図面 (/)

技術 遊技機

出願人 タイヨーエレック株式会社
発明者 仲西廣哲加藤恵石田佳大
出願日 2015年2月27日 (3年8ヶ月経過) 出願番号 2015-038644
公開日 2015年5月28日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2015-097883
状態 未査定
技術分野 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 回転停止部材 待ち期間 ポケット式 通常回転 進捗度 所定回数目 実行パターン 一般始動
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

催促演出実行態様を工夫することによって、遊技興趣を高めることができる。

解決手段

特典を付与する前に、複数回の催促演出が実行される。そして、それぞれの催促演出を行うたびに、各催促演出に対応する遊技者操作を受けて、特典抽選の結果を示唆する結果示唆演出を実行する。それぞれの催促演出は、各催促演出に対応する結果示唆演出の内容を示唆する態様で実行される。また、複数回の催促演出が実行される前に、これらの催促演出の実行パターンを示す事前演出を実行する。すなわち、事前演出を実行した後、複数回の催促演出および各催促演出に対応する結果示唆演出を実行する。したがって、複数回の催促演出を実行する前において、事前演出を実行することで複数回の催促演出の実行パターンを遊技者に認識させることができる。

概要

背景

遊技機として、始動口への遊技球入球に基づき、当り外れを判定して、当りと判定され
た場合に、賞球等の遊技特典を付与する当り遊技を実行するパチンコ機などが知られてい
る。このようなパチンコ機では、遊技の進行に対応させて各種の演出を実行することが一
般的であり、例えば、演出操作部に対する遊技者操作を受けることで、遊技特典が付与さ
れるか否かを示唆する操作対応演出を行うものが存在する(特許文献1)。また、遊技者
操作に先立って、遊技者操作の催促等の操作前演出を行うとともに、この操作前演出の実
行パターンにより、これから行われる操作対応演出の内容を示唆することも知られている

概要

催促演出の実行態様を工夫することによって、遊技興趣を高めることができる。特典を付与する前に、複数回の催促演出が実行される。そして、それぞれの催促演出を行うたびに、各催促演出に対応する遊技者操作を受けて、特典抽選の結果を示唆する結果示唆演出を実行する。それぞれの催促演出は、各催促演出に対応する結果示唆演出の内容を示唆する態様で実行される。また、複数回の催促演出が実行される前に、これらの催促演出の実行パターンを示す事前演出を実行する。すなわち、事前演出を実行した後、複数回の催促演出および各催促演出に対応する結果示唆演出を実行する。したがって、複数回の催促演出を実行する前において、事前演出を実行することで複数回の催促演出の実行パターンを遊技者に認識させることができる。

目的

本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、新たな態様の操作関連
演出を実行することによって、遊技興趣を高めることができる遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の遊技利益を付与するか否かを決定する決定手段と、前記決定手段の決定結果に基づく演出が行われる演出実行期間中に、所定の演出操作部への遊技者操作に基づく操作対応演出を実行するための操作待ち期間を複数回発生させる操作待ち期間発生手段と、前記複数回の操作待ち期間の夫々にて遊技者操作が行われると、夫々の遊技者操作に対応して前記操作対応演出を実行する操作対応演出実行手段と、前記操作対応演出として前記遊技利益が付与される可能性の高いことを示唆する特別な操作対応演出が実行される期待度を示す操作前演出を、前記複数回の操作待ち期間の夫々で実行する操作前演出実行手段と、前記演出実行期間中に最初の操作待ち期間が発生する前に、前記複数回の操作待ち期間の夫々で行われる前記操作前演出の実行パターン事前に示す事前演出を実行する事前演出実行手段とを備え、前記事前演出実行手段は、前記事前演出として、前記複数回の操作待ち期間の夫々で行われる前記操作前演出の実行パターンを個別に示すとともに、該個別に示す実行パターンが前記複数回の操作待ち期間の何れで実行されるかを隠匿した態様の演出を実行することを特徴とする遊技機

技術分野

0001

本発明は、遊技領域が形成された遊技盤遊技球を発射することによって遊技を行うパ
チンコ機(弾球遊技機)や、外周面複数種類の図柄が描かれた回胴を回転させ、該回胴
を停止させることによって遊技を行うスロットマシン回胴式遊技機)等の遊技機に関す
る。

背景技術

0002

遊技機として、始動口への遊技球入球に基づき、当り外れを判定して、当りと判定され
た場合に、賞球等の遊技特典を付与する当り遊技を実行するパチンコ機などが知られてい
る。このようなパチンコ機では、遊技の進行に対応させて各種の演出を実行することが一
般的であり、例えば、演出操作部に対する遊技者操作を受けることで、遊技特典が付与さ
れるか否かを示唆する操作対応演出を行うものが存在する(特許文献1)。また、遊技者
操作に先立って、遊技者操作の催促等の操作前演出を行うとともに、この操作前演出の実
行パターンにより、これから行われる操作対応演出の内容を示唆することも知られている

先行技術

0003

特開2010−69111号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上述したような操作前演出を実行する技術は、多くの遊技機が備えてい
るため、ありきたりの技術となってしまっている。したがって、単に操作前演出を実行す
るだけでは、遊技興趣を十分に高めることが困難である。

0005

本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、新たな態様の操作関連
演出を実行することによって、遊技興趣を高めることができる遊技機を提供することを目
的とする。

課題を解決するための手段

0006

上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の遊技機は次の構成を採用し
た。すなわち、
所定の遊技利益を付与するか否かを決定する決定手段と、
前記決定手段の決定結果に基づく演出が行われる演出実行期間中に、所定の演出操作部
への遊技者操作に基づく操作対応演出を実行するための操作待ち期間を複数回発生させる
操作待ち期間発生手段と、
前記複数回の操作待ち期間の夫々にて遊技者操作が行われると、夫々の遊技者操作に対
応して前記操作対応演出を実行する操作対応演出実行手段と、
前記操作対応演出として前記遊技利益が付与される可能性の高いことを示唆する特別な
操作対応演出が実行される期待度を示す操作前演出を、前記複数回の操作待ち期間の夫々
で実行する操作前演出実行手段と、
前記演出実行期間中に最初の操作待ち期間が発生する前に、前記複数回の操作待ち期間
の夫々で行われる前記操作前演出の実行パターン事前に示す事前演出を実行する事前演
出実行手段と
を備え、
記事前演出実行手段は、前記事前演出として、前記複数回の操作待ち期間の夫々で行
われる前記操作前演出の実行パターンを個別に示すとともに、該個別に示す実行パターン
が前記複数回の操作待ち期間の何れで実行されるかを隠匿した態様の演出を実行する
ことを特徴とする。

0007

このような遊技機では、演出実行期間が開始されると、今回の演出実行期間中に発生す
る複数回の操作待ち期間で行われる全ての操作前演出の実行パターンが事前に認識可能と
なり、認識した操作前演出の実行パターンに基づき、遊技者操作意欲を掻き立てることが
可能となる。たとえば、事前演出として「特別な操作対応演出が実行される期待度が高い
ことを示す操作前演出の実行」が含まれる事前演出が行われる場合には、「いずれかの操
作待ち期間で有利態様の操作前演出が行われる」といった安心感を与えて演出実行期間を
進行させることができる。このように、遊技者操作を有する操作関連演出を新たな態様で
実施することで、従来に比して遊技興趣を高めることが可能となる。

0008

また、上述した遊技機は、
前記事前演出実行手段は、前記事前演出として、前記複数回の操作待ち期間の夫々で行
われる前記操作前演出の実行パターンを個別に示すとともに、該個別に示す実行パターン
が前記複数回の操作待ち期間の何れで実行されるかを隠匿した態様の演出を実行する
こととしてもよい。

0009

また、事前演出からは「何回目の操作待ち期間で有利態様の操作前演出が実行されるか
」を確認できないようにすることで、上述のように安心感を与えつつ、「事前に示された
有利態様の操作前演出がいつ実行されるか」といったドキドキ感を与える斬新な操作関連
演出を実現することが可能となり、遊技興趣を一層高めることが可能となる。

0010

また、上述した遊技機は、
前記演出実行期間中に所定の変更条件成立すると、前記事前演出にて示された操作前
演出の実行パターンのうち、未だ発生していない操作待ち期間に対応する操作前演出につ
いて、前記事前演出にて示された実行パターンと異なる実行パターンを新たに示す変更演
出を実行する変更演出実行手段を備える
こととしてもよい。

0011

このような遊技機によれば、事前演出にて操作前演出の実行パターンが示された後であ
っても、操作前演出の実行パターンが変更される場合があるため、例えば、「事前に示し
た操作前演出の何れか、或いは、全部の実行パターンが昇格あるいは降格する場合」等を
設けることが可能となり、演出実行期間の進行中における遊技興趣を一層高めることが可
能となる。

発明の効果

0012

本発明によれば、新たな態様の操作関連演出を実行することによって、遊技興趣を高め
ることができる。

図面の簡単な説明

0013

本実施例のパチンコ機の正面図である。
本実施例の遊技盤の盤面構成を示す説明図である。
本実施例の第1図柄表示装置および第2図柄表示装置の構成を示す説明図である。
本実施例の演出表示装置画面構成を示す説明図である。
本実施例の始動口ユニットの構成を示す説明図である。
本実施例のパチンコ機における制御回路の構成を示したブロック図である。
本実施例の普通図柄表示部の表示態様を示した説明図である。
本実施例の演出表示装置で行われる演出の一態様を例示した説明図である。
本実施例の遊技制御処理を示すフローチャートである。
本実施例の特図保留関連処理を示すフローチャートである。
本実施例の特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。
本実施例の特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。
本実施例の特図変動表示処理を示したフローチャートである。
本実施例の特図変動表示処理を示したフローチャートである。
本実施例の大当り判定テーブル概念的に示す説明図である。
本実施例の変動パターンテーブルを概念的に示す説明図である。
本実施例の大当り遊技処理を示すフローチャートである。
本実施例の大当り遊技終了時処理を示すフローチャートである。
本実施例の図柄変動演出処理を示すフローチャートである。
本実施例の演出パターンテーブルを概念的に示す説明図である。
本実施例の催促演出関連処理を示すフローチャートである。
本実施例の催促演出関連処理を示すフローチャートである。
本実施例の「特別変動演出」を説明するための説明図である。
本実施例の「特別変動演出」が行われる様子を例示する説明図である。
本実施例の対応演出を説明するための説明図である。
本実施例の「事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動演出」が行われる様子を例示する説明図である。
本実施例のパチンコ機によって得られる効果を説明するための説明図である。
本変形例の「特別変動演出」が行われる様子を例示する説明図である。

実施例

0014

上述した本発明の内容を明確にするために、本発明を「セブン機」や「デジパチ」と呼
ばれるタイプのパチンコ機(弾球遊技機)に適用した実施例について説明する。

0015

A.パチンコ機の装置構成
A−1.装置前面側の構成 :
図1は、本実施例のパチンコ機1の正面図である。図1に示すように、パチンコ機1の
前面部は、大きくは、前面枠4、上皿部5、下皿部6、遊技盤10などから構成されてい
る。なお、図1では遊技盤10の詳細な図示を省略している。前面枠4は、図示しない中
枠3に取り付けられており、中枠3は図示しない本体枠2に取り付けられている。中枠3
プラスチック材料成形されており、本体枠2の内側に取り付けられている。本体枠2
は、木製の板状部材を組み立てて構成された略長方形枠体であり、パチンコ機1の外枠
を形成している。前面枠4の一端は中枠3に対して回動可能に軸支されており、中枠3の
一端は本体枠2に対して回動可能に軸支されている。遊技盤10は中枠3の前面側に着脱
可能に取り付けられており、その前面側が前面枠4で覆われている。

0016

前面枠4は、プラスチック材料で成形されており、略中央部には円形状の窓部4aが形
成されている。この窓部4aにはガラス板等の透明板が嵌め込まれており、奥側に配置さ
れる遊技盤10の盤面が視認可能となっている。また、前面枠4には、遊技効果を高める
ための各種ランプ類4b〜4fが設けられている。前面枠4の下方には上皿部5が設けら
れており、上皿部5の下方には下皿部6が設けられている。また、前面枠4の右側には施
錠装置9が設けられており、前面枠4の左側にはプリペイドカード式の球貸装置13(C
ユニット)が設けられている。

0017

上皿部5には、皿状の凹部と、凹部を取り巻くように形成された皿外縁部5aとが設け
られている。遊技球は、上皿部5に形成された凹部に投入されて、発射装置ユニット12
図6参照)に供給される。また、皿外縁部5aには、遊技球の球貸スイッチ5b、返却
スイッチ5c、投入した遊技球を排出するための排出ボタンなど、各種のボタン類が設け
られている。上皿部5の左部にはスピーカー5yが設けられている。また、上皿5の前面
側には演出ボタンBTが設けられている。本実施例のパチンコ機1では、演出ボタンBT
に対する遊技者の操作を受け付けることによって、該操作に対応した遊技演出を行うこと
が可能となっている。

0018

下皿部6には、パチンコ機1の内部から遊技球を排出するための排出口6aが設けられ
ており、排出された遊技球は下皿部6内に貯留される。下皿部6の右端には発射ハンドル
8が設けられている。発射ハンドル8には、遊技者がハンドルに触れていることを検出す
タッチスイッチ8aが設けられている。発射ハンドル8の回転軸は、下皿部6の奥側に
搭載された図示しない発射装置ユニット12に接続されており、遊技者が発射ハンドル8
を回転させると、その動きが発射装置ユニット12に伝達され、ユニットに内蔵された図
示しない発射モータが回転して、回転角度に応じた強さで遊技球が発射される。発射ハン
ドル8の左側面には、遊技者が操作して遊技球の発射を一時的に停止する発射停止スイッ
チ8bが配置されている。

0019

A−2.遊技盤の構成 :
図2は、遊技盤10の盤面構成を示す説明図である。前述したように、遊技盤10は中
枠3の前面側に着脱可能に取り付けられている。図2に示すように、遊技盤10の中央に
は、外レール14と内レール15とによって囲まれた略円形状の遊技領域11が形成され
ている。上述した発射装置ユニット12から発射された遊技球は、外レール14と内レー
ル15との間を通って遊技領域11に放出され、遊技領域11の上方から下方に向かって
流下する。

0020

遊技領域11の略中央には中央装置26が設けられ、遊技領域11の下方部分には変動
入賞装置18が設けられ、中央装置26と変動入賞装置18との間には始動口ユニット1
7が設けられている。後述するように始動口ユニット17は、2つの始動口が上下に組み
合わせて構成されており、上側に設けられた第1始動口17aは、遊技球の入球を許容
遊技球受入口の大きさが不変(一定)で、遊技球が常時入球可能となっている固定式
可変式)の入球口であり、下側に設けられた第2始動口17bは、左右に一対の翼片
開閉可能に構成された可変式の入球口となっている。始動口ユニット17の詳細な構成
については、別図を用いて後述する。

0021

中央装置26のほぼ中央には、演出表示装置27が設けられている。演出表示装置27
液晶表示器によって構成されており、その表示画面上では、識別図柄背景画像などの
種々の演出図柄を変動表示した後に停止表示することが可能となっている。演出表示装置
27の表示画面上で表示される各種の演出図柄については後述する。

0022

演出表示装置27の左斜め下方には第1図柄表示装置28が設けられ、演出表示装置2
7の右斜め下方には第2図柄表示装置32が設けられている。このうち、演出表示装置2
7の左下方に設けられた第1図柄表示装置28では、普通図柄や第1特別図柄を変動表示
することが可能となっており、演出表示装置27の右下方に設けられた第2図柄表示装置
32では、第2特別図柄を変動表示することが可能となっている。第1図柄表示装置28
や、第2図柄表示装置32の詳細な構成については後述する。尚、以下では、第1特別図
柄を単に「第1特図」と略記し、第2特別図柄を単に「第2特図」と略記することがある
ものとする。

0023

遊技領域11の左側および右側には、普通図柄作動左ゲート36と普通図柄作動右ゲー
ト37とが設けられており、これらのゲートの内部には、遊技球の通過を検出するゲート
スイッチ36s,37sがそれぞれ設けられている。更に、左右の普通図柄作動ゲート
6,37と中央装置26との間には、ランプ風車24,25が設けられている。これら各
遊技装置の間および周辺には、多数の障害釘23が設けられている。

0024

中央装置26の下方に設けられた変動入賞装置18には、ほぼ中央に大入賞装置31が
設けられている。この大入賞装置31は、略長方形状に大きく開放する大入賞口31dや
、大入賞口31dを開閉させる開閉部材31e、開閉部材31eを動作させる大入賞口ソ
レノイド31m(図6参照)などから構成されている。後述する所定の条件が成立すると
、大入賞装置31が作動を開始して大入賞口ソレノイド31mにより開閉部材31eが開
動作され、大入賞口31dが開放状態となる。この結果、遊技球が高い確率で大入賞口3
1dに入球することとなって、遊技者にとって有利な大当り遊技(特別遊技)が開始され
る。また、大入賞口31dの内部には大入賞口スイッチ31sが設けられており、大入賞
口31dに入賞した遊技球を検出することが可能である。遊技盤10の下方にはアウト
48が設けられ、そのアウト口48の下部にはバック球防止部材58が設けられている。
バック球防止部材58は、遊技領域11に到達せず戻ってきた遊技球が再び発射位置に戻
ることを防止する機能を有している。

0025

図3は、本実施例のパチンコ機1に搭載された第1図柄表示装置28および第2図柄表
示装置32の構成を示す説明図である。図3(a)は第1図柄表示装置28を表しており
図3(b)は第2図柄表示装置32を表している。まず、第1図柄表示装置28の構成
について説明する。図3(a)示されているように、本実施例の第1図柄表示装置28は
、略矩形の領域内に12個の小さな発光ダイオードLED)が組み込まれて構成されて
いる。これら12個のLEDのうちの、3個のLEDは普通図柄表示部29を構成してお
り、残りの9個のLEDは第1特別図柄表示部30を構成している。更に、普通図柄表示
部29は、普通図柄を表示するための1個のLED(以下、普通図柄LED29aと呼ぶ
)と、普通図柄の保留数を表示するための2個のLED(以下、普図保留表示LED29
bと呼ぶ)とから構成されている。また、第1特別図柄表示部30は、第1特別図柄を表
示するための7個のLED(以下、第1特別図柄LED30aと呼ぶ)と、第1特別図柄
の保留数を表示するための2個のLED(以下、第1特図保留表示LED30bと呼ぶ)
とから構成されている。尚、以下では、第1特別図柄(第1特図)の保留を「第1特図保
留」と呼び、第1特図の保留数を「第1特図保留数」と呼ぶことがあるものとする。

0026

図3(b)に示した第2図柄表示装置32は、上述した第1図柄表示装置28に対して
普通図柄表示部29を取り除いた構成となっている。すなわち、第2図柄表示装置32に
は、9個のLEDから構成される第2特別図柄表示部33が設けられており、そのほぼ中
央に設けられた7個のLEDは、第2特別図柄を表示するためのLED(以下、第2特別
図柄LED33aと呼ぶ)であり、残りの2個のLEDは、第2特別図柄の保留数を表示
するためのLED(以下、第2特図保留表示LED33bと呼ぶ)となっている。尚、以
下では、第2特別図柄(第2特図)の保留を「第2特図保留」と呼び、第2特図の保留数
を「第2特図保留数」と呼ぶことがあるものとする。

0027

図4は、本実施例のパチンコ機1に搭載された演出表示装置27の画面構成を示す説明
図である。前述したように、演出表示装置27は液晶表示器を用いて構成されており、そ
の表示画面上には、3つの識別図柄27a,27b,27cと、その背景の背景画像27
dが表示されている。3つの識別図柄27a,27b,27cは、第1特別図柄表示部3
0および第2特別図柄表示部33における特別図柄の変動表示の開始タイミングと同期し
て変動表示を開始し、その後、特別図柄の変動時間が経過するまで種々の態様で変動表示
を行う。そして、特別図柄の変動表示の終了タイミング(特別図柄の停止表示)と同期し
て3つの識別図柄27a,27b,27cの変動表示が終了する。

0028

図5は、本実施例のパチンコ機1に搭載された始動口ユニット17の構成を示す説明図
である。前述したように始動口ユニット17には、第1始動口17aと、第2始動口17
bとが設けられている。上側に設けられた第1始動口17aは、遊技球受入口の大きさが
一定の非可変式(ポケット式)の入球口(一般始動口)として構成され、下側に設けられ
た第2始動口17bは、一対の翼片17wを備えた可変式の入球口(可変始動口)として
構成されている。一対の翼片17wは、ほぼ直立した閉鎖状態図5(a)参照)と、外
側に向かって回転した開放状態(図5(b)参照)との2つの状態を取ることが可能であ
る。図5(a)に示すように、一対の翼片17wがほぼ直立した第2始動口17bの閉鎖
状態は、遊技球は第2始動口17bに入球することができず、専ら第1始動口17aに入
球する状態である。これに対して、図5(b)に示すように、一対の翼片17wが外側に
開いた第2始動口17bの開放状態は、第2始動口17bにも遊技球が入球し得る状態で
ある。尚、本実施例の始動口ユニット17では、第2始動口17bが開放状態となると、
第1始動口17aよりも第2始動口17bの方が、遊技球が入球し易くなる。

0029

第1始動口17aあるいは第2始動口17bに入球した遊技球は、それぞれの内部に設
けられた通路を通って遊技盤10の裏面側に導かれる。第1始動口17aの内部の通路の
途中には第1始動口スイッチ17sが設けられ、第2始動口17bの内部の通路の途中に
は第2始動口スイッチ17tが設けられており、第1始動口17aあるいは第2始動口1
7bに入球した遊技球はそれぞれ第1始動口スイッチ17sあるいは第2始動口スイッチ
17tによって検出されるようになっている。

0030

A−3.制御回路の構成 :
次に、本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成について説明する。図6は、本
実施例のパチンコ機1における制御回路の構成を示したブロック図である。図示されてい
るようにパチンコ機1の制御回路は、多くの制御基板や、各種基板中継端子板などから
構成されているが、その機能に着目すると、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否につ
いての制御を司る主制御基板200と、演出図柄やランプや効果音を用いた遊技の演出の
制御を司るサブ制御基板220と、サブ制御基板220の制御の下で画像の表示や音声
出力を行う画像音声制御基板230と、サブ制御基板220の制御の下で各種LED,ラ
ンプ4b〜4fを駆動する装飾駆動基板226と、貸球や賞球を払い出す動作の制御を司
払出制御基板240と、遊技球の発射に関する制御を司る発射制御基板260などから
構成されている。これら制御基板は、各種論理演算および算出演算を実行するCPUや、
CPUで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM、プログラムの実行
に際してCPUが一時的なデータを記憶するRAMなど、種々の周辺LSIがバスで相互
に接続されて構成されている。

0031

主制御基板200は、第1始動口スイッチ17sや、第2始動口スイッチ17t、大入
賞口スイッチ31s、ゲートスイッチ36s,37sなどから遊技球の検出信号の入力が
あると、その検出信号の入力のあったスイッチに応じて定められる各種動作を指令するコ
マンドを、サブ制御基板220や、払出制御基板240、発射制御基板260などに向か
って送信する。また、主制御基板200には、第2始動口17bに設けられた一対の翼片
部17wを開閉させるための始動口ソレノイド17mや、大入賞口31dを開閉させるた
めの大入賞口ソレノイド31m、更には、第1図柄表示装置28、第2図柄表示装置32
などが中継端子板(図示略)を介して接続されており、これら各種ソレノイド17m,3
1m、第1図柄表示装置28、第2図柄表示装置32に向かって駆動信号を送信すること
により、これらの動作の制御も行う。

0032

サブ制御基板220には、画像音声制御基板230、装飾駆動基板226、演出ボタン
基板228が接続されている。サブ制御基板220は、主制御基板200からの各種コマ
ンドを受信すると、コマンドの内容を解析して、その結果に応じた遊技の演出を行う。す
なわち、画像音声制御基板230に対して表示内容および音声内容を指定するコマンドを
送信したり、装飾駆動基板226に各種LED、ランプ4b〜4fの駆動信号を送信した
りすることにより、遊技の演出を行う。また、サブ制御基板220は、演出ボタン基板
28を介して演出ボタンBTに対する遊技者の操作を検出すると、該操作に対応する演出
を行う。

0033

画像音声制御基板230は、CPU231、ROM232、RAM233に加えて、V
DP234、画像ROM235、音声ROM236を備えている。画像音声制御基板23
0のCPU231は、サブ制御基板220からコマンドを受信すると、そのコマンドに対
応する画像の表示をVDP234に指示する。VDP234は、指示された画像の表示に
利用するデータ(例えば、演出図柄やキャラクタ画像を表示するためのスプライトデータ
動画データなど)を画像ROM235から読み出して画像を生成して、演出表示装置2
7の表示画面に出力する。また、CPU231は、サブ制御基板220からコマンドを受
信すると、そのコマンドに対応する音声データを音声ROM236から読み出して、該音
声データに基づく音声を、アンプ基板224を介してスピーカー5yから出力する。

0034

払出制御基板240は、いわゆる貸球や賞球の払い出しに関する各種の制御を司ってい
る。例えば、遊技者が前述した上皿部5に設けられた球貸スイッチ5bや返却スイッチ5
cを操作すると、この信号は、球貸表示基板242から中継端子板(図示略)を介して、
球貸装置13に伝達される。球貸装置13は、払出制御基板240とデータを通信しなが
ら、貸球の払い出しを行う。また、主制御基板200が賞球の払出コマンドを送信すると
、このコマンドを払出制御基板240が受信して、払出モータ109mに駆動信号を出力
することによって賞球の払い出しが行われる。

0035

B.遊技の概要
本実施例のパチンコ機1では、次のようにして遊技が行われる。まず、遊技者が上皿部
5の凹部に遊技球を投入して発射ハンドル8を回転させると、上皿部5に投入された遊技
球が、1球ずつ発射装置ユニット12に供給されて、図2を用いて前述した遊技領域11
に発射される。遊技球を打ち出す強さは、発射ハンドル8の回転角度によって調整するこ
とが可能となっており、遊技者は発射ハンドル8の回転角度を変化させることによって、
遊技球の狙いを付けることができる。

0036

発射した遊技球が、遊技領域11の左右に設けられた普通図柄作動左ゲート36、普通
図柄作動右ゲート37の何れかを通過すると、演出表示装置27の左下方に設けられた第
1図柄表示装置28において普通図柄の変動表示が開始される。図4を用いて前述したよ
うに、第1図柄表示装置28には普通図柄表示部29が設けられており、普通図柄表示部
29には、普通図柄LED29aおよび普図保留表示LED29bが搭載されている。こ
のうち、普通図柄LED29aを用いて普通図柄の変動表示を行う。

0037

図7(a)は、普通図柄が変動表示する様子を概念的に示した説明図である。本実施例
のパチンコ機1では、普通図柄LED29aの点滅を繰り返すことによって、普通図柄の
変動表示を行う。図7では、普通図柄LED29aが点灯している状態を放射状の実線
表し、消灯している状態を破線で表している。そして、予め定められた時間だけ点滅を繰
り返した後、普通図柄LED29aが点灯状態で停止した場合には、普通図柄の当りとな
って、第2始動口17b(始動口ユニット17の下側の始動口)が所定の開放時間だけ開
放状態となる。逆に、消灯状態で停止した場合には普通図柄の外れとなって、第2始動口
17bが開放することはない。また、普通図柄の変動表示中に遊技球が普通図柄作動左ゲ
ート36または普通図柄作動右ゲート37を通過した場合は、この遊技球の通過が普通図
柄の保留(普図保留)としてRAM203の記憶領域(普図保留記憶領域)に記憶され、
現在の普通図柄の変動表示が終了した後に、その普図保留に基づき変動表示が行われる。
普図保留は最大4個まで記憶可能となっており、記憶されている普通図柄の保留数(普図
保留数)は、普図保留表示LED29bによって表示される。

0038

図7(b)は、第1図柄表示装置28に設けられた普図保留表示LED29bによって
普図保留数が表示される様子を示した説明図である。普図保留が無い場合(すなわち、普
図保留が0個の場合)は、2個の普図保留表示LED29bは何れも消灯している。普図
保留が1個の場合は、向かって左側の普図保留表示LED29bは消灯したままで、右側
の普図保留表示LED29bが点灯する。普図保留が2個になると、右側の普図保留表示
LED29bに加えて左側の普図保留表示LED29bが点灯する。次いで、普図保留が
3個になると、右側の普図保留表示LED29bが点滅し、左側の普図保留表示LED2
9bが点灯する。更に普図保留が増加して上限値である4個になると、左右の普図保留表
示LED29bが点滅した状態となる。このように普通図柄表示部29では、2個の普図
保留表示LED29bを点灯、消灯、あるいは点滅させることによって、0個から4個ま
での普図保留数を表示することができる。

0039

また、図3(a)を用いて前述したように、第1図柄表示装置28には、第1特別図柄
表示部30が設けられており、第1特別図柄(第1特図)を変動表示可能となっている。
更に、図3(b)に示したように、第2図柄表示装置32に設けられた第2特別図柄表示
部33では、第2特別図柄(第2特図)を変動表示可能となっている。このうち、第1特
別図柄は第1始動口17aに対応し、第2特別図柄は第2始動口17bに対応しており、
第1特別図柄あるいは第2特別図柄は、それぞれ対応する始動口に遊技球が入球すると変
動表示を開始する。また、前述したように第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表
示部33は、何れも同様な構成をしており、従って、第1特別図柄も第2特別図柄も同様
な態様で変動表示を行う。

0040

第1特別図柄および第2特別図柄は、所定の変動時間が経過するまで変動表示した後、
大当り判定の結果に応じて大当り図柄または外れ図柄で停止表示される。そして、停止表
示された大当り図柄または外れ図柄を確定させるべく、特別図柄が停止表示された状態を
所定の時間が経過するまで維持する表示(以下「確定表示」ともいう)を行う。本実施例
では、停止表示される図柄(停止図柄)として、第1特別図柄および第2特別図柄の各々
について、100種類の大当り図柄と、1種類の外れ図柄が設けられている。図3を用い
て前述したように、第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表示部33の何れも7個
のLEDによって構成されており、各大当り図柄および外れ図柄は、点灯させるLEDの
組合せを互いに異ならせて設定されている。第1図柄表示装置28および第2図柄表示装
置32では、それぞれ7個のLED(第1特別図柄LED30aおよび第2特別図柄LE
D33a)を所定の変動時間にわたって点滅させることによって特別図柄の変動表示を行
い、その変動時間が経過すると、所定の組合せのLEDを点灯させることで何れかの大当
り図柄あるいは外れ図柄を停止表示する。そして、いずれかの大当り図柄が停止表示され
ると、大入賞口31dが開放状態となる大当り遊技が開始される(大当りが発生する)。
以下では、特別図柄を変動表示させてから大当り図柄または外れ図柄を確定表示するまで
の遊技を「図柄変動遊技」とも表現する。

0041

尚、本実施例のパチンコ機1では、大当り遊技終了後は、特別図柄が大当り図柄で停止
表示される確率(大当り確率)が通常よりも高くなる「高確率状態」が、特別図柄の変動
表示(図柄変動遊技)が「80回」行われるまで設定される。すなわち、本実施例のパチ
ンコ機1は、確変突入率が100%の回数切り確変機(所謂ST機)となっている。

0042

第1始動口17aあるいは第2始動口17bへの遊技球の入球は、該入球を契機とする
特別図柄の変動表示が開始されるまで、第1特別図柄の保留(第1特図保留)あるいは第
2特別図柄の保留(第2特図保留)としてRAM203の記憶領域(特図保留記憶領域
に記憶される。第1特図保留および第2特図保留は、それぞれ最大4個まで記憶可能とな
っており、第1特図保留の個数(第1特図保留数)については第1特図保留表示LED3
0bに表示され、第2特図保留の個数(第2特図保留数)については第2特図保留表示L
ED33bに表示される。第1特図保留表示LED30bあるいは第2特図保留表示LE
D33bに特別図柄の保留数を表示する態様は、図7(a)に示した普図保留表示LED
29bによる普通図柄の保留数表示と同様であるため、ここでは説明を省略する。

0043

第1特別図柄あるいは第2特別図柄の図柄変動遊技に対応して、演出表示装置27では
演出図柄(識別図柄27a,27b,27cなど)を用いた各種の演出(以下「図柄変動
演出」ともいう)が行われる。図8は、演出表示装置27で行われる図柄変動演出の一態
様を例示した説明図である。演出表示装置27を構成する液晶表示器の表示画面には、左
識別図柄27aが表示される左図柄表示領域と、中識別図柄27bが表示される中図柄表
示領域と、右識別図柄27cが表示される右図柄表示領域が形成され、これらの表示領域
を用いて3つの識別図柄27a,27b,27cが表示される。第1図柄表示装置28あ
るいは第2図柄表示装置32の何れかで特別図柄の変動表示が開始されると、演出表示
置27においても3つの識別図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示を開始する。
本実施例では、識別図柄として「1」〜「9」までの9つの数字意匠化した図柄が用意
されている。

0044

図8(a)には、3つの識別図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示している様
子が概念的に示されている。変動表示が開始された後、所定時間が経過すると、初めに左
識別図柄27aが「1」〜「9」のいずれかの図柄で停止表示され、次いで、右識別図柄
27cが停止表示され、最後に中識別図柄27bが停止表示される。これら演出表示装置
27で停止表示される3つの識別図柄27a,27b,27cの組合せは、前述した第1
図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示される特別図柄(第1特別図
柄あるいは第2特別図柄)の停止表示態様連動するように構成されている。例えば、第
1特別図柄あるいは第2特別図柄が「大当り図柄」で停止する場合は、演出表示装置27
の3つの識別図柄27a,27b,27cが同じ図柄となる図柄組合せ(ゾロ目)で停止
表示される。また、第1特別図柄あるいは第2特別図柄が「外れ図柄」で停止する場合は
、3つの識別図柄27a,27b,27cは同じ図柄で揃わない図柄組合せ(バラケ目)
で停止表示される。尚、停止表示された識別図柄27a、27b、27cは、特別図柄の
確定表示時間が経過するまで停止表示された状態となる。

0045

このように、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で表示される特別図
柄と、演出表示装置27で表示される3つの識別図柄27a,27b,27cとは、表示
内容が互いに対応しており、変動表示中の第1特別図柄あるいは第2特別図柄が停止表示
する際には、3つの識別図柄27a,27b,27cも停止表示するようになっている。
しかも、図2に示すように、演出表示装置27は、第1図柄表示装置28や第2図柄表示
装置32よりも目に付き易い位置に設けられており、表示画面も大きく、表示内容も分か
り易いので、遊技者は演出表示装置27の画面を見ながら図柄変動遊技を行わせることが
通常である。従って、演出表示装置27の表示画面上で初めに停止表示される左識別図柄
27aと、続いて停止表示される右識別図柄27cとが同じ図柄であった場合には、最後
に停止表示される中識別図柄27bも同じ図柄で停止して、いわゆる大当り遊技が開始さ
れるのではないかと、遊技者は識別図柄の変動表示(図柄変動演出)を注視することにな
る。このように、2つの識別図柄を同じ図柄(大当り図柄となり得る態様)で停止させて
最後の識別図柄を変動表示させた状態で行われる演出は「リーチ演出」と呼ばれており、
このリーチ演出を発生させることで遊技興趣を高めることが可能となっている。

0046

C.遊技機の制御内容
C−1.遊技制御処理:
図9は、主制御基板200に搭載されたCPU201が、遊技の進行を制御するために
行う遊技制御処理の大まかな流れを示したフローチャートである。

0047

図9に示すように、遊技制御処理では、「賞球関連処理」「普通図柄遊技処理」「第2
始動口閉鎖処理」「特図保留関連処理」「特別図柄遊技処理」「大当り遊技処理」などの
各処理が繰り返し実行されている。主制御基板200のCPU201は、所定周期毎に発
生するタイマ割り込みに基づき遊技制御処理を行うように構成されており、本実施例では
、4msec毎にタイマ割り込みが発生するものとなっている。つまり、図9に示す遊技
制御処理は、CPU201における4msec毎のタイマ割り込み処理として実行される
。そして、遊技制御処理中に、サブ制御基板220を初めとする各種制御基板に向けて、
主制御基板200から各種コマンドを送信する。こうすることにより、パチンコ機1全体
の遊技が進行するとともに、サブ制御基板220では、遊技の進行に合わせた演出の制御
が行われることになる。以下、フローチャートに従って、主制御基板200に搭載された
CPU201が行う遊技制御処理について説明する。

0048

CPU201は、遊技制御処理を開始すると、遊技球を賞球として払い出すための処理
(賞球関連処理)を行う(S50)。この処理では、主制御基板200に接続された各種
スイッチのうち、遊技球の入賞に関わるスイッチ(第1始動口スイッチ17sや、第2始
動口スイッチ17t、大入賞口スイッチ31sなど)について、遊技球が入球したか否か
を検出する。そして、遊技球の入球が検出された場合には、払い出すべき賞球数を算出し
た後、払出制御基板240に向かって賞球数指定コマンドを送信する。払出制御基板24
0は、主制御基板200から送信された賞球数指定コマンドを受信するとコマンドの内容
解釈し、その結果に従って、払出装置(図示せず)に搭載された払出モータ109mに
駆動信号を送信することにより、実際に賞球を払い出す処理を行う。

0049

主制御基板200のCPU201は、賞球関連処理(S50)に続いて、普通図柄遊技
処理を行うか否かを判断する(S100)。この判断は、第2始動口17bが開放状態で
あるか否かを検出することによって行う。第2始動口17bが開放状態でなければ普通図
遊技処理を行うものと判断し(S100:yes)、第2始動口17bが開放状態であ
れば普通図柄遊技処理は行わないものと判断する(S100:no)。そして、普通図柄
遊技処理を行うと判断した場合は(S100:yes)、以下に説明する普通図柄遊技処
理を行う(S150)。これに対して、普通図柄遊技処理を行わないと判断した場合は(
S100:no)、普通図柄遊技処理(S150)は省略する。

0050

普通図柄遊技処理(S150)では、主に次のような処理を行う。先ず、普通図柄の保
留(普図保留)が存在するか否か(「0」であるか否か)を判定し、普図保留が存在する
場合には普通図柄の当り判定を行う。ここで、普図保留は、遊技球が普通図柄作動ゲート
36,37を通過することにより取得される普図当り判定乱数の値を示す情報を記憶する
ものであり、本実施例では、その記憶数(保留数)の上限値を「4」としている。そして
、普通図柄の当り判定の結果に基づき、普通図柄を当り図柄(図7(a)参照)で停止表
示させるか、外れ図柄で停止表示させるかを決定する。続いて、普通図柄の変動時間を設
定した後、普通図柄の変動表示を開始し、その後、変動時間が経過すると、決定しておい
た図柄で普通図柄を停止表示させる。このとき、普通図柄の当り図柄が停止表示されると
、第2始動口ソレノイド18mを作動させて、第2始動口17bに設けられた翼片17w
を両側に回動させることにより、第2始動口17bを開放状態とする(図5(b)参照)

0051

以上のようにして普通図柄遊技処理を終了したら、第2始動口17bが開放状態である
か否かを判断する(S190)。そして、開放状態である場合は(S190:yes)、
第2始動口17bを開放状態から閉鎖状態にするための処理(第2始動口閉鎖処理)を行
う(S200)。一方、第2始動口17bが開放状態でない場合は(S190:no)、
第2始動口閉鎖処理を行う必要はないので省略する。

0052

第2始動口閉鎖処理(S200)では、次の何れかの条件が満足された場合、すなわち
、第2始動口17bの開放時間が経過したか、若しくは、第2始動口17bに規定数の遊
技球が入球したかの何れかの条件が成立したか否かを判断し、何れかの条件(始動口開放
終了条件)が成立した場合に、開放状態の第2始動口17bを閉鎖状態にする処理を行う
。一方、第2始動口17bの開放時間が経過しておらず、第2始動口17bへの入球数
規定数に達していない場合(始動口開放終了条件が成立していない場合)は、第2始動口
17bを開放状態としたまま、第2始動口閉鎖処理(S200)を終了する。

0053

ここで、本実施例のパチンコ機1の遊技状態は、大別すると、大当り判定の結果が大当
りとなる確率(大当り確率)の設定状況と、第2始動口17bが開放状態になる際の開放
時間の設定状況とに基づき決定される。このうち、第2始動口17bの開放時間の設定状
況に基づく遊技状態として「開放延長状態」と「非開放延長状態」の何れかに設定される
。「開放延長状態」は「非開放延長状態」に比べ、前述の普通図柄の当り判定の結果が「
当り」となる確率(普図当り確率)が高く、普通図柄の変動時間(普図変動時間)が短く
、第2始動口17bの開放時間が長く設定される。従って、開放延長状態は、非開放延長
状態と比較して、第2始動口17bが頻繁に開放状態になるとともに該開放状態にある期
間が長くなるので、第2始動口17bへの遊技球の入球可能性が高くなる。このような構
成を実現するために、本実施例のパチンコ1では、遊技状態が「開放延長状態」に設定さ
れている場合は「変動短縮フラグ」および「開放延長フラグ」がONに設定され、遊技状
態が「非開放延長状態」に設定されている場合はこれらのフラグがOFFに設定される。
そして、主制御基板200のCPU201は、「変動短縮フラグ」がONに設定されてい
ることに基づき、普図当り確率を高確率(例えば「99/100」)、普図変動時間を短
時間(例えば「1秒」)にそれぞれ設定し、「開放延長フラグ」がONに設定されている
ことに基づき、第2始動口17bの開放時間を長時間(例えば「1.5秒×3回開放=4
.5秒」)に設定する。一方、主制御基板200のCPU201は、変動短縮フラグがO
FFに設定されていることに基づき、普図当り確率を低確率(例えば「2/100」)、
普図変動時間を長時間(例えば「20秒」)にそれぞれ設定し、開放延長フラグがOFF
に設定されていることに基づき、第2始動口17bの開放時間を短時間(例えば「0.1
秒×3回開放=0.3秒」)に設定する。尚、変動短縮フラグおよび開放延長フラグは、
同じタイミングでONあるいはOFFに設定されるので、何れか一方のフラグのみを設定
して、該一方のフラグを他方のフラグに代えて利用する構成としてもよい。

0054

C−2.特図保留関連処理:
図10は、特図保留関連処理を示すフローチャートである。特図保留関連処理(S25
0)では、先ず初めに、第1始動口17aに遊技球が入球したか否かを判断する(S25
2)。その結果、第1始動口17aに遊技球が入球した場合は(S252:yes)、第
1特別図柄の保留数(第1特図保留数)が上限値(本実施例では「4」)に達しているか
否かを判断する(S254)。そして、第1特図保留数が上限値に達していなければ(S
254:no)、判定乱数を取得する(S256)。ここで、判定乱数としては、後述す
る大当り判定を行うために用いられる大当り判定乱数や、大当り発生時に第1図柄表示装
置28(あるいは第2図柄表示装置32)で停止表示する図柄を決定するために用いられ
る大当り図柄決定乱数、図柄が停止表示するまでの変動パターンを決定するために用いら
れる変動パターン決定乱数などの乱数を取得する。続いて、取得した判定乱数の値を示す
情報を、主制御基板200に搭載されたRAM203(特図保留記憶領域)に第1特図保
留として記憶する(S258)。第1特図保留を記憶したら(S258)、第1特図保留
数に「1」を加算する(S260)。こうして、第1特図保留数に「1」を加算したら、
第1保留発生コマンドを主制御基板200からサブ制御基板220に向かって送信する(
S262)。第1保留発生コマンドには、第1特図保留が記憶された(発生した)ことを
示す情報、今回記憶した第1特図保留を含む現在の第1特図保留数を示す情報が含まれて
いる。サブ制御基板220のCPU221は、受信した第1保留発生コマンドに基づき、
第1特図保留数を判断する。尚、第1保留発生コマンドに含まれる各情報を、それぞれ別
のコマンドで送信するようにしてもよい。また、第1始動口17aに遊技球が入球してい
ない場合や(S252:no)、第1特図保留数が上限値(ここでは「4」)に達してい
た場合は(S254:yes)、S256〜S262の処理は省略する。

0055

以上のようにして、第1特図保留に関する処理を終了したら、続いて第2特図保留に関
する処理を開始する。第2特図保留に関する処理は、第1始動口17aに対して行った上
述の第1特図保留に関する処理を、第2始動口17bに対して行う処理である。以下、簡
単に説明すると、先ず初めに、第2始動口17bに遊技球が入球したか否かを判断し(S
272)、第2始動口17bに遊技球が入球していれば(S272:yes)、第2特図
保留数が上限値(本実施例では「4」)に達しているか否かを判断する(S274)。そ
の結果、第2特図保留数が上限値に達していなければ(S274:no)、判定乱数(大
当り判定乱数、大当り図柄決定乱数、変動パターン決定乱数など)を取得して(S276
)、取得した判定乱数の値を示す情報を、主制御基板200に搭載されたRAM203(
特図保留記憶領域)に第2特図保留として記憶する(S278)。そして、第2特図保留
数に「1」を加算する(S280)。こうして、第2特図保留数に「1」を加算したら、
第2保留発生コマンドを主制御基板200からサブ制御基板220に向かって送信する(
S282)。サブ制御基板220のCPU221は、受信した第2保留発生コマンドに基
づき、第2特図保留数を判断する。尚、第2保留発生コマンドに含まれる各情報を、それ
ぞれ別のコマンドで送信するようにしてもよい。また、第2始動口17bに遊技球が入球
していない場合や(S272:no)、第2特図保留数が上限値(ここでは「4」)に達
していた場合は(S274:yes)、S276〜S282の処理は省略する。

0056

以上のようにして、第1特図保留および第2特図保留に関する処理を終了したら、図1
0に示した特図保留関連処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。そして、特図
保留関連処理から復帰すると、遊技制御処理では、以下に説明する特別図柄遊技処理(S
300)を開始する。

0057

C−3.特別図柄遊技処理:
図11および図12は、本実施例の特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。
主制御基板200のCPU201は、特別図柄遊技処理を開始すると、大当り遊技中であ
るか否かを判断する(S302)。そして、大当り遊技中であった場合は(S302:y
es)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。これに
対して、大当り遊技中ではなかった場合は(S302:no)、第1特図または第2特図
の何れかが変動表示中であるか否かを判断する(S304)。

0058

第1特図あるいは第2特図の何れも変動表示中でない場合は(S304:no)、第1
特図あるいは第2特図が確定表示中であるか否かが判断される(S306)。前述したよ
うに、第1特図および第2特図の何れであっても、変動表示が終了してから所定の時間が
経過するまでは、変動表示の終了に伴い停止表示された特別図柄を確定させるべく、特別
図柄が停止表示された状態を維持する表示(確定表示)を行う。S306の処理では、こ
の「確定表示」の実行中であるか否かが判断される。その結果、第1特図および第2特図
が変動表示中でも確定表示中でもない場合は(S304:no、S306:no)、次回
の特別図柄の変動表示(図柄変動遊技)を開始するための処理(特図変動表示処理)を開
始する(S310)。

0059

図13は特図変動表示処理の前半部分を示すフローチャートであり、図14は特図変動
表示処理の後半部分を示すフローチャートである。図示されるように、特図変動表示処理
では、先ず、第2特図保留数が「0」であるか否かを判断する(S3100)。その結果
、第2特図保留数が「0」でなければ(第2特図保留数≧1)(S3100:no)、記
憶されている第2特図保留の中から最も古くに記憶された第2特図保留を読み出す(S3
102)。このS3102の処理では、第2特図保留として記憶されている各種の判定乱
数の値を読み出す。

0060

これに対して、第2特図保留数が「0」である場合は(S3100:yes)、第1特
図保留数が「0」であるか否かを判断する(S3104)。その結果、第1特図保留数が
「0」でなければ(第1特図保留数≧1)(S3104:no)、記憶されている第1特
図保留の中から最も古くに記憶された第1特図保留を読み出す(S3106)。このS3
106の処理では、前述のS3102の処理と同様に、第1特図保留として記憶されてい
る各種の判定乱数の値を読み出す。これに対して、第1特図保留数が「0」である場合は
(S3104:yes)、既に第2特図保留数も「0」と判断されていることから、第1
特図保留および第2特図保留の何れも記憶されていないと判断されるので、後述の大当り
判定や第1特図あるいは第2特図の変動表示を開始する必要はない。そこで、図13およ
図14の特図変動表示処理を終了して、図11および図12に示した特別図柄遊技処理
に復帰する。

0061

尚、上述したように特図変動表示処理では、先ず初めに第2特図保留が記憶されている
か否かを判断し(S3100)、第2特図保留が記憶されてない場合にだけ(S3100
:yes)、第1特図保留が記憶されているか否かを判断している。従って、第1特図保
留と第2特図保留とが両方とも記憶されている場合には、常に第2特図保留が第1特図保
留に優先して読み出されることとなり(第2特図保留を優先消化することとなり)、第1
特図保留が読み出されるのは、第2特図保留が記憶されていない場合に限られる。

0062

以上のようにして、第1特図保留または第2特図保留の何れかを読み出したら(S31
02またはS3106)、高確フラグがONに設定されているか否かを判断する(S31
08)。ここで、本実施例のパチンコ機1の遊技状態は、前述した「開放延長状態」ある
いは「非開放延長状態」の何れかに設定されるとともに、特別図柄が大当り図柄で停止表
示する確率(特図当り確率もしくは大当り確率)の高い「高確率状態」あるいは該確率が
高確率状態より低い「低確率状態」の何れかに設定される。高確フラグとは、遊技状態を
高確率状態(確変機能が作動した状態)に設定するときにONに設定されるフラグであり
、主制御基板200に搭載されたRAM203の所定アドレスが、高確フラグとして割り
当てられている。主制御基板200のCPU201は、高確フラグの設定状況に基づき現
在の遊技状態が高確率状態か否かを判断する。S3108の結果、高確フラグがONに設
定されていれば(S3108:yes)、高確率用の大当り判定テーブルを選択し(S3
120)、高確フラグがONに設定されていなければ(S3108:no)、低確率用
大当り判定テーブルを選択する(S3122)。大当り判定テーブルとは、大当り判定乱
数の値に対応付けて「大当り」または「外れ」の判定結果が設定されているテーブルであ
り、主制御基板200のROM202に予め記憶されている。

0063

図15は、本実施例のパチンコ機1に記憶されている大当り判定テーブルを例示した説
明図である。図15(a)には低確率用の大当り判定テーブルが示されており、図15
b)には高確率用の大当り判定テーブルが示されている。図15(a)に示すように、低
確率用の大当り判定テーブルには、「0」〜「599」の大当り判定乱数の値のうち「1
3」〜「14」の値に対して「大当り」の判定結果が設定されている。また、図15(b
)に示すように、高確率用の大当り判定テーブルには、「0」〜「599」の大当り判定
乱数の値のうち「13」〜「32」の値に対して「大当り」の判定結果が設定されている

0064

図15(a)と図15(b)とを比較すれば明らかなように、図15(b)に示す高確
率用の大当り判定テーブルは、図15(a)に示す低確率用の大当り判定テーブルよりも
多くの乱数値に「大当り」の判定結果が設定されている。換言すれば、高確率用の大当り
判定テーブルには、低確率用の大当り判定テーブルよりも多くの「大当りの判定結果が得
られる乱数値(大当り値)」が設定されていることになる。従って、図15(b)の高確
率用の大当り判定テーブルを用いて大当り判定を行った場合には、図15(a)の低確率
用の大当り判定テーブルを用いて大当り判定を行った場合よりも、高確率で「大当り」の
判定結果が得られることになる。

0065

続いて、図14の特図変動表示処理では、S3120またはS3122の処理で選択し
た大当り判定テーブルを参照して、第1特図保留または第2特図保留として読み出した大
当り判定乱数の値が「大当り」に対応する値(大当り値)か否かを判断する(S3124
)。つまり、今回の大当り判定の結果が大当りか外れかを判断する。

0066

その結果、今回の大当り判定の結果が大当りでない場合(S3124:no)、すなわ
ち、大当り判定の結果が外れである場合は、外れ変動パターン選択処理を行う(S314
0)。外れ変動パターン選択処理では、第1図柄表示装置28または第2図柄表示装置3
2で特別図柄(第1特図または第2特図)の変動表示を開始してから停止表示させるまで
の変動パターンのうち、外れ図柄で停止表示させる際の変動パターン(外れ変動パターン
)を選択する処理が行われる。具体的には、先ず、遊技状態に応じた外れ変動パターンテ
ーブルを選択する。以下に、変動パターンおよび変動パターンテーブルについて説明する

0067

図16は、本実施例の変動パターンテーブルの一例として、低確非開放外れ変動パター
ンテーブル(図16(a))および低確非開放大当り変動パターンテーブル(図16(b
))を概念的に示す説明図である。低確非開放外れ変動パターンテーブルは、遊技状態が
低確率状態且つ非開放延長状態に設定された期間(以下「低確非開放期間」ともいう)に
おいて大当り判定の結果が外れである場合に選択される変動パターンテーブルである。ま
た、低確非開放大当り変動パターンテーブルは、「低確非開放期間」において大当たり
定の結果が大当りである場合に選択される変動パターンテーブルである。図16に示すよ
うに、変動パターンテーブルは、特図保留として取得される変動パターン決定乱数に対応
させて変動パターンが設定されたデータテーブルであり、変動パターンとして特別図柄の
変動時間が記憶されている。また、各変動パターンには該変動パターンの種類を識別する
ための変動パターン識別情報が付されている。

0068

変動パターンが選択されて特別図柄の変動表示が開始されると、該特別図柄は、その選
択された変動パターンに従って(変動時間が経過するまで)変動表示された後に停止表示
される。また、変動パターンが選択されると、その選択された変動パターンの変動パター
識別情報は、変動パターン指定コマンドとしてサブ制御基板220に向けて送信される
。サブ制御基板220のCPU221は、変動パターン指定コマンドを受信すると、その
コマンド(変動パターン識別情報)に対応する演出パターンを選択し、選択した演出パタ
ーンに基づき図柄変動演出を実行する。すなわち、所定の変動パターンに基づき図柄変動
遊技が行われる場合は、該変動パターンに対応する図柄変動演出が実行される。図16
a)に示す低確非開放外れ変動パターンテーブルは、低確非開放期間において大当り判定
の結果が外れである場合に選択される変動パターンテーブルであることから、該変動パタ
ーンテーブルに設定されている変動パターンに基づき図柄変動遊技が行われる場合は、低
確非開放期間での外れ図柄が停止表示される図柄変動遊技(以下「外れ変動遊技」ともい
う)に対応する図柄変動演出として「識別図柄27a,27b,27cが外れ態様で停止
表示される図柄変動演出」が実行される。また、図16(b)に示す低確非開放大当り変
パターンテーブルは、低確非開放期間において大当り判定の結果が大当りである場合に
選択される変動パターンテーブルであることから、該変動パターンテーブルに設定されて
いる変動パターンに基づき図柄変動遊技が行われる場合は、低確非開放期間での当り図柄
が停止表示される図柄変動遊技(以下「大当り変動遊技」ともいう)に対応する図柄変動
演出として「識別図柄27a,27b,27cが当り態様で停止表示される図柄変動演出
」が実行される。尚、変動パターンテーブルは、主制御基板200のROM202に予め
記憶されている。

0069

ここで、図16(a)に示す低確非開放外れ変動パターンテーブルには、「外れ用1回
変動パターン」と称される変動パターンHP10a〜HP12a、および、「外れ用2回
変動パターン」と称される変動パターンHP20a〜HP27aが設定されている。詳し
くは後述するが、「外れ用1回変動パターン」に基づき外れ変動遊技が行われると、この
外れ変動遊技に対応する図柄変動演出として、演出ボタンBTへの操作を遊技者に催促す
る演出(以下「催促演出」ともいう)が1回実行される図柄変動演出が行われる。また、
「外れ用2回変動パターン」に基づき外れ変動遊技が行われると、この外れ変動遊技に対
応する図柄変動演出として、2回の「催促演出」が実行される図柄変動演出が行われる。

0070

また、図16(b)に示す低確非開放大当り変動パターンテーブルには、「当り用1回
変動パターン」と称される変動パターンHP10b〜HP12b、および、「当り用2回
変動パターン」と称される変動パターンHP20b〜HP29bが設定されている。詳し
くは後述するが、「当り用1回変動パターン」に基づき大当り変動遊技が行われると、こ
の大当り変動遊技に対応する図柄変動演出として、1回の「催促演出」が実行される図柄
変動演出が行われる。また、「当り用2回変動パターン」に基づき大当り変動遊技が行わ
れると、この大当り変動遊技に対応する図柄変動演出として、2回の「催促演出」が実行
される図柄変動演出が行われる。

0071

図14に示す外れ変動パターン選択処理では(S3140)、外れ変動パターンテーブ
ルを選択するとともに、図13のS3102またはS3106で第1特図保留または第2
特図保留として読み出した変動パターン決定乱数に対応する外れ変動パターンを、選択し
た外れ変動パターンテーブルを参照して選択する。

0072

こうして、外れ変動パターン選択処理において外れ変動パターンを選択したら(S31
40)、停止表示させる図柄(停止図柄)として外れ図柄をRAM203の記憶領域(停
図柄記憶領域)に記憶する(S3142)。

0073

一方、今回の大当り判定の結果が大当りであると判断された場合には(S3124:y
es)、大当り図柄を選択するための処理(大当り図柄選択処理)を行う。この処理では
図13のS3102またはS3106で第1特図保留または第2特図保留として読み出
した判定乱数のうち大当り図柄決定乱数に対応する大当り図柄を、大当り図柄決定テーブ
ル(図示せず)を参照して選択(決定)する(S3126)。

0074

本実施例では、大当り図柄決定乱数として「0〜99」の100個の値が設定され、こ
の大当り図柄決定乱数の各値に対して大当り図柄が設定されている。つまり、100種類
(100個)の大当り図柄が設定されている。そして、大当り図柄決定テーブルには、「
大当り図柄乱数の値」と「大当り図柄」との対応関係が設定されており、第1特図に対応
するテーブルと第2特図に対応するテーブルとが主制御基板200のROM202に予め
記憶されている。S3126の処理では、このような大当り図柄決定テーブルを参照して
、S3102またはS3106で読み出した大当り図柄決定乱数に対応する大当り図柄を
選択する。こうして大当り図柄を選択したら(S3126)、その選択した大当り図柄を
停止図柄としてRAM203の記憶領域(停止図柄記憶領域)に記憶する(S3128)

0075

ここで、本実施例のパチンコ機1では、100種類(100個)の大当り図柄のうち5
0種類(50個)の大当り図柄が、大入賞口31dが開放状態となるラウンド遊技が4回
行われる大当り遊技(以下「4R大当り遊技」ともいう)に対応する「4R大当り図柄
となっており、残りの50種類(50個)の大当り図柄が、前述のラウンド遊技が15回
行われる大当り遊技(以下「15R大当り遊技」ともいう)に対応する「15R大当り
柄」となっている。本実施例のパチンコ機1では、1回のラウンド遊技で遊技者に払い出
される遊技球数はほぼ同じであることから、4R大当り遊技より15R大当り遊技の方が
遊技者にとって有利な大当り遊技である。

0076

図14のS3128の処理で停止図柄記憶領域に大当り図柄を記憶したら、大当り変動
パターンを選択する処理(大当り変動パターン選択処理)を行う(S3130)。大当り
変動パターン選択処理では、第1図柄表示装置28または第2図柄表示装置32で特別図
柄(第1特図または第2特図)の変動表示を開始してから停止表示させるまでの変動パタ
ーンのうち、大当り図柄で停止表示させる際の変動パターン(大当り変動パターン)を選
択する処理が行われる。具体的には、先ず、大当り変動パターンが設定された変動パター
ンテーブル(大当り変動パターンテーブル)のうち、遊技状態に対応する大当り変動パタ
ーンテーブルを選択する(たとえば、図16(b)に示す低確非開放大当り変動パターン
テーブル)。続いて、図13のS3102またはS3106で第1特図保留または第2特
図保留として読み出した変動パターン決定乱数を基に、選択した大当り変動パターンテー
ブルを参照して、読み出した変動パターン決定乱数に対応する大当り変動パターンを選択
する。

0077

こうして、停止表示する図柄を記憶するとともに変動パターンを選択したら、先に行わ
れた大当り判定が、第2特図保留に基づいて行われたものであるか否かを判断する(S3
152)。その結果、第2特図保留に基づいて行われたものであった場合は(S3152
:yes)、選択した変動パターンに従って、第2図柄表示装置32で特別図柄(第2特
図)の変動表示(図柄変動遊技)を開始した後(S3154)、第2特図保留数から「1
」を減算する(S3156)。一方、大当り判定が第2特図保留に基づいて行われたもの
ではなかった場合、すなわち第1特図保留に基づいて行われたものである場合は(S31
52:no)、選択した変動パターンに従って、第1図柄表示装置28で特別図柄(第1
特図)の変動表示(図柄変動遊技)を開始した後(S3158)、第1特図保留数から「
1」を減算する(S3160)。

0078

こうして第2特図保留数または第1特図保留数から「1」を減算したら(S3156ま
たはS3160)、今回、変動表示を開始した第1特図または第2特図の変動パターンの
種類を指定する(変動パターン識別情報を含む)変動パターン指定コマンドや、変動表示
を経て停止表示される特別図柄の停止図柄を指定する停止図柄指定コマンドを、変動開始
時コマンドとしてサブ制御基板220に向けて送信する(S3162)。

0079

ここで、サブ制御基板220に搭載されたCPU221は、上述の変動開始時コマンド
(停止図柄指定コマンド)を受信すると、図柄変動遊技の終了に伴って演出表示装置27
で識別図柄27a,27b,27cとして停止表示する図柄を決定する。すなわち、停止
図柄指定コマンドが指定する停止図柄が外れ図柄である場合は、数字が揃わない外れ態様
で(バラケ目で)識別図柄27a,27b,27cが停止表示するように図柄を決定する
。また、停止図柄指定コマンドが指定する停止図柄が大当り図柄である場合は、数字が揃
う当り態様で(ゾロ目で)識別図柄27a,27b,27cが停止表示するように図柄を
決定する。

0080

こうして変動開始時コマンド(変動パターン指定コマンドおよび停止図柄指定コマンド
)を、サブ制御基板220に向かって送信したら(S3162)、図13および図14
示した特図変動表示処理を終了して、図11および図12の特別図柄遊技処理に復帰する

0081

以上では、特別図柄遊技処理の実行に際して大当り遊技中ではなく(S302:no)
、第1特図および第2特図の何れも変動表示していない(S304:no)と判断された
場合の処理について説明した。これに対して、大当り遊技中ではないが(S302:no
)、第1特図または第2特図の何れかが変動表示中であると判断された場合は(S304
:yes)、既に、特別図柄(第1特図または第2特図)の変動パターンと停止図柄とが
決定されて、第1特図または第2特図の変動表示が開始されている場合に該当する。そこ
で、特別図柄の変動時間が経過したか否かを判断する(S312)。第1特図または第2
特図の変動時間は変動パターンに応じて予め定められているので、第1特図または第2特
図の変動を開始すると同時に所定のタイマ(変動時間計測タイマ)に変動時間を設定する
ことにより、所定の変動時間が経過したかを判断することができる(変動時間計測手段)
。その結果、未だ変動時間が経過していない場合は(S312:no)、そのまま特別図
柄遊技処理を終了して、図9に示す遊技制御処理に復帰する。

0082

これに対して、変動時間が経過したと判断された場合は(S312:yes)、変動表
示中の特別図柄を、予め設定しておいた図柄(図14のS3128、S3142)で停止
表示させることで確定表示を開始した後(S314)、変動表示中の特別図柄を停止表示
させたことを示すコマンド(図柄停止コマンド)をサブ制御基板220に向かって送信す
る(S316)。そして、確定表示時間を設定した後(S318)、設定した確定表示時
間が経過したか否かを判断する(S320)。その結果、確定表示時間が経過していない
場合は(S320:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して図9に示す遊技制御
理に復帰する。

0083

こうして第1特図あるいは第2特図が確定表示された状態で、図9の遊技制御処理に復
帰した後、再び図11および図12の特別図柄遊技処理が開始されると、第1特図および
第2特図が変動表示中ではないと判断され(S304:no)、続いて、特別図柄の確定
表示中であるか否かの判断では、確定表示中と判断されるので(S306:yes)、再
び確定表示時間が経過したか否かを判断する(S320)。このような判断を繰り返して
いるうちに確定表示時間が経過したと判断されると(S320:yes)、停止表示され
た特別図柄(第1特図あるいは第2特図)が「大当り図柄」であるか否かを判断する(図
12のS322)。その結果、停止表示された特別図柄が「大当り図柄」であった場合は
(S322:yes)、大当り遊技中の大入賞口31dの開放パターンを設定する(S3
24)。すなわち、大当り図柄として「4R大当り図柄」が停止表示された場合は4R大
当り遊技を実行することから、大入賞口31dの開放パターン(開放回数、開放時間、閉
鎖時間など)を4回のラウンド遊技に対応するパターンに設定し、「15R大当り図柄」
が停止表示された場合は15R大当り遊技を実行することから、大入賞口31dの開放パ
ターンを15回のラウンド遊技に対応するパターンに設定する。

0084

こうして、大入賞口31dの開放パターンを設定すると、大当り遊技を開始すべく、大
当りフラグをONに設定する(S326)。大当りフラグとは、大当り遊技が実行されて
いる(大当り遊技中である)ことを示すフラグであり、主制御基板200に搭載されたR
AM203の所定のアドレスが大当りフラグの記憶領域として確保されている。主制御基
板200のCPU201は、大当りフラグの設定状態に応じて、大当り遊技の実行中であ
るか否かを判断する。

0085

続いて、大当り遊技を開始するにあたって、遊技状態が高確率状態且つ開放延長状態に
設定された期間(以下「高確開放期間」ともいう)中であれば該期間を終了する処理を行
う。具体的には、高確フラグがONに設定されていれば(S328:yes)、高確フラ
グをOFFに設定し(S330)、変動短縮フラグがONに設定されていれば(S332
:yes)、変動短縮フラグとともに開放延長フラグもONに設定されているので、変動
短縮フラグおよび開放延長フラグをOFFに設定する(S334)。これらのフラグは、
大当り遊技終了時に遊技状態を設定する際に改めて設定される。尚、本実施例のパチンコ
機1では、高確率状態および開放延長状態は同時に設定される。

0086

こうして大当り遊技を開始するにあたってのフラグ設定処理を終了すると(S326〜
S334)、大当り遊技を開始することを示すコマンド(大当り遊技開始コマンド)をサ
ブ制御基板220に向けて送信する(S340)。サブ制御基板220のCPU221は
、大当り遊技開始コマンドを受信すると、大当り遊技に対応する演出を実行する。大当り
遊技開始コマンドを送信したら(S340)、図11および図12に示す特別図柄遊技処
理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。

0087

以上は、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示された特別図
柄(すなわち第1特図あるいは第2特図)が大当り図柄であった場合(S322:yes
)の処理について説明した。これに対して、停止表示された特別図柄が大当り図柄でなか
った場合、すなわち外れ図柄であった場合は(S322:no)、高確開放期間の進行に
関する処理を行う。

0088

詳しくは後述するが、本実施例のパチンコ機1では、大当り遊技の終了に続いて高確開
放期間が開始され、この高確開放期間が開始されてからの図柄変動遊技の実行回数が大当
りを生ずることなく所定回数(80回)に達すると、高確開放期間が終了するように構成
されている。つまり、高確開放期間の開始後、外れ図柄が停止表示される図柄変動遊技(
外れ変動遊技)が連続して80回行われると、高確開放期間が終了する。そこで、高確開
放期間の進行に関する処理では、先ず、高確フラグがONに設定されているか否か、すな
わち、遊技状態が高確率状態に設定されているか否かを判断する(S342)。その結果
、高確率状態である場合は(S342:yes)、高確カウンタの値から「1」を減算す
る(S344)。高確カウンタは、高確率状態を終了するまでの残りの図柄変動遊技回数
が設定されているカウンタであって、1回の外れ変動遊技が終了する毎に「1」減算され
る。S344の処理により「1」減算した後の高確カウンタの値が「0」、すなわち、高
確率状態での残りの図柄変動遊技回数が「0回」になったら(S346:yes)、高確
率状態を終了すべく、高確フラグをOFFに設定する(S348)。尚、高確フラグがO
FFに設定されている場合は(S342:no)S344〜S348の処理を省略し、高
確フラグがONに設定されているものの高確カウンタの値が「0」でない場合は(S34
6:no)、S348の処理を省略する。

0089

次に、変動短縮フラグがONに設定されているか否か、すなわち、遊技状態が開放延長
状態に設定されているか否かを判断する(S350)。その結果、開放延長状態である場
合は(S350:yes)、変動短縮カウンタの値から「1」を減算する(S352)。
変動短縮カウンタは、開放延長状態を終了するまでの残りの図柄変動遊技回数が設定され
ているカウンタであって、1回の外れ変動遊技が終了する毎に「1」減算される。S35
2の処理により「1」減算した後の変動短縮カウンタの値が「0」、すなわち、高確率状
態での残りの図柄変動遊技回数が「0回」になったら(S354:yes)、開放延長状
態を終了すべく、変動短縮フラグおよび開放延長フラグをOFFに設定する(S356)
。尚、変動短縮フラグがOFFに設定されている場合は(S350:no)、S352〜
S356の処理を省略し、変動短縮フラグがONに設定されており変動短縮カウンタの値
が「0」でない場合は(S354:no)、S356の処理を省略する。

0090

こうして高確開放期間の進行に関する処理を行ったら、遊技状態の設定状況を示す遊技
状態指定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S366)。その後、図11
および図12に示す特別図柄遊技処理を終了して、図9に示す遊技制御処理に復帰する。
尚、高確カウンタおよび変動短縮カウンタは、主制御基板200のRAM203の所定ア
ドレスに各記憶領域が確保されている。また、上述したように、本実施例のパチンコ機1
では、高確率状態および開放延長状態は同時期に開始して終了するので、これらに対応す
るフラグおよびカウンタのうち何れかを、共通して利用するようにしてもよい。

0091

図9に示すように、遊技制御処理では、特別図柄遊技処理から復帰すると、大当りフラ
グがONに設定されているか否かを判断する(S350)。前述したように大当りフラグ
は、遊技状態が大当り遊技であることを表すフラグである。そこで、主制御基板200の
CPU201は、大当りフラグがONに設定されている場合は(S350:yes)、以
下に説明する大当り遊技処理を開始する(S400)。

0092

C−4.大当り遊技処理:
図17は、大当り遊技処理を示すフローチャートである。この大当り遊技処理が実行さ
れることによって、大当り遊技が行われる。以下、図17を参照しながら大当り遊技処理
について説明する。

0093

主制御基板200のCPU201は、大当り遊技処理(S400)を開始すると、大入
賞口31dが開放状態(開放中)であるか否かを判断する(S402)。大入賞口31d
は、大当り遊技が開始されない限りは閉鎖されており、大当り遊技の開始直後は、大入賞
口31dは閉鎖している。そこで、大入賞口31dは開放中ではないと判断して(S40
2:no)、ラウンド遊技の回数(以下「ラウンド回数」ともいう)が所定回数に達した
か否かを判断する(S404)。前述したように大当り遊技中には、大入賞口31dが開
放して、所定回数(4回または15回)のラウンド遊技が繰り返されることになっている
。このことに対応して、大入賞口31dが閉鎖されている場合は(S402:no)、大
入賞口31dのラウンド回数が所定回数(図12のS324で設定された開放パターンの
うちの開放回数(4回または15回))に達したか否かを判断する(S404)。

0094

当然のことながら、大当り遊技が開始された直後は、ラウンド回数は所定回数に達して
いないので(S404:no)、大入賞口31dの閉鎖時間が経過したか否かを判断する
(S406)。大入賞口31dの閉鎖時間とは、ラウンド遊技とラウンド遊技との間で大
入賞口31dが閉鎖状態となっている時間である。本実施例では、大入賞口31dの閉鎖
時間は、1秒間に設定されている。大当り遊技が開始された直後は、大入賞口31dが閉
鎖されてから、当然、大入賞口31dの閉鎖時間が経過していると判断され(S406:
yes)、大入賞口31dを開放させて新たなラウンド遊技を開始する(S408)。そ
して、ラウンド遊技の開始を示すコマンド(ラウンド開始コマンド)をサブ制御基板22
0に向けて送信した後(S410)、図18に示す大当り遊技処理を一旦終了して、図9
に示す遊技制御処理に復帰する。

0095

主制御基板200のCPU201は遊技制御処理に復帰すると、図9に示したように、
賞球関連処理(S50)以降の一連の各種処理を行った後、再び大当り遊技処理(S40
0)を開始する。本実施例では、主制御基板200のCPU201が図9に示す遊技制御
処理(S50〜S400)を実行するのに要する時間が「4msec」となっているので
図17に示した大当り遊技処理も4msec毎に実行されることになる。そして、大当
り遊技が開始されて、図17の大当り遊技処理が初めて実行された場合には、前述したよ
うにS408において大入賞口31dを開放させて、そのまま処理を終了するが、その4
msec後に2周目の処理を行う場合には、S402にて、大入賞口31dが開放中(S
402:yes)と判断されることになる。

0096

続いて、大入賞口31dの開放時間が所定の開放時間(図12のS326で設定された
開放パターンのうちの開放時間(例えば30秒)に達したか否かを判断する(S412)
。前述したように、大当り遊技では、大入賞口31dの開放パターンに基づき設定された
開放時間が経過するか、その開放時間の経過前に大入賞口31dに規定数(例えば10個
)の遊技球が入球すると、開放状態になる大入賞口31dは閉鎖される。このことに対応
して、S412では大入賞口31dが開放してから所定の開放時間が経過したか否かを判
断する。そして、開放時間が経過していれば(S412:yes)、大入賞口31dを閉
鎖した後(S416)、図17に示す大当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に
復帰する。一方、所定の開放時間が経過していない場合は(S412:no)、大入賞口
31dに入球した遊技球が規定数に達しているか否かを判断する(S414)。そして、
遊技球が規定数に達した場合は(S414:yes)、大入賞口31dを閉鎖する(S4
16)。これに対して、規定数に達していない場合は(S414:no)、大入賞口31
dが開放してから未だ所定の開放時間が経過しておらず、大入賞口31dに入球した遊技
球も規定数に達していないことになるので、大入賞口31dを開放させたまま、図17
示す大当り遊技処理を終了して、図9の遊技制御処理に復帰する。

0097

図9の遊技制御処理を繰り返し実行しているうちに、大入賞口31dが開放してから所
定の開放時間が経過するか(S412:yes)、大入賞口31dに規定数の遊技球が入
球すると(S414:yes)、大入賞口31dを閉鎖する(S416)。

0098

こうして、1回のラウンド遊技が終了する。そして、次のタイマ割り込みの発生による
遊技制御処理で大当り遊技処理が実行されるときには、S402において大入賞口31d
が閉鎖中と判断されるとともに(S402:no)、所定回数のラウンド遊技が終了した
か否かが判断される(S404)。S404の判断処理の結果、全てのラウンド遊技が終
了していなければ(S404:no)、大入賞口の閉鎖時間が所定時間に達したことを確
認した後(S406:yes)、再び大入賞口31dを開放状態として新たなラウンド遊
技を開始し(S408)、ラウンド開始コマンドをサブ制御基板220に向かって送信す
る(S410)。一方、S404において、所定回数のラウンド遊技が終了したと判断さ
れた場合は(S404:yes)、大当り遊技を終了させるべく大当りフラグをOFFに
設定して(S418)、大当り遊技の終了を示すコマンド(大当り遊技終了コマンド)を
サブ制御基板220に向けて送信した後(S420)、大当り終了時処理を開始する(S
450)。

0099

図18は、本実施例の大当り終了時処理を示すフローチャートである。主制御基板20
0のCPU201は、大当り終了時処理を開始すると、大当り遊技の終了に伴って高確開
放期間を開始するための処理を行う。この処理では先ず、遊技状態を高確率状態に設定す
べく高確フラグをONに設定するとともに(S500)、該高確率状態を大当りが発生す
ることなく最大で80回の図柄変動遊技が繰り返し実行されるまで継続すべく高確カウ
タの値に「80」を設定する(S502)。次に、遊技状態を開放延長状態に設定すべく
変動短縮フラグおよび開放延長フラグをONに設定するとともに(S504、S506)
、該開放延長状態を大当りが発生することなく最大で80回の図柄変動遊技が繰り返し実
行されるまで継続すべく変動短縮カウンタの値に「80」を設定する(S508)。尚、
大当り遊技終了後の高確開放期間にて、図柄変動遊技の実行回数が80回に到達する前、
すなわち「高確カウンタ」「変動短縮カウンタ」の値がそれぞれ「0」になる前に大当り
が発生した場合には、その大当りに係る大当り遊技の終了後に改めて各カウンタに「80
」が設定される。

0100

以上のように、大当り遊技の終了に伴って高確開放期間を開始するために各種フラグお
よびカウンタを設定したら、その設定状況を示す遊技状態指定コマンドをサブ制御基板2
20に向けて送信する(S514)。この後、図18に示す大当り遊技終了時処理を終了
するとともに図17に示す大当り遊技処理を終了して、図9に示す遊技制御処理に復帰す
る。

0101

尚、主制御基板200のCPU201は、第1始動口17aまたは第2始動口17bへ
の遊技球の入球に基づき、大当り図柄を停止表示して大当り遊技を開始するか否かの大当
り判定を行う(所定の遊技利益を付与するかを決定する)。したがって、主制御基板20
0のCPU201は、本発明における「決定手段」に対応している。

0102

D.図柄変動演出処理 :
次に、図柄変動遊技に連動して図柄変動演出を実行する演出制御処理について説明する
。図柄変動演出は、各種LED・ランプ4b〜4d、スピーカー5y、演出表示装置27
等の演出装置を利用して行われる。具体的には、サブ制御基板220のCPU221が、
遊技の進行に対応させて装飾駆動基板226を介して各種LED・ランプ4b〜4dに駆
動信号を送信することによって、各種LED・ランプ4b〜4dを図柄変動演出に対応す
発光パターン発光させる。また、サブ制御基板220のCPU221が、遊技の進行
に対応させて、画像音声制御基板230に向けてコマンド(演出コマンド)を送信する。
画像音声制御基板230のCPU231は、サブ制御基板220からの演出コマンドを受
信すると、その演出コマンドに対応する画像データの種類や、画像データの表示位置、画
像データの拡大縮小率等(描画リスト)を決定して、その決定した描画リストをVDP2
34に対して送信する。VDP234は描画リストを受信すると、受信した描画リストに
基づいて画像ROM235から画像データを読み出し、その読み出した画像データを描画
リストに基づく位置や表示方法で演出表示装置27に出力する。また、画像音声制御基板
230のCPU221は、サブ制御基板220からの演出コマンドを受信すると、その演
出コマンドに対応する音声データ(楽曲データ等)を決定して、その決定した音声データ
を音声ROM236から読み出す。そして、読み出した音声データに基づく音声(楽曲等
)を、アンプ基板224を介してスピーカー5yから出力する。

0103

このように、本実施例の画像音声制御基板230は、サブ制御基板220から図柄変動
演出に対応するコマンド(演出コマンド)を受信した後、サブ制御基板220とは独立し
て、演出コマンドに対応する画像および音声の出力を実行することが可能である。以上の
ように、本実施例では、「サブ制御基板220のCPU221」が主体となって「装飾駆
動基板226」や「画像音声制御基板230のCPU231,VDP234」と協働して
図柄変動演出を行うものとなっている。以下では、図柄変動演出の実行主体である「サブ
制御基板220のCPU221」を基準に図柄変動演出を実行するための処理について説
明する。

0104

図19は、本実施例の図柄変動演出処理を示すフローチャートである。図柄変動演出処
理は、サブ制御基板220のCPU221における4msec毎のタイマ割り込み処理と
して実行される。図柄変動演出処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は
、変動開始時コマンドを受信しているか否かを判断する(S5000)。図14を用いて
前述したように、変動開始時コマンドは、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装
置32で特別図柄の変動表示が開始される際に主制御基板200からサブ制御基板220
に向けて送信されるもので、特別図柄の変動パターンや停止図柄を指定するコマンド(変
パターン指定コマンド、停止図柄指定コマンド)である。

0105

変動開始時コマンドを受信している場合は(S5000:yes)、図柄変動演出の演
出パターンを決定する処理を行う(S5002)。ここで、サブ制御基板220のROM
222には演出パターンテーブルが記憶されている。演出パターンテーブルでは、演出表
示装置27の画面上で3つの識別図柄27a,27b,27cの変動表示を開始した後、
識別図柄27a,27b,27cを所定の停止図柄で停止表示させるまでの態様を示す演
出パターンが、特別図柄の変動パターンに対応付けて記憶されている。

0106

図20は、本実施例の演出パターンテーブルの一部を概念的に示した説明図である。図
20の左側には、変動パターン指定コマンドによって指定される特別図柄の変動パターン
が示されている。また、図20の右側には、各変動パターンに対応する演出パターンが示
されている。サブ制御基板220のCPU221は、変動開始時コマンドとして変動パタ
ーン指定コマンドを受信すると、図19のS5002の処理で、変動パターン指定コマン
ドが指定する変動パターンに対応した演出パターンを、演出パターンテーブルから選択す
る。演出パターンとしては、図柄変動演出に使用する画像データの種類やその出力態様
図柄変動演出に使用する音声データの種類やその出力態様、図柄変動演出における各種L
ED・ランプ4b〜4dの発光パターン等が記憶されている。尚、当然ながら、図16
用いて前述した「外れ用1回変動パターン」と称される変動パターンHP10a〜HP1
2a、「外れ用2回変動パターン」と称される変動パターンHP20a〜HP27a、「
当り用1回変動パターン」と称される変動パターンHP10b〜HP12b、「当り用2
回変動パターン」と称される変動パターンHP20b〜HP29bのそれぞれに対応する
演出パターンも、演出パターンテーブルに設定されている。

0107

図柄変動演出の演出パターンを決定したら(S5002)、この図柄変動演出において
、演出表示装置27の画面上で停止表示させる識別図柄27a,27b,27cを決定す
る(S5004)。具体的には、停止図柄指定コマンドが指定する停止図柄(特別図柄)
が外れ図柄である場合は、識別図柄27a,27b,27cの数字が揃わずに(バラケ目
で)停止表示するように図柄を決定する。なかでも、S5002の処理で決定された演出
パターンがリーチ演出のパターンである場合は、左識別図柄27aおよび右識別図柄27
cが同じ数字になり、中識別図柄27bが他の数字になるように、図柄を決定する。また
、停止図柄指定コマンドが指定する停止図柄(特別図柄)が大当り図柄である場合は、識
別図柄27a,27b,27cの数字が揃って(ゾロ目で)停止表示するように図柄を決
定する。

0108

こうして、図柄変動演出の演出パターンを決定し(S5002)、この図柄変動演出の
結果として停止表示させる識別図柄27a,27b,27cを決定したら(S5004)
、演出表示装置27の画面上で識別図柄27a,27b,27cの変動表示を開始するこ
とによって、図柄変動演出を開始する(S5006)。尚、変動開始時コマンドを受信し
ていない場合は(S5000:no)、S5002〜S5006の処理は省略する。

0109

以上のようにして、図柄変動演出を開始したら(S5006)、催促演出関連処理を実
行する(S5008)。詳しくは後述するが、催促演出関連処理では、演出ボタンBTへ
の操作を遊技者に催促する「催促演出」を行う図柄変動演出の実行中である場合に「催促
演出」に関連する処理を実行する。催促演出関連処理を行ったら(S5008)、主制御
基板200からの図柄停止コマンドを受信しているか否かを判断する(S5010)。図
11を用いて前述したように、図柄停止コマンドは、第1図柄表示装置28あるいは第2
図柄表示装置32で特別図柄を停止表示して確定表示を開始する際に、主制御基板200
からサブ制御基板220に向けて送信されるコマンドである。図柄停止コマンドを受信し
ていないと判断した場合は(S5010:no)、そのまま図19に示す図柄変動演出処
理を終了する。これに対して、図柄停止コマンドを受信していると判断した場合は(S5
010:yes)、演出表示装置27の識別図柄27a,27b,27cを、S5004
の処理で決定した図柄で停止表示させる(S5012)。ここで、識別図柄27a、27
b、27cが特別図柄とともに停止表示された後は、該特別図柄の確定表示時間が経過す
るまでは次回の図柄変動遊技が開始されないので、次回の図柄変動演出も開始されない。
そして、通常は、識別図柄27a、27b、27cが停止表示されている状態において新
たな演出が開始されなければ、識別図柄27a、27b、27cは停止表示されたままの
状態となる。つまり、停止表示された識別図柄27a、27b、27cは、特別図柄の確
定表示時間が経過するまで停止表示された状態となる。

0110

図21および図22は、本実施例の催促演出関連処理を示すフローチャートである。図
19を用いて前述したように、催促演出関連処理は図柄変動演出の中で行われる処理であ
る(図19のS5008)。催促演出関連処理を開始すると、サブ制御基板220のCP
U221は、「特別変動演出」の実行中であるか否かを判断する。「特別変動演出」とは
、「演出ボタンに対する遊技者操作を要する特別な図柄変動演出」であり、図16を用い
て前述した「外れ用1回変動パターン」、「外れ用2回変動パターン」、「当り用1回変
動パターン」、「当り用2回変動パターン」に基づく図柄変動演出である。以下、「特別
変動演出」について説明する。

0111

図23は、本実施例の「特別変動演出」を説明するための説明図である。図23には、
図16を用いて前述した外れ用1回変動パターン(変動パターンHP10a〜HP12a
)、外れ用2回変動パターン(変動パターンHP20a〜HP27a)、当り用1回変動
パターン(変動パターンHP10b〜HP12b)、当り用2回変動パターン(変動パタ
ーンHP20b〜HP29b)が、図柄変動演出における催促演出の実行パターン(以下
「催促演出実行パターン」ともいう)毎に分類して示されている。すなわち、本実施例の
パチンコ機1では、「青」ボタンを表示する態様、「緑」ボタンを表示する態様、「ピン
ク」ボタンを表示する態様で各「催促演出」を実行するところ、催促演出の実行回数(1
回または2回)、および、各回(1回目、2回目)の催促演出の態様(表示するボタンの
色)毎に分類して示されている。また、図23には、各変動パターンに対応する演出パタ
ーンが示されている。もちろん、この演出パターンに基づき図柄変動演出が実行されるこ
とで「催促演出」が実行される。さらに、各変動パターンに対応させて、各変動パターン
に基づく図柄変動遊技の結果(大当りまたは外れ)、および、その結果となる場合におけ
る各変動パターンが選択される確率(各変動パターンに対応する演出パターンに基づく図
柄変動演出が実行される確率、以下「実行確率」ともいう)が示されている。

0112

例えば、図23の最上段に示す、「青」ボタンを表示する催促演出を1回だけ行う催促
演出実行パターンの図柄変動演出は、大当り判定の結果が外れの場合(以下「外れ時」と
もいう)に10%の確率で実行され、大当り判定の結果が大当りの場合(以下「大当り時
」ともいう)に1%の確率で実行される。また、図23中段に示す、1回目の催促演出
で「青」ボタンを表示し2回目の催促演出で「ピンク」ボタンを表示する催促演出実行パ
ターンの図柄変動演出は、外れ時に2%の確率で実行され、大当り時に5%の確率で実行
される。さらに、図23最下段に示す、1回目の催促演出で「ピンク」ボタンを表示し
2回目の催促演出でも「ピンク」ボタンを表示する催促演出実行パターンの図柄変動演出
は、外れ時に0%の確率で実行され(外れ時は実行されず)、大当り時に10%の確率で
実行される。

0113

所定の催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行された場合における大当りが発生す
る確率(以下「大当り期待度」ともいう)は、「外れ時の実行確率」に対する「大当り時
の実行確率」の比率が大きいほど高くなる。したがって、「青」ボタンを表示する催促演
出を1回だけ行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実
行確率1%/外れ時の実行確率10%)よりも、「緑」ボタンを表示する催促演出を1回
だけ行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率3
%/外れ時の実行確率7%)のほうが大当り期待度は高い。また、「緑」ボタンを表示す
る催促演出を1回だけ行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当
り時の実行確率3%/外れ時の実行確率7%)よりも、「ピンク」ボタンを表示する催促
演出を1回だけ行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の
実行確率5%/外れ時の実行確率2%)のほうが大当り期待度は高い。

0114

また、「青」ボタンを表示する催促演出を1回目および2回目に行う催促演出実行パタ
ーンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率2%/外れ時の実行確率7%
)よりも、「緑」ボタンを表示する催促演出を1回目および2回目に行う催促演出実行パ
ターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率5%/外れ時の実行確率2
%)のほうが大当り期待度は高く、「緑」ボタンを表示する催促演出を1回目および2回
目に行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率5
%/外れ時の実行確率2%)よりも、「ピンク」ボタンを表示する催促演出を1回目およ
び2回目に行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行
確率10%/外れ時の実行確率0%)のほうが大当り期待度は高い。同様に、1回目と2
回目の催促演出において表示されるボタンの色が互いに異なる場合であっても、青ボタン
より緑ボタン、緑ボタンよりピンクボタンが表示される場合のほうが、大当り期待度が高
くなるように設定さている。これらの結果、「青」ボタンを表示する催促演出が実行され
ることより、「緑」ボタンを表示する催促演出が実行されること、および、「緑」ボタン
を表示する催促演出が実行されることより、「ピンク」ボタンを表示する催促演出が実行
されることに遊技者を期待させることが可能となる。

0115

また、「青」ボタンを表示する催促演出を1回だけ行う催促演出実行パターンの図柄変
動演出が実行される場合(大当り時の実行確率1%/外れ時の実行確率10%)よりも、
「青」ボタンを表示する催促演出を1回目および2回目に行う催促演出実行パターンの図
柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率2%/外れ時の実行確率7%)のほう
が大当り期待度は高い。また、「緑」ボタンを表示する催促演出を1回だけ行う催促演出
実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率3%/外れ時の実行
確率7%)よりも、「緑」ボタンを表示する催促演出を1回目および2回目に行う催促演
出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実行確率5%/外れ時の実
行確率2%)のほうが大当り期待度は高い。さらに、「ピンク」ボタンを表示する催促演
出を1回だけ行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り時の実
行確率5%/外れ時の実行確率2%)よりも、「ピンク」ボタンを表示する催促演出を1
回目および2回目に行う催促演出実行パターンの図柄変動演出が実行される場合(大当り
時の実行確率10%/外れ時の実行確率0%)のほうが大当り期待度は高い。すなわち、
表示するボタンの色が同一であれば、1回の催促演出が実行される場合よりも2回の催促
演出が実行される場合の方が大当り期待度は高い。この結果、1回の催促演出が実行され
ることより、2回の催促演出が実行されることに遊技者を期待させることが可能となる。
尚、「ピンク」ボタンを1回目および2回目に表示する催促演出実行パターンで行われる
催促演出(図柄変動演出)は、外れ時には実行されないので(外れ時の実行確率が0%な
ので)、該催促演出が実行された場合は確実に大当りが発生する。したがって、このよう
な催促演出実行パターンで行われる催促演出(図柄変動演出)はいわゆるプレミア演出
一種(第1特別演出)と捉えることができる。

0116

図21のS6000の判断処理では、上述したような「特別変動演出」の実行中である
か否かを判断する。その結果、特別変動演出の実行中でない場合は(S6000:no)
、そのまま図21及び図22示す催促演出関連処理を終了して、図19に示す図柄変動演
出処理に復帰する。これに対して、特別変動演出の実行中である場合は(S6000:y
es)、「事前演出」を実行するタイミングであるか否かを判断する(S6002)。本
実施例のパチンコ機1では、特別変動演出において、催促演出を行う前に「事前演出」を
行う。図柄変動演出において行われる「事前演出」は、該図柄変動演出において行われる
催促演出の実行パターン(催促演出実行パターン)を事前に示す演出である。S6002
の判断処理で、事前演出を実行するタイミングであると判断されると(S6002:ye
s)、実行中の演出パターンに基づき催促演出実行パターンを特定して、特定した催促演
出実行パターンを示す事前演出を実行する(S6004)。尚、当然ながら、事前演出を
実行するタイミングは、1回目の催促演出を実行するタイミングより前に設定されている

0117

図24は、本実施例の「特別変動演出」が行われる様子を例示する説明図である。図2
4に示すように、特別変動演出を開始すると(図24の(a))、事前演出を実行するタ
イミングで事前演出を実行する(図24の(b))。図24(b)に示す例では、1回目
の催促演出で「ピンク」ボタンを表示し2回目の催促演出で「青」ボタンを表示する催促
演出実行パターンの図柄変動演出を実行中であることから、その催促演出実行パターンを
示す事前演出27pが実行されている。また、図24(b)に示すように、事前演出27
pに併せて、大当り期待度を擬似的に示すための画像(以下「大当り期待度ゲージ」とも
いう)27gが表示される。尚、1回の催促演出を行う図柄変動演出中である場合は、1
回の催促演出を行うこと、および、該催促演出で表示されるボタンの色を示す事前演出を
実行する。また、図21のS6002の判断処理で、事前演出を実行するタイミングでな
いと判断された場合は(S6002:no)、事前演出を実行する処理(S6004)は
省略する。

0118

続いて、1回目の催促演出の実行タイミングであるか否かを判断する(S6006)。
その結果、1回目の催促演出の実行タイミングである場合は(S6006:yes)、実
行中の演出パターンに基づき、1回目の催促演出を実行する(S6008)。図24(c
)に示す例では、「ピンク」ボタンと「1回目PUSH!」の文字を表示する1回目の催
促演出27fが実行されている。尚、当然ながら、1回目の催促演出の実行タイミングで
なければ(S6006:no)、1回目の催促演出は実行しない(S6008の処理は省
略する)。

0119

続いて、1回目の催促演出の実行中であるか否かを判断する(S6010)。そして、
1回目の催促演出の実行中であれば(S6010:yes)、演出ボタンBTが操作され
たか否かを判断する(S6012)。すなわち、1回目の催促演出に対応する操作が行わ
れたか否かを判断する。1回目の催促演出に対応する操作が行われた場合は(S6012
:yes)、実行中の演出パターンに基づき、該操作に対応する演出(以下「1回目対応
演出」ともいう)を実行する(S6014)。図24(d)に示す例では、大当り期待度
ゲージ27gにおける大当り期待度が高まる1回目対応演出(大当りが発生する可能性を
示唆する演出)が実行されている。

0120

ここで、催促演出に対応する操作が行われた結果の演出(「1回目対応演出」または後
述の「2回目対応演出」、以下まとめて「対応演出」ともいう)について説明する。図2
5(a)は、本実施例の大当り期待度ゲージ27gを概念的に示す説明図である。図25
(a)に示すように、本実施例の大当り期待度ゲージ27gは、10個の目盛りに区切ら
れており、「外」側から「当り」側に向けて棒状の画像(以下「進捗度」ともいう)が増
加していくほど大当り期待度が高まることを示すゲージである。

0121

図25(b)は、本実施例の催促演出で表示されるボタンの色に対応する進捗度の増加
度合を示す説明図である。図25(b)に示すように、本実施例の進捗度は、催促演出で
表示されるボタンの色が「青」の場合は、外れ時に80%の確率で1目盛り分伸び、20
%の確率で3目盛り分増加する。また、大当り時に20%の確率で1目盛り分増加し、8
0%の確率で3目盛り分増加する。また、本実施例の進捗度は、催促演出で表示されるボ
タンの色が「緑」の場合は、外れ時に80%の確率で2目盛り分増加し、20%の確率で
4目盛り分増加する。また、大当り時に20%の確率で2目盛り分増加し、80%の確率
で4目盛り分増加する。さらに、本実施例の進捗度は、催促演出で表示されるボタンの色
が「ピンク」の場合は、外れ時に80%の確率で3目盛り分増加し、20%の確率で5目
盛り分増加する。また、大当り時に20%の確率で3目盛り分増加し、80%の確率で5
目盛り分増加する。

0122

したがって、1回目対応演出を実行するにあたっては(図21に示すS6014の処理
では)、1回目催促演出で表示されているボタンの色を判定して、判定したボタンの色に
対応する確率で進捗度の増加分を決定し(図25(b)参照)、決定した増加分だけ進捗
度を増加させる演出を実行する。このように、本実施例のパチンコ機1では、外れ時より
大当り時のほうが、対応演出における進捗度が増加し易いように設定されている。換言す
ると、対応演出は、大当りが発生する可能性を示唆する演出である。また、青ボタンより
緑ボタン、緑ボタンよりピンクボタンが催促演出で表示される場合のほうが、対応演出に
おける進捗度が増加し易いように設定されている。換言すると、催促演出は、該催促演出
に対応する対応演出の内容を示唆する態様で実行される。

0123

図21に示す催促演出関連処理の説明に戻り、S6012の判断処理で、1回目の催促
演出に対応する操作が行われていない場合は(S6012:no)、該操作の待機が許容
される時間(以下「1回目限度時間」ともいう)が経過したか否かを判断する(S601
6)。そして、1回目限度時間が経過した場合は(S6016:yes)、1回目対応演
出を実行する(S6014)。すなわち、催促演出および対応演出は、1回の図柄変動演
出の中で行われることから、催促演出に対応する操作をいつまでも待機することは不可能
である。そこで、1回目の催促演出を行った後に1回目限度時間が経過したら、1回目の
催促演出に対応する操作が行われていなくても、1回目対応演出を実行する。尚、1回目
限度時間が経過していない場合は(S6016:no)、そのまま図21および図22
示す催促演出関連処理を終了して、図19に示す図柄変動演出処理に復帰する。

0124

こうして、1回目対応演出を実行したら(S6014)、事前演出を変更するか否かが
判断される(S6018)。本実施例のパチンコ機1では、催促演出実行パターンを示す
事前演出を実行した後に、その事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動
演出を実行する場合がある。S6018の判断処理では、このような事前演出が示す催促
演出実行パターンを変更する図柄変動演出の実行中か否かが判断される。その結果、事前
演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動演出の実行中であれば(S6018
:yes)、事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する演出を実行する(S602
0)。この「事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する演出」については後に詳し
く説明する。一方、事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動演出の実行
中でない場合は(S6018:no)、S6020の処理を省略する。尚、1回目の催促
演出の実行中でない場合(S6010:no)は、S6012〜S6020の処理を省略
する。

0125

続いて、2回目の催促演出の実行タイミングであるか否かを判断する(図22のS60
22)。そして、2回目の催促演出の実行タイミングである場合は(S6022:yes
)、実行中の演出パターンに基づき、2回目の催促演出を実行する(S6024)。図2
4(e)に示す例では、「青」ボタンと「2回目PUSH!」の文字を表示する2回目の
催促演出27sが実行されている。尚、2回目の催促演出の実行タイミングでなければ(
S6022:no)、2回目の催促演出は実行しない(S6024の処理は省略する)。
また、催促演出を1回しか実行しない図柄変動演出(外れ用1回変動パターンまたは当り
用1回変動パターンに対応する演出パターンに基づく図柄変動演出)の実行中である場合
も、2回目の催促演出は実行しない。

0126

続いて、2回目の催促演出の実行中であるか否かを判断する(S6026)。そして、
2回目の催促演出の実行中である場合は(S6026:yes)、演出ボタンBTが操作
されたか否かを判断する(S6028)。すなわち、2回目の催促演出に対応する操作が
行われたか否かを判断する。その結果、2回目の催促演出に対応する操作が行われた場合
は、実行中の演出パターンに基づき、該操作に対応する演出(以下「2回目対応演出」と
もいう)を実行する。図24(f)に示す例では、大当り期待度ゲージ27gにおける進
捗度がさらに増加する2回目対応演出(大当りが発生する可能性を示唆する演出)が実行
されている。すなわち、2回目対応演出における進捗度の増加分は、1回目対応演出と同
様に決定するが、決定した増加分を1回目対応演出の結果の進捗度に追加する演出を実行
する。

0127

一方、2回目の催促演出に対応する操作が行われていない場合は(S6028:no)
、該操作の待機が許容される時間(以下「2回目限度時間」ともいう)が経過したか否か
を判断する(S6032)。そして、2回目限度時間が経過した場合は(S6032:y
es)、2回目対応演出を実行した後(S6030)、図21および図22に示す催促演
出関連処理を終了して、図19に示す図柄変動演出処理に復帰する。尚、2回目限度時間
が経過していない場合は(S6032:no)、そのまま図21および図22に示す催促
演出関連処理を終了して、図19に示す図柄変動演出処理に復帰する。また、2回目の催
促演出の実行中でなければ(S6026:no)、S6028〜S6032の処理は省略
する。また、催促演出を1回しか実行しない図柄変動演出の実行中である場合も、S60
28〜S6032の処理は省略する。

0128

尚、事前演出を実行するタイミング、1回目の催促演出を実行するタイミング、1回目
限度時間、2回目の催促演出を実行するタイミング、2回目限度時間は、演出パターン毎
に設定してもよいし、複数の演出パターンに対して一律で設定してもよい。また、1回目
対応演出および2回目対応演出で増加する進捗度は、外れ時より大当り時のほうが増加し
易く、且つ、青ボタンより緑ボタン、緑ボタンよりピンクボタンが催促演出で表示される
場合のほうが増加し易く設定されていればよい。また、1回目対応演出および2回目対応
演出で増加する進捗度は、変動パターンおよび演出パターン毎に予め設定されている構成
であってもよい。また、1回目催促演出および2回目催促演出に対応する操作としては、
演出ボタンBTに対する1回だけの操作(いわゆる1回押し)や、演出ボタンBTに対す
る複数回の操作(いわゆる連打)、演出ボタンBTを所定の状態で維持させる操作(いわ
ゆる長押し)などが採用できる。もちろん、1回目催促演出および2回目催促演出に対応
する操作は、複数回の催促演出間で共通(例えば、1回押しと1回押し)であってもよい
し、異なるもの(例えば、1回押しと連打)であってもよい。

0129

次に、「事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する演出」について説明する。「
事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する演出」は、図21に示す催促演出関連処
理の中で、事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動演出の実行中である
と判断された場合に(S6018:yes)、行われる演出である(S6020)。

0130

本実施例では、事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動演出としては
図23に示すように、変動パターンHP28bに対応する演出パターンEP28bに基
づく図柄変動演出が設定されている。具体的には、この図柄変動演出が行われると、「1
回目の催促演出でピンクボタンを表示し、2回目の催促演出で青ボタンを表示する催促演
出実行パターン」を示す事前演出を一旦実行した後に(図21のS6004)、その事前
演出が示す催促演出実行パターンを、「2回目の催促演出でピンクボタンを表示する催促
演出実行パターン」に変更する(S6020)。

0131

図26は、本実施例の「事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する図柄変動演出
」が行われる様子を例示する説明図である。図26において、1回目の催促演出27fを
実行するまでの演出(図24(a)〜(c))は、図24に示す「事前演出が示す催促演
出実行パターンを変更しない図柄変動演出」(図26(a)〜(c))と同様である。そ
の後、1回目の催促演出27fの後、演出ボタンBTが操作されると、または、1回目限
度時間が経過すると、1回目対応演出を実行するとともに、事前演出27pが示す催促演
出実行パターンを変更する。具体的には、図26(d)に示すように、事前演出27pの
「2回目:青」の文字を「2回目:ピンク」に変更する。続いて、図26(e)に示すよ
うに、2回目の催促演出の実行タイミングで、変更した催促演出実行パターンどおりに「
ピンク」ボタンを表示する2回目の催促演出を実行する。そして、演出ボタンBTが操作
されると、または、2回目限度時間が経過すると、図26(f)に示すように、2回目対
応演出を実行する。尚、上述したような「事前演出が示す催促演出実行パターンを変更す
る演出」は、図23下段側に示すように、外れ時には実行されないので(外れ時の実行
確率が0%なので)、該演出が実行された場合は確実に大当りが発生する。したがって、
このような「事前演出が示す催促演出実行パターンを変更する演出」はいわゆるプレミア
演出の一種(第2特別演出)と捉えることができる。

0132

E.本実施例のパチンコ機によって得られる効果 :
図27は、本実施例のパチンコ機によって得られる効果を説明するための説明図である
図27(a)に示すように、本実施例のパチンコ機1は、1回の催促演出(1回目の催
促演出)を行う特別変動演出(以下、特別変動演出1と称す)を実行する場合がある。こ
のような特別変動演出1では、催促演出を行った後に、この催促演出に対応する演出ボタ
ンBTの操作を受けて、大当りが発生する可能性を示唆する対応演出を実行する。この催
促演出は、該催促演出に対応する対応演出の内容を示唆する態様で実行される。また、特
別変動演出1の開始時(催促演出が実行される前)に、「今回の特別変動演出1中に行わ
れる催促演出の実行パターン(催促演出の実行回数や実行内容)を示す事前演出」を実行
する。したがって、催促演出を実行する前において、事前演出を実行することで催促演出
の実行パターンを遊技者に認識させることができ、ひいては、「催促演出に対応する演出
ボタンBTの操作」の結果である対応演出の内容を推測させることができる。この結果、
催促演出を実行する前において、事前演出に遊技者を注目させることができるとともに、
「催促演出に対応する演出ボタンBTの操作」に対する遊技者の期待度を変化させるとい
う斬新な遊技性を実現することができ、遊技興趣を高めることが可能となる。

0133

また、図27(b)に示すように、本実施例のパチンコ機1は、複数回の催促演出(1
回目の催促演出および2回目の催促演出)を行う特別変動演出(以下、特別変動演出2と
称す)を実行する場合がある。このような特別変動演出2では、それぞれの催促演出を行
った後に、それぞれの催促演出に対応する演出ボタンBTの操作を受けて、大当りが発生
する可能性を示唆する対応演出を実行する。それぞれの催促演出(1回目の催促演出、2
回目の催促演出)は、各催促演出に対応する演出(1回目対応演出、2回目対応演出)の
内容を示唆する態様で実行される。また、特別変動演出2の開始時(複数回の催促演出の
うちの最初の催促演出が実行される前)に、「今回の特別変動演出2中に行われる催促演
出の実行パターン(催促演出の実行回数や実行内容)を示す事前演出」を実行する。した
がって、複数回の催促演出を実行する前において、事前演出を実行することで複数回の催
促演出の実行パターンを遊技者に認識させることができ、ひいては、「それぞれの催促演
出に対応する演出ボタンBTの操作」の結果である対応演出(1回目対応演出および2回
目対応演出)の内容を推測させることができる。この結果、複数回の催促演出(1回目の
催促演出および2回目の催促演出)を実行する前において、事前演出に遊技者を注目させ
ることができるとともに、それぞれの「それぞれの催促演出に対応する演出ボタンBTの
操作」に対する遊技者の期待度を多様にさせるという斬新な遊技性を実現することができ
、遊技興趣を高めることが可能となる。

0134

また、本実施例のパチンコ機1は、事前演出が実行された後に、該事前演出が示す催促
演出実行パターンを変更する場合がある。したがって、事前演出が実行された後であって
も、継続して該事前演出に遊技者を注目させることが可能となる。なかでも、本実施例の
パチンコ機1は、図26(d)を用いて前述したように、事前演出が示す催促演出実行パ
ターンを大当り期待度の高い態様に変更する(「青」ボタンが表示される2回目催促演出
が行われることを示す表示から「ピンク」ボタンが表示される2回目催促演出が行われる
ことを示す表示に変更する)ので、遊技者に大当り期待度が高くなることを期待させて、
さらに、事前演出に遊技者を注目させることが可能となる。加えて、本実施例のパチンコ
機1は、事前演出が示す催促演出実行パターンを大当り期待度の高い態様に変更した場合
は、確実に大当りが発生するので(事前演出はいわゆるプレミア演出の一種なので)、遊
技者に大当りの発生が確定することを期待させて、さらに、事前演出に遊技者を注目させ
ることが可能となる。これらの結果、遊技興趣をさらに高めることが可能となる。

0135

また、本実施例のパチンコ機1は、特定の事前演出(いわゆるプレミア演出、上述した
催促演出実行パターンが大当り期待度の高い態様に変更される事前演出、または、1回目
の催促演出で「ピンク」ボタンを表示し2回目の催促演出でも「ピンク」ボタンを表示す
ることを示す事前演出)が行われた場合は確実に大当りが発生する。すなわち、事前演出
は催促演出実行パターンを示す演出であるものの、特定な事前演出を行うことで、確実に
大当りが発生することを遊技者に報知することができる。したがって、遊技者に大当りの
発生が確定することを期待させて、さらに、事前演出に遊技者を注目させることが可能と
なる。この結果、遊技興趣をさらに高めることが可能となる。

0136

F.変形例 :
次に、上述した実施例の変形例について説明する。上述した実施例では、催促演出実行
パターンとして「各回の催促演出で表示されるボタンの色」を示す事前演出を実行する構
成としたが、この催促演出実行パターンの一部を隠匿して事前演出を実行する構成として
もよい。本変形例では、催促演出実行パターンとして「催促演出で表示されるボタンの色
」は示すものの「その色のボタンの表示が何回目の催促演出で実行されるか」は示さない
(隠匿する)事前演出を実行する構成とする。

0137

図28は、本変形例の「特別変動演出」が行われる様子を例示する説明図である。特別
変動演出を開始すると(a)、事前演出を実行するタイミングで、催促演出実行パターン
として「2回の催促演出を実行すること、および、2回の催促演出のうち一方で緑ボタン
が表示され他方で青ボタンが表示されること」を示す事前演出が実行される(b)。そし
て、1回目の催促演出を実行するタイミングで、「青」ボタンを表示する1回目の催促演
出が実行される(c)。すなわち、事前演出で示された「2回の催促演出のうち一方で緑
ボタンが表示され他方で青ボタンが表示されること」に対応して、「青」ボタンを表示す
る1回目の催促演出が実行される。そして、演出ボタンBTが操作されると、または、1
回目限度時間が経過すると、1回目対応演出を実行する(d)。続いて、2回目の催促演
出を実行するタイミングで、「緑」ボタンを表示する2回目の催促演出が実行される(e
)。すなわち、事前演出で示された「2回の催促演出のうち一方で緑ボタンが表示され他
方で青ボタンが表示されること」に対応して、「緑」ボタンを表示する2回目の催促演出
が実行される。そして、演出ボタンBTが操作されると、または、2回目限度時間が経過
すると、2回目対応演出を実行する(f)。

0138

以上のように、本変形例のパチンコ機は、催促演出実行パターンとして「催促演出で表
示されるボタンの色」は示すものの「その色のボタンの表示が何回目の催促演出で実行さ
れるか」は示さない(隠匿する)事前演出を実行するので、「催促演出で表示されるボタ
ンの色」を確認すべく遊技者を事前演出に注目させつつも、事前演出からは「その色のボ
タンの表示が何回目の催促演出で実行されるか」を認識することができないので、それを
認識しようとする遊技者を催促演出に注目させることができる。すなわち、事前演出に遊
技者を注目させつつ、催促演出に対する遊技者の注目度を向上させることができ、遊技興
趣を高めることが可能となる。

0139

尚、サブ制御基板220のCPU221は、大当り判定の結果(決定手段の決定結果)
に基づく演出が行われる特別変動演出(特別演出期間)を発生させる。したがって、サブ
制御基板220のCPU221は、本発明における「特別演出期間発生手段」に対応して
いる。また、サブ制御基板220のCPU221は、特別変動演出中(特別演出期間中)
に、演出ボタンBT(演出操作部)に対する遊技者操作を受付可能とする受付可能状態を
複数回発生させる。したがって、サブ制御基板220のCPU221は、本発明における
「受付可能状態発生手段」に対応している。また、サブ制御基板220のCPU221は
、複数回の受付可能状態の夫々にて遊技者操作を受けると、夫々の受付可能状態における
遊技者操作に対応して対応演出(操作対応演出)を実行するとともに、大当り判定の結果
が大当りである(決定手段によって遊技利益を付与することが決定されている)場合には
、複数回の受付可能状態のうちの所定回数目の受付可能状態における遊技者操作を受けて
、大当り判定の結果(決定手段の決定結果)に対応する大当り期待度ゲージ27gの進捗
度が大きく増加する演出(特別な操作対応演出)を実行する。したがって、サブ制御基板
220のCPU221は、本発明における「操作対応演出実行手段」に対応している。ま
た、サブ制御基板220のCPU221は、大当り期待度ゲージ27gの進捗度が大きく
増加する演出(特別な操作対応演出)が実行される期待度を示す催促演出(操作前演出)
を、複数回の受付可能状態の夫々で実行する。したがって、サブ制御基板220のCPU
221は、本発明における「操作前演出実行手段」に対応している。また、サブ制御基板
220のCPU221は、特別変動演出(特別演出期間)が発生してから最初の催促演出
が実行される(受付可能状態が到来する)前に、今回の特別変動演出(特別演出期間)に
おける催促演出実行パターン(複数回の受付可能状態の夫々で行われる操作前演出の実行
パターン)を事前に示す事前演出を実行する。したがって、サブ制御基板220のCPU
221は、本発明における「事前演出実行手段」に対応している。

0140

また、サブ制御基板220のCPU221(事前演出実行手段)は、事前演出として、
特別変動演出(特別演出期間)における各催促演出の態様(複数回の受付可能状態の夫々
で行われる操作前演出の実行パターン)を個別に示すとともに、各態様の催促演出(個別
に示す実行パターン)が複数回の受付可能状態の何れで実行されるかを隠匿した態様の演
出を実行する。また、サブ制御基板220のCPU221は、演出パターンEP28bに
基づき行われている特別変動演出中(特別演出期間中)に、1回目の催促演出に対応する
操作を受け付けると(所定の変更条件が成立すると)、事前演出にて示された催促演出の
態様(操作前演出の実行パターン)のうち、未だ発生していない催促演出の態様(受付可
能状態に対応する操作前演出)について、事前演出にて示された態様(実行パターン)と
異なる態様(実行パターン)を新たに示す演出(変更演出)を実行する。したがって、サ
ブ制御基板220のCPU221は、本発明における「変更演出実行手段」に対応してい
る。

0141

以上、本発明について実施例を説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、
各請求項に記載した範囲を逸脱しない限り、各請求項の記載文言に限定されず、当業者
それらから容易に置き換えられる範囲にも及び、かつ、当業者が通常有する知識に基づく
改良を適宜付加することができる。

0142

例えば、上述した実施例および変形例では、催促演出では所定の色のボタンを表示する
構成としたが、催促演出は対応演出の内容を示唆する演出であればよく、例えば、催促演
出におけるボタンの大きさや文字の大きさ、文字の色で対応演出の内容を示唆する演出で
あってもよい。

0143

また、対応演出として大当り期待度ゲージ27gの進捗度が増加する演出を行う構成と
したが、対応演出は大当りが発生する可能性を示唆する演出であればよい。例えば、大当
りが発生する可能性をキャラクタの種類や背景画像の色で示唆する演出であってもよい。

0144

また、上述した実施例および変形例では、1回の図柄変動演出で実行される催促演出は
1回または2回としたが、1回の図柄変動演出中に3回以上の催促演出を実行する構成と
してもよい。

0145

また、上述した実施例および変形例では、図柄変動演出中に事前演出、催促演出、対応
演出を行うことによって、大当り期待度を示唆する構成としたが、大当り遊技中に事前演
出、催促演出、対応演出を行うことによって、実行中の大当り遊技が遊技者にとって有利
な大当り遊技(例えば、ラウンド回数の長い大当り遊技、大当り遊技終了後の遊技状態が
遊技者に有利な大当り遊技)である可能性を示唆する構成としてもよい。

0146

また、上述した変形例では、催促演出実行パターンとして「催促演出で表示されるボタ
ンの色」は示すものの「その色のボタンの表示が何回目の催促演出で実行されるか」は示
さない(隠匿する)事前演出を行う構成としたが、「催促演出の実行回数」は示すものの
「それぞれの催促演出の態様」は示さない事前演出を行う構成としてもよい。こうすると
、「催促演出の実行回数」を確認すべく遊技者を事前演出に注目させつつも、事前演出か
らは「それぞれの催促演出の態様」を認識することができないので、それを認識しようと
する遊技者を催促演出に注目させることができる。すなわち、事前演出に遊技者を注目さ
せつつ、催促演出に対する遊技者の注目度を向上させることができ、遊技興趣を高めるこ
とが可能となる。

0147

また、上述した実施例では、確変突入率が100%の回数切り確変機(所謂ST機)に
本発明を適用した例について説明したが、本発明は確変突入率が100%のST機以外に
も、例えば、大当り遊技終了後の大当り確率を「低確率」または「高確率」に設定する機
種や、大当り確率が低確率に設定されるとともに第2始動口17bの開放時間が延長され
る低確率開放延長状態(低確開放期間)を設定可能な機種や、大当り遊技の開始前と終了
後とで大当り確率が変動しない機種など、あらゆるタイプのパチンコ機に適用することが
できる。

0148

また、上述した実施例では、パチンコ機(弾球遊技機)に本発明を適用した例を説明し
たが、外周面に複数種類の図柄が描かれた回胴を通常回転させ、該回胴を停止させること
によって遊技を行うスロットマシン(回胴式遊技機)にも、本発明を適用することができ
る。例えば、遊技メダルや遊技球等の遊技媒体が投入された後、スタートレバー等の回転
開始部材に対する操作を受けることで、当選役を決定するための役抽選を行うとともに回
胴を開始させ、回胴停止ボタン等の回転停止部材に対する操作を受けることで、役抽選の
結果に対応する態様で回胴を停止させ、停止された回胴の態様に応じて遊技メダルを払い
出すスロットマシン(回胴式遊技機)にも、本発明を適用することができる。尚、この場
合は、役抽選を行う構成が本発明における「決定手段」に対応し、払い出される遊技メダ
ルが本発明における「所定の遊技利益」に対応する。

0149

また、上述した実施例では、遊技ホール島設備から供給される遊技球を「貸球」や「
賞球」として利用し、遊技盤に設けられた各種入賞口(第1始動口17a、第2始動口1
7b、大入賞口31d等)への遊技球の入球に応じて所定数の賞球を払い出すことによっ
て、遊技の結果としての利益(遊技価値)を遊技者に付与するパチンコ機1に本発明を適
用した例を説明したが、「賞球の払い出し」とは異なる形態で遊技上の利益を付与するタ
イプの遊技機にも、本発明を適用することができる。例えば、各種入賞口への遊技球の入
球が発生することで、その入球に対応する利益の量(遊技価値の大きさ)を示すデータを
主制御部あるいは払出制御部のRAMに記憶することによって、遊技上の利益(遊技価値
)を遊技者に付与するタイプのパチンコ機にも本発明を適用することができ、この場合に
も、上述した実施例と同様の効果を得ることができる。なお、遊技上の利益(遊技価値)
データ化して遊技者に付与するタイプのパチンコ機としては、パチンコ機に内蔵された
複数個の遊技球を循環させて使用する遊技機、具体的には、各種入賞口あるいはアウト口
を経て遊技盤の裏面に排出された遊技球を、再度、発射位置に戻して発射するように構成
されたパチンコ機(いわゆる封入式遊技機)を例示できる。

0150

本発明は、遊技ホールで用いられる遊技機に利用することができる。

0151

1…パチンコ機(遊技機)、17a…第1始動口、17b…第2始動口、28…第1図
表示装置、32…第2図柄表示装置、31d…大入賞口、200…主制御基板、201
…CPU(決定手段)、220…サブ制御基板、221…CPU(特別演出期間発生手段
、受付可能状態発生手段、操作対応演出実行手段、操作前演出実行手段、事前演出実行手
段、変更演出実行手段)。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題】図柄を用いた面白みのある演出を実行することが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】当否判定結果を報知するための識別図柄20が表示領域911に表示される表示装置91と、前記識別図柄20を変動さ... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題】図柄を用いた面白みのある演出を実行することが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】当否判定結果を報知するための識別図柄20が表示領域911に表示される表示装置91と、前記識別図柄20を変動さ... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2018/09/20)

    【課題】興趣性の高い遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機1は、遊技盤2とレール410とを備えている。また、パチンコ遊技機1は、遊技盤2の遊技盤面2aに突設されたレール410により囲われて形... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ