図面 (/)

技術 多剤式毛髪処理剤

出願人 株式会社ミルボン
発明者 馬場淳史計盛創宮崎貴成
出願日 2013年10月30日 (7年1ヶ月経過) 出願番号 2013-226063
公開日 2015年5月7日 (5年6ヶ月経過) 公開番号 2015-086169
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード B型粘度計 構成剤 窒素定量法 メチルシランジオール 厚み感 アミノポリエーテル変性シリコーン 加水分解タンパク 微生物由来物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年5月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

毛髪内部が詰まっているような厚みある感触を毛髪に付与する多剤式毛髪処理剤及びその構成剤の提供。

解決手段

本発明は、第1剤と、この第1剤の後に使用する第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤であって、上記第1剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合され、上記第2剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたことを特徴とする。下記式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。

概要

背景

毛髪処理剤としては、アミノ変性シリコーンが配合されたものが知られている(特開2013−40153号公報参照)。この公報に記載の毛髪処理剤は、多剤式として構成され、第1剤、及びアミノ変性シリコーンが配合された第2剤をこの順序で塗布して使用する。

このように毛髪処理剤にアミノ変性シリコーンを配合することで、毛髪コンディショニングを行うことができる。しかし、アミノ変性シリコーンの配合により毛髪に十分なコンディショニングが行われた場合であっても、その配合による効果が得られていることを実感できないおそれがある。具体的には、毛髪に触れたときの厚み感(毛髪の表面に何らかの物質コーティングされているような感触)について、その感触が表面的なものになり、毛髪内部に詰まっているような厚みがある感触に乏しいと、そのようなコンディショニング効果が得られている感覚を実感できないおそれがある。

概要

毛髪内部が詰まっているような厚みある感触を毛髪に付与する多剤式毛髪処理剤及びその構成剤の提供。本発明は、第1剤と、この第1剤の後に使用する第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤であって、上記第1剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合され、上記第2剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたことを特徴とする。下記式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。なし

目的

本発明は、上記した事情に鑑みてなされたものであり、毛髪内部が詰まっているような厚みある感触を毛髪に付与する多剤式毛髪処理剤及びその構成剤の提供を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第1剤と、この第1剤の後に使用する第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤であって、上記第1剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合され、上記第2剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたことを特徴とする多剤式毛髪処理剤。(式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。)

請求項2

上記第1剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量が、1質量%以下かつ上記第2剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量よりも少ない請求項1に記載の多剤式毛髪処理剤。

請求項3

請求項4

上記第2剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量が3質量%以上である請求項1、請求項2又は請求項3に記載の多剤式毛髪処理剤。

請求項5

上記第2剤にカチオン化セルロースが配合された請求項4に記載の多剤式毛髪処理剤。

請求項6

上記第2剤におけるカチオン化セルロースの配合量が、上記第2剤のアミノ変性シリコーン100質量部に対して2質量部以上40質量部以下である請求項5に記載の多剤式毛髪処理剤。

請求項7

上記第1剤及び上記第2剤の剤型クリーム状である請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の多剤式毛髪処理剤。

請求項8

第1剤と、この第1剤の後に使用され、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合された第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤の第1剤であって、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性の多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合されたことを特徴とする多剤式毛髪処理剤の第1剤。(式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。)

請求項9

下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性の多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合された第1剤と、この第1剤の後に使用する第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤の第2剤であって、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたことを特徴とする多剤式毛髪処理剤の第2剤。(式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。)

技術分野

0001

本発明は、多剤式毛髪処理剤に関する。

背景技術

0002

毛髪処理剤としては、アミノ変性シリコーンが配合されたものが知られている(特開2013−40153号公報参照)。この公報に記載の毛髪処理剤は、多剤式として構成され、第1剤、及びアミノ変性シリコーンが配合された第2剤をこの順序で塗布して使用する。

0003

このように毛髪処理剤にアミノ変性シリコーンを配合することで、毛髪コンディショニングを行うことができる。しかし、アミノ変性シリコーンの配合により毛髪に十分なコンディショニングが行われた場合であっても、その配合による効果が得られていることを実感できないおそれがある。具体的には、毛髪に触れたときの厚み感(毛髪の表面に何らかの物質コーティングされているような感触)について、その感触が表面的なものになり、毛髪内部に詰まっているような厚みがある感触に乏しいと、そのようなコンディショニング効果が得られている感覚を実感できないおそれがある。

先行技術

0004

特開2013−40153号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、上記した事情に鑑みてなされたものであり、毛髪内部が詰まっているような厚みある感触を毛髪に付与する多剤式毛髪処理剤及びその構成剤の提供を目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するためになされた発明は、第1剤と、この第1剤の後に使用する第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤であって、上記第1剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合され、上記第2剤に、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたことを特徴とする。



(式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。)

0007

当該多剤式毛髪処理剤によれば、第1剤に水溶性多糖類又は水溶性の多糖類誘導体(以下、これらを総称して「水溶性多糖類等」ともいう)を配合することにより、処理後の毛髪の内部が詰まっているような厚みのある感触(厚み感)が得られる。このような厚み感が得られる作用は明確ではないが、第1剤を塗布した後に第2剤を塗布すると、第2剤のアミノ変性シリコーンの内側に、第1剤の水溶性多糖類等の被膜が存在することで、アミノ変性シリコーンの内側が詰まっている感触が得られるためであると考えられる。

0008

上記第1剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量を、1質量%以下かつ上記第2剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量よりも少なくするとよい。このようなアミノ変性シリコーンの配合量とすることで、第2剤のアミノ変性シリコーンの内側に水溶性多糖類等の被膜を効果的に存在させること可能となる。これにより、処理後の毛髪に触れたときに、厚み感に基づくコンディショニング効果が得られている感覚をより実感しやすくなる。

0010

上記第2剤のアミノ変性シリコーンの配合量としては3質量%以上が好ましい。

0011

アミノ変性シリコーンの配合量が3質量%以上である場合の上記第2剤には、カチオン化セルロースが配合されるとよい。このように第2剤にカチオン化セルロースを配合することで、当該多剤式毛髪処理剤の塗布後の水洗時において、アミノ変性シリコーンによる油っぽい指通りの悪さが改善され、流し感が向上する。

0012

上記第2剤におけるカチオン化セルロースの配合量としては、上記第2剤のアミノ変性シリコーン100質量部に対して2質量部以上40質量部以下が好ましい。このようにカチオン化セルロースの配合量を第2剤のアミノ変性シリコーンの配合量に対して上記範囲とすることで、塗布後の水洗時における流し感がより向上する。

0013

上記第1剤及び上記第2剤の剤型クリーム状であるとよい。このように第1剤及び第2剤の剤型がクリーム状であることで、第1剤及び第2剤を毛髪に塗布するときのハンドリング性に優れる。また、第1剤及び第2剤の剤型をクリーム状に共通化することで、第1剤と第2剤とが馴染みやすくなるだけでなく、第1剤及び第2剤を毛髪に馴染ませやすくなる。

0014

上記課題を解決するためになされた別の発明は、第1剤と、この第1剤の後に使用され、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合された第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤の第1剤であって、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性の多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合されたことを特徴とする。



(式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。)

0015

当該第1剤によれば、水溶性多糖類等を配合することにより、当該第1剤の後にアミノ変性シリコーンが配合された第2剤を使用すると、処理後の毛髪の内部が詰まっているような厚みのある感触(厚み感)が得られる。

0016

上記課題を解決するためになされた別の発明は、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール、並びに水溶性多糖類及び水溶性の多糖類誘導体のうちの少なくとも一方が配合された第1剤と、この第1剤の後に使用する第2剤とを備える多剤式毛髪処理剤の第2剤であって、下記式(I)で表される第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたことを特徴とする。



(式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。)

0017

水溶性多糖類等が配合された第1剤の後にアミノ変性シリコーンが配合された当該第2剤を使用すると、処理後の毛髪の内部が詰まっているような厚みのある感触(厚み感)が得られる。

発明の効果

0018

本発明によれば、アミノ変性シリコーンによるコンディショニング効果が得られるだけでなく、毛髪内部が詰まっているような厚みある感触が得られる多剤式毛髪処理剤及びその構成剤が提供される。

0019

本発明の多剤式毛髪処理剤は、第1剤とこの第1剤の後に使用する第2剤とを備える。

0020

[第1剤]
第1剤は、第4級アンモニウム塩、高級アルコール、及び水溶性多糖類等が配合されたものである。当該第1剤は、アミノ変性シリコーンが配合されていてもよく、本発明の効果を損なわない範囲で、その他の任意成分を含んでいてもよい。以下、これらの成分について詳説する。

0021

<第4級アンモニウム塩>
第4級アンモニウム塩は、高級アルコールと共に配合されることで、第1剤の剤型をクリーム状とし、又はクリーム状に近づけるものである。この第4級アンモニウム塩は、下記式(I)で表される。

0022

0023

上記式(I)中、R1は、炭素数12〜22のアルキル基である。R2は、メチル基又は炭素数12〜22のアルキル基である。Xは、ハロゲン原子である。このハロゲン原子としては、例えば塩素臭素ヨウ素が挙げられる。

0024

上記式(I)で表される第4級アンモニウム塩としては、例えばミリスチルトリメチルアンモニウムセチルトリメチルアンモニウム、ステアリルトリメチルアンモニウム、ベへニルトリメチルアンモニウム等のトリメチル級アンモニウムの塩;ジミリスチルジメチルアンモニウム、ジセチルジメチルアンモニウム、ジステアリルジメチルアンモニウム、ジベへニルジメチルアンモニウム等のジメチル第4級アンモニウムの塩などが挙げられる。これらの第4級アンモニウム塩は、単独で配合してもよいし、二種以上を配合してもよい。第1剤における第4級アンモニウム塩の配合量としては、例えば0.5質量%以上5質量%以下であり、1質量%以上3質量%以下であると良い。

0025

<高級アルコール>
高級アルコールは、第4級アンモニウム塩と共に配合されることで、第1剤の剤型をクリーム状とし、又はクリーム状に近づけるものである。このような高級アルコールとしては、例えばミリスチルアルコールセタノールステアリルアルコールベヘニルアルコール等の直鎖状飽和アルコールオレイルアルコール等の直鎖状不飽和アルコールオクチルドデカノールイソステアリルアルコールヘキシルデカノール等の分岐状飽和アルコールなどが挙げられる。これらの高級アルコールは、単独で配合してもよいし、二種以上を配合してもよい。第1剤における高級アルコールの配合量としては、例えば0.5質量%以上5質量%以下である。

0026

<水溶性多糖類等>
水溶性多糖類等は、当該多剤式毛髪処理剤により処理した毛髪に厚み感を与えるものである。

0027

この水溶性多糖類等は、水溶性多糖類及び水溶性の多糖類誘導体を含む。水溶性多糖類等としては、例えばヒドロキシプロピルデンプンリン酸;ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース等の疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース;ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース等のヒドロキシアルキルセルロース;カルボキシメチルセルロースナトリウム;塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオプロピル]ヒドロキシエチルセルロース等のカチオン化セルロース;塩化O−〔2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル〕グァーガム等のカチオン化グァーガムなどが挙げられる。これらの水溶性多糖類等は、単独で配合してもよいし、二種以上を配合してもよい。第1剤における水溶性多糖類等の配合量としては、例えば0.5質量%以上10質量%以下であり、2質量%以上8質量%以下であると良い。

0028

<任意成分>
(アミノ変性シリコーン)
アミノ変性シリコーンは、主に毛髪にコンディショニング効果を付与するために配合される。ここで、アミノ変性シリコーンとは、直接又は置換基を介してシリコーン骨格にアミノ基が結合したシリコーンである。

0029

第1剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量は、例えば1質量%以下である。すなわち、アミノ変性シリコーンは第1剤において任意成分であるから、アミノ変性シリコーンを配合しなくても良い。

0030

第1剤にアミノ変性シリコーンを配合する場合、第2剤に配合できるアミノ変性シリコーンと同じものを第1剤に配合すると良い。第1剤のアミノ変性シリコーンとしては、例えばアミノエチルアミノプロピルメチルシロキサンジメチルシロキサン共重合体((アミノエチルアミノプロピルメチコンジメチコンコポリマー)、アミノエチルアミノプロピルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体(アモジメチコン)、アミノプロピルジメチコンアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体)、高重合アミノプロピルジメチコン、アミノポリエーテル変性シリコーンアミノグリコール変性シリコーンアクリル・アミノ変性シリコーン、アミノフェニル変性シリコーン等が挙げられる。これらのアミノ変性シリコーンは、単独で配合してもよく、二種以上を配合してもよい。

0031

(他の任意成分)
他の任意成分としては、例えばノニオン界面活性剤両性界面活性剤低級アルコール多価アルコールエステル油、油脂、炭化水素ロウ、アミノ変性シリコーン以外のシリコーン、高分子化合物アミノ酸動植物抽出物微生物由来物無機化合物香料防腐剤金属イオン封鎖剤紫外線吸収剤等が挙げられる。

0032

<pH>
第1剤の25℃でのpHは、3以上7以下であると良い。第1剤のpHが7を超えると、第1剤を毛髪に塗布したときに毛髪が膨潤するために好ましくない。

0033

<剤型、粘度等>
第1剤の剤型としては、外相水相のクリーム状であると良い。このように第1剤の剤型をクリーム状とすることで、第1剤を毛髪に塗布するときのハンドリング性に優れると共に第1剤を毛髪に馴染ませやすくなる。なお、「外相が水相」とは、最外相が水相である形態を意味し、例えばW/O、W/O/W等のエマルジョンを意味する。また、クリーム状とする場合の第1剤における水の配合量は、例えば70質量%以上95質量%以下とされる。

0034

第1剤の粘度は、外相が水相のクリーム状の剤型である場合、例えば1,000mPa・s以上60,000mPa・s以下である。なお、粘度は、応力制御レオメーターHAKE社の「Rheo Stress 6000」)を使用して測定するとよい。粘度の測定条件は、例えば測定温度25℃、コーンプレートセンサーの直径及び傾斜角がそれぞれ35mm及び傾斜角2°、定常フローカーブモード待ち時間1分、せん断速度36s−1とすると良い。

0035

[第2剤]
第2剤は、第4級アンモニウム塩、高級アルコール及びアミノ変性シリコーンが配合されたものである。第2剤は、カチオン化セルロースが配合されていてもよく、本発明の効果を損なわない範囲で、その他の任意成分が配合されていてもよい。以下、これらの成分について詳説する。

0036

<第4級アンモニウム塩>
第4級アンモニウム塩は、高級アルコールと配合することで、第2剤の剤型をクリーム状、又はクリーム状に近いものとするものである。第1剤に配合できる第4級アンモニウム塩を、第2剤に配合する第4級アンモニウム塩にできる。第2剤における第4級アンモニウム塩の配合量は、適宜設定されるものであるが、例えば1質量%以上7質量%以下である。

0037

<高級アルコール>
第1剤に配合できる高級アルコールを、第2剤に配合する高級アルコールにできる。第2剤における高級アルコールの配合量は、適宜設定されるものであるが、例えば5質量%以上15質量%以下である。

0038

<アミノ変性シリコーン>
アミノ変性シリコーンは、主に毛髪にコンディショニング効果を付与するために配合される。ここで、アミノ変性シリコーンとは、上述のように直接又は置換基を介してシリコーン骨格にアミノ基が結合したシリコーンである。このアミノ変性シリコーンとしては、例えば下記式(1)及び下記式(2)で表される化合物が挙げられる。

0039

0040

上記式(1)中、x及びyは1〜5の整数であり、m及びnは分子量に依存する整数である。

0041

0042

上記式(2)中、v及びwは1〜5の整数であり、p及びqは分子量に依存する整数である。

0043

上記式(1)で表される化合物としては、例えば、x=3及びy=2であるアミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体((アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー)が挙げられる。また、上記式(2)で表される化合物としては、例えば、v=3及びw=2であるアミノエチルアミノプロピルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体(アモジメチコン)が挙げられる。

0044

上記の他、第2剤に配合できるアミノ変性シリコーンの具体例(化粧品表示名称を含む)としては、上記化合物以外に、例えばアミノプロピルジメチコン(アミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体)、高重合アミノプロピルジメチコン、アミノポリエーテル変性シリコーン、アミノグリコール変性シリコーン、アクリル・アミノ変性シリコーン、アミノフェニル変性シリコーン等が挙げられる。これらのアミノ変性シリコーンは、単独で配合してもよく、二種以上を配合してもよい。

0045

第2剤におけるアミノ変性シリコーンは、任意成分である第1剤のアミノ変性シリコーンとは異なり必須成分である。第2剤におけるアミノ変性シリコーンの配合量としては、例えば3質量%以上である。一方、アミノ変性シリコーンの配合量の上限としては、特に限定されないが、8質量%が好ましく、7質量%がより好ましく、6質量%がさらに好ましい。このように、アミノ変性シリコーンの配合量を上記範囲とすることで、処理後の毛髪に十分なコンディショニング効果を付与することができると共に、毛髪の硬さやべたつきの発生を低減できる。

0046

アミノ変性シリコーンのアミノ含量(アミノ変性シリコーン中の窒素含有量)は、0.5質量%以上3.0質量%以下が好ましく、0.7質量%以上2.2質量%以下がより好ましい。このようにアミノ変性シリコーンのアミノ含量を上記範囲とすることで、上述のコンディショニング効果を好適に奏することができる。

0047

<任意成分>
(カチオン化セルロース)
カチオン化セルロースは、当該多剤式毛髪処理剤の塗布後の水洗時において、アミノ変性シリコーンによる油っぽい指通りの悪さを改善し、流し感を向上させる。このようなカチオン化セルロースとしては、例えばヒドロキシエチルセルロースに塩化グリシジルトリメチルアンモニウムを付加して得られる4級アンモニウム塩の重合体である塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロースが挙げられる。当該カチオン化セルロースの市販品としては、例えば、ダウケミカル日本社の「UCARE Polymer JR−30M」、東邦化学工業社の「カチナールHC−200」、東邦化学工業社の「カチナールLC−200」、東邦化学工業社の「カチナールLC−100」、KCI社の「POLYQUTA 3000KC」、花王社の「ポイズC−80M」が挙げられる。

0048

カチオン化セルロースとしては、2質量%水溶液にしたときの粘度が10,000mPa・s以上40,000mPa・s以下のものが好ましく、20,000mPa・s以上40,000mPa・s以下のものがより好ましい。この粘度が高くなるほどに、第2剤の粘度も高くなる傾向にある。なお、カチオン化セルロースの2質量%水溶液の粘度については、B型粘度計を用いて、25℃、M4ロータ、12rpmの条件で測定開始から60秒後の値を採用する。

0049

カチオン化セルロースのカチオン化度(カチオン化セルロースにおける窒素含量百分率)は、特に限定されないが、1.0%以上2.0%以下が好ましい。窒素含量は、カチオン化セルロースに含まれる窒素原子の含有量であり、医薬部外品原料規格において定められている窒素定量法に基づく値を採用する。但し、医薬部外品原料規格に窒素定量法が定められていない場合には、ケルダール法に基づく値を採用する。

0050

第2剤におけるカチオン化セルロースの配合量としては、第2剤のアミノ変性シリコーン100質量部に対して2質量部以上40質量部以下が好ましい。このようにカチオン化セルロースの配合量を第2剤のアミノ変性シリコーンの配合量に対して上記範囲とすることで、第2剤塗布後の水洗時における流し感の向上に適する。

0051

(他の任意成分)
第2剤の他の任意成分としては、例えばノニオン界面活性剤、両性界面活性剤、低級アルコール、多価アルコール、糖類、エステル油、油脂、炭化水素、ロウ、アミノ変性シリコーン以外のシリコーン、高分子化合物、アミノ酸、動植物抽出物、微生物由来物、無機化合物、香料、防腐剤、金属イオン封鎖剤、紫外線吸収剤等が挙げられる。

0052

<pH>
第2剤の25℃でのpHは、3以上7以下であると良い。第2剤のpHが7を超えると、第2剤を毛髪に塗布したときに毛髪が膨潤するために好ましくない。

0053

<剤型、粘度等>
第2剤の剤型としては、外相が水相のクリーム状であると良い。このように第2剤の剤型がクリーム状であることで、第2剤を毛髪に塗布するときのハンドリング性に優れると共に第2剤を毛髪に馴染ませやすくなる。また、第1剤と第2剤とを共にクリーム状の剤型とする場合、第1剤と第2剤とが馴染みやすくなる。なお、「外相が水相」の定義は、第1剤の場合と同様である。また、クリーム状とする場合の第2剤における水の配合量は、例えば50質量%以上90質量%以下とされる。

0054

第2剤の粘度としては、外相が水相のクリーム状の剤型である場合、例えば1,000mPa・s以上60,000mPa・s以下である。なお、粘度は、応力制御型レオメーター(HAAKE社の「Rheo Stress 6000」)を使用して測定するとよい。粘度の測定条件は、例えば測定温度25℃、コーンプレートセンサーの直径及び傾斜角がそれぞれ35mm及び傾斜角2°、定常フローカーブモード、待ち時間1分、せん断速度36s−1とすると良い。

0055

[多剤式毛髪処理剤の用途]
当該多剤式毛髪処理剤は、ヘアケア剤などとして使用可能なものである。「ヘアケア剤」とは、毛髪の手入れ手当て等を行うために用いられる毛髪処理剤である。ヘアケア剤としては、例えばコンディショナートリートメントが挙げられる。トリートメントとしては、例えばシャンプー後に使用するトリートメント、パーマの前処理のためのトリートメント、パーマの後処理のためのトリートメント、カラーリングの前処理のためのトリートメント、カラーリングの後処理のためのトリートメント、ブリーチの前処理のためのトリートメント、ブリーチの後処理のためのトリートメントが挙げられる。

0056

[多剤式毛髪処理剤の使用方法
当該多剤式毛髪処理剤は、第1剤を塗布した後に、この第1剤を洗い流し、又は第1剤を洗い流さずに第2剤を塗布して使用する。第2剤は、塗布後に洗い流してもよいし、洗い流さなくてもよい。

0057

当該多剤式毛髪処理剤は、2つの処理剤からなる2剤式の場合、第1剤及び第2剤から構成される。当該多剤式毛髪処理剤は、3つ以上の処理剤からなる場合には、第1剤及び第2剤に加えて、1以上の他の処理剤を含む。この場合、第1剤、第2剤及び1以上の他の処理剤の使用順序は、第1剤の後に第2剤を使用する順序であればよい。例えば、3剤式の毛髪処理後の場合、他の処理剤を、第1剤の前に使用しても良く、第1剤及び第2剤の間に使用しても良く、第2剤の後に使用しても良い。

0058

以下、当該多剤式毛髪処理剤及びその構成剤を実施例により説明するが、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。

0059

本実施例では、3剤式毛髪処理剤について、厚み感、なめらかさ及びつやを評価した。

0060

[実施例1a,1b及び比較例1]
実施例1a,1b及び比較例1では、前処理剤、第1剤及び第2剤からなる3剤式毛髪処理剤を調製した。

0061

<前処理剤の調製>
実施例1a,1b及び比較例1の前処理剤は、水に対し、加水分解ケラチン1質量%、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム0.4質量%、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)2質量%、1,3−ブチレングリコール5質量%、コハク酸ジエトキシエチル0.05質量%、乳酸0.02質量%、防腐剤0.4質量%及び香料0.2質量%を配合し、流動性の高い液状剤型に調製した。

0062

<第1剤の調製>
実施例1a,1b及び比較例1の第1剤は、下記表1に示す原料を水と配合し、クリーム状の剤型に調製した。これらの第1剤のpH(25℃)は、4.0〜5.0の範囲であった。

0063

<第2剤の調製>
実施例1a,1b及び比較例1の第2剤として、下記濃度とした原料を水と配合したクリーム状のものを調製した。セタノール5質量%、塩化ベヘニルトリメチルアンモニウム3質量%、ベヘントリモニウムメトサルフェート0.1質量%、イソアルキル(C10−40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート0.1質量%、1,3−ブチレングリコール3質量%、イソプロパノール0.7質量%、ヒマシ油3質量%、ホホバ油3質量%、シア脂0.5質量%、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体(アミノ変性シリコーン)3質量%、アミノプロピルフェニルトリメチコン3質量%、メチルフェニルポリシロキサン2質量%、ポリプピルシルセスキオキサン0.3質量%、フェニルプロピルジメチルシロキシケイ酸0.9質量%、デカメチルシクロペンタシロキサン4質量%、(加水分解シルクPG−プロピルメチルシランジオールクロスポリマー0.2質量%、加水分解タンパク0.2質量%、防腐剤0.3質量%、乳酸0.2質量%及び香料0.4質量%

0064

[評価]
実施例1a,1b及び比較例1の3剤式毛髪処理剤について、厚み感、なめらかさ及びつやの評価を以下に説明する方法で行った。

0065

評価対象の毛髪>
評価対象の毛髪としては、酸化染毛剤による染毛処理履歴があり、かつ肩よりも下まで伸び頭髪を採用した。

0066

毛髪処理方法
まず、前処理剤、第1剤及び第2剤をこの順序で頭髪に塗布した後に水洗を行った。具体的には、頭髪の半分に比較例1の3剤式毛髪処理剤の塗布を行い、残りの半分の頭髪に実施例1a又は実施例1bの3剤式毛髪処理剤の塗布を行った後に水洗を行った。次いで、頭髪全体シャンプーした後に再度水洗を行い、さらに頭髪の全体にトリートメントを行った後に水洗を行ってから乾燥させた。

0067

評価方法
厚み感、なめらかさ及びつや評価は、上述の方法により処理した頭髪を触診するにより、又は目視することにより行った。各評価は、評価者の人数を4名とし、比較例1の毛髪処理剤(基準)との比較として下記基準に従って行った。評価結果は、表1に示した。なお、「厚み感」は内部に詰まっているような厚みがある感触として、「なめらかさ」は毛髪表面が平滑で整っている感触として、「つや」は頭髪表面が整っていることにより生じるつやとして評価した。

0068

〇:評価者の3名以上が基準(比較例1)よりも良いと評価
△:評価者の2名が基準(比較例1)と同等と評価
×:評価者の3名以上が基準(比較例1)より悪いと評価

0069

0070

表1から明らかなように、実施例1a,1bの3剤式毛髪処理剤は、比較例1の3剤式毛髪処理剤に比べて、厚み感が優れていた。この結果から、第2剤にアミノ変性シリコーンが配合される多剤式毛髪処理剤では、第1剤に水溶性多糖類又はその誘導体を配合することで、厚み感が向上すると考えられる。

0071

また、実施例1bの3剤式毛髪処理剤は、比較例1の3剤式毛髪処理剤に比べて、つやが優れていた。この結果から、第1剤に水溶性多糖類等として、カルボキシメチルセルロースナトリウムを配合することで、つやが向上すると考えられる。

0072

[実施例2a,2b]
実施例2a,2bでは、前処理剤、第1剤及び第2剤からなる3剤式毛髪処理剤を調製し、上述と同様に厚み感、なめらかさ及びつやの評価を行った。ただし、比較の基準としては、実施例2bの3剤式毛髪処理剤を採用した。評価結果は表2に示した。

0073

<前処理剤の調製>
実施例2a,2b前処理剤としては、実施例1aの前処理剤と同様のものを使用した。

0074

<第1剤の調製>
実施例2a,2bの第1剤は、下記表2に示す原料を水に配合し、クリーム状の剤型に調製した。これらの第1剤のpH(25℃)は、4.0〜5.0の範囲であった。

0075

<第2剤の調製>
実施例2a,2bの第2剤として、下記濃度とした原料を水と配合したクリーム状のものを調製した。セタノール7質量%、ベヘニルアルコール1質量%、オクチルドデカノール3質量%、臭化ステアリルトリメチルアンモニウム3質量%、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム0.1質量%、モノステアリン酸グリセリン1質量%、ポリオキシエチレンオレイルエーテル(2E.O.)4質量%、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット(60E.O.)2質量%、1,3−BG3質量%、イソプロパノール1質量%、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体(アミノ変性シリコーン)5質量%、デカメチルシクロペンタシロキサン2質量%、塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース0.7質量%、トレハロース0.9質量%、防腐剤0.5質量%、乳酸0.4質量%及び香料0.3質量%

0076

0077

表2から明らかなように、第1剤にカルボキシメチルセルロースナトリウムを配合した実施例2aの3剤式毛髪処理剤は、第1剤にカルボキシメチルセルロースナトリウムを配合していない実施例2bに比べて、厚み感及びつやに優れていた。また、実施例2bの第1剤における水溶性多糖類等の配合量は、実施例2aの第1剤における水溶性多糖類等の配合量よりも多い。すなわち、第1剤に水溶性多糖類等として、カルボキシメチルセルロースナトリウムを他の水溶性多糖類等と共に配合することで少ない配合量で厚み感及びつやを改善できるものと考えられる。

0078

[実施例3a〜3c]
実施例3a〜3cでは、前処理剤、第1剤及び第2剤からなる3剤式毛髪処理剤を調製し、上述と同様に厚み感、なめらかさ及びつやの評価を行った。なお、比較の基準としては、実施例3cの3剤式毛髪処理剤を採用した。評価結果は表3に示した。

0079

<前処理剤の調製>
実施例3a〜3cの前処理剤としては実施例1aの前処理剤と同様のものを使用した。

0080

<第1剤の調製>
実施例3a〜3cの第1剤は、下記表3に示す原料を水に配合し、クリーム状の剤型に調製した。これらの第1剤のpH(25℃)は、4.0〜5.0の範囲であった。

0081

<第2剤の調製>
実施例3a〜3cの第2剤としては、実施例2a,2bの第2剤と同様のものを使用した。

0082

0083

表3から明らかなように、実施例3a,3bの3剤式毛髪処理剤は、実施例3cの3剤式毛髪処理剤に比べて、厚み感に優れていた。この結果から、第1剤に水溶性多糖類等としてステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロースを配合し、又は塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロースを配合することで厚み感がより向上するものと考えられる。

実施例

0084

また、実施例3bの3剤式毛髪処理剤は、実施例3cの3剤式毛髪処理剤に比べて、つやが向上していた。この結果から、第1剤に多糖類等として塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロースを配合することで、厚み感に加えて、つやがより向上するものと考えられる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • サラヤ株式会社の「 羅漢果抽出物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】水不溶物が抑制された羅漢果抽出物を提供する。【解決手段】(1)モグロシドVを0.01質量%〜70質量%;及び(2)水不溶性成分5質量%以下を含有し、水不溶性成分含有量/ポリフェノール含有量が、... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ