図面 (/)

技術 薬剤の局所適用のためのキット

出願人 ノバルティスアーゲー
発明者 リオネル・ジヤナン
出願日 2014年10月31日 (4年10ヶ月経過) 出願番号 2014-222352
公開日 2015年4月9日 (4年5ヶ月経過) 公開番号 2015-062679
状態 特許登録済
技術分野 媒体導出入付与装置 医療品保存・内服装置 他の有機化合物及び無機化合物含有医薬
主要キーワード アプリケータパッド 外包み VDU 適用器具 BHC すり付け 親指用 適用回数
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年4月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

例えば、ヘルペス薬の塗布のための好都合なシステムとして使用することができる、局所用薬剤の塗布のための好都合な携帯キットを提供する。

解決手段

複数回の治療に充分な量の流動的な薬剤容器12を、薬剤のための複数のアプリケータ14とともに含み、アプリケータが、薬剤を正確かつ最小限の苦痛にて塗布するように設計されている構成とし、また鏡16をさらに含み、ケース10内に説明書18を収容する構成とする。

概要

背景

ヘルペスは、ときには「単純疱疹(fever blister)」と称されるが、通常は、または口腔の外側に現れる水ぶくれまたははれものであり、口腔の内部に現れる口内炎とは異なる。ヘルペスは、ウイルスによって引き起こされ、医療を要する状態であると考えられる。ヘルペスは、通常は、単純ヘルペスウイルス1型(HSV−1)によって引き起こされる。このウイルスは、水痘帯状疱疹(herpes zoster)、および陰部疱疹を引き起こすウイルス(HSV−2)と同じ族の一部である。

ヘルペスは、人ごとにさまざまである可能性があるが、一般的には、発生が約7から10日間続き、年に3または4回生じる。このときに、ヘルペスに関する苦痛が、強烈になる可能性がある。さらに、ヘルペスは、接触伝染性がきわめて高く、物理的な接触によって広がることができる。

ヘルペスの治療は、経口の抗ウイルス薬の形態であってもよいが、より一般的には、局所適用の抗ウイルス薬の形態であり、通常はクリームまたは軟膏の形態である。そのような薬剤を、処方箋なしで、店頭購入することが可能である。そのような薬剤において一般的な有効成分として、これらに限られるわけではないが、ペンシクロビル(Vectavir、Fenestil Pencivir、およびDenivirという名称販売されている)ならびにアシクロビル(Zoviraxという名称で販売されている)が挙げられる。局所適用によって使用されており、体外でHSVに対する阻害作用を呈する他の知られている抗ウイルス剤は、例えば、アデニンアラビノシド(ara−A、ビダラビン)、アラビノシルアデニン一リン酸塩(ara−AMP)、ロブカビル(ビスヒドロキシメチルシクロブチルグアニンBHCG)、ブリブジンブロモビニルデオキシウリジン、BVDU)、デシクロビルファムシクロビルシドフォビル(HPMPC、GS504)、イドクスウリジン、ネチブジン(ゾナビル、BW882C87)、PAA(ホスホノアセテート)、PFA(ホスホノホルメート)、ソリブジンブロバビル、BV−araU)、トリフルリジントリフルオロチミジン、TFT)、トロマンジンバラシクロビル、ビレンド、1−ドコサノール(リダコル)、348U87、2242(2−アミノ−7−(1,3−ジヒドロキシ−2−プロポキシメチルプリン)、HOE 961、シバミドカプサイシン)、PMEA(9−(2−ホスホニルメトキシエチル)アデニン)、ペプチドT、BILD 1263、CRTである。

ヘルペスを引き起こすウイルスの高い接触伝染性という性質ゆえに、ヘルペスを患う者は、他部への口づけを避けるように警告され、またはヘルペスに触れないように警告される。したがって、店頭で販売される多くの製品に添えられている説明書が、ユーザに対して「少量を指へと絞り出し患部へと塗布する」ように指示していることは、驚くべきことである。いくつかの事例では、局所適用の処置を行うときに、手袋または指サックを着用し、またはアプリケータ(例えば、綿棒)を使用することが、ユーザに対して指示されている。これらの矛盾する指示および手袋の使用に必要な余分な手間ゆえに、結果として、人々が推奨される頻度(通常は、2から3時間ごと)での薬剤の塗布または推奨される継続期間(通常は、7日間)にわたる薬剤の塗布を怠る可能性がある。綿棒は、繊維がヘルペスに捕捉される結果となりかねない。

概要

例えば、ヘルペス薬の塗布のための好都合なシステムとして使用することができる、局所用薬剤の塗布のための好都合な携帯キットを提供する。複数回の治療に充分な量の流動的な薬剤の容器12を、薬剤のための複数のアプリケータ14とともに含み、アプリケータが、薬剤を正確かつ最小限の苦痛にて塗布するように設計されている構成とし、また鏡16をさらに含み、ケース10内に説明書18を収容する構成とする。

目的

本発明は、薬剤の局所適用を必要とする医学的状態を治療するためのキットを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

薬剤局所適用を必要とする医学的状態治療するためのキットであって、(a)流体の形態の薬剤を複数回の適用にとって充分に含んでいる薬剤の容器と、(b)複数回の適用と同数である複数のアプリケータとが内部に配置されてなるケースを含んでおり、各々のアプリケータが、弾性的なネック部によって接続された一体的に形成されたハンドル部および平坦ブレード部を備えており、前記弾性的なネック部が、平坦なブレード部を使用時に反らすことができるよう、ハンドル部およびブレード部よりも小さい断面の高さを有しており、弾性的なブレード部が、薬剤を吸収しない表面を有しているキット。

請求項2

複数のアプリケータが、個別に包装されている、請求項1に記載のキット。

請求項3

ケースの内側に配置された鏡をさらに備えている、請求項1に記載のキット。

請求項4

複数のアプリケータが、個別に包装されている、請求項3に記載のキット。

請求項5

各々のアプリケータが、3から6cmというハンドル部の一端から平坦なブレード部の反対側の端部まで延びる長さを有しており、弾性的なネック部の断面の高さが、0.5から0.7mmである、請求項1に記載のキット。

請求項6

アプリケータが、ポリオレフィンから形成されている、請求項5に記載のキット。

請求項7

ポリオレフィンが、低密度ポリエチレンである、請求項6に記載のキット。

請求項8

各々のインジケータの各々のハンドル部の表面に、親指用くぼみが形成されている、請求項7に記載のキット。

請求項9

薬剤が、抗ウイルス剤である、請求項1に記載のキット。

請求項10

ケースの内側に配置された鏡をさらに備えている、請求項9に記載のキット。

請求項11

各々のアプリケータが、3から6cmというハンドル部の一端から平坦なブレード部の反対側の端部まで延びる長さを有しており、弾性的なネック部が、0.5から0.7mmという断面の厚さを有している、請求項9に記載のキット。

請求項12

アプリケータが、ポリオレフィンから形成されている、請求項11に記載のキット。

請求項13

ポリオレフィンが、低密度ポリエチレンである、請求項12に記載のキット。

請求項14

各々のインジケータの各々のハンドル部の表面に、親指用のくぼみが形成されている、請求項13に記載のキット。

請求項15

抗ウイルス剤は、ペンシクロビルである、請求項9に記載のキット。

請求項16

ケースの内側に配置された鏡をさらに備えている、請求項15に記載のキット。

請求項17

各々のアプリケータが、3から6cmというハンドル部の一端から平坦なブレード部の反対側の端部まで延びる長さを有しており、ネック部の断面の高さが、0.5から0.7mmである、請求項15に記載のキット。

請求項18

アプリケータが、ポリオレフィンから形成されている、請求項17に記載のキット。

請求項19

ポリオレフィンが、低密度ポリエチレンである、請求項18に記載のキット。

請求項20

各々のインジケータの各々のハンドル部の表面に、親指用のくぼみが形成されている、請求項19に記載のキット。

請求項21

抗ウイルス剤が、アシクロビルである、請求項9に記載のキット。

請求項22

ケースの内側に配置された鏡をさらに備えている、請求項21に記載のキット。

請求項23

各々のアプリケータが、3から6cmというハンドル部の一端から平坦なブレード部の反対側の端部まで延びる長さを有しており、弾性的なネック部の断面の高さが、0.5から0.7mmである、請求項21に記載のキット。

請求項24

アプリケータが、ポリオレフィンから形成されている、請求項23に記載のキット。

請求項25

ポリオレフィンが、低密度ポリエチレンである、請求項24に記載のキット。

請求項26

各々のインジケータの各々のハンドル部の表面に、親指用のくぼみが形成されている、請求項25に記載のキット。

技術分野

0001

本出願は、例えば単純ヘルペス治療のための薬剤局所適用のためのキットに関する。

背景技術

0002

ヘルペスは、ときには「単純疱疹(fever blister)」と称されるが、通常は、または口腔の外側に現れる水ぶくれまたははれものであり、口腔の内部に現れる口内炎とは異なる。ヘルペスは、ウイルスによって引き起こされ、医療を要する状態であると考えられる。ヘルペスは、通常は、単純ヘルペスウイルス1型(HSV−1)によって引き起こされる。このウイルスは、水痘帯状疱疹(herpes zoster)、および陰部疱疹を引き起こすウイルス(HSV−2)と同じ族の一部である。

0003

ヘルペスは、人ごとにさまざまである可能性があるが、一般的には、発生が約7から10日間続き、年に3または4回生じる。このときに、ヘルペスに関する苦痛が、強烈になる可能性がある。さらに、ヘルペスは、接触伝染性がきわめて高く、物理的な接触によって広がることができる。

0004

ヘルペスの治療は、経口の抗ウイルス薬の形態であってもよいが、より一般的には、局所適用の抗ウイルス薬の形態であり、通常はクリームまたは軟膏の形態である。そのような薬剤を、処方箋なしで、店頭購入することが可能である。そのような薬剤において一般的な有効成分として、これらに限られるわけではないが、ペンシクロビル(Vectavir、Fenestil Pencivir、およびDenivirという名称販売されている)ならびにアシクロビル(Zoviraxという名称で販売されている)が挙げられる。局所適用によって使用されており、体外でHSVに対する阻害作用を呈する他の知られている抗ウイルス剤は、例えば、アデニンアラビノシド(ara−A、ビダラビン)、アラビノシルアデニン一リン酸塩(ara−AMP)、ロブカビル(ビスヒドロキシメチルシクロブチルグアニンBHCG)、ブリブジンブロモビニルデオキシウリジン、BVDU)、デシクロビルファムシクロビルシドフォビル(HPMPC、GS504)、イドクスウリジン、ネチブジン(ゾナビル、BW882C87)、PAA(ホスホノアセテート)、PFA(ホスホノホルメート)、ソリブジンブロバビル、BV−araU)、トリフルリジントリフルオロチミジン、TFT)、トロマンジンバラシクロビル、ビレンド、1−ドコサノール(リダコル)、348U87、2242(2−アミノ−7−(1,3−ジヒドロキシ−2−プロポキシメチルプリン)、HOE 961、シバミドカプサイシン)、PMEA(9−(2−ホスホニルメトキシエチル)アデニン)、ペプチドT、BILD 1263、CRTである。

0005

ヘルペスを引き起こすウイルスの高い接触伝染性という性質ゆえに、ヘルペスを患う者は、他部への口づけを避けるように警告され、またはヘルペスに触れないように警告される。したがって、店頭で販売される多くの製品に添えられている説明書が、ユーザに対して「少量を指へと絞り出し患部へと塗布する」ように指示していることは、驚くべきことである。いくつかの事例では、局所適用の処置を行うときに、手袋または指サックを着用し、またはアプリケータ(例えば、綿棒)を使用することが、ユーザに対して指示されている。これらの矛盾する指示および手袋の使用に必要な余分な手間ゆえに、結果として、人々が推奨される頻度(通常は、2から3時間ごと)での薬剤の塗布または推奨される継続期間(通常は、7日間)にわたる薬剤の塗布を怠る可能性がある。綿棒は、繊維がヘルペスに捕捉される結果となりかねない。

先行技術

0006

米国特許第6,211,243号明細書
米国特許出願公開第2008/0072432号明細書

発明が解決しようとする課題

0007

局所適用の抗ウイルス薬の既存の塗布方法不適切さにもかかわらず、この領域における改善は、皆無ではないとしても、わずかである。米国特許第6,211,243号明細書が、壊れやすいリザーバへと突き当てられる吸収性の攪拌パッドを有しているヘルペス薬のアプリケータを開示している。パッドは、繊維または毛の集まりであり、それらで治療用組成物を保持でき、病んだ組織を削り落とすことができる。したがって、このアプリケータの意図は、同じアプリケータを複数回使用し(結果として、再感染または他部への転移の恐れが生じる)、局所薬をヘルペスにこすり付ける(苦痛を生じさせかねない処置である)ことにあるように見受けられる。米国特許出願公開第2008/0072432号明細書が、ヘルペス薬の保存および適用に使用することができる「適用器具」を開示している。しかしながら、この用途のために用いられる器具またはツールは、アプリケータパッドまたはブラシである。したがって、これも複数回使用のアプリケータであり、付随の問題を抱えている。

0008

要約すると、局所適用のヘルペス薬の容易な使用を手助けし、苦痛が少なく、再感染または他部への感染の転移の恐れが少ない製品について、ニーズが依然として存在する。本発明の目的は、そのような製品を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

本発明は、薬剤の局所適用を必要とする医学的状態を治療するためのキットを提供する。キットは:
(a)流体の形態の薬剤を複数回の適用にとって充分に含んでいる薬剤の容器、および
(b)各々が弾性的な材料から一体的に形成されている複数のアプリケータが内部に配置されてなるケースを含んでおり、
各々のアプリケータが、ネック部によって接続されたハンドル部および平坦ブレード部を備えており、前記ネック部の断面が、使用時に平坦なブレード部を反らすことができるよう、少なくとも1つの寸法においてハンドル部および平坦なブレード部よりも薄く、平坦なブレード部が、薬剤を吸収しない表面を有している。

図面の簡単な説明

0010

本発明によるキットの斜視図を示している。
本発明のキットにおいて有用なアプリケータの実施形態を示している。
使用前のキャリア上の複数のアプリケータを示している。

実施例

0011

本発明は、薬剤の局所適用を必要とする病状の治療のためのキットを提供する。図1が、本発明によるキットの斜視図を示している。キットは、ケース10、薬剤の容器12、および複数のアプリケータ14を有している。随意により、キットは、鏡16をさらに含むことができ、ケース10内に使用の印刷された説明書18を収容することができる。薬剤の容器は、推奨される1回の治療課程の全体にとって充分な薬剤など、複数回の治療に充分な薬剤を収容している。キット内のアプリケータの数および治療の回数は、好ましくは同じである。

0012

図2が、本発明のキットにおいて有用なアプリケータの実施形態を示している。アプリケータは、一体的に形成されたハンドル部20および平坦なブレード部22を、弾性ネック部24によって接続して備えている。用語「一体的に形成」は、アプリケータが成形された材料の単一片から形成されることを意味し、例えば成型プラスチック材料から形成されることを意味する。

0013

図1のハンドル部20は、おおむね矩形の断面を有しており、ユーザによるアプリケータの把持に役立つように、随意による親指用くぼみ26が形成されている。しかしながら、ハンドル部20の全体形状は、設計上の選択の問題である。したがって、ハンドル部20は、円形もしくは長円形の断面、またはより角張った断面を有してもよく、親指用のくぼみの代わりに隆起したを有してもよい。

0014

平坦なブレード部22が、アプリケータのうちの薬剤が適用される部分である。図示のとおり、この部分は、おおむね平坦な上面28を有している。反対側の表面(図示せず)も平坦であってもよく、または設計上の選択として、丸みを帯びていても、審美的な造作を有していてもよい。したがって、用語「平坦なブレード部」は、アプリケータのうちで、薬剤が適用される少なくとも1つのおおむね平坦な表面28を有している部位を指す。裏面は、平坦であってもよく、または湾曲した表面もしくは装飾的な表面を有してもよい。

0015

ネック部24は、平坦なブレードとハンドルとの間に配置された断面の高さが減らされている領域である。特に、図2における断面の高さAが、ハンドルおよびブレードの断面の高さに比べて減らされている。さらにネック24は、所望であれば、減らされた断面の幅を有することができる。断面の高さを減らす目的は、アプリケータに、使用時にネックの領域において曲がることができるように、弾性的な柔軟性をもたらすことにある。ヘルペスはかなりの痛みを伴うことが多いため、剛体的なアプリケータで薬剤を塗布すると、不快を感じる恐れが高まり、結果として治療の計画遵守されなくなる可能性が高まると考えられる。ネック部の断面の高さを減らすことによって、アプリケータが、より柔らかくて優しい感触を有し、結果として不快の可能性が低くなる。

0016

アプリケータの寸法は、決定的に重要というわけではないが、いくつかの関心事バランスを呈する。(例えば、再び閉じることのできるボックスなどの紙、またはプラスチック製の)ケースが、ユーザが容易に携行することができるように、パースまたはポケット好都合フィットするサイズであることが望ましい。ケースが、治療の計画の全体に対応するように20個、30個、またはそれ以上のアプリケータの収容を必要とする可能性があるため、個々の各々のアプリケータのサイズは、相当に小さくなければならない。他方で、アプリケータが小さすぎると、一部の者にとって使用が困難になる。したがって、好ましい実施形態において、本発明のアプリケータは、例えば3.5から6cmなど、3から6cmの長さを有し、ハンドルおよびブレードの領域において0.8から1.2mmの断面の高さを有する。したがって、ネック部は、適切には、0.5から0.7mmの範囲にあるより小さな断面の高さを有する。

0017

アプリケータは、2つの重要な特徴をもたらす材料から一体的に形成される。すなわち、(1)材料が、薬剤に関して非吸収性であるべきであり、(2)材料が、柔らかなアプリケータの感触をもたらすべく、きわめてわずかな圧力に応答してネックが曲がることができるよう、充分な柔軟性および弾性を有するべきである。この目的に適した材料は、低密度ポリエチレンおよび高密度ポリエチレンなどのポリオレフィン類であるが、「柔らか」な感触を提供するための充分な柔軟性を有している他のプラスチックも適している。

0018

図3は、本発明のキットへと配置のためのキャリア30に組み合わせられた複数のアプリケータ14を示している。キット内のアプリケータの数は、手洗いの可能性が限られているときにアプリケータを使用することができるように、1日もしくは数日の治療を提供するために充分な数(例えば、5から10個のアプリケータ)から適切に変更することができ、または容器内の治療の各々についてアプリケータを提供するために充分であるように、より多数であってもよい。この後者の場合には、複数のアプリケータは、複数である容器内の薬剤の適用回数同数である。しかしながら、ケースがいくつかの複数のアプリケータを収容するための充分なサイズである限りにおいて、すべてのアプリケータが当初よりキットに備えられている必要はない。アプリケータは、包装されていなくても、個別に包装されていても、または図3に示されているようなキャリア(アプリケータがグループとして結び付けられ、延伸ポリプロピレンポリエチレンテレフタレート(PET)、および低密度のポリオレフィン類(例えば、低密度ポリエチレン)などといった材料から形成された外包みによって塵埃から保護される)にて提供されてもよい。存在するアプリケータの数を視覚的に確認できるよう、透明であることが望ましいが、必ずしも透明である必要はない。1つのアプリケータ14がキャリア30から取り出されるとき、残りのアプリケータの先端は、再び閉じることができる小袋であってもよいキャリア30内に保護されたままであってもよい。

0019

容器内の薬剤は、流体の形態で提供される。流体の形態の薬剤を、容器から絞り出し、滴下させ、または汲み出すことができる。流体の形態の薬剤は、たとえ適用の準備において逆さまの姿勢へと裏返された場合でもアプリケータのブレード部にとどまるための充分な粘性および/または表面張力を有することができる。流体の形態の例として、これらに限られるわけではないが、ゲル発泡体、クリーム、軟膏、ペースト粘稠液、およびローションが挙げられる。

0020

容器は、チューブスポイト、またはポンプディスペンサ、あるいは流体の形態の薬剤を収容し、アプリケータのブレード部へと送り出すことができる任意の他の種類の容器であってもよい。

0021

薬剤それ自体は、複数回の治療において局所薬として繰り返し塗布される任意の種類の薬剤であってもよい。具体的な実施形態においては、薬剤が、ヘルペスの治療に使用される有効成分を含んでいる。具体的な有効成分の例として、これらに限られるわけではないが、ペンシクロビル、ファムシクロビル、バラシクロビル、またはアシクロビルなどの抗ウイルス剤、テトラカインベンゾカインリドカインベンジルアルコール樟脳、およびフェノールなどの麻痺薬、ならびにドコサノール亜鉛リシン、フェノール、およびタンニン酸などといったこの目的に使用される他の有効成分が挙げられる。

0022

本発明のキットを使用するために、ユーザは、1つのアプリケータを取り出し、このアプリケータに指示に沿った量の薬剤を適用する。所望であれば、アプリケータのブレード部の表面28が、適切な量の薬剤の取り出しを容易にするためのマーキングを有してもよい。そのようなマーキングが存在する場合、マーキングの具体的な位置は、薬剤を存在させてなる流体の形態の種類、薬剤の濃度、および治療対象の領域のサイズに依存して決まる。ひとたび薬剤がアプリケータ上に位置すると、アプリケータは、薬剤を治療対象の領域へと塗布するために使用される。次いで、アプリケータは、後の塗布において使用されるさらなるアプリケータがキットに存在するため処分される。このようにして、キットを使用することで、ヘルペスまたは他の治療対象領域を指で触れる必要がなくなり、指で薬剤に触れる必要がなくなり、治療前または治療後に手を洗う必要がなくなり、同じアプリケータの反復使用による交差汚染の恐れがなくなる。さらに、キットの形態ゆえに、薬剤およびアプリケータを、ヘルペスの最初の徴候(疼き)の段階で治療を開始すべく利用することができ、または通常の1日のあいだずっと治療の計画を守ることができるよう、好都合に携帯することができる。このようにして、キットを使用することで、ヘルペスの治療において、治療の質が改善され、遵守が促進される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ