図面 (/)

技術 接続ライン支持台車

出願人 株式会社アトックス
発明者 中村直哉佐藤伸弥伊藤俊介中村賢司福島新一
出願日 2013年11月29日 (7年0ヶ月経過) 出願番号 2013-248180
公開日 2015年6月8日 (5年5ヶ月経過) 公開番号 2015-106987
状態 特許登録済
技術分野 エスカレータ,移動歩道 相対的移動部分間の電線ケ-ブル配列
主要キーワード 曲折部分 支持台車 自転車チェーン 牽引索 相互回転 回転角α データケーブル 除染作業
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年6月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

接続ライン構造物の角部等によって折れ曲がりながら牽引される場合でも転倒しない接続ライン支持台車を提供する。

解決手段

接続ライン支持台車1は、複数の第1連結部材5及び複数の第2連結部材6と、これらを交互に連結する複数のボルト11、ナット12及び接触面14と、各第1連結部材5に設けられた2つのキャスタ7と、接続ライン支持台車1に接続ライン3を取り付けるための締結テープ9とを備える。第1連結部材5の前端部及び後端部と第2の連結部材6の後端部と前端部とが、それぞれ回転軸線13の周りに回転自在に連結された状態で、該前端部と後端部の接触面14aと14d、14bと14cは、所定の大きさの接触領域で互いに接する。

概要

背景

従来、製鉄所における加熱炉均熱炉などの高温の床面を移動する装置に接続される電源制御用ケーブル高圧エア油圧を送るホース等の接続ラインを保護する保護用台車が知られている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1では、複数の保護用台車が、プレートで連結して使用される。各保護用台車には、4つのキャスタ四隅に設けられる。接続ラインは、保護用台車及びプレート上に支持される。

これによれば、各保護用台車を自由に床面上で移動させることができるので、接続ラインをスムーズに動かすことができ、接続ラインに接続された装置の動きもスムーズとなる。したがって、接続ラインを動かすための労力や動力を減少させ、接続ラインに接続された装置の機動性を向上させることができる。

また、特許文献1において別形態の保護用台車は、前後方向の中心軸線周りで回転可能に連結されるものであり、回転方向に沿った周囲に等間隔で設けられたキャスタ等を備える。この保護用台車によれば、接続ラインの捩れ等により保護用台車が回転したとしても、接続ラインをスムーズに動かすことができる。

概要

接続ラインが構造物の角部等によって折れ曲がりながら牽引される場合でも転倒しない接続ライン支持台車を提供する。接続ライン支持台車1は、複数の第1連結部材5及び複数の第2連結部材6と、これらを交互に連結する複数のボルト11、ナット12及び接触面14と、各第1連結部材5に設けられた2つのキャスタ7と、接続ライン支持台車1に接続ライン3を取り付けるための締結テープ9とを備える。第1連結部材5の前端部及び後端部と第2の連結部材6の後端部と前端部とが、それぞれ回転軸線13の周りに回転自在に連結された状態で、該前端部と後端部の接触面14aと14d、14bと14cは、所定の大きさの接触領域で互いに接する。

目的

本発明の目的は、かかる従来技術の問題点に鑑み、接続ラインが構造物の角部等で曲がりながら牽引される場合でも、転倒することが無く、さらにはスムーズな牽引を可能とする接続ライン支持台車を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

作業車牽引する接続ラインを支持する台車であって、一列をなすように連結されて連結体を構成する複数の連結部材と、隣り合う2つの前記連結部材のうち進行方向前方側の連結部材の後端部と後方側の連結部材の前端部とを連結する複数の連結部と、前記連結部材において進行方向に対し左右両側に設けられた2つの車輪と、前記連結部材に前記接続ラインを取り付けるための取付け部材とを備え、前記連結部は、連結された前記後端部及び前記前端部が所定の大きさの接触領域で互いに接するように前記後端部及び前記前端部に設けられた接触面と、前記後端部及び前記前端部を、各々の前記接触面が前記接触領域で接触しながら、上下方向に延びる回転軸線周りに回転自在に連結する連結手段とで構成されていることを特徴とする接続ライン支持台車

請求項2

前記連結部材は、上下方向に垂直な面内での外形として、左右側部に、左右方向内側に凹んだ円弧状部分を有し、前記接続ラインを支持した前記連結体が曲折するとき、該曲折の内側において、該曲折部分に位置する前記連結部材の前記円弧状部分連係してより長い円弧形状が形成されることを特徴とする請求項1に記載の接続ライン支持台車。

請求項3

前記連結部材は、交互に前記連結部により連結されて前記連結体を構成する複数の第1連結部材と複数の第2連結部材とで構成され、前記第1連結部材の上下方向に垂直な面内での外形は、前方に膨出し、該第1連結部材の前端部の前記回転軸線を中心とする半円弧部分と、後方に膨出し、該第1連結部材の後端部の前記回転軸線を中心とする半円弧部分とを有し、前記第1連結部材の左右側部の前記円弧状部分は、対応する前記半円弧部分の端部に連係しており、前記第1連結部材の前端部及び後端部の前記接触面は、該前端部の前記半円弧部分を延長した円周で囲まれた平面及び該後端部の前記半円弧部分を延長した円周で囲まれた平面をそれぞれ含み、前記第2連結部材の前端部の前記接触面は、前記接触領域として、対応する前記第1連結部材の後端部の前記半円弧部分に対応する大きさの半円部分を含み、該第2連結部材の後端部の前記接触面は、前記接触領域として、対応する前記第1連結部材の前端部の前記半円弧部分に対応する大きさの半円部分を含むことを特徴とする請求項2に記載の接続ライン支持台車。

請求項4

前記連結体を構成する複数の連結部材は、1つ置きにその前端部及び後端部の前記接触面が、隣の連結部材の前記接触面の下側に配置され、前記2つの車輪は、前記接触面が下側に配置された連結部材に設けられ、前記連結体は、前記連結部材を交互に逆方向に回転させて折り畳むことができる程度に、対応する前記接触面同士が相互に回転可能に構成されることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の接続ライン支持台車。

技術分野

0001

本発明は、作業車牽引する接続ラインを支持する台車に関する。

背景技術

0002

従来、製鉄所における加熱炉均熱炉などの高温の床面を移動する装置に接続される電源制御用ケーブル高圧エア油圧を送るホース等の接続ラインを保護する保護用台車が知られている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1では、複数の保護用台車が、プレートで連結して使用される。各保護用台車には、4つのキャスタ四隅に設けられる。接続ラインは、保護用台車及びプレート上に支持される。

0003

これによれば、各保護用台車を自由に床面上で移動させることができるので、接続ラインをスムーズに動かすことができ、接続ラインに接続された装置の動きもスムーズとなる。したがって、接続ラインを動かすための労力や動力を減少させ、接続ラインに接続された装置の機動性を向上させることができる。

0004

また、特許文献1において別形態の保護用台車は、前後方向の中心軸線周りで回転可能に連結されるものであり、回転方向に沿った周囲に等間隔で設けられたキャスタ等を備える。この保護用台車によれば、接続ラインの捩れ等により保護用台車が回転したとしても、接続ラインをスムーズに動かすことができる。

先行技術

0005

特開平9−170885号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記特許文献1の一形態の保護用台車によれば、接続ラインが構造物の角部等に沿って折れ曲がりながら、その先端に接続された装置により牽引されることは想定されていない。したがって、このような状況で保護用台車が使用された場合、角部に位置する保護用台車が接続ラインに引っ張られて角部側に倒れたり、角部に引っかかってスムーズに移動できなかったりする。

0007

また、上記特許文献1の別形態の保護用台車によれば、キャスタが周囲に等間隔で設けられた複雑な構成を有する。また、接続ラインが構造物の角部等に沿って折れ曲がりながら牽引される場合、保護用台車が容易に回転するとともに、保護用台車が角部等に引っかかって、接続ラインがスムーズに牽引されない。

0008

本発明の目的は、かかる従来技術の問題点に鑑み、接続ラインが構造物の角部等で曲がりながら牽引される場合でも、転倒することが無く、さらにはスムーズな牽引を可能とする接続ライン支持台車を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

本発明は、作業車が牽引する接続ラインを支持する接続ライン支持台車であって、一列をなすように連結されて連結体を構成する複数の連結部材と、隣り合う2つの前記連結部材のうち進行方向前方側の連結部材の後端部と後方側の連結部材の前端部とを連結する複数の連結部と、前記連結部材において進行方向に対し左右両側に設けられた2つの車輪と、前記連結部材に前記接続ラインを取り付けるための取付け部材とを備え、前記連結部は、連結された前記後端部及び前記前端部が所定の大きさの接触領域で互いに接するように前記後端部及び前記前端部に設けられた接触面と、前記後端部及び前記前端部を、各々の前記接触面が前記接触領域で接触しながら、上下方向に延びる回転軸線の周りに回転自在に連結する連結手段とで構成されていることを特徴とする。

0010

作業車が建造物の角部等を曲がって進行する場合には、接続ラインが構造物の角部等に沿って折れ曲がりながら牽引される。これに追従して、接続ライン支持台車は、連結体が角部等に接触して摺動し、順次曲折しながら進行する必要がある。このとき、連結部材は、角部等からの力を受けて転倒するおそれがある。

0011

この点、本発明によれば、連結部材の後端部及び前端部の各接触面には、相互に接するもの同士が、対応する回転軸線の周りで生じ得る相互回転及び付与され得る外力に拘わらず、所定の大きさの接触領域で接触する。このため、作業車が建造物の角部等を曲がって進行する場合でも、連結部材に付与される角部等からの力によって連結体が捩れることが抑制される。したがって、角部等に接する連結部材が、角部等からの力を受けて転倒するのを防止することができる。

0012

本発明において、前記連結部材は、上下方向に垂直な面内での外形として、左右側部に、左右方向内側に凹んだ円弧状部分を有し、前記接続ラインを支持した前記連結体が曲折するとき、該曲折の内側において、該曲折部分に位置する前記連結部材の前記円弧状部分連係してより長い円弧形状が形成されてもよい。

0013

これによれば、作業車が角部等を曲がって進行し、連結体が曲折する場合でも、連結部材の円弧状部分が連係してより長い円弧形状が形成されるので、連結体は、角部等に対して、引っ掛かりなくスムーズに摺動する。

0014

したがって、接続ライン支持台車は、角部等から大きな力を受けることなくスムーズに走行することができる。また、これにより、さらに連結体の捩れを抑制し、連結部材の転倒を防止することができる。

0015

また、本発明において、前記連結部材は、交互に前記連結部により連結されて前記連結体を構成する複数の第1連結部材と複数の第2連結部材とで構成され、前記第1連結部材の上下方向に垂直な面内での外形は、前方に膨出し、該第1連結部材の前端部の前記回転軸線を中心とする半円弧部分と、後方に膨出し、該第1連結部材の後端部の前記回転軸線を中心とする半円弧部分とを有し、前記第1連結部材の左右側部の前記円弧状部分は、対応する前記半円弧部分の端部に連係しており、前記第1連結部材の前端部及び後端部の前記接触面は、該前端部の前記半円弧部分を延長した円周で囲まれた平面及び該後端部の前記半円弧部分を延長した円周で囲まれた平面をそれぞれ含み、前記第2連結部材の前端部の前記接触面は、前記接触領域として、対応する前記第1連結部材の後端部の前記半円弧部分に対応する大きさの半円部分を含み、該第2連結部材の後端部の前記接触面は、前記接触領域として、対応する前記第1連結部材の前端部の前記半円弧部分に対応する大きさの半円部分を含んでもよい。

0016

この構成によれば、第1連結部材の前端部の接触面は、対応する第2連結部材の後端部の接触面と、相互間の回転角度に拘わらず、常に、少なくとも該後端部の接触面における半円部分において対向し、接する。また、第1連結部材の後端部の接触面は、対応する第2連結部材の前端部の接触面に対して、相互間の回転角度に拘わらず常に、少なくとも該前端部の接触面における半円部分で対向して接する。このため、対応する接触面同士は、常に、相互の接触により相互の位置関係を一定に維持するに十分な形状及び寸法の接触面で接することができる。

0017

また、本発明において、前記連結体を構成する複数の連結部材は、1つ置きにその前端部及び後端部の前記接触面が、隣の連結部材の前記接触面の下側に配置され、前記2つの車輪は、前記接触面が下側に配置された連結部材に設けられ、前記連結体は、前記連結部材を交互に逆方向に回転させて折り畳むことができる程度に、対応する前記接触面同士が相互に回転可能に構成されてもよい。

0018

これによれば、連結体を、適宜の数の連結部材からなる部分に分割し、分化した部分毎に上記のように折り畳むことにより、接続ライン支持台車の搬送や保管を容易に行うことができる。

図面の簡単な説明

0019

本発明の一実施形態に係る接続ライン支持台車により補助されながら、作業車が接続ラインを牽引する様子を示す斜視図である。
(a)は、図1の接続ライン支持台車の一部を示す平面図であり、(b)は、その側面図である。
図1の接続ライン支持台車における連結体の一部を折り畳んだときの様子を示す斜視図である。
図1の接続ライン支持台車における連結体が曲折したときの曲折部分の様子を示す平面図である。

実施例

0020

以下、図面を用いて本発明の実施形態を説明する。図1に示すように、実施形態の接続ライン支持台車1は、作業車2がそれに接続された接続ライン3を牽引するのを補助するために用いられる。作業車2としては、例えば、遠隔操作によりクローラで移動しながら、除染作業を行う除染ロボットが該当する。

0021

接続ライン3は、作業車2の作業に必要なものの作業車2への供給や、作業車2との情報の授受に使用されるラインである。接続ライン3には、例えば、作業車2に除染用の水を供給するためのホースや、作業車2との通信用信号ケーブル、作業車2から画像データを送出するためのデータケーブル、作業車2に電力を供給するための電源ケーブルが含まれる。

0022

接続ライン支持台車1は、一列をなすように交互に連結されて連結体4を構成する複数の第1連結部材5及び複数の第2連結部材6を備える。第1連結部材5及び第2連結部材6は、いずれも平板状の部材で構成される。各第1連結部材5は、左右方向に離して設けられた2つの車輪を備える。ここでは、車輪としてキャスタ7が用いられている。連結体4の先頭の第1連結部材5は、前端が、作業車2に対して、牽引索8を介して接続される。

0023

各第1連結部材5及び各第2連結部材6は、接続ライン3を連結体4に取り付けるための取付け部材を備える。ここでは、取付け部材として、締結テープ9が用いられる。図2(a)に示すように、第1連結部材5及び第2連結部材6の各中央部には、締結テープ9を通すための前後方向に長い2つのスリット孔10が設けられる。

0024

締結テープ9は、その両端部が、対応する第1連結部材5又は第2連結部材6の下面側から2つのスリット孔10にそれぞれ通され、上面側において、接続ライン3の対応部分を該上面に固定するために、相互に接続される。

0025

図2(b)に示すように、隣り合う第1連結部材5及び第2連結部材6のうちの前側のものの後端部と後ろ側のものの前端部とが、連結手段としてのボルト11とナット12により、上下方向に延在する回転軸線13の周りで回転自在に連結される。該後端部及び該前端部には、回転軸線13に垂直で、所定の大きさの接触領域で互いに接する接触面14(14a〜14d)がそれぞれ設けられる。ボルト11とナット12は、該後端部及び該前端部を、接触面14が所定の大きさの接触領域で接触するように連結する。

0026

ボルト11とナット12及び接触面14により、第1連結部材5と第2連結部材6とを連結する連結部が構成される。接触面14には、第1連結部材5の前端部の接触面14a及び後端部の接触面14bと、第2連結部材6の前端部の接触面14c及び後端部の接触面14dとが含まれる。

0027

図2(a)に示すように、第1連結部材5は、上下方向に垂直な面内での外形として、左右側部に、左右方向内側に凹んだ円弧状部分15aを有する。第2連結部材6も同様に、左右側部に、左右方向内側に凹んだ円弧状部分15bを有する。また、第1連結部材5は、前方に膨出し、前端部の回転軸線13を中心とする前端部の半円弧部分16aと、後方に膨出し、後端部の回転軸線13を中心とする後端部の半円弧部分16bとを有する。

0028

第1連結部材5の両側の円弧状部分15aは、第1連結部材5の前端部及び後端部の半円弧部分16a及び16bの対応する端部に接続する。したがって、第1連結部材5は、全体として自転車チェーンの1つのリンク側方から見たような外形を有する。円弧状部分15aは、その外形のくびれ部分を形成する。

0029

第2連結部材6の前端部の接触面14cは、第1連結部材5の接触面14bとの接触領域として、第1連結部材5の後端部の半円弧部分16bに対応する大きさの半円部分17aを含む。第2連結部材6の後端部の接触面14dは、第1連結部材5の接触面14aとの接触領域として、第1連結部材5の前端部の半円弧部分16aに対応する大きさの半円部分17bを含む。なお、図2(a)において、半円部分17a及び半円部分17bを、破線ハッチングにより表している。

0030

第1連結部材5の接触面14aは、半円弧部分16aの半円弧を延長した円周で囲まれた円形領域を含む平面18aにより構成される。第1連結部材5の接触面14bは、半円弧部分16bの半円弧を延長した円周で囲まれた円形領域を含む平面18bにより構成される。

0031

第2連結部材6は、その両側に隣接する第1連結部材5の上側に配置される。すなわち、第2連結部材6の接触面14cは、対応する第1連結部材5の接触面14bの上側に位置する。第2連結部材6の接触面14dは、対応する第1連結部材5の接触面14aの上側に位置する。

0032

これにより、隣り合う第1連結部材5及び第2連結部材6を、その第2連結部材6の円弧状部分15bが、その第1連結部材5中央部の締結テープ9と干渉し、又はその第1連結部材5が他の第1連結部材5と干渉するまで、相互に回転させることができる。この回転が可能な角度の範囲は、隣り合う第1連結部材5及び第2連結部材6が前後方向に揃う中立位置から±135°程度の範囲である。

0033

ただし、締結テープ9で接続ライン3を連結体4に取り付けて、実際に使用される状況下では、接続ライン3の弾性等のため、例えば±90°程度までの回転角度の範囲内で使用される。また、建造物の角部等を曲がる場合には、例えば±45°程度の回転角度の範囲で使用される。

0034

かかる回転角度の範囲での使用は、例えば、第1連結部材5の長さを544[mm]、最大幅を244[mm]とし、第2連結部材6の長さを336[mm]、最大幅を第1連結部材5より若干小さい程度とした場合に実現される。

0035

これにより、作業車2により牽引される接続ライン3を接続ライン支持台車1が支持している間、接続ライン3の屈曲に拘わらず、常に、接触面14aと接触面14dの半円部分17bとが対向した状態にある。そして、接触面14aと14dとの回転軸線13に沿った方向の位置関係は、対応するボルト11とナット12により所定以上離間しないように拘束されている。さらに、第1連結部材5が上述の例のような寸法の場合、半円部分17bの半径は、122[mm]程度である。

0036

この場合、相互に対応する接触面14aと14dは、対応する回転軸線13の周りで生じ得る相互回転及び付与され得る外力に拘わらず、相互の接触により相互の位置関係をほぼ平行に維持するに十分な範囲を占めるに足る形状と寸法を有する。対応する接触面14bと14cについても同様である。

0037

これにより、対応する接触面14aと14d及び接触面14bと14cがそれぞれ所定の大きさの接触領域で互いに接するので、ある第1連結部材5又は第2連結部材6に対して転倒させるような外力が働いたとしても、それに隣接する1又は複数の第1連結部材5又は第2連結部材6により、その転倒が接触面14aと14d又は接触面14bと14cを介して抑制される。

0038

接続ライン3を連結体4に取り付けていない状態では、例えば、連結体4を3個ずつの第1連結部材5及び第2連結部材6を連結した連結体4部分に分離し、図3のように、折り畳むことができる。この折り畳みは、第1連結部材5及び第2連結部材6を、交互に逆方向に135°程度回転させることにより行うことができる。これにより、連結体4の搬送や、保管を容易に行うことができる。

0039

なお、第2連結部材6は、その前端部及び後端部の接触面14c及び14dが、対応する第1連結部材5の接触面14a及び14bの上側に配置されており、かつキャスタ7は第1連結部材5にのみ設けられている。このため、キャスタ7が上記の折り畳みの妨げになることはない。

0040

この構成において、作業車2により牽引される接続ライン3を接続ライン支持台車1によって支持する場合には、図1のように、接続ライン3が、連結体4上に、各第1連結部材5及び各第2連結部材6の締結テープ9により取り付けられる。

0041

また、連結体4の先頭に配置された第1連結部材5の前端部が、牽引索8により、作業車2の後端部に接続される。そして、作業車2が、その作業を行うために進行を開始すると、接続ライン3とともに接続ライン支持台車1も作業車2によって牽引され、進行を開始する。

0042

このとき、各第1連結部材5のキャスタ7により、連結体4がスムーズに進行するので、接続ライン支持台車1は、作業車2による接続ライン3の牽引を良好に補助する。作業車2が作業に伴って図1のようにジグザグに走行する場合でも、対応する接触面14aと14d、及び接触面14bと14cは、相互間の回転や、接続ライン3から受ける力に拘わらず、所定の大きさの接触領域で接触する。

0043

これにより、連結体4の捩れが抑制される。したがって、第1連結部材5又は第2連結部材6が転倒することはない。

0044

また、作業車2が、建造物の角部等を曲がる際には、連結体4が構造物の角部等に接触して折れ曲がりながら接続ライン3が牽引される。このとき、連結体4は、角部等との接触により、角部等から力を受ける。この場合も、対応する接触面14aと14d、及び接触面14bと14cは、所定の大きさの接触領域による接触を維持する。これにより、連結体4の捩れが抑制されるので、第1連結部材5又は第2連結部材6が転倒することはない。

0045

また、その際、連結体4は、角部等に極力引っ掛かることなくスムーズに角部等に摺動しながら進行するように、次のように機能する。例えば、作業車2が、角部を曲がって90°方向を変換することにより、図4のように、連結体4が90°の角度をなす角部19に摺動しながら移動する場合を考える。

0046

このとき、3つの第2連結部材6及びこれらの間の2つの第1連結部材5により連結体4の曲折が達成され、順次かかる曲折により、連結体4が角部19に摺動しながら進行してゆくと仮定する。

0047

この場合、連結体4の曲折部分に位置して隣り合う第2連結部材6と第1連結部材5との間の図2(a)に示されるような各回転角α、β、γ、δは、これらの和が90°となる。すなわち、回転角α、β、γ、δの平均は、22.5°となる。そして、3つの第2連結部材6の円弧状部分15bと2つの第1連結部材5の円弧状部分15aの円弧形状とが接続し、1つの大きい円弧形状を、連結体4の曲折部分の内側に形成する。

0048

これにより、連結体4は、角部19に引っ掛かることなく、スムーズに角部19に摺動しながら進行する。形成される大きい円弧形状は、正確な円弧形状ではなくても、大体において円弧形状であれば、連結体4のスムーズな移動を可能にする。

0049

このようにして、連結体4の曲折部分に順次位置する第1連結部材5及び第2連結部材6は、大きい円弧形状を形成しながら、角部等と、引っ掛かりなくスムーズに摺動する。したがって、接続ライン支持台車1は、作業車2が角部等を曲がって進行してゆく場合でも、第1連結部材5又は第2連結部材6が転倒したり、角部等に引っ掛かったりすることなく、スムーズに、作業車2が牽引する接続ライン3を支持しながら走行する。

0050

以上のように、本実施形態によれば、対応する接触面14aと14d及び接触面14bと14cは、それぞれ対応する回転軸線13の周りで生じ得る相互回転及び付与され得る外力に拘わらず、所定の大きさの接触領域で互いに接する。これにより、建造物の角部等に接して力を受けた場合でも、第1連結部材5及び第2連結部材6が転倒するのを防止することができる。

0051

また、第1連結部材5の円弧状部分15a及び第2連結部材6の円弧状部分15bは、接続ライン3を支持した連結体4が曲折するとき、該曲折の内側において連係し、より長い円弧形状を形成する。これにより、接続ライン支持台車1は、作業車2が建造物の角部等を曲がるときでも、作業車2が牽引する接続ライン3を支障なく支持することができる。

0052

また、第1連結部材5と第2連結部材6とを相互に±135°程度回転できるようにしたので、連結体4を適当数の第1連結部材5及び第2連結部材6が連結されたものに分割し、分割されたもの毎にコンパクトに折り畳んで搬送又は収納することができる。

0053

以上、本発明の実施形態を説明したが、本発明はこれに限定されない。例えば、キャスタ7は、第1連結部材5にではなく、第2連結部材6に設けてもよい。また、キャスタ7は、第1連結部材5及び第2連結部材6の双方に設けてもよい。また、第2連結部材6を第1連結部材5の下側に配置してもよい。また、第1連結部材5の接触面14a及び14bの外形が円弧形状の部分については、円弧形状に代えて、多角形形状等の外形を採用してもよい。

0054

1…接続ライン支持台車、2…作業車、3…接続ライン、4…連結体、5…第1連結部材、6…第2連結部材、11…ボルト、12…ナット(連結手段)、14(14a、14b、14c、14d)…接触面(連結部)、7…キャスタ、9…締結テープ(取付け部材)、13…回転軸線、15a、15b…円弧状部分、16a、16b…半円弧部分、17a、17b…半円部分、18a、18b…平面。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 富士ゼロックス株式会社の「 ハーネス接続構造及び電子機器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】本体に引き出し可能にハーネス接続された可動部材の電気的接続を確実にするとともに、収納及び引き出しに伴うハーネスの損傷を防止する。【解決手段】本体と本体に対して引き出し可能に設けられた可動部材と... 詳細

  • フジテック株式会社の「 乗客コンベア」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】キースイッチに対する操作により運転停止中における待機電力を確実に削減することができる乗客コンベアを提供する。【解決手段】エスカレータ1は、無端状に連結された踏段11の駆動を制御する制御装置40... 詳細

  • 三菱電機ビルテクノサービス株式会社の「 クリップガイド取付作業支援装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】この発明は、低温環境下であっても容易にクリップガイド取付作業を行うことを可能とするクリップガイド取付作業支援装置を提供することを目的とする。【解決手段】この発明に係るクリップガイド取付作業支援... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ