図面 (/)

技術 コンバイン

出願人 井関農機株式会社
発明者 里路久幸白方幹也山本次郎上路嘉隆西崎宏
出願日 2015年3月27日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-066550
公開日 2015年6月18日 (4年10ヶ月経過) 公開番号 2015-109879
状態 特許登録済
技術分野 脱穀機要素4(籾処理) 収穫機本体(6)(機枠、駆動) 収穫機本体(4)(コンバイン)
主要キーワード 固定側カバー 内側側板 機体周辺 シリンダフレーム 搬入姿勢 エンジン付近 吸気エア 配管距離
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

プレクリーナー吸気口から高温排気ガス吸引することなく、充分な酸素濃度の空気を吸気できるものとし、ヒートバランスの悪化を防ぐ。

解決手段

機体フレーム(1)の左右一側に脱穀装置(3)を、左右他側にはグレンタンク(5)を設けたコンバインにおいて、脱穀装置(3)とグレンタンク(5)との間に、エンジン(11)から排出される排気ガス中の粒子状物質を除去するDPF(17)を配置し、DPF(17)の排気側に接続された下手接続配管(22)を、グレンタンク(5)の機体内側内側側板(28)に形成された凹部(27)内に収容した状態で上方に立ち上げ、エンジン(11)に供給する空気を清浄化するエアクリーナー(40)の上手側に接続されたプレクリーナー(48)の吸気口(54)を、下手側接続配管(22)の上端排気口(55)よりも下側の位置に配置する。

概要

背景

従来、操縦部の運転座席の下方にエンジンを設け、運転座席の下方のエンジンルーム内にエアクリーナーを設けた構成は、公知である(特許文献1)。

概要

プレクリーナー吸気口から高温排気ガス吸引することなく、充分な酸素濃度の空気を吸気できるものとし、ヒートバランスの悪化を防ぐ。機体フレーム(1)の左右一側に脱穀装置(3)を、左右他側にはグレンタンク(5)を設けたコンバインにおいて、脱穀装置(3)とグレンタンク(5)との間に、エンジン(11)から排出される排気ガス中の粒子状物質を除去するDPF(17)を配置し、DPF(17)の排気側に接続された下手接続配管(22)を、グレンタンク(5)の機体内側内側側板(28)に形成された凹部(27)内に収容した状態で上方に立ち上げ、エンジン(11)に供給する空気を清浄化するエアクリーナー(40)の上手側に接続されたプレクリーナー(48)の吸気口(54)を、下手側接続配管(22)の上端排気口(55)よりも下側の位置に配置する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

走行装置(2)を備えた機体フレーム(1)の左右一側に脱穀装置(3)を設け、機体フレーム(1)の左右他側には排出オーガ(33)を備えたグレンタンク(5)を設け、該グレンタンク(5)の前方には、エンジン(11)と、該エンジン(11)の上方に配置される操縦部(6)を設けたコンバインにおいて、前記脱穀装置(3)とグレンタンク(5)との間に、エンジン(11)から排出される排気ガス中の粒子状物質を除去するDPF(17)を配置し、該DPF(17)の排気側に接続された下手接続配管(22)を、前記グレンタンク(5)の機体内側内側側板(28)に形成された凹部(27)内に収容した状態で上方に立ち上げ、前記エンジン(11)に供給する空気を清浄化するエアクリーナー(40)の上手側に接続されたプレクリーナー(48)の吸気口(54)を、前記下手側接続配管(22)の上端排気口(55)よりも下側の位置に配置したことを特徴とするコンバイン。

請求項2

前記操縦部(6)は、運転座席(10)および該運転座席(10)の周囲の操作パネルキャビン(50)により包囲して構成し、該キャビン(50)における脱穀装置(3)側の部位にサイドハッチ(52)を備え、該サイドハッチ(52)よりも後方の部位に前記エアクリーナー(40)を配置した請求項1に記載のコンバイン。

請求項3

前記エアクリーナ(40)の少なくとも一部が、機体上に収納された排出オーガ(33)の下側に入り込む構成とした請求項2に記載のコンバイン。

請求項4

平面視において、前記エアクリーナ(40)が、機体上に収納された排出オーガ(33)と操縦部(6)との間に配置される構成とした請求項2に記載のコンバイン。

技術分野

0001

本発明は、コンバインに係るものである。

背景技術

0002

従来、操縦部の運転座席の下方にエンジンを設け、運転座席の下方のエンジンルーム内にエアクリーナーを設けた構成は、公知である(特許文献1)。

先行技術

0003

特開2010−22244号公報

発明が解決しようとする課題

0004

前記公知例は、狭いエンジンルーム内にエアクリーナーを設置しているので、設置スペース制約により、エアクリーナーの大きさに制約が生じ、そのため、吸気効率が低下し、エンジンの性能を充分に発揮できないという課題がある。

0005

本願は、エアクリーナーの設置箇所を工夫し、吸気効率を向上させてエンジンの性能を充分に発揮できるようにしたものである。

課題を解決するための手段

0006

請求項1に記載の発明は、走行装置(2)を備えた機体フレーム(1)の左右一側に脱穀装置(3)を設け、機体フレーム(1)の左右他側には排出オーガ(33)を備えたグレンタンク(5)を設け、該グレンタンク(5)の前方には、エンジン(11)と、該エンジン(11)の上方に配置される操縦部(6)を設けたコンバインにおいて、前記脱穀装置(3)とグレンタンク(5)との間に、エンジン(11)から排出される排気ガス中の粒子状物質を除去するDPF(17)を配置し、該DPF(17)の排気側に接続された下手接続配管(22)を、前記グレンタンク(5)の機体内側内側側板(28)に形成された凹部(27)内に収容した状態で上方に立ち上げ、前記エンジン(11)に供給する空気を清浄化するエアクリーナー(40)の上手側に接続されたプレクリーナー(48)の吸気口(54)を、前記下手側接続配管(22)の上端排気口(55)よりも下側の位置に配置したことを特徴とするコンバインとしたものである。

0007

請求項2に記載の発明は、前記操縦部(6)は、運転座席(10)および該運転座席(10)の周囲の操作パネルキャビン(50)により包囲して構成し、該キャビン(50)における脱穀装置(3)側の部位にサイドハッチ(52)を備え、該サイドハッチ(52)よりも後方の部位に前記エアクリーナー(40)を配置した請求項1に記載のコンバインとしたものである。

0008

請求項3に記載の発明は、前記エアクリーナ(40)の少なくとも一部が、機体上に収納された排出オーガ(33)の下側に入り込む構成とした請求項2に記載のコンバインとしたものである。

0009

請求項4に記載の発明は、平面視において、前記エアクリーナ(40)が、機体上に収納された排出オーガ(33)と操縦部(6)との間に配置される構成とした請求項2に記載のコンバインとしたものである。

発明の効果

0010

請求項1に記載の発明によれば、プレクリーナー(48)の吸気口(54)から、下手側接続配管(22)の上端の排気口(55)から排出される高温の排気ガスを吸引することなく、充分な酸素濃度の空気を吸気でき、ヒートバランスが悪化しない。

0011

請求項2に記載の発明によれば、上記請求項1に記載の発明の効果に加え、キャビン(50)のサイドハッチ(52)の開閉犠牲にすることなくエアクリーナー(40)の設置が可能になるうえに、サイドハッチ(52)を開けてキャビン(50)の内部からエアクリーナー(40)のメンテナンスを行うことができる。

0012

請求項3に記載の発明によれば、上記請求項2に記載の発明の効果に加え、大型のエアクリーナー(40)を設けた場合でも排出オーガ(33)の可動域を狭めず、穀粒排出作業を容易に行なうことができる。

0013

請求項4に記載の発明によれば、上記請求項2に記載の発明の効果を奏するうえで、操縦部(6)からエアクリーナー(40)のメンテナンスを容易に行なうことができる。

図面の簡単な説明

0014

コンバインの側面図。
コンバインの平面図。
グレンタンクの凹部付近の平面図。
コンバインの背面図。
同側面図。
同背面図。
同側面図。
同平面図。
エンジン付近の平面図。
操縦部をキャビンとしたコンバインの側面図。
脱穀装置とグレンタンクの概略背面図。
側部ハッチを開けた状態の正面図。
コンバインの背面図。
同側面図。
コンバインの背面図。

実施例

0015

本発明の一実施例を図により説明すると、1は作業機の機体フレームであり、本願はコンバインの実施例である。

0016

機体フレーム1の下方には走行装置2を設け、機体フレーム1の上方の一側には脱穀装置3を設ける。脱穀装置3の前方には刈取部4を設け、脱穀装置3の側部にはグレンタンク5を設ける。6は操縦部である。

0017

操縦部6の運転座席10の下方にはエンジン11を設け(図1)、エンジン11には排気装置12の排気管14を接続し、排気管14の途中に排気浄化装置15を設ける。

0018

排気浄化装置15は、DPF17(Diesel particulate filter、ディーゼルパティキュレートフィルタ)により構成し、DPF17は排気ガス中の粒子状物質を除去する。

0019

前記DPF17は、前後方向に長い形状とし、前記エンジン11の後方であって、前記グレンタンク5と前記脱穀装置3との間に配置する。

0020

DPF17の前側部分には、前記エンジン11に接続した排気管14の一部を構成する上手側接続配管21を接続し、前記DPF17の後側部分には、排気管14の一部を構成する下手側接続配管22を接続する。

0021

下手側接続配管22は、上方に立ち上げて、脱穀装置3からグレンタンク5に穀粒を供給移送する一番揚穀筒25の側方に沿わせて配置し、下手側接続配管22および一番揚穀筒25を収容する凹部27をグレンタンク5に一体的に形成して、凹部27内に一番揚穀筒25および下手側接続配管22を収容する(図3)。

0022

DPF17は、非作業中に、エンジン11の回転を上昇させ、DPF17に付着した等を燃焼させて除去して再生する再生作業を適宜行うため、排気温度が高温になるので、下手側接続配管22は上方に立ち上げて配置して排気ガスを上方に放出するのが好ましく、さらに、グレンタンク5に形成した一番揚穀筒一番揚穀筒25を収容する凹部27内に下手側接続配管22を収容することにより、グレンタンク5の容積の減少を最小限にする。

0023

即ち、グレンタンク5はその容積を最大にするため、グレンタンク5の内側側板28を脱穀装置3側に可能な限り接近させ、内側側板28に前記一番揚穀筒25を収容する凹部27を形成しており、この凹部27内に下手側接続配管22を収容するために、下手側接続配管22を一番揚穀筒25に沿わせて配置し、これに合わせて、凹部27を下手側接続配管22および一番揚穀筒25を一体収容するように平面視において一つの空間を形成する構成としている。

0024

そのため、下手側接続配管22を、グレンタンク5の容積の減少を最小限にして配置させられる。

0025

前記下手側接続配管22は、一番揚穀筒25の上端近傍付近で、下側排気管30と上側排気管31とに上下に分割し、下側排気管30は機体側に固定状態取付け、この下側排気管30に対して上側排気管31を着脱自在に取付ける。

0026

そのため、一番揚穀筒25のメンテナンス時に、上側排気管31だけを外すことができ、メンテナンスの作業性を良好にする。

0027

また、上側排気管31の上端は、側面視において、グレンタンク5の上面およびグレンタンク内の穀粒を排出する排出オーガ33よりも上方位置させる(図1)。

0028

そのため、上側排気管31から排出される排気ガスが直接グレンタンク5や排出オーガ33に当たるのを避けられる。

0029

なお、排出オーガ33は、その先端を上下自在および旋回自在に構成している。

0030

前記脱穀装置3とグレンタンク5の間に、機体フレーム1の前後傾斜修正するピッチングシリンダ(図示省略)を取付けるピッチングシリンダフレーム35を設け(図6、7)、ピッチングシリンダフレーム35とグレンタンク5の間にDPF17を配置する。

0031

そのため、DPF17を可能な限りエンジン11に近い位置に配置でき、エンジン11からの放熱によりDPF17が加温されて、DPF17の再生作業の再生効率を向上させられる。

0032

前記DPF17は、側面視において、脱穀装置3とグレンタンク5との間に配置すると共に、前記走行装置2のクローラー36の接地面の前後の略中心上方位置に配置する。

0033

前記下手側接続配管22の上側排気管31は下側排気管30に対してL型状に屈曲させ、上側排気管31は脱穀装置3よりも上側に設け、グレンタンク5側の上側排気管31に該上側排気管31を包囲するカバー37を設ける。カバー37はグレンタンク5側に上側排気管31に対して所定間隔おいた側方に設ける。

0034

そのため、カバー37は上側排気管31に接触することがなく、カバー37の温度が上昇しにくい。

0035

また、カバー37の取付構成を簡素にする。

0036

また、カバー37はグレンタンク5を外側オープンさせると、グレンタンク5と共に移動する。

0037

また、カバー37の取付構成を簡素にする。

0038

前記カバー37は、グレンタンク5側の上側排気管31の側方を包囲し、脱穀装置3側の上側排気管31の側方は包囲せずに、開放している。

0039

そのため、カバー37の脱穀装置3側を開放しているので、カバー37の存在がグレンタンク5の外側オープン操作の妨げとならず、メンテナンス性を向上させる。

0040

エンジン11に供給する吸気を清浄するエアクリーナー40を、脱穀装置3の上側に配置する。

0041

そのため、狭いエンジンルーム内ではなく、脱穀装置3の上側に配置するので、エアクリーナー40の大型化が可能となって、エンジン11の吸気効率を向上させられる。

0042

即ち、エアクリーナー40を、脱穀装置3の上側に配置するので、エンジン11近傍にエアクリーナー40を配置でき、エンジン11とエアクリーナー40との配管を長くすることなく、エアクリーナー40の大型化が可能となる。

0043

本実施例では、エアクリーナー40は、操縦部6の後方の脱穀装置3の上面と排出オーガ33との間に配置する。エアクリーナー40は脱穀装置3の上面に設けた支持部材42に取付ける。

0044

そのため、エアクリーナー40の支持構成を簡素にする。

0045

また、操縦部6の後方の脱穀装置3の上面と排出オーガ33との間の空間を有効利用してエアクリーナー40を設置することができ、取付スペースをよりコンパクトにする。

0046

前記支持部材42は、脱穀装置3の上面を包囲する上部カバー43のうち、固定側カバー44に取付ける。45は扱胴(図示省略)の上面を開放する移動側カバーである。

0047

そのため、操縦部6の後方の脱穀装置3の上面と排出オーガ33との間の空間を有効利用してエアクリーナー40を設置する構成でありながら、移動側カバー45の開閉操作するときに、エアクリーナー40およびエアクリーナー40の配管を取り外すことなく行え、移動側カバー45の開閉を容易にする。

0048

前記エアクリーナー40の上手側の吸気経路にはプレクリーナー48を設ける。

0049

従来では、ラジエーターカバー(図示省略)により清浄な外気が導入されるエンジンルーム内にエアクリーナー40を設置していたが、ラジエーターカバーに変えてプレクリーナー48により清浄な外気をエアクリーナー40に導入でき、脱穀装置3の上側へのエアクリーナー40の配置を可能とし、エアクリーナー40の大型化が可能となる。

0050

プレクリーナー48は前記支持部材42に取付ける。

0051

そのため、プレクリーナー48の支持構成を簡素にする。

0052

エアクリーナー40とプレクリーナー48を予め配管して組み立てておくことが可能になって、組立性を向上させられる。

0053

前記プレクリーナー48は、エアクリーナー40よりも上方に配置し、平面視において、エアクリーナー40よりも収納時の排出オーガ33から離して配置する。

0054

そのため、旋回時の排出オーガ33との干渉を防止する。

0055

前記プレクリーナー48は、前記エアクリーナー40よりグレンタンク5の外側に配置する。

0056

そのため、操縦部6からプレクリーナー48のメンテナンスをすることができる。

0057

また、エアクリーナー40およびプレクリーナー48は、排出オーガ33からグレンタンク5側に外して設けているので、排出オーガ33の上下の妨げにならず、排出オーガ33の操作性を低下させない。

0058

同様に、エアクリーナー40およびプレクリーナー48は、排出オーガ33よりもグレンタンク5側に設けているので、移動側カバー45の開閉も妨げることはない。

0059

前記エアクリーナー40の後部における脱穀装置3側の部位を、平面視において、収納時の排出オーガ33の下側に入り込ませる。

0060

そのため、排出オーガ33の可動域を狭くせず、穀粒排出作業を容易にする。

0061

また、前記プレクリーナー48も、側面視において、排出オーガ33より下方にエアクリーナー40を位置させ、排出オーガ33より上方にプレクリーナー48を位置させる。

0062

そのため、操縦部6から容易にエアクリーナー40とプレクリーナー48のメンテナンスが可能になる。

0063

また、空間部を有効利用できて、取付スペースをよりコンパクトにする。

0064

前記エアクリーナー40は、平面視において、エアクリーナー40の一部を排出オーガ33と重ねて配置する。

0065

そのため、操縦部6から容易にエアクリーナー40とプレクリーナー48のメンテナンスが可能になる。

0066

また、エアクリーナー40を操縦部6の後方に搭載可能となり、操縦部6を所謂キャビン仕様としても(図9)、エアクリーナー40のメンテナンスを容易にする。

0067

前記エアクリーナー40は、平面視において、操縦部6と収納時の排出オーガ33の間に配置する。

0068

そのため、操縦部6から容易にエアクリーナー40のメンテナンスが可能になる。

0069

この場合、前記操縦部6は、所謂キャビン50仕様とし(図9)、キャビン50のサイドハッチ52を開けると、エアクリーナー40のメンテナンス可能に構成する。

0070

また、空間部を有効利用できて、取付スペースをよりコンパクトにする。

0071

前記エアクリーナー40は、開閉(着脱)可能なカバー(蓋)51を設け、カバー51が機体進行方向前側となるようにエアクリーナー40を配置する。

0072

そのため、操縦部6から容易にカバー51を外してエアクリーナー40のメンテナンスが可能になる。

0073

また、前記エアクリーナー40は、キャビン50のサイドハッチ52より機体後方に配置する。

0074

そのため、エアクリーナー40を設けても、サイドハッチ52を開閉でき、サイドハッチ52を開けると、エアクリーナー40のメンテナンスが可能になる。

0075

また、脱穀装置3の穀稈投入口(図示省略)への穀稈搬入姿勢の確認を容易に行える。

0076

また、穀稈投入口における雑草の除去などの対応を容易にする。

0077

前記エアクリーナー40は、操縦部6の後方左側であって、前記上部カバー43の前端部にエアクリーナー40の前端部を略一致させて配置する(図1図9)。

0078

そのため、操縦部6から容易にエアクリーナー40のメンテナンスが可能になる。

0079

また、脱穀装置3の穀稈投入口(図示省略)への穀稈搬入姿勢の確認を容易に行える。

0080

また、穀稈投入口における雑草の除去などの対応を容易にする。

0081

前記プレクリーナー48の吸気口54の高さを、前記下手側接続配管22の排気口55よりも下側に配置させる。

0082

下手側接続配管22から吐出された高温の排気ガスは上方へ登っていくため、排気口55より下方に位置させたプレクリーナー48の吸気口54は高温の排気ガスを吸引することなく、充分な酸素濃度の空気を吸気でき、ヒートバランスを悪化させない。

0083

前記プレクリーナー48の吸気口54の高さを、エンジン11に対して十分上方に位置させ、前記エアクリーナー40とエンジン11との配管57の直線部分を垂直方向に水平方向よりも長くし、この配管57の垂直直線部分にエアマスセンサ58を設ける。

0084

そのため、吸気エア整流性を向上させたエアクリーナー40とエンジン11との配管配管57の直線部分に、エアマスセンサ58を設けているので、エアマスセンサ58の検出精度を充分確保すると共に、配管57およびエアマスセンサ58の取付スペースを空間を有効利用してできる。

0085

前記エアクリーナー40とエンジン11との配管57を、エアクリーナー40とプレクリーナー48との配管60よりも長く形成する(図15)。

0086

そのため、プレクリーナー48からエンジン11までの全長配管距離を変更せずに、配管57の垂直直線部分を確保でき、取付スペースを有効に使うことができる。
(実施例の作用)
エンジン11を始動し、エンジン11の回転により脱穀装置3と刈取部4の各部を駆動し、走行装置2を駆動して走行して刈取脱穀作業を行う。

0087

エンジン11は供給された燃料を燃焼させて得た駆動力を各部に伝達し、燃焼した燃料は排気ガスとして排気装置12を通して機外に排出する。

0088

排気装置12には、排気浄化装置15を設けているので、排気浄化装置15によりエンジン11の排気ガス中の粒子状物質を濾過除去する。

0089

排気浄化装置15は、DPF17により構成しているので、エンジン11からの排気ガスをDPF17に送って粒子状物質を除去する。

0090

DPF17は、前後方向に長い形状とし、エンジン11の後方であって、前記グレンタンク5と前記脱穀装置3との間に配置し、DPF17の前側部分には、エンジン11に接続した排気管14の一部を構成する上手側接続配管21を接続し、DPF17の後側部分には、排気管14の一部を構成する下手側接続配管22を接続し、下手側接続配管22は、上方に立ち上げて、脱穀装置3からグレンタンク5に穀粒を供給移送する一番揚穀筒25の側方に沿わせて配置し、下手側接続配管22および一番揚穀筒25に対するグレンタンク5の凹部27を一体的に形成して、凹部27内に一番揚穀筒25および下手側接続配管22を収容しているので、グレンタンク5に形成した一番揚穀筒25を収容する凹部27内に下手側接続配管22を収容することにより、グレンタンク5の容積の減少を最小限にする。

0091

また、DPF17は、非作業中に、エンジン11の回転を上昇させ、DPF17に付着した煤等を燃焼させて除去して再生する再生作業を適宜行うが、下手側接続配管22を上方に立ち上げているので、高温の排気ガスは上方に立ち上げた下手側接続配管22から排出するので、排気ガスを上方に放出し、機体周辺の各部を排気ガスで熱するのを防止する。

0092

即ち、グレンタンク5はその容積を最大にするため、グレンタンク5の内側側板内側側板28を脱穀装置3側に可能な限り接近させ、内側側板28に前記一番揚穀筒25を収容する凹部27を形成し、この凹部27内に下手側接続配管22を収容するために、下手側接続配管22を一番揚穀筒25に沿わせて配置し、これに合わせて、凹部27を下手側接続配管22および一番揚穀筒25を一体収容するように平面視において一つの空間を形成する構成としているので、下手側接続配管22を、グレンタンク5の容積の減少を最小限にして配置させられる。

0093

下手側接続配管22は、一番揚穀筒25の上端近傍付近で、下側排気管30と上側排気管31とに上下に分割し、下側排気管30は機体側に固定状態に取付け、この下側排気管30に対して上側排気管31を着脱自在に取付けているので、一番揚穀筒25のメンテナンス時に、上側排気管31だけを外すことができ、メンテナンスの作業性を良好にする。

0094

また、上側排気管31の上端は、側面視において、グレンタンク5の上面およびグレンタンク内の穀粒を排出する排出オーガ33よりも上方位置させているので、上側排気管31から排出される排気ガスが直接グレンタンク5や排出オーガ33に当たるのを避けられる。

0095

脱穀装置3とグレンタンク5の間に、機体フレーム1の前後傾斜を修正するピッチングシリンダ(図示省略)を取付けるピッチングシリンダフレーム35を設け、ピッチングシリンダフレーム35とグレンタンク5の間にDPF17を配置しているので、DPF17を可能な限りエンジン11に近い位置に配置でき、エンジン11からの放熱によりDPF17が加温されて、DPF17の再生作業の再生効率を向上させられる。

0096

DPF17は、側面視において、脱穀装置3とグレンタンク5との間に配置すると共に、前記走行装置2のクローラー36の接地面の前後の略中心上方位置に配置しているので、前後重量バランスを良好にし、走行姿勢を安定させられる。

0097

下手側接続配管22の上側排気管31は下側排気管30に対してL型状に屈曲させ、上側排気管31は脱穀装置3よりも上側に設け、グレンタンク5側の上側排気管31に該上側排気管31を包囲するカバー37を設けているので、カバー37は上側排気管31に接触することがなく、カバー37の温度が上昇しにくく、また、カバー37の取付構成を簡素にする。

0098

カバー37は、グレンタンク5側の上側排気管31の側方を包囲し、脱穀装置3側の上側排気管31の側方は包囲せずに開放し、カバー37の脱穀装置3側を開放しているので、カバー37の存在がグレンタンク5の外側オープン操作の妨げとならず、メンテナンス性を向上させる。

0099

エンジン11に供給する吸気を清浄するエアクリーナー40を、脱穀装置3の上側に配置しているので、狭いエンジンルーム内ではなく、脱穀装置3の上側に配置するので、エアクリーナー40の大型化が可能となって、エンジン11の吸気効率を向上させられる。

0100

本実施例では、エアクリーナー40は、操縦部6の後方の脱穀装置3の上面と排出オーガ33との間に配置する。エアクリーナー40は脱穀装置3の上面に設けた支持部材42に取付けているので、エアクリーナー40の支持構成を簡素にする。

0101

また、操縦部6の後方の脱穀装置3の上面と排出オーガ33との間の空間を有効利用してエアクリーナー40を設置することができるので、取付スペースをよりコンパクトにする。

0102

支持部材42は、脱穀装置3の上面を包囲する上部カバー43のうち、固定側カバー44に取付けているので、操縦部6の後方の脱穀装置3の上面と排出オーガ33との間の空間を有効利用してエアクリーナー40を設置する構成でありながら、移動側カバー45の開閉操作するときに、エアクリーナー40およびエアクリーナー40の配管を取り外すことなく行え、移動側カバー45の開閉を容易にする。

0103

エアクリーナー40の上手側の吸気経路にはプレクリーナー48を設け、プレクリーナー48は前記支持部材42に取付けているので、プレクリーナー48の支持構成を簡素にする。

0104

また、エアクリーナー40とプレクリーナー48を予め配管して組み立てておくことが可能となるので、組立性を向上させられる。

0105

プレクリーナー48は、エアクリーナー40よりも上方に配置し、平面視において、エアクリーナー40よりも収納時の排出オーガ33から離して配置しているので、旋回時の排出オーガ33との干渉を防止する。

0106

また、プレクリーナー48は、エアクリーナー40よりもグレンタンク5の外側に配置しているので、操縦部6からプレクリーナー48のメンテナンスをすることができる。

0107

また、エアクリーナー40およびプレクリーナー48は、排出オーガ33からグレンタンク5側に外して設けているので、排出オーガ33の上下の妨げにならず、排出オーガ33の操作性を低下させない。

0108

同様に、エアクリーナー40およびプレクリーナー48は、排出オーガ33よりもグレンタンク5側に設けているので、移動側カバー45の開閉も妨げることはない。

0109

また、エアクリーナー40は、側面視において、収納時の排出オーガ33より下方に位置させているので、排出オーガ33の可動域を狭くせず、穀粒排出作業を容易にする。

0110

また、プレクリーナー48も、側面視において、排出オーガ33より下方にエアクリーナー40を位置させ、排出オーガ33より上方にプレクリーナー48を位置させているので、操縦部6から容易にエアクリーナー40とプレクリーナー48のメンテナンスが可能になり、また、空間部を有効利用できて、設置スペースをよりコンパクトにする。

0111

また、エアクリーナー40は、平面視において、エアクリーナー40の一部を排出オーガ33と重ねて配置しているので、操縦部6から容易にエアクリーナー40とプレクリーナー48のメンテナンスが可能になる。

0112

また、エアクリーナー40を操縦部6の後方に搭載可能となり、操縦部6を所謂キャビン仕様としても、エアクリーナー40のメンテナンスを容易にする。

0113

エアクリーナー40は、平面視において、操縦部6と収納時の排出オーガ33の間に配置しているので、操縦部6から容易にエアクリーナー40のメンテナンスが可能になる。

0114

この場合、前記操縦部6は、所謂キャビン50仕様とし、キャビン50のサイドハッチ52を開けると、エアクリーナー40のメンテナンス可能に構成しているので、キャビン50と脱穀装置3の間の空間を有効利用できて、取付スペースをよりコンパクトにする。

0115

エアクリーナー40には開閉(着脱)可能なカバー51を設け、カバー51が機体進行方向前側となるようにエアクリーナー40を配置しているので、サイドハッチ52をオープンさせてエアクリーナー40からカバー51を外すと、操縦部6から容易にエアクリーナー40のメンテナンスが行える。

0116

また、エアクリーナー40は、キャビン50のサイドハッチ52より機体後方に配置しているので、エアクリーナー40を設けても、サイドハッチ52を開閉でき、サイドハッチ52を開けると、エアクリーナー40のメンテナンス可能になり、また、脱穀装置3の穀稈投入口(図示省略)への穀稈搬入姿勢の確認を容易に行える。

0117

また、穀稈投入口における雑草の除去などの対応を容易にする。

0118

エアクリーナー40は、操縦部6の後方左側であって、前記上部カバー43の前端部にエアクリーナー40の前端部を略一致させて配置しているので、操縦部6から容易にエアクリーナー40のメンテナンスが可能になる。

0119

また、操縦部6と脱穀装置3の間にエアクリーナー40を設置しても、脱穀装置3の穀稈投入口(図示省略)への穀稈搬入姿勢の確認を容易に行える。

0120

また、穀稈投入口における雑草の除去などの対応を容易にする。

0121

プレクリーナー48の吸気口54の高さを、前記下手側接続配管22の排気口55よりも下側に配置させているので、下手側接続配管22から吐出された高温の排気ガスは上方へ登っていくため、排気口55より下方に位置させたプレクリーナー48の吸気口54は高温の排気ガスを吸引することなく、充分な酸素濃度の空気を吸気でき、ヒートバランスを悪化させない。

0122

プレクリーナー48の吸気口54の高さを、エンジン11に対して十分上方に位置させ、エアクリーナー40とエンジン11との配管57の直線部分を垂直方向に水平方向よりも長くし、この配管57の垂直直線部分にエアマスセンサ58を設けているので、吸気エアの整流性を向上させたエアクリーナー40とエンジン11との配管57の直線部分に、エアマスセンサ58を設けているので、エアマスセンサ58の検出精度を充分確保すると共に、配管57およびエアマスセンサ58の取付スペースを空間を有効利用してできる。

0123

エアクリーナー40とエンジン11との配管57を、エアクリーナー40とプレクリーナー48との配管60よりも長く形成しているので、プレクリーナー48からエンジン11までの全長の配管距離を変更せずに、配管57の垂直の直線部分を確保でき、取付スペースを有効に使うことができる。

0124

なお、前記した各実施例は、理解を容易にするために、個別または混在させて図示および説明しているが、これらの実施例は夫々種々組合せ可能であり、これらの表現によって、構成・作用等が限定されるものではなく、また、相乗効果を奏する場合も勿論存在する。

0125

1機体フレーム
2走行装置
3脱穀装置
5グレンタンク
6操縦部
10運転座席
11エンジン
17DPF
22下手側接続配管
27 凹部
28内側側板
33排出オーガ
40エアクリーナー
48プレクリーナー
50キャビン
52サイドハッチ
54吸気口
55排気口

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社クボタの「 外形形状算出システム及び外形形状算出方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】圃場及び未作業地の外形形状を容易に算出することを目的とする。【解決手段】衛星からの衛星信号を受信する衛星アンテナと、衛星信号に基づいて自車位置に対応する測位データを出力する衛星測位モジュールと... 詳細

  • 株式会社クボタの「 走行経路生成システム及び走行経路生成方法」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】効率的な自動走行を行うことを目的とする。【解決手段】圃場の未作業地CAを、互いに並列する走行経路に沿って自動走行で往復走行しながら、未作業地CAの作物を収穫する収穫機における自動走行経路を生成... 詳細

  • 株式会社クボタの「 自動走行制御システム」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】機体の位置や圃場の収穫状況に応じて最適な排出経路を生成可能な自動走行制御システムを提供する。【解決手段】自動走行しながら圃場の作物を収穫し、収穫された収穫物を貯留部に貯留する収穫機のための自動... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ