図面 (/)

技術 天然のエステル、ワックス、又は油で処理された顔料、それの生産のための工程、及びそれと共に作られた化粧品

出願人 コボプロダクツインコーポレイテッド
発明者 シュロスマン,デイヴィッドシャオ,ユン
出願日 2015年3月18日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2015-055033
公開日 2015年6月18日 (4年1ヶ月経過) 公開番号 2015-110673
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 微粉機 ペルフルオロアルコール マクロ粒子 疎水剤 シリカコーティング ヒュームフード カルボキシメチルセルロール 最終生産物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

なし

解決手段

本発明は、天然化粧品生産物のための組成物、及び、より詳しくは、天然のエステルワックス、又は油で処理された顔料、そのような処理された顔料の生産物、天然の処方成分で処理された顔料を組み込む化粧品の生産物に対するもの、を提供する。

概要

背景

発明の背景

滑石雲母、及びセリサイトのような鉱物二酸化チタン酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物熱可塑性粉末デンプン及びセルロースのような有機顔料、並びに他の無機の顔料は、化粧品生産物において幅広く使用される。それらが、処理無しに使用されることができるとはいえ、それらの性能は、表面処理を通じて顕著に改善されることができる。耐水性、低い吸油量、より高い固体ローディング、軟らかさ、向上させられた分散性、及び低いpHに対する抵抗性のような特別な性質は、表面処理を通じて向上させられることができる。

メチコンシランジメチコン、チタナート、ミリスチン酸マグネシウム、及びペルフルオロアルコールホスファートのような、最も一般的な表面を改質する薬剤は、全て合成の化合物であると共に、望ましくない複雑さを伴うことがある。

概要

なし 本発明は、天然の化粧品の生産物のための組成物、及び、より詳しくは、天然のエステルワックス、又は油で処理された顔料、そのような処理された顔料の生産物、天然の処方成分で処理された顔料を組み込む化粧品の生産物に対するもの、を提供する。なし

目的

本発明のさらなる態様において、提供されるものは、顔料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

天然の表面を改質する薬剤で処理された顔料を備える化粧品組成物

請求項2

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、化粧品の組成物。

請求項3

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油である、化粧品の組成物。

請求項4

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油及びホホバエステルの混合物である、化粧品の組成物。

請求項5

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記顔料は、滑石雲母セリサイトのような鉱物二酸化チタン酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物;熱的な可塑性粉末デンプン及びセルロースのような有機の顔料、前述のもののいずれの組み合わせ、前述のものの一つ又はより多いものの複合物からなる群より選択されたものである、化粧品の組成物。

請求項6

請求項5に記載の化粧品の組成物において、前記金属酸化物は、約200nmと比べてより少ないところの一次粒子のサイズ及び約200nmと比べてより大きいところの顔料の等級のサイズを有する、化粧品の組成物。

請求項7

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記顔料は、べんがらであると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、化粧品の組成物。

請求項8

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記顔料は、真珠光沢の顔料であると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、化粧品の組成物。

請求項9

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記顔料は、アルミニウムで処理された二酸化チタンであると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、化粧品の組成物。

請求項10

請求項9に記載の化粧品の組成物において、前記二酸化チタンは、約15nmの一次粒子のサイズを有する、化粧品の組成物。

請求項11

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記顔料は、シリカビードであると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、化粧品の組成物。

請求項12

口紅ルース又はプレスされた粉末、ファンデーションほお紅、及び日焼け止めより選択されたメーキャップ生産物へと処方された、請求項1に記載の化粧品の組成物。

請求項13

請求項1に記載の化粧品の組成物において、前記組成物は、疎水性のものである、化粧品の組成物。

請求項14

二酸化チタン、鉄黄、べんがら、鉄黒、雲母、及びシリカからなる群より選択された天然の表面処理剤の表面処理剤を組み込む少なくとも一つの疎水性の顔料を備える化粧品の組成物であって、前記顔料が口紅、ルース又はプレスされた粉末、ファンデーション、ほお紅、及び日焼け止めからなる群より選択された化粧品の生産物へと組み込まれたものである、化粧品の組成物。

請求項15

請求項14に記載の化粧品の組成物において、前記化粧品の組成物は、二酸化チタン、鉄黄、及びべんがらからなる群より選択された約0.5重量%から約15重量%までの間の疎水性の天然の表面が改質された顔料を有する水中油液体のメーキャップである、化粧品の組成物。

請求項16

請求項15に記載の組成物において、前記水中油の液体のメーキャップは、約1重量%から約7重量%までの間の前記疎水性の天然の表面が改質された顔料を有する、組成物。

請求項17

請求項16に記載の組成物において、前記水中油の液体のメーキャップは、約4.5重量%の前記疎水性の天然の表面が改質された顔料を有する、組成物。

請求項18

請求項14に記載の化粧品の組成物において、前記化粧品の組成物は、二酸化チタン、べんがら、鉄黄、鉄黒、雲母、及びシリカからなる群より選択された約15%から約75%までの間の天然の表面が改質された顔料を有する液体のコンパクトなファンデーションを作り出す熱い流出物である、化粧品の組成物。

請求項19

請求項18に記載の化粧品の組成物において、前記液体のコンパクトなファンデーションは、約25%から約50%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項20

請求項19に記載の化粧品の組成物において、前記液体のコンパクトなファンデーションは、約40%の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項21

請求項14に記載の化粧品の組成物において、前記化粧品の組成物は、D&CRedNo.6BariumLake、D&CRedNo.7CalciumLake、及び鉄の酸化物からなる群より選択された約0.5%及び約20%の間の天然の表面が改質された顔料を有する口紅である、化粧品の組成物。

請求項22

請求項21に記載の化粧品の組成物において、前記口紅は、約2%から約10%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項23

請求項14に記載の化粧品の組成物において、前記天然の表面処理剤は、ホホバ油若しくはホホバエステル又はそれの誘導体を備える、化粧品の組成物。

請求項24

請求項14に記載の化粧品の組成物において、前記化粧品の組成物は、セリサイト、鉄黄、べんがら、及び鉄黒からなる群より選択された約30%から約85%までの間の天然の表面が改質された顔料を有するプレスされた粉末である、化粧品の組成物。

請求項25

請求項24に記載の化粧品の組成物において、前記プレスされた粉末は、約50%から約80%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項26

請求項25に記載の化粧品の組成物において、前記プレスされた粉末は、約72%の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項27

請求項14に記載の化粧品の組成物において、前記化粧品の組成物は、鉄黄、べんがら、及び鉄黒からなる群より選択された約0.1%から約10%までの間の天然の表面が改質された顔料を有する緩和性ルース粉末である、化粧品の組成物。

請求項28

請求項27に記載の化粧品の組成物において、前記緩和性のルース粉末は、約0.5%から約2%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項29

請求項28に記載の化粧品の組成物において、前記緩和性のルース粉末は、約0.78%の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。

請求項30

天然の表面が処理された顔料を作るための工程であって、顔料を提供すること;ブレンド生産するために天然の表面を改質する薬剤と前記顔料をブレンドすること;約80度Cから約150度Cまでの間まで前記ブレンドを加熱すること;及び前記ブレンドがおおよそ18度Cまで冷えることを許容すること:を備える、工程。

請求項31

請求項30に記載の工程において、前記ブレンドは、約100度Cから約110度Cまでの間まで加熱される、工程。

請求項32

前記顔料を粉砕することをさらに備える、請求項30に記載の工程。

請求項33

請求項30に記載の工程において、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、工程。

請求項34

請求項30に記載の工程において、前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油である、工程。

請求項35

請求項30に記載の工程において、前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油及びホホバエステルの混合物である、工程。

請求項36

請求項30に記載の工程において、前記顔料は、滑石、雲母、及びセリサイトのような鉱物;二酸化チタン、酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物;熱的な可塑性の粉末;並びにデンプン及びセルロースのような有機の顔料からなる群より選択される、工程。

請求項37

請求項36に記載の工程において、前記金属酸化物は、約200nmと比べてより少ないところの一次粒子のサイズ及び約200nmと比べてより大きいところの顔料の等級のサイズを有する、工程。

請求項38

請求項30に記載の工程において、前記顔料は、べんがらであると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、工程。

請求項39

請求項38に記載の工程において、前記顔料は、真珠光沢の顔料であると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、工程。

請求項40

請求項30に記載の工程において、前記顔料は、アルミニウムで処理された二酸化チタンであると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、工程。

請求項41

請求項40に記載の工程において、前記二酸化チタンは、約15nmの一次粒子のサイズを有する、工程。

請求項42

請求項30に記載の工程において、前記顔料は、シリカのビードであると共に、前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、工程。

請求項43

口紅、ルース又はプレスされた粉末、ファンデーション、ほお紅、及び日焼け止めからなる群より選択されたメーキャップ生産物へと前記組成物を処方することをさらに備える、請求項30に記載の工程。

技術分野

0001

技術の分野

0002

本発明は、天然化粧品生産物のための組成物に、並びに、より詳しくは、天然のエステルワックス、又は油で処理された顔料、そのような処理された顔料の生産物、及び天然の処方成分で処理された顔料を組み込む化粧品の生産物に、関係する。

背景技術

0003

発明の背景

0004

滑石雲母、及びセリサイトのような鉱物二酸化チタン酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物熱可塑性粉末デンプン及びセルロースのような有機の顔料、並びに他の無機の顔料は、化粧品の生産物において幅広く使用される。それらが、処理無しに使用されることができるとはいえ、それらの性能は、表面処理を通じて顕著に改善されることができる。耐水性、低い吸油量、より高い固体ローディング、軟らかさ、向上させられた分散性、及び低いpHに対する抵抗性のような特別な性質は、表面処理を通じて向上させられることができる。

0005

メチコンシランジメチコン、チタナート、ミリスチン酸マグネシウム、及びペルフルオロアルコールホスファートのような、最も一般的な表面を改質する薬剤は、全て合成の化合物であると共に、望ましくない複雑さを伴うことがある。

課題を解決するための手段

0006

発明の概要

0007

本発明と一致して、特にホホバエステル及びホホバワックスのような植物から誘導されたエステル類及びワックスは、顔料及び充填剤を表面処理するために使用される。処理された顔料は、疎水性のものであると共に快い皮膚の感触及び良好な付着を有することがある。本発明と一致した処理された顔料が、化粧品の組成物の幅広い範囲で使用されることがあることは、構想されることである。

0008

本発明のある態様において、提供されるものは、天然の表面を改質する薬剤で処理された顔料を備える化粧品の組成物である。

0009

本発明の別の態様において、提供されるものは、二酸化チタン、鉄黄べんがら鉄黒、雲母、及びシリカより選択された少なくとも一つの疎水性の天然の表面が改質された顔料を備える化粧品の組成物であるが、顔料は、口紅ルース又はプレスされた粉末、ファンデーションほお紅、及び日焼け止めのような化粧品の生産物へと組み込まれたものである。

0010

本発明のさらなる態様において、提供されるものは、顔料を提供すること;ブレンド生産するために天然の表面を改質する薬剤と顔料をブレンドすること;おおよそ100度Cから110度Cまでブレンドを加熱すること;及びブレンドがおおよそ18度Cまで冷えることを許容することを備える、天然の表面が処理された顔料を作るための工程である。その次に、材料は、粉砕されることがある。

0011

天然の生産物が、ヒトの体とより適合性のもの及びより環境的に優しいものであることは、信じられる。本発明によって企図された化粧品の生産物は、滑らかな感触及び良好な付着を備えた天然の生産物を含む。多種多様な生産物が、ここに提供された処方及び工程を組み込むことがあることは、企図される。例えば、メーキャップ、ファンデーション、及びマスカラのようなエマルジョン;口紅及びほお紅のような無水の熱い流出物;並びにプレスされた及びルース粉末のような粉末は、作られることがある。

0012

本発明のある実施形態において、提供されるものは、天然の表面を改質する薬剤で処理された顔料を備える化粧品の組成物である。本発明に従った適切な天然の表面を改質する薬剤は、制限無しに、ホホバエステル、水素化されたホホバ油、及びそれらの混合物を含む。

0013

本発明に従った適切な顔料は、制限無しに、滑石、雲母、及びセリサイトのような鉱物;二酸化チタン、酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物;熱的な可塑性の粉末;並びにデンプン及びセルロースのような有機の顔料を含む。

0014

本発明の別の実施形態において、提供されるものは、二酸化チタン、鉄黄、べんがら、鉄黒、雲母、及びシリカを備える群より選択された少なくとも一つの疎水性の天然の表面が改質された顔料を備える化粧品の組成物であるが、顔料が口紅、ルース又はプレスされた粉末、ファンデーション、ほお紅、及び日焼け止めより選択された化粧品の生産物へと組み込まれたものである。

0015

例示的な実施形態において、化粧品の組成物は、二酸化チタン、鉄黄、及びべんがらを備える群より選択された、約0.5重量%から約15重量%までの間の、好ましくは約1重量%から約7重量%までの、及び、より好ましくは約4.5重量%の、疎水剤の天然の表面が改質された顔料を有する水中油液体のメーキャップである。

0016

別の例示的な実施形態において、化粧品の組成物は、二酸化チタン、べんがら、鉄黄、鉄黒、雲母、及びシリカを備える群より選択された、約15%から約75%までの間の、好ましくは約25%から約50%までの、及びより好ましくは約40%の、天然の表面が改質された顔料を有する液体のコンパクトなファンデーションを作り出す熱い流出物である。

0017

別の例示的な実施形態において、化粧品の組成物は、D&C Red No.6 Barium Lake、D&C Red No.7 Calcium Lake、及び鉄の酸化物を備える群より選択された、約0.5%及び約20%の間の、好ましくは約2%から約10%までの、及びより好ましくは約6%の、天然の表面が改質された顔料を有する口紅である。

0018

別の例示的な実施形態において、化粧品の組成物は、セリサイト、鉄黄、べんがら、及び鉄黒を備える群より選択された、約30%から約85%までの間の、好ましくは約50%から約80%までの間の、及びより好ましくは約72%の、天然の表面が改質された顔料を有するプレスされた粉末である。

0019

別の例示的な実施形態において、化粧品の組成物は、鉄黄、べんがら、及び鉄黒を備える群より選択された、約0.1%から約10%までの間の、好ましくは約0.5%から約2%までの間の、及びより好ましくは約0.78%の、天然の表面が改質された顔料を有する緩和性のルース粉末である。

0020

本発明のさらなる実施形態において、提供されるものは、顔料を提供すること;ブレンドを生産するために天然の表面を改質する薬剤と顔料をブレンドすること;約80度Cから約150度Cまでの間、好ましくは約100度Cから約110度Cまでの間、までブレンドを加熱すること;及びブレンドがおおよそ18度Cまで冷えることを許容することを備える天然の表面が処理された顔料を作るための工程である。

0021

多種多様な顔料は、本発明と一致した鋳造された顔料を作るために使用されることがある。例えば、滑石、雲母、及びセリサイトのような鉱物;二酸化チタン、酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物;熱可塑性の粉末;デンプン及びセルロースのような有機の顔料;並びに他の無機の顔料は、使用されることがある。様々な形状、例えば、制限無しに、球状のもの及び針状のもの、のみならず、大きい範囲のサイズ、例えば約5nmから300nm又はより大きいもの、を有する鉱物は、処理されることがある。例えば、本発明と一致して都合良く処理されることがあるものである材料は、商品名TTO−S−3でISKによって販売されたもののようなアルミナコーティングを備えた、約200nmと比べてより少ないところの一次粒子のサイズ及び約200nmと比べてより大きいところの顔料の等級のサイズ(即ち、より大きい粒子のサイズ)を有する金属酸化物、二酸化チタン(TiO2)、のマイクロ粒子マイクロTiO2)を含む。TTO−S−3は、約15nmの一次粒子のサイズを有すると共に、針状の形状を有する。Tipaque PF−671は、本発明と一致して処理されることがあるものである、アルミナ及びシリカコーティング及び約210nmの粒子のサイズを有する顔料の等級のTiO2の例である。

0022

本発明と一致して処理されることがあるものである材料の別の例は、約20nmの一次粒子のサイズを備えたマイクロZnOである、Taycaによって提供された、MZ−500のような、約200nmと比べてより少ない一次粒子のサイズ及び約200nmと比べてより大きいところの顔料の等級のサイズを有する酸化亜鉛(ZnO)のマイクロ粒子(マイクロZnO)を含む。本発明と一致して使用されることがあるものである材料の他の例は、制限無しに、商品名C33−5198 Cosmetic Black、C33−128 Cosmetic Russet、及びC33−8073 Cosmetic YellowでSun Chemicalによって提供されたもののような、鉄の酸化物を含む。

0023

本発明と一致して処理されることがあるものであるさらに別の材料は、バインダーマトリクスにおけるより小さい粒子(例.日焼け止めの粒子)のマクロ粒子複合物及び/又はより小さい粒子(例えば、より小さい日焼け止めの粒子)を保持する空洞を定義するマクロ粒子である。

0024

本発明と一致して、天然のコーティングは、上等の感触及び他の望ましい性質を備えた天然の生産物を提供するために顔料との関連で使用される。コーティングは、ホホバエステル類であることがあるが、それは、Simmondsia Chinensis(ホホバ)油(所要量)、水素化されたホホバ油(所要量)、又は二つのものの混合物のエステル交換エステル置換によって生産されたエステル類の複雑な混合物である。好適な実施形態において、Floratecによって提供されたFloraester 70は、使用される。しかしながら、いずれの等級のホホバエステルも、本発明と一致して使用されることがある。

0025

さらに、ホホバワックス、即ち、水素化されたホホバ油は、使用されることがある。ホホバワックスは、Simmondsia Chinensis(ホホバ)油(所要量)の制御された水素化の最終生産物である。

0026

本発明と一致して、他の天然の材料が、ホホバエステルについて代用されることがあることは、企図される。本発明の方法と一致した使用に適切な材料は、ホホバエステル、(水素化されたホホバ油であるものである)ホホバワックス、及びホホバ油に追加で、制限無しに、鯨油大豆油、及びカンデリラを含む。ホホバ及びホホバエステル類は、特に、それらが、両方とも酸化に対して非常に抵抗性のもの、ヒマシ油ヤシ油マカダミアナッツ油と比べて、及び鉱物油の多数のフラクションとで比べてさえも、よりそのようなもの、であるので、好適なものである。ヒトの皮脂に対するホホバエステル類の類似性は、ホホバを主材料とした疎水化するコーティングを特に好適なものにするものである。

0027

当該発明と一致して、ホホバエステル類が、それらで処理されるものである顔料における予想されない性質の配列を生じることは、また留意されることである。より詳しくは、ホホバエステルで処理された二酸化チタンは、ある感触を生産物に与えるが、それは、処理されてない顔料と同程度に乾燥したところのものであるが、しかし、それは、非常に滑らかなものであると共に水素化されたレシチン及びステアリン酸で処理された顔料の滑らかさと同等のものである。

0028

セリサイトで処理されたホホバエステルは、また、水素化されたレシチンで処理された顔料に匹敵するところの及びラウロイルリシン又はレシチンで処理された顔料と比べて実質的により滑らかな、滑らかさの尺度について非常に高い得点をつける。

0029

ホホバエステルで処理された顔料は、相対的に強い臭気を有するものであるカルナウバワックスのような他の処理剤に比較された際に、ほとんど完全に無臭のものである。同様にして、カルナウバ及びラウロイルリシンのような材料で処理された顔料が、約30%から90%までの範囲における臭気の増加を呈示するのに対して、六時間のような、相対的に長い時間の間に、90℃のような、高い温度にかけられたとき、二酸化チタン及びセリサイトのような、顔料は、事実上、臭気の変化の無いことを呈示する。このように、これらの他の材料で処理された顔料は、高い水準の熱への露出の前及び後の両方で、当該発明と一致して処理された顔料と比べて数十倍より大きいところの臭気の水準を有する。

0030

その上、ホホバで処理された顔料の相対的な乾燥にもかかわらず、処理は、機械的な衝撃及び/又は攪拌バラバラに壊れる傾向があるものである処理されてない顔料のコンパクトに比較された際に、コンパクトにされた粉末へ機械的な安定性を与えることにおいて非常に有効なものである。

実施例

0031

本発明は、追加的に、本発明の及びそれの多数の利点のより良好な理解を提供するものである後に続く例証となる限定するものではない例の方式で記載される。

0032


コートされた粉末の生産
例1:マイクロTiO2を疎水的にコートすること

0033

上に記載されたような、ISKによってカタログ番号TTO−S−3で販売された93gのアルミナで処理された15nmの二酸化チタンは、7gのホホバエステル(Floraester 70)とブレンドされた。ブレンドは、おおよそ100℃−110℃まで加熱された。ブレンドは、おおよそ1時間の間に100℃の温度で保持された。その次にブレンドが、室温まで冷えることを許容されたが、それは、おおよそ18℃であった。粉末は、ブレンダーを使用することで粉砕された。

0034

例2:べんがらの顔料を疎水的にコートすること

0035

Sun Chemicalによって提供されたもののような、商品名C33−128 Cosmetic Russetで販売された97gのべんがらは、Floratecによって提供されたもののような商品名Floraester 70の3gのホホバエステルとブレンドされた。ブレンドは、約100℃−110℃まで加熱された。ブレンドは、おおよそ1時間の間に100℃の温度で保持された。その次にブレンドが、室温まで冷えることを許容されたが、それは、おおよそ18℃であった。粉末は、ブレンダーを使用することで粉砕された。

0036

例3:真珠光沢の顔料を疎水的にコートすること

0037

Kobo Products,Inc.によって提供されたもののような商品名KTZTM Interval Redで販売されたもののような、98gの真珠光沢の顔料は、商品名Floraester 70の2gのホホバエステルとブレンドされた。ブレンドは、約100℃−110℃まで加熱された。ブレンドは、おおよそ1時間の間に100℃の温度で保持された。その次にブレンドが、室温まで冷えることを許容されたが、それは、おおよそ18℃であった。粉末は、ブレンダーでブレンドする工程を使用することで粉砕された。

0038

例4:マイクロスフェアの疎水的にコートすること

0039

Koboいよって提供されたもののような商品名MSS−500Wの95gのシリカのビードは、商品名Floraester 70の5gのホホバエステルとブレンドされた。ブレンドは、100−110℃まで加熱された。ブレンドは、おおよそ1時間の間に100℃の温度で保持された。その次にブレンドが、室温まで冷却されたが、それは、おおよそ18℃であった。その次に粉末は、それのSの形状のチョッピングブレード備え付けられた大きいCuisinartのフードプロセッサーを使用することで微粉状にされた。

0040

試験結果
疎水性

0041

疎水性を試験するために、コートされてない粉末の顔料及び例1−4の各々に従った上の工程から作られたコートされた粉末の顔料の両方のおおよそ0.5g−1gは、試験された。試験された粉末の顔料は、各々の場合において、4オンスジャーに含有された水の表面へと穏やかにスプーンで移された。ジャーは、50mLの水を含有するものであった。

0042

コートされてない粉末は、ジャーの水の追加の際に直ちに沈んだ。例1−4に従って作られたコートされた粉末は、一時間と比べてより多い間に水に浮かんだ。このように、コートされた粉末は、疎水性の品質を示した。

0043

皮膚の感触

0044

皮膚の感触を試験するために、コートされてない顔料の粉末及び例1−4と一致して作られたコートされた粉末の各々の小さい部分は、試験された。顔料の粉末は、人差し指を使用することで前腕の表面へと置かれたと共にそれに対して摩擦された。

0045

少なくとも10nmの粒子のサイズを備えたコートされてないTiO2、ZnO、及び鉄の酸化物は、粗い及び不快な感触を有するものであった。Floraester 70及び/又はホホバでコートされた、並びに、例1及び2と一致した調製された、コートされたTiO2、ZnO、及び鉄の酸化物は、滑らかな及び軟らかい皮膚の感触を提供した。追加的に、コートされてない雲母の滑石は、滑らかな感触を有するものであった。Floraester 70及びホホバでコートされた並びに例3に従って調製された滑石及び雲母は、また、滑らかな感触を提供したが、それは、軟らかい及びクリーム状のものであった。

0046

処理された顔料が、メーキャップ、ファンデーション、マスカラ、及び日焼け止めのようなエマルジョン;口紅及びほお紅のような無水の熱い流出物;並びに、プレスされた及びルース粉末のような粉末を含む幅広い多種多様な用途に使用されることがあることは、本発明によって企図される。いくつかの可能性のある用途は、例の次のセットにおいて下に記載される。示された処方は、処方の総重量の百分率に基づくものである。

0047

例5:水中油の液体のメーキャップ
表1:水中油の液体のメーキャップの処方成分

0048

0049

液体のメーキャップについての処方は、表1に示される。パートAにおける処方成分は、後に続く順序ラノリンアルコール及び鉱物油、セチルエステル類、ステアリン酸、グリセリルモノステアラート、滑石、例1と一致した二酸化チタン、例2と一致した鉄黄、例2と一致したべんがら、及び、例2と一致した鉄黒、で組み合わせられた。パートAにおける各々の処方成分は、均質なものまで中に各々の構成成分を混合することで、一つずつ加えられたと共に、その次に、次の処方成分が、追加された。パートAにおける処方は、60℃まで加熱された。

0050

別個ベッセルにおいて、パートBの処方成分は、後に続く順序:プロピレングリコールトリエタノールアミン、PE 20ソルビタンモノラウラート、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、カルボキシメチルセルロール、及び脱イオン水、並びに、防腐剤及び芳香剤、で追加されることによってゆっくりと組み合わせられた。

0051

その次にパートAは、パートBへゆっくりと追加された。パートAは、従来のブレンダーにおいてブレンドする工程を使用することで、一緒に混合された。その次に混合物は、容器へと注がれた。

0052

例6:液体のコンパクトのファンデーション(熱い流出物)
表2:液体のコンパクトのファンデーション(熱い流出物)

0053

0054

パートA:例1と一致した二酸化チタン、例2と一致したべんがら、例2と一致した鉄黄、例2と一致した鉄黒、及び例3と一致した雲母は、色が十分に発現させられたところまで混合する工程を使用することで微粉にされた。パートB:スクアラン、ジメチコン(5cst)、オクチル=ヒドロキシステアラート、ポリグリセリル−3ジイソステアラート、の結晶性のワックス、オクチル=パルミタート、及びカルナウバワックスは、同時にかき混ぜる一方で、195°F−200°Fまで加熱された。パートBは、30分の間に連続的にかき混ぜられた。

0055

パートAは、パートBへ追加されたと共に均質なところまで混合された。混合物が、180°Fまで冷えることが許容された。パートC:ナイロン−12は、パートA及びパートBの混合物へ追加されたと共に均質なところまで混合された。パートA、パートB、及びパートCの混合物は、165°F−170°Fにおけるパンへと注がれた。

0056

例7:口紅
表3:口紅

0057

0058

ヒマシ油は、ブレンダーに置かれたと共にスチームパンを使用することで80℃まで加熱された。処理された顔料、並びに、例4と一致して調製されたコーティングを備えたD&CレッドNo.6バリウムレーキ、例4と一致して調製されたD&CレッドNo.7カルシウムレーキ、例2と一致して調製された鉄の酸化物、及びFD&C Blue No.1を含む染料は、30−60分の間に高いスピードでLightninのミキサーを使用することでヒマシ油へ追加された。

0059

カンデリラワックス、カルナウバワックス、ミツロウオゾケライトパラフィンワックスオレイルアルコール、及びラノリンアルコールは、予熱されたと共に、スチームパンを使用することで80−85℃において一緒に溶融させられた。その次にこれらの溶融させられた構成成分は、ヒマシ油、顔料、及び染料の混合物へ追加された。混合することは、各々の処方成分の追加のいたるところで連続的なものであった。

0060

香料は、追加されたと共に、混合することは、混合物が均質なものであったところまで、連続的なものであった。その次に二酸化チタン及び雲母は、追加されたと共に、混合することは、生産物が均一なものであったところまで、続いた。

0061

その次に口紅は、当業者に知られたものと整合性のある様式で形成された。

0062

例8:プレスされた粉末
表4:プレスされた粉末

0063

0064

パートA:例4と一致して調製されたホホバエステルのコーティングを備えたセリサイト、例2と一致して調製された鉄黄、例2と一致して調製されたべんがら、及び例2と一致して調製された鉄黒は、列挙された順序で一緒に混合されたと共に、色が十分に発現させられたところまで、微粉機を通過した。

0065

スクアラン、ペンタエリトリトールテトラオクタノアート、ジメチコン、及びトリメチルシロキシシリケートで作られたパートBは、65°−70℃まで予め温められた。その次にパートBは、パートAへと噴霧された。その次にパートA及びBは、従来のブレンダーを使用するブレンドする工程で良好に混合された。その次にパートBは、油が完全に分散させられたところまで、微粉機を通過させられた。パートC、ナイロン−12は、パートBへ追加されたと共に良好にブレンドされた。必要なものあるとすれば、混合物は、色を十分に発現させるために微粉機を通過させられた。パートBを過熱することが無いことは、重要なことであった。その次に混合物は、1000psiで#20のメッシュを通過させられた。

0066

その次に生産物は、従来の様式でプレスされた。

0067

例9:緩和性のルース粉末
表5:緩和性のルース粉末

0068

0069

パートAを作り上げるものである雲母、鉄黄、及び鉄黒は、ヒュームフードの下でWaring Blenderへ追加された。パートAは、高いスピードで2−3分の間に混合された。スクアラン、ペンタエリトリトールテトラオクタノアート、ジメチコン、及びトリメチルシロキシシリケート、及びシリカ(球状のもの)を備える、パート2は、Waring Blenderにおいて予めブレンドされた。パートBは、パートAへ追加されたと共に混合された。その次に混合物は、油が分散させられたところまで、微粉機を通過させられた。

0070

当該発明が、それの好適な実施形態を参照して特に示されてきた及び記載されてきたものである一方で、形態及び細部における様々な変形が、添付された請求項によって定義されたような、当該発明の主旨及び範囲から逸脱することなく、それにおいてなされることがあることは、当業者によって理解されることになる。

0071

仮出願に対する相互参照

0072

本出願は、2008年4月11日に出願された米国仮出願番号61/044,458号に対する優先権を主張するが、それは、それの全体としてここに参照によって組み込まれる。

0073

[付記]
付記(1):
天然の表面を改質する薬剤で処理された顔料を備える化粧品の組成物。
付記(2):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、化粧品の組成物。
付記(3):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油である、化粧品の組成物。
付記(4):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油及びホホバエステルの混合物である、化粧品の組成物。
付記(5):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記顔料は、滑石、雲母、セリサイトのような鉱物;二酸化チタン、酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物;熱的な可塑性の粉末;デンプン及びセルロースのような有機の顔料、前述のもののいずれの組み合わせ、前述のものの一つ又はより多いものの複合物からなる群より選択されたものである、化粧品の組成物。
付記(6):
付記(5)に記載の化粧品の組成物において、
前記金属酸化物は、約200nmと比べてより少ないところの一次粒子のサイズ及び約200nmと比べてより大きいところの顔料の等級のサイズを有する、化粧品の組成物。
付記(7):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記顔料は、べんがらであると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
化粧品の組成物。
付記(8):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記顔料は、真珠光沢の顔料であると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
化粧品の組成物。
付記(9):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記顔料は、アルミニウムで処理された二酸化チタンであると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
化粧品の組成物。
付記(10):
付記(9)に記載の化粧品の組成物において、
前記二酸化チタンは、約15nmの一次粒子のサイズを有する、
化粧品の組成物。
付記(11):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記顔料は、シリカのビードであると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
化粧品の組成物。
付記(12):
口紅、ルース又はプレスされた粉末、ファンデーション、ほお紅、及び日焼け止めより選択されたメーキャップ生産物へと処方された、付記(1)に記載の化粧品の組成物。
付記(13):
付記(1)に記載の化粧品の組成物において、
前記組成物は、疎水性のものである、化粧品の組成物。
付記(14):
二酸化チタン、鉄黄、べんがら、鉄黒、雲母、及びシリカからなる群より選択された天然の表面処理剤の表面処理剤を組み込む少なくとも一つの疎水性の顔料を備える化粧品の組成物であって、前記顔料が口紅、ルース又はプレスされた粉末、ファンデーション、ほお紅、及び日焼け止めからなる群より選択された化粧品の生産物へと組み込まれたものである、化粧品の組成物。
付記(15):
付記(14)に記載の化粧品の組成物において、
前記化粧品の組成物は、二酸化チタン、鉄黄、及びべんがらからなる群より選択された約0.5重量%から約15重量%までの間の疎水性の天然の表面が改質された顔料を有する水中油の液体のメーキャップである、化粧品の組成物。
付記(16):
付記(15)に記載の組成物において、
前記水中油の液体のメーキャップは、約1重量%から約7重量%までの間の前記疎水性の天然の表面が改質された顔料を有する、組成物。
付記(17):
付記(16)に記載の組成物において、
前記水中油の液体のメーキャップは、約4.5重量%の前記疎水性の天然の表面が改質された顔料を有する、組成物。
付記(18):
付記(14)に記載の化粧品の組成物において、
前記化粧品の組成物は、二酸化チタン、べんがら、鉄黄、鉄黒、雲母、及びシリカからなる群より選択された約15%から約75%までの間の天然の表面が改質された顔料を有する液体のコンパクトなファンデーションを作り出す熱い流出物である、化粧品の組成物。
付記(19):
付記(18)に記載の化粧品の組成物において、
前記液体のコンパクトなファンデーションは、約25%から約50%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(20):
付記(19)に記載の化粧品の組成物において、
前記液体のコンパクトなファンデーションは、約40%の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(21):
付記(14)に記載の化粧品の組成物において、
前記化粧品の組成物は、D&C Red No.6 Barium Lake、D&CRed No.7 Calcium Lake、及び鉄の酸化物からなる群より選択された約0.5%及び約20%の間の天然の表面が改質された顔料を有する口紅である、化粧品の組成物。
付記(22):
付記(21)に記載の化粧品の組成物において、
前記口紅は、約2%から約10%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(23):
付記(14)に記載の化粧品の組成物において、
前記天然の表面処理剤は、ホホバ油若しくはホホバエステル又はそれの誘導体を備える、化粧品の組成物。
付記(24):
付記(14)に記載の化粧品の組成物において、
前記化粧品の組成物は、セリサイト、鉄黄、べんがら、及び鉄黒からなる群より選択された約30%から約85%までの間の天然の表面が改質された顔料を有するプレスされた粉末である、化粧品の組成物。
付記(25):
付記(24)に記載の化粧品の組成物において、
前記プレスされた粉末は、約50%から約80%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(26):
付記(25)に記載の化粧品の組成物において、
前記プレスされた粉末は、約72%の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(27):
付記(14)に記載の化粧品の組成物において、
前記化粧品の組成物は、鉄黄、べんがら、及び鉄黒からなる群より選択された約0.1%から約10%までの間の天然の表面が改質された顔料を有する緩和性のルース粉末である、化粧品の組成物。
付記(28):
付記(27)に記載の化粧品の組成物において、
前記緩和性のルース粉末は、約0.5%から約2%までの間の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(29):
付記(28)に記載の化粧品の組成物において、
前記緩和性のルース粉末は、約0.78%の前記天然の表面が改質された顔料を有する、化粧品の組成物。
付記(30):
天然の表面が処理された顔料を作るための工程であって、
顔料を提供すること;
ブレンドを生産するために天然の表面を改質する薬剤と前記顔料をブレンドすること;
約80度Cから約150度Cまでの間まで前記ブレンドを加熱すること;及び
前記ブレンドがおおよそ18度Cまで冷えることを許容すること
:を備える、工程。
付記(31):
付記(30)に記載の工程において、
前記ブレンドは、約100度Cから約110度Cまでの間まで加熱される、工程。
付記(32):
前記顔料を粉砕することをさらに備える、付記(30)に記載の工程。
付記(33):
付記(30)に記載の工程において、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、工程。
付記(34):
付記(30)に記載の工程において、
前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油である、工程。
付記(35):
付記(30)に記載の工程において、
前記天然の表面を改質する薬剤は、水素化されたホホバ油及びホホバエステルの混合物である、工程。
付記(36):
付記(30)に記載の工程において、
前記顔料は、滑石、雲母、及びセリサイトのような鉱物;二酸化チタン、酸化亜鉛、及び鉄の酸化物のような金属酸化物;熱的な可塑性の粉末;並びにデンプン及びセルロースのような有機の顔料からなる群より選択される、工程。
付記(37):
付記(36)に記載の工程において、
前記金属酸化物は、約200nmと比べてより少ないところの一次粒子のサイズ及び約200nmと比べてより大きいところの顔料の等級のサイズを有する、工程。
付記(38):
付記(30)に記載の工程において、
前記顔料は、べんがらであると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
工程。
付記(39):
付記(38)に記載の工程において、
前記顔料は、真珠光沢の顔料であると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
工程。
付記(40):
付記(30)に記載の工程において、
前記顔料は、アルミニウムで処理された二酸化チタンであると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
工程。
付記(41):
付記(40)に記載の工程において、
前記二酸化チタンは、約15nmの一次粒子のサイズを有する、工程。
付記(42):
付記(30)に記載の工程において、
前記顔料は、シリカのビードであると共に、
前記天然の表面を改質する薬剤は、ホホバエステルである、
工程。
付記(43):
口紅、ルース又はプレスされた粉末、ファンデーション、ほお紅、及び日焼け止めからなる群より選択されたメーキャップ生産物へと前記組成物を処方することをさらに備える、付記(30)に記載の工程。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社資生堂の「 毛髪処理剤」が 公開されました。( 2019/05/30)

    【課題】 高い毛髪矯正効果を有しながら、従来よりも毛髪や頭皮に近い至適pHを有し、毛髪に過度の収斂を引き起こしにくく、頭皮に対して低刺激性で、使用感触に優れた毛髪処理剤を提供する。【解決手段】 (... 詳細

  • 株式会社伊勢半の「 睫毛化粧料」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】新規な睫毛化粧料を提供する。【解決手段】本発明の睫毛化粧料はポリウレタン及び極性溶媒を含有する。... 詳細

  • 株式会社フルメタルジャケットの「 毛髪にストレートパーマをかける方法」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】 本発明は、より毛髪の傷みが少なく、毛髪の艶がより改善される、毛髪にストレートパーマをかける方法を提供することを目的とする。【解決手段】 実施形態に従う毛髪にストレートパーマをかける方法は... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ