図面 (/)

技術 記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するためのシステムおよび方法

出願人 ロヴィガイズ,インコーポレイテッド
発明者 ジョニービー.コービンエル.ジョーヘッジス
出願日 2015年1月16日 (4年6ヶ月経過) 出願番号 2015-006450
公開日 2015年5月14日 (4年2ヶ月経過) 公開番号 2015-092757
状態 拒絶査定
技術分野 TV信号の記録 双方向TV,動画像配信等
主要キーワード チャンネルバー 方向セット 各記憶ユニット メモリ記憶ユニット チャンネルセル 放送ユニット 時間セル プロモーションデータ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

本発明は、記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するためのシステムおよびシステムを提供すること。

解決手段

これらのシステムおよび方法は、記録するためのプログラムを選択し、プロモーションを選択し、プログラムを用いてプロモーションを記録するか、または記録されたプログラムの再生の間にプロモーションを挿入する手段を提供する。本発明はまた、1つのブロードキャストチャネルまたは複数のブロードキャストチャネル上の信号および/またはデータ(例えば、プログラム、プロモーション、プログラムガイドなど)を受信するための受信器、信号および/またはデータを記憶するための1つ以上のメモリ記憶ユニット、およびプログラムを選択し、プロモーションを選択し、選択されたプログラムが記録されるようにする。

概要

背景

(発明の背景
本発明は、テレビ番組の録画に関する。より具体的には、本発明は、テレビ番組の録画と関連して用いられるプロモーション技術に関する。

ビデオカセット録画が出現したため、個人は自分の個人的利用のためにテレビ番組を録画する機会を有した。伝統的に、これらの録画は磁気テープ上に行なわれた。最近では、録画がデジタル記憶媒体の使用によって達成されることを可能する個人用ビデオ録画が開発された。

過去において、視覚的な広告商品販売およびサービスに非常に効果的であった。従って、広告主および消費者の両方は、同様に、プロモーション材料録画番組組み入れることに利点を見出し得る。

概要

本発明は、記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するためのシステムおよびシステムを提供すること。これらのシステムおよび方法は、記録するためのプログラムを選択し、プロモーションを選択し、プログラムを用いてプロモーションを記録するか、または記録されたプログラムの再生の間にプロモーションを挿入する手段を提供する。本発明はまた、1つのブロードキャストチャネルまたは複数のブロードキャストチャネル上の信号および/またはデータ(例えば、プログラム、プロモーション、プログラムガイドなど)を受信するための受信器、信号および/またはデータを記憶するための1つ以上のメモリ記憶ユニット、およびプログラムを選択し、プロモーションを選択し、選択されたプログラムが記録されるようにする。

目的

本発明の目的は、プロモーションを用いて録画番組を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本願明細書に記載のシステム

技術分野

0001

(関連出願の相互参照
本出願は、米国仮特許出願第60/179,548号(2000年2月1日出願)の利益を主張し、この出願は、本明細書中にその全体を援用する。

背景技術

0002

(発明の背景
本発明は、テレビ番組の録画に関する。より具体的には、本発明は、テレビ番組の録画と関連して用いられるプロモーション技術に関する。

0003

ビデオカセット録画が出現したため、個人は自分の個人的利用のためにテレビ番組を録画する機会を有した。伝統的に、これらの録画は磁気テープ上に行なわれた。最近では、録画がデジタル記憶媒体の使用によって達成されることを可能する個人用ビデオ録画が開発された。

0004

過去において、視覚的な広告商品販売およびサービスに非常に効果的であった。従って、広告主および消費者の両方は、同様に、プロモーション材料録画番組組み入れることに利点を見出し得る。

発明が解決しようとする課題

0005

従って、本発明の目的は、プロモーションを用いて録画番組を提供するシステムおよび方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

(発明の要旨)
この目的および本発明の他の目的により、プロモーションを用いて録画番組を提供するシステムおよび方法が提供される。これらのシステムおよび方法は、録画の開始時において、終了時において、開始時および終了時において、または任意の他の1つのポイントまたは複数のポイントにおいてプロモーション材料(「プロモーション」)を録画し得る。例えば、番組ガイド録画機能番組を録画するように選択されると、プロモーション録画機能は、録画されるべき番組の開始時において、終了時において、開始時および終了時において、または任意の他の1つのポイントまたは複数のポイントにおいてプロモーション(例えば、映画プレビュー)を録画し得る。プロモーションは、その後、ユーザが録画番組を再生するとユーザに表示され得る。

0007

これらのシステムおよび方法は、番組を録画し得、録画番組の再生中に、選択されたプロモーションおよび録画番組の統合を制御する。

0008

本発明の1実施形態において、システムは、信号および/またはデータを伝送および/または受信するトランシーバと、番組を選択し、プロモーションを選択し、選択された番組および選択されたプロモーションの両方が録画されるようにするプロセッサと、信号および/またはデータを記憶するための記憶デバイスまたは複数の記憶デバイスを含み得る。

0009

本発明の別の実施形態において、システムは、番組を選択し、プロモーションを選択し、選択された番組が録画されるようにし、録画された番組の再生中に、録画された番組および選択されたプロモーションの統合を制御するプロセッサを含み得る。

0010

本発明の上述のおよび他の目的は、同様な参照符号一貫して同様部分を指す添付の図と関連付けて考慮される以下の詳細な説明によって明らかになる。
例えば、本発明は以下の項目を提供する。
(項目1) 記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するための方法であって、
記録するためのプログラムを選択する工程と、
記録するためのプロモーションを選択する工程と、
該プログラムおよび該プロモーションが記録されるようにする工程と
包含する方法。
(項目2) 前記プロモーションが前記プログラムの内容に基づいて選択される、項目1に記載の方法。
(項目3) 前記プログラムの選択がユーザ入力に基づく、項目1に記載の方法。
(項目4) 前記ユーザ入力が特定のプログラムの選択である、項目3に記載の方法。
(項目5) 前記ユーザ入力がプログラムの指定である、項目3に記載の方法。
(項目6)記憶ユニット上の前記プログラムおよび前記プロモーションを記録する工程をさらに包含する項目1に記載の方法。
(項目7) 前記プロモーションが前記プログラムの最初に記録される、項目6に記載の方法。
(項目8)再生中の前記プログラムの開始を示すフラッグを前記プロモーションとともに記録する工程をさらに包含する項目7に記載の方法。
(項目9) 前記プロモーションが前記プログラムの最後に記録される、項目6に記載の方法。
(項目10) プロモーションが前記プログラムの最初および最後に記録される、項目6に記載の方法。
(項目11) 前記プロモーションが前記プログラム内の任意の所望な位置に記録される、項目6に記載の方法。
(項目12) 前記プログラムおよび前記プロモーションを受信する工程をさらに包含する項目1に記載の方法。
(項目13)プログラムガイドデータを受信する工程をさらに包含する項目12に記載の方法。
(項目14) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータが1つのブロードキャストチャネル上で受信される、項目13に記載の方法。
(項目15) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータが複数のブロードキャストチャネル上で受信される、項目13に記載の方法。
(項目16) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータを記憶する工程をさらに包含する項目13に記載の方法。
(項目17) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータが1つの記憶ユニットに記憶される、項目16に記載の方法。
(項目18) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータが複数の記憶ユニットに記憶される、項目16に記載の方法。
(項目19) 記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するための方法であって、
記録するためのプログラムを選択する工程と、
プロモーションを選択する工程と、
該プログラムが記録されるようにする工程と、
該プロモーションが該プログラムの再生中に提示されるようにする工程と
を包含する方法。
(項目20) 前記プロモーションが前記プログラムの内容に基づいて選択される、項目19に記載の方法。
(項目21) 前記プログラムの選択がユーザ入力に基づく、項目19に記載の方法。
(項目22) 前記ユーザ入力が特定のプログラムの選択である、項目21に記載の方法。
(項目23) 前記ユーザ入力がプログラムの指定である、項目21に記載の方法。
(項目24) 前記プロモーションが前記プログラムの最初に組み込まれるようにする工程をさらに包含する、項目19に記載の方法。
(項目25) 前記プロモーションが前記プログラムの最後に組み込まれるようにする工程をさらに包含する、項目19に記載の方法。
(項目26) プロモーションが前記プログラムの最初および最後に組み込まれるようにする工程をさらに包含する、項目19に記載の方法。
(項目27) 前記プロモーションが前記プログラム内の任意の所望な位置に組み込まれるようにする工程をさらに包含する、項目19に記載の方法。
(項目28) 前記プログラムおよび前記プロモーションを受信する工程をさらに包含する項目19に記載の方法。
(項目29) プログラムガイドデータを受信する工程をさらに包含する項目28に記載の方法。
(項目30) 前記プログラムおよび前記プロモーションが1つのブロードキャストチャネル上で受信される、項目29に記載の方法。
(項目31) 前記プログラムおよび前記プロモーションが複数のブロードキャストチャネル上で受信される、項目29に記載の方法。
(項目32) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータを記憶する工程をさらに包含する項目29に記載の方法。
(項目33) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータが1つの記憶ユニットに記憶される、項目32に記載の方法。
(項目34) 前記プログラム、前記プロモーション、および前記プログラムガイドデータが複数の記憶ユニットに記憶される、項目32に記載の方法。
(項目35) 記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するためのシステムであって、
ユーザ入力を受信するユーザ入力デバイスと、
記録されるべきプログラムを選択し、記録されるべきプロモーションを選択し、そして該プログラムおよび該プロモーションが記録されるようにするプロセッサとを包含するシステム。
(項目36) 前記プロセッサが、前記プロモーションを前記プログラムの内容に基づいて選択する、項目35に記載のシステム。
(項目37) 前記プロセッサが前記記録されるべきプログラムを前記ユーザ入力に基づいて選択する、項目35に記載のシステム。
(項目38) 前記ユーザ入力が特定のプログラムの選択である、項目37に記載のシステム。
(項目39) 前記ユーザ入力がプログラムの指定である、項目37に記載のシステム。
(項目40) 前記プロセッサは前記プロモーションが前記プログラムの最初に記録されるようにする、項目35に記載のシステム。
(項目41) 前記プロセッサは再生中の前記プログラムの開始を示すフラッグが前記プロモーションとともに記録されるようにする、項目40に記載のシステム。
(項目42) 前記プロセッサは前記プロモーションが前記プログラムの最後に記録されるようにする、項目35に記載のシステム。
(項目43) 前記プロセッサはプロモーションが前記プログラムの最初および最後に記録されるようにする、項目35に記載のシステム。
(項目44) 前記プロセッサは前記プロモーションが前記プログラム内の任意の所望な位置に記録されるようにする、項目35に記載のシステム。
(項目45) 信号およびデータを受信する受信器をさらに包含する項目35に記載のシステム。
(項目46) 前記受信器が信号およびデータを1つのブロードキャストチャネル上で受信する、項目45に記載のシステム。
(項目47) 前記受信器が信号およびデータを複数のブロードキャストチャネル上で受信する、項目45に記載のシステム。
(項目48) 前記プログラムおよび前記プロモーションを記憶する記憶ユニットをさらに包含する項目35に記載のシステム。
(項目49) 記録されたプログラムを用いてプロモーションを提供するためのシステムであって、
ユーザ入力を受信するユーザ入力デバイスと、
記録されるべきプログラムを選択し、記録されるべきプロモーションを選択し、そして該プログラムおよび該プロモーションが記録されるようにし、そして該プロモーションが該プログラムの再生中に提示されるようにするプロセッサとを包含するシステム。
(項目50) 前記プロセッサが前記プロモーションを前記プログラムの内容に基づいて選択する、項目49に記載のシステム。
(項目51) 前記プロセッサが前記記録されるべきプログラムを前記ユーザ入力に基づいて選択する、項目49に記載のシステム。
(項目52) 前記プロセッサが前記プロモーションを前記プログラムの最初に組み込む、項目49に記載のシステム。
(項目53) 前記プロセッサが前記プロモーションを前記プログラムの最後に組み込む、項目49に記載のシステム。
(項目54) 前記プロセッサがプロモーションを前記プログラムの最初および最後に組み込む、項目49に記載のシステム。
(項目55) 前記プロセッサが前記プロモーションを前記プログラム内の任意の所望な位置に組み込む、項目49に記載のシステム。
(項目56) 信号およびデータを受信する受信器をさらに包含する項目49に記載のシステム。
(項目57) 前記受信器が信号およびデータを1つのブロードキャストチャネル上で受信する、項目56に記載のシステム。
(項目58) 前記受信器が信号およびデータを複数のブロードキャストチャネル上で受信する、項目56に記載のシステム。
(項目59) 前記プログラムおよび前記プロモーションを記憶する記憶ユニットをさらに包含する項目49に記載のシステム。

図面の簡単な説明

0011

図1は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得るシステムのブロック図である。
図2は、本発明の種々の実施形態により用いられ得るユーザ機器のブロック図である。
図3は、本発明の種々の実施形態によるプロセスのフローチャートである。
図4は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る双方向番組ガイドグリッドディスプレイの図である。
図5は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る双方向番組ガイドサーチソートディスプレイの図である。
図6は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る、番組の開始時にプロモーションが録画され得るプロセスのフローチャートである。
図7は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る、番組中に任意のポイントでプロモーションが録画され得るプロセスのフローチャートである。
図8は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る、番組の終了時にプロモーションが録画され得るプロセスのフローチャートである。
図9は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る、番組の開始時および終了時にプロモーションが録画され得るプロセスのフローチャートである。
図10は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る、番組の開始時、番組中の任意のポイント、および終了時にプロモーションが録画され得るプロセスのフローチャートである。
図11は、本発明の種々の実施形態を実施するために用いられ得る、プロモーションが録画番組の再生と統合され得るプロセスのフローチャートである。

実施例

0012

(好適な実施形態の詳細な説明)
本発明は、プロモーションを用いて録画番組を提供する方法およびシステムを提供する。

0013

本発明の1実施形態において、システムは、信号および/またはデータを受信する1つ以上の受信器と、番組を選択し、プロモーションを選択し、および選択された番組および選択されたプロモーションの両方が録画されるようにするプロセッサと、信号および/またはデータを記憶するための記憶ユニットまたは複数の記憶ユニットと、録画番組およびプロモーションを視聴者に表示するためのディスプレイを含み得る。信号およびデータは、受信された後、プロセッサによって必要とされるまで局所的に記憶され得、必要に応じて配信機器から利用可能であり得、または放送チャンネルビデオストリーム上で周期的に利用可能であり得る。

0014

送受信器は、信号および/またはデータ(例えば、番組、プロモーション、番組ガイド、アプリケーションURLアドレス等)を送信および/または受信し得る。これらの信号および/またはデータは、任意の通信ネットワーク(例えば、ケーブルシステム衛星システムモデム無線ページング周波数インターネット等)を介して、ユーザの機器により送信および/または受信され得る。例えば、番組は、番組チャンネルで受信され得、プロモーションは、この番組チャンネルの垂直帰線消去期間(VBI)を介して受信され得る。これらの信号および/またはデータは、1つまたは複数の放送チャンネルで、ユーザの機器により送信および/または受信され得る。例えば、番組が、あるチャンネルで受信され得、プロモーションは、別のチャンネルで受信され得る。

0015

プロセッサは、ユーザの入力に基づいて、録画する番組を選択し得る。ユーザの入力は、特定の番組の選択を含み得る。あるいは、ユーザの入力は、ユーザの指示であり得る。ユーザの指示の入力は、プロセッサに、自動検索および録画機能を実施させ得る。ユーザの指示は、視聴時間、番組チャンネル、および/または特定の番組コンテンツ(例えば、推奨される視聴者による格付けテレビ放送の日付および/または時間、ならびに/もしくは番組テーマ)からなり得る。指示の入力は、プロセッサに、ユーザが特定したテーマを有する全ての番組を検索するように指示し得る。例えば、ユーザは、「西部劇」を所望の番組テーマとして選択し得る。次いで、プロセッサは、西部劇に関連するテーマを有する全ての番組(例えば、「Blazing Saddles」、「City Slickers」、「The Quick and The Dead等)を検索し、選択し得る。次いで、プロセッサは、これら選択された番組を録画させ得る。指示は、双方向番組ガイド、またはオンライン番組ガイドを介して、ユーザにより入力され得る。このようなガイドの例としては、TV GuideおよびGemstar Guide Plusが挙げられる。番組ガイドは、指示選択メニューから選択を行う能力テキストを介した直接的な入力に応じる能力、またはキーワード検索を実施する能力を備え得る。ユーザは、有線または無線の遠隔操作ユニ(例えば、キーボードタッチスクリーンディスプレイ、または任意の他のプロセッサ入力デバイス)を介して、指示を出し得る。

0016

プロセッサは、選択された番組の特定のコンテンツに基づいて、録画するプロモーションを選択し得る。例えば、特定のコンテンツを有する番組が録画されている場合、プロセッサは、録画されている番組のコンテンツに対応するプロモーションを選択し得る。プロセッサは、番組ガイドデータから、番組自体から、番組に付随するデータから、または任意の他の適切なソースから選択された番組のコンテンツを判断し得る。番組ガイドデータは、番組の前に、または番組と同時に受信され得る。同様に、プロセッサは、プロモーションに付随するプロモーションデータから、プロモーションとは個別に受信されたプロモーションデータから、プロモーション自体から、または任意の他の適切なソースからプロモーションのコンテンツを判断し得る。番組のコンテンツまたは番組は、タグ、サムネイルクローズドキャプションまたは文字多重放送データ、スピーチ−テキストデータ認識(speech−to−text data recognition)、音声分類(例えば、スピーチおよび音楽)、クリップ記号、推奨される視聴者による格付け、番組情報表示画面、もしくは任意の他の情報により示され得る。あるいは、プロモーションは、番組に無関係であり得、時間、ユーザ人口統計、もしくは任意の他の基準に基づいて選択され得るか、または不規則に選択され得る。

0017

次いで、プロセッサは、選択されたプログラムおよび選択されたプロモーションを記憶媒体に録画し得る。選択されたプロモーションは、最初、最後、最初および最後、もしくは録画される番組内の任意の他の所望のポイントまたは複数のポイントに録画され得る。番組の録画中に選択されたプロモーションの挿入により、プロセッサは、番組の全てまたは一部を記憶ユニット内にバッファリングし得る。プロモーションが挿入された後、次いでプロセッサは、番組の残りの部分を記憶ユニットから録画し得る。番組は、番組の信号またはデータ内の1以上のタグ付けされたプロモーションポイントを用いて、1つまたは複数の番組がどこに挿入されるべきかを示し得る。これらのプロモーションポイントは、番組内の最初、最後、最初および最後、もしくは任意の他の所望のポイントまたは複数のポイントに位置し得る。例えば、複数の番組を録画する場合、1以上のプロモーションが番組の間に録画され得る。

0018

記憶ユニットまたは複数の記憶ユニットは、信号およびデータ(例えば、番組、プロモーション、番組ガイドおよび番組データ、ビデオ録画、ならびに任意の他の所望のコンテンツおよび/またはデータ)を記憶するために用いられ得る。

0019

各記憶ユニットは、ユーザのテレビ視聴機器にローカルに、または近くに(例えば、ユーザの家の中に、またはユーザの家の近くのケーブルノードに)位置し得るか、もしくは記憶ユニットへの番組、プロモーション、およびデータの記憶が、通信ネットワークを介して、プロセッサにより制御され得るように、ユーザのテレビ視聴機器からリモートに位置し得る。記憶ユニットがローカルに位置する場合には、再生中に、プロセッサが、番組、プロモーション、またはデータを記憶ユニットから取り出し、ユーザに表示し得る。記憶ユニットがリモートに位置する場合には、再生中に、記憶ユニットが、番組、プロモーション、またはデータがユーザに表示され得るように、通信ネットワークを介して、番組、プロモーション、またはデータを送信し得る。

0020

録画された番組の再生を容易にするために、双方向ユーザインターフェースが、ユーザが再生のために録画された番組を選択できるように提供され得る。このインターフェースは、記憶媒体の各部分の最初にフラッグを記録し得る。例えば、ビデオカセットを用いて、録画をするたびに、フラッグを録画の最初に記録し得る。プロモーションが番組の最初に録画される場合、フラッグはプロモーションの最初に記録され得る。次いで、フラッグは、次の再生中に、番組の最初を識別するために用いられ得る。例えば、以前に録画された番組のリストが、双方向ユーザインターフェースにおいて、ユーザに提示される場合、ユーザがリストから番組を選択すると、本発明は、ビデオカセット等の記憶媒体を、対応するフラッグへと巻き戻しまたは早送りし、次のフラッグが検出されるまで番組を再生し得る。

0021

本発明の別の実施形態では、システムが、番組を選択し、プロモーションを選択し、番組を録画させ、選択された番組のディスプレイ上での再生中に、録画された番組および選択されたプロモーションの統合を制御するプロセッサを含み得る。

0022

上記で詳述したように、プロセッサは、番組を選択および録画し、プロモーションを選択し得る。プロセッサはまた、選択された番組の再生中に、プロモーションをプロモーションポイントに挿入することにより、録画された番組の再生を制御し得る。プロセッサは、番組の信号またはデータ内のタグを用いるか、もしくは任意の他の適切な方法を用いて、プロモーションポイントを判断し得る。録画された番組の再生中に、選択されたプロモーションが挿入されることにより、プロセッサに、例えば、録画された番組の再生を止めるための一旦停止または停止命令もしくは信号を送信させ得る。その後、プロモーションが挿入および再生され、次いで、プロセッサは、録画された番組の残りの部分または複数の部分の再生を継続するための命令または信号を送信し得る。

0023

図1は、本発明の様々な実施形態を実施するために用いられ得るシステム100のブロック図である。システム100は、番組放送装置110と、プロモーション放送装置120と、ガイドデータ放送装置130と、通信ネットワーク140と、ユーザ装置150と、通信リンク160とを含み得る。放送装置110、120および130は、番組信号、プロモーション信号、番組ガイド信号および/または他の任意の所望の信号またはデータを供給する、任意の適した装置、たとえばビデオまたはデータサーバ生放送装置、ビデオテーププレーヤなどであり得、ケーブルヘッドエンドまたはその他の任意の都合のよい場所に設置され得る。さらに、放送装置110、120および130は結合されて単一の放送ユニットとされ得る。

0024

通信ネットワーク140は、信号および/またはデータを、放送装置110、120および130へ、および/または放送装置110、120および130から送信する任意の適したネットワークであり得る。たとえば、ネットワーク140は、インターネット、衛星通信システム、ケーブルシステム、ローカルエリアネットワークワイドエリアネットワークなど、あるいはこれらの任意の組み合わせであり得る。通信ネットワーク140は、デジタルまたはアナログ技術、あるいはこれらの組み合わせを用い得る。

0025

ユーザ装置150は、放送装置110、120および130から受信した、および/または、放送装置110、120および130に送信した信号および/またはデータを受信、処理および表示する任意の適した装置であり得る。たとえば、ユーザ装置150は、一方向または双方向セットトップボックス、処理および記録能力を有するテレビパーソナルビデオレコーダ、適切な処理能力を有するビデオカセットレコーダパーソナルコンピュータなどであり得る。

0026

通信リンク160は、データおよび/または信号を通信する任意の適したリンク、たとえば、ダイヤルアップ接続光ファイバケーブル同軸ケーブル、DSL接続など、あるいはこれらの任意の組み合わせであり得る。

0027

図1には示さないが、システム100はさらに、番組、プロモーション、および番組を記憶するために用いられ得る1以上の遠隔記憶ユニットを含み得る。これらの遠隔記憶ユニットは、番組、プロモーション、ならびに番組放送装置110、プロモーション放送装置120、およびガイドデータ放送装置130からのデータを受信し得、放送装置110、120および130並びにユーザ装置150のいずれかによって制御され得、通信ネットワーク140を介してユーザ装置150に、番組、プロモーションおよびデータを提供し得る。

0028

図2は、図1に示すユーザ装置150のブロック図である。ユーザ装置150は、本発明の様々な実施形態に従って用いられ得る。ユーザ装置150は、受信器220と、プロセッサ270と、記憶ユニット230、240、250および260と、リモートコントロールユニット280と、リモートコントロールインターフェース290と、ビデオ回路215と、ディスプレイ225とを含み得る。受信器220は、番組信号、プロモーション信号、番組ガイドデータ、および/またはその他の任意の所望の信号またはデータを受信する任意の適した装置であり得る。図示しないが、受信器220には、番組信号、プロモーション信号、番組ガイドデータおよび/またはその他の任意の信号またはデータを送信する送信器が備えられ得る。プロセッサ270は、ユーザ入力信号を受け入れ、番組を選択し、プロモーションを選択し、選択された番組および選択されたプロモーションを記録する、任意の適した装置であり得る。記憶ユニット230、240、250および260はそれぞれ、番組、プロモーション、番組ガイド、および記録データを記憶するために用いられ得る。記憶ユニット230、240、250および260のいずれかが、信号および/またはデータを電子的に記憶することができる任意のデバイス(たとえば、別個のビデオカセットレコーダ、ディスクドライブメモリカードなど)であり得る。記憶ユニット230、240、250および260は、所望であればさらに組み合わされて単一の記憶ユニットとされ得る。リモートコントロールユニット280は、キーボード、タッチスクリーンディスプレイ、フロントパネル、またはユーザがデータを入力するために用い得る、その他の任意の有線または無線デバイスであり得る。リモートコントロールインターフェース290は、リモートコントロールユニット280から信号を受信し、その後、その信号をプロセッサ270に送信する。リモートコントロールインターフェース290は、たとえば、光検出器であり得る。ビデオ回路215は、プロセッサ270からのデータをディスプレイ225上に表示されるビデオ信号に変換する、任意の適した回路であり得る。最後に、ディスプレイ225は、画像を視聴者に提示する任意の適したデバイス、たとえば、テレビ、モニタコンピュータモニタ、パーソナルデータアシスタントなどであり得る。

0029

図3は、本発明の様々な実施形態によるプロセス300のフローチャートである。図示するように、プロセス300は、ステップ310において、記録すべき番組を選択することによって開始され得る。上述したように、選択は、ユーザによる番組の特定の選択、またはユーザによるテーマまたはその他の指定項目の選択に基づき得る。次に、ステップ320において、プロセス300は、記録すべきプロモーションを選択し得る。プロモーションの選択は、記録すべき番組の内容に基づき得る。あるいは、プロモーションの選択は、記録すべき番組の内容とは無関係になされ得る。最後に、ステップ330において、プロセス300は、選択した番組と選択したプロモーションとを記録し得る。選択した番組および選択したプロモーションは、任意の適した記憶ユニット、たとえば、別個のビデオカセットレコーダ、ディスクドライブまたはメモリカードなどに記録され得る。上述したように、記憶ユニットは、局所的にユーザのテレビ視聴装置に、またはその近傍に設けられ得る。あるいは、記憶ユニットは、ユーザのテレビ視聴装置から離れて設けられ得る。最後に、ステップ340において、番組およびプロモーションは、ユーザの要求に応じてディスプレイ上に再生され得る。

0030

図4は、本発明の様々な実施形態において、記録すべき番組を選択するために用いられ得るインタラクティブ番組ガイドグリッドディスプレイスクリーン410を示す。スクリーン410は、タイムバー420と日付セル440とを含み得る。タイムバー420は、水平方向に並べられた複数の時間セル430に分割され得る。各時間セル430は、テレビプログラミングの30分間(またはその他の任意の適した時間)に対応し得る。日付セル440は、ディスプレイスクリーン410で特定されたテレビ番組の放送日を特定する。スクリーン410はさらにチャンネルバー450を含み得、チャンネルバー450は、垂直方向に並べられた複数のチャンネルセル460に分割される。チャンネルセル460は、表示された番組が放送される(またはされている)チャンネルを特定し得る。スクリーン410はさらに、番組グリッド470を含み得る。番組グリッド470は、複数の番組セル480に分割され得る。各番組セル480は、特定のテレビ番組名を含み得、選択可能であり得る。各セルの幅は、対応する番組の長さに対応し得る。セル485内の番組は、リモートコントロールユニット280上の矢印キーを用いてセルをハイライトし、リモートコントロール上の記録キーを押すことによって、記録することが選択され得る。

0031

次に、図5を参照して、番組を指定して、テーマおよび/またはキーワード別に録画するために用いられ得る、番組指定画面500が説明される。番組指定画面500は、テーマ選択メニュー510およびキーワード検索メニュー520を含み得る。メニュー510および520によって、ユーザが番組検索基準を規定することが可能になる。テーマ選択メニュー510は、個別に選択可能であり、ユーザが特定のテーマを含む番組を検索することを可能にし得るテーマ選択セル515および516を含む。テーマセル516は、選択されたテーマセルを表す。キーワード検索メニュー520は、ユーザが英数字のテキストを入力して、特定の内容の番組を検索することを可能にするキーワード検索セル525を含み得る。メニュー510および520は、共に用いられてもよいし、別々に用いられてもよい。検索セル528は、ユーザの番組検索を開始するために用いられ得る。

0032

また、画面500は、ユーザの番組検索の結果を表示する番組リスト530を含み得る。番組リスト530は、番組情報を表示する番組セル535および536を含み得る。1つ以上の番組セルは、選択された番組セル536によって示すように、選択されたテーマまたは検索した用語に基づいて、自動的に選択され得る。録画ボタン560は、録画を開始するために用いられ得る。また、番組リスト530は、格付け(例えば、G、PG、PG−13、R)に従って、番組セルをカテゴリー分けする、番組格付けセル537を含み得る。番組リスト530は、番組検索選択基準を満たす番組の数を識別する、番組リストヘッダ540をさらに含み得る。

0033

さらに、番組指定画面500は、ユーザが番組検索基準を満たし、番組リスト530内に表示された番組を分類することを可能にする、分類メニュー550をも含み得る。分類メニュー550は、ユーザが分類技術を選択することを可能にする分類セル555および556を含み得る。例えば、ユーザの検索基準を満たす番組は、視聴時間、格付け、アルファベット順の配列などによって分類され得る。選択された分類セル556によって示されるように、1つ以上の分類セルが選択され得る。分類開始セル558が用いられて、ユーザの選択した分類技術が開始される。

0034

画面410および500は、録画される番組を指定するために用いられ得る、例示的な画面および方法にすぎない。任意の適切な画面および方法が、本発明と共に用いられ得る。

0035

図6は、プロモーションが番組の最初に録画され得、本発明の様々な実施形態を実施するために用いられ得る、プロセス600のフローチャートである。プロセス600は、工程620で選択された番組の録画を開始する前の工程610でのプロモーションの録画を示す。

0036

図7は、番組中のある時点でプロモーションが録画され得、本発明の様々な実施形態を実施するために用いられ得る、プロセス700のフローチャートである。プロセス700は、工程710で、番組録画の開始を示し、工程720で、番組録画中のある時点でのプロモーションの録画を示し、工程730で、番組録画の終了を示す。

0037

図8は、番組の最後にプロモーションが録画され得、本発明の様々な実施形態を実施するために用いられ得る、プロセス800のフローチャートである。プロセス800は、工程810で、番組の録画を示し、工程820で、番組録画の終了後のプロモーションの録画を示す。

0038

図9は、番組の最初および最後に、プロモーションが録画され得、本発明の様々な実施形態を実施するために用いられ得る、プロセス900のフローチャートである。プロセス900は、工程910で、番組の最初での第1のプロモーションの録画を示し、工程920で、番組の録画を示し、工程930で、第2のプロモーションの録画を示す。

0039

図10は、番組の最初、録画中のある時点、および最後で、プロモーションが録画され得、本発明の様々な実施形態を実施するために用いられ得る、プロセス1000のフローチャートである。プロセス1000は、工程1010で、番組の最初での第1のプロモーションの録画を示し、工程1020で、番組の第1の部分の録画を示し、工程1030で、番組中のある時点での第2のプロモーションの録画を示し、工程1040で、番組の第2の部分の録画を示し、工程1050で、番組の最後での第3のプロモーションの録画を示す。

0040

プロセス600、700、800、900、および1000は、任意の適切な組合せで用いられて、番組の前、途中、および/または後に、複数のプロモーションが録画される。

0041

図11は、録画した番組の再生中にプロモーションを統合し、本発明の様々な実施形態を実現するために用いられ得るプロセス1100を示す。図示したように、工程1102で、プロセス1100は、録画する番組を選択することによって開始し得る。録画する番組を選択することは、任意の適切な様態、例えば、図4および5に関して説明した様態で行われ得る。次に、工程1104で、プロセス1100は、番組を録画し得る。番組の録画を開始した後、任意の時点で、番組の録画が完了する前でも、工程1106で、番組の再生が開始され得る。好ましくは、再生は、ユーザからのコマンドに応答して開始されるが、再生は、自動的に開始されてもよい。

0042

次に、テスト1108において、プロセス1100は、プロモーションを再生するか否かを決定し得る。プロモーションを再生するか否かの決定は、任意の適切な基準を用いて行われ得る。プロモーションが再生される場合、プロセス1100は、次に、工程1112で、プロモーションを再生し得る。しかし、プロモーションが再生されない場合には、プロセスは、テスト1114で、再生が完了したか否かを決定し得る。再生が完了した場合、プロセス1100は、工程1102に戻って、他の番組が録画のために選択されることを待機する。

0043

テスト1114で、再生が完了しないと決定される場合、または、工程1112で、プロモーションを再生した後、プロセス1100は、テスト1116で、番組の一部分を再生するか否かを決定する。番組の一部分(例えば、番組の前半、番組の後半、番組全体、または番組の任意の他の部分)が再生される場合、プロセス1100は、工程1118で、その部分を再生する。工程1118で、その部分が再生された後、または、テスト1116で、再生される部分がないことが決定される場合、プロセス1110は、テスト1108に戻る。

0044

このように、録画した番組と共にプロモーションを提供するシステムおよび方法が提供される。当業者であれば、本発明が、限定するためではなく、例示するために説明された上記の実施形態以外の実施形態によって実施され得ることを理解し、本発明は、特許請求の範囲によってのみ限定されることを理解する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ