図面 (/)

技術 指針のハブにおける照明リング

出願人 コンチネンタルオートモーティブシステムズインコーポレイテッド
発明者 ヴィアチェスラヴバーマンマイケルイー.カレルマシュースコットシャーマン
出願日 2014年11月20日 (5年7ヶ月経過) 出願番号 2014-235383
公開日 2015年6月11日 (5年0ヶ月経過) 公開番号 2015-108623
状態 特許登録済
技術分野 計測器の細部 計器板
主要キーワード ヒートステーク 成形構成要素 共通ハウジング 計器群 方位付け 光ハウジング 照明リング 車両計器
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

指針のハブにおける照明リングを提供する。

解決手段

指針アセンブリ14は、指針のベース40から延びる指針アーム42を含む指針38と、指針本体に取り付けられる頭頂部58であって照明可能な照明リング60を含む頭頂部58とを有する。キャップ68が、指針38および頭頂部58の上部に装着され、このキャップ68は、照明リング60を表示する第1スロット70と、指針アーム42の一部分を表示する第2スロットとを有する。

概要

背景

車両は、運転状態を表す情報を運転者に知らせるための計器パネルを備えている。自動車は、速度、エンジン回転数、温度、油圧などの車両の状態を、多くの他の運転パラメータと共に知らせるいくつかの計器およびダイヤルなどを備える計器パネルを含んでいる。通常、運転パラメータの現在値を知らせるために、固定軸の回りを回転する指針が設けられる。指針は、多くの場合、可視性を一層強化するために照明される。光を軸または回転に沿って導く光源が、指針上の軸に光輝スポットを生じさせることができる。光輝スポットは指針のキャップによって遮蔽される。

このキャップは、通常、指針から漏洩する光を遮断するプラスチック成形構成要素である。計器パネルおよび計器は、車両のダッシュボード機能要素であるが、車両の美的外観および印象にも寄与するものである。

概要

指針のハブにおける照明リングを提供する。指針アセンブリ14は、指針のベース40から延びる指針アーム42を含む指針38と、指針本体に取り付けられる頭頂部58であって照明可能な照明リング60を含む頭頂部58とを有する。キャップ68が、指針38および頭頂部58の上部に装着され、このキャップ68は、照明リング60を表示する第1スロット70と、指針アーム42の一部分を表示する第2スロットとを有する。A

目的

指針アセンブリ20の中に導かれる光34は、指針38および頭頂部58の中に反射され、所要外観を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

指針ベースから延びる指針アームを含む指針と、前記指針のベースに取り付けられる頭頂部であって照明可能なリングを含む頭頂部と、前記指針および前記頭頂部の上部に装着されるキャップであって前記照明可能なリングを露呈させる第1スロットを含むキャップと、を含む計器用の指針アセンブリ

請求項2

前記頭頂部が、透光性材料を含むと共に、前記照明可能なリングに光を伝播させるための内側の光ガイドを含む、請求項1に記載の指針アセンブリ。

請求項3

前記光ガイドが、受光面を含む第1部分と、前記第1部分に対して横方向の第2部分であって前記照明可能なリングを含む第2部分とを有するL字形状を含む、請求項2に記載の指針アセンブリ。

請求項4

前記第1部分および前記第2部分の間の角度が約45°より小さい、請求項3に記載の指針アセンブリ。

請求項5

前記受光面が、前記第1第2部分に対して約45°の角度で配置される、請求項3に記載の指針アセンブリ。

請求項6

前記頭頂部が、照明を低減するための艶消し仕上げを有する底面を含む、請求項3に記載の指針アセンブリ。

請求項7

前記キャップが、前記指針アームをカバーするアーム部分であって前記指針アームの一部分を表示する第2スロットを含むアーム部分を有する、請求項1に記載の指針アセンブリ。

請求項8

前記指針アームが、前記指針アームの末端に向かう方向に上面部分に向かって上方に先細になる底面を含む、請求項1に記載の指針アセンブリ。

請求項9

前記指針のベースが、光を前記指針アームの中に伝播させるための反射面を含む、請求項1に記載の指針アセンブリ。

請求項10

前記指針および頭頂部を支持するシュラウド本体と、軸の回りの回転を提供する回転要素に取り付けるためのシュラウドステムとを含むシュラウドを有する、請求項1に記載の指針アセンブリ。

請求項11

前記キャップが、前記シュラウドに取り付けるための、前記頭頂部および指針における開口を貫通して延びるピンを含む、請求項10に記載の指針アセンブリ。

請求項12

車両の運転パラメータを示す図形を含む計器表面と、ベースから延びるアームを含む指針と、前記ベースに取り付けられる頭頂部であって照明可能なリングを含む頭頂部と、前記指針および前記頭頂部の上部に装着されるキャップであって前記照明可能なリングを露呈させる第1スロットを含むキャップと、を含む計器アセンブリ。

請求項13

前記頭頂部が、透光性材料を含むと共に、前記照明可能なリングに光を伝達するための内側の光ガイドを含む、請求項12に記載の計器アセンブリ。

請求項14

前記光ガイドが、受光面を含む第1部分と、前記第1部分に対して横方向の第2部分であって前記照明可能なリングを含む第2部分とを有するL字形状を含む、請求項13に記載の計器アセンブリ。

請求項15

前記第1部分および前記第2部分の間の角度が約45°より小さい、請求項14に記載の計器アセンブリ。

請求項16

前記受光面が、前記第1第2部分に対して約45°の角度で配置される、請求項15に記載の計器アセンブリ。

請求項17

前記キャップが、前記指針アームをカバーするアーム部分であって前記アーム部分の一部分を表示する第2スロットを含むアーム部分を有する、請求項12に記載の計器アセンブリ。

請求項18

前記指針アームが、前記指針アームの末端に向かう方向に上面部分に向かって上方に先細になる底面を含む、請求項12に記載の計器アセンブリ。

請求項19

前記指針および頭頂部を支持するシュラウド本体と、軸の回りの回転を提供する回転要素に取り付けるためのシュラウドステムとを含むシュラウドを有する、請求項12に記載の計器アセンブリ。

請求項20

前記キャップが、前記シュラウドに取り付けるための、前記頭頂部および指針における開口を貫通して延びるピンを含む、請求項19に記載の計器アセンブリ。

請求項21

前記シュラウドステムに取り付けられる軸を駆動するステッピングモータを含む、請求項19に記載の計器アセンブリ。

請求項22

前記指針および前記頭頂部に光を導く光源を含む、請求項12に記載の計器アセンブリ。

請求項23

前記計器表面が、軸または前記指針の回転の回りのほぼ透明な部分であって光が貫通して前記指針および頭頂部の中に伝播するほぼ透明な部分を含む、請求項22に記載の計器アセンブリ。

請求項24

前記計器表面が、軸または前記指針の回転の回りの開口であって光が貫通して前記指針および頭頂部の中に伝達される開口を含む、請求項22に記載の計器アセンブリ。

技術分野

0001

本発明は、車両の計器パネルおよび計器群に関し、さらに具体的には、指針用のハブに関する。

背景技術

0002

車両は、運転状態を表す情報を運転者に知らせるための計器パネルを備えている。自動車は、速度、エンジン回転数、温度、油圧などの車両の状態を、多くの他の運転パラメータと共に知らせるいくつかの計器およびダイヤルなどを備える計器パネルを含んでいる。通常、運転パラメータの現在値を知らせるために、固定軸の回りを回転する指針が設けられる。指針は、多くの場合、可視性を一層強化するために照明される。光を軸または回転に沿って導く光源が、指針上の軸に光輝スポットを生じさせることができる。光輝スポットは指針のキャップによって遮蔽される。

0003

このキャップは、通常、指針から漏洩する光を遮断するプラスチック成形構成要素である。計器パネルおよび計器は、車両のダッシュボード機能要素であるが、車両の美的外観および印象にも寄与するものである。

発明が解決しようとする課題

0004

従って、設計者は、必要な機能性を維持しながら、計器パネルの外観を改善するために常に種々の形態を探索している。

課題を解決するための手段

0005

本開示の典型的な実施形態による計器アセンブリの一例は、他の可能なものの中でも特に、指針のベースから延びる指針アームを含む指針と、指針のベースに取り付けられる頭頂部であって照明可能なリングを含む頭頂部と、指針および頭頂部の上部に装着されるキャップとを含む。キャップは、照明可能なリングを表示する第1スロットと、指針アームの一部分を表示する第2スロットとを含む。

0006

別の例は、添付の図面に示される特定の構成要素を有するが、本開示の実施形態は、それらの特定の組合せに限定されない。1つの例からの構成要素または特徴のいくつかを、別の一例からの特徴または構成要素と組み合わせて用いることが可能である。

0007

本明細書に開示するこれらおよび他の特徴は、以下の説明および添付の図面から最も良く理解できる。

図面の簡単な説明

0008

計器パネルおよび計器を含む車両ダッシュボードの一例の模式図である。
一例としての計器の断面図である。
別の例の計器の断面図である。
一例としての指針アセンブリの断面図である。
一例としての指針の斜視図である。
一例としてのキャップの上面図である。
別の例のキャップおよび指針アームの上面図である。
一例としての頭頂部の底面側の斜視図である。
上記の例の頭頂部の上面の斜視図である。
上記の例の頭頂部の側面部分の斜視図である。
上記の例の頭頂部の断面図である。

実施例

0009

図1を参照すると、自動車が、計器パネル12を支持するダッシュボード10を含む。計器パネル12は、主計器14と、二次計器16と、ダイヤル計器18とを含む計器群を含む。図から分かるように、この例の計器パネル12は、ダッシュボード10の内部に組み込むための共通ハウジングの内部に装着される計器14、16およびダイヤル計器18を含む。計器パネル12内部の各計器14、16、18は、車両の運転パラメータを示す情報を自動車の運転者に知らせる。

0010

図2Aおよび図3を参照すると、この例の計器14は、特定の車両運転パラメータを示すために、軸Aの回りに回転する指針アセンブリ20を含む。指針アセンブリ20は、シュラウド80の上に支持される指針38と、頭頂部58と、キャップ68とを含む。指針38および頭頂部58は、光34によって照明され、キャップ68内に画定される第1および第2スロット70、72を通して見ることができる。

0011

計器アセンブリ14は、複数の図形的文字24を有する計器表面22を含む。指針アセンブリ20はステッピングモータによって軸Aの回りに回転される。指針アセンブリ20は、特定の車両運転パラメータに関する現在値を指示するために、計器表面22上の特定の1つの図形的文字24を指し示す。すぐ分かるように、車両運転パラメータは、例えば、車両速度、エンジン回転数、温度、燃料タンク液位、および、車両の運転を示す情報の提供に有用な、またはその提供のために車両の運転者に知らせることができる任意の他の運転パラメータとすることができる。

0012

ステッピングモータは、プリント回路基板26上に支持されて、軸130を駆動し、この軸130が、次いで、指針アセンブリ20を、軸Aの回りに計器表面22に対して動かす。プリント回路基板26上には、光源32も装着される。この例では、光源32は、光34を指針アセンブリ20の中に導くように照明可能な発光ダイオードLED)を含む。指針アセンブリ20の中に導かれる光34は、指針38および頭頂部58の中に反射され、所要の外観を提供する。

0013

光源32から放射された光は、計器表面22を通過して、指針38の受光面54に放射される。また、光は、頭頂部58によって画定される受光面66の内部にも受け入れられる。この例においては、光34は、軸Aの回りに放射されるが、軸Aに沿っては放射されない。換言すれば、光34は、軸130またはシュラウドのステム84を通して直接放射されるのではなく、光ハウジング35内部において、計器表面22における軸Aの回りの開口37を通して伝播され、その結果、指針アセンブリ20の回転によって、光34が、すべての光源からではなく、いくらかの光源32から受け入れられるようになるのである。

0014

図2Bを参照すると、本開示の別の実施形態は計器表面22Bを含み、計器表面22Bは、光源32からの光34を頭頂部58および指針38に伝播する光透過性の部分39を含む。この光透過性の部分39は、清澄透明なものにすることも、頭頂部58および指針38に伝播される光34に所望の色相を付与するために着色することもできる。

0015

図2Aおよび図3を再度参照すると、指針38の中に放射される光は、受光面54を通して受け入れられ、光反射面52によって、指針アーム42を通って先端48に向かうように反射される。この光は、キャップ68に形成される第2のスロット72を通して見ることができる。

0016

軸Aの回りにおいて上方に放射される光34は、指針38の両側に配備される頭頂部58の受光面66(図3最良に示される)に受け入れられる。光は、第1部分36を貫通して第2部分64に反射され、続いて、第1スロット70から見ることができる照明リング60から出射する。

0017

図2Aおよび図3を参照したまま図6Dを参照すると、頭頂部58の第1部分36および第2部分64の間の僅かな負の傾斜によって、頭頂部58を通して反射される光の強さが低減され、その結果、照明リング60が、車両運転者注意散漫にしないような所要の光の強さを提供するようになる。開示された例においては、第1部分および第2部分の間の角度90が約90°より小さい。負の傾斜は、照明リング60の中への光の伝達量を低減して、光の強さを低減する。

0018

図2Aおよび図3を参照したまま図4ならびに図5Aおよび図5Bを参照すると、この例の指針アセンブリ20は、指針38と、頭頂部58と、キャップ68とを含む。指針38は、シュラウド80上に支持されるベース40から延びるアーム42を含む。シュラウド80は、ベース82およびステム84を含む。ステム84は、ステッピングモータの軸130に取り付けられる。

0019

キャップ68は、指針38および頭頂部58の上部に配備される。図示の例のキャップ68は中心部分74およびアーム部分76を含む。図示の例においては、中心部分74およびアーム部分76は別個部品である。中心部分74およびアーム部分76を、キャップ68を構成する単一部品として製作することも本開示の想定の範囲内である。中心部分74は、頭頂部58の照明リング60が貫通して延びる第1スロット70を含み、その第1スロット70を通して照明リング60を見ることができる(図5Aおよび図5Bに最良に示される)。光34は、指針のベース40上の受光面54に入射し、指針アーム42の下を先端48に向かって導かれる。

0020

指針アーム42は底面44および上面46を含む。底面44は、先端48に向かう方向に上面46に向かって上方に先細になるテーパ部分50を含む。上方に先細になったテーパ部分50は、指針アーム42に沿って、一様な光の反射を提供する。

0021

指針38および頭頂部58は、両者とも、光源32からの光34を受け取ると直ちに照明可能である。頭頂部58は、キャップ68内に画定される第1スロット70を通って延びる照明リング60を照明する。

0022

キャップ68は、指針38と頭頂部58との内部の開口を貫通して延びるピン78を含む。キャップ68のピン78は、頭頂部58および指針38を貫通してシュラウド80内部に画定される開口86の中に延び込んでいる。続いて、指針38および頭頂部58をシュラウドベース82上の所要の位置に保持するために、ピン78を、シュラウド80にヒートステークするか、あるいはそれ以外の方法で固定する。指針38は、キャップ68のピン78が貫通して延びる開口56を含む。

0023

キャップ68は第1スロット70を含み、その第1スロット70を通して頭頂部58の照明リング60を見ることができる。キャップ68は、さらに、第2スロット72を有するアーム部分76を含み、その第2スロット72を通して、照明された場合に指針38の上面46を見ることができる。また、キャップ68のアーム部分76は、光が先端48から漏洩して車両の運転者に見られることを防止するため、指針38の先端48をカバーする。

0024

図5Bを参照すると、キャップ68の中心部分74のみを利用して、指針のアーム42はカバーしないことも、本開示の想定の範囲内である。

0025

図6A図6B図6Cおよび図6Dを参照すると、この例の頭頂部58は、光を第2部分64の中に伝送する第1部分62を含む。第2部分64および第1部分62は、第2部分64が第1部分62から延びる上下逆L字形状を形成する。第2部分64は、キャップ68の第1スロット70を通って延びる照明リング60を支持する。

0026

第2部分64は、第1部分62に対してある角度で配置される。第1部分62および第2部分64の間の角度90は、第2部分64の下向きの傾斜を設けるために45°より小さい。第2部分64の下向きの傾斜によって、光の散乱が増大し、照明リング60から提供されかつ放射される光の強さが低減される。

0027

頭頂部58は、第1部分62の一端に配置される受光面66を含む。この受光面66は約45°の角度92で形成される。45°の角度を開示するが、受光面66の方位付け用としては、他の角度を利用することも可能であり、それも本開示の想定の範囲内である。受光面66は、頭頂部58上の別個の環状部分に分割され、組み立てた状態において指針38の両側に配備される。従って、受光面66は、軸Aの回りの連続した環状表面ではなく、相互に離して、かつ指針38の両側に配置される2つの環状表面である。

0028

頭頂部58は、さらに、キャップ68が画定するピン78が貫通して延びる開口96を含む。ピン78は、指針38および頭頂部58を共にシュラウド80に固定するために、開口96および頭頂部58と、指針内部の開口56とを貫通して延びる。

0029

この例の指針アセンブリは、車両計器アセンブリの美的な設計および外観のための追加的なオプションを提供する。さらに、頭頂部の特定の形態によって、指針アセンブリのハブ部分を通る所要の光の強さが生成され、車両運転者に見易い美的外観を提供する照明ハブが提供される。

0030

一例としての実施形態を開示したが、当業者は、本開示の範囲内において多少の変更が可能であることを認めるであろう。このため、本開示の範囲および内容を決定するためには、以下の特許請求の範囲を検討するべきである。

0031

10ダッシュボード
12計器パネル
14計器アセンブリ
16 二次計器
18ダイヤル計器
20指針アセンブリ
22 計器表面
22B 計器表面
24図形的文字
26プリント回路基板
32光源
34 光
35光ハウジング
36頭頂部の第1部分
37 開口
38 指針
39光透過性部分
40 指針のベース
42指針アーム
44 底面
46 上面
48 先端
50テーパ部分
52光反射面
54受光面
56 開口
58 頭頂部
60照明リング
62 頭頂部の第1部分
64 頭頂部の第2部分
66 受光面
68キャップ
70 第1スロット
72 第2スロット
74 キャップの中心部分
76 キャップのアーム部分
78ピン
80シュラウド
82 シュラウドのベース
84 シュラウドのステム
86 開口
90 角度
92 角度
96 開口
130 軸

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 本田技研工業株式会社の「 制御装置、制御方法及びプログラム」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】制動力の設定可能レベルを運転者が把握できるようにする技術を提供する。【解決手段】車両を制御するための制御装置は、車両に与える制動力の効き具合を設定する走行制御部と、効き具合の設定可能レベルの上... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 操作入力装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】大画面のタッチパネルディスプレイであっても、操作性、美観性の高い操作入力装置を低コストで提供する。【解決手段】車両用の操作入力装置であって、車幅方向に延在するタッチパネルディスプレイと、前記タ... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 制御装置、制御方法及びプログラム」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】ユーザの利便性を向上し、車両の状態を分かりやすく報知する。【解決手段】ブレーキペダルの操作量によらず車両の停止状態を保持するオートブレーキホールド機能と、アクセルペダルの操作量に応じて車両の駆... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ