び接触点T2を検出しない状態への遷移を検出したか否かを判定する。ステップS40においてNOの場合、処理はステップS40を繰り返す。ステップS40においてYESの場合、処理はステップS29に進む。ステップS29において、表示制御部100は、タッチパネル220が2つの接触点T10及び接触点T12を検出したか否かを判定する。ステップS29においてYESの場合、処理はステップS33に進む。ステップS29においてNOの場合、処理はステップS40に進む。この場合、タッチパネル220は2つの接触点T10及び接触点T12を検出していない。ステップS41において、表示制御部100は、モードを検索モードから閲覧モードへ切り替え、処理は図4のステップS3に進む。

0043

ステップS33において、表示制御部100は、タッチパネル220が2つの接触点T10及び接触点12のうちいずれかが移動したか否かを検出する。ステップS33においてNOの場合、処理は再びステップS27に進む。つまり、接触点T10又は接触点T12が移動しない場合、表示制御部100は、表示部210に複数のページPを起立した状態で表示し続ける。ステップS33においてYESの場合、処理はステップS35に進む。

0044

ステップS35において、表示制御部100は、ステップS33で移動したと判定した接触点が先に移動した接触点か否かを判定する。ステップS35においてYESの場合、処理はステップS39に進む。ステップS39において、表示制御部100は、ページPのめくり速度をめくり速度V10に設定し、処理は図6のステップS42に進む。

0045

一方、ステップS35においてNOの場合、処理はステップS37に進む。ステップS37において、表示制御部100は、ページPのめくり速度をめくり速度V12に設定し、処理は図6のステップS42に進む。めくり速度V12はめくり速度V10より小さい。

0046

図6に示すように、ステップS42において、表示制御部100は、図5のステップS39で設定しためくり速度V10又は図5のステップS37で設定しためくり速度V12で、ページPをめくる。つまり、表示制御部100は、2つの接触点T10及び接触点T12のうちいずれかの接触点が移動したことに応じて降順方向C2にページPをめくる。

0047

ステップS43において、表示制御部100は、接触点が停止したか否かを判定する。ステップS43においてNOの場合、処理はステップS42に進む。従って、接触点が移動している間、ページPがめくられる。一方、ステップS43においてYESの場合、処理はステップS45に進む。ステップS45において、表示制御部100は、ページPをめくることを停止する。つまり、表示制御部100は、移動した接触点が停止したことに応じてページPをめくることを停止する。

0048

なお、表示制御部100は、接触点T1及び接触点T2のうち停止した接触点と異なる接触点が移動したことに応じて(図5のステップS35でNO)、接触点が停止する前のめくり速度V10と異なるめくり速度V12でページPをめくる(図5のステップS37及び図6のステップS42)。

0049

ステップS47において、表示制御部100は、接触点T1及び接触点T2が消失したか否か、つまり、タッチパネル220が2つの接触点T1及び接触点T2を検出した状態から接触点T1及び接触点T1を検出しない状態への遷移を検出したか否かを判定する。ステップS47においてNOの場合、処理は図5のステップS29に進む。ステップS47においてYESの場合、処理はステップS49に進む。

0050

ステップS49において、表示制御部100は、モードを検索モードから閲覧モードへ切り替え、処理は図4のステップS3に進む。

0051

以上、図1図6を参照して説明したように、本実施形態1によれば、接触点T10又は接触点T12の移動に応じてページPがめくられる。そして、先に移動した接触点T10と異なる接触点T12の移動に応じてめくり速度が小さくなる(速度V10>速度V12)。従って、ユーザーは、表示面上で指F1を動かして、大きいめくり速度で目的のページPの近傍を捜し(大まかな検索の実行)、小さいめくり速度で目的のページPを特定することができる(ピンポイントでの検索の実行)。その結果、目的のページPを捜す際のユーザーの負担を軽減できる。

0052

また、本実施形態1によれば、表示制御部100は、検索モードと閲覧モードとに応じて、モードを切り替える前のめくり方向と異なるめくり方向にページPをめくる(図2(b)、図3(a)、及び図3(b)参照)。従って、ユーザーは、指でモードを切り替えることによって、めくり方向を変更できる。その結果、閲覧モードでは閲覧に適しためくり方向(昇順方向C1)で電子書籍20を閲覧でき、検索モードでは検索に適しためくり方向(降順方向C2)で検索でき、電子書籍20の扱いが容易になる。

0053

さらに、本実施形態1によれば、閲覧モードにおいて接触点T10及び接触点T12が検出されたことに応じて、モードが検索モードへ切り替えられる(図2(c)及び図2(d)参照)。従って、ユーザーは、表示部210の表示面を複数の指でタッチするだけで、モードを検索モードへ切り替えることができる。そして、ユーザーは、表示部210の表示面をタッチしつつ指を移動させることでページPをめくることができる。その結果、ユーザーは、ページPを閲覧又は注視する状態からページPを捜す状態に簡易に移行できる。

0054

さらに、本実施形態1によれば、検索モードにおいて接触点T10及び接触点T12が消失したことに応じて、モードが閲覧モードへ切り替えられる(図3(b)及び図3(c)参照)。従って、ユーザーは目的のページPを捜したときに表示部210の表示面から複数の指を離すだけで(非タッチ)、ページPをめくることを停止できると伴に、ページPを傾斜状態から平行状態に変更できる。その結果、ユーザーは、簡易な操作によって、ページPを閲覧又は注視し易い状態で表示させることができる。

0055

さらに、本実施形態1によれば、2つの接触点T10及び接触点T12によってページPのめくりを制御する。従って、ユーザーは2本の指でページPのめくりを制御できる。その結果、実空間に存在する書籍のページをめくるような操作感をユーザーに提供できる。

0056

(実施形態2)
図1、及び図7を参照して、本発明の実施形態2に係る画像形成装置500について説明する。図7は、画像形成装置500を示すブロック図である。

0057

画像形成装置500は、制御部110、記憶部120、原稿搬送部230、画像読取部240、タッチパネル220、表示部210、給紙部250、搬送部260、画像形成部270、及び定着部280を備える。記憶部120は、主記憶装置(例えば、半導体メモリー)及び補助記憶装置(例えば、半導体メモリー、又はハードディスクドライブ)を含む。

0058

制御部110は、画像形成装置500の構成の全体を制御する。具体的には、制御部110が、記憶部120に格納されたコンピュータープログラムを実行することにより、原稿搬送部230、画像読取部240、タッチパネル220、表示部210、給紙部250、搬送部260、画像形成部270、及び定着部280を制御する。制御部110は、例えば、CPU(Central Processing Unit)である。タッチパネル220は、表示部210の表示面上に配置される。

0059

制御部110は、実施形態1に係る表示制御部100として機能する。従って、制御部110、表示部210、及びタッチパネル220は、実施形態1に係る表示装置10を構成する。記憶部120は、複数のページP(例えば、電子書籍20、又は画像群)に対応する画像データを記憶する。

0060

原稿搬送部230は、画像読取部240に向けて原稿を搬送する。画像読取部240は、原稿の画像を読み取って画像データを生成する。給紙部250は、給紙カセット及び手差しトレイを含む。給紙カセットはシートを積載する。シートは、例えば、普通紙、再生紙、薄紙、厚紙、又はOHP(Overhead Projector)シートである。

0061

搬送部260は、画像形成部270にシートを搬送する。画像形成部270は、複数のページPから選択されたページPの画像をシートに形成する。ページPの選択は、タッチパネル220を介したユーザーの指示を受けて、制御部110が実行する。定着部280は、シートに形成された画像をシートに定着させる。

0062

以上、図1及び図7を参照して説明したように、本実施形態2によれば、図1図5を参照して説明した実施形態1と同様の表示装置10を備える。従って、本実施形態2では、実施形態1と同様の効果を奏する。

0063

以上、図1図7を参照して、実施形態1及び実施形態2が説明された。ただし、本発明は、上記の実施形態に限られるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々の態様において実施することが可能であり、例えば、以下のような変形も可能である。

0064

(1)実施形態1では、接触点が移動したと判定されたことに応じてページPがめくられた(図4のステップS9及び図5のステップS33参照)。ただし、表示制御部100は、接触点の移動量が閾値以上であると判定したことに応じてページPをめくることもできる。その結果、ユーザーが意図しない接触点の移動によってページPがめくられることを防止することができる。

0065

(2)実施形態1では、検索モードにおいて、タッチパネル220が2つの接触点を検出することに応じてページPがめくられた。ただし、タッチパネル220が検出する接触点は2つに限定されず、3以上でもよい。従って、例えば、表示制御部100は、異なる接触点を検出するたびに異なるめくり速度でページPをめくることもできる。接触点ごとにページPのめくり速度は異なる。

0066

(3)実施形態1では、ページPのめくり方向は、閲覧モードにおいて昇順方向C1であり、検索モードにおいて降順方向C2であった。ただし、ページPのめくり方向は、閲覧モードにおいて降順方向C2であり、検索モードにおいて昇順方向C1でもよい。

0067

(4)閲覧モードにおいて、タッチパネル220が1つの接触点の移動を検出したことに応じて、表示制御部100は、ページPをめくることもできる。また、閲覧モードにおいて、平行状態で見開きの2つのページPを表示したが、平行状態で1つのページPを表示することもできる。

0068

(5)実施形態1では、初期状態のモードを閲覧モードに設定した。ただし、初期状態のモードを検索モードに設定することもできる。

0069

(6)閲覧モードから検索モードに切り替えられた時のめくり開始ページは、検索モードへ移行する直前に閲覧モードで表示されていたページPであった(図2(d))。ただし、閲覧モードから検索モードに切り替えられた時のめくり開始ページは、これに限定されず、例えば、電子書籍20の末尾のページP(最終のページP)であってもよいし、末尾のページP及び末尾のページPの1つ前のページPであってもよい。末尾のページP、又は末尾のページP及び末尾のページPの1つ前のページPから検索を開始できるため、後ろのページPから検索したいユーザーにとって便宜である。

0070

めくり開始ページが末尾のページPである場合、電子書籍20の小口22に、末尾のページPのページ番号が表示され、めくり開始ページが末尾のページP及び末尾のページPの1つ前のページPである場合、電子書籍20の小口22に、末尾のページPのページ番号及び末尾のページPの1つ前のページPのページ番号が表示される。

0071

例えば、電子書籍20が第1ページ〜第200ページを有する場合、めくり開始ページは、第200ページであってもよいし、第200ページ及び第199ページであってもよい。めくり開始ページが第200ページである場合、電子書籍20の小口22に、ページ番号「200」が表示され、めくり開始ページが第200ページ及び第199ページである場合、電子書籍20の小口22に、ページ番号「200」及びページ番号「199」が表示される。

0072

本発明は、電子書籍を表示する表示装置、及び表示装置を搭載する画像形成装置の分野に利用可能である。

0073

10表示装置
100表示制御部
110 制御部
120 記憶部
210 表示部
220タッチパネル
230原稿搬送部
240画像読取部
250 給紙部
260 搬送部
270画像形成部
280定着部
500 画像形成装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ