図面 (/)

技術 折り畳みパラソル

出願人 凸版印刷株式会社
発明者 谷崎美菜井上健弘
出願日 2013年11月19日 (6年3ヶ月経過) 出願番号 2013-238700
公開日 2015年5月28日 (4年9ヶ月経過) 公開番号 2015-097617
状態 特許登録済
技術分野 杖,傘,扇
主要キーワード 扇形面 雨降り 縁飾り パラソル 扇形形状 防水対策 折罫線 組立用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

平面状の状態から簡単に組立てることができ、なおかつ外観的にも優れた折り畳みパラソルを提案するものである。

解決手段

互いに点対称な平面形状を有する第1のパラソル片(2)と、第2のパラソル片(3)から構成される折り畳みパラソルであって、各パラソル片は、中心角が150°以上175°以下の扇形形状を有し、各パラソル片は、扇形の一方の辺に、第1のフラップ(4)が、扇形の他方の辺に、前記第1のフラップよりも大きくて、組立用爪部(6)を有する第2のフラップ(5)がそれぞれ折罫線を介して延設されており、一方のパラソル片の第1のフラップと、他方のパラソル片の第2のフラップをそれぞれ折罫線で内側に折り曲げて互いに対向させ、2つのパラソル片の扇形面段差なくつながり、かつ前記組立用爪部が露出するように、対向した前記それぞれのフラップを、固着したことを特徴とする折り畳みパラソルである。

概要

背景

急な雨降りに対応できる携帯用の小型のとして、特許文献1に記載された組立式簡易笠が知られている。この組立式簡易笠は、特許請求の範囲に記載の通り、「折り曲げ可能な板状体を少なくとも人の頭部を覆う大きさに形成した本体部と、前記本体部の外周部に設けられ、同外周部における一部および同一部とは異なる他の一部の少なくとも一方を他方に寄せることにより前記本体部の少なくとも一部を略錐状または略円蓋状に変形させるための折目切れ目およびミシン目のうちの少なくとも1つからなる変形導引部とを備え、前記変形導引部は、前記外周部における前記一部および前記他の一部の少なくとも一方を他方に寄せたとき、前記本体部の内側にて把持可能な支持片を前記一部および前記他の一部の少なくとも一方を前記本体部の内側に突出させて形成することを特徴とする組立式簡易笠。」である。

特許文献1に記載された組立式簡易笠は、円形の板状体を縦横に折ることによってコンパクト持運びができ、使用する時には、広げて変形導引部を引寄せることで、笠状に形成されるものである。

概要

平面状の状態から簡単に組立てることができ、なおかつ外観的にも優れた折り畳みパラソルを提案するものである。互いに点対称な平面形状を有する第1のパラソル片(2)と、第2のパラソル片(3)から構成される折り畳みパラソルであって、各パラソル片は、中心角が150°以上175°以下の扇形形状を有し、各パラソル片は、扇形の一方の辺に、第1のフラップ(4)が、扇形の他方の辺に、前記第1のフラップよりも大きくて、組立用爪部(6)を有する第2のフラップ(5)がそれぞれ折罫線を介して延設されており、一方のパラソル片の第1のフラップと、他方のパラソル片の第2のフラップをそれぞれ折罫線で内側に折り曲げて互いに対向させ、2つのパラソル片の扇形面段差なくつながり、かつ前記組立用爪部が露出するように、対向した前記それぞれのフラップを、固着したことを特徴とする折り畳みパラソルである。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

互いに点対称な平面形状を有する第1のパラソル片と、第2のパラソル片から構成される折り畳みパラソルであって、各パラソル片は、中心角が150°以上175°以下の扇形形状を有し、各パラソル片は、扇形の一方の辺に、第1のフラップ折罫線を介して延設されており、扇形の他方の辺に、前記第1のフラップよりも大きくて、組立用爪部を有する第2のフラップが折罫線を介して延設されており、一方のパラソル片の第1のフラップと、他方のパラソル片の第2のフラップをそれぞれ折罫線で内側に折り曲げて互いに対向させ、2つのパラソル片の扇形面段差なくつながり、かつ前記組立用爪部が露出するように、対向した前記それぞれのフラップを、固着したことを特徴とする折り畳みパラソル。

請求項2

扇形の中心点から円弧に向って放射状に広がり、扇形の中心角を整数等分する複数の放射状折罫線を有することを特徴とする請求項1に記載の折り畳みパラソル。

請求項3

前記放射状折罫線または前記フラップの折罫線によって区画される各小円弧の、2辺を構成する折罫線が扇形の円弧と交わる2点を結び、中心点に向って湾曲した湾曲罫線を有することを特徴とする請求項2に記載の折り畳みパラソル。

技術分野

0001

本発明は、平面状に折り畳めるパラソルに関し、携帯用雨傘としてだけでなく、店頭における装飾品としても用いることができる折畳式のパラソルに関する。

背景技術

0002

急な雨降りに対応できる携帯用の小型のとして、特許文献1に記載された組立式簡易笠が知られている。この組立式簡易笠は、特許請求の範囲に記載の通り、「折り曲げ可能な板状体を少なくとも人の頭部を覆う大きさに形成した本体部と、前記本体部の外周部に設けられ、同外周部における一部および同一部とは異なる他の一部の少なくとも一方を他方に寄せることにより前記本体部の少なくとも一部を略錐状または略円蓋状に変形させるための折目切れ目およびミシン目のうちの少なくとも1つからなる変形導引部とを備え、前記変形導引部は、前記外周部における前記一部および前記他の一部の少なくとも一方を他方に寄せたとき、前記本体部の内側にて把持可能な支持片を前記一部および前記他の一部の少なくとも一方を前記本体部の内側に突出させて形成することを特徴とする組立式簡易笠。」である。

0003

特許文献1に記載された組立式簡易笠は、円形の板状体を縦横に折ることによってコンパクト持運びができ、使用する時には、広げて変形導引部を引寄せることで、笠状に形成されるものである。

先行技術

0004

特許第4274386号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1に記載された組立式簡易笠は、急な降雨に対応する目的で、作られたものであり、コンパクトな携帯性組立ての簡易性を最重要視したものであるため、外観的には、必ずしも満足のいくものではない。

0006

本発明が解決しようとする課題は、平面状の状態から簡単に組立てることができ、なおかつ外観的にも優れた折り畳みパラソルを提案するものである。

課題を解決するための手段

0007

上記の課題を解決するための手段として、請求項1に記載の発明は、互いに点対称な平面形状を有する第1のパラソル片と、第2のパラソル片から構成される折り畳みパラソルであって、各パラソル片は、中心角が150°以上175°以下の扇形形状を有し、各パラソル片は、扇形の一方の辺に、第1のフラップ折罫線を介して延設されており、扇形の他方の辺に、前記第1のフラップよりも大きくて、組立用爪部を有する第2のフラップが折罫線を介して延設されており、一方のパラソル片の第1のフラップと、他方のパラソル片の第2のフラップをそれぞれ折罫線で内側に折り曲げて互いに対向させ、2つのパラソル片の扇形面段差なくつながり、かつ前記組立用爪部が露出するように、対向した前記それぞれのフラップを、固着したことを特徴とする折り畳みパラソルである。

0008

本発明に係る折り畳みパラソルは、中心角が150°以上175°以下の扇形形状のパラソル片を2枚、点対称に組合わせたので、平らに折り畳んで持運びが可能であり、使用する時には、簡単にパラソルとして最適な形状に組立てることができる。

0009

また、請求項2に記載の発明は、扇形の中心点から円弧に向って放射状に広がり、扇形の中心角を整数等分する複数の放射状折罫線を有することを特徴とする請求項1に記載の折り畳みパラソルである。

0010

また、請求項3に記載の発明は、前記放射状折罫線または前記フラップの折罫線によって区画される各小円弧の、2辺を構成する折罫線が扇形の円弧と交わる2点を結び、中心点に向って湾曲した湾曲罫線を有することを特徴とする請求項2に記載の折り畳みパラソルである。

発明の効果

0011

本発明に係る折り畳みパラソルは、互いに点対称の2つのパラソル片から構成されているので、一つの抜き型によって製造することができる。これは二つの抜き型を必要とする場合に較べて、抜き型のコストが半分になることを意味する。

0012

また、大きさの異なる2つのフラップを対向させて固着するようにしたので、大きいフラップに設けた組立用爪部を互いに噛合わせることによって、簡単に組立てることができる。

0013

また、それぞれのパラソル片は、中心角が150°以上175°以下であるため、パラソルに組立てた時に、りすぎず、また平らすぎず、パラソルとして最適な形状となる。

0014

請求項2に記載の発明のように、中心角を整数等分する複数の放射状折罫線を設けた場合には、パラソルの形状が、骨を持った実際ののような形状となり、デザイン的に優れたものとなる。

0015

請求項3に記載の発明のように、各小円弧の先端部分に、中心点に向って湾曲した湾曲罫線を設けた場合には、湾曲罫線よりも先端の部分が縁飾りになると共に、この罫線が湾曲していることにより、パラソルの形状が一意的に決定され、パラソル片が補強される効果を発揮する。

図面の簡単な説明

0016

図1は、本発明に係る折り畳みパラソルの一実施例を示した平面模式図であり、パラソルを折り畳んだ状態を示したものである。
図2は、図1に示した折り畳みパラソルを展開して組み立てた状態を示した斜視図である。
図3は、図2の折り畳みパラソルを裏側から見た状態を示した斜視図である。
図4は、図1〜3に示した折り畳みパラソルの平面ブランクを示した平面模式図である。
図5は、図1に示した折り畳みパラソルを展開して組み立てる手順を示した斜視説明図である。

実施例

0017

下図面を参照しながら、本発明に係る折り畳みパラソルについて詳細に説明する。
本発明に係る折り畳みパラソルは、図4に示したように、互いに点対称な平面形状を有す
る第1のパラソル片(2)と、第2のパラソル片(3)とから構成される。なお図4は、ブランクを表面側から見た状態を示している。

0018

ブランクの材質としては、厚紙やプラスチックシートを用いることができる。厚紙の場合には、表面に印刷、着色を施し、さらに防水性コーティングまたはフィルムラミネートを施してもよい。プラスチックシートの場合には、もともと防水性があるので、印刷、着色だけでも良い。なお、屋内装飾用として用いる場合には、防水対策は不要である場合もある。

0019

各パラソル片(2、3)は、中心角(θ)が150°以上175°以下の扇形形状を有する。また、各パラソル片は、扇形の一方の辺に、第1のフラップ(4)が折罫線(7b、7d)を介して延設されている。扇形の他方の辺には、第1のフラップ(4)よりも大きくて、組立用爪部(6)を有する第2のフラップ(5)が折罫線(7a、7c)を介して延設されている。

0020

中心角(θ)が、150°未満であると、パラソルに組み立てた時に、形状が尖りすぎてしまい、パラソルとして覆う面積が小さくなってしまう。また中心角(θ)が175°より大きい場合には、形状が平坦になり、例えば雨の排出性が悪くなる。中心角がこの範囲であると、形状的にも、また機能的にもバランスのとれたものとすることができる。

0021

図1〜5に示した例では、それぞれのパラソル片に、扇形の中心点から円弧に向って放射状に広がり、扇形の中心角を4等分する3本の放射状折罫線(8a〜8f)が設けられている。また、放射状折罫線またはフラップの折罫線によって区画される各小円弧(10)の、2辺を構成する折罫線が扇形の円弧と交わる2点を結び、中心点に向って湾曲した湾曲罫線(9)が設けられている。湾曲罫線(9)の先端部分は、縁飾り(11)となっている。

0022

このように、放射状折罫線と、湾曲罫線を設けることにより、パラソルを組み立てた時に、パラソルの形状が自動的に一意的に決定されるため、パラソル全体がしっかりして夫になる。

0023

折り畳みパラソルを成形するには、第1のパラソル片(2)の第1のフラップ(4)と、第2のパラソル片(3)の第2のフラップ(5)をそれぞれ折罫線(7b、7c)で内側に折り曲げて互いに対向させ、同様に、第1のパラソル片(2)の第2のフラップ(5)と、第2のパラソル片(3)の第1のフラップ(4)をそれぞれ折罫線(7a、7d)で内側に折り曲げて互いに対向させ、それぞれ2つのパラソル片の扇形面が段差なくつながり、かつ組立用爪部(6)が露出するように、対向したそれぞれのフラップを、固着することにより、折り畳みパラソル(1)が完成する。

0024

完成した折り畳みパラソル(1)を展開して組み立てるには、図5(1)に示したように、まず一方のパラソル片を開き、図5(2)に示したように、それぞれのパラソル片の第2のフラップ同士を引き寄せ、組立用爪部(6)同士を噛み合せる。この例では最後に各湾曲罫線(9)を折り込んで、縁飾り(11)を立てることにより、折り畳みパラソルの組み立てが完了する。

0025

組み立てたパラソルは、第2のフラップが噛み合って重なった部分を例えばクリップのようなもので挟むことにより、さらに形状保持性が高まる。

0026

本発明に係る折り畳みパラソルは、図1に示したように、平らに折り畳んで収納することができ、使用時には、簡単な操作で組み立てることができる。また、放射状折罫線や、
湾曲罫線を付加した場合には、形状的にも、強度的にもさらに優れたものとすることができる。

0027

1・・・折り畳みパラソル
2・・・第1のパラソル片
3・・・第2のパラソル片
4・・・第1のフラップ
5・・・第2のフラップ
6・・・組立用爪部
7a〜7d・・・折罫線
8a〜8f・・・放射状折罫線
9・・・湾曲罫線
10・・・小円弧
11・・・縁飾り
θ・・・中心角

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 卓進興の「 収納しやすい傘」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題・解決手段】本発明は傘布、傘骨および中棒を含む収納しやすい傘を提供する。定型固定片部材をさらに含み、傘骨は折り畳み支持骨セットおよび傘骨ろくろを含み、傘布には折り目が設けられており、本発明に係る... 詳細

  • シェッドレインコーポレーションの「 反転防止機構を有する傘」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題・解決手段】傘は主要支柱によりロクロに取り付けられた複数のリブを有する。傘は複数の反転防止支柱から形成された反転防止機構を有する。各反転防止支柱は個々の主要支柱に枢動可能に結合され、個々のリブの... 詳細

  • 成伯龍の「 石突」が 公開されました。( 2019/08/29)

    【課題】石突内での雨水の流れを制御することにより、雨水を利用した装飾効果が得られる石突を提供すること。【解決手段】石突1は、上面の少なくとも一部及び底面側の少なくとも一部がそれぞれ開口する、少なくとも... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ