図面 (/)

技術 遊技機

出願人 タイヨーエレック株式会社
発明者 赤尾秀明藤盛幸治中村智亮
出願日 2015年2月27日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2015-038642
公開日 2015年5月28日 (3年4ヶ月経過) 公開番号 2015-097881
状態 未査定
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 参考発明 使用スケジュール モード発生 モード終了処理 モードカウンタ 一部期間 プラスティック製 所定回数目
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

当り遊技終了後図柄変動遊技遊技状態に合わせた適切な態様で実行すると共にその実行態様バリエーション多彩とする。

解決手段

低確率状態で2R確変大当りが発生し大当り遊技の終了後に遊技状態が確変状態とされるか、低確率状態で小当りが発生し小当り遊技の終了後に遊技状態が低確率状態とされる場合には、当り遊技の終了後の図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールXに従って特別図柄の変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを決定する。一方、高確率状態で2R確変大当りが発生し2R確変大当り図柄2〜5の停止表示契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が高確率状態とされる場合には、大当り遊技の終了後の特別図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールYに従って変動パターンテーブルを決定する。

概要

背景

従来より、当り遊技の終了後に、該終了した当り遊技の種別に応じて、図柄の変動パターン(変動時間)を決定する際に使用される変動パターンテーブルを選択するものが知られている。

概要

当り遊技終了後の柄変動遊技遊技状態に合わせた適切な態様で実行すると共にその実行態様バリエーション多彩とする。低確率状態で2R確変大当りが発生し大当り遊技の終了後に遊技状態が確変状態とされるか、低確率状態で小当りが発生し小当り遊技の終了後に遊技状態が低確率状態とされる場合には、当り遊技の終了後の柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールXに従って特別柄の変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを決定する。一方、高確率状態で2R確変大当りが発生し2R確変大当り柄2〜5の停止表示契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が高確率状態とされる場合には、大当り遊技の終了後の特別柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールYに従って変動パターンテーブルを決定する。

目的

本発明の遊技機は、遊技進行態様(遊技の流れ)に合った態様で図柄変動遊技を進行可能とし、従来に比して遊技興趣の更なる向上を図ることを主目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の始動条件成立すると、図柄を変動表示させて停止表示させる図柄変動遊技を実行する遊技機において、前記始動条件が成立すると、当り外れを判定するための当否判定を行う当否判定手段と、前記当否判定の結果に基づき、前記図柄変動遊技で停止表示させる停止図柄を、大当り図柄、小当り図柄または外れ図柄に決定する停止図柄決定手段と、前記図柄変動遊技における図柄の変動パターンが規定される複数種類の変動パターンテーブルを記憶する変動パターンテーブル記憶手段と、前記複数種類の変動パターンテーブルの中から使用する変動パターンテーブルを決定する変動パターンテーブル決定手段と、前記決定された変動パターンテーブルを使用して前記図柄変動遊技に用いる変動パターンを決定する変動パターン決定手段と、前記変動パターン決定手段の決定結果に基づいて、前記図柄変動遊技を実行する図柄変動遊技実行手段と、前記図柄変動遊技にて前記大当り図柄のうち通常大当り図柄が停止表示されると、大入賞装置を第1の態様で開状態とする第1大当り遊技を実行し、前記図柄変動遊技にて前記大当り図柄のうち特定大当り図柄が停止表示されると、前記大入賞装置を前記第1の態様とは異なる第2の態様で開状態とする第2大当り遊技を実行する大当り遊技実行手段と、前記図柄変動遊技にて前記小当り図柄が停止表示されると、前記大入賞装置を前記第2の態様と同じ態様で開状態とする小当り遊技を実行する小当り遊技実行手段と、前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に、前記当否判定で当りと判定される当り確率として通常状態または該通常状態よりも高い高確率状態を設定し、前記小当り遊技が実行されると、該小当り遊技の実行前後で前記当り確率の設定状態を変化させない遊技状態設定手段と、を備え、前記特定大当り図柄として、前記高確率状態の設定契機となる高確率用特定大当り図柄と、前記通常状態の設定契機となる低確率用特定大当り図柄とを有し、さらに高確率用特定大当り図柄として、第1の高確率用特定大当り図柄と、第2の高確率用特定大当り図柄とを有し、前記遊技状態設定手段は、前記低確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に前記通常状態を設定し、前記第1の高確率用特定大当り図柄または前記第2の高確率用大当り図柄の停止表示に基づいて前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態を設定し、前記変動パターンテーブル決定手段は、前記第2大当り遊技および前記小当り遊技の終了後に複数回の前記図柄変動遊技が実行される際に、前記図柄変動遊技の実行回数に応じて使用する変動パターンテーブルが予め定められた所定のテーブル使用データに基づいて、前記変動パターンテーブルを決定する手段であって、前記通常状態での前記図柄変動遊技で前記特定大当り図柄が停止表示され、該特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合と、前記通常状態での前記図柄変動遊技で前記小当り図柄が停止表示され、該小当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記小当り遊技の終了後に前記通常状態が設定される場合には、第1のテーブル使用データに基づいて前記変動パターンテーブルを決定し、前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記第1の高確率用特定大当り図柄が停止表示され、該第1の高確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合には、前記第1のテーブル使用データとは異なる第2のテーブル使用データに基づいて前記変動パターンテーブルを決定し、前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記第2の高確率用特定大当り図柄が停止表示され、該第2の高確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合と、前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記低確率用特定大当り図柄が停止表示され、該低確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記通常状態が設定される場合には、前記第1のテーブル使用データに基づいて前記変動パターンテーブルを決定することを特徴とする遊技機。

技術分野

0001

本発明は、パチンコ機アレンジボール機などの弾球式の遊技機に関する。

背景技術

0002

従来より、当り遊技の終了後に、該終了した当り遊技の種別に応じて、図柄の変動パターン(変動時間)を決定する際に使用される変動パターンテーブルを選択するものが知られている。

先行技術

0003

特開2010−5099号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、当り遊技の種別に応じて変動パターンテーブルを選択するものでは、変動パターンテーブルを選択するに際して当り遊技開始前遊技状況は反映されないため、遊技進行態様(遊技の流れ)に合った態様で図柄変動遊技を行うことが困難であった。

0005

本発明の遊技機は、遊技の進行態様(遊技の流れ)に合った態様で図柄変動遊技を進行可能とし、従来に比して遊技興趣の更なる向上を図ることを主目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の遊技機は、上述の主目的を達成するために以下の手段を採った。
即ち、本発明の遊技機は、
所定の始動条件成立すると、図柄を変動表示させて停止表示させる図柄変動遊技を実行する遊技機において、
前記始動条件が成立すると、当り外れを判定するための当否判定を行う当否判定手段と、
前記当否判定の結果に基づき、前記図柄変動遊技で停止表示させる停止図柄を、大当り図柄、小当り図柄または外れ図柄に決定する停止図柄決定手段と、
前記図柄変動遊技における図柄の変動パターンが規定される複数種類の変動パターンテーブルを記憶する変動パターンテーブル記憶手段と、
前記複数種類の変動パターンテーブルの中から使用する変動パターンテーブルを決定する変動パターンテーブル決定手段と、
前記決定された変動パターンテーブルを使用して前記図柄変動遊技に用いる変動パター
ンを決定する変動パターン決定手段と、
前記変動パターン決定手段の決定結果に基づいて、前記図柄変動遊技を実行する図柄変動遊技実行手段と、
前記図柄変動遊技にて前記大当り図柄のうち通常大当り図柄が停止表示されると、大入賞装置を第1の態様で開状態とする第1大当り遊技を実行し、前記図柄変動遊技にて前記大当り図柄のうち特定大当り図柄が停止表示されると、前記大入賞装置を前記第1の態様とは異なる第2の態様で開状態とする第2大当り遊技を実行する大当り遊技実行手段と、
前記図柄変動遊技にて前記小当り図柄が停止表示されると、前記大入賞装置を前記第2の態様と同じ態様で開状態とする小当り遊技を実行する小当り遊技実行手段と、
前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に、前記当否判定で当りと判定される当り確率として通常状態または該通常状態よりも高い高確率状態を設定し、前記小当り遊技が実行されると、該小当り遊技の実行前後で前記当り確率の設定状態を変化させない遊技状態設定手段と、
を備え、
前記特定大当り図柄として、前記高確率状態の設定契機となる高確率用特定大当り図柄と、前記通常状態の設定契機となる低確率用特定大当り図柄とを有し、さらに高確率用特定大当り図柄として、第1の高確率用特定大当り図柄と、第2の高確率用特定大当り図柄とを有し、
前記遊技状態設定手段は、
前記低確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に前記通常状態を設定し、
前記第1の高確率用特定大当り図柄または前記第2の高確率用大当り図柄の停止表示に基づいて前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態を設定し、
前記変動パターンテーブル決定手段は、
前記第2大当り遊技および前記小当り遊技の終了後に複数回の前記図柄変動遊技が実行される際に、前記図柄変動遊技の実行回数に応じて使用する変動パターンテーブルが予め定められた所定のテーブル使用データに基づいて、前記変動パターンテーブルを決定する手段であって、
前記通常状態での前記図柄変動遊技で前記特定大当り図柄が停止表示され、該特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合と、前記通常状態での前記図柄変動遊技で前記小当り図柄が停止表示され、該小当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記小当り遊技の終了後に前記通常状態が設定される場合には、第1のテーブル使用データに基づいて前記変動パターンテーブルを決定し、
前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記第1の高確率用特定大当り図柄が停止表示され、該第1の高確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合には、前記第1のテーブル使用データとは異なる第2のテーブル使用データに基づいて前記変動パターンテーブルを決定し、
前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記第2の高確率用特定大当り図柄が停止表示され、該第2の高確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合と、前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記低確率用特定大当り図柄が停止表示され、該低確率用特定大当り図柄の停止表示に基づいて実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記通常状態が設定される場合には、前記第1のテーブル使用データに基づいて前記変動パターンテーブルを決定する
ことを要旨とする。

0007

本明細書において参考的に開示する参考発明の遊技機は、
所定の始動条件が成立すると、図柄を変動表示させて停止表示させる図柄変動遊技を実行する遊技機において、
前記始動条件が成立すると、当り外れを判定するための当否判定を行う当否判定手段と、
前記当否判定の結果に基づき、前記図柄変動遊技で停止表示させる停止図柄を、大当り図柄、小当り図柄または外れ図柄に決定する停止図柄決定手段と、
前記図柄変動遊技における図柄の変動パターンが規定される複数種類の変動パターンテーブルを記憶する変動パターンテーブル記憶手段と、
前記複数種類の変動パターンテーブルの中から使用する変動パターンテーブルを決定する変動パターンテーブル決定手段と、
前記決定された変動パターンテーブルを使用して前記図柄変動遊技に用いる変動パターンを決定する変動パターン決定手段と、
前記変動パターン決定手段の決定結果に従って、前記図柄変動遊技を実行する図柄変動遊技実行手段と、
前記図柄変動遊技にて前記大当り図柄のうち通常大当り図柄が停止表示されると、大入賞装置を第1の態様で開状態とする第1大当り遊技を実行し、前記図柄変動遊技にて前記大当り図柄のうち特定大当り図柄が停止表示されると、前記大入賞装置を前記第1の態様とは異なる第2の態様で開状態とする第2大当り遊技を実行する大当り遊技実行手段と、
前記図柄変動遊技にて前記小当り図柄が停止表示されると、前記大入賞装置を前記第2の態様と同じ態様で開状態とする小当り遊技を実行する小当り遊技実行手段と、
前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に、前記当否判定で当りと判定される当り確率が通常状態よりも高い高確率状態を設定し、前記小当り遊技が実
行されると、該小当り遊技の実行前後で前記当り確率の設定状態を変化させない遊技状態設定手段と、
を備え、
前記変動パターンテーブル決定手段は、
前記第2大当り遊技および前記小当り遊技の終了後に複数回の前記図柄変動遊技が実行される際に、前記図柄変動遊技の実行回数に応じて使用する変動パターンテーブルが予め定められた所定のテーブル使用データに従って、前記変動パターンテーブルを決定する手段であって、
前記通常状態での前記図柄変動遊技で前記特定大当り図柄が停止表示され、該特定大当り図柄の停止表示を契機に実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合と、前記通常状態での前記図柄変動遊技で前記小当り図柄が停止表示され、該小当り図柄の停止表示を契機に実行される前記小当り遊技の終了後に前記通常状態が設定される場合には、第1のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定し、
前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記特定大当り図柄が停止表示され、該特定大当り図柄の停止表示を契機に実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合には、前記第1のテーブル使用データとは異なる第2のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定する
ことを要旨とする。

0008

この参考発明の遊技機では、通常状態(当り確率が低い低確率状態)での図柄変動遊技にて特定大当り図柄または小当り図柄の停止表示を契機に当り遊技(第2大当り遊技、小当り遊技)が実行されると、これらの当り遊技終了後に設定される遊技状態が低確率状態と高確率状態のいずれであっても、使用する変動パターンテーブルを共通の態様(第1のテーブル使用データ)に従って変遷させて図柄変動遊技を進行させることが可能となる。また、高確率状態での図柄変動遊技にて特定大当り図柄の停止表示を契機に第2大当り遊技が実行されると、使用する変動パターンテーブルを第1のテーブル使用データと異なる態様(第2のテーブル使用データ)に従って変遷させて図柄変動遊技を進行させることが可能となる。すなわち、当り遊技の終了後には、当り遊技の種別だけでなく「当り遊技実行前の遊技状況」を反映して「後に使用する変動パターンテーブルの使用スケジュール(テーブル使用データ)」を多様に設定するため、当り遊技後遊技進行バリエーションを従来に比べて多彩にすることができる。この結果、一連の遊技の進行態様(遊技の流れ)に合った態様で図柄変動遊技を進行可能とし、従来に比して遊技興趣を向上させることができる。
ここで、「図柄変動遊技の実行回数に応じて使用する変動パターンテーブルが予め定められた所定のテーブル使用データ」とは、図柄変動遊技の実行回数ごとに使用する変動パターンテーブルを変遷させる(異ならせる)データであってもよいし、複数回(たとえば100回)の図柄変動遊技のうちの複数回の図柄変動遊技から成る一部期間(たとえば1〜50回)と他期間(たとえば51〜100回)とで使用する変動パターンテーブルを変遷させる(異ならせる)データであってもよいし、複数回(たとえば100回)の図柄変動遊技のうち全部の図柄変動遊技にて一の変動パターンテーブルを使用するデータであってもよい。

0009

こうした参考発明の遊技機において、
前記変動パターン決定手段により特定の変動パターンが決定されると、該特定の変動パターンが設定される図柄変動遊技中に、そのときの遊技状態が前記通常状態と前記高確率状態の何れであるかを報知する報知演出を実行する報知演出実行手段を備え、
前記変動パターンテーブル決定手段は、
前記第1のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定する場合には、前記第2大当り遊技および前記小当り遊技の終了後に実行される所定回数目の前記図柄
変動遊技で、前記特定の変動パターンが規定される変動パターンテーブルを決定し、
前記第2のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定する場合には、前記第2大当り遊技の終了後に実行される所定回数目の前記図柄変動遊技で、前記特定の変動パターンが規定されない変動パターンテーブルを決定する
ものとすることもできる。
こうすれば、低確率状態中に当り遊技が実行され場合(所謂「初当り」が発生した場合)には、第1のテーブル使用データに従って図柄変動遊技を進行させ、「所定回数目に低確率状態と高確率状態の何れが判明するか」に注目させる緊張感のあるゲーム性を実現し、高確率状態中に当り遊技が実行され場合(所謂「当りの連荘」が発生した場合)には、第1のテーブル使用データに従って図柄変動遊技が進行する場合と異なるゲーム性(たとえば、当り遊技直後から高確率状態を確定的に示す安心感のあるゲーム性や、当り遊技終了後に確率状態を報知せずに高確率状態であるか否かを遊技者に推測ゲーム性など)を実現することが可能となり、遊技の進行内容に合わせてゲーム性を変更し、従来に比して遊技興趣を向上させることができる。
ここで、第1のテーブル使用データにおける「特定の変動パターンが規定される変動パターンテーブル」の決定時期は、当り遊技終了後に実行される複数回の図柄変動遊技のうちの一の図柄変動遊技(最終回など)とすることもできるし、複数の図柄変動遊技(当り遊技終了後の10回目と20回目など)することもできる。また、「報知演出」としては、高確率状態か否かを確定的に示す演出や、高確率状態である可能性(信頼度)を示唆する演出などが含まれる。

0010

また、参考発明の遊技機において、
前記変動パターンテーブル決定手段は、前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記小当り図柄が停止表示され、該小当り図柄の停止表示を契機に実行される前記小当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合には、前記第2のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定する
ものとすることもできる。
こうすれば、小当り遊技が低確率状態中に実行されたときと、高確率状態中に実行されたときとで、小当り遊技終了後の図柄変動遊技の実行態様(テーブル使用データ)を異なるものとすることができ、当り遊技終了後の図柄変動遊技の実行態様をさらに多彩なものとすることができる。この結果、当り遊技終了後の図柄変動遊技における遊技興趣をさらに向上させることができる。

0011

さらに、 前記特定大当り図柄として、前記高確率状態の設定契機となる高確率用特定大当り図柄と、前記通常状態の設定契機となる低確率用特定大当り図柄とを有し、さらに高確率用特定大当り図柄として、第1の高確率用特定大当り図柄と、第2の高確率用特定大当り図柄とを有し、
前記大当り遊技実行手段は、前記図柄変動遊技にて前記低確率用特定大当り図柄が停止表示すると、前記第2大当り遊技を実行し、
前記遊技状態設定手段は、前記低確率用特定大当り図柄の停止表示を契機に前記第2大当り遊技が実行されると、該第2大当り遊技の終了後に前記通常状態を設定し、
前記変動パターンテーブル決定手段は、
前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記第1の高確率用特定大当り図柄が停止表示され、該第1の高確率用特定大当り図柄の停止表示を契機に実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態とされる場合には、前記第2のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定し、
前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記第2の高確率用特定大当り図柄が停止表示され、該第2の高確率用特定大当り図柄の停止表示を契機に実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記高確率状態が設定される場合と、前記高確率状態での前記図柄変動遊技で前記低確率用特定大当り図柄が停止表示され、該低確率用特定大当り図柄の停止表示を
契機に実行される前記第2大当り遊技の終了後に前記通常状態が設定される場合には、前記第1のテーブル使用データに従って前記変動パターンテーブルを決定する
ものとすることもできる。
こうすれば、高確率状態中に低確率用特定大当り図柄の停止表示を契機に第2大当り遊技が実行される場合と、第2の高確率用特定大当り図柄の停止表示を契機に第2大当り遊技が実行される場合とで、第2大当り遊技の終了後に共通の態様で図柄変動遊技を進行させることが可能となる。したがって、高確率中に特定大当りが発生した場合に、当り遊技終了後に高確率状態が継続しているか否かの緊張感を遊技者に与えることができ、当り遊技終了後の図柄変動遊技の実行態様をさらに多彩なものとすることができる。この結果、当り遊技終了後の図柄変動遊技における遊技興趣をさらに向上させることができる。

発明の効果

0012

本発明の遊技機によれば、遊技の進行態様(遊技の流れ)に合った態様で図柄変動遊技を進行可能とし、従来に比して遊技興趣の更なる向上を図ることができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の一実施例であるパチンコ機10の外観を示す外観斜視図である。
実施例のパチンコ機10の遊技盤30の構成の概略を示す構成図である。
実施例のパチンコ機10の制御回路の構成を示すブロック図である。
図柄表示装置40の構成を説明する説明図である。
普通図柄表示装置41の表示態様の一例を示す説明図である。
第1特別図柄の大当り時または小当り時における特別図柄表示装置42の表示態様の一例を示す説明図である。
第2特別図柄の大当り時における特別図柄表示装置42の表示態様の一例を示す説明図である。
演出表示装置34の画面構成を説明する説明図である。
サブ制御基板90の構成の概略を示すブロック図である。
主制御基板70のCPU70aにより実行される主制御処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される特別図柄遊技処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される特別図柄遊技処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される特別図柄遊技処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される第1特別図柄変動表示関連処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される第2特別図柄変動表示関連処理の一例を示すフローチャートである。
第1特別図柄の大当り判定テーブルの一例を示す説明図である。
第1特別図柄用の大当り図柄決定テーブルの一例を示す説明図である。
第1特別図柄用の小当り図柄決定テーブルの一例を示す説明図である。
主制御基板70のCPU70aにより実行される変動パターンテーブル設定処理の一例を示すフローチャートである。
通常時および確変時における16R大当り変動パターンテーブルの一例を示す説明図である。
通常時および確変時における2R大当り・小当り変動パターンテーブルの一例を示す説明図である。
通常時における外れ変動パターンテーブルの一例を示す説明図である。
確変時における外れ変動パターンテーブルの一例を示す説明図である。
主制御基板70のCPU70aにより実行される特殊モード時変動パターンテーブル設定処理の一例を示すフローチャートである。
変動パターンテーブル設定スケジュールA〜Cの一例を示す説明図である。
変動パターンテーブル設定スケジュールX,Yの一例を示す説明図である。
特定回数時における特殊モード用変動パターンテーブルの一例を示す説明図である。
特定回数時における特殊モード用変動パターンテーブルの一例を示す説明図である。
第2特別図柄の大当り判定テーブルの一例を示す説明図である。
第2特別図柄用の大当り図柄決定テーブルの一例を示す説明図である。
主制御基板70のCPU70aにより実行される大当り遊技処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される大当り遊技終了時処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される小当り遊技処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される小当り遊技終了時処理の一例を示すフローチャートである。
主制御基板70のCPU70aにより実行される16R大当り時特殊モード発生処理の一例を示すフローチャートである。
16R大当り時の特殊モードカウンタ設定テーブルの一例を示す説明図である。
主制御基板70のCPU70aにより実行される2R大当り・小当り時特殊モード発生処理の一例を示すフローチャートである。
2R大当り・小当り時の特殊モードカウンタ設定テーブルの一例を示す説明図である。
主制御基板70のCPU70aにより実行される特殊モード終了処理の一例を示すフローチャートである。
サブ制御基板90のCPU90aにより実行される図柄変動演出処理の一例を示すフローチャートである。
演出パターンテーブルの一例を示す説明図である。
通常状態から16R確変大当り図柄2による大当りが発生したことを契機として特殊モードの変動パターンテーブル設定スケジュールAがセットされた場合の図柄変動演出の進行の様子を示す説明図である。

0014

次に、本発明の実施の形態を実施例を用いて説明する。なお、以下では、特別図柄の変動表示の終了に伴い大当り図柄が停止表示され、これを契機に大当り遊技が開始されるタイプ(いわゆるセブン機タイプ)のパチンコ機に本発明を適用した例を説明する。

0015

図1は本発明の一実施例であるパチンコ機10(遊技機)の外観を示す外観斜視図であり、図2は実施例のパチンコ機10の遊技盤30の構成の概略を示す構成図であり、図3は実施例のパチンコ機10の制御回路の構成の概略を示すブロック図である。

0016

[パチンコ機10の全体構成]
本実施例のパチンコ機10は、図1に示すように、前面枠11に嵌め込まれたガラス板12(透明板)を介して盤面が視認可能に配置された遊技盤30(図2参照)と、遊技球
貯留する上受け皿14および下受け皿16と、上受け皿14に貯留されている遊技球を遊技盤30へ発射するための発射ハンドル18と、を備える。

0017

前面枠11は、本体枠21に嵌め込まれており、左辺回動軸として本体枠21に対して回動できるようになっている。本体枠21は、外枠22に嵌め込まれており、左辺を回動軸として外枠22に対して回動できるようになっている。なお、前面枠11と本体枠21は、略長方形状のプラスティック製枠体として構成されている。また、外枠22は、略長方形状の木製の枠体として構成されており、パチンコホール島設備島枠に固定される。

0018

また、前面枠11の左上部と右上部には遊技の進行に伴って種々の効果音を鳴らしたり遊技者に遊技状態を報知したりするためのスピーカ28a,28bが設けられている。前面枠11の右端部には、前面枠11を本体枠21に対して施錠するための施錠装置29が設けられている。

0019

上受け皿14は、その上面部に、球貸装置50に挿入された記録媒体(例えばカードコイン)の価値残高有価残高)の範囲内で遊技球の貸し出しを指示するための球貸ボタン24aと、球貸装置50に挿入されている記録媒体の返却を指示するための返却ボタン24bとが配設されている。また、上受け皿14は、その上面中央部には、遊技者の操作に応じて各種演出を行うための演出ボタン26が配設されている。

0020

発射ハンドル18は、前面枠11の右下部に設けられており、遊技者がハンドルに触れていることを検知するタッチセンサ18a(図3参照)や遊技球の発射を一時的に停止する発射停止スイッチ18b(図3参照)が設けられている。発射ハンドル18の回転軸には、上受け皿14に貯留されている遊技球を1球ずつ打ち出すための図示しない発射装置が接続されており、発射ハンドル18が回転操作されると、発射装置が備える発射モータ19(図3参照)が回転し、これに伴って発射ハンドル18の操作量に応じた強さの打撃力で遊技球を打ち出す。

0021

[遊技盤30の構成]
遊技盤30は、図2に示すように、外レール31aと内レール31bとによって囲まれる遊技領域31が形成されている。この遊技盤30は、遊技領域31の左部に配置され遊技球の通過を検知するゲートスイッチ32a(図3参照)を有する普通図柄作動ゲート32と、遊技領域31の右下部に配置された図柄表示装置40と、遊技領域31の中央部に配置された演出表示装置34と、演出表示装置34の周囲を囲むように配置されたセンター役物50と、センター役物50の下側に配置され遊技球の入賞を検知する第1始動口スイッチ36a(図3参照)を有する第1始動口36と、センター役物50の左部に形成され遊技球の入賞を検知する第2始動口スイッチ38a(図3参照)を有する第2始動口38と、第2始動口38に取り付けられた開閉可能なチューリップ式の普通電動役物39と、遊技領域31の右下部に開閉可能に配置され遊技球の入賞を検知する大入賞口スイッチ44b(図3参照)を有する大入賞口44と、遊技領域31の左下部に配置された一般入賞口スイッチ45a(図3参照)を有する一般入賞口45と、いずれの入賞口にも入らなかった遊技球を回収するためのアウト口46と、を備える。また、遊技盤30は、この他に、普通図柄作動ゲート32の下側には風車48が設けられ、上述した各入賞口の周辺には遊技球をガイドしたり弾いたりする図示しない多数のが設けられている。

0022

普通電動役物39は、第2始動口38に設けられた翼片部39aと、翼片部39aを作動させる普通電動役物ソレノイド39b(図3参照)と、を備える。この普通電動役物39では、翼片部39aが直立しているときには第2始動口38への遊技球の入賞の可能性が比較的低い通常状態となり(図2点線参照)、翼片部39aが左側に開いているとき
には第2始動口38への遊技球の入賞の可能性が通常状態よりも高い開放状態となる(図2実線参照)。なお、本実施例では、翼片部39aが直立した通常状態においては、第2始動口38への遊技球の入球が不可能となるように構成されている。

0023

大入賞口44(大入賞装置)は、通常は遊技球を受け入れない閉状態閉鎖状態)とされており、大当り遊技(特別遊技)のときに、大入賞口ソレノイド44a(図3参照)によって遊技球を受け入れやすい開状態(開放状態)となるよう駆動される。大入賞口44には、遊技球の入賞を検知すると共にその入賞数カウントするための大入賞口スイッチ44b(図3参照)が取り付けられている。本実施例では、大当り遊技の処理として、大入賞口スイッチ44bが遊技球の入賞を10個カウントするか10個カウントする前に所定時間(例えば、25秒)が経過するまでを1ラウンドとして大入賞口44を開放し、規定ラウンドまで大入賞口44の開放動作を繰り返す。なお、各ラウンドの間には、所定時間(例えば、2秒間)だけ大入賞口44を閉状態とする。

0024

図柄表示装置40は、図4の構成図に例示するように、普通図柄の変動表示および停止表示が可能な普通図柄表示装置41と、特別図柄の変動表示および停止表示が可能な特別図柄表示装置42と、大当り遊技の規定ラウンド数最大ラウンド数)を示す図柄を表示するラウンド表示装置43と、を備える。普通図柄表示装置41は、発光ダイオードLED)を用いて構成された左普通図柄表示部41aおよび右普通図柄表示部41bを備える。図5に、普通図柄表示装置41の表示態様の一例を示す。普通図柄表示装置41は、図示するように、左普通図柄表示部41aと右普通図柄表示部41bとが共に消灯した表示態様(図5の上から1段目参照)と、左普通図柄表示部41aが点灯し右普通図柄表示部41bが消灯した表示態様(図5の上から2段目参照)と、左普通図柄表示部41aが消灯し右普通図柄表示部41bが点灯した表示態様(図5の上から3段目参照)と、左普通図柄表示部41aと右普通図柄表示部41bとが共に点灯した表示態様(図5の上から4段目参照)の4通りの表示態様がある。普通図柄表示装置41は、遊技球が普通図柄作動ゲート32を通過するのを検知したときに、4通りの表示態様を順次切り替えることにより普通図柄を変動表示させ、変動表示の実行時間が経過すると、上記表示態様のうちのいずれかの表示態様で普通図柄を停止表示させる。このとき、停止表示された普通図柄の表示態様が特定の表示態様(例えば、図5の上から4段目に示す表示態様)であるときに、当りとして普通電動役物39を一定時間(例えば、0.5秒)に亘って開放する。なお、普通図柄の変動表示中に、遊技球が普通図柄作動ゲート32を通過したときには、普通図柄の変動表示を最大4回まで保留し、現在の変動表示が終了したときに、保留されている変動表示が順次消化される。

0025

特別図柄表示装置42は、図4に示すように、7セグメント表示器を用いて構成された第1特別図柄表示部42aと第2特別図柄表示部42bとを備えており、各セグメントの点灯と消灯との組み合わせにより複数通りの表示態様(最大128通り)を表現している。特別図柄表示装置42は、第1始動口36か第2始動口38かのいずれかの入賞が検知されたときに、第1特別図柄表示部42aと第2特別図柄表示部42bのうち対応する特別図柄表示部の表示状態を順次切り替えることにより特別図柄を変動表示させ、変動表示の実行時間が経過すると、表現可能な表示態様のうちのいずれかの表示態様で特別図柄を停止表示させる。このとき、停止表示された特別図柄の表示態様が特定の表示態様(当り特別図柄)である場合に、当りとなる。本実施例では、第1特別図柄表示部42aが第1始動口36への遊技球の入賞時に特別図柄を変動表示させる第1始動口入賞時用の表示部に対応し、第2特別図柄表示部42bが第2始動口38への遊技球の入賞時に特別図柄を変動表示させる第2始動口入賞時用の表示部に対応している。以下、特に、第1始動口入賞時用の第1特別図柄表示部42aで表示される特別図柄を第1特別図柄とも呼び、第2始動口入賞時用の第2特別図柄表示部42bで表示される特別図柄を第2特別図柄とも呼ぶ。

0026

図6に、第1特別図柄の大当り時または小当り時における特別図柄表示装置42の表示態様の一例を示し、図7に、第2特別図柄の大当り時における特別図柄表示装置42の表示態様の一例を示す。図示するように、16R通常大当りとなる第1特別図柄(16R通常大当り図柄)は、第1特別図柄表示部42aにおける下段横棒セグメントと右上,右下,左下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様があり(図6の1段目参照)、16R通常大当りとなる第2特別図柄(16R通常大当り図柄)は、第2特別図柄表示部42bにおける上段の横棒セグメントと右上,右下,左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様がある(図7の1段目参照)。また、16R確変大当りとなる第1特別図柄(16R確変大当り図柄)は、第1特別図柄表示部42aにおける上段の横棒セグメントと右上,右下,左下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄1)と、第1特別図柄表示部42aにおける上段,中段の横棒セグメントと右下,左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄2)と、第1特別図柄表示部42aにおける上段,中段,下段の横棒セグメントと左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄3)と、第1特別図柄表示部42aにおける上段,中段の横棒セグメントと右上,右下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄4)と、第1特別図柄表示部42aにおける上段,下段の横棒セグメントと右下,左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄5)とがある(図6の2段目参照)。一方、16R確変大当りとなる第2特別図柄(16R確変大当り図柄)は、第2特別図柄表示部42bにおける上段,下段の横棒セグメントと右上,右下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄1)と、第2特別図柄表示部42bにおける上段,下段の横棒セグメントと右上,左下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄2)と、第2特別図柄表示部42bにおける上段,中段,下段の横棒セグメントと左下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄3)と、第2特別図柄表示部42bにおける上段,中段の横棒セグメントと右上,左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄4)と、第2特別図柄表示部42bにおける右上,右下,左上,左下の縦棒セグメントが点灯する表示態様(16R確変大当り図柄5)とがある(図7の2段目参照)。

0027

また、2R通常大当りとなる第1特別図柄(2R通常大当り図柄)は、第1特別図柄表示部42aにおける上段の横棒セグメントと右上,左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様がある(図6の3段目参照)。2R確変大当りとなる第1特別図柄(2R確変大当り図柄)は、第1特別図柄表示部42aにおける上段,下段の横棒セグメントと右下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(2R確変大当り図柄1)と、第1特別図柄表示部42aにおける中段,下段の横棒セグメントと右下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(2R確変大当り図柄2)と、第1特別図柄表示部42aにおける中段の横棒セグメントと左上,左下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(2R確変大当り図柄3)と、第1特別図柄表示部42aにおける中段の横棒セグメントと右上,左上の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(2R確変大当り図柄4)と、第1特別図柄表示部42aにおける下段の横棒セグメントと左上,左下の縦棒セグメントとが点灯する表示態様(2R確変大当り図柄5)とがある(図6の4段目参照)。小当りとなる第1特別図柄(小当り図柄)は、第1特別図柄表示部42aにおける右下,左下の縦棒セグメントが点灯する表示態様がある。なお、第2特別図柄については、本実施例では、2R通常大当り図柄と2R確変大当り図柄と小当り図柄が用意されていない。

0028

なお、大当り時または小当り時における特別図柄の表示態様は、上記態様に限られることはなく、如何なる態様で表示するものとしてもよいし、各大当り時または小当り時における特別図柄の表示態様の種類も1種類に限られず、複数種類用意するものとしてもよい。特別図柄の変動表示中に、遊技球が第1始動口36および第2始動口38のいずれかに入賞したときには、それぞれの始動口毎に特別図柄の変動表示を最大4回まで保留し、現
在の変動表示が終了したときに、保留されている特別図柄の変動表示が順次消化される。なお、後述するが、第1特別図柄の変動表示の保留数は第1保留図柄35aによって表示され、第2特別図柄の変動表示の保留数は第2保留図柄35bによって表示される。

0029

ここで、16R通常大当りは、大入賞口44の開放動作が16回に亘って繰り返される大当り遊技が行われると共に、大当り遊技の終了後に、大当り判定の結果が大当りとなる大当り確率を低確率状態に設定して、所定回数(例えば、50回)の特別図柄の変動表示が行われるまで、特別図柄および普通図柄の変動時間が短縮されると共に普通図柄が当りで停止表示されたときに普通電動役物39の開放時間が通常(電サポなし低確率状態)に比べて延長される「電サポあり低確率状態(時短状態)」を発生させる当り態様である。また、16R確変大当りは、16R通常大当りと同様に大入賞口44の開放動作が16回に亘って繰り返される大当り遊技が行われると共に、大当り遊技の終了後に、次に大当りとなるまでの大当り確率を高確率状態に設定して、所定回数(例えば、10000回)の特別図柄の変動表示が行われるまで、特別図柄および普通図柄の変動時間が短縮されると共に普通図柄が当りで停止表示されたときに普通電動役物39の開放時間が通常状態に比べて延長される「電サポあり高確率状態(確変状態)」を発生させる当り態様である。また、2R確変大当りは、大入賞口44の開放が2回に亘って繰り返される大当り遊技が行われると共に、大当り遊技の終了後に、次に大当りとなるまでの大当り確率を高確率状態に設定して、特別図柄および普通図柄の変動時間を短縮せずに普通図柄が当りで停止表示されたときに普通電動役物39の開放時間も通常状態と同じ時間とする「電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)」を発生させる当り態様である。また、小当りは、大入賞口44の開放が2回に亘って繰り返される小当り遊技が行われると共に、小当り遊技の終了後には、小当り遊技の開始前の状態(確変状態や時短状態など)を引き継ぐ当り態様である。なお、本実施例では、大入賞口44の開放回数(ラウンド数)として、16Rと2Rの2種類を用意するものとしたが、これに限定されるものではなく、15Rや12R,10R,8R,6R,4Rなど他のラウンド数を用意するものとしてもよい。また、ラウンド数の種類も2種類に限られず、3種類以上用意するものとしてもよい。以下、単に、16R大当りと呼ぶ場合には、16R通常大当りと16R確変大当りの両方を含むものとし、単に、2R大当りと呼ぶ場合には、2R通常大当りと2R確変大当りの両方を含むものとする。

0030

ここで、2R大当りと小当りでは、当り遊技(2R大当りに係る大当り遊技と小当り遊技)における大入賞口44の開放時間が16R大当りに比して短時間に設定されている。この2R大当りと小当りは、本実施例では、当り遊技における大入賞口44の開放時間が極短時間(例えば、0.5秒)に設定されており、この間に遊技球が大入賞口44がに入球することはほとんどなく、実質的に出玉を払い出すことのできない当り態様である。また、本実施例では、2R大当り(2R通常大当り,2R確変大当り)または小当りに当選すると、当り遊技の終了後の演出状態を互いに同一に(または酷似)するものとし、当り遊技の終了後の遊技状態が電サポなし低確率状態(通常状態)なのか電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)なのかを遊技者に直接に報知しないものとしている。このため、2R確変大当りは、遊技者にとって当り遊技の終了後の遊技状態が高確率状態であるか否かを認識することが困難な大当りであるから、潜伏確変大当りとも呼ぶ。もっとも、特別図柄表示装置42では2R通常大当りと2R確変大当り図柄と小当り図柄とをそれぞれ区別して停止表示するから、遊技者は、予め調査された判別表などを参照して今回の当りに係る特別図柄表示装置42の表示態様を確認することで、当りが2R通常大当りであるか2R確変大当りであるか小当りであるかを判別することは可能である。

0031

演出表示装置34は、液晶ディスプレイなどの表示装置として構成されており、表示画面上で演出図柄の変動表示やリーチ演出予告演出などの様々な演出表示が行われる。本実施例の演出表示装置34は、図8に例示する画面構成に示すように、横方向に並んで配
置されキャラクタ数字により構成される左,中,右の3つの演出図柄(疑似特別図柄)34L,34M,34Rと、図示しない背景図柄とを有している。この演出表示装置34は、遊技球が第1始動口36に入賞したときと、遊技球が第2始動口38に入賞したときに、3つの演出図柄34L,34M,34Rを変動表示させる。演出図柄34L,34M,34Rは、変動表示が開始されると、それぞれ上から下に向かって高速スクロールするように変動表示され、変動表示の実行時間が経過すると、左の演出図柄34L,右の演出図柄34R,中の演出図柄34Mの順に停止表示される。このとき、左の演出図柄34Lと右の演出図柄34Rとが一致しなかったときにはリーチなしの単純な外れとなり(例えば、「358」)、左の演出図柄34Lと右の演出図柄34Rとが一致したときにはリーチとなる。そして、所定のリーチ演出を伴って中の演出図柄34Mが停止したときに、中の演出図柄34Mと左右の演出図柄34L,34Rとが一致しなかった場合には、基本的にはリーチありの外れとなるが(例えば、「393」)、中の演出図柄34Mの数字(キャラクタ)が左右の演出図柄34L,34Rの数字(キャラクタ)と1つ違いの数字(キャラクタ)で停止すれば小当りまたは2R大当り(2R通常大当り,2R確変大当り)となる(例えば、「767」)。また、中の演出図柄34Mと左右の演出図柄34L,34Rのすべてが一致した場合には、16R大当り(16R通常大当り,16R確変大当り)となる(例えば、「777」)。この演出表示装置34で表示される演出図柄は、基本的には、上述した特別図柄表示装置42により表示される特別図柄(第1特別図柄,第2特別図柄)の当否の結果に対応する。

0032

また、演出表示装置34は、本実施例では、表示画面内に第1保留図柄35aと第2保留図柄35bも表示されている。第1保留図柄35aは、第1特別図柄の変動表示中に第1始動口36に遊技球が入賞するごとに左側から順に一つずつ表示され、第1特別図柄の変動表示が開始されるごとに始動入賞時とは逆の順に消去される。第2保留図柄35bも、第2特別図柄の変動表示中に第2始動口38に遊技球が入賞するごとに左側から順に一つずつ表示され、第2特別図柄の変動表示が開始されるごとに始動入賞時とは逆の順に消去される。

0033

こうして構成された本実施例のパチンコ機10では、第1始動口36は演出表示装置34(センター役物50)の下側に配置されており、大当り遊技でない通常遊技のときに、遊技者は遊技球を遊技領域31の左側(演出表示装置34の左側領域)に流下させるように発射ハンドル18を回転操作(所謂左打ち)することにより、遊技球を第1始動口36に入賞させることができる。また、普通図柄作動ゲート32および第2始動口38は演出表示装置34の左側に配置されており、遊技者は左打ちをすることにより、遊技球を普通図柄作動ゲート32を通過させることができ、普通図柄が当りとなって普通電動役物39が第2始動口38を開放すると、遊技者は左打ちを継続することにより、遊技球を第2始動口38に入賞させることができる。さらに、大入賞口44は遊技領域31の右下部に配置されており、大当り遊技が開始されると、遊技者は発射ハンドル18を最大限右回転させて遊技球を発射させる所謂右打ちすることにより、遊技球を遊技領域31の右側(演出表示装置34の右側領域)に流下させて大入賞口44に入球させることができる。なお、本実施例では、2R大当りに係る大当り遊技や小当り遊技では、大入賞口44が開状態となるものの、その時間は極短時間(例えば、0.5秒)であるから、右打ちを行なっても、大入賞口44に遊技球を入球させるのはほとんど不可能である。

0034

[制御回路の構成]
次に、本実施例のパチンコ機10の制御回路の構成について主として図3を参照しながら説明する。パチンコ機10の制御回路は、図3に示すように、遊技の基本的な進行の制御を司る主制御基板70と、賞球や球貸の払い出しに関する制御を司る払出制御基板80と、遊技の進行に伴って行われる各種演出の全体的な制御を司るサブ制御基板90と、遊技球の発射に関する制御を司る発射制御基板100などの制御基板により構成されている
。これらの制御基板は、各種論理演算や算出演算を実行するCPUや、CPUで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM,プログラムの実行に際してデータを一時的に記憶するRAM,周辺機器との間でデータをやり取りするための周辺機器インターフェース(PIO),CPUが演算を行うためのクロックを出力する発振器,CPUの暴走監視するウォッチドッグタイマ,定期的に割り込み信号を発生させるCTC(カウンタータイマーサーキット)などの種々の周辺LSIがバスにより相互に接続されている。なお、図3では、各制御基板に搭載された各種デバイスのうち主制御基板70のCPU70a,ROM70b,RAM70cのみを図示し、その他については図示を省略した。また、図9にサブ制御基板90の構成の概略を示すブロック図を示す。

0035

主制御基板70は、遊技の基本的な進行の制御を行うために必要な信号として、図3に示すように、第1始動口スイッチ36aからの入賞信号や第2始動口スイッチ38aからの入賞信号が直接に入力されると共にゲートスイッチ32aからの通過信号や大入賞口スイッチ44bからの入賞信号,一般入賞口スイッチ45aからの入賞信号などが中継端子板72を介して入力されている。主制御基板70からは、図柄表示装置40の表示制御を司る図柄表示基板40aへの制御信号や普通電動役物ソレノイド39bへの駆動信号,大入賞口ソレノイド44aへの駆動信号などが中継端子板72を介して出力されている。また、主制御基板70は、払出制御基板80やサブ制御基板90,発射制御基板100(払出制御基板80を介して通信)と通信しており、各種指令信号コマンドや駆動信号など)やデータのやり取りを行っている。

0036

払出制御基板80は、賞球や貸球の払い出しに関する制御を行うために必要な信号として、図3に示すように、前面枠11の開放を検知する枠開放スイッチ81からの検知信号が直接に入力され、球貸ボタン24aや返却ボタン24bからの操作信号が球貸表示基板82,中継端子板83を介して入力され、賞球や貸球の払い出しを検知する払出前スイッチ84および払出後スイッチ85からの検知信号が中継端子板87を介して入力されている。払出制御基板80からは、賞球や貸球の払い出しを行う払出モータ86への駆動信号が中継端子板87を介して出力されている。また、払出制御基板80は、主制御基板70や発射制御基板100と通信しており、各種指令信号やデータのやり取りを行っている。

0037

サブ制御基板90は、図9に示すように、CPU90aやROM90b,RAM90cなどを備えており、主制御基板70から各種指令信号を受信してその指令に応じた遊技の演出を行う。サブ制御基板90は、演出表示装置34の制御を行う演出表示制御基板91や各種スピーカ28a,28bを駆動するアンプ基板92、各種LEDランプ93a,93bを駆動したりセンター役物50の可動式装飾部材を作動させるための装飾モータ93cを駆動したりする装飾駆動基板93,演出ボタン26からの操作信号を入力する演出ボタン基板94などが接続されている。

0038

発射制御基板100は、タッチセンサ18aからの検知信号や発射停止スイッチ18bからの操作信号,下受け皿16に遊技球が満タン状態となるのを検知する下受け皿満タンスイッチ102からの検知信号などを入力しており、発射モータ19へ駆動用パルス信号などを出力している。発射制御基板100は、発射ハンドル18が回転操作されてタッチセンサ18aがオンで発射停止スイッチ18bがオフで下受け皿満タンスイッチ102がオフのときに発射モータ19を駆動して遊技球を発射し、タッチセンサ18aがオフか発射停止スイッチ18bがオンか下受け皿満タンスイッチ102がオンかのいずれかが成立したときに発射モータ19の駆動を停止して遊技球の発射を停止する。また、発射制御基板100は、払出制御基板80を介して主制御基板70と通信しており、タッチセンサ18aからの検知信号などの発射ハンドル18の操作状態に関するデータを払出制御基板80を介して主制御基板70に送信している。

0039

[主制御処理]
次に、主制御処理について説明する。図10は、主制御基板70のCPU70aにより実行される主制御処理の一例を示すフローチャートである。この処理は、パチンコ機10の電源投入されたときに実行される。主制御処理は、初期化処理などの電源投入に必要な電源投入処理を実行した後(S100)、遊技開始処理(S110)と、普通図柄遊技処理(S120)と、普通図柄当り遊技処理(S130)と、特別図柄遊技処理(S140)と、大当り遊技処理(S150)と、小当り遊技処理(S160)とを繰り返し実行することにより行われる。なお、本実施例では、S110〜S160の処理に要する時間は約4msecとなっているため、これらの処理は約4msecの間隔で繰り返し実行されることになる。主制御基板70は、これらの処理の実行に伴って、各種コマンドを担当する制御基板に送信してコマンドに応じた処理を実行させることにより、パチンコ機10の全体の遊技を進行させている。

0040

[遊技開始処理]
S110の遊技開始処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、各種センサ(ゲートスイッチ32aや第1始動口スイッチ36a,第2始動口スイッチ38a,大入賞口スイッチ44b,一般入賞口スイッチ45aなど)の状態を検出してRAM70cの所定の状態記憶領域に保存したり、各種乱数値(後述する大当り判定用乱数大当り図柄決定用乱数リーチ用乱数変動パターン決定用乱数など)を更新したりする。続いて、遊技球の入賞に関わるスイッチ(第1始動口スイッチ36aや第2始動口スイッチ38a,大入賞口スイッチ44b,一般入賞口スイッチ45aなど)により遊技球が検知されたか否かを判定し、検知されたと判定すると、払い出すべき賞球数を演算して賞球情報としてRAM70cの所定の賞球情報記憶領域に保存し、賞球情報が値0でないときには賞球数指定コマンド(賞球情報)を払出制御基板80に送信して遊技開始処理を終了する。払出制御基板80は、賞球数指定コマンドを受信すると、払出モータ86を駆動制御して遊技球を1球ずつ払い出すと共に払出前スイッチ84および払出後スイッチ85により払い出した遊技球が検知される度に賞球情報(未払い遊技球数)を値1ずつデクリメントする賞球払出処理を実行する。この賞球払出処理は、賞球情報が値0となるまで繰り返し実行されるが、遊技球の入賞が検知されて主制御基板70から新たな賞球数指定コマンドを受信すると、その賞球情報も値0となるまで処理が繰り返される。遊技開始処理が終了すると、主制御処理に戻って次のS120の普通図柄遊技処理に進む。

0041

[普通図柄遊技処理]
S120の普通図柄遊技処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、普通図柄の保留が値0でない即ち値1以上あるか否かを判定し、保留が値1以上あるときには保留数を値1だけデクリメントして普通図柄の当否判定を行なうと共に当否判定の結果に基づいて停止表示させる普通図柄(図5参照)を決定する。普通図柄の当否判定は、電サポあり状態(電サポあり低確率状態、電サポあり高確率状態)にないときには当り確率の低い(例えば、約0.8%)低確率用の普通図柄当り判定テーブルを用いて行われ、電サポあり状態にあるときには当り確率の高い(例えば、約99.2%)高確率用の普通図柄当り判定テーブルを用いて行われる。また、当否判定の結果が当りのときには、当り図柄を停止表示させる図柄に決定し、当否判定の結果が外れのときには、外れ図柄のうちのいずれかを停止表示させる図柄に決定する。そして、普通図柄の変動表示時間を設定して普通図柄の変動表示を開始し、変動表示時間が経過するのを待つ。変動表示時間の設定は、電サポあり状態にないときには長時間(例えば、30秒)に設定され、電サポあり状態にあるときには短時間(例えば、1秒)に短縮される。変動表示時間が経過すると、決定した図柄で普通図柄を停止表示し、停止表示した図柄が当り図柄のときには、普通電動役物39の開放時間を設定し、普通電動役物39の開放を開始して普通図柄遊技処理を一旦終了し、停止表示した図柄が外れ図柄のときには、何もせずに普通図柄遊技処理を終了する。普通電動役物39の開放時間は、電サポあり状態にないときには短時間(例えば0.5秒)
に設定され、電サポあり状態にあるときには長時間(例えば5秒)に延長される。また、普通電動役物39の開放は、上述したように、普通電動役物ソレノイド39bを駆動制御することによって、翼片部39aを左に開くことにより行なう。普通図柄遊技処理を終了すると、主制御処理に戻って次のS130の普通図柄当り遊技処理に進む。このように、電サポあり状態においては、普通図柄の当選確率を向上させ、且つ、普通図柄の変動時間を短縮する変動時間機能を作動させると共に、普通電動役物39の開放時間を延長する開放延長機能を作動させる。

0042

[普通図柄当り遊技処理]
S130の普通図柄当り遊技処理では、主制御基板70のCPU70aは、普通電動役物39が開放を開始してからの経過時間(開放経過時間)が普通図柄遊技処理で設定された設定時間に達しているか否か、規定数(例えば、8個)の遊技球が第2始動口38に入賞しているか否かを判定する。開放経過時間が設定時間に達しておらず規定数の遊技球が第2始動口38に入賞してもいないと判定すると、普通電動役物39の開放を維持したまま普通図柄当り遊技処理を一旦終了する。一方、開放経過時間が設定時間に達していると判定したり、開放経過時間が設定時間に達する前であっても既に規定数の遊技球が第2始動口38に入賞していると判定すると、普通電動役物39の駆動を停止して、普通図柄当り遊技処理を終了する。普通図柄当り遊技処理を終了すると、主制御処理に戻って次のS140の特別図柄遊技処理に進む。

0043

[特別図柄遊技処理]
S140の特別図柄遊技処理は、図11図13に示すフローチャートに従って実行される。特別図柄遊技処理が実行されると、主制御基板70のCPU70aは、まず、第1始動口スイッチ36aからの検知信号を入力して第1始動口36に遊技球が入賞したか否かを判定する(S200)。第1始動口36に遊技球が入賞したと判定すると、現在の第1特別図柄の保留数がその上限値(本実施例では、値4)よりも少ないか否かを判定する(S202)。第1特別図柄の保留数が上限値よりも少ないと判定したときには、第1特別図柄の保留数を値1だけインクリメントすると共に(S204)、判定用乱数を取得してRAM70cの所定の判定用乱数記憶領域に格納し(S206)、第1特別図柄保留発生時コマンドをサブ制御基板90に送信する(S208)。S206で取得される判定用乱数としては、第1始動口36への遊技球の入賞により行われる大当り判定の際に用いられる大当り判定用乱数や、当り判定の結果が大当りのときに第1特別図柄表示部42aに停止表示させる大当り図柄を決定するための大当り図柄決定用乱数などが挙げられる。また、第1特別図柄保留発生時コマンドには、判定用乱数を示すコマンドや保留数を示すコマンドが含まれている。これらのコマンドは、共通のコマンドとして送信するものとしてもよいし、別個のコマンドとして送信するものとしてもよい。なお、S200で第1始動口36に遊技球が入賞していないと判定したり、S202で第1特別図柄の保留数が上限値に達していると判定すると、S204〜S208の処理をスキップして次の処理に進む。

0044

続いて、第2始動口スイッチ38aからの検知信号を入力して第2始動口38に遊技球が入賞したか否かを判定する(S210)。第2始動口38に遊技球が入賞したと判定すると、現在の第2特別図柄の保留数がその上限値(本実施例では、値4)よりも少ないか否かを判定する(S212)。第2特別図柄の保留数が上限値よりも少ないと判定したときには、第2特別図柄の保留数を値1だけインクリメントすると共に(S214)、判定用乱数を取得してRAM70cの所定の判定用乱数記憶領域に格納し(S216)、第2特別図柄保留発生時コマンドをサブ制御基板90に送信する(S218)。S216で取得される判定用乱数としては、第2始動口38への遊技球の入賞により行われる大当り判定の際に用いられる大当り判定用乱数や、当り判定の結果が大当りのときに第2特別図柄表示部42bに停止表示させる大当り図柄を決定するための大当り図柄決定用乱数などが
挙げられる。また、第2特別図柄保留発生時コマンドには、判定用乱数を示すコマンドや保留数を示すコマンドが含まれている。これらのコマンドは、共通のコマンドとして送信するものとしてもよいし、別個のコマンドとして送信するものとしてもよい。なお、S210で第2始動口38に遊技球が入賞していないと判定したり、S212で第2特別図柄の保留数が上限値に達していると判定すると、S214〜S218の処理をスキップして次の処理に進む。

0045

次に、大当り遊技および小当り遊技のいずれかが実行中であるか否か(S220)、第1特別図柄および第2特別図柄のいずれかが変動表示中であるか否か(S222)、第1特別図柄および第2特別図柄のいずれかが停止表示時間中であるか否か(S224)をそれぞれ判定する。大当り遊技および小当り遊技のいずれかが実行中であると判定すると、これで特別図柄遊技処理を終了し、主制御処理に戻って次のS150の大当り遊技処理に進む。一方、大当り遊技および小当り遊技のいずれもが実行中でなく、第1特別図柄および第2特別図柄のいずれもが変動表示中でなく、第1特別図柄および第2特別図柄のいずれもが停止表示時間中でないと判定すると、第1特別図柄の保留数および第2特別図柄の保留数が値0であるか否かを判定する(S226)。第1特別図柄の保留数および第2特別図柄の保留数のいずれもが値0であると判定すると、そのまま特別図柄遊技処理を終了する。一方、第1特別図柄の保留数および第2特別図柄の保留数のいずれかが値0でないと判定すると、乱数記憶領域(RAM70c)に記憶されている第1特別図柄の判定用乱数および第2特別図柄の判定用乱数のうち最も古い判定用乱数を読み出し(S228)、変動表示関連処理を実行して(S230)、特別図柄遊技処理を一旦終了する。本実施例では、第1特別図柄の保留数と第2特別図柄の保留数がいずれも値0でないときには、判定用乱数記憶領域に記憶されている第1特別図柄の判定用乱数および第2特別図柄の判定用乱数のうち最も古いものから順に、即ち、第1始動口36および第2始動口38のうち遊技球が入球した順に消化する。勿論、保留の消化は、これに限定されるものではなく、第2特別図柄の保留の消化を第1特別図柄の保留の消化に優先して実行するものとしてもよい。また、S230の変動表示関連処理は、第1特別図柄の判定用乱数が読み出されると、図14の第1特別図柄変動表示関連処理が実行され、第2特別図柄の判定用乱数が読み出されると、図15の第2特別図柄変動表示関連処理が実行される。以下、図14の第1特別図柄変動表示関連処理と図15の第2特別図柄変動表示関連処理の詳細について順に説明する。

0046

図14の第1特別図柄変動表示関連処理では、まず、確変フラグがオンか否か、即ち現在の遊技状態が低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)と、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)のいずれの状態であるかを判定する(S300)。確変フラグがオフのとき、即ち現在の遊技状態が低確率状態のときにはS228で読み出した大当り判定用乱数とROM70bに記憶された低確率用大当り判定テーブルとを用いて大当り判定を行い(S302)、確変フラグがオンのとき、即ち現在の遊技状態が高確率状態のときにはS228で読み出した大当り判定用乱数とROM70bに記憶された高確率用大当り判定テーブルとを用いて大当り判定を行って(S304)、その判定結果が大当りか否かを判定する(S306)。大当り判定テーブルの一例を図16に示す。なお、図16(a)に低確率用大当り判定テーブルを示し、図16(b)に高確率用大当り判定テーブルを示す。低確率用大当り判定テーブルでは大当り判定用乱数が値0〜796のうち値60,61のときに大当りとし(1/398.5の大当り確率)、高確率用大当り判定テーブルでは当り判定用乱数が値0〜796のうち値60〜79のときに大当りとするものとした(1/39.85の大当り確率)。また、低確率用大当り判定テーブルでは大当り判定用乱数が値795,796のときに小当りとし、高確率用大当り判定テーブルでは当り判定用乱数が値0〜796のうち値775〜796のときに小当りとするものとした。

0047

S306で大当り判定の結果が大当りと判定したときには、判定用乱数記憶領域(RAM70c)から大当り図柄決定用乱数を読み出し(S308)、読み出した大当り図柄決定用乱数と大当り図柄決定テーブルとに基づいて停止表示させる大当り図柄を選択して決定する(S310)。ここで、第1特別図柄の大当り図柄の決定には、図17に例示する第1特別図柄の大当り図柄決定テーブルが用いられる。第1特別図柄の大当り図柄決定テーブルでは、図17に示すように、大当り図柄決定用乱数が値0〜255のうち値0〜101のときに図6の1段目の図柄が選択されて「16R通常大当り」となり(約40%の大当り振り分け確率)、大当り図柄決定用乱数が値102〜203のときに図6の2段目の図柄が選択されて「16R確変大当り」となる(約40%の大当り振り分け確率)。また、大当り図柄決定用乱数が値204〜230のときに図6の3段目の図柄が選択されて「2R通常大当り」となり(約10%の大当り振り分け確率)、大当り図柄決定用乱数が値231〜255のときに図6の4段目の図柄が選択されて「2R確変大当り」となる(約10%の大当り振り分け確率)。

0048

S306で大当り判定の結果が大当りでないと判定すると、小当りか否かを判定し(S312)、小当りと判定すると、小当り図柄を決定する(S314)。ここで、第1特別図柄の小当り図柄の決定には、図18に例示する第1特別図柄の小当り図柄決定テーブルが用いられる。第1特別図柄の小当り図柄決定テーブルでは、図18に示すように、大当り図柄決定用乱数が値0〜255のうちのすべてで図6の5段目の図柄が選択されて「小当り」となる。なお、本実施例では、小当り図柄の決定に、大当り図柄決定用乱数を用いるものとしたが、別途取得した小当り図柄決定用乱数を用いるものとしてもよい。なお、S312で大当り判定の結果が小当りでないと判定すると、外れであるから、外れ図柄を決定する(S316)。なお、外れ図柄は、詳細な説明は省略するが、例えば、大当り図柄決定用乱数と図示しない外れ図柄決定用テーブルとを用いて設定することができる。勿論、大当り図柄決定用乱数とは別に外れ図柄決定用乱数を取得するものとすれば、この外れ図柄決定用乱数と外れ図柄決定用テーブルとを用いて設定することもできる。

0049

こうして停止図柄を決定すると、図19に例示する変動パターンテーブルを設定する変動パターンテーブル設定処理を実行する(S318)。変動パターンテーブル設定処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、特殊モードフラグがオンであるか否か、即ち特殊モードが発生しているか否かを判定する(S350)。ここで、特殊モードは大当りや小当りを契機として当り遊技の終了後に発生する。なお、特殊モードの発生条件終了条件の詳細については後述する。特殊モードフラグがオンでないと判定すると、確変フラグがオンか否かを判定する(S352)。確変フラグがオンでないと判定すると、通常時変動パターンテーブルを設定し(S354)、確変フラグがオンと判定すると、確変時変動パターンテーブルを設定して(S356)、変動パターンテーブル設定処理を終了する。

0050

図20図23に、通常時変動パターンテーブルおよび確変時変動パターンテーブルの一例を示す。通常時変動パターンテーブルおよび確変時変動パターンテーブルは、図14の第1特別図柄変動表示関連処理のS310またはS314あるいはS316で設定される停止図柄(16R大当り図柄,2R大当り図柄,小当り図柄,外れ図柄)に応じて異なる変動パターンテーブルが設定される。停止図柄が16R大当り図柄の場合には、通常時および確変時のいずれも図20に示す16R大当り変動パターンテーブルが設定される。16R大当り変動パターンテーブルは、ROM70bに記憶されており、図20に示すように、変動パターン決定用乱数が値0〜255のうち値0〜4のときにノーマルリーチAを発生させる変動パターンP03(変動時間30秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値5〜9のときにノーマルリーチBを発生させる変動パターンP04(変動時間32秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値10〜132のときにスペシャルリーチAを発生させる変動パターンP05(変動時間61秒)が選択され、変動パターン決定用乱
数が値133〜255のときにスペシャルリーチBを発生させる変動パターンP06(変動時間65秒)が選択される。また、停止図柄が2R大当り図柄または小当り図柄の場合には、通常時および確変時のいずれも図21に示す2R大当り・小当り変動パターンテーブルが設定される。2R大当り・小当り変動パターンテーブルは、ROM70bに記憶されており、図21に示すように、変動パターン決定用乱数が値0〜255のうち値0〜58のときにノーマルリーチAを発生させる変動パターンP03(変動時間30秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値59〜117のときにノーマルリーチBを発生させる変動パターンP04(変動時間32秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値118〜185のときにスペシャルリーチAを発生させる変動パターンP05(変動時間61秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値186〜255のときにスペシャルリーチBを発生させる変動パターンP06(変動時間65秒)が選択される。さらに、停止図柄が外れ図柄の場合には、通常時変動パターンテーブルとして図22の外れ変動パターンテーブルが設定され、確変時変動パターンテーブルとして図23の外れ変動パターンテーブルが設定される。図22の通常時の外れ変動パターンテーブルは、ROM70bに記憶されており、保留数(第1特別図柄の保留数と第2特別図柄の保留数との和)に応じて異なるテーブルが選択される。本実施例では、保留数が1,2の場合には、変動パターン決定用乱数が値0〜255のうち値0〜132のときに通常変動(リーチ無し外れ)B1を発生させる変動パターンP02(変動時間10秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値133〜174のときにノーマルリーチAを発生させる変動パターンP03(変動時間30秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値175〜225のときにノーマルリーチBを発生させる変動パターンP04(変動時間32秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値226〜244のときにスペシャルリーチAを発生させる変動パターンP05(変動時間61秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値245〜255のときにスペシャルリーチBを発生させる変動パターンP06(変動時間65秒)が選択される。また、保留数が3〜8の場合には、変動パターン決定用乱数が値0〜168のときに通常変動(リーチ無し外れ)A1を発生させる変動パターンP01(変動時間2秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値169〜183のときにノーマルリーチAを発生させる変動パターンP03(変動時間30秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値184〜225のときにノーマルリーチBを発生させる変動パターンP04(変動時間32秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値226〜244のときにスペシャルリーチAを発生させる変動パターンP05(変動時間61秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値245〜255のときにスペシャルリーチBを発生させる変動パターンP06(変動時間65秒)が選択される。図23の確変時の外れ変動パターンテーブルも、ROM70bに記憶されており、保留数(第1特別図柄の保留数と第2特別図柄の保留数との和)に応じて異なるテーブルが選択される。本実施例では、保留数が1,2の場合に、変動パターン決定用乱数が値0〜132のときに通常変動B1を発生させる変動パターンP02(変動時間10秒)に代えて通常変動B2を発生させる変動パターンP8(変動時間5秒)が選択され、保留数が3〜8の場合に、変動パターン決定用乱数が値0〜168のときに通常変動A1を発生させる変動パターンP01(変動時間2秒)に代えて通常変動A2を発生させる変動パターンP7(変動時間1秒)が選択される点を除いて、図22の通常時の外れ変動パターンテーブルと同一の変動パターンが選択されるものとした。

0051

一方、S350で特殊モードフラグがオンであると判定すると、特殊モード時変動パターンテーブル設定処理を実行して(S358)、変動パターンテーブル設定処理を終了する。図24は、特殊モード時変動パターンテーブル設定処理の一例を示すフローチャートである。特殊モード時変動パターンテーブル設定処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、現在設定されている変動パターンテーブル設定スケジュールを判定する(S360)。ここで、変動パターンテーブル設定スケジュールは、当り遊技(大当り遊技および小当り遊技)終了後の特別図柄遊技処理の進行に伴って変動パターンテーブルを変遷させるパターンを定めたスケジュールデータ(テーブル使用データ)であり、本実施例で
は、スケジュールデータとして、スケジュールA〜C,X,Yの5種類が用意されている。図25に変動パターンテーブル設定スケジュールA〜Cの一例を示し、図26に変動パターンテーブル設定スケジュールX,Yの一例を示す。本実施例では、変動パターンテーブル設定スケジュールA〜C,X,YのうちスケジュールA,C,Xについては特殊モードで用いられるスケジュールとし、スケジュールB,Yについては前述したS356の確変確定モード時に用いられるスケジュールとした。S560で変動パターンテーブル設定スケジュールがスケジュールAと判定すると、スケジュールAに従って特殊モードが発生(当り遊技が終了)してからの特別図柄の変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを設定し(S362)、変動パターンテーブル設定スケジュールがスケジュールCと判定すると、スケジュールCに従って変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを設定し(S364)、変動パターンテーブル設定スケジュールがスケジュールXと判定すると、スケジュールXに従って変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを設定して(S366)、特殊モード時変動パターンテーブル設定処理を終了する。

0052

変動パターンテーブル設定スケジュールAは、電サポなし低確率状態(通常状態)で16R通常大当り図柄または16R確変大当り図柄1〜5により16R大当りを引いた場合に設定されるものであり、図25(a)に示すように、大当り遊技終了後に遊技状態が電サポあり低確率状態(時短状態)および電サポあり高確率状態(確変状態)のいずれが発生する場合にも共通の演出(確変状態か否かが不明な演出)を行うための変動パターンテーブルがセットされ、当り遊技終了後の変動回数Nが所定回数(10回)毎に遊技状態が確変状態か否かを示唆する確変判明演出を行うための変動パターンテーブルがセットされるスケジュールが組まれている。確変判明演出の実行回数は、大当り図柄の種別によって異なる回数が定められており、本実施例では、16R確変大当り図柄1では5回(特殊モードでの変動回数Nの限度回数は50回)に、16R確変大当り図柄2では4回(特殊モードでの変動回数Nの限度回数は40回)に、16R確変大当り図柄3では3回(特殊モードでの変動回数Nの限度回数は30回)に、16R確変大当り図柄4では2回(特殊モードでの変動回数Nの限度回数は20回)に、16R確変大当り図柄5では1回(特殊モードでの変動回数Nの限度回数は10回)に、16R通常大当り図柄では5回(特殊モードでの変動回数Nの限度回数は50回)にそれぞれ定められている。本実施例では、変動回数Nが限度回数に達する前の確変判明演出は、確変の期待度を示唆する演出が行われ、変動回数Nが限度回数に達したときの確変判明演出は、遊技状態が確変状態であるか否かを明確に示す演出が行われる。変動回数Nが限度回数に達すると、特殊モードは終了し、以降、そのときの遊技状態が電サポあり低確率状態(時短状態)であれば通常確定の演出(通常確定モード時の演出)が行われ、遊技状態が電サポあり高確率状態(確変状態)であれば確変確定の演出(確変確定モード時の演出)が行われることとなる。なお、変動パターンテーブル設定スケジュールAは、電サポなし低確率状態(通常状態)だけでなく、電サポあり低確率状態(時短状態)で16R通常大当り図柄または16R確変大当り図柄1〜5により16R大当りを引いた場合にも適用されるものとしてもよい。勿論、この場合には変動パターンテーブル設定スケジュールAとは異なるスケジュールを適用するものとしてもよい。また、変動パターンテーブル設定スケジュールBは、電サポあり高確率状態(確変状態)で16R確変大当り図柄2〜5により16R確変大当りを引いた場合に設定されるものであり、図25(b)に示すように、大当り遊技の終了直後から次に大当りを引くまで確変確定の演出を行うための変動パターンテーブルがセットされるスケジュールが組まれている。なお、変動パターンテーブル設定スケジュールBは、電サポあり高確率状態(確変状態)だけでなく、電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)で16R確変大当り図柄2〜5により16R確変大当りを引いた場合にも適用されるものとしてもよい。勿論、この場合には変動パターンテーブル設定スケジュールBとは異なるスケジュールを適用するものとしてもよい。また、変動パターンテーブル設定スケジュールCは、電サポあり高確率状態(確変状態)で16R確変大当り図柄1により16R確変大当りを引くか16R通常大当りを引いた場合に設定されるものであり、図25(c)に示すように、大
当り遊技終了からの変動回数Nが限度回数(50回)に達する前では前述した共通の演出(確変状態か否かが不明な演出)を行うための変動パターンテーブルがセットされ、変動回数が限度回数に達すると、確変判明演出を行うための変動パターンテーブルがセットされるスケジュールが組まれている。なお、変動パターンテーブル設定スケジュールCは、電サポあり高確率状態(確変状態)だけでなく、電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)で16R確変大当り図柄1により16R確変大当りを引くか16R通常大当りを引いた場合にも適用されるものとしてもよい。勿論、この場合には変動パターンテーブル設定スケジュールCとは異なるスケジュールを適用するものとしてもよい。

0053

また、変動パターンテーブル設定スケジュールXは、電サポなし低確率状態(通常状態)で2R大当り(2R確変大当り図柄1〜5,2R通常大当り図柄)を引くか小当りを引いた場合に設定されるものであり、図26(a)に示すように、変動回数Nが限度回数に達する前では前述した共通の演出を行うための変動パターンテーブルがセットされ、変動回数Nが限度回数に達すると、確変判明演出を行うための変動パターンテーブルがセットされるスケジュールが組まれている。また、変動パターンテーブル設定スケジュールXは、電サポあり高確率状態(確変状態)で2R確変大当り図柄1による2R確変大当りを引くか2R通常大当りを引いた場合にも適用される。なお、変動パターンテーブル設定スケジュールXは、電サポあり低確率状態(時短状態)で2R大当り(2R確変大当り図柄1〜5,2R通常大当り図柄)を引くか小当りを引いた場合や、電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)で2R確変大当り図柄1による2R確変大当りを引くか2R通常大当りを引いた場合にも適用されるものとしてもよい。勿論、これらの場合には、変動パターンテーブル設定スケジュールXとは異なるスケジュールを適用するものとしてもよい。一方、変動パターンテーブル設定スケジュールYは、電サポあり高確率状態(確変状態)で2R確変大当り図柄2〜5により2R確変大当りを引くか小当りを引いた場合に設定されるものであり、図26(b)に示すように、当り遊技の終了直後から次に大当りを引くまで確変確定の演出(確変確定モード時の演出)を行うための変動パターンテーブルがセットされる。なお、変動パターンテーブル設定スケジュールYは、電サポあり高確率状態(確変状態)だけでなく、電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)で2R確変大当り図柄2〜5により2R確変大当りを引くか小当りを引いた場合にも適用されるものとしてもよい。勿論、この場合には、変動パターンテーブル設定スケジュールYとは異なるスケジュールを適用するものとしてもよい。

0054

図27に、特殊モード時における共通演出用の変動パターンテーブルの一例を示す。共通演出用の変動パターンテーブルは、ROM70bに記憶されており、停止図柄が16R大当り図柄(16R通常大当り図柄,16R確変大当り図柄)の場合と、2R大当り図柄(2R通常大当り図柄,2R確変大当り図柄)または小当り図柄の場合と、外れ図柄の場合とで異なるテーブルが用いられる。停止図柄が16R大当りの場合に用いられる変動パターンテーブルでは、変動パターン決定用乱数が値0〜255のうち値0〜4のときにノーマルリーチCを発生させる変動パターンP13(変動時間31秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値5〜9のときにノーマルリーチDを発生させる変動パターンP14(変動時間33.5秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値10〜132のときにスペシャルリーチCを発生させる変動パターンP15(変動時間60秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値133〜255のときにスペシャルリーチDを発生させる変動パターンP16(変動時間62秒)が選択される。また、停止図柄が2R大当り図柄または小当り図柄の場合に用いられる変動パターンテーブルでは、変動パターン決定用乱数が値0〜255のうち値0〜58のときにノーマルリーチCを発生させる変動パターンP13(変動時間31秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値59〜117のときにノーマルリーチDを発生させる変動パターンP14(変動時間33.5秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値118〜185のときにスペシャルリーチCを発生させる変動パターンP15(変動時間60秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値186〜2
55のときにスペシャルリーチDを発生させる変動パターンP16(変動時間62秒)が選択される。また、停止図柄が外れ図柄の場合に用いられる変動パターンテーブルでは、保留数に応じて異なるテーブルが選択される。本実施例では、保留数が1,2の場合には、変動パターン決定用乱数が値0〜255のうち値0〜132のときに通常変動(リーチ無し外れ)Dを発生させる変動パターンP12(変動時間12秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値133〜174のときにノーマルリーチCを発生させる変動パターンP13(変動時間31秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値175〜225のときにノーマルリーチDを発生させる変動パターンP14(変動時間33.5秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値226〜244のときにスペシャルリーチCを発生させる変動パターンP15(変動時間60秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値245〜255のときにスペシャルリーチDを発生させる変動パターンP16(変動時間62秒)が選択される。また、保留数が3〜8の場合には、変動パターン決定用乱数が値0〜168のときに通常変動(リーチ無し外れ)Cを発生させる変動パターンP11(変動時間2.5秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値169〜183のときにノーマルリーチCを発生させる変動パターンP13(変動時間31秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値184〜225のときにノーマルリーチDを発生させる変動パターンP14(変動時間33.5秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値226〜244のときにスペシャルリーチCを発生させる変動パターンP15(変動時間60秒)が選択され、変動パターン決定用乱数が値245〜255のときにスペシャルリーチDを発生させる変動パターンP16(変動時間62秒)が選択される。

0055

図28は、特殊モード時における確変判明演出用の変動パターンテーブルの一例を示す。確変判明演出用の変動パターンテーブルは、ROM70bに記憶されており、停止図柄が16R大当り図柄の場合と2R大当り図柄または小当り図柄の場合と外れ図柄の場合のいずれも同一の変動パターンテーブルが用いられる。具体的には、図28に示すように、変動パターン決定用乱数が値0〜255のすべてで確変判明演出を発生させる変動パターンP17(変動時間120秒)が選択される。なお、確変判明演出用の変動パターンテーブルを、停止図柄が16R大当り図柄の場合と2R大当り図柄または小当り図柄の場合と外れ図柄の場合とで異なるテーブルとしてもよいことは勿論である。

0056

なお、上述した各変動パターンテーブル(図20図23図27図28)は、便宜上、少数のパターンを記憶したテーブルを示しているが、実際には、より多数のパターン(例えば、20種類以上のパターン)を記憶したテーブルが用いられる。

0057

図14の第1特別図柄変動表示関連処理に戻って、こうして変動パターンテーブルを設定すると、変動パターン決定用乱数を読み出し(S320)、読み出した変動パターン決定用乱数と設定した変動パターンテーブルとを用いて変動パターンを設定する(S322)。そして、第1特別図柄の変動表示を開始すると共に(S324)、第1特別図柄の保留数を値1だけデクリメントし(S326)、図柄変動開始時コマンドをサブ制御基板90に送信して(S328)、第1特別図柄変動表示関連処理を終了する。ここで、図柄変動開始時コマンドには、大当り判定の結果が大当りのときには大当り変動パターンおよびそのパターンにおける変動時間(変動パターン指定コマンド)と大当り停止図柄(特別図柄停止情報指定コマンド)とが含まれ、大当り判定の結果が小当りのときには小当り変動パターンおよびそのパターンにおける変動時間(変動パターン指定コマンド)と小当り停止図柄(特別図柄停止情報指定コマンド)とが含まれる。また、大当り判定の結果が外れのときには外れ変動パターンおよびそのパターンにおける変動時間(変動パターン指定コマンド)と外れ停止図柄(特別図柄停止情報指定コマンド)とが含まれている。図柄変動開始時コマンドを受信したサブ制御基板90は、コマンドを解析し、その解析結果に基づいて演出表示装置34の画面上で行う演出内容を決定し、その決定に応じた制御信号(演出コマンド)を演出表示制御基板91に出力して演出表示装置34の制御を行う。

0058

次に、図15の第2特別図柄変動表示関連処理を説明する。なお、図15の第2特別図柄変動表示関連処理の各ステップのうち図14の第1特別図柄変動表示関連処理と同一のステップについては、同一のステップ番号を付した。図15の第2特別図柄変動表示関連処理では、2R大当りおよび小当りに関する図14のS312,S314の処理が省略されている点を除いて、図14の第1特別図柄変動表示関連処理と同一の処理により実行される。また、第2特別図柄変動表示関連処理のS302,S304で実行される大当り判定で図16の大当り判定テーブルに代えて図29の大当り判定テーブルが用いられる。さらに、S306で大当り判定の結果が大当りと判定したときに、S310で大当り図柄を決定する際に図17の大当り図柄決定テーブルに代えて図30の大当り図柄決定テーブルが用いられる。なお、図29の大当り判定テーブルは、小当りを外れに置き換えた点を除いて図16の大当り判定テーブルと同一である。また、図30の大当り図柄決定テーブルでは、大当り図柄決定用乱数が値0〜255のうち値0〜101のときに「16R通常大当り」となり(約40%の大当り振り分け確率)、大当り図柄決定用乱数が値102〜255のときに「16R確変大当り」となる(約60%の大当り振り分け確率)。

0059

図13図15の特別図柄遊技処理に戻って、特別図柄(第1特別図柄または第2特別図柄)の変動表示が開始された後に特別図柄遊技処理が実行されると、S222で第1特別図柄および第2特別図柄のいずれかが変動表示中と判定するため、主制御基板70のCPU70aは、変動表示時間が経過したか否かを判定する(S232)。変動表示時間は特別図柄の変動パターンを決定する際に変動パターンに応じて決定されているから、変動表示時間が経過したか否かは、特別図柄の変動表示が開始されてからの経過時間と決定されている変動表示時間とを比較することにより行うことができる。変動表示時間が経過していないと判定すると、特別図柄遊技処理を一旦終了する。変動表示時間が経過していると判定すると、変動中の特別図柄の変動表示を停止し(S234)、図柄停止コマンドをサブ制御基板90に送信する(S236)。この図柄停止コマンドを受信したサブ制御基板90(演出表示制御基板91)は、演出表示装置34での図柄変動演出を終了させる。そして、停止表示時間を設定し(S238)、停止表示時間が経過したか否かを判定する(S240)。ここで、停止表示時間は、特別図柄の変動表示を停止してから次に変動表示を開始するまでのインターバルであり、例えば0.6秒に設定される。停止表示時間が経過していないと判定すると、特別図柄遊技処理を一旦終了する。特別図柄の停止表示がなされた後に、特別図柄遊技処理が実行されると、S224で停止表示時間中と判定するため、再びS240で停止表示時間が経過したか否かを判定し、停止表示時間が経過していると判定すると、停止表示している特別図柄が大当り図柄であるか否かを判定する(S242)。

0060

S242で大当り図柄であると判定すると、大当り遊技フラグをオンとすると共に(S244)、大当り遊技開始指定コマンドをサブ制御基板90に送信する(S246)。これにより、後述する大当り遊技処理によって大当り遊技が開始されることになる。また、大当り遊技中には、普通図柄や特別図柄の当り確率を低確率とするとともに、変動時間短縮機能および開放延長機能を作動停止させるために、確変フラグがオンのときには確変フラグをオフとし(S248,S250)、変動短縮フラグがオンのときには変動短縮フラグをオフとすると共に開放延長フラグをオフとして(S252〜S256)、特別図柄遊技処理を終了し、主制御処理に戻って次のS150の大当り遊技処理に進む。

0061

一方、S242で大当り図柄でないと判定すると、停止表示している特別図柄が小当り図柄であるか否かを判定する(S258)。小当り図柄であると判定すると、小当り遊技フラグをオンとすると共に(S260)、小当り遊技開始指定コマンドをサブ制御基板90に送信する(S262)。これにより、後述する小当り遊技処理によって小当り遊技が開始されることになる。一方、小当り図柄でないと判定すると、特殊モードが発生中か否
かを判定し(S264)、特殊モードが発生中と判定すると、特殊モード終了処理を実行し(S266)、特殊モードが発生中でないと判定すると、S266をスキップする。そして、変動短縮フラグがオンであるか否かを判定し(S268)、変動短縮フラグがオンでないときには特別図柄遊技処理を一旦終了する。変動短縮フラグがオンのときには変動短縮カウンタを値1だけデクリメントし(S270)、変動短縮カウンタが値0であるか否かを判定する(S272)。ここで、変動短縮カウンタは、電サポあり状態(電サポあり低確率状態、電サポあり高確率状態)を維持する特別図柄の変動回数の上限値を示すものであり、大当り遊技の終了に際して大当り態様に応じた値がセットされる。変動短縮カウンタが値0でないときには、電サポあり状態(電サポあり低確率状態、電サポあり高確率状態)を維持したまま特別図柄遊技処理を一旦終了し、変動短縮カウンタが値0のときには、電サポあり状態(電サポあり低確率状態、電サポあり高確率状態)を終了させるために、変動短縮フラグをオフとすると共に(S274)、開放延長フラグをオフとし(S276)、遊技状態指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S278)、特別図柄遊技処理を一旦終了する。これにより、パチンコ機10の遊技状態は、電サポあり状態(電サポあり低確率状態、電サポあり高確率状態)から電サポなし状態(電サポなし低確率状態、電サポなし高確率状態)に変更されることになる。なお、遊技状態指定コマンドには、パチンコ機10の現在の遊技状態を示す変動短縮フラグや開放延長フラグの設定状況などが含まれる。遊技状態指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に遊技状態を示す演出コマンドを送信して演出表示装置34の背景画面時短用の背景から非時短用の背景に変更する等の処理を行う。なお、S270の判定は低確率モード高確率モードかに拘わらず実行されるが、16R確変大当りでは、大当り遊技の終了後に、変動短縮カウンタに10,000回が設定されるため、これらの確変大当りの場合に、変動短縮カウンタが値0となることは通常あり得ず、次回に大当りを引くまで電サポあり高確率状態が終了することはない。

0062

[大当り遊技処理]
S150の大当り遊技処理は、図31に示すフローチャートに従って実行される。図31の大当り遊技処理が実行されると、主制御基板70のCPU70aは、まず、大当り遊技フラグがオンか否か、即ち大当り遊技中か否かを判定する(S400)。大当り遊技フラグがオフと判定すると、そのまま大当り遊技処理を終了する。一方、大当り遊技フラグがオンと判定すると、大当り遊技を開始するタイミングか否かを判定し(S402)、大当り遊技の開始タイミングである場合には、大当りの種類が2R大当り(2R確変大当り)であるか否かを判定する(S404)。2R大当りであると判定すると、残りラウンド数に値2を設定すると共に(S406)、大入賞口44の開放時間を短時間(本実施例では0.5秒)に設定し(S408)、2R大当りでないと判定すると、16R大当り(16R通常大当り、16R確変大当り)であるから、残りラウンド数に値16を設定すると共に(S410)、大入賞口44の開放時間を長時間(本実施例では25秒)に設定する(S412)。なお、大当り遊技の開始タイミングでない場合には、残りラウンド数や開放時間は設定済みであるから、S404〜S412の処理をスキップして次のS414の処理に進む。

0063

そして、大入賞口44が開放中であるか否かを判定し(S414)、大入賞口44が開放中でない(閉鎖中である)と判定すると、大入賞口44の閉鎖時間(本実施例では2秒)が経過したか否かを判定する(S416)。大入賞口44の閉鎖時間が経過したと判定すると、大入賞口44が開放されるよう大入賞口ソレノイド44aを駆動制御すると共に(S418)、残りラウンド数を値1だけデクリメントして(S420)、大当り遊技処理を一旦終了する。一方、大入賞口44の閉鎖時間が経過していないと判定すると、大当り遊技処理を一旦終了する。

0064

S414で大入賞口44が開放中であると判定すると、大入賞口44の開放時間が経過
したか否か(S422)、大入賞口44に入賞した遊技球の数が規定数(本実施例では、10個)に達したか否か(S424)、をそれぞれ判定する。ここで、S422の処理は、大当りの種類に応じてS406あるいはS410で設定された開放時間が経過したか否かを判定することにより行うことができる。S422で大入賞口44の開放時間が経過していないと判定し且つS424で大入賞口44に入賞した遊技球の数が規定数に達していないと判定すると、大入賞口44の開放を維持したまま大当り遊技処理を一旦終了する。一方、S422で大入賞口44の開放時間が経過していると判定したり、S424で大入賞口44に入賞した遊技球の数が規定数に達したと判定すると、大入賞口44が閉鎖されるよう大入賞口ソレノイド44aを駆動制御し(S426)、残りラウンド数が値0よりも多いか否かを判定する(S428)。残りラウンド数が値0よりも多いときには、大当り遊技処理を一旦終了し、残りラウンド数が値0のときには、図32に例示する大当り遊技終了時処理を実行して(S430)、大当り遊技処理を終了する。

0065

図32の大当り遊技終了時処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、大当り遊技フラグをオンからオフとし(S450)、大当り図柄が確変図柄、即ち16R確変大当り図柄および2R確変大当り図柄のいずれかであるかを判定する(S452)。大当り図柄が確変図柄でないと判定すると、16R通常大当り図柄か否かを判定する(S454)。16R通常大当り図柄と判定すると、変動短縮カウンタを50回に設定して(S456)、変動短縮フラグをオンとすると共に(S458)、開放延長フラグをオンとする(S460)。そして、16R大当り時特殊モード発生処理を実行する(S462)。ここで、16R大当り時特殊モード発生処理は、特殊モードを発生させて図25の変動パターンテーブル設定スケジュールA〜Cのいずれかをセットするための処理であり、その詳細については後述する。16R大当り時特殊モード発生処理を実行すると、大当り終了指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S464)、大当り遊技終了時処理を終了する。これにより、16R通常大当り図柄に係る大当り遊技終了後には、電サポあり低確率状態で特別図柄遊技処理が開始されることとなる。大当り遊技終了指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に遊技状態を示す演出コマンドを送信して演出表示装置34の背景画面を時短用の背景に設定する等の処理を行う。一方、16R通常大当り図柄でないと判定すると、2R通常大当り図柄であるから、変動短縮カウンタを設定することなく、2R大当り・小当り時特殊モード発生処理を実行する(S472)。ここで、2R大当り・小当り時時特殊モード発生処理は、特殊モードを発生させて図26の変動パターンテーブル設定スケジュールX,Yのいずれかをセットするための処理であり、その詳細については後述する。2R大当り・小当り時特殊モード発生処理を実行すると、大当り終了指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S464)、大当り遊技終了時処理を終了する。これにより、2R通常大当り図柄に係る大当り遊技終了後には、電サポなし低確率状態で特別図柄遊技処理が開始されることとなる。

0066

S452で大当り図柄が確変図柄と判定すると、確変フラグをオンとし(S466)、確変図柄が16R確変大当り図柄か否かを判定する(S468)。確変図柄が16R確変大当り図柄と判定すると、変動短縮カウンタを10,000回に設定して(S470)、変動短縮フラグをオンとすると共に開放延長フラグをオンとし、16R大当り時特殊モード発生処理を実行し、大当り遊技終了指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S458〜S464)、大当り遊技終了時処理を終了する。これにより、16R確変大当り図柄に係る大当り遊技終了後には、電サポあり高確率状態で特別図柄遊技処理が開始されることとなる。なお、前述したように、変動短縮カウンタが10,000回に設定されると、実質的には、次回の大当りを引くまで電サポあり高確率状態が継続される。また、大当り遊技終了指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に遊技状態を示す演出コマンドを送信して演出表示装置34の背景画面を確変用の背景に設定する等の処理を行う。

0067

S468で確変図柄が16R確変大当り図柄でないと判定すると、2R確変大当り図柄であるから、2R大当り・小当り時特殊モード発生処理を実行し(S472)、大当り終了指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S464)、大当り遊技終了時処理を終了する。これにより、2R確変大当り図柄に係る大当り遊技終了後には、電サポなし高確率状態で特別図柄遊技処理が開始されることとなる。また、大当り遊技終了指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に遊技状態を示す演出コマンドを送信して演出表示装置34の背景画面を通常用の背景に設定する等の処理を行う。2R確変大当りでは、大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポなし高確率状態となるが、演出表示装置34の背景画面は通常用の背景と変わらないため、遊技者は演出表示装置34の画面から電サポなし高確率状態であることを認識することはできない。

0068

[小当り遊技処理]
S160の小当り遊技処理は、図33に示すフローチャートに従って実行される。図33の小当り遊技処理が実行されると、主制御基板70のCPU70aは、まず、小当り遊技フラグがオンか否か、即ち小当り遊技中か否かを判定する(S500)。小当り遊技フラグがオフと判定すると、そのまま小当り遊技処理を終了する。一方、小当り遊技フラグがオンと判定すると、小当り遊技を開始するタイミングか否かを判定し(S502)、大当り遊技の開始タイミングである場合には、残りラウンド数に値2を設定すると共に(S504)、大入賞口44の開放時間を短時間(本実施例では0.5秒)に設定する(S506)。なお、小当り遊技の開始タイミングでない場合には、残りラウンド数や開放時間は設定済みであるから、S504,S506の処理をスキップして次のS508の処理に進む。

0069

そして、大入賞口44が開放中であるか否かを判定し(S508)、大入賞口44が開放中でない(閉鎖中である)と判定すると、大入賞口44の閉鎖時間(本実施例では2秒)が経過したか否かを判定する(S510)。大入賞口44の閉鎖時間が経過したと判定すると、大入賞口44が開放されるよう大入賞口ソレノイド44aを駆動制御すると共に(S512)、残りラウンド数を値1だけデクリメントして(S514)、小当り遊技処理を一旦終了する。一方、大入賞口44の閉鎖時間が経過していないと判定すると、小当り遊技処理を一旦終了する。

0070

S508で大入賞口44が開放中であると判定すると、大入賞口44の開放時間が経過したか否かを判定する(S516)。小当り時の大入賞口44の開放時間は、2R確変大当り時の大入賞口44の開放時間と同一(本実施例では0.5秒)である。S516で大入賞口44の開放時間が経過していないと判定すると、大入賞口44の開放を維持したまま小当り遊技処理を一旦終了する。一方、S516で大入賞口44の開放時間が経過していると判定すると、大入賞口44が閉鎖されるよう大入賞口ソレノイド44aを駆動制御し(S518)、残りラウンド数が値0よりも多いか否かを判定する(S520)。残りラウンド数が値0よりも多いときには、小当り遊技処理を一旦終了し、残りラウンド数が値0のときには、図34に例示する小当り遊技終了時処理を実行して(S522)、小当り遊技処理を終了する。

0071

図34の小当り遊技終了時処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、小当り遊技フラグをオンからオフとし(S550)、2R確変大当り時に図32の大当り遊技終了時処理のS472で実行される2R大当り・小当り時特殊モード発生処理(2R大当り時に行われる処理)と同一の処理を実行する(S552)。そして、小当り終了指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S554)、小当り遊技終了時処理を終了する。なお、小当り遊技が発生した場合、小当り遊技の前後で遊技状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態、電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)の変化はないから、演出表示装置34の背景画面も小当り遊技の前後で変化しないように構成される。

0072

[16R大当り時特殊モード発生処理]
次に、図32の大当り遊技終了時処理のS462で実行される16R大当り時特殊モード発生処理について説明する。図35は、16R大当り時特殊モード発生処理の一例を示すフローチャートである。16R大当り時特殊モード発生処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、今回の16R大当りが発生したときの遊技状態が低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)であるか否かを判定する(S480)。遊技状態が低確率状態であると判定すると、変動パターンテーブル設定スケジュールAをセットする(S482)。変動パターンテーブル設定スケジュールAは、前述したように、大当り遊技終了後に遊技状態が電サポあり低確率状態(時短状態)および電サポあり高確率状態(確変状態)のいずれが発生する場合にも共通の演出が行われ、大当り遊技終了後の変動回数Nが所定回数(10回)毎に遊技状態が確変状態か否かを示唆する確変判明演出が行われるスケジュールである(図25(a)参照)。そして、特殊モードフラグをオンにし(S484)、特殊モードカウンタを設定する(S486)。ここで、特殊モードカウンタは、特殊モードの継続回数を示すカウンタであり、本実施例では、図36に示す16R大当り時の特殊モードカウンタ設定テーブルを用いて設定される。特殊モードカウンタ設定テーブルでは、当り図柄が16R確変大当り図柄1および16R通常大当り図柄のいずれかである場合に50回が選択され、当り図柄が16R確変大当り図柄2の場合に40回が選択され、当り図柄が16R確変大当り図柄3の場合に30回が選択され、当り図柄が16R確変大当り図柄4の場合に20回が選択され、当り図柄が16R確変大当り図柄5の場合に10回が選択される。特殊モードカウンタを設定すると、特別図柄の変動回数Nを値0に初期化し(S488)、モード指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S490)、16R大当り時特殊モード発生処理を終了する。モード指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に特殊モード用の演出を指示する演出コマンドを送信して演出表示装置34の画面を特殊モード用の画面に設定する等の処理を行う。

0073

S480で今回の16R大当りが発生したときの遊技状態が低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)でないと判定すると、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)と判断し、今回の大当り発生時の図柄が16R確変大当り図柄1〜5のうち特定の確変図柄(本実施例では16R確変大当り図柄2〜5)であるか否かを判定する(S492)。特定の確変図柄であると判定すると、変動パターンテーブル設定スケジュールBをセットすると共に(S494)、特殊モードフラグをオフにして(S496)、16R大当り時特殊モード発生処理を終了する。変動パターンテーブル設定スケジュールBは、前述したように、大当り遊技の終了直後から次に大当りを引くまで確変確定の演出が行われるスケジュールである(図25(b)参照)。

0074

S492で今回の大当り発生時の図柄が特定の確変図柄でない、即ち、16R確変大当り図柄1および16R通常大当り図柄のいずれかと判定すると、変動パターンテーブル設定スケジュールCをセットする(S498)。変動パターンテーブル設定スケジュールCは、前述したように、大当り遊技終了からの変動回数Nが限度回数(50回)に達する前では共通の演出が行われ、変動回数が限度回数に達すると、確変判明演出が行われるスケジュールである(図25(c)参照)。そして、特殊モードフラグをオンにすると共に特殊モードカウンタを設定し、特別図柄の変動回数Nを値0に初期化し、モード指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S484〜S490)、16R大当り時特殊モード発生処理を終了する。

0075

[2R大当り・小当り時特殊モード発生処理]
次に、図32の大当り遊技終了時処理のS472または図34の小当り遊技終了時処理のS552で実行される2R大当り・小当り時特殊モード発生処理について説明する。図
37は、2R大当り・小当り時特殊モード発生処理の一例を示すフローチャートである。2R大当り・小当り時特殊モード発生処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、今回の2R大当りまたは小当りが発生したときの遊技状態が低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)であるか否かを判定する(S560)。遊技状態が低確率状態であると判定すると、変動パターンテーブル設定スケジュールXをセットする(S562)。変動パターンテーブル設定スケジュールXは、変動回数Nが限度回数に達する前では共通の演出が行われ、変動回数Nが限度回数に達すると、確変判明演出が行われるスケジュールである(図26(a)参照)。そして、特殊モードフラグをオンにし(S564)、特殊モードカウンタを設定する(S566)。図38に、2R大当り・小当り時の特殊モードカウンタ設定テーブルの一例を示す。2R大当り・小当り時の特殊モードカウンタ設定テーブルは、図38に示すように、当り図柄が2R確変大当り図柄1および2R通常大当り図柄ならびに小当り図柄のいずれかである場合に5回が選択され、当り図柄が2R確変大当り図柄2の場合に4回が選択され、当り図柄が2R確変大当り図柄3の場合に3回が選択され、当り図柄が2R確変大当り図柄4の場合に2回が選択され、当り図柄が2R確変大当り図柄5の場合に1回が選択される。特殊モードカウンタを設定すると、特別図柄の変動回数Nを値0に初期化し(S568)、モード指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S570)、2R大当り時特殊モード発生処理を終了する。モード指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に特殊モード用の演出を指示する演出コマンドを送信して演出表示装置34の画面を特殊モード用の画面に設定する等の処理を行う。

0076

S560で今回の2R大当りまたは小当りが発生したときの遊技状態が低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)でないと判定すると、今回の当り発生時の図柄が2R確変大当り図柄1〜5のうち特定の2R確変大当り図柄(本実施例では2R確変大当り図柄2〜5)であるか否か(S572)、小当り図柄であるか否か(S574)、をそれぞれ判定する。今回の当り発生時の図柄が特定の2R確変大当り図柄であると判定したり、小当り図柄と判定すると、変動パターンテーブル設定スケジュールYをセットし(S576)、特殊モードフラグをオフにして(S578)、2R大当り・小当り時特殊モード発生処理を終了する。変動パターンテーブル設定スケジュールYは、大当り遊技の終了直後から次に大当りを引くまで確変確定の演出が行われるスケジュールである(図26(b)参照)。一方、S572,S574で特定の2R確変大当り図柄でなく且つ小当り図柄でもないと判定すると、2R確変大当り図柄1および2R通常大当り図柄のいずれかであるから、変動パターンテーブル設定スケジュールXをセットし、S564〜S570の処理を実行して、2R大当り・小当り時特殊モード発生処理を終了する。

0077

[特殊モード終了処理]
次に、特殊モードが発生している最中に、特別図柄が外れ図柄で停止表示されたときに図13の特別図柄遊技処理のS266で実行される特殊モード終了処理について説明する。図39は、主制御基板70のCPU70aにより実行される特殊モード終了処理の一例を示すフローチャートである。特殊モード終了処理では、主制御基板70のCPU70aは、まず、特殊モードカウンタが値0か否かを判定する(S600)、特殊モードカウンタが値0でないと判定すると、特殊モードを維持したまま、特殊モード終了処理を終了する。一方、特殊モードカウンタが値0と判定すると、特殊モードを終了させるために、特殊モードフラグをオフにすると共に(S602)、モード指定コマンドをサブ制御基板90に送信して(S604)、特殊モード終了処理を終了する。これにより、特殊モードが終了し、以降は、確変フラグがオフであれば通常確定モードで特別図柄遊技処理が実行され、確変フラグがオンであれば確変確定モードで特別図柄遊技処理が実行されることとなる。なお、通常確定モードが実行される場合、モード指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に通常確定モードを示す演出コマンドを送信して演出表示装置34の画面を特殊モード用の画面から通常確定モード用の画面に変更する
等の処理を行う。一方、確変確定モードが実行される場合、モード指定コマンドを受信したサブ制御基板90は、例えば、演出表示制御基板91に確変確定モードを示す演出コマンドを送信して演出表示装置34の画面を特殊モード用の画面から確変確定モード用の画面に変更する等の処理を行う。

0078

[図柄変動演出処理]
次に、サブ制御基板90のCPU90aにより実行される図柄変動遊技処理について説明する。図柄変動演出処理は、図40に例示するフローチャートに従って実行される。図40の図柄変動演出処理では、サブ制御基板90のCPU90aは、まず、図14の第1特別図柄変動表示関連処理のS328または図15の第2特別図柄変動表示関連処理のS328で主制御基板70により送信される図柄変動開始時コマンドを受信したか否かを判定する(ステップS700)。図柄変動開始時コマンドを受信したと判定すると、その受信したコマンドに基づき今回の大当り判定の結果が大当りか否かを判定し(ステップS702)、大当りのときには、16R大当り(16R通常大当り,16R確変大当り)か否かを判定し(S704)、大当りでないときには、小当りか否かを判定する(S706)。16R大当りと判定すると、演出図柄の停止図柄に16R大当り用の図柄を設定すると共に(S708)、16R大当り演出パターンを設定する(S710)。一方、S704で16R大当りでない、即ち2R確変大当りと判定したり、S706で小当りと判定すると、演出図柄の停止図柄に2R大当り・小当り用の図柄を設定すると共に(S712)、2R大当り・小当り演出パターンを設定する(S714)。また、S706で小当りでない、即ち外れと判定すると、演出図柄の停止図柄に外れ用の図柄を設定すると共に(S716)、外れ演出パターンを設定する(S718)。各種演出図柄の停止図柄は停止図柄決定テーブルを用いて決定され、各種演出パターンは演出パターンテーブルを用いて決定される。

0079

図41に演出パターンテーブルの一例を示す。演出パターンテーブルは、図41に示すように、特別図柄の変動パターンと演出図柄の演出パターンとが対応付けられたものとして構成されている。具体的には、特別図柄の変動パターンがP01,P02,P07,P08,P11,P12の場合には、それぞれ通常変動パターンA1,B1,A2,B2,C,Dが設定され、特別図柄の変動パターンがP03,P04,P13,P14の場合には、それぞれノーマルリーチパターンA,B,C,Dが設定され、特別図柄の変動パターンがP05,P06,P15,P16の場合には、それぞれスペシャルリーチパターンA,B,C,Dが設定される。また、特別図柄の変動パターンがP17の場合には、確変判明演出パターンが設定される。

0080

こうして演出図柄の停止図柄と演出パターンとを設定すると、図柄変動演出を開始する(S720)。この処理は、演出図柄の停止図柄と演出パターンとに基づく図柄変動演出の開始を指示する演出コマンド(図柄変動演出開始コマンド)を演出表示制御基板91に送信することによって行われる。演出コマンドを受信した演出表示制御基板91は、演出表示装置34の表示画面上で図柄変動演出(演出図柄の変動表示)が開始されるよう表示制御する。S700で図柄変動開始時コマンドを受信していないと判定した場合またはS720で図柄変動演出を開始した場合には、図12の特別図柄遊技処理のS236で主制御基板70により送信される図柄停止コマンドを受信したか否かを判定し(S722)、図柄停止コマンドを受信していないときには図柄変動演出処理を終了し、図柄停止コマンドを受信しているときには図柄変動演出を終了して(S724)、図柄変動演出処理を終了する。なお、S724の処理は、図柄変動演出の終了を指示する演出コマンド(図柄変動演出終了コマンド)を演出表示制御基板91に送信することによって行われる。演出コマンドを受信した演出表示制御基板91は、演出表示装置34で図柄変動演出(演出図柄の変動表示)が終了して、S708またはS712あるいはS716で設定された演出図柄の停止図柄が停止表示されるよう表示制御する。

0081

図42に、通常状態から16R確変大当り図柄2による大当りが発生したことを契機として特殊モードの変動パターンテーブル設定スケジュールAがセットされた場合の図柄変動演出の進行の様子を示す。特殊モードが発生すると、大当り遊技の終了後に演出表示装置34の画面上に「特殊モード突入」のメッセージが表示される(図42(a)参照)。16R確変大当り図柄2による大当り遊技の発生を契機として変動パターンテーブル設定スケジュールAがセットされると、確変状態か否かが不明な共通演出で図柄変動演出が行われ(図42(b),(c),(f),(g)参照)、特殊モードが発生してからの特別図柄の変動回数Nが10回目と20回目とに確変判明演出が行われる(図42(d),(e),(h),(i)参照)。確変判明演出は、図28の特殊モード用変動パターンテーブルで設定される変動パターンP17に従って行われる。本実施例では、確変判明演出は、爆弾導火線に火がつけられる様子と、火が爆弾に近づく様子と、火が爆弾に到達して爆発すると共にその中から確変期待度が出現する様子とを順に表示することにより行う。本実施例では、変動パターンP17として、上記演出を盛り上げるために十分な変動時間(例えば120秒)が割り当てられている。また、確変判明演出は、特別図柄の変動回数Nに応じて異なる内容の演出とするものとしてもよく、例えば、変動回数Nが10回目(特殊モードの途中の回数目)で行なわれる確変判明演出では確変の期待度をあいまいに示す態様で行い、変動回数Nが20回目(特殊モードの最後の回数目)で行われる確変判明演出では確変か否かを明確に示す態様で行うことができる。この例では、16R確変大当り図柄2で大当りが発生した場合を考えているから、演出表示装置34の画面上に「確変期待度100%」などの確変確定の表示がなされて特殊モードが終了する(図42(j)参照)。

0082

以上説明した本実施例のパチンコ機10によれば、低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)で当否判定の結果が通常大当り(16R通常大当り)となって16R通常大当り図柄の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポあり低確率状態(時短状態)とされるか、低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)で当否判定の結果が確変大当り(16R確変大当り)となって16R確変大当り図柄の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポあり高確率状態(確変状態)とされる場合には、大当り遊技の終了後の図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールAに従って特別図柄の変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを決定すると共に、決定した変動パターンテーブルにより得られる変動パターンにより特別図柄を変動表示させる。これにより、低確率状態で大当りが発生すると、大当りが16R通常大当りか16R確変大当りのいずれの場合でも大当り遊技終了後に共通の演出により図柄変動遊技を進行させることができる。一方、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が確変大当り(16R確変大当り)となって16R確変大当り図柄2〜5の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポあり高確率状態(確変状態)とされる場合には、大当り遊技の終了後の特別図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールBに従って変動パターンテーブルを決定すると共に、決定した変動パターンテーブルにより得られる変動パターンにより特別図柄を変動表示させる。これにより、高確率状態にあるときに16R確変大当りが発生すると、共通の演出とは異なる態様で図柄変動遊技を進行させることが可能となる。即ち、大当り遊技の前後の遊技状態によって異なるスケジュールで変動パターンテーブルを決定するから、図柄変動遊技の進行のバリエーションを多彩にすることができ、遊技興趣をより向上させることができる。しかも、変動パターンテーブル設定スケジュールAでは、大当り遊技終了後の遊技状態が電サポあり低確率状態(時短状態)および電サポあり高確率状態(確変状態)のいずれが発生する場合にも共通の演出が行われる変動パターンテーブル(図27)がセットされ、変動回数Nが所定回数(10回)毎に遊技状態が確変状態か否かを示唆する確変判明演出(変動パターンP17)が行われる変動パターンテーブル(図28)がセットされるスケジュールとし、変
動パターンテーブル設定スケジュールBでは、次に大当りを引くまで確変確定の演出が行われる変動パターンテーブル(図20図23)がセットされるスケジュールとする。これにより、変動パターンテーブル設定スケジュールAでは、低確率状態で大当りが発生すると、確変状態へ移行していることへの期待感を確変判明演出によって高めることができるから、遊技興趣を一層向上させることができる。また、変動パターンテーブル設定スケジュールBでは、高確率状態が継続することへの安心感を遊技者に与えることができるから、遊技意欲を高めることができる。また、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が通常大当り(16R通常大当り)となって16R通常大当り図柄の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポあり低確率状態(時短状態)とされるか、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が確変大当り(16R確変大当り)となって16R確変大当り図柄1の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポあり高確率状態(確変状態)とされる場合には、大当り遊技の終了後の図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールCに従って変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを決定すると共に、決定した変動パターンテーブルにより得られる変動パターンにより特別図柄を変動表示させる。これにより、異なる3種類のスケジュールA〜Cに従って変動パターンテーブルを決定することができるから、図柄変動遊技の進行のバリエーションを一層多彩にすることができ、遊技興趣をさらに向上させることができる。

0083

また、本実施例のパチンコ機10によれば、低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)で当否判定の結果が特定の通常大当り(2R通常大当り)となって特定の通常大当り図柄(2R通常大当り図柄)の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポなし低確率状態(通常状態)とされるか、低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)で当否判定の結果が特定の確変大当り(2R確変大当り)となって特定の確変大当り図柄(2R確変大当り図柄1〜5)の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)とされるか、低確率状態(電サポなし低確率状態、電サポあり低確率状態)で当否判定の結果が小当りとなって小当り図柄の停止表示を契機として実行される小当り遊技の終了後に遊技状態が引き継がれる場合には、当り遊技の終了後の図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールXに従って特別図柄の変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを決定すると共に、決定した変動パターンテーブルにより得られる変動パターンにより特別図柄を変動表示させる。これにより、低確率状態で2R大当り(2R通常大当り,2R確変大当り)または小当りが発生すると、当り遊技後の遊技状態が電サポなし高確率状態(潜伏確変状態),電サポなし低確率状態(通常状態),電サポあり低確率状態(時短状態)のいずれが発生する場合でも共通の演出により図柄変動遊技を進行させることができる。一方、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が特定の確変大当り(2R確変大当り)となって2R確変大当り図柄2〜5の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)とされる場合には、大当り遊技の終了後の特別図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールYに従って変動パターンテーブルを決定すると共に、決定した変動パターンテーブルにより得られる変動パターンにより特別図柄を変動表示させる。これにより、高確率状態にあるときに特定の確変大当りが発生すると、共通の演出とは異なる態様で図柄変動遊技を進行させることが可能となる。即ち、当り遊技の前後の遊技状態(大当り確率)によって異なるスケジュールで変動パターンテーブルを決定するから、図柄変動遊技の進行のバリエーションを多彩にすることができ、遊技興趣をより向上させることができる。しかも、変動パターンテーブル設定スケジュールXでは、当り遊技終了からの変動回数Nが限度回数(5回)に達する前では前述した共通の演出が行われる変動パターンテーブル(図27)がセットされ、変動回数が限度回数に達すると、確変判明演出が行われる変動パターンテーブル(図28)がセットされるスケジュールとし、変動パターンテーブル設定スケジュールYでは、次に大当りを引くまで確
変確定の演出が行われる変動パターンテーブル(図20図23)がセットされるスケジュールとする。これにより、変動パターンテーブル設定スケジュールXでは、低確率状態で当りが発生すると、高確率状態へ移行していることへの期待感を確変判明演出によって高めることができるから、遊技興趣を一層向上させることができる。また、変動パターンテーブル設定スケジュールYでは、高確率状態が継続することへの安心感を遊技者に与えることができるから、遊技意欲を高めることができる。また、高確率状態(電サポなし高確率状態、電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が小当りとなって小当り図柄の停止表示を契機として実行される小当り遊技の終了後に遊技状態が引き継がれる場合には、小当り遊技の終了後の図柄変動遊技において、変動パターンテーブル設定スケジュールYに従って変動回数Nに対応する変動パターンテーブルを決定すると共に、決定した変動パターンテーブルにより得られる変動パターンにより特別図柄を変動表示させる。これにより、小当りの発生前の遊技状態(大当り確率)によって小当り遊技終了後の図柄変動遊技の実行態様を異ならせることができるから、図柄変動遊技の進行のバリエーションを一層多彩にすることができ、遊技興趣をさらに向上させることができる。加えて、変動パターンテーブル設定スケジュールXは、高確率状態(電サポなし高確率状態,電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が2R確変大当りとなって2R確変大当り図柄1の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポなし高確率状態(潜伏確変状態)とされるか、高確率状態(電サポなし高確率状態,電サポあり高確率状態)で当否判定の結果が2R通常大当りとなって2R通常大当り図柄の停止表示を契機として実行される大当り遊技の終了後に遊技状態が電サポなし低確率状態(通常状態)とされる場合にも、適用される。これにより、高確率状態で2R確変大当り図柄1または2R通常大当り図柄による2R大当りが発生した場合に、高確率状態が継続しているか否かの緊張感を遊技者に与えることができ、遊技興趣をさらに向上させることができる。

0084

本実施例のパチンコ機10では、変動パターンテーブル設定スケジュールBを、当り遊技の終了直後から次に大当りを引くまで確変確定の演出を行うための変動パターンテーブルがセットされるスケジュールとしたが、これに限定されるものではない。例えば、変動パターンテーブル設定スケジュールBを、変動パターンテーブル設定スケジュールAよりも早いタイミングで確変状態にあることを報知する演出を含む変動パターンテーブルが決定されるスケジュールとしてもよい。即ち、変動パターンテーブル設定スケジュールA(第1のスケジュール)を、当り遊技終了後に実行される所定回数目の図柄変動遊技で確変状態か否かを報知する演出(確変判明演出)を含む特定の変動パターンテーブルが決定されるスケジュールとし、変動パターンテーブル設定スケジュールB(第2のスケジュール)を、上記所定回数目よりも少ない第2所定回数目の図柄変動遊技で上記の特定の変動パターンテーブルが決定されるスケジュールとしてもよい。なお、変動パターンテーブル設定スケジュールYについても同様である。

0085

本実施例のパチンコ機10では、変動パターンテーブル設定スケジュールA,Xにおいて、当り図柄の種類(16R確変大当り図柄1〜5,2R確変大当り図柄1〜5)に応じて特殊モードで実行される図柄変動遊技の限度回数を変化(10回〜50回,1回〜5回の5段階に変化)させるものとしたが、これに限定されるものではなく、抽選によって特殊モードで実行される図柄変動遊技の限度回数を変化させるものとしてもよいし、限度回数を変化させずに一定回数としてもよい。

0086

本実施例のパチンコ機10では、変動パターンテーブル設定スケジュールAにおいて、特殊モードでの図柄変動遊技の変動回数Nが所定回数(10回)毎に高確率状態(確変状態)か否かを報知する演出(確変判明演出)を含む特定の変動パターンテーブルが決定されるスケジュールとしたが、これに限定されるものではなく、例えば、3回目と15回目などのように特定の変動パターンテーブルが決定される間隔を不規則に設定するものとしてもよい。

0087

また、本実施例では、遊技ホールの島設備から供給される遊技球を「貸球」や「賞球」として利用し、遊技盤に設けられた各種入賞口(第1始動口、第2始動口、大入賞口等)への遊技球の入球に応じて所定数の賞球を払い出すことによって、遊技上の利益(遊技価値)を遊技者に付与する遊技機(パチンコ機)に本発明を適用した例を説明したが、「賞球の払い出し」とは異なる形態で遊技上の利益を付与するタイプの遊技機にも、本発明を適用することができる。例えば、各種入賞口への遊技球の入球が発生することで、その入球に対応する利益の量(遊技価値の大きさ)を示すデータを主制御部あるいは払出制御部のRAM(遊技価値管理制御部)に記憶することによって、遊技上の利益(遊技価値)を遊技者に付与するタイプの遊技機にも本発明を適用することができ、この場合にも、上記実施例と同様の効果を得ることができる。もちろん、遊技価値管理制御部が管理する遊技価値として、遊技の結果得られた遊技価値と、現金等を投入することで得られた遊技価値とを別に管理(別途に表示)してもよいし、一緒に管理(加減算して表示)してもよい(別表示と加減算表示の両方をしてもよい)。なお、遊技上の利益(遊技価値)をデータ化して遊技者に付与するタイプの遊技機としては、遊技機に内蔵された複数個の遊技球を循環させて使用する遊技機、具体的には、各種入賞口あるいはアウト口を経て遊技盤の裏面に排出された遊技球を、再度、発射位置に戻して発射するように構成された遊技機(いわゆる封入式遊技機)を例示できる。

0088

実施例の主要な要素と課題を解決するための手段の欄に記載した発明の主要な要素との対応関係について説明する。実施例では、パチンコ機10が「遊技機」に相当し、図14の第1特別図柄変動表示関連処理や図15の第2特別図柄変動表示関連処理のS302,S304の処理を実行する主制御基板70のCPU70aが「当否判定手段」に相当し、第1特別図柄変動表示関連処理や第2特別図柄変動表示関連処理のS310,S314,S316の処理を実行する主制御基板70のCPU70aや図17の大当り図柄決定テーブル,図18の小当り図柄決定テーブルを記憶するROM70bなどが「停止判定図柄決定手段」に相当し、図20図23図27図28の変動パターンテーブルを記憶するROM70bが「変動パターンテーブル記憶手段」に相当し、第1特別図柄変動表示関連処理や第2特別図柄変動表示関連処理のS318の処理を実行する主制御基板70のCPU70aが「変動パターンテーブル決定手段」に相当し、第1特別図柄変動表示関連処理や第2特別図柄変動表示関連処理のS320,S322の処理を実行する主制御基板70のCPU70aが「変動パターン決定手段」に相当し、特別図柄表示装置42と図11図13の特別図柄遊技処理を実行する主制御基板70のCPU70aが「図柄変動遊技実行手段」に相当し、大入賞口44と図31の大当り遊技処理を実行する主制御基板70のCPU70aなどが「大当り遊技実行手段」に相当し、大入賞口44と図33の小当り遊技処理を実行する主制御基板70のCPU70aなどが「小当り遊技実行手段」に相当し、図32の大当り遊技終了時処理や図34の小当り遊技終了時処理を実行する主制御基板70のCPU70aが「遊技状態設定手段」に相当する。また、演出表示装置34や演出表示制御基板91、図40の図柄変動演出処理を実行するサブ制御基板90のCPU90aなどが「報知演出実行手段」に相当する。なお、実施例の主要な要素と課題を解決するための手段の欄に記載した発明の主要な要素との対応関係は、実施例が課題を解決するための手段の欄に記載した発明を実施するための形態を具体的に説明するための一例であることから、課題を解決するための手段の欄に記載した発明の要素を限定するものではない。即ち、課題を解決するための手段の欄に記載した発明についての解釈はその欄の記載に基づいて行われるべきものであり、実施例は課題を解決するための手段の欄に記載した発明の具体的な一例に過ぎないものである。

実施例

0089

以上、本発明の実施の形態について実施例を用いて説明したが、本発明はこうした実施例に何等限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において、種々なる形態で実施し得ることは勿論である。

0090

10パチンコ機、11前面枠、12ガラス板、14上受け皿、16 下受け皿、18発射ハンドル、18aタッチセンサ、18b発射停止スイッチ、19発射モータ、21 本体枠、22外枠、24a球貸ボタン、24b返却ボタン、26演出ボタン、28a,28bスピーカ、29施錠装置、30遊技盤、31a外レール、31b内レール、32 普通図柄作動ゲート、32aゲートスイッチ、34演出表示装置、34L,34M,34R 演出図柄、35a 第1保留図柄、35b 第2保留図柄、36 第1始動口、36a 第1始動口スイッチ、38 第2始動口、38a 第2始動口スイッチ、39 普通電動役物、39a 普通電動役物ソレノイド、40
図柄表示装置、40a図柄表示基板、41 普通図柄表示装置、41a 左普通図柄表示部、41b 右普通図柄表示部、42 特別図柄表示装置、42a 第1特別図柄表示部、42b 第2特別図柄表示部、43ラウンド表示部、44 大入賞口、44a 大入賞口ソレノイド、44b大入賞口スイッチ、45一般入賞口、45a 一般入賞口スイッチ、46アウト口、48風車、49センター役物、70主制御基板、70a CPU、70b ROM、70c RAM、72中継端子板、80払出制御基板、80a CPU、80b ROM、80c RAM、81枠開放スイッチ、82 球貸表示基板、83遊技球等貸出装置接続端子板、84払出前スイッチ、85 払出後スイッチ、86払出モータ、87 中継端子板、90,90Bサブ制御基板、90a CPU、90b ROM、90c RAM、91演出表示制御基板、92アンプ基板、93,93B装飾駆動基板、93a,93bLEDランプ、93c 装飾モータ、94 演出ボタン基板、100発射制御基板、102 下受け皿満タンスイッチ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 株式会社平和の「 遊技機」が 公開されました。( 2018/08/23)

    【課題】本発明は、回路基板間で伝送されるデータ信号に重畳する外乱の影響を抑制することができる遊技機を提供することを目的とする。【解決手段】遊技機100は、副制御基板330と第一可動表示部基板221aと... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2018/08/23)

    【課題】操作部を扉体とは別に遊技機本体に取り付けることによる防犯性の低下を好適に抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】パチンコ機10は、内枠13と、同内枠13の一側部に配された遊技球発射ハ... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2018/08/23)

    【課題】好適なハンドルを提供し、興趣の低下を抑制する。【解決手段】遊技領域に向けて発射された遊技球が所定の受入口に受け入れられたことに基づいて抽選が行われ、この抽選に当選したことに基づいて大当たり遊技... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ